自己愛性人格障害の彼の忘れ方

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼の

忘れ方について

お話しようと思います。

 

 

あなたの彼が、自己愛性人格障害だと気づいて

これ以上苦しい思いをしたくないのに

彼と別れられないとか

彼のことを忘れることができないという人が

みえます。

 

普通の恋をしたときでも

失恋はとても辛いものですが、

彼が自己愛性人格障害だった場合は、

辛かったはずなのになぜか

なかなか忘れられない人が多いのです。

 

自己愛性人格障害だと気づいても

自分がどんなに傷つけられるか分かっていても

自己愛性人格障害の彼と

別れることができないようです。

 

それは、あなたが、

彼からマインドコントロールされているのです。

ひどいことをされても

徐々に慣らされて、

気づきにくくなっていたり、

彼のことが気になるように

彼の気持ちがあなたに向いているように

言われていたり、

あなたが彼をなかなかあきらめられないように

されています。

 

少し忘れかけたころに

偶然ばったり出会ったり

存在を匂わせてきたり

あなたが気になるような

不自然なやり方をします。

 

そして、

その辛さにも

あなたは依存していて、

彼のことを少しでも思っていたいのです。

 

どうしても彼からの連絡を待ってしまったり、

彼のことが気になるよう

共通の知り合いから

チラッと彼の情報が入るようにしてあったりします。

 

そして、

彼はそのことを知っていて

わざとあなたをほっておくのです。

 

Tiaraも、

どうやって彼と別れることができたのかを

聞かれることがあるのですが、

もちろん嫌いになって別れたわけではありません。

今でも自己愛性人格障害の彼のことは

好きです。

 

でも、それは、ひどいことになる前に別れたから

今でもきれいな思い出を残しておけるのです。

 

もっと長く彼と一緒にいる人は

憎しみに変わっている人さえいます。

 

そうとう辛い思いをし続けたから

好きだという気持ちも

なくなってしまったのでしょう。

 

あなたの彼が、自己愛性人格障害の場合、

あなたは、彼の中にある

あなたには関係のない怒りを

受け止め続けなければなりません。

 

彼といて、幸せになれると思って

付き合いだしたはずなのに、

彼からの理不尽な怒りを

あなたのせいにされて、

あなたの中に吸収し続けるのです。

 

いくら優しいあなたでも

あなたに関係のない怒りを

常にぶつけられ続ければ、

あなたの中に悔しい思いと辛い気持ちが

いっぱいたまり、

あっという間に

いっぱいいっぱいになってしまうでしょう。

 

そしてあなたは自分だけで抱えきれなくなり

本来のあなたの持つ優しさを

周りの人たちに向けられなくなります。

 

そうすると、あなた自身が

周りの人に当たるようになり

常にいらいらし、

本来のあなたの魅力はなくなってしまいます。

 

あなたは本来

普通の人よりも

優しさと思いやりに満ちた人なのです。

 

自己愛性人格障害の人は

そういう人を狙うのです。

 

どうかあなたの魅力がなくなってしまわないうちに

自己愛性人格障害の人からは

そっと離れるようにしてください。

被害者の人の依存について

こんばんは♡

今日は

自己愛性人格障害の被害にあってしまった人の

依存についてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人の被害にあった人は

いわゆる共依存と言われていますが、

被害者の人は、

自己愛性人格障害の人に依存しています

 

彼に幸せにしてもらえる、と思っているのです。

 

自己愛性人格障害の人は

その気持ちを利用します

 

自分にすり寄ってくる人以外には、

モラハラ行為はやろうと思ってもできないのです。

やり方さえ覚えれば

簡単にできます。

 

いい人、優しいひと、正直な人、

思いやり深い人、善人ほど

ターゲットになりやすいです。

 

極端にいい人でなければ、

相手がひどいことをしていることに

すぐに気づくので

自己愛性人格障害の人から

即座に離れます。

 

責任感の強い人ほど、

ひどいことをされていても

それは自分のせいだと思い込みます。

 

根性のある人ほど

がんばって自己愛性人格障害の人との関係を

良くしようと努力を続けてしまいます。

 

そして彼のことが好きで

彼に幸せにしてもらえる、と思っている場合、

その思いに依存して

自己愛性人格障害の人が

ひどいことをしていることに気づきにくいのです。

 

