自己愛性人格障害の人から離れるスピード

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人から

離れるスピードについて

お話ししたいと思います。

 

もし、あなたの彼が

自己愛性人格障害だと気付いたら

あなたはどうしますか?

 

今まで長い間

一緒にいた大好きな彼。

 

これからもずっと

一緒だと思っていた彼が

なんかおかしい。

 

そう思って

自己愛性人格障害に気づく人が

大半なのですが、

自己愛性人格障害の人は

初めのころは

あなたを強烈に惹きつけるために

魅力的なことが多いです。

 

それも普通に魅力的なだけではなく

極端に良すぎる場合が多いのです。

 

あなたと彼が出会ったきっかけは

いろいろだと思うのですが

ほとんどの場合、

出会ってあなたが

何とも思っていなかったのに

半ば強引に誘われたり、

プレゼントの嵐だったり

すごく素敵なお店に

次々と連れて行ってもらったり

素敵な旅行を計画されたりして

今まで味わったことのないような

素敵な経験をされた被害者が

多くみえます。

 

こんな素敵なやり方をされたのでは

何とも思っていなかったあなたも

だんだんと夢中になっていくのは

当たり前だと思うほど

素敵な物語になっているケースが

とても多いです。

 

 

これほど多くの体験談を聞いて

これほどいろいろなタイプの

自己愛性人格障害の人を見てきた

Tiaraが見ても

やはり引きずりこまれてしまうと思います。

 

ここ3週間ほど、自己愛対策をしずに

過ごしてきたTiaraが出した結論は

自己愛性人格障害を知っていても

自分に近づいてきたTiaraと

仲良くしたいと思って

近づいてくる自己愛性人格障害の人には

気づかないということが判明しました。

 

だからいくら自己愛性人格障害の人に

すぐに気づくようになったとは言っても

Tiaraに近づいてくる自己愛性人格障害の人は

好感度が高く

気づきにくいということが判明しました。

 

それでも1か月くらい付き合ってみると

もしかしたら?と思うようにはなるので

自己愛性人格障害の特徴を

知らない人と比べたら

やはり気づくのはとても早いです。

 

 

このブログは

自己愛性人格障害の人本人も

読まれているケースが多いので

どこまで書くかは微妙なので

実際に個別にTiara 恋愛相談室から

お申込みいただいた方にのみ

詳しくお伝えさせていただいております。

 

Tiaraに近づいてこない

自己愛性人格障害の人を見ると

すぐに分かるのですが

Tiaraと仲良くなりたいと思って

近づいてくる自己愛性人格障害の人が

多いので

少し被害に遭ってから

(このやり方はもしかして!?)

という感じで

ふいに気づくことが多いですし、

気づいてから対処しても

だんだんと攻撃を

減らしていくことはできるのですが

一番難しいのが

いったん仲良くしてしまった

自己愛性人格障害の人のほうが

少しづつ離していくのが

とても難しいです。

 

いったん仲良くなってしまった手前

離れていくとまず

本人にも気づかれることが多く

Tiaraがあまり良く思っていないことが

ばれてしまいますし

自己愛対策とはむしろ

自己愛性人格障害の人に

好かれないためのスキルなので

どうしても敵対心に

映ってしまうことも多いです。

 

 

だってただでさえ

人から拒否されることに関しては

特別極端に

恐怖心を持っている

自己愛人格障害にとって

Tiaraから避けられることは

自分がしていることが

ばれてしまっているのではないか?という

警戒心を持たれてしまう

原因になります。

 

ですが、場合によっては

この敵対心が効果的になる場合もあり

自己愛性人格障害の人が

自分がやった行為が原因で

Tiaraから嫌われてしまうかもしれない、と

ビビっていると

おとなしくなり、

威嚇行為や

惹きつけ行為をされにくくなります。

 

できるだけ早い段階で気づき、

気付いたら

自己愛性人格障害の人の威嚇行為に対して

ビビることなく、

むしろ不快感や拒否感を感じさせて

少しづつ離れていていくという

行動を起こしました。

 

そうすると自己愛性人格障害の人は

何を思うのかというと

もともと自己愛性人格障害の人は

ターゲットを自分から離れていかないような

(もしくは

自分の魅力で強烈に惹きつけておいた)

ターゲットが冷たくすることで

自分に縋り付いてくることを求めています。

 

そのうえで、もっと言うなら

その自分にすがりついてきたターゲットを

その時の自己愛性人格障害の人の都合で

優しくしたり、無視をしたり

ののしったりバカにすることで

ターゲットをまた夢中にさせたり

屈辱を味合わせたり、

卑屈にさせたり、落ち込ませることなどをし

そのターゲットを眺めることで

気分を高揚させます。

 

そんなときの自己愛性人格障害の人は

見ていてワクワクしているのが

分かります。

 

ですが、周りの人からは分からず

ただ、自己愛性人格障害の人の

機嫌がいいか

性格がいいか

事件とは無関係に見えるかのいずれかです。

 

Tiaraはそれは分かっているので

人を潰した後に気分を高揚させて

機嫌よく振舞っている

自己愛人格障害の人を見て

その人が自己愛性人格障害だということを

再認識させていきます。

 

こうすることによって

その人が

どの程度の自己愛性人格障害なのか

判断できます。

 

そしてもしあなたのそばにいる人が

自己愛性人格障害だと判断した場合は

できるだけ早めに距離を置いたほうが

被害が少なくて済みます。

 

場合により、あなたが少し我慢したり

笑って許してあげたり

共感して自己愛性人格障害の人に

同調してあげたりするほうが

その場の被害はなくて済むときもありますが

その場合は

あなたを取り巻きとみなして

どんどん自己愛性人格障害の人の

要求をのむことを

当然と思う気持ちが強くなっていきます。

 

なので自己愛性人格障害の人と

初めのうちは上手くやっていけると

思っていればいるほど

後になれば

被害は想像を超えるほど

大きくなってしまいます。

 

自己愛性人格障害の人には

できるだけ早く嫌われたほうが

悪く見えても

被害はそれで済んでいると言えるのです。

 

ですが、一番のお勧めは

自己愛性人格障害の人には

好かれも嫌われもしない

何とも思われない関係がベストです。

 

むしろ自己愛性人格障害の人と

上手くやっていたり

仲良くやっていたり

気に入られたりしているほうが

被害は膨大なものになるといえます。

 

自己愛性人格障害の人の

取り巻きになっていると思われる人は

できるだけ早く

自己愛性人格障害の人から

何とも思われない存在になるために

反応することをできるだけ早く

小さく少なくしていってください。

 

急激にやると

これも攻撃とみなされてしまう場合が

ありますので

できるだけ徐々に

距離を離していくことをお勧めします。

自己愛性人格障害の被害にあってしまったあなたが次の恋愛で幸せになるうえで気をつけたいこととは?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遭ってしまったあなたが

次の恋愛で幸せになるポイントについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人というのは

相手に寄り添いすぎる面が

あります。

 

男性に尽くす女性というのは

日本の美徳であったり、

理想の女性だと言われることが

あるのですが、

あまり自分を犠牲にしてまでも

相手に尽くしすぎると

自己愛性人格障害ではなくでも

調子に乗ってしまう男性も

多くみえます。

 

付き合いだしたばかりのころは

相手に尽くすことによって

いい子だな、と思われたり

感謝されたりということも

あるのですが、

だんだんとあなたの優しさに

無意識のうちに

甘えてしまうようになります。

 

そしてそれも時間がたち

お付き合いが

どんどん進んでしまうと

それが当たり前になってしまい

感謝すらされなくなってしまい

やっていないと逆に

「やっておいてよ!」などと

怒られたりして

あなたが大切に

扱われなくなります。

 

 

一度、自己愛性人格障害の被害に

遭ってしまった女の子は

ただでさえ

とても長い時間、無駄にしていると

思いますので

次の恋愛はできるだけ早く

いい人をつかんでほしいと

思います。

 

まず、あなたの自己肯定感が低いと

こんな自分が

付き合ってもらえるなんてと

それだけで感謝してしまい、

少しくらいひどい扱いを

受けたとしても

我慢してしまったり

彼を怒らせないように

あなたの方ばかりが努力するように

なってしまいます。

 

 

ですので、次は

彼の方もあなたのために

同じくらい寄り添ってくれているか

よく見たほうがいいと思います。

 

本来男性は、女の子に頼られると

自分がそれだけ頼りがいがあると

思われていると思い

自尊心を上げて満足する

生き物です。

 

 

もちろん自己愛性人格障害のひとも

自尊心を上げてくれる人は

好きですから

尊敬してもらったり

自分が頼りがいがある男性だと

女の子に思われていることに

関しては

とても満足するのですが

それでも、

自己愛性人格障害のひとは

そんな女の子も自分よりも上に

立ちそうになると

全力でつぶしたくなります。

 

あなたにそんな気がなくても

たとえばあなたに得意なことが

あったり

彼が好きなあなたの魅力にですら

やきもちを妬くようになります。

 

 

だからあなたが次に

男性を選ぶときは

あなたが彼を認めたり、

彼の魅力に惹かれることも

もちろん大事なのですが、

彼もあなたのことを認めてくれたり

いつまでもあなたの魅力を

喜んでくれるか

きちんと見てください。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の彼女が魅力的になるだけでも

(例えば美容院に行くとか

新しい洋服を買うなど)

やきもちを妬いて

つぶしたくなります。

 

 

Tiaraの経験で言うと

いくらTiaraがおしゃれをしても

新しい靴を買っても

「あ、新しいの買ったね!」などと

褒めてくれたことがありません。

 

彼自身もおしゃれな人だったので

そういうところに

目がいかないはずはないと

思ったので

少し変だなとは思ったのですが

恥ずかしくて言えないのかな?

