自己愛性人格障害の被害を受けない体質に生まれ変わるためにはどうすればいいのか?



こんにちは♡

今日は、あなたが幸せになるために

今までとは

まったく逆の考え方になる必要がある

というお話をしていきたいとおもいます。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

普通の人よりも

大変責任感が強いと思います。

 

それが極端になりすぎていて

なんでも自分のせいだと思いがちなのです。

 

あなたが思うよりも

普通の人はもっと簡単に逃げています。

 

それなのに

自分のせいではないと

堂々とした態度を取ることができるので

落ち着いていることができます。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

自分のせいでもないことも

自分のせいだと思い込み

怯えたり、

相手の機嫌を

取ろうとしてしまうところがあるので、

周りから見たら、

本当はあなたの責任ではないことも

あなたのせいなのではないか、と

とられてしまいがちなのです。

 

例えば、自己愛性人格障害の人は

相手を支配するために

相手の人が何もしていないのに

不機嫌な態度を取ることがあります。

 

普通の人は自分が何もしていないときは

そんな不機嫌な態度を

ほっておくことができるのですが、

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい体質の方は

もしかして自分が何かしたのではないか?と

何もしていないはずなのに

自分を信じることができません。

 

だからうろたえたり、

おどおどしたり、

ご機嫌をとったり

自分が何かしたのかと

聞いてしまうようなところがあるので

自己愛性人格障害の人は

あなたを悪者にしやすいのです。

 

そしてあなたが何もしていないのに

反省したり、謝ったり、

逆に

自分が何もしていないことを

分かってもらおうと

必死で訴えたりすると

余計にあなたの動きが動揺して見えるので

何も知らない周りの人は

もしかしたら、あなたが悪いのではないかと

思う人も出てくるのです。

 

人は人のことを勝手に判断します。

 

それを止めることもできませんし、

あなた自身も他人のことを

勝手に判断してしまっていることはあります。

 

だから、もし自分が何かしてしまった時も

その責任から逃れるために

知らん顔をすることができる人の方が

信用されてしまう事もあるのです。

 

あなたの一番の原因は

自分を信用していない事です。

 

自分を信用していない人は

他人から信用されることはありません。

 

あなたが自分をどう扱っているかで

周りの人があなたをどう扱うかが

決まるのです。

 

あなたが何もしていないなら

堂々としていれば良いのです。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

あなたを動揺させようと

本当にしつこくいつまでもあなたを

追いかけて嫌がらせを続けます。

 

自己愛性人格障害の一番怖いところは

一度ターゲットだと認定した人を限度なく

追いかけてくるところにあるのです。

 

あなたが追いつかれて

気持ちを限界まで潰して

もうあなたの息の根が切れていても

やり続けるのです。

 

自己愛性人格障害の人の一番怖いところは

坂を転げるように攻撃をどんどん強くして

いくところにあるのです。

 

それでも、被害に遭いやすい人は

頑張って我慢をしてしまうので

だんだん苦しくなってしまいます。

 

それでも

どうしても責任感の極端に強すぎるあなたは

なんとかしようと頑張ってしまうので

あなたの方が

おかしな行動に出てしまう事になるのです。

 

この原因のすべては

あなたがあなた自身を

大切に思っていないことから来ています。

 

あなたが何もしていないことを知っているのは

あなたしかいないのです。

 

それを周りの人にわかってもらう前に

あなたが攻撃されてしまったら

あなたに勝ち目はないでしょう。

 

自己愛対策とは

初めから目をつけられない方が

いちばん楽なのです。

 

ですが、自己愛性人格障害の人が

目をつける理由は

あなた自身にない時も

あなたが目をつけられることがあります。

 

それは、

あなたが周りの人に

親切にされているように見えたり

あなたが周りの人に

好かれているように見えるだけでも

自己愛性人格障害の人は極端にやきもちを焼き

あなたにに憎しみを抱きます。

 

だから目立たないように

誰にも構ってもらえていないように見えるのが

いちばん自己愛性人格障害の人を

安心させることができて

攻撃されない可能性が高くなるのです。

 

自己愛性人格障害とは

実にめんどくさい存在なのです。

 

あなたが知らない間に

自己愛性人格障害の人の見える所で

誰かに褒められるだけでも

大変な事になります。

 

誰かが、あなたのことを

「あの人ってなんか良いよね!」

っていうだけでも

あなたは

自己愛性人格障害の人の的になります。

 

ましてやあなた自身が目立ってしまい、

良い成績をとったり、

上司に褒められたり、

周りの人から人気があったりすると

それはもう大変な事になります。

 

それで、わざと目立たないように

化粧もせず、メガネをかけ、

ダサい格好をするようになった被害者も多く

見かけます。

 

そんなことをして

幸せですか?

 

自己愛性人格障害の人のターゲットに

なりたくないために

自己愛性人格障害の人のご機嫌を取る人も

多く見かけます。

 

例えば、

それで自己愛性人格障害の人に

気に入られていたとしても

自己愛性人格障害の人は

どこでやきもちを焼くかわからないので

そばにいることも危険なのです。

 

だってそばにいたら

誰かに褒められることや

誰かと仲良くするところを見られる回数も

増えるはずです。

 

馬鹿馬鹿しい話ですが、

自己愛性人格障害の人は

こんな場面を見ただけで

極度に怒り、

あなたがそこにいられないように

裏で徹底的に手を回して

あなたが

誰からも信じてもらえないようにする事に

一生懸命なのです。

 

仕事してないですよね。

 

結果、あなたは潰されて

そんなあなたを見ることで生産性が上がり

自己愛性人格障害の人は

仕事ができるようになってしまいます。

 

そして

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

何度も何度もそうやって

違う自己愛性人格障害の人に潰され続けて

やがて世間で生きていくことさえ

難しくなってしまいます。

 

それを避けるためにも変えるのは

あなた自身のマインドです。

 

自己愛性人格障害の彼を

大好きな人も大勢見てきました。

 

ですが、あなたの大好きな彼が

自己愛性人格障害だった場合

あなたは存在自体を潰されたり、

または

そばにおくことであなたを適度にののしり

ばかにすることで

気分良く生きることができます。

 

また、仕事やルックス、

甘い声で囁いたりしてあなたを翻弄させ、

あなたに好きになられることで

自分の征服欲を満たし、

あなたの体も自由にすることができるのです。

 

自己愛性人格障害の人が

あなたにこだわるのはそのためなのですが、

これが好きだと勘違いされることが

よくあります。

 

これが、

自己愛性人格障害の人に好かれる

理由なのです。

 

 

女性同士の場合は、

あなたが他の人と仲良くすることを

どうしても許せない自己愛性人格障害の人は

あなたを確実に潰して

あなたの存在をその場から消してしまうし、

それが成功するケースが非常に多いです。

 

自己愛性人格障害の存在に

なんとなく気づいている人もいるのですが、

自分がターゲットにされないために

あなたがターゲットにされているところを見て

自分じゃなくてよかったと

ホッとしている周りの人も大勢みえます。

 

えげつなくひどい話ですが、

それを見て自分は違うよと

喜んでいる人の顔は悪魔です。

 

それでも良い人ぶっている普通の人も

たくさんお見えになるのです。

 

自己愛性人格障害が1人いると

その場の周りの人も

精神的に悪くなる場合が非常に多いです。

 

普通の人や

そんなことはできない良い人は

どんどん潰されていって

だんだんと自己愛性人格障害の人と

普通の人でもそれと似たようなことをする人が

残っていくのです。

 

そういう人が

溢れた場所にはいない方が幸せです。

 

それはあなたがどれだけ自分のことを

大切に思っていて大切に扱っているかで

大きく関わってくるのです。

 

あなたは死ぬまであなた自身と一緒にいます。

 

あなたの気持ちをわかってくれる人、

あなたのことを本当に考えてくれる人は

あなた自身しかいないのです。

 

他人に求めることはやめましょう。

 

自分を幸せにできるのは

自分しかいないのです。

 

周りの人によく思われることは

重要ではありません。

 

まず、自分の心の声を大事にしましょう。

 

そして、あなた自身が苦しんでいるのであれば

その場から助けてあげましょう。

 

一生一緒に最後までいてくれるのは

自分自身でしかないのです。

 

他人の気持ちやどう思われるかに振り回されて

自分が苦しんでいるのに

我慢してその場にいることはやめましょう。

 

そして、不思議なことに

あなたが、あなた自身を大事にしはじめると

あなた自身にそんなことは

だんだん起こらなくなるのです。

 

お金のことを心配して

ターゲットにされている会社に

しがみついている人をよく見かけますが、

あなたが、あなた自身を幸せにしはじめると

不思議と、お金にも困らなくなるんですよね。

 

これ、本当のことなんです。

 

あなたがあなた自身を幸せにしはじめると

あなたのことを大切にする人しか

あなたには寄り付かなくなるんです。

 

もうすぐ今年も終わります。

来年こそは、幸せになりたいと思いませんか?

 

今すぐに来年のあなたが幸せになるためにも

あなた自身を大切にしてあげてください。

 

あなたのことを真剣に悩んで

あなたのことを心配してきた人は

他でもないあなたなのです。

 

あなたの考え方が

今までは

自分を傷つける人に向いていたと思いますが、

自分を傷つける人のことは

考えなくても良いのです。

 

あなたのことを傷つける人のことで

頭がいっぱいになるので

あなたの周りには、

あなたのことを傷つける人が

集まってくるのです。

 

そんな人たちはあなたが苦しむ姿をみて

エネルギーを得ています。

 

そんなところからは何も生まれないでしょう。

 

来年、あなたが幸せになるためにも

あなたはあなた自身のことを

真剣に考えるべきなのです。

あなたの目の前に起きていることはすべてあなたが望んだことである




こんにちは♡

今日は

あなたの目の前に起きていることはすべて

あなたが望んだこと

ということについてお話ししたいと思います。

 

Tiaraのサイトを訪れてくれている人は

ほとんどの方が

自己愛性人格障害の人との関係について

悩んでいる人だと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

普通の人と感覚がまったく逆なので

初めはまったく理解できないと思います。

 

だからこそ、人間は

自分が経験してきたことと

照らし合わせて考える生き物なので

自己愛性人格障害の人が

なぜあなたに対して

そんな態度を取るのかがわからず

怖いと感じてしまう人も多くいると思います。

 

人は理解できないものに対して

怖いと感じる習性があるので

自己愛性人格障害の人が怖いのです。

 

そして

自己愛性人格障害の人は

共感力が全くないので

どんなにひどいことも

平気でやり続けることができ

そして限度なくやり続けるので

ほとんどの被害者が耐えられなくなり

精神を壊すか、怖くなってどんなに不都合でも

逃げ出してしまうでしょう。

 

 

10月から、

コンセプトを新たにしたTiaraでは

この自己愛性人格障害の人から逃げるだけでなく

あなた自身が変わることで

自己愛性人格障害の人が

あなたの目の前からいなくなるか

もしくは

自己愛性人格障害の人が、

あなたと一緒にいても

ひどいことをしなくなる人間に変わる、

という方向に変わることを目的としています。

(あなたに対してやらなくなるだけで

自己愛性人格障害の人が変わる、

ということではありません)

 

この方法は

自己愛性人格障害の人を変えるのではなく

根本的にあなたの考え方が変わる

ということを目標にしています。

 

それには

あなた自身が考え方を

今までと180度変える必要があります。

 

あなた自身が変わるので

もしかしたらあなたの方が、

自己愛性人格障害の人と

一緒にいたい

とは思わなくなるのかもしれませんし、

そばにいてもそれほど自己愛性人格障害の人が

気にならなくなるのかもしれません。

 

今までのままのサイトでも

自己愛性j神格障害の人から離れたい、

と思う人がほとんどだったのですが、

そうではなく

あなた自身が

全く今までとは別の人間に変わります。

 

そうなることによって

本当に自己愛性人格障害の人が

何とも思わなくなるのかもしれません。

 

まずあなたの目の前に広がっている景色や

体験はすべてあなたが望んだことなのです。

 

今、あなたが感じている嫌なことも

あなたの足をすくうああの人も

すべてあなたが望んだことなのです。

 

これって嘘みたな話に

聞こえるかもしれませんが

本当の事なのです。

 

そして、それが本当の事だと

今までの人生で立証しているんですね。

 

あなたの人生もよく考えてみてもらうとわかると思うのですが

必ずそうなってるんですよね。

 

まず当たり前のことですが、

あなたが変えたいのは

あなたの恋人ですか?