相手に依存していると楽だと感じやすいですが

自分を持っていなくて

相手に合わせるということは、

怖い目にあいやすいです。

 

要するに相手に寄りかかっていると

彼が、あなたを支える手を

ひょいっと放してしまうとそのまま倒れてしまいます。

 

自分で立っていることができません。

でも、彼があなたを支える手を

支えていようが離そうが、

あなたが自分で立っていれば倒れることはありません。

 

相手に依存するということは

楽なように感じられますが、

非常に不安定なのです。

 

モラハラ行為は、

彼にもたれかかっている人には

非常にやりやすいのです。

 

 

あなたが彼に依存していなければ

彼があなたに嫌なことをすれば

あなたは即座に、彼から離れます。

 

そうすれば、モラハラ行為をすることができませんし、

あなたが気にしなければ、

彼がモラハラ行為をしていても

彼が1人でしていることになります

 

相手に依存していなければ、

怖くないのです。

 

あなたの彼がもし

自己愛性人格障害だったとしたら

彼に依存していても

意味がありませんし、

彼の中の怒りの感情のはけ口にされるだけで、

彼といても

幸せにはなりません。

 

あなたは彼の自己愛性人格障害という症状が起こす

尊大な自分を魅せつけていなければならないところを見て

彼に魅力を感じているだけなのです。

 

その魅力は本物ではありませんし、

彼が自己愛性人格障害ではないとしたら

魅力的な彼についていっても

モラハラ行為をされることはありません

 

あなたが意味もなく

彼から理不尽に嫌がらせ行為をされていることに気づいたら

彼に依存することは、やめましょう

すてきな夢を見せて最後にはすべてをぶち壊す自己愛性人格障害

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は、

すてきな夢を見せて、

最後にはすべてをぶち壊す、

というお話をしたいと思います。

 

Tiaraの元彼は、

物を作るのがとても好きな人でした。

いつも

いろいろなものを作って

楽しんでいました。

 

Tiaraも彼とは少し作るものが

違うのですが、

手芸などいろいろなものを作るのが

好きなので、

彼がなにかを作っているときは、

Tiaraも隣で何かを作ったり

していました。

 

そこの部分はとてもよく似ていたので

趣味が合うし、彼と一緒にいて

楽しいことの1つでした。

 

彼にはいとこがたくさん

いたのですが、

その中で、

いとこの子がいたのですが、

まだ小さな男の子でした。

 

その子は家が厳しく、

周りの友達がみんなゲームを

買ってもらうのに

その子の家はゲームを

買ってもらえない、ということで

彼に話してきたそうです。

 

「なんか話聞いてたら

かわいそうでさ、

ゲームを買ってあげるのは、

お父さんに怒られたりしても

かわいそうだから、

俺が中古のゲームを使って

ちょっと手を加えて遊べるようにしてあげたものをあげれば

その子のお父さんも何も

言わないんじゃないかと思ってさ。」

 

目をキラキラさせて言う彼に

優しいな、と思いつつ、

「うん。いいんじゃない?」と

笑顔で賛成しました。

 

彼もそういう精密機器を

いじるのが好きなので

何日かかけてやっていました。

 

そういうところも

本当に彼のいいところだと思います。

 

彼のそういう優しさに

Tiaraもほほえましい気持ちで

見ていたのです。

 

しばらくしてできたので

その男の子のところへ持っていく、

という話を聞きました。

 

「うん。いってらっしゃい。」

 

なんか、Tiaraの彼が、

そういう人でTiaraは

満足していたんです。

 

すてきな彼でよかったって。

 

しばらくして、彼と会ったときに

その時のことを聞きました。

 

「なんかさ、こないだ、

親戚の子のところに

俺が作ったゲーム

持ってったじゃん。」

「うん。」

「そしたらさ、俺がその子に

ゲーム渡したら

すっごい喜んでくれてさ。

「ありがとう!」って

めっちゃ喜んでくれた。」

 

その光景が浮かぶようで本当に

彼の素敵なところを聞いて

Tiaraもすごくうれしかったんです。

「でさ、渡したら

その子も嬉しそうに、遊びだしたから

俺、部屋を出ておじさんたちと

話してたんだ。

 

そしたらさあ、

しばらくしたらその子がべそかいて

俺のところに来るんだよ。。」

 

と彼が言うのです。

 