などど勝手にいい方向に

考えてしまっていました。

 

ちなみに

恥ずかしくて

褒められないタイプでも

ありません。

 

映画のワンシーンのようなセリフも

さらっとさりげなく

なんの照れもなく言える人です。

 

自己愛性人格障害のひとには

こういった人が多いのですが。

 

もしくは顔を赤らめて

「可愛いね。」

と言ったりするタイプも

いるようですが

共通して言えるのは

だんだんとそういった

誉め言葉を言わなくなることです。

 

これは普通の男性と

お付き合いをしていても

付き合いが長くなると共に

あることだとは思うのですが

自己愛性人格障害のひとは

本当に全く徹底して

言わなくなるのです。

 

言うとしたら

あなたが離れていきそうだと

予感したときや

別れるまで行かないとしても

あなたの方が

少し冷めてきてしまったときに

(いわゆるマンネリ化したときなど)

いうことがありますが、

基本はディスってからかったり

何も言わなくなることが多いです。

 

普通の彼の場合、

マンネリ化して、

だんだん言わなくなったとしても

ふとした時に

「あれ?これ可愛いね!」と

ほんとにたま~に言うことは

あるのです。

 

とにかく普通の男性は

いい時も悪い時も自然です。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

気づくとどんな時も

不自然にあなたの気持ちを

不安にするような

行動や表情をするのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとと

普通の人の違いが分かるようになると

明確に違うということが

分かるのですが

これも感覚的なものなので

言葉で表現するのは

少し難しいです。

 

ですが、一度

自己愛性人格障害の被害に

遭ったあなたなら

ある程度は見分けがつくでしょう。

 

次にあなたがパートナーを

選ぶときは

あなたが彼といて

自然にふるまえるかを

常に意識してください。

 

あなたの方が彼に気を使って

前もって不安を隠したり

言いたいことが言えなかったり

なぜか彼が不自然に機嫌が

悪くなる機会が多いと

感じたときは

彼はあなたの気持ちを

大事にしていないかもしれません。

 

普通の男性は好きな子が

無意味に不安になったり

けんかになりそうになる原因を

避けようとします。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

あなたが不安になるような

要素をちらつかせ

あなたが普通でいられなくして

しまうのです。

 

自己愛性人格障害のひととは

本当に他人の気持ちは

どうでもいいので

どれだけ傷つこうが

どんだけみじめになろうが

まったく気にかけないのです。

 

むしろあなたが

みじめな気持ちになればなるほど

高揚して興奮するので

こういった男性と一緒にいることは

あなた自身を不幸にしてしまうと

自覚し

あなたの心を

大切にしてくれる人を選び

あなたのそばに置いてください。

 

あなたの気持ちを

大切にしてくれる人が

あなたがそばにいるべき

パートナーなのです。

 

優しい人ほど

自分を大切にしてくれる人を

選ばないといけないということを

頭に叩き込んでおいてください。

自己愛性人格障害のひとの言うことがころころと変わる訳とは?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

言うことがころころと変わる訳について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

息を吸うように嘘をつくと言いますが

なぜそんなことをするのでしょう?

 

そのことについて

ひもを解いていきます。

 

自己愛性人格障害のひととは

幼いころの経験により

自尊心を無くしてしまってそのことから

自分が生きている価値がないと

思い込んでいます。

 

 

そしてそのことが

世間の人にばれることを

極端に恐れている病気です。

 

そして、本当はそんなこともないのに

勝手に周りから捨てられることを

極端に恐れているので

そうならないように

あらかじめ、見せかけの自分を

とても価値のある有能な人物だと

思われるように

必死で努力を続けています。

 

そのやり方は

個々の

自己愛性人格障害のひとの

キャラクターによって違い、

尊大で立派な人物を演じる人もいれば

知的で有能なところを見せるタイプも

いますし、

いい人でとても親切な人を

演じるタイプもいれば

若くてイケメンなら

可愛くて甘え上手な面を

見せるタイプもいます。

 

そしてそうやって

人の心に上手に入り込んだ後で

都合によっては急に不機嫌な態度をとったり

昨日まで優しくしてくれている、

と思っていたのに

今日は急に無視しているかのように

あなたの存在を除外する、ということをして

不安にさせます。

 

場合によってはあなたが、

「どうしたの?」と聞くことも

あると思いますが、

「ううん。なんでもないよ?」と

あなたの勘違いかのように

思わせてくるときもあります。

 

実は、自己愛性人格障害のひとは

そういったことを故意にしながら

あなたの様子を見て

あなたがそういった理不尽なことを

耐えるタイプの人か

ということを判断していきます。

 

 

そしてあなたの方も

そういうことをされると

次に彼が

不機嫌な態度をとったりするときがあっても

もしかしたらまた勘違いなのかな?

と思ってしまい

彼の態度に不安になりながらも

我慢してしまったりして

だんだんに

あなたを操作しやすくしていきます。

 

そうやってあなたは

彼の都合のいいように

彼のご機嫌を取るように

調教されていくのです。

 

普通の人は

わざわざそんなことをすることなく

普通に生きているので

自己愛性人格障害のひとが

日常的にそんなことをしているとは

なかなか気づくことはありません。

 

そして自己愛性人格障害のひとは

そうやって毎日、

何かを人よりもできるようになるために

必死で努力しづつけているので

自己愛性人格障害のひとのほうが

極めて何か特別な能力を

持っていることも多いです。

 

人間とは不思議なもので

その心の奥底にどんな思いがあろうと

必死で努力をし続けて

尊大な魅力を魅せつけていることから

それがたとえ嘘だとしても

本当のことのように見せていくことによって

本当にできるようになってしまうことも

あるのです。

 

 

そして、自己愛性人格障害のひとは

常にそうやって

自分に都合のいいことだけを考えて

それに合わせて言うことを

ころころ変えるので

本当の自分というものがありません。

 

常に人から見て立派に見えることだけ

いい人に見えることだけを軸にして

周りを固めてくので

本当の気持ちというものがないのです。

たとえば上司もの味方をしていたほうが

その上司に良く思ってもらえると

判断したときは

たとえ部下のほうが正しいことを

言っていたとしても

上司の味方をします。

 

ところが

その上司がひどいことをしている、と

評判が立ってきた瞬間に

自分も実はそう思っていた、

とコロッと態度を変えるのです。

だから周りの人は

全然気づくことがありません。

 

やはりあの人は優しい人だから

正しい判断ができていたんだな、と

自己愛性人格障害のひとを

悪く思うことがないのです。

 

ですが、そこに

自己愛性人格障害のひとの

本当の思いというものはなく

ただ、自分が

いい人に思われることだけです。

 

だから自己愛性人格障害のひとは

評判が落ちることがないのです。

 

たとえば恋愛に関しても

今まで付き合ってきた人に

ターゲットとして

自分のいら立ちを彼女にぶつけたり

優しくして

彼女から絶大な信用を得ているときは

満足していますが

自分の彼女よりもきれいな子や有能な人物、

その他、この人についていたほうが

有利になる、

と判断した場合は

簡単に乗り換えることができます。

 

ですが、その瞬間

ひどい人呼ばわりされてしまうことに

なってしまうと

また平気な顔をして

元の彼女のほうがいいと思っていたが

その人から迫られて仕方なく

優しさから、あるいは同情心から、など

いろいろな理由をつけて

自分がいい人だったからこそ

その人の面倒を見てしまった、

などと言ったりします。

 

