自己愛性人格障害の人には、判断能力がない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

自分で判断できない、ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は、

あんなにも頭がよく見えるのに、

実は、自分で判断する能力が、

ほとんどありません。

 

何か起こったとき、

人の反応を見て、今のはうれしいんだ、とか

こんなことをすると悲しいんだと思うのです。

 

普通の人は、こんなことされたらいやだろうなあ、とか

あんな辛いことを乗り越えての勝利はよほどうれしいに違いない、

と相手の気持ちが大体は

分かるものですが、

自己愛性人格障害はそこの部分が抜けています。

だから人の反応を見て判断するのです。

 

自己愛性人格障害の特徴に

尊大な自分を魅せつけていないと不安なので

相手が悲しそうな顔をしたり、苦しんだり泣いたりするのを見ると

こいつは俺よりも下だ、と満足して

ますます下に見えるようにどんどんあなたの嫌がることをしてきます。

 

しかし、相手に反応がなくなると分からなくなるのです。

 

相手の反応によってしか判断することができませんので、

相手に藩王がなくなると

自分のやっていることに関して

相手がどう思っているか、全く見当がつかないのです。

 

相手が自分したことによって、

どう思っているのか分からなくなるので

不安になります。

 

逆に相手場オーバーアクションだったり、

感情が表に出やすいタイプだったり、

分かりやすいタイプの人を好みます。

 

普通の人も、分かりやすいタイプやオーバーアクションの人が

一緒にいて楽しいから、

と好きな人もたくさんいるとは思いますが、

自己愛性人格障害の人は、

そういった意味で好きなわけではありません。

例えば、自己愛性人格障害の人が、

今までは、これでいい、と思っていたものを

他の人が非難しているところを見ると、

急に(あれ?)という気持ちになり、

即座に否定的な態度を取り出します。

 

そして、その逆に、自分が今まで悪いと思っていたものが、

みんなから絶賛されている、と気づくと

急に「いやあ、すごいよ!」と肩を組んできます。

 

全く自分で判断できていなく、人の反応を見て

そうか!というようにコロッと態度を変えるのです。

 

あんなにもこだわりが強いと思っていた彼が、

ひょいっと態度を変えてきたときに

見ている人は「あれ?」となってしまいます。

 

彼はこだわりがあるどころか

こだわりがある人を見ていいんだ、と覚えて、

そのようにふるまっているだけなのです。

 

自分の意思でいいものはいい、と判断しているわけでは

ないのです。

自己愛性人格障害の人とは、決して幸せにはなれません。

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人とは、

決して幸せにはなれない、ということについて

お話ししようと思います。

 

なぜなら、自己愛性人格障害の人は、

本人がそうしよう、と思っているわけではなく

他人の幸せを喜ぶことができません。

 

ある相談者様のお話を聞いていて

思いだしたことがあったので、

今日はそれをお話ししてみようと思います。

 

その相談者様の彼は、その人が楽しい思いをすると

必ず全力でつぶしてくる、とのことでした。

自己愛性人格障害の人に

よくあることなのですが、

どこかへ遊びに行って、相談者様が楽しそうにしていると

その帰りに必ず何かこじつけられて

毎回ケンカになるというのです。

 

そういえば、Tiaraの元カレも

楽しいイベントを考えてよくいろいろなところへ

連れてってくれたのですが、

Tiaraが、今日は楽しかったな、と思っていると、

必ず彼が帰りの車の中で、無言になるのです。

 

もともと物静かな印象のある彼でしたから、

普段からべらべらしゃべるというイメージはないのですが、

明らかに若干ですが、機嫌の悪そうな表情をしているのです。

 

友達などに話せば、

「そんなちょっとしたことで。。。」と

Tiaraのほうが非難されそうなことなのですが、

いい加減何年も続いてくると

さすがに気の長いTiaraも気づき始めます。

 

初めのころは、「どうした?」

「なんかわるいこといったかな。。。」

と気にしていたTiaraも

「さすがにおかしいでしょ?」

「今、この間になんかあった?」

こじつけていた彼も、ここまではっきり言われると

だんだんこじつける材料もネタ切れなのか

さすがに不自然なことばかりになってきました。

だんだん、Tiaraにはそれが分かるようになってきたので

彼が「どこかに行こう!」と何か企画しても

「楽しそうだけど、なんか必ず帰りに

何か言われてケンカになるから嫌だ」とか

「行きたい気もするけど、なんかまた

○○君が怒りだしそうだからやめておく。」

と断りだしたのです。

 

すると彼が「今度は絶対けんかしないでおこう!