「どうしたの?」と聞くと

「俺もさ、どうしたのかな?と

思って聞いたら、

遊び方が分からない、って

いうんだよ。」

 

「その子いくつ?」と聞いたら

5歳か6歳だということでした。

 

「そんなに小さな子なら、

遊び方教えて

しばらくつききりで

ちょこちょこ教えてあげないと

分からないんじゃない?」と

言いました。

 

彼には子供がいません。

だから、おしえてあげる、と言っても

流れをざっと話して、

後は1人で遊ばせても

無理だということは

彼には分からなかったのかも

しれません。

 

子供は、

しばらく一緒に遊んであげて

いっしょに遊んでもらえることにも

楽しい思いをして喜ぶのです。

 

目の前に楽しそうなゲームを

置いていかれて

1人ぼっちにされる。。

 

その小さな男の子の気持ちは

どんなだったでしょうか。

 

初めのうちは、

何とか遊ぼうといろいろ触って

いたかもしれません。

 

でも、小さい男の子が

あまり会わない

大人の男の人のところに

「分からないから教えて!」

と言える子ばかりではありません。

 

でも、彼には

そういうことが本当に

分かりませんでした。

 

わざとではないのです。

 

たぶん何時間もほっておいたのだと

思います。

 

勇気を出して

親戚の大人のお兄ちゃんのところに

来たのでしょう。

 

 

もしかしたら、

彼もそういう育ち方を

したのかもしれません。

 

でも、優しくないわけでは

ないですよね?

 

ゲームを買ってもらえない

その子のために

中古のゲームを改造して作って

あげた。

 

 

市販のゲームでその子が

もっと大きいなら

取説を見てその子も1人で

遊んだかもしれません。

 

 

自己愛性人格障害の人は

本当にそういうことが

分からないのです。

 

この話は、子供の話で大した話では

ないのかもしれません。

 

 

でも、今考えたら、

自己愛性人格障害の特徴が

すべてに出ています。

 

例えば、結婚するような夢を

女の子に見せておいて

急に婚約を破棄する、

または、素敵な暮らしを

体験させておいて

突然出ていく、

いかにも彼についていけば

仕事ができるようになる、と

見せかけて

結果何も教えていなかった、など。

 

自己愛性人格障害とは、

与えてからそれを取り消すのです。

 

その子がそのゲームで

遊べるようになったかどうかは

分かりません。

 

でも、聞いていて

とてもひどいことをするな、

という話が多かったのです。

 

でも、彼には悪気はありません。

むしろ与えてあげようと思った、

など、優しい面倒見のいい部分が見えます。

 

でも、

最後には残酷なことばかりでしたが

怒りようがありません。

 

自己愛性人格障害の人は

おそらく、それらを

わざとしているわけではなくて

どうしてもそうなってしまう

脳の構造をしているのです。

 

彼もその小さな男の子を

傷つけるつもりはありません。

 

でも、目の前にあるゲームが

遊び方がわからないのに

お兄ちゃんが行ってしまって

きっと気の弱いその子は

自分の親と同じくらいの年代の

大人のお兄ちゃんに

聞きに行くことすら

難しかったんでしょう。

 

自己愛性人格障害とは

罪悪感なく

人を傷つけるのです。

自己愛性人格障害の人から絶大な信頼関係を得ている人

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

本当の自分について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は、

幼いころにその育ち方によって

自尊心が恐ろしいほど無く、

見た目では全く分かりませんが、

自分に全く自信がなく存在価値がない

と思っていることによる病的なまでの恐怖心からきています。

 

その恐怖心から、

何とか自分に存在価値がある、と思い込まないと

生きていけないほど辛いので

極端なまでに自分を尊大に見えるように

努力を積み重ねます。

 

 

そのことによって、

本当に有能な人間になる人も多いのですが、

本人にとっては非常に辛い状態です。

 

でも周りから見ると

憧れられることも多く、

尊敬されているケースも多くあります。

でも、

はた目に見るとそんな風に見えないのですが、

本人は非常に異常なほどのストレスを抱えていますので

心の中は不満だらけです。

 

そして、それを見せることも

恐ろしいほど恥ずかしいと思っているので

世間的にはとても堂々としていて

自信に満ち溢れて見えるでしょう。

 

しかし、自分の中の抱えきれないほどの不満を

ぶつけても逃げていかない絶大な信用を得ている人にぶつけます。

 

 

それが、自己愛性人格障害の人に

憧れている人だったり、恋人だったり

奥さんだったりします。

 

逃げていかない仕事関係の後輩、

ということもあるでしょう。

 

 

とにかく自分がストレスをぶつけても逃げていかない

黙っていてくれる、周りにばれないような人に

ぶつけます。

 

それが、あなたなのです。

 

 

でも、いくら彼のことが大好きなあなたでも

露骨にひどいことをされれば、

彼から離れていきますよね?

