自己愛性人格障害の人と付き合っていくうちにあなたはどんどん弱っていく

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人に

何度もののしられているうちに

本当に何もできなくなっていく

と言うことについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼に

何度も注意されたり、

ちょっとしたことで

怒られたりしていると

彼のご機嫌を伺うようになっている

自分に、気づいていますか?

はじめは、自己愛性人格障害の人の

心の中にある怒りを

ぶつけられるために

あなたにミスがなくても

こじつけて精神的に

痛めつけられているのですが、

だんだんと

本当にいろんなことができないようになってきます。

 

そして、あなたは

本当に落ちぶれていくのです。

 

不思議かもしれませんが、

はじめはこじつけだったのですが、

だんだんに本当に

彼の言うとおりになっていきます。

 

何度も何度も否定されているうちに、

今できることまで

本当にできないように

なっていきます。

 

そして、

何をするにも怒られるのではないかと

びくびくし、無意識のうちに

本当に思うように

できなくなっていくのです。

 

そして、

1つ1つの動作に

ためらいが出てくるようになります。

 

そうするうちに、

本当にあなたは

いろいろなことができなくなり、

ますます自信をなくしていきます。

 

そしてそのびくびくとした

あなたの自信のなさを見るたびに

自己愛性人格障害の彼は、

どんどん満足していき、

精神的虐待が

どんどん加速していきます。

 

自己愛性人格障害の人は

自分の自尊心を上げるために

人と付き合うので

あなたにどんどん満足していき、

決して手放したくない

大切なもののように、思えてきます。

 

だからどんなに虐待しても

あなたを手放そうとしないのです。

 

そして、あなたが逃げ出そうとすれば

今まで自分の自尊心を

満足させてくれたあなたに

逃げられることが怖いので

極端なしがみつき行為に

出てしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人の自尊心を

満足させてはいけません。

 

そして敵対心も持ってはいけません。

 

不思議なことに会社でも上司が

ご機嫌をとるような人には

怒鳴り付けたり、

ぶちぶちと小言を言っているのを見かけます。

 

そして、全くご機嫌をとらない

冷たい雰囲気の人には、

不思議と上司の方が気を使うのです。

 

冷たい雰囲気の人が

どんなに大きなしっぱいをしても

なにもいいません。

 

それどころかご機嫌をとっているように見えます。

 

でも、ビクビクした人には、

その人がやったわけではなくても、

その人に他の人の不平不満をぶちぶち言うのです。

 

自己愛性人格障害の人と

穏やかな関係を保つために

お互いに興味を持っては

いけません。

 

自己愛性人格障害の人は

自分の自尊心を保つために

そばにいる人をつぶしていないと

自分で自分を

認めることができませんので

あなたができないと言うことを

言い続けます。

 

だからあなたが

悪いわけではないのです。

そしてあなたが

反省すれば反省するほど、

どんどん追い詰めていきます。

 

冷静に考えてみてください。

 

自己愛性人格障害の人に

ののしられても

それは本当のことではありません。

 

それをしないと生きていけないので

どうしてもあなたができないと

言い続けてしまうのです。

 

気にしてはいけません。

 

本当につぶれてしまいます。

 

本当に何もできなくなって

しまわないために

自己愛性人格障害の人の言うことを

真に受けないでください。

 

はじめは難しいかもしれませんが、

少し心に余裕を持って

自己愛性人格障害の人の言うことを

考えてみてください。

 

彼の言うことは本当にそうですか?

 

自己愛性人格障害の人とは

少し距離を持って付き合うほうが

うまく付き合えるのです。

 

 

そうしないと、

見事に何もできなくなって

いくのです。

あなたは自分を大事にしていますか?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

ぜんぜんたいしたことでないことを

まるで重大なことのように言える、

ということについてお話したいと思います。

 

彼が自己愛性人格障害だということに

なんとなく気づいていても

いまいち納得できない人は多いと思います。

 

Tiaraも、彼の行動がおかしいことに

明確に気づいているにもかかわらず、

とても記憶力がよく、

人にものを伝えるときにも

的確に分かりやすく伝えられる彼が

病気だとはとても思えませんでした。

 

それに何より、

Tiaraのことを大好きだといつも言っていて

たくさん愛情表現をしてくれる彼に

とてもそんなことができるのか

どうしても納得できなかったのです。

だから、どうしても納得できなくて

手探りで

彼が病気ではなく、

Tiaraが理解できないだけで、

Tiaraのほうに責任があるのではないかと

ずっと考えていました。

 

自己愛性人格障害の被害にあうような人は

何でも自分に原因がある、

と考えてしまうから分からなくなるのです。

 

彼が普通の人ならそれでいいです。

自分の悪いところを振り返り

それを反省してあやまる。

 

あなたに悪いところがあるから

彼が怒ったのです。

 

あなたが自分の悪いところに気づくと

分かってくれたんだね、と

彼は喜んでくれるでしょう。

 

でも、自己愛性人格障害の人は

違います。

 

そもそも過失のないあなたを

悪者にしようとこじつけています。

 

自己愛性人格障害の人にとって

自分がわるく思われることは致命的なのです。

 

 

だから、あなたに悪いところがあり、

温和な彼もさすがに怒る。

 

これが、彼の目指すところなので

あなたに悪いところがないと困ります。

 

そうでないと、彼の自由に

あなたに怒りをぶつけることができません。

 

だからあなたが悪いということを

あなたにも周りにも

認めてもらう必要があるのです。

だから、世の中の常識を使い、

あなたが悪い、という理由を

もっともらしい理論をつけて

並べ立てます。

 

そこで、あなたが反省してしまっては

彼の思い通りなのです。

 

よく考えてみてください。

 

自己愛性人格障害の人の怒りは

それは赤でも黄色でもいいところを

「どう考えても赤だろ!

