自己愛性人格障害の人が恐ろしく優しくなる時の理由は?




こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

おそろしく優しくなる時があることの

理由について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

自分が人よりも上だと思っているときは

気分が盛り上がっています。

 

今、この瞬間

相手の人をディスったり、

こばかにしたりできる状況の時は

ご機嫌な傾向が強く、

穏やかに笑いながらいうときがよくあります。

 

その光景を側から見ていますと

冗談っぽく聞こえて

深刻味はあまり感じませんので

周りを笑わせるために言っている

ブラックジョークのように聞こえると思います。

 

ですが、そのとき自己愛性人格障害の人は

その人よりも

自分の方が上に立っているような気分になっていて

一瞬ですが、

気分良く過ごせています。

 

また、自己愛性人格障害の人に

悩み事を打ち明けると

わりと親身になって答えてくれたり

考えてくれているように見えるのですが、

自己愛性人格障害の人は人の弱みを見ることが

何よりも大好物なので

とても満足して話を聞いているだけなのです。

 

そんな時の自己愛性人格障害の人は

おそろしく優しいので

あなたはとても気持ちよく話を聞いてもらって

いい人だなと感じてしまうかもしれません。

 

自己愛性人格障害の人が

悩みを深刻に聞いてくれている時は

その人がどんなに惨めな思いをしているのかに

興味を持っているだけなので

あなたをなんとかしてあげようと

解決するつもりで

話をきいているわけではないのですが

その態度にあなたはとても満足するはずです。

 

こんなにも真剣に考えてくれている、と

自己愛性人格障害の人に

絶大な信頼感を持ってしまうかもしれません。

 

ところが、自己愛性人格障害の人は

常に人の弱みを探していますので

自分から聞き出す事なく、

あなたの方から一生懸命に話してくれているので

疑われる事なく

あなたの弱みを聞き出すことに成功しているので

とても気分がいいのです。

 

その後も「そーいえばあれからどうなった?」

と聞かれることがあるかもしれません。

 

そんな時、この前親身になってきいてくれたからと

あなたの方から一生懸命話してしまうと

あなたが自分にたいして信頼感を持ってくれていると

あなたに関しては

安心して接すると同時に

あなたの欠点を探ることができるので

とても好都合なのです。

 

自己愛性人格障害の人は

常に人から嫌われる恐怖にさらされていますので

安心できる存在をどうしても探してしまいます。

 

そんな中あなたが自己愛性人格障害の人に

自分の悩みを相談することによって

自己愛性人格障害の人との

上下関係ができてしまいます。

 

ここで注意したいのが、

自己愛性人格障害の人は自尊心が全くないことから

世間に鼻つまみ者として放り出されてしまうことに

(本当はそんなことはないのに)

異常な恐怖心を抱いていますので

お腹の中に常に爆発しそうな怒りと不安を

常に持ち続けています。

 

ですが、世間の人たちを信用していないので

その怒りを出して

自分が嫌われてしまうことに

初めから強い恐怖心を持ち続けています。

 

ですが、この人になら

自分のイライラした気持ちをぶつけても

許してくれると踏んだ相手には

機会があるごとに

相手を責めることで

自分の中の怒りを安心してぶつけることができます。

 

あなたが

自己愛性人格障害の人に悩みを打ち明けるということは

あなたが相手を信頼しているとバレてしまうので

自分のことを信頼してくれる相手には

自己愛性人格障害の人は

安心して怒りをぶつけることが

できてしまいますから

あなたは怒りをぶつける対象になってしまいます。

 

あなたの悩みを

親身になって聞く自己愛性人格障害の人に

心を許してはいけません。

 

あなたが自己愛性人格障害の人に

悩みを打ち明けることで

自己愛性人格障害の人は

あなたから信頼されているという安心感を持ちます。

 

あなたの弱みを握ることもできているので

自己愛性人格障害の人の好きなタイミングで

あなたの悩みを

一番言ってはいけない人にいう事もするでしょう。

 

 

自己愛性人格障害の人は

周りの人間関係を壊すこともとても好きですし、

人間関係が壊れてひとりになった人を

好む傾向があるのです。

 

だってひとりになって仲間がいない人は

いくら潰しても分かりにくいですし、

自己愛性人格障害の人がひどいことをしても

それを他人に漏らされる心配も無いのです。

 

だから、自己愛性人格障害の人は

自分のことを好きな人の人間関係を

知らず知らずのうちに破壊していきます。

 

悪い評判を立てたり

あなたが一番言われたく無いことを

一番知られたく無い人に伝えたりするのです。

 

だから自己愛性人格障害の人に

悩みを打ち明けてはいけません。

 

相談するときは

相手が自己愛性人格障害では

無いのかを

確認した上で相談したほうがいいでしょう。

 

 

もし万が一、自己愛性人格障害の人に

相談を持ちかけてしまうと

あなたをターゲットとして

認識してしまう可能性が非常に高くなります。

 

自己愛性人格障害の人には信頼されないほうが

自己愛性人格障害の人は

あなたをもっと丁寧に扱ってくれます。

 

だってあなたがどんな人間か分からないと

あなたがどんな反撃をしてくるか分からないので

あなたの存在が恐ろしく

そう思っている間はあなたに嫌われないように

あなたには親切にすると思います。

 

自己愛性人格障害の人は

普通の人とまったく違う感覚を持っていますので

自己愛性人格障害の人が穏やかに過ごせているときは

何が彼を穏やかにしているのか考える必要があります。

 

普通の人は、穏やかに過ごせているときは

何も問題がないのですが、

自己愛性人格障害の人は穏やかに見せることで

自分はこんなにいい人間なんだ、と

見せかけるている場合もあります。

 

誰かを下にするために

1人を省いて周りの人と

穏やかに談笑する場合もあります。

 

この場合は被害者に

自分が1人だけ入れてもらえていないことに

気づいてもらわないと何にもならないので

長時間、しつこいくらいに

話をやめないことがほとんどです。

 

だから、ちょっと不自然なくらい

話が長いという傾向にあります。

 

一人の時も

誰かと仲がいい、ということを

見せかけていなければならない心情に駆られますので、

わざわざ用もないのに電話をして

ずっと話をしている場合も多くみられます。

 

周りの人と談笑する、とか

だれかと長時間電話をする、という行為は

普通の人の場合はなんでも無い行為なのですが、

自己愛性人格障害の場合は、

嫌がらせの一環だと考えられます。

 

このことに気づいていない人が多いので

まさか嫌がらせをしているなんて

気づかない人がほとんどですし、

なんなら被害者ですら気づかないことが多いのです。

 

だけど何かのきっかけで

自分の話は聞いてもらえない、だとか

他の人の話にはすぐに反応するのに

自分の話には反応しないと気づくようになり、

一旦気付くと嫌な気持ちになります。

 

これは長期間やり続けることで気づくことなので

被害者以外や、またはその場を少し通りかかったくらいでは

気づかない人の方が多いです。

 

被害者自身が自分で気づくまでやり続けるし、

被害者が人にかまってもらいたい願望が強い人になると

より短い期間で気づくことになります。

 

あと自己愛性人格障害の人がこれを嫌がらせに使うのは

自己愛性人格障害の人本人が

自分以外のひとが

自分を省いて仲良くしているところが許せないので

他の人も嫌がっているのではないかと

考えているせいではないかと思います。

 

試す方法が1つあって

自己愛性人格障害の人は

自分以外の人がチヤホヤされていたり

ほめられていたり、

自分以外の人たちが盛り上がって話をしていると

耐えられなくなってすぐにどこかに行ってしまいます。

 

Tiaraはこの光景を見て

あ、やはりこの人は

自己愛性人格障害だなと確信することが

とても多いです。

 

自己愛性人格障害の特徴に気付くと

自己愛性人格障害はとても分かりやすいのです。

 

普通の人は周りの人が盛り上がっていると

一緒に楽しもうとしたり

自分も居心地が良くなったりするのですが、

自己愛性人格障害の人は違うのです。

 

自分1人だけが目立たないと気が済まないし、

自分1人だけが特別扱いされていないと

満足できないのです。

 

自分以外の人が褒められていたり、

盛り上がっていたりすると

その場では何も言わないことが多いのですが、

知らない間に

その人が盛り上がっていた人たちの間で評判を落とし、

その人が今後はその輪に入れないように

気づかないように動いているので

すぐに分かります。

 

次の機会には仲が良かったグループに

なんとなく入れなくなっているので

自己愛性人格障害の人が

陰で動いていたと仮定することができるのです。

 

自己愛性人格障害の人が

その場にいないときは

何も起きません。

 

ずっと変わらず、

仲の良いグループは仲がいいままですし

うまく行っているところが

なんの原因もなしに雰囲気が悪くなることは

あり得ません。

 

 

例え問題が起きたとしても

しばらくしたら解決していることがほとんどですし、

自己愛性人格障害の人のいないところでは

不可解な出来事は何も起こらないのです。

 

今までいなかった場所に

新しく自己愛性人格障害の人が来たときはてきめんで

今までは何もトラブルが起きていなかったのに

トラブルばかりが起きるようになるので

その人の行動を観察してみてください。

 

症状のひどい自己愛性人格障害ほど

初めの頃の印象は好印象なことが多いので

気をつけて接するようにしてください。

 

その人が、自己愛性人格障害だった場合、

以上にあげた出来事が起こってくるので

できるだけ反応を減らし、

早急に周りにも対処をしたほうが

被害が少なくて済むでしょう。



自己愛性人格障害の被害に遭わないためにあなたができる行動ベスト3



こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

被害に遭わない為の行動ベスト3

を紹介したいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は

初めはとてもいい人という印象を与えます。

 

自己愛性人格障害の人は

尊大な自分を見せつけなければ気が済まないので

初めは良い人を演じたり、

有能なところを見せつけたりして

周りの人たちを自分に惹きつけなければ

あとで嫌がらせをすることもできません。

 

自己愛性人格障害の人は

とても頭がいいように思えますが、

その場その場で一番都合がいいように生きているので

その時と場合に応じてコロコロ言っていることが変わり

一貫性がありません。

 

そこで嘘をついているように見えたり

この前と言っている事が違うと被害者は戸惑いがちですが、

自己愛性人格障害とはそもそもそういうものです。

 

だから信用しても無駄なのです。

 

そのことをあらかじめ知っていますと

驚くことはありませんし、

心の準備もできますので

あなたがショックを受けずに済みますし、

彼を怖がることも彼の機嫌をどうやって治そうか

考える必要もありません。

 

まず、自己愛性人格障害の人に対して

1番にこのことを知っておくことが大切です。

 

自己愛性人格障害とはそういうものなのです。

 

自己愛性人格障害の人が

普通の人だと思っているからこそ

自分が悪い事をしたのかなと気になり

謝ってしまったり、何が彼をそんなにも

怒らせてしまったのか考えることになり

かなり振り回されます。

 

自己愛性人格障害の人に振り回されているときは

あなたは自分のことは考えられなくなるでしょう。

 

自己愛性人格障害の人に

気に入られることばかりを考えてしまいますが、

そんなことは無駄なことなのです。

 

例えば、あなたが

自己愛性人格障害の人の被害にあっているとして

あなたがご機嫌をとったところで何も変わりません。

 

あなたがもし

自己愛性人格障害の人が周りの人とは

うまくやっているように見えたとしても

あなたがみているから、そんな振る舞いをするだけで

あなたがいなくなれば

自己愛性人格障害の人は

あなた以外の人と仲良くすることもやめてしまいます。

 

だからもし、

あなた以外の他人と

自己愛性人格障害の人が

仲良くしているところを見かけたら

あなたはその場からそっと席を外してみましょう。

 

その場からできるだけ早く、

できるだけさりげなく離れることが

あなたが出来る自己愛対策の

2番目に意識しておくことになります。

 

すると、今まで

楽しそうに話していた自己愛性人格障害の人も

話をするのをやめてしまうでしょう。

 

あなたが見ていなければ

自己愛性人格障害の人は

楽しく雑談をする必要はないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

本当に周りの人達と仲が良いわけではないのです。

 