 

だから、あなたにも分からないように

小さなことを常にぶつけて

そのあと優しくしたりしてごまかしたり、

時にどうして我慢ができず、

あなたにとてもひどいことを言ってしまったりしたときには

必死で謝ってきたり、

涙を見せたりして、あなたが自分から離れていかないように

必死になります。

それは、あなたがそんなに簡単に

自分から離れていかないと

絶大な信用を得ているからなのです。

 

 

あなたが嫌いでひどいことをしているのでは

ありません。

 

あなたが自己愛性人格障害の人から

絶大な信頼関係を得ているから

あなたに怒りをぶつけるのです。

 

そして、あなたが彼に優しくすればするほど

彼は、安心して

あなたに怒りをぶつけるようになるでしょう。

 

自己愛性人格障害とは、

普通の人と感覚が

まったく真逆なのです。

 

そのことに気づかない人は、

自己愛性人格障害の人に

分かってもらおうと

必死になって話をしたり、

彼の気持ちを分かってあげようとしたり、

彼に寄り添ってあげようとしたり

癒してあげようとしたりするでしょう。

 

 

でも、彼は、

あなたに安心すればするほど

嫌がらせを強めてきます。

 

そして自分の中の怒りを

外部の人には怖くてぶつけられませんが、

信頼できるあなたなら

安心してぶつけられるようになるのです。

 

だから、自己愛性人格障害の人から

信用を得てはいけません。

 

自己愛性人格障害の人からは

思うようにならない、と思われるほうが

あなたは安心して生きていけるのです。

 

自己愛性人格障害の人とは

真の恋愛関係は、結ぶことができない、

と覚えておいたほうがいいでしょう。

自己愛性人格障害の彼のことを、素敵な思い出にしましょう。

こんばんは♡

今日は、彼が自己愛性人格障害だと気付いているのに

別れても、戻りたいと思ってしまう心情について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の彼との思い出は

たくさんあると思います。

 

Tiaraにも自己愛性人格障害の元彼との

思い出はたくさんあります。

 

いつか、もう一度くらい話をして

あの時は本当はこんな気持ちだったんだよ、とか

本当は好きだったけど、あなたに分かってもらえないから

別れを言ったんだよ、とか言ってみたいなあ、

と今でも思っています。

 

でも、現実には、絶対にしません。

普通の感覚と同じではない、ということも

知っているからです。

 

彼が普通の人間だったら、とどんなに思っても

かなうはずはないからです。

 

彼は自己愛性人格障害で、

幼いころからの育ち方で、あなたを本当の意味で

愛することができません。

 

 

Tiaraもそれを知っているから

彼と話をしないのです。

 

でも、それは、頭では理解していても

心はすっきりしているわけではありません。

 

でもTiaraがすっきりしていようといまいと

自己愛性人格障害は治ることがないからです。

 

ただ単に、分からないだけなら一緒にいたかもしれません。

 

彼に本当の意味で愛されなくても、

Tiaraだけが愛しているだけでも

普通に過ごせるのでしたら一緒にいたかもしれません。

 

でも、自己愛性人格障害は、

大切なパートナーが自分を人間として価値が全くない、

とおもってしまうくらい

全力でつぶしてくるのです。

 

その恐怖は、耐えようと思っても

耐えられるレベルではありません。

 

あなたが、精神的に病んでしまうくらい、

しかも周りの人間からも悪人のように扱われて

恨まれてだれにも信用してもらえないくらいの

最悪な人間だと思われて世間や会社で生きてはいけないくらい

潰されてしまうくらい

全力でつぶしてくるくらいまでされて

しかも彼本人には、悪気は全くないのです。

それでも、

はいそうですか。

愛していますからそれでいいです、

という人は、いないと思います。

 

それでもたまに人生を最後まで

添い遂げる自己愛性人格障害の人のパートナーも

います。

 

死ぬまで、言うことを聞き続け、

世間の人にあいつはバカだバカだ、とののしられても

じっと耐えてそのまま、

夫が、自己愛性人格障害という病気なんだ、

と気づかずに添い遂げる人もいると言います。

 

それでも、あなたは

そんな結婚がしたいですか?