元の彼女に戻ることがありますが

ただどちらが都合が良かったのかを

見ているだけです。

 

 

そういった理由から

結婚しないと後に引けない、

という場合には

結婚することもありますが

それも本当にその人と結婚したい、

と思ってしているわけではなく

そのほうが都合がいいから

結婚しているだけなのです。

 

ですが、口では

「もちろん初めから

彼女と結婚するつもりだったよ」

などというので

本当のことが分からないのです。

自己愛性人格障害とは

自分の都合次第で平気で

真逆のことを言い出すので

まったく信用ができないのです。

 

自己愛性人格障害のひとを

信じてしまった人は

本当に不幸で

その不幸の原因でさえ

あなたのほうに原因があると

されてしまうのです。

 

Tiaraはいろいろな人の

相談を受けているので

いろいろなパターンを聞いていますが

自己愛性人格障害のひとの考え方は

本当に面白く

パターン化されているので

自己愛性人格障害の被害に遭った人は

ほとんど自己愛性人格障害のひとのやり方が

最終的には分かってしまい

彼が自己愛性人格障害だと気付くのです。

 

このように自分の都合によって

言うことがころころと変わる

自己愛性人格障害のひとを信じてしまうと

かなり長い時間を無駄にしてしまうので

気づいた時点からあまりかかわるのを

やめるようにしましょう。

 

 

自己愛性人格障害の被害から逃れるためには

自己愛性人格障害のひとと距離をとることが

あなたの心を守る最大の解決法なのです。

 

 

自己愛瀬人格障害のひとは

治ることがありません。

 

彼を治すよりも

あなたの周りの人間関係を

きちんと選べるようになることが

自己愛性人格障害から

あなたを守るための

最大の解決法になるのです。

自己愛性人格障害のひとは自分を守るために何の罪もない相手を犠牲にする

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとの

自分を守るために

人を犠牲にする無関心力について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人

というのは

自分軸よりも他人軸で動く人が多いです。

 

自分の気持ちが少々乗らなくても

相手が乗り気なら

自分の気持ちを100%隠して

「行きたいね!」などと

合わせてしまうことのほうが多いし

それで自分が嫌な気持ちになることも

ありません。

相手が喜んでくれることが一番なので

初めは乗り気じゃなかったとしても

相手が楽しむところを見ていることにより

いつの間にか自分まで

楽しくなってきたりします。

 

ですので

Tiaraはそれが悪いことだとは

まったく思っていませんでした。

 

だって結果的に自分も楽しめてしまうし

恋人同士なら

それで仲良くなることも多いので

特なことしかありません。

 

Tiaraもこの性格のおかげで

小さいころから友達と仲良くなったり

友達の輪が広がることも

多かったと思います。

 

ですが、相手が自己愛性人格障害だった場合

この性格は

とてもひどい目に遭ってしまうことに

なってしまうのです。

 

そもそも自己愛性人格障害のひとは

自分の話しか興味がないのですが

他人軸で動く人というのは

それがまったく嫌ではありません。

 

むしろ自己愛性人格障害のひとの

魅力的な面を見て

惹きこまれてしまうことが多いのです。

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼も

頭脳明晰でクールに

どんなことでも瞬時にこなしてしまうので

その鮮やかな立ち振る舞いを見るだけでも

とても尊敬できましたし

とても楽しい思いをしていました。

 

自己愛性人格障害のひとにとっては

尊大な魅力が充分に認められるので

とても満足すると思います。

 

これが自己愛性人格障害のひとと

自分のことはほとんど持っていなくて

他人軸で動く人とくっつきやすくなる

特徴の1つでもあります。

 

そして

尊大な自分の魅力を

魅せつけることができるので

あなたが

周りの人の前で尊敬の態度を

見せますので

こういった人をなかなか離さなくなります。

 

 

結果として付き合いが

とても長くなってしまうのですが

そして相手をののしるときも

何もなくてももっともらしく話をするので

とてもこじつけには見えません。

 

 

あなたが分かってくれないからだよ?

とか

俺の気持ちがわかってないんだね?

と言われてしまうと

突然何の前触れもなしに

機嫌が悪くなってしまう彼に

あなたが気づいていなかったから

彼を怒らせてしまったのではないかと

自分を責めてしまうので

まったく気づかないし、

なんの意味もなく無視をしたり

機嫌が悪くなったりしても

正当化されてしまいます。

 

 

周りの人だけでなく

あなた本人まで

自分が何か悪いことをしたのではないか?

と思ってしまうのです。

 

自分軸で動く人は

自分が何もしていないのに

相手の人が機嫌が悪くなったり

急に無視をしたりしても

自分が悪いとは思いません。

 

明確な納得できる理由もないのに

勝手に反省したりしないので

口に出すか出さないかは別として

自己愛性人格障害のひとに

不信感を持つのです。

 

もちろん納得できる理由が分かれば

反省もするし彼に対して謝ったりすることも

あると思うのですが、

理不尽な目に遭えば

不信感をいだきますので

自ら、自己愛人格障害のひとと

距離を置くと思いますので

彼から別れ話を出されたとしても

納得して別れてしまうかもしれませんので

自分からごめんなさいと謝ったり

むやみにすがりついたりしません。

 

しかも自己愛性人格障害のひとも

こういった人には

嫌がらせをすることができませんので

自分軸で動いている人には

自己愛性人格障害の

被害に遭うことはないのです。

 

他人軸で動いてしまう人は

自分に何の心当たりがないとしても

あの時の自分の態度が

いけなかったのではないか?とか

彼の気持ちを無視するような行動を

知らない間に

起こしてしまっていたのではないか

とやってもいないことを反省したりするので

どれだけ被害に遭っても分からず

自分からごめんなさいと謝ってしまったり

無視をされていても

すがりついてしまったり

してしまいます。

 

だから自己愛性人格障害のひとも

自分が責められることがないので

好都合なのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭わないためには

まずは自分軸で考えてみる

癖をつけるといいでしょう。

 

そして自分がなにかをした

心当たりがあるときには

きちんと相手の立場に立って

考えることができるようにすると

きちんとどちらのせいかを

明白にすることができ

ごまかされてやってもいない

罪を背負うことがなくなるのです。

 

やったほうが

「どちらのせいか、

明白にする必要がない。」

という時には

寛大なふりをして

自分の罪をごまかしていることがあるので

よく気をつけて

相手を見るようにしましょう。

自己愛性人格障害の被害者にならないために


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遭ってしまった方が

自分の危機管理能力の低さ

についてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい女性の特徴として

危機管理能力に欠けるというもの

があります。

 

あなたは相手に寄り添うことで

自分を認めてもらおうとしますが

自己愛性人格障害のひとは

そんなあなたの性質を利用します。

 

自分に自信がないので

相手のために努力することで

相手に認めてもらおうとするのです。

 

寛大で優しい、という面もありますが、

自分が嫌だという気持ちや

自分が大事にされていないという部分には

当たり前のように流してしまう部分が

あるのです。

 

簡単に受け流してくれるため

自己愛性人格障害のひとは

本当は大変臆病で

人から悪く思われることに

ひどく敏感なのですが、

あなたには安心して、

ひどいことをすることができるのです。

 

大切にされている女性は

もっと自分の意見を言います。

 

自分の気持ちを

無視されるような扱いを受けた場合には

怒ったり

その人のことを信用しなくなります。

 

自分をもっと大切にしているので

ひどい扱いを受けたり、

理不尽なことを言われたりした場合には

簡単に受け流したりしないのです。

 

彼を怒らせないように

自分の気持ちを言わないで

我慢してしまうと

あなたの気持ちを

だんだんとあまり

考えないようになってしまうのですね。

 

あなたが考えているのとはむしろ

逆なのです。

 

自分の気持ちを大事にしない人は

他の人からも大事にされません。

 

傷ついているのに

受け流して許してしまったり

そのまま流してしまったり

するような人は

自分のことが大事にできて

いないんですよね。

 

自分のことを大切にできる人は

人からバカにされたり、

軽くあしらわれたときに

相手の人を簡単に許したりはしません。

 

それで相手の人が怒ったとしても

それはそれでいいのです。

 

あなたのことを大切にしてくれない人は

あなたのそばにおいてはいけないのです。

 

人間関係は自分の周りにいる人で決まると

言われています。

 

あなたのまわりに、

あなたのことを大切にしない人を置くと

毎日が不幸になってしまうのです。

 

悩んでいたり、

自己愛性人格障害のひとに

言われることを気にして

自分の思うように行動できないでいると、

あなたの脳にも負担がかかり

あなたのパフォーマンスまで落ちて

効率が悪くなります。

 

とはいえ、職場や学校など

人間関係を選べないときもありますよね?

