自己愛性人格障害の人が恐ろしく優しくなる時の理由は?




こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

おそろしく優しくなる時があることの

理由について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

自分が人よりも上だと思っているときは

気分が盛り上がっています。

 

今、この瞬間

相手の人をディスったり、

こばかにしたりできる状況の時は

ご機嫌な傾向が強く、

穏やかに笑いながらいうときがよくあります。

 

その光景を側から見ていますと

冗談っぽく聞こえて

深刻味はあまり感じませんので

周りを笑わせるために言っている

ブラックジョークのように聞こえると思います。

 

ですが、そのとき自己愛性人格障害の人は

その人よりも

自分の方が上に立っているような気分になっていて

一瞬ですが、

気分良く過ごせています。

 

また、自己愛性人格障害の人に

悩み事を打ち明けると

わりと親身になって答えてくれたり

考えてくれているように見えるのですが、

自己愛性人格障害の人は人の弱みを見ることが

何よりも大好物なので

とても満足して話を聞いているだけなのです。

 

そんな時の自己愛性人格障害の人は

おそろしく優しいので

あなたはとても気持ちよく話を聞いてもらって

いい人だなと感じてしまうかもしれません。

 

自己愛性人格障害の人が

悩みを深刻に聞いてくれている時は

その人がどんなに惨めな思いをしているのかに

興味を持っているだけなので

あなたをなんとかしてあげようと

解決するつもりで

話をきいているわけではないのですが

その態度にあなたはとても満足するはずです。

 

こんなにも真剣に考えてくれている、と

自己愛性人格障害の人に

絶大な信頼感を持ってしまうかもしれません。

 

ところが、自己愛性人格障害の人は

常に人の弱みを探していますので

自分から聞き出す事なく、

あなたの方から一生懸命に話してくれているので

疑われる事なく

あなたの弱みを聞き出すことに成功しているので

とても気分がいいのです。

 

その後も「そーいえばあれからどうなった?」

と聞かれることがあるかもしれません。

 

そんな時、この前親身になってきいてくれたからと

あなたの方から一生懸命話してしまうと

あなたが自分にたいして信頼感を持ってくれていると

あなたに関しては

安心して接すると同時に

あなたの欠点を探ることができるので

とても好都合なのです。

 

自己愛性人格障害の人は

常に人から嫌われる恐怖にさらされていますので

安心できる存在をどうしても探してしまいます。

 

そんな中あなたが自己愛性人格障害の人に

自分の悩みを相談することによって

自己愛性人格障害の人との

上下関係ができてしまいます。

 

ここで注意したいのが、

自己愛性人格障害の人は自尊心が全くないことから

世間に鼻つまみ者として放り出されてしまうことに

(本当はそんなことはないのに)

異常な恐怖心を抱いていますので

お腹の中に常に爆発しそうな怒りと不安を

常に持ち続けています。

 

ですが、世間の人たちを信用していないので

その怒りを出して

自分が嫌われてしまうことに

初めから強い恐怖心を持ち続けています。

 

ですが、この人になら

自分のイライラした気持ちをぶつけても

許してくれると踏んだ相手には

機会があるごとに

相手を責めることで

自分の中の怒りを安心してぶつけることができます。

 

あなたが

自己愛性人格障害の人に悩みを打ち明けるということは

あなたが相手を信頼しているとバレてしまうので

自分のことを信頼してくれる相手には

自己愛性人格障害の人は

安心して怒りをぶつけることが

できてしまいますから

あなたは怒りをぶつける対象になってしまいます。

 

あなたの悩みを

親身になって聞く自己愛性人格障害の人に

心を許してはいけません。

 

あなたが自己愛性人格障害の人に

悩みを打ち明けることで

自己愛性人格障害の人は

あなたから信頼されているという安心感を持ちます。

 

あなたの弱みを握ることもできているので

自己愛性人格障害の人の好きなタイミングで

あなたの悩みを

一番言ってはいけない人にいう事もするでしょう。

 

 

自己愛性人格障害の人は

周りの人間関係を壊すこともとても好きですし、

人間関係が壊れてひとりになった人を

好む傾向があるのです。

 

だってひとりになって仲間がいない人は

いくら潰しても分かりにくいですし、

自己愛性人格障害の人がひどいことをしても

それを他人に漏らされる心配も無いのです。

 

だから、自己愛性人格障害の人は

自分のことを好きな人の人間関係を

知らず知らずのうちに破壊していきます。

 

悪い評判を立てたり

あなたが一番言われたく無いことを

一番知られたく無い人に伝えたりするのです。

 

だから自己愛性人格障害の人に

悩みを打ち明けてはいけません。

 

相談するときは

相手が自己愛性人格障害では

無いのかを

確認した上で相談したほうがいいでしょう。

 

 

もし万が一、自己愛性人格障害の人に

相談を持ちかけてしまうと

あなたをターゲットとして

認識してしまう可能性が非常に高くなります。

 

自己愛性人格障害の人には信頼されないほうが

自己愛性人格障害の人は

あなたをもっと丁寧に扱ってくれます。

 

だってあなたがどんな人間か分からないと

あなたがどんな反撃をしてくるか分からないので

あなたの存在が恐ろしく

そう思っている間はあなたに嫌われないように

あなたには親切にすると思います。

 

自己愛性人格障害の人は

普通の人とまったく違う感覚を持っていますので

自己愛性人格障害の人が穏やかに過ごせているときは

何が彼を穏やかにしているのか考える必要があります。

 

普通の人は、穏やかに過ごせているときは

何も問題がないのですが、

自己愛性人格障害の人は穏やかに見せることで

自分はこんなにいい人間なんだ、と

見せかけるている場合もあります。

 

誰かを下にするために

1人を省いて周りの人と

穏やかに談笑する場合もあります。

 

この場合は被害者に

自分が1人だけ入れてもらえていないことに

気づいてもらわないと何にもならないので

長時間、しつこいくらいに

話をやめないことがほとんどです。

 

だから、ちょっと不自然なくらい

話が長いという傾向にあります。

 

一人の時も

誰かと仲がいい、ということを

見せかけていなければならない心情に駆られますので、

わざわざ用もないのに電話をして

ずっと話をしている場合も多くみられます。

 

周りの人と談笑する、とか

だれかと長時間電話をする、という行為は

普通の人の場合はなんでも無い行為なのですが、

自己愛性人格障害の場合は、

嫌がらせの一環だと考えられます。

 

このことに気づいていない人が多いので

まさか嫌がらせをしているなんて

気づかない人がほとんどですし、

なんなら被害者ですら気づかないことが多いのです。

 

だけど何かのきっかけで

自分の話は聞いてもらえない、だとか

他の人の話にはすぐに反応するのに

自分の話には反応しないと気づくようになり、

一旦気付くと嫌な気持ちになります。

 

これは長期間やり続けることで気づくことなので

被害者以外や、またはその場を少し通りかかったくらいでは

気づかない人の方が多いです。

 

被害者自身が自分で気づくまでやり続けるし、

被害者が人にかまってもらいたい願望が強い人になると

より短い期間で気づくことになります。

 

あと自己愛性人格障害の人がこれを嫌がらせに使うのは

自己愛性人格障害の人本人が

自分以外のひとが

自分を省いて仲良くしているところが許せないので

他の人も嫌がっているのではないかと

考えているせいではないかと思います。

 

試す方法が1つあって

自己愛性人格障害の人は

自分以外の人がチヤホヤされていたり

ほめられていたり、

自分以外の人たちが盛り上がって話をしていると

耐えられなくなってすぐにどこかに行ってしまいます。

 

Tiaraはこの光景を見て

あ、やはりこの人は

自己愛性人格障害だなと確信することが

とても多いです。

 

自己愛性人格障害の特徴に気付くと

自己愛性人格障害はとても分かりやすいのです。

 

普通の人は周りの人が盛り上がっていると

一緒に楽しもうとしたり

自分も居心地が良くなったりするのですが、

自己愛性人格障害の人は違うのです。

 

自分1人だけが目立たないと気が済まないし、

自分1人だけが特別扱いされていないと

満足できないのです。

 

自分以外の人が褒められていたり、

盛り上がっていたりすると

その場では何も言わないことが多いのですが、

知らない間に

その人が盛り上がっていた人たちの間で評判を落とし、

その人が今後はその輪に入れないように

気づかないように動いているので

すぐに分かります。

 

次の機会には仲が良かったグループに

なんとなく入れなくなっているので

自己愛性人格障害の人が

陰で動いていたと仮定することができるのです。

 

自己愛性人格障害の人が

その場にいないときは

何も起きません。

 

ずっと変わらず、

仲の良いグループは仲がいいままですし

うまく行っているところが

なんの原因もなしに雰囲気が悪くなることは

あり得ません。

 

 

例え問題が起きたとしても

しばらくしたら解決していることがほとんどですし、

自己愛性人格障害の人のいないところでは

不可解な出来事は何も起こらないのです。

 

今までいなかった場所に

新しく自己愛性人格障害の人が来たときはてきめんで

今までは何もトラブルが起きていなかったのに

トラブルばかりが起きるようになるので

その人の行動を観察してみてください。

 

症状のひどい自己愛性人格障害ほど

初めの頃の印象は好印象なことが多いので

気をつけて接するようにしてください。

 

その人が、自己愛性人格障害だった場合、

以上にあげた出来事が起こってくるので

できるだけ反応を減らし、

早急に周りにも対処をしたほうが

被害が少なくて済むでしょう。



自己愛性人格障害の人は自分のために人を潰しても平気


こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人は

人を潰しながら社会的に生き残る、

というお話をしていきたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人を見ていますと

自分がしていた悪いことがばれそうになると

急に大人しくなり、自分を

ぐっとおさえているところを目にします。

 

モラハラが加速していき、

周りの人間関係を壊したりして

周りの人にも

あの人は何かおかしいのではないか、

と思われ始めてきたことがわかると

それがバレないように息を潜めます。

 

Tiara自身、大好きな彼が

自己愛性人格障害だったことに気づいてから

あの優しさや面白いところ、

知的で紳士的なところ

TiaraやTiaraの子供達にまで

尽くしてくれていると思えたことまでもがすべて

Tiaraのためではなく

自分をよく見せるために

必死でしていたことだと理解しました。

 

それがわかった時

ショックもとても大きかったですが、

自分をよく見せるために

必死でしている努力があんなにも

周りから見たらいい人に見える、

ということがよく理解できました。

 

