自己愛性人格障害の人は嫌われることが極端に怖い

こんにちは

今日は、自己愛性人格障害の人は

人から嫌われることが極端に怖い

というお話をしたいとおもいます。

 

あなたもどちらかというと

もちろん人から嫌われるに

恐怖感を抱いていると思います。

 

なぜなら、人には

ふつうに承認欲求というものが

あり、他人から自分を認めてもらいたい

と考えていることは

とても自然なことだと思います。

 

最近では

「嫌われる勇気」で話題となった

アドラー心理学のようなものが

流行って来ているので

あまり承認欲求を持つことは

良くないとされてきていて

昔よりは少し

変わってきているのかもしれませんが

そもそも人から好かれたい、

認められたいと思うことは

とても自然な事です。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

あんなにも堂々としていて

人のことには

興味がないないように見えて

実は普通の人よりも極端に

人から嫌われることに

怯えているのです。

被害者であるあなたも

できれば人から認められたい、とか

好かれたい、と思っていると思うのですが

被害者になるような人や

普通の人は

他人を蹴落としてまで

自分をよく見せたい、とまでは思いません。

 

ですが、自己愛性人格障害とは

幼い頃に

ありのままの自分を

認められなかったので

その反動で

極端に自己を愛する気持ちが

飛躍してしまっていて

どうしても他人のことを認められません。

 

だからどうしても

嫌がらせをしてしまい

自分のそばに

惨めな存在を作ることで

自分の方がマシだと

安心できるのですが、

それもその一瞬だけで

すぐに

自分は本当は価値がない

と思い込んでしまいます。

 

 

その辛さから抜け出すために

常に尊大な自分を見せつけ

周りの人から称賛されたいがために

同時に惨めなだめな存在を作り

周りを下に下げて

同時に自分を上に見せることで

コスパよく、

自分の才能や魅力や実力以上に

見せるのがとても上手いのです。

 

だから自己愛性人格障害の人は

極端にいい人に見えたり

有能に見えたりするのは

そのためです。

 

そして

自己愛性人格障害の人は

被害者を惨めな存在にすることだけで

満足するわけではなく

その辛そうな状態を常にみていないと

落ち着いていられません。

 

極端に共感力が低いために

その表情や言動を見ていなければ

相手の気持ちを想像することが

出来ないのです。

 

だから被害者が

自己愛性人格障害の被害に気付いて

逃げ出してしまうと

その惨めな姿をみられなくなるので

途端に不安になり

また自分がわかる範囲で

被害者を作り出してしまうのです。

 

だから

自己愛性人格障害の人の

そばにいることは

危険なわけですが

被害者がまだ

自己愛性人格障害の人を

魅力的に感じていて

被害に気付いていないうちは

辛い思いをしながらも

それは

自己愛性人格障害の人のせいではなく

自分が悪いために

起きている出来事だと信じ切っていて

自己愛性人格障害の人から

離れようとはしません。

 

それがわかっているからこそ

Tiaraは自己愛性人格障害の人と

距離を置くわけですが、

自己愛性人格障害の人は

初めのうちは

距離を置かれたことがわからず

また引きつけようと

Tiaraの視界に入るところに入ってきて

立派な事をいっているところを聞かせたり

人に親切にしている所を見せたりして

Tiaraの方から

(あ、やっぱりこの人はいい人なんだ。。)

と思って近づいて来ることを期待しますが

ただ、自分がいい人に思われるように

期待しているだけなので

本当に立派なわけでもないし

本当に親切なわけでもないことを

Tiaraは知っています。

 

だから、そんなことをしても

自己愛性人格障害の人に

もう一度なつくことはないのですが、

そうなってくると

今度はTiaraの行動や言動の

真似をし出したりします。

 

それをみて

自己愛性人格障害を知らない人なら

(あ、やっぱりわたしと

仲良くしたいのかな?)と

思ってみたり

(本当はいい人なのかも)と

思ってみたりするのですが、

そうではないという事も

Tiaraは知っています。

 

今までは

そんなキャラで

まったくなかったにも関わらず

平気で恥ずかしげもなく

自分の言動も態度も

ころっと変えてしまうので

ここで自分がないことが

とても良くわかります。

 

ただ

自己愛性人格障害という病気を

知らない人や

優しい人や

相手の気持ちになって考えられる人ほど

この自己愛性人格障害の特徴を

本当はいい人なんだ

と勘違いしてしまうのです。

 

この特徴がわかるようになり

どんなに自己愛性人格障害の人が

態度を変えても

謝ってきても

変わらず相手にしないでいると

あんなにも人には流されないような

強い意思を持っていたように見えた

自己愛性人格障害の人が

今度は怯え出したり

嫌われないように自分の存在を消したり

おとなしくなったり

黙り込んだりして

自分の存在を隠そうとします。

 

これは

自分がひどいことをしていたことが

バレることが極端に怖いので

隠そうとしたり、

これ以上被害者に嫌われないように

何もしてこなくなります。

 

Tiaraは

自己愛性人格障害の被害者の方々に

これを目指して欲しいのです。

 

 

ここまで

自己愛性人格障害の人が

人の気持ちが病気でわからない、

という事が分からず、

いつかわかってくれると希望を抱いて

ズタズタにされた被害者を

Tiaraは何十人も見てきました。

 

あなたにもそんな1人には

なってほしくないのです。

 

自己愛性人格障害の人の罪を

あなたが受けてはいけません。

 

あなたが

人の罪までも自分のせいだと

考えるような

自責の念が強い

責任感の強い人だとわかっていて

自己愛性人格障害の人は

安心して

あなたに嫌がらせをしているのです。

 

こんなに酷い話はないと思いますよ?

 

それに

自己愛性人格障害の人は弁が立つ人が多く

人を

自分の思い通りに

コントロールすることができてしまうので

本当は、自分がひどいことをしていても

平気であなたを悪者にしてしまいますから

あなたは

周りの人からも悪く思われてしまい、

味方がいなくなってしまうのです。

 

あなたがどんなに

思いやりをかけたとしても

自己愛性人格障害の人は

あなたに感謝をすることはありません。

 

いいことは全て自分のせいだと思い、

悪いことは全て

あなたのせいだと思い込むのです。

 

自己愛性人格障害の人のそばにいれば

あなたはどんどんひどい目にあい

限度がありません。

 

しかし、

あなたが自己愛性人格障害の人を

近づけなければ

極端に臆病な

自己愛性人格障害の人は

あなたに嫌がらせをしにくくなるのです。

 

自己愛性人格障害の被害者は

自分から

自己愛性人格障害の被害に

遭いに行っています。

 

あなたを少しでも傷つける人は

あなたに近づくことを

許してはいけないのです。

自己愛性人格障害の人にはいろいろなタイプの人がいる

こんにちは

今日は、

自己愛性人格障害の種類について

お話ししようと思います。

 

自己愛性人格障害とは

有能で魅力的な人物に見える人が

とても多いと思いますが

その人物像は他の人と同じで

性格によって

色々なタイプの人がいます。

 

