自己愛性人格障害の被害を受けない体質に生まれ変わるためにはどうすればいいのか?



こんにちは♡

今日は、あなたが幸せになるために

今までとは

まったく逆の考え方になる必要がある

というお話をしていきたいとおもいます。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

普通の人よりも

大変責任感が強いと思います。

 

それが極端になりすぎていて

なんでも自分のせいだと思いがちなのです。

 

あなたが思うよりも

普通の人はもっと簡単に逃げています。

 

それなのに

自分のせいではないと

堂々とした態度を取ることができるので

落ち着いていることができます。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

自分のせいでもないことも

自分のせいだと思い込み

怯えたり、

相手の機嫌を

取ろうとしてしまうところがあるので、

周りから見たら、

本当はあなたの責任ではないことも

あなたのせいなのではないか、と

とられてしまいがちなのです。

 

例えば、自己愛性人格障害の人は

相手を支配するために

相手の人が何もしていないのに

不機嫌な態度を取ることがあります。

 

普通の人は自分が何もしていないときは

そんな不機嫌な態度を

ほっておくことができるのですが、

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい体質の方は

もしかして自分が何かしたのではないか?と

何もしていないはずなのに

自分を信じることができません。

 

だからうろたえたり、

おどおどしたり、

ご機嫌をとったり

自分が何かしたのかと

聞いてしまうようなところがあるので

自己愛性人格障害の人は

あなたを悪者にしやすいのです。

 

そしてあなたが何もしていないのに

反省したり、謝ったり、

逆に

自分が何もしていないことを

分かってもらおうと

必死で訴えたりすると

余計にあなたの動きが動揺して見えるので

何も知らない周りの人は

もしかしたら、あなたが悪いのではないかと

思う人も出てくるのです。

 

人は人のことを勝手に判断します。

 

それを止めることもできませんし、

あなた自身も他人のことを

勝手に判断してしまっていることはあります。

 

だから、もし自分が何かしてしまった時も

その責任から逃れるために

知らん顔をすることができる人の方が

信用されてしまう事もあるのです。

 

あなたの一番の原因は

自分を信用していない事です。

 

自分を信用していない人は

他人から信用されることはありません。

 

あなたが自分をどう扱っているかで

周りの人があなたをどう扱うかが

決まるのです。

 

あなたが何もしていないなら

堂々としていれば良いのです。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

あなたを動揺させようと

本当にしつこくいつまでもあなたを

追いかけて嫌がらせを続けます。

 

自己愛性人格障害の一番怖いところは

一度ターゲットだと認定した人を限度なく

追いかけてくるところにあるのです。

 

あなたが追いつかれて

気持ちを限界まで潰して

もうあなたの息の根が切れていても

やり続けるのです。

 

自己愛性人格障害の人の一番怖いところは

坂を転げるように攻撃をどんどん強くして

いくところにあるのです。

 

それでも、被害に遭いやすい人は

頑張って我慢をしてしまうので

だんだん苦しくなってしまいます。

 

それでも

どうしても責任感の極端に強すぎるあなたは

なんとかしようと頑張ってしまうので

あなたの方が

おかしな行動に出てしまう事になるのです。

 

この原因のすべては

あなたがあなた自身を

大切に思っていないことから来ています。

 

あなたが何もしていないことを知っているのは

あなたしかいないのです。

 

それを周りの人にわかってもらう前に

あなたが攻撃されてしまったら

あなたに勝ち目はないでしょう。

 

自己愛対策とは

初めから目をつけられない方が

いちばん楽なのです。

 

ですが、自己愛性人格障害の人が

目をつける理由は

あなた自身にない時も

あなたが目をつけられることがあります。

 

それは、

あなたが周りの人に

親切にされているように見えたり

あなたが周りの人に

好かれているように見えるだけでも

自己愛性人格障害の人は極端にやきもちを焼き

あなたにに憎しみを抱きます。

 

だから目立たないように

誰にも構ってもらえていないように見えるのが

いちばん自己愛性人格障害の人を

安心させることができて

攻撃されない可能性が高くなるのです。

 

自己愛性人格障害とは

実にめんどくさい存在なのです。

 

あなたが知らない間に

自己愛性人格障害の人の見える所で

誰かに褒められるだけでも

大変な事になります。

 

誰かが、あなたのことを

「あの人ってなんか良いよね!」

っていうだけでも

あなたは

自己愛性人格障害の人の的になります。

 

ましてやあなた自身が目立ってしまい、

良い成績をとったり、

上司に褒められたり、

周りの人から人気があったりすると

それはもう大変な事になります。

 

それで、わざと目立たないように

化粧もせず、メガネをかけ、

ダサい格好をするようになった被害者も多く

見かけます。

 

そんなことをして

幸せですか?

 

自己愛性人格障害の人のターゲットに

なりたくないために

自己愛性人格障害の人のご機嫌を取る人も

多く見かけます。

 

例えば、

それで自己愛性人格障害の人に

気に入られていたとしても

自己愛性人格障害の人は

どこでやきもちを焼くかわからないので

そばにいることも危険なのです。

 

だってそばにいたら

誰かに褒められることや

誰かと仲良くするところを見られる回数も

増えるはずです。

 

馬鹿馬鹿しい話ですが、

自己愛性人格障害の人は

こんな場面を見ただけで

極度に怒り、

あなたがそこにいられないように

裏で徹底的に手を回して

あなたが

誰からも信じてもらえないようにする事に

一生懸命なのです。

 

仕事してないですよね。

 

結果、あなたは潰されて

そんなあなたを見ることで生産性が上がり

自己愛性人格障害の人は

仕事ができるようになってしまいます。

 

そして

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

何度も何度もそうやって

違う自己愛性人格障害の人に潰され続けて

やがて世間で生きていくことさえ

難しくなってしまいます。

 

それを避けるためにも変えるのは

あなた自身のマインドです。

 

自己愛性人格障害の彼を

大好きな人も大勢見てきました。

 

ですが、あなたの大好きな彼が

自己愛性人格障害だった場合

あなたは存在自体を潰されたり、

または

そばにおくことであなたを適度にののしり

ばかにすることで

気分良く生きることができます。

 

また、仕事やルックス、

甘い声で囁いたりしてあなたを翻弄させ、

あなたに好きになられることで

自分の征服欲を満たし、

あなたの体も自由にすることができるのです。

 

自己愛性人格障害の人が

あなたにこだわるのはそのためなのですが、

これが好きだと勘違いされることが

よくあります。

 

これが、

自己愛性人格障害の人に好かれる

理由なのです。

 

 

女性同士の場合は、

あなたが他の人と仲良くすることを

どうしても許せない自己愛性人格障害の人は

あなたを確実に潰して

あなたの存在をその場から消してしまうし、

それが成功するケースが非常に多いです。

 

自己愛性人格障害の存在に

なんとなく気づいている人もいるのですが、

自分がターゲットにされないために

あなたがターゲットにされているところを見て

自分じゃなくてよかったと

ホッとしている周りの人も大勢みえます。

 

えげつなくひどい話ですが、

それを見て自分は違うよと

喜んでいる人の顔は悪魔です。

 

それでも良い人ぶっている普通の人も

たくさんお見えになるのです。

 

自己愛性人格障害が1人いると

その場の周りの人も

精神的に悪くなる場合が非常に多いです。

 

普通の人や

そんなことはできない良い人は

どんどん潰されていって

だんだんと自己愛性人格障害の人と

普通の人でもそれと似たようなことをする人が

残っていくのです。

 

そういう人が

溢れた場所にはいない方が幸せです。

 

それはあなたがどれだけ自分のことを

大切に思っていて大切に扱っているかで

大きく関わってくるのです。

 

あなたは死ぬまであなた自身と一緒にいます。

 

あなたの気持ちをわかってくれる人、

あなたのことを本当に考えてくれる人は

あなた自身しかいないのです。

 

他人に求めることはやめましょう。

 

自分を幸せにできるのは

自分しかいないのです。

 

周りの人によく思われることは

重要ではありません。

 

まず、自分の心の声を大事にしましょう。

 

そして、あなた自身が苦しんでいるのであれば

その場から助けてあげましょう。

 

一生一緒に最後までいてくれるのは

自分自身でしかないのです。

 

他人の気持ちやどう思われるかに振り回されて

自分が苦しんでいるのに

我慢してその場にいることはやめましょう。

 

そして、不思議なことに

あなたが、あなた自身を大事にしはじめると

あなた自身にそんなことは

だんだん起こらなくなるのです。

 

お金のことを心配して

ターゲットにされている会社に

しがみついている人をよく見かけますが、

あなたが、あなた自身を幸せにしはじめると

不思議と、お金にも困らなくなるんですよね。

 

これ、本当のことなんです。

 

あなたがあなた自身を幸せにしはじめると

あなたのことを大切にする人しか

あなたには寄り付かなくなるんです。

 

もうすぐ今年も終わります。

来年こそは、幸せになりたいと思いませんか?

 

今すぐに来年のあなたが幸せになるためにも

あなた自身を大切にしてあげてください。

 

あなたのことを真剣に悩んで

あなたのことを心配してきた人は

他でもないあなたなのです。

 

あなたの考え方が

今までは

自分を傷つける人に向いていたと思いますが、

自分を傷つける人のことは

考えなくても良いのです。

 

あなたのことを傷つける人のことで

頭がいっぱいになるので

あなたの周りには、

あなたのことを傷つける人が

集まってくるのです。

 

そんな人たちはあなたが苦しむ姿をみて

エネルギーを得ています。

 

そんなところからは何も生まれないでしょう。

 

来年、あなたが幸せになるためにも

あなたはあなた自身のことを

真剣に考えるべきなのです。

実はあなたが気づいていない、自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人の考え方のくせ



こんにちは♡

今日は、あなたが気づいていない

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすいひとの

考え方のくせについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

自分で自分を守ることができません。

 

それはなぜかと言うと

自分に自信がないからです。

 

幼い頃からの癖で

あなたを褒めてくれる人よりも

自分を非難する人の意見にこそ

耳を傾けてしまっていませんか?

 

自分に自信がなく、

せっかくあなたを褒めてくれる人がいても

素直に受け取れない、

なんか恥ずかしくて非難された方が

何となく安心してしまう気持ちがないか

改めて自分に聞いてみてください。

 

自己愛性人格障害の人も

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人も

何らかの理由で、幼い頃に

本当の自分を認めてもらえないまま

育てられて

何となく自分に自信が持てません。

 

否定されて育ったり、

または習い事や勉強など

かなりのいい成績をおさめても、

なかなか認めてもらえない家庭で育っていたり、

両親の仲が悪く

その両親を何とか仲直りさせようと

必死になっていた人

または、両親のどちらかが

もう片方をモラハラしているところを見てきて

何とか助けようと必死になってきて

自分のことどころでは無かった人など

育った環境はそれぞれですが、

何らかの理由でそのままの自分を

のびのびと認められる環境で

育って来ていない人が

自己愛性人格障害か

もしくはその被害者として育ちます。

 

同じ環境で育った二人が

そこから逃げるためにモラハラ側に着いたか

最後まで自分を捨てず何とか正義を保ったまま

育ったかによって加害者か被害者に別れます。

 

最後まで共感力を失わなかった人が

被害者になるわけですが、

どこかお互いの気持ちがわかってしまうふたりが、

皮肉にも

被害者と加害者になったりします。

 

最後まで共感力を失わなかった被害者が

何となく

自己愛性人格障害の人の苦しみを

わかってしまうのはそのためです。

 

ところが、

その後の人生は皮肉なもので

被害者の方がどんどん落ちぶれていってしまいます。

 

その違いは、

自分が苦しすぎることに耐えられない

自己愛性人格障害の人は

自己愛を極端に肥大させることによって

人からの賞賛を求めて

尊大な自分を演じ続けることとは反対に

被害者になるような人は

全ての責任は自分にあると考えてしまい、

自分が悪いと自分を責め続けます。

 

あなたが自分が悪いのではないかと

悩み続けたり

気に入ってもらうためには

どうしたら良いのか?