優しさや親切、

そして才能や有能さまでもが

人のためではなく、

すべて周りの人に

信頼してもらうためにしているだけの人が

いることに気づいたのです。

 

そして

そうやっていい人に見せることで得た信頼を

ある特定の人にだけ

裏切ることで相手にショックを与え

自分の方が上だと高揚し

それを止めることができない精神状態だと知った時

とても恐ろしいと感じました。

 

そのたった一人以外から見たら

その人は本当にいい人で

被害者が言っても信じてもらえない事態に落ち入る

ということがとても恐ろしかったのです。

 

何も知らずについてきた人を

潰し、そして潰したことに対して

何の罪悪感も持たず、

その人が悪いと責めるだけでなく

周りの人からも

その人が価値のない存在だと

思われるように毎日の言動や表情、

態度で少しづつ少しづつ思わせていくのです。

そして気づかない間に1人になってしまったその人を

味方のいない状態にしてしまってから

潰すのです。

 

なぜそんな事をするのかというと

その人の自尊心を潰すことで

周りの人から

自己愛性人格障害の人のしていることが

分からないようにして

被害者が自ら辛くなり

潰れていくところを見ていたいのです。

 

でも言い換えるとそれは精神的なダメージで

そのことに気づきさえすれば

表面上は何もされていないのです。

 

要するにそこは

とても大きな思い込みの世界です。

 

自己愛性人格障害の人にも

どうしてもそう行動してしまうので

やめろと言ってもやめることはできません。

 

自己愛性人格障害の人も

ない恐怖に勝手にさらされて

勝手に必死で相手に勝たないと

自分が潰されてしまうと思い込んでいるので

悪気があるわけではなく、

むしろ恐怖心から虚勢をはり

自分の方が上だと常に見せつけていないと

安心できないのです。

 

どうしたら良いのでしょうか?

という質問をよく受けるのですが、

自己愛性人格障害の人は変えることができないので

あなた自身が変わるのです。

 

相手は変えることはできませんが、

あなたの考え方はあなた自身が

変えることは可能なのです。

 

どう変えるのかというと

人に認めて貰いたいという気持ちが強ければ強いほど

辛くなります。

 

愛されたい、とおもえば思うほど

辛くなるのです。

 

自己愛性人格障害の人の考え方に気づいてから

Tiaraはずっと1人です。

 

厳密にいえば

友達がいて家族がいますが、

家族といえどもTiaraには旦那さんはいなく

愛する子供たちだけです。

 

子供たちももう自立しており、

基本的には母親がいなくても平気です。

 

その上で勝手にこちらが

愛しているだけのことで

いつも基本的に行動はバラバラです。

 

友達もいますが、

今は滅多に会う事がなく

たまたま

この前懐かしい旧友から連絡をもらい、

久しぶりに3人で会いましたが、

そんなのはなくても

別に平気です。

2人はとてもいい子達で

たまたま2人とも

今時珍しい子沢山で

1人は子供4人、1人は5人子供がいて

2人とも旦那さんがいます。

 

途中で「旦那さんのどこが好き?」

なんて話が出ましたが、

Tiara的には

へえ、なんか乙女チックな話をし出した

と思っただけで

なぜかその感覚が懐かしい感じもしました。

 

2人とも幸せそうで何よりですが、

1人の子は10歳くらい年下の旦那さんで

4人の子供たちは前の旦那さんの子供で

今の旦那さんの子供が1人です。

 

彼女の前の旦那さんもモラハラだったそうで

そんなに詳しく聴いたわけではありませんが

なんとなくtiaraにはその子の様子が

とてもよくわかりました。

 

今のかなり年下の旦那さんは

本当に優しくいい旦那さんのようです。

 

久しぶりにランチをして

その後美味しいケーキのお店にもいきましたが

気持ちの上ではいつも1人で

1人の方が気楽で自由です。

 

たまに誘われれば

そうやって友達にも会いますが

普段は特に友達が

恋しいということもありません。

 

昔のTiaraでは考えられないくらいです。

 

自己愛性人格障害の人は

人を自分のために利用しようと思って

近づいてきます。

 

この友達はそんなことは一切無く

本当に珍しいほどいい子達ですが、

友達がいると楽しいからとか

淋しさを分かち合える、とか、

お互いの近況が気になってどうしてるかな?と思ったり

顔を見て話したい、という気持ちで会う約束をしますが

Tiaraにはその感覚はほとんどなくなりました。

 

でもいい人と近づいてはいけない人がわかるので

こうやって普通になんの抵抗もなく

会える友達がいることは

とても恵まれているなあと思ったので

会うことにしました。

 

 

友達関係とは本来

その人のことが好きだとか

寂しさを紛らわしたり何かを一緒に楽しんだり、

一緒に成長していきたいという気持ちを持って

相手と会うものだと思います。

 

そういう気持ちは

厳密にいえば

自分が楽しむために人を利用する、といえば

そうなのかもしれませんが

それで傷つく人はいないでしょう。

 

普通はお互いにそうなのですから。

 

昔、自己愛性人格障害の元彼が

こんな事を言っていました。

 

「誰だって自分のためにしていることだ。

例えば友達関係だって親切にするけれど

人に親切にしたことで

自分をよく思ってもらいたい、だとか

自分がよくしたから今度は

友達によくしてもらえると考えるものだ。

 

その人のために何かをしてあげたい、という気持ちも

その人の笑顔を見ることで

自分が幸せな気持ちになるためなのだから

厳密に言えばそれも自分のためだよ。

そういう意味では

誰でも人を利用している

ということになるよ?」

 

でもその時はそれは違うと思っていました。

 

Tiaraは本当に自分の好きな人に

幸せになってもらいたかったのです。

 

それがTiaraといることで

幸せを感じてくれるのなら

こんなにも幸せなことはないと感じていましたし、

実際に自分が相手のために役に立っている、

と感じることで

満足感も得ていたのです。

 

でも彼は少し違っていました。

 

彼は本当に自分が何かを与えたり、

優しくすることで、相手が幸せな気持ちになることで

本当に満足しているのでしたら

嫌がらせなんてするはずはありません。

 

彼は自己愛性人格障害だったので、

自分の考え方にある日疑問を持って

でも誰だって自分のために人を利用する、

自分がおかしいわけじゃないんだ!

と思いたかったのかもしれません。

 

その時はお互いの思いのそのニュアンスが

少し違うことにあまり気づいてはいませんでした。

 

今、周りの人を見ていても

話をしていても

本当には自己愛性人格障害の人が

なんのためにそんなことをするのか

厳密には気づいていない人がほとんどです。

 

昔のTiaraが気づかずに

いつかわかってくれる、いつか喧嘩をしなくなる

いつかお互いの考えがわかるようになり、

本当にわかりあうことができるようになる、

と思っていたことは

どんなに努力しても叶うことではなかったのです。

 

自分が被害にあってようやく気づくのです。

 

自分が被害に遭っていない人は

どんなに被害者が真実を訴えたとしても分からず、

必ず被害者の方にも原因がある、と思ったり、

被害者が単に悪く考え過ぎだ

と思ってしまうことがほとんどです。

 

だから周りの人に相談してしまうと

あなたがわるく思われてしまうのです。

 

だからもし被害に遭いそうになったら

できるだけ早く周りの人にいうことです。

 

そうでなければ言わないほうがマシだった

ということになってもおかしくありません。

 

いう時は、冷静に判断できると思える人だけに

言って、もし信じてもらえなくても仕方がない、

ということを覚悟した上で言ったほうがいいでしょう。

 

あとあなたの大好きな彼が

自己愛性人格障害だったとしたら

分かり合えることはもう諦めて

距離をおいたほうがいいでしょう。

 

わかってもらいたい、という気持ちを

自己愛性人格障害の人に持ったとしても

自己愛性人格障害の人は変わることがないのです。

 

だったらあなたは、

もう彼に自分のことをわかってもらうことをやめて

あなたのことをわかってくれる人と

一緒にいたほうが

あなたも嬉しい気持ちになると思います。

 

動かない相手を動かそうとして

悲しい思いをすることをやめないと

あなたの心に強いストレスがかかり続けます。

 

あなたにはあなたの考えというものがあるし、

それを他人にわかってもらう必要はないでしょう。

 

ですが、それは全員ではなく

ある一部の人は

あなたの熱烈なファンになってくれるかもしれません。

 

そんなあなたのファンが現れるまでは

わざわざ探すようなことをするのは困難ですし、

ましてや絶対にあなたを賛同しない相手を

変えようとすることはもっと難しいと思います。

 

それならあなたの考えを隠して

あなたの思いを潰されるチャンスを

自己愛性人格障害の人に与えることなく

あなたが自由に行動したほうが

間違いなくあなたは気持ちよく過ごせます。

 

どこにでもいる自己愛性人格障害の人を

一所懸命に見てわかってもらおうとするのではなく

自己愛性人格障害の人を避けまくって

あなたがのびのびと過ごせる環境を

少しづつ掴んでいくのです。

 

それは1個所からすべて与えられるわけではなく、

お金はここから、愛情はここから

知識はここから、友情や気晴らしはここからと

あちこちから分散していただきましょう。

 

例えば職場環境が悪い人は

ここからはお金をいただいている、と

人間関係を諦めて、仕事にだけ淡々と向き合うことで

自己愛性人格障害の人からの

ストレスを減らすことができます。

 

ですが、職場だけですと

いい人間関係がないので

別で友達に会う、とか恋人を作る、

ということをしたほうがいいでしょう。

 

今はサブスクの時代ですので

Net FlixやAmazon primeなどで

娯楽は24時間見られますし、

習い事や趣味で出会いは

いくらでも見つけられます。

 

友達はいろいろな人とお付き合いをするより

本当に信頼できる友達が2.3人いれば

十分かなと思います。

 

手を広げ過ぎて

嫌な人間関係でも

無理矢理付き合っている人たちも大勢いますが

今はそんなのはナンセンスです。

 

フォロワーは何万人もいなくてもいいでしょう。

 

職場の人間関係に悩む人も大勢いますが、

そもそも、職場とは

気のあったもの同士が集まったわけではなく

みんなビジネスという名のプロジェクトに

各専門家がバラバラに集まった集団なので

自己愛性人格障害の人が紛れ込んでいる可能性も高く

その人たちと無理矢理に仲良くする必要はありません。

 

