自己愛性人格障害のひとは自分を信じてくれる人を裏切っても何とも思わない


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分を信じてくれる人を裏切っても

何とも思わない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分のことしか考えられません。

 

それ以外のひとは

嘘でも印象を全く変えて悪者にしても

自分をよく見せるためなら平気です。

 

それが長年連れ添った恋人だろうが

夫婦だろうが

自分の本当の子供だろうが

自分以外のひとは

悪者にしても全く平気なのです。

 

 

ただ、自分がそんな人間だということは

全力で隠しますので

そんな風にはとても見えませんが

時間がたって後から考えてみると

とてもよくわかります。

 

もし、自己愛性人格障害のひとに

新しい恋人ができたとしたら

今まで、あなたのことをどれだけ大切か

話してきていたとしても

まったく事実を捻じ曲げられて

あなたがとんでもなく

ひどい人間だと言われている可能性があります。

 

そう話すことによって

次の恋人に

彼がとてもいい人に見られるとしたら

なおさらでしょう。

 

だから彼の過去はないものも同然になります。

 

 

そしてその時は、そう言うことによって

周りの人からの信頼を得て

彼がとても生きやすいように

見えるかもしれませんが

次の瞬間にはなかったことに

なっているかもしれませんので

自己愛性人格障害のひとには

足跡というものが全くなくなってしまうのです。

 

そのことによって彼が今を一番都合よく

周りの人に思わせることができたとしても

彼には思い出や

積み上げてきた人間関係というものが

全くなくなってしまうのです。

 

そのために歳をとった

自己愛性人格障害のひとが

今まで自分が何をしてきたのか

まったくわからなくなって

むなしくなることがよくあります。

 

関わってきた人も

時間を無駄にしてきただけかもしれませんが

自己愛性人格障害のひともまた

何をしているのかよくわからないのです。

Tiaraは彼との思い出を

ずっと大事にしてきましたが

彼が何をしていたのかが

分かってくると

彼が感情を高ぶらせて

Tiaraと一緒にいたい、とか

俺にはTiaraしかいないんだ、というような

ドラマのようなセリフも

ただその場で一番都合がよかっただけの言葉だった、

ということがとてもよくわかります。

 

ただ、その時は

Tiaraに逃げられたくなかっただけなのです。

 

自己愛性人格障害のひとは知りませんが

普通のひとには

感情や愛情というものがあります。

 

そこまでのセリフを言うということは

Tiaraをどうしても離したくないから

思いを打ち明けているとか

将来、この人以外に考えられないと考えて言うもので

そのあと理由もないのにあっさりと別れて

何事もなかったように次の恋に行くことは

考えられないでしょう。

 

このまえ、友人と話をしていて

「女だって別れたら

すぐにほかの男と付き合うやつもいるんだから

なんの不思議もない。」という言葉が出たのですが、

そういう時は

そこまでの感情はないはずなので

そこまでの会話もないのです。

 

 

もしそれほど強い思いがある場合は

しばらくはほかのひとと

付き合うなんて考えられないでしょう。

 

ただ、付き合っていて

別れただけならTiaraだってすぐに別のひとと

付き合ったことがないとは言いません。

 

でも、自己愛性人格障害の彼に

言われた責任感のある重い言葉は

覚悟をして受け止めたので

自己愛性人格障害だとは知りながらも

自分の気持ちがすぐに次のひとに

移ることができなかったのです。

 

彼がそこまで言わなければ

おそらく彼とはお付き合いすら

していなかったでしょう。

 

彼がそこまで言ってくれるからこそ

信用したのです。

 

おそらく自己愛性人格障害の彼と

付き合った人のほとんどが

一方的に彼を好きだったという人は

いないはずです。

 

彼から、これは信用できるという

熱い思いを何度も何度も告げられ

真剣にお付き合いをお互いにしてきた

と思っていたからこそ

思いが深くなっていると思われます。

 

だからこそなかなか忘れられないのでしょう。

 

Tiaraは今まで

自己愛性人格障害という病気があることを

知りませんでしたので

なかなか彼のことを忘れられなくて

相手があっさりとほかのひとと付き合っている場合や

結婚してしまった場合は

彼の方はそんなにも真剣でもなかったのかな?

と思っていたと思うのですが

もしかしたらそういった人のほとんどが

自己愛性人格障害だったのではないかと

思います。

 

普通のひとは、本当に愛している彼女から

そんなに簡単に離れたりはしないのです。

 

自己愛性人格障害の彼が

また戻ってくることはないでしょうか?

という質問を受けることがあるのですが

自己愛性人格障害のひとは

何度も何度も戻ってくる可能性はあります。

 

でもそれはあなたがまだ

ターゲットとして

彼に支配されていると感じている場合のみで

相手が自己愛性人格障害の彼を

信じなくなった場合には

二度と戻ってこないでしょう。

 

自己愛性人格障害に人が

戻ってくるということは

あなたを愛しているから

戻ってくるわけではなく

あなたが彼に支配され続ける自信があるから

戻ってくるだけなのです。

 

つまり自己愛性人格障害のひとが

戻ってくるということは

あなたにとって良いことではないので

できれば戻ってこないほうが

あなたは幸せなのです。

 

はっきり言います。

 

自己愛性人格障害のひとに

他人に対する思いはありません。

 

周りの人は

自分をよく見せるためだけの道具なのです。

自己愛性人格障害とはそういう病気です。

自己愛性人格障害のひとは他人との安定した関係は望めない


こんばんは♡

いよいよゴールデンウィークに入りますね。

 

自己愛性人格障害の彼や

旦那様を持つあなたは

一緒にいる時間が長くなって

嫌がらせの機会が

増えてしまうかもしれません。

 

もし急に彼の態度が冷たくなっても

そうなるのが当たり前ですので

今から不安にならないように

心の準備をしておいてくださいね!

