自己愛性人格障害のひとは常に自分のほうが上だと確認していなければ生きていけない


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

ものの見方について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとの特徴が

分かるようになると

普通の人よりも

自己愛性人格障害のひとの行動が

より分かるようになります。

 

 

自己愛性人格障害とは

ある一定の規則をもった考え方を

しているので

普通の人には

そんなものの考え方をした人がいるなんて

想像もできないことなので

初めは自己愛性人格障害のひとが

何を考えているのかまったく予想がつかず

とても不安になると思います。

 

何を考えているのか

まったく分からない、というよりは

そんなことを考えているはずがないと

思うような考え方をしているので

むしろ何もしていないように見え

それなのに、あなたの状況は

どんどん悪くなるので

本当に自分が悪いのかと思ってしまい

とても不安になったり

罪悪感に苦しんだりしてしまいます。

 

 

自分が何かしたのかと思ってしまい

あなたが何か迷惑な存在のような

気がしますが

それは、自己愛性人格障害のひとに

そう見せかけられているだけですので

あなたは実際になにかしたわけでは

ありません。

 

ですが、何もしていないはずのあなたが

おとしめられていったり

周りからみじめな存在に

見られたりしてしまうので

あなたは自分の価値のなさに

自分で自分に罪悪感を持ってしまい

また周りの人からも

そう見られてしまうのです。

 

一度、自己愛性人格障害の特徴が

分かるようになった人はみんな

それを自己愛性人格障害のひとが

コントロールしているとすぐに気づきますし

自己愛性人格障害のひとが

行動していることが

誰かをみじめな存在にするために

やっているとすぐに気づきます。

 

たとえば、自己愛性人格障害のひとは

他人から称賛されていないと

生きていけませんので

人気者であることがとても多いのですが

それも自己愛性人格障害のひと本人が

それを見せかけていることにも気づきますし

それを周りの優しい人たちみんなで

協力して自己愛性人格障害のひとを

ほめたたえていることにも気づきます。

 

気づくととても異様な光景なのです。

 

たとえば、自己愛性人格障害のひとは

自分が称賛を浴びる人物になると

同時に誰かをおとしめて

みじめな存在になるように

自分で故意にしているのですが

誰かと話をしているとき

周りのひとからとても感じのいいように

話すことが得意ですし、

その中で

1人だけまったく相手にしない人を

作ります。

 

それもその人は

普通の人よりも優しすぎるくらい優しくて

自分が何かひどいことをされても

それを訴えることもせず、

わざわざ周りの人に言うことも

できない人が多いです。

 

とても臆病な自己愛性人格障害のひとも

そんな特別にいい人には

安心してそんなひどいことをすることが

できるからです。

 

 

普通の人やちょっと強い人、

おかしいと思うことは

はっきりと口に出して

周りのひとにうったえることができる

強い人に

そんなことをしてしまったら

自分がひどいことをしていると

ばれてしまいます。

 

だから、本当に弱い人や

優しすぎるほど優しくて

自分が少々ひどいことをされても

感じ悪くならないよう

冗談で受け流してあげることのできる

思いやり深い人や

寛大な人は特に気をつけてください。

 

日本の教育は

そんな他人を思いやれる優しい人になれと

教育していながら

自己愛性人格障害のひとに

とても都合の良い世の中を

作ってしまったのです。

 

だから素直に育ってきた人や

他人の気持ちに

すぐに寄り添ってしまうような

共依存の人、

自分の気持ちを押し殺してでも

周りの雰囲気を良くしようと

我慢してしまうような人は

本当に良くターゲットになっています。

 

 

そしてそんな思いやり深い優しい人こそが

自己愛性人格障害の人たちから

安心して悪者にされ

そして自分自身ですら

自分を助けられなく

なってしまっているのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

いくら楽しそうに会話をしていても

それは誰かが見ていて

みじめな思いをしていないと

楽しそうに会話をしない、と

Tiaraはすぐに分かります。

 

男尊女卑の自己愛性人格障害のひとや

女性から(私を見捨てないで)と

すがってほしい

自己愛性人格障害のひとは

自分のことを好きな人がいるときほど

ほかの女性と仲良くしたりします。

 

Tiaraは幸い

ほかに女性がいる職場ではなかったので

そういったことはありませんでしたが

それは物質的に無理だっただけのことで

もし女性がいれば

そういったこともあったと思います。

 

逆にそういった男性は

Tiaraは大嫌いなので

そのほうが早く気づけたかもしれませんが

もし物質的に無理だとしたら

別の方法で傷つけてきたりします。

 

たとえば、周りが男性ばかりだったとしても

自己愛性人格障害のひとが

恋人ではない場合でも

よくある自己愛性人格障害のひとの

出来事ですが

周りの人には情報が伝わっているのに

ターゲットになった人にだけ

情報が入ってこない、

というものがあります。

 

 

もしくは自分以外の人とは

仲良くやっているというところを

職場で直接見たり

SNSの写真に

ほかの女性たちと楽しそうに

パーティをしていた

という話もとてもよく聞きます。

 

ですが、これはターゲットが

みじめな思いをするからという予測の元

行われている行為で

ターゲットが見ていないところでは

ほかの女性たちと楽しそうに

パーティをしている

ということもしないでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとは

楽しく話をしているときでさえ、

他人からどう見られているかを

意識して話しています。

 

話している内容よりもむしろ

メインは他人から

どう見られているかです。

 

 

自己愛性人格障害のひとの行動はすべて

自分がしたいからしているわけではなく

ターゲットの気持ちを

みじめにするためにのみ

楽しくパーティをしたり

あなた以外の他の人たちと

楽しく過ごしたりしているのでしょう。

 

とにかく人のみじめな姿を常に見続けて

自分のほうが上だと

確認し続けていなければ

自尊心のなさに

押しつぶされてしまいそうで怖いのです。

 

 

そして自己愛性人格障害のひと自身も

本当に楽しんでいるから

しているわけではないので

後から自分でもむなしくなるのです。

 

現在、Tiaraの周りには

自己愛性人格障害のひとは

ほとんどいません。

 

たまに見かけることはあっても

Tiaraは現在、

人間関係を徹底的に選んで

作っているので

自己愛性人格障害のひとは

徹底的に避けて自分のそばにいないようにします。

 

そうすることで何事も起こらず

Tiaraは自分から何かするようなことがないので

当然、普通の日常が過ぎていき

おとしめられることもなにので

トラブルも何も起きません。

 

被害者になるような人は

周りから見え方をコントロールされているだけで

本来自分から何もすることはなく

本当はめったに怒ったりしないので

驚くほど穏やかなのです。

 

だから被害者になるような人は

自己愛性人格障害のひとに狙われやすい体質をしていますが

そばに自己愛性人格障害の人さえいなければ

トラブルが起こることはほとんどないのです。

 

だから徹底して

自己愛性人格障害のひとの

そばにいないことを選んでいるのですが

だからこそ、

周りには本当に普通の人しか

いないのですが

その空気は

自己愛性人格障害のひとが

周りにいるときとは

まったく違っていて

自然で穏やかです。

 

普通の人の中にも目立ちたがり屋、

という人たちもいますので

服装が派手だったり

外見にこだわる人もいますし、

おしゃべりがうまい人も好きな人もいるので

にぎやかで人が集まることも多いのですが

本当に自然で

本当に楽しそうにやっています。

 