 

そんな人生、

せっかくこの世に生まれてきて

それでも好きだから、という理由で

自己愛性人格障害の人と一緒にいられますか?

 

きっと、一緒にいるうちに

好きだという気持ちもなくなってしまうでしょう。

 

それまでは、一緒にいたい、という人も

いるかもしれません。

 

それはそれでその人の人生です。

 

でも、Tiaraはそれが分かっていて

好きなら

いっしょにいたほうがいい、とは言えません。

 

好きならせめてまだ、きれいな思い出で終われるうちに

離れてしまったほうが

素敵な恋だったと言えるのではないでしょうか?

 

Tiaraは彼が好きだったし一緒にいたときは

すてきな思いもいっぱいできたと思います。

 

でもそれは、ひどくなる前に

別れてしまったからだと思います。

[ad#co-1]

 

元彼のことを恨むのも

嫌いになるのも嫌でした。

 

 

自分の心がつぶされてしまうのも

とても怖かったです。

 

好きなのに恐怖をかんじる、という

不思議な気持ちも体験しました。

 

でも、あれ以上怖い思いはできません。

 

心臓が止まります。

 

好きなのに心臓が止まるほどの

恐怖を感じるんです。

 

いえ、好きだからこそ

恐怖も感じるのかもしれません。

 

 

どうでもいい人なら

どう思われても何とも思いませんから。

 

どうでもいいなら

離れてしまっても何とも思いませんから。

 

それを言ったら

「試してみようか?」と言われました。

 

もしかしたら、好きじゃなくなっても

怖いのかもしれません。

とにかく、自己愛性人格障害の恐怖は

体験してみないと本当に分かりません。

 

自己愛性人格障害の被害にあった人にしか

分からない、この世のものとは思えないほどの

恐怖なのです。

 

 

あのまま、一緒にいたらどうなっていたか分かりません。

 

今は、離れて本当によかったと

思っています。

 

離れたからこそ

今でも彼を好きでいられるのでしょう。

 

でも、いつまでも

架空の存在を愛していても仕方がないです。

 

 

自分が楽しいと思う世界に

飛び出すだけのことなのかもしれません。

 

あなたには、素敵な未来が

待っているのですから。

離れているときこそ冷静に判断するチャンス

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼から、

距離を置かれている間の対処法について

お話ししようと思います。

 

 

あなたの彼が、自己愛性人格障害だった場合、

このお休みの間に

彼と素敵な時を過ごしている人もいると思いますが、

お正月休みや長期休暇を利用した

嫌がらせを受けている人も

たくさんいると思います。

 

 

さぞつらい思いをしていると思いますが、

こんな時こそ冷静になれるチャンスだと思ってください。

 

自己愛性人格障害の彼とうまくいっているときは、

あまりにも幸せすぎて

それに気づくことができません。

やはり、彼のことを信じてしまうくらい

優しくて素敵な時を過ごしていると思います。

 

でも、別れ話や距離を置く、

無視などを意味もなく繰り返し行う彼は、

自己愛性人格障害の可能性が非常に高いです。

 

そして、自己愛性人格障害の人は、

自分ではそんなことをしているつもりは

ありませんが、

あなたが彼の思い通りに動けば動くほど

精神的虐待を強めていってしまいます。

 

別れ話や無視や八つ当たりを

どんどん強めてしまいますので、

できるだけ早いうちに抜け出さないと、

時間ばかりを無駄にしてしまいます。

 

もし、いま彼と距離を置かれて

1人ぼっちのお正月を過ごしているのだとしたら

このまま自己愛性人格障害から

離れられるチャンスかもしれないのです。

 

でも、あなたがまだ彼のことを好きな場合、

自己愛性人格障害ではなかったら

後悔してしまいますよね。

 

だからなかなか決断ができないと思います。

 

そんなときは、

1人になったときに冷静に彼が自己愛性人格障害なのか

分析してみるといいのです。

 

今までに彼からの別れ話や戻ったときの話で

つじつまの合わないことは

ありませんか?

