自己愛性人格障害の人が恐ろしく優しくなる時の理由は?




こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

おそろしく優しくなる時があることの

理由について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

自分が人よりも上だと思っているときは

気分が盛り上がっています。

 

今、この瞬間

相手の人をディスったり、

こばかにしたりできる状況の時は

ご機嫌な傾向が強く、

穏やかに笑いながらいうときがよくあります。

 

その光景を側から見ていますと

冗談っぽく聞こえて

深刻味はあまり感じませんので

周りを笑わせるために言っている

ブラックジョークのように聞こえると思います。

 

ですが、そのとき自己愛性人格障害の人は

その人よりも

自分の方が上に立っているような気分になっていて

一瞬ですが、

気分良く過ごせています。

 

また、自己愛性人格障害の人に

悩み事を打ち明けると

わりと親身になって答えてくれたり

考えてくれているように見えるのですが、

自己愛性人格障害の人は人の弱みを見ることが

何よりも大好物なので

とても満足して話を聞いているだけなのです。

 

そんな時の自己愛性人格障害の人は

おそろしく優しいので

あなたはとても気持ちよく話を聞いてもらって

いい人だなと感じてしまうかもしれません。

 

自己愛性人格障害の人が

悩みを深刻に聞いてくれている時は

その人がどんなに惨めな思いをしているのかに

興味を持っているだけなので

あなたをなんとかしてあげようと

解決するつもりで

話をきいているわけではないのですが

その態度にあなたはとても満足するはずです。

 

こんなにも真剣に考えてくれている、と

自己愛性人格障害の人に

絶大な信頼感を持ってしまうかもしれません。

 

ところが、自己愛性人格障害の人は

常に人の弱みを探していますので

自分から聞き出す事なく、

あなたの方から一生懸命に話してくれているので

疑われる事なく

あなたの弱みを聞き出すことに成功しているので

とても気分がいいのです。

 

その後も「そーいえばあれからどうなった?」

と聞かれることがあるかもしれません。

 

そんな時、この前親身になってきいてくれたからと

あなたの方から一生懸命話してしまうと

あなたが自分にたいして信頼感を持ってくれていると

あなたに関しては

安心して接すると同時に

あなたの欠点を探ることができるので

とても好都合なのです。

 

自己愛性人格障害の人は

常に人から嫌われる恐怖にさらされていますので

安心できる存在をどうしても探してしまいます。

 

そんな中あなたが自己愛性人格障害の人に

自分の悩みを相談することによって

自己愛性人格障害の人との

上下関係ができてしまいます。

 

ここで注意したいのが、

自己愛性人格障害の人は自尊心が全くないことから

世間に鼻つまみ者として放り出されてしまうことに

(本当はそんなことはないのに)

異常な恐怖心を抱いていますので

お腹の中に常に爆発しそうな怒りと不安を

常に持ち続けています。

 

ですが、世間の人たちを信用していないので

その怒りを出して

自分が嫌われてしまうことに

初めから強い恐怖心を持ち続けています。

 

ですが、この人になら

自分のイライラした気持ちをぶつけても

許してくれると踏んだ相手には

機会があるごとに

相手を責めることで

自分の中の怒りを安心してぶつけることができます。

 

あなたが

自己愛性人格障害の人に悩みを打ち明けるということは

あなたが相手を信頼しているとバレてしまうので

自分のことを信頼してくれる相手には

自己愛性人格障害の人は

安心して怒りをぶつけることが

できてしまいますから

あなたは怒りをぶつける対象になってしまいます。

 

あなたの悩みを

親身になって聞く自己愛性人格障害の人に

心を許してはいけません。

 

あなたが自己愛性人格障害の人に

悩みを打ち明けることで

自己愛性人格障害の人は

あなたから信頼されているという安心感を持ちます。

 

あなたの弱みを握ることもできているので

自己愛性人格障害の人の好きなタイミングで

あなたの悩みを

一番言ってはいけない人にいう事もするでしょう。

 

 

自己愛性人格障害の人は

周りの人間関係を壊すこともとても好きですし、

人間関係が壊れてひとりになった人を

好む傾向があるのです。

 

だってひとりになって仲間がいない人は

いくら潰しても分かりにくいですし、

自己愛性人格障害の人がひどいことをしても

それを他人に漏らされる心配も無いのです。

 

だから、自己愛性人格障害の人は

自分のことを好きな人の人間関係を

知らず知らずのうちに破壊していきます。

 

悪い評判を立てたり

あなたが一番言われたく無いことを

一番知られたく無い人に伝えたりするのです。

 

だから自己愛性人格障害の人に

悩みを打ち明けてはいけません。

 

相談するときは

相手が自己愛性人格障害では

無いのかを

確認した上で相談したほうがいいでしょう。

 

 

もし万が一、自己愛性人格障害の人に

相談を持ちかけてしまうと

あなたをターゲットとして

認識してしまう可能性が非常に高くなります。

 

自己愛性人格障害の人には信頼されないほうが

自己愛性人格障害の人は

あなたをもっと丁寧に扱ってくれます。

 

だってあなたがどんな人間か分からないと

あなたがどんな反撃をしてくるか分からないので

あなたの存在が恐ろしく

そう思っている間はあなたに嫌われないように

あなたには親切にすると思います。

 

自己愛性人格障害の人は

普通の人とまったく違う感覚を持っていますので

自己愛性人格障害の人が穏やかに過ごせているときは

何が彼を穏やかにしているのか考える必要があります。

 

普通の人は、穏やかに過ごせているときは

何も問題がないのですが、

自己愛性人格障害の人は穏やかに見せることで

自分はこんなにいい人間なんだ、と

見せかけるている場合もあります。

 

誰かを下にするために

1人を省いて周りの人と

穏やかに談笑する場合もあります。

 

この場合は被害者に

自分が1人だけ入れてもらえていないことに

気づいてもらわないと何にもならないので

長時間、しつこいくらいに

話をやめないことがほとんどです。

 

だから、ちょっと不自然なくらい

話が長いという傾向にあります。

 

一人の時も

誰かと仲がいい、ということを

見せかけていなければならない心情に駆られますので、

わざわざ用もないのに電話をして

ずっと話をしている場合も多くみられます。

 

周りの人と談笑する、とか

だれかと長時間電話をする、という行為は

普通の人の場合はなんでも無い行為なのですが、

自己愛性人格障害の場合は、

嫌がらせの一環だと考えられます。

 

このことに気づいていない人が多いので

まさか嫌がらせをしているなんて

気づかない人がほとんどですし、

なんなら被害者ですら気づかないことが多いのです。

 

だけど何かのきっかけで

自分の話は聞いてもらえない、だとか

他の人の話にはすぐに反応するのに

自分の話には反応しないと気づくようになり、

一旦気付くと嫌な気持ちになります。

 

これは長期間やり続けることで気づくことなので

被害者以外や、またはその場を少し通りかかったくらいでは

気づかない人の方が多いです。

 

被害者自身が自分で気づくまでやり続けるし、

被害者が人にかまってもらいたい願望が強い人になると

より短い期間で気づくことになります。

 

あと自己愛性人格障害の人がこれを嫌がらせに使うのは

自己愛性人格障害の人本人が

自分以外のひとが

自分を省いて仲良くしているところが許せないので

他の人も嫌がっているのではないかと

考えているせいではないかと思います。

 

試す方法が1つあって

自己愛性人格障害の人は

自分以外の人がチヤホヤされていたり

ほめられていたり、

自分以外の人たちが盛り上がって話をしていると

耐えられなくなってすぐにどこかに行ってしまいます。

 

Tiaraはこの光景を見て

あ、やはりこの人は

自己愛性人格障害だなと確信することが

とても多いです。

 

自己愛性人格障害の特徴に気付くと

自己愛性人格障害はとても分かりやすいのです。

 

普通の人は周りの人が盛り上がっていると

一緒に楽しもうとしたり

自分も居心地が良くなったりするのですが、

自己愛性人格障害の人は違うのです。

 

自分1人だけが目立たないと気が済まないし、

自分1人だけが特別扱いされていないと

満足できないのです。

 

自分以外の人が褒められていたり、

盛り上がっていたりすると

その場では何も言わないことが多いのですが、

知らない間に

その人が盛り上がっていた人たちの間で評判を落とし、

その人が今後はその輪に入れないように

気づかないように動いているので

すぐに分かります。

 

次の機会には仲が良かったグループに

なんとなく入れなくなっているので

自己愛性人格障害の人が

陰で動いていたと仮定することができるのです。

 

自己愛性人格障害の人が

その場にいないときは

何も起きません。

 

ずっと変わらず、

仲の良いグループは仲がいいままですし

うまく行っているところが

なんの原因もなしに雰囲気が悪くなることは

あり得ません。

 

 

例え問題が起きたとしても

しばらくしたら解決していることがほとんどですし、

自己愛性人格障害の人のいないところでは

不可解な出来事は何も起こらないのです。

 

今までいなかった場所に

新しく自己愛性人格障害の人が来たときはてきめんで

今までは何もトラブルが起きていなかったのに

トラブルばかりが起きるようになるので

その人の行動を観察してみてください。

 

症状のひどい自己愛性人格障害ほど

初めの頃の印象は好印象なことが多いので

気をつけて接するようにしてください。

 

その人が、自己愛性人格障害だった場合、

以上にあげた出来事が起こってくるので

できるだけ反応を減らし、

早急に周りにも対処をしたほうが

被害が少なくて済むでしょう。



自己愛性人格障害の被害に遭わないためにあなたができる行動ベスト3



こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

被害に遭わない為の行動ベスト3

を紹介したいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は

初めはとてもいい人という印象を与えます。

 

自己愛性人格障害の人は

尊大な自分を見せつけなければ気が済まないので

初めは良い人を演じたり、

有能なところを見せつけたりして

周りの人たちを自分に惹きつけなければ

あとで嫌がらせをすることもできません。

 