と深く悩むことによって

その思いを強めてフォーカスしてしまっています。

 

あなたが強く思えば思うほど

その思いはその思いを現実にして

あなたの目の前に広がってしまいます。

 

あなたの願いは叶ってしまうのです。

 

あなたが心配になればなるほど

あなたの状況は

どんどん悪くなっていきます。

 

あなたはあなたの考えで

自分を創造しているのです。

 

嫌な思いを外そうと思っても

自己愛性人格障害の被害者は

あなたが悪いという状況を

自己愛性人格障害の人に作られてしまうので

それを弾き飛ばすことは

なかなか難しいと思います。

 

ですが、もし、あなたが自分を信じていれば

自己愛性人格障害の人が

一人でやっていることになるので

自己愛性人格障害の人がやっていることが

逆に浮き彫りになっていきます。

 

逆にあなたが動揺すればするほど

周りから見たらあなたの方が

おかしく見えてしまうのです。

 

すると何が悪いのかというと

あなた自身の不安がどんどん大きくなり、

本当にあなたの状況が悪くなってしまうのです。

 

だからそもそも

自己愛性人格障害の人のそばにいることは

危険なのですが、

それでもあなたが

自分を信じて堂々としていたり、

あなたがウキウキすることにフォーカスして

そのことに集中していると

あなたの周りでは

あなたがフォーカスしているワクワクの方が

大きくなっていくのです。

 

周りで起きていることは

あなたにはまったく関係がないのです。

 

だから他人のしていることに

気持ちを向けることを

いっさいやめることです。

 

これが他人軸で生きていると

他人のすることが気になり、

他人から褒めてもらうこと

他人から認めてもらうこと

他人にいい人だと思ってもらうことに

フォーカスしていると

あなたの周りの他人に振り回されてしまうのです。

 

あなたの周りにいる人が

いい人ばかりならそれでもいいのですが

あなたを陥れようとしている人や

あなたに活躍してもらっては困る人

あなたが人から好かれることを

許さない人たちが、あなたの周りにいる場合は

あなたの共感力の高さを利用して

あなたを振り回すことができるのです。

 

他人にひどいことをして

普通の顔をしていたり

いい人のふりをしていられる人間を

相手にしてはいけません。

 

まともに相手にしてはいけないのです。

 

でも、あなたさえ自分を信じていれば

あなたが信じること

あなたがやりたいこと

あなたがワクワクすることだけに

フォーカスして生きていると

あなたの目の前にその現実が現れるのです。

 

他人のすることには目を向けないでください。

 

その人がすることは

あなたには一切関係がないんですよね。

 

恨んだりする必要もありません。

 

その人たちは

その人たちで自分がしたことは

必ず自分に返ってくるようになっているのです。

 

その人たちがしていることも

きちんとその波動が出ていて

必ず本人に同じようなことが

返ってくるようになってるんですね。

 

逆にあなたが恨みを持ったり

その人たちのことを考えて

暗い気持ちにずっとなっていると

その波動があなたの体から出てしまい、

あなたにその波動が返ってきてしまいます。

 

あなたが今まで

自己愛性人格障害の人に振り回されて来たのは

あなたが他人の気持ちばかりを優先したり

気にしたりするからです。

 

他人がすることは

あなたには関係がないのに

あなたがそれを重視することによって

あなたの目の前の人生が

他人が出したいやな波動を

あなたまで出すことになってしまうのです。

 

あなたは自分を信じてください。

 

極端なことを言えば、

あなたは、自分が信じること

自分がワクワクすることのみを

やればいいのです。

 

そのために

あなたの心のセンサーのいうことを

よーく聞いてみてください。

 

大切なことほど

他人に相談してはいけません。

 

あなたの心によーく聞いてみるのです。

 

あなたの心がじわーとあったかくなることなら

やってみてOKのサインです。

 

逆に、あなたの心がざわついたり

いやーな気持ちがすることは

進んではいけません。

 

あなたは自分を信じることです。

 

あなたのために動いてくれる人は

あなたしかいないのです。

自己愛性人格障害の被害者が幸せになるいちばん手っ取り早い方法とは?




こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者が

幸せになる方法をお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害にあった人は

心の中が理不尽な思いでいっぱいになり

苦しい思いをしている人がほとんどです。

 

それはどうしてもしょうがないのですが、

それは

とってももったいないことをしています。

 

あなたを幸せにできる人は

あなたしかいないのです。

 

他の誰でもありません。

 

でも人は、

他の誰かにしあわせにしてもらいたいと

考えがちなんですよね。

 

例えば、あなたがしたことで

誰かに褒めてもらいたいとか

あなたがしたことを

認めてもらいたい、とか。

 

そこまで思わないとしても

あなたを理解してもらいたい、とか

あなたをわかって欲しい、とか。。

 

どれも本当の気持ちだと思うのですが、

人は他の誰かにしあわせにしてもらうことなんて

できないんですね。。

 

自己愛性人格障害の人も

自己愛性人格障害の被害者も

他の誰かに認めてもらおうとします。

 

自己愛性人格障害の人は

尊大な自分を見せつけて

自分のことを

魅力的だと思ってもらいたい

だとか、有能な人物だな

と思ってもらいたい、だとか

あの人には敵わない

と思ってもらいたいだとか。。

 

 

他人が自分を称賛することによって

自分を特別だと思うことができる

そういう病気なのですが、

それだけなら

誰にも迷惑をかけないし

素晴らしいことなのかもしれません。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

それでも自分を認めることができず

苦しんでいて

その苦しさから逃れるために

他人の惨めなところを見ることによって

自分をあげることと

他人を下げることを同時にして

自分をとてつもなく魅力的な人物、

と極端に思えなければ

生きていくことができないほど辛い

自尊心が潰れていて

自分を自分で認めることができない

とてつもなく辛い病気です。




そして、

その自己愛性人格障害の人の被害者になり、

見下されるほど潰されていても

必死で縋りつき、

あなたのために

こんなにまでもしている私を認めて、

と自分を差し出すことで

相手に認めてもらおうとする

自己愛性人格障害の被害者もまた

間違っています。

 

そんなことまでもしなくても

良いのです。

 

あなたはあなたのままで

十分に魅力的で

素晴らしいのです。

 

自己愛性人格障害の人もまた同じです。

 

あなたが苦しんでいる現実は

あなた自身で創り出しています。

 

信じられないかもしれませんが、

あなたが望まないはずの

自己愛性人格障害の人との関係は

他の誰でもない

あなた自身が創り出しているのです。

 

あなたが悩んで、

自己愛性人格障害の人のことばかりに

集中して神経を使うことは

あなたの思考です。

 

あなたの思考は現実化するのです。

 

あなたの考えたことが現実を創り出すのです。

 

自己愛性人格障害の被害とは

幼い頃の育ち方で

自尊心を完全になくしてしまった人が

その辛さから逃れるために

常に尊大な自分を

見せつけていなければなりません。

 

それだけではまだ

自分が生きていてもいい存在だと

思うことができないので

本当はビクビクして生きています。

 

そんな自分が世の中の人に

バレてしまうことが怖くて

いわば常に去勢をはっている状態です。

 

そうやって威嚇して生きていなければ

いつ、あなたはいらない、

と捨てられてしまうかわからない

という恐怖に襲われています。

 

そのために

自分よりも低い存在を常に作って

その惨めな姿を見ることによって

自分はあいつよりもマシな存在だ、と

目で見て確かめることによって少しだけ

ホッとします。

 

たいていの場合、そんな存在になるのは

辛すぎるので

たいていの被害者は逃げ出してしまいます。

 

逃げ出されると困るので

それを周りにも

本人にも気づかれないように

やるのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分がそんなことをする人間だと

バレないようにやらないと

周りの人にも警戒されてしまうので

自分よりも低い存在が

作れなくなってしまいます。

 

作れないと

自分より惨めな存在を見ることができないので

自分を認めることができなくなり、

生きていくことが辛くなりすぎてしまうので

自分は生きていく価値がないように

感じられてしまい、辛いのです。

 

自己愛性人格障害の人は

共感力があると

自分がそんなことをしていると自覚してしまい、

自分がそんな人間だと思うことも辛いので

共感力をなくして生きています。

 

正確には共感力は元々あったのですが、

共感力を使うと辛いので

日常的に麻痺させて生きています。

 

被害者は極端に責任感が強い人が多いので

自分がそんなことをされていても

自分の中で

そんなことをされるなんて

自分の中に悪いことがあるのではないかと

考えてしまい、辛くなります。

 

これが、

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人の

思考の癖です。

 

こういった思考の癖を持っていると

何かが起こると自責の念に辛くなり、

どうやったらよくなるのだろうと

考え込んでしまいます。

 

それが苦しさをうみ

自分の心の中に常に辛い思いがあると

 

それがデフォルトになり、

常につらい思いをしていることに

慣れてしまいます。

 

人間とは

ずっと同じ思考を繰り返していると

慣れてしまいその思考に常駐します。

 

あなたに起こる出来事は

あなたの思考が創り出しているので

あなたの周りにあなたからでる

苦しみの波動が周りの空気から伝わり、

遠く、宇宙まで広がるのです。

 

これは大袈裟な話でもなんでもなく

ほんとうのことなんですよね。

 

例えば、

ゲームが好きな男の子がいるとします。

 

ゲームって子供ってみんな好きですよね。

 

小さい頃からゲームをしていて

ゲームをしていると楽しいので

夢中になってやります。

 

毎日夢中になってやっていると楽しくなり

毎日楽しくこなしているうちに

上手くなりますよね?

 

そして上手くなってますます楽しくなり、

楽しくなるといつの間にかクリアしてしまい、

クリアすると、お母さんに

なんとかして新しいゲームを買ってもらいたく

なりますよね?

 

そして買ってもらうために

いろいろ試行錯誤しながら

お母さんに頼み込み、

また新しいゲームを買ってもらい、

新しいゲームをまた夢中になってやります。

 

これが子供の思考が

現実を繰り出している

分かりやすい仕組みなります。

 

あなたの思考は現実を創り出します。

 

あなたがつらい思いばかりしていると

あなたの波動が辛いものになり、

ソレが宇宙に伝わって

あなたにはまた辛い出来事がくるように

あなた自信があなたのみらいを

創り出しているのです。

 

あなたはあなたがしあわせになるために

自己愛性人格障害の人は関係ありません。

 

ただひたすらに

あなたが

しあわせな気分で過ごすだけでいいのです。

 

あなたのしあわせな波動は

あなたのしあわせな人生を創り出します。

 

どんなに小さなことでも

悪いことでもいいことでも

あなたの思考が現実を創り出すのです。

 

例えば逆に

自己愛性人格障害の人が

どんなにあなたのことを

見下してきたとしても

あなたがそれを受けなければ

あなたには何も起きません。

 

ところがあなたがそれで

暗い気持ちになってしまうと

あなたの人生に暗い出来事が

起こるのです。

 

だからあなたの胸に聞いてみて

あなたの心が苦しと感じることは

あなたから離れるようにしてください、

 

そしてあなたが

気分が良くなることだけに

ひたすらフォーカスして

あなた自信がしあわせな気分を

考えているだけでいるだけで

あなたからしあわせな波動が出て

それが宇宙に広がるのです。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人は

辛い思いをすることに慣れていて

自分を傷つけるものから

離れようとしません。

 

だからあなたには

いい気分でいるようにする練習が

必要なのです。

 

まずあなたが

しあわせになる許可を

あなた自身に出してください。

 

あなたはしあわせになって

いいのです。

 

というかあなたが不幸だと

周りの人が迷惑をします。

 

あなたが不安にならないためにも

あなたの身の回りの

あなたのことを思ってくれる人とだけ

交流をしていると

あなたの思考がだんだんと

しあわせな気分を味わうようになります。

 

そうするとあなたの

波動がしあわせなものになり、

またあなたのしあわせな波動を

持つものが

どんどん引き寄せられてくるのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人ほど

人は選んだ方がいいのです。

 

あなたは嫌なことをされても

それを自分の意識に入れず

幸せな気分でい続けることが

できますか?

