自己愛性人格障害の人は自分のために人を潰しても平気


こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人は

人を潰しながら社会的に生き残る、

というお話をしていきたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人を見ていますと

自分がしていた悪いことがばれそうになると

急に大人しくなり、自分を

ぐっとおさえているところを目にします。

 

モラハラが加速していき、

周りの人間関係を壊したりして

周りの人にも

あの人は何かおかしいのではないか、

と思われ始めてきたことがわかると

それがバレないように息を潜めます。

 

Tiara自身、大好きな彼が

自己愛性人格障害だったことに気づいてから

あの優しさや面白いところ、

知的で紳士的なところ

TiaraやTiaraの子供達にまで

尽くしてくれていると思えたことまでもがすべて

Tiaraのためではなく

自分をよく見せるために

必死でしていたことだと理解しました。

 

それがわかった時

ショックもとても大きかったですが、

自分をよく見せるために

必死でしている努力があんなにも

周りから見たらいい人に見える、

ということがよく理解できました。

 

優しさや親切、

そして才能や有能さまでもが

人のためではなく、

すべて周りの人に

信頼してもらうためにしているだけの人が

いることに気づいたのです。

 

そして

そうやっていい人に見せることで得た信頼を

ある特定の人にだけ

裏切ることで相手にショックを与え

自分の方が上だと高揚し

それを止めることができない精神状態だと知った時

とても恐ろしいと感じました。

 

そのたった一人以外から見たら

その人は本当にいい人で

被害者が言っても信じてもらえない事態に落ち入る

ということがとても恐ろしかったのです。

 

何も知らずについてきた人を

潰し、そして潰したことに対して

何の罪悪感も持たず、

その人が悪いと責めるだけでなく

周りの人からも

その人が価値のない存在だと

思われるように毎日の言動や表情、

態度で少しづつ少しづつ思わせていくのです。

そして気づかない間に1人になってしまったその人を

味方のいない状態にしてしまってから

潰すのです。

 

なぜそんな事をするのかというと

その人の自尊心を潰すことで

周りの人から

自己愛性人格障害の人のしていることが

分からないようにして

被害者が自ら辛くなり

潰れていくところを見ていたいのです。

 

でも言い換えるとそれは精神的なダメージで

そのことに気づきさえすれば

表面上は何もされていないのです。

 

要するにそこは

とても大きな思い込みの世界です。

 

自己愛性人格障害の人にも

どうしてもそう行動してしまうので

やめろと言ってもやめることはできません。

 

自己愛性人格障害の人も

ない恐怖に勝手にさらされて

勝手に必死で相手に勝たないと

自分が潰されてしまうと思い込んでいるので

悪気があるわけではなく、

むしろ恐怖心から虚勢をはり

自分の方が上だと常に見せつけていないと

安心できないのです。

 

どうしたら良いのでしょうか?

という質問をよく受けるのですが、

自己愛性人格障害の人は変えることができないので

あなた自身が変わるのです。

 

相手は変えることはできませんが、

あなたの考え方はあなた自身が

変えることは可能なのです。

 

どう変えるのかというと

人に認めて貰いたいという気持ちが強ければ強いほど

辛くなります。

 

愛されたい、とおもえば思うほど

辛くなるのです。

 

自己愛性人格障害の人の考え方に気づいてから

Tiaraはずっと1人です。

 

厳密にいえば

友達がいて家族がいますが、

家族といえどもTiaraには旦那さんはいなく

愛する子供たちだけです。

 

子供たちももう自立しており、

基本的には母親がいなくても平気です。

 

その上で勝手にこちらが

愛しているだけのことで

いつも基本的に行動はバラバラです。

 

友達もいますが、

今は滅多に会う事がなく

たまたま

この前懐かしい旧友から連絡をもらい、

久しぶりに3人で会いましたが、

そんなのはなくても

別に平気です。

2人はとてもいい子達で

たまたま2人とも

今時珍しい子沢山で

1人は子供4人、1人は5人子供がいて

2人とも旦那さんがいます。

 

途中で「旦那さんのどこが好き?」

なんて話が出ましたが、

Tiara的には

へえ、なんか乙女チックな話をし出した

と思っただけで

なぜかその感覚が懐かしい感じもしました。

 

2人とも幸せそうで何よりですが、

1人の子は10歳くらい年下の旦那さんで

4人の子供たちは前の旦那さんの子供で

今の旦那さんの子供が1人です。

 

彼女の前の旦那さんもモラハラだったそうで

そんなに詳しく聴いたわけではありませんが

なんとなくtiaraにはその子の様子が

とてもよくわかりました。

 

今のかなり年下の旦那さんは

本当に優しくいい旦那さんのようです。

 

久しぶりにランチをして

その後美味しいケーキのお店にもいきましたが

気持ちの上ではいつも1人で

1人の方が気楽で自由です。

 

たまに誘われれば

そうやって友達にも会いますが

普段は特に友達が

恋しいということもありません。

 

昔のTiaraでは考えられないくらいです。

 

自己愛性人格障害の人は

人を自分のために利用しようと思って

近づいてきます。

 

この友達はそんなことは一切無く

本当に珍しいほどいい子達ですが、

友達がいると楽しいからとか

淋しさを分かち合える、とか、

お互いの近況が気になってどうしてるかな?と思ったり

顔を見て話したい、という気持ちで会う約束をしますが

Tiaraにはその感覚はほとんどなくなりました。

 

でもいい人と近づいてはいけない人がわかるので

こうやって普通になんの抵抗もなく

会える友達がいることは

とても恵まれているなあと思ったので

会うことにしました。

 

 

友達関係とは本来

その人のことが好きだとか

寂しさを紛らわしたり何かを一緒に楽しんだり、

一緒に成長していきたいという気持ちを持って

相手と会うものだと思います。

 

そういう気持ちは

厳密にいえば

自分が楽しむために人を利用する、といえば

そうなのかもしれませんが

それで傷つく人はいないでしょう。

 

普通はお互いにそうなのですから。

 

昔、自己愛性人格障害の元彼が

こんな事を言っていました。

 

「誰だって自分のためにしていることだ。

例えば友達関係だって親切にするけれど

人に親切にしたことで

自分をよく思ってもらいたい、だとか

自分がよくしたから今度は

友達によくしてもらえると考えるものだ。

 

その人のために何かをしてあげたい、という気持ちも

その人の笑顔を見ることで

自分が幸せな気持ちになるためなのだから

厳密に言えばそれも自分のためだよ。

そういう意味では

誰でも人を利用している

ということになるよ?」

 

でもその時はそれは違うと思っていました。

 

Tiaraは本当に自分の好きな人に

幸せになってもらいたかったのです。

 

それがTiaraといることで

幸せを感じてくれるのなら

こんなにも幸せなことはないと感じていましたし、

実際に自分が相手のために役に立っている、

と感じることで

満足感も得ていたのです。

 

でも彼は少し違っていました。

 

彼は本当に自分が何かを与えたり、

優しくすることで、相手が幸せな気持ちになることで

本当に満足しているのでしたら

嫌がらせなんてするはずはありません。

 

彼は自己愛性人格障害だったので、

自分の考え方にある日疑問を持って

でも誰だって自分のために人を利用する、

自分がおかしいわけじゃないんだ!