ただのターゲットに対する嫌がらせです。

 

あなたがその輪に入りたいと思っても

どんな努力をしてもその輪に

あなたが入れることはないでしょう。

 

 

だから努力をしても無駄ですが、

そもそも自己愛性人格障害の人は

嫌がせを止めることができないので

自分からしがみついてきて

自分のことを認めてほしい、

と思っている人を手放すことができないのです。

 

だってそこで

本当に仲良くしているわけではないのですから。

 

あなたが自分に責任があると思い込んで

自己愛性人格障害の人のご機嫌をとったり

悲しそうな顔を見せたりしたら

自己愛性人格障害の人は

もっとあなたに嫌がらせをしてくるはずです。

 

だから

自己愛性人格障害の人に

気に入られたいと思うことはやめましょう。

 

これが出来るだけで

自己愛性人格障害の人のすることを

間に受けなくて済むようになります。

 

第3の心がけとして

これがとても重要になります。

 

 

自己愛性人格障害の人に気に入られても

なんの意味もないことです。

 

むしろ、あなたが

自己愛性人格障害の人に気に入られることは

あなたの方から

自己愛性人格障害の人に擦り寄ってくる形になるので

自分がしているひどいことを

被害者のせいにできて、

安心して自分の感情をぶつけることができる

安心できる存在になってしまいます。

 

 

自己愛性人格障害の人は嫌がらせをしまくって

あなたが堪えるのを楽しみにしています。

 

あなたの惨めな姿を見て

自分の方が上だと確認していないと

不安で落ち着いていられないのです。

 

自己愛性人格障害の人が

落ち着いているときは

必ずターゲットがすぐそばにいます。

 

あなたがもし、

自己愛性人格障害の人の行動に振り回されて

おどおどしていたり、

不審に思っていたり、

謝ったり、ご機嫌をとったりすれば

周りの人から見ても

本当にあなたが悪いと思われてしまいます。

 

自分がしたことでないなら

謝ったり認めたりしてはならないのです。

 

Tiaraも自己愛性人格障害の人の悲しみがわかるので

ついつい同情してしまいそうになるのですが

ここで同情するととことん悪者にされてしまいます。

 

だから自分でやったことでないなら

まったく知らん顔をしています。

 

それかさりげなくその場を離れるのです。

 

そうすれば、自己愛性人格障害の人も

あなたのせいにすることができず、

あなたは被害を受けずに済みます。

 

自己愛性人格障害の人の行動に

あなたが反応してしまうということは

あなたはやってもいない罪を

自己愛性人格障害の人から

あなたのせいにされることに

自ら協力していることになるのです。

 

いい人とはなんでも自分のせいにしたがりますが

あなたがやったことでないなら

逆に認めてはいけないのです。

 

逆にあなたがしたことで

間違ったことをしてしまった場合は

潔く謝り、話を長引かせないことです。

 

できるだけキッパリと短く

いったほうがいいと思います。

 

できるだけ二人きりになる機会を避け、

大勢の目にさらされている場所にいるほうが

自己愛性人格障害の人からの攻撃を受けずに済みます。

 

ついうっかり

自己愛性人格障害の人と二人きりになってしまったときは

できるだけ言葉を交わす事を避け、

ただ、やらなければならない作業に黙々と取り組み、

できるだけ早くその場を離れるべきです。

 

そうやって身を守り、

自己愛性人格障害の人の嫌がせに堪えて悩むなどして

自己愛性人格障害の人を喜ばせてしまうことに

ならないようにしましょう。

 

この子にやってもなんの反応も得られず、

つまらないと思わせることが

自己愛性人格障害の対策になるのです。


自己愛性人格障害の人は被害者に異様にこだわる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

被害者に異様にこだわることについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

異様に被害者にこだわります。

 

ところが、他の人からは

それがわからないことがほとんどです。

 

なぜなら、自己愛性人格障害の人は

自分が被害者には

なんの興味もないように見せているので

あまりこだわっていないように見せるのです。

 

ですが、Tiaraがみていると

自己愛性人格障害の人は

被害者の目の前で

他の人にやたらに親切にしているところを見せたり、

仲の良いところを見せたりして

被害者にはまったく興味がないようにしています。

 

ですが、それは

被害者が見ているところだからこそ

していることで

あなたがもし、

自己愛性人格障害の人に苦しめられていると感じるなら

試しにその場から、

本当にさりげなく、席を外してみるといいでしょう。

 

すると、ほとんどの場合、

今までどんなに話が盛り上がっていたとしても

自己愛性人格障害の人は

その人と話をすることをやめてしまうでしょう。

 

被害者が見ていなければ、

ひとと話すことにも意味がないのです。



Tiaraの恋愛相談室を訪れる人の相談を聞いていますと

自己愛性人格障害の彼が

自分には冷たいのに

周りの人達とはとてもうまくやっている、

という話をよく耳にします。

 

些細なことで喧嘩になり、

そしてなぜ彼が怒ったのか、

あまりにもよくわからないまま

自分の何がいけなかったのか必死になって考え

どれだけ謝っても

許してくれないと言うことがよく起きます。

 

何日も口をきいてくれなかったり、

顔を見ることすらしてくれなかったり、

連絡が途絶えたり、

冷たい態度を取られたり、

Lineや電話も無視をする、という場合が

多々見られます。

 

そのような時も必ず、自己愛性人格障害の人は

必ず被害者が気付く様なところで

盛り上がって話をしていたり、

とても仲良くやっていたり、

親切だったり、時にはとても有能で

周りの人から尊敬されている場面を

被害者がよく目にしてしまうのです。

 

それは偶然ではなく、

自己愛性人格障害の人が

あなたにまさに見せる為にわざわざ

必死になってしていることで

でもとても必死にしているとは感じられず、

あくまでも自然に振る舞っているかの様に見せますが

そこまで計算してしているのです。

 

なんのためにそんなことをしているのかというと

被害者の自尊心を傷つけるためです。

 

人間は普段はそんなに意識していない人でも

執拗になん度もなん度も

自分に非がないのに

無視をされたり、冷たくされたり、

軽くあしらわれると

だんだん違和感を感じてきます。

 

どんなに鈍感な人でも

普段はとてもおおらかで気持ちの大きな人でも

いつもいつも、

何度も何度も自分以外の人に以上に親切にしていたり、

自分を差し置いて盛り上がられたり、

逆に自分が同じことを言っても

自分の時だけは無反応だったり、冷たくされると

他の人は気づかなくても気になってきます。

 

他の人はやたらと自分には親切にしてくれたり、

笑わせてくれたり

有能なところを見せつけられるので

自己愛性人格障害の人に対して

特に悪いイメージは持ちません。

 

ですが、その人に親切にするのも

被害者を傷つけるために

何度も何度も気づくまで

執拗にやっているだけなのです。

 

被害者がいなければ、

自己愛性人格障害の人は、

その人ともそんなに仲良くしないし、

そんなに親切にもしないし、

そんなに盛り上がって談笑したりもしないのです。

 

そこであなたが悲しんだり悔しがったり、

辛そうな態度をとってしまうと

あなたの方が彼にこだわっている様に

見えてしまいますし、

自己愛性人格障害の人にとっては

それが狙いなのです。

 

ですが本当は、

自己愛性人格障害の人の方がこだわっているからこそ

ビックリするほど本当に執拗に

何度も何度も繰り返しやりますし、

普通の人はそんなにしつこく執拗にそんなことはしません。

 

だからその人が、

自己愛性人格障害だということがわかるし、

その時点で、その人にこだわっていると

あなたの状況がどんどんどんどん悪くなって

しまいますので

避けるようにしなければなりません。

 

自己愛性人格障害の人の異常なこだわりが

あなたに対して依存している、

ということがよく分かります。

 

自己愛性人格障害の人が

周りの人とうまくやっている様に見えるのは

まさに周りの人から好印象を持たれるために

していることで

別にその人のためではないのです。

 

あなたが

自己愛性人格障害の人に

こだわっているように見えるからこそ

自己愛性人格障害の人には

価値があるように見えますし、

そばで見ている人も自分にはとても優しく親切で

被害者の人がこだわることで

その人に価値があるように相乗効果があるのです。

 

被害者がいるからこそ

周りの人に優しくしているときいたら

あなたはどう思いますか?

もし、そんな人じゃない、

あの人は本当に周りの人達とはうまくやっていて

私とだけはうまくいかないんだ、

と落ち込んでいるのだとしたら

まさにあなたをそんな気持ちにして

傷つけることが目的なのです。

 

だからヤキモチを焼く必要がありません。

あなたがいなかったら

自己愛性人格障害の人は周りの人達と

本当はそんなには仲良くないでしょう。

 

あなたが、悲しそうな顔を見せたり

辛そうにしていたりすれば、

自己愛性人格障害の人は喜んで

さらにあなたを傷つけたくなりますので

さらにあなたに無関心になり、

あなたの周りの人達と

異様に盛り上がり続けます。

 

それが目的なのですから、

あなたは辛そうな顔や、悲しそうなところを

自己愛性人格障害の人に見せてはいけません。

 

あなたがすることは、

自己愛性人格障害の人が

あなたの前で盛り上がっていたとしても

自分のやるべきことをコツコツやり

そのことに集中するべきです。

 

自己愛性人格障害の人には

目もくれてもいけません。

 

あなたの意識の中から

自己愛性人格障害の人のしていることを

できるだけ、あなたの頭の中から

消してしまいましょう。

 

そのほうが、

あなたが彼にこだわっているように見えなくなり、

彼が1人でしていることになります。

 

そうなれば、

あなたが彼にこだわっているように見える

相乗効果がなくなり

そんなには

自己愛性人格障害の人に価値があるようには見えないので

あなたも惨めにならずにすみ、

自己愛性人格障害の人も今よりは目立たないでしょう。

 

自己愛性人格障害の人はまさに被害者を決めて、

徹底的に傷つけ続けることで

よく見え、被害者を使って

自分をよく見せているのです。

 

そうなると

あなたの彼への憧れも強くなり

あなたが自己愛性人格障害の人を許してしまうことで

さらに自己愛性人格障害の人はよく見え

あなたはさらに悪くじめじめとした存在になり

あなたを助ける人が少なくなってしまいます。

 

自己愛性人格障害の人の秘密をいったん見破ると

あなたが思ったより、

自己愛性人格障害の人尊大には見えなくなり

そしてまた、あなたも

そんなに惨めな存在にはならずに済みます。



自己愛性人格障害の人が

あなたを傷つけていると気づいたなら

自己愛性人格障害の人が

異様に盛り上がっている時は特に

その場からそっと席を外すことで

少しづついい方向に物事が回りだすのです。

自己愛性人格障害のひとは自己愛対処をしているとだんだんと近づいてくなくなる

こんにちは♡

今日は、自己愛対処をしていると

自己愛性人格障害の人は段々と近づいて来なくなる、

ということについてお話をしたいと思います。

 

自己愛対策をしていると

自己愛性人格障害の人は段々とあなたに

近づいて来なくなります。

 

それはほんとうにそうなのですが、

一番困ったことは、

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

自己愛性人格障害の人と離れたくない、

という傾向を持っていることが

ほんとうによくある、ということです。

 

自己愛性人格障害の人が

被害者の上司だったり、憧れの存在だったり

親友だったり恋人だったりします。

 

自己愛性人格障害の人は

自分を常に必要以上に魅力的に見せることを

やめようとしないので

普通の人よりも、目立って

魅力的に見えることがよくあります。

話し方や声のトーン、

また優しい笑顔や表情など、

普通の人よりも念入りに、手をかけて

周りの人を巻き込むように聞こえるように、

でもさりげなく、自然に見えるように

細心の注意をはらってひと時も休まず

常にしています。

 