自己愛性人格障害の人は

とても頭がいいように思えますが、

その場その場で一番都合がいいように生きているので

その時と場合に応じてコロコロ言っていることが変わり

一貫性がありません。

 

そこで嘘をついているように見えたり

この前と言っている事が違うと被害者は戸惑いがちですが、

自己愛性人格障害とはそもそもそういうものです。

 

だから信用しても無駄なのです。

 

そのことをあらかじめ知っていますと

驚くことはありませんし、

心の準備もできますので

あなたがショックを受けずに済みますし、

彼を怖がることも彼の機嫌をどうやって治そうか

考える必要もありません。

 

まず、自己愛性人格障害の人に対して

1番にこのことを知っておくことが大切です。

 

自己愛性人格障害とはそういうものなのです。

 

自己愛性人格障害の人が

普通の人だと思っているからこそ

自分が悪い事をしたのかなと気になり

謝ってしまったり、何が彼をそんなにも

怒らせてしまったのか考えることになり

かなり振り回されます。

 

自己愛性人格障害の人に振り回されているときは

あなたは自分のことは考えられなくなるでしょう。

 

自己愛性人格障害の人に

気に入られることばかりを考えてしまいますが、

そんなことは無駄なことなのです。

 

例えば、あなたが

自己愛性人格障害の人の被害にあっているとして

あなたがご機嫌をとったところで何も変わりません。

 

あなたがもし

自己愛性人格障害の人が周りの人とは

うまくやっているように見えたとしても

あなたがみているから、そんな振る舞いをするだけで

あなたがいなくなれば

自己愛性人格障害の人は

あなた以外の人と仲良くすることもやめてしまいます。

 

だからもし、

あなた以外の他人と

自己愛性人格障害の人が

仲良くしているところを見かけたら

あなたはその場からそっと席を外してみましょう。

 

その場からできるだけ早く、

できるだけさりげなく離れることが

あなたが出来る自己愛対策の

2番目に意識しておくことになります。

 

すると、今まで

楽しそうに話していた自己愛性人格障害の人も

話をするのをやめてしまうでしょう。

 

あなたが見ていなければ

自己愛性人格障害の人は

楽しく雑談をする必要はないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

本当に周りの人達と仲が良いわけではないのです。

 

ただのターゲットに対する嫌がらせです。

 

あなたがその輪に入りたいと思っても

どんな努力をしてもその輪に

あなたが入れることはないでしょう。

 

 

だから努力をしても無駄ですが、

そもそも自己愛性人格障害の人は

嫌がせを止めることができないので

自分からしがみついてきて

自分のことを認めてほしい、

と思っている人を手放すことができないのです。

 

だってそこで

本当に仲良くしているわけではないのですから。

 

あなたが自分に責任があると思い込んで

自己愛性人格障害の人のご機嫌をとったり

悲しそうな顔を見せたりしたら

自己愛性人格障害の人は

もっとあなたに嫌がらせをしてくるはずです。

 

だから

自己愛性人格障害の人に

気に入られたいと思うことはやめましょう。

 

これが出来るだけで

自己愛性人格障害の人のすることを

間に受けなくて済むようになります。

 

第3の心がけとして

これがとても重要になります。

 

 

自己愛性人格障害の人に気に入られても

なんの意味もないことです。

 

むしろ、あなたが

自己愛性人格障害の人に気に入られることは

あなたの方から

自己愛性人格障害の人に擦り寄ってくる形になるので

自分がしているひどいことを

被害者のせいにできて、

安心して自分の感情をぶつけることができる

安心できる存在になってしまいます。

 

 

自己愛性人格障害の人は嫌がらせをしまくって

あなたが堪えるのを楽しみにしています。

 

あなたの惨めな姿を見て

自分の方が上だと確認していないと

不安で落ち着いていられないのです。

 

自己愛性人格障害の人が

落ち着いているときは

必ずターゲットがすぐそばにいます。

 

あなたがもし、

自己愛性人格障害の人の行動に振り回されて

おどおどしていたり、

不審に思っていたり、

謝ったり、ご機嫌をとったりすれば

周りの人から見ても

本当にあなたが悪いと思われてしまいます。

 

自分がしたことでないなら

謝ったり認めたりしてはならないのです。

 

Tiaraも自己愛性人格障害の人の悲しみがわかるので

ついつい同情してしまいそうになるのですが

ここで同情するととことん悪者にされてしまいます。

 

だから自分でやったことでないなら

まったく知らん顔をしています。

 

それかさりげなくその場を離れるのです。

 

そうすれば、自己愛性人格障害の人も

あなたのせいにすることができず、

あなたは被害を受けずに済みます。

 

自己愛性人格障害の人の行動に

あなたが反応してしまうということは

あなたはやってもいない罪を

自己愛性人格障害の人から

あなたのせいにされることに

自ら協力していることになるのです。

 

いい人とはなんでも自分のせいにしたがりますが

あなたがやったことでないなら

逆に認めてはいけないのです。

 

逆にあなたがしたことで

間違ったことをしてしまった場合は

潔く謝り、話を長引かせないことです。

 

できるだけキッパリと短く

いったほうがいいと思います。

 

できるだけ二人きりになる機会を避け、

大勢の目にさらされている場所にいるほうが

自己愛性人格障害の人からの攻撃を受けずに済みます。

 

ついうっかり

自己愛性人格障害の人と二人きりになってしまったときは

できるだけ言葉を交わす事を避け、

ただ、やらなければならない作業に黙々と取り組み、

できるだけ早くその場を離れるべきです。

 

そうやって身を守り、

自己愛性人格障害の人の嫌がせに堪えて悩むなどして

自己愛性人格障害の人を喜ばせてしまうことに

ならないようにしましょう。

 

この子にやってもなんの反応も得られず、

つまらないと思わせることが

自己愛性人格障害の対策になるのです。


自己愛性人格障害の人は自分のために人を潰しても平気


こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人は

人を潰しながら社会的に生き残る、

というお話をしていきたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人を見ていますと

自分がしていた悪いことがばれそうになると

急に大人しくなり、自分を

ぐっとおさえているところを目にします。

 

モラハラが加速していき、

周りの人間関係を壊したりして

周りの人にも

あの人は何かおかしいのではないか、

と思われ始めてきたことがわかると

それがバレないように息を潜めます。

 

Tiara自身、大好きな彼が

自己愛性人格障害だったことに気づいてから

あの優しさや面白いところ、

知的で紳士的なところ

TiaraやTiaraの子供達にまで

尽くしてくれていると思えたことまでもがすべて

Tiaraのためではなく

自分をよく見せるために

必死でしていたことだと理解しました。

 

それがわかった時

ショックもとても大きかったですが、

自分をよく見せるために

必死でしている努力があんなにも

周りから見たらいい人に見える、

ということがよく理解できました。

 

優しさや親切、

そして才能や有能さまでもが

人のためではなく、

すべて周りの人に

信頼してもらうためにしているだけの人が

いることに気づいたのです。

 

そして

そうやっていい人に見せることで得た信頼を

ある特定の人にだけ

裏切ることで相手にショックを与え

自分の方が上だと高揚し

それを止めることができない精神状態だと知った時

とても恐ろしいと感じました。

 

そのたった一人以外から見たら

その人は本当にいい人で

被害者が言っても信じてもらえない事態に落ち入る

ということがとても恐ろしかったのです。

 

何も知らずについてきた人を

潰し、そして潰したことに対して

何の罪悪感も持たず、

その人が悪いと責めるだけでなく

周りの人からも

その人が価値のない存在だと

思われるように毎日の言動や表情、

態度で少しづつ少しづつ思わせていくのです。

そして気づかない間に1人になってしまったその人を

味方のいない状態にしてしまってから

潰すのです。

 

なぜそんな事をするのかというと

その人の自尊心を潰すことで

周りの人から

自己愛性人格障害の人のしていることが

分からないようにして

被害者が自ら辛くなり

潰れていくところを見ていたいのです。

 

でも言い換えるとそれは精神的なダメージで

そのことに気づきさえすれば

表面上は何もされていないのです。

 

要するにそこは

とても大きな思い込みの世界です。

 

自己愛性人格障害の人にも

どうしてもそう行動してしまうので

やめろと言ってもやめることはできません。

 

自己愛性人格障害の人も

ない恐怖に勝手にさらされて

勝手に必死で相手に勝たないと

自分が潰されてしまうと思い込んでいるので

悪気があるわけではなく、

むしろ恐怖心から虚勢をはり

自分の方が上だと常に見せつけていないと

安心できないのです。

 

どうしたら良いのでしょうか?

という質問をよく受けるのですが、

自己愛性人格障害の人は変えることができないので

あなた自身が変わるのです。

 

相手は変えることはできませんが、

あなたの考え方はあなた自身が

変えることは可能なのです。

 

どう変えるのかというと

人に認めて貰いたいという気持ちが強ければ強いほど

辛くなります。

 

愛されたい、とおもえば思うほど

辛くなるのです。

 

自己愛性人格障害の人の考え方に気づいてから

Tiaraはずっと1人です。

 

厳密にいえば

友達がいて家族がいますが、

家族といえどもTiaraには旦那さんはいなく

愛する子供たちだけです。

 

子供たちももう自立しており、

基本的には母親がいなくても平気です。

 

その上で勝手にこちらが

愛しているだけのことで

いつも基本的に行動はバラバラです。

 

友達もいますが、

今は滅多に会う事がなく

たまたま

この前懐かしい旧友から連絡をもらい、

久しぶりに3人で会いましたが、

そんなのはなくても

別に平気です。

2人はとてもいい子達で

たまたま2人とも

今時珍しい子沢山で

1人は子供4人、1人は5人子供がいて

2人とも旦那さんがいます。

 

途中で「旦那さんのどこが好き?」

なんて話が出ましたが、

Tiara的には

へえ、なんか乙女チックな話をし出した

と思っただけで

なぜかその感覚が懐かしい感じもしました。

 

2人とも幸せそうで何よりですが、

1人の子は10歳くらい年下の旦那さんで

4人の子供たちは前の旦那さんの子供で

今の旦那さんの子供が1人です。

 