仕事のことだけを淡々とこなしていたほうが

自己愛性人格障害の人にターゲットにも

されにくいです。

 

人間関係もいいほうが

仕事にハリが出る事も間違いはありませんが、

全ての長所を1箇所から集めることの方が

遥かに難しいので

それならそれであきらめて

いろいろな部分で分散させる方が現実的です。

 

あなたの感情が乱れにくい方が

自己愛性人格障害の人からも狙われにくいです。

 

自己愛性人格障害の人は

その人が落ち込む姿が生きがいのようなものなので

あなたが悲しそうな顔を見せたり、

精神を揺さぶられたり

ビクビクおどおどしたりする方が

自己愛性人格障害の人はより高揚して

あなたにしがみつきます。

 

どんなによく見えても

それは見せかけだけのものなので

自己愛性人格障害の人には

できるだけ関わらない方があなたは幸せです。

 

あなた以外の人とは

うまくいっているように見えたとしても

それはあなたに見せつけて

あなたに惨めな気持ちを味合わせるために

しているだけのことなので

あなたがその場から離れると

その人間関係も大してよくありません。

 

なんなら、自己愛性人格障害の人が

周りの人と仲良くしているところを見かけたら

さりげなく席を外してみてください。

 

何度もそれを繰り返していると、

あなたを外して

あなた以外の人たちと仲良くしているところを

あなたに見せることができないので

自己愛性人格障害の人は

周りと仲良くすることになんのメリットもなくなるので

周りの人と仲良くすることをやめてしまうでしょう。

 

あなたも嫌な思いをしなくて済みます。

 

あなたがいないところで

自己愛性人格障害の人が何を話しているのか

気になってしまう人は、

よりターゲットにされる可能性が高くなります。

 

自己愛性人格障害の人が何を話しているのか

気になってしまう人は

計画的に席を外す事を頻繁にしてみてください。

 

その上で、あなたの評判がもし落ちてしまったら

評判を聞いたその人も自己愛性人格障害の人ごと

あなたの意識から外してください。

 

その人と個人的に付き合ったとしても

いいことはありません。

 

こうやって調節していくうちに

あなたは意識のコントロールが上手くなり、

今までよりも人に依存しなくなると思います。

 

それにも慣れてくると

あなた自身が楽に生きられるようになり

同時に友達に対するこだわりも

薄れてしまうでしょう。

 

ですが、そうやって冷静になったときに

人の判断ができるようになっていますので

あなたが選んだいい人とだけ関わるようにすると

自己愛性人格障害の被害に悩むことも

だんだんと減ってくるでしょう。


自己愛性人格障害の人に対して対策を行っていくとどう変わっていくのか?

こんにちは♡

ゴールデンウィークも終わって

少しづつ過ごしやすい気候になってきましたが、

あなたはいかがお過ごしですか?

 

ゴールデンウィークに辛い思いをされた方も

たくさんみえたと思いますので

今日は、自己愛性人格障害の人に対して

一貫して対策をおこなっていくと

関係性がどう変わっていくのか、

ということについて、

具体的にお話ししたいと思います。

 

Tiaraは自己愛性人格障害の人に会うと

気づいた瞬間から

その人に対して、相手よりも少し多めに

冷たさを増します。

 

自己愛性人格障害の人は

初めは好印象なのは分かっているので

どんなに向こうから親しげに話しかけてきたり

にっこり笑いかけてきたり

困ったときに親切にしてきてくれたりするのですが、

自然ではありません。

 

どんなにいい人に振舞っても

どんなに有能なところを見せてきたりしても

どんなに好意を見せてきても

Tiaraにはなんとなく、あるいははっきりと

自己愛性人格障害の人がわかるのです。

 

例えば、マウントというか

初めから相手にしていないような

態度を取るタイプもいるのですが、

普段は冷たい態度をとっていることが多いですが、

Tiaraの周りにいる他の人には

とても親切にしたり、

とても親しげな態度をとっている男の人がいます。

 

いちいちTiaraと仲のいい人と

Tiaraのそばにいるときにやる回数が頻繁すぎて

不自然に感じていました。

 

明らかに

ただ自然に話しているわけではなく

自分の振る舞いを

わざわざTiaraに見せているのだなと感じます。

 

周りの人とは長々と話をしていたり

丁寧にお礼を言ったりするのですが、

Tiaraの事になると、急に無表情になったり、

黙ったりする男の人がいるのですが

この人は

以前の部署でも本当に少しの間だけ

一緒でしたが

帰国子女で英語も話せて

とても有能な設計士だということは

聞いていました。

 

Tiaraが入って間もなく、

部署を移動していったので

あまり面識はありませんでしたが、

30代の落ち着いた感じの男の人で

「顔を覚えた頃に移動ですが、

また何かありましたらよろしくお願いします。」

そう言って移動していった方で、

その時は、特に印象は悪くなっかったのですが、

話そうと思っても近づきにくく、

明らかに普通ではない雰囲気を

醸し出していました。

 

今回Tiaraがその部署に移動したことで

また同じ部署になりましたが、

以前の部署での噂で

ある女の人が

その人から意地悪されて仕事を教えてもらえないので

トイレの前でよく喧嘩していた、という話は

聞いていたので

この人も自己愛性人格障害っぽいなあと

感じていたので

元々あまり仲良くすることは

考えていませんでした。

 

ですが、Tiaraが新しい部署に移動してからというもの

やたらとTiaraと仲の良い人と絡んでくるのです。

 

Tiaraと一緒に移動してきた人もいるので

その3人とTiaraが一緒にいると

「あ、〇〇さん、お久しぶりです。

またよろしくお願いします。」

というような感じで話はじめ、

Tiaraもいちお顔は知っていたので

「あ」という感じでお辞儀をすると

「ああ。。」と反応はするもの

あまり相手にする感じがなかったので

ああ、そういう感じで来るつもりね。。

別にTiaraは、

あなたと関わりたいとは思ってないのよ、

という感じであまり気にかけないように

徹底的に、意識的に、

その人を視界に入れないようにします。

 

普通、向こうも本当に

Tiaraに関心がないのなら

Tiaraが相手にしていない事にも

気づかないでしょうし、

本当にTiaraの周りの人たちとだけ話があるのなら

その人と話しているときに

Tiaraの反応なんて気にしないでしょう。

 

ですが、明らかに、うざいほど

しつこいほど、

徹底的にTiaraを意識しながら

相手にしないで周りの人たちと穏やかに談笑する、

ということを続けるのです。

 

Tiaraも今の部署に変わってからというもの、

とてつもなく忙しいので、

気にしている暇はないのですが、

やっていることは伝わってきます。

 

だから、Tiaraも意識的に徹底的に

無視をして業務に集中するのですが、

ときにこちらの会話に割って入って来てまでも

自分の方に惹きつけようとしてくるので

ちょっと。。。いい加減にしてよ。。

という感じで

ものすごく冷たい目でにらんで視線をそらさずに

彼の目をじっと10秒ほど見てみました。

 

すると彼はすぐに気づいて

「な。。。。!」という感じで声を上げました。

 

が、彼の反応を見たあとすぐに

視線を真下に90°落とし、

くるっと方向を変えて

違う業務に集中してみました。

 

元々クールで、

仕事もできる有能な彼ですから

そんな態度に女性に出られたことが

ないのだと思います。

 

大勢の人たちの前で

自分の知識を熱弁して

語っているところもよく見かけます。

 

プライドも高い方だと思います。

 

そんな彼が入って2年ほどのTiaraに

それも新しい部署に変わって

まだそんなに人間関係もできていない女のTiaraに

そんな目で睨みつけられたことは

プライドもズタズタだと思います。

 

幸い、物静かな彼で

役職もついていない人なので

大声で怒られたり、怒鳴られたりすることもない、

と分かっているのでできたことではありますが、

周りの人間に

「なんかTiaraさんに睨みつけられたんだわ。。」

と言われる可能性はあります。

 

ですが、Tiaraは普通の人には

ウザいほど、一生懸命ですし、

腰は低いし、

あわてんぼなので、

先走って行動して失敗することもしょっちゅうな

おっちょこちょいなので

「すいません!!」ということもよくあります。

 

多分、バタバタといつも一生懸命な子、

というイメージはあると思うのですが、

決して要領がよく、世渡り上手、

というイメージはないと思います。

 

ですが、それは、普通の人にしか絶対に言わず、

自己愛性人格障害の人には絶対に言わないのです。

 

Tiaraは

いわば、自己愛性人格障害の人が

舐めてかかるような人にほど親切にし、

大切に扱い、敬意を示して丁寧に接します。

 

自己愛性人格障害の人は

立場が上の方の人や怖い人、

厳しい人の前ではとても従順で紳士的で

丁寧に接し、

優しい人や立場が下の人、

責任感の強い人やいい人にほど

冷たく、舐めていて、態度が横柄です。

 

Tiaraは

自己愛性人格障害の人とは真逆の行動をとるので

睨みつける、と言われたところで

本当かなあ?と思う人の方が多いでしょう。

 

普通の人は

丁寧に接すれば、敬意を示してくれる人で

怖い人ではないとは分かってくれていると思います。

 

だからこの人に怖がられたところで

この人は自己愛性人格障害なので

この方がTiara に嫌われたくなくて

丁寧に接してくれるはずです。

 

それでも相手にしませんが。

 

すると、やはり、そのあとから

何かとTiaraを気にかけてくるようになりました。

 

「こんにちは。」と

渋い声で急に挨拶してきたり、

扉を開けようとすると

「大丈夫ですか?」とドアを開けてくれたり、

今までウザいほどしていた

Tiaraのそばで他の人と談笑する、

ということをいっさいしなくなりました。

 

それでもTiaraは

なに?急にどうしたの?

としか思っていないので

全く反応しません。

いわゆる視界に入っていない状態というか

相手にしていない状態です。

 

するとますます、Tiaraを気にするようになり、

直接親切にしてくるようになります。

 

新しい部署で引っ越し作業があり、

忙しく荷物を段ボールから出し、

壁に立てかけていると

「大丈夫ですか?」と体を寄せて

一緒に支えてくれようとしましたが、

心の中では

(うるせえな、大丈夫だよ、ダンボールくらい。。

何が大丈夫ですか?だよ。)としか思っていません。

 

「あ、ありがとうございます!」と女っぽく弱々しく

いうとでも思っているのでしょうか?