だから一緒に行こうよ。」

というようになったのです。

 

それでもやはりはじめのうちは結局何か言われてケンカになり

「もう帰るね!Tiaraが俺の気持ちを分かってくれないから

ケンカになるんだよ。」

 

そしてしばらくの無視。。。

 

そしてまた戻る、の繰り返し。

 

だんだん彼の「絶対にけんかしないでおこうよ。」の言葉にも

「やだ、だって前もそんな約束していったけど

やっぱりけんかになったじゃん!」

「いや。。。っ違うよ。。だってあれはTiaraが。。。」

 

Tiaraが。。。の後も全然怒るような話ではなく

「分かってくれないから」

「分かってないんだね。」

「もういいよ。。」

「帰るね。。。」

とどれも具体的な話はありません。

 

だから彼もだんだんTiaraにはやりずらくなっていったんだと思います。

 

だって言い訳が効かないし、Tiaraも彼と出かけなくなってしまう。。。

 

 

それではこじつけられませんよね?

彼もTiaraを楽しませないと怪しまれる、

かといって連れて行ってTiaraの幸せそうな顔を見ると

イライラしてどうしても嫌がらせをしてしまう。。。

 

 

先ほどの相談者様の彼も同じだったんだと思います。

今は、手に取るように自己愛性人格障害の行動が分かるので

彼は、自己愛性人格障害として

何もおかしいことは行っていないのです。。

 

彼と幸せになれると

彼は、あなたの幸せそうな顔を見て

虐待したくなるのです。。。

自己愛性人格障害の彼の不思議な行動に気づかないのはなぜか?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害が嫌がらせをしているにも

かかわらず、そのことに気づかれないからくりについて

お話したいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害者は、数年に渡り、

その被害に気づかず、常識では考えられないほどの精神的虐待を

受けている人が、多いと思いますが、

なぜ、そんなにも長い間、気づくことができないのでしょうか?

まず、はじめは自己愛性人格障害の人も、

そんなに知らない相手には、

虐待をしようという気さえ起こらないので

しばらくは平和な日々が続きます。

 

なぜか、自己愛性人格障害の人は、

その後、モラハラ行為をしていても

あなたに嫌われずに、ずっと嫌がらせをし続けることができるのです。

 

まず、普通の人は、嫌なことをされたら

すぐにその人のことが嫌になって嫌いになり

近づかなくなります

 

そういう人はまず、自己愛性人格障害の被害にあいません

自己愛性人格障害の被害とは、

嫌な思いをしながら自ら、相手に寄って行くような人に

愛の言葉を言い、将来の約束をしながら

相手に自分の感情やイライラをぶつけて

嫌がらせをしながら、

その相手を離さないような異常な環境の中で

行われています。

 

よく学校などで

本人の意思とは関係なく、行かなければならない場所があり

そこで行われているいじめのような行為は、

周りの人が気づくことによってその人を助けることができます。

(実際には、気づかれないように行われていて

気づくのが難しい場合も多いと思いますが、

本来なら、周りの人が気づいてきちんと対処すれば

やめさせることができるものです。)

でも、自己愛性人格障害の場合は、

周りから見ても、被害者本人が、その自己愛性人格障害の人に

寄っていっているようなところがあり、

ただの痴話喧嘩のようにしか見えないのです。

 

でも、被害者本人が自ら寄っていっているように見えるのも、

本当は自己愛性人格障害の人のほうが、

絶対に離さない勢いであなたに近づき、

「あなたが好きだから」

「あなたをほっておけない」

「あなたを本当に大切にするよ。」などと言い、

本当にやさしくしたり、実際に生活の面倒を見たりしているので

誰が見ても、とても遊びには見えず、

あなたのほうが絶大な信頼を彼にいだいてしまうのです。

 