 

誰も

人から良くみられるために

人気者であるように

見せかけている人なんていないので

本当に穏やかで楽しそうなのです。

 

人気者の人は

天然で本当に人気があり、

本人も周りの人に対して

思いやりもありますし、

時には失敗することもあります。

 

自己愛性人格障害のひとも

親近感を持ってもらうために

たまにわざと失敗したり

間違えたようなことを言って

おどけたりしますが

普通の人と明らかに違い

周りの人に安心感を持ってもらうためにあえて

自分の失敗を笑いにします。

 

ですが、普通の人と

自己愛性人格障害のひとの

決定的な違いは

自分を信じて近づいてきた人を攻撃すると

Tiaraにはすぐに分かりますし、

Tiaraのサイトを訪れてくれる人の中にも

「すぐに分かりますよね?」と

コメントをくださる方も

大勢見えます。

 

自己愛性人格障害に気づいた人は

たいてい分かるようになるのです。

 

Tiaraに近づいてくる人は

自己愛性人格障害ではないので

本当にTiaraと仲良くしたいだけで

近づいてくるだけです。

 

不自然に良くしてくれたり

不自然に自分のことを

良く見せようということはありません。

 

本当にごく自然に仲良くなりたいだけで

親切にしてくれたり

お土産をくれたりします。

 

ちゃんと思っていることは

表情に出ていますので

恥ずかしいこともうれしいことも

腹が立つことも機嫌が悪いことも

本当に自然に表情に出し、

それが人をコントロールしようとして

やっていることではないと分かります。

 

やっと普通の世界に戻ってきた感じです。

 

人間関係が

上手くいく人もいかない人もいますが

それがごく自然に出ていて

みんな自分が話したいから話す、

話したいけど話せないから黙っている、

興味がないから話さない、

興味があるから近づいてくると

本当に自然なのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

ターゲットをみじめな気持ちにさせるために

パーティをしますが、

普通の人は自分がパーティをしたいから

パーティをします。

 

Tiaraの周りの方が

今度野球を5人くらいで観戦に行くのですが

それを楽しそう話している人や

一緒に行きたいから

「誘ってくださいよ~」と言って

仲間に入れてもらおうとする人もいます。

 

自己愛性人格障害なんていないから

みんなが自然に話しても

嫌な思いをする人が誰もいないのです。

 

 

その時はチケットが一枚余っていたようで

「一枚あるから一緒に行く?」と

その場でチケットを

売ってもらっていましたが

なければ「じゃ、次行くとき声かけるわ!」と

裏がないので

チケットが欲しい人も自然に言えるのです。

 

 

もし、誘ってもらえなかったらどうしよう?

なんて考える人もいませんし、

一緒に行く人をねたんで嫌がらせをする人も

いないでしょう。

 

「チケットあってよかったね!」

と一緒に行かない人も

仲良くやっているその人たちを

嬉しそうに見ています。

 

これが、普通の人と

自己愛性人格障害のひとの違いで

自己愛性人格障害なんて知らない人は

この感覚で話すので

もし、周りに

自己愛性人格障害のひとがいたら

この人は簡単にターゲットに

なってしまうでしょう。

 

ですが、そんな人がいない世界では

自己愛性人格障害のような

ものの考え方をする人がいるなんて

思いもしないのです。

 

周りに自己愛性人格障害のひとがいたら

あなたは努力すれば努力するほど

おとしめられていきます。

 

そこにいては

危ないのです。

自己愛性人格障害の被害者にならないために


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遭ってしまった方が

自分の危機管理能力の低さ

についてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい女性の特徴として

危機管理能力に欠けるというもの

があります。

 

あなたは相手に寄り添うことで

自分を認めてもらおうとしますが

自己愛性人格障害のひとは

そんなあなたの性質を利用します。

 

自分に自信がないので

相手のために努力することで

相手に認めてもらおうとするのです。

 

寛大で優しい、という面もありますが、

自分が嫌だという気持ちや

自分が大事にされていないという部分には

当たり前のように流してしまう部分が

あるのです。

 

簡単に受け流してくれるため

自己愛性人格障害のひとは

本当は大変臆病で

人から悪く思われることに

ひどく敏感なのですが、

あなたには安心して、

ひどいことをすることができるのです。

 

大切にされている女性は

もっと自分の意見を言います。

 

自分の気持ちを

無視されるような扱いを受けた場合には

怒ったり

その人のことを信用しなくなります。

 

自分をもっと大切にしているので

ひどい扱いを受けたり、

理不尽なことを言われたりした場合には

簡単に受け流したりしないのです。

 

彼を怒らせないように

自分の気持ちを言わないで

我慢してしまうと

あなたの気持ちを

だんだんとあまり

考えないようになってしまうのですね。

 

あなたが考えているのとはむしろ

逆なのです。

 

自分の気持ちを大事にしない人は

他の人からも大事にされません。

 

傷ついているのに

受け流して許してしまったり

そのまま流してしまったり

するような人は

自分のことが大事にできて

いないんですよね。

 

自分のことを大切にできる人は

人からバカにされたり、

軽くあしらわれたときに

相手の人を簡単に許したりはしません。

 

それで相手の人が怒ったとしても

それはそれでいいのです。

 

あなたのことを大切にしてくれない人は

あなたのそばにおいてはいけないのです。

 

人間関係は自分の周りにいる人で決まると

言われています。

 

あなたのまわりに、

あなたのことを大切にしない人を置くと

毎日が不幸になってしまうのです。

 

悩んでいたり、

自己愛性人格障害のひとに

言われることを気にして

自分の思うように行動できないでいると、

あなたの脳にも負担がかかり

あなたのパフォーマンスまで落ちて

効率が悪くなります。

 

とはいえ、職場や学校など

人間関係を選べないときもありますよね?

 

そんなときは心の中で

スルー出来る無関心力を身につけましょう。

 

無関心力はあなたのメンタルを

安定させるだけではなく

あなたの邪魔をする余分なところに

あなたの心を無駄に使うことなく

効率が上がるのです。

 

自己愛性人格障害のような

人の邪魔をして喜ぶ人間は

ある一定数、

必ず存在すると言われていますので

いつまでも逃げられる、というわけでは

ありません。

 

まじめな人ほど

そういった人をスルー出来ず

自分の中にその原因があると思い込み

自責の念にかられてしまうのですが

実は、あなたに問題があるわけではなく

相手の心に問題があったのです。

 

しかも自己愛性人格障害のひとは

自分に原因があると思わないので

すべてをあなたのせいにしてきます。

 

それをすべてまともに受けてしまっては

あなたはできることまでできなくなって

しまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたの恋人でもあなたの邪魔をしてきますから

自分のせいだと不安になり

苦しむあなたを見て

高揚しているのです。

 

そんなことに

いちいち付き合っていられるほど

あなたの人生は暇ではありません。

 

人を潰して高揚感を得る、

そんな無駄な人たちのために

あなたの時間をさいていいては

あなたの人生がもったいないのです。

 

Tiaraは少しの時間の無駄も

したくもありません。

 

