自己愛性人格障害のひとを刺激してはいけない


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとも

自分がなんとなくおかしいことに

気づいている

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとも

ある程度の年齢を重ねてくると

だんだんと自分が

何かほかのひとと違うことに

気づいてきます。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分がひどいことをしている、と

認めることも辛いので

自分の中で全力で打ち消そうとしていますので

無意識のうちに

自分が起こしたトラブルもすべて

原因は自分ではない他者にある、

と思い込みますが

本当は心のどこかで気づいているのです。

 

 

Tiaraの元彼も

自分で自分が何かほかのひととは

違うことに気づいていました。

 

そして、自分が、

それでも人から認めてもらうことを

求めていて

それでも嫌われそうになると

自分から急激に離れていってしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

驚くほど敏感でとても繊細で

傷つきやすいです。

 

だから

自己愛性人格障害のひと自身が

相手に対して

とてもひどいことをしていたとしても

なんとなくそのはかなげな印象が

人々に伝わってしまい

優しい人や共感力の高い人からは

可愛そうな人に映ってしまうのです。

 

自己愛性人格障害とは

とても不思議な症状で

その臆病なメンタルのために

極端に人から嫌われることを

怖がるので、

自分が悪い人に見えないよう

いい人に見えるよう

常に全力で努力しています。

 

だからもし、ひどいことを言って

相手が瞬間に気づきそうになると

周りのひとや

その本人に全力で

いい人になろうとしますので

自己愛性人格障害の特徴が

分かっていない人から見ると

非常に分かりにくくなってしまうのです。

 

たとえば

あなたをおとしめるようなことを

言ったとして

周りにいる人がそれに気づいたとします。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

あなたをおとしめようとしていることに

周りの人が気づき

軽蔑して冷たい態度をとったとします。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が嫌われることにはひどく敏感ですから

瞬時に気づいてその瞬間から

優しくしたり、親切にしたりして

その人のご機嫌を取り始めるのです。

 

 

Tiaraは今は自己愛性人格障害のひとの

特徴がとてもよくわかるので

すぐに気づきます。

 

するとTiaraにめちゃめちゃ親切にしてくれたり

Tiaraに有益な情報を教えてくれたり

Tiaraの前ではいい人で

あり続けようとします。

 

極端に親切にしているところや

優しくしているところを

Tiaraの視界に入るところでしていることも

よくあります。

 

 

Tiaraが自己愛性人格障害のひとを

信用しなければ

Tiaraに親切にすることに徹し

もしTiaraが

自己愛性人格障害のひとを

信用したそぶりを少しでも見せれば

今度は仲間に入れようと

その人のことを

悪く思うようなことを言い始めます。

 

そこでTiaraが信用してしまうと

ターゲットがいかにひどい人で

人に迷惑をかけているかの話をしだしますが、

Tiaraがターゲットの話を信用しないと

それ以上ターゲットのことを悪く言うことも

やめて

Tiaraに親切にすることだけを

数年単位に渡り、やり続けるのです。

 

こうやって周りの人を

調節しながら自分の味方に引き入れるか

もしくは嫌われないように

極端にいい人を演じるかの

どちらかをして自分の信用を

得ようとします。

 

周りの人が

自己愛性人格障害のひとが

ターゲットをおとしめることに

協力的ではない人には

ターゲットのことをおとしめる言動はせず

ただ、自分がいい人に思われるような

行動をし続けるだけなのです。

 

だから、自己愛性人格障害のひとが

親切にしているところを見ても

今のTiaraには

自分をよく見せているだけだと

気付きます。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとも

その病気の症状のため

そうやって自分を上げて

人をつぶし続けていないと

不安で仕方ないのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとを軽蔑したり

特別な目で見ないようにして

自分や周りの人間が被害を受けない様にして

身と心を守ることだけに徹して

自己愛性人格障害のひとを

刺激しないようにしてください。

 

そして、あなたもあなたの心と身を

守ることに敏感になり

そして自己愛性人格障害のひととは

距離を持って接するように

気をつけてくださいね。

自己愛性人格障害のひとの判断方法について


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分の不安定な内面を

すべてあなたのせいにして

外でいい人でいるために

あなたを利用する、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

もし、あなたの彼が

自己愛性人格障害ではないかと

疑っているとしたら

次のことに注意して

彼のことを見てみてください。

 

・あなたより、周りのひとに

優しくしていないか。

・肝心なことは、

あなたに話してくれるけど

日常の細かいことは

教えてくれないと感じる。

・なぜかあなただけ、のけ者にされている

と感じる。

・あなたが知らなかった彼の情報を

周りの人の方が知っていると

感じることがある。

・あなたとの約束が、いつの間にか

なかったことになっている。

・あなたと二人きりのときは

とても優しいひとですが、

他のひとに、

とても厳しくしているところを

見たことがある。

・もしくは周りのひとには

とても厳しくしているところを

何度も見かけたことがある

・機嫌のいいときはとても優しいが

あなたがなにもしていないのに

突然の無視をされることがある。

 

 

上記のようなことが見られたときに

あなたの彼は

自己愛性人格障害の可能性が

高くなります。

 

上記に書いてあるようなことを思う人は

世間一般には「被害妄想のひと」

ととられることが多いのですが、

本当にそんなことをする人間も確かにいるのです。

 

ですが、日本のつつましやかな

昔の常識を信じていると

これに気づくことができず

本来、攻撃されてはいけないような優しい人たちが

同情されることもなく

徹底的に悪者にされることにより

自己愛性人格障害のひとが

きれいに見えるのです。

 

そして、自己愛性人格障害のひとも

あなたを憎くて

そんなことをしているわけではなく

自分をきれいに魅せて

世の中のひとから好かれたり

尊敬してもらうことに必死なだけなのです。

 

そしてもし、あなたの彼が

自己愛性人格障害だったとしたら

あなたがいくら彼のことを

自分のことを

とても大切にしてくれるひとに

見えたとしても

実は、彼は

自分のメンタルを安定させるために

あなたを利用しているだけだったり

するのです。

あなたが自分のことを

大切にしてくれていると感じるような

言葉をかけてくれたり、心配をしてくれたり

「あなたの味方だから信用してね」

というようにドラマさながらの

とても紳士的で信用できる男を

演じていたとしても

それは、あなたから好かれたいがための

言葉でしかなく

あなたのことを

本当に愛してくれているわけではありません。

 

ですが、あなたも彼も

本当にあなたのことを愛している

と思い込んでいます。

 

だから恋愛関係が

成り立ってしまうのです。

 

ですが、本当の中身は

あなたの弱さやさみしさを利用して

彼の中にもともと持っている怒りを

いろんな理由をつけてあなたのせいにして

ぶつけたり、

あなたから愛されたり尊敬されることにより

自尊心を安定させているだけなのです。

 