 

もしそれができれば

もうあなたは

誰からも攻撃されることはありませんし、

自己愛性人格障害の被害者の利他的な物事の考え方




こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害者の被害に遭いやすい人の

マインドチェンジについて

詳しくお話ししようと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

利他的な人がとても多いです。

 

自己愛性人格障害の被害者もまた

幼い頃の育ち方で

自尊心が低くなっています。

 

毒親を持つ人も多く、

またHSPやアダルトチルドレンの人も

自己愛性人格障害の人の被害に

とても遭いやすいです。

 

こういった人は

相手に自分のものを

しつこく差し出すことで

相手に認めてもらおうと必死になったり、

また、繊細で傷つきやすく

なんでもいうことを聞いてしまい、

自分の意見が言えなかったりだとか

いってるうちに自分でも

(なんかそうなのかな。。)と思い出したり。。

 

 

自己愛性人格障害の人は

あなたの自己肯定感を傷つけて、

惨めな思いをしているところを見ていないと

自尊心を上げられないのですから、

あなたを攻撃して

あなたの自己価値を下げ続けてしまいます。

 

自己愛性人格障害の攻撃を受けて

あなたの下がり続けた自己価値が

あなたの中に自分に自信がない気持ちを

作り出してしまいます。

 

Tiaraも自己愛性人格障害に気づくまでは

自分の意見を言ったら、

何か間違っているのではないか、

という不安をいつも抱えていて

いつも誰かに

「どう思う?どうしたらいい?」と聞いてみて

人から何か言われないと行動できない

弱い人間でした。

 

そして何かを頼まれたり、誘われたりすると

断れない、という困った性格で

いやいや行った先で

(もちろん顔には出しませんが)

嫌な思いをするという

苦い思いを繰り返しています。

 

Tiaraを囲む人たちにも

(どうせあの子断れないからやるって)

などと言われたりもしていました。

 

ですが、

自己愛性人格障害という病気を知ってから

Tiaraが間違っているわけじゃなく

間違っているような顔をして

困った存在がいる、とTiaraを不安にさせたり、

からかってがっかりさせてから誘えば

喜んで尻尾を振ってついてくる、

と思われていたとわかりました。

 

また同じことを言っても

許される人と許されない人がいるということにも

気づいている被害者もいたりして、

今では、わざと相手を落として自分が優位に立つ、

ということも知りました。

 

それ以来、

そういう人が見抜けるようになったので

自分の意見は言えますし、

反応が悪くても

わざとやっている人には

すぐに気付けるようになりましたので

自分に自信を持って行動できます。

 

自分の愛を信じていたので

利他の心で接して

純粋に人を喜ばせよう、

相手のためになることをしてあげれば

相手も必ずTiaraのことを認めてくれる、

と考え続けていた頃は

あなたは、

愛があるからこんなことなんでもないよね?

あなたがやってくれるんでしょ?

あなたが罪を被ってくれるんでしょ?

あなたが私を持ち上げて

賞賛して惨めな存在になってくれるんでしょ?

という人たちばかりに囲まれて生きていました。

 

無償で与えたい!という気持ちは

無償で貰いたい!という人を

たくさんたくさん引き寄せました。

 

Tiaraはいい人なのだから

俺のわがままを聞いてくれるよね?

こないだ言ったことは許してくれるよね?

こないだ謝ったんだし、

許したんだから無かったことになってるよね?

 

とだんだんあなたには

何をしてもいいと

軽く扱われ始めます。

 

そうするとどんなことが

あなたの胸の中で起こると思いますか?

 

無償で何かを与えようとすることも

無償で何かを受け取ろうとすることも

確実にあなたのセルフイメージを低下させます。

 

少しづつ、自分には価値がない、

ということ思いを定着させ

それが長い時間をかけて

あなたの中に硬い硬い『自己価値が低い』

という種ができてしまいます。

 

するとそれが、意識していなくても

あなたの全身の毛穴から出て

空気中の細かい波動になり、

それが空気に伝わり、空を超えて宇宙まで行き

これに反応した人達(同じような波動を持つ人達)

があなたの周りに自然によってくるのです。

 

別に

スピリチュアル的な話をしているわけではありません。

 

現実的に同じような波動を持った人間同士しか

会わないようになっているのです。

 

だからあなたと縁のない人とは

つながらないようになっています。

 

そして、認めたくはないと思いますが、

あなたが今関わっている人、

あなたの身の回りに起こっていることはすべて

あなたが願ったことなんです。

 

認めたくはないこともすべて

あなたが願ったことなんです。

 

いいことも悪いことも、

あんなことやこんなこと

すべてあなたが願ったことしか

叶わないようになってるんです。

 

何を言い出すの?と思うかも知れません。

 

でも、Tiaraの冷静になって考えて見ると

自己愛性人格障害の元彼と付き合ってから

自己愛性人格障害の人ばかり引き寄せてます。

 

あなたは認めたくないかも知れませんが、

嫌な出来事もすべて

あなたが願ったことなんです。

 

自己愛性人格障害に

とてつもなく興味を持ったTiaraは

自己愛性人格障害の行動を見たいと

願っていました。

 

こうやったらどうなるんだろう、

こんな時はどんな反応をする?

こんな場面でこんな対処をしたら

反応はどう変わるのか???

 

自己愛性人格障害の元彼とも

ずっと会いたいと思っています。

 

素敵だったな、自己愛じゃなきゃよかった。

自己愛じゃなきゃ完璧な彼だった。。

 

優しかったな、素敵だったな、

なんでも買ってくれたな、

いつもTiaraのことばかり考えてくれていたな、

仕事ができてとても素敵だった、

弁がたち、

みんなのまえで堂々と意見する彼は素敵だった、

誰もが憧れていた、子供達にも優しかったな、

あれが尊大な自分を見せつけていたのか。。

彼が恋しい、彼が恋しい、彼が恋しい。。。

 

今、みなさんの前でぶっちゃけましたw

 

本当は本当は願っていたんですね。

 

だからいつも、常に、

どこか、

なんとなく彼に似た自己愛が

Tiaraの心を捉えていました。

 

でも一緒にいちゃいけないことや

これ以上仲良くなっちゃいけないことは

わかってるんですね。

 

心を奪われてしまうと後が辛いから。。

 

それも願っていました。

 

だからいつも近づきそうで近づかない、

まあ、Tiaraも拒否していますから

近づきようにもないのに

なんで俺のこと避けるのかな。。

と不思議に思っていたかも知れません。

 

だって彼じゃないんだもん。

Tiaraには何もしていないですもんね。。

 

なのになぜ避ける・・

と疑問を持つのも当然です。

 

本当に彼なら

避けられて当然だと納得するでしょう。

 

自己愛だからわかりませんが、

ここ数年、Tiaraの前には顔を見せていません。

 

でもこのことに気づいたら、

初めて、

自己愛性人格障害の人のことを思うことが

本気で怖くなりました。

 

だってどうしてもトラブルになるんです。

 

だってそりゃTiaraが願ってるんですから。

自己愛性人格障害の人との交流を。。

 

トラブルばかり起こる人は考え方の、

思考のクセを持っています。

 

物事のマイナス面にばかり

フォーカスするようになっています。

 

物事には必ず

プラス面とマイナス面の両方があります。

 

1つの物事で隠と陽

必ず2つの側面があります。

 

起こる出来事は変えられません。

 

ですが、物事の見方を変えることは

あなた自身の意志で決めることができます。

 

あなたが物事のプラスの面に意識して

フォーカスするようになってくると

あなたの人生が変わります。

 

あなたの周りの方の対応が変わります。

 

物事が起こった時、

ワクワクする方にフォーカスしてみてください。

 

そして嫌だな、と感じた方向に

行こうとしてはいけません。

 

例えば、あなたの彼が

自己愛性人格障害だと気づいた時、

あなたは必ず違和感を感じているはずです。

 

その違和感を大切にしてみて下さい。

 

それはそっちは違うよ、

とあなたの心が語りかけているんです。

 

あなたが好きなことは

痛いほどよく分かります。

 

でもそれって

自己愛性人格障害の人が惹きつけてしまうから

仕方ないんですよね。

 

素敵な思いをしたから恋に落ちたと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

そのコンプレックスゆえに人一倍努力をするので

人よりも長けている部分が必ずあります。

 

そしてそれをアピールする能力に長けているので

自尊心の低いあなたは

彼のことを素敵だと思うでしょう。

 

でもそれって違うんですよね。

 

あなた自身も

とても長けた部分って必ずあるんです。

 

自己愛人格障害の人に

あなたの欠点は強調され、

あなたの長所は周りから見えないように

隠されてしまいますから、

あなたは自分で

自分のことを価値がないと思い始めます。

 

その差がひらけば開くほど、

自己愛性人格障害の人が

素敵に見えると思います。

 

ですが、同じなんです。

 

人間は必ず長所も短所も持って

生まれてきますので

あなたにも長所必ずあるし、

自己愛性人格障害の人にも

必ず短所はあるんです。

 

でも、それを何もしなかったら

あなたの長所が目立ってしまいますから

自己愛性人格障害の人はそれが辛すぎるので

どうしてもそれをさせません。

 

人が活躍しているところを見ると

自分には価値がない(と思い込んでいる)

ということに気づいてしまうので

これが普通の人よりも強烈に辛いのです。

 

だからこそ、誰かが自分よりも下なことを

確信しながら安心していないと

生きていけないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

幼い頃の育ち方で

どうしても人を蹴落としていないと

安心して生きられないのですから

どうしてもしてしまいます。

 

それをしないようにすることは

自己愛性人格障害の人本人にもできないのです。

 

それなのにそれを周りも、

そしてあなた自身も信じてしまい、

あなたが自尊心を失うと

それが波動となり宇宙に伝わるので

あなたを軽く扱う人と凸と凹がピッタリと合い、

あなたとはまってしまいます。

 

だからあなたの周りに

あなたからでる毛穴から出る

波動で引き寄せてしまうのです。

 

まだ始まったばかりですから

この考え方に慣れていないので

あなたもしっかりとよく考えてみて下さい。

 

あなたがその状況を望んで(考えてしまい)

引き寄せていますよね?

 

あなたが引き寄せたその現実が

目の前に広がっていますよね?

