自己愛性人格障害の人は恋を使ってあなたの心を惑わせる精神的虐待をする

こんにちは♡

Tiaraに相談してくださった方が

数か月たって被害から抜け、

新しい恋が始まった話を聞くと

とっても嬉しくなります。

 

皆さんも頑張って幸せになりましょうね。

 

今日は、自己愛性人格障害の人の

あなたに別の女性の存在を

わざわざ見せつける行為について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたの行動や

行為の邪魔をします。

 

あなたが彼を忘れて

前に進んでもらうと困るのです。

 

自己愛性人格障害の彼と

別れた後にあなたがもう

彼のことを忘れようと思っても

マインドコントロールにより

あなたが彼に

ありもしない大きな期待を抱くように

コントロールされていますので

ただでさえ、彼のことが気になります。

 

彼がまだあなたのことが好きだったり

まだあなたのことが気になる、というような

うその情報を与えておくのです。

 

そしてあなたは

もう一度、幸せだったときが

戻ってくるんじゃないかと

思ってしまうのです。

 

普通の恋だとそんなことは思いません。

 

たとえ彼のことを好きだとしても

ダメな決定的な原因があることが

あなたにも理解できることと

そのあとで期待させるような行為を

彼から何度もされるようなことがないので

別れを話し合った時点で

お互いに二人がやっていけないことを

理解しています。

 

そうやって別れたのです。

 

だからよりを戻すのは

至難の業でしょうし、

お互いそんなつもりなら

別れたりしません。

 

だから普通の人と別れたときも

もちろん悲しいでしょうが

お互い納得もできているので

あとは時間が解決してくれて

だんだんと二人ともが落ち着いてきます。

 

ところが、自己愛性人格障害の場合は

明確な理由がなく

彼の気分次第というところがあるので

あなたは別れる理由に

納得できていません。

 

そのうえ、

あなたの目に入りやすいところで

あなたにやきもちを妬かせるように

周囲の女の子と仲の良いところを見せたり、

新しい彼女に優しくしているところを

見せつけてくるのです。

 

あなたへの虐待は

あなたのやきもちを使ってくるのです。

 

あなたが、勝手に彼のことを

好きになり

やきもちを妬いているのではありません。

 

 

彼があなたが気になるように

故意に仕向けています。

 

これは、あなたが彼を忘れることを

邪魔するためです。

 

 

自分からこっぴどく振っておいて

あなたが彼を

忘れないようにしているのです。

 

ただでさえ傷ついているあなたの心は

耐えきることが出来ません。

 

そうやって

恋愛を使って

虐待しているのです。

 

恋愛を使って

精神的虐待をするなんて

常識では考えられません。

 

この常識では考えられない虐待をするので

自己愛性人格障害の人の虐待は

ばれにくいようになっているのです。

 

はたから見たら

あなたが彼を忘れられないだけで

それだけ彼は

魅力的に映っていると

とらえられてしまうでしょう。

 

すると彼が悪く見えないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

よくナルシストと間違えられますので

とてもロマンチックに見えます。

 

やきもちを使っているので

彼はとてもきれいに見えますが

とてもひどいことをしています。

 

恋愛を使った精神的虐待ほど

辛いものはないのです。

 

どれだけ理不尽なことをされても

憎み切れません。

 

あなたが彼を愛しているからです。

 

あなたが愛しているということは

彼にいいところがあったり

魅力的なところがあるから

あなたが魅力を感じるわけで

ひどいことをする人間に魅力を感じるわけがありません。

 

だからあなたが悪いんじゃないの?

というような言われ方をすることもあります。

 

ですが、あなたは彼にひどいことをするどころか

めちゃめちゃ精神的に

故意に傷つけられているのに

彼に逆らうことが出来ないのです。

 

 

自己愛性人格障害は

そういう拷問のような

とてもひどいやり方をするのです。

 

 

自己愛性人格障害の彼から無視をされても心が惹きつけられて辛いあなたへ

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼に

無視をされても

心が惹きつけられて辛いあなたへ

どうししてそんなことが起こるのかの

仕組みについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の彼から無視をされていて

どうしても彼と

連絡を取りたくて辛い場合も

彼から拒否されて自分から

連絡することは

できないと思います。

 

この時、どうして

こんな気持ちになるのかというと

あなたは彼からそうなるように

マインドコントロールを

されています。

 

確かにあなたは彼のことが

とても好きかもしれません。

 

ですが、それは

彼からコントロールされた気持ち

なのです。

 

人間は、共感力を持つ人と

一緒にいると

自分の気持ちを分かってもらえる

安心感から

一緒にいると

落ち着いていることができます。

 

 

ですが、共感力を持ってもらえないと

相手がどのような気持ちを

持っているのか

逆に興味をそそられることが

あります。

 

あなたのこの気持ちを

虐待に利用します。

よくサイコパスや

自己愛性人格障害のひとは

共感力がないと言われていますが、

共感力がないほうが

人に気持ちを

引っ張られたりしないので

自分のことに集中でき、

物事を要領よく済ますことができたり

自分のすることに

最大限の力を注ぐことができます。

 

 