 

だったらなんで今まで知らん顔、

徹底的にしてた?と思うだけです。

 

ここで大抵は被害者体質の人は

(あ、やっぱり勘違いだったんだな。

この人やっぱりいいい人だったんだ。。)と思いがちですが

こんなことくらいで大していい人ではありません。

 

段ボールで怪我をすることなんてそうそうないし、

軽い物なので

女性でもまったく問題ありません。

 

強いていうなら

たくさんあるので、誰かが一緒に協力してくれると

やりやすいのですが、

やりにくいだけです。

 

ここで女っぽく

(いい人だな。。親切な人だな。。)

と簡単に株が上がってしまうので

自己愛性人格障害の人の

ターゲットになってしまうのです。

 

親切な人は大抵普通に親切ですし、

初めからやるし、

1人を徹底して無視して周りとだけ仲良くする、

なんて事はいちいちしません。

 

喋る時は喋るし、

喋らない時は喋らないだけです。

 

親切にしたところで、その親切にしたことも

本人さえ忘れてしまっているでしょう。

 

しかも個人的なことではないし、

会社で仕事上のことなので

手伝っても別に当たり前です。

 

感謝をすることもあると思うのですが、

それもそれをしたからと言って

その人より上だと、いうことでもありません。

 

ですが、Tiaraも普通の人には普通に親切にしますし、

手伝うときは手伝います。

 

だからと言って、手伝ってやったとも

手伝わなきゃ!とも思いません。

 

普通のことです。

 

これがもし、Tiaraが

この人のことを初めから気にしていて、

(あの人とはあんなに喋るのに

どうしてTiaraとは話してくれないんだろう?)

とか

(あの人たちとはあんなに仲良いんだな)

と羨ましがったり、

有能で素敵な人だから仲良くなりたいな、

と思ったりしたら、

この彼はきっと、

ダンボールの時も

親切に支えたりはしなかったでしょう。

 

そのあとTiaraではありませんが、

重いものをみんなで持っているときに

『手伝おか!」と張り切って入ってきて

服を1枚脱ぎ(セクシーアピールでしょうか??)

力のあるところを見せたりしていましたが、

(あ、そう。じゃこっちは人手がたりるから

Tiaraは向こうへ行こ!)とばかりに

彼の活躍を見ていなかったり、

徹底的にTiaraも

彼への印象を好意的に変えたりしません。

 

すると、気に入ってもらいたいのか

やたらとTiaraに話しかけてきたり

「これってどうすればいいですか?」と

ウザいくらいに話しかけてくるようになりました。

 

こちらの部署にも

自己愛性人格障害の人はちょこちょこいますし、

Tairaと一緒に

時期は、ずれても

以前の部署で一緒だった自己愛、

こちらで新しく知り合った自己愛には

同じような接し方で、

4ヶ月ほど経った今では

自己愛性人格障害の人は、少しづつ

Tiaraをターゲットにすることを

諦めて来つつあります。

 

まったく諦めてしまった人は

Tiaraがまったく相手にしないので

廊下ですれ違うとチラッとTiaraの方を見て

節目がちになり、

諦めて足速に通り過ぎ、

有能なところを見せるのも

Tiara以外の人と

楽しそうに穏やかに談笑することもやめて

静かになりました。

 

元々強烈な自己愛の強い

元彼に似た上司だけは、何かと近づいてきては

また離れていき、

たまにTiaraが失敗してしまったことに気づいたときは

にこにこと近づいてきて

「だめだよ?」と優しくたしなめるだけです。

 

それでもTiaraが「ああ。。」とあまり相手にしないと

そのあと近づかなくなり

最近では近づくこと自体、

少なくなりました。

 

帰りの待ち伏せや「バイバイ」

と言ってくることもなくなり、

たまにエレベーターで降りたところで

ばったり会うと嬉しそうな顔をしますが、

Tiaraが一瞬頭を下げて、そのまま素通りすると

その日は顔を見ることもないくらい

会うことがなくなりました。

 

どこで何してるんだろ?って思います。

 

その代わりTiaraは、

自己愛ではない普通の人たちと

仕事を進め、毎日充実した

忙しい日々を送っています。

 

Tiaraも

自己愛性人格障害の人に

気をつけること以外は

ほぼほぼ、

自分の素のままに生きることができ、

言いたいことを言いたい言葉で

やりたいようにどんどん自分のやり方で

仕事を進められます。

 

時に会社のルールも

Tiaraが決めてしまうこともあり、

誰も何も言わず、

それに従ってみんな動いてくれます。

 

自己愛性人格障害の元彼と別れて

元の会社を離れて以来、

初めてこんなにも生きやすく

大した不安もなく仕事ができています。

 

1人でいても平気になり、

元に戻りつつあるので

もうそろそろ、

感情的にも元の感情に戻してもいいかと

たまに感動的な映画を見たりすると

普通に心が感動するのですが、

そうなると苦しくなり

急に寂しくなることがあります。

 

感情が元に戻ると誰かといたくなり、

理性的に淡々とするべきことを

判断してやるべきことをやっていたり、

何か知識を深めるために勉強したり、

本を読むことはいいのですが、

感情が入るような

人情的な映画や感動的な映画で

また感動して涙することを

たまにできるようになったので

ああ、まだ元の感情はあるんだな、とか

元々の本当の私はこういう人間だったな、

と安心するのですが、

それと同時に苦しくなったり、

胸が締め付けられるような気持ちになります。

 

やはり、以前はそれを

幸せだと感じていて満足していたのですが、

人を信用して傷ついた経験から

人を愛する深い気持ちを持つことと恐怖が

1つになってしまっているのです。

 

それでも今まで通り、家族やペットは大事ですし、

特別な関係ではなくても

普通の人たちとは普通に

コミュニケーションが取れています。

 

普通にコミニュケーションを取れる人たちとしか

心を寄せなくなったのでとても楽です。

 

その中から仲良くなれる人がいたらいいなあ、

くらいに思っています。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすいタイプの人は

自分にひどいことをする人のほうを気にして

その人に気に入られるように必死になりながら

自己愛性人格障害の人ばかりを気にしています。

 

自分がなんとも思わない人の方が

普通の人たちなのです。

 

自己愛性人格障害の人と被害者は

お互いに惹かれやすい状態にありますが、

一緒にいるとどんどん関係性は

悪化していってしまいます。

 

むしろあなたが

あまり興味がわかないタイプの人の方が

関係は築けるのです。

 

Tiaraもどうしても

 

自己愛性人格障害の人は気になります。

 

ですが、こうやって避けることにより

自己愛性人格障害の人もおとなしくなり

関係は穏やかに普通になっていくのです。

 

自己愛性人格障害の人も激化せずにすみ

穏やかに時間は流れていきます。

 

自己愛性人格障害の人は

自分のことを

気にかけてくれない人の方に気を遣ってくれ、

それは自分が嫌われたくないという

極端な臆病心からきていて

ただ嫌われたくないだけなのです。

 

この気持ちを使い

彼をあまり安心させないようにしておくと

自己愛性人格障害の人からの攻撃を受ける事なく

平和に時間が流れていくでしょう。

 

 

関係性は普通の人とこそ

作るべきなのです。

自己愛性人格障害の人から自分を守ろう

こんばんは♡

久しぶりの投稿をします。

 

毎日仕事も忙しく、

土日も、子供達が遊びに来るので

なかなか更新できませんでしたが、

最近、残業制限がかかったので、

あなたに有益な情報をお届けしようと思います。

 

自己愛性人格障害の人って

思ったより多いと思いませんか?

 

特にあなたがもし、

被害者になりやすいタイプの人だったとしたら

周りにいる自己愛性人格障害の人たちから

あなたは取り合いになってしまうので

普通の人よりもさらに

自己愛性人格障害の人が多いと

感じてしまうことだと思います。

 

自己愛性人格障害の人を知っている

Tiaraがみていても

被害を受けない人は全然受けないんだけど、

被害に遭いやすい人は

男女を問わず、

必ず自己愛性人格障害の人が

被害に遭いやすい人のそばをうろうろしだします。

 

Tiaraが自己愛性人格障害に気づいたのも

元彼と雰囲気の似た人が

自分によってくることを感じ取ったからです。

 

初めは、元彼と似たような年齢の

男の人だけがわかるようになったのですが、

そのうちに女の人も

自己愛性人格障害の人が多く存在していて

またタイプのまったく違う自己愛性人格障害の人も

根本的なところは同じなので

だんだんわかるようになってきました。

そして、自己愛性人格障害の人は

まともに相手にしていればしているほど

被害に遭いやすいということも

とてもよくわかりますし、

どんなに初めの印象がよくても

しばらくすると、

少しづつ、奇妙な行動を取り出し、

そしてそんな時に限って他の人には

異様に親切にしたり、素敵に振舞ったり、

明るく周りを虜にしてしまうような魅力を振り撒くので

被害にあっている人物以外には

なかなかバレにくいということも

体感してわかるようになりました。

 

恋愛だと被害者になりやすいタイプの人が

自己愛性人格障害の人に惹かれてしまうことも

とてもよく分かりますし、

そしてまた、どんなに被害者が拒否しようとしても

異様にしつこく魅力を魅せながら近づいてくるので

初めはなんとも思っていないとしても

抗えないほど心を奪われてしまうこともわかります。

 

知っていても、

だんだん心臓がドキドキしてくるのがわかりますが、

この人は素敵なやさしい人なのではなく、

自己愛性人格障害なのだから

自分の事を異様に気にしてもらわないと

気が済まないので近づいてきているだけだ、

とわかっていても、

どんなに避けても向こうから

ちょっとしたきっかけを作って近づいてきます。

 

視界に入るような場所で、

こちらが気になるような大きな声で

周りの人とわきあいあいと話をしたり、

真剣に誰かの相談にのっていたり、

異様に親切にしているところを見せたり、

または直接親切にしてきたり、

たまにニコッと笑って近づいて来たり、

帰りに「バイバイ」と言って振り返って来たりします。

 

これも自然にしていることではなく

自分が素敵に見えるような

最高の笑顔を作って見せてきている

とわかっているから惹かれませんが、

自己愛愛性人格障害を知らなければ

普通に恋に落ちてしまう方が自然でしょう。

 

そんなことを繰り返し、しつこくしてくるので

相手が素敵な異性ならば、

ほとんどの人はどうしても

好きになってしまうと思います。

 

これは、結婚していてもしていなくても

関係ないので、不倫関係になってしまう人も

いると思います。

 