と思いたかったのかもしれません。

 

その時はお互いの思いのそのニュアンスが

少し違うことにあまり気づいてはいませんでした。

 

今、周りの人を見ていても

話をしていても

本当には自己愛性人格障害の人が

なんのためにそんなことをするのか

厳密には気づいていない人がほとんどです。

 

昔のTiaraが気づかずに

いつかわかってくれる、いつか喧嘩をしなくなる

いつかお互いの考えがわかるようになり、

本当にわかりあうことができるようになる、

と思っていたことは

どんなに努力しても叶うことではなかったのです。

 

自分が被害にあってようやく気づくのです。

 

自分が被害に遭っていない人は

どんなに被害者が真実を訴えたとしても分からず、

必ず被害者の方にも原因がある、と思ったり、

被害者が単に悪く考え過ぎだ

と思ってしまうことがほとんどです。

 

だから周りの人に相談してしまうと

あなたがわるく思われてしまうのです。

 

だからもし被害に遭いそうになったら

できるだけ早く周りの人にいうことです。

 

そうでなければ言わないほうがマシだった

ということになってもおかしくありません。

 

いう時は、冷静に判断できると思える人だけに

言って、もし信じてもらえなくても仕方がない、

ということを覚悟した上で言ったほうがいいでしょう。

 

あとあなたの大好きな彼が

自己愛性人格障害だったとしたら

分かり合えることはもう諦めて

距離をおいたほうがいいでしょう。

 

わかってもらいたい、という気持ちを

自己愛性人格障害の人に持ったとしても

自己愛性人格障害の人は変わることがないのです。

 

だったらあなたは、

もう彼に自分のことをわかってもらうことをやめて

あなたのことをわかってくれる人と

一緒にいたほうが

あなたも嬉しい気持ちになると思います。

 

動かない相手を動かそうとして

悲しい思いをすることをやめないと

あなたの心に強いストレスがかかり続けます。

 

あなたにはあなたの考えというものがあるし、

それを他人にわかってもらう必要はないでしょう。

 

ですが、それは全員ではなく

ある一部の人は

あなたの熱烈なファンになってくれるかもしれません。

 

そんなあなたのファンが現れるまでは

わざわざ探すようなことをするのは困難ですし、

ましてや絶対にあなたを賛同しない相手を

変えようとすることはもっと難しいと思います。

 

それならあなたの考えを隠して

あなたの思いを潰されるチャンスを

自己愛性人格障害の人に与えることなく

あなたが自由に行動したほうが

間違いなくあなたは気持ちよく過ごせます。

 

どこにでもいる自己愛性人格障害の人を

一所懸命に見てわかってもらおうとするのではなく

自己愛性人格障害の人を避けまくって

あなたがのびのびと過ごせる環境を

少しづつ掴んでいくのです。

 

それは1個所からすべて与えられるわけではなく、

お金はここから、愛情はここから

知識はここから、友情や気晴らしはここからと

あちこちから分散していただきましょう。

 

例えば職場環境が悪い人は

ここからはお金をいただいている、と

人間関係を諦めて、仕事にだけ淡々と向き合うことで

自己愛性人格障害の人からの

ストレスを減らすことができます。

 

ですが、職場だけですと

いい人間関係がないので

別で友達に会う、とか恋人を作る、

ということをしたほうがいいでしょう。

 

今はサブスクの時代ですので

Net FlixやAmazon primeなどで

娯楽は24時間見られますし、

習い事や趣味で出会いは

いくらでも見つけられます。

 

友達はいろいろな人とお付き合いをするより

本当に信頼できる友達が2.3人いれば

十分かなと思います。

 

手を広げ過ぎて

嫌な人間関係でも

無理矢理付き合っている人たちも大勢いますが

今はそんなのはナンセンスです。

 

フォロワーは何万人もいなくてもいいでしょう。

 

職場の人間関係に悩む人も大勢いますが、

そもそも、職場とは

気のあったもの同士が集まったわけではなく

みんなビジネスという名のプロジェクトに

各専門家がバラバラに集まった集団なので

自己愛性人格障害の人が紛れ込んでいる可能性も高く

その人たちと無理矢理に仲良くする必要はありません。

 

仕事のことだけを淡々とこなしていたほうが

自己愛性人格障害の人にターゲットにも

されにくいです。

 

人間関係もいいほうが

仕事にハリが出る事も間違いはありませんが、

全ての長所を1箇所から集めることの方が

遥かに難しいので

それならそれであきらめて

いろいろな部分で分散させる方が現実的です。

 

あなたの感情が乱れにくい方が

自己愛性人格障害の人からも狙われにくいです。

 

自己愛性人格障害の人は

その人が落ち込む姿が生きがいのようなものなので

あなたが悲しそうな顔を見せたり、

精神を揺さぶられたり

ビクビクおどおどしたりする方が

自己愛性人格障害の人はより高揚して

あなたにしがみつきます。

 

どんなによく見えても

それは見せかけだけのものなので

自己愛性人格障害の人には

できるだけ関わらない方があなたは幸せです。

 

あなた以外の人とは

うまくいっているように見えたとしても

それはあなたに見せつけて

あなたに惨めな気持ちを味合わせるために

しているだけのことなので

あなたがその場から離れると

その人間関係も大してよくありません。

 

なんなら、自己愛性人格障害の人が

周りの人と仲良くしているところを見かけたら

さりげなく席を外してみてください。

 

何度もそれを繰り返していると、

あなたを外して

あなた以外の人たちと仲良くしているところを

あなたに見せることができないので

自己愛性人格障害の人は

周りと仲良くすることになんのメリットもなくなるので

周りの人と仲良くすることをやめてしまうでしょう。

 

あなたも嫌な思いをしなくて済みます。

 

あなたがいないところで

自己愛性人格障害の人が何を話しているのか

気になってしまう人は、

よりターゲットにされる可能性が高くなります。

 

自己愛性人格障害の人が何を話しているのか

気になってしまう人は

計画的に席を外す事を頻繁にしてみてください。

 

その上で、あなたの評判がもし落ちてしまったら

評判を聞いたその人も自己愛性人格障害の人ごと

あなたの意識から外してください。

 

その人と個人的に付き合ったとしても

いいことはありません。

 

こうやって調節していくうちに

あなたは意識のコントロールが上手くなり、

今までよりも人に依存しなくなると思います。

 

それにも慣れてくると

あなた自身が楽に生きられるようになり

同時に友達に対するこだわりも

薄れてしまうでしょう。

 

ですが、そうやって冷静になったときに

人の判断ができるようになっていますので

あなたが選んだいい人とだけ関わるようにすると

自己愛性人格障害の被害に悩むことも

だんだんと減ってくるでしょう。


自己愛性人格障害の人から自分を守ろう

こんばんは♡

久しぶりの投稿をします。

 

毎日仕事も忙しく、

土日も、子供達が遊びに来るので

なかなか更新できませんでしたが、

最近、残業制限がかかったので、

あなたに有益な情報をお届けしようと思います。

 

自己愛性人格障害の人って

思ったより多いと思いませんか?