 

変な言い方かもしれませんが、

旅行などの計画がある人は

急にその計画がダメになってしまう

可能性もありますので

なんとなくそのことを心のすみに

置いておいて心の準備をしておくと

あなたが楽でいられるかもしれません。

 

さて、今日は、

自己愛性人格障害のひとの心情について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛英人格障害のひとは

常にイライラしています。

 

それが通常の精神状態でありますが

自己愛性人格障害のひと本人も

そんなことを表面に出していたら

みんなに嫌われてしまうことは

百も承知ですので

普段はできるだけ落ち着いて見えるように

極端に努力しづつけています。

だから自己愛性人格障害のひとは

常に疲れ続けているのです。

 

そんな状態ですから

また普通のひとよりも

イライラしやすくなってしまい、

ちょっとでも話の苦手な人や

要領の悪い人は、自己愛性人格障害のひとを

イラつかせてしまう可能性が高いです。

 

だからもし、あなたが

要領の悪い対応タイプだったり

自分でもドジなほうだと認識している人は

できるだけ自己愛性人格障害のひとの

そばにはいないほうがいいかもしれません。

 

ですが、もし頭のいい人や要領のいい人でも

自己愛性人格障害のひとを

イラつかせる可能性がありますので

いずれにしても良いことはないのですが。。。

 

頭がよく、要領のいいタイプのひとは

自己愛性人格障害のひとも

イライラすることが少ないので

初めのころは居心地が良いと感じ

自己愛性人格障害のひとと

仲良くなる可能性は高いかもしれません。

 

また見た目にきれいで周りの人から見て

自慢になるような彼女も

自己愛性人格障害のひとのプライドを満足させ

一緒にいる機会が増えるかもしれませんが

一緒にいる時間が長くなれば長くなるほど

自己愛性人格障害のひとは

その人に対してイラつきやすくなり

そしてまた、それでも一緒にいてくれる

安心して付き合うことのできる彼女に対しては

さらに安心して怒りをぶつけても

逃げていかない、と安心しきっていますので

どんどん嫌がらせは強くなってしまいます。

 

こう考えてみると

初めから自己愛性人格障害人を怒らせてしまう

どんくさいタイプのひとは

初めから自己愛性人格障害のひとから

相手にされないので

もしかしたら考え方によっては

ラッキーかもしれません。

 

自己愛性人格障害のひとにとって

初めに満足していた

優しかったりきれいだったり

頭が良かった彼女に対しては

長くなればなるほど

ひどい扱いになっていきますし

付き合いが長くなればなるほど

付き合っていた彼女の方も

捨てられる時はよけいにショックですよね?

 

ですから彼が自己愛性人格障害だと

知った時点で

できるだけ早く離れることができたほうが

あなたにとって幸せかもしれません。

 

自己愛性人格障害のひととは

なぜか素敵で落ち着いて見えますので

別れることになったときは

相当なショックを受けるかもしれませんが、

自己愛性人格障害のひとは

他人と安定した関係を

築くことができないのです。

 

あなたがもし、自己愛性人格障害だった場合は

Tiaraのブログは

とてもショックだとは思いますが

自分でそのことを認識してしまえば

人と長く一緒にいること以外のことで

自分を幸せにする方法を考えてみてください。

 

もしかしたら

一生一緒にいられるパートナーを

見つけることはできないかもしれませんが

1人で好きなことに

打ち込んでいるときの

自己愛性人格障害のひとは

本当にイキイキとして見え

自己愛性人格障害のひと本人も

満足していることがとても多いのです。

 

もし、あなたやあなたの彼や旦那様が

自己愛性人格障害だった場合は

1人で好きなことに没頭する人生を

選んでみると

意外と幸せに生きられるのかもしれませんね。

自己愛性人格障害のひとは、自分を上げることに必死で自分でも何をしているのかよくわからない


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

本当は自尊心がなく不安定なのに

どうしてあんなにも安定して見えるのか

ということについて

お話ししていきます。

 

視界に入った自己愛性人格障害のひとから

どうしても興味がそらせません。

 

Tiaraが今まで信じてきた常識が全く違う

人がいるということに気づいてから

この人たちについて興味深々です。

 

 

今はもう、自己愛性人格障害の彼と別れて

かれこれ3年ほど経とうとしていますが

それでも、興味はなくなるどころか

異常に気になって仕方がありません。

 

 

ですが、この興味とは真逆に

どんどんTiaraは落ち着いてきて

動じなくなってきています。

 

自己愛性人格障害のひとに対して

期待しても仕方がない、ということが

分かり切っているからでしょうか?

 

突然怒りを向けられても

ああ、しょうがないね、

どうしてもそうやって自分が上に立たないと

潰されそうで怖いんだね、

そんなことしないのに。。

とすべてが瞬時にわかってしまうので

攻撃の効かないTiaraにTiaraのことが

怖くなってしまうのかもしれませんね。

 

つまり

自己愛性人格障害のひとは

まさかそんなことをするわけはない、

と常識では考えられないことを常にしながら

自分のほうが上に立つことで

精神を安定させています。

 

 

そして、被害者のほうは

常識で物事を考え

きちんと話したら分かってくれるはず、とか

相手に尽くしたら

必ず相手も分かってくれるはず

と信じて疑わず

そのため、

そうでない自己愛性人格障害のひとに

不安になると思います。

 

不安になるからこそ

ほかのことに注意がいかなくなり

落ち着きがなくなり

彼に嫌われた理由ばかりを探して

それでも分からず

彼の気持ちが分からず自分を責めてしまう

という悪循環を繰り返します。

 

 

その結果

あなたのその不安になった表情や

彼にこびる態度を見て

自己愛性人格障害のひとは

自分は尊敬されるべき人間だ、という自尊心を

異常なほど上げていき

落ち着いていられるのです。

 

その結果

自己愛性人格障害の被害者は

どんどん周りに気がいかなくなり

失敗を繰り返して

周囲の信用を無くしていき

そしてどんどん自分に

自信がなくなっていきます。

 

つまりあなたは

自分のせいではないことで

自分が落とされていっていることに気づかず

勝手に反省することで

どんどんジレンマにおちいっていくのです。

 

そして自己愛性人格障害のひとは

あなたを踏み台にすることで

どんどん気持ちは安定し

さらに共感力が全くないので

そんなあなたを

いきなりバッサリ切ることができるので

自分のことだけに集中することができて

自分の能力を上げていきます。

 