常識だろ!考えたら分かるだろ!」という言い方をします。

 

自己愛性人格障害の人でも性格がありますから

もっと優しい言い方をするかもしれません。

 

「どう考えても赤でしょ?

考えたら分かるよね?

どうしてわからないの?」

 

言い方は関係ありません。

 

もっと客観的に彼を見てください。

 

彼の言っていることは本当にあっていますか?

 

たとえあっているとしても

そこまで怒られるようなことを

あなたはしましたか?

 

彼の言っていることは重要ではありません。

 

なぜなら彼は

どんなに小さなことでも拾い出して

あなたが悪いように仕向けます。

 

それは彼でもするようなことです。

 

でも、彼は自分が同じことをしたときは

「間違えちゃった。」と軽くすませるのです。

 

でも、あなたが同じことをしても

彼の怒りをぶつけたいタイミングでしたときは

理論的に

いかにあなたがいけないことをしたかを

突き付けます。

 

自己愛性人格障害は

あなたを責めるときに本当のことを使います。

 

例えば遅い、とか

今はそれをしてほしくなかった、など。

 

あいまいな

どうとでもとれるようなことを

使います。

 

あなたのしたことは、どんなに小さなことでも

とんでもなく、ひどいことをしたように

大きくされ、

彼がしたひどいことは

どんなにひどいことをしても

そんなこと、してもいないような顔をされるのです。

 

だから分からないのです。

 

 

でも、彼が、同じことをしても

あなたは優しいので

ま、いっか、

とそんなことは気にもとめません。

 

だから彼のしたことは

だんだんと普通に、

簡単に許されるようになってしまうのです。

 

そしてそれが

たとえどんなにあなたを傷つけようと

それはあなたが我慢するのが

当たり前になっていきます。

 

あなたがそれで怒れば

あなたのほうが悪者になってしまうのです。

 

そしてだんだんとあなたは

彼に何も言えなくなっていきます。

 

そしてそれはだんだんと当たり前になり

そのうち

あなたは何もしていなくても

悪い、とされてしまうようになるのです。

 

ここまで話しても

普通の人には分かりません。

 

本当にそんなことあるの?と。

 

常識では考えられないことなので

今度は周りの人まで

何もしていなくて

しかも何も言えなくなってしまっているあなたに

あなたが何かしなければ

彼が怒るわけがない、と

誰もあなたのことを

信用しなくなるのです。

 

彼は人の欠点を集めて

全てデータ化して頭にいれているので

瞬時に相手を責めることができます。

 

そしてそれを理論的に

いかに悪いことか説明することができるので

だんだんと彼がおかしいとは

誰も考えにくくなります。

 

脳は正常なのです。

心やものの考え方がおかしいのです。

 

ものの考え方、とはいっても

数学や文章などを覚えるのは普通にできます。

 

何が違うのかと言うと

相手が傷つくとか相手が悲しい気持ちになる、

と言うことに共感力がほぼ0なのです。

 

共感しないどころか

痛めつけていないと

落ち着いていられないのです。

 

どこかで彼のおなかの中にたまった怒りを

発散させないとその辺でいらいらしてしまいます。

 

その辺でいらいらしてしまうと

彼がひどいひとみたいに思われるからです。

 

自分がひどい人みたいに思われるのは

自己愛性人格障害の人にとって

耐えられないほどの恐怖なのです。

 

だからそれはもともと避けたいので

あなたが悪いから

仕方ないから彼が怒るはめになる、

仕方がないんだ、と言う姿勢をとることが

非常に好きです。

 

それは彼の尊大さを保ったまま、

あなたに

自己愛性人格障害のおなかの中の怒りをぶつけて

思う存分、ストレスを発散させることが

できるからです。

 

後で「ごめん。。。言い過ぎた。。。」

と言ってもいいでしょう。

 

 

そしていかにも

自分が迷惑をかけられているほうだと

言うふうにふるまいます。

 

小さなことでも彼があげ足を取り

何度も言っていることによって

あなたは

自分が本当に失敗した気になってきます。

 

自己愛性人格障害とは、

病気であって性格が悪いわけではないので

あなたを愛していないけど、

愛しているふりをして、いじめてやろう、

と考えているわけではないのです。

 

もちろん彼も、

あなたを愛していると思っているし

精神的虐待をしてやろうなどと思っていません。

 

脳は正常できちんと物事を判断できるし

物事を覚えることもできるのです。

 

 

でもその判断で、

自分が得をしないと思うことは

一切やろうとしません。

 

あなたに虐待をしていることが分かると

彼は悪く思われてしまいますよね?