それともあなたの旦那様でしょうか?

もしくは親友や同僚、

上司ということもあるでしょう。

 

ですが、これは根本的なお話しなのですが、

まず他人は変えることができません。

 

これは当たり前ですよね?

 

影響は与えることはできるのですが、

その人自身が変わるのは

その人の意思であり、

あなたの意思ではありません。

 

そしてあなたもまた

あなた自身を変えることは

他の誰にはできないのです。

 

自己愛性人格障害の被害者として

まず、自分よりも他人に影響されやすい、

という特徴があります。

 

ですが、その人には

あなたを変えることはできないのです。

 

だからあなたが影響されなければ

あなたを変えることは

自己愛性人格障害の人にもできません。

 

あなたに悪いことが起きてしまうのは

あなたが

自分の意思よりも

他人の意思を尊重しすぎているところにあります。

 

だから、

あなた自身が

自分に都合の悪い出来事を

引き起こしてしまうのです。

 

もう少し自分に自信を持ってみましょう。

 

あなたの未来を変えられるのは

あなただけですし、

あなたのことを本当に思って行動できるのも

あなた自身しかいません。

 

あなたが自分よりも人を信用しすぎていて

誰かにしあわせにしてもらおうと

思ってしまっているから

相手が自己愛性人格障害だった場合、

とんでもないことになるのです。

 

自己愛性人格障害の人は

その精神状態から

他人を蹴落としてしまうことを

やめることができません。

 

どうしても

他人の惨めな姿を自分の目でみ続けていないと

自分に自信が持てず、

辛くて生きていけないのです。

 

そんな自己愛性人格障害の人に

認めてもらおうとすることは

自殺行為ですよね?

 

だって彼らは

あなたをどうしても潰しておかないと

もともと自己愛性人格障害のひとの

お腹の奥にある極端な恐怖心を抱いていて

自分には価値がないと思い込んで辛いので

優しそうな、

少々のことでは怒らないあなたを

無意識に選んで潰していきます。

 

彼らはとても用心深いので

自分がひどいことをやっていると

バレてしまうような人には

一切何もしないので

バレることがないのです。

 

そして

少々のことなら許してくれそうな

優しいあなたを信用しているので

あなたを潰そうとします。

 

つまり、あなたが

憎くてやっているわけではなく

あなたのことを信頼しているからこそ

やっているのです。

 

それなのに

何も事情を知らない

周りのまったく関係のない人から

あなたが誤解を受けると

あなたの精神状態が

かなり追いやられてしまいます。

やっているのは自己愛性人格障害の人なのですが、

自己愛性人格障害の人本人は

自分でも何となくひどいことをしている自覚ありますので

被害者のことを本当は恨んでも憎んでもいません。

 

ですが、自分がそんなことをしていることが

バレてしまうことに

ものすごい恐怖心を抱いていますので

他人はもちろん

自分でも自覚すると

自分がそんなことをする人間だと

気づいてしまうので

そのことにも傷ついてしまいますので

全力でそんなことはしていないと

必死で思い込むのです。

 

だから、

こんな時あなたを守るのは

他でもない

あなたしかいないのです。

 

そんな時に他人軸で生きていると

どうなるでしょう?

 

あなた自身までが

自分でも

相手のことを傷つけたのではないかと

考え出してしまうので

自責の念にかられ、

自分で自分をせめて傷ついてしまいます。

 

よく考えればわかるのです。

 

あなたが本当に相手のことを

傷つけるようなことをしたのかどうかを。。

 

自己愛性人格障害の人も

あなたをつぶすところを見ないと気が済まないし、

何も事情を知らない周りの人が

自己愛性人格障害の人を信じてしまって

あなたを悪く思ってしまうのですが、

そこであなたがそう思わなければ関係ないんですよね。

 

他人からどう思われようが関係ないのです。

今までは、状況が悪くなってしまっていたのは

あなたまでもが

自分が悪いと思ってしまったり、

責任は自分にあるのではないかと考えてしまったり、

どうしてみんなわかってくれないのかと

悲しんでしまったりしていたから

状況が悪くなってしまっていたのです。

 

あなた自身が周りの人に影響されてはいけません。

 

他人にはあなたを変えることはできないんです。

 

あなたさえ自分の考えをしっかりと持っていれば

あなたに悪い影響を与えようと

あなたを不安にさせる他人に振り回されることはありません。

 

あなたに起こっていることは

あなた自信が引き寄せてしまっている

不安な波動だということを

自覚することが必要です。

 

それさえわかれば

あなたがいい波動を出すことで

あなたにはどんどんその波動に引き寄せられた人や

出来事が

自然に引き寄せられるようになってるんですよね。

 

あなたに起こる出来事は

すべて自分が引き寄せてしまったのだと

自覚して行動するようにすると

あなたの気持ちをどう持っていけば

あなたの望む未来を掴むことができるのか

わかると思います。

 

あなたに起こる出来事は

すべてあなたの責任なんです。

 

いちいち他人に振り回されないようにすると

あなたの人生は人に振り回れなくなり

どんどんあなたの希望通りに叶い出します。

 

初めは難しいかもしれませんが、

今日から心がけるだけで少しづつ変わり出しますから

今この瞬間から

あなたの波動がいい空気を出すように

意識して行動してみてください。

 

あなたの未来が

あなたの思い通りに変わり出します。

自己愛性人格障害の被害者の人生が変わっていかない理由




こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人の被害者に

なりやすいあなたの

メンタルを強くする具体的な方法について

お話ししたいと思います。

 

前回Tiaraに、

物事の良い面にフォーカスしてみて下さい、

と言われて

実践してみましたか?

 

なかなか難しいと思います。

 

できるだけ良いことを見ようとすると

あなたに起こった出来事が

どんなにひどい出来事だとしても必ず

その側面の良い側面に気付けるようになると

思います。

 

ですが、すぐにまた

嫌な感情が溢れ出してきて

ああ、でも

あんなに理不尽な出来事だったな、とか

ああ、悔しい、間違ってなかったにのに

こんな結果になった、とか

いろいろな思いが重なってくると思います。

 

じゃあ例えば

あなたに起こったここ2、3年の出来事で

よかった出来事を1つ思い出してみてください。

 

そして目を閉じて

その時の具体的な状況を心から思い出してみて

あなたの胸の中がどう感じるかを

やってみてください。

 

どうでしょうか?

 

あなたの胸の奥、

もしかしたらみぞおちの辺がじわ〜と

暖かくなるのを感じませんか?

 

そのじわ〜と感じたその胸の奥の感覚を

忘れないようにしてください。

 

その胸の感覚はとても大切になります。

 

その感覚はあなたのGoサインです。

 

あなたはその思いを

できるだけたくさん感じる出来事を

体験してください。

 

それがあなたのセンサーになり、

あなたにとって良いことを引き寄せます。

 

普段は忙しくて

そんな感覚を味わっている暇なんて

ないのかも知れません。

 

Tiaraも

じっくり自分の感覚を味わっている暇なんて

ありませんでしたし、

そんなことわざわざ味わっている時間を

ムダに感じていました。

 

でもこの一見ムダに感じるこの作業が

とても大切なのです。

 

じゃあ今度は逆に

あなたがこの2,3年で味わった

とても嫌な体験を思い出してみてください。

 

どんな感覚がしますか?

 

胸の奥がキューっと苦しくなるような

感覚に囚われませんか?

 

その感覚を一度

じっくり味わってみてください。

 

そして

その感覚を忘れないでください。

 

あなたに何か出来事が起きた時に

その時感じるあなたのその胸の感覚が

どちらなのかを

じっくりと味わってみて下さい。

 

そして

あなたが嫌な感覚を感じたその出来事は

あなたが進むべき事ではないことを示しています。

 

その感覚を無視して

そのまま

嫌な心がギュッと萎縮して苦しくなるような

感覚になる出来事を

続けた場合、

あなたにとって必ずよくないことが起きます。

 

友達を失ったり、お金を失ったり、

大切な人との縁が切れてしまったり。。。

 

今後あなたに起こる出来事を

じっくり味わってみて

その出来事が起きた時のことを考えてみて

あなたが胸の奥で感じた感覚が

じんわりと温かいものに感じられるならば

それはあなたのGoサインです。

 

そのままやり続けて構いません。

 

そしてそのじんわりと温かい感覚を

できる限り味わい続けてください。

 

でもみんな

この感覚を無視してしまうんですよね。

 

やるべきとことがあるから、とか

責任だったりお金だったり信用だったり、

失ってしまうから、とか

夫婦だからとか、

職場だからとか

やらなきゃいけないから、とか

そういった理由でやめられないことも多く

あるとおもいます。

 

この感覚が、

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

普通の人よりも極端に真面目な分

強く出ます。

 

その結果、あなたの人生が

どんどん悪い方向にいくのを感じませんか?

 

それを助長させるのも止めるのも

あなた次第ということになります。

 

あなたの中には思考の癖というものがあって

物事の悪い方に

フォーカスしやすい癖を持っています。

 

そして人生の悪い面ばかりに集中して

こんなことはダメなんだ、とか

そんなことはよくないことだから

わかってもらわないといけない、だとか

あれは絶対に悪いから直さなきゃいけない、

とか。。

 

あなたを傷つける人に気持ちをフォーカスして

どうしてあの人は私に

あんなことを言ったのだろうとか

あの人にわかってもらいたい、とか

違う話になっているから

本当のことをわかってもらわなきゃとか。。

 

あなたが今まで常識だと思ってきたこと

本当はやらなくても良いんです。

あなたがコントロールできない他人のことは

あなたが一生懸命やっても

変えることができません。

 

変えることができるのは

あなたの思考とあなたの行動と

あなたが管理できることだけなのです。

 

あなたが変われば

あなたの周りが変わっていきます。

 

あなたとは

あまりにも違いすぎる波動を持つ人たちとは

自然に縁が切れていきます。

 

あなたの波動が上がったのか、

相手の波動が上がったのかは分かりませんが

とにかく合わなくなったのです。

 

あなたが苦しんでいる時に

あなたのそばにいた人たちというのは

あなたと同じような苦しい波動を持つ人たちです。

 

あなたが変わった瞬間に

その人たちとは縁が切れる大きな現実が

目の前に現れます。

 

それはとても苦しい出来事かも知れませんが、

その出来事にはなんの意味もないのです。

 

ただ、あなたの波動が上がっただけかも知れません。

 

良い気分で過ごすことが多くなると

あなたの周りで苦しんで生きている人たちとの縁は

自然に切れていきます。

 

あなたがこの胸の奥の感覚に鋭くなると

あなたの方から出ていきたい気持ちになるかも

知れません。

 

ですが、あなたがこの感覚にまだ鈍感で

自分の気持ちをゆっくり味わうような暇がなく、

忙しくしていると

気づかないかも知れません。

 

その時は本当に苦しい、

なんでこんなことが起きるの?