 

そんなときは心の中で

スルー出来る無関心力を身につけましょう。

 

無関心力はあなたのメンタルを

安定させるだけではなく

あなたの邪魔をする余分なところに

あなたの心を無駄に使うことなく

効率が上がるのです。

 

自己愛性人格障害のような

人の邪魔をして喜ぶ人間は

ある一定数、

必ず存在すると言われていますので

いつまでも逃げられる、というわけでは

ありません。

 

まじめな人ほど

そういった人をスルー出来ず

自分の中にその原因があると思い込み

自責の念にかられてしまうのですが

実は、あなたに問題があるわけではなく

相手の心に問題があったのです。

 

しかも自己愛性人格障害のひとは

自分に原因があると思わないので

すべてをあなたのせいにしてきます。

 

それをすべてまともに受けてしまっては

あなたはできることまでできなくなって

しまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたの恋人でもあなたの邪魔をしてきますから

自分のせいだと不安になり

苦しむあなたを見て

高揚しているのです。

 

そんなことに

いちいち付き合っていられるほど

あなたの人生は暇ではありません。

 

人を潰して高揚感を得る、

そんな無駄な人たちのために

あなたの時間をさいていいては

あなたの人生がもったいないのです。

 

Tiaraは少しの時間の無駄も

したくもありません。

 

ましてや、大好きな彼でさえそうだったのに

まったくの赤の他人である

自己愛性人格障害の自尊心を持ち上げる

高揚感のために

少しでも付き合っているのが

もったいないのです。

 

あなたは自分が悪いと思っていますが、

そうではありません。

 

自己愛性人格障害のひとから離れるだけで

あなたの人生はとても楽になり、

あなたの能力が生かされて

イキイキと生きられるのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

周りにいなくなるだけで

無駄なことに悩まずに済み

いろいろなことが簡単に前に

進みだすのです。

 

自分を大事にする人は、

自分の邪魔をするような人は

相手にしないので

自己愛性人格障害のひとも

反応してくれない人には

攻撃してもつまらなくなるので

あなたに攻撃しようとも

思わなくなるのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

自分を大切にしていません。

 

相手のためだと行動するうちに、

あなたの邪魔をされていることにも

気づきもせず、

失敗するのは

自分のせいだと思い込みますが

そうではないのです。

 

あなたがあなたらしく生きるためには

恋人だけでなく世間にいる

自己愛性人格障害のひとを見抜いて

心の中でスルーして

あなたの人生を生きてください。

 

あなたのまわりにいる

普通の人だけと交流していると

不思議と(これが普通なのですが)

トラブルなんて

全く起きなくなるのです。

自己愛性人格障害のひとはびっくりするほど自分が周りからどう見られているかを気にしている


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとが

好む相手の姿について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

びっくりするほど

人のことを気にしています。

 

こちらが何ともおもっていなくても

すごいところや寛大なところを

一生懸命演じているので

やたらと声が大きく

不自然なほど周りの人に

聞こえたりしていることもあります。

 

反対に

人を責め立てたり、

こき下ろしたりするようなときは

驚くほど声が小さく

隣にいても何かを話しているのは

分かるのですが、

何を言っているのか

全く聞こえないときもあります。

 

かと思うと

周りの人にも聞こえるようにののしり

その人がいかに失敗しているかを

周りの人に聞かせるように

怒っているときもあります。

 

これは、自己愛性人格障害のひとの

都合により

声の出し方が、とても器用に調整可能です。

 

自分をどう見せたいか

その時の

自己愛性人格障害のひとの都合により

いくらでも変えることができます。

 

これによって

いい人だと思われたまま

他人を追い詰めることもできますし

直接会話を交わさなくても

なんとなく、あの人はいい人だなと

周りに印象付けることもできるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

本当にすごい能力を持っていて

しかも、本人は自分が周りから

どう見られているかを

普通の人が予想もつかないほど

随時、考え続けているのです。

 

自己愛性人格障害のひとの行動は

とても面白いです。

 

 

本当に興味を惹かれるのですが

ほとんどの人が

そんなことをしているとは

まったく気づいていないのです。

 

気づくと、本当に

めんどくさいことをしているな

と思いますし、

それに気づくと

どんなに優しくされても気を使われても

ああ、今は良く思われたいんだね、

としか思いません。

 

逆に責められたり、呆れられたりしても

今はショックを受けさせたり

不安にさせたりしたいんだなと

思うだけで

自己愛性人格障害のひとが

今何を考えてその行動に出ているか

手に取るように分かってしまうのです。

 

 

そんな自己愛性人格障害のひとを尊敬したり

ショックを受けたりしている人を見ると

真に受けなくてもいいのに

と思ってしまいます。

 

ですが、Tiaraもこれに気づくまでは

ショックを受けたり

すごいな、と思ってしまって

自己愛性人格障害のひとのことを

普通の人よりもすごい人だ、

と思っていたのです。

 

本当のことが見えていなくて

外堀だけに

一喜一憂していたんですね。。

 

 

普通の人と会話をしていると

何も起こりません。

 

トラブルもおきませんし、

気を使うこともありませんし、

けんかをすることもありますが

きちんと話し合ったり

相手の気持ちが分かるようになれば

また普通に友達として

話したり楽しんだり

真剣に悩みを打ち明けたり

相手の気持ちに寄り添って

感謝してもらえたりすることができて

人間らしくのびのびと

生きることができるのです。

 

もし、あなたのまわりに

あなたのせいではなく

なぜかトラブルばかり起きて

悩んでいるのだとしたら

あなたの周りの人を

良く観察してみてください。

 

あなたのそばに

自己愛性人格障害のひとがいたり

しませんか?

 

 

あなたのそばに

自己愛性人格障害のひとがいれば

あなたは、仕事ができるように

なりませんし、

あなたには本当の友達が

できにくくなってしまいます。

 

たとえ、本当の友達だと

思える人ができたとしても

いつの間にか、

あなたには身に覚えのないことで

信用を失ったり、

うまくいかなくなってしまったり

してしまいます。

 

もし、あなたのそばに

自己愛性人格障害のひとがいたとしても

自己愛性人格障害のひとが

あなたに全く興味を示さない場合は

比較的、生きるのが自由にできます。

 

ですが、

自己愛性人格障害のひとに好かれたり

嫌われたり、

ライバル心を持たれたりしている場合は

ことごとくあなたが弱い人間に見えるように

あなたに信頼がないように

周りからのあなたの見え方を

コントロールされてしまいます。

 

それは、

あなたを独り占めするためだったり

あなたにほかに友達や

恋人ができないように

防御されてしまうのです。

 

なぜ、そんなことを

わざわざするのかというと

自己愛性人格障害のひとは

非常に臆病で

あなたを潰しておかなければ

自分がつぶされるかもしれないと

ありもしないことで恐怖心を

極端にいだいてしまっているからなのです。

 

普通の人はそんなことわざわざしません。

 

だってすごくめんどくさいし

そもそもそんなことをしようとも

思いつきもしないからです。

 

自己愛性人格障害については

各書籍が何冊も出ていますし、

精神科のお医者様の間でも

医者でさえも

最も嫌がる病気として有名です。

 

 

普通の人からは、

あまり知られていない病気の部分で

本当はそんなことをしなくても

誰も自己愛性人格障害のひとのことを

蹴落としたり、

つぶしたりすることはないのです。

 

それでも自尊心がまったくない

自己愛性人格障害のひとは

ありもしないことで

勝手に恐怖心を持ってしまっているのです。

 

誰かを潰すことで

その人よりも自分のほうが上だと

常に認識していなければ

怖くて生きていけない病気なのです。

 

幼いころに、育った環境で

そうなってしまった自己愛性人格障害のひとに

そんなことはしないからやめてと

話しても理解できないので

攻撃と尊大な自分を見せつけることを

やめられずにいます。

 

 

自己愛性人格障害のひと本人も

それをやめることができないのです。

 

だから、自己愛性人格障害のひとから

攻撃されたり、

取り囲まれたりしないためには

あまり目立たず、何の魅力もない、

と思われるのが一番です。

 

 

自己愛性人格障害のひとよりも

魅力的に見えたり、活躍しそうに見えると

自己愛性人格障害のひとは

自分よりもあなたが

目立ってしまうことを恐れて

前もってあなたを潰しにかかります。

 