 

特にあなたがもし、

被害者になりやすいタイプの人だったとしたら

周りにいる自己愛性人格障害の人たちから

あなたは取り合いになってしまうので

普通の人よりもさらに

自己愛性人格障害の人が多いと

感じてしまうことだと思います。

 

自己愛性人格障害の人を知っている

Tiaraがみていても

被害を受けない人は全然受けないんだけど、

被害に遭いやすい人は

男女を問わず、

必ず自己愛性人格障害の人が

被害に遭いやすい人のそばをうろうろしだします。

 

Tiaraが自己愛性人格障害に気づいたのも

元彼と雰囲気の似た人が

自分によってくることを感じ取ったからです。

 

初めは、元彼と似たような年齢の

男の人だけがわかるようになったのですが、

そのうちに女の人も

自己愛性人格障害の人が多く存在していて

またタイプのまったく違う自己愛性人格障害の人も

根本的なところは同じなので

だんだんわかるようになってきました。

そして、自己愛性人格障害の人は

まともに相手にしていればしているほど

被害に遭いやすいということも

とてもよくわかりますし、

どんなに初めの印象がよくても

しばらくすると、

少しづつ、奇妙な行動を取り出し、

そしてそんな時に限って他の人には

異様に親切にしたり、素敵に振舞ったり、

明るく周りを虜にしてしまうような魅力を振り撒くので

被害にあっている人物以外には

なかなかバレにくいということも

体感してわかるようになりました。

 

恋愛だと被害者になりやすいタイプの人が

自己愛性人格障害の人に惹かれてしまうことも

とてもよく分かりますし、

そしてまた、どんなに被害者が拒否しようとしても

異様にしつこく魅力を魅せながら近づいてくるので

初めはなんとも思っていないとしても

抗えないほど心を奪われてしまうこともわかります。

 

知っていても、

だんだん心臓がドキドキしてくるのがわかりますが、

この人は素敵なやさしい人なのではなく、

自己愛性人格障害なのだから

自分の事を異様に気にしてもらわないと

気が済まないので近づいてきているだけだ、

とわかっていても、

どんなに避けても向こうから

ちょっとしたきっかけを作って近づいてきます。

 

視界に入るような場所で、

こちらが気になるような大きな声で

周りの人とわきあいあいと話をしたり、

真剣に誰かの相談にのっていたり、

異様に親切にしているところを見せたり、

または直接親切にしてきたり、

たまにニコッと笑って近づいて来たり、

帰りに「バイバイ」と言って振り返って来たりします。

 

これも自然にしていることではなく

自分が素敵に見えるような

最高の笑顔を作って見せてきている

とわかっているから惹かれませんが、

自己愛愛性人格障害を知らなければ

普通に恋に落ちてしまう方が自然でしょう。

 

そんなことを繰り返し、しつこくしてくるので

相手が素敵な異性ならば、

ほとんどの人はどうしても

好きになってしまうと思います。

 

これは、結婚していてもしていなくても

関係ないので、不倫関係になってしまう人も

いると思います。

 

本当にどんなに拒否してもやめないのです。

しかも、

はっきり口説いてくるとは限りませんから

「近づかないで!」とか

「しつこい!」と口に出していってしまったら

「何を勘違いしているの?」と言われかねないので

はっきりと拒否をすることはできないのです。

 

態度で避けたり、

あまり相手にしないようにしていても

決して諦めたりしない粘り強さが

自己愛性人格障害の人にはあり、

それが、異様にしつこいので

自己愛性人格障害について知らないと

どうしても心を奪われてしまうのです。

 

あなたにどうしても近づこうとしてくるので

中には

初めはなんとも思っていなくても

自己愛性人格障害の人が自分のことを好きだと

勘違いしてしまい、

意識してしまう人も多くいると思います。

 

こういう様子をみていると

被害者の方が、

自分が相手を好きになった、

と思っている人もいるようですが、

自己愛性人格障害の人は

相手にそう思わせることが

とても得意なのです。

 

好きになってしまうと夢中になってしまい、

初めのうちはとても大事にされるのですが、

だんだんと

あなたが気づかないように

あなたの方が悪いと責めたり、

あなたが悪いからやっていけない、などと

あなたを責めるようになりますが、

付き合う前から、

自己愛性人格障害の人が

だんだんとそうなることは

Tiaraには分かっているのです。

 

だから、被害者の人から

彼にフられた相談を聞いていると

彼のことが忘れられない、だとか、

やり方次第でなんとか彼と

もう1度やっていけないだろうかと

聞かれることも少なくないのですが、

あなた辛い思いをするだけで

自己愛性人格障害の人とは

絶対に幸せにはなれないのです。

 

これは

結婚できるできないの問題ではありません。

 

自己愛性人格障害の人で結婚している人も

大勢いますが、

おそらくその奥様は、

常にイライラして

毎日を過ごしているか、

心が病んでしまい、

つらくてつらくてたまらない生活を

送っていることがほとんどです。

何もかも奥様のせいにされて、

全然相手にもしてくれず、

いいことは全て自己愛性人格障害の人のおかげで

悪いことはすべて奥様の人格のせいだと

拒否され、否定されて、

たとえ、結婚していも幸せではありません。

 

浮気をする自己愛性人格障害の人もよく聞きますが、

普通の人が浮気をしているときは

奥様にバレないようにするものですが、

自己愛性人格障害の人は

あえて少しだけバレるように痕跡を残したり、

ひどいときは悪びれることもなく話したりして

奥様の心を傷つけます。

 

自己愛性人格障害の人にとって

浮気はバレないと意味がない、

と言っても過言ではありません。

 

普通に浮気相手に夢中になっている時もありますが、

あえてバラすことで、相手を傷つけ、

傷ついて苦しんでいる姿を見てみることが

浮気をしている以上に心が高揚するのです。

 

またタチが悪いことに、

相手の傷付く姿を見ることで

高揚感が増し、さらに傷つけようとして

追い討ちをかけてくるので

感じたことがないようなストレスを受け続け、

やがて、眠れなくなったり

涙が出てきたり、

夫婦関係を修復しようと思って

何も言えなくなり、

鬱になっていく、ということも起きます。

 

そして浮気相手も

奥様を傷つけているときは

奥様を傷つけるために

とても幸せに大事に扱ってもらえるかもしれませんが、

自己愛性人格障害の人の都合により

ターゲットが変わることがよくあります。

 

そのときはすべてを浮気相手のせいにされたり、

簡単に捨てられてしまったり、

また結婚をしていることを内緒にしてある場合も多くあり、

今まで夢のような幸せな日々を送っていたにも関わらず、

突然、彼がいなくなってしまった、

と嘆き悲しむ人も大勢みえます。

 

これだけ多くの相談を聞いてきたTiaraには

自己愛性人格障害の人と一緒にいるように

おすすめすることは到底できないのです。

 

ましてや、自分が悲しい思いをするのは

嫌なので

自己愛性人格障害の人がどんなに素敵だろうと

どんなに有能だろうと

どんなに優しくされようがどんなに楽しそうだろうが

それは見せかけだけのものに過ぎず、

自分を素敵に見せることだけに

全力を注いでいることを知っているので

心を入れないように表面上だけで付き合っています。

 

にも関わらず、

Tiaraがそんなことまで知っているとは誰も思いもしないので

自己愛性人格障害の人はその性質上、

当然のようにTiaraに気にしてもらえるように

しつこく魅力を見せてきたり、

女性の自己愛性人格障害の人は、

Tiaraのそばで周りの人と

わきあいあいと楽しそうに話をして

自分に興味を持つように仕掛けまくりの毎日です。

 