彼女の前の旦那さんもモラハラだったそうで

そんなに詳しく聴いたわけではありませんが

なんとなくtiaraにはその子の様子が

とてもよくわかりました。

 

今のかなり年下の旦那さんは

本当に優しくいい旦那さんのようです。

 

久しぶりにランチをして

その後美味しいケーキのお店にもいきましたが

気持ちの上ではいつも1人で

1人の方が気楽で自由です。

 

たまに誘われれば

そうやって友達にも会いますが

普段は特に友達が

恋しいということもありません。

 

昔のTiaraでは考えられないくらいです。

 

自己愛性人格障害の人は

人を自分のために利用しようと思って

近づいてきます。

 

この友達はそんなことは一切無く

本当に珍しいほどいい子達ですが、

友達がいると楽しいからとか

淋しさを分かち合える、とか、

お互いの近況が気になってどうしてるかな?と思ったり

顔を見て話したい、という気持ちで会う約束をしますが

Tiaraにはその感覚はほとんどなくなりました。

 

でもいい人と近づいてはいけない人がわかるので

こうやって普通になんの抵抗もなく

会える友達がいることは

とても恵まれているなあと思ったので

会うことにしました。

 

 

友達関係とは本来

その人のことが好きだとか

寂しさを紛らわしたり何かを一緒に楽しんだり、

一緒に成長していきたいという気持ちを持って

相手と会うものだと思います。

 

そういう気持ちは

厳密にいえば

自分が楽しむために人を利用する、といえば

そうなのかもしれませんが

それで傷つく人はいないでしょう。

 

普通はお互いにそうなのですから。

 

昔、自己愛性人格障害の元彼が

こんな事を言っていました。

 

「誰だって自分のためにしていることだ。

例えば友達関係だって親切にするけれど

人に親切にしたことで

自分をよく思ってもらいたい、だとか

自分がよくしたから今度は

友達によくしてもらえると考えるものだ。

 

その人のために何かをしてあげたい、という気持ちも

その人の笑顔を見ることで

自分が幸せな気持ちになるためなのだから

厳密に言えばそれも自分のためだよ。

そういう意味では

誰でも人を利用している

ということになるよ?」

 

でもその時はそれは違うと思っていました。

 

Tiaraは本当に自分の好きな人に

幸せになってもらいたかったのです。

 

それがTiaraといることで

幸せを感じてくれるのなら

こんなにも幸せなことはないと感じていましたし、

実際に自分が相手のために役に立っている、

と感じることで

満足感も得ていたのです。

 

でも彼は少し違っていました。

 

彼は本当に自分が何かを与えたり、

優しくすることで、相手が幸せな気持ちになることで

本当に満足しているのでしたら

嫌がらせなんてするはずはありません。

 

彼は自己愛性人格障害だったので、

自分の考え方にある日疑問を持って

でも誰だって自分のために人を利用する、

自分がおかしいわけじゃないんだ!

と思いたかったのかもしれません。

 

その時はお互いの思いのそのニュアンスが

少し違うことにあまり気づいてはいませんでした。

 

今、周りの人を見ていても

話をしていても

本当には自己愛性人格障害の人が

なんのためにそんなことをするのか

厳密には気づいていない人がほとんどです。

 

昔のTiaraが気づかずに

いつかわかってくれる、いつか喧嘩をしなくなる

いつかお互いの考えがわかるようになり、

本当にわかりあうことができるようになる、

と思っていたことは

どんなに努力しても叶うことではなかったのです。

 

自分が被害にあってようやく気づくのです。

 

自分が被害に遭っていない人は

どんなに被害者が真実を訴えたとしても分からず、

必ず被害者の方にも原因がある、と思ったり、

被害者が単に悪く考え過ぎだ

と思ってしまうことがほとんどです。

 

だから周りの人に相談してしまうと

あなたがわるく思われてしまうのです。

 

だからもし被害に遭いそうになったら

できるだけ早く周りの人にいうことです。

 

そうでなければ言わないほうがマシだった

ということになってもおかしくありません。

 

いう時は、冷静に判断できると思える人だけに

言って、もし信じてもらえなくても仕方がない、

ということを覚悟した上で言ったほうがいいでしょう。

 

あとあなたの大好きな彼が

自己愛性人格障害だったとしたら

分かり合えることはもう諦めて

距離をおいたほうがいいでしょう。

 

わかってもらいたい、という気持ちを

自己愛性人格障害の人に持ったとしても

自己愛性人格障害の人は変わることがないのです。

 

だったらあなたは、

もう彼に自分のことをわかってもらうことをやめて

あなたのことをわかってくれる人と

一緒にいたほうが

あなたも嬉しい気持ちになると思います。

 

動かない相手を動かそうとして

悲しい思いをすることをやめないと

あなたの心に強いストレスがかかり続けます。

 

あなたにはあなたの考えというものがあるし、

それを他人にわかってもらう必要はないでしょう。

 

ですが、それは全員ではなく

ある一部の人は

あなたの熱烈なファンになってくれるかもしれません。

 

そんなあなたのファンが現れるまでは

わざわざ探すようなことをするのは困難ですし、

ましてや絶対にあなたを賛同しない相手を

変えようとすることはもっと難しいと思います。

 

それならあなたの考えを隠して

あなたの思いを潰されるチャンスを

自己愛性人格障害の人に与えることなく

あなたが自由に行動したほうが

間違いなくあなたは気持ちよく過ごせます。

 

どこにでもいる自己愛性人格障害の人を

一所懸命に見てわかってもらおうとするのではなく

自己愛性人格障害の人を避けまくって

あなたがのびのびと過ごせる環境を

少しづつ掴んでいくのです。

 

それは1個所からすべて与えられるわけではなく、

お金はここから、愛情はここから

知識はここから、友情や気晴らしはここからと

あちこちから分散していただきましょう。

 

例えば職場環境が悪い人は

ここからはお金をいただいている、と

人間関係を諦めて、仕事にだけ淡々と向き合うことで

自己愛性人格障害の人からの

ストレスを減らすことができます。

 

ですが、職場だけですと

いい人間関係がないので

別で友達に会う、とか恋人を作る、

ということをしたほうがいいでしょう。

 

今はサブスクの時代ですので

Net FlixやAmazon primeなどで

娯楽は24時間見られますし、

習い事や趣味で出会いは

いくらでも見つけられます。

 

友達はいろいろな人とお付き合いをするより

本当に信頼できる友達が2.3人いれば

十分かなと思います。

 

手を広げ過ぎて

嫌な人間関係でも

無理矢理付き合っている人たちも大勢いますが

今はそんなのはナンセンスです。

 

フォロワーは何万人もいなくてもいいでしょう。

 

職場の人間関係に悩む人も大勢いますが、

そもそも、職場とは

気のあったもの同士が集まったわけではなく

みんなビジネスという名のプロジェクトに

各専門家がバラバラに集まった集団なので

自己愛性人格障害の人が紛れ込んでいる可能性も高く

その人たちと無理矢理に仲良くする必要はありません。

 

仕事のことだけを淡々とこなしていたほうが

自己愛性人格障害の人にターゲットにも

されにくいです。

 

人間関係もいいほうが

仕事にハリが出る事も間違いはありませんが、

全ての長所を1箇所から集めることの方が

遥かに難しいので

それならそれであきらめて

いろいろな部分で分散させる方が現実的です。

 

あなたの感情が乱れにくい方が

自己愛性人格障害の人からも狙われにくいです。

 

自己愛性人格障害の人は

その人が落ち込む姿が生きがいのようなものなので

あなたが悲しそうな顔を見せたり、

精神を揺さぶられたり

ビクビクおどおどしたりする方が

自己愛性人格障害の人はより高揚して

あなたにしがみつきます。

 

どんなによく見えても

それは見せかけだけのものなので

自己愛性人格障害の人には

できるだけ関わらない方があなたは幸せです。

 

あなた以外の人とは

うまくいっているように見えたとしても

それはあなたに見せつけて

あなたに惨めな気持ちを味合わせるために

しているだけのことなので

あなたがその場から離れると

その人間関係も大してよくありません。

 

なんなら、自己愛性人格障害の人が

周りの人と仲良くしているところを見かけたら

さりげなく席を外してみてください。

 

何度もそれを繰り返していると、

あなたを外して

あなた以外の人たちと仲良くしているところを

あなたに見せることができないので

自己愛性人格障害の人は

周りと仲良くすることになんのメリットもなくなるので

周りの人と仲良くすることをやめてしまうでしょう。

 

あなたも嫌な思いをしなくて済みます。

 

あなたがいないところで

自己愛性人格障害の人が何を話しているのか

気になってしまう人は、

よりターゲットにされる可能性が高くなります。

 

自己愛性人格障害の人が何を話しているのか

気になってしまう人は

計画的に席を外す事を頻繁にしてみてください。

 

その上で、あなたの評判がもし落ちてしまったら

評判を聞いたその人も自己愛性人格障害の人ごと

あなたの意識から外してください。

 

その人と個人的に付き合ったとしても

いいことはありません。

 

こうやって調節していくうちに

あなたは意識のコントロールが上手くなり、

今までよりも人に依存しなくなると思います。

 

それにも慣れてくると

あなた自身が楽に生きられるようになり

同時に友達に対するこだわりも

薄れてしまうでしょう。

 

ですが、そうやって冷静になったときに

人の判断ができるようになっていますので

あなたが選んだいい人とだけ関わるようにすると

自己愛性人格障害の被害に悩むことも

だんだんと減ってくるでしょう。


自己愛性人格障害の人のあなたへの執着を自然に解いていく方法とは?



こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人は

出会った頃は気づかない、

というお話をしたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は、

出会った頃はいい人だという印象の人が多いです。

 

初めはいい人オーラ全開で

いろいろとアドバイスをしてくれたり、

親身になって相談に乗ってくれたりすることが

多いでしょう。

 

では、どこで判断したら良いのでしょうか・

 

自己愛性人格障害の特徴として

まず、人よりも自分のほうが上、

という状況を好みます。

 

分からないうちは、

聞くこともあるかもしれませんが、

それは最小限です。

 

自分のほうが年下だろうが、

後輩だろうが新人だろうが

他人のあらを探しては

そんなことではだめだとたしなめます。

 

謙虚な人ほど

そうですか、いや実はそうなんですよね、

困ってるんです、とか

いや自分はこれが出来てなくていかんですが、

なかなか出来なくて。。

 

なんて自分の失敗だと認めます。

 

でも、これって

だれにでもあることなんですよね?

 

だけどこれを続けていくうちに

段々と上下関係ができてきてしまいます。

 

そして周りも、

自己愛性人格障害の人のほうが

上だという雰囲気を感じとってしまうので

そこになんの疑問も持たなくなってしまいます。

 

自己愛性人格障害の人は

そうやって自分が来た新しい場所も

自分の支配下に置いていくように

すぐに行動し始めます。

 

Tiaraはこの段階で気づくことが多いのですが、

初めからとても話しやすく、

気さくで嫌な感じを持ちません。

 

そして自分の話よりも

他人の状況を聞くことに専念します。

 

これは相手によっては

自分に興味を持ってくれている、と感じやすく

好感を持つのですが、

いろいろ聞いて、

その人のちょっとした欠点を見つけます。

 

例えば、あなたが自分で言わなくても

他の誰かから聞いてあなたの情報を

仕入れることもあります。

 

例えば褒め言葉でも

自己愛性人格障害の人の前で言ってしまうと

そこにヤキモチを焼いて

その人が好感を持たれないように

段々と蹴落としていきます。

 

例え欠点がなかったとしても

どんなに小さなことでも言葉尻と捕まえて

冗談を言うようにその人のことを

蹴落としていきます。

 

自己愛性人格障害の人は

とても話術に長けているので

面白く言うのがとても上手です。

 

だから周りの人も

それをきいて面白くなってしまい、

自己愛性人格障害の人の話に

魅了されてしまいます。

 

なので聞いているうちに

その人を軽く扱ってもいい、というふうに

段々と思ってしまうのです。

 

初めは聞いていて

面白いことを言っているな、

と笑ってしまう程度のことだと思います。

 

ですが、そのうちに

その人のことをまともに相手にしなくなり、

段々とその人は人の輪から自然に外れていきます。

 

人の情報をいろいろ教えてくれる人にはくっついて

その人からいろいろな人の情報を得ていきます。

 

それが男女だった場合、

被害者は、自己愛性人格障害の人が

自分のことを好きなのかと錯覚してしまうことも

とても多いと思います。

 

それがきっかけで

自己愛性人格障害の人と

仲良くなってしまうこともよくあり、

それがきっかけで付き合ってしまうことも

とてもよくあります。

 

被害者になりやすいタイプの人は、

自分のことを冷静に褒めてくれる人よりも

冗談ぽくディスってくれる人にも

とても好感を持ちます。

心の距離感がとても近いので

それが被害者と自己愛性人格障害の人との距離を

縮めてしまうのです。

 

悪いことをしている時ほど

自己愛性人格障害の人は

自分がしていることがバレてしまうことに

とても怯えているので

笑いながら話す癖があります。

 

それが楽しそうな雰囲気だと

勘違いされてしまうのです。

 

だから自分のことを

笑いながらディスる自己愛性人格障害の人に

もお!っと冗談ぽく怒ることで

楽しさが増してしまい、

自己愛性人格障害の人に

とても好感を持ってしまうことがとても多いのです。

 

そして、自己愛性人格障害の人と

被害者の中は急接近してしまい、

周りの人から見ても

あの2人は仲が良いと取られることがほとんどでしょう。

 

自己愛性人格障害の人は

人を馬鹿にして

自分の心を持ち上げていないと

自尊心が壊れそうなほど低いので

被害者をディスることで

自分の心が軽くなることを感じます。

 

だから被害者と一緒にいることは

自己愛性人格障害の人にとっても

とても楽しいことだし、

幸せなことなので段々と被害者に執着していくのです。

 

被害者に執着した自己愛性人格障害の人は

被害者を離さないように

いろいろなプレゼントを送ったり、

優しくしたり、旅行に連れてってくれたりするでしょう。

 

ですが、それは自分の心の中の

不安をぶつける都合の良い相手が

現れただけなのです。

 

なのに、あなたが

自己愛性人格障害の人に

会いたいと思ってしまったり

依存したり、執着したりすると、

あなたのメンタルは

とてもつらくなっていきます。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたに犠牲を求めているのです。

 

自分のために擬瀬になってくれるあなたを

自己愛性人格障害の人は離そうとしません。

 

だから気づいたら、

できるだけ早く

自己愛性人格障害の人と

距離を離していかなければならないのです。

 

あなたが離れそうになると

強烈なしがみつき行為を起こしますので

それもとても怖いと思います。

だから逃げる時は

少しづつゆっくりすることが必要になります。

 

自己愛性人格障害の人に

敵対心を見せてしまわないように

慕っている雰囲気を出したまま、

少しづつ関わる時間を減らしていきます。

 

そしてそれができるだけ

自然に見える形で

距離を取らなければならないのです。

 

例えば、自己愛性人格障害の人が

あなたに近づいてきて話そうとした瞬間に

電話が鳴ったり、

急に用事を思い出したり、

いかなければいけない場所があったり

誰かとの約束があったり、

どうしても外せない会議がある、とか

とにかくあなたのせいではなく

あなたも仕方なく、

どうしてもいかなければならないところがある、

と言う用事にしたほうがいいと思います。

 

例えば、何もなければ

トイレに行く、とかでもいいし

できれば、言わなくてもいいように

自然に席を外せるようにします。

 

戻ってきた時にはもう

自己愛性人格障害の人にとっては

どうでもよくなっているか

拍子抜けしてしまうような時間がいいと思います。

 

そうやって何度も何度もやっているうちに

自己愛性人格障害の人の頭の中で

あなたに話しかける気が失せるとか

あなたとコンタクトを取ろうとしても

うまくいかないという認識が

自然にできてくるまで繰り返し

行ってください。

 

そしてたまにはすぐに答えて、

話が終わったらまた

何か用事があるからどこかへ行く、

ということを繰り返していると

自己愛性人格障害の人も自分でも気づかないうちに

あなたへの執着がなくなってくるでしょう。

自己愛性人格障害の人と被害者はお互いに惹かれ合う

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人と被害者は

惹かれ合うということについて

お話をしたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人と被害者は

お互いに無意識のまま

引き合います。

 

Tiaraが今までのことを考えても、

現状自己愛性人格障害の人が

はっきりとわかるようになってからでも

自己愛性人格障害の人からしか

Tiaraは興味をもたれません。

 

 

そして、

普通の人は何故かあまりTiaraには

興味を持たないのです。

 

Tiaraも、

自己愛性人格障害の人の方が

どうしても、普通の人よりも

気になってしまうのです。

 

できれば、

もし次の恋があるとするならば、

または新しい友達ができるとしたら

絶対に

自己愛性人格障害ではない人を

選びたいと思います。

 

ですが、自分でも

自分が、自己愛性人格障害以外の人に

興味を持つかどうかがわからないのです。

自己愛性人格障害の人の方は

無意識に被害者になりそうな人を見つけ出し、

じっと見つめてきたり、

被害者の行動をどうしても追ってしまうので

被害者になりやすいタイプの人は

恋愛と勘違いしやすいのです。

 

自分のことを好きなのではないか

と心がドキドキしてきてしまうのです。

 

お互いが、お互いを意識していることが

読み取れるので

それは恋だと勘違いしてしまいがちですが

被害者と自己愛性人格障害の人が

引き合っているだけの事なのです。

 

このことから自己愛性人格障害の人と

被害者がくっつくことがとてもよくあります。

 

そして後々、どうしても

トラブルになってしまうのです。

 

そしてそのトラブルは

とてもドラマチックなことが多く、

被害者も

自己愛性人格障害の人をいいふうに捉えてしまったり、

自己愛性人格障害の人の

気持ちを汲み取ってあげようとしてしまい、

また自分のことを傷つけるような人を選んでしまうのです。

 

そして自分で選んだその人が

さらに被害者の心を追い詰めることになるのです。

 

自己愛性人格障害の人からは

好かれても嫌われてもいけません。

 

嫌われてはいけないことは

普通の人間関係でも

いけないことは常識なので

わかると思うのですが、

まさか好かれてもいけない人間関係が

あるとはほとんどの人が

夢にも思わないと思います。

 

 

なぜ、自己愛性人格障害の人に

好かれてはいけないのかというと

どうしてもそのあとの付き合いが

だんだん密接になってくると思います。

 

そして、自己愛性人格障害の人は

(この人は自分のことを好いてくれる)

と安心してしまい、

自分のことを信頼してくれた人にほど

安心して自分の中の怒りを

ぶつけることができてしまうのです。

 

何故なら自己愛性人格障害とは

自尊心が恐ろしいほどになく

それがとても辛いので

どうしても自分が本当に信じることのできる人にしか

自分の中の怒りをぶつけることができないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分で自分を認めることができず

他人の目を使って自分に価値があるかどうかを

見極めようとします。

だから、自己愛性人格障害の人は

周りの人に必死で自分の魅力や力を見せつけていないと不安で仕方がないので

どうしても尊大な自分を演じ続けています。

 

そしてその時の周りの反応を見て

自分が本当に価値の有る人物なのかを

見ています。

 

そして周りの人が自分のことを尊敬してくれたり

自分を愛してくれたり、

自分のファンになってくれることに異様にこだわり続けます。

 

そのことから違和感がでるのですが、

人間はこの違和感にどうしても注意を傾けてしまいます。

 

そしてこの違和感について考え出すことがとまらなくなると

もしかしたら自分は

自己愛性人格障害のひとのことが

好きなのではないかと考え出し、

自己愛性人格障害の人のことが頭を離れなくなってしまうのです。

 