そしてそのことは、あなたしか知らないのです。

幸せなその彼との生活は、彼の都合のいいうちは

ずっと続きますが、

いったん彼のほうの都合が悪くなると、

冷酷に壊していき、そして彼自身もそんなことはなかったと、

忘れてしまうのです。

自己愛性人格障害の人は、自分を犠牲にして必死になって彼を追いかけてくる人が好き

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

優しくて自分にどこまでもついてくる人が好きということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人って

優しくてあったかい人が好きなんです。

 

冷たくしてもひどいことをしても

けなげにどこまでもついてくる人が好きなんですよね。

 

そして、それをかばって人に言わないでいてくれる人が

好きなんです。

 

だって都合がいいからなんです。

 

だってそれだけひどいことをして

自己愛性人格障害の人の中の

今にも爆発しそうな怒りを発散させても

捨てないで、あなたが好きよ、愛してるんです、

ってあなたがいっていたら

自己愛性人格障害の人は悪者になりません。

自己愛性自己愛性人格障害の人は

尊大な自分を見せつけていなければ

自分に価値がないような気になって極度の恐怖を覚えるんです。

 

だから、もし、自分があなたに

ひどいことをしているなんて

周りの人に知れたら恐怖で生きていけません。

 

そしてそれを隠しているというこそこそした行動を

自分がとっている、ということも

認められませんから、

自分でもそんなことはしていない、と

本気で思い込みます。

 

だから、彼自身もそんなことはしていないと思っています。

 

そして見事にあなたが彼の希望通りに動いてくれている間は

彼はあなたを絶対に離したくありません。

 

だってこれほど便利なものはないから。

 

例えば、彼とショッピングモールに行ったとします。

 

自己愛性人格障害の人の特徴として

姿をくらます、ということがありますが、

あなたがどれだけ彼を追ってくるか試して

あなたの愛情を確かめ、ほっとします。

 

わざと隠れたりするのです。

 

そしてあなたが息を切らして必死で彼を探し、

「あれ?どこに行ったのかな。

帰っちゃったのかな?」と顔色を変えて、不安になっているところを

陰から見ていたりします。

 

自分は喫茶店に入ってコーヒーを飲んでいたりするんです。

 

あなたが必死になって探し、

やっと彼を見つけて

「どこ行ってたのよ?」なんていうと

「ばかやろう!心配したんだぞ!」と逆に怒られたり、

「どこいってたんだよ。俺も探したよ。」なんて

心配してたフリをしたりするんです。

 

 

普通の人と自己愛性人格障害の人の違うところは、

必死になって息を切らし、ゼイゼイ言いながら探しているあなたを見ても

ちっともかわいそうだとも思っていないところなんです。

 

でもあなたは、そんなこと思いもしません。

現に彼も「探していた」と言ったり、

心配したり怒ったりしたものですから、

彼も必死だったんだと思います。

 

でも、自己愛性人格障害の人は

わざと隠れるということを頻繁にし

途中で帰ってしまったり、ということもしたりするんです。

 

それを何のためにやるのかというと

あなたが苦しむところを見て満足したいのです。

 

あなたが必死になって彼を探し、不安になっているところをみて

優越感に浸るのです。

 

そしてかわいそうと思うのではなく、

完全に支配している、と高揚しているだけで

あなたのことなど少しも考えていないのです。

 

そしてそれを悪いとも思っていないのです。

自己愛性人格障害の人からターゲットにされない方法

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人から

ターゲットにされない方法について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害者が

被害に合っていてなぜかその被害をうまく説明できない

ということがあります。

 

 

うまく説明できないから

被害に合っていることに気づけないのです。

 

自己愛性人格障害の人に

何かひどいことをされても

「あれ?」気のせいかな、と思う程度で済んでしまうのです。

 

もし、自己愛性人格障害の人が、

何をしているのか、気づけるようになれば、

モラハラ被害を防ぐことが、

できるようになります。

 

しかし、人の常識ではとても考えられないような思考をしているため

普通の人ではモラハラ被害について

気づくことは、なかなか難しいのです。

 