 

あなたのその目の前に広がる世界を

嫌だと思うのなら

今この瞬間から

考え方を変えないといけないと思います。

 

あなたのその考え方を

プラスの方に傾けるようにして下さい。

 

物事には

どんなに悪く見えても、それが起こったから

そうじゃない人たちが

良くしてくれていたことに気づいた、とか

それが起こったから、

いいと思っていたことがよくない事だったと気づいた、

このまま行っていたら

気づかないままだったかも知れない、

あーよかったな、と思えたり。。

 

そしてプラスの方向に

歩み出すことを始めて下さい。

 

そして

トントン拍子に行っている時ほど

気をつけて下さい。

 

必ず、足元を救われる何かが必ずあります。

 

大丈夫かな、大丈夫かな、と慎重になって下さい。

 

そして何事も楽しみながらできることに

フォーカスを向けてみて下さい。

 

暗い方暗い方に考える癖のある人は

必ず暗い方に行きます。

 

こんなことあったらやだな、

もしかしたらこんなことがあるかも知れない、

こんなことを起こすと

こんな嫌なことがあるだから気をつけよう。。。

 

それもあなたの願いなんですね。

 

嫌だ、も願いになる。

 

神経を集中して力を込めて

嫌なことばかりを考えていたら

それが叶っていくんです。

 

だから、

自己愛性人格障害の被害者は

本当に気をつけなければなりません。

 

そうなってしまう環境に身を置かないことです。

 

できるだけ逃げる。

 

逃げても嫌な出来事が起こることもあります。

 

その場にいられなくなる、など、

こんなこと望んでなかった、と思っても、

それはそんなに無理している場所は

あなたが幸せになれる場所じゃなかった

ってことなんです。

 

宇宙は必ずあなたの味方です。

 

あなたの人生があなたの望み通りに

叶っていくことに全力を尽くします。

 

だから、あなたの考え方が

とても重要なのです。

 

考え方のコツはまたお教えしますので、

あなたの周りで起きていることはすべて

あなたが望んだんだ、と考えてみて下さい。

自己愛性人格障害の人は被害者に異様にこだわる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

被害者に異様にこだわることについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

異様に被害者にこだわります。

 

ところが、他の人からは

それがわからないことがほとんどです。

 

なぜなら、自己愛性人格障害の人は

自分が被害者には

なんの興味もないように見せているので

あまりこだわっていないように見せるのです。

 

ですが、Tiaraがみていると

自己愛性人格障害の人は

被害者の目の前で

他の人にやたらに親切にしているところを見せたり、

仲の良いところを見せたりして

被害者にはまったく興味がないようにしています。

 

ですが、それは

被害者が見ているところだからこそ

していることで

あなたがもし、

自己愛性人格障害の人に苦しめられていると感じるなら

試しにその場から、

本当にさりげなく、席を外してみるといいでしょう。

 

すると、ほとんどの場合、

今までどんなに話が盛り上がっていたとしても

自己愛性人格障害の人は

その人と話をすることをやめてしまうでしょう。

 

被害者が見ていなければ、

ひとと話すことにも意味がないのです。



Tiaraの恋愛相談室を訪れる人の相談を聞いていますと

自己愛性人格障害の彼が

自分には冷たいのに

周りの人達とはとてもうまくやっている、

という話をよく耳にします。

 

些細なことで喧嘩になり、

そしてなぜ彼が怒ったのか、

あまりにもよくわからないまま

自分の何がいけなかったのか必死になって考え

どれだけ謝っても

許してくれないと言うことがよく起きます。

 

何日も口をきいてくれなかったり、

顔を見ることすらしてくれなかったり、

連絡が途絶えたり、

冷たい態度を取られたり、

Lineや電話も無視をする、という場合が

多々見られます。

 

そのような時も必ず、自己愛性人格障害の人は

必ず被害者が気付く様なところで

盛り上がって話をしていたり、

とても仲良くやっていたり、

親切だったり、時にはとても有能で

周りの人から尊敬されている場面を

被害者がよく目にしてしまうのです。

 

それは偶然ではなく、

自己愛性人格障害の人が

あなたにまさに見せる為にわざわざ

必死になってしていることで

でもとても必死にしているとは感じられず、

あくまでも自然に振る舞っているかの様に見せますが

そこまで計算してしているのです。

 

なんのためにそんなことをしているのかというと

被害者の自尊心を傷つけるためです。

 

人間は普段はそんなに意識していない人でも

執拗になん度もなん度も

自分に非がないのに

無視をされたり、冷たくされたり、

軽くあしらわれると

だんだん違和感を感じてきます。

 

どんなに鈍感な人でも

普段はとてもおおらかで気持ちの大きな人でも

いつもいつも、

何度も何度も自分以外の人に以上に親切にしていたり、

自分を差し置いて盛り上がられたり、

逆に自分が同じことを言っても

自分の時だけは無反応だったり、冷たくされると

他の人は気づかなくても気になってきます。

 

他の人はやたらと自分には親切にしてくれたり、

笑わせてくれたり

有能なところを見せつけられるので

自己愛性人格障害の人に対して

特に悪いイメージは持ちません。

 

ですが、その人に親切にするのも

被害者を傷つけるために

何度も何度も気づくまで

執拗にやっているだけなのです。

 

被害者がいなければ、

自己愛性人格障害の人は、

その人ともそんなに仲良くしないし、

そんなに親切にもしないし、

そんなに盛り上がって談笑したりもしないのです。

 

そこであなたが悲しんだり悔しがったり、

辛そうな態度をとってしまうと

あなたの方が彼にこだわっている様に

見えてしまいますし、

自己愛性人格障害の人にとっては

それが狙いなのです。

 

ですが本当は、

自己愛性人格障害の人の方がこだわっているからこそ

ビックリするほど本当に執拗に

何度も何度も繰り返しやりますし、

普通の人はそんなにしつこく執拗にそんなことはしません。

 

だからその人が、

自己愛性人格障害だということがわかるし、

その時点で、その人にこだわっていると

あなたの状況がどんどんどんどん悪くなって

しまいますので

避けるようにしなければなりません。

 

自己愛性人格障害の人の異常なこだわりが

あなたに対して依存している、

ということがよく分かります。

 

自己愛性人格障害の人が

周りの人とうまくやっている様に見えるのは

まさに周りの人から好印象を持たれるために

していることで

別にその人のためではないのです。

 

あなたが

自己愛性人格障害の人に

こだわっているように見えるからこそ

自己愛性人格障害の人には

価値があるように見えますし、

そばで見ている人も自分にはとても優しく親切で

被害者の人がこだわることで

その人に価値があるように相乗効果があるのです。

 

被害者がいるからこそ

周りの人に優しくしているときいたら

あなたはどう思いますか?

もし、そんな人じゃない、

あの人は本当に周りの人達とはうまくやっていて

私とだけはうまくいかないんだ、

と落ち込んでいるのだとしたら

まさにあなたをそんな気持ちにして

傷つけることが目的なのです。

 

だからヤキモチを焼く必要がありません。

あなたがいなかったら

自己愛性人格障害の人は周りの人達と

本当はそんなには仲良くないでしょう。

 

あなたが、悲しそうな顔を見せたり

辛そうにしていたりすれば、

自己愛性人格障害の人は喜んで

さらにあなたを傷つけたくなりますので

さらにあなたに無関心になり、

あなたの周りの人達と

異様に盛り上がり続けます。

 

それが目的なのですから、

あなたは辛そうな顔や、悲しそうなところを

自己愛性人格障害の人に見せてはいけません。

 

あなたがすることは、

自己愛性人格障害の人が

あなたの前で盛り上がっていたとしても

自分のやるべきことをコツコツやり

そのことに集中するべきです。

 

自己愛性人格障害の人には

目もくれてもいけません。

 

あなたの意識の中から

自己愛性人格障害の人のしていることを

できるだけ、あなたの頭の中から

消してしまいましょう。

 

そのほうが、

あなたが彼にこだわっているように見えなくなり、

彼が1人でしていることになります。

 

そうなれば、

あなたが彼にこだわっているように見える

相乗効果がなくなり

そんなには

自己愛性人格障害の人に価値があるようには見えないので

あなたも惨めにならずにすみ、

自己愛性人格障害の人も今よりは目立たないでしょう。

 

自己愛性人格障害の人はまさに被害者を決めて、

徹底的に傷つけ続けることで

よく見え、被害者を使って

自分をよく見せているのです。

 

そうなると

あなたの彼への憧れも強くなり

あなたが自己愛性人格障害の人を許してしまうことで

さらに自己愛性人格障害の人はよく見え

あなたはさらに悪くじめじめとした存在になり

あなたを助ける人が少なくなってしまいます。

 

自己愛性人格障害の人の秘密をいったん見破ると

あなたが思ったより、

自己愛性人格障害の人尊大には見えなくなり

そしてまた、あなたも

そんなに惨めな存在にはならずに済みます。



自己愛性人格障害の人が

あなたを傷つけていると気づいたなら

自己愛性人格障害の人が

異様に盛り上がっている時は特に

その場からそっと席を外すことで

少しづついい方向に物事が回りだすのです。

自己愛性人格障害のひとは自己愛対処をしているとだんだんと近づいてくなくなる

こんにちは♡

今日は、自己愛対処をしていると

自己愛性人格障害の人は段々と近づいて来なくなる、

ということについてお話をしたいと思います。

 

自己愛対策をしていると

自己愛性人格障害の人は段々とあなたに

近づいて来なくなります。

 

それはほんとうにそうなのですが、

一番困ったことは、

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

自己愛性人格障害の人と離れたくない、

という傾向を持っていることが

ほんとうによくある、ということです。

 

自己愛性人格障害の人が

被害者の上司だったり、憧れの存在だったり

親友だったり恋人だったりします。

 

自己愛性人格障害の人は

自分を常に必要以上に魅力的に見せることを

やめようとしないので

普通の人よりも、目立って

魅力的に見えることがよくあります。

話し方や声のトーン、

また優しい笑顔や表情など、

普通の人よりも念入りに、手をかけて

周りの人を巻き込むように聞こえるように、

でもさりげなく、自然に見えるように

細心の注意をはらってひと時も休まず

常にしています。

 

自分の中の大きな怒りが爆発してしまうと

とてつもなく恐ろしいのですが、

自分で自分のアフターフォローも完璧に、

執拗なほど念入りに

し続けるので、

周りにいる人も

自己愛性人格障害の人を信じてしまうことが

よくあります。



人を落とすと同時に、

自分を引き上げるので

「あのときは、

あの人がどうしようもない失敗を

何度も何度も繰り返してしまったから

さすがの俺も、見るに見かねてついつい

周りの人のことも考えてしまったからこそ

大きな声を出してしまったよ。」とか

「俺の気持ちを何度も訴えたのに

とてもひどい仕打ちを、

何度も何度も受けてしまったから

本当はかなしいけど、

泣く泣く別れを口にしてしまったんだ」とか言います。

 

怒られた人や、別れを切り出された人の方に

どうしようもない落ち度があって

流石に人格者の彼でも

ついつい大声を出してしまったり

別れを口にしてしまったけど

本当は自己愛性人格障害の人の方が被害者で

被害者に見える方に原因があったんだ、

と思われてしまい、

あなたは恨まれることになります。

 

どうやってもその構図は変えることができず

自己愛性人格障害の人は自分を良く見せることを

常にやらなければ気が済まないので

どうしてもやってしまう事なのです。

 

だから、自己愛性人格障害の人のそばにいる人は

悪者になりやすいです。

 

何もしていないのに

周りから孤立することもよくあることですし

あなたの耳に情報が入って来なくなり

本当のことがわからなくなるのです。

 

自己愛性人格障害の人は、自分をよく見せることを

被害者であるあなた自身にもしてしまいますので

例え、あなたをターゲットにしていたとしても

あなたにも悪く思われたくないので

自己愛性人格障害の人を

素敵に感じてしまうような笑顔を向けられたり

優しくされてしまったりしますが、

陰であなたのことを悪者にしてしまいます。

 

そこをよく理解していないと

あなた自身が自己愛性人格障害の人に

惹かれてしまう事もよくあるでしょう。

 

自己愛対策は、徹底して行わなければなりません。

 

Tiaraも自己愛性人格障害の人と

仲良く話す事もありますが、

内心絶対に信用していません。

 

信用していない、と言うと語弊がありますが、

自己愛性人格障害の人は

どうしてもそういうことをしてしまうことを

深く理解していますので

上部だけでわらっている事も理解していますし、

親身になって聞いてくれているように見えても

本当は自分をよく見せたいだけ、

自分のことを好きになってもらいたいだけで

相手のことはどうでもいい、と

いうことを知っていますので

その場だけの会話で

いつでも180度変わる、という可能性があることも

よく理解しています。

 

だからと言って責めているわけでもなく

自己愛性人格障害の人も極端な不安感から

どうしてもしてしまうので仕方ないのです。

 

それでも、どうしても気になってしまうし

本人も大丈夫かなと心配にもなりますし、

周りに誰か被害者がいないかということも

とても気になります。

 

そしてTiara自身ももしかしたら、

被害者になってしまうかもしれない、ということも

理解していますので、

話終わった後は、

極端にあっさり引いてくるようにしていますし、

もはやTiaraは4年ほど

自己愛対策をしまくって生きているので

自己愛性人格障害の人に対しては

自己愛対策が習慣化しています。

 