自分の中の大きな怒りが爆発してしまうと

とてつもなく恐ろしいのですが、

自分で自分のアフターフォローも完璧に、

執拗なほど念入りに

し続けるので、

周りにいる人も

自己愛性人格障害の人を信じてしまうことが

よくあります。



人を落とすと同時に、

自分を引き上げるので

「あのときは、

あの人がどうしようもない失敗を

何度も何度も繰り返してしまったから

さすがの俺も、見るに見かねてついつい

周りの人のことも考えてしまったからこそ

大きな声を出してしまったよ。」とか

「俺の気持ちを何度も訴えたのに

とてもひどい仕打ちを、

何度も何度も受けてしまったから

本当はかなしいけど、

泣く泣く別れを口にしてしまったんだ」とか言います。

 

怒られた人や、別れを切り出された人の方に

どうしようもない落ち度があって

流石に人格者の彼でも

ついつい大声を出してしまったり

別れを口にしてしまったけど

本当は自己愛性人格障害の人の方が被害者で

被害者に見える方に原因があったんだ、

と思われてしまい、

あなたは恨まれることになります。

 

どうやってもその構図は変えることができず

自己愛性人格障害の人は自分を良く見せることを

常にやらなければ気が済まないので

どうしてもやってしまう事なのです。

 

だから、自己愛性人格障害の人のそばにいる人は

悪者になりやすいです。

 

何もしていないのに

周りから孤立することもよくあることですし

あなたの耳に情報が入って来なくなり

本当のことがわからなくなるのです。

 

自己愛性人格障害の人は、自分をよく見せることを

被害者であるあなた自身にもしてしまいますので

例え、あなたをターゲットにしていたとしても

あなたにも悪く思われたくないので

自己愛性人格障害の人を

素敵に感じてしまうような笑顔を向けられたり

優しくされてしまったりしますが、

陰であなたのことを悪者にしてしまいます。

 

そこをよく理解していないと

あなた自身が自己愛性人格障害の人に

惹かれてしまう事もよくあるでしょう。

 

自己愛対策は、徹底して行わなければなりません。

 

Tiaraも自己愛性人格障害の人と

仲良く話す事もありますが、

内心絶対に信用していません。

 

信用していない、と言うと語弊がありますが、

自己愛性人格障害の人は

どうしてもそういうことをしてしまうことを

深く理解していますので

上部だけでわらっている事も理解していますし、

親身になって聞いてくれているように見えても

本当は自分をよく見せたいだけ、

自分のことを好きになってもらいたいだけで

相手のことはどうでもいい、と

いうことを知っていますので

その場だけの会話で

いつでも180度変わる、という可能性があることも

よく理解しています。

 

だからと言って責めているわけでもなく

自己愛性人格障害の人も極端な不安感から

どうしてもしてしまうので仕方ないのです。

 

それでも、どうしても気になってしまうし

本人も大丈夫かなと心配にもなりますし、

周りに誰か被害者がいないかということも

とても気になります。

 

そしてTiara自身ももしかしたら、

被害者になってしまうかもしれない、ということも

理解していますので、

話終わった後は、

極端にあっさり引いてくるようにしていますし、

もはやTiaraは4年ほど

自己愛対策をしまくって生きているので

自己愛性人格障害の人に対しては

自己愛対策が習慣化しています。

 

Tiaraは今の部署に移動になってから

5ヶ月ほど経ちますが、

移動した初めの頃は

自己愛性人格障害の人がすごく寄ってきていましたが、

今ではほとんどの自己愛性人格障害の人が諦めたようで

ほとんど近寄ってきません。

 

少し寂しい気もしますが、これで良いのです。

 

仕事はだんだんしやすくなって

周りの普通の人たちとも

コミュニュケーションを良好に取ることができて

ほとんど素の状態で何もきばらず

楽に過ごすことがほとんどになりました。

 

感覚も少しづつ元の自分に戻ってきて

自己愛性人格障害の彼と別れてからの数年は

恋愛映画や情熱的なストーリー

感動する話や、親子愛や情熱など

真っ直ぐな気持ちがぶつかり合うような

本物の人間関係の映画などは

途中で苦しくなり、胸が締め付けられるので

自己愛性人格障害の彼と一緒にいた頃の

素直な愛情やもともと好きだった情熱的なものは

これ以上みると心臓が張り裂けそうになるとの恐怖心から

途中でやめてみることができなくなっていました。

 

でも、今では、

普通に見られて普通に楽しむことが

できるようになってきました。

 

あまり激しいものはわかりませんが、

 

たいていの恋愛映画や感動ものは

普通に涙を流して感動することができます。

 

普通の人間関係も

こちらが一生懸命やれば普通に帰ってくることが多く

Tiaraと話したい人が自然にTiaraのそばにきて

会話をすることができています。

 

ただ、以前の職場からTiaraを引き抜いた

自己愛性人格障害の上司だけは

たまにふらっと現れて

Tiaraに近づいてきたり離れたりしながら

様子をうかがっていることがよくあります。

話しかけられて、

それが普通に話せることなら

Tiaraも普通に話しますし、

笑いが溢れることもちょこちょこあります。

 

でも、笑いが溢れたときは調子に乗り

話が終わった後に、

Tiaraが追っかけてくるか見ていることが

よくあります。

 

ですが、彼と話終わった後は、

さっと別の方に意識を向けて

わざと自然に仕事の話をしたり

その人との対談を

できるだけ自然に見えるように細心注意を払いながら

あなただけと

わらって話すわけじゃ無いのよアピールをすると

傷つくのか、さっと逃げるように部屋を出ていきます。

 

少し可哀想な気もしますが、

これは自己愛性人格障害の人が

被害者にすることと同じことで

これを少し気を使って笑いかけたり

仲良くなれたと喜んで受け入れてしまうと

またやられてしまうのです。

 

だから、自己愛性人格障害の人を

いい気にさせない態度を取り続けることはとても重要で

これをしているからこそ

だんだんとターゲットから外れてくるのです。

 

普段はチヤホヤされ慣れている

自己愛性人格障害だからこそ

傷つくことは人一倍で

傷付くからこそ、その人には近づいて来なくなります。

 

結果、被害者が自由になり、

ターケットから外れ、

嫌なことをされたり、

評判を落とされることがなくなるのです。

 

もともと、そんなに深く関わっていないので

あまり被害者を悪くいうことができず、

例え言ったとしてもそれほど説得力はなく

こちらも自己愛性人格障害の人に

好かれたいという思いがないので

言っていても平気な態度を取ることができるのです。

 

たまに、態度だけでこちらを小馬鹿にしたような

態度を取る自己愛性人格障害の人もいますが

もともとこちらも相手にしていないので

一人でしていることになり、

こっちが相手にしてしないのに

勝手に一方的に被害者のことをいうのは

周りの人も不思議に感じるのです。

 

それに本来自己愛性人格障害の人は

その本人にしかわからないような嫌がらせを続け

ターゲットが気にしているところを見て

気分が高揚するのですが、

ターゲットが気にしていないと

何をしているか分からなくなるのです。

 

もともと自己愛性人格障害の人は

意味のないことをしていることがほとんどなので

被害者が相手にしていなければ

周りの人も気づくことがないのです。

 

被害者に反応がない場合

それだけでは自己愛性人格障害の人は

なにもできなくなるのです。

 

自己愛性人格障害の人に対して対策を行っていくとどう変わっていくのか?

こんにちは♡

ゴールデンウィークも終わって

少しづつ過ごしやすい気候になってきましたが、

あなたはいかがお過ごしですか?

 

ゴールデンウィークに辛い思いをされた方も

たくさんみえたと思いますので

今日は、自己愛性人格障害の人に対して

一貫して対策をおこなっていくと

関係性がどう変わっていくのか、

ということについて、

具体的にお話ししたいと思います。

 

Tiaraは自己愛性人格障害の人に会うと

気づいた瞬間から

その人に対して、相手よりも少し多めに

冷たさを増します。

 

自己愛性人格障害の人は

初めは好印象なのは分かっているので

どんなに向こうから親しげに話しかけてきたり

にっこり笑いかけてきたり

困ったときに親切にしてきてくれたりするのですが、

自然ではありません。

 

どんなにいい人に振舞っても

どんなに有能なところを見せてきたりしても

どんなに好意を見せてきても

Tiaraにはなんとなく、あるいははっきりと

自己愛性人格障害の人がわかるのです。

 

例えば、マウントというか

初めから相手にしていないような

態度を取るタイプもいるのですが、

普段は冷たい態度をとっていることが多いですが、

Tiaraの周りにいる他の人には

とても親切にしたり、

とても親しげな態度をとっている男の人がいます。

 

いちいちTiaraと仲のいい人と

Tiaraのそばにいるときにやる回数が頻繁すぎて

不自然に感じていました。

 

明らかに

ただ自然に話しているわけではなく

自分の振る舞いを

わざわざTiaraに見せているのだなと感じます。

 

周りの人とは長々と話をしていたり

丁寧にお礼を言ったりするのですが、

Tiaraの事になると、急に無表情になったり、

黙ったりする男の人がいるのですが

この人は

以前の部署でも本当に少しの間だけ

一緒でしたが

帰国子女で英語も話せて

とても有能な設計士だということは

聞いていました。

 

Tiaraが入って間もなく、

部署を移動していったので

あまり面識はありませんでしたが、

30代の落ち着いた感じの男の人で

「顔を覚えた頃に移動ですが、

また何かありましたらよろしくお願いします。」

そう言って移動していった方で、

その時は、特に印象は悪くなっかったのですが、

話そうと思っても近づきにくく、

明らかに普通ではない雰囲気を

醸し出していました。

 

今回Tiaraがその部署に移動したことで

また同じ部署になりましたが、

以前の部署での噂で

ある女の人が

その人から意地悪されて仕事を教えてもらえないので

トイレの前でよく喧嘩していた、という話は

聞いていたので

この人も自己愛性人格障害っぽいなあと

感じていたので

元々あまり仲良くすることは

考えていませんでした。

 

ですが、Tiaraが新しい部署に移動してからというもの

やたらとTiaraと仲の良い人と絡んでくるのです。

 

Tiaraと一緒に移動してきた人もいるので

その3人とTiaraが一緒にいると

「あ、〇〇さん、お久しぶりです。

またよろしくお願いします。」

というような感じで話はじめ、

Tiaraもいちお顔は知っていたので

「あ」という感じでお辞儀をすると

「ああ。。」と反応はするもの

あまり相手にする感じがなかったので

ああ、そういう感じで来るつもりね。。

別にTiaraは、

あなたと関わりたいとは思ってないのよ、

という感じであまり気にかけないように

徹底的に、意識的に、

その人を視界に入れないようにします。

 

普通、向こうも本当に

Tiaraに関心がないのなら

Tiaraが相手にしていない事にも

気づかないでしょうし、

本当にTiaraの周りの人たちとだけ話があるのなら

その人と話しているときに

Tiaraの反応なんて気にしないでしょう。

 

ですが、明らかに、うざいほど

しつこいほど、

徹底的にTiaraを意識しながら

相手にしないで周りの人たちと穏やかに談笑する、

ということを続けるのです。

 

Tiaraも今の部署に変わってからというもの、

とてつもなく忙しいので、

気にしている暇はないのですが、

やっていることは伝わってきます。

 

だから、Tiaraも意識的に徹底的に

無視をして業務に集中するのですが、

ときにこちらの会話に割って入って来てまでも

自分の方に惹きつけようとしてくるので

ちょっと。。。いい加減にしてよ。。

という感じで

ものすごく冷たい目でにらんで視線をそらさずに

彼の目をじっと10秒ほど見てみました。

 

すると彼はすぐに気づいて

「な。。。。!」という感じで声を上げました。

 

が、彼の反応を見たあとすぐに

視線を真下に90°落とし、

くるっと方向を変えて

違う業務に集中してみました。

 

元々クールで、

仕事もできる有能な彼ですから

そんな態度に女性に出られたことが

ないのだと思います。

 

大勢の人たちの前で

自分の知識を熱弁して

語っているところもよく見かけます。

 

プライドも高い方だと思います。

 