知らなければ、

あーあの子は周りの人と仲良くやっているんだなと

まわりとうまくやれる人ととってしまいそうですが、

それは、Tiaraの方から仲良くなりたい!と

近づいていった時に、

冷たい態度を取って相手にしなかったり

舐めた態度をとって笑い物にしたりするために

前もって準備をしていることなので

Tiaraの方から近づいていかなければ

1人でしていることになります。

 

もちろんTiaraは

その人が周りの人たちと本当に仲が良い、とか

本当に周りの人たちとうまく人間関係をやっている、

とは思いません。

 

だから羨ましくもなんともないですし、

近づいていっても時間の無駄です。

 

逆に、

自己愛性人格障害の人の

そんな振る舞いを信じた人たちが

近づいていき、傷付く事によって

自己愛性人格障害の人は、

自分はそんなに相手にもしていないのに

周りから憧れられるような魅力的な人

とみえてしまうのです。

要は被害に遭う事によって

自己愛性人格障害の人をよく見せる事に

協力させられてしまっているのです。

 

だからもちろんTiaraは自己愛性人格障害の人に

憧れの眼差しなんて向けませんし、

むしろ、本当に一生懸命やっている人や

自分を犠牲にしてでも

相手を助けてあげようとする人も見えているので

そういった人たちの方を尊敬し、

協力します。

 

そうすると、

自己愛性人格障害の人は意地になって

もっと素敵なところを見せようと

Tiaraには近づいて来ずに

Tiaraから見えるところで

穏やかに談笑をしているのですが、

その長さが異常なのです。

 

 

長いと2、3時間、

「そうだよね?あははは。。

うん。

俺もそう思ったんだよね〜。。。。

 

 

という感じです。

もちろん1人では会話は成立しないので

周りで話している人たちもいるのですが、

その人たちは人の話に根気よく耳を傾け、

「そうですかあ。。

へ〜すごいですねえ。。」と

相手を持ち上げ、賞賛してくれるような

優しい方達ばかりです。

 

それでもTiaraがまったく気を向けないので

何度も何度も異様に話を続けるので

いくら優しい人たちでも賞賛しまくりの

2、3時間にいい加減疲れてきて

口数が少なくなってくるのは

手に取るようにわかります。

 

話している自己愛性人格障害の人にも

疲れが見え始め、だんだんと口数が少なくなり

なんでこんなにやってるのに惹きつけられないの?

という感じになってくるので

異様にTiaraを惹きつけたいのだとわかるのです。

 

どんなに素敵なところや

みんなとうまくやっているところを見せようとしても

絶対にTiaraは惹きつけられません。

 

一方、人から思われる

自分の印象をよくしようと思って話している人たちではない、

ただ喋りたいだけの人たちは

Tiaraが見ていようが見ていなかろうが、

話したいときはいつまででも

楽しそうに話しています。

 

Tiaraが見ていようがいまいが、

話さないときはまったく話していません。

 

Tiaraが話しかければ普通に話すし、

わざわざ惹きつけられるような話し方もしません。

 

普通です。

 

普通の人は普通です。

 

自己愛性人格障害の人は

分かるようになると普通に話しているようで

話し方がセリフじみています。

 

自然に見えるような演技をしています。

 

それが、わかるようになると

バレバレなのです。

 

試しに、

素敵に振る舞っている時や

周りととてもうまくやっているなあ、と思うときに

さりげなく席を外してみましょう。

 

何か思い出したように部屋を出ていったり、

トイレにたつなど自然な感じで

その場をある一定時間離れてみましょう。

 

しばらくして戻って来ると

話していないはずです。

 

本当に会話が終わっている場合もありますが、

聞いている人がいないと

その会話に意味がないことが

何度かやってみると分かります。

つまり、

うまくいっているように見えるその人間関係には意味がなく、

ターゲットが気にしてくれるかどうかが

一番大事なのです。

 

これは恋愛を対象とした

異性の自己愛性人格障害の場合もそうですし、

いじめを目的とした

同性の自己愛性人格障害の場合も行動は同じです。

 

賞賛しまくっている周りの人たちも

相当疲れているはずです。

 

自己愛性人格障害の人に憧れても

あなたが惨めな思いをさせられるだけだと

理解してください。

自己愛性人格障害の人は周りを巻き込んで自分を良く見せるために穏やかに談笑する

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の人に

どうしても狙われてしまう人の特徴について

お話ししたいと思います。

 

あなたは、自己愛性人格障害の人の穏やかな姿に

何も考えずに誤魔化されているのです。

 

 

あなたの恋人やあなたの旦那様から

いいように扱われていると感じているのなら

それはあなたに原因があります。

 

あなたがこれ以上、

相手から好きなように扱われないためには

まずこの原因を取り除く必要があります。

 

その原因は普段、

あなたがいいと思っているようなことや

あなたが善人だと思っていることに

その原因があるのです。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れる方のほとんどが

相手の気持ちがわかりすぎるほどの

共感力の持ち主です。

 

自分を犠牲にして

相手のことを思う人ほど

ひどい目に遭っているし、それでいて

自分が悪者になって孤立しています。

 

でも、よく考えたらこれは当然の結末ですよね?

だって、相手に都合よく

自分を大事にしていないからこそ、

悪者になっていても黙っているのです。

 

かといって、それに気づくと

今度は被害者の方が腹が立ってきて

過剰に怒ってしまうので

これもまた周りの人が

ドン引きになってしまう原因になってしまうのです。

 

本当は優しいはずなのに

自分のことしか考えていない人よりも

悪く見られてしまいます。

 

自己愛性人格障害とは

人から嫌われることに極端に怯えているので

自分を良く見せることを常にしています。

 

だからこそ、周りからの印象がとても良いし、

好感度が高くなります。

 

ですが、本当は自分がしたことも

他人のせいにして逃げ回っているので

ひどいことをしていることが

周りの人から見えていないのです。

 

そして被害者になりやすい人は

自分がどう見えるかよりも

相手に尽くす事で自分を認めてもらうことに

必死になっていますから

必死の努力を重ねながら

自己愛性人格障害の人が

自分のせいにしていることにすら気づかないのです。

 

まさか、こんなにも尽くしている私に

ひどいことなんてしないよね?

と思い込んで現実を見ていません。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

その場にいられなくなることが多く、

職場では多くの場合、自分から退職することになって

「こんなところにいたくない。

さっさと見切りをつけたほうが正解だわ。」

と消えていきますが、

時間が経てば、

ただ単に忘れ去られた人になるだけで

自己愛性人格障害の人が犯したひどいことは

すべてその人のせいになっていることさえあります。

 

 

こんなことになる前に

自己愛性人格障害の人に気づいて

その人の罪を背負わないようにしたいと

思いませんか?

 

それが、例え好きな人だとしても

あなたはその人が

本当にあなたのことを思ってくれる人なのか、

判断できているでしょうか?