たとえば、彼がイライラしている様子に

気づいて

あなたが彼に「どうしたの?」と

聞いてみますが

「あなたのその言い方が僕を傷つけたんだ。」

と言ったり

「あなたが俺の気持ちに

気づいてくれないから。」

など具体的なことを言いません。

 

ですが、責任感の強いあなたは

なんとなく自分の言い方や

行動が悪かったのかな?と

そう思い込んでしまうような言い方をします。

 

ですがそこには、

本当に根拠があるわけではなく

いかにももっともらしく

どんな小さな原因からも

あなたのせいにして

こじ付けてあなたを悪者にするのが

とてもうまいのです。

 

そのうえ、あなたを責め立てたり

罵声を浴びせるなど

分かりやすいやり方をしないことが多いので

自己愛性人格障害のひとが悪い人には

あなたから見てもみえません。

 

自己愛性人格障害のひとは

その病気の特徴として

ほかの部分は普通に大人になっているのですが

共感力をつかさどる部分が止まってしまい

子供のままなのです。

 

ですので、普通のひとよりも

純粋な人に見えたりするので

たとえ人を

傷つけたりするようなことがあっても

本当は悪い人じゃないんだ、

という風に見えたりするので

得な体質を持っていると言えます。

 

だからあなたも気づきにくいのです。

 

どんなに自分が傷ついていても

責任感の強いあなたは

彼のことを分かってあげようとしてしまい

どうしても憎むことができずに

苦しんでしまいます。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

そんなあなたの罪悪感を利用して

本当にあなたが悪いように見せかけて

自分が被害者だと見えるように

話すのがとても上手なのです。

 

そして、周りの人には

あなたのことをこんなにも思っているのに

分かってもらえないんだ、

など同情されるような言い方をするのがうまいので

周りの人からもあなたのほうが

反感をかってしまったりするのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分を信頼してくれたり

尊敬してくれたり

愛してくれたりする人を

安心してつぶして悪者にして

自分がのし上がります。

 

そして、あなたが

本当はひどいことを

されていることに気づき

世の中に訴えかけても

分かってもらえないことが多く

ほとんどの人に

自己愛性人格障害のひとの考え方が見えないのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとの被害に

遭ってしまうと

傷つけられるだけでなく

その場にいられなくなってしまうことが多いのです。

 

職場やそのコミュニティで

生きていけなくなってやめると

また1から仕事や関係を始めなくてはならなくなり

どんどん落ちていく人が本当に多いです。

 

 

このような自己愛性人格障害に早く気づいて

脱退し、

できるだけ若いうちに次の居場所を探さないと

あなたはだんだん再生不可能に

なってしまうかもしれません。

 

自己愛性人格障害に被害からは

自分から抜けることができないと

どんどん次の可能性が狭まれていくのです。

 

恋愛だけでなく

職場やコミュニティにおいても

自己愛性人格障害の被害に気をつけなければ

生きていけなくなるかもしれません。

自己愛性人格障害のひとは被害に遇いやすい人を瞬時に見抜けることができるのか?


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

被害者の存在にひとめで気づくのか?

ということについて

お話ししたいと思います。。

 

自己愛性人格障害のひとに

一度狙われると、

もう二度と被害を受けたくない、

と思うものですが、

不思議なことに被害に遇いやすい人、

というものは存在します。

 

もしあなたの彼が

自己愛性人格障害だった場合、

とても彼のことが好きで寄り添ってきたのに

付き合いが深くなるにつれて

突然の無視やあなたに対しての

拒否や否定が始まるので

悲しくてしかたがなかったでしょう。

 

やっとの思いで

自己愛性人格障害という

病気に気づき、

別れた場合は、

もう二度と

自己愛性人格障害の人とは

お付き合いをしたいとは

思わないでしょう。

 

ですが、なぜか不思議なことに

何度も似たようなひとと

付き合ってしまうひと、というのは

存在します。

 

自己愛性人格障害のひとはなぜか

被害に遇っても逃げていかないひとが

本能的にわかり、

声をかけてきたり

マークをしてきたりします。

 

どうして被害に遭いやすいひとを

見抜くことが

本能的にできてしまうのでしょうか?

自己愛性人格障害の

被害に遇いやすい人と加害者は

なぜか惹かれやすいのです!

 

実は

自己愛性人格障害のひとと

被害者に遭いやすいようなひとは

似たような性質をもっているのです。

 

実はどちらも幼い頃に

両親や周囲のひとから

ありのままの自分を

認めてもらうことが

できなかったことが

原因だと言われています。

 

あなたも身に覚えがありませんか?

 

成績が極端によくないと

認めてもらえないような、

とても極端に厳しい家に育ったり、

両親が不仲で、

あまり子供に目がいかなかった場合、

子供は両親から

注目してもらいたいと思い、

必死で努力しますが、

それでも否定されたり

無視をされたりして

子供時代を過ごします。

 

自己愛性人格障害のひとは

生まれつき病気だったわけではなく

後天的にできたものだと

言われていますので

子供の頃は、

両親に仲良くしてもらいたいと

必死でかばったり、

喧嘩をやめてもらおうとしますが、

まだ幼い子供の頃は

大人に勝てるわけがありません。

 

自分が厳しく育ってしまった場合にも

両親に認めてもらいたくて

必死に勉強をしますが、

どれだけ成績が上がっても、

まだ足りないと、認めてもらえず

心が折れてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとや

被害者になりやすいひとの

両親のどちらかか、かかわり合いを

深く持った周囲のひとのだれかが

自己愛性人格障害の可能性も高く

どれだけ努力しても

認めてもらえないのです。

 

そういった場合、

だんだんと徐々に、

自分でも知らない間に

共感力を使わなくなり、

そのほうが楽だと

思えるようになります。

 

それが自己愛性人格障害に

なる原因だと言われていて、

いじめられているうちに

いじめる方に回った方が

楽だと思うように

なってしまった場合です。

 

その一方で

被害者になりやすいタイプに

育ってしまったひとも

同じような境遇で育つのですが

それでも根性を出して

必死で相手に歩みより

根性を出して共感力を

最後まで捨て去らずに

頑張りきっているひとが

被害者になりやすいのです。

 

そして、被害者になりやすいひとは

努力をすれば

必ず認めてもらえるはず‼と

今でも信じて

頑張り続けている人たちなのです。

 

つまり、必死に努力を続けて

共感力を持ち続けている方が

皮肉にも、幼い頃に

同じように辛い思いをしたひとに

やられてしまうのです。

 