そんな彼が入って2年ほどのTiaraに

それも新しい部署に変わって

まだそんなに人間関係もできていない女のTiaraに

そんな目で睨みつけられたことは

プライドもズタズタだと思います。

 

幸い、物静かな彼で

役職もついていない人なので

大声で怒られたり、怒鳴られたりすることもない、

と分かっているのでできたことではありますが、

周りの人間に

「なんかTiaraさんに睨みつけられたんだわ。。」

と言われる可能性はあります。

 

ですが、Tiaraは普通の人には

ウザいほど、一生懸命ですし、

腰は低いし、

あわてんぼなので、

先走って行動して失敗することもしょっちゅうな

おっちょこちょいなので

「すいません!!」ということもよくあります。

 

多分、バタバタといつも一生懸命な子、

というイメージはあると思うのですが、

決して要領がよく、世渡り上手、

というイメージはないと思います。

 

ですが、それは、普通の人にしか絶対に言わず、

自己愛性人格障害の人には絶対に言わないのです。

 

Tiaraは

いわば、自己愛性人格障害の人が

舐めてかかるような人にほど親切にし、

大切に扱い、敬意を示して丁寧に接します。

 

自己愛性人格障害の人は

立場が上の方の人や怖い人、

厳しい人の前ではとても従順で紳士的で

丁寧に接し、

優しい人や立場が下の人、

責任感の強い人やいい人にほど

冷たく、舐めていて、態度が横柄です。

 

Tiaraは

自己愛性人格障害の人とは真逆の行動をとるので

睨みつける、と言われたところで

本当かなあ?と思う人の方が多いでしょう。

 

普通の人は

丁寧に接すれば、敬意を示してくれる人で

怖い人ではないとは分かってくれていると思います。

 

だからこの人に怖がられたところで

この人は自己愛性人格障害なので

この方がTiara に嫌われたくなくて

丁寧に接してくれるはずです。

 

それでも相手にしませんが。

 

すると、やはり、そのあとから

何かとTiaraを気にかけてくるようになりました。

 

「こんにちは。」と

渋い声で急に挨拶してきたり、

扉を開けようとすると

「大丈夫ですか?」とドアを開けてくれたり、

今までウザいほどしていた

Tiaraのそばで他の人と談笑する、

ということをいっさいしなくなりました。

 

それでもTiaraは

なに?急にどうしたの?

としか思っていないので

全く反応しません。

いわゆる視界に入っていない状態というか

相手にしていない状態です。

 

するとますます、Tiaraを気にするようになり、

直接親切にしてくるようになります。

 

新しい部署で引っ越し作業があり、

忙しく荷物を段ボールから出し、

壁に立てかけていると

「大丈夫ですか?」と体を寄せて

一緒に支えてくれようとしましたが、

心の中では

(うるせえな、大丈夫だよ、ダンボールくらい。。

何が大丈夫ですか?だよ。)としか思っていません。

 

「あ、ありがとうございます!」と女っぽく弱々しく

いうとでも思っているのでしょうか?

 

だったらなんで今まで知らん顔、

徹底的にしてた?と思うだけです。

 

ここで大抵は被害者体質の人は

(あ、やっぱり勘違いだったんだな。

この人やっぱりいいい人だったんだ。。)と思いがちですが

こんなことくらいで大していい人ではありません。

 

段ボールで怪我をすることなんてそうそうないし、

軽い物なので

女性でもまったく問題ありません。

 

強いていうなら

たくさんあるので、誰かが一緒に協力してくれると

やりやすいのですが、

やりにくいだけです。

 

ここで女っぽく

(いい人だな。。親切な人だな。。)

と簡単に株が上がってしまうので

自己愛性人格障害の人の

ターゲットになってしまうのです。

 

親切な人は大抵普通に親切ですし、

初めからやるし、

1人を徹底して無視して周りとだけ仲良くする、

なんて事はいちいちしません。

 

喋る時は喋るし、

喋らない時は喋らないだけです。

 

親切にしたところで、その親切にしたことも

本人さえ忘れてしまっているでしょう。

 

しかも個人的なことではないし、

会社で仕事上のことなので

手伝っても別に当たり前です。

 

感謝をすることもあると思うのですが、

それもそれをしたからと言って

その人より上だと、いうことでもありません。

 

ですが、Tiaraも普通の人には普通に親切にしますし、

手伝うときは手伝います。

 

だからと言って、手伝ってやったとも

手伝わなきゃ!とも思いません。

 

普通のことです。

 

これがもし、Tiaraが

この人のことを初めから気にしていて、

(あの人とはあんなに喋るのに

どうしてTiaraとは話してくれないんだろう?)

とか

(あの人たちとはあんなに仲良いんだな)

と羨ましがったり、

有能で素敵な人だから仲良くなりたいな、

と思ったりしたら、

この彼はきっと、

ダンボールの時も

親切に支えたりはしなかったでしょう。

 

そのあとTiaraではありませんが、

重いものをみんなで持っているときに

『手伝おか!」と張り切って入ってきて

服を1枚脱ぎ(セクシーアピールでしょうか??)

力のあるところを見せたりしていましたが、

(あ、そう。じゃこっちは人手がたりるから

Tiaraは向こうへ行こ!)とばかりに

彼の活躍を見ていなかったり、

徹底的にTiaraも

彼への印象を好意的に変えたりしません。

 

すると、気に入ってもらいたいのか

やたらとTiaraに話しかけてきたり

「これってどうすればいいですか?」と

ウザいくらいに話しかけてくるようになりました。

 

こちらの部署にも

自己愛性人格障害の人はちょこちょこいますし、

Tairaと一緒に

時期は、ずれても

以前の部署で一緒だった自己愛、

こちらで新しく知り合った自己愛には

同じような接し方で、

4ヶ月ほど経った今では

自己愛性人格障害の人は、少しづつ

Tiaraをターゲットにすることを

諦めて来つつあります。

 

まったく諦めてしまった人は

Tiaraがまったく相手にしないので

廊下ですれ違うとチラッとTiaraの方を見て

節目がちになり、

諦めて足速に通り過ぎ、

有能なところを見せるのも

Tiara以外の人と

楽しそうに穏やかに談笑することもやめて

静かになりました。

 

元々強烈な自己愛の強い

元彼に似た上司だけは、何かと近づいてきては

また離れていき、

たまにTiaraが失敗してしまったことに気づいたときは

にこにこと近づいてきて

「だめだよ?」と優しくたしなめるだけです。

 

それでもTiaraが「ああ。。」とあまり相手にしないと

そのあと近づかなくなり

最近では近づくこと自体、

少なくなりました。

 

帰りの待ち伏せや「バイバイ」

と言ってくることもなくなり、

たまにエレベーターで降りたところで

ばったり会うと嬉しそうな顔をしますが、

Tiaraが一瞬頭を下げて、そのまま素通りすると

その日は顔を見ることもないくらい

会うことがなくなりました。

 

どこで何してるんだろ?って思います。

 

その代わりTiaraは、

自己愛ではない普通の人たちと

仕事を進め、毎日充実した

忙しい日々を送っています。

 

Tiaraも

自己愛性人格障害の人に

気をつけること以外は

ほぼほぼ、

自分の素のままに生きることができ、

言いたいことを言いたい言葉で

やりたいようにどんどん自分のやり方で

仕事を進められます。

 

時に会社のルールも

Tiaraが決めてしまうこともあり、

誰も何も言わず、

それに従ってみんな動いてくれます。

 

自己愛性人格障害の元彼と別れて

元の会社を離れて以来、

初めてこんなにも生きやすく

大した不安もなく仕事ができています。

 

1人でいても平気になり、

元に戻りつつあるので

もうそろそろ、

感情的にも元の感情に戻してもいいかと

たまに感動的な映画を見たりすると

普通に心が感動するのですが、

そうなると苦しくなり

急に寂しくなることがあります。

 

感情が元に戻ると誰かといたくなり、

理性的に淡々とするべきことを

判断してやるべきことをやっていたり、

何か知識を深めるために勉強したり、

本を読むことはいいのですが、

感情が入るような

人情的な映画や感動的な映画で

また感動して涙することを

たまにできるようになったので

ああ、まだ元の感情はあるんだな、とか

元々の本当の私はこういう人間だったな、

と安心するのですが、

それと同時に苦しくなったり、

胸が締め付けられるような気持ちになります。

 

やはり、以前はそれを

幸せだと感じていて満足していたのですが、

人を信用して傷ついた経験から

人を愛する深い気持ちを持つことと恐怖が

1つになってしまっているのです。

 

それでも今まで通り、家族やペットは大事ですし、

特別な関係ではなくても

普通の人たちとは普通に

コミュニケーションが取れています。

 

普通にコミニュケーションを取れる人たちとしか

心を寄せなくなったのでとても楽です。

 

その中から仲良くなれる人がいたらいいなあ、

くらいに思っています。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすいタイプの人は

自分にひどいことをする人のほうを気にして

その人に気に入られるように必死になりながら

自己愛性人格障害の人ばかりを気にしています。

 

自分がなんとも思わない人の方が

普通の人たちなのです。

 

自己愛性人格障害の人と被害者は

お互いに惹かれやすい状態にありますが、

一緒にいるとどんどん関係性は

悪化していってしまいます。

 

むしろあなたが

あまり興味がわかないタイプの人の方が

関係は築けるのです。

 

Tiaraもどうしても

 

自己愛性人格障害の人は気になります。

 

ですが、こうやって避けることにより

自己愛性人格障害の人もおとなしくなり

関係は穏やかに普通になっていくのです。

 

自己愛性人格障害の人も激化せずにすみ

穏やかに時間は流れていきます。

 

自己愛性人格障害の人は

自分のことを

気にかけてくれない人の方に気を遣ってくれ、

それは自分が嫌われたくないという

極端な臆病心からきていて

ただ嫌われたくないだけなのです。

 

この気持ちを使い

彼をあまり安心させないようにしておくと

自己愛性人格障害の人からの攻撃を受ける事なく

平和に時間が流れていくでしょう。

 

 

関係性は普通の人とこそ

作るべきなのです。

自己愛性人格障害の人さえ避ければあなたはとても自然に生きていける

こんにちは♡

今日は、

自己愛性性人格障害の人さえ避けていけば、

あなたはとても生きやすくなる、

という事についてお話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

とても責任感の強い人が多いです。

 

責任感が強い、というよりは

根性を出して

必ずやり切る、私はできる、

と頑張り過ぎていませんか?