自己愛性人格障害の被害に

遭うような人は

共依存症の人が多いと言われるほど

人に共感してしまう人が多いです。

 

人の気持ちに寄り添うことは

得意なのですが、

逆に

引っ張られなくてもいいことにまで

気持ちを持っていかれ

自分のことでないことに

気持ちを引っ張られがちになります。

 

 

そのため周りの物音に

集中できなかったり

やらなければいけないことが

あるときに

人の言葉が心に

入りすぎてしまったりするため

気が散りミスをしてしまうことも

あると思います。

 

それくらい心が普通のひとよりも

引っ張られやすいのです。

 

これは優しいとか思いやりがあるとか

いいこともいっぱいあるとは

思いますが、

自分のことに集中できなくて

辛いことも多いはずです。

 

共感力が高ければ高いほど

そういったことは

起きやすくなります。

 

それなのにあなたの相手が

自己愛性人格障害だった場合、

尊大な魅力を魅せつけて

あなたを十分に

引き寄せてありますから

急に彼からコンタクトがなくなったり

彼から無視をされていたりすると

普通のひとよりも気になるのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたのそんなところを

よくわかっていて

あなたを拒否したりするのです。

 

そして人間は理由に

納得のできることなら

仕方ないと

あきらめることができます。

 

ですが、納得のできないことほど

やきもきしてしまいますし、

気になると思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとの目的は

あなたが傷つくところが

見たいわけですから

あなたを傷つけるために

意味もなく無視をしたりします。

 

それもあなたの罪悪感を使い

あなたが悪いように

あなたに思わせておきながら

意味もなく無視をするのです。

 

共感力の高い、優しいあなたは

彼のことが気になって

仕方ありません。

 

その気持ちが強ければ強いほど

とても苦しいと思います。

 

 

Tiaraの恋愛相談室を

訪れる多くの方は

この気持ちの引っ張られることに

とても苦しんでいます。

 

そしてあなたが彼に

惹きつけられていればいるほど

彼かからの無視は

とても苦しいものになるのです。

 

彼はあなたの気持ちの度合いを読んで

その強さを調節しています。

 

あなたが耐えられなくて

彼をあきらめようとしそうになると

急に連絡をくれてほっとさせ、

優しくしてお姫様扱いをして

あなたがあきらめないように

コントロールするのです。

 

 

こうやって共依存症の人の

共感力の強さを使い

拷問していきます。

 

これがはたから見ると

あなたが彼に強烈に

恋をしているように見え

またあなたも彼が愛しいと

錯覚を起こしてしまうような

恋に見せかけた拷問なので

非常に分かりにくいのです。

 

 

あなたも恋だと思っているので

なかなかあきらめられず

心を引っ張られつづけ

とても苦しい思いをします。

 

ですが、これは恋心を使った

巧みな虐待なのです。

 

しかも、恋なので

自己愛性人格障害のひとは

悪く見えず、むしろ女の子から

これほどまでに恋焦がれられるほどの

魅力ある人物として映り

悪者にはなかなか見えないのです。

 

自己愛性人格障害の魅力について

こんばんは♡

今日は

自己愛性人格障害のひとの魅力

についてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害にあって

自己愛性人格障害のひとを

ひどく憎むひともいます。

 

恋人だった場合は

自己愛性人格障害のその特徴により

魅力的な面を見せつけられたり

マインドコントロール

されていることもありますので、

なかなか忘れられないひともいますが、

自己愛性人格障害のひとが

同性だったり、上司だったり

恋人ではない関係の場合、

ひどい憎しみの気持ちを持つことが

あります。

 

自己愛性人格障害のひとのすることは

本当にひどいことなので

無理もないと思いますが

被害をうけた側としては

憎しみの気持ちをもつほうが

まだましなのかもしれません。

 

嫌いになれた方が

離れることはまだ簡単だからです。

 

とはいえ、同じ会社や

部活の後輩など、

なかなか離れられない関係の中で

行われることが多いので、

その場を離れることがなかなかできないので

難しそうに感じますが、

完全に嫌ったり、

無関心になることができれば

勝手にやらせておくことが

できるでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとの目的は

勝手に意地悪をしたいからしているわけではなく

あなたが堪えるところを見て

安心することが目的ですので

あなたが堪えてくれなければ

やっている意味がありません。

 

ですので、そうなるとあなたではなく

別の堪えてくれそうなひとに

攻撃の矛先を変えるかもしれません。

 

tiaraは自己愛性人格障害のひとには

心がないことが分かっているので

もう2度と自己愛性人格障害のひとと

恋愛関係になることはありませんが

最近また、自己愛性人格障害のひとが

魅せつけ行為をしてきます。

 

本当にさりげないので

わかる人にしか分からないと

思いますが

ちょっとしたしぐさや目線、

tiaraの視界に何度も不自然なほど

入ってくるなど、

細かい攻撃をしつこいくらいに

何度もしてきます。

 

なんともないふりをしていても

ドキッとします。

 

自己愛性人格障害のひとには

心がないと分かっているので

tiaraのことを好きになることは

ありませんが、

もし自己愛性人格障害のことを

知らないと、

どうしてこんなにも近づいてくるのかと

気になってしまうと思います。

 