本来ならば

この二人は、一番

わかり合えるはずなのに

皮肉にも

気持ちを分かってあげられる人を

自己愛性人格障害のひとたちは

潰してしまっているのです。

 

 

だから、お互いに瞬時に

お互いを探しだし、

恋愛関係になりやすいと言えます。

 

あなたがもし、

自己愛性人格障害の被害者ならば

彼の悲しみを理解してあげようと

必死になってきたと思います。

 

それでも彼は、

共感力を作る部分を

とっくに凍結させてしまって

いますので

あなたのことを平気で潰して

自分が楽になろうとするのです。

 

そうやって考えると

なんだかむなしいですよね。

 

tiaraも

自己愛性人格障害の彼のことを

分かってあげられるのは

自分だけだと思っていました。

 

tiaraがここまでしてきても

ダメだったのだから

他のひとと上手くいくわけはない、

と思っているのですが、

他の被害者のかたからも

同じようなことを聞くのです。

 

自己愛性人格障害の彼と

被害者になりやすいひとというのは

自然に惹かれあい、

くっつきやすくなるものですが、

その先は地獄です。

 

あなたもできるだけ早く

このことに気づき

自己愛性人格障害の彼から

少しづつ心を離していくように

努力していってください。

 

あなたには本来、

自己愛性人格障害の彼よりも

根性が備わっていますので、

自己愛性人格障害の彼に

潰されることがなければ

輝く人生を送ることができるのです。

 

自己愛性人格障害という

どうしても人を潰して

自尊心を保つという

不思議な病気をもっているひとが

いることに、

いち早く気づいて逃げてください。

自己愛性人格障害の彼との幸せな恋愛は、ずっと続くものではない


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

ひどいことをしている、

という認識はいっさいない、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

一見すると大人に見えると思いますが

脳のある一定の部分だけは

子供のままで止まっています。

 

自己愛性人格障害のひとは

共感力がないといわれていますが、

もともとは共感力はあったのです。

 

もしかしたら、

自己愛性人格障害の加害者と被害者は、

もともとは、

同じくらいの共感力を

持ち合わせていたのかもしれません。

 

ですが、幼い頃にありのままの自分を

受け入れてもらうことができなくて、

なんとか必死でそのままの心を

持ち続けていたのですが、

何らかの理由であまりにも辛すぎて

共感力を持つことが辛すぎて

心が死んでしまったように

共感力を使わない生き方の方が

楽になってしまったと言われています。

 

そのため、もともとはあった

共感力に影響のある、

ある一定の部分が

固まってしまったために

このような考え方に

育っていってしまったのです。

 

だから「治る」ということはなく

共感力を使わない生き方が

自己愛性人格障害のひと、そのものを

作り出してしまったので

そういった人間に育ってしまっています。

 

なので、残念ながら

自己愛性人格障害のひとに

あなたの気持ちを分かってもらうと

いうことは不可能なのです。

 

不可能と言っても、

あなたの気持ちがまったく分からない

ということではなく

あなたの辛そうな表情や

卑屈な態度、

必死に気持ちを分かってもらおうと

訴えてくる姿を見て

あなたが傷ついていることは

分かっています。

 

そして、わかった上で

自分も同じような気持ちになり

こんなにかわいそうなことをしては

いけない、とあなたの気持ちに

寄り添うことができないのです。

 

寄り添うどころか

自己愛性人格障害のひとは

あなたが辛い思いをすればするほど

高揚します。

 

それがたとえ妻や恋人でも

おなじなのです。

 

だから、自己愛性人格障害のひとは

本当に怖いのですが

世の中の道理を、すべて

自己愛性人格障害のひとに

都合が良いように

使うことができるので、

周りのひとからみて

自己愛性人格障害のひとが

本当は何をしているのか

分かりにくくなっています。

 

 

そして、あなたのような優しくて

ひとに寄り添ってしまうような

共感力の高すぎる人間の

その優しさを利用して

あなたにその罪のすべてを

なすりつけることにより

自分がよりりっぱな人間に見えたり

より優しくて寛大な人間にみせることに

成功しているのです。

 

そして、その成功体験を

幼い頃から何度も積み上げて

生きてきているので

そのやり方を完璧に覚えて

身に付けてしまっています。

 

だから、ずっとそうやって生きてきた

自己愛性人格障害のひとには

絶対に勝てないのです。

 

自己愛性人格障害とは

急になるものではありません。

 

自己愛性人格障害の攻撃に勝つには

自己愛性人格障害のひとよりも

頭がよくて、優秀で

しかも自分が被害にあっていることに

気づけて逃げられなければ

できないのです。

 

他人からは

そこまでは分からないかも

しれませんが、

tiaraも気を抜くと、

あまりの極端な共感力に

驚くことがあります。

 

tiaraは特にアイススケートなど

興味もありませんが、

さきほどTVで浅田真央ちゃんが、

幼い頃から才能を発揮し続けてきて

初めて順位が

かなり落ちたときのことを

5分間ほど語っていて、

テレビから聞こえたそのナレーションに

テレビを見ていなくても、

辛くなり、心がぎゅっとなってしまい

涙が出たことに、

もう一人の冷静な自分が

おいおい、ヤバイね、と

自分でも思うほど、共感力が高いです。

 

おそらく、被害に遭われた方も、

これくらい共感力が高い方が

多いと思うのですが、

これほど共感力が高いと

どれだけひどいことをされても

急にされたわけではなく、

初めは優しかった彼が

急に冷たくなる、

などのようなことをされると

普通の人よりもショックは

大きくなります。

 

普通のひとは、

他人のことも考えられますが、

あなたよりももっと、

自分のことも考えられますので、

今まで優しかった彼に

急に冷たくされると、なんで?

と彼の異常さに

すぐ気づくことができるのです。

 

ですが、自己愛性人格障害の被害に

遭うようなひとは

異常に共感力が高いくせに

自分のことには

まったく気がいっていないので

相手の気持ちばかりが気になり

辛くなるのです。

 

そして、自分の何がいけなかったのか、

どうすれば彼に

機嫌を直してもらえるのかが

気になり、

自分ばかりを責めて、

なんとか彼に気に入られようと

します。

 

あなたがそうやってすり寄ってくることが

分かっているので

自己愛性人格障害の彼は

安心してあなたを

また無視することができるのです。

 

このあなたを何度も何度も無視をしても

あなたが何度でも

すがり付いてくるので、

自己愛性人格障害の彼は

あなたよりも自分を上に見て

安心することができます。

 

だから、幼い頃に傷ついた自分の自尊心を

あなたを下の人間に思うことによって

何度も何度も満足させることが

できるのです。

 

だから、あなたのような

共感力の高い優しい人間を

手放したりしません。

 