自己愛性人格障害のひとに

落ち着いていて

能力の高い人が多いのはそのためなのです。

 

それならいつか

自己愛性人格障害のひとのメンタルが

落ち着いて不安ではなくなり

自分に自信があふれ、他人をつぶさなくても

生きていけるようになり

今までしたことを反省してくれるようになる

ということがありそうですが

ありません。

 

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼も

過去の恋愛で気づけなかったことや

自分の性格で人間関係を壊してきたことは

自覚していて

それを反省してもう二度と

そんなことはしたくない、と思って

20代から30代にかけて

10年ほどかけて性格を直したんだ、

と言っていました。

 

それを聞いて

自分の失敗が冷静に判断できることや

それを一生懸命努力して治してきたことなどを

一生懸命説明してくれたので

その時は大丈夫だと思っていました。

 

むしろその話を聞いて

彼への信頼は増したと思います。

 

4年半、関係を持たせようとしてきたことで

何度か別れ話や

距離を置く期間はあったのですが

それでも彼が必死で抑えてきたから

続いたんだと思います。

 

たまに会話の中で

(本当にそう思ってる?)と

思ったことはありましたが

それでも彼の言葉をいつも信じてきました。

 

でもやはり、今までの出来事が

あれ???とくつがえされたように

最後に彼が言うことが

おかしくなってしまったときは

もう、Tiaraの好きな彼では

ありませんでした。

 

ただ、無理やりにこじつけている

ということが

ありありと分かって

目が点になったほどでした。

 

彼の作った精一杯きれいに言った

「元カノに戻るよ。」といった言葉も

ショックというよりは

(なんで今さら・???

あんなにTiaraじゃなきゃダメなんだ、

とドラマチックに泣いたあれは???)

と思う瞬間でした。

 

あまりにも長すぎて

あまりにも間が抜けすぎていて

きれいにまとめることが

できなかったのでしょう。

 

今まであれほど力強く

言ってきたことが

まともに通じないほど

急に理由もなくくつがえったので

本当に彼の中に物語の台本があり、

その物語を演じていただけで

自分で作ったその内容ですら

彼は覚えていないようでした。

 

4年半、おかしいことも何とか理由をつけて

自然に見せてきたことも

その場で一番都合のいい物語を

つなげてきただけだったので

彼の中で明確な記憶として

残ってはいなかったのでしょう。

 

 

彼がTiaraよりも以前に

付き合ってきた彼女たちとのことを

「結構長いこと付き合ってきたはずなのに

何をしてきたのか、全然覚えていないんだ。」と

言っていたことを

リアルに経験した出来事でした。

 

このように自己愛性人格障害のひとは

自分を上げることに必死で

自分が何をしているのか

自分でもよくわかっていません。

 

 

そんな彼を責めることは

Tiaraにはできません。

 

彼は病気なのです。

 

 

ですが、自分の身と心を守るために

あなたは自己愛性人格障害の彼とは

できるだけ早く離れて

あなたを本当に愛してくれる

一緒に未来に向かって頑張っていける人を

見つけてくださいね!

自己愛性人格障害のひとの攻撃が少し引いているなと感じるときはあなたではないほかのひとにターゲットが移っている可能性がある


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

しがみつきについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

治ることはほとんどないと

言われています。

 

あなたの彼がもし

自己愛性人格障害だとするならば

あなたはいつか彼が

分かってくれるようになるかもしれないと

いつまでも一緒にいて

今よりも良い関係が築けるようになるまで

頑張ることは

非常に危険です。

 

 

あなたが彼から

離れなければ、離れないほど

自己愛性人格障害の彼は

あなたを縛り付け

そしてあなたの自分以外の

世界をすべて壊していきながら

あなたを自分から離れられないように

しています。

 

彼自身も必死で努力をして

あなたが彼を全面的に信じれば信じるほど

彼はあなたの心を壊していきます。

 

そして、あなたが彼のことが怖くなり

彼と距離を置くようになると

あなたには何もできなくなる可能性が

高くなるのですが

この場合は、

彼の病気の症状が治ったわけではなく

彼があなたに離れていかれると困るため

ターゲットをあなたから

別のだれかに移動しているだけです。

 

あなたに子供がいた場合は

自己愛性人格障害のひとの子供だろうと

ターゲットになることは

充分に考えられます。

 

もし、あなたが

モラハラ対処をしていて

彼が

あなたが何を考えているのか

分からなくなり

あなたへの攻撃が減ったり

あなたの気分を良くさせるような

言葉をたくさん言われたのだとしても

それは病気がおさまったとは

とても考えにくいです。

自己愛性人格障害のひとの

ターゲットが

あなたではない

ほかのひとに移っていることが

おおいのです。

 

そして新しくターゲットになった人に

締め付け行為をおこなったり

その人を支配したり、

自分の怒りをぶつけたりして

あなたのかわりに

その人が壊れてしまうまで

攻撃をやめません。

 

 

ターゲットをほかに移すことで

あなたへの攻撃が減っているように

見えるだけの話です。

 

 

そして自己愛性人格障害のひとは

ずっと大切にしたい居場所を

持っていませんので

都合が悪くなると

直ぐに行方を変えることができます。

 

 

自分が良く思われるためには

いくらでも

方向転換をしてくるのです。

 

そういった意味で

自己愛性人格障害のひとは

自分の意思をはっきりと

持っているわけではなく

世の中の常識にむけて

いくらでもころころと

自分をかけることができるのです。

 

だから悪い人に見えにくいのですが

被害者の精神をつぶすまで

踏みにじり続ける姿は

恐ろしいほどひどい人間です。

 

ですが、その姿が表面上に現れない限り

自己愛性人格障害のひとを取り巻く環境は

自己愛性人格障害のひとを

いい人に見せてくれるのです。

 

もしあなたの子供に

自己愛性人格障害の被害が

向けられていると感じているなら

あまり深くならないうちに

子供が自己愛脳にならないよう

彼とは距離を置くべきなのです。

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は自尊心を下げる人を徹底的に避けまくる


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者が

どうしたら

希望を持てるようになるのか

ということについて

お話ししたいと思います。

 