だから、自己愛性人格障害のひとには

何とも思われないのが一番なのです。

 

Tiaraは自己愛性人格障害のひとを見ていて

それがやめることができないことが

手に取るように分かります。

 

だから腹も立たないし、

怯えることもないのです。

 

ですが、普通の人には

自己愛性人格障害という

病気を持った人のことが分からないので

関わっていると

本当に失敗している、と思われるようになったり

本当に悪いことをした、と思われてしまい

周りの人からだんだん誤解されるように

なってしまいますので

自己愛性人格障害のひとがいた場合は

Tiaraはすぐに逃げます。

 

逃げ足だけはめちゃめちゃ早くなりました。

 

だから、こんなにも

自己愛性人格障害のひとのことが

手に取るように分かるようになったのに

一緒にいては危ないと思うのです。

 

今では、Tiaraの自己愛性人格障害の元彼が

元彼本人よりも

心の中が分かってしまいます。

 

でも、だからこそ、

近づくことができないのです。

 

Tiaraはただ、自己愛性人格障害のひとが

誰も傷つけないように

幸せになれる方法を見つけてほしいと

願っています。

真剣に自己愛性人格障害のことで悩んでいる人達へ

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

止められない行為について

お話ししたいと思います。

 

先日はサイトがなくなってしまい

大変ご迷惑をおかけしました。

 

復旧を願いたくさんのラインをいただき

ありがとうございました。

 

久しぶりに大量に届きましたので

順番に返信いたしておりますので

まだ返信が来ていない方は

もうしばらくお待ちください。

 

たまに、勘違いをされる方がいるのですが、

Tiaraのサイトは

自己愛性人格障害のひとを

批判するものではありません。

 

批判はむしろ、

自己愛性人格障害のひとのほうが

何もしていない被害者に

しているくらいなのですが、

そういった事実も含めて

こちらのサイトでは、

自己愛性人格障害のひとを

批判するものでもなく

また被害者の方が

我慢するためのものでもありません。

 

本当は、被害者も加害者も

どちらも助けたいと思っているのです。

 

Tiaraが最初に気づいた

自己愛性人格障害のひとは

今まで付き合った中で

一番頼れると思っていた

Tiaraの大好きな元彼でした。

 

どうしても彼の不可解な気持ちを

知りたいと思い、

出てくるとは思わずに

「大好きな彼、

何度も何度も別れを言う、なぜ?」という

3つのキーワードから検索されたブログは、

今でもあるかはわかりませんが

「ゆうこさん」

というモラハラ旦那さんを持つ人の

ブログからでした。

なにからなにまでもが彼に当てはまり、

彼のような人は

めったにいないと思うほど

個性的で知的な彼に

そっくりな人たちが

たくさんいたことに

とても驚きを覚えました。

 

彼自身、いつも

「唯一無似の存在になりたい」と

言っていたので

彼にはぴったりの言葉だと思っていました。

 

それが、自分の都合のいいように

ころころと意見を変えられる

近くにいる人は大切な人でも

見下して馬鹿にする、

ということで

自分の優越感に浸っていないと

不安で仕方がない

本当の自分のない人だと知ったときは

あまりにも真逆な印象にとても驚きましたが

そのブログを読み進めていくうちに

彼のすべての行動に納得がいったのでした。

 

それでも目の前にいる彼が

素敵なことには変わりがなくて

これが、本当に都合よく物語や小説を

コピーしただけの中身のない人?

と思うほどとても個性的でセンスが良く、

とても弁が立ち

多少、神経質なところがあるのも

頭が良いせいで、いろいろなところに

気が回りすぎてしまっているからだと

思っていました。

 

ですが、やはり、

どれだけ熱いことを言っていても

とても信頼できることを言っていても

何かある出来事があると、

もしくは大した出来事も起きていないのに

あれほど、熱烈にプロポーズをした後、

「早くTiaraの家具を

うちに持っておいでよ。」とせかされても

なぜか、なんとなく怖く、

Tiaraは小さな衣装ケースを少しだけ

持っていただけでした。

 

なぜか彼の話はいつも

途中でなくなることに

気づいていたからです。

 

「今度はもう絶対にないよ。」と

とても真剣に目を見つめられ、

そこには少しの嘘のかけらもないように

見えますが、

Tiaraが喜べば喜ぶほど

後から来るショックの大きさには

もう気づいていたので

心の中では(今度こそ本当に

もう大丈夫だよね?)と確信しながらも

やはり意味のない、

無視や怒りは出てくるようになり

(ほらね、やっぱり)と思いかけてきたころ

また不意に普通に

「今日は一緒に帰ろっか?」

と優しく話しかけてきたり。。

 

以前はうれしかった言葉も

そのころには

(え?また?)という感じでした。

 

もうね、分かるよ。

彼はどんなに熱烈にプロポーズをしても

「あなたをもう絶対に離したりはしない!」

と言って涙を流しても、

あっけなくいなくなったり

あなたの性格に問題があるから

やっていけない!とか言い出します。

 

Tiaraは彼ほど素敵に愛されたことなんて

なかったけど

他の誰にもそんなことは

言われたことはありません。

 

Tiaraが付き合った彼は

別れてもみんな、普通にあったら

話せる人たちばかりです。

 

別れ方にもよる、なんて言ってたけど

自己愛性人格障害の彼との関係が

一番穏やかで何も修羅場を

経験していません。

 

修羅場どころか、普通なら

けんかになるような出来事も

起きてはいません。

 

本当に一緒にいるときは

いつも穏やかな空気が流れているのです。

 

それなのに、彼が怒りだすのは突然だし、

理不尽だし、

意味が分からないのです。

 

 

普通のひととの恋愛は

どんなに意見が食い違っても

もっとひどい修羅場があっても

自己愛性人格障害の彼のように

意味の分からないケンカなんてありません。

 

こういったことから

自己愛性人格障害のひとが

自分が立派に見えるためだけに

行動しているということが

肌で感じ取るようによくわかったのです。

 

 

彼の言っていることを信じたら

自分がバカを見る、

そんな思いも出始めていました。

 

それでも目の前にいる彼は

とても紳士的で仕事ができ、

周りの人たちとも穏やかに談笑をし、

男のひとからもかっこいい、

と憧れられているような素敵な人でも

ふいにいなくなったり、

途中でどうしても抜けられない用事が

できたりするんです。

 

彼の部屋に家具なんて運んだら、

何かのタイミングにふいに怒られて

「もううんざりだ、出ていってくれ!」なんて

家具を外に出すところなんて

容易に想像できる、

どんなに素敵でも、

今度こそ大丈夫だと思っても

絶対に幻だったみたいに

きえてなくなってしまうのです。

 

そこからほかのブログや

自己愛性人格障害の本などを

とにかく読みあさりました。

 

カウンセラー養成スクールにも通い

自己愛性人格障害のひとの心理を

何とか分かりたくて

ギリギリまでお勉強しました。

 

それはもちろん彼のことが

好きだったからです。

 

批判や誹謗中傷をしたい人は傷ついてしまい、

何も自分でできない人の八つ当たりです。

 

Tiaraは自分で何とかしたいのです。

 

でも、どれだけ本を読みあさっても

心理カウンセラーのひとの話を聞いても

どれだけ調べても

自己愛性人格障害のひとは

そのような脳に育ってきてしまっているので

「治る」という理屈がそもそもが、

もともと持っていないので

できないのです。

 

だから、せめて被害者のひとだけでも

助けたくて立ち上げたサイトです。

 

自己愛性人格障害のひとは

限度なく、人を潰してしまうから

逃げないと本当に怖いからなのです。

全国の自己愛性人格障害の

被害者を1人でも助けたいからです。

 

もちろん今でも

自己愛性人格障害だからと言って

その人たちが嫌いなわけではありません。

 

ですが、このブログで

自己愛性人格障害の人たちのことを

誹謗中傷している

と思っている人は、

そういったことが理解できていません。

 

今のところ、Tiaraのサイトに

自分で悩んでアクセスしてきた人は

そういった人はいませんが、

誰かから人づてに聞いて

興味本位で来た人になど

分かるはずがありません。

 

そういった人は

今すぐに離ブログしてください。

 

ここに集まる人たちは、

本当に自己愛性人格障害のひとと

(彼や旦那様)

仲良くやっていきたい人や

自己愛性人格障害の被害から

本当にのがれたいひとだけが

集まってくるのです。

 

だからみんなで気持ちを分け合えます。

 

中には自己愛性人格障害のひと本人からも

コメントをいただくのですが、

本当に自己愛性人格障害のことで

悩んでいる人たちしか

集まってきていないのです。

 