だから突然優しくなったり、

急にあなたに会いたいと

熱烈に訴えてきて

彼を求めるあなたを簡単に

取り戻す自信があるので、

あなたを簡単に突き放すことが

できるのです。

 

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

本来人に嫌われることを

極端に恐れていますので、

あなたが不意に、

彼のことを嫌いになると、

びっくりして全力で取り戻しに

来るでしょう。

 

ですが、もう彼がすでに

次のターゲットを

見つけている場合や、

あなたよりもさらに強烈に

しがみついてくるひとを

見つけている場合は、

あなたのことなど、

簡単に手放してしまうでしょう。

 

そんな自己愛性人格障害のひとに

一生懸命尽くしていると

あなたは身も心もすり減らしてしまい、

5年10年とたったときに

簡単に捨てられてしまう場合も

あります。

 

そのときあなたは

いまのあなたよりも5つも6つも

歳をとっていることになります。

 

子供がほしい人や、

彼との将来を考えている人ほど

自己愛性人格障害の彼とは

できるだけ早く別れた方がよいでしょう。

 

逆に今だけ

ロマンチックな映画のような

ドラマティックな物語を

望んでいるようなひとは

自己愛性人格障害のひとと付き合うと

人生に、深みが増すのかも

しれません。

 

ただし、それは

ずっと続くものではないと

心で認識した上で

自己愛性人格障害の彼と

付き合っていくかどうかを

判断しましょう。

自己愛性人格障害の被害に遭うと驚くほど判断能力が身に付く


こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害の被害に遭うと

驚くほど判断能力が身に付く

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害に遇われたかたは

大変傷つき、なかなか立ち直れないひとが

多くいます。

 

中には、何年も悩んだりする方も

見えるので

なかなか前に進むことができず

大変苦しい思いをしていることと

思います。

 

ですが、いろいろ悩み、苦しむうちに

できればもう二度と

自己愛性人格障害の被害に遭いたくない、

と強く思うようになるので

つぎの出会いからは

とても慎重になると思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害に遭うようなひとは

いわゆる性善説を信じてきた

純粋なひとが多いと思うので

どんなにひどいことをされても

意味のない無視をされても

そんな人間がいると思わず

いつか、絶対に分かってくれると

信じてきたひとたちが多いです。

 

あなたに足りないのは

純粋なところや正直なところや

優しいところではなく

この警戒心なのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うと

ひどく傷つくので

とても慎重になります。

 

そして慎重になり、じっくりと見て

判断するようになるので

判断能力が普通の人よりも

格段にあがるのです。

 

実際に自己愛性人格障害の

被害を克服したひとは、

驚くほど冷静に

世の中が見られるようになるので、

失敗することが少なくなります。

 

 

tiaraはもう少し早く

この技術を身に付けたかったのですが

これは本当に深く傷つかないと

なかなか分かるようにならないのです。

 

だから、もし今、あなたが

自己愛性人格障害の問題に

悩んでいるのだとしたら

とことん悩み抜いてください。

 

そして、どうして

そういう心情になるのだろう?と

怖がるのではなく

自己愛性人格障害のひとに興味をもって

よく研究してください。

 

自己愛性人格障害の被害に

1度でもあったあなたは

そういうひとに狙われやすい傾向を

持っているかもしれません。

 

だから自己愛性人格障害の

スペシャリストになってしまえば

自己愛性人格障害の被害に

遭うことはなくなりますし、

自己愛性人格障害の被害に

遭わないような技術を身に付けると

自己愛性人格障害のひとが

気を使ってくれるようになります。

 

すると、あなたは自由にしても

攻撃されることはなくなり

楽しくいきられるようになるのです。

 

これはひどい体験をしたひとに

多く見られる現象で、

PDSGと呼ばれるもので

PDSTとは逆の現象で

Post Traumatic Stress Growth

=心的外傷後ストレス成長

と言われているものになります。

 

これを身に付けたひとが、

トラウマになるようなひどい経験を

した人のなかに20%ほどいるらしいのですが、

これを身に付けてほしいのです。

すると、いかに

自己愛性人格障害のひとが多いことに気づき、

あなたが悪くないのに

攻撃してきたり、おとしめたり、

悪く思われるように周りを

コントロールしているひとが多いかに気づきます。

 

すると、あなたの罪悪感は

感じる必要のないものであったことに

気づくことができて、

楽になるのです。

 

あなたのせいではないことが

分かるようになると

むしろ、自己愛性人格障害の

心理が見えてきて

普通でないことに気づきます。

 

するとあなたも卑屈にならずにすんで

心に余裕ができて

自己愛性人格障害のひとに

コントロールされずにすむのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたが攻撃されても

受けない人だということが分かると

自然にあなたに攻撃を

しなくなります。

 

自己愛性人格障害のひとは

非常に臆病なので

自分がひどいことをしていることが

ばれてしまうひとには

攻撃できなくなるのです。

 

そして、攻撃できそうな

弱そうで逆らいそうにない

責任感の強い真面目なひとを

無意識のうちに探し始めるのです。

 

もし、あなたの彼が

自己愛性人格障害だったとしたら

悲しいかもしれませんが、

離れたほうが

あなたにとっては

それでよかったのです。

 

もし、あなたの彼が

自己愛性人格障害だったとしたら

あなたと彼の関係は

どんどん悪化していきます。

 

今よりもひどい関係になって

しまったら

あなたもきっと嫌だと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

初めのうちはとてもきれいな物語を魅せてくれますので、

まだあなたと彼の関係ができるだけきれいなうちに

きれいな思い出のひとつとして

できるだけ綺麗に別れるよう

オススメします。

自己愛性人格障害の彼とは恋愛をしてはいけない理由


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害にさえ遭わなければ

驚くほど人生を楽しんでいける

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

あなたがもし今、

自己愛性人格障害の人の問題で

悩みを抱えているのだとしたら、

自己愛性人格障害の人を

避けることによって

それだけで人生がとても

生きやすくなります。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

常にターゲットの邪魔をしているので

自己愛性人格障害の

ひとさえいなければ

あなたの人生は確実に

動きやすくなります。

 

今までは、

あなたがどうやっても

なにをしても、

まったくなにもしていなくても悪く

とられ、避けられたり

怒られたり

攻撃的な態度に出られたり、

おいてけぼりをくらったり

していたと思います。

 

他のひとは

そんなことにはならないのに、

なぜか、

あなただけが攻撃されてしまうので

あなたはだんだん臆病になり

身動きがとれにくくなります。

 

そしてあなたは

自分が何もしていないことを

分かってもらおうと思い

彼と話し合いをしようとしたり

彼に何とか自分の気持ちを

必死で訴えたりしますが

彼に気持ちを分かってもらうと

すればするほど

なぜか余計に彼を怒らせるようなことに

なったりしていませんか?