前回のブログで

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人は

自尊心が低い人が多いというお話を

いたしました。

 

自尊心とは、

自分を尊敬する気持ちというよりは

特に特別な存在でなくとも

今のままの自分で満足していて

安定した気持ちを

持っている人のことです。

 

子供は生まれたときに

何も持たずに生まれてきますが

たいていの場合は

ご両親に待ち望まれて生まれてきて

そのままの存在を愛される人が

ほとんどです。

 

ですが、何らかの事情で

ご両親からの当たり前の愛情を

受け取れなかった子供や

両親の仲が悪く、

まったく子供に

関心が持てない親に育てられたり

ひどい時は虐待や

または、本人でなくても

父親が母親を支配している様子を

目の前で見て育つ、という子供にも

みられるということが

分かっています。

 

とにかくどんな状況かは

その人に寄るのですが

ありのままの自分を

受け入れられなかったがために

何か相手のためになるようなことを

しなければ

愛されないと思い込んでいます。

 

そして、なぜかそれは

外に出るとその人の雰囲気として

なんとなく現れてしまうようで

その自尊心のなさを感じ取った人に

自尊心を傷つけられる機会が

増えます。

 

そしてどんどん自分に

自信を失っていくので

相手に好かれようと

必死であいさつをしたり

近づいたり

自分の話を聞いてほしくて

人にすり寄る

というどちらかというと

うざい人が多いです。

 

その様子がバカにされてしまうので

あなたが自分に対して

自尊心を持つことが大事なのです。

 

 

とはいえ、あなたは無意識に

自分に自信がないので

どうしても寄りついてしまい、

必要以上にまじめに相手に対して

誠実でいようと

努力をしてしまいます。

 

その様子が、そういった人を

馬鹿にするような人がいると

また自尊心を傷つけられる言動を

向けられてしまい

悪循環となってしまいます。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人というのは

そういった自分にとって

ひどいことをする人が

気になって仕方がないのです。

 

 

そして

どうして自分が悪く思われているのか

分からないけど

とにかくもし誤解をされているのなら

その誤解を解こうと思ってしまったり

何とか相手に認めてもらおうと

極端に親切にしたり

相手に歩み寄ったりして

何とか自分の存在を

認めてもらおうとします。

 

それは、本当に危険な行為であり

普通のひとは

そういった人物は危険なので

避けようとするのですが

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人というのは

そういった人にこそ

寄り付いていってしまうのです。

 

だからいつもひどいことになると

悩んでいることが多いのですが

そもそも自己愛性人格障害のような

危険な人物に

自ら近づいてしまっているのです。

 

それでは、トラブルになるに

決まっていますよね?

 

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人というのは

ひどいことをされると

自分のほうに原因があると

思い込んでしまうのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の中のおなかの中の怒りを

そばにいる

弱い人にぶつけているだけです。

 

その人が悪いわけではないのです。

 

だから自尊心のない人というのは

危険を引き寄せてしまうのです。

 

あなたにトラブルが多いのは

何もあなたのせいではありません。

 

あなたが自分の自尊心が低いために

自分が悪いと思い込みすぎていて

自己愛性人格障害の

八つ当たりな行為にも

必死で分かってもらおうと

自ら歩み寄ってしまうから

怖いことになるのです。

 

普通に当たり前の愛情を

受けて育った人は

自尊心を持っているので

八つ当たりのような

自分に原因のないことへの

相手の怒りには

相手がおかしいことに

すぐに気づき距離をとります。

 

 

そして自己愛性人格障害のひとも

自尊心がないので

自分から距離を取られてしまうと

嫌われることを極端に恐れているので

その人には

近づきもしなくなるのです。

 

結果、自尊心を

きちんと持っている人は

トラブルに遭う確率が

格段に下がります。

 

そしてその格段に下がった分

自分に自信のないあなたが

自己愛性人格障害の被害を

自ら受けに行ってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の被害を

避けたければ

自分に身に覚えのない怒りは

徹底的に避けることです。

 

よく考えてみれば

いつも相手のことを

思っているあなたが

何かするわけはないですよね。

 

 

それは自己愛性人格障害のひとの

おなかの中の怒りで

あなたには関係のないことです。

 

自分に関係のない

自己愛性人格障害のひとの怒りは

避けて避けて避けまくりましょう。

 

あなたの自尊心を下げる言葉を

聞くこともなくなりますので

嫌な思いもしなくなります。

 

周りのひとがあなたの自尊心を

下げることばかりいうので

あなたも

自分には価値がないのではないか

と思ってしまうのです。

 

あなたの自尊心を下げる

周りの言葉ばかりを聞いていなければ

あなたが自信をなくすことも

なくなるのです。

 

あなたはあなたが誇りを持てることを

自信を持ってやってみてください。

 

そうすれば

あなたは自分が

なにもしていないことに気づきます。

 

そしてあなたの自尊心を

無意味に傷つける人の怒りは

その人本人の問題ですので

あなた自身は

そっと身を引きましょう。

 

そうすれば

あなたの自尊心はだんだんに

戻ってくるはずです。

自己愛性人格障害のひとは自分が優位に立てないと急におとなしくなる


こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは

自分が優位に立てないと分かると

急におとなしくなる、

ということについて

お話ししようと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとと

お話をしていると

気づくことがあるのですが

まだしりあって間もないころは

やたらと親切にしてきたり

周りの様子を本当によく

うかがっていて

その人が困った瞬間に

瞬時によりついてきて

その対策を教えてくれたりします。

 

自己愛性人格障害のひとに話したり

相談したりしたわけでもないのですが

どこからか飛んできて

今困っていることについて

アドバイスをくれたり

一緒に手伝ってくれたりします。

 

それはそれでありがたいので

心を許して自己愛性人格障害のひとと

そのまま仲良くなってしまう人も

多いでしょう。

 

本当に驚くほどコミニュケーション力が

高いのですが

自己愛性人格障害の存在に気付くと

いつもこちらの様子を

うかがっているのが分かります。

 

初めのころはそれでうまくいく人も

多いと思います。

 

そのうちに困ったことだけでなく

人の失敗にもよく気づくことが

分かります。

 