 

自己愛性人格障害の

他のブログを見ていますと

書いているライターさんの

出会った自己愛性人格障害の人の

タイプによって

「自己愛性人格障害の人は

幼く見えます。」

という人やパワハラのような

「大声で怒鳴り散らして

周りを威嚇する人物」

と書いてある場合もありますし

「大人しく普段は目立たないが

自分のことを

認めてくれる人の中に入ると

急に自慢話をし出す人だ」

と書いてあるものもあります。

 

一般的にはそれだけで

自己愛性人格障害とは言えません。

何もしていない人や

自分を認めてくれる人を

おとしめてその人が堪えているところを

眺めて高揚する、という特徴がなければ

自己愛性人格障害とは言えません。

 

ただ、目立ちたがりの人や

自慢話しを繰り返すような目立つ人物でも

誰かを攻撃したりしなければ

自己愛性人格障害ではなく

その人の個性なのです。

 

確かにTiaraも今まで

色々なタイプの

自己愛性人格障害の人を見てきましたが

初めは話がおもしろく

Tiaraもその話に

引き込まれることが多いです。

 

魅力的な人物だな、

おもしろいことをいうなあ

この人と一緒に居たら

楽しいだろうな、と思いますが

確かに自己愛性人格障害の場合は

それを予感させる特徴を持っています。

 

まず、その人が有能な話や

おもしろい過去の出来事、

とても活躍した話や

自分の才能について話す時

必ず、Tiaraだけではなく

その周りの人に

聞こえるような感じで話していて

Tiaraだけに話している感じでは

ありません。

 

親切にしてくれる時も

必ず周りに人がいることが前提で

被害者にして惹きつけよう、

と考えている場合以外では

人がいない所で

親切にすることはありません。

 

必ず

誰かが見ていることが条件で

親切にしているのです。

 

Tiaraを使って

Tiaraに話をしているように見えて

実は周りに自分の存在を

アピールしているのです。

 

ですから確かに

声の大きい人が多いのかもしれませんが

静かな落ち着いた声で

話す自己愛性人格障害の人も

何人かお見えになりますが

その場合は

自分の落ち着いた雰囲気も

同時に周りに見せている場合だと思います。

 

これはどちらかと言うと

男性の自己愛性人格障害に多いタイプで

女性の自己愛性人格障害よりは

初めはわかりにくいかもしれません。

 

落ち着いているな、

紳士的で有能なステキな人だな、

という印象を持ちますが

自己愛性人格障害の可能性がある、と

初めから少し警戒をして

接していますが、

やはり、しばらく経つと

その人が

とても怖い人物だと言うことが

Tiaraの耳に入ってきたり

その人が誰かを威嚇して

押さえつけているところを

必ず目にします。

 

女性のタイプは

わかりやすいタイプと

わかりにくいタイプがいて

分かりやすいタイプだと

「わたしはね。。」と

大げさに有能な感じを

ひけらかしながら話して

過去に自分が

どんな実績を残してきたかを

イメージさせるような話や

本当に実績のある

自己愛性人格障害の人は

自分の実績について具体的に

Tiaraだけではなく

周りの人にも聞こえるかのような

話し方をするので

当然声はよく通りますし、

とても大きな声で話します。

 

実績のない場合は

わたしもやったことがあるわよ。」とか

それくらいできなきゃね。」と

できるんだな、

と連想させるような話し方をしますが

実際にその人が

やっているところを

目撃したことはありません。

Tiaraは自己愛性人格障害の人は

尊大な自分を見せるために

息を吸うように嘘をつく、

と言う特徴を知っているので

嘘だな、とわかりますが

周りにいる人は

やっているイメージだけで

すごいなと鵜呑みにする人も多くいます。

 

ただ、このタイプは

新人でも上司のような話し方をして

上から目線で話をしてするので

自己愛性人格障害を知らない人でも

多少は怖い人かもな、

と警戒もする人もいるでしょう。

 

 

怖いのは

可愛い若い女の子の中にも

自己愛性人格障害はいるのですが

このタイプは

男性はファンになる人も多く

可愛らしいので

とても自己愛性人格障害には

見えないのですが、

ある日突然仲間外れにしてきて

それも悪気はない、と言う感じで

被害者の周りで

被害者だけを無視した状態で

何ヶ月も周りの人を魅了しながら

楽しく話をされたり

他の人に親切にしたりすることを

やり続けますので

被害者は

誰にも分かってもらえない状態で辛くなり

その場にいられなくなって

姿を消します。

 

Tiaraが気付いて

気にしないで、

そう言うことやり続ける人達だから」

とアドバイスしても

数ヶ月もずっと存在を無視し続けられて

他の人とは

うまくやっていることを

すぐそばで続けられると

相手にしてほしい、

と思っているわけではなくても

耐えられなくなり、

自分の方が憎しみから

どうにかなりそうになり

そんな自分に嫌気がさして

逃げたくなるようです。

 

そんな時、

tiaraは耳栓をおすすめしているのですが

あと最近では

ワイヤレスのイヤフォンありますよね?

それで小さな音で

音楽を聴きながら仕事をするとかも

お勧めしたのですが、

これも見つかると

会社では問題になる事もあるでしょうし、

そもそも

ターゲットになっているのでそのことから

上司に報告されてしまう事も

あるでしょう。

 

ですので

耳栓が一番お勧めです。

 

それが無関心になる

手助けをしてくれると思います。

自分が無関心になれれば

それが一番いいのですが、

どうしも

無関心になれない人には

イヤフォンをお勧めしています。

 

ですが、このタイプも長くやり続けて

周りにいる人がどんどん辞めていけば

だんだんと気づかれるように

なってくるでしょう。

 

このように

自己愛性人格障害には

色々なタイプがいますので

その対応に応じて対処が必要ですが

どんなタイプにも共通することは

無関心になることです。

 

自己愛性人格障害には

関わってはいけないと強く頭に刻み込み

話も嘘が混じっていると思えば

関心を持つ事も

興味を持つ事もなくなりますので

恋人になって忘れられなくなる、

という被害も防げるでしょう。

 

Tiaraも自分が経験した後にも

自己愛性人格障害と付き合っていて

気づけば別れていて相手の方が

怒っているところを

何度も目撃していますので

ひどい目にあったんだな、

と予想することができます。

 

それでも別れられた人はまだいい

と思っているのですが

純粋に信じてしまった人が

自己愛性人格障害の人を忘れることは

容易ではありません。

 

話してみて、

相手に自己愛性人格障害の

要素が見られた時は

はじめから可能性を警戒し、

それでもその機体を裏切られる事によって

この人は違う、と判断した時には

それからその人と深く関わっても

遅くはないでしょう。

 

魅力的な人物だからといって

初めから鵜呑みにして

すぐに飛びつくことだけは

あなたのためにも

やめるようにしましょう。

自己愛性人格障害の被害から逃れるために心がけることとは?