 

今、あなたが苦しい状況にあるなら

そこは、あなたが生きやすいところでは

ないのかもしれません。

 

あなたの大好きな彼も

あなたがもし、

苦しいと感じるなら

長い時間をかけて

じわじわとあなたの心を

苦しませ続けて

目に見えなくても

あなたの心と脳に多大な負担がかかって

色々な事を判断させる機能に

気持ちが行きません。

 

だからあなたは隙だらけになって

自分で思っているよりも失敗や弱点が多くなり

あなたを孤立させるのに十分な

多くの条件を

自己愛性人格障害の人に与えてしまいます。

 

そして、あなたは普通の人よりも

責任感が異常に強いために

それを自分のせいだと思い込み

あなた自身で自尊心を傷つけていきます。

 

自己愛性人格障害の人は

人を責める事によって

自尊心を上げていなければ

生きていけないほど自尊心がなくて辛いので

一度ターゲットになって

それにそのまま従って傷ついていく人を

異様にこだわり離そうとしません。

 

それが、恋人同士の関係だった場合は

友達や上司やママ友や同じコミュニティの仲間より

あなた自身も気づきにくいのです。

 

それは、自己愛性人格障害の人の

あなたにこだわる気持ちを

愛と勘違いしやすいからなのです。



また自己愛性人格障害の人も

自分があなたを離したくない気持ちを

愛だと思い込んで

そのようなことを口にしてくる場合も

よくあることなので

お互いに執着しあい

長い間離れないこともよくあることなのです。

 

ですが、一緒にいることで

お互いにどんどん症状は強くなるばかりなので

本当に苦しくなったと気づいた時には

被害者は、

びっくりして逃げ出す事がほとんどなのです。

 

長い間、

よく見えていた関係が

実はとても危険なことに気づいた時、

女性は歳をとってしまっていることも多いので

別れることが精神的ダメージを受けることが多いので、

なかなか忘れられない人も多く、

なんとか関係をよくできないか

相談を受けることも多いのですが、

残念ながらお勧めはできません。

 

それでもあなたが

どうしてもその彼と一緒にいたいと願うのなら

自分が傷つけられても構わないという

自分が自分ではなくなる覚悟を持ってから

一緒にいる、

と決心する方がいいでしょう。

 

もし、話し合いや

いつかはきっとわかってくれる、

と思っていた場合、

そのショックは大きく

気づいた時に離れていた場合よりも歳をとっているので

女性の場合、

やり直しをすることが非常に難しくなってしまいます。

 

それに、自己愛性人格障害の被害にあった場合

心を寄せる事自体が怖くなり

被害者自身が

もう恋ができなくなることも少なくありません。

 

それにあなたが今のままの心を持ち続けていると

また、他の自己愛性人格障害の人から

狙われることも多く

色々なところで生きにくさを感じ、

悩んだり考え込んだりして

そのことばかりに気をつけとられてしまい、

本来、あなたがやらなければいけないことに

気持ちがいかなくなってしまいます。

 

その結果、

何もできない人になってしまったり

周りにお荷物になるような存在になってしまい、

あなたの魅力はどんどんなくなっていきます。

 

たとえ、その自己愛性人格障害の人のために

生きたところで

他にターゲットが現れた場合や、

もっと都合のいい人物が現れたときに

自己愛性人格障害の人は

簡単にあなたを捨ててしまいます。

 

捨てられれば相当傷つきますが、

それはまだいい方で

自己愛性人格障害の人が

被害者になってくれて

自己愛性人格障害の人から

離れない存在が現れなければ

ずっと

あなたがターゲットに

なってしまうこともあります。

 

 

その場合、自己愛性人格障害の人の

あなたへのこだわりを

愛だとカン違いすることも多くあり、

それなのに傷付けられたり、

あなたの居場所を奪われたり、

無視をされたりすれば

傷つくためだけに彼と一緒にいることになります。

 

そうなると、あなたは他に

何もできなくなってしまい、

本来あなたが持っていた魅力も

なくなってしまうことがほとんどなので

誰にも見向きもされなくなってから

歳をとって捨てられることもあります。

 

あなたの周りで

どんどん幸せになっていく友人や

好きな仕事をして

イキイキと輝いている人たちを横目に

どうして自分はこうなってしまったのだろうと

考えてももう遅いです。

 

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすいタイプの人は

そういう人こそ

他人を見る目をやしなわないと

どんどん奪われていってしまいます。

 

彼に幸せにしてもらえるどころか

自分の人生を自分で切り開くことさえ

できなくなってしまうのです。

 

そんなふうになってまで

彼を愛することがあなたの幸せですか?

 

意外と人生は早いものでやり直しが効くのは

40歳くらいまでと言われています。

 

自己愛性人格障害の被害にあってしまうと

あなたがいい人であればあるほど

付き合いは長くなってしまいがちで

気づいたときには

なかなかやり直しの効かない年齢に

なってしまっていることも多く聞きます。

 

ですが、人生で一番若いのは今で

今やり直しの効く状況にないと

だんだん難しくなっていくのです。

 

とはいえ本当は難しくはなりますが、

いつでもやり直しは効くので

気づいたときに

できるだけ早めに方向転換をするべきです。

 

いつまでもダラダラと

現状を変えられないままでいると

さらに難しくなるのでできるだけ早く全力で

最善の方向に切り替えるべきです。

 

とはいえ、自己愛性人格障害の被害は

他人を信じることさえ

怖くなってしまいますので

新たな恋愛ができるようになるまで

かなりの時間がかかってしまうことも

多いです。

 

実際にTiaraも

あれだけ誰かと一緒にいたいと

おそらく普通の人よりも強く思うタイプだったのに

今は傷つけられたり

足を引っ張られるくらいなら

自分一人でいる方がマシだと思っています。

 

今は人を寄せ付けない雰囲気をもっていて

ただ、きっちりと

普通の人も見分けられるので

この人は普通の人だ!と判断した時は

元から持っていた性格のまま

全面的に信頼して懐くことも多いです。

 

ただ、あれ?何か違うな、

と思った瞬間に引くスピードは異様に早いです。

 

そうやって自分を出してもいい人間と

いけない人間を

明白に分けているのです。

 

そして周りの人には

明白に分けている、

とばれない方が印象はいいと思います。

 

きっちりわけているとあなたの印象が悪くなります。

 

とはいえわけないと

素直で真面目な人ほど

自己愛性人格障害の人に

ぐいぐいこられてしまうので

誤解をされやすく

周りをコントロールされてしまうし、

それによってあなたが

生きにくくなってしまうからです。

 

あなたが達成した業績は隠されてしまうし

あなたがした失敗は

大袈裟な程悪くとられてしまいます。

 

やってもいないことをやったとでっち上げられたり

相手を思ってしたことも

悪く思われるようにコントロールされてしまうので

あなたは孤立させられてしまいます。

 

ただ、孤立させられる、

と予測をしておいた方が

傷つかずに済むでしょう。

 

心の準備をしていた場合と

不意打ちを喰らった場合は

明らかに不意打ちを喰らった方が

ダメージが大きいし、

びっくりしたり怖くなったりします。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

そういったことを常にやり続けるので、

びっくりすることはありません。

 

予想の範囲内です。

 

むしろ、

自己愛性人格障害のする行動を

とればとるほど

彼が自己愛性人格障害だという確信は

強まっていきますので

あなたの行動はどうしたらいいか

予想がついてきますよね?

 

そうやって予想をしながら

彼の自己愛性人格障害としての

素質の程度をみていき、

素質が強ければ強いほど

あなたに近づけてはならないのです。

 

あなたの情報はできるだけ隠し、

でも日常会話は普通にして

敵対心を見せることなく表面上の関係は

良好に見せる。

 

それがあなたの心を守る手段になりますし、

自己愛性人格障害の人からも

狙われにくくなる方法だといえます。

 

それに

自己愛性人格障害の人を

冷静に見ることができ、

敵対心も見せず、

適度な距離を持って付き合うことが

自己愛性人格障害の人に

あなたの見え方を

コントロールされにくい関係性が

できてくるのです。

 

周りの人に

あなたの見え方をコントロールされなければ

あなたは

普通の人とは

普通にコミニュケーションが取れますし、

あなたが孤立させられる可能性も

減ります。

 

その中で付き合う人間関係を

あなた自身で

きちんと選ぶことが出来ればそのうちに

普通の人とお互いに思いやれる関係に

ぶち当たることができ、

自己愛性人格障害の人の知らないところで

普通の人間関係を育むこともできます。

 

今の世の中、

どんな人にでも自分を見せることは

あるていど、

危険を伴っており、

本当のあなたを見せても

あなたを自然に受け入れてくれる人とだけ

コミュニュケーションを測れば

余分なところで悩みを抱えたりせず、

もう少しコスパの良い

幸せへの道のりを辿ることができます。

 

 

あなたが今まで

自己愛性人格障害の人に

あなたの人生を邪魔され続けてきたのなら

なおさら、自己愛性人格障害の人を避けて

今までの人生を取り戻しましょう。

自己愛性人格障害の人から自分を守ろう

こんばんは♡

久しぶりの投稿をします。

 

毎日仕事も忙しく、

土日も、子供達が遊びに来るので

なかなか更新できませんでしたが、

最近、残業制限がかかったので、

あなたに有益な情報をお届けしようと思います。

 

自己愛性人格障害の人って

思ったより多いと思いませんか?

 

特にあなたがもし、

被害者になりやすいタイプの人だったとしたら

周りにいる自己愛性人格障害の人たちから

あなたは取り合いになってしまうので

普通の人よりもさらに

自己愛性人格障害の人が多いと

感じてしまうことだと思います。

 

自己愛性人格障害の人を知っている

Tiaraがみていても

被害を受けない人は全然受けないんだけど、

被害に遭いやすい人は

男女を問わず、

必ず自己愛性人格障害の人が

被害に遭いやすい人のそばをうろうろしだします。

 

Tiaraが自己愛性人格障害に気づいたのも

元彼と雰囲気の似た人が

自分によってくることを感じ取ったからです。

 

初めは、元彼と似たような年齢の

男の人だけがわかるようになったのですが、

そのうちに女の人も

自己愛性人格障害の人が多く存在していて

またタイプのまったく違う自己愛性人格障害の人も

根本的なところは同じなので

だんだんわかるようになってきました。

そして、自己愛性人格障害の人は

まともに相手にしていればしているほど

被害に遭いやすいということも

とてもよくわかりますし、

どんなに初めの印象がよくても

しばらくすると、

少しづつ、奇妙な行動を取り出し、

そしてそんな時に限って他の人には

異様に親切にしたり、素敵に振舞ったり、

明るく周りを虜にしてしまうような魅力を振り撒くので

被害にあっている人物以外には

なかなかバレにくいということも

体感してわかるようになりました。

 

恋愛だと被害者になりやすいタイプの人が

自己愛性人格障害の人に惹かれてしまうことも

とてもよく分かりますし、

そしてまた、どんなに被害者が拒否しようとしても

異様にしつこく魅力を魅せながら近づいてくるので

初めはなんとも思っていないとしても

抗えないほど心を奪われてしまうこともわかります。

 

知っていても、

だんだん心臓がドキドキしてくるのがわかりますが、

この人は素敵なやさしい人なのではなく、

自己愛性人格障害なのだから

自分の事を異様に気にしてもらわないと

気が済まないので近づいてきているだけだ、

とわかっていても、

どんなに避けても向こうから

ちょっとしたきっかけを作って近づいてきます。

 

視界に入るような場所で、

こちらが気になるような大きな声で

周りの人とわきあいあいと話をしたり、

真剣に誰かの相談にのっていたり、

異様に親切にしているところを見せたり、

または直接親切にしてきたり、

たまにニコッと笑って近づいて来たり、

帰りに「バイバイ」と言って振り返って来たりします。

 

これも自然にしていることではなく

自分が素敵に見えるような

最高の笑顔を作って見せてきている

とわかっているから惹かれませんが、

自己愛愛性人格障害を知らなければ

普通に恋に落ちてしまう方が自然でしょう。

 

そんなことを繰り返し、しつこくしてくるので

相手が素敵な異性ならば、

ほとんどの人はどうしても

好きになってしまうと思います。

 

これは、結婚していてもしていなくても

関係ないので、不倫関係になってしまう人も

いると思います。

 

本当にどんなに拒否してもやめないのです。

しかも、

はっきり口説いてくるとは限りませんから

「近づかないで!」とか

「しつこい!」と口に出していってしまったら

「何を勘違いしているの?」と言われかねないので

はっきりと拒否をすることはできないのです。

 

態度で避けたり、

あまり相手にしないようにしていても

決して諦めたりしない粘り強さが

自己愛性人格障害の人にはあり、

それが、異様にしつこいので

自己愛性人格障害について知らないと

どうしても心を奪われてしまうのです。

 

あなたにどうしても近づこうとしてくるので

中には

初めはなんとも思っていなくても

自己愛性人格障害の人が自分のことを好きだと

勘違いしてしまい、

意識してしまう人も多くいると思います。

 

こういう様子をみていると

被害者の方が、

自分が相手を好きになった、

と思っている人もいるようですが、

自己愛性人格障害の人は

相手にそう思わせることが

とても得意なのです。

 

好きになってしまうと夢中になってしまい、

初めのうちはとても大事にされるのですが、

だんだんと

あなたが気づかないように

あなたの方が悪いと責めたり、

あなたが悪いからやっていけない、などと

あなたを責めるようになりますが、

付き合う前から、

自己愛性人格障害の人が

だんだんとそうなることは

Tiaraには分かっているのです。

 