と思うような苦しい体験が起こるのですが、

これが悪いこととは限らないんですよね。

 

あなたに合ったあなたの新しい場所が

もう用意されているのです。

 

なんでかわからないのですが

みんな最後はここに辿り着くようなんですよね。

 

ここでもしあなたが今まで場所や人にこだわっていて

そのにいたいと強く願っていると

場所が変わってもまた

同じような体験をすることになります。

 

だからあなたがいま現状苦しくて

あなたの未来を変えたいと強く願っているのなら

あなたが変わらないといけないんです。

 

変わらないと

何度も何度も同じような体験をします。

 

もうそういった苦しい気持ちから

脱却したいのであれば

あなたはリラックスして

良い気分で過ごすことが大切なのです。

 

あなたが良い気持ちでリラックスしていると

あなたにとって一番都合のいい、

願いが叶うような出来事が

自然に用意されていくのです。

 

あなたはその出来事をただ、

受け取る気持ちでいれば良いのです。

 

あなたが変われば

あなたの目の前の環境が変わり、

そんなに努力をしなくても

自然に幸せに豊かになっていく出来事が

自然に引き寄せられてきて

自然に幸せになるようになってるんです。

 

自己愛性人格障害の人の心の奥には

もうこの愛の種を持っているのですが、

あなたが周りの人や彼や旦那様に拘っているうちに

感覚として

その愛の種に気づかなくなっているだけなのです。

 

やり方としては

あなたができるだけ気分よく過ごすことです。

 

自己愛性人格障害の被害者には

これが一番難しいのですが、

あなたがどうしても考えてしまう

その苦しい出来事を

できるだけ頭の中から消す作業をして下さい。

 

例えばあなたを陥れた人がいるとして

その人のことを考えても何もなりません。

 

その人にはその人の人生があり、

もしあなたにひどいことをしたならば

その責任を取るべきはあなたではなく、

その人にあります。

 

必ずその人が

責任を負わなければならない出来事が

その人に起こりますから

あなたはなにもする必要がないのです。

 

それはその人の人生です。

 

その人があなたの親友でも上司でも

彼でも旦那様でも誰でも

その人自身の責任で

その人の人生に何か問題が発生してきます。

 

それは

その人が自分で考えるより方法はないのです。

 

あなたが考えたところで

あなたにはその人を救い出すこともできません。

 

ましてやもし、

その人が

自己愛性人格障害だったとするならば

その責任を取るのはあなたではないのです。

 

それよりもあなたは

あなたの人生を幸せに導く

努力をしなければなりません。

 

あなたの気分を良くする方法は

また次のブログで紹介します。

 

 

 

自己愛性人格障害のひとは自己愛対処をしているとだんだんと近づいてくなくなる

こんにちは♡

今日は、自己愛対処をしていると

自己愛性人格障害の人は段々と近づいて来なくなる、

ということについてお話をしたいと思います。

 

自己愛対策をしていると

自己愛性人格障害の人は段々とあなたに

近づいて来なくなります。

 

それはほんとうにそうなのですが、

一番困ったことは、

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

自己愛性人格障害の人と離れたくない、

という傾向を持っていることが

ほんとうによくある、ということです。

 

自己愛性人格障害の人が

被害者の上司だったり、憧れの存在だったり

親友だったり恋人だったりします。

 

自己愛性人格障害の人は

自分を常に必要以上に魅力的に見せることを

やめようとしないので

普通の人よりも、目立って

魅力的に見えることがよくあります。

話し方や声のトーン、

また優しい笑顔や表情など、

普通の人よりも念入りに、手をかけて

周りの人を巻き込むように聞こえるように、

でもさりげなく、自然に見えるように

細心の注意をはらってひと時も休まず

常にしています。

 

自分の中の大きな怒りが爆発してしまうと

とてつもなく恐ろしいのですが、

自分で自分のアフターフォローも完璧に、

執拗なほど念入りに

し続けるので、

周りにいる人も

自己愛性人格障害の人を信じてしまうことが

よくあります。



人を落とすと同時に、

自分を引き上げるので

「あのときは、

あの人がどうしようもない失敗を

何度も何度も繰り返してしまったから

さすがの俺も、見るに見かねてついつい

周りの人のことも考えてしまったからこそ

大きな声を出してしまったよ。」とか

「俺の気持ちを何度も訴えたのに

とてもひどい仕打ちを、

何度も何度も受けてしまったから

本当はかなしいけど、

泣く泣く別れを口にしてしまったんだ」とか言います。

 

怒られた人や、別れを切り出された人の方に

どうしようもない落ち度があって

流石に人格者の彼でも

ついつい大声を出してしまったり

別れを口にしてしまったけど

本当は自己愛性人格障害の人の方が被害者で

被害者に見える方に原因があったんだ、

と思われてしまい、

あなたは恨まれることになります。

 

どうやってもその構図は変えることができず

自己愛性人格障害の人は自分を良く見せることを

常にやらなければ気が済まないので

どうしてもやってしまう事なのです。

 

だから、自己愛性人格障害の人のそばにいる人は

悪者になりやすいです。

 

何もしていないのに

周りから孤立することもよくあることですし

あなたの耳に情報が入って来なくなり

本当のことがわからなくなるのです。

 

自己愛性人格障害の人は、自分をよく見せることを

被害者であるあなた自身にもしてしまいますので

例え、あなたをターゲットにしていたとしても

あなたにも悪く思われたくないので

自己愛性人格障害の人を

素敵に感じてしまうような笑顔を向けられたり

優しくされてしまったりしますが、

陰であなたのことを悪者にしてしまいます。

 

そこをよく理解していないと

あなた自身が自己愛性人格障害の人に

惹かれてしまう事もよくあるでしょう。

 

自己愛対策は、徹底して行わなければなりません。

 

Tiaraも自己愛性人格障害の人と

仲良く話す事もありますが、

内心絶対に信用していません。

 

信用していない、と言うと語弊がありますが、

自己愛性人格障害の人は

どうしてもそういうことをしてしまうことを

深く理解していますので

上部だけでわらっている事も理解していますし、

親身になって聞いてくれているように見えても

本当は自分をよく見せたいだけ、

自分のことを好きになってもらいたいだけで

相手のことはどうでもいい、と

いうことを知っていますので

その場だけの会話で

いつでも180度変わる、という可能性があることも

よく理解しています。

 

だからと言って責めているわけでもなく

自己愛性人格障害の人も極端な不安感から

どうしてもしてしまうので仕方ないのです。

 

それでも、どうしても気になってしまうし

本人も大丈夫かなと心配にもなりますし、

周りに誰か被害者がいないかということも

とても気になります。

 

そしてTiara自身ももしかしたら、

被害者になってしまうかもしれない、ということも

理解していますので、

話終わった後は、

極端にあっさり引いてくるようにしていますし、

もはやTiaraは4年ほど

自己愛対策をしまくって生きているので

自己愛性人格障害の人に対しては

自己愛対策が習慣化しています。

 

Tiaraは今の部署に移動になってから

5ヶ月ほど経ちますが、

移動した初めの頃は

自己愛性人格障害の人がすごく寄ってきていましたが、

今ではほとんどの自己愛性人格障害の人が諦めたようで

ほとんど近寄ってきません。

 

少し寂しい気もしますが、これで良いのです。

 

仕事はだんだんしやすくなって

周りの普通の人たちとも

コミュニュケーションを良好に取ることができて

ほとんど素の状態で何もきばらず

楽に過ごすことがほとんどになりました。

 

感覚も少しづつ元の自分に戻ってきて

自己愛性人格障害の彼と別れてからの数年は

恋愛映画や情熱的なストーリー

感動する話や、親子愛や情熱など

真っ直ぐな気持ちがぶつかり合うような

本物の人間関係の映画などは

途中で苦しくなり、胸が締め付けられるので

自己愛性人格障害の彼と一緒にいた頃の

素直な愛情やもともと好きだった情熱的なものは

これ以上みると心臓が張り裂けそうになるとの恐怖心から

途中でやめてみることができなくなっていました。

 

でも、今では、

普通に見られて普通に楽しむことが

できるようになってきました。

 

あまり激しいものはわかりませんが、

 

たいていの恋愛映画や感動ものは

普通に涙を流して感動することができます。

 

普通の人間関係も

こちらが一生懸命やれば普通に帰ってくることが多く

Tiaraと話したい人が自然にTiaraのそばにきて

会話をすることができています。

 

ただ、以前の職場からTiaraを引き抜いた

自己愛性人格障害の上司だけは

たまにふらっと現れて

Tiaraに近づいてきたり離れたりしながら

様子をうかがっていることがよくあります。

話しかけられて、

それが普通に話せることなら

Tiaraも普通に話しますし、

笑いが溢れることもちょこちょこあります。

 

でも、笑いが溢れたときは調子に乗り

話が終わった後に、

Tiaraが追っかけてくるか見ていることが

よくあります。

 

ですが、彼と話終わった後は、

さっと別の方に意識を向けて

わざと自然に仕事の話をしたり

その人との対談を

できるだけ自然に見えるように細心注意を払いながら

あなただけと

わらって話すわけじゃ無いのよアピールをすると

傷つくのか、さっと逃げるように部屋を出ていきます。

 

少し可哀想な気もしますが、

これは自己愛性人格障害の人が

被害者にすることと同じことで

これを少し気を使って笑いかけたり

仲良くなれたと喜んで受け入れてしまうと

またやられてしまうのです。

 

だから、自己愛性人格障害の人を

いい気にさせない態度を取り続けることはとても重要で

これをしているからこそ

だんだんとターゲットから外れてくるのです。

 

普段はチヤホヤされ慣れている

自己愛性人格障害だからこそ

傷つくことは人一倍で

傷付くからこそ、その人には近づいて来なくなります。

 

結果、被害者が自由になり、

ターケットから外れ、

嫌なことをされたり、

評判を落とされることがなくなるのです。

 

もともと、そんなに深く関わっていないので

あまり被害者を悪くいうことができず、

例え言ったとしてもそれほど説得力はなく

こちらも自己愛性人格障害の人に

好かれたいという思いがないので

言っていても平気な態度を取ることができるのです。

 

たまに、態度だけでこちらを小馬鹿にしたような

態度を取る自己愛性人格障害の人もいますが

もともとこちらも相手にしていないので

一人でしていることになり、

こっちが相手にしてしないのに

勝手に一方的に被害者のことをいうのは

周りの人も不思議に感じるのです。

 

それに本来自己愛性人格障害の人は

その本人にしかわからないような嫌がらせを続け

ターゲットが気にしているところを見て

気分が高揚するのですが、

ターゲットが気にしていないと

何をしているか分からなくなるのです。

 

もともと自己愛性人格障害の人は

意味のないことをしていることがほとんどなので

被害者が相手にしていなければ

周りの人も気づくことがないのです。

 

被害者に反応がない場合

それだけでは自己愛性人格障害の人は

なにもできなくなるのです。

 

自己愛性人格障害の人の行動について




こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

行動についてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は、

どうしても、ターゲットを決めて

自分の言うことを聞いてくれるような

安心できる存在に対して

ひどいことをしてしまいます。

 

ひどいことをして楽しむことが目的だというよりは

ひどいことをして、

自分よりも惨めな存在がいることを

目で見て確認しなければ

自分の存在価値がないと感じてしまう惨めな気持ちに

耐えることができないので

本当はそんなことはしたくないんだけど

どうしてもしてしまう、と言うのが

深層心理です。

 

そして、その

本当はそんなことはしたくない、

という気持ちも、

共感力からくる

相手が惨めな思いをして

かわいそうだと感じる気持ちは

共感力のない自己愛性人格障害の人にはありません。

だから、そうではなくて

自分がひどいことをする人間だと

自覚することにも耐えられないので

被害者の方が

そんな事をされても仕方の無い人間だから

と思い込むことで

自分がひどい事をしている責任感から

全力で逃げて楽になろうとしているだけです。

 