ましてや、大好きな彼でさえそうだったのに

まったくの赤の他人である

自己愛性人格障害の自尊心を持ち上げる

高揚感のために

少しでも付き合っているのが

もったいないのです。

 

あなたは自分が悪いと思っていますが、

そうではありません。

 

自己愛性人格障害のひとから離れるだけで

あなたの人生はとても楽になり、

あなたの能力が生かされて

イキイキと生きられるのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

周りにいなくなるだけで

無駄なことに悩まずに済み

いろいろなことが簡単に前に

進みだすのです。

 

自分を大事にする人は、

自分の邪魔をするような人は

相手にしないので

自己愛性人格障害のひとも

反応してくれない人には

攻撃してもつまらなくなるので

あなたに攻撃しようとも

思わなくなるのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

自分を大切にしていません。

 

相手のためだと行動するうちに、

あなたの邪魔をされていることにも

気づきもせず、

失敗するのは

自分のせいだと思い込みますが

そうではないのです。

 

あなたがあなたらしく生きるためには

恋人だけでなく世間にいる

自己愛性人格障害のひとを見抜いて

心の中でスルーして

あなたの人生を生きてください。

 

あなたのまわりにいる

普通の人だけと交流していると

不思議と(これが普通なのですが)

トラブルなんて

全く起きなくなるのです。

自己愛愛性人格障害のひととは、あなたに執拗にくっついてきながらもあなたを蹴落とす言動を繰り返す人のことである


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

行動について

裏から見た場合の見え方について

お話したいと思います。

 

 

 

自己愛性人格障害のひととは

あなたのそばに

執拗にくっついてきていながら

あなたを蹴落とす言動を

繰り返す人のことです。

 

あなたがした、ちょっとした失敗は

(誰にでもあるようなこと)

大げさに伝えられ

そのせいで自己愛性人格障害のひとに

迷惑が掛かったことになっていますが

そんなに対して迷惑をかけては

いません。

 

自己愛性人格障害のひとも

同じように失敗はするのですが

自分の失敗はできる限り隠して

分からなくし、

さらに普通のひとは

人の失敗にそんなに興味もないので

自己愛性人格障害のひとが

失敗したことにすら

気づいていないことが多いです。

 

あなたの失敗もそのままにしておけば

そんなに目立つ失敗ではないのですが

自己愛性人格障害のひとが

大げさに口にしたり

その失敗をぬぐう、

尊大で寛大な自分を演じないと

いられないので

結果としてあなたの失敗は目立ち

自己愛性人格障害のひとの業績は

目立ってしまいます。

 

結果としてあなたは落ちぶれ

自己愛性人格障害のひとは

出世していくわけですが

自己愛性人格障害のひとは

それをするために

ターゲットの存在は

常に必要なのです。

 

そして、少しづつ

それを繰り返されることによって

徐々に周りの人から少しづつ

あなたの信用が

失われていってしまうことに

なります。

 

あなたを蹴落とす言動を

繰り返しながらも

自己愛性人格障害のひと自身は

その自尊心の低さから、

周りの人に

生きている価値がないと

思われてしまうことに

ひどく怯えていますので

全力で、自分をよく見せることに

極端に、力を尽くしています。

 

そのため、あなたのほうが、

その人とうまくやっていきたいと

思っている場合

自己愛性人格障害のひとが

おかしいのではなく

あなたのほうが

おかしな人だと映る可能性が

高くなっていってしまいます。

 

自己愛性人格障害のひとの

その独特の言動は

表面上の尊大な自分を

演じ続けることで

とてもきれいに

カモフラージュされているので

ほとんどのひとには

気づかれにくのです。

 

もしあなたが

彼とうまくやっていきたいだとか

彼に好かれたいと思っていたり

彼に誤解されたくない

と思っている場合

あなたがどれだけ誠心誠意

向き合っていても

どれだけでも

ひねくって取られてしまう

自己愛性人格障害のひとに

弁明をするあなたの姿は

周りの人から見ると

とてもうざい存在に

見えてしまいます。

 

だってあなたの誠意を

わざとそのままに受け取らず

自己愛性人格障害のひとが

あなたより上に立とうと

無意識にしてしまうことから

あなたのことを

下に下げていってしまうので

どうしてもあなたのほうが

出来が悪く見えてしまうのです。

 

これは仕事でも恋愛関係でも同じで

あなたがうまい具合に

ターゲットっぽく振舞ってしまうと

あなたのほうが

嫌がられている自己愛性人格障害のひとに

縋り付いていっているように

見えてしまい

みじめな存在に見えてしまうのです。

 

周りの人からも

軽く見られてしまいやすく

また信用されないように

なってしまうのです。

 

だからあなたがどれだけ誠心誠意

説明をしてもさらに

あなたがただ単に

うざい人間に見えてしまいますので

逆に自己愛性人格障害のひとが

価値のある人に見えてきます。

 

自己愛性人格障害のひとが

しようとしていることは

成功しているのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

まさにその極度のコンプレックスから

逃れるために

人を蹴落として

自分の価値を上げていますので

人を見下したり、人の失敗を

必要以上に

周りの人に悪く見えるように

演出することで

まさに自己愛性人格障害のひとの

評価は

上がっていくのです。

 

 

だから自己愛性人格障害のひとは

この原理を使い

本当に出世していくことが多いです。

 

 

過去に知り合った

自己愛性人格障害のひとの

現在の様子を聞いてみますと

本当に出世していることが

よくあります。

 

もし、そんな人に

あなたがつぶされて

立場を追いやられたことがある場合

おもしろくないと思います。

 

 

誠心誠意、正面から立ち向かっても

自己愛性人格障害のひとに

勝つことはできないのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

恋人だった場合も同じで

自己愛性人格障害のひとのほうから

熱烈にあなたを

必死で口説いてきたのだとしても

後になって考えてみると

自己愛性人格障害のひとは

何とも思っていなかったのに

あなたのほうが

うざいくらい

必死で追っかけていたことに

なっていることも多いのです。

 

あなたがもし

自己愛性人格障害のひとの

妻だった場合も、同じで

妻の失敗を

常にフォローする優しい夫、

という設定になっていると思います。

 

それが事実でないことは

Tiaraには分かっているのですが

世間のひとの大半は

分からないことが多いのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとを

信頼していた場合は

悔しくて仕方がないと思います。

 

ですが、自己愛性人格障害と

いうものは

そういうもので

本人も、まさか自分が

そんなことをしているとは

夢にも思わないのです。

 

 

それは自尊心が極端なほど

低すぎるために

自分がそんなひどいことをしている

と認めることすら

辛すぎて認めることができないので

相手が悪くて

自分が被害者だと

思い込もうと

無意識のうちにしてしまうのです。

 

あなたが自分の心と名誉と

自分の立場を守るためには

自己愛性人格障害のひとが

していることに

いち早く気づき

あなたの心を彼から

離すことにあります。

 

 

そしてどんなにひどいことをされても

自己愛性人格障害のひとから

無関心にされたとしても

気にしたり、自分のほうを

振り向いてもらおうとしては

いけません。

 

あなたが気にすれば気にするほど

自己愛性人格障害のひとが

あなたの存在を否定したときに

自己愛性人格障害のひとの価値が

上がるのです。

 