これが、共依存だからなのか

普通の人でもなるのかは

分かりませんが、

知らなかったら好きになってしまっても

おかしくありません。

 

落ち着いていて、指示も的確なので

とても仕事がやりやすいです。

 

タイプもあると思いますが、

知らなければ好感を持っても

おかしくはありません。

 

この人はタイプも雰囲気も

tiaraの元カレとは全く違いますし、

もともとtiaraの好きなタイプでは

ありません。

 

ですが落ち着いた雰囲気と

真面目なところが

大人の男を感じさせます。

 

自己愛憤怒を起こしているところを

何度も見ているので

本当は穏やかな性格ではないことも

知っています。

 

けれど、もし、

自己愛憤怒を見ていなければ

落ち着いた雰囲気の

穏やかで真面目な人、

ととってしまっていたでしょう。

 

この雰囲気こそが、

自己愛性人格障害の特徴だと

分かっているのですが、

自己愛性人格障害の特徴以外に

tiaraの元カレと似ているところは

ひとつもありません。

 

元カレは細くて小顔だったので

もともと少しtiaraのタイプだったと

思います。

 

ですが、あの

ミステリアスな雰囲気の彼とは

付き合ったことがありませんでした。

 

みなさんはどうか分かりませんが

なんか不思議な感じがしたのです。

 

体型やファッションセンスなどは

tiaraのタイプだったと思いますが

自己愛性人格障害の彼以外の彼は

みんな優しくて元気なタイプのひと

ばかりでした。

 

気を使ってつきあったひとなんて

一人もいません。

 

みんな自然体で付き合っても

わけの分からないことで怒り出す人は

一人もいませんでした。

 

やはり自己愛性人格障害のひとは

普通の人と全く違います。

 

そういった点がミステリアスで

興味をひくのかもしれません。

 

今、自己愛性人格障害のことを知っていて、

客観的にみても

自己愛性人格障害のひとが口説こうと思って

全力で近づいてきたら

逃れられるひとはいないのではないかと思うくらい、

魅力的でとてもしつこいです。

 

この強引なところに弱い女の子も

たくさんみえますので、

知らなければ

恋に落ちてしまうでしょう。

 

だから自己愛性人格障害が

ターゲットを変え、

別の女の子を口説けば、

自己愛性人格障害のことを

しらない女の子はほとんどの場合、

恋に落ちてしまうでしょう。

 

ですが付き合うと

とても辛い目にあい、最悪の場合、

すべてを失ってしまいます。

 

自己愛性人格障害のひとの

罠に落ちないよう

自己愛性人格障害のひとには

無関心でいることが

大切だと思います。

 

自分を守るためにも

本当に気を付けてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己愛性人格障害のひとは愛が分からない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

愛が分からないということについて

お話ししたいと思います。

 

これは被害者の人からしたら

本当にショックなことだと思いますが、

普通の人と違って

自己愛性人格障害のひとは

愛とは利用できるものの一つです。

 

 

あんなにも愛し合っていると思っていた

自己愛性人格障害のひととの関係が、

あまりにもおかしいことに

気づかないのは

被害者になる人は

当たり前に誰でも愛を持っていると

思っているからです。

 

そして自己愛性人格障害のひとは

常に尊大な人間を演じているので

おうちの中に

愛情深い人間を演じる俳優が

いるようなものなのです。

 

なかなか気づかなくても

仕方がないと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

脳は正常ですので

見た目は普通の人と何ら変わりはなく

むしろ普通のひとよりも

頭が良かったりする場合もあります。

 

ところが、

幼いころの育ち方により

共感力というものが育っていないため

相手が傷ついたりしてもかわいそうとか

やめてあげようとは

いっさい思いません。

 

自己愛性人格障害のひとにも

感情はあるので傷ついたり悲しんだり

することは当たり前にあるのですが

他人が同じ感情を持ったとしても

そこは恋人だろうが奥さんだろうが

関係ないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分がどんなことをしても

逃げていかないターゲットとして

よく恋人や奥さまを使うのですが、

相手が自分とうまくやっていこうとするならば

多少の我慢は必要だと

初めから思ってくれているからです。

それに自己愛性人格障害のひとは

自分の魅力を見せつけることが

非常にうまいので異性の気を惹くことは

普通のひとよりもうまいような気がします。

 

 

そして被害者になるような人は

自分が我慢してでも

相手に合わせて平和でいられるならば

我慢してしまったり、

あっさりと水に流してしまったりする人が

非常に多いのです。

 

そのためお互いのバランスが取れてしまい

被害者は全力で相手にあわせることによって

彼に認めてもらおうとし、

彼はどんどん彼女に無理難題を押し付けて

彼女がそれを飲み込んでくれることに

自尊心が高まって満足するのです。

 

 

普通のひとならば、

彼女が合わせてくれることに満足し

彼女を大事に思い、離したりしないでしょう。

 

 

ところが、自己愛性人格障害のひとは

突き放すことによって

彼女のほうから全力で歩み寄ってくることが

おもしろくて仕方がないのです。

 

 

そこに愛はありませんので

かわいそうだとか、

やめてあげようという気持ちはありません。

 