ですがまあ、そんなわけで

どうしても近くにいる人に

ひどいことをしてしまうわけですが

自己愛性人格障害の人がおかしいことに

どうしても気づく時期が来てしまいますので

被害者が逃げようとする時期は

割と当たり前のようにやってきます。

 

今回は、Tiaraも

自分から逃げたわけではありませんが、

部署移動をして1年ほど前に離れた上司と

今はまた、同じ部署で過ごしているのですが、

彼はTiaraが避けていたことを知っています。

 

以前の部署で

もちろんできるだけ関わらないように

していたのですが、

どうしても彼の方から

近づいてくることはよくありましたし、

いちお、付き合いが短いため

そんなに大きなトラブルはなかったのですが、

Tiaraがどうしても

自己愛性人格障害に気づいてしまうため、

付かず離れずの距離を保っていました。

 

頭がよく、仕事もできて

立場も会社の中ではわりと上の方にいます。

 

いくつかの部署を取りまとめる統括で

年齢も40代半ばでルックスも悪くなく

かわいらしい雰囲気も持っていて

語学も堪能です。

 

器用に立ち回り、女性のファンも多いですが、

Tiaraは仲良くしていないわけでは無いのですが、

いざと言うときに避ける傾向にありました。

 

普段はほとんど話さず、黙々と仕事をしながら

でも、上司に話しかけられた時や

話をしなければいけない場面では普通に話をし、

ですが飲み会のお誘いや、自分できめられる仕事の時は

なるべくこの上司と一緒になるのはさけ、

「どうしてきてくれないの?」と

膨れっ面をされたことは何度もありました。

 

自分でも流石におかしいと思うくらい

お断りをしていて

でも話す時は、にこやかにあっさりと

でも、どうしてもいけない理由を述べて

「ではまたの機会に」とニッコリと

立ち去るようにしていました。

あまりにTiaraへの近づき方に

変だと思っていた男性社員もいて

「あの人にとってTiaraさんはそういう存在です」

と笑いながら冗談っぽく

言ってくる人もいました。

 

その人は自己愛について

多少は理解していて

自分も

別の自己愛性人格障害の被害にあったようで

1年ほど休職をしていた人です。

 

今は復帰して、

Tiaraの以前いた部署で働いていますが、

そういう人には気をつけているようです。

 

自己愛性人格障害という病気まで

知っているわけではなさそうですが

ある程度、そういうことがあることは

理解しているようです。

 

以前の職場でこの男性が

上司がTiaraに近づくことを防御していたため

Tiaraに話しかけることが

難しくなってしまった上司がキレて

Tiaraに意味のわからないことで怒鳴り込んだことが

最後にありました。

 

これはTiaraの予想なのですが、

自分が部署を移動することになり、

最後にTiaraを引きつけたかったのに

引き付けれられなかったから

なんとかしようと必死になっていたので

それでも避けられてブチギレたんだと思います。

 

いくら自己愛性人格障害を知っているTiaraでも

この上司は元彼と非常によく似ているので

悲しかったのと怖かったのと

いろんな感情が入り混じり泣いてしまいました。

 

逆に自己愛性人格障害を知らなかったら

ただ単にびっくりしただけだと思います。

 

その日は、もう、明日から

違う部署に行くというのに

仕事が終わり、会社を出た後も

Tiaraの個人携帯に電話をかけてきて

「今日の勤務表きちんと入力した?」とか

どうでもいいことで電話をかけてきたりして

どうしてもTiaraを惹きつけたかったのが

とてもよくわかります。

 

そして1年後、移動のお誘いですから

ふつうなら断るのが

自己愛性人格障害としても対処法なのですが、

向こうにも自己愛性人格障害の女性がいたため、

その上司がいなくなってからは

その女性に苦労をしていたので

もううんざりしていて

たまたま1人だけではなく、

仲のよい男女がもう2人、行くことになったので

決心して、以前の上司のところに移動してきました。

 

彼は惹きつけ行為もあるので

恋愛ではありませんが、

Tiaraが元彼の時に一番勉強した

恋愛関係の自己愛対処が使えると思います。

 

現在、元上司と2ヶ月ほど

そばで仕事をしていますが、

割と距離を保ちながら仲良くできています。

 

直接この上司と一緒に仕事をする機会はなく

ですが、上司の承認をもらうときや

何かの申請の時にはこの上司を通さねばなりません。

 

以前の職場では

仕事も同じ関係の仕事をしていたのですが、

今回は転勤のお話があった時も

以前の部署の上司に

自己愛性人格障害の上司の

直属の部下は嫌だと伝えてあるので

間接的にしか関わらなくて済みますが

席は割と近くで

いつもTiaraの行動や誰と話しているのか

チェックをしているのがわかります。

 

今の部署は若い子が多く、

みんな仕事に燃えているので一生懸命仕事をしますし、

連絡も蜜に取り合い、

いつも話をして和気藹々とやっています。

 

お仕事はとても大変ですが、

とてもやりがいがあり、

以前の部署で

自己愛性人格障害の女性から

情報を遮断されてやっていたときよりは

よほどのびのびと仕事ができます。

 

残業も遅くまで続いていて

Tiaraも夜遅くまで会社にいるので

上司が気にして

「まだ帰らんの?流石に遅いぞ?」とか

「明日もあるんだから。。」とか

必死で帰そうとしてきますが

まだやることはあり、他の子達も残っているのに

Tiaraだけ帰そうとするのはおかしいです。

 

ただ、女性は8時ごろには

ほとんど帰ってしまいますので、

女性で残っているのはTiaraだけですし、

明らかにヤキモチを妬いているように見えます。

 

周りの子達もそう思っているようで

以前は「Tiaraさん、

こっち手伝ってもらっていいです?」とか

「今日は何時までできますか?」

と言って手伝ってもらおうとしていた男の子たちが

最近では

まだやらなけらばいけないことが

たくさんあるのに

「Tiaraさん、今日はここまででいいですよ?」とか

「大丈夫です。」と言ってきます。

 

ですが、「人が足りないけど

うちのチームにはもう人は入らんの?」とか

「限界。キツイ」などと話している様子も

たまに目にします。

 

隣の席の男の子は

明らかに元気がなくなってきているのが

よくわかりますし、

「大丈夫?」と言うと苦笑いで

「だんだん、意識が遠のいてきますね。」とか

「考えられなくなってくる。あはは。。」と

頼りなげに笑います。

 

「まだ残っても良いよ?」とか

「大変だったら何か手伝うから

声をかけてね?」と言うのですが

「だいじょうぶです。」と言います。

 

もしかしたらTiaraが帰った後、

上司に何か言われてるのかもしれないし、

この上司がTiaraに

「帰らんの?」とか言っているので

遠慮しているのかもしれないです。

 

Tiara的にも、手伝いたいし、

スキルもあがるし、バツイチなので

ここの会社は給料がいいことで有名なので

生活が潤うし、いい事づくめなのですが

適当に帰ります。

 

上司がTiaraのこだわっているようにも見えますし

気遣ってくれているようにも見えます。

 

ですが、この上司は自己愛性人格障害で

以前の職場でTiaraに避けられていたので

今は必死で自分の印象を

挽回させたいのだと思います。

 

それって好きな気持ちに反応が

とてもよく似ていますよね?

 

ですが、そうでは無いのです。

 

自分が嫌われたくない、と言う気持ちが

自尊心がまったくない自己愛性人格障害にとって

嫌われることは

極端におそろしいことなのです。

 

もちろん普通の人も人から嫌われることは

嫌だと思いますが、

自己愛性人格障害の人は

その次元ではありません。

 

普段、堂々としている姿からは

とても想像ができないのですが、

それがばれることも怖いので

完璧に隠しているからわからないのです。

 

自分が前の部署で、

最後に品のない

ヤクザのような声を出して脅してきたことで

Tiaraに嫌われているかがとても気になっています。

 

徐々に普通に話すようになってきているTiaraに

嬉しそうな態度を取ることもしばしばあります。

 

人目をはばからず、

嬉しそうな声を出してはしゃいでいるので

周りも多少引き気味ですが、

自己愛性人格障害は共感力がないので

そんなことはお構いなしです。

 

そんなところが、

自己愛性人格障害の人を子供っぽく見せ、

そしてそれをいいふうに受け取れば、

素直で純真な人、とも捉えられることがあるので

自己愛性人格障害の人が

人気がある理由にもなっています。

 

ですが、それを信用してしまい、

素直に受け止めてしまうと

こちらのことをお構いなしに蹴落としてくるので

後からとても怖い思いをします。

 

現在のその上司は

自分をいい人に見せようと必死で

穏やかに周りの人たちと談笑したり

仲良く話して楽しそうな雰囲気を醸し出していますが、

自分からはほとんど

Tiaraに近づいてきたりはしません。

 

まあ、仕事もなんとなく関わってはいるのですが、

ほとんど関わりはないので

直接の指示は出しにくい状況です。

 

とはいえ、同じチームの違う班、と言う感じなので

少し関わったり微妙な感じです。

 

いちお立場は上なので

Tiaraの様子や

周りの状況をうまいこと持っていき、

Tiaraたちの

チームに関わることにできる立場にあるので

徐々にこちらに近づいてきているのがわかります。

 

いちお、1人だけ彼より上の立場の上司がいますが、

年齢的にも自己愛性人格障害の上司と同じくらいらしく

他の子の話を聞くと、

どうもこの二人は同期らしいです。

 

だから俺がこっちをやるよ、といえば

きっと彼のその上司もいいよ、

といいそうな雰囲気なので

どうとでもなりそうです。

 

自己愛性人格障害の上司の1つ上の立場の上司ですが、

この人もまた素敵な人でしかも

自己愛性人格障害ではありません。

 

若い子の話によるとこの人は人たらしらしく

優しくて雰囲気は穏やかで

普段はおおおらか、

でも締めるところはビシッと言える人、

ということです。

 

ですが、本当にいい人そうなので

Tiaraは少し心配ですが、

本当に締めるところはビシッと言える人は

穏やかな人の中にもいますから

若い子の言う通り

本当にそうなら大丈夫かもしれないです。

 

ただ、普段はおおらかなため、

誰の意見でも「やってみよっか?」と

認めてくれる人なので

自己愛性人格障害の上司にも

「いいよ、じゃ、やってくれるかな。」

と普通にいいそうです。

 

Tiaraのチームの30代前半の

とても仕事ができる

一生懸命なイケメンの男の子がいるのですが

最近、よく自己愛性人格障害の上司のそばで

長く話をされています。

 

笑いながら話をしていますが、

その男の子の顔が

なんとなくひきつっているようにも見えて

大変そうです。

 

 

何を言っているのかはよくわかりませんが、

取り込んで逆らえないように

徐々に洗脳して言っている途中に見えます。

 

その子はTiaraのチームで

平社員の中では将来の出世株だと思います。

 

重要な会議で発言していることも多いので

将来は、

会社で重要な仕事を任せられる立場になりそうですが

この子とTiaraも仲がよく

この子の仕事の手伝いもよくしているので

この子からTiaraに来ないか、少し心配です。

 

Tiaraのチームは6人いて

6人でよく残って夜遅くまで仕事をしているのですが、

自己愛性人格障害の上司の方をチラッと見ると

黙々と1人でパソコンにむかって

仕事をしているのですが

とても怖い顔をしていて顔が真っ赤です。

 

本当は爆発しそうな怒りがあるのに

それを出さないように我慢しているように見えます。

 

それが、9時、10時になってくると

ソワソワして落ち着かなくなり、

Tiaraのところに来てちょっかいを出し始めますから

きっとTiaraがみんなと仲良く仕事をしているのが

嫌なのでしょう。

 