 

自己愛性人格障害の人の特徴として

周りの人と穏やかに談笑する、という場面を

よく見かけます。

 

だから、Tiaraは穏やかに談笑している人が居ると

その人の周りの人は

自己愛性人格障害の人に

合わせさせられているのではないかと

疑います。

 

もし、合わせさせられているとしても

その周りの人たちは気づかず、

自己愛性人格障害の人の人が

本当に穏やかな心の広い人だと

勘違いしていることが多いです。

 

昨日のブログでも書きましたが、

自己愛性人格障害の人が切羽詰まっていると

なんとしてもよく見せたいと言う思いが強く、

無理矢理、話を長引かせられて、

共感力の高い人たちが

もうそろそろ、他のことがやりたいのに

なんか知らんけど逃れられない、ということ思いから

自分でも気づかない間に自己愛性人格障害の人に縛られて

席を立ちたいのに立てない、という苦しみから

顔が赤くなっていることがあります。

 

そんな場面を見ると、

中心で、穏やかに話している人は

間違いなく自己愛性人格障害です。

 

気づかれないように

人を操作しているのです。

 

その目的はすべて自分をよく見せたいだけです。

 

だから、

見るからに悪そうな自己愛性人格障害の人は

ほとんどいません。

 

ほとんどの場合、

自己愛性人格障害の人は周りの人から見て

好印象なのです。

 

もし、自己愛性人格障害の人に

引っ張られそうな時は、

自分はやらなければならないことがあるからと

いつまでも自己愛性人格障害の人に引っ張られず

自分の意思で動くようにしないと

時間をかけて被害者に見立てられ、

やがては理不尽な嫌がらせや

当たられたり、怒られたりと

立場を追いやられることになります。

 

その暖かそうな雰囲気とは真逆に

だんだんと、

理不尽に責め立てられるようになるのです。

 

それは、自己愛性人格障害の人のイライラを

自分を信じた人に安心してぶつけるためです。

 

自己愛性人格障害の人がいても

自分を守ることはできるのです。

 

穏やかな雰囲気に巻き込まれないよう、

本当に周りの人に気を配れる人かどうか

きちんと判断をして距離を置くようにすることです。。

自己愛性人格障害の育ち方

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人の育ち方について

お話しようと思います。

 

自己愛性人格障害とは

幼い頃に

本当の自分を受け入れてもらえないままに

育ってしまったために

共感力が育たなくなってしまった病気です。

 

例えばモラハラ家庭で育ってしまうと

自分のことよりも

両親が揉めている状況をなんとかしようと

必死で考えているために

自分のことが全く考えられないままに

大きくなってしまった場合、

自己愛性人格障害になるか

その被害者になるかの

どちらかになる可能性が

非常に高いと思います。

 

自分のことは差し置いて

モラハラをする父親から

精神的に虐待される母親を

なんとか助け出そうとするために

自分のことは全く後回しにして

(後回しにしていることにすら

気づいていない場合が多いのですが)

母親をかばおうと必死になったり

母親の辛さを分かってあげようと

母親の話を聞いてあげたり

少しおどけて見せて、

自分が笑わせようとすることで

周りを和んだ雰囲気にさせようと

必死になっている場合、

その子供は被害者体質になりやすいと

思います。

その子供が

周りの環境をなんとかしようとするあまり

自分の傷にはまったく気づいていません。

 

また、母親をかばおうとするあまりに

逆に父親からのターゲットになってしまい、

責められたり、追い詰められたり

または、母親の罪悪感をあおって

父親が、母親を思い通りに操るために

子供にひどいことをしたり

その子供に

母親のいうことを聞くよりも

父親の言うことを聞く方が、

父親が穏やかになると思わせて

父親の思い通りに動くことで

母親へのモラハラに

知らず知らずのうちに

加担してしまっている場合もあります。

 

この場合も子供は、

なんとかしようと必死になっているだけで

父親がひどいことをしている事にも

気づきにくいですし、

自らも母親が悪いと思ってしまう場合も

あります。

 

その場合、その子は高い確率で

自己愛性人格障害に育っていくと思います。

 

 

そうやって育った子供が男の子だった場合

大人になってから、

ある女の子と恋愛関係になった場合

今までは両親の揉め事を必死になって

止めようとすることに

夢中になっていたため

自分が置き去りにされていることにも

蔑ろにされていることにも

気づかなかったかもしれませんが、

恋愛関係におちいった女の子が

自分のことを思ってくれることに

感動を覚えるかもしれません。

 

そして、

今まで自分の話を

聞いてくれなかった両親の代わりに

その女の子に依存していくようになります。

 

初めのうちは二人とも

とても幸せな時を過ごすと思いますが、

やがて恋愛関係が長く続くにつれて

思うようにいかないことも

出てくると思います。

 

そうなった時に

知らず知らずのうちに

自己愛性人格障害に育ってしまった男の子が

今まで

自分の思い通りに動くと思っていた女の子が

自分の事を思わずに勝手に動いた場合、

激しい怒りとなってしまうかもしれません。

 

これは1つの例で男女は逆の場合も

ありますし、

男と男の友情の場合もあるかもしれませんし、

女同士や近所付き合い、

会社での

部下と上司や同僚同士の場合などもあり

もはや性別や人間関係は

関係ないかもしれません。

 

モラハラをするのが母親で

父親の方が

精神的に追い詰められる場合もあるでしょうし

もはや自己愛性人格障害には夫婦や恋愛関係

会社など、性別などまったく関係なく

どこにでも起こりうるものだと

Tiaraは考えます。

 

 

Tiaraも初めて気づいたのが

恋愛関係からだったので

恋愛関係での

自己愛性人格障害と被害者の立場で

ブログを書かせていただきましたが、

色々な相談を聞くにつれてもはや

人間関係はなんだろうと

モラハラ関係は起こりうるものだと

気づいたのです。

 

そして自己愛性人格障害本人も知らない間に

育つ環境の中で

自己愛性人格障害に育ってしまっていますので

気づかないうちに何故か

そのような心境になっていき

自分でも

止めることができなくなっているのです。

 

モラハラは誰にでもやる可能性はありますが

特に一番信頼し合った恋人関係や

絶対に逃げていくことのできない

会社での近い関係の同僚や

部下にもしてしまうし、

相手が悪いと思い込んで

自分がそんなことをしているとは

夢にも思っていないのです。

 

何故自分が一番信頼しているはずの

心許せる存在を

精神的にいたぶり続けて

潰れていくところをみたいと思うのかというと

自尊心が非常に低い病気なので

自分が人から拒否をされることに

普通の人よりも

深く極端に傷つくことが怖いのです。

 

だから、自分がひどいことをすることにより

自分の事を嫌いになってしまわれることに

恐怖を感じていますので

自己愛性人格障害の人が

否定をしたり、無視をしたりして

相手の人がそれで怒ったり、

離れていったりしないか

相手が気づかないレベルから初めて

試してみるのですが、

それで受け入れてくれない人には

怖くてモラハラができません。

 

そういった意味では、

自己愛性人格障害の人は

まったく自分の事を見てもらえない

環境下の中で育っているので

自分の事を考えてくれる恋人や親友に

絶大な信頼を置き、

そして優しい人や自分の事を考えてくれて

言いたいことを我慢してくれるような異性には

安心してその不安な気持ちや虐待の気持ちを

向けることができます。

 

もし、

幼い頃に親から無償の愛をもらい

自分の気持ちを受け止めてもらっていたり

自分の事を考えてくれたり

心配してくれる両親に育ったとしたら

のびのびと自分の感情を表に出すことができて

本当の気持ちをそのままに

受け入れてもらえることができていたなら

共感力を麻痺させることは

なかったと思います。

 