Tiaraは

愛がないと気付いた原因の一つに

被害者の人が苦しんでいるのに

自己愛性人格障害のひとが

攻撃をやめないことがあります。

 

 

本当に好きな人に

こんなことはできないからです。

 

そして共感力がもともとないため

ひどいことをしている、という実感が

あまりないのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

共感力がないので分からない人の気持ちを

映画や小説などから学んでいるので

相手が悲しそうな顔をしたときに

どう対応すればいいかを

学習として学んでいます。

 

だから自分が悪者になってしまいそうなときや

あなたが離れていくという

恐怖に駆られたときは

情に厚いことも言います。

 

だから分からないのです。

 

被害者になる人も

自分が愛されていないと思いたくはないし

彼を信じたいという気持ちもありますので

ちょっとおかしいな、と気づいても

なかなか認められません。

 

どうしても信じようとしてしまい

そばにい続けて努力をしてしまうのです。

 

この事実を知ったときには

本当にショックだと思いますし、

とても辛いと思います。

 

でも、彼も幼いころのあまりにも辛い体験から

愛を持っていると生きていけないほど

辛い体験をしてしまっているので

自分から愛を捨ててしまったのです。

 

そのほうが楽に生きられたからだと思います。

 

だから自己愛性人格障害のひとも

もともとは被害者なのです。

 

子供のころから共感力を使うと

辛いので共感力を使わない生き方を

無意識のうちに学んでしまっているので

大人になってから

人に言われたところで

それが分かりません。

 

ですが、自分がどこか人と違うことは

うすうす気づいているのです。

 

そしてそのことに苦しんでいますが

どうしてもその生き方しか

できなくなってしまったのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

本当の愛がないことは

あなたを深く傷つけますが

そのことによって

自己愛性人格障害のひとも

結局は幸せにはなれないのです。

あなたの自己愛性人格障害のひとに対する愛は本物

こんばんは♡

今日は、あなたの

自己愛性人格障害の人への愛は本物

ということのついて

お話ししたいと思います。

 

あなたの彼が、

自己愛性人格障害だと気付いて

別れを決意したとしても

彼との出会いには

たくさんの思い出があるので

とても辛いと思います。

 

 

普通の恋愛でも

もちろん別れは辛いものですが、

あなたの彼が自己愛性人格障害だった場合

何よりも辛いのは、あなたの気持ちが少しも

彼に通じていなかったことです。

 

 

そして彼からの愛も本物だと思っていたのに

それは病気の症状からきたものだったのです。

 

いつも優しく

Tiaraにもいろいろなことをしてくれましたし

その姿はとても嘘には思えませんでした。

 

嘘ではないのです。

 

その彼の思いの行き先が

Tiaraのためではなく、

自分がいかに素敵に見えるか、

自分がいかに上手にできるか、

というところに

的をしぼったものだったからです。

 

その時の彼はとても一生懸命でしたし

とても魅力的でした。

 

でもそれは、自分がいかに素敵に見えるか

自分がいかに上手にそれができるか

彼を超える才能の持ち人はいない、

というほど頑張っていたから

とても大切にしてくれているように見えたり

とても素敵に見えたりしていたのです。

 

嘘ではないのです。

 

彼の情熱の矛先が

すべて彼自身に向かっていたことが

分からなかっただけです。

 

でも、それはそれで素敵だと思います。

 

普通のひとなら

そんなにも夢中になれるものがあったら

とても幸せだと思います。

 

 

ところが自己愛性人格障害は

自尊人が低いため、

自分には価値がないと思っているため

そんなことない、と思い込むために

必死になってやっていることで

幸せでも何でもなく、

とても辛い状態なのです。

 

こんな悲しい病気があったことが

本当にびっくりです。

 

そんな心情を持つ人がいるなんて

誰が考えるでしょう。

 

だからあなたの彼が素敵に見えたのも

全く不思議なことではありませんし、

あなたのためにやってくれていると

あなたが幸せを感じても

何の不思議もないのです。

 

 

そしてそれをあなたは彼からの

あなたへの本物の愛だと思って

幸せを感じていました。

 

そして、幸せを感じていたからこそ

彼に対する愛も本物だったのです。

 

あなた自身は、

自己愛性人格障害という病気を知らずに

彼に本物の愛を向けていました。

 

だから彼が病気だと分かったことは

とてもショックだったと思います。

 

ですがそれも仕方のないことなのです。

 

自己愛性人格障害の彼は

あなたの愛を利用して

あなたに精神的な虐待をし続けていました。

 

ですがそれはすべて

病気の症状から来るもので

自己愛性人格障害のひとも

悪気があってやっているわけではなく

むしろ必死なのです。

 

話して分かるほどのことなら

病気ではありません。

 

話せば分かる人なら

こんなにも何度も何度も

理不尽なトラブルは

起きないのです。

 

Tiaraが、

自己愛性人格障害を知ったときよりも

ネットの力で自己愛性人格障害は

今、かなりメジャーになりつつあります。

 

ですから以前よりも

自己愛性人格障害のひとに気づく人も

増えているはずです。

 