対処できるようになるにはまず、

目の前で、その理不尽な行動を目にして

長い間、嫌な思いをし続けた人にしか分かりません。

 

長い間、時間をかけてずっと同じようなことを

繰り返しされているうちに

あれ?っと思いだす人もいるのです。

 

でも、中には、ずっと危害を受け続けて

気づかず、私が悪いのかな?と思い続けて

一生、添い遂げる人もいます。

あなたは、モラハラ被害を受けやすい体質をしているのですが

それが分かるようになると

普通の人では自己愛性人格障害の対処は

難しいのですが、

あなたは、自己愛性人格障害の人に

対処できるようになるかもしれないです。

(ここは、自己愛性人格障害を治せるようになる、

とは勘違いしないでください。

自己愛性人格障害の人側は変わることなく

あなただけが変わり、

あなたが防ぐことができるようになる、と言っているのです。)

 

Tiaraの周りには、

今でも自己愛性人格障害っぽい人はいます。

 

でも、周りにいる人は攻撃を受けても

Tiaraはその人たちにアドバイスすることで

ずいぶんモラハラ行為を防いでいますが、

たまにこじつけのような感じで

自己愛性人格障害の人が

注意してくるときがあります。

 

でも、Tiaraは、自己愛性人格障害の人に対して

注意は軽く受けて注意されたことを直して後は知らん顔をしています。

敵対心を見せず、

Tiaraのせいではない間違いを

こじつけて注意してくる自己愛性人格障害人に

「はい。じゃ直しておきますね。」とだけ言い

間違いだけをさっと直したら

その場をすぐに離れます。

 

 

自己愛性人格障害の人が

そのあと必ずTiaraの様子をうかがっていますので

普通にしています。

 

 

特に敵対心を持つでもなく、

悲しむでもなく、怖がるでもなく

普通にその自己愛性人格障害の人が言ったこじつけの間違いを直して

次の仕事にかかるだけです。

 

この間、その様子を見ていた上司が

「あいつばっか立てることないんだよ。あいつだって間違えたって

絶対に謝らないんだから。」と言ってきましたが

立てているつもりはありません。

 

自己愛性人格障害の人は

関わるとめんどくさいのです。

 

自己愛性人格障害の人は、こじつけてくるし、

機嫌を損ねるボーダーラインは

彼を基準に判断されます。

 

正直ほかの人にその基準が分かるわけがないのです。

 

だから言われたとおりに直すだけです。

 

例えばここで

「この間違いは私じゃない。」だとか

「これはまちがいではない。」と

自己愛性人格障害の人に言った場合、

彼を挑発したことになり、自己愛憤怒を起こし

もっとめんどくさいことになります。

 

だから自己愛性人格障害の人の言ったことをそのままにしておきます。

 

そして、怒られたことを悲しむでもなく、

気にするでもなく、無視するでもなくして

後は、普通にしているだけです。

 

すると、自己愛性人格障害の人は

Tiaraに自分の攻撃が効いているのか効いていないのか

分からなくなり、

攻撃しても何の面白みもない奴、になります。

 

ここでそれを聞いていた人が

びっくりしたり、おどおどしたり

次は自分も言われるんじゃないかとびくびくしていたら

その人がターゲットになります。

 

自分は言われたくないからと

自己愛性人格障害の人のご機嫌を取ったり、

仲良くしようとする人も

いつでもターゲットになる可能性を秘めています。

 

自己愛性人格障害の人には

あまり反応したり、表情を変えたり

泣いたり怖がったり

逆に無視したり言い返したりしてはいけないのです。

 

 

何にもしないのです。

ただ、自己愛性人格障害の人の攻撃に堪えず、

知らん顔をして普通にしていると

だんだんその人には攻撃をしようとも

思わなくなるのです。

自己愛性人格障害の人の言ったことは、本当になる

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が言ったことは、

初めは違っていても、だんだんと本当のことになる、

ということについてお話ししようと思います。

 

自己愛性人格障害の人は、

最初はフレンドリーに近づいてきます。

 

公の人間関係はむしろ得意なほうでしょう。

 