このことから

自分は自己愛性人格障害の人に

恋をしているのではないか?と考え出してしまい、

自己愛性人格障害の人のことが

気になってしまうのです。

 

この状態を

自己愛性人格障害の人は決して見逃しません。

 

あなたは、

自己愛性人格障害の人を好きになると

被害者体質の人は

その人にすべてを捧げることで

相手の思い通りに動いてしまうことがとても多いです。

 

そしてそんなあなたを見て

自己愛性人格障害の人はあなたのことを

心から信頼し始めるのです。

 

この二人が恋に落ちてしまうことは

容易に想像ができてしまいます。

 

だから自己愛性人格障害の被害に気づいたあなたは

自己愛性人格障害の人を見つけたら

恋に落ちないように自分の頭の中で

自己愛愛性人格障害の人のことを

細かく分析する癖をつけてください。

 

そのことから少しだけ冷静になることができ、

これは恋ではなく、違和感なんだと

判断することができるようになります。

 

そしてこの違和感こそが恋に落ちる原因なのですが、

自己愛性人格障害の人の違和感は

他の人と違う感覚を持った人だという証拠だということを

あらためて認識するべきなのです。

 

そしてどういった行動で

自分の思い通りになる、

と判断されてしまうのかを

考えてみる必要があります。

 

自己愛性人格障害の人とは決してうまくいきません。

 

初めの頃は

自己愛性人格障害の人は

自分の魅力を見せつけていなければ怖いので、

素敵だと感じる事が多いでしょう。

 

ですが、それはずっと続くものでもなく

あなたのためでもないことをしっかりと自覚してください。

 

その上で、自己愛性人格障害の人は

自分の魅力を見せつけていないと気が済まないので

それを理解した上で

敵対心を持たないように

考えて動かなければ、なりません。

そしてだんだんと冷静になってくると

いくら素敵でもそれは永遠ではなく

自己愛性人格障害の人からすれば

安心して怒りをぶつけても許してくれ人、

と少しづつ、自分の中に溜まった怒りが我慢できなくなると

安心できる自分を裏切らない信頼できるあなたに

他の人には怖くてぶつけられない怒りをぶつけて

自尊心を潰されたあなたが

落ち込む姿を見て

自分は、こいつよりはマシだと

気分が少し高揚し、て安心できるのです。

 

この安心感を求めて

あなたにはどんどん怒りをぶつけ出します。

 

そしてそれは

坂を転げるようにだんだんと強くなり

あなたが怒って離れそうになると

自分のか弱さを出して優しいあなたの同情心をくすぐり

またあなたに許してもらおうとするのです。

 

そうやっているうちに

自分を責めてしまう、責任感の強いあなたは

彼とうまくやっていくために自分が我慢をして

彼を怒らせないようにしようと努力をし続けて

どんどん自分の言いたいことが

言えなくなってくるのです。

 

自己愛性人格障害の人とは恋に落ちてはいけません。

 

一度好きになると盲目になり、

素敵なところを見せ続ける自己愛性人格障害の人を

どんどん好きになってしまい、

あなたの心臓は壊れていくのです。

 

あなたが悪いのではありません。

 

素直で、なんでも自分の責任にしてしまうあなたに

罪悪感を与えて

あなた一人が努力をし続けるように持っていく技を、

幼い頃から生きていくのに必死で

自然に身についてしまったモラハラ技術を使って

あなたのせいにしているだけなのです。

 

あなたの心を壊さないためにも

本当に、

あなたのことを思ってくれている人の行動なのか

今一度立ち止まって見ると

冷静な判断ができるようになるのです。

自己愛性人格障害の人は一番都合がいいように状況を調整するる

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の人は

状況に応じてその場その場で

都合の良いように態度を調整する

というお話をしてしたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

その場その場で言うことが180°変わります。

 

だから

自分が都合が悪いことは

180°言っていることを

変えることもよくあります。

だからその時、

あなたはこの前と言っていることが違う、

と動揺しないで下さい。

 

自己愛性人格障害の人は常に

人から嫌われることへの強度の恐怖心から

常にその場にいる人に

1番いいように思われるように

コロコロと言動を変えるからです。

 

自己愛性人格障害の人が嫌われにくい理由が

そこにあるわけですが

あなたはそこで馬鹿正直に

自分だけが真実を貫くと

バカを見ることが多くなってしまいます。

 

あなたは真実を語っているだけなのに

ああたがたとえ正義を貫いたとしても

自己愛性人格障害の人は

いとも簡単に貴方を悪者にすることによって

自分を守るのが得意です。

 

だから正直に生きているあなたは

自己愛性人格障害の人の罠に

ハマりやすいです。

 

本当のことは周りの人はほとんど見ることはなく

大まかな事実と今までの経験と

人からの話を単純に信じて

自分の判断を下す人が多くいるのです。

 

なぜかと言うと

他人のことを

そこまで考えるのが

めんどくさいので本当にその人が

真実を語っているかどうかなんて

確かめたりしない人がほとんどで

その場で話を聞いたり、状況を見たりして

今までの常識から簡単に判断してしまいます。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

常識では考えられないほど

事実を捻じ曲げて判断し、嘘をついても

罪悪感1つ感じないので

余計に本当のことを言っているように

見えてしまいます。

 

自己愛性人各障害の人が

その場その場で一番もっともらしい

いいことを言った時に

あなたまで自己愛性人格障害の人を

周りの人と同じように信じてしまうと

あなたがあとで

深く傷つくことになります。

 

あなたはおそらく被害者体質で

人の言うことを普通の人よりも

信じやすい傾向にあると思うので

ましてや相手が

あなたの大好きな彼だった場合は

彼にいい人であってほしいという願望が

頭の中で無条件に働いて

やっぱり彼は理想の人だった。。

と簡単に信じてしまいます。

 

後から、

彼のいうことがガラッと変わり

そうなってしまったのは

あんたのせいだと言われても

あなたはそれを受け入れて

自分の悪いところを探し出すのだとしたら

あなたは間違いなく

次も自己愛性人格障害の被害を

受けることになります。

 

自己愛性人格障害の人は

他人の責任も自分のせいにしてしまう人が

本当に好きなのです。

 

だからあなたがもし、

責任感が強すぎたり、

相手のいいところを

無意識に見つけようとしてしまう人だとしたら

自己愛性人格障害の人は

間違いなくあなたを利用するでしょう。

たとえあなたが悪くないとしても

彼をそうさせてしまったのは

自分が何か

誤解を与えてしまったからではないかと考えたり、

彼をかばいたくなってしまったりしたなら

あなたの善意を利用して

あなたがやったことにしてしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人に

あなたの自己犠牲の志は

感謝されることなく、

あなたを悪者にするには好都合なのです。

 

だから自己愛性人格障害の人には

嫌われて好かれてもいけません。

 

もし、あなたの彼が

自己愛性人格障害ではないとしたら

間違いなくあなたの真心は届き

そんなあなたを

絶対に傷付けたりしないでしょう。

 

だから普通の人か自己愛性人格障害なのかは

数回のトラブルの時に

彼がどういった態度をとったかで

明らかに明白です。

 

初めはわからないとしても

見る人が見たら、

自己愛性人格障害の人がおかしいことに

容易に気づくことができるのです。

 

もしあなたの好意を無駄にして

本当にあなたが周りから

誤解されるような状況が何度となく起こるのに

気づいたとしたら

あなたの近くに間違いなく

自己愛性性人格障害の人が居るでしょう。

 

よく目を凝して見るとあなたにはわかるはずです。

 

あなたが誤解を受けるようなことが多く、

彼が絶対に疑われることなく

生きやすい毎日を

過ごしている風景を見ることが多いのなら

一度、

自己愛性人格障害を疑ってみるといいでしょう。

 

彼のした都合の悪いことはすべて

あなたのせいにされ、

周りの人が

なんとなくあなたから

離れだしていると感じたなら

近くに必ず自己愛性人格障害の人がいます。

 

もしもあなたの近くに

自己愛性人格障害の人がいた場合は

あなたはできるだけその人から離れ

離れられない時も敵対心は見せず、

付かず離れずの距離を保ちつつ、

これ以上その人と関わることをやめることです。

自己愛性人格障害の人は被害者に異様にこだわる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

被害者に異様にこだわることについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

異様に被害者にこだわります。

 

ところが、他の人からは

それがわからないことがほとんどです。

 

なぜなら、自己愛性人格障害の人は

自分が被害者には

なんの興味もないように見せているので

あまりこだわっていないように見せるのです。

 

ですが、Tiaraがみていると

自己愛性人格障害の人は

被害者の目の前で

他の人にやたらに親切にしているところを見せたり、

仲の良いところを見せたりして

被害者にはまったく興味がないようにしています。

 

ですが、それは

被害者が見ているところだからこそ

していることで

あなたがもし、

自己愛性人格障害の人に苦しめられていると感じるなら

試しにその場から、

本当にさりげなく、席を外してみるといいでしょう。

 

すると、ほとんどの場合、

今までどんなに話が盛り上がっていたとしても

自己愛性人格障害の人は

その人と話をすることをやめてしまうでしょう。

 

被害者が見ていなければ、

ひとと話すことにも意味がないのです。



Tiaraの恋愛相談室を訪れる人の相談を聞いていますと

自己愛性人格障害の彼が

自分には冷たいのに

周りの人達とはとてもうまくやっている、

という話をよく耳にします。

 

些細なことで喧嘩になり、

そしてなぜ彼が怒ったのか、

あまりにもよくわからないまま

自分の何がいけなかったのか必死になって考え

どれだけ謝っても

許してくれないと言うことがよく起きます。

 

何日も口をきいてくれなかったり、

顔を見ることすらしてくれなかったり、

連絡が途絶えたり、

冷たい態度を取られたり、

Lineや電話も無視をする、という場合が

多々見られます。

 