 

彼の話が、誠心誠意

嘘がないか考えてみましょう。

 

あなたとの関係が

だんだんと深まっていっていますか?

どんなカップルでも

ケンカや意見が食い違うことはあるのが普通です。

 

彼が自己愛性人格障害ではなくても

ケンカをすることはいくらでもあります。

 

でも、彼のわがままにしろ、少し厳しいにしろ

彼が怒る理由にあなたが納得できていないのなら

その理由が普通の人とちょっと違うのか、

よくわかると思います。

 

彼が自己愛性人格障害だった場合は

理由のないところに

あなたを痛めつけるためにわざわざやります。

 

それを冷静に見極めてください。

 

それは、あなたにしか分からないはずです。

 

そしてそれを幾度となく繰り返していて

あなたが、だんだん彼に逆らえなくなってきてはいませんか?

 

それはその関係は平等ではありません。

 

平等ではない関係を

あなたを愛する人がするでしょうか?

 

話し合いは成立しますか?

 

それを離れている間に冷静に考えてみてくださいね。

自己愛性人格障害の彼にあなたが認めてもらいたい気持ち

こんばんは♡

今日は、

あなたが自己愛性人格障害の人に

認めてもらいたい気持ちについて

お話ししたいと思います。

 

あなたの彼が、

自己愛性人格障害だった場合、

今まで、

あなたにいろいろなこじつけをして

あなたを悪者にしてきたことと

思います。

 

そこで、あなたは

自分が悪くないことに

なんとなく気づいていても

彼に気に入られたい一心で謝ったり

彼の機嫌を損ねないように

必死で、

彼に気に入られようとしたり、

彼から怒られないよう、

彼の思い通りに動こうとしてきたと

思います。

そこには、あなたの

彼に認めてもらいたい気持ちが

あると思うのです。

 

自己愛性人格障害の人に

気に入られやすい人は

何があっても自分に責任がある、と

思いがちな人や

必死になって相手に合わせることで

相手に認めてもらおうとする人が

多いと思うのですが、

その気持ちの中には、また

自己愛性人格障害の人と同じような、

自己肯定感の低さが原因に

あると思います。

 

そのままの自分では、

相手に認めてもらえるわけがない、と

心の奥で信じていて

必死に努力して相手に合わせることで

彼に認めてもらおうとします。

 

普通の人なら、

そこからあなたを認めて

こんなにも頑張ってくれているんだなと

あなたを大切にするようになるかも

しれません。

 

でも、あなたの彼が

自己愛性人格障害だった場合は

あなたのその気持ちを使って、

あなたが必死で歩み寄ってくることをによって

一気にその気持ちを踏みにじることができます。

 

それによって彼は最高に尊大感な

自分を感じることができます。

 

その満足感のために、

あなたを潰すわけですが、

あなたの心はだんだん

傷ついていきます。

 

それでも、彼は、

自己愛性人格障害という病気の

症状によって

あなたが傷つこうが、自分のことしか考えられないので

あなたを虐待することを

やめようとしません。

 

自己愛性人格障害の彼が、

満足すれば満足するほど、

彼は、味を占めて

あなたを自分に引き寄せ、

あなたが彼を最高の相手だと

思ったところで

一気にどん底まで突き落とします。

 

それを繰り返されたあなたは、

彼が自分を幸せにしているのか、

虐待しているのか

判断ができなくなり、

彼から離れられなくなります。

 

あなたが、彼から

虐待されていることに気づかない

最大の原因は、

あなたの中の自尊心が

非常に低いことです。

 

自分に自信があれば、

嫌なことをされた時点で

彼の異常性に気づき、

彼から離れようとします。

 

でも、あなたは自尊心が

非常に低いので

あなたが何もしていないんだとしても

こんな自分は努力をしないと

彼に認めてもらえないと

心の底で思っていて

必死で彼に合わせて、

自分を認めてもらおうとします。

 

だから気づかないのです。

 

あなたは、もっと自分に自信を持って

自分を大切にしてあげるべきです。

 

そうすれば、自分を虐待するような人から

離れて、

もっとあなたのことを

大切にしてくれる人に

魅力を感じることでしょう。

自己愛性人格障害の人の起こす事件はすべてあなたのせいだと思いこむ

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人が起こした

数々の嫌がらせによって起こる破局を

すべてあなたのせいだと思っていることについて

お話ししたいと思います。

 