Tiaraは今の部署に移動になってから

5ヶ月ほど経ちますが、

移動した初めの頃は

自己愛性人格障害の人がすごく寄ってきていましたが、

今ではほとんどの自己愛性人格障害の人が諦めたようで

ほとんど近寄ってきません。

 

少し寂しい気もしますが、これで良いのです。

 

仕事はだんだんしやすくなって

周りの普通の人たちとも

コミュニュケーションを良好に取ることができて

ほとんど素の状態で何もきばらず

楽に過ごすことがほとんどになりました。

 

感覚も少しづつ元の自分に戻ってきて

自己愛性人格障害の彼と別れてからの数年は

恋愛映画や情熱的なストーリー

感動する話や、親子愛や情熱など

真っ直ぐな気持ちがぶつかり合うような

本物の人間関係の映画などは

途中で苦しくなり、胸が締め付けられるので

自己愛性人格障害の彼と一緒にいた頃の

素直な愛情やもともと好きだった情熱的なものは

これ以上みると心臓が張り裂けそうになるとの恐怖心から

途中でやめてみることができなくなっていました。

 

でも、今では、

普通に見られて普通に楽しむことが

できるようになってきました。

 

あまり激しいものはわかりませんが、

 

たいていの恋愛映画や感動ものは

普通に涙を流して感動することができます。

 

普通の人間関係も

こちらが一生懸命やれば普通に帰ってくることが多く

Tiaraと話したい人が自然にTiaraのそばにきて

会話をすることができています。

 

ただ、以前の職場からTiaraを引き抜いた

自己愛性人格障害の上司だけは

たまにふらっと現れて

Tiaraに近づいてきたり離れたりしながら

様子をうかがっていることがよくあります。

話しかけられて、

それが普通に話せることなら

Tiaraも普通に話しますし、

笑いが溢れることもちょこちょこあります。

 

でも、笑いが溢れたときは調子に乗り

話が終わった後に、

Tiaraが追っかけてくるか見ていることが

よくあります。

 

ですが、彼と話終わった後は、

さっと別の方に意識を向けて

わざと自然に仕事の話をしたり

その人との対談を

できるだけ自然に見えるように細心注意を払いながら

あなただけと

わらって話すわけじゃ無いのよアピールをすると

傷つくのか、さっと逃げるように部屋を出ていきます。

 

少し可哀想な気もしますが、

これは自己愛性人格障害の人が

被害者にすることと同じことで

これを少し気を使って笑いかけたり

仲良くなれたと喜んで受け入れてしまうと

またやられてしまうのです。

 

だから、自己愛性人格障害の人を

いい気にさせない態度を取り続けることはとても重要で

これをしているからこそ

だんだんとターゲットから外れてくるのです。

 

普段はチヤホヤされ慣れている

自己愛性人格障害だからこそ

傷つくことは人一倍で

傷付くからこそ、その人には近づいて来なくなります。

 

結果、被害者が自由になり、

ターケットから外れ、

嫌なことをされたり、

評判を落とされることがなくなるのです。

 

もともと、そんなに深く関わっていないので

あまり被害者を悪くいうことができず、

例え言ったとしてもそれほど説得力はなく

こちらも自己愛性人格障害の人に

好かれたいという思いがないので

言っていても平気な態度を取ることができるのです。

 

たまに、態度だけでこちらを小馬鹿にしたような

態度を取る自己愛性人格障害の人もいますが

もともとこちらも相手にしていないので

一人でしていることになり、

こっちが相手にしてしないのに

勝手に一方的に被害者のことをいうのは

周りの人も不思議に感じるのです。

 

それに本来自己愛性人格障害の人は

その本人にしかわからないような嫌がらせを続け

ターゲットが気にしているところを見て

気分が高揚するのですが、

ターゲットが気にしていないと

何をしているか分からなくなるのです。

 

もともと自己愛性人格障害の人は

意味のないことをしていることがほとんどなので

被害者が相手にしていなければ

周りの人も気づくことがないのです。

 

被害者に反応がない場合

それだけでは自己愛性人格障害の人は

なにもできなくなるのです。

 

自己愛性人格障害の人に対して対策を行っていくとどう変わっていくのか?

こんにちは♡

ゴールデンウィークも終わって

少しづつ過ごしやすい気候になってきましたが、

あなたはいかがお過ごしですか?

 

ゴールデンウィークに辛い思いをされた方も

たくさんみえたと思いますので

今日は、自己愛性人格障害の人に対して

一貫して対策をおこなっていくと

関係性がどう変わっていくのか、

ということについて、

具体的にお話ししたいと思います。

 

Tiaraは自己愛性人格障害の人に会うと

気づいた瞬間から

その人に対して、相手よりも少し多めに

冷たさを増します。

 

自己愛性人格障害の人は

初めは好印象なのは分かっているので

どんなに向こうから親しげに話しかけてきたり

にっこり笑いかけてきたり

困ったときに親切にしてきてくれたりするのですが、

自然ではありません。

 

どんなにいい人に振舞っても

どんなに有能なところを見せてきたりしても

どんなに好意を見せてきても

Tiaraにはなんとなく、あるいははっきりと

自己愛性人格障害の人がわかるのです。

 

例えば、マウントというか

初めから相手にしていないような

態度を取るタイプもいるのですが、

普段は冷たい態度をとっていることが多いですが、

Tiaraの周りにいる他の人には

とても親切にしたり、

とても親しげな態度をとっている男の人がいます。

 

いちいちTiaraと仲のいい人と

Tiaraのそばにいるときにやる回数が頻繁すぎて

不自然に感じていました。

 

明らかに

ただ自然に話しているわけではなく

自分の振る舞いを

わざわざTiaraに見せているのだなと感じます。

 

周りの人とは長々と話をしていたり

丁寧にお礼を言ったりするのですが、

Tiaraの事になると、急に無表情になったり、

黙ったりする男の人がいるのですが

この人は

以前の部署でも本当に少しの間だけ

一緒でしたが

帰国子女で英語も話せて

とても有能な設計士だということは

聞いていました。

 

Tiaraが入って間もなく、

部署を移動していったので

あまり面識はありませんでしたが、

30代の落ち着いた感じの男の人で

「顔を覚えた頃に移動ですが、

また何かありましたらよろしくお願いします。」

そう言って移動していった方で、

その時は、特に印象は悪くなっかったのですが、

話そうと思っても近づきにくく、

明らかに普通ではない雰囲気を

醸し出していました。

 

今回Tiaraがその部署に移動したことで

また同じ部署になりましたが、

以前の部署での噂で

ある女の人が

その人から意地悪されて仕事を教えてもらえないので

トイレの前でよく喧嘩していた、という話は

聞いていたので

この人も自己愛性人格障害っぽいなあと

感じていたので

元々あまり仲良くすることは

考えていませんでした。

 

ですが、Tiaraが新しい部署に移動してからというもの

やたらとTiaraと仲の良い人と絡んでくるのです。

 

Tiaraと一緒に移動してきた人もいるので

その3人とTiaraが一緒にいると

「あ、〇〇さん、お久しぶりです。

またよろしくお願いします。」

というような感じで話はじめ、

Tiaraもいちお顔は知っていたので

「あ」という感じでお辞儀をすると

「ああ。。」と反応はするもの

あまり相手にする感じがなかったので

ああ、そういう感じで来るつもりね。。

別にTiaraは、

あなたと関わりたいとは思ってないのよ、

という感じであまり気にかけないように

徹底的に、意識的に、

その人を視界に入れないようにします。

 

普通、向こうも本当に

Tiaraに関心がないのなら

Tiaraが相手にしていない事にも

気づかないでしょうし、

本当にTiaraの周りの人たちとだけ話があるのなら

その人と話しているときに

Tiaraの反応なんて気にしないでしょう。

 

ですが、明らかに、うざいほど

しつこいほど、

徹底的にTiaraを意識しながら

相手にしないで周りの人たちと穏やかに談笑する、

ということを続けるのです。

 

Tiaraも今の部署に変わってからというもの、

とてつもなく忙しいので、

気にしている暇はないのですが、

やっていることは伝わってきます。

 

だから、Tiaraも意識的に徹底的に

無視をして業務に集中するのですが、

ときにこちらの会話に割って入って来てまでも

自分の方に惹きつけようとしてくるので

ちょっと。。。いい加減にしてよ。。

という感じで

ものすごく冷たい目でにらんで視線をそらさずに

彼の目をじっと10秒ほど見てみました。

 

すると彼はすぐに気づいて

「な。。。。!」という感じで声を上げました。

 

が、彼の反応を見たあとすぐに

視線を真下に90°落とし、

くるっと方向を変えて

違う業務に集中してみました。

 

元々クールで、

仕事もできる有能な彼ですから

そんな態度に女性に出られたことが

ないのだと思います。

 

大勢の人たちの前で

自分の知識を熱弁して

語っているところもよく見かけます。

 

プライドも高い方だと思います。

 

そんな彼が入って2年ほどのTiaraに

それも新しい部署に変わって

まだそんなに人間関係もできていない女のTiaraに

そんな目で睨みつけられたことは

プライドもズタズタだと思います。

 

幸い、物静かな彼で

役職もついていない人なので

大声で怒られたり、怒鳴られたりすることもない、

と分かっているのでできたことではありますが、

周りの人間に

「なんかTiaraさんに睨みつけられたんだわ。。」

と言われる可能性はあります。

 

ですが、Tiaraは普通の人には

ウザいほど、一生懸命ですし、

腰は低いし、

あわてんぼなので、

先走って行動して失敗することもしょっちゅうな

おっちょこちょいなので

「すいません!!」ということもよくあります。

 

多分、バタバタといつも一生懸命な子、

というイメージはあると思うのですが、

決して要領がよく、世渡り上手、

というイメージはないと思います。

 

ですが、それは、普通の人にしか絶対に言わず、

自己愛性人格障害の人には絶対に言わないのです。

 

Tiaraは

いわば、自己愛性人格障害の人が

舐めてかかるような人にほど親切にし、

大切に扱い、敬意を示して丁寧に接します。

 

自己愛性人格障害の人は

立場が上の方の人や怖い人、

厳しい人の前ではとても従順で紳士的で

丁寧に接し、

優しい人や立場が下の人、

責任感の強い人やいい人にほど

冷たく、舐めていて、態度が横柄です。

 

Tiaraは

自己愛性人格障害の人とは真逆の行動をとるので

睨みつける、と言われたところで

本当かなあ?と思う人の方が多いでしょう。

 

普通の人は

丁寧に接すれば、敬意を示してくれる人で

怖い人ではないとは分かってくれていると思います。

 

だからこの人に怖がられたところで

この人は自己愛性人格障害なので

この方がTiara に嫌われたくなくて

丁寧に接してくれるはずです。

 

それでも相手にしませんが。

 

すると、やはり、そのあとから

何かとTiaraを気にかけてくるようになりました。

 

「こんにちは。」と

渋い声で急に挨拶してきたり、

扉を開けようとすると

「大丈夫ですか?」とドアを開けてくれたり、

今までウザいほどしていた

Tiaraのそばで他の人と談笑する、

ということをいっさいしなくなりました。

 

それでもTiaraは

なに?急にどうしたの?

としか思っていないので

全く反応しません。

いわゆる視界に入っていない状態というか

相手にしていない状態です。

 

するとますます、Tiaraを気にするようになり、

直接親切にしてくるようになります。

 

新しい部署で引っ越し作業があり、

忙しく荷物を段ボールから出し、

壁に立てかけていると

「大丈夫ですか?」と体を寄せて

一緒に支えてくれようとしましたが、

心の中では

(うるせえな、大丈夫だよ、ダンボールくらい。。

何が大丈夫ですか?だよ。)としか思っていません。

 

「あ、ありがとうございます!」と女っぽく弱々しく

いうとでも思っているのでしょうか?