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人に

都合のいい世の中

という事について

お話ししたいと思います。

 

実は今までの世の中というのは

自己愛性人格障害の人に

都合よく作られています。

 

なぜ、そのようなことになっているのか

と言いますと

戦争に都合のいい教育が

そのまま

長年続けられているからなのです。

 

昔日本でも

第二次世界大戦までは

人は15歳になると

健康な限り、徴兵令というものが

存在しました。

 

位の高いものが

自分達の命を守る為に

都合のいいように

下のものが上のものに

逆らわないように

物事の善悪を決めていました。

そして、それが

正しい事だと

教育されてきた人たちが大人になり、

子供ができて、その考えをまた、

正しい事だと教えて、

普段、あなたは

あまり意識していないかもしれませんが、

上のものに従うことが正しい事だと

なんとなくみんな思うことが

常識のようになっています。

 

ですが、上に立つものが

正しいことを言っていない場合もある事は

気づいている人もいますよね。

 

そこで

その人が上に立つ人に逆らって

言い方やその表現の仕方では

その人が悪い様にされたり、

または認められて

上の人が考え方を改めたりしています。

 

ですが、大体は

ほとんどの方が常識に従って動いているでしょう。

 

自己愛性人格障害の人は

無意識に

この常識と言うものを使いながら

自分が悪く見えないことに全力を注ぎながら

その場の都合に合わせて

言うことをコロコロと変えることができるので

その場その場で自己愛性人格障害の人が

正しいことを言っているように見えるのです。

 

だから自己愛性人格障害の人は

一見すると

常識的な人間にみえ、

人格者であり、立派な人に見えます。

 

周りの人は

人のことをそんなに深く考えていないので

大体の人の事をイメージで捉えています。

 

だから自己愛性人格障害の人が

ターゲットに

ひどいことをしていても

気付かないのです。

 

また、被害者になるような人は

本当に善人が多いので

相手のいいところを探してしまうし、

自責の念が強いために

自分の悪いところを探して

相手に寄り添います。

そして、

自分でもひどいことをされていると

認めたくないので

たまたま機嫌が悪かったのかな?と

許してあげようとしたり、

一旦は受け止めても

そういう時もあるよね、と

人のことは簡単に許してしまいます。

 

相手が普通の人ならそれで良いのですが

もし、相手が

自己愛性人格障害だったとしたら

これが大変な事になります。

 

悪いことがあればそれは全て被害者のせいにされ

いい事があると全て

自己愛性人格障害の人のおかげになります。

 

 

いい事も悪い事も両方起きたりしますから

いいことが起きるたびに

自己愛性人格障害の人のおかげになり、

またあなたもそれを認めてしまうため

自己愛性人格障害の人の印象はどんどん上がっていき

悪いことがあるたびにあなたのせいにされ

あなたもそれを認めてしまいますから

あなたは何もしていなくても

いい人がゆえに

どんどんイメージは悪くなっていきます。

 

なんでも

「ごめんね。わたしがいけなかったの。」

といえばまるく収まるわけでは無いのです。

 

あなたの人の良さが

まさに

自己愛性人格障害の人が

貴方のイメージを悪くするのに

好都合なわけです。

 

そして印象の悪くなったあなたのことを

自己愛性人格障害の人が責めていても

周りのイメージは

自己愛性人格障害の人の方が

正しいとされていますので

あなたが叩かれていても

誰も見向きもしなくなります。

 

そのため、自己愛性人格障害の人は

堂々と

あなたに

自分の心の中の怒りを

ぶつけることが出来るのです。

 

こんな恐ろしいことになりたくなかったら

きちんと物事を判断してください。

 

被害者体質の人は

事なかれ主義の人が多いのですが、

自分が悪者になる事で

物ごとをまるく収めようとします。

 

ですが、今後は

めんどくさいようですが

いちいち1つ1つの出来事に対して

これは自分が責任を負うべき事なのかな、

と考えてみてください。

あなたが負うべき責任でないことは

受けないようにしてください。

 

これを言うと

私じゃない!

と声を荒げて今までとは

極端に真逆の対応をしてしまい、

自分の立場を

さらに悪くしてしまう被害者が

よくいるのですが

これはやり方がまちがっています。

 

自己愛性人格障害の人に

敵対心を見せてしまうと

これまで以上にたたかれる

原因になってしまいますので

絶対に敵対心を見せないでください。

 

自己愛性人格障害の人に

敵対心を見せてしまうと

とても恐ろしいことになります。

 

あなたのせいでない事は

そっと相手にお返しをしてください。

 

あなたは引くだけでいいのです。

 

これがイメージしにくい人は

その場は黙って

ちょっと驚いたような顔をして

後ろにすこしだけ引いてみてください。

 

え?!

と驚くような感じです。

 

自己愛性人格障害の被害に合っていると

理不尽な気持ちがどんどん溜まっていきますから

初めはあなたの優しさから

折れてあげているかもしれませんが

ずっと我慢していると

被害者の方が攻撃的になってくる事があります。

 

周りの人はそれをみて

さらに被害者のほうが

悪く思ってしまうのですが

Tiaraは見ていて

それが本当はどちらが悪いかわかります。

 

ですが、ほとんどの人は

そんなことを知っている人はいないので

被害者の方が悪者にされて

立場はさらに悪くなります。

 

そうならないためにも

他人の罪を

ずっとかぶるのはやめましょう。

 

自己愛性人格障害の被害者になるような人は

自分が傷つくことへのブレーキが壊れていますので

自分が酷いことをされることは

わりと平気です。

 

ですが、本当は心の中で

積み重なっていきますので

気付いた時にはあなたが

深く傷ついていることに気づくでしょう。

 

そうなってからでは遅いのです。

 

普通の人は

自分が傷つけられることに

あなたよりも敏感です。

 

きちんと自分の身を守っているのです。

 

普通の人にトラブルがないのに

あなたには

あなたが何もしていないのに

トラブルばかり引き起こされている時は

この自分が傷つけられるブレーキを

直さなければいけません。

 

あなたには

自分を守る力が足りません。

 

あなたが自分で自分の心を守れないと

あなたは無意識の内に

あなたを守ってくれる存在を

探してしまいますが

あなたの周りには

いい人ばかりではありませんし、

残念ながら

あなたのような人の周りには

自己愛性人格障害の人が

寄ってきやすいのです。

 

人は自立したもの同士がくっついて

初めて幸せになれるものだと思っています。

 

あなたの心はあなた自身で守れるように

今日からあなたを少しでも傷付ける人を

寄せつけないでくださいね。

自己愛性人格障害の人には絶対に近づいてはいけない

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の人は

本当は被害者が怖い?