今、自己愛性人格障害の彼と

頑張ってお付き合いをしているあなたも

いつかは破局してしまうと思うのですが、

その原因は、今から言っておきますが、

あなたのせいでは、ありません。

[ad#co-1]

 

自己愛性人格障害の人は、

あなたがどんなに誠意的にお付き合いをしようとも

あなたが、どんなに彼に対して愛情をかけようとも

彼は、あなたに何らかのこじつけをして

あなたを悪者にして

怒ってきます。

 

そして、それに対して

あなたが、怒ろうが、何も言わなかろうが、

あなたのせいにして、あなたとは、やっていけないことを

こんこんと伝えてきます。

 

 

自己愛性人格障害について

詳しく分かっている人は、

この自己愛性人格障害の人の行動も

彼が1人で起こしていることだと

分かるのですが、

自己愛性人格障害について

まったく知らない人や、

まだ完全に分かっていない人は、

彼の言う通り、自分が悪いと落ち込んでしまうか、

彼の理不尽な言動に

悩んでしまいながらも、

彼に許してもらおうと必死になってしまいます。

 

 

自己愛性人格障害の人は、

自分の中の爆発しそうな怒りを

どうしてもあなたのせいにすることによって

あなたを潰すか、

あなたに価値がないと思い込むことにより

自分のほうが上だと思ってしまうので

何を話しても、無駄なのです。

[ad#co-1]

 

 

自己愛性人格障害の人は、

自分では、こじつけている意識がないので

すべてあなたのせいだと思い込んでしまうのです。

 

そこで、あなたが責任を感じて、

案とか彼に分かってもらおうとする必要は

ありません。

 

あなたのせいではなく

理不尽にこじつけてでも

何もしていないあなたのせいにしている彼の話を

まともに聞いていたら、

あなたが辛くなります。

 

自分の責任では、ないことの責任を

あなたは取る必要がないんです。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたを憎んでいるわけでも

あなたとうまくいかなかったわけでもありません。

 

どうしても

そうしてしまう心の病気なのです。

 

だから、あなたは

事前に心の準備をして

もし彼にあなたのせいでダメになった、と言われてしまっても

どうしても

そうなってしまう病気なんだなと

受け止めてくださいね。

 

憎んでも、悲しんでも仕方がないのです。

 

どうしても、

人を潰してなんでも人のせいにして

ぶちまけていないと

普段、通常の日常生活を送れない心情なんだと

認識してくださいね。

 

自己愛性人格障害によって

苦しめられている人は

たくさん見えますし、

そして心の優しい人が狙われるそういう病気なんだと思って

世の中に、

そういう不思議な病気があることを理解してください。

[ad#co-1]

 

 

 

 

 

 

自己愛性人格障害の人の人を非難するときの落ち着いた声

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の静かな話し方のついて

お話ししたいと思います。

 

毎日、いろいろな方から

自己愛性人格障害の彼について

相談がありますが、そのたびに同じ特徴があることに

驚かされます。

 

 

自己愛性人格障害の被害にあうと

何とも言えない理不尽な苦しみに

嫌なことばかり思いだして

その特徴に納得しようとしてしまうのですが、

自己愛性人格障害だからこそ、普通の人よりも

魅力的な面もたくさんあります。

 

 

そこにも特徴がありますので、

どうしても惹かれてしまう部分では

ありますが、その辺もよく考えてみてくださいね。

[ad#co-1]

自己愛性人格障害の特徴として

落ち着いた、静かな話し方、というものがあります。

 

 

Tiaraの元彼は、年下でしたが、

本来脳が5歳児で止まっている、とよく表現されていることが多いのですが、

Tiaraは、その落ち着いた話し方に

大人っぽさを感じていました。

 

実際Tiaraはよく子供だね、と言われることが多く、

落ち着いた声で、そういわれてしまうと、

潰されている、というよりは、

Tiaraのほうがわがままで、優しく諭されているような

感覚でした。

 

それは、Tiaraが理不尽な思いをして

彼に分かってもらおうと、自分の気持ちを言う時に

彼から言われる言葉でした。

 

怒鳴られるわけでもなく、

きつくにらみつけられるわけでもない。

 