 

だったらなんで今まで知らん顔、

徹底的にしてた?と思うだけです。

 

ここで大抵は被害者体質の人は

(あ、やっぱり勘違いだったんだな。

この人やっぱりいいい人だったんだ。。)と思いがちですが

こんなことくらいで大していい人ではありません。

 

段ボールで怪我をすることなんてそうそうないし、

軽い物なので

女性でもまったく問題ありません。

 

強いていうなら

たくさんあるので、誰かが一緒に協力してくれると

やりやすいのですが、

やりにくいだけです。

 

ここで女っぽく

(いい人だな。。親切な人だな。。)

と簡単に株が上がってしまうので

自己愛性人格障害の人の

ターゲットになってしまうのです。

 

親切な人は大抵普通に親切ですし、

初めからやるし、

1人を徹底して無視して周りとだけ仲良くする、

なんて事はいちいちしません。

 

喋る時は喋るし、

喋らない時は喋らないだけです。

 

親切にしたところで、その親切にしたことも

本人さえ忘れてしまっているでしょう。

 

しかも個人的なことではないし、

会社で仕事上のことなので

手伝っても別に当たり前です。

 

感謝をすることもあると思うのですが、

それもそれをしたからと言って

その人より上だと、いうことでもありません。

 

ですが、Tiaraも普通の人には普通に親切にしますし、

手伝うときは手伝います。

 

だからと言って、手伝ってやったとも

手伝わなきゃ!とも思いません。

 

普通のことです。

 

これがもし、Tiaraが

この人のことを初めから気にしていて、

(あの人とはあんなに喋るのに

どうしてTiaraとは話してくれないんだろう?)

とか

(あの人たちとはあんなに仲良いんだな)

と羨ましがったり、

有能で素敵な人だから仲良くなりたいな、

と思ったりしたら、

この彼はきっと、

ダンボールの時も

親切に支えたりはしなかったでしょう。

 

そのあとTiaraではありませんが、

重いものをみんなで持っているときに

『手伝おか!」と張り切って入ってきて

服を1枚脱ぎ(セクシーアピールでしょうか??)

力のあるところを見せたりしていましたが、

(あ、そう。じゃこっちは人手がたりるから

Tiaraは向こうへ行こ!)とばかりに

彼の活躍を見ていなかったり、

徹底的にTiaraも

彼への印象を好意的に変えたりしません。

 

すると、気に入ってもらいたいのか

やたらとTiaraに話しかけてきたり

「これってどうすればいいですか?」と

ウザいくらいに話しかけてくるようになりました。

 

こちらの部署にも

自己愛性人格障害の人はちょこちょこいますし、

Tairaと一緒に

時期は、ずれても

以前の部署で一緒だった自己愛、

こちらで新しく知り合った自己愛には

同じような接し方で、

4ヶ月ほど経った今では

自己愛性人格障害の人は、少しづつ

Tiaraをターゲットにすることを

諦めて来つつあります。

 

まったく諦めてしまった人は

Tiaraがまったく相手にしないので

廊下ですれ違うとチラッとTiaraの方を見て

節目がちになり、

諦めて足速に通り過ぎ、

有能なところを見せるのも

Tiara以外の人と

楽しそうに穏やかに談笑することもやめて

静かになりました。

 

元々強烈な自己愛の強い

元彼に似た上司だけは、何かと近づいてきては

また離れていき、

たまにTiaraが失敗してしまったことに気づいたときは

にこにこと近づいてきて

「だめだよ?」と優しくたしなめるだけです。

 

それでもTiaraが「ああ。。」とあまり相手にしないと

そのあと近づかなくなり

最近では近づくこと自体、

少なくなりました。

 

帰りの待ち伏せや「バイバイ」

と言ってくることもなくなり、

たまにエレベーターで降りたところで

ばったり会うと嬉しそうな顔をしますが、

Tiaraが一瞬頭を下げて、そのまま素通りすると

その日は顔を見ることもないくらい

会うことがなくなりました。

 

どこで何してるんだろ?って思います。

 

その代わりTiaraは、

自己愛ではない普通の人たちと

仕事を進め、毎日充実した

忙しい日々を送っています。

 

Tiaraも

自己愛性人格障害の人に

気をつけること以外は

ほぼほぼ、

自分の素のままに生きることができ、

言いたいことを言いたい言葉で

やりたいようにどんどん自分のやり方で

仕事を進められます。

 

時に会社のルールも

Tiaraが決めてしまうこともあり、

誰も何も言わず、

それに従ってみんな動いてくれます。

 

自己愛性人格障害の元彼と別れて

元の会社を離れて以来、

初めてこんなにも生きやすく

大した不安もなく仕事ができています。

 

1人でいても平気になり、

元に戻りつつあるので

もうそろそろ、

感情的にも元の感情に戻してもいいかと

たまに感動的な映画を見たりすると

普通に心が感動するのですが、

そうなると苦しくなり

急に寂しくなることがあります。

 

感情が元に戻ると誰かといたくなり、

理性的に淡々とするべきことを

判断してやるべきことをやっていたり、

何か知識を深めるために勉強したり、

本を読むことはいいのですが、

感情が入るような

人情的な映画や感動的な映画で

また感動して涙することを

たまにできるようになったので

ああ、まだ元の感情はあるんだな、とか

元々の本当の私はこういう人間だったな、

と安心するのですが、

それと同時に苦しくなったり、

胸が締め付けられるような気持ちになります。

 

やはり、以前はそれを

幸せだと感じていて満足していたのですが、

人を信用して傷ついた経験から

人を愛する深い気持ちを持つことと恐怖が

1つになってしまっているのです。

 

それでも今まで通り、家族やペットは大事ですし、

特別な関係ではなくても

普通の人たちとは普通に

コミュニケーションが取れています。

 

普通にコミニュケーションを取れる人たちとしか

心を寄せなくなったのでとても楽です。

 

その中から仲良くなれる人がいたらいいなあ、

くらいに思っています。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすいタイプの人は

自分にひどいことをする人のほうを気にして

その人に気に入られるように必死になりながら

自己愛性人格障害の人ばかりを気にしています。

 

自分がなんとも思わない人の方が

普通の人たちなのです。

 

自己愛性人格障害の人と被害者は

お互いに惹かれやすい状態にありますが、

一緒にいるとどんどん関係性は

悪化していってしまいます。

 

むしろあなたが

あまり興味がわかないタイプの人の方が

関係は築けるのです。

 

Tiaraもどうしても

 

自己愛性人格障害の人は気になります。

 

ですが、こうやって避けることにより

自己愛性人格障害の人もおとなしくなり

関係は穏やかに普通になっていくのです。

 

自己愛性人格障害の人も激化せずにすみ

穏やかに時間は流れていきます。

 

自己愛性人格障害の人は

自分のことを

気にかけてくれない人の方に気を遣ってくれ、

それは自分が嫌われたくないという

極端な臆病心からきていて

ただ嫌われたくないだけなのです。

 

この気持ちを使い

彼をあまり安心させないようにしておくと

自己愛性人格障害の人からの攻撃を受ける事なく

平和に時間が流れていくでしょう。

 

 

関係性は普通の人とこそ

作るべきなのです。

自己愛性人格障害の人さえ避ければあなたはとても自然に生きていける

こんにちは♡

今日は、

自己愛性性人格障害の人さえ避けていけば、

あなたはとても生きやすくなる、

という事についてお話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

とても責任感の強い人が多いです。

 

責任感が強い、というよりは

根性を出して

必ずやり切る、私はできる、

と頑張り過ぎていませんか?

 

今、あなたが苦しい状況にあるなら

そこは、あなたが生きやすいところでは

ないのかもしれません。

 

あなたの大好きな彼も

あなたがもし、

苦しいと感じるなら

長い時間をかけて

じわじわとあなたの心を

苦しませ続けて

目に見えなくても

あなたの心と脳に多大な負担がかかって

色々な事を判断させる機能に

気持ちが行きません。

 

だからあなたは隙だらけになって

自分で思っているよりも失敗や弱点が多くなり

あなたを孤立させるのに十分な

多くの条件を

自己愛性人格障害の人に与えてしまいます。

 

そして、あなたは普通の人よりも

責任感が異常に強いために

それを自分のせいだと思い込み

あなた自身で自尊心を傷つけていきます。

 

自己愛性人格障害の人は

人を責める事によって

自尊心を上げていなければ

生きていけないほど自尊心がなくて辛いので

一度ターゲットになって

それにそのまま従って傷ついていく人を

異様にこだわり離そうとしません。

 

それが、恋人同士の関係だった場合は

友達や上司やママ友や同じコミュニティの仲間より

あなた自身も気づきにくいのです。

 

それは、自己愛性人格障害の人の

あなたにこだわる気持ちを

愛と勘違いしやすいからなのです。



また自己愛性人格障害の人も

自分があなたを離したくない気持ちを

愛だと思い込んで

そのようなことを口にしてくる場合も

よくあることなので

お互いに執着しあい

長い間離れないこともよくあることなのです。

 

ですが、一緒にいることで

お互いにどんどん症状は強くなるばかりなので

本当に苦しくなったと気づいた時には

被害者は、

びっくりして逃げ出す事がほとんどなのです。

 

長い間、

よく見えていた関係が

実はとても危険なことに気づいた時、

女性は歳をとってしまっていることも多いので

別れることが精神的ダメージを受けることが多いので、

なかなか忘れられない人も多く、

なんとか関係をよくできないか

相談を受けることも多いのですが、

残念ながらお勧めはできません。

 

それでもあなたが

どうしてもその彼と一緒にいたいと願うのなら

自分が傷つけられても構わないという

自分が自分ではなくなる覚悟を持ってから

一緒にいる、

と決心する方がいいでしょう。

 

もし、話し合いや

いつかはきっとわかってくれる、

と思っていた場合、

そのショックは大きく

気づいた時に離れていた場合よりも歳をとっているので

女性の場合、

やり直しをすることが非常に難しくなってしまいます。

 

それに、自己愛性人格障害の被害にあった場合

心を寄せる事自体が怖くなり

被害者自身が

もう恋ができなくなることも少なくありません。

 

それにあなたが今のままの心を持ち続けていると

また、他の自己愛性人格障害の人から

狙われることも多く

色々なところで生きにくさを感じ、

悩んだり考え込んだりして

そのことばかりに気をつけとられてしまい、

本来、あなたがやらなければいけないことに

気持ちがいかなくなってしまいます。

 

その結果、

何もできない人になってしまったり

周りにお荷物になるような存在になってしまい、

あなたの魅力はどんどんなくなっていきます。

 

たとえ、その自己愛性人格障害の人のために

生きたところで

他にターゲットが現れた場合や、

もっと都合のいい人物が現れたときに

自己愛性人格障害の人は

簡単にあなたを捨ててしまいます。

 

捨てられれば相当傷つきますが、

それはまだいい方で

自己愛性人格障害の人が

被害者になってくれて

自己愛性人格障害の人から

離れない存在が現れなければ

ずっと

あなたがターゲットに

なってしまうこともあります。

 

 

その場合、自己愛性人格障害の人の

あなたへのこだわりを

愛だとカン違いすることも多くあり、

それなのに傷付けられたり、

あなたの居場所を奪われたり、

無視をされたりすれば

傷つくためだけに彼と一緒にいることになります。

 

そうなると、あなたは他に

何もできなくなってしまい、

本来あなたが持っていた魅力も

なくなってしまうことがほとんどなので

誰にも見向きもされなくなってから

歳をとって捨てられることもあります。

 

あなたの周りで

どんどん幸せになっていく友人や

好きな仕事をして

イキイキと輝いている人たちを横目に

どうして自分はこうなってしまったのだろうと

考えてももう遅いです。

 

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすいタイプの人は

そういう人こそ

他人を見る目をやしなわないと

どんどん奪われていってしまいます。

 

彼に幸せにしてもらえるどころか

自分の人生を自分で切り開くことさえ

できなくなってしまうのです。

 

そんなふうになってまで

彼を愛することがあなたの幸せですか?