友達のようにふるまい、ほかの人から見ても

仲がいいように見えますが、

二人きりになると、意味のない無視や、態度に説教など

繰り返し行いながら、

あなただけに虐待して、ほかの人にはむしろ親切なのかもしれません。

 

だから周りの人から見ると

全然分からないのです。

むしろいいひと、という風に映るでしょう。

ターゲット本人にも

「あなたのためを思っていっているんだよ。」とかいうので

あなたも虐待されている、とは分からない場合もあります。

 

そして、あなた自身もそうなのかもしれない、と思い込んで

虐待されている、とは分からないのかもしれません。

 

そして彼の言うことを

こじつけにもかかわらず、

あなた自身が、そうなのかもしれない、と思って

いろいろ直そうとしたり、

いろいろ考え込見すぎて

普段なら、できることも、できなくなったりするでしょう。

 

そしてだんだんと失敗するようになり、

彼がそばに来るだけでも

ドキドキするようになったりするのかもしれません。

 

そしてだんだんと本当に

自己愛性人格障害の言ったとおりになっていってしまうのかも

しれないのです。。。

 

そしてあなたはどんどん失敗するようになり、

本当にいろんなことができなくなります。

 

そうなってしまうと、周りの人に

あなたのことを悪く言われたりしても

周りの人も、本当にそうなのかもしれないと

だんだんあなたから離れていきます。

 

彼の言うことをうのみにしてはいけません。

彼の言うことにいちいちびくびくしていたら

あなたは、本当に失敗ばかりするようになってしまうでしょう。

 

そうなるとだんだんと思考回路もストップして

自分でいろいろなことを判断できなくなります。

 

きちんとあなたの目で見て

判断するといいでしょう。

 

あなたは、人に合わせることには慣れているかもしれませんが、

自分で判断することをやめてしまっています。

 

もう少し自分の目で見て判断する癖をつけていかないと、

自己愛性人格障害の人にコントロールされていても

全く気づかないかもしれません。

 

周りはいい人ばかりでなく、

あなたをはめる人も、

あなたの味方ができない弱い人もたくさんいます。

 

自分を守ることをやめてしまってはいけません。

 

そういった意味では、人に合わせるのではなく

自分自身の目で見て、いろんなことを判断していき、

人の目は、あまり気にしないほうがいいのかもしれません。

 

そうすると、あなたから離れていく人も出てくるでしょう。

それでも気にしないほうがいいのです。

 

あなたが、人に合わせるのをやめた瞬間、

あなたから離れていってしまった人とは、

お付き合いをしないほうがいいと思います。

 

むしろ、あなたが自分のことを大事にしていても

自然にあなたに近づいてくる人は

本当の意味で相性のいい相手なのです。

彼に怒られたとき、本当に納得できますか?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の何もしていないのに

行われる長い長いお説教について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛憤怒って言葉を聞いたことがあると思います。

 

普通の人が怒るのとなんか違うんですよね。

 

怖い。

とにかく怖いです。

手を出さなくても、大声を出さなくても

静かに言われようが丁寧に言われようが、

自己愛性人格障害の人の怒り方は、

本当に怖いと思います。

 

中には恐怖で、意識を失ってしまう人もいるみたいです。

[ad#co-1]

Tiaraは自己愛性人格障害の元カレと出会う前に

精神的DVで別れた友達の話を聞いたことがあります。

 

精神的?

手を出されるわけでもないのに何が怖いの?

そんなのただの夫婦げんかじゃないの?

 

そう思っていました。

「それがね、本当に怖いんだわ。もしかしたら手を出す暴力のDVよりも

もっと怖いかもしれない。」

 

正直、その時は全然わからなかったですね。。

 

心のどこかで、その子の我慢が足りないだけじゃないの?