そのような時も必ず、自己愛性人格障害の人は

必ず被害者が気付く様なところで

盛り上がって話をしていたり、

とても仲良くやっていたり、

親切だったり、時にはとても有能で

周りの人から尊敬されている場面を

被害者がよく目にしてしまうのです。

 

それは偶然ではなく、

自己愛性人格障害の人が

あなたにまさに見せる為にわざわざ

必死になってしていることで

でもとても必死にしているとは感じられず、

あくまでも自然に振る舞っているかの様に見せますが

そこまで計算してしているのです。

 

なんのためにそんなことをしているのかというと

被害者の自尊心を傷つけるためです。

 

人間は普段はそんなに意識していない人でも

執拗になん度もなん度も

自分に非がないのに

無視をされたり、冷たくされたり、

軽くあしらわれると

だんだん違和感を感じてきます。

 

どんなに鈍感な人でも

普段はとてもおおらかで気持ちの大きな人でも

いつもいつも、

何度も何度も自分以外の人に以上に親切にしていたり、

自分を差し置いて盛り上がられたり、

逆に自分が同じことを言っても

自分の時だけは無反応だったり、冷たくされると

他の人は気づかなくても気になってきます。

 

他の人はやたらと自分には親切にしてくれたり、

笑わせてくれたり

有能なところを見せつけられるので

自己愛性人格障害の人に対して

特に悪いイメージは持ちません。

 

ですが、その人に親切にするのも

被害者を傷つけるために

何度も何度も気づくまで

執拗にやっているだけなのです。

 

被害者がいなければ、

自己愛性人格障害の人は、

その人ともそんなに仲良くしないし、

そんなに親切にもしないし、

そんなに盛り上がって談笑したりもしないのです。

 

そこであなたが悲しんだり悔しがったり、

辛そうな態度をとってしまうと

あなたの方が彼にこだわっている様に

見えてしまいますし、

自己愛性人格障害の人にとっては

それが狙いなのです。

 

ですが本当は、

自己愛性人格障害の人の方がこだわっているからこそ

ビックリするほど本当に執拗に

何度も何度も繰り返しやりますし、

普通の人はそんなにしつこく執拗にそんなことはしません。

 

だからその人が、

自己愛性人格障害だということがわかるし、

その時点で、その人にこだわっていると

あなたの状況がどんどんどんどん悪くなって

しまいますので

避けるようにしなければなりません。

 

自己愛性人格障害の人の異常なこだわりが

あなたに対して依存している、

ということがよく分かります。

 

自己愛性人格障害の人が

周りの人とうまくやっている様に見えるのは

まさに周りの人から好印象を持たれるために

していることで

別にその人のためではないのです。

 

あなたが

自己愛性人格障害の人に

こだわっているように見えるからこそ

自己愛性人格障害の人には

価値があるように見えますし、

そばで見ている人も自分にはとても優しく親切で

被害者の人がこだわることで

その人に価値があるように相乗効果があるのです。

 

被害者がいるからこそ

周りの人に優しくしているときいたら

あなたはどう思いますか?

もし、そんな人じゃない、

あの人は本当に周りの人達とはうまくやっていて

私とだけはうまくいかないんだ、

と落ち込んでいるのだとしたら

まさにあなたをそんな気持ちにして

傷つけることが目的なのです。

 

だからヤキモチを焼く必要がありません。

あなたがいなかったら

自己愛性人格障害の人は周りの人達と

本当はそんなには仲良くないでしょう。

 

あなたが、悲しそうな顔を見せたり

辛そうにしていたりすれば、

自己愛性人格障害の人は喜んで

さらにあなたを傷つけたくなりますので

さらにあなたに無関心になり、

あなたの周りの人達と

異様に盛り上がり続けます。

 

それが目的なのですから、

あなたは辛そうな顔や、悲しそうなところを

自己愛性人格障害の人に見せてはいけません。

 

あなたがすることは、

自己愛性人格障害の人が

あなたの前で盛り上がっていたとしても

自分のやるべきことをコツコツやり

そのことに集中するべきです。

 

自己愛性人格障害の人には

目もくれてもいけません。

 

あなたの意識の中から

自己愛性人格障害の人のしていることを

できるだけ、あなたの頭の中から

消してしまいましょう。

 

そのほうが、

あなたが彼にこだわっているように見えなくなり、

彼が1人でしていることになります。

 

そうなれば、

あなたが彼にこだわっているように見える

相乗効果がなくなり

そんなには

自己愛性人格障害の人に価値があるようには見えないので

あなたも惨めにならずにすみ、

自己愛性人格障害の人も今よりは目立たないでしょう。

 

自己愛性人格障害の人はまさに被害者を決めて、

徹底的に傷つけ続けることで

よく見え、被害者を使って

自分をよく見せているのです。

 

そうなると

あなたの彼への憧れも強くなり

あなたが自己愛性人格障害の人を許してしまうことで

さらに自己愛性人格障害の人はよく見え

あなたはさらに悪くじめじめとした存在になり

あなたを助ける人が少なくなってしまいます。

 

自己愛性人格障害の人の秘密をいったん見破ると

あなたが思ったより、

自己愛性人格障害の人尊大には見えなくなり

そしてまた、あなたも

そんなに惨めな存在にはならずに済みます。



自己愛性人格障害の人が

あなたを傷つけていると気づいたなら

自己愛性人格障害の人が

異様に盛り上がっている時は特に

その場からそっと席を外すことで

少しづついい方向に物事が回りだすのです。

自己愛性人格障害の人と一緒にいてはいけないわけは?

こんばんは♡

早いもので

2017年に自己愛性人格障害の執筆を始めてから

もう、4年になります。

 

大好きな大好きな元彼が、

おかしいということに気づいてから、

こんなにもTiaraを捉えたテーマは

今までありませんでした。

 

幼い頃から多趣味で、一旦やりだすと

かなり長い間そのことについて取り組むので

好きなことはいろいろあるのですが、

いつも人間の精神には興味持ってきた気がします。

 

ですが、それがなんなのかまったく分からず

苦しんできたことが多い人生でしたが、

それ以外に夢中になれることがいっぱいあったので

案外幸せだったと感じます。

 

人から見たら、Tiaraはとてもポジティブだし、

パワーが溢れているように見えるようですが、

いったん人間関係がこじれると

そのことばかりに頭がいき、

まだこだわっているの?と友達に

あきられることがとても多かったと思います。

 

どうしても不思議でたまらなかったのは、

自己愛性人格障害の人たちだということが

とてもよく分かりました。

 

そして、残念なことに

Tiaraは自己愛性人格障害の人以外の人には

あまり興味を持っていなかったんだと思います。

 

あまりお互いに気にならない人。。

 

そんな人は、仲良くなることも少なく、

そして好きになることも恋人になることもありません。

 

Tiara自身が、自己愛性人格障害の人にとても惹かれ、

男性であっても女性であっても

あんな人と仲良くなれたらいいなあ、

と思って見てしまっていたと思います。



そしてまた、自己愛性人格障害の人も

Tiaraがとても気になるようで、

必ず向こうから近づいてきて、

Tiaraのことをチラチラ見たり、

なんとか話しかけようと必死になってきたりします。

 

これが、自己愛性人格障害の人からの好意に見えて

Tiara自身も喜んでしまっていたと思いますし、

自己愛性人格障害の人も自分の気持ちを

好きだと勘違いしていたのかもしれません。

 

ですが、それは幼いころからの育ち方で

人からどう思われているかが

異様に気になってしまうことと

喜んで自己愛性人格障害の人をみているTiaraをみて

この人なら自分のわがままをどこまでも聞いてくれる、

と思ってしまっていたのかもしれません。

 

それは一見幸せなことのようですが、

自己愛性人格障害の人は限度を知らず、

どんどん相手に要求していくので

被害者は、

相手に求められることをどんどんしてしまい、

それをだんだん当然のように思えてくる

自己愛性人格障害の人は

徐々にそれが当然のことのように思えてきて

どれだけ犠牲になってくれるかを

極限まで求めてしまい、

被害者をボロボロにしていくのです。

 

ですが、Tiaraの自己愛性人格障害の元彼は

Tiaraにひどいことをしてきた、

というイメージはありません。

 

むしろ、とても幸せでしたし、

一緒にいてとてもおもしろかったです。

自己愛性人格障害のブログを書いていますと、

Tiaraは

自己愛性人格障害の人が大嫌いで、

自己愛性人格障害の人は

とてもひどい人間だと思っている

と思う人がほとんどなのですが、

そうではありません。

 

ですが、やがて

自分でもそんな気はなくても

被害者が傷つくことに高揚し、

被害者が傷つくところを見ていたいという

衝動が抑えられなくなり

そしてそれがどんどん強くなってしまいますので、

Tiaraは1人でも多くの被害者の方を救い出すために

このサイトを止めることができません。

 

自己愛性人格障害の人とのお付き合いが

幸せに思えるのは、

自己愛性人格障害の人は

自分のことを異様に好きになってもらわないと

普通の人が

感じることがないほどの恐怖を感じてしまうので、

どうしても異様に優しくしてしまったり、

自分を魅力的に見せることを

抑えることができないのです。

 

それを見て

まだやっていける、と思ってしまいがちですが、

すべてを奪われたのちに

あなたの評判をガタ落ちにされ、

やってもいないことでその場から追いやられて

挙げ句の果てには自分が

1人ぼっちにしたあなたを

簡単に捨ててしまいます。

 

自己愛性人格障害の人と結婚をしている人もいますし、

現に別れていないカップルもいるのですが、

それは、幸せではなく、

被害者が多くの犠牲をはらって

ひどい目に遭いながらも

自己愛性人格障害の人から

離れていかないだけなのです。

 

例えば、

自己愛性人格障害の人の収入が必要だったり、

あるいは子供がいるため別れたくないからと

我慢をして知るケースも非常に多く見られます。

 

Tiaraも

自己愛性人格障害の人が嫌いなわけではなく

できれば、幸せになれるのなら

幸せになれるところをみてみたいと思っていますので、

どうしてもみてしまいます。

 