「ねえ、あの子また

どっかにいなくなっちゃったよ?」

とか

「また今日も困ってるんじゃない?」だとか

親切というよりはだんだん

その人の失敗を

周りの人に聞こえるように

言っていることにも気づきます。

 

今のTiaraは

自己愛性人格障害の存在に

気付いているので

それを聞いたところで

その人のことを悪く取ることは

ありませんが

人によっては

自己愛性人格障害のひとの話を聞いて

(またいなくなっちゃったんだ。

サボってるのかな?)とか

(また困ってるんだ。

分からないことが多いんだな。)

とその人が何をしているのかも

知らないくせに

だんだんバカにするようになる人も

いるはずです。

 

何気ない会話の中にも

自己愛性人格障害のひとの欠点が

良く見えています。

 

そして、そのうちにその人がもし

自己愛性人格障害のひとに

親切にされたことでなつきだすと

今度は冗談まがいにからかいだして

大声でその人のダメなところを

宣伝しだすのです。

 

人のことを悪くしか言わないし

自分の親切心も

こっちから頼んだわけでもないのに

執拗にまとわりついて

異様なほどの

しがみつきをみせつけながら

親切にしてくれますので

この子なんか変だな、と気づきます。

 

以前のTiaraなら

全く気づきもしなかったでしょう。

 

ちょっとうざいけど悪い子じゃないし

きっとTiaraと

仲良くしたいだけなんだろうな

と思い

受け入れてしまっていたと思います。

 

ですが今は

自己愛性人格障害かもしれない、と

その人と距離を取り出すのですが、

すると今度は急に丁寧な態度になり

おとなしくなるのです。

 

これは自己愛性人格障害のひとでは

ない人でも

起こりうることなのですが、

仲良くなるとあなたのことや

他人のことを

バカにしだすので

分かります。

 

普通のひとは、仲良くなればなるほど

安心感と信頼が増すのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

他人よりも

自分のほうが上だと思うことに

異常な喜びを感じていますので

他人の悪い話を聞くと

うれしそうな顔をしたり

冗談まがいに笑いものにしたり

するのです。

 

普通のひとは他人の悪い話に

そんなに嬉しそうに飛びついたり

しません。

 

その時の顔が異常にうれしそうなので

自己愛性人格障害のひとは

すぐに分かるのです。

 

ですが、自分よりも上だと思った

人物や

自分よりも頭がいいと思った相手には

驚くほど従順です。

 

だからそういった品格を持った

立場が上のひとや

おかね持ち、会社の上役のひとや

経営者などは

自己愛性人格障害のひとの

ひどいところを

見たことがないはずです。

 

そして

そういった人には

ものすごく気に入られようとして

しがみつくので

自己愛性人格障害のひとは

上の位のひとからの評価は

驚くほど高いのです。

 

あなたの立場が

自己愛性人格障害のひとより

立場が下だったり

よほど自己愛性人格障害のひとには

負けないものがない限り

自己愛性人格障害のひとの

そばにいると

驚くほどけなされて

見下されていくのです。

 

 

そしてそこにしがみついて

彼に気に入られようとすると

とんでもないひどい思いをします。

 

自己愛性人格障害のひとに

気に入られてはいけません。

 

そして嫌われても

とんでもないことになるので

自己愛性人格障害のひとには

常にニュートラルに接するのが

一番です。

 

もともとそんなに

かかわっていなければ

自己愛性人格障害のひとは

驚くほどおとなしいのです。

自己愛性人格障害のひととけんかになったり無視をされたりした後に即座に許してはいけない理由


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとと

けんかをしたり無視をされた後に

即座に許してはいけない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

 

自己愛性人格障害のひとは

突然意味もなく

機嫌が悪くなったり

無視をしたりすることがあります。

 

あなたは責任感がとても強いので

何もしていないとしても

彼が怒っている原因は何かと考えだし

無理やりに自分に何か原因があるのではないかと

考えてしまいます。

 

人間とは不思議なもので

何か出来事があると

その出来事に納得しようとするため

自分の中でその理由を考え出してしまうのです。

 

そして、その事実があるから

彼が怒っている、と考えがちですが

そもそも自己愛性人格障害のひとは

自分のおなかの中の怒りをぶつけても

大丈夫な人がいれば

何もなくても

どうしてもその人に甘えてしまい

自分の中の怒りをぶつけてしまいます。

 

つまりあなたの常識とは

まったく逆なのです。

 

普通は何か出来事が起こってから

それに対して怒ったり不機嫌になったりしますが

自己愛性人格障害のひとは

常におなかの中に怒りがたまった状態で

いるので、

機会さえあればいつでもそれを発散させたいのです。

 

周りに怖い人や

自己愛性人格障害のひとのわがままを

許してくれない人がいる場合は

自己愛性人格障害のひとでも

少しもその怒りの感情を表に出すことは

ありません。

 

穏やかで親切で尊大な人物を

演じてしまっています。

 

なぜなら、自己愛性人格障害のひとは

極端に人から嫌われることを

恐れていますので

その人の怒りに触れるのが極端に怖いのです。

 

そして、

どうしても普通のひとよりも

より優しく温厚にしていないと

いつ怒られたり捨てられたりするのか

分からない、と思っているので

極端にいい人を演じて

おなかの中の怒りを

我慢してしまっています。

ところが、

周りに、自己愛性人格障害のひとの

怒りを受け止めてくれる優しい人や

すべてを自分のせいにしてしまう

責任感の強い人がいると

安心して

どうしてもその人に怒りを

ぶつけたくなってしまうのです。

 

もし、あなたがそんな優しい人だったり

自己愛性人格障害のひとと

離れたくないと思っているような

自己愛性人格障害のひととの人間関係を

より良いものにしようと努力している人だとしたら

彼は、安心してあなたに怒りをぶつけてきます。

 

そして、どんなに理不尽に怒っても

あなたはすべて自分のせいだと思い込み

勝手に反省してくれるからです。

 

これで自己愛性人格障害のひとが

意味もなく怒っても

誰も自己愛性人格障害のひとを

責めたりしなくなるので

安心して

あなたを悪者にしてくるのです。

 