Tiaraも、

自己愛性人格障害の思い通りにはならない、と

この上司を洗脳するつもりで

まったく彼を無視してみんなと一生懸命

仕事をしていましたが、

最近少し、かわいそうになって来ました。

 

とはいえ自己愛性人格障害には

同情するととても恐ろしいことになるのですが、

Tiaraはそれを知っていますので

本当に心を許すことがありません。

 

だったらもう、Tiaraを思い通りにできない、

と思うところまで来たら

できるだけ

みんなとわきあいあいとやっている姿は

見せない方が、

自己愛性人格障害の人の心情的には

楽だと思います。

 

楽だとはいえ、

先天的な怒りを常に抱えていますから

自己愛性人格障害の人が人の活躍や

仲のいいところをみて

穏やかでいられるはずもないのですが、

少しでも楽なように

小声で話して、

極力笑ったりしないで連絡を取り合いながら

できるだけ動きは地味にしていたほうがいいでしょう。

 

その上で、

自己愛性人格障害の人が見ているからと

まだ仕事があるのに帰って

みんながしんどい思いをしたりする必要は

ありませんが、

仕事がある時は残るけど、

その状況に口出しはできないが

できるだけ

自己愛性人格障害の人が

怒りも持たないようにすることが

お互いのためになるでしょう。

 

まだまだこの上司を

コントロールして行く必要がありそうです。

 

ただ、自己愛性人格障害の人は

この人1人ではないので、

そのほかの自己愛性人格障害の人も

できるだけ刺激をしないように

そしてみんなが我慢をしたり、

仕事が一部の人に偏ったりしないように

コントロールして行くことが肝心になります。

 

やはり、仕事のできる人や

この業界で重要なポジションをとって来た人には

その傾向が見られます。

 

若い子に話すと

「ああ、理数系の人に多いタイプだなと思います。」

と言っていました。

 

確かに理数系の人に多いかもしれませんが、

理数系のタイプが

自己愛性人格障害になるというよりは

自分の正解に黙々と浸りやすいので

周りのことを気にしないで済む時間が多いので

自己愛性人格障害の人が少しでも楽な世界なのかも

しれません。

 

専門性の高い職種なので

頭の良い人も多く、有名な人も多いですし、

博士号などを持っている人も多いですが、

確かに少し離れたとこにいたころは

穏やかで本当に優しい人に見えていた人も

近くで仕事をするようになると

気難しそうに1日中パソコンの前で

なんとなくイライラした雰囲気を出しながら

仕事をしていたりします。

 

かと思うと、ほかの人がその人に惹きつけられたように

話をしていてしかもその人たちの顔が笑いながらも

苦しそうにみえます。

 

もしかしたら、

そういった人たちも

自己愛性人格障害なのかもしれないな

と思うようになりました。

 

何気なく仕事をしていたり、

会話をしていたりすると

とんでもないことになります。

 

まだ、自己愛性人格障害の恐ろしさに

気づいていないのです。

 

ですが、彼らも苦しく、

そしてトラブルが起きることも

自分でも知っていると思いますので

苦しそうに

今にも出そうになる大きな怒りを

我慢をしているのです。

自己愛性人格障害の人との距離の取り方

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人との距離の取り方

についてお話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人とは

あまり近づき過ぎると

どんなに関係性がよく見えても

途中で修羅場を迎えてしまいます。

 

しかも

あなたがなにもしていないとしても

自己愛性人格障害の人は

自分がしたこともすべて

あなたに責任を押し付けてくるので

あなたが悪者になり

あなたの罪悪感を攻撃します。

 

常に責任を取ることから逃げていますので

本当に小さなことも

すべてあなたの責任にされています。

 

例えばそれが、

どんなに小さなことだとしても

あなたの優しさや寛大さから許していると

常にあなたが悪いことにされていますので

周りの人から見ると

あなたが知らない間にどんどん

あなたの印象が悪くなってしまいます。

 

この時、自己愛性人格障害の人は

なにもあなたを悪者にしようと

考えているわけではありません。

 

ただ、どんなに小さなことも

自分のせいにされることに

その生い立ちが原因で

大袈裟なほど、

極度に恐怖心を持っていますので

例えばあなたと喧嘩をした時も

あなたの方に彼を怒らせる理由があったから

喧嘩になってしまった、

とか言われてしまいます。

 

例えばあなたが

身に覚えのないことで

責められていたのだとしても

「生理中だったからイライラしていたんだね。

俺もそれはわかるんだけどね。。」

と悪びれることなく言ってしまえるので

周りの人どころかあなた自身までも

気付かないことがあるのです。

 

これは、同じ経験が

Tiaraにもあるのでわかるのですが

他愛もない話で

どちらかというと穏やかな感じで

普通に話している時に

「Tiara生理?

今、生理?」

と慌てたように聞かれたことがあって

頭のなかでは

(あれ?今、私

怒っているような感じで話したっけ?)と

おかしいなと思いつつも

その時は本当に生理中だったので

「うん?そうだけど?」

というと

「あ。。そうか。。。

だったらいいんだけど。。。」と

ホッとしたように言われ

違和感を感じたことがあります。

 

 

しかも

優しい彼の方が

生理のイライラを理解してくれている、

というように

自分の印象をよくしておきながら

あなたの方に

理不尽に彼にあたっているというような

印象を持たせるような話を

とてもうまくしているので

あなたの評判は落ちるとともに

彼の方はどんどん好印象になっていきます。

 

 

あなたの方からすれば

まさか自分が

彼が自分の印象を落とすような話を

わざわざしているとは思いもしないでしょう。

 

あなたのことを大好きな彼が

彼自身がイライラしていたことを

そんなふうに真逆に話しているとは

夢にも思っていないので

気づかないと思います。

 

あなたが彼と付き合っている以上

彼があなたのことを思っていてくれている

と思っているので

わざわざ自分の評判を落として

彼自身が自分をよく見せている

とは到底気づきません。

 

 

そして

どんなにひどいことをしていたとしても

温和で物分かりのいい雰囲気を

崩すことはないので

あまりに上手に話す彼が

そんなひどい人間には思えない人たちも

大勢みえると思います。

 

だからもしあなたの彼が

自己愛性人格障害だと気付いたなら

少しも油断をしては決してなりません。

 

少しでもあなたに

彼を理解してあげるような素振りが見えたり

自分の方が多少我慢しても

彼を分かってあげようという気持ちがあるのなら

今頃は潰されてその場にいないでしょう。

 

かといって自己愛性人格障害の人も

あなたを潰そうとしているというよりは

自分の身を守ることに必死なため

自分でも気付かないうちに

してしまうのです。

 

こういった自己愛性人格障害の特徴から

Tiaraは普段から

普通の人たちとは

普通にコミニュケーションを取りますが

自己愛性人格障害の人とは

どんなにいい人に見えたとしても

どんなに親切にされたとしても

距離を置くようにしています。

 

自己愛性人格障害の元彼と

4年半も真剣にお付き合いをしていたので

自己愛性人格障害の人が嫌い、

というわけではありません。

 

むしろ気になってしまったり

自己愛性人格障害の人が

できるだけひどい状況にならないように

こちらも気遣いをしていたりもするのですが

自己愛性人格障害の人には

絶対にそれを見せないようにしています。

 

そして気づかれないように

できるだけ周りの人が

自己愛性人格障害の人に

評判を落とされないよう

自己愛性人格障害の人に

周りの人の欠点もわからないようにしながら

話したり、話さなかったりしています。

 

そうすると、それはそれで

自己愛性人格障害の人は不安になるようで

向こうからTiaraに近づいてきて

ご機嫌をとってきたり

様子を伺ってきたりします。

 

これは

自己愛性人格障害の人を知らない人が見ると

好意があるように

勘違いしてしまうと思います。

 

Tiaraも

自己愛性人格障害という病気を

知らなかったら

勘違いしていたかもしれません。

 

 

現在

Tiaraのそばにいる自己愛性人格障害の上司も

知らなければ本当に素敵な人ですが、

以前、同じ部署だった彼が

職場を移動する前に

Tiaraに対してしていた惹きつけ行為や

それが通じないとなると

必死になっていたことは忘れてはいません。

 

彼が転勤する前の最後の日には

惹きつけられなくて焦っていたのか

普段出したこともないような低い声で

凄んで来たことを覚えています。

 

普段のこの上司の声は

いかにも優しそうで

甘い声をしているのですが、

似合わない、ヤクザかヤンキーばりの声を出して

意味のわからないことで脅してきた時は

怖かったことは怖かったですが

本質を知っているので結構ドン引きするレベルで

がっかりしたことをはっきりと覚えています。

 

今、久しぶりに会ってみて

より確実に彼の自己愛性人格障害の特徴が

確信できます。

 

新しい部署でまた上司になったのですが、

Tiaraと一緒に部署移動をするメンバーで

新たなプロジェクトの説明があったのですが、

「これで説明を終わりますが、

Tiaraさんだけ後から残ってね!」と

突然言われ、なにをいうつもりなのかと

思いましたが、

焦ったり、怖がったりすると

自己愛性人格障害の人には

自分よりも下だと判断されてしまったり

簡単にごまかせると思われてしまったり

(以前脅されたことは

たまたま機嫌が悪かっただけかな?

と思わせることができたと思われたり)

運がわるいとターゲットにされてしまうので

「あ、はい。」と真顔で普通に返事をしました。

 

 

そのあとなにをいうつもりなんだろ?

と相手の腕をどれくらいか見るつもりでまっていると

もちろん

個人的になにをいうか考えてもいなかったようで

全員関係のある話を

「さっきTiaraさんに残ってといった話は

この話だよ』と

突然焦ったように

冗談ぽくニコッとした可愛らしい笑顔で

言われました。

 

みんな、多少は(あれ?)と思ったと思いますが

そのメンバーは全員優しい人達なので

ちょっとしたことは突っ込まず

普通に流してくれました。

 

もちろんTiaraも気づいていないふりをして

普通に流しました。

 

こういったことは

自己愛性人格障害の人を相手にしていると

よくある話です。

 

ちょっと不自然だな?

と思う話があった時は

自己愛性人格障害の特徴と

照らし合わせてみると

あなたもなんとなく

判断できるようになるでしょう。

 

彼と再会して1ヶ月ほど経ちますが、

相変わらず周りの人を惹きつけてよく

温和な感じで談笑していることがところを見かけます。

 

知らなかったらTiaraも

落ち着いた感じの素敵な人だな?

と思ったかもしれませんが

あまりにも元彼の症状と似ていますので

彼を自己愛性人格障害だと判断できたのは

彼と一言言葉を交わしたあと、すぐに

もしかして

と判断しました。

 

ここ1ヶ月も今まで離れていたTiaraから

惹きつけられていくことがなかったので

自分が最後に脅したことで

Tiaraがどう思っているのか

気にしている素振りがよく見られます。

 

 

あれだけ自信たっぷりで

前の部署の時は

毎回くっついてきて惹きつけ行為や

いろいろなことを

Tiaraに根掘り葉掘り聞いていた上司が

今回の部署異動では

Tiaraにはなかなか近づいてきません。

 

ですが常にTiaraを目線でチェックしていて

スキを見ては近づいてきて

何かと話しかけてきます。

 

初めは耳まで真っ赤で目は充血し

自分から話しかけてきていながら

どこかTiaraを怖がっているような素振りが見られたり

Tiaraが普通に返してくれるか

見ているような気がします。

 

もちろん極力自然を装っていますが

常に一線引いているような距離感を保ち、

必要以上に話が長くならないように

途中でバシッと区切って話を終わらせます。

 

おそらくこの上司は

今までモテてきていると思いますし、

自分に惹きつけられない人の方が

めずらしいと思っていると思いますので

どうしようという焦りが内心にあるのが見えます。

 

ここで本当に許してしまうと惹きつけられたり

逆にターゲットにされてことあるごとに

揚げ足を取られることになりますので

めんどくさいので、できるだけそばには寄りません。

 

 

代わりに今の部署で

Tiaraが周りの人たちとうまくいっているのをみると

ものすごくチェックしていて

Tiaraのそばを何度も通ります。

 

みんなまだ

この上司の本性を知らないようなので

普通にTiaraに話しかけてくる人も大勢見えて

この前何度も不自然にTiaraのそばを通るので

何気なくどんな顔をしているのかチェックしたら

恐ろしく睨みつけている顔を目撃しました。

 

 

Tiaraが、まったくこの上司を気にしていない様子に

相当腹が立っているようですし、

かといってTiaraには自分の正体がバレているかも?