Tiaraもこちらのサイトを

趣味でやっているわけではなく

きちんとお金をかけてサーバー代を払い

ドメインを取得して

googleの審査に合格して

サイトを立ち上げています。

 

きちんとお金をかけて勉強をして

何か月も勉強をして

このサイトを運営しています。

 

遊び半分のただ、批判したい人に

毎日被害者のひとを心から救うために

何時間もかけて書いているブログを

読んでほしくはありません。

 

このサイトは被害者を救うために

あるのです。

 

自己愛性人格障害のひとも

このサイトを読んで

自分の症状に気づくそうですが、

それを治すことはとても難しいです。

 

それでも治したい、

とTiaraにコメントをくれる

真剣に悩んでいる人たちなのです。

 

中には自分でどうしても治したいからと

長年治療に取り組んでおられる方も

少数ですがおられますし、

自分で気付いたから治したい、

という方もお見えになります。

 

ですが、幼いころの生い立ちで

どうしてもそういった考えが

育ってしまったので

我慢することはとても辛く、

どうしても自己愛の部分が

出てきてしまうそうです。

 

それが分かったときは

とても悲しかったですが、

でも、だったらせめて

自己愛性人格障害のひとが

どうしても、自分が一番にならないと

不安なので

どうしても先に潰してしまう被害者だけでも

助けたい、と思ったのです。

 

それが分からない人は

自分で検索してこのサイトに来ません。

 

このサイトは

自己愛性人格障害に

真剣に悩んでいる人を支えるためだけの

ブログなのです。

自己愛性人格障害のひとのひとを追い込むパワーは相当なもの


こんばんは♡

昨日は、

サイトがネット上から消えてしまい

たくさんの読者の方から

サイトが見られないとのお知らせをいただき

まことにご迷惑をおかけしました。

 

Tiara 公式LINE@の

ご登録の読者様には

サイトが見られなくなっている旨を

お知らせすることができましたが

登録いただいていない読者様には

サイトが見られないことで

大変ご心配をおかけしましたことを

お詫びいたします。

 

無事、復帰できましたので

ほっとしているところですが

今後はこのようなことがないよう

努めてまいりたいと思います。

 

さて今日は、自己愛性人格障害の

パワーは相当なものということについて

お話ししたいと思います。

 

今回サイトが見られなくなったことで

過去の恋愛相談室ご利用のお客様や

久しぶりにラインをいただいたお客様と

お話しすることができ、大変懐かしい思いや

うれしかった面もありました。

 

ほとんどの相談者様が

もう自己愛性人格障害の彼から

すっかり離れて

元気になっている方のほうが

多いのですが、

ごく1部ですが、過去のこととはいえ

いまだに傷の癒えない方や

まだ自己愛性人格障害の彼と

お付き合いをされている方も

本当にごく少数お見えになりました。

自己愛性人格障害とは

一時は良くなったように見えるものですが

長い目で見ると

必ずまた以前よりも

ひどいことになっていくのが普通です。

 

ごくまれにもう以前のような

理不尽な別れや

浮気、ののしりや存在否定などは

なくなったという方が見えるのですが

本当に幸せになる例はごくまれで

その場合、その彼は

自己愛性人格障害ではなかった可能性が

高いと思われます。

 

Tiaraのサイトをご覧になっているあなたは

勘違いで彼を

自己愛性人格障害だと判断することは

まずないと思いますので

また豹変する可能性を

心の中に準備として

常に持っておいたほうが

いいと思います。

 

 

ほとんどの方の相談は幸せな時も

豹変するときも

自己愛性人格障害の

特徴を思わせるものばかりですので

本当に信じ切ってしまうと

あなた自身がとても辛くなってしまいます。

 

 

自己愛性人格障害とは

もしその彼が本当に

自己愛性人格障害だった場合、

治るということはほとんどありませんので

心の準備が必要となります。

 

とはいえ、あなたの大好きな彼ですので

Tiaraの言葉だけをうのみにして

大切な彼と前もって別れてしまうことは

あなたもできないと思いますので

平和なうちはそのまま

平和に過ごしていても大丈夫だと思います。

 

 

ですが次の豹変したときには

おそらくあなたも

彼が自己愛性人格障害だということに

確実に納得することができると思いますので

その時は納得できずに別れるよりは

気持ちがすっきりすると思います。

 

だからあなたが彼といたいと思う時は

彼と一緒にいることしかできないでしょう。

 

誰かに言われたからと言って

そんな簡単に離れられるはずがありません。

 

特に自己愛性人格障害のひとは

粘着質が非常に強いので

普通の淡白な男のひとよりは

信じられてしまうのも

無理はないと思います。

 

変な話ですが、

普通の淡白な男のひとといるよりも

自己愛性人格障害のひとと

一緒にいるほうが

ドキドキしてしまうのです。

 

ですが、それは危険な毒の香りがしますので

いつでも離れられる心の準備をしておかないと

あなたが相当きつい思いをするでしょう。

自己愛性人格障害の彼と

一緒にいるときのドキドキは

ドーパミン効果

 

 

自己愛性人格障害の

彼と一緒にいるときの

ドキドキの理由を説明します。

 

自己愛性人格障害のひとは

態度が突然豹変しますよね?

 

あなたも自己愛性人格障害の彼と

長年いっしょにいるのでしたら

分かると思うのですが、

さっきまで笑っていたかと思うと

急に冷たい無表情になったり

怒っているのかな?と思うと

急に笑顔で話しかけてきたりして

びっくりすることがあります。

 

これが、自己愛性人格障害の

大きな特徴なのですが

本人は無意識にあなたを混乱させたり

脅したりすることで

マインドコントロールしようと

しているだけなので

本当に怒ったり機嫌が悪いわけでは

ないこともあります。

 

これが普通のひとにはない感情なので

普通のひとは

自己愛性人格障害のひとに

違和感を覚えたり

なんとなく怖いと感じたりするのです。

 

人は正体不明なものに

恐怖心をいだくものですが、

自己愛性人格障害のひとは

普通のひとにはない感情をいだくので

普通の人から見たら

正体不明でなんとなく恐怖心を

いだくのです。

 

そしてなんとなく彼のことを

怖いと感じるのに

急に優しくされたり

親切にされたりすると

ほっとする気持ちと同時に

自己愛性人格障害のひとに

興味がわいたり気持ちいいとか

心地よいと感じてしまうのです。

 

これを交互に繰り返されることによって

あなたの脳の中からは

ドーパミンが大量に分泌されてしまうので

自己愛性人格障害のひとから

なかなか離れられなくなる

原因になってしまうのです。

 

そしてこのドーパミン効果を

上手く使って

あなたをコントロールすることが

可能になるのが

自己愛性人格障害のひとですが

それによってあなたは

自分が不快だと感じる感情も

辛いと感じる感情も

同時にドーパミンが分泌されてしまい

非常に危険な状態となるのです。

 

あなた自身がそれを麻薬のように欲してしまい

本当は辛くても悲しくても

何も言えなくなり

あなたは我慢するのが当たり前で

彼はどんどん自由になっていくのです。

 

 

そして自己愛性人格障害のひとは

相手を眺めることで

満足して高揚感を感じますので

あなたが彼から離れられなくなった

彼から捨てられると

一番つらい状況になるまで

あなたを離したりしません。

 

そしてあなたが

彼から離れられないくらい

彼の依存症になったときに

一番あなたがショックを受ける形で

あなたを捨てるのです。

 

だから自己愛性人格障害の被害者は

何年も苦しみ、その間は

自己愛性人格障害のひとの

ことばかりを考えてしまうので

あなたの可能性も才能も

全部潰してしまいます。

 

自己愛性人格障害の彼に

捨てられたあなたは

その時にはもう自分で自分の面倒を

見ることさえできなくなっているのです。

 

 

ここまで想像して

自己愛性人格障害の彼と付き合い

それでも何もなかった時は

彼はおそらく

自己愛性人格障害ではなかったのでしょう。

 

ですが、

もし彼が自己愛性人格障害だった場合

治ることはほとんどなく

しかも歳をとるごとに

ひどくなっていきますので

若い時よりもどんどん相手を

追い込んでしまいます。

 

自己愛性人格障害のひとに

追い込まれると本当に苦しいので

もし、追い込まれて苦しいと

感じ始めた場合は

できるだけ全速力で

逃げる方法を考えておいたほうが

良いのかもしれません。

自己愛性人格障害の彼があなたを本気で愛しているように見えるポイント


こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の彼が

あなたを本気で愛しているかどうかを

見分けるポイントについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼は

自分の魅力を最大限にあなたに見せる能力に

長けています。

 