そう言われると、

Tiaraが伝えたいが、ただ単に

わがままなことで、

それくらい理解しなければ、

大人の彼にはついていけない、と

だんだん自分の気持ちを言わなくなりました。

[ad#co-1]

そして、この人は、

注意をするときも

怒鳴ったり、強く言ったりするわけじゃなく、

優しく紳士的に諭すように言ってくれるから、

これからの長い人生を彼に預けても大丈夫、と

そんな気になっていました。

 

自己愛性人格障害の人は

共感性が全くありません。

 

自分がそうしたいときや、

相手をマインドコントロールするときは、

同じ意見になることもあるのですが、

全く自分がそうしたくない場合、

相手の気持ちに合わせる、ということがありません。

 

それが、

「どうしてそんなに子供なの?」と

言われることによって

Tiaraのほうが、それくらいのことは我慢しなくてはいけない、と

思わせられてしまう、マインドコントロールの1つでした。

 

その内容は理不尽なこじつけの内容で

あの、落ち着いた諭すような彼の言葉でさえ、

静かな精神的虐待の1つだということが

今では分かります。

 

自己愛性人格障害の人は、

恐ろしく自分に都合よく、

相手を押しつぶしても悪く見えない

そんな特徴を自然に身に着けているのです。

 

[ad#co-1]

自己愛性人格障害の人の生活は、本当は、深みのあるものなんです

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の人は、

本当は虐待なんてしなくても

深みのあるものなのに

そのことに全く気づかない、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は、

つねに、尊大な人格者になるために

努力をし続けています

 

 

そのため、本当にいろいろな

得意なことがあり、

普通の人よりも

深みのある生活なんです。

 

彼は好きなことがたくさんあって、

彼の好きなことに関しては、

ものすごく詳しく楽しそうに

話します。

 

頭がよく、知識が豊富だったり

手先が器用でいろいろなものを作ったりします。

 

子供たちも彼と一緒にいて

それが楽しかったと言います。

 

もしかしたら、

人間関係とは、

それだけで幸せなのかもしれません。

得意なことに関しては、

とことんまで極めるので、

本当に

見ていてほれぼれするほどです。

 

自己愛性人格障害の人は、

虐待なんかして、

憂さ晴らしをしなくても

普通の人よりも

魅力的で才能にあふれている人が

多いです。

 

それは、本当は

すごく素敵なことです。

こんなにもったいないことはないんです。

 

自己愛性人格障害の人は、

やる必要のないことをしていて

被害者をどん底まで陥れているんです。

 

本当は、そんなことする必要のないくらい

充実した毎日を送っているはずなんです。

 

だから、本当は精神的虐待など

する必要もないほど充実しています。

 

しかし、自分ではそのことに気づいていません。

 

自分で自分を認めることができず、

心の奥底では、自分は生きる価値がないと思い

苦しんでいます。

 

どんなに輝いていても

自分で自分を認めることできないので

満足することがないのです。

 

それが自己愛性人格障害の人の

人を鏡のようにして、

その人の反応を見てでないと

自分がどんなことをしているのか

分からないのです。

 

だから自分を称賛してくれる人を

好みます

 

そして、自己愛性人格障害の人の、

一番そばにいる自分のことを

思ってくれる大切な人には

安心して、感情のはけ口にしてしまいます。

[ad#co-1]

あなた以外の人は、

彼がいると穏やかな気持ちになるのかもしれません

 

自己愛性人格障害の人は

用心深い人が多く、

自分が嫌われることには敏感です。

 

だから初対面の人や、

あまり仲良くない人や、

まだそんなに知らない人の前では

温和で知的で親切な人を演じています

 

嫌われたくないのです。

 

結果、

いい人だと思われることが多く、

世間の人には、きちんとした人、

と思われています。

 

誰にも知られていないところで

あなただけが苦しめられているのです。

 

そしてあなたがいなくなれば、

彼はまた、違う人をターゲットにして

自分を称賛してもらい、

その人を潰していないと

自分の価値が認められないのです。

 

でも本当は、そんなことをする必要がないほど

輝いているのです。

 

それが分からない病気なのですが、

人を潰していると

いつかその関係は壊れてしまいます。

 

そして、

あんなにも魅力的な自己愛性人格障害の人は

最後はだんだんと

1人ぼっちになってしまうのでしょう。