あなたは

自己愛性人格障害のひとの

引き立て役のために

あなたのしていることを

すべて否定されてしまい

自分に自信を無くしてしまいます。

 

あなたがどんなに

必死に努力をしたことも

自己愛性人格障害のひとのために

自分が折れたことも

すべてひどいことだと

見せかけられてしまい

そしてそれが成功してしまうのです。

 

それくらい自己愛性人格障害のひとは

本気で全力でそんなことを

常にしているので

めんどくさいからと考えなかったり

そのまま素直に受け取ってしまうと

知らない間にどんどん立場や

あなたの存在が

おとしめられていってしまうのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとには

全力で気づかれないように

必死であなたのしていることを

隠してください。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

そもそも共感力がありませんので

あなたが自分の気持ちを素直に

態度に出したり

口にしないとあなたの心が分

からないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

分からなければ、あなたの印象を

コントロールすることが

できませんので

あなたをおとしめたり

あなたを不安にさせたり

あなたを悲しませることが

できません。

 

 

あなたがもし

自己愛性人格障害のひとの恋人で

彼にあなたの気持ちを

分かってもらおうと

必死で話せば話すほど

自己愛性人格障害のひとが

あなたを傷つけたりおとしめたり

みじめな存在にすることが

やりやすくなるのです。

 

 

だからどんなに彼のことが好きでも

相手が自己愛性人格障害だと

気付いたときは

あなたの存在を

彼に隠さなければならないのです。

 

そのために

あなたの心を

徐々に彼から離していき

彼に無関心になることで

あなたの心と立場を守ることが

できるのです。

自己愛性人格障害のひとからターゲットにされにくい人とは?

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとから

ターゲットにされにくい人について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとから

ターゲットにされやすい人のお話は

普段から良くしていると思います。

 

ではあ、自己愛性人格障害のひとから

ターゲットにされにくいタイプというのは

あるのでしょうか?

 

 

自己愛性人格障害とは

どうしても人を自分よりも下に見ないと

自分の存在価値に不安を持っていますので

耐えられない病気です。

 

 

だから自己愛性人格障害のひとのそばにいる人は

誰でも潰される可能性があるのですが

自己愛性人格障害のひとが

どうしても下に見られない人

というものが存在します。

 

それは、どう転んでも

見下しようのないレベルの高い人や

地位の高い人です。

 

 

自己愛性人格障害にもタイプがありますから

何も大企業のエリートや経営者や

芸術家や有能な人ばかりではありません。

 

中には普通の会社員という人もいますし

普通の主婦の中にも

自己愛性人格障害のひと

というのは存在します。

 

だから自己愛性人格障害のひとよりも

くらいの高い人や著名人という人は

絶対に自己愛性人格障害のひとから

見下されたりしません。

 

 

中には性格上の面やその他の人間的な面で

見下した発言をする

自己愛性人格障害のひともいますが

そんなに長くは続きません。

 

思い付きで一瞬見下したりするのですが

すぐに居直り、尊敬したり

ご機嫌を取ったりします。

 

 

自己愛性人格障害の人は

損をすると思ったことはしないので

そんな地位や名誉のある人を

ディスったところで自分に何の得もないと

思うので、そんなことはしないのです。

 

では、自己愛性人格障害のひとには

特別な人でない限り

ターゲットにされてしまうのかといえば

そうでもありません。

 

 

生まれてこのかた、

自己愛性人格障害の被害に

遭ったことがないというひとも

いるのも大勢いるのも事実です。

では、どんな人が

自己愛性人格障害のひとの

ターゲットになりにくいのか

下記にざっと上げてみます。

 

あなたは下記のような人になることを

めざして動いていけば

自己愛性人格障害のひとから

狙われることは

格段に少なくなるでしょう。

 

・自分をしっかりと持っている人

・人に左右されない人

(もっと言うなら人を動かすほどの力のある人)

・1人でも平気な人

・こびない人

・頭のいい人

・判断力のある人

・何を考えているのか分からないような人

・分かりにくい人

・友達の多い人、いつも人に囲まれているような人

・基本的に無表情な人

・感情が常に一定な人

・ミステリアスな人

・静かであまり話さない人

・あまり動じない人

 

このような人は

自己愛性人格障害のひとから見て

感情が分かりにくく

どう攻撃していいかわかりません。

 

どう攻撃するとあなたが堪えるのか

分からないと

自己愛性人格障害のひとは

あなたに攻撃を仕掛けることができません。

 

そしてそのうちに攻撃をしたいとも

思わなくなるのです。

 

するとあなたは自己愛性人格障害のひとから

ちょっかいをかけられることも

説教されることも

揚げ足をとることもなくなるのです。

 

 

するとあなたには平和な世界が訪れて

とても過ごしやすくなり

潰されることも

やってもいないことで

悪い噂を立てられることもなくなるのです。

自己愛性人格障害のひとに勝てる方法


こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとに

勝てる方法について

お話ししたいと思います。

 

Tiaraは、今は自己愛性人格障害という病気が分かっているので

自己愛性人格障害のひとが何をしているか

鮮明に分かることができますが

それでも、そういったことが分かっていない人から見ると

自己愛性人格障害のひとは

とてもひどいことをするような人間には見えないと思います。

 

Tiaraが自己愛性人格障害のひとの

威嚇行為に気づいて

あまり相手にしないようにしていると

今度は、Tiaraに

自分のしていることがばれていることが怖くなり

徹底的にいい人であるところを見せつけてきます。

 

何気ない行動に見えるちょっとしたしぐさや

ただの雑談のような場合でも

周りの人からできるだけいい人に見えるように

声のトーンや話している内容が

ただ、話しているだけではなく

いかに周りからいい人に見えるかを

意識して行っています。

 

そしてそれは、

病気の症状がひどければひどいほど

卓越しており、

真正であればあるほどいい人に見えるのです。

 

会話の内容も

周りの人に聞こえている前提でおこなわれており

普通のひとよりも

自分をよく見せることが大変うまいなあと

感心させられるほどです。

 

Tiaraの部署の上司ですが、

入って早々に長時間のお説教や威嚇行為を

Tiaraのそばでしているところを何度も目撃したり

耳に入ってきたりしたので

すぐに自己愛性人格障害だと気付くことができました。

 

上司にしたら

入ってきたばかりのTiaraに

自分の怖さや存在感や影響力を

魅せつけるためのものだったと思われるのですが

それをしてくれたことにより

今までで一番早く自己愛性人格障害に

気づくことができました。

 

世界でも名の知れている大企業ですが

入ってみると

パワハラ、モラハラが非常に大々的に

横行している会社だという印象を持ちました。

 

だから、堂々とやっていたと思うのですが

1,2か月でTiaraがご機嫌を取ったり

怯えたりしないことにより

急に態度が変わり、

Tiaraのそばで

モラハラ行為をしなくなりました。

 

その行動の変貌は明らかで

今ではモラハラ行為をしないどころか

周りの人たちと

わきあいあいと会話をしているところを

聞かせてきます。

 

 

聞かせてくる、というのは

広いフロアなので

Tiaraの席から上司の席はほど遠く

まったく見えませんが、

上司が数人でTiaraのそばを通るときに

必ず話しながら通ります。

 

軽く談笑しながら歩いていたり

「おー、久しぶりだな。

まだ、あそこの部署にいるんか?」

「お疲れさん。こないだはありがとね。

助かったよ。」

など、人のことに常に気を配っているような言葉がけ、

そして、たまにはふざけておしりを通りながらたたき

「何するんすか~」

えへへ~とふざけてみたり。。。

 

 

普通のひともそういうことを

言うこともあると思いますが

常にそういった感じを見せているので

Tiaraには不自然に感じます。

ですが、周りの人は

普通にいい人なんだな~という

印象しか持たないでしょう。

 

Tiaraの周りには新人が3人いて

古くからいる人は

上司が細かいことをネチネチ言うところも

長時間ぐちぐちと説教をすることも

知っていると思いますが

新人に関しては

この上司を本当にいい人だな、

と思っていると思います。

 

Tiaraも自己愛性人格障害という

病気を知らなければ

Tiaraが入ったばかりのころは

たまたま悪いことが重なっていたのかな?