だんだんと自己愛性人格障害のことが

世間の人に知れ渡っていくと

自己愛性人格障害のひとは

やりにくくなるでしょう。

 

するとモラハラできる人たちも

減っていくのです。

 

自己愛性人格障害のひとがするべきことは

自分には価値がない人間ではない、と

理解することです。

 

生きているだけで

人は、本当は十分に価値があるのです。

 

でも理解できないから

病気になってしまったわけで

理解できていれば

そんなことをする必要もないのです。

 

ですが、これだけメジャーになってしまうと

虐待行為ができなくなるので

ターゲットを作ってターゲットを悪者にし

大ぴらに感情をぶつけることが

許されなくなってきます。

 

 

今まで人を下に見下すことで

少しだけ

自分を保つことができた

自己愛性人格障害のひとが

それができなくなると

辛くなってきます。

 

でも、本当は、辛くなる必要はないのです。

 

だって自己愛性人格障害のひとは

普通のひとよりも魅力的な人が多く

いちいち人を見下してつぶしたりしなくても

充分に世間に認められる人だったり

するからです。

 

これを話したところで

自己愛性人格障害のひとが

理解できるか分かりませんが

精神的虐待ができなくなっても

自己愛性人格障害のひとは

充分に幸せなはずなのです。

 

それを治療するなり

自分で自覚するよう意識するだけでも

随分と違うと思います。

 

そして自己愛性人格障害のひとも

少しでも穏やかに過ごせることを願います。

 

被害者の人たちも

本当は自己愛性人格障害の彼にも

もちろん幸せになってほしいからです。

 

そして世の中から

自己愛性人格障害の被害者が

これ以上でないことを

心の底から願っています。

自己愛性人格障害のひとはなんどもなんども視界に入ってくる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

関わらないようにしていても

何度も何度も

視界に入ってくることについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとと

付き合っていて、

別れようとすると、

しがみつき行為が始まると思いますが

たとえば、自己愛性人格障害のひとを

妙に避けていても

何度も何度も視界に入ってくることに

気づきます。

 

今のtiaraは

自己愛性人格障害のひとに

気づいているので

できるだけ、自然に関わらないように

しているのですが

自分の攻撃や優しさが通じないと

思うと

今度は、なにをしていても

何度も何度も視界に入ってくることが

あります。

 

これは、自己愛性人格障害の元カレと

付き合う前にも思っていたことですが

やたらとtiaraの席の前で

書類に穴を開けたり、

ファイリング作業をしたり

引き出しを開けにいったりと

なんどもなんども、往復します。

 

元カレのときは

自己愛性人格障害なんて

知りもしなかったので、

すごく彼のことが気になり、

はじめのうちは

忙しいのかな?とか

一生懸命働いているな、と

感じる程度でした。

 

それが、そのうち、

不自然に入ってきていることに

気づき、

あれ?なんでかな?と思いだし

彼のことを違った意味で

気にしだしたりしていたと思います。

 

そのうちにやたらと話しかけてきたり

勝手にいろんなものを貸してくれたり

し出しました。

 

年下でしたし、はじめのうちは

あまり気にしていなかったのですが

だんだんと面白い人だなと

思うようになり、

自然に仲良くなっていきました。

今、考えたら仲がいいのは

かなり目立っていたと思います。

 

そうこうするうちに告白され

付き合うことになったのですが

そのときの元カレの様子に

とてもよくにています。

 

ですが、いまはもう

そのひとが自己愛性人格障害だと

気づいているので

どんなに感じ良く話しかけてきても

そのときに仲良く話すだけで

すぐに終わります。

 

そして、自己愛性人格障害のひとは

いつ怒り出すかも分かりませんし

仲良くなると、

今度はいつでも

ターゲットになる可能性も

出てきますので、

tiaraは絶対に深い付き合いは

しません。

 

ですが、もし、自己愛性人格障害を

知らなかったら、

厳しいところもあるけど、

真面目なんだな、優しいところも

あるじゃん、と

自然に仲良くなっていたと思います。

 

ですが今は、できるだけ

仲良くなるのも怖いので

仕事に集中して下をみて

気づかないふりをしたり

電話をしてみたり、

席を移動したり、

トイレに行ったりして

落ち着いて同じ場所に

いないようにします。

 

ですが、仕事中などは

ある程度やらなければならないことも

あるので、しばらく仕事を広げて

落ち着いた場所にいると

何度も何度も

ちょっとしつこいくらいに

視界に入ってくるのです。

 

自己愛性人格障害のことを知らないと

気になってきて

そのまま恋に落ちてしまうことも

あると思います。

 

自己愛性人格障害とは

どうしても人に気にしてほしくて

仕方のない病気で、

その原因も、

自尊心の低さから

認めてもらいたい気持ちが

強すぎることから来るのかも

しれません。

 

その結果、自己愛性人格障害のひとが

何度も何度も恋愛を繰り返すことの

原因にもなっているのです。

 

 

自己愛性人格障害の結婚するタイプの人としないタイプの人の違い

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の結婚するタイプと

しないタイプといることについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとの相談を

お伺いしていると

結婚している人と

ある程度年齢がいっていても

結婚していないタイプのひと、

そして若いころに結婚して別れ

そのあと、ずっと独身という方も見えます。

 