みんないろいろあるけど頑張ってやっていってるのに。。。

 

 

声には出しませんでしたが、

正直、その時はそんな風に思いました。

 

 

でも、今ならなんとなく分かるんです。

その子もそんなに詳しく話したわけじゃないので

状況は分かりませんが、

今は、そういうことあるよねって思えます。

 

まあ、その子の旦那さんが自己愛性人格障害だったかはわかりませんけどね。

Tiaraは付き合っているとき、

よく彼に長い時間、こんこんとお説教をされていました。

 

その時は、お説教だなんて思ってなくて、

彼と二人でやっていくために、分かり合うために

お互いの考え方を話し合う、機会だから、と思っていました。

なぜ、怒られているかは、

いつもよくわからず、

Tiaraが俺のことをわかってくれないんだ、や

こないだ話したのに覚えてないんだね、や

あなたのことがこんなに好きなんだ!や

あなたのためを思って言ってるんだ、や。。。。

 

ほとんどがTiaraが何かしたわけじゃないんです。

 

例えば彼が、こないだ話したのに覚えていない、と言われたときは、

「覚えているよ!」と言ってこの前のけんかの時に話した内容を

言ってみたりするのですが、

「違うよ。。。俺が言いたいのは、そんなことじゃないんだ。。

本当に分かってないみたいだね。。

もういいよ。。。」

と言わてしまったり。。。

でもそのときのTiaraの心境は、

彼がこんなに思ってくれるのに本当に分からないの??や

彼の気持ちを本当に分かってあげられているのかなあ、や

ほんとに覚えていない、病気なの?や

なんでこんなに彼をイラつかせちゃうんだろう?

Tiaraって天然で無神経なの?や。。。

 

分からないくせによく下を向いて涙をぽろぽろこぼしながら

床に落ちていく涙をじっと見つめていました。。

 

延々、長い時は夜の10時くらいから翌朝まで。。。

 

今考えたら変ですよね?

 

数えたことはありませんが10人くらいはつきあっていると

思いますが、

その誰ともこんなことになったことはありません。

 

ひどいことも長々とお説教もされたことは

ありません。

 

あ、昔10代のころに

彼氏の部屋でお留守番をしてて

「消防署のほうからきました!いつもここ留守なんで

消火器買うの義務付けられてるのに、いつ来てもお留守で困るんですよね!」

と言われたことがありました。

 

まだ高校生のTiaraは何も知らず

彼氏が迷惑をかけていると思い込み、

お金を立て替えて後で彼氏にもらえばいっか。

 

とお金を支払ったことがありました。

彼氏に後で請求すると、

「ばかだな。お前。

そういう詐欺はやってるんだよ?

でもお前高校生だもんな。払わないかんと思って払ってくれたのか。

 

もう、だまされたらいかんぞ?」と優しくよしよしされただけでした。

 

ほかの彼氏もみんなこんな感じです。

最後には喧嘩別れしてしまいましたが、悪いことをしたと思っています。

 

怖い思いなんて一度もしたことが

ありません。

 

彼のお説教の時、お説教だとは思ってないんですよね~。

二人がうまくやっていくための話し合いの場だと思っているんです。

 

こんなことがあるようなら

間違いなくあなたの彼は

自己愛性人格障害です。

 

恋人同士の中に、お説教はありません。

 

ケンカならあります。

何ならケンカばっかしていた彼氏もいますが、

みんなあきれ顔でしたが、たぶん二人とも

お互いを怖いなんて思ってません。

 

内容の分からないケンカなんて1つもないんです。

自己愛性人格障害の怒りは

怖い、というより恐怖です。

 

意味もなく痛めつけられる恐怖が

なんとなくわかっていたのでしょう。

 

そしてその恐怖を感じるたびに

ますます彼のことが怖くなっていきます。

 

今なら分かりますが、

彼はTiaraを不安にさせるためにこじつけているだけです。

Tiaraが分からない内容で怒られているんだから

分かるはずもありません。

 

そして分からないことに関して、

こんこんと責めます。

 

永遠に痛めつけ続けることができます。

 

あなたも心当たりがありますか?

 

彼に怒られる時、

それは、けんかなのか、お説教なのかよく考えてください。

 

ただ、あなたが明らかに悪いことをしたときには

お説教をされるかもしれませんけどね?