こういった理不尽な怒りを向けられたときは

あなたが自分のせいじゃない、

というような態度をとることにより

自己愛性人格障害のひとの怒りが

不自然に見えてきます。

 

自分のせいでもないのに

自分が悪いことをしたような顔を

しないことです。

 

なぜならあなたが彼と

うまくやっていきたいという気持ちを利用して

関係ないあなたに八つ当たりをしているだけなのに

あなたが反省することにより

本当にあなたのほうに原因があることに

なってしまうのです。

 

あなたが理不尽な怒りを買うのはこのためなので

自己愛性人格障害のひとが相手だった場合は

気をつけましょう。

 

 

普通のひとは

あなたに何度も八つ当たりをしたり

自分の罪を擦り付けて

あなたの評判を落とすことなどないので

このような行動ばかりとっている

と気づいたときは

その人はおそらく自己愛性人格障害なので

付き合うといいことがありません。

 

たとえ彼だったとしても

あなたが持っているものは

愛情だろうが、友情だろうが

仕事だろうが、名誉だろうが

すべて、なくなるほどつぶして

その行動を止めることが

自己愛性人格障害のひと本人にも

できないので

あなたのほうから

そっとばれないように距離を置いていくように

しましょう。

 

たとえ彼のことを好きだったとしても

それは彼が自己愛性人格障害だから

魅力的に見えただけで

あなたが見ている彼は

本当の姿ではないのです。

 

次回は自己愛性人格障害のひとと

けんかになったり突然無視をされたり

トラブルになったときに

どうしたらいいかを検証していきましょう。

自己愛性人格障害の彼との恋愛が終わった後に


こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の彼との恋愛が

終わった後に

次の恋に進むための準備期間について

お話ししたいと思います。

 

Tiaraは、自己愛性人格障害の彼と別れた後に

次の恋ができていません。

 

もしかしたらTiaraのサイトを訪れてくれるあなたも

なかなか彼のことを忘れられないのでは

ありませんか?

 

 

自己愛性人格障害とは病気の名前で

性格が悪いわけではありません。

 

あなたの彼が自己愛性人格障害だった場合

どんなに理不尽な目に遭ったのだとしても

どこか憎み切れないところがあるのでは

ありませんか?

 

 

自己愛性人格障害とは

]相手を限度なく潰してしまう

とてもひどいことをする病気ですが

自己愛性人格障害の彼本人も

幼いころの自分では

どうすることもできなかった

記憶がないほど遠い過去に

とても辛い思いをして

心が耐えられなくなったために

共感力にふたをして

自分のことしか考えられなくなってしまった

病気です。

 

だから、彼も元は被害者だし

もし、彼が自己愛性人格障害でなかったら

こんなことにはなっていなかったのかも

しれません。

 

いっそのこと、嫌いになることができたら

楽なんですが、

Tiaraのサイトを訪れるほとんどの方が

彼が自己愛性人格障害ではなかったなら

ずっと一緒にいたかった、と言っている人たちが

ものすごく多いのです。

 

 

でもやはり彼は

あなたのことを本当の意味では

愛してくれていたわけではなかったですし

あなたの存在を世間から消してしまうほどの

パワーがありますので

一緒にいるうちに

だんだんと怖くなり

彼のそばにいられなくなった人が

ほとんどです。

 

もしかしたらあなたがまだ

納得がいっていないうちに

自己愛性人格障害の彼に

別れを告げられてしまった、という方たちも

大勢いることでしょう。

 

そんなときは

普通のひととの恋愛と違って

なかなか次の恋に進めない人も

たくさんいらっしゃいます。

 

自己愛性人格障害のひとはその病気の特徴から

尊大な自分を演じて周りのひとから

立派に見えるような言動を繰り返しますので

本当に素敵な人が多いです。

 

普通のひとは魅力があったとしても

そこまで自分をよく見せることに

固執していないので

どこかで気を抜いたり言葉遣いが悪かったり

どこか抜けた部分も持っている人が

大半です。

 

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

異常なくらいに自分の魅せ方にこだわって

常に演じ続けていますので

素敵に見えるのは当たり前です。

 

むしろ、自己愛性人格障害だからこそ

普通のひとよりも見た目にも立ち振る舞いにも

素敵な部分が出てくるとも言えます。

 

そんな作り物の本当にあなたを愛することのできない人のことは

素敵な恋の思い出として

もっと、現実にあなたと新しいこれからを生きてくれる

本物の相手を見つけてほしいです。

 

とは言え、そういうTiara自身も

彼と別れた後

何人かの人とデートしてみたのですが

やはりどうしても彼のことが気になって

付き合うことはできませんでした。

 

最近になってようやく誰かと付き合ってもいいな、

という気持ちが出てきましたし

今ならもし、好きな人ができたら

彼のことを思って付き合えない、ということはなさそうです。

 

ですが、Tiaraはこの間に

かなりの歳を重ねてしまいましたので

恋愛に発展することは

若い方に比べると難しそうです。

恋はいくつになってもできるので

これからでもないことはないかもしれませんが

なかなか難しいですよね。

 

だからもしあなたがまだ若いとしたら

できるだけ早く、

恋のチャンスがあるうちに

新しい恋をしてほしいのです。

 

もし、まだあなたが

自己愛性人格障害の彼のことを

忘れられないとしたら

今は無理に次のひとと付き合っても

上手くいかないでしょう。

 

あなたの心が彼が自己愛性人格障害という

愛情の分からない病気だと納得できるまでは

なかなか難しいと思います。

 

それと、自己愛性人格障害の彼が

素敵すぎたので

普通のひとでは満足できないかもしれない

という方がたまにおいでになりますが

それは彼が自己愛性人格障害だったからこそ

演じていた姿なのです。

 

 

そこに彼の真意はありません。

 

自己愛性人格障害とは温和で物分かりの良い

情にもろく本当にいい人を

表面上、演じているだけなので

あなたが見た彼は

本当の彼ではないのです。

 

それに気づくと

彼のことが忘れられない、という気持ちは

小さくなっていくと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたを愛していたわけではなく

あなたを愛する素晴らしい人物を

演じていただけなので

彼本人も

あなたと別れてしばらくすると

自分が何をしていたのか分からなくなるでしょう。

 