くらいにしか思わなかったでしょう。

 

ですが、この態度の変わり方は

明らかにTiaraの態度に影響されています。

 

これに続いてほかの自己愛性人格障害だと

みられる人たちも

初めのころはTiaraのことを何もしていなくても

変な目で見たりしていたのに

最近ではTiaraに会釈をするようになり

初めのころの嫌な印象は全くなくなり

穏やかな雰囲気になっています。

 

これも以前なら

本当は穏やかな人なんだな、

としか思いませんでしたが

Tiaraが以前変な目で見られたときに

(どうした?)と不思議そうな顔をして

振り返ったのですが、これは

そんなに接点もないTiaraに

こんな変な視線を向けるわけないから

後ろに誰かいるのかな?

と思ったから振り返ったのです。

 

後から自己愛性人格障害の威嚇行為だと

気づきました。

 

おそらくその後の自己愛の上司が

Tiaraに気を使っているところを見たり、

TiaraのリーダーとTiaraが仲良く

(関係は普通ですが、自己愛のリーダーが

自分の印象をよくするために

穏やかにTiaraと話しているところを見て)

話しているのを見て

おそらくTiaraに冷たい態度をとることは

自分が損をするかもしれないと

思ったからだと思います。

 

現に聞きたいことがあり

その人の席のそばまで歩いていくと

気の弱そうな人に

モラハラ的な攻撃をしているところを

よく見かけます。

 

もちろんもっともらしい言葉を発しているので

嫌なことを言われているのは

言われている本人に原因がある、

と思われるような

ことを言っていましたが、

Tiaraにはそれが、

自己愛性人格障害だからとわかります。

 

もし、それを聞いただけでも

言い方や言葉の選び方で

分かったと思いますが、

その前にTiaraに

意味もない威嚇をしてきているので

より確信に近い形で

自己愛性人格障害だと思っています。

 

 

このように人によって

コロッと態度を変えるので

モラハラ的行為をされている

被害者でないと分からないのです。

 

特に自己愛性人格障害のひとは

立場のある人や地位の高い人

には自己愛的面を一切見せませんから

本当にいい人間だと思われがちで

どんどん出世していきます。

 

だから、上司に

自己愛性人格障害的な人が

多いことも事実なのです。

 

 

地位の高い人にはそういった面を一切見せず

上手に上を立てて、可愛がられ

後輩の面倒を見て尊敬されていくので

分からないのです。

 

その過程で弱そうな人を常に見つけ出し

その人だけに攻撃して

周りの人には親切にふるまいますので

被害に遭った人だけが

どんどん辛い思いをして

周りにも分かってもらいにくくなるのです。

 

自己愛性人格障害のひとの

変わり方には本当に脱帽します。

いい人を演じているときは

表情も柔らかく

ユーモアがあり人のことをほっておけず

親切で情の熱い人間に見えてしまうのです。

 

それほど常に自分の印象をよくすることを

常にしている人たちなので

勝ち目がありません。

 

自己愛性人格障害のひとに勝つには

自己愛性人格障害のひとよりも

仕事ができるようになり

人脈を広げて

いっさい臆病な所を見せないことです。

 

その代わり自己愛性人格障害のひとに勝つには

ずばぬけてできる人間にならないと

無理です。

 

その自信がないのなら

迷わず無関心になり極力接触を最小化することを

お勧めします。

自己愛性人格障害のひとの計画性

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとが

まだモラハラ化していないときの

計画性について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

出会ったばかりの頃がいちばんやさしく

そして時を追うごとに

だんだんと

本当に少しづつ

気付かれないくらいの速度で

モラハラ化し、

最後にはたいていの場合

激化してしまいます。

 

普通のひとでも

出会ったばかりのころは

少しでも相手に

よく思ってもらいたいという意識が

無意識のうちに働いて

もともとがよほどの人間嫌いでない限り

できるだけ人に親切にしようと思う人が

多いです。

 

普通のひとでもだんだんと関係が深まるうちに

言ってはいけないことを

相手に伝えてしまうこともよくあることですし

一緒にいるうちに

だんだんと合わなくなっていく人がいても

まったく不思議ではないです。

 

むしろ、そのほうが人間的で

だからこそ人間関係はおもしろく

そして悩む人も多いのです。

 

 

ところが自己愛性人格障害のひとは

まったく普通のひとと違っていて

相手に対して信頼関係が

増せば増すほど

限度がなくなるほどに

相手にひどいことをします。

 

 

してしまう、というよりは

何にも逆らわないあなたに対して

むしろ、

自分のことを

分かってくれようとするからこそ

ひどいことをするのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

相手のことが全く考えられず

常に自分が一番でないと

強い恐怖心をいだきます。

 

だからこそ人よりも上に立とうとしてしまうので

そばにいる人のことをこき下ろしたり

ののしったり

叱ったり、見下したりします。

 

ですが、自己愛性人格障害にも

程度がありますので

病気の症状が少しでも軽いと

自分を守る力がまだ弱いので

人に悪く思われることも

してしまいがちになります。

 

そういった人は

自己愛性人格障害のひとと普通のひとの

ちょうどボーダーラインだとTiaraは考えていて

ちょっとでも人前で暴言を吐いたり

嫌われてしまうような自己愛性人格障害のひとは

変な言い方ですが

自己愛性人格障害としてはまだ不完全です。

 

本当に真正の自己愛性人格障害のひとは

周りを信じ込ませる力がより強いのです。

 

 

この時、自己愛性人格障害のひとに

自覚はあるのでしょうか?