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の攻撃を受けても

なにも言わないひとを

無意識のうちに選んでいます。

 

そしてそれは

親友や彼女や奥さんにも

選ぼうとします。

あなたは

自分が攻撃をされても

文句も言わないので

(もしくは文句を言ってきても

まったく怖くないので)

そんな、優しいあなたを悪者にして

正義の鉄拳を

堂々と食らわすことが

できるからです。

 

なにもしていないあなたを

悪者にするのですから

相当なこじつけをしないと

周りの人に

おかしく思われてしまいます。

 

 

だからあなたのしっぱいに

さんざん振り回されている

いい人を演じなけばならないのです。

 

 

あなたの悪口を言っても

あなたから迷惑をかけられている

という形で伝えられてしまうと

彼の嘘がばれないだけでなく

彼に同情の目が集まってきます。

 

そしてさらにあなたは

迷惑な存在だと思われてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

とても臆病なので

自分を悪者にしないような

本当に自分のことを愛してくれる

無償の愛を求めています。

 

そしてそれをあなたが

与えようとしてしまうから

自己愛性人格障害の攻撃を

受けてしまうのです。

 

あなたは本来何もしていません。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が周りの人に認めてもらえるように

極端にあなたを利用するのです。

 

共感力がないので

あなたがかわいそうだとは思いません。

 

 

自己愛性人格障害という病気のために

何も起こっていないところで

自分の無価感に極端に苦しんで

ただ、自分のことに必死で生きているのです。

 

つまり自己愛性人格障害のひとというのは

自分のことをしなくてもいいようなことで

極端に怯えていて

どうしても他人をつぶして安心しなければ

怖くてたまらないのです。

 

そしてそのターゲットとして

自分が一番安心できるとても

極端によい人を選びます。

 

自己愛性人格障害の彼を持つ

あなたにはきついことかもしれませんが

自己愛性人格障害のひとに

好かれてはいけないのです。

 

Tiaraは今、

自己愛性人格障害のことが

とてもよくわかるので

自己愛性人格障害のひとから

受ける攻撃を

一切受けません。

 

たまにある声を静かに低くして

無表情に冷たく

あしらわれることもありますが

その攻撃に一切反応しません。

 

自己愛性人格障害のひとに

近づこうとも思いませんし

自己愛性人格障害のひとも

自らだんだんにTiaraから離れていきます。

 

自己愛性人格障害のひとから

離れたところで

仲間と楽しく穏やかに過ごしていて

動揺したり、怖がったり悲しんだりしません。

 

すると、自己愛性人格障害のひとは

初めはとても悲しそうな顔をしますが

その視線にも気づいていないふりをして

ずっと淡々とマイペースに動いていると

やがてTiaraには近づかなくなり

別のひとに近づいて、

一生懸命親切にして

良いところを見せているところを見かけます。

 

ですが、悪いことをしちゃったな、とか

彼にもう一度相手にしてもらおうと思い

今日は笑って話しかけてみよう、とか

しないのです。

 

だってTiaraはそのあとがどうなのか

分かっていますから。。

 

自己愛性人格障害のひとは

ほかのターゲットを探し

必死でいい人を演じています。

 

そしてTiaraは、

本当に分かり合える仲間と

気を使わずに等身大で好きなことをしていても

攻撃されることは

一切ありません。

 

むしろ自己愛性人格障害のひとが

気を使ってさわやかに好印象に接してきます。

 

それでも親切にはお礼をいい、

それ以外は淡々としていて

ほかの人たちとの交流ばかりしていると

Tiaraは本当に楽しく穏やかに

毎日を過ごしていて

意味のない攻撃は受けなくなるのです。

 

自己愛性人格障害のひととは

個人的に付き合うことは

絶対にしてはいけなかったのです。

 

 

Tiaraは自己愛性人格障害のひとを

知らずに素敵だと思ってしまい

理不尽に捨てられることを何度も経験をして

苦しい思いをしました。

 

ですが、彼とかかわりあうことなく

ほかの自己愛性人格障害のひとを

見つけるたびに逃げては

本当に普通のひととだけ交流を深めていくと

特に不自然な事件は起きたりしないのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

必要以上に優しすぎるところがあり

寛大でめったに怒りません。

 

だから、自己愛性人格障害のひとさえ

避けて歩けば

特にトラブルが起こるようなことは

ほとんどないのです。

 

 

あなたも幸せになりたいのなら

あなたと心の通じる

普通の愛ジュ深い人を見つけるまでは

嫌な人と付き合ったりしないで

自分の好きなことをたくさんして

幸せな気持ちをたくさん味わってください。

 

あなたが自分の幸せについて

考えることができるようになれば

今後の人生は

意味のないトラブルは怒ることなく

普通に穏やかに幸せに暮らしていけるのです。

自己愛性人格障害の被害に遇いやすい人は自分から歩み寄ってしまう


こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害の

被害に遇いやすい人は

努力しなければ愛されない、と

思っていることについて

お話ししたいと思います。

 

もし、あなたが自己愛性人格障害の

被害に遇ってしまったとしたら

あなたは自分から

歩みよりを見せないと

愛されない、と思っていませんか?

 

もしくはあなたのことを

好きになってくれた彼と

ずっと幸せでいたいがために

けなげにいつも、自分のことよりも

彼のことを思っていたりしませんか?

 

tiaraは本当は

それはとても素敵なことだと

思うのです。

 

愛するひとがいるって

それだけでほんとうに幸せな気持ちに

なりますよね?

 

ですが、

自己愛性人格障害のひとは

自分から歩み寄ってきて

理解してほしい、といってくる

あなたの気持ちを利用しています。

 

自分から歩み寄ってくるような

ひとでないと

自己愛性人格障害のひとは

拒否と否定をすることによって

あなたの自尊心を

傷つけていきますので

二人の関係が離れてしまいます。

たとえば、あなたが

自己愛性人格障害のひとから

嫌がらせをされたときに

すぐに嫌な気持ちになり

だんだんと彼を

避けるような気持ちになると

自己愛性人格障害のひとは

あなたに嫌がらせをすることが

できません。

 

だって嫌がらせをしたら

あなたが離れていってしまうからです。

 

 

tiaraは自己愛性人格障害の彼と

そろそろ結婚をしようか

という話がではじめたころから

彼との関係を

より良いものにしようと思い、

嫌なことは

嫌だと言うようにしていきました。

 

いつまでも夢物語は

見ていられないのです。

 

結婚生活とは

現実的で、

一度結婚をしたことのある

tiaraだから、

お互いの気持ちを

しっかり伝えていくことは

重要だと考えていました。

 

どちらかいっぽうが

我慢し続ける関係は続かないと

思っていましたから。

 

彼に怒る理由を訪ねても

いつも腑に落ちないものだったので

ちゃんと彼と向き合うために

 

しかも結婚をするのなら

今までのように

何度も何度も別れては戻る、

ということをするわけには

いきません。

 

こういうことしたら、嫌だよ?