本当にどんなに拒否してもやめないのです。

しかも、

はっきり口説いてくるとは限りませんから

「近づかないで!」とか

「しつこい!」と口に出していってしまったら

「何を勘違いしているの?」と言われかねないので

はっきりと拒否をすることはできないのです。

 

態度で避けたり、

あまり相手にしないようにしていても

決して諦めたりしない粘り強さが

自己愛性人格障害の人にはあり、

それが、異様にしつこいので

自己愛性人格障害について知らないと

どうしても心を奪われてしまうのです。

 

あなたにどうしても近づこうとしてくるので

中には

初めはなんとも思っていなくても

自己愛性人格障害の人が自分のことを好きだと

勘違いしてしまい、

意識してしまう人も多くいると思います。

 

こういう様子をみていると

被害者の方が、

自分が相手を好きになった、

と思っている人もいるようですが、

自己愛性人格障害の人は

相手にそう思わせることが

とても得意なのです。

 

好きになってしまうと夢中になってしまい、

初めのうちはとても大事にされるのですが、

だんだんと

あなたが気づかないように

あなたの方が悪いと責めたり、

あなたが悪いからやっていけない、などと

あなたを責めるようになりますが、

付き合う前から、

自己愛性人格障害の人が

だんだんとそうなることは

Tiaraには分かっているのです。

 

だから、被害者の人から

彼にフられた相談を聞いていると

彼のことが忘れられない、だとか、

やり方次第でなんとか彼と

もう1度やっていけないだろうかと

聞かれることも少なくないのですが、

あなた辛い思いをするだけで

自己愛性人格障害の人とは

絶対に幸せにはなれないのです。

 

これは

結婚できるできないの問題ではありません。

 

自己愛性人格障害の人で結婚している人も

大勢いますが、

おそらくその奥様は、

常にイライラして

毎日を過ごしているか、

心が病んでしまい、

つらくてつらくてたまらない生活を

送っていることがほとんどです。

何もかも奥様のせいにされて、

全然相手にもしてくれず、

いいことは全て自己愛性人格障害の人のおかげで

悪いことはすべて奥様の人格のせいだと

拒否され、否定されて、

たとえ、結婚していも幸せではありません。

 

浮気をする自己愛性人格障害の人もよく聞きますが、

普通の人が浮気をしているときは

奥様にバレないようにするものですが、

自己愛性人格障害の人は

あえて少しだけバレるように痕跡を残したり、

ひどいときは悪びれることもなく話したりして

奥様の心を傷つけます。

 

自己愛性人格障害の人にとって

浮気はバレないと意味がない、

と言っても過言ではありません。

 

普通に浮気相手に夢中になっている時もありますが、

あえてバラすことで、相手を傷つけ、

傷ついて苦しんでいる姿を見てみることが

浮気をしている以上に心が高揚するのです。

 

またタチが悪いことに、

相手の傷付く姿を見ることで

高揚感が増し、さらに傷つけようとして

追い討ちをかけてくるので

感じたことがないようなストレスを受け続け、

やがて、眠れなくなったり

涙が出てきたり、

夫婦関係を修復しようと思って

何も言えなくなり、

鬱になっていく、ということも起きます。

 

そして浮気相手も

奥様を傷つけているときは

奥様を傷つけるために

とても幸せに大事に扱ってもらえるかもしれませんが、

自己愛性人格障害の人の都合により

ターゲットが変わることがよくあります。

 

そのときはすべてを浮気相手のせいにされたり、

簡単に捨てられてしまったり、

また結婚をしていることを内緒にしてある場合も多くあり、

今まで夢のような幸せな日々を送っていたにも関わらず、

突然、彼がいなくなってしまった、

と嘆き悲しむ人も大勢みえます。

 

これだけ多くの相談を聞いてきたTiaraには

自己愛性人格障害の人と一緒にいるように

おすすめすることは到底できないのです。

 

ましてや、自分が悲しい思いをするのは

嫌なので

自己愛性人格障害の人がどんなに素敵だろうと

どんなに有能だろうと

どんなに優しくされようがどんなに楽しそうだろうが

それは見せかけだけのものに過ぎず、

自分を素敵に見せることだけに

全力を注いでいることを知っているので

心を入れないように表面上だけで付き合っています。

 

にも関わらず、

Tiaraがそんなことまで知っているとは誰も思いもしないので

自己愛性人格障害の人はその性質上、

当然のようにTiaraに気にしてもらえるように

しつこく魅力を見せてきたり、

女性の自己愛性人格障害の人は、

Tiaraのそばで周りの人と

わきあいあいと楽しそうに話をして

自分に興味を持つように仕掛けまくりの毎日です。

 

知らなければ、

あーあの子は周りの人と仲良くやっているんだなと

まわりとうまくやれる人ととってしまいそうですが、

それは、Tiaraの方から仲良くなりたい!と

近づいていった時に、

冷たい態度を取って相手にしなかったり

舐めた態度をとって笑い物にしたりするために

前もって準備をしていることなので

Tiaraの方から近づいていかなければ

1人でしていることになります。

 

もちろんTiaraは

その人が周りの人たちと本当に仲が良い、とか

本当に周りの人たちとうまく人間関係をやっている、

とは思いません。

 

だから羨ましくもなんともないですし、

近づいていっても時間の無駄です。

 

逆に、

自己愛性人格障害の人の

そんな振る舞いを信じた人たちが

近づいていき、傷付く事によって

自己愛性人格障害の人は、

自分はそんなに相手にもしていないのに

周りから憧れられるような魅力的な人

とみえてしまうのです。

要は被害に遭う事によって

自己愛性人格障害の人をよく見せる事に

協力させられてしまっているのです。

 

だからもちろんTiaraは自己愛性人格障害の人に

憧れの眼差しなんて向けませんし、

むしろ、本当に一生懸命やっている人や

自分を犠牲にしてでも

相手を助けてあげようとする人も見えているので

そういった人たちの方を尊敬し、

協力します。

 

そうすると、

自己愛性人格障害の人は意地になって

もっと素敵なところを見せようと

Tiaraには近づいて来ずに

Tiaraから見えるところで

穏やかに談笑をしているのですが、

その長さが異常なのです。

 

 

長いと2、3時間、

「そうだよね?あははは。。

うん。

俺もそう思ったんだよね〜。。。。

 

 

という感じです。

もちろん1人では会話は成立しないので

周りで話している人たちもいるのですが、

その人たちは人の話に根気よく耳を傾け、

「そうですかあ。。

へ〜すごいですねえ。。」と

相手を持ち上げ、賞賛してくれるような

優しい方達ばかりです。

 

それでもTiaraがまったく気を向けないので

何度も何度も異様に話を続けるので

いくら優しい人たちでも賞賛しまくりの

2、3時間にいい加減疲れてきて

口数が少なくなってくるのは

手に取るようにわかります。

 

話している自己愛性人格障害の人にも

疲れが見え始め、だんだんと口数が少なくなり

なんでこんなにやってるのに惹きつけられないの?

という感じになってくるので

異様にTiaraを惹きつけたいのだとわかるのです。

 

どんなに素敵なところや

みんなとうまくやっているところを見せようとしても

絶対にTiaraは惹きつけられません。

 

一方、人から思われる

自分の印象をよくしようと思って話している人たちではない、

ただ喋りたいだけの人たちは

Tiaraが見ていようが見ていなかろうが、

話したいときはいつまででも

楽しそうに話しています。

 

Tiaraが見ていようがいまいが、

話さないときはまったく話していません。

 

Tiaraが話しかければ普通に話すし、

わざわざ惹きつけられるような話し方もしません。

 

普通です。

 

普通の人は普通です。

 

自己愛性人格障害の人は

分かるようになると普通に話しているようで

話し方がセリフじみています。

 

自然に見えるような演技をしています。

 

それが、わかるようになると

バレバレなのです。

 

試しに、

素敵に振る舞っている時や

周りととてもうまくやっているなあ、と思うときに

さりげなく席を外してみましょう。

 

何か思い出したように部屋を出ていったり、

トイレにたつなど自然な感じで

その場をある一定時間離れてみましょう。

 

しばらくして戻って来ると

話していないはずです。

 

本当に会話が終わっている場合もありますが、

聞いている人がいないと

その会話に意味がないことが

何度かやってみると分かります。

つまり、

うまくいっているように見えるその人間関係には意味がなく、

ターゲットが気にしてくれるかどうかが

一番大事なのです。

 

これは恋愛を対象とした

異性の自己愛性人格障害の場合もそうですし、

いじめを目的とした

同性の自己愛性人格障害の場合も行動は同じです。

 

賞賛しまくっている周りの人たちも

相当疲れているはずです。

 

自己愛性人格障害の人に憧れても

あなたが惨めな思いをさせられるだけだと

理解してください。

自己愛性人格障害の人と被害者はお互いに惹かれやすい

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害と被害者は

お互いに惹かれやすいということについて

お話ししていきたいと思います。

 

以前にも

お話ししたことがあるかもしれませんが、

自己愛性人格障害とその被害者は

お互いにとても惹かれやすいです。

 

男女は関係ありません。

 

男女でなくても

男と男、女と女、

親子でも友達でも

ママ友でも

お互いに相手のことが

とても気になりやすいです。

 

自己愛性人格障害の人が

分かるようになってから

今、Tiaraの周りにいる人たちを

見ていても思うことですが、

なぜか相手のことが気になり、

どちらかが声をかけて会い、

付き合いが深まるごとに

会うたびに徐々に被害者が

消耗していきます。

ふだん、ブログでは

加害者が被害者を使って

自分の気持ちの鬱憤を晴らすために

会いに来るようなことを

言っていることが多いと思うのですが、

被害者もまた

どこかで自己愛性人格障害の人に

期待をしています。

 

自己愛性人格障害の人は

幼いころに

ありのままの自分を

受け入れてもらうことができなかったため

必死で良く思われようとするうちに

共感力を使うことが辛すぎて

自分が楽になるために

知らない間に

共感力を使わない生き方を学んでいます。

 

そのことで相手のことを思わずに

自分だけが生きる価値を見出すことに

必死になれるので

被害者体質のような

相手につくすことで

自分をわかってもらおうとする人は

とても好都合なのです。

 

この人なら

自分のワガママを

どこまでも受け止めてくれるんじゃないかと

思える人から離れようとしません。

 