本当は

自分が素敵に見えることしか

考えていないのに

あなたから見たら

これほど自分のことを

愛してくれる人はいない、

と感じてしまう特徴が

自己愛性人格障害のひとは

たくさん持っています。

 

たとえば、

自己愛性人格障害のひとの特徴として

たくさんのプレゼントをくれる、

というものがありますが

どこかに遊びに行った時の

小さなお土産をはじめ

人の心をつかむ特徴が

その中にもあふれています。

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼は

とてもセンスが良く

プレゼントを吟味する姿にも

愛情がいっぱい溢れているように

感じました。

 

 

誕生日やクリスマスなど、

その何か月も前から

その人が気に入りそうなもの、

もしくは自分が素敵だと思うものをリサーチし

プレゼントを渡すときにも

このプレゼントを選ぶときに

どんなにTiaraのことを思って考えたか、

伝えてくれます。

 

 

Tiaraには子供もいましたので

子供たちが気に入りそうなものを

選んでいるときは

Tiaraも一緒にいることも多かったですし、

Tiaraに

「ねえ、次の彼の誕生日には

こんなものをプレゼントしようと思うんだけど

どうだい?」なんて言われてしまうと

バツイチのTiaraは

とてもうれしくて

胸がいっぱいになってしまいました。

 

TiaraだけでなくTiaraの家族にも

こんなにも大切に思ってくれている

そう思ってとても幸せを感じていました。

 

Tiaraはバツイチで

年齢もそれなりにいっていますし

彼が初めての彼、というわけでもないので

それなりに経験は積んでいると思います。

 

そんなTiaraを信用させるには

そんなに簡単なことでは

なかったのかもしれません。

 

だからこそ、ちょっと大げさなほど

愛をアピールしていたので

逆に自己愛性人格障害の悪い特徴が出にくく

完全に信用してしまったのかもしれません。

 

歳もTiaraのほうが上ですし、

バツイチシングルの女にとって

騙されることほど

馬鹿らしいものはありませんので

簡単に飛びつくわけはありません。

 

だからこそ、騙されない自信があったので

Tiaraに近づいてくる男のひとは

警戒してみていたのですが

彼には疑う余地がみじんもなかったです。

 

時々される無視や、

機嫌が悪くなることはすべて

理由があるように言われていましたし、

Tiaraのほうが気が利かなかったり、

彼はとても品がいいので

Tiaraにとっては普通のことでも

怒らせてしまったのかな?と思わせるほどの

落ち着きと人の好さをにじませていたので

彼に対して怒ることはまったくなかったです。

 

たまに会社で見せる

ほかのひとに対するディスりや

突然の怒りも

「あいつは納期が決まっているのに

まだやっていないから悪いんだ。」

なんて言われてしまうと

ちょっときついけど

仕事に対して真剣だからこそ

怒ってしまうんだなと思っただけで

怒ることそのものが、

不自然だと思ったことはなかったです。

 

そうやってすべてのものに

きちんと納得できる理由をつけてしまうのが

ものすごくうまいので

全然分からなかったです。

 

彼が激化して

明らかに言っていたことと

違うことをしだしたときに

はじめて強い違和感を感じただけで

それまでは、

もちろんちょこちょこ違和感はありましたが

「ごめんよ!あの時はどうかしていたんだ。

実はこんなことがあって。。。。」

なんて全力で謝られてしまうと

あまりに不自然な怒りでさえも

人間そんなときもあるよな、

と納得してしまうことばかりです。

 

ただ、今考えても

明らかに不自然だったことは

あんなにもTiaraのことを

好きだと言っていたのに

Tiaraの好きなことや

やりたいことの話は

全然聞かなかったことです。

 

もちろんTiaraが勝手に

「こんなことが好きなの。」とか

「こんなことが得意なの。」と

言ったことはありましたが

それに関してはいっさい深く聞こうとせず、

話をそらして

自分の話にもっていってしまうところが

やはり自己愛性人格障害の特徴だったと

思います。

 

本当に好きなら

その子がどんなことに興味を持ち

どんなことをするのが好きなのか

知りたいと思うのが

自然だとは思いませんか?

 

ところが

自己愛性人格障害のひとは

相手のことが好きなわけではなく

自分が人に好かれることや

興味を持たれることのみにしか

興味がないのです。

 

Tiaraを選んだ理由も

自分の思い通りになりそうだと

思ったからで

Tiaraに興味があったわけでは

なかったのです。

 

Tiaraと付き合ったほかの彼氏はみんな

Tiaraの得意なことは見たがりましたし、

Tiaraが好きだといったことは

一緒にやってみたいと

Tiaraと気持ちを

共有しようとしたところがありました。

 

もちろんTiaraも

自分の大好きな彼のことには

興味津々なので

彼が聞くといった音楽や趣味、

好きなことに関しては

自己愛性人格障害の彼だけでなく

今まで付き合ってきた人

すべてのひとの魅力を

Tiaraが一番良く知っていると自負します。

 

人と付き合うことの楽しさの1つは

その人の魅力を知りたい、

と思うことにあると思います。

 

だからこの人はどんな人なのかな、とか

この人はどんなことが好きなのかなと

興味を持ち

それを1つ1つ知っていくことが

恋愛の1つの楽しみだと思っていました。

 

もちろんその人たちにも

Tiara以外にも彼女はいたと思いますので

その人たちのことも

知りたいと思ったでしょうし

共通の時間を二人で楽しんできたと思います。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

自分の魅力や特技を見せることは

イキイキとしますが

相手のことは特に聞きたがらないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分から好きになった人の魅力やと特技にでも

一緒にいる時間が長くなり

付き合いが深くなると

強い嫉妬の気持ちを持って

つぶしたくなります。

 

今もいろんな

自己愛性人格障害のひとを見ますが

みんな自分の特技については

得意になって話しますが

人の得意なことや魅力を見ると

急に黙ったり、不機嫌そうな態度になったり

興味なさそうに下を向いたり

どこかに行ってしまったりします。

 

そんな様子を見てTiaraは

ああ、人のことを認められないんだな、

この人はもしかしたら

自己愛性人格障害なのかもしれない、

とどうしても疑ってしまうのです。

 

自分の話の時はいいのですが

人の話に切り替わると

急に不機嫌になるのですぐに分かります。

 

Tiaraはもし今度お付き合いをする人が

できるとしたら

人の魅力を認められる人を

好きになりたいです。

 

そんな人なら

Tiaraの魅力を見ようとしてくれますし

Tiaraもその人を応援しても

応援のしがいがあり、

楽しく一緒に過ごすことができると思います。

 

 

自己愛性人格障害の元彼も

まさかそんなことがあるとは

思いませんでしたので

確かにTiaraの得意なことは

一切しませんでしたが

彼の魅力を見ているだけでも楽しかったので

彼が自己愛性人格障害だと気付くまでは

本当に楽しく過ごしてきたと思います。

 

だから自己愛性人格障害の彼と

付き合ったことが

すべて無駄だとは思いませんし、

そんな彼と付き合ったからこそ、

世の中にはそんな考えを持つ人々が

ある一定数はいて

そういった人とは

気をつけて付き合わなければいけないことも

知りました。

 

ついでに

今までうまくいかなかった理由までわかり

すっきりとしています。

 

ですが、やはり

自己愛性人格障害のひとは怖いので

彼らを刺激しないように

できるだけ近づかないようにしています。

 

そのおかげで

自分が今までできなかった

潰されてしまっていた出来事を

邪魔されないように用心しながら

守ることができます。

 

今度は邪魔をする人がいるので

自分の情報を見せる人と

見せない人を使い分けることで

とても楽に生きているのです。

 

昔は根性を出して無理なことに時間を費やし

全力で臨んだ後

簡単につぶされて悔しい思いをしたことも

今では、無駄なこともすべて分かるので

そこに力は費やすことなく

全力で逃げています。

 

Tiaraは

自己愛性人格障害のひとに潰されながら

再スタートを繰り返し

またつぶされて再スタートをして潰され

この年になっても何もできていません。

 

 

だから今後の人生は

少しも無駄にしたくないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとに潰されていなければ

今頃もっといろんなことができていたと

思います。

 

現に周りに

自己愛性人格障害のひとのいない環境では

物事がスムーズに進み、

自分が前進していくのが

肌で感じられます。

 

いい友達だと思っていた人の中にも

自己愛性人格障害のひとがいて

今までこっそり潰されていたことも知り

今でそういった友達とも

付き合わないようにしています。

 

 

Tiaraのことを本当に思ってくれて

Tiaraのことを

応援してくれる人たちとだけ交流することは

とても気持ちがいいですし、

疑う余地がありません。

 

Tiaraも安心して

その人たちに愛情を

全力で向けることができます。

 

あなたが感じたちょっとした違和感を

ちょっと立ち止まってよく考えてみると

その人があなたにとって

本当に大切な人なのか分かると思います。

 

あなたが相手を大切にしている分

きちんとあなたもその人から

大切に扱われてしますか?