彼本人も、あなたに対する愛情が

本物の愛情だったと思っている場合も

ありますが

その場合、あなたはひどいことをされたほうなのに

あなたのほうがひどいことをしている

と自分がしたことを他人に転化して考えるので

あなたはしてもいないことで彼から恨まれています。

 

どちらにしても話は通じませんので

それを踏まえて

彼の今までの言動を考えてみると

あなたにも分かるようになってきます。

 

あなたと付き合っていたころの

彼のうれしそうな笑顔や

愛情は

悲しいですが彼自身もあると思い込んでいた

架空の物語なのです。

 

もう一度会うと

今までのきれいな思い出まで

吹き飛んでしまうほど

ひどいことをされますので

できるだけ早く離れられたことで

彼との恋愛をきれいな思い出にできたと

感謝して、

次は本当にあなたと

分かり合える人との出会いを待ちましょう。

自己愛愛性人格障害のひととは、あなたに執拗にくっついてきながらもあなたを蹴落とす言動を繰り返す人のことである


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

行動について

裏から見た場合の見え方について

お話したいと思います。

 

 

 

自己愛性人格障害のひととは

あなたのそばに

執拗にくっついてきていながら

あなたを蹴落とす言動を

繰り返す人のことです。

 

あなたがした、ちょっとした失敗は

(誰にでもあるようなこと)

大げさに伝えられ

そのせいで自己愛性人格障害のひとに

迷惑が掛かったことになっていますが

そんなに対して迷惑をかけては

いません。

 

自己愛性人格障害のひとも

同じように失敗はするのですが

自分の失敗はできる限り隠して

分からなくし、

さらに普通のひとは

人の失敗にそんなに興味もないので

自己愛性人格障害のひとが

失敗したことにすら

気づいていないことが多いです。

 

あなたの失敗もそのままにしておけば

そんなに目立つ失敗ではないのですが

自己愛性人格障害のひとが

大げさに口にしたり

その失敗をぬぐう、

尊大で寛大な自分を演じないと

いられないので

結果としてあなたの失敗は目立ち

自己愛性人格障害のひとの業績は

目立ってしまいます。

 

結果としてあなたは落ちぶれ

自己愛性人格障害のひとは

出世していくわけですが

自己愛性人格障害のひとは

それをするために

ターゲットの存在は

常に必要なのです。

 

そして、少しづつ

それを繰り返されることによって

徐々に周りの人から少しづつ

あなたの信用が

失われていってしまうことに

なります。

 

あなたを蹴落とす言動を

繰り返しながらも

自己愛性人格障害のひと自身は

その自尊心の低さから、

周りの人に

生きている価値がないと

思われてしまうことに

ひどく怯えていますので

全力で、自分をよく見せることに

極端に、力を尽くしています。

 

そのため、あなたのほうが、

その人とうまくやっていきたいと

思っている場合

自己愛性人格障害のひとが

おかしいのではなく

あなたのほうが

おかしな人だと映る可能性が

高くなっていってしまいます。

 

自己愛性人格障害のひとの

その独特の言動は

表面上の尊大な自分を

演じ続けることで

とてもきれいに

カモフラージュされているので

ほとんどのひとには

気づかれにくのです。

 

もしあなたが

彼とうまくやっていきたいだとか

彼に好かれたいと思っていたり

彼に誤解されたくない

と思っている場合

あなたがどれだけ誠心誠意

向き合っていても

どれだけでも

ひねくって取られてしまう

自己愛性人格障害のひとに

弁明をするあなたの姿は

周りの人から見ると

とてもうざい存在に

見えてしまいます。

 

だってあなたの誠意を

わざとそのままに受け取らず

自己愛性人格障害のひとが

あなたより上に立とうと

無意識にしてしまうことから

あなたのことを

下に下げていってしまうので

どうしてもあなたのほうが

出来が悪く見えてしまうのです。

 

これは仕事でも恋愛関係でも同じで

あなたがうまい具合に

ターゲットっぽく振舞ってしまうと

あなたのほうが

嫌がられている自己愛性人格障害のひとに

縋り付いていっているように

見えてしまい

みじめな存在に見えてしまうのです。

 

周りの人からも

軽く見られてしまいやすく

また信用されないように

なってしまうのです。

 

だからあなたがどれだけ誠心誠意

説明をしてもさらに

あなたがただ単に

うざい人間に見えてしまいますので

逆に自己愛性人格障害のひとが

価値のある人に見えてきます。

 

自己愛性人格障害のひとが

しようとしていることは

成功しているのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

まさにその極度のコンプレックスから

逃れるために

人を蹴落として

自分の価値を上げていますので

人を見下したり、人の失敗を

必要以上に

周りの人に悪く見えるように

演出することで

まさに自己愛性人格障害のひとの

評価は

上がっていくのです。

 

 

だから自己愛性人格障害のひとは

この原理を使い

本当に出世していくことが多いです。

 

 

過去に知り合った

自己愛性人格障害のひとの

現在の様子を聞いてみますと

本当に出世していることが

よくあります。

 

もし、そんな人に

あなたがつぶされて

立場を追いやられたことがある場合

おもしろくないと思います。

 

 

誠心誠意、正面から立ち向かっても

自己愛性人格障害のひとに

勝つことはできないのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

恋人だった場合も同じで

自己愛性人格障害のひとのほうから

熱烈にあなたを

必死で口説いてきたのだとしても

後になって考えてみると

自己愛性人格障害のひとは

何とも思っていなかったのに

あなたのほうが

うざいくらい

必死で追っかけていたことに

なっていることも多いのです。

 

あなたがもし

自己愛性人格障害のひとの

妻だった場合も、同じで

妻の失敗を

常にフォローする優しい夫、

という設定になっていると思います。

 

それが事実でないことは

Tiaraには分かっているのですが

世間のひとの大半は

分からないことが多いのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとを

信頼していた場合は

悔しくて仕方がないと思います。

 

ですが、自己愛性人格障害と

いうものは

そういうもので

本人も、まさか自分が

そんなことをしているとは

夢にも思わないのです。

 