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

とても強い人に思えると思うのですが

本当は普通の人よりも

とても臆病です。。

 

だからこそ

虚勢を張っていないと

怖くてたまらないので

あなたがまだ何もしていないうちから

威嚇行為、

もしくは惹きつけ行為を行います。

 

例えば

自分の方が上だと

いわゆるマウント行為のような事をしたり

魅力的に見せたり

必要以上に親切にしたりして

あなたを引きつけようとしてきます。

 

そしてあなたの対応が

それにどう反応するかによって

自己愛性人格障害の人が

今後、あなたにどう反応していくか

決める大きなポイントとなります。

 

本当はあなたが怖くて

虚勢をはって

あなたよりも強く見せた場合も

あなたの態度次第では従順にも

押しつぶしてくる存在にもなります。

 

ですがどちらになったとしても

基本的にはどこかで自分が潰される、

と勝手に思い込んでいるので

逆転できるチャンスさえあれば

随時、あなたの上に立とうとします。

もし、あなたが自己愛性人格障害の人を

脅威に思い、

少しでもへり下って

相手の望みを叶えようとしてしまうと

今度はさらに強い力で

あなたをねじ伏せようとしてきます。

 

これが

自己愛性人格障害の

一番こわいところで

常に気が抜けないのです。

 

が、自己藍性人格障害を疑う時に

最も判断出来る特徴と言えば

この、どうしても上に立とうとしてしまい、

いっときも気を抜かない、

というところにあります。

 

こういった特徴が見えたら

おそらくその人は

自己愛性人格障害と考えて

間違いはないでしょう。

 

もし相手が

自己愛性人格障害だったとしたら

例えば1日でもあなたが休んでしまうと

その間にあなたのポジションは

怪しくなってしまいます。

ただ、あなたが

自己愛性人格障害の人に

怒りを持ったり、

逆におびえをもったりすると

一瞬であなたは

自己愛性人格障害の人に

押し潰されてしまいます。。

 

自己愛性人格障害の人は

幼い頃に

両親や身近な人から

そのままの存在を受入れてもらうことが

できなかったために

共感力を麻痺させる事でしか

自分を保てなくなってしまっています。

 

そして外からみると

とても自信がありそうに見えると思うのですが

本当は自尊心が恐ろしく低いので

他人を蹴落として、それをながめることで

やっと自分を保つことができるので

病的にそれをやめようとはしません。

 

だからそばにいる人が

自分よりも活躍しそうに見えたり

人気が出そうな感じがすると

自分が惨めな存在になるような気がして

その恐怖から無意識のうちの

その人の存在を価値に無いものに

していってしまいます。

 

だから自己愛性人格障害の人の前で

幸せそうなところを見せる事も

とても危険なのです。

 

まして自分よりも弱そうに見えると

安心して押しつぶしてきますので

弱いところを見せる事も

とても危険なのです。

 

自己愛性人格障害の人から見たら

あなたにそんな気がないとしても

勝手にライバル心をむき出しにして

押しつぶそうとしてきたり

あなたのいいところを

周りから見えなくしてしまうのです。

 

ですが、自分をよく見せる事も

やめられないので

あなたにも初めのうちは

親切にしてきたりするので

あなたから見たら

とてもいい人に見えてしまう場合も

多くあります。

 

ですが惹きつけ行為と

拒否と否定をずっと繰り返されれば

あなたはどうしていいのか分からなくなり

混乱すると思います。

いい人になったり、かと思うと

突然無視をしたり

冷たくなったりするので

あなたはどうしていいか

わからなくなるでしょう。

 

 

周りの人も

あなたも

人は

起こった出来事に

理由を探そうとしてしまいますから

周りに人にも

あなたが何かしたのかと思われてしまったり、

そしてまたあなた自身も

責任感が強かったりすると

自分が何かしたのかと思ってしまい

自責の念にかられ

辛くなります。

 

そうやってあなたの良心を攻撃しながら

惹きつけ行為を行うので

自己愛性人格障害の人が

特に魅力的な異性だったりすると

あなたは胸が締めつけられるほど

苦しくなります。

 

好きな人に冷たくされると

誰でも辛いですよね?

 

あなたが彼を怒らせてしまったのなら

それはわかってもらうしかないです。

 

ですが、もし、

彼が故意に貴方を傷つけるために

何度も何度も

さもあなたに原因があるかのような

言い方をして

あなたに冷たい態度をとって

高揚しているのだとしたら・・・?

 

あなたはそんな彼のことを

いい人だと言えますか?

 

あなたの彼がもし

自己愛性人格障害だっったとしたら

自己愛性人格障害の人、本人にも

そんな気はありませんが

どうしてもやってしまいますので

そばにいると

あなたのこころがこわれてしまいます。

冷たくした後に

しばらくしてから

またあなたに惹きつけ行為を

必ずしてきますから

あなたは

また彼の事を許してしまい

好きになってしまうでしょう。

 

ですが、自己愛性人格障害とは

一緒にいたらとても危険なのです。

 

貴方の心を壊すと同時に

あなたを周りの人が

受け入れられなくされてしまいますから

とても怖いのです。

自己愛性人格障害のひとのひとを追い込むパワーは相当なもの


こんばんは♡

昨日は、

サイトがネット上から消えてしまい

たくさんの読者の方から

サイトが見られないとのお知らせをいただき

まことにご迷惑をおかけしました。

 

Tiara 公式LINE@の

ご登録の読者様には

サイトが見られなくなっている旨を

お知らせすることができましたが

登録いただいていない読者様には

サイトが見られないことで

大変ご心配をおかけしましたことを

お詫びいたします。

 

無事、復帰できましたので

ほっとしているところですが

今後はこのようなことがないよう

努めてまいりたいと思います。

 

さて今日は、自己愛性人格障害の

パワーは相当なものということについて

お話ししたいと思います。

 

今回サイトが見られなくなったことで

過去の恋愛相談室ご利用のお客様や

久しぶりにラインをいただいたお客様と

お話しすることができ、大変懐かしい思いや

うれしかった面もありました。

 

ほとんどの相談者様が

もう自己愛性人格障害の彼から

すっかり離れて

元気になっている方のほうが

多いのですが、

ごく1部ですが、過去のこととはいえ

いまだに傷の癒えない方や

まだ自己愛性人格障害の彼と

お付き合いをされている方も

本当にごく少数お見えになりました。

自己愛性人格障害とは

一時は良くなったように見えるものですが

長い目で見ると

必ずまた以前よりも

ひどいことになっていくのが普通です。

 

ごくまれにもう以前のような

理不尽な別れや

浮気、ののしりや存在否定などは

なくなったという方が見えるのですが

本当に幸せになる例はごくまれで

その場合、その彼は

自己愛性人格障害ではなかった可能性が

高いと思われます。

 

Tiaraのサイトをご覧になっているあなたは

勘違いで彼を

自己愛性人格障害だと判断することは

まずないと思いますので

また豹変する可能性を

心の中に準備として

常に持っておいたほうが

いいと思います。

 

 

ほとんどの方の相談は幸せな時も

豹変するときも

自己愛性人格障害の

特徴を思わせるものばかりですので

本当に信じ切ってしまうと

あなた自身がとても辛くなってしまいます。

 

 

自己愛性人格障害とは

もしその彼が本当に

自己愛性人格障害だった場合、

治るということはほとんどありませんので

心の準備が必要となります。

 