 

自己愛性人格障害の羽谷にあった人は

ほとんどの人が

その被害に気づくと

ひどいことをされた、と思っているのですが

自己愛性人格障害のひとに

その自覚はありません。

 

 

相手を攻撃している、

というよりは自分を守らなければいけない、

という気持ちが極端に強いので

あなたが何もしていなくても

あなたに攻撃されることを

前もって予想していて

あなたがそんなつもりがないとしても

強い力で攻撃をしてきて

やめようとしません。

 

もしくは

あなたが極端に弱く

自己愛性人格障害のひとに

どんなにひどいことをされても

周りの人に言えなかったり

自分が悪いと思ってしまい

自責の念に駆られるような人は

どれだけ攻撃してもいい、

と思ってしまいます。

 

そして自己愛性人格障害のひとも

脳は正常ですから

あなたにひどいことをしている

ということはなんとなく自覚しているのですが

自分がひどいことをしていると

周りにばれてしまうことを

極端に恐れていますので

あなたがとことんひどいことにして

自分はいっさい疑われないほどに

あなたを最悪のひとだと思わせてしまっていて

それをやめることが

できなくなってしまいます。

 

 

そして自分がひどいことをしている

と自分で自覚してしまうことにも

恐怖心をいだいてしまうほど

恐れていますので

記憶を書き換えて

自分が被害者だと自分でも

全力で思い込んでしまうのです。

 

ですから、自己愛性人格障害のひとは

あんなにもひどいことをしているのに

まったく計画的に行っているわけではないのです。

 

初めはあなたに優しくしながら

あなたの人柄や雰囲気を見ていきます。

 

 

そして優しいあなたと一緒にいることで

自己愛性人格障害のひとの心も

初めのうちは

(今度こそ幸せになれるかもしれない)

と本気で思っているのです。

 

ですが、付き合いを続けていくうちに

どうしても隠し切れない

自己愛性人格障害のひとの

身勝手な行動や言葉にも

あなたが結局

許してしまうところを見ているうちに

徐々に

この子になら自分の感情をぶつけても

周りの人に悪く思われないのではないか、

とだんだんと自覚していき

同時にあなたに少しづつ

攻撃を強めてしまうのです。

 

だから、自己愛性人格障害に人は

あなたにひどいことをするために

計画してあなたに近づいてきたわけではなく

それでもどんどんあなたのやさしさに

甘えていってしまい、

最後には自己愛性人格障害のひと本人も

自分を守るためにあなたが悪いと

思い込むようになってしまうのです。

 

 

 

だから、

あなたが自己愛性人格障害のひとに

分かってもらうことは無理ですし、

ましてや周りのひとにも

分かってもらおうとすればするほど

あなたのほうがおかしく

見えてしまうのです。

 

 

唯一のあなたを助ける方法は

あなたが自分が悪者にされても

仕方がないな

とあきらめることです。

 

Tiaraにあきらめるように言われて

自分は被害者なのに

それでは納得できないという相談者の方も

少なからずお見えになりますが

不思議なことにあなたがあきらめて

冷静でいる、心底相手にしていないと

ふるまうことで自己愛性人格障害のひとから

自然に離れていってしまうのです。

 

不思議だと思う人はやってみると

よくわかります。

 

たしかにあなたは

何もしていないのですが、

悪く思われても仕方がない、

と堂々と普段通りにあなたがすることで

不思議と真実が時間をかけて

周りのひとにも分かってくるのです。

 

自己愛性人格障害のひとが反省しているときは、本当に治るのか?

今日は自己愛性人格障害のひとが

反省しているとき

今後は、二人の関係が良くなっていくのか

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとを恋人に持った時

よく相談に上がることなのですが

あまりにも理不尽な態度に

彼のことが信用できなくなり

あなたが別れを決意したとします。

 

突然彼が

今までの彼では考えられないほど

反省し、これからはもっと

あなたのことを考えていきたいと

あなたを失うことの恐怖から

謝ってきて

これからは変わるからと断言してきたとき

いくら別れを決意していたとしても

あなたとしても期待してしまいますよね?

 

もしかしたら

彼はあなたと別れることが怖いため

本気で変わろうとしてくれている、

あなたがそう考えてしまうのも

当然のことだと思います。

 

 

今までもどんなに辛くても

これからは必ず良くなると

彼を信じてここまでついてきたんですよね。

 

できれば、あなただって

彼と別れたくないはずです。

jikoaiseijinnkakusyougainohitonokeikakusei

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

そうは見えないのですが

大変臆病で、

捨てられることに

異様に恐怖心をいだきます。

 

自分がさんざんあなたを傷つけてきたとしても

自分が傷ついて初めてわかる気持ちもあると

思いますよね?

 

涙をこぼしたり

悲しい顔で落ち込むこともあると思います。

 

 

そんな彼を見ると

あなたもちょっとかわいそうだと

思ってしまいそうになりますよね?

 

 

ですが、それはあなたが

普通のひとだから思うことで

自己愛性人格障害のひとは

その病気の特徴により

しがみつき行為を

常識では考えられないくらいします。

 

彼のそんな態度を見て

あなたも、もしかして今度こそ

本当に思い直してくれるのかも?

と考えてしまってもおかしくありません。

 

ですが、もし彼が

自己愛性人格障害だとしたら

その病気ゆえに強烈な

しがみつき行為を見せることが

あります。

 

 

たとえば以下の理由により

あなたを失いたくない、と

強く訴えてきます。

 

 

1、本当はいっさいない自尊心のため

あなたから嫌われる(捨てられる)

ことが死ぬほど怖い。

 

2、今まで彼の思い通りに

動いていたあなたを

離したくない。

 

3、長年時間をかけて

彼に惹きつけられていた

あなたがいなくなることが

もったいない。

 

4、本当は

自分がひどいことをしていることを

なんとなくわかっているので

そんなひどいことをしてきたのに

彼に惹きつけられていた

あなたのような人を

今後も見つけられる自信がない。

 

などです。

 

これらの理由から

あなたが離れていくことが死ぬほど怖く

必死でしがみついてくる様子が

あなたに本当は強烈に惹かれているように

見えます。(もしくは見せている)

 

あなたも人から求められることを

強烈に求めていますので

そんなにも求めてくれる自己愛性人格障害のひとに

強烈な愛を感じます。

 
そしてうれしくなり

彼を信じてしまいたくなるのです。

 

ですがそれはあなたが普通のひとだから

そう思ってしまうのですが

自己愛性人格障害のひとは

普通の人が考えるような理由で

しがみつき行為をしているわけでは

ありません。

自己愛性人格障害のひとは

物事を勝ち負けでしか考えられないので

あなたにフラれることは

あなたに負けることだと

考えてしまいがちなので

怖くなって強烈に

しがみついているだけなのです。

 

 

もしも戻ってしまうと

初めのうちはまた

あなたに嫌われてしまうかもしれないという

恐怖心から

必死でしがみつき、

何度もあなたに愛の言葉をささやきます。

 

これは相手が

女の人の場合でも変わらず、

自己愛性人格障害のひとは

どうしてもしてしまうのです。

 

Tiaraは女のひとにも

抱きつかれたことがあるので

とてもよくわかるのですが

本当にドラマさながらの様子

で全力でしがみついてきます。

 

自分が相手に

ひどいことをしたことが

ばれてしまったと思うと

必死で謝ってきてぎゅっと

抱きしめます。

 

涙をこぼしたり

悪かったとかみしめて

謝ってくることもあります。

 

Tiaraはこの時はもうすでに

自己愛性人格障害のことが

よくわかってしたので

女のひとでも

こんなにしがみついてくるなんてすごいなと

冷静に思ってしまいました。

 

 

このことから

自己愛性人格障害のひとがひどく反省し、

俺が悪かったとか私が悪かった、

と謝ってきたのだとしても

それは自分のしていることが

ばれるかもしれないと思ったときで

尊大で情にもろく、素敵で

あなたのことを思っているような言葉を

たくさん言ってきます。

[ad#co-1]