 

だから彼は、周りの人に悪く思われるようなことは

決してしません。

 

でも、自分から離れたくなくて

誰にも言わないような

自分がしたことに気づきもしないで

たとえ気づいたとしても

誰にも言わないあなたに

自分のイライラをぶつけます。

 

あなたも、

自己愛性人格障害の彼のことが好きなので

彼が周りの人に悪く思われるようなことは

言いたくありません。

 

そして、もし、

あなたにそれがばれそうになっても

「そんなことするわけないじゃないか。」

とあなたを納得させてしまいます。

 

怖いとは思いませんか?

 

それは、あなたが彼を大切にしすぎて

自分の嫌な気持ちをきちんと言わないことから

だんだんとそうなっていくのです。

 

あなたは彼を守ることばかり考えて

自分のことを全く大事にしていません。

自己愛性人格障害の人は自分に気を使うことを当たり前のように求める

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は、

当たり前のように

自分に気を使うことを求める、

というお話をしたいと思います。

 

あなたは彼が機嫌を損ねたり、

怒ったりしたときに

自分が悪いと思っていませんか?

 

Tiaraは彼に

おなかすいたから

Tiaraの家でご飯を食べたい、

といわれ本当はその日、

ちょっと凝ったものを食べたくて

材料を用意していたものが

あったんです。

 

でも、せっかく

いつもいろいろしてくれる彼ですし、

本当におなかがすいたみたいで

Tiaraに甘えてくれるので、

もうすぐ一緒に住むし、

彼のために予定を変えて

早くできるものを

作ってあげようと思いました。

 

正直、予定がくるったので、

あせる気持ちもあったし、

すぐにできるものが

冷蔵庫の中にありません。

できるだけ早く作れるものをと、

帰りに通り道にあるスーパーに

あわてて寄ったのですが、

時間はものの5分だったと思います。

 

それはコンソメースープで

煮込めばできる

出来合いのロールキャベツでした。

 

あせって作っている最中に

彼が、まだ?まだ?と

何回も言っていたのを

覚えています。

 

「野菜入れて煮込むだけだから。

10分だから。」と

ばたばたと用意し始めました。

 

しばらくすると突然、

優しい声で

「もういいよ。ごめんね。」と

言って席を立ったのです。

 

「帰るの?

帰ったほうが遅くなるよ?

後10分でできるから。」と

あせって言いました。

 

それでも彼は

そのまま帰ってしまったんです。

 

 

後10分でできる、といっても

帰られたときは、

彼のために作った料理が

むなしく残されていて

誰もいなかったことを覚えています。

 

彼が家に帰ってから夜、

彼から電話があったので

何で帰ったのか聞いてみました。

 

「ちゃんとあやまったのに、

おなかが痛かったのに

何でそんなに機嫌が悪いの?」

ときかれました。

 

怒ってはいません。

 

彼のなかでは、

Tiaraが彼に怒ったことに

なっていました。

 

でも、

彼に怒れる立場などではありません。

 

完全に上下関係が

出来上がっています。

 

でも、

どれだけ彼のことを思っていても

彼にはどうでもいいのです。

 

それでも一緒に住むのだから

今後、言いたいこともいえないと

うまくやっていけなくなっちゃうから

との思いから

一生懸命作ったのに

後10分でできるのにと

(彼が自分の自宅へ帰るまでは、

30分以上かかります。)

帰ったのはどうしてか

聞いてみたかったのです。

 

そしてそれから機嫌の悪くなった彼は

しばらく口をきいて

くれませんでした。

 

会社であっても

完全に無視されていて、

ときどき冷たい視線を

浴びせられるだけです。

 

最近同じような体験をした方で

自分が悪いからと

言っていた方がみえたので

そのときのことを思い出して

心臓が止まりそうになりました。

 

自己愛性人格障害の人は、

料理を作らせておいて、

その横で違うものを食べ

料理を無駄にする、

ということを、よくやります。

 

そしていかにもあなたが怒った、

などとなにも言えない立場なのに、

ご飯を作ってと言って、

一生懸命彼のために作っている最中に、

一方的に帰ったのは彼の方なのに、

あなたが悪者にされます。

 

お料理だけではありません。

 

準備をさせておいてこないとか

怒って帰ると言うことを

よくやります。

これは、自己愛性人格障害の人は、

当たり前のように

自分の望むとおりに

相手が動くことを求めます。

 

相手が自分の望みどおりに動くのが

当たり前なので

彼の意図と違う動きをすると

激怒します。

 

あなたは彼が意図するとおりに

少しのずれもなく

動けますか?

 

どんなに彼のことを思って動いても

いつ怒るか分からないのです。

 

そして、

どんなにずれのないように

がんばっても、

必ずこじつけて

文句を言ってくるのです。

 

そんなことをずっとしていてでも

それでも

彼と一緒にいたいですか?