 

でも、自己愛性人格障害のターゲットになるような人は

決して悪いことなんてしないでしょう。。。

 

あなたの彼は、自分の中の怒りをあなたにぶつけて

あなたより優位に立つことで満足するために、

いろんなことをこじつけて

あなたを痛めつけるために

(あなたとやっていくための話し合い)という名の攻撃を

あなたに仕掛けてきているのかもしれません。

自己愛性人格障害は毎日毎日を最高な自分を演出し続けている

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は、

どうしてあんなにも紳士的なのか?ということについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は、

そんな風にはとてもみえませんが、

毎日を最高の自分に見えるように演出しながら生きていて

その自分を本当の自分だと自分自身でも思い込んで生きています。

 

嘘をついているという概念がそもそも薄いのです。

自分でもそれを本当のことだと思い込んで生きているからです。

 

そしてその最高に尊大な自分をその場その場で、作り続けているので、

そこにつながりがなくてもまったく問題がないのです。

 

たとえばそこであなたが、彼に

嘘をついたと訴えたところで、そんなには彼には響きません。

 

つじつまが合っていてもいなくても

関係ないのです。

 

その場で説明を求められて、もしその場で説明したほうが

自分が尊大に見える、と彼が判断した場合は

どんなことでもこじつけて意味があるように説明してしまいます。

 

特に説明しなくても大丈夫だと思えば

特に説明もしません。

 

つじつまが合ってると思っているのは

あなただけなのです。

 

彼のことは、彼が作り上げた彼が主役の映画を見ていただけだと

思ったほうが、あなたも気が楽になります。

 

彼の中には、悪気もなく、逆にあなたのためを思って

行動しているわけでもどちらでもないのです。

 

ただ、彼が一番尊大に見えるように

演技を、演技だと思わず

演技をし続けているだけなのです。

 

それをあなたは普通の人を見るように

彼を見ているので、あんなことを言ってくれたのに、とか

あんなことをしてくれたのに、とか

期待を持って彼を見ているから、裏切られたような気持ちになって

辛いのです。

彼の中には、たとえ裏切り行為だったとしても

裏切っているつもりはないのです。

 

ただ、自分が優位に、立派に尊大に見えるように

ただひたすら演技をし続けることに必死なだけなのです。

 

 

あなたは、まさかそんな人間がいるなんて思ってはいなかったでしょう。

だから彼に期待をかけてしまって傷ついているだけなのです。

 

彼を冷静にそう思ってみていると、

彼自身は、何も悪いことをしているつもりはないのです。

 

そしてあなたが、怖くなり

彼から逃げ出すと、彼はびっくりして

全力であなたを取り戻そうとするのです。

 

そこには

あなたを愛しているとか、気づいたんだ、とか

ごめんなさいと必死で訴えてきても、

彼は、自分が嫌われることへの恐怖に耐えられないだけで

あなたに対する愛ではないのです。

 

でも、あなたには

完全に愛に見えてしまうでしょう。

 

その後で、知らないといわれたら

あなたは相当辛い思いをするでしょう。

 

そして彼自身も

他の人がどんな感覚で生きているのか

わからないのです。

自己愛性人格障害の人のあなたの呼び寄せ方

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は、

離れているときほど、

愛してると熱烈な気持ちを打ち明けてくる、

というお話をします。

 

今、思えば、Tiaraの元カレは、

離れているときにこそ、

愛を熱烈に訴えかけてきた気がします。

 

普通にうまくいっているときは、

もっとフレンチなのです。

 

普通にご飯を食べたり、

ドライヴに出かけたり、音楽を聴いたり。。。

 

一番の日常的にやり続けたモラハラ行為は

地味なもので、

ふとした瞬間に無視をする、

朝の挨拶をしない、帰りの挨拶をしない、

約束をすっぽかす。。。

彼に、「あれ?今日って一緒に帰るって

言ってなかったっけ?」と聞くと

「ごめん。わすれてた。。」と

普通に言ってみたり。。

 

「あれ?そうだっけ?」と

すっとぼけてみたり。。。

 

なにか嫌な感じがしますが、

怒るほどではない。。。

ですが、あまりにも頻繁なんです。

 

普通の女の子なら怒るでしょう。

怒るというより、こんな人信用できない。。

とあっさり身を引いてしまうかもしれません。

 

自己愛性人格障害の人と長く付き合えたのは、

少なからずあなたの共依存も手伝ってです。

 

