モラハラの被害を受け続けている人は、だんだんと他人に対して攻撃的になっていく


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから

モラハラの被害を受け続けている人は

だんだんと他人に対して攻撃的になっていく

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

モラハラの被害を常に受け続けていると

だんだんとあなたの方が

ストレスが溜まっていき

自分でも気づかないうちに

自己愛性人格障害のひとではない

関係のない他人に

だんだんと攻撃的になっていきます。

 

彼からは嫌われてしまうのが怖いので

彼に逆らうことができないのですが

その分どんどんあなたの中に

フラストレーションがどんどんたまっていき

だんだんと日常的に

イライラするようになります。

 

自己愛性人格障害のひとから向けられる

攻撃が理不尽なものだとなんとなく分かっていても

自分のほうにそういう態度に出られる理由に

納得ができていないので

少しづつイライラするようになるのです。

 

 

そして、その怒りをあなたはなぜか

自己愛性人格障害のひとには

その怒りを向けられないので

なんとなく日常的にあなたは

イライラをおなかの中に変えやすくなるのです。

 

これは、あなたが

普通のひとよりも優しいために

我慢してしまうため

そのせいで余計にイライラが

たまってしまうのです。

 

それでも自己愛性人格障害のひとは

容赦なくあなたを攻撃してきますから

あなたはだんだんと怒りが

爆発しそうになってくるまで

あなたを攻撃することをやめません。

 

自己愛性人格障害のひとは

いくらあなたが優しくても

どれだけでも限度なく

落ち込ませるようなことを言ったり

あなたの自尊心や品格を

損ねるようなことを言ったりするのです。

 

そのままあなたが我慢をし続けてしまうと

自己愛性人格障害のひとだけでなく

あなたに優しくしてくれた人たちにまで

あなたは攻撃的になってしまうので

だんだんとあなたから人が離れてしまいます。

Tiaraの恋愛相談室を訪れる方にも

あまりにも彼にイライラするために

攻撃てきになってしまったという人は

ごくたまにお見えになります。

 

でも、その中でも

別れた彼に怒りをぶつけることができた人は

まだ自尊心を失ってはいないので

彼が自己愛性人格障害だと気付いた後は

意外とさっぱりとしているのです。

 

自己愛性人格障害の彼とは離れたくないあなたは

あなたのことを分かってくれる人に

あなたのその怒りをぶつけてしまうのです。

 

自己愛性人格障害の被害にずっと遭い続けてしまうと

あなたの心がどんどんすさんでいきます。

 

あなたは本来普通のひとよりも優しいのに

あなたが攻撃的になってしまっては

誰もあなたのことを

救ってあげることができないのです。

 

 

こうなってしまうと

被害者のほうが

だんだんと魅力を

失っていってしまうのです。

 

我慢できないときは

黙っていてもいいことは何一つないでしょう。

 

かといって面と向かって注意してしまうと

今度は自己愛性人格障害のひとから

敵認識されてしまいますから

本当に怖い目に遭ってしまうのです。

 

あなたは

自己愛性人格障害のひとのために

輝きを失ってしまうのです。

 

もう少し早く

あなたは自分が傷ついていると

考えるべきなのです。

自己愛性人格障害のひとが反省しているときは、本当に治るのか?

今日は自己愛性人格障害のひとが

反省しているとき

今後は、二人の関係が良くなっていくのか

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとを恋人に持った時

よく相談に上がることなのですが

あまりにも理不尽な態度に

彼のことが信用できなくなり

あなたが別れを決意したとします。

 

突然彼が

今までの彼では考えられないほど

反省し、これからはもっと

あなたのことを考えていきたいと

あなたを失うことの恐怖から

謝ってきて

これからは変わるからと断言してきたとき

いくら別れを決意していたとしても

あなたとしても期待してしまいますよね?