だから、被害者の人から

彼にフられた相談を聞いていると

彼のことが忘れられない、だとか、

やり方次第でなんとか彼と

もう1度やっていけないだろうかと

聞かれることも少なくないのですが、

あなた辛い思いをするだけで

自己愛性人格障害の人とは

絶対に幸せにはなれないのです。

 

これは

結婚できるできないの問題ではありません。

 

自己愛性人格障害の人で結婚している人も

大勢いますが、

おそらくその奥様は、

常にイライラして

毎日を過ごしているか、

心が病んでしまい、

つらくてつらくてたまらない生活を

送っていることがほとんどです。

何もかも奥様のせいにされて、

全然相手にもしてくれず、

いいことは全て自己愛性人格障害の人のおかげで

悪いことはすべて奥様の人格のせいだと

拒否され、否定されて、

たとえ、結婚していも幸せではありません。

 

浮気をする自己愛性人格障害の人もよく聞きますが、

普通の人が浮気をしているときは

奥様にバレないようにするものですが、

自己愛性人格障害の人は

あえて少しだけバレるように痕跡を残したり、

ひどいときは悪びれることもなく話したりして

奥様の心を傷つけます。

 

自己愛性人格障害の人にとって

浮気はバレないと意味がない、

と言っても過言ではありません。

 

普通に浮気相手に夢中になっている時もありますが、

あえてバラすことで、相手を傷つけ、

傷ついて苦しんでいる姿を見てみることが

浮気をしている以上に心が高揚するのです。

 

またタチが悪いことに、

相手の傷付く姿を見ることで

高揚感が増し、さらに傷つけようとして

追い討ちをかけてくるので

感じたことがないようなストレスを受け続け、

やがて、眠れなくなったり

涙が出てきたり、

夫婦関係を修復しようと思って

何も言えなくなり、

鬱になっていく、ということも起きます。

 

そして浮気相手も

奥様を傷つけているときは

奥様を傷つけるために

とても幸せに大事に扱ってもらえるかもしれませんが、

自己愛性人格障害の人の都合により

ターゲットが変わることがよくあります。

 

そのときはすべてを浮気相手のせいにされたり、

簡単に捨てられてしまったり、

また結婚をしていることを内緒にしてある場合も多くあり、

今まで夢のような幸せな日々を送っていたにも関わらず、

突然、彼がいなくなってしまった、

と嘆き悲しむ人も大勢みえます。

 

これだけ多くの相談を聞いてきたTiaraには

自己愛性人格障害の人と一緒にいるように

おすすめすることは到底できないのです。

 

ましてや、自分が悲しい思いをするのは

嫌なので

自己愛性人格障害の人がどんなに素敵だろうと

どんなに有能だろうと

どんなに優しくされようがどんなに楽しそうだろうが

それは見せかけだけのものに過ぎず、

自分を素敵に見せることだけに

全力を注いでいることを知っているので

心を入れないように表面上だけで付き合っています。

 

にも関わらず、

Tiaraがそんなことまで知っているとは誰も思いもしないので

自己愛性人格障害の人はその性質上、

当然のようにTiaraに気にしてもらえるように

しつこく魅力を見せてきたり、

女性の自己愛性人格障害の人は、

Tiaraのそばで周りの人と

わきあいあいと楽しそうに話をして

自分に興味を持つように仕掛けまくりの毎日です。

 

知らなければ、

あーあの子は周りの人と仲良くやっているんだなと

まわりとうまくやれる人ととってしまいそうですが、

それは、Tiaraの方から仲良くなりたい!と

近づいていった時に、

冷たい態度を取って相手にしなかったり

舐めた態度をとって笑い物にしたりするために

前もって準備をしていることなので

Tiaraの方から近づいていかなければ

1人でしていることになります。

 

もちろんTiaraは

その人が周りの人たちと本当に仲が良い、とか

本当に周りの人たちとうまく人間関係をやっている、

とは思いません。

 

だから羨ましくもなんともないですし、

近づいていっても時間の無駄です。

 

逆に、

自己愛性人格障害の人の

そんな振る舞いを信じた人たちが

近づいていき、傷付く事によって

自己愛性人格障害の人は、

自分はそんなに相手にもしていないのに

周りから憧れられるような魅力的な人

とみえてしまうのです。

要は被害に遭う事によって

自己愛性人格障害の人をよく見せる事に

協力させられてしまっているのです。

 

だからもちろんTiaraは自己愛性人格障害の人に

憧れの眼差しなんて向けませんし、

むしろ、本当に一生懸命やっている人や

自分を犠牲にしてでも

相手を助けてあげようとする人も見えているので

そういった人たちの方を尊敬し、

協力します。

 

そうすると、

自己愛性人格障害の人は意地になって

もっと素敵なところを見せようと

Tiaraには近づいて来ずに

Tiaraから見えるところで

穏やかに談笑をしているのですが、

その長さが異常なのです。

 

 

長いと2、3時間、

「そうだよね?あははは。。

うん。

俺もそう思ったんだよね〜。。。。

 

 

という感じです。

もちろん1人では会話は成立しないので

周りで話している人たちもいるのですが、

その人たちは人の話に根気よく耳を傾け、

「そうですかあ。。

へ〜すごいですねえ。。」と

相手を持ち上げ、賞賛してくれるような

優しい方達ばかりです。

 

それでもTiaraがまったく気を向けないので

何度も何度も異様に話を続けるので

いくら優しい人たちでも賞賛しまくりの

2、3時間にいい加減疲れてきて

口数が少なくなってくるのは

手に取るようにわかります。

 

話している自己愛性人格障害の人にも

疲れが見え始め、だんだんと口数が少なくなり

なんでこんなにやってるのに惹きつけられないの?

という感じになってくるので

異様にTiaraを惹きつけたいのだとわかるのです。

 

どんなに素敵なところや

みんなとうまくやっているところを見せようとしても

絶対にTiaraは惹きつけられません。

 

一方、人から思われる

自分の印象をよくしようと思って話している人たちではない、

ただ喋りたいだけの人たちは

Tiaraが見ていようが見ていなかろうが、

話したいときはいつまででも

楽しそうに話しています。

 

Tiaraが見ていようがいまいが、

話さないときはまったく話していません。

 

Tiaraが話しかければ普通に話すし、

わざわざ惹きつけられるような話し方もしません。

 

普通です。

 

普通の人は普通です。

 

自己愛性人格障害の人は

分かるようになると普通に話しているようで

話し方がセリフじみています。

 

自然に見えるような演技をしています。

 

それが、わかるようになると

バレバレなのです。

 

試しに、

素敵に振る舞っている時や

周りととてもうまくやっているなあ、と思うときに

さりげなく席を外してみましょう。

 

何か思い出したように部屋を出ていったり、

トイレにたつなど自然な感じで

その場をある一定時間離れてみましょう。

 

しばらくして戻って来ると

話していないはずです。

 

本当に会話が終わっている場合もありますが、

聞いている人がいないと

その会話に意味がないことが

何度かやってみると分かります。

つまり、

うまくいっているように見えるその人間関係には意味がなく、

ターゲットが気にしてくれるかどうかが

一番大事なのです。

 

これは恋愛を対象とした

異性の自己愛性人格障害の場合もそうですし、

いじめを目的とした

同性の自己愛性人格障害の場合も行動は同じです。

 

賞賛しまくっている周りの人たちも

相当疲れているはずです。

 

自己愛性人格障害の人に憧れても

あなたが惨めな思いをさせられるだけだと

理解してください。

自己愛性人格障害の人の見分け方と適切な距離感

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の見分け方と

適切な距離感について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の上司ですが、

本当に元彼にとてもよく似ています。

 

全く別の人ですが、

気配が本当に元カレがそばにいるようで

心臓がドーンと強く打ちます。

 

喋るときのトーン、

不意に近づいてくるあの感じ、

そして周りの人たちと談笑して

あっという間に周りをほんわりさせてしまうところも

とてもよく似ています。

 

そして、仕事になると急に

感情の入らない冷たい声で

淡々と静かな物言いのまま

相手の不手際をスッとつくところも

とてもよく似ているのです。

 

 

相手をなつかせているときも

相手を上手に自分を落とすことなく

どん底に突き落とすシーンも

Tiaraには分かります。

 

かわいい声を出して

甘えたような話し方をしてくるときもあれば

急に冷静になり、

淡々とのもごとをスマートにこなす素振りも

本当に元彼を思い出します。

 

この人は、自己愛性人格障害なんだ、

と分かっていなければ

知的で、仕事以外の時は

可愛らしい素振りもみせる

本当はいい人、

という印象を持ってもおかしくありません。

 

そばにいて、何が怖いのか

わからない人も多いでしょう。

 

自己愛性人格障害を知らなければ

憧れてしまう人もいると思います。

 

普段はとてもいい人なんだけど

仕事になるととても厳しい人、

と見れば、何もおかしくありません。

 

むしろ、普段からずっと優しいだけ人の方が

媚びているようにも見え、

自己愛性人格障害の人は

裏表のない潔い人

とみて取れるのです。

 

ただ、自己愛性人格障害がわかった上で見ると

本当に努力している人は

なりふり構っていませんし、

全力で力を発揮し、

相手のことも考えてうまく人間関係を調節します。

 

自分を上手に見せることを

わざわざ考えていないんです。

 

たとえ、途中で揉めるようなことがあったとしても

それにはそれなりの理由があり、

誤解やまちがいで一時的に拗れたとしても

しばらくするとどちらかが、

あるいは両方が

お互いにこじれたことを無かったことのようにして

歩み寄ったり、

誤解があったことに気づいたことを伝えたり

だんだんと関係は修復して

ちょっとしたことで最悪の事態になってしまう、

ということはあまりないのです。

 

それに比べて自己愛性人格障害のひとは

自分を良く見せる事に必死です。

 

有能に見せたり、強く見せたり、

親切に見せたり、

親身になっているように見せたり

見せることをメインでやっています。

 

ただ、周りにいる普通の人たちが

そこまで気にしていないので

自己愛性人格障害の人が

そこまで考えてしていることに気づかず、

ただ、有能な人、とか親切な人、

とか強い人(怖い人)と思っているだけなのです。

 

周りの人が

まさかそこまでしていると思っていないので

気づいていないだけなのです。

 

自己愛性人格障害の被害というのは

自己愛性人各種鴎外の人が相手にバレないように

少しづつやるので時間がかかります。

 

以前の部署はこの自己愛性人格障害の上司が

長い間いたので、(この上司1人ではありませんが)

社内の人ほとんどが

この上司に媚びてご機嫌を取るか

たたかれて小さくなり自分を出すことができなくなって

嫌な雰囲気に包まれていたのですが、

こちらの部署にこの上司が来てから

まだ1年ほどしかたっていないので

そんなに嫌な雰囲気ではないし、

まだお気楽な感じでじゃれあったり

熱く語り合ったり、仲のよい人たちも大勢いて

雰囲気は悪くありません。

 

この上司が、どこで怒りを出そうか、

出していいのか出しちゃダメなのか

様子を伺っている素振りも見られて

とても慎重になっていることがわかります。

 

自己愛性人格障害の人は

周りから見える自分の姿を

極端に気にしてしているので

とても印象はいいのですが

それは他人のうちだけなのです。

 

だんだんと関係性が深くなってくるにつれて

相手が自分のことを信用するにつれて

その人がちょっとしたことは許してくれそうな

寛大な人であればあるほど

自己愛性人格障害の人の行動は

どんどんおかしくなります。

 

ただ、そうやって

普段から周りの人たちには良く見せているので

被害に気づいた時は

被害者が訴えても

信じてもらえないようなことになっている場合が

多いのです。

 

被害に遭う人も元々は

自己愛性人格障害の人を信じてしまった人なので

自分の方がおかしいのではないかとか

勘違いではないのか?