つぎの旅行で喧嘩をするくらいなら

行きたくないよ、と

前もっていうように

なっていきました。

 

すると彼は

「大丈夫だよ?

もう以前のようなことはないし

怒ったりしないから

一緒に旅行に行こう。」とか

言ってくれました。

 

そして実際にだんだんと

怒らなくなっていったのです。

 

正式には怒らないようにしよう、

とがんばってくれていた、

というか。。。

 

ですが、その我慢は彼にとって

苦痛だったのかもしれません。

 

ですが、tiaraには

やっと分かり合えるようになってきた

彼も努力してくれてる、と

思えるようになっていったのです。

 

彼とやっていける自信も

ついてきていました。

 

ですが、彼は

ほんとうにがまんしていたのかも

しれません。

 

お互い関係が穏やかになっていった

ある日突然、なんの意味もなく

機嫌が悪くなり

せめたてられたのです。

 

それは今までのなかでも

あまりにも不自然すぎる

機嫌の急降下だったので

彼の異常さが

よけいに浮き彫りに

なってしまったのです。

 

自己愛性人格障害の人の怒りは

押さえようと思っても

なかなか押さえられないもの

なのです。

 

だから、

あなたがすこしでも

嫌な気持ちがしたときは

彼から1歩ひいたところで

関係性をもてば

自己愛性人格障害のひとは

あなたには攻撃をしにくくなるのです。

自己愛性人格障害のひとは自分を正当化するためにそばにいる人を悪者にする


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

近くにいる人を悪者にする、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとの

そばにいてはいけません。

 

 

なぜなら、自己愛性人格障害のひとは

そばにいる人を悪者にするからです。

 

そばにいる人を悪者にすることで

自分をきれいに魅せています。

 

だから、もし

あなたが彼のことを素敵な人だと思っていて

彼のそばにいたいと思うのなら

彼のそばに誰か悪者がいて

その人のために彼が苦しんでいるように見えたり

彼が純粋な人に見えたりしていませんか?

 

もしくは、彼が誰かのために

自分が必死で動いていることを

あなたに会アピールしてきて

そのことによって彼が魅力的に見えたり

していませんか?

 

たとえば、彼が別れた元カノと縁が切れなくて

でもそれは自分はとっくに元カノのことを

何とも思っていないんだけど

彼女のほうが自分のことを忘れられないがために

ほっておくことができず

心配だから元カノの心が

完全に自分から離れてくれるまで待っていて、

あなたのもとに必ず行くから

とあなたに期待を持たせている場合も

元カノが本当に何ともなくなるまで

彼と付き合ってはいけません。

 

そういった場合

自己愛性人格障害のひとのやり方として

元カノのほうにも同じようなことを言って

あなたのことをあなたが彼を

一方的に追っかけているように

言っている可能性があります。

そしてそうやって自己愛性人格障害のひとは

自分が悪くない状態だと見せかけておいて

2人の女の子を使って

2人を同時に苦しめています。

 

その時の状況により

より自分に惹かれてくれているほうを

悪者にしておく可能性があります。

 

あなたがもし

自分のことのほうを

彼が思っていてくれている、

と思っている場合も

両方に同じように見せているのです。

 

自己愛性人格障害のひとの恋愛の目的は

いかに自分に強烈に引寄せるかに

かかっています。

 

そしてより自分のことを信頼してくれるほうを

より自分のことを愛してくれるほうを

より我慢強いほうを

より純粋なほうを

より他のひとではダメなほうを

精神的に虐待する特徴があります。

 

だからあなたに愛してもらうために

愛を語り、全力であなたを守り

全力であなたを愛してくれる代わりに

全力で悪者にし、

全力で拒否をして

全力で置き去りにしていくのです。

 

いわばプラス方向とマイナス方向へ

同時に引っ張る感じ。。。

 

あなたの心はやがて引き裂かれて

愛されているのか

拒否されているのか分からなくなり

正常ではいられなくなるでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとの目的は

あなたを混乱させることなのです。

やがてあなたは自分では

自分が傷つけられていることに気付けなくなり

彼にどれだけひどいことをされても

彼から離れたくなくなります。

 

その恐怖は

心臓が止まるほどで

そのころには

あなたはきっと周りの

だれからも相手にされなくなっている

でしょう。

 

 

そしてあなたは

あなたがひどいことをされても仕方のない人、

と思われるようになり、

誰からも手を差し伸べて

もらえなくなっているかもしれません。

 

もし、あなたが

それで命を絶つようなことが会っても

誰もあなたを期に止めなくなり

やがては忘れ去られていきます。

 

自己愛性人格障害のひとは

それくらいしないと

自分のほうが上だと

認めることができないので

人をつぶし続けては

メンタルを持たせ続けているのです。

 

それくらい自己愛が

本当は驚くほどなくて

恐怖に怯えているのです。

 

 

年数がたてばたつほど

年齢を重ねれば重ねるほど

ひどくなりますので

どれだけ素敵に見えても

それはあなたの心を自分に

向かせるためにしていることで

本当の愛ではありません。

 

ですが、あなたには

今までで一番あなたを

大切にしてくれた人に見えるでしょう。

 

その怖さを知る前に

逃げ足だけは早く鍛えておいてください。

自己愛性人格障害のひととの恋愛は出会ってから一番初めのころが一番幸せ


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

初めに期待を持たせるようなことをしておいてから

後からバラバラに崩していく

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひととの恋愛は

出会って一番初めのころが

一番幸せです。

 

自己愛性人格障害のひととの恋愛は

劇的にはじまることがほとんどで

出会った瞬間から

劇的にドラマのように展開していくでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたに強烈に吸い寄せられたかのように

急激に接近してきて

あなたが驚いているうちに

どんどんあなたの気持ちを巻き込んでいきます。

 

自己愛性人格障害のひととの恋愛は

とてもロマンチックで

彼のあまりの誠実な態度から

あなたは彼のことを信用するようになるまで

たいして時間はかからないと思います。

 

初めのころはきっと楽しいことばかりでしょう。

 

とてもあなたに強烈に会いたがり

本当に少しづつ長い年月をかけて

本当に少しづつその速度を落としていきます。

 

 

そしてその中で

彼が突然機嫌を悪くしたり

意味の分からない出来事がたびたび起こると思います。

 

 