そのために自分でも気づかないうちに

相手にバレないように

ちょっとづつ、酷いことをして

相手が笑って許してくれるかを

見ています。

 

相手が少し怒ったりすると

冗談で誤魔化したり、

自分がしたことの言い訳を

必死で相手に説明したりして

ごまかせるとホッとします。

 

被害者体質の人は

相手の気持ちを必死で分かろうとするので

大抵は許してしまいます。

 

そこで

自己愛性人格障害の人は

また安心して

被害者の心を

傷つけるようなことをしてしまいます。

 

相手が離れそうになると

しがみつき行為をするのはこのためです。

 

親友でも恋人でも

いくら怒っていても

共感力の高い被害者は

相手の気持ちを分かろうとするために

そういう事情があったのなら

仕方がないな、と

段々と自己愛性人格障害の人に

心を寄せてしまうため

自己愛性人格障害の人を

好きになっていってしまうのですが、

それとは逆に

初めの頃は、警戒しながら

少しでも相手が離れそうになると

弱めていた攻撃を

すこしづつ強めていってしまうのです。

それでも被害者の方は

そのころにはもうすでに

自己愛性人格障害の人を

少しづつ許してきているので

ちょっとしたことなら

慣れてきてしまっているのと

少しづつ、許すたびに

自己愛成人確証の人に

これだけやったんだから

二人の仲は深まっているはずだよね?と

心の中で2人の関係に

自信を持って来てしまっているのです。

 

自己愛性人格障害の被害者になる人も

幼いころに

ありのままの自分を受け入れてもらえる機会が

なかったので

相手の気持ちをわかってあげることで

相手から認められようと

必死で努力をしてきています。

 

そして、自分の話を

聞いてもらえる機会が少なかったので

無意識レベルで

自分の心の痛みをわかってくれる人を

探しているのです。

 

 

みていると、自己愛性人格障害の人は

自分を良く思ってもらうために

まだ、被害者だと認定していない場合や

被害者だけを悪者にするために

その周りの人には異様に親切にする為

落ち着いて相手の話を

聞いてくれる人が多いです。

 

まだ慣れていないうちは

自己愛性人格障害の人は

よく見えてしまうため

この人の気持ちをわかってあげられたら

私の気持ちをもわかってくれると

被害者の人はどこかで

期待をしているのです。

 

それなのに、

付き合いが深まれば深まるほど

どんどん関係性は悪化していくので

被害者はどうしてこうなっちゃうんだろう?

と悩み続けるのです。

 

そして、

とんでもなくひどい状態になってから気づき

びっくりして必死で逃げるか

それでも信じて必死になるため

どんどん精神を消耗していくのです。

 

これが男女なら

恋愛だと勘違いしやすいですし、

被害者はなぜか心の中に

自己愛性人格障害の人の悲しみが

直接ズドンと入ってきてしまうため

なぜか自己愛性人格障害の人が気になり、

自己愛性人格障害の人も

この人なら自分の全てを

受け入れてくれるのではないかと

直感で分かるので

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人が

気になって仕方がないのです。

 

今、そばにいる自己愛性人格障害の上司も

常にTiaraのことを気にしているのが分かりますし、

最近気づいたのですが、

同じ部署の若い女性もTiaraのことを

とても気にしているのがわかります。

 

Tiaraが近くにいる人と盛りあがっているときや

誰かと込み入った話をしているとき、

まったく関係がないのに

聞き耳を立てて、

Tiaraの様子を伺っているのがわかります。

逆に、普通の人は

普段はTiaraがどんな仕事をしていようと

誰と話していようと

気にしているそぶりはなく、

その人が、

今している自分のことに没頭しています。

 

Tiaraから話かけたり、

向こうが用事がある時は

普通にTiaraのところに来て話をするのですが、

自己愛性人格障害の人は

Tiaraが何をしているか、びっくりするほど常に気にしているのです。

 

そして、失敗をしたときや、

病気のとき、

気分の悪いときは

即座に気付いてTiaraに近づいてきます。

 

その行動の早さに

すごいな、とびっくりしてしまいます。

 

この前Tiaraが失敗したわけではないと思っていますが、

先輩の指示を聞いてその通りに実行したところ、

間違いがあったことがありました。

 

一緒に仕事をしている人は

自己愛性人格障害ではないので

その後の処理の仕方や、

なんでそうなったか、

これからどうすればいいかなどを

話し合っていたところ、

自己愛性人格障害の上司が

必死でTiaraのそばまできました。

 

「なんですか」と声をかけると

「あのね。。

あ、あのいやあの件だけどさ、

どうなったかと思って。。」

と全然関係のない話をぶっ込んできたのですが

「ああ、アレだったら

こうしてこうなってこうです。」と

冷静に顔色ひとつ変えずに言いました。

「あ、そう。。」と

不発におわった、という

残念そうな顔をして

すごすごと帰っていきました。

 

おそらく、

Tiaraの焦った顔や動揺したところ、

どうしよう、と頼ってくるところなどがみたかったのでしょうが、

それは先輩の言うことをそのまま実行しただけですので

Tiaraのせいではありません。

 

 

ですが、以前のTiraなら

良く思われたい、という気持ちと

自分が責任を負わねば、

という責任感が内心に働いて

「すいません。

ミスをしてしまいました。」と

自分のミスではなくても

自分を責めていたような気がします。

 

自己愛性人格障害は

こういうところが大好物なのです。

 

今は、責任はどこにあるのか、

はっきりと認識して

自分がやったわけではないことまでは

受けないようにしています。

 

先輩の指示の通りなのですから

Tiaraのミスではありませんし、

まだ部署を移動したばかりのTiaraには

その番号が

Tiaraの場所の番号ではないことは

判断できません。

 

だからTiaraを責められたとしても

困るわけです。

 

ま、責められたりはしていませんが。

 

これが相手が自己愛なら

Tiaraを責めて来ていたかもしれません。

 

自分のミスでないときは

相手が自己愛性人格障害の時は

絶対に謝ってはいけません。

相手が普通の人なら

「私も良く見ればよかったですね。」

とか

「もう一回確認すれば良かったですね。」

と言ってもいいのですが、それを

自己愛性人格障害の人にしてしまうとい

「あなたが確認しなかったから

こーいう事になったんです!!」

と言われてもおかしくありません。

 

むしろ、

そーいう対応をしてきた時は

自己愛性人格障害かもしれない、

と疑った方がいいです。

 

もう一つは

今、コロナの渦の真っ最中ですが、

Tairaの前の席の人の奥さんが

コロナだと診断されたことがありました。

 

その人はコロナではなかったのですが、

とりあえず、その時は

前の席の人がPCR検査で陰性だと判断されるまでは

付近の席の人は

すぐに帰って在宅勤務をしろ!

というお達しがでました。

 

Tiara達がリモート用のパソコンを用意して

バタバタと帰り支度をしていると

自己愛性人格障害っぽい若い女性が

Tiaraに近づいてきて

「濃厚接触者??」

と面白そうにおどけて聞いてきました。

 

「そうそう。うふふ。」と

Tiaraも面白そうにいいましたが、

この女性はTiaraとまったく

絡んだことがありません。

 

同じ部署ですが、少し席も離れていて

話したこともないのです。

もちろん、Tiaraは移動してきているので

向こうは知っていると思いますが、

仕事で絡んでいない人まで

しかも話したことのない人まで

まだ顔すら覚えていないのです。

 

そんな人が話しかけて来たのは

向こうはTiaraに興味があって

たまたま話すきっかけがあったから

話しかけてきたフレンドリーな人

と、とらえることもできるのですが、

基本、慣れていないうちは

自己愛性人格障害の人は

好印象なことの方が多いのです。

 

この女性が、さきほどお話しした

Tiaraの行動を常にチェックしている女性です。

 

今のところ、なにもありませんが、

印象としては

話し方に特徴があり、

なんとなくハンサムな

ダンディな話し方をします。

 

会議などでは

クールな感じでいつも話をしていて

とても仕事ができる感じの女性で

男性に混じって話す時も

ダンディな印象を崩さず、

さっぱりした女性、という印象です。

 

ダンディな話し方というのは

自己愛対策でもするのですが、

自己愛性人格障害の女性も

ダンディな話し方をする場合もあります。

 

なぜ、自己愛を疑うのかというと

人の行動を常にチェックしているからです。

 

別の女性とこの人の話をしたときも

「あー、あのさっぱりした感じの子?」と

言っていたので

悪い印象はないようですが、

Tiaraは絶対にさっぱりしていないと

思います。

周りの人に聞こえる声は

感情のない、ダンディな話し方で

でも、棒読みのまま

あはは。と周りの人と

談笑していることも多いのですが、

Tairaが話しているときは

まったく関係がないのに、

さりげなく、

背伸びをしているように伸びながら

椅子をすこし後ろに下げて、

Tiara達のグループに近付いて聞き耳を立てていたり、

興味があるときはこちらをみていることもよくあります。

 

Tiaraもそれに気付いたので、

え?となって彼女の顔をみてしまったのですが、

Tiaraに気づかれた途端にビクッとなり、

前を向いて仕事をし出しましたが

明らかに聞いていたことは分かります。

 

しかもその話に興味があったのか、もう一度、

聴こうとしていたのですが、

席が、Tiaraのグループに背を向ける形なのに

Tiaraが気付いているか様子を伺っていて

Tiaraが見ているから

こっちを向けなかったようです。

 

その行動で、

あ、この子は自己愛かもしれない、

と確信しました。

 

明らかにTiaraに近づこうとしていますし、

ですが、警戒もしていて

Tiaraが何も考えないで受け入れるタイプかどうか

様子を見て伺っています。

 

当然、受け入れないので警戒している、

という順番です。

 

そう思うと

「濃厚接触者?」とわざわざいってきたときも

こちらがコロナだったらおもしろいな、

という相手を下に見て喜ぶ

自己愛にありそうな笑みです。

 

それが普通の人だった場合も

そういうことはあるのですが、

そのあとTiara達の話に耳を傾けて

常に様子を伺っているところから

自己愛性人格障害だと確信しました。

何か失敗しないかな、という期待と

相手の欠点を貯める自己愛の特徴です。

 

以前はまったくそういうことをしている人に

気づきませんでした。

 

まったく関係のない人の行動を

普通の人は

いちいちチェックをしていないからです。

 

Tiaraはまったく気になりません。

 