 

もしかしたら

彼はあなたと別れることが怖いため

本気で変わろうとしてくれている、

あなたがそう考えてしまうのも

当然のことだと思います。

 

 

今までもどんなに辛くても

これからは必ず良くなると

彼を信じてここまでついてきたんですよね。

 

できれば、あなただって

彼と別れたくないはずです。

jikoaiseijinnkakusyougainohitonokeikakusei

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

そうは見えないのですが

大変臆病で、

捨てられることに

異様に恐怖心をいだきます。

 

自分がさんざんあなたを傷つけてきたとしても

自分が傷ついて初めてわかる気持ちもあると

思いますよね?

 

涙をこぼしたり

悲しい顔で落ち込むこともあると思います。

 

 

そんな彼を見ると

あなたもちょっとかわいそうだと

思ってしまいそうになりますよね?

 

 

ですが、それはあなたが

普通のひとだから思うことで

自己愛性人格障害のひとは

その病気の特徴により

しがみつき行為を

常識では考えられないくらいします。

 

彼のそんな態度を見て

あなたも、もしかして今度こそ

本当に思い直してくれるのかも?

と考えてしまってもおかしくありません。

 

ですが、もし彼が

自己愛性人格障害だとしたら

その病気ゆえに強烈な

しがみつき行為を見せることが

あります。

 

 

たとえば以下の理由により

あなたを失いたくない、と

強く訴えてきます。

 

 

1、本当はいっさいない自尊心のため

あなたから嫌われる(捨てられる)

ことが死ぬほど怖い。

 

2、今まで彼の思い通りに

動いていたあなたを

離したくない。

 

3、長年時間をかけて

彼に惹きつけられていた

あなたがいなくなることが

もったいない。

 

4、本当は

自分がひどいことをしていることを

なんとなくわかっているので

そんなひどいことをしてきたのに

彼に惹きつけられていた

あなたのような人を

今後も見つけられる自信がない。

 

などです。

 

これらの理由から

あなたが離れていくことが死ぬほど怖く

必死でしがみついてくる様子が

あなたに本当は強烈に惹かれているように

見えます。(もしくは見せている)

 

あなたも人から求められることを

強烈に求めていますので

そんなにも求めてくれる自己愛性人格障害のひとに

強烈な愛を感じます。

 
そしてうれしくなり

彼を信じてしまいたくなるのです。

 

ですがそれはあなたが普通のひとだから

そう思ってしまうのですが

自己愛性人格障害のひとは

普通の人が考えるような理由で

しがみつき行為をしているわけでは

ありません。

自己愛性人格障害のひとは

物事を勝ち負けでしか考えられないので

あなたにフラれることは

あなたに負けることだと

考えてしまいがちなので

怖くなって強烈に

しがみついているだけなのです。

 

 

もしも戻ってしまうと

初めのうちはまた

あなたに嫌われてしまうかもしれないという

恐怖心から

必死でしがみつき、

何度もあなたに愛の言葉をささやきます。

 

これは相手が

女の人の場合でも変わらず、

自己愛性人格障害のひとは

どうしてもしてしまうのです。

 

Tiaraは女のひとにも

抱きつかれたことがあるので

とてもよくわかるのですが

本当にドラマさながらの様子

で全力でしがみついてきます。

 

自分が相手に

ひどいことをしたことが

ばれてしまったと思うと

必死で謝ってきてぎゅっと

抱きしめます。

 

涙をこぼしたり

悪かったとかみしめて

謝ってくることもあります。

 

Tiaraはこの時はもうすでに

自己愛性人格障害のことが

よくわかってしたので

女のひとでも

こんなにしがみついてくるなんてすごいなと

冷静に思ってしまいました。

 

 

このことから

自己愛性人格障害のひとがひどく反省し、

俺が悪かったとか私が悪かった、

と謝ってきたのだとしても

それは自分のしていることが

ばれるかもしれないと思ったときで

尊大で情にもろく、素敵で

あなたのことを思っているような言葉を

たくさん言ってきます。

[ad#co-1]

 

 

ですが

元に戻ったり

自分が悪くないと思われる自信があると

自己愛性人格障害のひとは

その時の自分の怒りをあなたに

すごい勢いでぶつけてきたり

小さな怒りをじわじわ定期的にぶつけてきて

あなたに戻って本当に迷惑をしている、と

あなたの人格や存在を

すべて価値のないものにしてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

よく思われたいと思ってもそれは無理で

自己愛性人格障害のひとは自分が一番なのです。

 