ですが、あなたが疑問に思っているうちに

またすぐに復活するので

あなたも彼を許してしまいます。

 

 

そしてだんだんと彼が不機嫌になることを

許していってしまうのです。

 

Tiaraもそうやって少しづつ

お互いに慣れていき

今までの恋人と同じように

信頼関係が増していく、と思っていました。

 

実際に最後に激化して

見ていて完全におかしい、と思うまでは

少しづつ落ち着いていっていたようにも

見えるのです。

 

普通のひとでも恋愛機関が長くなると

初めのころのように頻繁に会わなくても

信頼関係が増しているので

安心できるようになりますので

関係性は落ち着いてくると思います。

 

 

だからそんなに不思議には思わないのです。

 

そして付き合っていくうちに

あなたも彼の感情の浮き沈みに

なれていきますので

感情の浮き沈みはあるけど

彼はあなたから離れられない

と思えるようになるかもしれません。

もちろん中には結婚する人も

いるので

とても彼が遊びには見えず

彼の感情の浮き沈みも

むしろ純粋な人だと思えるのでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとは

とても落ち着いていて

知的であり、とても大人っぽい雰囲気を

醸し出していますが

心の部分では5歳児くらいで止まっています。

 

あなたに母親のような愛情を

感じているようにも

見えるかもしれませんが

母親どころの騒ぎではありません。

 

善悪の分別もついていないので

甘えられる人には限度なく

とことん甘えていくのです。

 

甘えると言っても

そんな可愛いものでなく

あなたの精神を破壊するまで

限度なくやり続けます。

 

長く一緒にいられる人は

それだけあなたが我慢強いか

彼の言うことをとことん聞いて

逃げられなくなってしまった人の

どちらかです。

 

自己愛性人格障害のひとは

一緒にいれば一緒にいるほど

どんどん破滅に向かいますので

できるだけ早く離れたほうがいいのです。

 

でもあなたが離れようとすると

今度はものすごいしがみつき行動に出ますから

またあなたが彼を信じてしまったり

彼があなたを話さないために

あらゆることをしてきますので

戻ってしまうことも多いのです。

 

ですが戻ると必ず以前より

もひどくなりますから

できるだけ戻らないほうがいいと思います。

 

 

結婚をしていた利専業主婦だったり

子供がいたりして

今すぐに別れられない、

という人は

できるだけ彼に対して

無関心になってください。

 

もし、自己愛性人格障害のひとを

愛してしまったら

あなたの心はどんどん破壊されていきますので

自己愛性人格障害のひとと一緒にいたいときは

心を無関心にしないと

一緒にはいられないということを

覚えておいてください。

 

 

ですが、心を無関心にできるようになると

もう彼とは一緒にいたいとは

思わなくなるでしょう。

自己愛性人格障害の彼とのするための素敵な恋愛物語は、いつか泡のように消えてなくなる。。


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と

別れていつまでも前に進めない人へ

お話ししたいことを

たくさんお話しします。

 

あなたの彼が

自己愛性人格障害だと分かったとき

あなたは彼と幸せになりたくても

なれないと知り

悲しみの底に明け暮れたか、

それとも

今までの理不尽な出来事に納得ができて

ほっとしたかのどちらかだと思います。

 

もしかしたらその両方かもしれませんね。。

 

Tiaraも元旦那様と離婚した後に

まさか、離婚した後に

こんな素敵な彼が

Tiaraのことを好きになってくれるなんて

思ってもいなかったので

これは神様がくれた

今まで苦労をしてきたTiaraへ

神様からのご褒美だとも思いました。

 

やっと安定した幸せを手に入れられる、

そう思いました。

 

 

子供たちが大きかったので

なつくかどうかもとても心配でしたが

穏やかで博識な彼に

尊敬の気持ちを持って

とてもなついてくれました。

 

付き合いが始まりしばらくすると

Tiaraが家事などをしている間に

子供たちどちらかと彼が

一緒に出掛けていなくなったりして

あまりのなつきように

Tiaraも温かい気持ちに

なっていました。

 

こんなにもうまくいくなんて。。。

 

離婚しても

もう一度家族のような

温かい関係が築ける

そう信じたTiaraだったのです。

 

ところが、

ふと彼が機嫌が悪くなるのは

Tiaraが思いもしないような

ことです。

 

Tiaraが何かをしたわけではなく

彼の気持ちが

どうしてもTiaraと

安定した関係を築けなくなる、

そんな感じでした。

 

普通のひとならそんなことで

別れを考えるなんてことは

しないような出来事です。

 

もしくは彼がそう考えることによって

Tiaraへのより深い愛情が

感じられるような

出来事ばかりでした。

 

 

それはTiaraのことではなく

彼自身のことでしたが

Tiaraも責任を感じてしまい

そっとしておきますが

それでも彼の機嫌はおさまらず

別れ話になることが

3か月に1度くらいありました。

 

それでも、そのまま別れてしまえば

時間がかかっても

Tiaraも諦めがつきますが

彼のほうから

どうしてもTiaraに会いたくなって

連絡が入ります。

 

そのときはほんとうに

うれしかったです。

 

2人の関係が元に戻ると

子供たちも安心して

やっぱり彼はママのことを

思ってくれているんだと

彼への信頼度は

さらに高まるのでした。

 

 

Tiaraだけでなく

子供たちも彼がいてくれることへの

安心感と期待感で

幸せに包まれていたのです。

 

何度離れても彼は

必ず帰ってきてくれる。。。

 

いつの間にか、くせにように

そう思うようになっていました。

 

Tiaraの友達も

ほとんどの子がそう思っていて

「またどうせ彼のことだから

戻ってくるんじゃないの?

 

だったら堂々と

待ってればいいじゃん。

 

彼はまたどうせ

Tiaraのことが忘れられなくて

戻ってくるよ。

 

友達も、いつしかそう言うように

なってしまいました。

 

TiaraだけでなくTiaraの両親、

子供たちに、親戚や近所の人までが

Tiaraの彼のことを

ずっとここにいてくれる。

と信じるようになっていったのです。

 

 

それなのに

何か事件が起こったわけでもないのに

Tiaraを拒否するんです。

 

初めのころは

全然わかっていないので

彼の言う

もっともらしい理由を信じて

それならTiaraが我慢すれば、

いいんだ。

 

彼をここで待っていれば

きっと帰ってくるし、

こういうことを何度も繰り返すうちに

信頼関係が生まれて

そのうちに

デリケートな彼でも

ここにいるのが当たり前になってきて

そんなことは言わなくなる、

とずっと思っていたんですよね?