今は離れてしまった自己愛性人格障害の元彼が

幸せになれるかと重ねてしまうのです。

 

Tiaraは今、自己愛対策をしながら、

自己愛性人格障害の人を避けているので

何をされても

自己愛性人格障害の人がひとりでしている事になり、

実害はあまり受けません。

 

堂々と一貫して

自己愛性人格障害の人を避けているので

もし、自己愛性人格障害の人が

Tiaraの評判を落とそうとしても

まったく気になりませんし、

普通の人たちと

本物のコミニュケーションを取れていますので

もし、それを聞いた人たちも

ただ単に仲が悪いだけだと思うだけなので

一方的にTiaraが悪者になったりしません。

 

さらに言えば、

普通の人たちも

人から嫌われたくはない人の方が多いので

自己愛性人格障害の人の言うことを間に受けて

Tiaraを避けたりすれば、

Tiaraは一瞬でその人たちも一緒に断ち切るので

そんなTiaraの態度を見て、

自分だけはTiaraに好かれようと

普通に接してくるようになるので

結果、自己愛性人格障害の人が

ひとりでしている事になります。

 

逆に周りの人達と一緒に

自己愛性人格障害の人が

急にTiaraに溶け込もうとしても

Tiaraがいっさい受け付けませんので

周りの人達と

一緒に仲良くすることもできないので

自己愛性人格障害の人が困ってる様子を目にします。

 

ここで可哀想だなと思って受け入れてしまうと

今、せっかくTiaraが仲良くしているひとたちの信用を

落とすこともできてしまうので

絶対に受け入れたりはしません。


その人のことが嫌いなわけではありませんが、

そのあとどうなるかが分かってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人でも

どちらかというと惹きつけ行為を繰り返し

Tiaraに近づこうとしてくる自己愛性人格障害の人には

相手が普通にしている限りは

Tiaraも普通に接しますし、

普通に仲よく笑あったりもします。

 

ですが、少しでも変な動きをしたら

それと同時に一瞬で

Tiaraも拒否をすることができますし、

信用し切る事はありません。

 

こちらが信用しなければ、

自己愛性人格障害の人には

どうすることもできないのです。

 

多くの被害者が、

自己愛性人格障害の人に

気に入られたいと思っていますし

その気持ちを利用されて

精神的虐待をされますし、

周りの人もコントロールされてしまいます。

 

ですが、自己愛性人格障害の人に

無理に好かれたいと思わなければ

普通に仲の悪い人同士なのです。

 

自己愛性人格障害の人が

魅力的に見える理由の一つに

自己愛性人格障害の人を素敵に見せることに

協力してしまっている被害者を多く見かけます。

 

「本当に素敵な人なんです」とか

「私が悪いのは分かっています。」とか

自己愛性人格障害だと気づいていたとしても

「私じゃなきゃ彼を救うことはできないんです。」

と言って、被害を受けている人たちが

ほとんどなのです。

 

その人はあなたを本当に大事にしてくれているか

自分の気持ちに冷静になって考えてみてれば

わかると思います。

 

あなたが傷ついているかどうかを。

 

あなたを傷つける人に

寄り添おうとしてはいけません。

 

あなたに辛い思いをさせる人に

親切にして、好かれようとすればするほど

あなたはひどい立場に置かれていき、

やがてはその場にいられなくなります。

 

あなたに自然に接してくれて

あなたが身に覚えがないのに

急によそよそしくなった人と

無理矢理仲良くしようとしてはいけません。

 

誰とでもうまくやれるわけはないのです。

 

あなたに合わない相手とは

距離を置くことで被害も受けなくて済みます。

 

あなたと合う人とだけ付き合っていればいいのです。

 

それがあなたの恋人だったとしても。

あなたが不幸になる人とは

一緒にいてはいけないのです。

自己愛性人格障害の人は人を蹴落としながら伸びていく

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

人を蹴落としながら伸びていく、

というお話しをしたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

他人よりも自分を魅力的に見せていないと

異常なほど、恐怖心を持つという病気です。

 

普通の人でも、

誰でも自分をよく見せたいと思いますし、

それ自体は当たり前の感情だと思います。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

それが異常に強く

自分を良く見せるためには

罪のない人に罪を着せてでも

誰よりも

自分をよく見せていないと気が済まないのです。

 

その結果が、

自己愛性人格障害の人を魅力的に見せるという

ことに繋がっているのですが、

それと同時に、

罪もない人がやってもいないことで

悪く見せられています。

 

誰でも

普通に自分をよく見せようという心情がありますので

頑張っている姿や、できるだけ周りの人たちと

より良いコミニュケーションを取れるように

自分なりにできるだけ感じよく話したり、

ちょっとしたことは寛大に許してくれたり

その馬に応じていろいろと行動したりして

誰でも人間関係を良くする努力は

それなりに続けていると思います。

 

ですが、それを後から、

その本人が気づかないところで

「あいつはこんな理由があるから

親切にしてくれただけなんだよ?」と

ありもしないひどい理由をつけたり

せっかく得た手柄が、台無しになってしまうほどの

ひどい噂を流したり、

冗談ぽくバカにしたり、失敗を大袈裟に披露したりして

その人が悪く見えてしまうように

または周りに人から軽く扱わせるように

落としいれてしまうのです。

 

なんとなくそれを感じ取った周りの人が

自己愛性人格障害の人のことを

素直に信じてしまった人は

彼のいうことが本当だと思ってしまい、

その人を小馬鹿にしたり

軽く扱うようになってしまいます。

または信じていないとしても

自己愛性人格障害の人に

自分も同じように言われるのが嫌なので

言われた人にできるだけ近づかないように

してしまう人もいるのです。

 

あなたがもし、

何もしていないのに

なんとなく周りの人から

急に距離を置かれたなと感じたときは

自己愛性人格障害の人が

あなたのことを周りの人が信じてしまわないように

上記の事をしている可能性が非常に高いのです。

 

今までの日本では、

なんとなく周りから

人が離れていってしまったと感じる人は

その人を小馬鹿に自身に問題がある、

と考えられていたり、

あるいはそう感じてしまう人が、

周りの目を気にし過ぎている人だという考えが

当たり前のように広まっていますが、

その可能性は低いと思います。

 

もちろん、その人自身が問題がある場合も

あるとは思うのですが、

本当は

あなたが思うよりももっと

ほとんどの人が、誰でも周りの人と

仲良くやっていきたいと思う場合の方が多いです。

 

ですが、それと同時に普通の人も

人から嫌われることは怖いので

強い人につく、ということも

無意識のうちにやっていますし、

例え、自己愛性人格障害の人が

本当のことを言っていないとしても

悪い評判を立てられるような人と仲良くすると

損をすると捉えてしまい、

本当かうそか分からなくても、

被害者から遠のいてしまう人の方が多いのです。

 

この結果、

被害者が自己愛性人格障害の人からだけでなく

周りの人からも苦しめられることになり、

周りの人が怖くなってしまうのです。

 

精神科やメンタルクリニックなどを訪れる人の大半は

医者が、その人自体に問題がある、と判断することで

被害者はより追い詰められて

自分のことが信じられなくなってしまうのです。

 

周りの人が怖くなったり

自分の意見を言うことができなくなってより

自己愛性人格障害の人に

コントロールされやすくなってしまうので、

被害者の精神状態は悪化しますが、

本当は被害者には

原因がないことがほとんどなのではないでしょうか?

 

もしあるとすれば、

自分が攻撃されている事に気づかず、

何にもしていない自分を

追い詰めてくる自己愛性人格障害の人や

周りの人に嫌われたくないあまりに

自分を抑えて何も言えなくなってしまう

強すぎる自責の念と

正しい判断ができていない事にあります。

 

そして、あなたがそうやってしょぼくれる事によって

ますます自己愛性人格障害の人の方が

より魅力的に見えてしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人が

もし自分を魅力的に見せていたとしても

あなたや周りの人も才能があったり親切だったりすれば

自己愛性人格障害の人だけが目立ったりはせず、

普通にみんな頑張っているね、となります。

 

周りの人たちがしょぼくれていないと

そんなに自己愛性人格障害の人の魅力は

際立たないのです。

 

だからこそ、

自己愛性人格障害の人は

周りの人が目立つことを許さないし、

周りの人の魅力を落としてしまいます。

 

目立たない人より、

むしろ評判がよかったり、容姿が綺麗だったり、

有能だったり、人から好かれる人の方が

積極的に落とされていくでしょう。

 

そうやって、自己愛性人格障害の人は

自分以外の周りの人が目立たないように

悪く思われるように、

自分だけが優秀に思われるように仕向けながら

生きているのです。

 

そういう人はよく見れば

だんだんと必ず

違和感を持つので分かります。

 

Tiaraはもう自己愛性人格障害を理解しているので

わかるのですが、

知らない人は、その違和感に強烈に惹かれます。

 

違和感を感じることは

何かその人が気になる、と錯覚して

自己愛性人格障害の人を

好きになってしまうことも多いのです。

 

付き合う人、付き合う人が自己愛性人格障害の場合は

この違和感を故意だと感じてしまう人だと思います。

 

人間は違和感を感じると

その違和感が魅力だと感じてしまう生き物だからです。

 

だから、本当に自己愛性人格障害の人の性質を

理解していないと恋に落ちてしまうことも多いですし、

自己愛性人格障害の人に憧れている人も目にします。

 

そして、その魅力的な人に嫌がらせを受ける自分は

自分がおかしいのだと感じてしまう人も

少なくありません。

 

ですが、あなたがおかしいわけではないのです。

 

あなたがもし、自己愛性人格障害の人を理解しても

周りの人もみんな理解していないと

あなたの方が誤解されることも多いでしょう。

 

ですが、それは言っても仕方のないことですし、

あなたが

変なことを言っていると思われる可能性の方が高いので

言わないほうがいいと思います。

 

その代わり、自分でそれを理解して

できるだけ自己愛性人格障害の人と

関わらないようにすることで

だんだんとあなたに手出しができなくなってきますので

だんだん楽になると思います。

 