普通なら、

彼の自己愛性人格障害を強めることはできません。

 

強める前に、その日常の信用できない態度で、

「あれ?おかしいな。」と

すぐに思うのでしょう。

だからあなたの共依存も直しておかないと、

自己愛性人格障害の人と長く続いてしまうので

危険な状態になりやすいです。

 

少し、話がそれましたが、

彼から別れ話などを出され、

しばらく無視の期間が続くと思いますが、

そんな時に熱いラインが届いたり、

彼からプレゼントが届いていたりするのです。

 

この、別れている期間に

(普通の人からすれば、この

別れている期間、という言葉だけでも

おかしく感じるでしょう。)

彼のあなたに対する熱烈な思いが届いて

あなたも別れきることができないのです。

 

それが、あまり何回も続くと

おかしい、と思いませんか?

 

こうやって、自己愛性人格障害の人は、

離れている期間を使って、

熱烈にあなたを呼び戻すのです。

 

あなたが、彼から別れてと、言われたときが、

あなたを強烈に呼び戻すチャンスなのです。

 

あなたの、彼と戻りたい。。。と

強烈に願っている気持ちを

利用します。

 

あなたをそんな気分になるように

別れ話をして、いったん、

どん底まで突き落としてから

また救いあげるのです。

 

自分でやっているにも関わらず、

自己愛性人格障害の人が、あなたから

強烈に求められるのです。

 

それを愛だと勘違いしてはいけません。

 

それが、彼があなたを彼に夢中にさせる

マインドコントロールなのです。

自己愛性人格障害の人は、計画的ではない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は、

計画的にやっているわけではない、

ということについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は、

はじめ、あなたを熱烈に口説いて、

自分のものにし、その後ターゲットとして

自分のいらいらしたときに

怒りをぶつけるように

だんだんと、なっていったと思います。

 

でも、自己愛性人格障害の人って

はじめから計画的に

あなたをターゲットにしようとしているわけではないんです。

 

自己愛性人格障害の人の人間関係は、

なぜか同じことを繰り返していると

思うのですが、

彼が、自分ではじめからあなたに

精神的虐待を目的に、

近づいてきているわけではないのです。

たまに、自己愛性人格障害の人から

別れ話をされて、

本当にそのまま別れてしまった場合、

結婚詐欺と間違える人がいるのですが、

彼は、故意にそうしているわけでは

ないのです。

 

自己愛性人格障害という病気のため、

はじめは、あなたに魅力を感じて

あなたに近づき

普通の恋人同士のように、彼自身、

あなたに恋をしていると思って

近づいてくるわけですが、

なぜかだんだんと、

あなたに自分の怒りをぶつけて

すっきりとしたくなり、あなたを便利に使って最後には捨ててしまいます。

 

(あなたに価値がなくなった、

と思った場合は、捨ててしまいますが、

ターゲットとしてあなたを扱っても、

あなたが逃げていかない場合、

もしくは他にターゲットになりそうな人が

いない場合は

ずっと一生あなたから離れない場合もあります。)

 

それは、自己愛性人格障害の症状として

嫌がらせの勢いを強めていくうちに

そうなってしまうのです。

 

だから、あなたへのモラハラ行為を

はじめから計画して、

あなたに近づいてきているわけではなく、

だんだんにどうしても

そうなってしまうのです。

 

だから、結婚詐欺でもなんでもないし、

虐待をしてやろう、とか、

あなたはおとなしそうだから

マインドコントロールできそうだ、と

近づいてくるわけではないのです。

どうしても見た目は普通の人と、

同じように見えてしまうので

むしろ、

普通の人よりも賢く、頭がいいように

見えてしまうので

悪意があってやっているように思えて

辛くなりますが、

自己愛性人格障害のひとも

それをやめられないのです。

 

後から、どうしてそうなってしまったか

本人も、悩んでいるのです。

 

だからといって被害者の人からすると

許されることではないのです。

 

だから、一番の解決法は、

あなたが自己愛性人格障害について理解し、

それは、仕方のないことだと思って、

あなたの心を守るために、

彼から離れるのが

一番いい方法なのです。