あなたがもし、

自己愛性人格障害のひとよりも

有能だと思われたり

いい人だと思われるような

出来事があると

それを否定してきて

あなたは本当にひどい人だと

いろいろな手を使って広めています。

 

中には自己愛性人格障害の人が

直接話をしないで

周りの人の力を使って

あなたの評判を落としてくる

危険性もあると思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

どんなに情深く見えたとしても

あなたを想っているように見えても

反省しているように見えたとしても

しばらく時間がたつと

彼は以前よりも強い力で

全力でつぶしにかかります。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

そういう人間に

育ってしまった人たちのことなので

急に治ったり考えを

改めるということがありません。

 

 

そのことをもっとよく見てみて

後悔のないようにしてくださいね。

自己愛性人格障害と境界性パーソナリティ障害の見捨てられ不安について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害と

境界性パーソナリティ障害との

見捨てられ不安について

お話しようと思います。

 

自己愛性人格障害とよく間違われる

症状の中に

境界性パーソナリティ障害と

いうものがあります。

 

境界性パーソナリティ障害は、

よく似た症状を持っていますが、

その原因が少し違います。

幼いころに自己愛性人格障害の人は

自尊心がもてなくなったことが

原因とされていますが、

境界性パーソナリティー障害は、

見捨てられ不安が異常に強く、

本当はそんなことないときでも、

パートナーを思い通りに

あやつれないと思うと、

相手が

離れていってしまうのではないかと

いう

極端な不安を持ってしまい、

激しい怒りを噴出させます。

 

自己愛性人格障害のように

普段は尊大な人格者を演じると

いうものではなく、

ただその人が見捨てられないか、

極端な不安を常に持っていて、

見捨てられないように

力づくで相手を思い通りにしようと

いう極端な行動の現れです。

 

パートナーから見ると、

怒り方が自己愛性人格障害と

とてもよく似ているので

間違われがちですが、

怒りの理由がちがうのです。

Tiaraからみると、

極端な妬きもちやき、

ともとらえることができるので、

かわいいものだと

おもっていたのですが、

勝手な思い込みで、ヒステリックに

怒りをぶつけられたり、

攻撃するために、

根も葉もない噂をばらまかれたり、

物をぶつけたり、

時には手を出すこともあるので、

付き合う上では、

やはり注意が必要です。

 

見捨てられるという

思い込みが極端に激しく、

捨てられるとか

誰かに彼を取られるとか、

誰もわかってくれない、

私は悪くない、と思い込んでしまい、

激しい怒りに駆られるので、

やはり、注意が必要です。

 

また境界性パーソナリティー障害の

ひとは、

周りの人の言動に過敏に

反応してしまうため、

こちらも

気を付けなければなりません。

境界性パーソナリティー障害も

幼い頃の体験から、

不安を感じやすくなるといいますが、

親の鬱や、兄弟ができたことで

かまってもらえなくなったり、

親に捨てられた経験があるなど、

愛情を充分に受けられなくて、

ちょっとしたことで

不安になりやすかったり、

愛情を奪われたと

極端に不安になりやすい事から

くるようです。

 

精一杯愛情を与えてあげれば、

状態は落ち着くような

気がするのですが、

感覚が普通の人よりも過敏なので、

充分に愛情を与えていると

思っていても

境界性パーソナリティー障害のひとが、

落ちついているかといえば、

それも難しいでしょう。

 

自己愛性人格障害の人も、

パートナーが去っていってしまう、と思ったときに

見捨てられ不安に陥り、

極端なしがみつき行為を見せますが、

境界性パーソナリティ障害は、

むしろ、見捨てられ不安が

病気の原因です。

 

 

自己愛性人格障害は、

自分に極端に自信がないことから、

人の上に立とうとして

おこる病気ですが、

境界性パーソナリティー障害は、

人の愛情が欲しくて欲しくて

たまらない、

愛情に飢えていることからくる

病気だといえるでしょう。