関係のある人が失敗した時は、

だったらどうしよう、と

その失敗を解決する方法を考えますが、

それがおもしろいとは

思ったことがありません。

 

解決する方法を知っていれば

「こうするといいよ。」

とか「そういうときはこの手続きをとって。」

というアドバイスはしますが、

それを「あの人失敗したね。」と笑ったり、

「なんでそんなことしたの?」と

相手を責めたりすることはありません。

 

 

よほど、故意にやった時や

(そんな人はいないと思いますが。)

何回言っても同じことを繰り返したときは

「この前言ったじゃん!」くらいは

言うかもしれませんが、

その相手を笑うとかそういう事をして

気分がいい、となることはありません。

 

自己愛性人格障害の人や他人の失敗や

恥ずかしい思いは大好物なのです。

 

そういった人の失敗を

一生懸命探しているのは

自己愛性人格障害です。

 

普通の人はいちいちそんなことは

しないのです。

自己愛性人格障害の人の不自然な動き

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の

不自然な動きについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は、

少し離れてみるととても素敵な人が多いです。

 

まだ出会ってまだそんなに時間がたっていない時や

同じクラスでも、違うグループの人だったり、

会社の他部署の人だったりすると

周りの人と

とても穏やかな関係を築いているように見えたり

和気あいあいとして、とても仲が良さそうに見えたり

いいな、あの人と仲良くしてみたいな

と思うような雰囲気を醸し出していたりします。

 

たまに、勘違いをする方も大勢いて

自己愛性人格障害は

みるからにパワハラで嫌な奴だとか

恋人や夫婦の場合は

よほどいやな奴なんだろうなと思う人がいますが

そう思っているようでは

自己愛性人格障害の人を見抜くことができません。

 

初めの印象や少し離れた人から見ると

魅力的なことが自己愛性人格障害の大前提となります。

そこから少しづつ、

関係が深くなったり、付き合いが長くなっていったり

親密度が高くなると

少しづつ、嫌がらせをはじめ

それを許すごとに、

だんだんと気づかないくらい少しづつ

被害者が嫌な思いをするようになります。

 

そしてそれは自分が悪いからだと

反省してしまうような謙虚な性格の人や

仲良くできない自分に問題があるのではないかと

思うような

責任感の強い人がその被害者になってしまうのです。

 

現在、Tiaraはその考えを意識的にやめていて

自己愛性人格障害の人の被害に遭わないような

態度をとっていて

自己愛性人格障害の人だけでなく

普通の人も見破ることができますので

どんなに優しくされても素敵な笑顔を見せられても

有能なところを見せつけられても

自己愛性人格障害の人は

まったく気にもとめていない、

というような素振りをしています。

 

逆に普通の人や真面目な人や

いい人にはこちらも嬉しくなってしまうので

安心して素の自分で接しています。

 

その結果、どうしても楽しそうな雰囲気や

仲の良さそうな振りが見えてしまうので

自己愛性人格障害の人がヤキモチを妬いて

表情がこわばっていることがよくあります。

 

それでも、

自己愛性人格障害の人と仲良くなってしまうと

だんだんと上に立とうとされたり

見下されたり、

追い詰められたりしてきてしまいますので

敵対心は見せずに

話すとしても短時間で用件だけを話すようにし、

話が終わったらすぐに

自分の席に戻るようにしています。

そうすることで

なかなか自己愛性人格障害の人と

仲良くなりにくいのですが、

Tiaraを見て、一瞬で反応して

近づこうとしてくる人は

ほとんどが自己愛性人格障害です。

 

自己愛性人格障害の人がTiaraを見て

反応していることがわかるので

どんなに気をつけていても

被害者のオーラがTiaraから出ていることは

消せないようです。

 

ただ、その後の対策によって

それ以上、距離を詰めてくるのが難しいようなのですが

スキあらば近づいて来ようとします。

 

最近仕事が遅くて10時くらいまで会社にいるのですが、

そのころになるとほとんどの方が帰宅して

オフィスには10人ほどしか

残っていない状態になります。

 

自己愛性人格障害の上司も

さすがそれくらいには帰るようなのですが、

最近までは

Tiaraが帰るまではまだ会社にいるようでした。

 

 

Tiaraが遅くまで残っていると

気になるようで必ずそばに来て

何か声をかけてくるのですが、

それでも仕事が一段落着くまでは

帰らないということがわかると

今度はTiaraが帰る頃に、

先に上司のほうがバタバタと

帰り支度をはじめる音が聞こえます。

 

雰囲気で、もう帰るんだな、

ということがわかるのですが、

Tiara達の前を通り、

「早よ帰りやー。お疲れ様。」と言って

帰っていくと、流石にTiaraも

10時には会社を出たいので、

支度をして「お先にねー。」とオフィスを出ます。

 

やっと仕事が終わったーと

Ear Potsを耳につけ、好きな音楽を爆音で聴きながら

きれいな冬の星空を眺めながら歩いていると

誰かがTiaraの後ろからきてさっと前を横切りました。

 

人が歩いている目の前を

後ろからきたその人が

横切るので少しびっくりして見ると

自己愛性人格障害の上司が

斜め後ろ向きざまにTiaraの顔を

ちらっと見ました。

 

「わ。びっくりした。

なんだ、〇〇さんか。

お疲れ様です。」というと

ふふっと笑ってもう一度Tiaraの方に一瞬近づくので

ちょっと身を引き、

音楽で何も聞こえないので

Ear Potsを片方外して

「なんですか?」と少し驚いていうと

ううん、ううん、と

子供のように首をふりながら笑顔で

意味深な表情でTiaraの顔を見ました。

 

普通ならなんだろう?と

気になるところですが、

彼は自己愛性人格障害なので

そういった行動に意味はなく

ただ、Tiaraの反応をみたいだけです。

 

Tiaraが嬉しそうな顔をするのか、

それともびっくりして恐怖を感じるのか、

それともなんとも思っていないのか、

嫌っているのか、好いているのか、

そんなTiaraの自分に対する反応が

どんなか見たいのです。

 

その対応の仕方によって

自己愛性人格障害のひとから

Tiaraがどんなふうに

今後扱われるのかが決まってしまうので

慎重に反応を決めたいと思いました。

 

ですが、一瞬で決めなければならないので

とりあえずTiaraは

特別な反応はしないでおこうと決めて

普通に真剣な眼差しで彼の目をじっとみて

無表情で

「お疲れ様でした。」と言いました。

 

んふふ、んふふ、と笑いながら「じゃあね。」

と手を振り、

Tiaraとは反対方向に去っていきました。

 

んーーーー。

 

1年前に

Tiaraになんの意味もなくどすの利いた声で

凄んだひとと

同じ人とは到底思えないような可愛い笑顔で

去っていきましたね〜。

 

自己愛性人格障害という病気を知らない人なら

イチコロだと思います。

 

この上司はイケメンだといってもいいほど

色が白くて小顔で

顔立ちも端正で可愛い雰囲気があります。

 

今までも怖がられたのと同じくらい

モテてきていると思います。

 

ですが、行動が変です。

 

人が歩いている目の前を

後ろからきて わざわざ横切りますか?

 

普通に考えて邪魔だからやりませんよね?

 

お互いがクロスして歩いているならともかく

同じ方向を向いて歩いていて

先に歩いて居る人をわざわざ横切らないでしょ。

 

カニ歩きでしょうか?

 

ただ、人の反応を見たくてたまらないので

邪魔だろうがなんだろうが

人のことはお構いなしです。

 

これがまだ、

話しかけてきて一緒に帰ろうとするなら

おかしくないのですが、

今はまだ、Tiaraがどう思っているのかわからないので

自分から話しかける勇気はなく、それでも

Tiaraの反応をみて

自分がこれからどうやってTiaraと接すればいいのか

それとも接してはいけないのか見たいのです。

 

この反応は、

おそらく本当は

自分が怖い声を出したことは忘れて欲しくて

今後まだ、Tiaraとばりばり関わっていきたい方向だと

思います。

 

好きにさせるのか、それとも脅しをかけるのか、

Tiaraの心を掴んだ上で、Tiaraだけをほっておいて

他の子と仲良くするところを見せつけたいのか

よく分かりません。

 

とにかく自己愛性人格障害の人は

こういったしょうもない意味のないことをわざわざして

人が苦しむところを見たいので

相手にすると相手にした方がバカを見るのです。

 

できるだけ

こういった自己愛性人格障害の人には

興味を持ってもらわない方がよくて

自己愛性人格障害の人から見て

いてもいなくても

どっちでも気にならない存在を目指すのが

Tiaraのやり方です。

 

そして、自己愛性人格障害の人から気にも止められず

普通の人と普通に関係を深めていくことが

Tairaの目標です。

 

そうやって

自己愛性人格障害の他人とは関係のないところでしか

あなたに未来はなく、

自己愛性人格障害の人を好きになってしまったり

思いっきり真剣に向き合ってしまうと

あなたの心が病んでしまうか

居場所をなくしてしまう可能性が高いです。

 

あなたにそのつもりがなくても

自己愛性人格障害の人は

勝手に関わってきて

勝手にあなたに人生を踏みにじっていくのです。

 

自己愛性人格障害のひとと戦って

勝てる自信がない場合は

自己愛性人格障害のひとと関わらない人生を目指すと

あなたが

あなたらしく幸せに生きていける

まず初めの1歩なのです。

自己愛性人格障害の人は周りを巻き込んで自分を良く見せるために穏やかに談笑する

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の人に

どうしても狙われてしまう人の特徴について

お話ししたいと思います。

 

あなたは、自己愛性人格障害の人の穏やかな姿に

何も考えずに誤魔化されているのです。

 

 

あなたの恋人やあなたの旦那様から

いいように扱われていると感じているのなら

それはあなたに原因があります。

 

あなたがこれ以上、

相手から好きなように扱われないためには

まずこの原因を取り除く必要があります。

 

その原因は普段、

あなたがいいと思っているようなことや

あなたが善人だと思っていることに

その原因があるのです。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れる方のほとんどが

相手の気持ちがわかりすぎるほどの

共感力の持ち主です。

 

自分を犠牲にして

相手のことを思う人ほど

ひどい目に遭っているし、それでいて

自分が悪者になって孤立しています。

 

でも、よく考えたらこれは当然の結末ですよね?