自己愛性人格障害の人は、あなたの状況も心境も考えない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

自分が思ったように相手が行動しないと激怒する、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

相手の人にも世界があることを理解しません。

 

相手の気持ち、

相手の好きなこと、

相手の友達関係すべて、

自分の思い通りにならないと

激怒します。

 

あなたもはじめはなぜそんなことで

怒るのか理解できなかったと思いますが、

自己愛性人格障害の人は

自分のパートナーでさえ自分の気持ちを持つことが

理解できません。

 

あなたの好きなこと、あなたの気持ちは

どうでもいいのです。

 

あなたが嫌なことでも

自己愛性人格障害の彼が

したいことならします。

 

あなたの趣味の世界があったとしても

自己愛性人格障害の彼には

どうでもいいことです。

 

むしろ彼に合わせないと激怒します。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたが自分の思い通りに動かないと

ちょっとしたことでも

許せないのです。

ただ、それをあなたに言うことはありません。

 

そんなことを言ったら

世間では通用しないことは

脳で理解できているのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分が尊大な存在でなければ

いけませんから物分かりが悪いと世間から

小さい人間に思われてしまうので

それは彼のプライドが許せないことですので

寛大な人間だとふるまいます。

 

でも、本当は相手が好きに感情を持つことは

許せないのです。

 

だから、

世間では寛大で

物分かりのいい男を演じていますが

自分が信頼できる、自分から離れていかない

パートナーと二人きりになったときだけ

相手に怒りをぶつけます。

あなたが彼の彼女や奥さんだとしたら

あなたは彼の思い通りに動くことが

自己愛性人格障害の彼にとっては

当たり前のことなのです。

 

自己愛性人格障害の彼を愛している、

ということは

自己愛性人格障害の人から見たら

そういう存在なのです。

 

いくら彼があなたに怒りをぶつけても

彼の怒りをサンドバックのように受け続けるのが

彼を愛している証拠なのです。

 

だから不満は言ってはいけません。

 

彼が起こしてほしいと思っていれば

彼がそれをあなたに伝えなくても

あなたのほうから彼のことを気づかい、

起こすのが

自己愛性人格障害の彼にとって

当たり前のことなのです。

 

それを、あなたには分からず

あなたが起こさないでいると

自己愛性人格障害の人は

激怒します。

なぜなら、相手の気持ちを気遣う

という心のねじが1本たりないのです。

 

 

そして、

そのことは彼自身も気づいていません。

 

自分は普通の人間だと思っています。

そして彼の両親も気づいていません。

 

自己愛性人格障害の彼と深くかかわった

それも愛情をもって

彼と接した恋人や奥さんなど、

彼を愛する、彼のことを本当に思ってく入れる人間だけが

彼と一緒にいるときに違和感を感じるのです。

 

そしてそれは普通の感覚では理解できないので

恐怖心を感じてしまうのです。

 

なぜそんなことで激怒するのかと不安になります。

 

でも、それを人に話したところで

分かるわけがありません。

 

自己愛性人格障害の人と

心から深くかかわった人間でないと

そこまで深く彼のことを見ていないからです。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたが思った通りに動かないと激怒します。

 

そのことによって

人の心や状況を察知することができません。

 

そして突然怒りだすのです。

 

そしてそのことに彼自身も彼の親も誰も気づいて

いません。

 

自己愛性人格障害とは

幼いころに、心のねじが1本とけてしまうくらい

辛い思いをした人だけがなる

心の病気なのです。

自己愛性人格障害の人は、こだわりが強い

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人は

こだわりが強い、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraの元彼は、

何をやっても丁寧で

仕事が早く

しかも完璧でした。

 

付き合いだしたばかりのころ

彼が、料理を作ってくれたことが

あったんです。

 

彼の部屋に行くと

彼がはりきっていて

「今日はTiaraのために俺が作るよ。」と

食材を色々見せてくれたんです。

 

材料も

特別なものばかり用意されていて、

しかも料理は、

Tiaraが男の人に作ってあげたことはあっても

彼から料理を作ってもらった、

という経験がなかったので

とても素敵に感じられましたし

うれしかったんです。

 

彼が手際よく材料を

切っていくところを

隣で幸せな気持ちで

見つめていました。

男らしいところもあるけど

こんなに繊細なこともするんだと、

感動していました。

 

彼もどれほどTiaraのことを

思っているか、

Tiaraのために

心を込めて作っているということを

語りながら作り、

こんなに素敵な彼は

初めてでしたので

すごく女心が満たされていったんです。

 

彼が作った料理は

とてもきれいにできて

オーブンから出して味わったときは

まるで素敵なお店の料理のように

おいしかったんです。

 

彼の料理を何度か食べたことが

あるのですが、

その辺のお店で食べるよりも

全然彼のほうがおいしかったです。

 

結婚したら

素敵な旦那様になるだろうなという

印象を受けました。

 

子供たちにも作ってくれたこともあり

子供たちも彼の料理が

とても大好きでした。

 

Tiaraの料理よりも

おいしいって言ってくれてたんです。

 

 

子供たちも

Tiaraが感じた特別感を

味わっていたんだと思います。

 

とても素敵な彼ができたと

子供たちも喜んでいました。

 

 

でも、しばらくすると

いつの間にかなくなっていたんです。

 

付き合いだして、2年か3年たったころ

彼が仕事帰りにTiaraの家に寄り、

いっしょに食べてから夜遅く帰る、というのが

日課になっていったんです。

それはそれで

結婚しても

子供たちとも仲良くやってくれると

想像することができたので、

Tiaraとしては

とてもうれしかったんです。

 

でも、今考えたら、彼の素敵な料理は

その後出てくることはなくなり

インスタントや出来合いばかりに

なっていました。

 

でも、付き合い始めのころは

誰でも気合が入るけど、

付き合いが深まるにつれて

だれてくるのは、

ある意味当たり前のことなのかも

しれません。

 

だから、全くおかしいとは

思っていませんでした。

 

でも、付き合い始めのころ、

「料理は割とマメに作るほうなんだ。」と言っていたのは

やはり口説くための嘘だったのかな?