一緒に共感し合い、笑い

苦しみをわかってもらったり

いたわってもらったりしていれば

共感力を使うことは

幸せなことだったでしょう。

 

しかし、

自己愛性人格障害の人は共感力を使うと

辛い状況になるからつかわなかったのです。

 

共感力を使わなければ

母親が辛い思いをしているから

なんとかしたい、と

罪悪感に苦しみ、母親に同情し、

なんとかしたいと必死にあがいても

なんともできない自分に絶望することも

なくなります。

 

それでもモラハラをやめてくれない父親に

勝つことはできないと痛感したはずです。

 

共感力を持つことで絶望していき

やがて共感力を使わない方が楽だと

無意識レベルの中で気づいて

だんだんと

自然に使わなくなっていったのです。

 

自分を無条件に

受け入れてくれる人がいることを

体感的に自然に知ることができた人は

大人になった今、自分自分と自分のことばかり

執拗に見せたがったり、有能に見せたがったり

他の人を潰してまでも

周りの人に価値がある存在として

賞賛されたい、と

異常に強く思うこともありません。

 

Tiaraの周りの

自己愛性人格障害の人をみていると

異常に自分のことばかりを見せつけています。

 

自分の才能を

大袈裟に見せつけているだけでなく

他の人が少しでも目立ちそうになると

全力で潰してきます。

 

もし、その自己愛性人格障害の人の周りに

明るいだとか、友達を作るのがうまそう、とか

まあ普通に人に好かれやすいとか

特に才能があるわけではなくても

普通に魅力的な人がいたとすると

その人がわざわざ

人を惹きつけているわけではないとしても

ちょっと褒められたり、

いいところをみつけられたり

なんなら少し得意なことがあったりすると

必ずと言っていいほど確実に

その人のその魅力が

潰れるようなことをします。

 

例えば、絵がうまい人がいたとします。

 

するとその人をディスるわけでもないのですが

有名な画家が描いた

周りの人が見て驚くような

綺麗な絵を持ってきて

その絵を褒めまくったり、賞賛したりして

騒ぎ立てます。

 

その人の絵をけなしているわけではないので

周りの人は

気づかない人が多いかもしれませんが、

はじめに見せたその人の絵のことは

みんな忘れてしまっています。

 

それを異常に繰り返しているので

いつの間にか周りの人たちは

絵のうまい人のことを気にかけなくなります。

 

そういったやり方を常にしているので

自己愛性人格障害の人以外の魅力的な人からは

みんないつの間にか

興味を無くしてしまっているのです。

 

Tiaraはそれを知っていてみているので

そういった潰し行為をはじめると

すぐに気づきます。

 

そして、黙ってみていると

周りの人が自分以外の魅力的な人に

興味をなくすまで

さきほどのような行為を行い

その人にみんなが興味を無くすと

今度は周りの人に異様に親切にしたり

上から物を言って脅しをかけたり

優しく親切にしてあげているように

繰り返しながら

自然に自分が偉大な人物だと印象付けるような

ものの言い方を繰り返します。

 

聞いている人がいない時や、

誰も見ていないところで親切にすることはなく

必ず周りに人がいる時にわざわざ

いいひとに見えるように

振る舞っています。

 

人と仲良くする時も、

明るく冗談を言う時も必ず、

周りに多くの人がいることが条件で

誰もいないところでは

急にもぬけの殻のようになります。

 

自己愛性人格障害とは

自分の価値に極端に自信がなく

それを必死で隠すために

尊大で有能に振る舞い続ける病気で

その心の中は

生きていくために麻痺させてしまった

共感力がないがために

周りの人が何を考えているかわからないので

必死で有能で魅力的な人物だと振る舞い続けて

それを見て信じた人が自分から

近づいてくることで

安心してその人に近づくことができるのです。

 

そしてその人がいい人であればあるほど

安心して、やがては

自分の中の爆発しそうない怒りと不安を

すこすづつ試し行為を行いながら

用意周到に、大丈夫だと判断しながら

やがてモラハラへと化すのです。

 

その自己愛性人格障害のひとに

繰り返す試し行為の中で何度も

安心感を与えてしまった人は

自分のことはどうでもいい、

自分の痛みに鈍感で

人のことばかり考えてしまうような

被害者体質のひとが

どうしてもターゲットになってしまうのです。

 

だから被害を与える側と

受ける側の人間は決まっていて

必ずその組み合わせで

くっつく仕組みになっています。

 

だからモラハラを受け続けてしまう人は

自分が

モラハラを受け付けない人間に変化しなければ

永遠に

色々な自己愛性人格障害の人に

安心感を持たれてしまい

モラハラを受け続ける運命となって

しまうのでしょう。

サイコパスについて

こんばんは♡

今日は、サイコパスについて

お話ししたいと思います。

 

Tiara 恋愛相談室の相談を受けていますと

まれにこの人は、サイコパスなのではないか?

というひとにお会いすることがあります。

 

サイコパスについては

Tiaraは専門家ではないので

あまり詳しくお話しすることは

できないと思いますが、

自己愛性人格障害との違いは

自己愛性人格障害の人は

相手を傷つけてはいけないという

心のブレーキがない状態ですが、

自分を傷つけてはいけない、

というブレーキは

ついています。

 

なので、相手を傷つけたことが

世間にバレてしまって

自分がひどいことをしている、

と思われることに関しては

自分を守ろうとしますので

そんなことはしていない、

と取り繕う事はしますし、

例えば法に触れるようなことや

暴力など、目に見えて

自分の方が悪いと思われることはしません。

 

ですが、サイコパスの場合は、

他人を傷つけてはいけない、

というブレーキは

もちろんないのですが

自分を傷つけてはいけない、

というブレーキもありません。

 

ですから、世間にバレてしまうことも

怖くありませんので常に堂々としていますし、

犯罪のようなことも欲望の方が勝ってしまえば

平気でします。

 

また、自己愛性人格障害と同じように

弁がたち、

プレゼンテーション能力が高いことから

非常に魅力的で憧れを持つ人も

出てきてしまいます。

 

堂々とした態度でビックマウスで

大きな夢を巧みな冗談を使って

軽快なトークで語るので

ファンになってしまう人も多いでしょう。

 

けれど常に嘘をつき、

罪や恥の意識が著しくかけているために

嘘がバレたとしても堂々と開き直り

逃げも隠れもしないのです。

 

そのため、嘘が嘘には見えずに

本人でなく周りの人が

勝手に信じてしまうケースも

少なくないでしょう。

 

 

自己愛性人格障害の人も

まれに暴力を振るう人もいるのですが、

それは被害者自身が

自己愛性人格障害の人をかばってしまい

周りの人に言うことがないので

完全犯罪になるとふんだ時くらいで

通常の場合は手を出すことは非常に稀です。

 

今までの相談でも

軽いビンタくらいなら

いないこともないのですが

ほとんどは素敵な人物で

相手が罪悪感を持ったり、

自分のせいで大好きな彼が去ってしまう

といったことで苦しめる

モラハラ傾向の人がほとんどで、

暴力を振う、というだけでも

Tiaraは警戒して話をお伺いしますが

ほとんどのケースは、自己愛性人格障害です。

 

ただ、サイコパスになりますと、

罪悪感が全くありませんし、

自分すらどうでもいいので

欲望のためにやりたいことをやり尽くします。

 