 

 

ですが

元に戻ったり

自分が悪くないと思われる自信があると

自己愛性人格障害のひとは

その時の自分の怒りをあなたに

すごい勢いでぶつけてきたり

小さな怒りをじわじわ定期的にぶつけてきて

あなたに戻って本当に迷惑をしている、と

あなたの人格や存在を

すべて価値のないものにしてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

よく思われたいと思ってもそれは無理で

自己愛性人格障害のひとは自分が一番なのです。

 

あなたがもし、

自己愛性人格障害のひとよりも

有能だと思われたり

いい人だと思われるような

出来事があると

それを否定してきて

あなたは本当にひどい人だと

いろいろな手を使って広めています。

 

中には自己愛性人格障害の人が

直接話をしないで

周りの人の力を使って

あなたの評判を落としてくる

危険性もあると思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

どんなに情深く見えたとしても

あなたを想っているように見えても

反省しているように見えたとしても

しばらく時間がたつと

彼は以前よりも強い力で

全力でつぶしにかかります。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

そういう人間に

育ってしまった人たちのことなので

急に治ったり考えを

改めるということがありません。

 

 

そのことをもっとよく見てみて

後悔のないようにしてくださいね。

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は自分を安っぽく扱ってはいけない

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

自分を安っぽく扱ってはいけない、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人の特徴に

とてもやさしすぎる、

というものがあります。

 

これは、本人も周りの人も

気づかないことが多いのですが

優しすぎるがために

相手に気を使っていることを

分からせないようにして

自分を捨ててまでも

相手を気持ちよくさせようと

しすぎています。

 

 

それってTiaraは

とても素晴らしいことで

素敵なことだと思うのですが、

残念ながら、

周りの人に気を使っていることすら

分からないように気を使っているため

周りの人から気づいてもらえません。

 

そして、

そんなあなたが気を使いすぎているほど

相手のことを思いやっているのに

その周りの人から

ぞんざいに扱われる、ということが

起きやすいです。

 

これは、相手が普通のひとでも

そうだと思うのですが、

相手がもし、

自己愛性人格障害のひとだったとしたら

大変なことになります。

 

自己愛性人格障害のひとは

そんなあなたの優しすぎるほど

優しいところが

とても大好きです。

 

だってとても都合よく使えるし

自分にとって絶対に信頼できる相手だし

いらなくなったら

簡単に悪者にすることができて

しかもそれでも何も言わない

と踏んでいるからです。

 

そして、もし少しでも

自分の読みと違うところが

あなたにあったとしても

とてもコントロールしやすいです。

 

自己愛性人格障害のひとの

素晴らしいところを見せれば

あなたは簡単に彼を信用しますし

喜んでなつき、

彼に寄り添おうとします。

 

そんな女の子がモテる、と

書いてある記事をとてもよく見かけます。

たしかに優しくて従順な女の子を

好きな男の人は多いと思います。

 

ですが、あなたばかりが寄り添っていて

彼があなたに寄り添っていないことに

気づいていますか?

 

 

あなたには他人を思いやる力はあっても

自分を思いやる力がありません。

 

自分を大切にしていないと

後から

大変なことになるのです。

 

もう少し、自分の気持ちに

耳を傾けてみてください。

 

あなたにも魅力はあるはずです。

 

そこに気づいて自信を持っていますか?

 

あなたの大切なものを否定するような人と

ずっと一緒にいてはいけません。

 

あなたの大切なものを否定するような人は

あなたのことを

切にしていません。

 

あなたとの約束を

大事にしてくれていますか?

 

あなたの気持ちを

大事にしてくれていますか?

 

あなたをあなたの友達や家族を

大切にしてくれていますか?

 

 

自己愛性人格障害のひとは

普段はとてもやさしい言葉をくれます。

 

ですが、それに現実が

ともなっているでしょうか?

 

自己愛性人格障害のひとの特徴に

初めはとても素晴らしい経験をくれますが

だんだんとそれが

いつの間にかなくなっていく

という特徴を持ちます。

 

そしてそれは年単位という

膨大に長い時間をかけて

行われます。

 

たしかに普通のひとでも

初めのころはいろいろなところに

連れて行ってくれたり

美味しいものを食べに

連れて行ってくれたりするでしょう。

でもそれが付き合い共に

だんだんとめんどくさくなり

プレゼントの質が落ちていったり

お出かけする回数が減ったり

することも大いにあると思います。

 

ですが、あなたに何かあったりすれば

飛んできたり

あなたに対する愛情は

変わらずある、と感じる出来事があるはずです。

 

でも、自己愛性人格障害のひとは

何かが違うのです。

 

それは、人に話しても

分かってもらいにくいことでも

あなたなら分かると思います。

 

 

何かがおかしい、と。。。

 

Tiaraには年頃の息子が二人いましたが

彼らのことを考えるよりも

自己愛性人格障害の彼に振り回されていて

彼のことで悩む時間がとても多かったです。

 

自己愛性人格障害の彼は

2人の息子ととても仲良くしてくれましたが、

彼らのいないところで

彼らのことをバカにすることもありましたが

Tiaraがそれを許しませんでした。

 

Tiaraのために一緒に家を出てきてくれて

Tiaraを支えてくれてた息子のことを

冗談でもバカにすることは

Tiaraには我慢できなかったのです。

 

彼はそのことにすぐに気が付いて

彼らのことをバカにすることは

2,3回でなくなりました。

 

ですが、Tiaraのことで困っている

ということを

息子たちに言っていたことが

あったようです。

 

息子たちもTiaraに対する愛情が

大きいと思いますので

Tiaraをバカにするようなことは許しませんが、

Tiaraとうまくやっていきたいのに

Tiaraの考え方などで困っている

といえば

Tiaraと彼に

うまくやっていってほしい子供たちとしては

真剣に彼の話を聞いていたことでしょう。

これ以上彼といたら

いずれは

子供たちのTiaraへの信用は

なくなっていたのかもしれません。

 

Tiaraのためを思っている人が

子供たちとの仲を壊すようなことをするはずが

ありません。

 

 

それでもTiaraは彼を信用していましたので

彼のことを子供たちに悪く言う事は

ありませんでした。

 

もちろんTiaraも彼と子供たちに

仲良くなってほしいから

していたことです。

 

ですが、このことで余計に

原因がTiaraのほうにある、

と子供たちに誤解されていたことも

あったと思われます。

 

ただ、いくら口がうまくても

ずっと一緒にいたTiaraの愛情が

彼の言葉でごまかされることは

ないので、

彼にはそこまではできなかったのでしょう。

 

あなたの相手への思いやりが強すぎると

あなたをかばっていない彼の言葉が

信用されてしまうことは

多々あります。

 

きちんと真実を見て

自分を守ることをしなくてはいけません。

 

 

あなたの愛情は

まず自分に向けてください。

 

自己愛性人格障害の被害者になるような人は

自分への思いやりが足りません。

 

普通の人にこんなことを言ったら

あなたは自分のことしか考えていない人間に

見えると思いますが、

Tiaraは、あなたが自分のことを差し置いて

周りの人のことを考える人だと

知っていますので

あなたに自分を一番に

大切にしてもらいたいのです。

 

 

自分を大切にしない人は

周りからの信用を失います。

 