とはいえ、あなたの大好きな彼ですので

Tiaraの言葉だけをうのみにして

大切な彼と前もって別れてしまうことは

あなたもできないと思いますので

平和なうちはそのまま

平和に過ごしていても大丈夫だと思います。

 

 

ですが次の豹変したときには

おそらくあなたも

彼が自己愛性人格障害だということに

確実に納得することができると思いますので

その時は納得できずに別れるよりは

気持ちがすっきりすると思います。

 

だからあなたが彼といたいと思う時は

彼と一緒にいることしかできないでしょう。

 

誰かに言われたからと言って

そんな簡単に離れられるはずがありません。

 

特に自己愛性人格障害のひとは

粘着質が非常に強いので

普通の淡白な男のひとよりは

信じられてしまうのも

無理はないと思います。

 

変な話ですが、

普通の淡白な男のひとといるよりも

自己愛性人格障害のひとと

一緒にいるほうが

ドキドキしてしまうのです。

 

ですが、それは危険な毒の香りがしますので

いつでも離れられる心の準備をしておかないと

あなたが相当きつい思いをするでしょう。

自己愛性人格障害の彼と

一緒にいるときのドキドキは

ドーパミン効果

 

 

自己愛性人格障害の

彼と一緒にいるときの

ドキドキの理由を説明します。

 

自己愛性人格障害のひとは

態度が突然豹変しますよね?

 

あなたも自己愛性人格障害の彼と

長年いっしょにいるのでしたら

分かると思うのですが、

さっきまで笑っていたかと思うと

急に冷たい無表情になったり

怒っているのかな?と思うと

急に笑顔で話しかけてきたりして

びっくりすることがあります。

 

これが、自己愛性人格障害の

大きな特徴なのですが

本人は無意識にあなたを混乱させたり

脅したりすることで

マインドコントロールしようと

しているだけなので

本当に怒ったり機嫌が悪いわけでは

ないこともあります。

 

これが普通のひとにはない感情なので

普通のひとは

自己愛性人格障害のひとに

違和感を覚えたり

なんとなく怖いと感じたりするのです。

 

人は正体不明なものに

恐怖心をいだくものですが、

自己愛性人格障害のひとは

普通のひとにはない感情をいだくので

普通の人から見たら

正体不明でなんとなく恐怖心を

いだくのです。

 

そしてなんとなく彼のことを

怖いと感じるのに

急に優しくされたり

親切にされたりすると

ほっとする気持ちと同時に

自己愛性人格障害のひとに

興味がわいたり気持ちいいとか

心地よいと感じてしまうのです。

 

これを交互に繰り返されることによって

あなたの脳の中からは

ドーパミンが大量に分泌されてしまうので

自己愛性人格障害のひとから

なかなか離れられなくなる

原因になってしまうのです。

 

そしてこのドーパミン効果を

上手く使って

あなたをコントロールすることが

可能になるのが

自己愛性人格障害のひとですが

それによってあなたは

自分が不快だと感じる感情も

辛いと感じる感情も

同時にドーパミンが分泌されてしまい

非常に危険な状態となるのです。

 

あなた自身がそれを麻薬のように欲してしまい

本当は辛くても悲しくても

何も言えなくなり

あなたは我慢するのが当たり前で

彼はどんどん自由になっていくのです。

 

 

そして自己愛性人格障害のひとは

相手を眺めることで

満足して高揚感を感じますので

あなたが彼から離れられなくなった

彼から捨てられると

一番つらい状況になるまで

あなたを離したりしません。

 

そしてあなたが

彼から離れられないくらい

彼の依存症になったときに

一番あなたがショックを受ける形で

あなたを捨てるのです。

 

だから自己愛性人格障害の被害者は

何年も苦しみ、その間は

自己愛性人格障害のひとの

ことばかりを考えてしまうので

あなたの可能性も才能も

全部潰してしまいます。

 

自己愛性人格障害の彼に

捨てられたあなたは

その時にはもう自分で自分の面倒を

見ることさえできなくなっているのです。

 

 

ここまで想像して

自己愛性人格障害の彼と付き合い

それでも何もなかった時は

彼はおそらく

自己愛性人格障害ではなかったのでしょう。

 

ですが、

もし彼が自己愛性人格障害だった場合

治ることはほとんどなく

しかも歳をとるごとに

ひどくなっていきますので

若い時よりもどんどん相手を

追い込んでしまいます。

 

自己愛性人格障害のひとに

追い込まれると本当に苦しいので

もし、追い込まれて苦しいと

感じ始めた場合は

できるだけ全速力で

逃げる方法を考えておいたほうが

良いのかもしれません。

自己愛性人格障害のひとの愛情は架空のフィクションである


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

離れても

自分の情報を

与え続けるということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひととは

あなたの精神を傷つけ続けなくては

いられない病気です。

 

自己愛性人格障害のひと本人も

自覚してやっているわけでは

ないのですが

どうしてもあなたに自分の情報が

入らないと

不安で不安でたまらないのです。

 

せっかく嫌がらせを

受けてくれるまでに

あなたを育て続けてきたのに

あなたが彼から逃げてしまっては

今までなんのために苦労をし続けて

あなたを被害者に育て上げてきたのか

意味がなくなってしまうからです。

 

あなたにショックが与えられたか

どうかを見て

あなたがまだ自分のことを

気にかけてくれているかどうかを

知ることができて安心するのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたと共通の友達や

職場のひとなどを使い

あなたに自己愛性人格障害のひとの

情報が

入るように

わざとあなたの身近な人間に

自分の情報を流すのです。

 

 

そういうところを見ても

自己愛性人格障害のひとが

普通のひとではないと

理解できると思います。

 

普通のひとは

別れた彼女に

自分の情報が入るようになんて

しないのです。

 

Tiaraも自己愛性人格障害の

 

元彼以外に

別れた彼の情報が

入ってきたことなんて

ありません。

 

別れて、まだ日が浅いうちは

友人などから

「今、彼、こんな状態らしいよ?」

とまだ若いころに

付き合っていた彼の入院情報が

入ってきたことはあったのですが

それは、彼がまだTiaraに未練があり

わざと気にかけてもらうために

Tiaraの友達に電話をしてきた、

ということが分かっています。

 

それ以外には

別れた彼の妹と

偶然ゲームセンターで

会ったことはありましたが

その時もお互いに驚きはしたものの

Tiaraも新しい彼と一緒にいたので

会話はかわしませんでした。

 

それくらいのことは

偶然あったりすることもあるのです。

 

それでもTiaraが特に元彼に

「入院してるの?」と電話をしたり

相手にしたりしなければ

1回くらいで終わるでしょう。

 

そのあと年数がたてばたつほど

元彼の情報になんて

耳にすることなんて

ありません。

 

 

ですが、自己愛性人格障害の場合

被害者のほうが

別れた元彼のSNSを見てしまったり

自己愛性人格障害の元彼が

あなたのことを

あなたの友人に相談したりして

あなたが友人から

説教を受けたりすることも

あると思います。

 

いつまでも、

自己愛性人格障害の元彼に

縛り付けられていると

あなたの明るい未来が

進まなくなってしまいます。

 