と自己愛性人格障害の人よりも

自分のことの方が

信じられなくなってしまいます。

 

そして例え、自分はおかしくない、

と気づいたとしても

周りの人には評判が良いため

しかもとんでもなく

こじつけていたりするので

被害者が訴えたところで

「あの人がそんな変なことするわけないでしょ。」

と笑われるだけになってしまいます。

 

しかも、自己愛性人格障害の人には

共感力というものが全くないので

被害者が可哀想だという認識はありません。

 

そのことから

堂々としていて、

それがさらに

自己愛性人格障害の人が

まったくひどいことをしていないように

見えてしまうのです。

 

だから

自己愛性人格障害の被害はわかってもらいにくく

しかも被害者だけを追い詰めてくるので

自己愛性人格障害の人に近づくのは

とても危険で

できたら初めからあまり深く付き合わず

淡々と要件だけの付き合いに

とどめていた方がいいのです。

 

だから、人と深く付き合いたいと思ってしまう人や

相手に心を寄せてしまう共感力の高い人

自己愛性人格障害の人を好きになってしまった人は

自己愛性人格障害の人に

ターゲットにされる可能性がとても高いのです。

 

ターゲットにされないためには

自己愛性人格障害の人から

狙われにくい雰囲気を持つことがとても大切です。

 

自己愛性人格障害の人の近づき方は

あなたのことが

好きで寄ってきているように見えてしまうため

とても厄介なのですが、

その近づき方にはとても特徴があります。

 

あなたに興味があるように見えたり

あなたのことを気にかけている様に見えたり

あなたに親切にしてくれたりするのですが、

気づくとまったく気にしていないように

他の人と盛り上がっているシーンも

よく目にすることでしょう。

 

自己愛性人格障害のことを知らないうちは

他の人にもみんなに親切にする人なんだ、

と思ってしまうかもしれませんが、

もしその人が普通の人なら

そんなに強烈に気になることはありません。

 

異様に気になるようならわざと

あなたにヤキモチを妬かせるように意識的に

あなたの目に留まるところで

親切にしているところを見せたり

暖かい雰囲気で談笑している姿を

見せるためにしているのです。

 

あなたが見ていないと

自己愛性人格障害の人はその人たちと

そんなに仲が良いわけではありません。

 

見せるために仲良くしているだけのことで

本当に親しいわけではないのです。

 

その談笑に混じっている人たちの中にも

自己愛性人格障害の人の暖かい雰囲気に

騙されている人もいることでしょう。

 

そうやって自分の印象をよくしながら

どの人に自分の感情をぶつけたら良いのかを

物色しています。

 

仲良くなる前に

見切りをつけて

他の普通の人たちとの仲を深める方が

自己愛性人格障害の人から攻撃される可能性も

減っていくのです。

 

まったく攻撃されなければ

自己愛性人格障害の人は本当にいい人です。

 

そこで信用し切ったり

もっと仲を深めたい、と思わないことが

自己愛性人格障害の人との距離を

適切に保ちながら続けていくことができるのです。

自己愛性人格障害の人と被害者はお互いに惹かれやすい

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害と被害者は

お互いに惹かれやすいということについて

お話ししていきたいと思います。

 

以前にも

お話ししたことがあるかもしれませんが、

自己愛性人格障害とその被害者は

お互いにとても惹かれやすいです。

 

男女は関係ありません。

 

男女でなくても

男と男、女と女、

親子でも友達でも

ママ友でも

お互いに相手のことが

とても気になりやすいです。

 

自己愛性人格障害の人が

分かるようになってから

今、Tiaraの周りにいる人たちを

見ていても思うことですが、

なぜか相手のことが気になり、

どちらかが声をかけて会い、

付き合いが深まるごとに

会うたびに徐々に被害者が

消耗していきます。

ふだん、ブログでは

加害者が被害者を使って

自分の気持ちの鬱憤を晴らすために

会いに来るようなことを

言っていることが多いと思うのですが、

被害者もまた

どこかで自己愛性人格障害の人に

期待をしています。

 

自己愛性人格障害の人は

幼いころに

ありのままの自分を

受け入れてもらうことができなかったため

必死で良く思われようとするうちに

共感力を使うことが辛すぎて

自分が楽になるために

知らない間に

共感力を使わない生き方を学んでいます。

 

そのことで相手のことを思わずに

自分だけが生きる価値を見出すことに

必死になれるので

被害者体質のような

相手につくすことで

自分をわかってもらおうとする人は

とても好都合なのです。

 

この人なら

自分のワガママを

どこまでも受け止めてくれるんじゃないかと

思える人から離れようとしません。

 

そのために自分でも気づかないうちに

相手にバレないように

ちょっとづつ、酷いことをして

相手が笑って許してくれるかを

見ています。

 

相手が少し怒ったりすると

冗談で誤魔化したり、

自分がしたことの言い訳を

必死で相手に説明したりして

ごまかせるとホッとします。

 

被害者体質の人は

相手の気持ちを必死で分かろうとするので

大抵は許してしまいます。

 

そこで

自己愛性人格障害の人は

また安心して

被害者の心を

傷つけるようなことをしてしまいます。

 

相手が離れそうになると

しがみつき行為をするのはこのためです。

 

親友でも恋人でも

いくら怒っていても

共感力の高い被害者は

相手の気持ちを分かろうとするために

そういう事情があったのなら

仕方がないな、と

段々と自己愛性人格障害の人に

心を寄せてしまうため

自己愛性人格障害の人を

好きになっていってしまうのですが、

それとは逆に

初めの頃は、警戒しながら

少しでも相手が離れそうになると

弱めていた攻撃を

すこしづつ強めていってしまうのです。

それでも被害者の方は

そのころにはもうすでに

自己愛性人格障害の人を

少しづつ許してきているので

ちょっとしたことなら

慣れてきてしまっているのと

少しづつ、許すたびに

自己愛成人確証の人に

これだけやったんだから

二人の仲は深まっているはずだよね?と

心の中で2人の関係に

自信を持って来てしまっているのです。

 

自己愛性人格障害の被害者になる人も

幼いころに

ありのままの自分を受け入れてもらえる機会が

なかったので

相手の気持ちをわかってあげることで

相手から認められようと

必死で努力をしてきています。

 

そして、自分の話を

聞いてもらえる機会が少なかったので

無意識レベルで

自分の心の痛みをわかってくれる人を

探しているのです。

 

 

みていると、自己愛性人格障害の人は

自分を良く思ってもらうために

まだ、被害者だと認定していない場合や

被害者だけを悪者にするために

その周りの人には異様に親切にする為

落ち着いて相手の話を

聞いてくれる人が多いです。

 

まだ慣れていないうちは

自己愛性人格障害の人は

よく見えてしまうため

この人の気持ちをわかってあげられたら

私の気持ちをもわかってくれると

被害者の人はどこかで

期待をしているのです。

 

それなのに、

付き合いが深まれば深まるほど

どんどん関係性は悪化していくので

被害者はどうしてこうなっちゃうんだろう?

と悩み続けるのです。

 

そして、

とんでもなくひどい状態になってから気づき

びっくりして必死で逃げるか

それでも信じて必死になるため

どんどん精神を消耗していくのです。

 

これが男女なら

恋愛だと勘違いしやすいですし、

被害者はなぜか心の中に

自己愛性人格障害の人の悲しみが

直接ズドンと入ってきてしまうため

なぜか自己愛性人格障害の人が気になり、

自己愛性人格障害の人も

この人なら自分の全てを

受け入れてくれるのではないかと

直感で分かるので

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人が

気になって仕方がないのです。

 

今、そばにいる自己愛性人格障害の上司も

常にTiaraのことを気にしているのが分かりますし、

最近気づいたのですが、

同じ部署の若い女性もTiaraのことを

とても気にしているのがわかります。

 

Tiaraが近くにいる人と盛りあがっているときや

誰かと込み入った話をしているとき、

まったく関係がないのに

聞き耳を立てて、

Tiaraの様子を伺っているのがわかります。

逆に、普通の人は

普段はTiaraがどんな仕事をしていようと

誰と話していようと

気にしているそぶりはなく、

その人が、

今している自分のことに没頭しています。

 

Tiaraから話かけたり、

向こうが用事がある時は

普通にTiaraのところに来て話をするのですが、

自己愛性人格障害の人は

Tiaraが何をしているか、びっくりするほど常に気にしているのです。

 

そして、失敗をしたときや、

病気のとき、

気分の悪いときは

即座に気付いてTiaraに近づいてきます。

 

その行動の早さに

すごいな、とびっくりしてしまいます。

 

この前Tiaraが失敗したわけではないと思っていますが、

先輩の指示を聞いてその通りに実行したところ、

間違いがあったことがありました。

 

一緒に仕事をしている人は

自己愛性人格障害ではないので

その後の処理の仕方や、

なんでそうなったか、

これからどうすればいいかなどを

話し合っていたところ、

自己愛性人格障害の上司が

必死でTiaraのそばまできました。

 

「なんですか」と声をかけると

「あのね。。

あ、あのいやあの件だけどさ、

どうなったかと思って。。」

と全然関係のない話をぶっ込んできたのですが

「ああ、アレだったら

こうしてこうなってこうです。」と

冷静に顔色ひとつ変えずに言いました。

「あ、そう。。」と

不発におわった、という

残念そうな顔をして

すごすごと帰っていきました。

 

おそらく、

Tiaraの焦った顔や動揺したところ、

どうしよう、と頼ってくるところなどがみたかったのでしょうが、

それは先輩の言うことをそのまま実行しただけですので

Tiaraのせいではありません。

 

 

ですが、以前のTiraなら

良く思われたい、という気持ちと

自分が責任を負わねば、

という責任感が内心に働いて

「すいません。

ミスをしてしまいました。」と

自分のミスではなくても

自分を責めていたような気がします。

 

自己愛性人格障害は

こういうところが大好物なのです。

 

今は、責任はどこにあるのか、

はっきりと認識して

自分がやったわけではないことまでは

受けないようにしています。

 

先輩の指示の通りなのですから

Tiaraのミスではありませんし、

まだ部署を移動したばかりのTiaraには

その番号が

Tiaraの場所の番号ではないことは

判断できません。

 

だからTiaraを責められたとしても

困るわけです。

 

ま、責められたりはしていませんが。

 

これが相手が自己愛なら

Tiaraを責めて来ていたかもしれません。

 

自分のミスでないときは

相手が自己愛性人格障害の時は

絶対に謝ってはいけません。

相手が普通の人なら

「私も良く見ればよかったですね。」

とか

「もう一回確認すれば良かったですね。」

と言ってもいいのですが、それを

自己愛性人格障害の人にしてしまうとい

「あなたが確認しなかったから

こーいう事になったんです!!」

と言われてもおかしくありません。

 

むしろ、

そーいう対応をしてきた時は

自己愛性人格障害かもしれない、

と疑った方がいいです。

 

もう一つは

今、コロナの渦の真っ最中ですが、

Tairaの前の席の人の奥さんが

コロナだと診断されたことがありました。

 

その人はコロナではなかったのですが、

とりあえず、その時は

前の席の人がPCR検査で陰性だと判断されるまでは

付近の席の人は

すぐに帰って在宅勤務をしろ!