 

意外と人生は早いものでやり直しが効くのは

40歳くらいまでと言われています。

 

自己愛性人格障害の被害にあってしまうと

あなたがいい人であればあるほど

付き合いは長くなってしまいがちで

気づいたときには

なかなかやり直しの効かない年齢に

なってしまっていることも多く聞きます。

 

ですが、人生で一番若いのは今で

今やり直しの効く状況にないと

だんだん難しくなっていくのです。

 

とはいえ本当は難しくはなりますが、

いつでもやり直しは効くので

気づいたときに

できるだけ早めに方向転換をするべきです。

 

いつまでもダラダラと

現状を変えられないままでいると

さらに難しくなるのでできるだけ早く全力で

最善の方向に切り替えるべきです。

 

とはいえ、自己愛性人格障害の被害は

他人を信じることさえ

怖くなってしまいますので

新たな恋愛ができるようになるまで

かなりの時間がかかってしまうことも

多いです。

 

実際にTiaraも

あれだけ誰かと一緒にいたいと

おそらく普通の人よりも強く思うタイプだったのに

今は傷つけられたり

足を引っ張られるくらいなら

自分一人でいる方がマシだと思っています。

 

今は人を寄せ付けない雰囲気をもっていて

ただ、きっちりと

普通の人も見分けられるので

この人は普通の人だ!と判断した時は

元から持っていた性格のまま

全面的に信頼して懐くことも多いです。

 

ただ、あれ?何か違うな、

と思った瞬間に引くスピードは異様に早いです。

 

そうやって自分を出してもいい人間と

いけない人間を

明白に分けているのです。

 

そして周りの人には

明白に分けている、

とばれない方が印象はいいと思います。

 

きっちりわけているとあなたの印象が悪くなります。

 

とはいえわけないと

素直で真面目な人ほど

自己愛性人格障害の人に

ぐいぐいこられてしまうので

誤解をされやすく

周りをコントロールされてしまうし、

それによってあなたが

生きにくくなってしまうからです。

 

あなたが達成した業績は隠されてしまうし

あなたがした失敗は

大袈裟な程悪くとられてしまいます。

 

やってもいないことをやったとでっち上げられたり

相手を思ってしたことも

悪く思われるようにコントロールされてしまうので

あなたは孤立させられてしまいます。

 

ただ、孤立させられる、

と予測をしておいた方が

傷つかずに済むでしょう。

 

心の準備をしていた場合と

不意打ちを喰らった場合は

明らかに不意打ちを喰らった方が

ダメージが大きいし、

びっくりしたり怖くなったりします。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

そういったことを常にやり続けるので、

びっくりすることはありません。

 

予想の範囲内です。

 

むしろ、

自己愛性人格障害のする行動を

とればとるほど

彼が自己愛性人格障害だという確信は

強まっていきますので

あなたの行動はどうしたらいいか

予想がついてきますよね?

 

そうやって予想をしながら

彼の自己愛性人格障害としての

素質の程度をみていき、

素質が強ければ強いほど

あなたに近づけてはならないのです。

 

あなたの情報はできるだけ隠し、

でも日常会話は普通にして

敵対心を見せることなく表面上の関係は

良好に見せる。

 

それがあなたの心を守る手段になりますし、

自己愛性人格障害の人からも

狙われにくくなる方法だといえます。

 

それに

自己愛性人格障害の人を

冷静に見ることができ、

敵対心も見せず、

適度な距離を持って付き合うことが

自己愛性人格障害の人に

あなたの見え方を

コントロールされにくい関係性が

できてくるのです。

 

周りの人に

あなたの見え方をコントロールされなければ

あなたは

普通の人とは

普通にコミニュケーションが取れますし、

あなたが孤立させられる可能性も

減ります。

 

その中で付き合う人間関係を

あなた自身で

きちんと選ぶことが出来ればそのうちに

普通の人とお互いに思いやれる関係に

ぶち当たることができ、

自己愛性人格障害の人の知らないところで

普通の人間関係を育むこともできます。

 

今の世の中、

どんな人にでも自分を見せることは

あるていど、

危険を伴っており、

本当のあなたを見せても

あなたを自然に受け入れてくれる人とだけ

コミュニュケーションを測れば

余分なところで悩みを抱えたりせず、

もう少しコスパの良い

幸せへの道のりを辿ることができます。

 

 

あなたが今まで

自己愛性人格障害の人に

あなたの人生を邪魔され続けてきたのなら

なおさら、自己愛性人格障害の人を避けて

今までの人生を取り戻しましょう。

自己愛性人格障害の人から自分を守ろう

こんばんは♡

久しぶりの投稿をします。

 

毎日仕事も忙しく、

土日も、子供達が遊びに来るので

なかなか更新できませんでしたが、

最近、残業制限がかかったので、

あなたに有益な情報をお届けしようと思います。

 

自己愛性人格障害の人って

思ったより多いと思いませんか?

 

特にあなたがもし、

被害者になりやすいタイプの人だったとしたら

周りにいる自己愛性人格障害の人たちから

あなたは取り合いになってしまうので

普通の人よりもさらに

自己愛性人格障害の人が多いと

感じてしまうことだと思います。

 

自己愛性人格障害の人を知っている

Tiaraがみていても

被害を受けない人は全然受けないんだけど、

被害に遭いやすい人は

男女を問わず、

必ず自己愛性人格障害の人が

被害に遭いやすい人のそばをうろうろしだします。

 

Tiaraが自己愛性人格障害に気づいたのも

元彼と雰囲気の似た人が

自分によってくることを感じ取ったからです。

 

初めは、元彼と似たような年齢の

男の人だけがわかるようになったのですが、

そのうちに女の人も

自己愛性人格障害の人が多く存在していて

またタイプのまったく違う自己愛性人格障害の人も

根本的なところは同じなので

だんだんわかるようになってきました。

そして、自己愛性人格障害の人は

まともに相手にしていればしているほど

被害に遭いやすいということも

とてもよくわかりますし、

どんなに初めの印象がよくても

しばらくすると、

少しづつ、奇妙な行動を取り出し、

そしてそんな時に限って他の人には

異様に親切にしたり、素敵に振舞ったり、

明るく周りを虜にしてしまうような魅力を振り撒くので

被害にあっている人物以外には

なかなかバレにくいということも

体感してわかるようになりました。

 

恋愛だと被害者になりやすいタイプの人が

自己愛性人格障害の人に惹かれてしまうことも

とてもよく分かりますし、

そしてまた、どんなに被害者が拒否しようとしても

異様にしつこく魅力を魅せながら近づいてくるので

初めはなんとも思っていないとしても

抗えないほど心を奪われてしまうこともわかります。

 

知っていても、

だんだん心臓がドキドキしてくるのがわかりますが、

この人は素敵なやさしい人なのではなく、

自己愛性人格障害なのだから

自分の事を異様に気にしてもらわないと

気が済まないので近づいてきているだけだ、

とわかっていても、

どんなに避けても向こうから

ちょっとしたきっかけを作って近づいてきます。

 

視界に入るような場所で、

こちらが気になるような大きな声で

周りの人とわきあいあいと話をしたり、

真剣に誰かの相談にのっていたり、

異様に親切にしているところを見せたり、

または直接親切にしてきたり、

たまにニコッと笑って近づいて来たり、

帰りに「バイバイ」と言って振り返って来たりします。

 

これも自然にしていることではなく

自分が素敵に見えるような

最高の笑顔を作って見せてきている

とわかっているから惹かれませんが、

自己愛愛性人格障害を知らなければ

普通に恋に落ちてしまう方が自然でしょう。

 

そんなことを繰り返し、しつこくしてくるので

相手が素敵な異性ならば、

ほとんどの人はどうしても

好きになってしまうと思います。

 

これは、結婚していてもしていなくても

関係ないので、不倫関係になってしまう人も

いると思います。

 

本当にどんなに拒否してもやめないのです。

しかも、

はっきり口説いてくるとは限りませんから

「近づかないで!」とか

「しつこい!」と口に出していってしまったら

「何を勘違いしているの?」と言われかねないので

はっきりと拒否をすることはできないのです。

 

態度で避けたり、

あまり相手にしないようにしていても

決して諦めたりしない粘り強さが

自己愛性人格障害の人にはあり、

それが、異様にしつこいので

自己愛性人格障害について知らないと

どうしても心を奪われてしまうのです。

 

あなたにどうしても近づこうとしてくるので

中には

初めはなんとも思っていなくても

自己愛性人格障害の人が自分のことを好きだと

勘違いしてしまい、

意識してしまう人も多くいると思います。

 

こういう様子をみていると

被害者の方が、

自分が相手を好きになった、

と思っている人もいるようですが、

自己愛性人格障害の人は

相手にそう思わせることが

とても得意なのです。

 

好きになってしまうと夢中になってしまい、

初めのうちはとても大事にされるのですが、

だんだんと

あなたが気づかないように

あなたの方が悪いと責めたり、

あなたが悪いからやっていけない、などと

あなたを責めるようになりますが、

付き合う前から、

自己愛性人格障害の人が

だんだんとそうなることは

Tiaraには分かっているのです。

 

だから、被害者の人から

彼にフられた相談を聞いていると

彼のことが忘れられない、だとか、

やり方次第でなんとか彼と

もう1度やっていけないだろうかと

聞かれることも少なくないのですが、

あなた辛い思いをするだけで

自己愛性人格障害の人とは

絶対に幸せにはなれないのです。

 

これは

結婚できるできないの問題ではありません。

 

自己愛性人格障害の人で結婚している人も

大勢いますが、

おそらくその奥様は、

常にイライラして

毎日を過ごしているか、

心が病んでしまい、

つらくてつらくてたまらない生活を

送っていることがほとんどです。

何もかも奥様のせいにされて、

全然相手にもしてくれず、

いいことは全て自己愛性人格障害の人のおかげで

悪いことはすべて奥様の人格のせいだと

拒否され、否定されて、

たとえ、結婚していも幸せではありません。

 

浮気をする自己愛性人格障害の人もよく聞きますが、

普通の人が浮気をしているときは

奥様にバレないようにするものですが、

自己愛性人格障害の人は

あえて少しだけバレるように痕跡を残したり、

ひどいときは悪びれることもなく話したりして

奥様の心を傷つけます。

 

自己愛性人格障害の人にとって

浮気はバレないと意味がない、

と言っても過言ではありません。

 

普通に浮気相手に夢中になっている時もありますが、

あえてバラすことで、相手を傷つけ、

傷ついて苦しんでいる姿を見てみることが

浮気をしている以上に心が高揚するのです。

 

またタチが悪いことに、

相手の傷付く姿を見ることで

高揚感が増し、さらに傷つけようとして

追い討ちをかけてくるので

感じたことがないようなストレスを受け続け、

やがて、眠れなくなったり

涙が出てきたり、

夫婦関係を修復しようと思って

何も言えなくなり、

鬱になっていく、ということも起きます。

 

そして浮気相手も

奥様を傷つけているときは

奥様を傷つけるために

とても幸せに大事に扱ってもらえるかもしれませんが、

自己愛性人格障害の人の都合により

ターゲットが変わることがよくあります。

 

そのときはすべてを浮気相手のせいにされたり、

簡単に捨てられてしまったり、

また結婚をしていることを内緒にしてある場合も多くあり、

今まで夢のような幸せな日々を送っていたにも関わらず、

突然、彼がいなくなってしまった、

と嘆き悲しむ人も大勢みえます。

 

これだけ多くの相談を聞いてきたTiaraには

自己愛性人格障害の人と一緒にいるように

おすすめすることは到底できないのです。

 

ましてや、自分が悲しい思いをするのは

嫌なので

自己愛性人格障害の人がどんなに素敵だろうと

どんなに有能だろうと

どんなに優しくされようがどんなに楽しそうだろうが

それは見せかけだけのものに過ぎず、

自分を素敵に見せることだけに

全力を注いでいることを知っているので

心を入れないように表面上だけで付き合っています。

 