人生はあなたが思っているよりも

とても短いものです。

 

自己愛性人格障害のひとに

とらわれていると

あなたが自分を高める方向に

才能を生かすこともできませんし

女性は子供を産むのに

適齢期というものがありますから

ぼやぼやしていると

子供を産むチャンスを

逃してしまいます。

 

 

また、彼が自己愛性人格障害だと

気付かずに

自己愛性人格障害のひとの

子供を産んでしまったり

結婚してしまったりしても

その時は

幸せに見えるかもしれませんが

これほどの地獄はありません。

 

 

自己愛性人格障害のひとにとっては

子供も自分の所有物の

対象になってしまいますから

子供にも自由はなくなってしまい

子供がモラハラの

対象になってしまうことは

充分にあり得るのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとと

結婚してはいけません。

 

もしかしたら

ターゲットが奥様以外にいる場合は

そのターゲットへの嫌がらせとして

奥様とうまくいく可能性もあります。

 

でもしかし、それは

嫌がらせのための幸せで

そのターゲットが

いなくなってしまうと

今度は奥様や子供が

自己愛性人格障害の

ターゲットになってしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

年齢とともにひどくなりますから

幸せな中にも

たまに嫌なことを言われたり

家庭を放置で好きなことをされたり

あなたとの会話を無視されたり

肝心な時に家を空けたりすることが

あるかもしれません。

 

もし万が一

自己愛性人格障害のひとの

経済力だけを当てにして

自己愛性人格障害のひとから

まったく放置されていても

気にならない、というひとは

それでも結婚生活が

長く続くことは

あるのかもしれません。

 

 

いずれにしても

あなたが感じている

自己愛性人格障害のひとからの愛情は

架空の物語だと

覚悟しておくほうが

自己愛性人格障害のひとと結婚生活を

長く持たせるためには

無関心でいたほうが

あなたが楽でいられるのです。

自己愛性人格障害の被害者がなぜ自他ともに信じてもらいにくい存在になってしまうのか?


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者が

なぜ、自他ともに

信じてもらいにくい存在になってしまうのか

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

 

自己愛性人格障害の被害に遭った方が

なぜか平和的であるにも関わらず

知らない間に

だんだんと周りの人から冷たくされていき

味方がいなくなってしまう

ということはよくあると思います。

 

自己愛性人格障害とは別名、

いじめ依存症と呼ばれていて

誰かみじめな存在を作って

眺めていなければ

いられない病気とされています。

 

もし、あなたの彼が

自己愛性人格障害だったとしたら

あなたのことを一番に考えてくれている人が

いじめ依存症だと知ったら

とても驚くと思います。

 

 

ですが、彼がいくら普段は優しくても

時々感じる理不尽な冷たい態度や

なぜかあなたを省いた

彼を取り囲む楽しそうな人間関係に

入れてもらえないという経験をした人も

少なくないのではないでしょうか?

 

自己愛性人格障害のひとは

全力でその気にさせておきながら

後からその人を放置する、ということを

頻繁にして

人を傷つけています。

 

自己愛性人格障害のひと心の底で

自尊心が全くないのですが

それが周りの人に知られることを

恐れているので

どうしても自分よりも下の存在を

作っていないと

安心して生きてはいけません。

 

それくらい極端な思いがあるからこそ

必ずターゲットを作ってしまうのですが

それは恋人でも奥さんでも

自分の子供ですら関係がありません。

とにかく自分の周りにみじめな存在を作って

その人を眺めることにより

自分のほうがましだと思うことで

ようやく平常心を保っていられるのです。

 

また、称賛されることも

異常に求めているので

会話の中で常に

「すごい!」と言われることに

無意識にこだわっていて

常に尊大な自分を魅せつけてしまいます。

 

 

あなたは普段何も考えていないので

自分を尊大に魅せることなんてしませんし

本当に普通にふるまっていると思います。

 

 

また自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

とても共感力が強いので

むしろ自分よりも

相手が気持ちよく過ごせるように

常に気を使っているのです。

 

ところが、責任感が強いことから

なんでも自分が悪いと思ってしまいますし

何か事が起こったときは

その原因を自分の態度から

探そうとしがちです。

 

その結果、自己愛性人格障害のひとの

責任逃れの言い訳が成立してしまい

自他ともにあなたが悪いと

思われてしまうのです。

 

精神科のカウンセラーでさえ、

あなたの中の問題点を

探そうとする人がいますので

あなたの自尊心はどんどん傷つけられていき

あなた自身が本当に自分が悪いのかと

思ってしまい

本能的にはあなたは何もしていないことを

自分で知っていますので

余計にショックを受け

あなたは自分に、自信を無くしてしまいます。

 

その結果、あなたが悪いように

思われてしまうのです。

 

なんでも他人の責任にする

自己愛性人格障害のひとの話が

成立してしまい、

自己愛性人格障害のひとのほうが

あなたに傷つけられたと

真逆のとらえられ方をしてしまうことが

多いのです。

 

まして、自己愛性人格障害のひとは

大変に臆病なので常に自分を守ろうと

無意識のうちにしてしまいますので

あなたに傷つけられたと

言葉巧みにあなた本人や

周りの人間にも言ってしまいます。

 

 

その結果、責任感の強いあなたのほうが

自分のほうが悪かったと

思ってしまったりするのです。

 

自己愛性人格障害のひとの

本当に難しいところなのですが

自己愛性人格障害とは

あなたが何もしていないとしても

もともと自尊心がありませんので

もともと傷ついています。

 

そして周りの同情を惹く言動が

非常にうまいので

周りの人も自己愛性人格障害のひとを

無意識のうちにフォローしようと

してしまうのです。

 

 

自己愛性人格障害のことが

分かるようになって

冷静に見ていても

世間のそのような態度を見ることが

よくあります。

 

そしてあなたがいくら優しいとしても

いつも責められたり、

理不尽な態度をとられていますと

だんだんと卑屈になっていってしまうのです。

 

その結果、自己愛性人格障害の被害者は

めんどくさい存在だと

思われやすくなってしまい

だんだんと本当に周りから人が

いなくなってしまうのです。

 

 

そうなると世間とはあなたのほうが

悪かったのではないかと

調べもせずに思うようになってしま

自己愛性人格障害の被害者が

その場にいられなくなることも

少なくないのです。

 

このようにいじめというものは

簡単に成立してしまいます。

 

いじめをなくそうと

世間的にはなっていますが

本当に之原因に気づいている人は

驚くほど少ないのです。

世の中のいじめの加害者はほぼ自己愛性人格障害である


こんにちは♡

今日は、いじめの加害者はほぼ

自己愛性人格障害である

ということについて

お話ししたいと思います。

 

世間では、よく学校でのいじめについて

ニュースになったりしていますが、

いじめの加害者になるような人は

ほぼ自己愛性人格障害です。

 

恋愛や結婚生活においてのモラハラや

会社においてのいじめも

ほぼ同じで

これは自己愛性人格障害のひとの心情が

原因とされています。

 