と思えるようになりました。

 

だから自己愛性人格障害の人が

はじめのころは素敵に見えるのは

当たり前のことなんだと

思っています。

 

だから会社の人が

いかに自分が仕事ができるか、

休みにはたいてい海外へ行って

あちこちの国でのんびりしている、

妹が海外に住んでいるので

遊びに行っていた、など

たんたんと話しているところを

会社で聞くのですがTiaraは

「へ~」といったくらいです。

 

みんながすごいねすごいね、と

絶賛していても

Tiaraは「へ~」という感じですw

 

分からないですけどね。

本当のことかもしれませんが

どっちでもいいです。

 

自己愛性人格障害の人は

見抜けるようになると

何をしているか丸わかりなのです。

あなたのレベルは本当に低いのか?

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人に

あなたのレベルが低いので、

僕の話は理解できない、

といわれるわけについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

よくこの手のセリフを

口にするそうです。

 

自己愛性人価格障害の人にも

個性はありますから、

相談室に来る方の、話を聞いていても

年上の彼、年下の彼、

アウトドアで社交的な彼に

友達が1人もいない、

なんていう彼もいるようです。

 

でも、なぜか話を聞くうちに

皆さんが口にされるのが、

同じ人と付き合っていたんじゃないかと

口をそろえて言うことです。

 

初めのころは、

本当に驚きましたが、

自己愛性人格障害の人の

脳の構造を考えれば、

分かりやすい特徴となります。

 

Tiaraも彼の話を理解していない、

とよく言われました。

 

よく似た意味の言葉だと

思いませんか?

 

要するに彼の言葉は正論だけど

あなたのレベルが低いから

理解できない、と

言っているわけです。

 

 

あなたの話が分からないと

彼に伝えたところで

こういわれてしまえば、

なんとなく、

彼の言っていることがニュアンスで

正しいことをいっている、

というふうに聞こえます。

 

言葉のマジックですよね。

 

自然に彼のほうが正しいと

聞こえてしまう言葉。。

 

他にも自己愛性人格障害の人の言葉で

よくできているものが多数あります。

 

何か、相手の批判をするときに

「申し訳ないんだけど。。」と

つける。

 

例えば、

「申し訳ないけど、

こんなことばかりしてちゃ

誰にも信じてもらえないよ?」

とか

「申し訳ないけど、

遅刻はダメだよね。。」

とか。。

 

これはあなたが一人の時も

言われるかと思いますが、

周りに人がいるときに言うと、

よりパワーを発揮します。

 

あなたも、周りの人も、

あなたがダメな人だ、という印象を

持ちます。

 

ニュアンス的に

ちょっと言いにくいこと言うけど

あなたのためを思って

言ってるんだから

素直に聞いてね。

と言われている印象さえ与えます。

 

そして被害者自身も

納得してしまうような

言い方ですよね。

 

だんだんと

申し訳ないんだけどさ‼、

と強めにいうようになります。

 

あなたも、周りの人も、

申し訳ないんだけどさ、

と言われることに慣れてきて、

まただ、

言われても仕方ないなという

印象に変わっていきます。

 

あの子いつも言われてる、

彼に怒られても

しょうがない、という空気に

変わってくるのです。

 

否定されたことが、本当のことだと

とらえられてしまいます。

 

あなたが悪い。

 

「はい。」ということによって

自分の非を認めたことになり

聞いている人も

別に自己愛性人格障害の人の

言っていることが、

ひどいことだとは、

思わないでしょう。

 

でも、それに味を占めて

事あるごとに

「申し訳ないんだけど、」とつけて

その人の揚げ足を取ることを

頻繁にしだします。

 

すると、あなたは

謝らなくてはいけなくなり
(当然共依存なので、

おおむねあやまるとは思いますが)

周りも

多少自己愛性人格障害の人が

強めに言っても

仕方ないな、と

誰も何も言わなくなってしまう

魔法の言葉です。

 

 

でも自己愛性人格障害本人が、

失敗した場合は、彼の言葉は、

あなたが失敗したときと

違うことを言います。

 

なにもいわないか、言っても

「しょうがないよね?

そういう時もあるよね?」と言って

自分で、自分をフォローします。

 

周りで聞いている人も

そうだよね、

失敗するときもあるよね、

と納得してしまい

自己愛性人格障害の人が

怒られることは

あまりありません。

 

でも、両者の失敗の度合いは

同じなのです。

 

なのに、聞いた印象が、

自己愛性人格障害の人は、

失敗しても仕方がない、

そういう時もあるよね?