何度も付き合っては別れを繰り返し、

最後には本当に別れてしまう場合と

結婚する場合とが、あるようですが、

途中で離婚してしまうケースもあれば

最後まで添い遂げる場合もあります。

 

続かないとは一概に

言えないのです。

 

若い人は、この結婚というものにこだわり

自己愛性人格障害のひとと結婚できなかったことを

嘆く人もいますが、

自己愛性人格障害のひととの結婚は

波乱万丈に満ちたものが多く、

みなさん大変苦労しておられます。

 

 

自己愛性人格障害は

なぜかその特徴により

生活は苦労しているというケースは少なく

仕事に関しては成功している方が

大勢見えます。

ですが、そういった方でも

感情面に関しては非常に不安定な場合が多く

家庭内で、長期間、意味もなく無視され続けていたり

すべての責任を奥様に擦り付けていて

奥様が悪く言われているケースが

非常に多くあります。

 

なので自己愛性人格障害のひととの結婚は

ゴールではなく、

そこからが、いろいろ大変なんだと思います。

 

家庭内で無関心になるのは

非常に難しいですし、

家族だから、とわかってもらいたい気持ちもあり

話し合いを重ねてしまうと

どんどんあなたは追い込まれてしまいます。

 

恋人の場合も、

あなたが思うように彼にもあなたのことを

大切に思ってほしいという気持ちが

出てしまい、無関心になると、

それはもう、恋人ではなくなってしまいます。

 

自己愛性人格障害の特徴を知ると

すべてが別れてしまうように思えてくるのですが、

実際には、一緒にいると冷たくされ、

離れようとするとしがみつき行為を行うという

あなたと真逆の行動ばかりとってきますので

くついたり離れたりを繰り返し、

どちらかが苦痛になって

耐えられなくなってしまったときに

本当の別れが訪れます。

 

結婚までたどり着くと

良かったように思えるのですが、

結婚までいっさいそういった行動を出さず、

結婚や出産をしてから

モラハラ化するケースもあります。

 

あなたの恋人が、

自己愛性人格障害だと気付いた場合には

結婚、離婚や付き合った期間にこだわるのではなく

彼とあなたが

このまま平和に穏やかに暮らしていけるのかを

冷静に判断してみましょう。

 

結婚は楽しいことばかりではないのです。

 

そんな時に助け合い、支えあえる家族になれなければ、

彼との付き合いをもう一度冷静に

考えたほうがいいのかもしれません。

ターゲットが2人いた場合、もう1人の恋人はしあわせなの?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

ターゲットが2人いた場合、

もう1人には優しくするのか、

ということについて

お話したいと思います。

 

この質問も

本当によく受けるのですが、

あなたがターゲットで

もうひとりはしあわせなのか、

というとそうでもありません。

 

一時的に

あなたをターゲットにすることによって、

もう1人にその分優しくしてあげる、

ということはあると思います。

 

その場合、もう1人の恋人は

彼と一緒にいる時間を

とても幸せに感じると思いますが、

それもはじめのうちだけです。

 

だんだんに変わっていって

やがては

もう1人も、あなたと同じように

嫌がらせをうけるようになります。

 

必ずその子も、

だんだんに虐待を受けていくので

そのうちに

彼とはいられなくなると思います。

 

自己愛性人格障害の人の

特徴のひとつに

浮気というものがありますが、

自己愛性人格障害の人の浮気は

普通の人の浮気のように

2人の女の子を愛してしまった、とか

1人じゃ物足りない、とか

もしくは、奥様や彼女に対する不満を

もう1人の女の子で癒している、

というものでもありません。

 

彼にとっては

2人ともターゲットになり得ます。

 

ただ、自己愛性人格障害のひとは

必ず今までにもトラブルを

起こしているので

もう恋人が離れていくのが

嫌だと思っていたら

なんとか1人は

キープしようと思って

できるだけ自分の彼女や奥様には

出さないようにして

怒りを持ち帰り、あなたのところで

爆発させるかもしれません。

 

そして、

しばらくは平和でいられるかもしれません。

 

でも、しばらくして

時間がたつと、自己愛性人格障害のひとは

おなかの中の怒りを抑えていられませんので

もう1人の前でも、怒りを爆発させることが

かならず出てきます。

 

 

自己愛性人格障害のひとにとって

自分の自尊心を上げることで精いっぱいなので

相手が恋人だろうが奥様だろうが

彼よりも少しでも上に立つことに

ものすごい恐怖を感じるのです。

 

その怒りは相手に彼を潰させないように

極端に自分を守っているのですが

相手がそんなことをするつもりがない

などということは

自己愛性人格障害のひとには

理解できないのです。

 

それくらい極端な自尊心の低さなので

自分がつぶされることへの恐怖に

全力で向かってくるのです。

 

 

それは自己愛性人格障害のひとの心の中に

自然に湧き上がってくるのものなので

自己愛性人格障害のひとには

それを止めることも

おかしいと気付くこともできません。

 

そこが病気なのです。

 