現在は、昔に比べて

インターネットの普及により

自己愛性人格障害や

その他のパーソナリティ障害について

ずいぶん知られるようになってきましたが

まだ、いじめの原因が自己愛性人格障害という

どうしても他人をつぶして

みじめなところを見ていないといられない

いわば、いじめ依存症のような人たちの

心情によることが原因だということが

あまり知られてはいません。

 

みなさん、いじめは悪いことだという認識は

なんとなく持っていながらも

はっきりとなぜそのようなことになるのか

分かっていないのか

原因が分からない、とか

いじめの事実はなかった、などと

言っているニュースをよく耳にします。

 

そう思う人は

何も原因がないのにトラブルになるはずがない

と思っているから

そういった発想が生まれるのであって

自己愛性人格障害のような

もともとおなかの中に

育った環境による怒りの心情や

自尊心のなさから

逆らえない人や弱い人、まじめな人や

よく1人で行動する人をターゲットに

意味もなく

すべてをターゲットのせいにして

みじめな存在を作り

それを眺めることで平常心を保ち続けるという

普通のひとでは考えられない心情があることを

知りません。

 

知っているのは

いじめのターゲットにされた人のみです。

 

そしていじめのターゲットが

ほかのひとに分かってもらおうと話しても

信じてもらえないように

その人がおかしいと思われるよう

周りの人をコントロールしながら

加害者のしていることを分かりにくくし

周りの人を自分の味方につけて

できるだけターゲットが悪者になるよう

仕向けられているので

ターゲットは話をすることもできず

ただただ怯えて

ひどい扱いを受けたり

人格を否定されたりし続けているのです。

 

中には、おかしく思われているターゲットの

味方をすることが怖い先生なども

ターゲットにされた人の言うことを

ほとんど信じないので

ターゲットにされた人は

どんどん追い詰められていきます。

 

 

そして逃げ場を無くしたターゲットが

自ら命を絶ったりする悲惨な出来事が

起きているのです。

 

そして、この自己愛性人格障害のひとが

将来的に親になると

自分の子供や奥様にも

否定や拒否を繰り返しますので

幼いころにそうやって

ありのままの自分を

受け入れてもらえたかった子供たちが

大人になり

また自己愛性人格障害になってしまうと

言われているので

自己愛性人格障害のひとは

今後増えていくと思われます。

 

だから被害者がつぶされて学校を追いやられ

加害者側がいつまでも意気揚々と

取り巻きを作りながら組織を大きくしていくと

自己愛性人格障害のひとのほうが増えてしまい

被害者が減っていきますので

将来的には今よりも

自己愛性人格障害のひとが増えると

言われています。

 

 

そうならないためにも

自己愛性人格障害の被害を受けないようにして

自己愛性人格障害や

その他のパーソナリティ障害の知識が

できるだけ世間に普及されるようになることを

願います。

 

 

自己愛性人格障害の被害を受けることは

自己愛性人格障害のひとが

どんどんひどくなることにもつながり

良くないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとと被害者のその両方が

自己愛性人格障害のひとに

いじめをしやすい環境を

変えなければいけません。

 

希望があれば学校などでも

講習会を開きますので

ご希望の方は下記のいじめについての講習会について

お申し込みください。

 

お申し込みをされた方には

時間と内容について

こちらから連絡をいたします。

よろしくお願いします。

 

●いじめについての講習会●

 

いじめ原因と再発防止について

講習会を行います。

 

いじめとは、加害者を割り出して

話をすればいい、

という問題ではありません。

 

加害者側もやめることができない

心情なのです。

 

みんなが自己愛性人格障害という

病気を知ることにより

自己愛性人格障害を持つ子供たちも

いじめをやりにくくなります。

 

そして時間をかけていじめたい、

という心情も持たなくなるのが理想です。

 

これからの時代の子供たちが分かりやすいよう

小学校や中学校の先生を対象に

いじめの講習会を行わせていただきます。

 

混みあっている場合は、

多少のお時間をいただくことがありますので

ご了承ください。

 

ご相談内容によって多少の料金が違いますので

細かい打ち合わせは都度させていただきます。

 

ご希望の方は、下記お申込みボタンを

押してください。

 

いじめの心情についての講習会(約2時間程度)
¥60,000(別途 消費税)



※出張費に関しましては

別途、実費いただきますので

よろしくお願いします。

 

Tiaraでは今後、自己愛性人格障害の被害者が

1人も出ない社会を目指します。

 

あなたも自己愛性人格障害について

できるだけ知識を高めて、

自己愛性人格障害の被害を無くすために

一緒に頑張りましょう。

自己愛性人格障害のひとに安心される存在になってはいけない


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから見て

安心される存在になってはいけない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

もしあなたの彼が

自己愛性人格障害かもしれない

と疑っているのだとしたら

あなたは少なからず

理不尽な思いをしたことがあると

思います。

 

彼から見下されたり

性格的に否定されたり

わけもなく無視をされたりしたことが

少なからず数回はしたと思います。

 

 

そして、彼の性格に疑問を持ち

Tiaraのサイトにたどり着いたのだと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

尊大な自分を魅せたり

ものすごい惹きつけ行為をしますので

彼に惹かれて付き合った人も

多くいることでしょう。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

自分から離れていかないような

安心できる存在に

攻撃を仕掛けるのです。

 

 

自己愛性人格障害とは

大変に臆病ですので

自分が悪いことをしていると思われたり

嫌われるということに

極端な恐怖心を持っていると

思われますので

自分が安心できる存在や

自分よりも弱いと思っている人間にしか

攻撃はできません。

 

自己愛性人格障害のひとの恋人や妻、

職場の後輩など

絶対に自分よりも下だと思う人たちに

攻撃しても平気なのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

その病気の症状のため

常に大きな怒りや不安を感じていて

そこに極端な恐怖心を持っています。

 

ですが、それが世間の人たちにばれてしまうと

自分が弱いということに気づかれてしまい

攻撃されると思い込んでいます。

本当は周りの人は

そんなことはしないのですが

自己愛性人格障害のひとは

幼いことにありのままの

自分を認めてもらうことが

できなかったために

常に尊大な自分であろうと必死です。

 

そうしないと自分が価値のない存在だと

思われてしまい

ほっぽりだされてしまうのか

不安でたまらないのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

そのことを教えてあげたいのですが

そもそも他人を一切信用していないので

無理だということが分かりました。

 

自己愛性人格障害のひとは

誰も信用していません。

 

自己愛性人格障害のい人は

共感力がないため

人間は信用することができないのですが

お金、その人の肩書、知識、頭脳、など

明確に示すものに対してしか

信頼ができないのです。

 

自分の彼女や奥様に対しては

どんなに拒否しても

生活費を出していたり、相手が自分のことを

強烈に好きだった場合のみ

信頼することができます。

 

 

自己愛性人格障害のひとの

信頼を勝ち取るまでに

あなたは自己愛性人格障害のひとから

いろいろな試し行為をされているので

そこでどんなに厳しいことを言われても

自己愛性人各障害のひとから

離れていかなかった場合

信頼関係が増していきます。

 