理性が効きにくく、

強い欲望や衝動を止めることができませんので

寝たいとか抱きたいとか殴りたいなど

全てが出てしまうこともあります。

 

素敵な人物に近づいてこられるので

受け入れてしまうと今度は

サイコパスの感情のままに殴られたり

抱かれたりを繰り返すので被害者は

混乱して頭がついていかなくなり

自分で判断することが

困難になることがあります。

 

一般的にDVといわれるものがありますが、

DVの中には

罪悪感なく手を出すことの出来る

サイコパスが一部含まれていると考えます。

 

ただのDVではないサイコパスとの見分け方は

その魅力です。

 

惹きつける魅力が高ければ高いほど

サイコパスである可能性が高くなり

ただの歯止めの効かないDVは

普段は普通の人であることが多いです。

 

ただのDVは

年齢とともに落ち着いて来る傾向が強いので

改善の余地はありますが、

彼がもし、サイコパスだった場合は

あなたは精神的にも肉体的にも

ボロボロになってしまいます。

 

あなたのすべてを失ってでも

出来るだけ早いうちに

離れることをお勧めします。

 

この区別がつかず、

悩むこともあるのですが、

ずっとお話をお伺いしておりますと

自己愛性人格障害なら

自己愛性人格障害の特徴が必ず出てきます。

 

他人はどうでもいい、というところに

変わりはないのですが、

自分が悪く思われた時に、

必至になって

自分を良く見せようとするところが出て来るので

自分が大事だという行動が出ると、

この人は自己愛性人格障害だとホッとします。

 

自己愛性人格障害も怖いのでホッとする、

というのはおかしいのですが、

でも対処のしようはありますので

もしサイコパスだった場合は

あなたが持っているものをすべて捨ててでも

全力で逃げた方がいいので、

そこを見分けられるかが

対処が効くかどうかの境界線になります。

 

自己愛性人格障害も

わからないうちは本当に怖く

なぜそんなことをするのかと

意味を考えたくなりますが、

普通の人よりも

こうしたらこういう行動をとる、

ということが明確になりますので

ある意味、特徴さえはっきり掴めば

自己愛性人格障害の人の特徴を使って

あなたが攻撃されないように

持っていくことができるのです。

 

あなたの彼がもし、

はっきりと

自己愛性人格障害だとわかる場合はいいのですが、

もしかしたら

その限度すら超えている、と感じた時は

一度、サイコパスを疑ってみて

その行動を常に分析しながら見て

すべて捨ててでも逃げるべきなのか、

判断した方がいいでしょう、

モラハラの被害を受け続けている人は、だんだんと他人に対して攻撃的になっていく


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから

モラハラの被害を受け続けている人は

だんだんと他人に対して攻撃的になっていく

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

モラハラの被害を常に受け続けていると

だんだんとあなたの方が

ストレスが溜まっていき

自分でも気づかないうちに

自己愛性人格障害のひとではない

関係のない他人に

だんだんと攻撃的になっていきます。

 

彼からは嫌われてしまうのが怖いので

彼に逆らうことができないのですが

その分どんどんあなたの中に

フラストレーションがどんどんたまっていき

だんだんと日常的に

イライラするようになります。

 

自己愛性人格障害のひとから向けられる

攻撃が理不尽なものだとなんとなく分かっていても

自分のほうにそういう態度に出られる理由に

納得ができていないので

少しづつイライラするようになるのです。

 

 

そして、その怒りをあなたはなぜか

自己愛性人格障害のひとには

その怒りを向けられないので

なんとなく日常的にあなたは

イライラをおなかの中に変えやすくなるのです。

 

これは、あなたが

普通のひとよりも優しいために

我慢してしまうため

そのせいで余計にイライラが

たまってしまうのです。

 

それでも自己愛性人格障害のひとは

容赦なくあなたを攻撃してきますから

あなたはだんだんと怒りが

爆発しそうになってくるまで

あなたを攻撃することをやめません。

 

自己愛性人格障害のひとは

いくらあなたが優しくても

どれだけでも限度なく

落ち込ませるようなことを言ったり

あなたの自尊心や品格を

損ねるようなことを言ったりするのです。

 

そのままあなたが我慢をし続けてしまうと

自己愛性人格障害のひとだけでなく

あなたに優しくしてくれた人たちにまで

あなたは攻撃的になってしまうので

だんだんとあなたから人が離れてしまいます。

Tiaraの恋愛相談室を訪れる方にも

あまりにも彼にイライラするために

攻撃てきになってしまったという人は

ごくたまにお見えになります。

 

でも、その中でも

別れた彼に怒りをぶつけることができた人は

まだ自尊心を失ってはいないので

彼が自己愛性人格障害だと気付いた後は

意外とさっぱりとしているのです。

 

自己愛性人格障害の彼とは離れたくないあなたは

あなたのことを分かってくれる人に

あなたのその怒りをぶつけてしまうのです。

 

自己愛性人格障害の被害にずっと遭い続けてしまうと

あなたの心がどんどんすさんでいきます。

 

あなたは本来普通のひとよりも優しいのに

あなたが攻撃的になってしまっては

誰もあなたのことを

救ってあげることができないのです。

 

 

こうなってしまうと

被害者のほうが

だんだんと魅力を

失っていってしまうのです。

 

我慢できないときは

黙っていてもいいことは何一つないでしょう。

 

かといって面と向かって注意してしまうと

今度は自己愛性人格障害のひとから

敵認識されてしまいますから

本当に怖い目に遭ってしまうのです。

 

あなたは

自己愛性人格障害のひとのために

輝きを失ってしまうのです。

 

もう少し早く

あなたは自分が傷ついていると

考えるべきなのです。

自己愛性人格障害のひとが反省しているときは、本当に治るのか?

今日は自己愛性人格障害のひとが

反省しているとき

今後は、二人の関係が良くなっていくのか

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとを恋人に持った時

よく相談に上がることなのですが

あまりにも理不尽な態度に

彼のことが信用できなくなり

あなたが別れを決意したとします。

 

突然彼が

今までの彼では考えられないほど

反省し、これからはもっと

あなたのことを考えていきたいと

あなたを失うことの恐怖から

謝ってきて

これからは変わるからと断言してきたとき

いくら別れを決意していたとしても

あなたとしても期待してしまいますよね?

 

もしかしたら

彼はあなたと別れることが怖いため

本気で変わろうとしてくれている、

あなたがそう考えてしまうのも

当然のことだと思います。

 

 

今までもどんなに辛くても

これからは必ず良くなると

彼を信じてここまでついてきたんですよね。

 

できれば、あなただって

彼と別れたくないはずです。

jikoaiseijinnkakusyougainohitonokeikakusei

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

そうは見えないのですが

大変臆病で、

捨てられることに

異様に恐怖心をいだきます。

 

自分がさんざんあなたを傷つけてきたとしても

自分が傷ついて初めてわかる気持ちもあると

思いますよね?

 

涙をこぼしたり

悲しい顔で落ち込むこともあると思います。

 

 

そんな彼を見ると

あなたもちょっとかわいそうだと

思ってしまいそうになりますよね?

 

 

ですが、それはあなたが

普通のひとだから思うことで

自己愛性人格障害のひとは

その病気の特徴により

しがみつき行為を

常識では考えられないくらいします。

 

彼のそんな態度を見て

あなたも、もしかして今度こそ

本当に思い直してくれるのかも?