 

とらえられがちなのに対して

(彼のは失敗ではない、

もしくはゆるされてしまう)

被害者は、また失敗したの?

ちゃんと見てないからだよ、

という風にとられます。

 

それを繰り返すうちに

自己愛性人格障害の人は

小さなことでは笑って

許してもらえるようになり、

いつも怒られて素直に謝る

共依存の人は

周りからだんだんに

信用を失っていきます。

 

これが、

自己愛性人格障害の人が優秀に見え

ターゲットになった人が

落ちぶれて見えるようになる、

自己愛性人格障害の人の

話術なのです。

 

ごまかして自分のミスを隠している

自己愛性人格障害の人と

自分の過ちをきちんと認め、

謝る被害者のほうが

だんだんと悪く見えるように

なってくるのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

あんなにも優秀に見えるのは、

彼の失敗は失敗ではなく、

ちょっとしたこと、

被害者の失敗は、失敗で

できが悪い、ととらえられます。

 

自己愛性人格障害のひとが

話術で、

人の心理を操作していますが、

そのことにみんな気づいていません。

 

Tiaraは今、

自己愛性人格障害という病気の

特徴に気づいたので、

自己愛性人格障害のひとが、

そういうことをしていることが

見えています。

 

あなたも、よく考えてみてください。

自己愛性人格障害の人の脳の規則性について

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

脳の規則性について

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は、

こだわりの強い人が多いといいます。

 

何にこだわっているかは、

その人の個性によるのですが、

ほとんどの被害者の方が、

こだわりの強い彼ですと

おっしゃるのですが、

そんなところも

自己愛性人格障害の人の

魅力になっているようです。

 

どちらかというと几帳面な人が多く、

性格もまじめな方が多いです。

 

ちょっとした不正も許せないようで、

たとえば会う日にちを

日曜日と決めていて

他の日に会いたいというと

激怒する、とか

いつも右回りに入るお店に

たまたま左から入ると

機嫌が悪くなる、といった具合です。

 

そういうことから

几帳面で書類などはびしっとそろえて

提出してくれたり、

食器棚の中の食器は、

効率よくきれいに並べられていたり

するのですが、

規則正しいことに

異常なまでに忠実です。

自己愛性人格障害は、

脳は正常だといわれていて、

仕事も会話も

普通の人よりもうまくこなします。

 

だから、病気だと分かりづらく

あんなにもきちんとしていることが

そんな理解できないことを

するはずがないと

思われてしまうのです。

 

自己愛性人格障害とは、

人の感情が

分からない病気なのですが、

感情が分からないといっても

人が悲しんでいる、だとか、

喜んでいる、

という感情が分からないわけでは

ないのです。

 

そういう人の感情は分かるのですが、

悲しんでいるからやめてあげよう、と思ったり、

喜んでいるからもっとしてあげよう、とは

思わないのです。

人の感情が分からない、というよりは

気持ちが分からず、

悲しんでいるからもっと悲しませて

自分がこの人の上に立とう、だとか

喜んでいるから、

人の幸せなところを見ると

自分が下に感じてしまうので

つぶしておこう、とか考えるのです。

 

自己愛性人格障害の人の中では

自分の中にきちんとした自尊心が

育っていませんので

誰かにつぶされることを

ひどく恐れています。

 

そのために常に他人との関係を

上下関係を気にしています。

 

そして、もしかしたら

自分が潰されたり、評判を落とされるかもしれない危険性のあるときは、

どんなに自分が悪いと分かっていても

徹底的に相手を悪者にするのです。

 

人に嫌われることに

極度の恐怖心をもっていて、

異常なくらいに人に嫌われることを避けようとします。

それも自己愛性人格障害のひとの

脳の絶対的な決まりなのです。

 

そして、その決まり通りにならないことに、激怒します。

 

その激怒は極度の恐怖心からきており、

人の話を聞いても、

「ああ、そうですか」と

理解できないのです。

 

本当のことが感覚で理解できないので、

他人のいうことを信じることは、

自分が理解できていないと

いうことになり、

それは、自己愛性人格障害のひとの中では

負けを意味します。

 

負けるということは、

自己愛性人格障害のひとにとって

極度な恐怖となりますので、

これを絶対に避けるために、

全力で相手を潰します。

 

これも、自己愛性人格障害のひとの脳の規則なのです。

 

だから、自己愛性人格障害のひとを

怒ってはいけません。

 

彼は、自己愛性人格障害という病気なのです。

自己愛性人格障害の人は話がとても長い

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

話が長い、ということについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

話がとても長いです。

 

話の内容としては、

説教や叱咤、相手がどれだけ無能かについて

語り続ける、という場合もあると思いますが、

自分がいかに有能であるか、ということを

コンコンと唱え続ける、という場合もあります。

 

 

そしてそれが、どちらもとても長いです。

 

Tiaraは元彼と付き合っていたときは、

彼から、こんなことができない、あんなことができない、

といわれているときは、

彼が、Tiaraのことを思って言ってくれている、

と思っていましたし、

俺はあんなことができるんだよ、とか

こんなことが理解できているんだよ、

という話はすごい!と思って

聞いていただけでした。

[ad#co-1]