にも関わらず、

Tiaraがそんなことまで知っているとは誰も思いもしないので

自己愛性人格障害の人はその性質上、

当然のようにTiaraに気にしてもらえるように

しつこく魅力を見せてきたり、

女性の自己愛性人格障害の人は、

Tiaraのそばで周りの人と

わきあいあいと楽しそうに話をして

自分に興味を持つように仕掛けまくりの毎日です。

 

知らなければ、

あーあの子は周りの人と仲良くやっているんだなと

まわりとうまくやれる人ととってしまいそうですが、

それは、Tiaraの方から仲良くなりたい!と

近づいていった時に、

冷たい態度を取って相手にしなかったり

舐めた態度をとって笑い物にしたりするために

前もって準備をしていることなので

Tiaraの方から近づいていかなければ

1人でしていることになります。

 

もちろんTiaraは

その人が周りの人たちと本当に仲が良い、とか

本当に周りの人たちとうまく人間関係をやっている、

とは思いません。

 

だから羨ましくもなんともないですし、

近づいていっても時間の無駄です。

 

逆に、

自己愛性人格障害の人の

そんな振る舞いを信じた人たちが

近づいていき、傷付く事によって

自己愛性人格障害の人は、

自分はそんなに相手にもしていないのに

周りから憧れられるような魅力的な人

とみえてしまうのです。

要は被害に遭う事によって

自己愛性人格障害の人をよく見せる事に

協力させられてしまっているのです。

 

だからもちろんTiaraは自己愛性人格障害の人に

憧れの眼差しなんて向けませんし、

むしろ、本当に一生懸命やっている人や

自分を犠牲にしてでも

相手を助けてあげようとする人も見えているので

そういった人たちの方を尊敬し、

協力します。

 

そうすると、

自己愛性人格障害の人は意地になって

もっと素敵なところを見せようと

Tiaraには近づいて来ずに

Tiaraから見えるところで

穏やかに談笑をしているのですが、

その長さが異常なのです。

 

 

長いと2、3時間、

「そうだよね?あははは。。

うん。

俺もそう思ったんだよね〜。。。。

 

 

という感じです。

もちろん1人では会話は成立しないので

周りで話している人たちもいるのですが、

その人たちは人の話に根気よく耳を傾け、

「そうですかあ。。

へ〜すごいですねえ。。」と

相手を持ち上げ、賞賛してくれるような

優しい方達ばかりです。

 

それでもTiaraがまったく気を向けないので

何度も何度も異様に話を続けるので

いくら優しい人たちでも賞賛しまくりの

2、3時間にいい加減疲れてきて

口数が少なくなってくるのは

手に取るようにわかります。

 

話している自己愛性人格障害の人にも

疲れが見え始め、だんだんと口数が少なくなり

なんでこんなにやってるのに惹きつけられないの?

という感じになってくるので

異様にTiaraを惹きつけたいのだとわかるのです。

 

どんなに素敵なところや

みんなとうまくやっているところを見せようとしても

絶対にTiaraは惹きつけられません。

 

一方、人から思われる

自分の印象をよくしようと思って話している人たちではない、

ただ喋りたいだけの人たちは

Tiaraが見ていようが見ていなかろうが、

話したいときはいつまででも

楽しそうに話しています。

 

Tiaraが見ていようがいまいが、

話さないときはまったく話していません。

 

Tiaraが話しかければ普通に話すし、

わざわざ惹きつけられるような話し方もしません。

 

普通です。

 

普通の人は普通です。

 

自己愛性人格障害の人は

分かるようになると普通に話しているようで

話し方がセリフじみています。

 

自然に見えるような演技をしています。

 

それが、わかるようになると

バレバレなのです。

 

試しに、

素敵に振る舞っている時や

周りととてもうまくやっているなあ、と思うときに

さりげなく席を外してみましょう。

 

何か思い出したように部屋を出ていったり、

トイレにたつなど自然な感じで

その場をある一定時間離れてみましょう。

 

しばらくして戻って来ると

話していないはずです。

 

本当に会話が終わっている場合もありますが、

聞いている人がいないと

その会話に意味がないことが

何度かやってみると分かります。

つまり、

うまくいっているように見えるその人間関係には意味がなく、

ターゲットが気にしてくれるかどうかが

一番大事なのです。

 

これは恋愛を対象とした

異性の自己愛性人格障害の場合もそうですし、

いじめを目的とした

同性の自己愛性人格障害の場合も行動は同じです。

 

賞賛しまくっている周りの人たちも

相当疲れているはずです。

 

自己愛性人格障害の人に憧れても

あなたが惨めな思いをさせられるだけだと

理解してください。

自己愛性人格障害の人の見分け方と適切な距離感

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の見分け方と

適切な距離感について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の上司ですが、

本当に元彼にとてもよく似ています。

 

全く別の人ですが、

気配が本当に元カレがそばにいるようで

心臓がドーンと強く打ちます。

 

喋るときのトーン、

不意に近づいてくるあの感じ、

そして周りの人たちと談笑して

あっという間に周りをほんわりさせてしまうところも

とてもよく似ています。

 

そして、仕事になると急に

感情の入らない冷たい声で

淡々と静かな物言いのまま

相手の不手際をスッとつくところも

とてもよく似ているのです。

 

 

相手をなつかせているときも

相手を上手に自分を落とすことなく

どん底に突き落とすシーンも

Tiaraには分かります。

 

かわいい声を出して

甘えたような話し方をしてくるときもあれば

急に冷静になり、

淡々とのもごとをスマートにこなす素振りも

本当に元彼を思い出します。

 

この人は、自己愛性人格障害なんだ、

と分かっていなければ

知的で、仕事以外の時は

可愛らしい素振りもみせる

本当はいい人、

という印象を持ってもおかしくありません。

 

そばにいて、何が怖いのか

わからない人も多いでしょう。

 

自己愛性人格障害を知らなければ

憧れてしまう人もいると思います。

 

普段はとてもいい人なんだけど

仕事になるととても厳しい人、

と見れば、何もおかしくありません。

 

むしろ、普段からずっと優しいだけ人の方が

媚びているようにも見え、

自己愛性人格障害の人は

裏表のない潔い人

とみて取れるのです。

 

ただ、自己愛性人格障害がわかった上で見ると

本当に努力している人は

なりふり構っていませんし、

全力で力を発揮し、

相手のことも考えてうまく人間関係を調節します。

 

自分を上手に見せることを

わざわざ考えていないんです。

 

たとえ、途中で揉めるようなことがあったとしても

それにはそれなりの理由があり、

誤解やまちがいで一時的に拗れたとしても

しばらくするとどちらかが、

あるいは両方が

お互いにこじれたことを無かったことのようにして

歩み寄ったり、

誤解があったことに気づいたことを伝えたり

だんだんと関係は修復して

ちょっとしたことで最悪の事態になってしまう、

ということはあまりないのです。

 

それに比べて自己愛性人格障害のひとは

自分を良く見せる事に必死です。

 

有能に見せたり、強く見せたり、

親切に見せたり、

親身になっているように見せたり

見せることをメインでやっています。

 

ただ、周りにいる普通の人たちが

そこまで気にしていないので

自己愛性人格障害の人が

そこまで考えてしていることに気づかず、

ただ、有能な人、とか親切な人、

とか強い人(怖い人)と思っているだけなのです。

 

周りの人が

まさかそこまでしていると思っていないので

気づいていないだけなのです。

 

自己愛性人格障害の被害というのは

自己愛性人各種鴎外の人が相手にバレないように

少しづつやるので時間がかかります。

 

以前の部署はこの自己愛性人格障害の上司が

長い間いたので、(この上司1人ではありませんが)

社内の人ほとんどが

この上司に媚びてご機嫌を取るか

たたかれて小さくなり自分を出すことができなくなって

嫌な雰囲気に包まれていたのですが、

こちらの部署にこの上司が来てから

まだ1年ほどしかたっていないので

そんなに嫌な雰囲気ではないし、

まだお気楽な感じでじゃれあったり

熱く語り合ったり、仲のよい人たちも大勢いて

雰囲気は悪くありません。

 

この上司が、どこで怒りを出そうか、

出していいのか出しちゃダメなのか

様子を伺っている素振りも見られて

とても慎重になっていることがわかります。

 

自己愛性人格障害の人は

周りから見える自分の姿を

極端に気にしてしているので

とても印象はいいのですが

それは他人のうちだけなのです。

 

だんだんと関係性が深くなってくるにつれて

相手が自分のことを信用するにつれて

その人がちょっとしたことは許してくれそうな

寛大な人であればあるほど

自己愛性人格障害の人の行動は

どんどんおかしくなります。

 

ただ、そうやって

普段から周りの人たちには良く見せているので

被害に気づいた時は

被害者が訴えても

信じてもらえないようなことになっている場合が

多いのです。

 

被害に遭う人も元々は

自己愛性人格障害の人を信じてしまった人なので

自分の方がおかしいのではないかとか

勘違いではないのか?

と自己愛性人格障害の人よりも

自分のことの方が

信じられなくなってしまいます。

 

そして例え、自分はおかしくない、

と気づいたとしても

周りの人には評判が良いため

しかもとんでもなく

こじつけていたりするので

被害者が訴えたところで

「あの人がそんな変なことするわけないでしょ。」

と笑われるだけになってしまいます。

 

しかも、自己愛性人格障害の人には

共感力というものが全くないので

被害者が可哀想だという認識はありません。

 

そのことから

堂々としていて、

それがさらに

自己愛性人格障害の人が

まったくひどいことをしていないように

見えてしまうのです。

 

だから

自己愛性人格障害の被害はわかってもらいにくく

しかも被害者だけを追い詰めてくるので

自己愛性人格障害の人に近づくのは

とても危険で

できたら初めからあまり深く付き合わず

淡々と要件だけの付き合いに

とどめていた方がいいのです。

 

だから、人と深く付き合いたいと思ってしまう人や

相手に心を寄せてしまう共感力の高い人

自己愛性人格障害の人を好きになってしまった人は

自己愛性人格障害の人に

ターゲットにされる可能性がとても高いのです。

 

ターゲットにされないためには

自己愛性人格障害の人から

狙われにくい雰囲気を持つことがとても大切です。

 

自己愛性人格障害の人の近づき方は

あなたのことが

好きで寄ってきているように見えてしまうため

とても厄介なのですが、

その近づき方にはとても特徴があります。

 

あなたに興味があるように見えたり

あなたのことを気にかけている様に見えたり

あなたに親切にしてくれたりするのですが、

気づくとまったく気にしていないように

他の人と盛り上がっているシーンも

よく目にすることでしょう。

 

自己愛性人格障害のことを知らないうちは

他の人にもみんなに親切にする人なんだ、

と思ってしまうかもしれませんが、

もしその人が普通の人なら

そんなに強烈に気になることはありません。

 

異様に気になるようならわざと

あなたにヤキモチを妬かせるように意識的に

あなたの目に留まるところで

親切にしているところを見せたり

暖かい雰囲気で談笑している姿を

見せるためにしているのです。

 

あなたが見ていないと

自己愛性人格障害の人はその人たちと

そんなに仲が良いわけではありません。

 

見せるために仲良くしているだけのことで

本当に親しいわけではないのです。

 

その談笑に混じっている人たちの中にも

自己愛性人格障害の人の暖かい雰囲気に

騙されている人もいることでしょう。

 

そうやって自分の印象をよくしながら

どの人に自分の感情をぶつけたら良いのかを

物色しています。

 

仲良くなる前に

見切りをつけて

他の普通の人たちとの仲を深める方が

自己愛性人格障害の人から攻撃される可能性も

減っていくのです。

 

まったく攻撃されなければ

自己愛性人格障害の人は本当にいい人です。

 

そこで信用し切ったり

もっと仲を深めたい、と思わないことが

自己愛性人格障害の人との距離を

適切に保ちながら続けていくことができるのです。