 

まずは、あなたが

あなたを信じてあげることが

大切なのです。

自己愛性人格障害の人は変わったと気づくタイミングはいつ?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の波が

急に引いた合図について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

最初の印象はとてもいいと思います。

 

あなたに近づき、

困っていることがあれば助けてくれたり

いろいろとアドバイスをくれたり

とても親切だと思います。

 

あなたに愛を告白してきた場合も

あなたをこれからも大切にするお話しや

あなたに対する誠意や熱意を

一生懸命伝えてくると思います。

 

彼のあまりに誠実な態度に

あなたもいつしか

信頼をよせるようになるでしょう。

そして、

とても誠実で信頼のおける彼に対して

あなたがいつしか彼のことを

大切に思うようになるのも

そんなに時間はかからないでしょう。

 

付き合いだすと、

しばらくはとても楽しいひと時を

過ごすことになります。

 

あなたも彼と付き合って

本当に良かったと思うでしょう。

 

あなたがもうこの人と

ずっと頑張ってやっていくという決心をして

しばらくたつと

事件は突然起こります。

 

 

それはドラマに出てくるような

二人にもどうしようもできない出来事が

二人を同じ環境にいられない状態に

していきます。

 

あなたと彼はそれでも一緒にいたいからと

二人で何らかの誓いをたてます。

 

あなたも彼と一緒に幸せになるために

一緒に困難は乗り越えていこうと

固く決心をします。

 

その事件やドラマは

自己愛性人格障害の人の

性格や好みによって

それぞれにありますが、

こういったパターンで初めの幸せな時から

雲行きが怪しくなっていくのが

通常のパターンになります。

 

初めは、あなたが好印象を抱くほど

いい人で信頼のおける人物なのです。

 

あなたが心を完全に奪われてからでないと

事件がおこった段階で

あなたに逃げられてしまうので

この時の自己愛性人格障害の人は

少し感じがいいな、

という程度ではなく

あなたが自分の人生には

この人しかいない、

と思うくらい素敵です。

 

それくらいにしておかないと

これからちょこちょこ起きる事件に

あなたが、彼に

ついていけなくなってしまうからです。

 

でも初めのころは、彼も

あなたの性格が分かりませんので

少し、嫌なことを起こしてみて

あなたの様子を見ます。

 

あなたが少し嫌な顔をしたり

嫌な反応をすれば、

すぐにそれを打ち消してしまうくらい

楽しいことをしたり

あなたの気持ちをつかむようなことを

してみたりしてごまかします。

 

だから、初めのほうは、

とても素敵なのです。

 

そうやってあなたも何となく

嫌なことがあったと思っても

まあいいか、

と許してしまうようになり

その許す度合いが

だんだん大きくなっていることに

気づきません。

 

そうして何かがおかしいと

思いながらも

はっきりとわからないまま

自己愛性人格障害の人の攻撃は

だんだん強くなってきています。

 

 

そしてあなたの苦しみも

だんだん大きくなり

気づいた後には

とんでもなく大きな被害へと広がっていて

逃げるにしても

相当なリスクを背負わなければならない

状態にまで深刻化しているのです。

 

少しおかしいな、と感じたら

我慢をしないであなたがどれくらい嫌か

一度冷静になって考えてはみませんか?

モラハラ被害はひどくなると犯罪まで発展することもある

こんにちは♡

今日はモラハラと犯罪について

お話ししたいと思います。

 

毎日Tiaraのところには

たくさんのモラハラの相談が来ますが、

中には、本当にひどいものもいくつかあって

世間的には分かりませんが、

これは犯罪に限りなく近いのでは?と

思うほどのものもいくつかあります。

 

コメントをくださる方の中にも

弁護士さんの方もいて、

モラハラについての心理を

調べているといった方もみえます。

 

会社を辞めさせられたり、

暴力をふるわれたり、

お金を取られたりといった方もいて

しかも何にもしていないのに

そんなことになっていても

周りのだれからも信じてもらえて

いなかったりするのです。

 

 

これは明らかに人権侵害になると思うので

中には起訴を起こされるケースも

あるようですが、

被害者がそうしている、というふうに

見せかけられているため、

なかなか証拠を出す、ということが

難しいのです。

 

 

モラハラ専門弁護士とうたっている弁護士事務所も

中にはあるようですが、

モラハラの被害を立証するのは

本当に難しいことなのではと思うので、

もしできる弁護士さんがお見えになるのでしたら

その方は相当な腕前だと思います。

 

 

自己愛性人格障害の特徴として

脳は正常なので犯罪に手を染めることはない、とか

暴力は犯罪に当たるので

手を出すことはない、と言われていますが

密室で行われ、被害者が一切外部に漏らさない、

という自信のある場合や

これは被害者のほうが悪いので正当防衛だと認められる

といった場合は、手を出したり

犯罪に結果的に導かれることもあるようです。

 

本当にひどい被害に発展してしまった方は

これは自己愛性人格障害なのかサイコパスなのか

分からない、と思う方もいるようですが、

本当にひどい場合は犯罪まで発展していることも

あるようなのです。

 

どうして

そこまでひどい状態までに

なってしまったのかというと

自己愛性人格障害のひとは

限度なく

時間とともに、年齢とともに

どんどんひどくなりますので

あなたが許せば許すほどどんどんひどくなります。

 

 

それがエスカレートしてくると

本当に犯罪にまで発展してしまうのです。

 

それを防ぐには逃げるしかありません。

 

精神的に逃げるか、

物質的に離れるかのどちらかです。

 

あなたがこれ以上受け付けない、

と思えば、

自己愛性人格障害の被害は止まります。

 

あなたが許せば許すほど

どんどん加速していきます。

 

あなたが嫌がっているけど

「やめてね。」と言っている程度では

おさまりません。

 

あなたがこれ以上されると嫌だから

あなたのことが嫌いになる、

とわかればやめるのです。

 

たとえば嫌いになったところで

会社が同じだったりすると

嫌がらせ行為はおさまります。

 

ですが、例えば恋人で別れた後も

あなたが彼を気にしている、とわかれば

嫌がらせ行為はおさまりません。

 

嫌いになる、とは無関心になり

彼が何をしてもどうでもいい、

という状態にまでならないとおさまらないのです。

 

たとえば夫婦だったとして

暴力を振るっても

夫婦仲が悪いと思われたくなくて

世間の人には黙っていたり、

経済的な事情から別れたくない、といった場合も

ひどくなるケースがあります。

 

だから経済的な事情も

本当は自分で何とかできることは何とかして

出てこられるようにしなければ

ひどいことになる可能性はあるのです。

 

経済的な事情でなくても

浮気なども同じです。

 

結婚していても、浮気を知っていても

離婚したくないからとずっと耐えていれば

自己愛性人格障害のひとは

ずっと外部の女の人とも付き合い続けたり、

ひどい場合は人数が増えたりするのです。

 

モラハラ被害をひどくさせないためには

相手をやめさせようと思っても無理です。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分でも自分がコントロールできないのです。

 

ですから彼をやめさせるためには

自分が受け付けないようにしなければなりません。

 

浮気をしてもどうぞ!と無関心になれば、

「やめて。」と言わなくても

自分から浮気をやめるかもしれません。