 

彼の長い話を聞くのも、頭のいい彼だから、

勉強になる、と思って

ぜんぜん嫌じゃなかったんです。

 

ところが、今、

自己愛性人格障害の人の特徴が

分かるようになって

今、Tiaraの周りにいる自己愛性人格障害の人の

話を聞いていると

とてもよく分かります。

 

今朝も同僚のミスを、

静かな声で、

俺ならこうしない、こうするべきだ、

君はわかっていなかったからミスをしたのか、

それともちゃんと見ていなかったのか、

とか切々と相手の人に唱えています。

 

人の失敗の話がとてつもなく長いです。

気づけば、

午前中も話していましたが、

午後もまた同じ話をしていて

事細かく、ああしたからこうなったんだ、

こうしなかったからこうなっちゃったんだ、

と午前中よりも人数を増してまた

話しています。

[ad#co-1]

話し方は、とても丁寧で穏やかで、

そしてとてつもなく長いです。

 

もう1人の自己愛性人格障害の方も加わり、

「そうなの?そうなの?」と

うれしそうに話しています。

 

自己愛性人格障害の人の声が

静かな社内の中で

せつせつと続けられていました。

 

でも、Tiaraは知っていますが、

この人は、自分がミスをしたときは

人のせいにしていました。

 

そして、その話はいっさい口にしませんでしたし、

周りの人も、

なんとなくタブーのような感じで

誰も、その人がいるときは

その話をしませんでした。

 

取引先まで所長が謝りに行くような

大問題になっていたのに。。。

 

これは同僚との話で男同士ですが、

これがもし、自己愛性人格障害の彼と

彼女の関係だったら

女の子は謝ってたかもしれません。

 

自己愛性人格障害の人も

もっと強く言っていたかもしれません。

 

この人も怒鳴っているときもあるのですが、

ふだんはとても冷静で静かです。

 

これは別に怖いところではありませんが、

こういう何気ないところでも、

自己愛性人格障害の特徴が

とてもよく出ています。

 

以前ならTiaraは、こういうところは

魅力に感じていたところでした。

[ad#co-1]

でも、常に尊大な自分を魅せつけていなければ

不安になる、というところにも

相手を下に見て、自分を上げることも

品よくおこなっています。

 

自己愛性人格障害の人も

ふだんからいつも、

怖いわけではないのです。

 

話し方は関係ないのです。

 

とにかく人のミスを事細かに追及し、

途中は談笑しながら、穏やかな雰囲気で

人を落とし、

時には、声を荒げて徹底的になじります。

 

相手が、立ち直れなくなるほどまでに

何時間でもいびり倒します。

 

ひどいとそれが、

何ヶ月にもわたります。

 

この人が彼氏だったらたまらないと思います。

まだ、穏やかに話しているときは

いいのですが、

自己愛性人格障害の人の怖さは

怒ったときに、

おそろしいほどの威力を発揮します。

 

それも、

あなたが明らかに悪いことをしたときではなく

自己愛性人格障害の人の

気分しだいで

どこまでもとことんなじられます。

 

Tiaraもたまにこの、

自己愛性人格障害の人と話しますが、

楽しいときもあります。

 

でもその話の内容は、

深く心に受け止めていません。

 

自己愛性人格障害の人の話は、

その場だけで合わせるのが

一番穏やかだと思います。

 

本人も人の上にたちたいだけなので

覚えていなくても

何の問題もないでしょう。

[ad#co-1]

 

 

自己愛性人格障害の人にはまったく敵対心がない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人には

まったく敵対心がない、という

お話をしたいと思います。

 

 

前回、被害者の人が、

自己愛性人格障害の人の

理不尽な怒りを常に

ぶつけられていると

だんだんとあなたらしさを

失くしていく、

というお話をしました。

 

自己愛性人格障害の人というのは

あなたとはまったく正反対で

被害者の人に

自分の中の理不尽な怒りを

ぶつけているにもかかわらず、

ふだんは、まったく敵対心がないのです。

 

怒りをぶつけて

八つ当たりをした後でも

さらっとした顔をして

紳士的にふるまいます。

とても精神的嫌がらせを

しているようには思えません。

 

さっぱりしているようにも見えます。

 

怒りをあらわにするほど

怒ったが、いったんは口にしたが

ずるずる引きずらない、という感じに見えます。

 

だから分からないのです。

 

 

本当は、

自己愛性人格障害の人は

人に嫌われることを

極端に恐れています。

 

だから、人前では

おなかの中にたまった

今にも破裂しそうな怒りを

完全に引っ込めています。

 

でも、ターゲットがそばにいた場合

自己愛性人格障害の人の

一番都合がいい時に

ターゲットに向けて

それを出すのですが、

それを瞬時に引っ込めてしまいます。

 

だから周りの人から見たら

いう時は言うけど

さっぱりしている、と

普通の常識からみると

いいふうにみえるのです。

 

世間の常識にあっていると

言えますので

理不尽な思いをしている、

被害者本人にしか

分かりません。

 