 

それは自尊心が極端なほど

低すぎるために

自分がそんなひどいことをしている

と認めることすら

辛すぎて認めることができないので

相手が悪くて

自分が被害者だと

思い込もうと

無意識のうちにしてしまうのです。

 

あなたが自分の心と名誉と

自分の立場を守るためには

自己愛性人格障害のひとが

していることに

いち早く気づき

あなたの心を彼から

離すことにあります。

 

 

そしてどんなにひどいことをされても

自己愛性人格障害のひとから

無関心にされたとしても

気にしたり、自分のほうを

振り向いてもらおうとしては

いけません。

 

あなたが気にすれば気にするほど

自己愛性人格障害のひとが

あなたの存在を否定したときに

自己愛性人格障害のひとの価値が

上がるのです。

 

あなたは

自己愛性人格障害のひとの

引き立て役のために

あなたのしていることを

すべて否定されてしまい

自分に自信を無くしてしまいます。

 

あなたがどんなに

必死に努力をしたことも

自己愛性人格障害のひとのために

自分が折れたことも

すべてひどいことだと

見せかけられてしまい

そしてそれが成功してしまうのです。

 

それくらい自己愛性人格障害のひとは

本気で全力でそんなことを

常にしているので

めんどくさいからと考えなかったり

そのまま素直に受け取ってしまうと

知らない間にどんどん立場や

あなたの存在が

おとしめられていってしまうのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとには

全力で気づかれないように

必死であなたのしていることを

隠してください。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

そもそも共感力がありませんので

あなたが自分の気持ちを素直に

態度に出したり

口にしないとあなたの心が分

からないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

分からなければ、あなたの印象を

コントロールすることが

できませんので

あなたをおとしめたり

あなたを不安にさせたり

あなたを悲しませることが

できません。

 

 

あなたがもし

自己愛性人格障害のひとの恋人で

彼にあなたの気持ちを

分かってもらおうと

必死で話せば話すほど

自己愛性人格障害のひとが

あなたを傷つけたりおとしめたり

みじめな存在にすることが

やりやすくなるのです。

 

 

だからどんなに彼のことが好きでも

相手が自己愛性人格障害だと

気付いたときは

あなたの存在を

彼に隠さなければならないのです。

 

そのために

あなたの心を

徐々に彼から離していき

彼に無関心になることで

あなたの心と立場を守ることが

できるのです。

自己愛性人格障害のひとは心が近づけば近づくほどモラハラ攻撃を仕掛てくる可能性が高くなる


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

心が近づけば近づくほど

モラハラ行為をしてくる可能性が高くなる

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

人から魅力的に思われたいという気持ちが

普通のひとよりも異常に高いので

はじめはとても好印象だと思います。

 

 

とてもやさしかったり親切だったり

周りの人の体調を気にかけてくれて

声をかけてくれるなんていうシーンを

よく見かけると思います。

 

情にもろく感激しやすい面も見られ

本当に心があったかい人なんだな

という印象を持つ人がとても多いです。

 

 

中には一見冷たそうに見えたり

厳しそうに見えたりする人でも

ふとした瞬間に、とても気づかいのある

言動を見ることがあり

本当はとてもやさしい人なのではないか、

と思わせるような自己愛性人格障害のひともいます。

 

だからはじめは分からない人が多いと思うのですが

仲が親密になるにつれ

ほかのひとにはやらない、冷たい態度や厳しい態度を

あなたにだけ見せるようになっていきます。

 

初めのころはそれでも

それは愛情が深まったからこそ

心配してくれていたり

思いやりがあるからと

あなただけが特別な存在のようにも感じられ

彼から叱られることに

真剣味を感じてさらに信じてしまう人なんかもいたりします。

 

 

ですが、それは

自己愛性人格障害のひとの

ひどいことをしても

あなたが離れていかないかどうかのテストなのです。

 

あなたは、自己愛性人格障害のひとの

冷たさや厳しさも愛情から

どんどん受け入れていってしまうと

嫌がらせはどんどんひどくなります。

 

 

とは言え

自己愛性人格障害のひとも

自分は幸せになりたいという思いが

普通のひとと同じようにありますから

あなたと一緒にずっといることができないかと

あなたに期待をかけていることも事実です。

ですが、その思いはあなたへの愛情とは

少し違っていて

自分がどれだけあなたに

自分のおなかの中の怒りを

ぶつけても離れていかないで

自分のそばにいてくれるかどうかのテストなのです。

 

 

ですが、あなたも人間なので

どんなにひどい仕打ちを受けても

あなたを不安にさせるような行動を連発されても

身に覚えにないことで何度も無視をされても

一度も逆らわない、ということは

できないと思います。

 

だからやがては

彼に疑問を投げかけたり

時には彼を責めてしまったり

彼に気持ちを分かってもらおうと

話し合いを続けてしまうことが

あると思います。

 

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼は

この話し合いというものがとても好きでしたが

彼曰く

ケンカをするよりもお互いを分かり合うために話し合いがしたい、

ということでした。

 

 

カップルでもどうしても違う環境で育ってきていますから

当然意見がぶつかり合うことは

あると思います。

 

ですがそこをけんかではなく

話し合いをしたいという彼となら

絶対にうまくやっていけると

安心したことを覚えています。

 

 

ですが、自己愛性人格障害のひとの言う

話し合いとは、

あなたの言葉の揚げ足をとるためのもので

本当に二人の仲を解決しようとしていたためでは

なかったのです。

 

まもなくゴールデンウィークが始まると思いますが

彼とこのような話し合いになったときは

これをきっかけに

彼があなたに怒ることになり

ゴールデンウィークの計画をダメにして

あなたにショックを与えるためだと思われますので

できるだけ彼と話し合いになるのを

避けるようにしてください。

 

 

長い長いゴールデンウィークに

あなたと会わないための計画が

進められていきますので

長期休暇の前後のけんかには

細心の注意を払い

なるべく会話を減らすことが

できるだけ平和に過ごすコツになります。

 

そして前もってけんかになるかもしれない、

と心の準備をしておいたほうが

あなたもショックをできるだけ受けずに

済むと思います。