という恐怖におののいているようですので

Tiaraの周りの男の子たちに

怒りが向いているのが分かります。

 

まずいと思い、よく一緒に組んでいる男の子には

チラッと気をつけたほうがいい、

とアドバイスしたのですが、その時に限り、

いつもはそこにはいないはずの

自己愛性人格障害の上司が

たまたま会議できていたのか

Tiaraたちのすぐ後ろにいたようです。

 

まずいと思いましたがそれも顔に出さなければ

自己愛性人格障害は理解することができませんので

何食わぬ顔で普通にしていたら

一旦は

Tiaraの目を見て確かめ行為のようなことを

したのですが

そこで普通になに?と見返したら

そこから顔が怖がっていて

耳まで真っ赤になり

そのあとしばらくまた

Tiaraには近づいて来れませんでした。

 

いちお今回のこの移動の話は

この上司からの引き抜きでこちらの部署にきていますし、

普通にお礼を言って

「またよろしくお願いします。」とも言ったのですが

必要以上に近づきすぎないように気をつけています。

 

このようにしているほうが、

たまに惹きつけ行為もあったりして

Tiaraの気を引こうと優しくしてくるのですが

話は半分聞き流しています。

 

自己愛性人格障害の話はまともには聞きませんし、

かといって無愛想にすることもありません。

 

この上司が他の人を責めているところも

何度か目撃しているので

この上司が激化しないように

Tiaraがコントロールしていくつもりです。

 

自己愛性人格障害の人が

他の人にも激化しないように

コントロールするには、

誰かがターゲットになりやられている時の

周りの反応の仕方にも関係してくるのです。

自己愛性人格障害の人はあなたに本当に優しくしているのか?

新年あけましておめでとうございます♡

今年も訳のわからないことで

悩み苦しんでいるあなたへ

一つ一つ紐を解いて

あなたが楽に生きられる未来へと

導いていきたいと思います。

 

辛い時はいつでも

Tiaraのサイトをご覧いただき

あなたが少しでも楽になれる方法を

いろいろUPしていきたいと思いますので

よろしくお願いします♡

 

あなたにとって2020年はどんな年でしたか?

 

少しでもあなたが今までの謎が解けて

楽に生きられるようになりましたか?

 

自己愛性人格障害の被害にあった方は

元々のあなたに戻るまでに

数年かかると言われています。

 

Tiaraも元のような感覚に戻るまでに

3年半かかっていています。

 

自己愛性人格障害の元彼と別れようと思った頃には

もう、自己愛性人格障害について

本当に詳しくなってはいたのですが、

それでも

心の感覚はすぐに方向転換することができず、

知識上は、この人は

自分を究極まで追い詰める人なんだと

わかってはいても

心の奥底では

彼と離れることへの辛さは相当なもので

付き合っていた4年半ほとんどの間、

TiaraやTiaraの家族に対して

優しさをかけてくれていたと思ってしまっていたので

それを信じたいとは思いながらも

これは自己愛性人格障害の

自分をよく見せていなければ

周りから拒否されるという恐怖心から

来たものなんだということが

はっきりとわかってしまっていました。

 

彼の不自然な行動の数々を思い浮かべると

すべてつじつまが合ってしまう怖さから

このままでは自分がダメになる、と

自分に言い聞かせながら

結構頑張って離れた記憶があります。

 

そして、数年間と言うかなり長い間、

感動するような映画や恋愛映画、

心理的に怖い映画など

元々は好きだった心が震えるような感動するものは

見られなくなっていました。

 

以前はそれが嬉しかったり、

感動で胸が震える心地良い刺激だったのに

本気で人を信用したり、愛情を持ってしまったりして、

また同じような目にあうと

恐ろしいショックを受けてしまうのが怖くなり

心を寄せることができなくなっていたのでした。

 

スカッとするような女の子が強い映画や、

敵の目を盗んで、情報を手にいれるスパイもの、

アクションやお笑いは見れても

熱烈な恋愛ドラマや、

見ていてかわいそうになってしまうような

人が傷つくような感動もの、

主人公が辛い思いをするようなもの

または、感動的な音楽などは

あまりの胸の苦しさに

怖くて見られなくなってしまいました。

 

あれから3年以上経った今なら

もう恋愛映画を楽しめるようになったのですが、

ついこの間までは

あんなにも

人をすぐに信用してしまっていたTiaraが

他人を信じることが怖くなり、

あっさりとさっぱりとした付き合いしか

できなくなっていました。

 

もちろん周りの人が

自己愛性人格障害の人ばかりではないことも

わかっていましたが、

もし仮に好きになったり、感動したり、

本当に信用してしまうと共感力がとても強いので

心がそちらに行ってしまうと

またその人が

自己愛性人格障害の人だったりして

裏切られたりすると

強烈に傷つくので、傷つくショックが

とても大きくなっていたために

付かず離れずの関係しか作れなくなっていました。

 

ですが、徐々に自己愛性人格障害の人と

普通の人の区別がつくようになってきましたので

普通の人とは

普通にコミニュケーションをとっても

大丈夫だということがわかるようになり、

今までTiaraが

仲良くならなかったタイプの人たちこそが

本当に信じて心を寄せてもいい人だということが

わかるようになり、

徐々に、自己愛性人格障害の人とは距離を置き

普通の人とは

普通に接することができるようになりました。

 

はっきりと、

どういったタイプの人間となら

仲良くできるということがわかったからです。

 

以前のように誰彼構わず

いいひとを演じることはなくなりましたし

むしろ、信じていい人にしか

本当の自分は見せていません。

 

 

あなたの彼や旦那様

または職場や学校などでモラハラに遭ってきた人も

少しづつ考え方を変える事で

あなたも楽になり、そして相手の人からも

だんだんとモラハラをされにくくなってきますので

Tiaraのブログを参考にしてみてくださいね。

 

自己愛性人格障害の人は

考え方を変えることができません。

 

自己愛性人格障害の人、本人も

モラハラ的な考え方をしないと

生きていけないと思っているので

好きでしている事ではなく

その人自身がモラハラに支配されている状態なのです。

 

自己愛性人格障害の人は

幼い頃に周りの環境から

ありのままの自分では

認めてもらえない状況下で育っているので

有能で特別な人間でないと

世間から受け入れられないと

思い込んでいます。

 

本当はそんなことはないのですが、

おそらく、自己愛性人格障害の人の両親や

育てられたごく身近な人から

まったく受け入れて貰えなかった過去があるため

本人にその記憶があるかないかは別として

尊大な自分を演じ続けてしまいます。

 

そうでないと自分が周りの人から

受け入れて貰えないと

異常に思い続けているのです。

 

そのために、尊大な自分や有能な自分、

または優しい自分や親切な自分を

異常なまでに演じ続けてしまいます。

 

その状態は本人もとても辛いのですが、

尊大な自分を演じ続けていて

周りにそれを信じている人たちがいると

異常に安心します。

 

そして、同時に惨めな存在を作ることで

自分を信じた人たちを惹きつけている時

その惨めな存在を見て高揚します。

 

現実には、

勝手に安心できない異常な恐怖を

抱えているのですが

自分よりも惨めな存在を

眺めることで安心するので

その状態を作り出すために

常に自分の身近にいる

惨めな存在を作り続けなければ

生きていけないのです。

 

だから、自己愛性人格障害の人に

どうしても潰されてしまう人が

あとをたたないわけですが、

あまりにも

過酷な状態を作り続ける自己愛性人格障害の人に

耐えられなくなって

ターゲットが逃げ出すと

せっかく長期に渡り、

その人が落ちぶれた存在だと、

周りの人にも、その本人にも

思い込ませてきた大事なターゲットに逃げられると、

また惨めに思われるターゲットをつくらないと

自分が周りから拒否されてしまうと

異常な恐怖心を持ってしまいます。

 

その状況に耐えられないので、

また無理をして

そんな存在をつくなければならないので

ターゲットに逃げられることは

自己愛性人確証障害の人にとって

ものすごく辛いことなのです。

 

だからどうしてもモラハラをしないと

生きていけないので

モラハラ的な考え方に

自己愛性人格障害の人自身が

支配されているといえます。

 

だからやめることができないのです。

そんな状況に追い込まれているので

自己愛性人格障害の人にやめてと言っても

聞き入れてもらえないでしょう。

 

ではどうするのかというと

自己愛性人格障害の人は変えられないので

あなたが自己愛性人格障害の人がモラハラを

やりづらい人だと思われる必要があります。

 

自己愛性人格障害の人は

自分には価値がないと

思い込んでいるその環境から

逃げ出すことができないのですが

被害者の方はその考え方から

抜け出ることができます。

 

あなたは信じられないかもしれませんが

被害者の方が自己愛性人格障害の人よりも

精神力はつよいのです。

 

もしあなたが被害者だったとするなら

あなたが相手の言うことを

全面的に認めていて

自分で判断できなくなっていただけなので

あなた自身の気持ちもいえるといいと思います。

 

本当にあなたが悪いのか

よく考えてみることが重要です。

 

そして感じたままを

覚えておいてあなたが嫌な思いをしたかどうか

あなたの心に聞いてみることで

本当のことがわかるようになるでしょう。

 

 

自己愛性人格障害の人が被害者を責め立てる3つの理由

こんにちは♡

早いもので

もう年末に入ってしまいましたね。

 

Tiaraにとって、今年も例年のごとく

激動の一年となりましたが、

あなたはいかがお過ごしでしょうか?

 

半年間、仕事の都合で

ブログをお休みさせていただいて

おりましたが、

再開しても、仕事の都合上

以前よりUPする回数も減ってしまい

コロナもあり、Tiaraコミニュティの開催も

なかなかできないので

みなさまとは

かなりご無沙汰になってしまいました。

 

来年こそは、本格的に

オンラインコミュニティを

開催させていただこうと

今、プランをいろいろ考えておりますので

楽しみに待っててくださいね!