 

そこを見逃してしまうと

あなたのしてきたことが

無駄になってしまうかもしれません。

 

人生は案外短くて早いですよ?

 

せっかく生まれてきたのに何もできないと

後から後悔することになりますよ?

自己愛性人格障害のひとの行動を見ればある程度、今はなにがしたいのかが判断できる


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

相手に情報を極力与えないが

相手の持っている情報は

無邪気に聞き出すことができる

ということについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたに情報を与えるとき

自分があなたにそれを本当にしてほしい時は

本当に分かりやすく丁寧に教えてくれます。

 

 

だから、今のTiaraは

自己愛性人格障害のひとが

のような話をするときは

Tiaraにこれをやってほしいんだなと

理解することができます。

 

 

反対に自己愛性人格障害のひとが

あなたに情報を隠すときは

あなたを不安にしたいか

もしくはあなたの知らないところで

あなたが不利になるように

動いているときです。

 

だから、自己愛性人格障害のひとの

言っていることが

あまりにも端的だったりして

分かりにくい時は少し警戒したほうがいいです。

 

何かあなたの知らないところで

あなたの不利になるような動きをしているか

またはあなたを混乱させて失敗をさせようと

故意に働いているときです。

 

こんな時のアドバイスとして

自己愛性人格障害のひとから話を聞かず

(どうせきちんとした情報は与えてくれませんから)

自己愛性人格障害のひと以外に

人にこっそりと聞いたほうが

あなたのためになります。

 

また、あなたが

ほかの人に聞いていることを

自己愛性人格障害のひとに知られてしまうと

あなたに教えないように

周りの人に働きかけたりしてしまいますから

あなたはできるだけ自分の動きを

自己愛性人格障害のひとに

知られないほうがいいのです。

 

周りの人にまで働きかけられてしまうと

周囲の人までが

自己愛性人格障害のひとに

都合よく動くようになり

あなたがその場で生きにくくなりますから

できるだけあなたの要領が良いところは

自己愛性人格障害のひとに

知られないほうがいいのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

まっすぐで正直な人が多いですから

こそこそ動くことがそもそも嫌いです。

ですが、相手が自己愛性人格障害だった場合

あなたの動きは完全に封じ込めてしまうまで

徹底的にやるので

絶対に勝てないのです。

 

Tiaraも自己愛性人格障害という病気が

あることを知るまでは

こそこそすることが嫌いでしたから

人と話すときも自分は

間違ったことをしていないと思っていると

ほかのひとにその話を聞かれること

嫌ではありませんでしたし、

自分の行動はむしろ周りの人からも

分かりやすく動いていたほうだと思います。

 

自分を信じてもらおうと

彼には自分の行動は逐一話し

嘘をつかずその通りに行動をして

終わったら必ず彼に連絡を入れていました。

 

まさか彼がそんな病気だとは知らなかったので

Tiaraはきちんとなんでも話していれば

彼もTiaraには何でも話してくれている

と思い込んで

彼のことを完全に信じていたのです。

 

ですが、彼はなんでも報告してくれる方でしたが

彼の言った場所に彼がいたことはありませんでした。

 

彼はTiaraの行動を知っていますから

不安になったり、疑ったりされたことはありません。

 

ですが、Tiaraは彼がなぜ

彼の言った場所にいなかったのか

ずっと疑問に思っていました。

 

ですが、それは、たまたま用があって

出かけたところだったのだ、

と毎回思うようにしていました。

 

 

ですが、後から考えてみると

おかしいことがいっぱいあったのです。

 

 

今でも、彼以外の自己愛性人格障害のひとを

多く見ますが

彼らは不思議と

普段の行動はとても信頼ができます。

 

普通のひとよりも落ち着いていて

弁が立ち、何でもきちんと

話しているように見えますし

たまに冷たい態度や

突然イライラしだすところを

見ることありますが

普段は周りのひととも

温和によくコミニュケーションをとっていて

自己愛性人格障害という病気を知らなかったら

普通にいい人だと思っていたかもしれません。

 

イライラすることも

普通のひとにもよくあることなので

常識の範囲内だと思うでしょう。

 

ただ、Tiaraの今の職場は

初めのマウンティング行為を

Tiaraに見せてしまったので

早くに自己愛性人格障害だと気付くことができ、

Tiaraが警戒してあまりなつかないようにしていたり

近くで誰かが説教を

されているところを見たりしても

びくびくしたりせずに

堂々としてさりげなく席を外すので

Tiaraがだんだんターゲットの対象から外れてきたため

いい人を演じる時間が増えたので

今では自己愛性人格障害のいい面が出ているので

とてもよく周りの人と穏やかに

談笑しているところを見かけます。

 

 

自己愛性人格障害の元彼の

そういった行動もよく見ていたので

彼らと重なり、自己愛性人格障害だということが

とてもよくわかります。

 

Tiaraは自己愛性人格障害を知らなかったので

そんな穏やかな彼を誇らしく思っていましたし

こんな落ち着いた大人な彼についていけば

大丈夫、と

今まで感じたことのないほどの安心感を

自己愛性人格障害の彼に感じていました。

 

そのあと態度が

正反対になっていくということも知らずに。

 

それが、自己愛性人格障害の彼と一緒にいて

幸せだった理由です。

とても信じられる人でした。

 

Tiaraとうまくいかなくなることも

彼のせいではなく

彼の優しさから周りの人のことも

ほっておかないだけ

Tiaraは彼の彼女なんだから

私が分かってあげなきゃ、と

わがままを言ったことは一切ありません。

 

それでも彼が否定してきた利したときも

自分のせいでは?と思っていましたし

彼は純粋だから些細なことでも

傷ついたりするんだ、と

割れ物に触るように気を使い、

結果的に嫌なことも嫌だと

言えないようになっていきました。

 

それでも、ある日、

さすがにこれはおかしい、と思うほど

常識では考えられないようなことをするのです。

 

 

そうなったときは

どんなに優しく近づいてきたとしても

それはもう、あなたは

彼のターゲットになった証拠ですから

分かってくれた、

ともとに戻らないほうがいいでしょう。

 

どんなに穏やかに見えても

よく見ていれば不自然なことが多いことに

あなたも気づくようになるのです。

 

そうなってから彼に戻ると

今度は抜け出せないほどの

ひどいモラハラが待っています。

 

 

あなたは被害者でありながら

加害者にされてしまうのです。

 

 

その時のショックは

相当大きなものになると思いますので

気づいた時点で

少しづつ彼とは心の距離をとるようになり

自己愛性人格障害だから仕方がないと

納得できるようになると

あなたが無駄に傷つくことを

避けることができるのです。

 

 

あなたは傷つけば傷つくほど

うざくなり落ちぶれていきます。

 

常識では考えられないことが次々に起きて

理不尽な態度をとられているのに

あなたがだんだん

わかってもらいにくくなるのです。

 

 

その答えはそんなにひどいことを

恋人にする人がいるはずない、という

社会の間違った常識のせいです。

 

自己愛性人格障害なんている症状があることを

知っている人は少ないのです。

 

あなたが必要以上に

人に分かってもらいたくなってしまうのは

必要以上に理不尽に愛する人から

刃をむけられるためです。

 

せめて誰かに

分かってもらうことができればと

あなたは周りの人に理解されることを

必要以上に求めるように

なってしまうのです。

 

 

あなたのことを

本当に思ってくれる人が

そばにいる自信さえあれば

あなたの心は周りの人に

分かってもらいたいなんて思う必要もなく

安定するのです。

 

 

あなたのことを

本当に大切にしてくれる人が

そばにいるとき

あなたはそんなに

人に分かってもらうことを求めないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分でも何をしているか

よくわかっていません。

 

ただ、何でもいいから

とことん周りにいる人を

自分よりも下に落としていないと

気が済まないのです。

 

ただ、それだけのひとに

あなたがなる必要はありません。

 

 

そしてあなたは

自己愛性人格障害のひとから離れるだけで

自己愛性人格障害のひとも

あなたに攻撃をしたいなんて

まったく思わなくなるのです。