だからあなたがほかの彼女とは

上手くいくんじゃないかという

心配をする必要もありませんが

あなた自身が自己愛性人格障害の彼と

真実の愛を向けながら付き合っていくことは

できないのです。

 

自己愛性人格障害の彼は

あなたが愛を向ければ向けるほど

あなたにはどんなことをしても

許される、と思ってしまい

彼の好きな時に

怒りをぶつけてくるのです。

 

虐待をされても悪者にされても浮気をされても

何をされても

許さなければなりません。

 

 

それでも許してくれるのが

彼への真実の愛だと思っていて

あなたが彼のすることを嫌がることは

自己愛性人格障害のひとにとっては

愛ではないのです。

 

それでも彼にすがってこそ

自己愛性人格障害のひとのいう

真実の愛なのです。

自己愛性人格障害のひとには愛が分かるのか?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとに

人を愛する感覚がない、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

もし、あなたの彼が

自己愛性人格障害だったとしたら

実は、自己愛性人格障害のひとには

人を愛する、という感覚が分からないと

いうことを聞いたら

とてもショックを受けるかもしれません。

 

 

Tiaraは、愛されること前提でないと

恋愛をしないので

はじめて自己愛性人格障害の症状を知ったとき

とてもそんなことは信じられませんでした。

 

だって

確かに、彼と出会ってから

彼からこんなにも愛されている、

という実感があったから

彼と付き合うことを決めたのです。

 

みなさんもそうだと思います。

でも、Tiaraは

被害者の方の相談をいろんなタイプの

自己愛性人格障害のひとの出来事を聞くうち

だんだん確信に変わりつつあります。

なぜなら、Tiaraは昔からお付き合いをすると

彼のことに一生懸命になってしまうことが

自分でも分かっているので、

そんな気持ちを利用されないよう

愛されている人とでないと

恋愛をする意味がないと思っていたので

相手の人からの愛を本当に感じた人としか

お付き合いをしたことがありませんでした。

 

その中でも

彼はTiaraが彼とお付き合いを決める前から

毎日毎日会いに来てくれて

それこそ、シングルマザーなので

子供たちが

「いくら車持ってるからっていったって

スゲー。」と

驚くほど熱心にTiaraに会いたいと

毎日来てくれたりLINEをくれたり

したのでした。

 

付き合った4年半の間も

本当になんでもTiaraたち家族のために

一生懸命やってくれていて

とても遊びには見えません。

 

お正月やゴールデンウィークには

必ず彼からお誘いがあり

Tiaraの両親にも

「一緒に美味しいものでも食べませんか?」といって

ご馳走してくれていたので

両親も、とても優しい彼だと

喜んでいてくれたのです。

 

周りの人たちからも

本当によかったねと

バツイチですが、近所の人たちも

みんな好意的にtiaraたちのことを

見てくれていました。

 

そんな彼が、何度も何度も突然

別れを切り出し、

もうやっていけないと何度も言われ

理由もわからなかったのですが、

それでも、しばらくすると

「あいたい。」とか「罰が当たったよ。」

とか「あなたしかいない。」と言ってくれて

それを後悔して二度と離さないという

話し合いを何度も何度もして

納得して戻るということを

繰り返してきたのですが、

本当に今度こそ誰もが、結婚間近だ、

と思いだした矢先の

嫌がらせがすごく不自然だったんです。

 

そもそも、その何度も何度も別れを繰り返し、

それも別れを言い出すのも

戻りたいと言い出すのも

すべて彼だ、という今までの出来事すべてが

自己愛性人格障害の特徴だと知ったときには

とても驚きました。

 

初めのうちは

ドラマチックだった別れも

だんだんこじつけのようになり

今まで笑って話しかけていてくれたかと思うと

突然Tiaraのことを猫でも追い払うように

シッシッっと手で払いのけたり

まさに見ていると

「?」となってしまうような彼の豹変ぶりに

この人少しおかしいな、と思い始めました。

 

そしてずっと

意味もなく無視をしていたと思うと

友達に「送っていってやれよ。」

とか言われると

急に優しくなって穏やかにな表情になり

「送っていくよ。」と

まるで恋愛ドラマのような

雰囲気で言われたときには、

完全にこの人には心がない!

とわかってきました。

 

本当に不思議で、

その場で一番彼が素敵に見えるように

ころころ変わります。

 

これはお人形のようで

自由自在に感情や気配や表情、声など

自由自在に変えることができるのです。

 

おそらく怒っているときも

Tiaraの上に立ちたいだけで

もしくはTiaraを不安にさせたいだけで

怒っているだけで

本当の感情は

特に怒っていなかったのではないか

と思われます。

 

こういった彼の周りの都合により

くるくる変わる感情は、

もはや不自然にしか見えなくなりました。

 

あんなに素敵な彼だったのに

壊れたおもちゃのようでした。

 

きっとやるだけやって

ここから先どうしたらいいのか

判断できなくなって

とにかくTiaraの上に立とうと

いろいろな方法を考えていたのではないかと

考えられます。

 

だから、今まだ、

自己愛性人格障害の症状というものが

本当には理解できておらず、

彼に嫌われたくないと悩んでいる人も

本当は悩む必要はないのです。

 