 

相変わらず、

自己愛性人格障害の被害に

遭われている方も

もう卒業して

たのしい日々を送っている方にも

自己愛性人格障害のことが

理解できるようになり

そして、あなたが

人生を楽しんで生きていけるものに

していきたいので

来年もよろしくお願いします。

 

Tiaraの今年はといいますと

もうずいぶん

自分の自由を楽しめるようになった時間と

大きく変わったのが、

久しぶりに少し

淡い恋心を経験させていただいたのですが、

それでも忙し過ぎるほどの日々を

過ごしておりましたので

お互いになかなかタイミングが合わず

進展しないまま、

離れることとなってしまいました。

Tiaraもなかなか行動ができなかったことと

その人もTiaraがどう思っているのか

わからなかったのでしょうし、

今までの恋愛のように

そんなに簡単にはいかなかったです。

 

相手が自己愛性人格障害の場合は

恋愛の進展が早いことが多いので

普通の人とはなかなか思うように

進まないんだな思っています。

 

ですが、今まで

自己愛性人格障害の元彼のことが

いい意味でも悪い意味でも

忘れられず、どうしても

他の人に気がいかなかったので

Tiaraにとっては、

とても大きな進歩となりました。

 

まったく会わないわけではないので、

部署を離れてしまうけれど、

偶然に通勤途中で会うこともないとは

いえませんので

またどこかで会ったら

楽しくお話しできるといいなとは

思っています。

 

さて、今日は、

自己愛性人格障害の人が

どうして被害者を責め立てるのか

についてお話をしたいと思います。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れる人の

お話しを聞いていますと

喧嘩になるような原因もないのに

突然彼から責め立てられる、

というシーンが毎回出てきます。

 

これによって被害者は、

自分が

どうして責め立てられているのか分からず

それを一生懸命説明しようとすればするほど

なぜか、被害者の方が悪者になります。

 

これによって被害者が苦しむわけですが、

必ずしも自己愛性人格障害の人が

被害者の人にキレている

というわけではありません。

 

本当は怒る必要のない

なんでも無い会話からでも

相手を悪者にして

責め立てるということをするわけですが、

毎回聞いていて思うことですが

これは被害者が自己愛性人格障害の人に対して

何かしたから怒られている、

というわけではありません。

 

自己愛性人格障害の人は幼いころに

とてもつらい思いをして過ごしていることが

ほとんどなので、

そのあまりにも辛い環境から

共感力を無くすことで

その辛さから逃れて生きてきました。

 

そのため、

普通の人が当たり前にわかる感情に対して

自分だけがまったくわからないので

大きな不安を抱えて生きていますし

それが周りの人に知られることを

恐れています。

 

自分が有能な人物だと思われていないと

自分には価値がないことがバレてしまうので

世間から干されてしまうと勝手に

恐怖心をいだいています。

 

本当はそんなことはないのですが、

自尊心が著しくかけているために

価値のない自分を

恥ずかしいと思ってしまっているのです。

 

だからそれを誤魔化すために

あなたを意味のないことで責め立て

あなたにはもちろん

理由がわからないのですが

わからないあなたが悪いと

分からないことにも責め立てるので

あなたには

自分が何をして彼を怒らせているのか

分からないと思います。

 

何も分からない状態で

何度も何度も責め立てられると

あなたはやがて自尊心を無くしていきます。

 

モラハラ環境下にあなたがずっと居続けると

あなたが逃げていかないために

自己愛性人格障害の人は

ずっとあなたを責め立てることができるし

その責任はあなたの方にあるという形で

あなたを追い詰めていきますので

堂々とあなたを責め立てることができます。

 

自分の方が上だと

常に確認していなければ生きていけないので

被害者に逃げられると、

また新しいターゲットを

探さなくてはならないのですが

あなたは逃げていかないので

安心して責め立てることができ、

少しだけスッキリできます。

 

そんな自己愛人格障害のひとが、

自分の自尊心を保つために

他人を見下す行為は、

職場の中でするモラハラと

恋人同士の間でするモラハラでは

自己愛性人格障害の人が

やらなければいけないことが

若干変わってきます。

 

 

自己愛性人格障害の人が

例えば彼だったり

旦那様だったりした場合は

周りに聞いている人のいないところで

あなたを責めることができるので

安心して

あなたに感情をぶつけて

スッキリすることができます。

 

 

ですが、もしこれが部下や同僚など

会社や仕事の場で

行う場合は

周りにも人がいるので

その人たちからみて

あなたを責める理由が周りの人から見ても

おかしくないように

しなければなりませんので、

夫婦や恋人どおしのように二人きりの環境より

考えなければなりません。

 

そのために

あなたが常日頃から

責められてもおかしくない

周りに迷惑をかける人物だとか

ミスを犯しやすい人だとか、

イライラさせられる人物だとか

思われている必要があります。

 

そのために、何もない時からこじつけで、

あなたに言いがかりをつけていることが

よくあるでしょう。

 

それは、自己愛性人格障害のひとが

自分の怒りをぶつける時の下準備で

何もない時から常に行っています。

 

あなたが普段、理不尽だと感じる行動は

この心理からきています。

 

この行動を、

自己愛人格障害のひとは

普段、意識することなく

しているのです。

 

自己愛人格障害のひとは

幼い頃からモラハラをすることでしか

生きられない体質になっていますので

悪気なく、やっていて

あなたを苦しめるためにしている、

というよりは

自分を守るためにしているのです。

自己愛性人格障害の人にとって、取り巻きの人たちとはあなたを傷つけるための道具でしかない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人に

取り込まれた人たちについて

お話ししようと思います。

 

自己愛性人格障害の人と

とても仲良くしているように

見える人たちがいると

思うのですが、

その周りにいる人たちも

周りから見ると

とてもよく見えると思うのですが

決してそうではありません。

 

Tiaraは恋愛から

自己愛性人格障害の人と出会っているので

本当にわからなかったのですが、

同性でも、自己愛性人格障害の人に

ものすごく惹きつけられていると思います。

 

とても頭が良く有能だったり

仕事ができるように見えたり

自分が辛い時に寄り添ってうんうん、

と話を聞いてくれる優しい自己愛性人格障害に

自分にとって大事な存在!と

被害者が依存してしまっている場合も

あります。

 

ここでは、もう言うまでもなく

メインは相手を癒すことではなく

自分の優しさを魅力として相手に見せることで

とても優しい人、

と被害者を依存させるためにしている

だけなのですが

被害者も自分の感情メインでしか

物事を普通は捉えられないので

自己愛性人格障害の場合はあくまでも

自分がよく見えることメインでしか

物事を考えられません。

 

だからファンもつきやすく、

本当にずっとそのまま相手のことを

いたわってくれているだけで

いてくれればいいのですが、

自己愛性人格障害の人は自分を信じた人に

どうしても攻撃をしてしまい、

安心して自分の中の怒りを

ぶつけることができるので

自己愛性人格障害の人の

才能にも優しさにも

依存しないほうがいいです。

 

有能な自己愛性人格障害の人の場合は

自己愛性人格障害の人と一緒にいると

そのうちに自分も仕事ができるようになると

思ってしまうのですが

自己愛性人格障害の人は

自分が人よりも突き抜けている状態でないと

我慢できないので、

初めの頃はやさしく

丁寧に教えてくれたとしても

時間とともにやがて教えなくなります。

 

教えなくなるどころか、

積極的に情報を隠すようになるので

自己愛性人格障害の被害者は

だんだんいろいろなことがわからなくなり

不安になります。

しかも自分にだけ情報が入ってこない気がして

不安になるのですが、

それは、あなたが自己愛性人格障害の人を

心から信用してしまったからです。

 

初めは分からないし、

自己愛性人格障害の人は

常に尊大な自分を見せつけていないと

気が済まないので

極端に優しかったり、親切だったり、

有能だったりして、

そして自分のそんなところを

極端に良く見せることにこだわっているので

普通の人よりも素敵に見えたりするので

それは仕方のないことなのかもしれません。

 

よく、

最初から

自己愛性人格障害を見抜く方法はありますか?

と聞かれることがあるのですが、

1週間も一緒にいれば

大体の匂いを嗅ぎつける事は多いです。

 

早い場合は、

会ってすぐにわかる場合もあります。

 

まず、近づき方や、親切の度合いに

特徴があります。

 

すっと自然に

心に入り込んでくるようなところや

すぐにそばまで入り込んでくるところなど

今考えたら、明らかに不自然です。

 

誘うこともとても得意で

断るほうが不自然なほど、自然に

相手をYesといわせることができます。

 

あと、親切の度合いが極端によすぎるときや

そこまでする?というほど

他人に親切にしようとする一面が見えた場合

Tiaraはまず自己愛性人格障害を疑います。

 

それで違う場合も

そうである場合もあるのですが

本当のことは

半年ほど経ってから気づくのです。

 

自己愛性人格障害をよく知っている人も

初めはTiaraが

自己愛性人格障害かもしれないと疑って

自分を見せてこないことがあります。

 

少し冷たかったり、

極端に自分を出さない人もいますが

もし、自己愛性人格障害でない場合は

段々と少しづつ柔らかくなっていきます。

 

周りの人たちとだんだんと自然に

心の内を素直に話してきて

打ち解けてくるので

いきなり親切にしようとしたり

自分を知ってもらおうと

押し付けてきたりしません。

 

この場合、出会ってすぐの頃の印象としては

自己愛性人格障害の人の方が

普通の人よりも

印象は良いことがほとんどです。

 

そこで意気投合してしまい、

自己愛性人格障害の人に懐いてしまうと

徐々に態度が変わっていき

気付くとあなただけが情報を隠されていたり

まともに相手にしてもらえないことに

気づきます。

 

そこで、自己愛性人格障害の人に

気に入られようと

話しかけたり、自分から挨拶をしたり

何か悪いことをしてしまったんじゃないかと

気にしだしたりする人を

自己愛性人格障害の人はよく

取り巻きにするか

ターゲットにするかのどちらかを

無意識のうちに選びだします。

 

あなたがご機嫌を取ることで

自己愛性人格障害の人が

機嫌をなおすとほっとして

安心してまた付き合ってしまうと

そこでターゲット認識されてしまいます。

 

いったん、

この子はターゲットだ

と判断されてしまうと

その周りにいる人を取り巻きにすることで

誰にもきづかれずに

あなたを傷つけることができます。

 

あなたに、直接攻撃せずとも

あなた以外の周りの人に

極端に親切にすることで

あなたの承認欲求を傷つけていきます。

 

承認欲求とは人間なら

誰でももっているもので自然なものなのです。

 

あなたが承認欲求が強いタイプだとは

思いません。

 

むしろ被害者体質の人は自分よりも

他人を優先する傾向にあり、

承認欲求は強い方ではありません。

 

ところが

そんな承認欲求が強いタイプではない人も

自己愛性人格障害の人の

ターゲットになってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人にとって

取り巻きの存在とは

あなたを傷つけると同時に

取り巻きたちを魅了し、

取り巻きたちから尊敬されることで

自分の自尊心を上げます。

 

そしてさらに

あなたを傷つけるための道具に使い、

自分がひどいことをしていることを

隠すことができるので

いくら親切にしても損をする、

ということがありません。

 

だから取り巻きには

極端に優しくするのです。

 

むしろ、取り巻きを夢中にさせたり、

取り巻きに親切にしているところを

周りの人にもみられたりすると

「あの人はいい人だよね」と

自分のこと評判も上がり

そうすることによって疑われにくくなるので

コスパがいいのです。

だから親切にされている取り巻きたちは

自己愛性人格障害の人を

悪い人だと思うことはないかもしれません。

 

それを見ることで

あなたは辛いかもしれませんが、

自己愛性人格障害の人に

あなたの辛そうな表情を見せると

自己愛性人格障害の人は

それをみて自尊心を上げ、

高揚して気分が良くなるので

あなたのその

辛そうな顔を見るのが癖になってしまい

さらにあなたを傷つけるために

取り巻きの人と仲良くしているところや

魅力的な部分を見せてくるので

あなたに指1本触れることなく

あなたを苦しめることが出来るのです。

 

だから、あなたは、

自己愛性人格障害の人が

取り巻きの人たちと仲良くしているところや

優しくしているところを見て

傷ついてはいけません。

 

傷ついているところや悲しんでいるところを

全く見せず、

どうでも良い、という態度をとっていたり、

または自己愛性人格障害の人には目もくれず

他の人と楽しそうにしていたり

あなたが何かに夢中になっているところを

見せるようにすると

今度は自己愛性人格障害の人が辛くなります。

 

自己愛性人格障害の人は

自分のほうが上だと思うことによってしか

生きられず、

あなたを下に見ようとすべてを

馬鹿にしてきますので

そこで一旦は激おこで

そのあとは、

自己愛性人格障害の人に対して呆れ、

そしてさらに

自己愛性人格障害の人はもうどうでもいいと

他の人と夢中になっているところを

立て続けに見せ続けると

自己愛性人格障害の人の方が

あなたよりも早く、極端に傷つきます。

 