ただ、こう言った難しい問題が多くあるので

少しづつ時間をかけることが重要です。

 

Tiaraがみる限り、

賢い人はちゃんと自己愛性人格障害の人を

避けています。

 

また目立たず、おとなしめの人は

自己愛性人格障害の人から攻撃されることが少ないので

そんなことがあるとは知らない人も実際にはいます。



なおかつ強過ぎて

自己愛性人格障害の人が手を出せない人も

自己愛性人格障害の人は逆に気を使うので

自己愛性人格障害の存在に気づかないでしょう。

 

優秀すぎる、とかお金持ちすぎる、

といった方も同様です。

 

だから地位や立場が上の方の方は

自己愛性人格障害の人は従順に尽くすので

自己愛性人格障害の存在にまったく気づきません。

 

それどころか、自己愛性人格障害の人を気に入り、

可愛がる傾向も強いと思います。

 

その結果、

自己愛性人格障害の人が出世する可能性は非常高く

被害者によほどひどいことをしているところを

見たりしなければ

自己愛性人格障害の人が他で見せる恐ろしい姿も

想像が出来ないでしょう。

 

だから、あなた自身で防御し、

自己愛性人格障害の人のいないところで

あなたの人間関係を作っていけると

自己愛性人格障害の人も

あなたには手を出しづらくなるでしょう。

 

あなたの善意を押さえつけようとしたり

あなたの良い行いを無視するような態度が見えたら

その人は自己愛性人格障害の可能性が

あると思いますので、

できるだけ距離をとり

そして関わる時も一定の距離を保ち続けることで

自己愛性人格障害の被害を受けにくくなります。

自己愛性人格障害のひとは自己愛対処をしているとだんだんと近づいてくなくなる

こんにちは♡

今日は、自己愛対処をしていると

自己愛性人格障害の人は段々と近づいて来なくなる、

ということについてお話をしたいと思います。

 

自己愛対策をしていると

自己愛性人格障害の人は段々とあなたに

近づいて来なくなります。

 

それはほんとうにそうなのですが、

一番困ったことは、

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

自己愛性人格障害の人と離れたくない、

という傾向を持っていることが

ほんとうによくある、ということです。

 

自己愛性人格障害の人が

被害者の上司だったり、憧れの存在だったり

親友だったり恋人だったりします。

 

自己愛性人格障害の人は

自分を常に必要以上に魅力的に見せることを

やめようとしないので

普通の人よりも、目立って

魅力的に見えることがよくあります。

話し方や声のトーン、

また優しい笑顔や表情など、

普通の人よりも念入りに、手をかけて

周りの人を巻き込むように聞こえるように、

でもさりげなく、自然に見えるように

細心の注意をはらってひと時も休まず

常にしています。

 

自分の中の大きな怒りが爆発してしまうと

とてつもなく恐ろしいのですが、

自分で自分のアフターフォローも完璧に、

執拗なほど念入りに

し続けるので、

周りにいる人も

自己愛性人格障害の人を信じてしまうことが

よくあります。



人を落とすと同時に、

自分を引き上げるので

「あのときは、

あの人がどうしようもない失敗を

何度も何度も繰り返してしまったから

さすがの俺も、見るに見かねてついつい

周りの人のことも考えてしまったからこそ

大きな声を出してしまったよ。」とか

「俺の気持ちを何度も訴えたのに

とてもひどい仕打ちを、

何度も何度も受けてしまったから

本当はかなしいけど、

泣く泣く別れを口にしてしまったんだ」とか言います。

 

怒られた人や、別れを切り出された人の方に

どうしようもない落ち度があって

流石に人格者の彼でも

ついつい大声を出してしまったり

別れを口にしてしまったけど

本当は自己愛性人格障害の人の方が被害者で

被害者に見える方に原因があったんだ、

と思われてしまい、

あなたは恨まれることになります。

 

どうやってもその構図は変えることができず

自己愛性人格障害の人は自分を良く見せることを

常にやらなければ気が済まないので

どうしてもやってしまう事なのです。

 

だから、自己愛性人格障害の人のそばにいる人は

悪者になりやすいです。

 

何もしていないのに

周りから孤立することもよくあることですし

あなたの耳に情報が入って来なくなり

本当のことがわからなくなるのです。

 

自己愛性人格障害の人は、自分をよく見せることを

被害者であるあなた自身にもしてしまいますので

例え、あなたをターゲットにしていたとしても

あなたにも悪く思われたくないので

自己愛性人格障害の人を

素敵に感じてしまうような笑顔を向けられたり

優しくされてしまったりしますが、

陰であなたのことを悪者にしてしまいます。

 

そこをよく理解していないと

あなた自身が自己愛性人格障害の人に

惹かれてしまう事もよくあるでしょう。

 

自己愛対策は、徹底して行わなければなりません。

 

Tiaraも自己愛性人格障害の人と

仲良く話す事もありますが、

内心絶対に信用していません。

 

信用していない、と言うと語弊がありますが、

自己愛性人格障害の人は

どうしてもそういうことをしてしまうことを

深く理解していますので

上部だけでわらっている事も理解していますし、

親身になって聞いてくれているように見えても

本当は自分をよく見せたいだけ、

自分のことを好きになってもらいたいだけで

相手のことはどうでもいい、と

いうことを知っていますので

その場だけの会話で

いつでも180度変わる、という可能性があることも

よく理解しています。

 

だからと言って責めているわけでもなく

自己愛性人格障害の人も極端な不安感から

どうしてもしてしまうので仕方ないのです。

 

それでも、どうしても気になってしまうし

本人も大丈夫かなと心配にもなりますし、

周りに誰か被害者がいないかということも

とても気になります。

 

そしてTiara自身ももしかしたら、

被害者になってしまうかもしれない、ということも

理解していますので、

話終わった後は、

極端にあっさり引いてくるようにしていますし、

もはやTiaraは4年ほど

自己愛対策をしまくって生きているので

自己愛性人格障害の人に対しては

自己愛対策が習慣化しています。

 

Tiaraは今の部署に移動になってから

5ヶ月ほど経ちますが、

移動した初めの頃は

自己愛性人格障害の人がすごく寄ってきていましたが、

今ではほとんどの自己愛性人格障害の人が諦めたようで

ほとんど近寄ってきません。

 

少し寂しい気もしますが、これで良いのです。

 

仕事はだんだんしやすくなって

周りの普通の人たちとも

コミュニュケーションを良好に取ることができて

ほとんど素の状態で何もきばらず

楽に過ごすことがほとんどになりました。

 

感覚も少しづつ元の自分に戻ってきて

自己愛性人格障害の彼と別れてからの数年は

恋愛映画や情熱的なストーリー

感動する話や、親子愛や情熱など

真っ直ぐな気持ちがぶつかり合うような

本物の人間関係の映画などは

途中で苦しくなり、胸が締め付けられるので

自己愛性人格障害の彼と一緒にいた頃の

素直な愛情やもともと好きだった情熱的なものは

これ以上みると心臓が張り裂けそうになるとの恐怖心から

途中でやめてみることができなくなっていました。

 

でも、今では、

普通に見られて普通に楽しむことが

できるようになってきました。

 

あまり激しいものはわかりませんが、

 

たいていの恋愛映画や感動ものは

普通に涙を流して感動することができます。

 

普通の人間関係も

こちらが一生懸命やれば普通に帰ってくることが多く

Tiaraと話したい人が自然にTiaraのそばにきて

会話をすることができています。

 

ただ、以前の職場からTiaraを引き抜いた

自己愛性人格障害の上司だけは

たまにふらっと現れて

Tiaraに近づいてきたり離れたりしながら

様子をうかがっていることがよくあります。

話しかけられて、

それが普通に話せることなら

Tiaraも普通に話しますし、

笑いが溢れることもちょこちょこあります。

 

でも、笑いが溢れたときは調子に乗り

話が終わった後に、

Tiaraが追っかけてくるか見ていることが

よくあります。

 

ですが、彼と話終わった後は、

さっと別の方に意識を向けて

わざと自然に仕事の話をしたり

その人との対談を

できるだけ自然に見えるように細心注意を払いながら

あなただけと

わらって話すわけじゃ無いのよアピールをすると

傷つくのか、さっと逃げるように部屋を出ていきます。

 

少し可哀想な気もしますが、

これは自己愛性人格障害の人が

被害者にすることと同じことで

これを少し気を使って笑いかけたり

仲良くなれたと喜んで受け入れてしまうと

またやられてしまうのです。

 

だから、自己愛性人格障害の人を

いい気にさせない態度を取り続けることはとても重要で

これをしているからこそ

だんだんとターゲットから外れてくるのです。

 

普段はチヤホヤされ慣れている

自己愛性人格障害だからこそ

傷つくことは人一倍で

傷付くからこそ、その人には近づいて来なくなります。

 

結果、被害者が自由になり、

ターケットから外れ、

嫌なことをされたり、

評判を落とされることがなくなるのです。

 

もともと、そんなに深く関わっていないので

あまり被害者を悪くいうことができず、

例え言ったとしてもそれほど説得力はなく

こちらも自己愛性人格障害の人に

好かれたいという思いがないので

言っていても平気な態度を取ることができるのです。

 

たまに、態度だけでこちらを小馬鹿にしたような

態度を取る自己愛性人格障害の人もいますが

もともとこちらも相手にしていないので

一人でしていることになり、

こっちが相手にしてしないのに

勝手に一方的に被害者のことをいうのは

周りの人も不思議に感じるのです。

 

それに本来自己愛性人格障害の人は

その本人にしかわからないような嫌がらせを続け

ターゲットが気にしているところを見て

気分が高揚するのですが、

ターゲットが気にしていないと

何をしているか分からなくなるのです。

 

もともと自己愛性人格障害の人は

意味のないことをしていることがほとんどなので

被害者が相手にしていなければ

周りの人も気づくことがないのです。

 

被害者に反応がない場合

それだけでは自己愛性人格障害の人は

なにもできなくなるのです。