と考えてしまってもおかしくありません。

 

ですが、もし彼が

自己愛性人格障害だとしたら

その病気ゆえに強烈な

しがみつき行為を見せることが

あります。

 

 

たとえば以下の理由により

あなたを失いたくない、と

強く訴えてきます。

 

 

1、本当はいっさいない自尊心のため

あなたから嫌われる(捨てられる)

ことが死ぬほど怖い。

 

2、今まで彼の思い通りに

動いていたあなたを

離したくない。

 

3、長年時間をかけて

彼に惹きつけられていた

あなたがいなくなることが

もったいない。

 

4、本当は

自分がひどいことをしていることを

なんとなくわかっているので

そんなひどいことをしてきたのに

彼に惹きつけられていた

あなたのような人を

今後も見つけられる自信がない。

 

などです。

 

これらの理由から

あなたが離れていくことが死ぬほど怖く

必死でしがみついてくる様子が

あなたに本当は強烈に惹かれているように

見えます。(もしくは見せている)

 

あなたも人から求められることを

強烈に求めていますので

そんなにも求めてくれる自己愛性人格障害のひとに

強烈な愛を感じます。

 
そしてうれしくなり

彼を信じてしまいたくなるのです。

 

ですがそれはあなたが普通のひとだから

そう思ってしまうのですが

自己愛性人格障害のひとは

普通の人が考えるような理由で

しがみつき行為をしているわけでは

ありません。

自己愛性人格障害のひとは

物事を勝ち負けでしか考えられないので

あなたにフラれることは

あなたに負けることだと

考えてしまいがちなので

怖くなって強烈に

しがみついているだけなのです。

 

 

もしも戻ってしまうと

初めのうちはまた

あなたに嫌われてしまうかもしれないという

恐怖心から

必死でしがみつき、

何度もあなたに愛の言葉をささやきます。

 

これは相手が

女の人の場合でも変わらず、

自己愛性人格障害のひとは

どうしてもしてしまうのです。

 

Tiaraは女のひとにも

抱きつかれたことがあるので

とてもよくわかるのですが

本当にドラマさながらの様子

で全力でしがみついてきます。

 

自分が相手に

ひどいことをしたことが

ばれてしまったと思うと

必死で謝ってきてぎゅっと

抱きしめます。

 

涙をこぼしたり

悪かったとかみしめて

謝ってくることもあります。

 

Tiaraはこの時はもうすでに

自己愛性人格障害のことが

よくわかってしたので

女のひとでも

こんなにしがみついてくるなんてすごいなと

冷静に思ってしまいました。

 

 

このことから

自己愛性人格障害のひとがひどく反省し、

俺が悪かったとか私が悪かった、

と謝ってきたのだとしても

それは自分のしていることが

ばれるかもしれないと思ったときで

尊大で情にもろく、素敵で

あなたのことを思っているような言葉を

たくさん言ってきます。

[ad#co-1]

 

 

ですが

元に戻ったり

自分が悪くないと思われる自信があると

自己愛性人格障害のひとは

その時の自分の怒りをあなたに

すごい勢いでぶつけてきたり

小さな怒りをじわじわ定期的にぶつけてきて

あなたに戻って本当に迷惑をしている、と

あなたの人格や存在を

すべて価値のないものにしてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

よく思われたいと思ってもそれは無理で

自己愛性人格障害のひとは自分が一番なのです。

 

あなたがもし、

自己愛性人格障害のひとよりも

有能だと思われたり

いい人だと思われるような

出来事があると

それを否定してきて

あなたは本当にひどい人だと

いろいろな手を使って広めています。

 

中には自己愛性人格障害の人が

直接話をしないで

周りの人の力を使って

あなたの評判を落としてくる

危険性もあると思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

どんなに情深く見えたとしても

あなたを想っているように見えても

反省しているように見えたとしても

しばらく時間がたつと

彼は以前よりも強い力で

全力でつぶしにかかります。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

そういう人間に

育ってしまった人たちのことなので

急に治ったり考えを

改めるということがありません。

 

 

そのことをもっとよく見てみて

後悔のないようにしてくださいね。

自己愛性人格障害と境界性パーソナリティ障害の見捨てられ不安について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害と

境界性パーソナリティ障害との

見捨てられ不安について

お話しようと思います。

 

自己愛性人格障害とよく間違われる

症状の中に

境界性パーソナリティ障害と

いうものがあります。

 

境界性パーソナリティ障害は、

よく似た症状を持っていますが、

その原因が少し違います。

幼いころに自己愛性人格障害の人は

自尊心がもてなくなったことが

原因とされていますが、

境界性パーソナリティー障害は、

見捨てられ不安が異常に強く、

本当はそんなことないときでも、

パートナーを思い通りに

あやつれないと思うと、

相手が

離れていってしまうのではないかと

いう

極端な不安を持ってしまい、

激しい怒りを噴出させます。

 

自己愛性人格障害のように

普段は尊大な人格者を演じると

いうものではなく、

ただその人が見捨てられないか、

極端な不安を常に持っていて、

見捨てられないように

力づくで相手を思い通りにしようと

いう極端な行動の現れです。

 

パートナーから見ると、

怒り方が自己愛性人格障害と

とてもよく似ているので

間違われがちですが、

怒りの理由がちがうのです。

Tiaraからみると、

極端な妬きもちやき、

ともとらえることができるので、

かわいいものだと

おもっていたのですが、

勝手な思い込みで、ヒステリックに

怒りをぶつけられたり、

攻撃するために、

根も葉もない噂をばらまかれたり、

物をぶつけたり、

時には手を出すこともあるので、

付き合う上では、

やはり注意が必要です。

 

見捨てられるという

思い込みが極端に激しく、

捨てられるとか

誰かに彼を取られるとか、

誰もわかってくれない、

私は悪くない、と思い込んでしまい、

激しい怒りに駆られるので、

やはり、注意が必要です。

 

また境界性パーソナリティー障害の

ひとは、

周りの人の言動に過敏に

反応してしまうため、

こちらも

気を付けなければなりません。

境界性パーソナリティー障害も

幼い頃の体験から、

不安を感じやすくなるといいますが、

親の鬱や、兄弟ができたことで

かまってもらえなくなったり、

親に捨てられた経験があるなど、

愛情を充分に受けられなくて、

ちょっとしたことで

不安になりやすかったり、

愛情を奪われたと

極端に不安になりやすい事から

くるようです。

 

精一杯愛情を与えてあげれば、

状態は落ち着くような

気がするのですが、

感覚が普通の人よりも過敏なので、

充分に愛情を与えていると

思っていても

境界性パーソナリティー障害のひとが、

落ちついているかといえば、

それも難しいでしょう。

 

自己愛性人格障害の人も、

パートナーが去っていってしまう、と思ったときに

見捨てられ不安に陥り、

極端なしがみつき行為を見せますが、

境界性パーソナリティ障害は、

むしろ、見捨てられ不安が

病気の原因です。

 

 

自己愛性人格障害は、

自分に極端に自信がないことから、

人の上に立とうとして

おこる病気ですが、

境界性パーソナリティー障害は、

人の愛情が欲しくて欲しくて

たまらない、

愛情に飢えていることからくる

病気だといえるでしょう。