あなたがもし今も

自己愛性人格障害のひとの

そばにいるのだとしたら

あなたは自己愛性人格障害のひとから

かなり信頼されていることでしょう。

 

ですが、普通の人と違って

自己愛性人格障害のひとからの信頼は

あなたに何をしてもいいという承認を

いただいています。

 

ですが、

自己愛性人格障害のひとからの信頼とは

あなたには何をしてもいい、

という承認なのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとに

好かれてはいけないのです。

 

彼が恋人だった場合は

別れるのが嫌で

「何とか彼とうまくいくよう

アドバイスをしてください。」

とおっしゃる方も大勢おみえになりますが

自己愛性人格障害のひとと

「うまくいく」といううことは

あなたが何をされてもいい、

という関係性です。

 

それを望むのでしたら

それは権限の自由ですから

いってみてもいいと思います。

 

ですが、自己愛性人価格障害のひとの

信頼を得てしまいますと

あなたへの攻撃は

とどまることがありませんから

自己愛性人格障害の人からは

あまり好かれないほうがいいでしょう。

 

かといって敵対心を向けたとしても

今度は狙われる、という可能性もありますので

自己愛性人格障害のひとからは

好かれても、嫌われても、

いけないのです。

自己愛性人格障害のひとの他人を面白おかしくディスる原因について


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

ディスり方にについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

他人をつぶしてその人が堪えるところを見て

何とか自尊心を保とうとしている病気です。

 

被害に遭った人は

何もしていないのにとても苦しい思いをして

その場を追いやられてしまう人も

大勢います。

 

 

それなのになぜ、人気があったり

コミニュケーション上手に

見えるのでしょうか?

 

それは、悪意のなさそうに見える

冗談まがいの相手のディスり方です。

 

本人がいれば少し恥ずかしいような

みじめな気持ちになったりもするのですが

本人がいなければ笑い話で済んでしまうような

悪意のなさそうな相手のディスり方にあります。

 

これだと本人がいれば少しかわいそうですが

いなければただの笑い話で終わります。

 

本人がいても

ただの冗談を真に受けて

「めんどくさい奴」、というように

悪者にされてしまうことも多いので

傷ついても我慢して笑っている人も

時々見かけることがあります。

ですが、それを、

何度も何度も繰り返されることによって

話しの本人は少しづつ、みんなから

見下されてしまいます。

 

本人の耳に入っても辛いですが、

本人の耳に入らないほうが

もっと辛いかもしれません。

 

 

その人の知らないところで

少しだけ周りの人にだんだんと見下されて

なめられていくのです。

 

こういった場合、

すぐに孤立することはありませんが

だんだんと時間をかけて孤立していきます。

 

 

Tiaraはそういった場面を

何度も見てきましたが

それを止める人はほとんどいません。

 

みんな自分のことが言われるくらいなら

ほかの人が言われているほうが楽なのです。

 

 

ただ、ディスったり、ひとの失敗談を話している人が

自己愛性人格障害だった場合、

正義感を直接向けることは

敵対心をあおることになってしまいますので

今度は、注意をした人物を

徹底的につぶしにかかってきます。

 

いじめられている子供を助けると

助けた子供がやられてしまうのは

この原理なのですが

それでは、いじめられた子供を助けずに

見過ごしていては

いじめられた子はだんだん居場所を

無くしていきます。

 

 

それを自己愛性人格障害のひとに

敵対心を向けずに

被害者が被害に遭わない方法があります。

 

それは、周りにいる人が

自己愛性人格障害のひとが

ターゲットをおとしめようとしていることに気づき

その冗談まがいのディスりを真に受けないことです。

 

自己愛性人格障害のひとに

いう必要もありませんし、

その子をかばうようなことをする

必要もありません。

 

ただ、自己愛性人格障害のひとが

そうしないと生きていけない病気なので

仕方ないな、と頭で理解し

その話のネタになっている人のことを

今までと変わらず、普通に見て

普通に接してあげるだけでいいのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

どうしても人の上に立っていないと

落ち着いていられないので

誰のことでもちょっと小ばかにしたり

冗談めいたディスりで

その人の立場を下げることを常にしています。

 

何を話をしてもどんなにいい人のことも

ちょっと馬鹿にしたあだ名で呼んでみたり

その人の失敗談をおもしろおかしく

周りに話していたり

本当に関心するほど

常に誰かのことを言っているのです。

 

周りの人も楽しそうに聞いている人もいませんが

みんな、なんとなく顔色を見ていると

自分が言われたらいやだな、と

ちょっと引いているのが分かります。

 

中には一緒になって

それを面白おかしく聞いている人たちも

少人数はいますが

そういう人は

自己愛性人格障害のひとの

取り巻きになっていくのです。

 

 

取り巻きは

自己愛性人格障害のひとにとって

非常に都合の良い存在なので

仲良くしますが、

いつでも都合が悪くなったら

その中からターゲットになる可能性は

周りのひとよりも高くなります。

 

自己愛性人格障害のひとの

取り巻きになっている人は

自己愛性人格障害のひとのことを

信じていますので

分かってもらおうと何かを言っても

無駄になります。

 

だから取り巻きになっている人も

自己愛性人格障害のひと同様

できるだけ関わらないようにすることが

一番です。

 

自分の言ったことを周りのみんなが

信じてくれていないことに気づくと

自己愛性人格障害のひとは

急に恥ずかしくなり

今度は自分が嫌われるんじゃないかと

ひどく怯えておとなしくなります。

 

逆に、自己愛性人格障害のひとが怖いからと

自己愛性人格障害のひとのご機嫌を取ったり

同意したり仲良くなったりすると

被害者はより落ちぶれていき

自己愛性人格障害のひとはより

ひどくなるのです。

 

世の中には、取り巻きになる

自分のことしか考えていない人たちが多すぎて

自己愛性人格障害の被害がひどくなっているケースが

山のようにあるのです。

 

自己愛性人格障害の取り巻きになると

自己愛性人格障害のひとから特別扱いされていき

取り巻きのひとも自己愛性人格障害のひと同様に

生きやすくなることがよくありますが

ターゲットが逃げていなくなると

結局は常に一緒にいる取り巻きの人たちが

一番危険になるのです。

 

 

そして、世の中には1人になることが

怖い人たちがとても多いので、

今まで、

自己愛性人格障害の取り巻きに

なっていたので

自己愛性人格障害のひとに

突き放されることが怖くなり

取り巻きの人が被害に遭ったときが

一番状態が悪くなります。

 

初めから

自己愛性人格障害のひとと仲良くない人は

無視をされても、相手にされなくても

もともとが一緒にいないので

そんなに強烈に辛い思いをすることは

ありません。

 

自己愛性人格障害のひとは

初めに強烈な取り込み行動をしますので

そこで自己愛性人格障害のひとの

不思議な魅力に取りつかれてしまうと

突き放されたときに

相当辛い思いをしてしまうのです。