傷つく必要もありませんし、

罪悪感にさいなまれる必要もありません。

 

彼は、あなたが態度を改めたところで

分かってくれるわけもなく

それどころか、

何もしていないのに怒りだしたり

嫌がらせをしたり笑いものにしたり

しだします。

 

そんな自分を

自分は

どうしてこんな風にしてしまうのだろうと

彼との関係を悩んでいる人も

あなたのせいではないということを

よく理解しないといけません。

 

あなたは、しなくてもいい反省を

彼にするように仕向けられているのです。

 

 

もう自己愛性人格障害の彼と

分かり合う努力はやめましょう。

 

あなたは、あなたの責任でないことで

あなたの大好きな彼に

どんどん追いやられていってしまいます。

 

でも彼には、

本当の感情というものはないのです。

 

あるのは、自分には

存在価値がない、という

強い不安と怒りだけです。

 

それをまわりのひとのせいにして

怒ったり優しくしたりしているだけなのです。

 

そして自分の彼に

そんなことをされたということは

自分のどこにそんな問題があるのだろうと

考えることもやめてください。

 

むしろ何もないのですから。

 

自己愛性人格障害のひとは

幼いころに共感力というものが

正常に育たなかった病気なので

話し合いをしても分かるはずが

ありません。

 

むしろ、話し合いをすることで

俺に逆らったとあなたに脅威を感じて

どんどん潰しにかかってくるのです。

 

あなたの反応を見ても

正しく受け取られていない

ということが分かったら

もう彼とは話し合いをしようとしては

いけないのかもしれません。

 

話し合いをしようと

あなたが一生懸命になればなるほど

あなたはどんどん追い込まれていきます。

 

あなたの気持ちを考える、とかも

本当にはできないでしょう。

 

尊大な自分を演じるために

感情的なったり涙を見せたりするだけです。

 

それが、本当のものなのか

心で彼を見るとだんだんと分かってきます。

自己愛性人格障害の彼から離れて楽になりたいときの心がけ

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人と

うまくいきたいのにうまくいかないあなたへ

どうしてうまくいかないのか?

ということについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人の言うことを聞いて

なるべく穏便に済ませたい

と思っている人がたまにいますが

それは違います。

 

普通の一般常識で考えたら

それがいいと思いますし、

あなたが相手に寄り添うことによって

彼が、「あ、俺の気持ちを分かってくれたんだ。」

と思うようになる、ということは

そのとおりだと思います。

 

ここまでは普通の人と同じです。

 

 

でも、自己愛性人格障害の人が

普通の人と違うと言うことは

すべてにおいて、普通の人と反対だと言うことです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

相手のいいところだけを見よう、

と心の広い人が多く、

それはあなたが少しでも平和でいたいからです。

 

できるだけ、相手に寄り添うことで

穏やかな関係を保ち

彼とこのまま幸せになりたいと願うからです。

 

でも、自己愛性人格障害の人は

あなたが寄り添えば寄り添うほど

攻撃しやすくなってしまうのです。

 

 

あなたが我慢をすればするほど

世間の人に彼が、あなたに

精神的虐待をしていることが

ばれにくくなります。

自己愛性人格障害の人にとって

あなたの優しさはモラハラをするのに

都合のいいものになってしまうのです。

 

そしてあなたは

彼とこじれればこじれるほど

まだ私の気持ちが伝わってないと

どんどん彼に寄り添うようになっていきます。

 

かれに寄り添えば寄り添うほど

彼の攻撃は激しくなり

あなたはどんどん苦しくなっていきますよね?

 

ではどうしたらいいと思いますか?

 

答えは彼に寄り添わないように

できるだけ彼に無関心になればいいのです。

 

 

そんなことを言われてもあなたは

「そんなことをしたら恋人ではなくなってしまう」

と言いたくなりますよね?

 

 

そうです。

 

 

自己愛性人格障害の人とは

個人的な密なお付き合いをしてはいけないのです。

 

 

これは元も子もなくなってしまう話なのですが、

自己愛性人格障害の人は

なかなか自分から離れていかないような人を

信頼してやります。

 

自分のことを相手が好きで

うまくやっていきたいと思っているから

精神的な痛がらせをしても

彼がちょっと「ごめん。」

と優しくすれば、

すぐにあなたが許してしまうことを

知っているのです。

 

だから自分に対して思いやりや

愛情をかけてくれる人にやります。

 

自己愛性人格障害の人に寄り添ってはいけないのです。

 

そして付き合いが長くなればなるほど、

深くなればなるほど、

結婚と言う文字が頭に浮かびはじめます。

 

そして、結婚までいってしまうと

今度は子供ができたり、あなたが専業主婦になって

仕事をなくしてしまったり、

離婚できない、と言うさまざまな理由から

自己愛性人格障害の彼からなかなか

離れにくくなります。

 

 

すると以前よりももっと強い力で

嫌がらせを強めてきたり、

旅行に行く約束をすっぽかいしたり、

家の中で無意味に無視をする時期を増やしたり

長くしたりします。

 

 

自己愛性人格障害の人のモラハラ行為は

彼から逃げることのできない心情や

物理的に離れられない人に対して

どんどん強くなっていくのです。