 

それはTiaraが一人で

思っていることではなく、

周りのみんなも

そう思っていたのでした。

 

だんだんと彼も怒らなくなり

不自然なことで怒ると

Tiaraが

だんだん突っ込むように

なってきました。

 

お出かけの時に

必ず突然怒りだして

帰ってしまう、ということが

たびたびあったので

「また今度のお出かけの時に

機嫌が悪くなって

帰ったりししないでね。。」

と前もってTiaraが先回りして

言うようになってきたんです。

 

 

それくらい彼の今後の態度が

手に取るように分かるので、

前もって伝えると

「そんなことあるわけないじゃん!」と

彼も頑張って

一緒に過ごしてくれます。

 

 

でもそれはがんばって

過ごしているだけで

彼にとっては

機嫌が悪くなることが普通なのです。

 

Tiaraをののしることが

できるのならば

彼は一緒にいてくれたかも

しれませんが

そうできなくなってきているので

彼には一緒にいることが

辛かったのかもしれません。

 

それは、普通の人が言う

Tiaraを好きだからとか

Tiaraが悪いところがあるから

うんざりした、

という気持ちもないのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

ちかづいてくるのは

自分の思い通りに操れる操り人形で

自分の都合が悪くなれば

すぐにののしったり

悪者になったりしてくれる

便利な存在でなければ

いけないのです。

 

付き合いだして初めのうちは

本当に愛情があるのかもしれませんが

時間とともにののしり、つぶし、

自分の全責任を押し付けているうちに

本当に愛情が

なくなってしまうのです。

 

Tiaraはそんなの嫌でした。

 

自己愛性人格障害という病気を

調べれば調べるほど

そうなっていくのです。

 

最後に彼といた時間は

自己愛性人格障害の対策のみで

ほとんど会話もしないように

していました。

 

だって彼にとって

Tiaraがどうでもいい存在になんて

なるのはあまりにも悲しすぎたので

そうなる前に

自分から無関心になることができ、

自己愛性人格障害の特徴を持つ彼を

今までの感謝の気持ちと

でもそれは自己愛性人格障害のひとの

架空の素敵な物語の中だったと

彼を見ながら少しづつ

思い出に変えていけたのです。

 

もし彼にTiaraの気持ちを伝えて

彼から遠ざけられるのは

あまりにも悲しすぎます。

 

だからやっていけないと思いましたし

少しでも彼の中で

Tiaraがきれいなうちに

別れることが

嫌な思いをすることなく

思い出になる程度で

修めることができる、と

自己愛性人格障害の特徴に

納得ずみでした。

 

それが自己愛性人格障害の

彼との関係が

一番きれいに終われると

思ったのです。

 

Tiaraは彼の中で恨まれて

終わりたくありませんでした。

 

だって本気で彼のことを思ってきて

彼の気持ちを理解し、

彼の好きなことを尊重して

2人で(もしくは子供たちも入れて)

楽しく過ごしてきて

彼が自己愛性人格障害でなかったら

本当に幸せに

過ごしてきたんですもの。

 

もちろんそのまま彼が本当に

ここにいることで

幸せを感じられるようになって

人をつぶさなくても

普通に一緒にいられるのでしたら

もちろん一緒にいたかったです。

 

誰よりも幸せになる

自信がありました。

 

 

ですが、彼は

自己愛性人格障害だったのです。

 

それはとても悲しいことですし、

彼自身もそのことに

まったく気づいていません。

 

自分がなぜこんな風に

なってしまうのか

納得できなかったでしょう。

 

ですが、子供のころから

共感力を使わず過ごしてきているので

クールで落ち着いているようにも

みえましたし

料理や仕事にも全力で

スキルをつけて頑張っていたように

見えていたので

自己愛性人格障害だったからこそ

素敵に見えた一面もあったでしょう。

 

それに2人で部屋の中でゆったり

過ごしているときや

子供たちと遊んでいるときは

本当に楽しそうにしていたのです。

 

彼が「今、本当に幸せだよ。」と

言って

目を細めるところも何度も見ました。

 

その瞬間だけでも

彼が幸せを感じることが

できてよかったと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

決して幸せにはなれません。

 

たとえ、幸せになれるように見えても

そばにいる人をののしり潰して

苦しんでいるところを見ないと

安定したメンタルを

保ち続けることができないのです。

 

これ以上一緒にいたら

何度も何度も別れを告げられ

わけも分からず

パニックになったことも

何度もありますし

過呼吸になって救急車を呼んだことも

彼の言ったことを覚えていないので

脳の病気かと思い病院に行ったことも

みんなみんな

Tiaraのせいではなかったのです。

 

これ以上彼と一緒にいて

Tiaraがうざいくらいに

必死でみんなに

Tiaraが悪いんじゃない、

Tiaraが悪いんじゃないなんて

言いたくありませんし、

また居場所を追いやられたり

友達をつぶされたりするのも嫌です。

 

自己愛性人格障害のひとと

一緒にいなければ

そんな思いをすることもないのです。

 

普通で平和に暮らせます。

 

あんなにもすてきだった彼は

もうおそらくいないでしょう。

 

 

どこかで生きていると思いますが

彼が今、何をやっているのか

全くわかりません。

 

職場は変わっていないと思うので

会いに行こうと思えば行けるのですが

Tiaraは彼に会うのが

もう怖いのです。

 

これは彼を好きな気持ちとは

別に存在する気持ちで

Tiaraの知っている

Tiaraの家族を大事にしてくれた

あの優しい彼は

本当はいないのです。

 

今も、もしかしたら

Tiaraがまだ彼のことを

好きだと言ったら

優しい言葉をかけてくれたり

愛情あふれる腕で

抱きしめられるかもしれません。

 

でもそれは

Tiaraを徐々に支配するためのもので

それまでの期間しか

彼の優しさを味わうことは

できないのです。

 

それならTiaraは

彼のことはいい思い出として

Tiaraと一緒にいた彼のことだけを

きれいな思い出として残します。

 

そしてそんな恋愛もあったなあと

たまに胸を熱くしながら思いだして

幸せをかみしめ

Tiaraの今ある愛を大切にして

Tiaraを本当に

愛してくれる人のことだけを

大切にして生きていきたいです。

 

新しい恋人はまだ

できていないですけどね。

 

Tiaraが彼のことはもういいと

ほかの男のひとと一緒にいたいと

思うその日まで

それまでは今まで

できなかったことを十分に楽しみ

今ある愛を大切に

幸せをかみしめながら生きています。

 

何もしていないのに悪者にされたり

ののしられたり

愛の言葉を情熱的に訴えられて

置いていかれるのは

もううんざりです。

 

あなたもあなたの幸せを

本当に考えるのなら

その相手は

自己愛性人格障害の彼ではない

あなたのことを

本当に思って大事にしてくれる

いい人が

いるはずなんです。