時には、被害者本人にですら

被害者の責任感の強さから

被害者が、

自分が悪いと思ってしまうので

誰にも分からないこともあります。

 

そして、

被害者になるような人のほうが

自己愛性人格障害の人の中の怒りを

常にぶつけられているうちに

辛くなって、だんだんといっぱいいっぱいになります。

 

そしてあなた本来の優しさを

人に向けられなくなっていきます。

そして、まったく敵対心のない

自己愛性人格障害の人のほうが

よく見えるのです。

 

敵対心のない、

自己愛性人格障害の人のほうが

印象がよいのはそのためです。

 

自己愛性人格障害の人は

ひどく臆病で、

人前では、人のいい親切で

才能のある人を演じ続けています。

 

だからとてもコミュニケーション能力が高く

感じがよいです。

 

そして実際には

潰されている被害にあった人のほうが

信じてもらいにくくなるのです。

 

なぜか被害者のほうが、

理不尽に

自己愛性人格障害の人の感情を

ぶつけられているのに、悪者になり、

周りの人の考え方によっては

自己愛性人格障害の人は

人が言いにくいことを

はっきりと言ってくれる

愛情のある叱咤で、

しかも後には引きずらないで、

さっぱりとしているいい人、

という風にうつることがあります。

 

本当は、

自己愛性人格障害の人のほうが、

自分の中の怒りをぶつけるのですが、

うすうす気づいても

自分に関係のない人は

多少気づいてもめんどくさいので

知らん顔をしています。

 

だから周りの人に

わかってもらいにくいのです。

 

そして、自己愛性人格障害のひとは

基本ターゲットにしか

怒りをぶつけません。

 

どこをどうとっても

自己愛性人格障害の人のほうが

生きやすく、

被害者のほうが

生きにくい世の中に

なってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人に

被害者が気づけば、

他人なら逃げるのも簡単でしょう。

 

でも、恋人や夫婦の場合、

攻撃していることすら外部の人間には

見せないのです。

 

家の中だとさらに分かりにくいです。

 

だから、あなたの彼が

自己愛性人格障害だと気付いた場合は

あなたのほうから逃げるより

あなたが幸せになれる道は

ないのです。

 

悲しいですが、

あなたが見ている彼は

自己愛性人格障害の人に都合のいい

作られた世界なのです。

自己愛性人格障害の人は、自分からその気にさせてそれを潰す

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼からの提案で

計画したことをつぶされることについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は、

自分から誘っておいてその計画を中止にする

ということがよくあります。

 

彼からデートの約束をされて

楽しみにしていたところ

彼の気分でキャンセルされたことはありませんか?

 

また、自己愛性人格障害の人は

イベントごとの時にいつもトラブルを起こす、

という特徴があります。

 

旅行やお祭り、花火大会

お正月休みなど、

なぜか自己愛性人格障害の人との

トラブルが起きやすいです。

 

この、お正月休みに

旅行をキャンセルされた、または自分がすることになった、

別れ話、突然の無視など、

恋愛相談室に届く相談が

いつもの倍以上になっています。

 

これは、自己愛性人格障害の特徴で

あなたが楽しみにしている予定を

中止してあなたを悲しませる、というものです。

 

どうして、わざわざあなたを悲しませないと

気が済まないのでしょう?

Tiaraも約束を楽しみにしていて

彼のところに行くと彼の気分で

中止になる、ということがよくありました。

 

Tiaraの彼の場合は、頭痛持ちだったのですが、

頭が痛くてデートができない、というのは

仕方がありません。

 

怒ることもできず、

彼との予定のために開けていた時間は

無駄なものとなってしまいます。

 

だからTiaraが1人になるときは、

お正月や誕生日、クリスマスというイベントの前後、

ということがよくありました。

 

途中から慣れてしまい

イベントごとを楽しみにする、という気持ちは

以前よりもなくなってしまったと思います。

 

彼と付き合う前、

Tiaraは桜を見に行くのがとても大好きでした。

 

付き合いだして間もないころ、

彼にそういう話をしたことがあります。

 

毎年、薄い桜色の満開の花が

空一面を覆い、ふわふわした春風になびくのを見て

ああ、もうすぐ春が来るなあ、という思いに

とてもワクワクしていたんです。

 

学生のころは新学期が始まるころに

桜が咲きます。

 

クラス替えもあり、

新しい友達ができたりするのを楽しみにする時期で

Tiaraは春がとても好きだったんです。

 

でも、いつからか、

特に春になったからと言って

桜を見に行く、ということはなくなりました。

 

気づいたら桜を見に行く計画すら

しなくなっていったのです。

 

普通の人は

自分の愛する人が楽しみにしている、という話を聞くと

そのイベントを楽しみにしませんか?

 

好きなこと、楽しみにしていること、

大事にしていることを彼に話すと

必ずと言っていいほど

潰されていたんです。

 

知らない間にTiaraの好きな場所には

行かなくなっていました。

 

自己愛性人格障害の人は、

楽しみにしていることをなぜか潰してしまいます。

 

そこには、その障害ゆえに

人が楽しんでいる顔を見ると

自己愛性人格障害の人の中に自分が負けてしまうという

恐怖が沸き上がり、

それを潰さないといられないのでしょう。