というお達しがでました。

 

Tiara達がリモート用のパソコンを用意して

バタバタと帰り支度をしていると

自己愛性人格障害っぽい若い女性が

Tiaraに近づいてきて

「濃厚接触者??」

と面白そうにおどけて聞いてきました。

 

「そうそう。うふふ。」と

Tiaraも面白そうにいいましたが、

この女性はTiaraとまったく

絡んだことがありません。

 

同じ部署ですが、少し席も離れていて

話したこともないのです。

もちろん、Tiaraは移動してきているので

向こうは知っていると思いますが、

仕事で絡んでいない人まで

しかも話したことのない人まで

まだ顔すら覚えていないのです。

 

そんな人が話しかけて来たのは

向こうはTiaraに興味があって

たまたま話すきっかけがあったから

話しかけてきたフレンドリーな人

と、とらえることもできるのですが、

基本、慣れていないうちは

自己愛性人格障害の人は

好印象なことの方が多いのです。

 

この女性が、さきほどお話しした

Tiaraの行動を常にチェックしている女性です。

 

今のところ、なにもありませんが、

印象としては

話し方に特徴があり、

なんとなくハンサムな

ダンディな話し方をします。

 

会議などでは

クールな感じでいつも話をしていて

とても仕事ができる感じの女性で

男性に混じって話す時も

ダンディな印象を崩さず、

さっぱりした女性、という印象です。

 

ダンディな話し方というのは

自己愛対策でもするのですが、

自己愛性人格障害の女性も

ダンディな話し方をする場合もあります。

 

なぜ、自己愛を疑うのかというと

人の行動を常にチェックしているからです。

 

別の女性とこの人の話をしたときも

「あー、あのさっぱりした感じの子?」と

言っていたので

悪い印象はないようですが、

Tiaraは絶対にさっぱりしていないと

思います。

周りの人に聞こえる声は

感情のない、ダンディな話し方で

でも、棒読みのまま

あはは。と周りの人と

談笑していることも多いのですが、

Tairaが話しているときは

まったく関係がないのに、

さりげなく、

背伸びをしているように伸びながら

椅子をすこし後ろに下げて、

Tiara達のグループに近付いて聞き耳を立てていたり、

興味があるときはこちらをみていることもよくあります。

 

Tiaraもそれに気付いたので、

え?となって彼女の顔をみてしまったのですが、

Tiaraに気づかれた途端にビクッとなり、

前を向いて仕事をし出しましたが

明らかに聞いていたことは分かります。

 

しかもその話に興味があったのか、もう一度、

聴こうとしていたのですが、

席が、Tiaraのグループに背を向ける形なのに

Tiaraが気付いているか様子を伺っていて

Tiaraが見ているから

こっちを向けなかったようです。

 

その行動で、

あ、この子は自己愛かもしれない、

と確信しました。

 

明らかにTiaraに近づこうとしていますし、

ですが、警戒もしていて

Tiaraが何も考えないで受け入れるタイプかどうか

様子を見て伺っています。

 

当然、受け入れないので警戒している、

という順番です。

 

そう思うと

「濃厚接触者?」とわざわざいってきたときも

こちらがコロナだったらおもしろいな、

という相手を下に見て喜ぶ

自己愛にありそうな笑みです。

 

それが普通の人だった場合も

そういうことはあるのですが、

そのあとTiara達の話に耳を傾けて

常に様子を伺っているところから

自己愛性人格障害だと確信しました。

何か失敗しないかな、という期待と

相手の欠点を貯める自己愛の特徴です。

 

以前はまったくそういうことをしている人に

気づきませんでした。

 

まったく関係のない人の行動を

普通の人は

いちいちチェックをしていないからです。

 

Tiaraはまったく気になりません。

 

関係のある人が失敗した時は、

だったらどうしよう、と

その失敗を解決する方法を考えますが、

それがおもしろいとは

思ったことがありません。

 

解決する方法を知っていれば

「こうするといいよ。」

とか「そういうときはこの手続きをとって。」

というアドバイスはしますが、

それを「あの人失敗したね。」と笑ったり、

「なんでそんなことしたの?」と

相手を責めたりすることはありません。

 

 

よほど、故意にやった時や

(そんな人はいないと思いますが。)

何回言っても同じことを繰り返したときは

「この前言ったじゃん!」くらいは

言うかもしれませんが、

その相手を笑うとかそういう事をして

気分がいい、となることはありません。

 

自己愛性人格障害の人や他人の失敗や

恥ずかしい思いは大好物なのです。

 

そういった人の失敗を

一生懸命探しているのは

自己愛性人格障害です。

 

普通の人はいちいちそんなことは

しないのです。

自己愛性人格障害の人の不自然な動き

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の

不自然な動きについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は、

少し離れてみるととても素敵な人が多いです。

 

まだ出会ってまだそんなに時間がたっていない時や

同じクラスでも、違うグループの人だったり、

会社の他部署の人だったりすると

周りの人と

とても穏やかな関係を築いているように見えたり

和気あいあいとして、とても仲が良さそうに見えたり

いいな、あの人と仲良くしてみたいな

と思うような雰囲気を醸し出していたりします。

 

たまに、勘違いをする方も大勢いて

自己愛性人格障害は

みるからにパワハラで嫌な奴だとか

恋人や夫婦の場合は

よほどいやな奴なんだろうなと思う人がいますが

そう思っているようでは

自己愛性人格障害の人を見抜くことができません。

 

初めの印象や少し離れた人から見ると

魅力的なことが自己愛性人格障害の大前提となります。

そこから少しづつ、

関係が深くなったり、付き合いが長くなっていったり

親密度が高くなると

少しづつ、嫌がらせをはじめ

それを許すごとに、

だんだんと気づかないくらい少しづつ

被害者が嫌な思いをするようになります。

 

そしてそれは自分が悪いからだと

反省してしまうような謙虚な性格の人や

仲良くできない自分に問題があるのではないかと

思うような

責任感の強い人がその被害者になってしまうのです。

 

現在、Tiaraはその考えを意識的にやめていて

自己愛性人格障害の人の被害に遭わないような

態度をとっていて

自己愛性人格障害の人だけでなく

普通の人も見破ることができますので

どんなに優しくされても素敵な笑顔を見せられても

有能なところを見せつけられても

自己愛性人格障害の人は

まったく気にもとめていない、

というような素振りをしています。

 

逆に普通の人や真面目な人や

いい人にはこちらも嬉しくなってしまうので

安心して素の自分で接しています。

 

その結果、どうしても楽しそうな雰囲気や

仲の良さそうな振りが見えてしまうので

自己愛性人格障害の人がヤキモチを妬いて

表情がこわばっていることがよくあります。

 

それでも、

自己愛性人格障害の人と仲良くなってしまうと

だんだんと上に立とうとされたり

見下されたり、

追い詰められたりしてきてしまいますので

敵対心は見せずに

話すとしても短時間で用件だけを話すようにし、

話が終わったらすぐに

自分の席に戻るようにしています。

そうすることで

なかなか自己愛性人格障害の人と

仲良くなりにくいのですが、

Tiaraを見て、一瞬で反応して

近づこうとしてくる人は

ほとんどが自己愛性人格障害です。

 

自己愛性人格障害の人がTiaraを見て

反応していることがわかるので

どんなに気をつけていても

被害者のオーラがTiaraから出ていることは

消せないようです。

 

ただ、その後の対策によって

それ以上、距離を詰めてくるのが難しいようなのですが

スキあらば近づいて来ようとします。

 

最近仕事が遅くて10時くらいまで会社にいるのですが、

そのころになるとほとんどの方が帰宅して

オフィスには10人ほどしか

残っていない状態になります。

 

自己愛性人格障害の上司も

さすがそれくらいには帰るようなのですが、

最近までは

Tiaraが帰るまではまだ会社にいるようでした。

 

 

Tiaraが遅くまで残っていると

気になるようで必ずそばに来て

何か声をかけてくるのですが、

それでも仕事が一段落着くまでは

帰らないということがわかると

今度はTiaraが帰る頃に、

先に上司のほうがバタバタと

帰り支度をはじめる音が聞こえます。

 

雰囲気で、もう帰るんだな、

ということがわかるのですが、

Tiara達の前を通り、

「早よ帰りやー。お疲れ様。」と言って

帰っていくと、流石にTiaraも

10時には会社を出たいので、

支度をして「お先にねー。」とオフィスを出ます。

 

やっと仕事が終わったーと

Ear Potsを耳につけ、好きな音楽を爆音で聴きながら

きれいな冬の星空を眺めながら歩いていると

誰かがTiaraの後ろからきてさっと前を横切りました。

 

人が歩いている目の前を

後ろからきたその人が

横切るので少しびっくりして見ると

自己愛性人格障害の上司が

斜め後ろ向きざまにTiaraの顔を

ちらっと見ました。

 

「わ。びっくりした。

なんだ、〇〇さんか。

お疲れ様です。」というと

ふふっと笑ってもう一度Tiaraの方に一瞬近づくので

ちょっと身を引き、

音楽で何も聞こえないので

Ear Potsを片方外して

「なんですか?」と少し驚いていうと

ううん、ううん、と

子供のように首をふりながら笑顔で

意味深な表情でTiaraの顔を見ました。

 

普通ならなんだろう?と

気になるところですが、

彼は自己愛性人格障害なので

そういった行動に意味はなく

ただ、Tiaraの反応をみたいだけです。

 

Tiaraが嬉しそうな顔をするのか、

それともびっくりして恐怖を感じるのか、

それともなんとも思っていないのか、

嫌っているのか、好いているのか、

そんなTiaraの自分に対する反応が

どんなか見たいのです。

 

その対応の仕方によって

自己愛性人格障害のひとから

Tiaraがどんなふうに

今後扱われるのかが決まってしまうので

慎重に反応を決めたいと思いました。

 

ですが、一瞬で決めなければならないので

とりあえずTiaraは

特別な反応はしないでおこうと決めて

普通に真剣な眼差しで彼の目をじっとみて

無表情で

「お疲れ様でした。」と言いました。

 

んふふ、んふふ、と笑いながら「じゃあね。」

と手を振り、

Tiaraとは反対方向に去っていきました。

 

んーーーー。

 

1年前に

Tiaraになんの意味もなくどすの利いた声で

凄んだひとと

同じ人とは到底思えないような可愛い笑顔で

去っていきましたね〜。

 

自己愛性人格障害という病気を知らない人なら

イチコロだと思います。

 

この上司はイケメンだといってもいいほど

色が白くて小顔で

顔立ちも端正で可愛い雰囲気があります。

 

今までも怖がられたのと同じくらい

モテてきていると思います。

 

ですが、行動が変です。

 

人が歩いている目の前を

後ろからきて わざわざ横切りますか?

 

普通に考えて邪魔だからやりませんよね?

 

お互いがクロスして歩いているならともかく

同じ方向を向いて歩いていて

先に歩いて居る人をわざわざ横切らないでしょ。

 

カニ歩きでしょうか?

 

ただ、人の反応を見たくてたまらないので

邪魔だろうがなんだろうが

人のことはお構いなしです。

 

これがまだ、

話しかけてきて一緒に帰ろうとするなら

おかしくないのですが、

今はまだ、Tiaraがどう思っているのかわからないので

自分から話しかける勇気はなく、それでも

Tiaraの反応をみて

自分がこれからどうやってTiaraと接すればいいのか

それとも接してはいけないのか見たいのです。

 

この反応は、

おそらく本当は

自分が怖い声を出したことは忘れて欲しくて

今後まだ、Tiaraとばりばり関わっていきたい方向だと

思います。

 

好きにさせるのか、それとも脅しをかけるのか、

Tiaraの心を掴んだ上で、Tiaraだけをほっておいて

他の子と仲良くするところを見せつけたいのか

よく分かりません。

 

とにかく自己愛性人格障害の人は

こういったしょうもない意味のないことをわざわざして

人が苦しむところを見たいので

相手にすると相手にした方がバカを見るのです。

 

できるだけ

こういった自己愛性人格障害の人には

興味を持ってもらわない方がよくて

自己愛性人格障害の人から見て

いてもいなくても

どっちでも気にならない存在を目指すのが

Tiaraのやり方です。

 

そして、自己愛性人格障害の人から気にも止められず

普通の人と普通に関係を深めていくことが

Tairaの目標です。

 

そうやって

自己愛性人格障害の他人とは関係のないところでしか

あなたに未来はなく、

自己愛性人格障害の人を好きになってしまったり

思いっきり真剣に向き合ってしまうと

あなたの心が病んでしまうか

居場所をなくしてしまう可能性が高いです。

 

あなたにそのつもりがなくても

自己愛性人格障害の人は

勝手に関わってきて

勝手にあなたに人生を踏みにじっていくのです。

 

自己愛性人格障害のひとと戦って

勝てる自信がない場合は

自己愛性人格障害のひとと関わらない人生を目指すと

あなたが

あなたらしく幸せに生きていける

まず初めの1歩なのです。