もしかしたらムキになって

さらに取り巻きたちと楽しそうに

振る舞うかもしれないのですが

絶対に傷ついているところを

見せないで下さい。

 

それでもさらに

あなたも楽しいことに

夢中になっているように見せかけて

自己愛性人格障害の人に対しては

全く興味がないようにしていると

自己愛性人格障害の人は

やっている意味がなくなってくるのです。

 

だから

理不尽な思いに悔しい思いをして

怒っているところや涙ぐんでいるところも

見せてはいけません。

 

見せると高揚してさらに仕掛けてくるのです。

 

ただ、見せるなら周りに人がいる状態で

あえて見せる作戦に出るなら少し辛いですが

あなたが何度も苦しんでいるところを

大袈裟に見せていると

やがて、おかしいと気づき始める人も

出始めます。

 

また、あなたが心を許せる人がいるならば

その人に自己愛性人格障害の人に

周りにわからないように意地悪をされている、

と前もっていっておくという手も

あるでしょう。

 

そして、その上でその人が

あなたが苦しんでいるところを

何度も見掛けたなら、

初めは「そんなことはしていないって。」とか

「勘違いじゃない?」と言ったとしても

だんだん、信じてくれるようになります。

 

とにかく我慢して自分だけが

傷ついていくような

自己愛性人格障害の人と仲良くしたい

という願望だけは

持たないようにしてください。

自己愛性人格障害の人は被害者をなかなか離さない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

忘れた頃にまた現われる

というお話をしたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

一生懸命育ててきた被害者に

逃げられることがよくあります。

 

自己愛性人格障害の人は

第一印象が非常に良いことが多く

異性だった場合、

その魅力に惹かれ、

恋に落ちることがよくあります。

 

自己愛性人格障害の人は

その一瞬を決して見逃さず

恋愛がスタートするのですが

自己愛性人格障害の人は共感力がないため

表面にでた相手の態度や表情でしか

相手を見抜くことができません。

 

そのために尊大な自分をアピールしながら

それを信じた人を見ていくのですが

自分を信じた人には

素敵な自分を演じたり

優しくしたり親切にしたりして虜にします。

 

初めの頃は、今まで経験したことがないほど

ドラマチックで素敵な日々を過ごすのですが

たまに違和感を感じる行動を感じるようになり、

そこであなたが許してしまうと

だんだんとひどくなっていき

限界がありません。

 

ただ、そのスピードはゆるく

あなたが人を信じる

素直な性格であればあるほど

気づかないことが多くあります。

 

ちょっとしたことだと思ってしまったり

あのときは機嫌が悪かったんだ、と

相手を理解してしようとしてしまったり

(悪いことではないのですが)

自分にも悪いところがあったからと

あなたが自分を責め出してしまうところを

彼に見せしてしまうと

自己愛性人格障害の人はそれを利用して

自分が悪くない方向に

持ち込むことがとても上手いです。

 

自己愛性人格障害という病気は

自覚できないことも特徴の1つなので

どんどんあなたが悪いと思い込み出します。

 

そしてあなたが悪いから

自分の機嫌が悪いのはあなたのせいなんだと

本気で思い込んでしまうし

また

あなた自身も

自分が悪いと思い込んでしまうので

あなたが罪悪感を感じて

苦しくなってしまいます。

 

ほんとうは自己愛性人格障害の人は

幼いころの経験により

自分の心を守るために

自尊心を必死で保つために

周りの人間が悪いと思い込み

自分を正当化することで

楽に相手に酷いことをしてしまいます。



そのため、気づいた時には

とてもひどい状態になっているので

被害者は好きな気持ちを捨てきれないままに

理不尽な想いを繰り返し

やがて彼がおかしいとやっと気づくのです。

 

ただ、気づいた時には

本当にひどい状況になっていることが多く

被害者も逃げたくても

逃げられない状況になっていることが

多くあります。

 

ただ、その中で

逃げられることもあるのですが、

もう2度と会う事はないのかもしれない、

思っているとふと戻ってきたり

普通に連絡が来て

また縁が復活することもよくあるのです。

 

 

Tiaraは自己愛性人格障害の彼とは

事情があって、

まず会うことはないと思うし、

もし万が一きたとしても

全く相手にするつもりもないのですが

会社の上司には

Tiaraの転勤が

その上司の部署に決まってしまいましたので

もう一度お世話になることに

なってしまいました。

 

ですが、ここまで色々な

自己愛性人格障害の人の相談をして受けて

いろんなパターンの自己愛性人格障害の例も

知っていますし、

その都度対応をしてきているので

なんとかできるのではないかと

おもっています。

 

ただ、こればかりは

やってみないとわからないですし、

その人それぞれに症状の出方も

パターンも変わってきます。

 

Tiaraもその上司の惹きつけ行為も

尊大な自分の見せ方も

Tiaraに対する感情も

ある程度はわかっていますので

どう出るかある程度は予測しています。

 

最近久しぶりにメールが来たので

「また移動することになりましたので

よろしくお願いします。」と当たり障りなく

メールをしたのですが

早速親切でこまかなところまで

丁寧な対応をしてくださいました。

 

それも自分をよく見せるための

彼のやり方だとわかっていますが

今後のTiraの対応によっては

被害に遭うこともあるでしょうし、

惹きつけ好意があることは

予測しています。

とても素敵な方ですし、語学も堪能で

魅力もあり、

フェミニンで優しそうなルックス、

でも怒るととても怖くて

理不尽な言いがかりをつけてくることが

簡単に予想されますので

気を抜くつもりは一切ありません。

 

 

ただ、うまくやれば

Tiaraも仕事面でも

いい方向に進むと思いますので

あまり敵対視せず、

距離を保ちながら

上手に付き合っていかなければならないと

思っています。

 

自己愛性人格障害の

被害者になりやすいタイプは

何も考えずに動くと

必ず罠にハマりますので

考えて相手の動きを予想しながら

敵対心を見せず、

相手に魅了されずに

付き合い続けなければなりません。

 

仕事で関わることがなければ

できるだけ

付き合わない方がいいタイプなのですが

仕事で関わる以上は

考えながら対応していかなければなりません。

 

もちろん初めから

ダメだったときの逃げ場所も

考えておかなければ

辛くなりますので

いつでも動ける心づもりでいながら

今の仕事を守りたいと思います。

 

これが好きな人や恋人や

夫婦だと自分も逃げることが辛くなりますが、

会社はいざとなれば嫌ですけど

最終的にはやめればすむことですので

恋人よりかは対応はマシかと思います。

 

けれどどうしても

関わらなければならないときは

いやでも逃げることはできませんので

うまく行動していけるよう

あなたも応援していてくださいね!

 

今の部署も

自己愛性人格障害の女性を

抑え込んでいますので

自己愛を意識しながらも

自分の仕事は

まったく相手に分からないように

進めているので被害は受けません。

 

幸いにも向こうが拒否をしているので

こちらも相手にしなければ

関わらなくて済むのです。

 

いつもTiraの行動をチェックしていることには

気づいていますし、

ですがまったく気にしていない、

という態度でているので

その自己愛性人格障害の女性は

傷ついています。

 

これは何度も言うように

自己愛性人格障害の人は

自分が相手を拒否するのはいいのですが

自分が拒否されることは普通の人以上に

極度に傷つく、という特徴からきています。

 

Tiaraはそれを知っているので

Tiaraを拒否してくれることは

Tiaraも堂々と拒否できるので

とてもありがたい事です。

 

拒否をしているのではなく

彼女が拒否をするので

それを飲んであげている、

と振るまうだけでいいのです。

 

それを言葉にしてはいけません。

言葉にすると

こちらが悪くなってしまうこともありますので

あくまでそういうスタンスで

普通に仕事をするだけで

何も悪く思われず

自己愛性人格障害の人を

避けることができます。

 

なんとか惹きつけようと

自分が重要な仕事に関わっていることを

匂わせたり、

その仕事に

Tiraだけを呼ばないように

情報を隠したりしていますが

関わっている人は

有能な彼女に自分は選ばれている、

と満足しているようですが、

彼女には関わらない方がいいのです。

 

彼女の仕事は

自分を

尊大で有能な人物に見せかけていますので

立派な仕事をしているように見えますが

いつの間にかその話はなくなると

Tiaraは予想しています。

 

ですが今はそんな風には見えませんので

彼女に誘われて

そのプロジェクトに参加している人たちは

彼女に惹きつけられて

「〇〇さん!

今回はこのようないいお話をふっていただき、

ありがとうございます!

こんないいお話はないので

今後ともよろしくお願いします!!」

と満足そうな顔をして

お礼をいっているところをよく見かけますが、

Tiraはまったく知らん顔をして

自分のペースで仕事をしています。

彼女がTiraのほうをチラッとみて

その人に「あーその事?

まあ、よろしくお願いします。」と

クールでハンサムな声をだして

上から目線で余裕を醸し出していますが、

そのプロジェクトに参加したところで

何もいいことはないと

Tiaraは思っているのです。

 

いつの間にかその話が

なくなってしまうこともあると思いますし、

もし仮にいい話だったとしても

その人が活躍する場面はないでしょう。

 

彼は彼女をよく見せるために

使われているだけのコマで

その人が活躍しそうになると

邪魔をされたり悪い評判を

流されたりすることもあると思います。

 

それか責任が重くのしかかってきて

なんともならなくなった時に急に彼女ではなく

その人がやり出したこと、と

都合が悪くなってきてから

立場が変わってしまい、

その人の責任に

なっていることもあるでしょう。

 

とにかく自己愛性人格障害の人に関わったら

どんなによくみえたとしても

気づいてみると

何もなかったことになっているのです。

 

Tiraはこのパターンを何人も見てきているし、

彼女のその仕事の内容も

なんとなく想像はできますが

そんなに大したことではありません。

 

周りの人に聞こえるように大きな声で

すごく難しいけど大事なプロジェクトを

自分が立ち上げて

引っ張ってきているような言い方を

していますが、

それも尊大な自分を大袈裟に

アピールしているだけだと

Tiaraには分かります。

 

 

だから悔しがる必要はないのです。

 

それに自己愛性人格障害に関わると

いいことは全部彼女の手柄にされ

悪いことは

全部相手のせいにされてしまいますので

自己愛性人格障害の人についていって

徳をすることなどないのです。

 

もし有益な仕事がしたかったら

自己愛性人格障害の人の

知らないところで

自分でする方がいいと思います。

 

Tiaraが移動する先の

自己愛性人格障害の上司は

彼女の憧れで

彼のそばで仕事をしたいと

彼女は考えています。

 

そこにTiaraが行くことになった事は

彼女はとても悔しがっていますが

いいことなどないこともTiraは分かっています。

 

Tiaraにとっては

もはや、どちらも同じで

どちらの自己愛性人格障害の対処をするかが

変わるだけです。

 

そして彼女もまた自己愛性人格障害なので

彼の異常性に気づけていないので

有能で素敵な人だと思っているのでしょう。

 

どちらにしてもいい事はありませんが

いまのところ

Tiaraが仕事がやりにくいようなら

こちらで欲しいと

Tiaraの部署の上司に向こうから

言ってきたそうです。

 

これからどうなるかはわかりませんが

その都度対処を行い、

自己愛性人格障害の人が

攻撃出来ないように抑え込んでいくだけです。

 

そのせいで

他に被害が流れることもあるかもしれませんが

そのときはその時で

少しづつ対処をしながら

被害に遭う人を救いながら

自己愛性人格障害の人がしたことを

自己愛の人にそっとお返しをしながら

被害を受ける人が

1人もいなくなるような

社会を目指しましょう。