だって、相手に都合よく

自分を大事にしていないからこそ、

悪者になっていても黙っているのです。

 

かといって、それに気づくと

今度は被害者の方が腹が立ってきて

過剰に怒ってしまうので

これもまた周りの人が

ドン引きになってしまう原因になってしまうのです。

 

本当は優しいはずなのに

自分のことしか考えていない人よりも

悪く見られてしまいます。

 

自己愛性人格障害とは

人から嫌われることに極端に怯えているので

自分を良く見せることを常にしています。

 

だからこそ、周りからの印象がとても良いし、

好感度が高くなります。

 

ですが、本当は自分がしたことも

他人のせいにして逃げ回っているので

ひどいことをしていることが

周りの人から見えていないのです。

 

そして被害者になりやすい人は

自分がどう見えるかよりも

相手に尽くす事で自分を認めてもらうことに

必死になっていますから

必死の努力を重ねながら

自己愛性人格障害の人が

自分のせいにしていることにすら気づかないのです。

 

まさか、こんなにも尽くしている私に

ひどいことなんてしないよね?

と思い込んで現実を見ていません。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

その場にいられなくなることが多く、

職場では多くの場合、自分から退職することになって

「こんなところにいたくない。

さっさと見切りをつけたほうが正解だわ。」

と消えていきますが、

時間が経てば、

ただ単に忘れ去られた人になるだけで

自己愛性人格障害の人が犯したひどいことは

すべてその人のせいになっていることさえあります。

 

 

こんなことになる前に

自己愛性人格障害の人に気づいて

その人の罪を背負わないようにしたいと

思いませんか?

 

それが、例え好きな人だとしても

あなたはその人が

本当にあなたのことを思ってくれる人なのか、

判断できているでしょうか?

 

自己愛性人格障害の人の特徴として

周りの人と穏やかに談笑する、という場面を

よく見かけます。

 

だから、Tiaraは穏やかに談笑している人が居ると

その人の周りの人は

自己愛性人格障害の人に

合わせさせられているのではないかと

疑います。

 

もし、合わせさせられているとしても

その周りの人たちは気づかず、

自己愛性人格障害の人の人が

本当に穏やかな心の広い人だと

勘違いしていることが多いです。

 

昨日のブログでも書きましたが、

自己愛性人格障害の人が切羽詰まっていると

なんとしてもよく見せたいと言う思いが強く、

無理矢理、話を長引かせられて、

共感力の高い人たちが

もうそろそろ、他のことがやりたいのに

なんか知らんけど逃れられない、ということ思いから

自分でも気づかない間に自己愛性人格障害の人に縛られて

席を立ちたいのに立てない、という苦しみから

顔が赤くなっていることがあります。

 

そんな場面を見ると、

中心で、穏やかに話している人は

間違いなく自己愛性人格障害です。

 

気づかれないように

人を操作しているのです。

 

その目的はすべて自分をよく見せたいだけです。

 

だから、

見るからに悪そうな自己愛性人格障害の人は

ほとんどいません。

 

ほとんどの場合、

自己愛性人格障害の人は周りの人から見て

好印象なのです。

 

もし、自己愛性人格障害の人に

引っ張られそうな時は、

自分はやらなければならないことがあるからと

いつまでも自己愛性人格障害の人に引っ張られず

自分の意思で動くようにしないと

時間をかけて被害者に見立てられ、

やがては理不尽な嫌がらせや

当たられたり、怒られたりと

立場を追いやられることになります。

 

その暖かそうな雰囲気とは真逆に

だんだんと、

理不尽に責め立てられるようになるのです。

 

それは、自己愛性人格障害の人のイライラを

自分を信じた人に安心してぶつけるためです。

 

自己愛性人格障害の人がいても

自分を守ることはできるのです。

 

穏やかな雰囲気に巻き込まれないよう、

本当に周りの人に気を配れる人かどうか

きちんと判断をして距離を置くようにすることです。。

自己愛性人格障害の人の行動について

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

行動についてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は、

どうしても、ターゲットを決めて

自分の言うことを聞いてくれるような

安心できる存在に対して

ひどいことをしてしまいます。

 

ひどいことをして楽しむことが目的だというよりは

ひどいことをして、

自分よりも惨めな存在がいることを

目で見て確認しなければ

自分の存在価値がないと感じてしまう惨めな気持ちに

耐えることができないので

本当はそんなことはしたくないんだけど

どうしてもしてしまう、と言うのが

深層心理です。

 

そして、その

本当はそんなことはしたくない、

という気持ちも、

共感力からくる

相手が惨めな思いをして

かわいそうだと感じる気持ちは

共感力のない自己愛性人格障害の人にはありません。

だから、そうではなくて

自分がひどいことをする人間だと

自覚することにも耐えられないので

被害者の方が

そんな事をされても仕方の無い人間だから

と思い込むことで

自分がひどい事をしている責任感から

全力で逃げて楽になろうとしているだけです。

 

ですがまあ、そんなわけで

どうしても近くにいる人に

ひどいことをしてしまうわけですが

自己愛性人格障害の人がおかしいことに

どうしても気づく時期が来てしまいますので

被害者が逃げようとする時期は

割と当たり前のようにやってきます。

 

今回は、Tiaraも

自分から逃げたわけではありませんが、

部署移動をして1年ほど前に離れた上司と

今はまた、同じ部署で過ごしているのですが、

彼はTiaraが避けていたことを知っています。

 

以前の部署で

もちろんできるだけ関わらないように

していたのですが、

どうしても彼の方から

近づいてくることはよくありましたし、

いちお、付き合いが短いため

そんなに大きなトラブルはなかったのですが、

Tiaraがどうしても

自己愛性人格障害に気づいてしまうため、

付かず離れずの距離を保っていました。

 

頭がよく、仕事もできて

立場も会社の中ではわりと上の方にいます。

 

いくつかの部署を取りまとめる統括で

年齢も40代半ばでルックスも悪くなく

かわいらしい雰囲気も持っていて

語学も堪能です。

 

器用に立ち回り、女性のファンも多いですが、

Tiaraは仲良くしていないわけでは無いのですが、

いざと言うときに避ける傾向にありました。

 

普段はほとんど話さず、黙々と仕事をしながら

でも、上司に話しかけられた時や

話をしなければいけない場面では普通に話をし、

ですが飲み会のお誘いや、自分できめられる仕事の時は

なるべくこの上司と一緒になるのはさけ、

「どうしてきてくれないの?」と

膨れっ面をされたことは何度もありました。

 

自分でも流石におかしいと思うくらい

お断りをしていて

でも話す時は、にこやかにあっさりと

でも、どうしてもいけない理由を述べて

「ではまたの機会に」とニッコリと

立ち去るようにしていました。

あまりにTiaraへの近づき方に

変だと思っていた男性社員もいて

「あの人にとってTiaraさんはそういう存在です」

と笑いながら冗談っぽく

言ってくる人もいました。

 

その人は自己愛について

多少は理解していて

自分も

別の自己愛性人格障害の被害にあったようで

1年ほど休職をしていた人です。

 

今は復帰して、

Tiaraの以前いた部署で働いていますが、

そういう人には気をつけているようです。

 

自己愛性人格障害という病気まで

知っているわけではなさそうですが

ある程度、そういうことがあることは

理解しているようです。

 

以前の職場でこの男性が

上司がTiaraに近づくことを防御していたため

Tiaraに話しかけることが

難しくなってしまった上司がキレて

Tiaraに意味のわからないことで怒鳴り込んだことが

最後にありました。

 

これはTiaraの予想なのですが、

自分が部署を移動することになり、

最後にTiaraを引きつけたかったのに

引き付けれられなかったから

なんとかしようと必死になっていたので

それでも避けられてブチギレたんだと思います。

 

いくら自己愛性人格障害を知っているTiaraでも

この上司は元彼と非常によく似ているので

悲しかったのと怖かったのと

いろんな感情が入り混じり泣いてしまいました。

 

逆に自己愛性人格障害を知らなかったら

ただ単にびっくりしただけだと思います。

 

その日は、もう、明日から

違う部署に行くというのに

仕事が終わり、会社を出た後も

Tiaraの個人携帯に電話をかけてきて

「今日の勤務表きちんと入力した?」とか

どうでもいいことで電話をかけてきたりして

どうしてもTiaraを惹きつけたかったのが

とてもよくわかります。

 

そして1年後、移動のお誘いですから

ふつうなら断るのが

自己愛性人格障害としても対処法なのですが、

向こうにも自己愛性人格障害の女性がいたため、

その上司がいなくなってからは

その女性に苦労をしていたので

もううんざりしていて

たまたま1人だけではなく、

仲のよい男女がもう2人、行くことになったので

決心して、以前の上司のところに移動してきました。

 

彼は惹きつけ行為もあるので

恋愛ではありませんが、

Tiaraが元彼の時に一番勉強した

恋愛関係の自己愛対処が使えると思います。

 

現在、元上司と2ヶ月ほど

そばで仕事をしていますが、

割と距離を保ちながら仲良くできています。

 

直接この上司と一緒に仕事をする機会はなく

ですが、上司の承認をもらうときや

何かの申請の時にはこの上司を通さねばなりません。

 

以前の職場では

仕事も同じ関係の仕事をしていたのですが、

今回は転勤のお話があった時も

以前の部署の上司に

自己愛性人格障害の上司の

直属の部下は嫌だと伝えてあるので

間接的にしか関わらなくて済みますが

席は割と近くで

いつもTiaraの行動や誰と話しているのか

チェックをしているのがわかります。

 

今の部署は若い子が多く、

みんな仕事に燃えているので一生懸命仕事をしますし、

連絡も蜜に取り合い、

いつも話をして和気藹々とやっています。

 

お仕事はとても大変ですが、

とてもやりがいがあり、

以前の部署で

自己愛性人格障害の女性から

情報を遮断されてやっていたときよりは

よほどのびのびと仕事ができます。

 

残業も遅くまで続いていて

Tiaraも夜遅くまで会社にいるので

上司が気にして

「まだ帰らんの?流石に遅いぞ?」とか

「明日もあるんだから。。」とか

必死で帰そうとしてきますが

まだやることはあり、他の子達も残っているのに

Tiaraだけ帰そうとするのはおかしいです。

 

ただ、女性は8時ごろには

ほとんど帰ってしまいますので、

女性で残っているのはTiaraだけですし、

明らかにヤキモチを妬いているように見えます。

 

周りの子達もそう思っているようで

以前は「Tiaraさん、

こっち手伝ってもらっていいです?」とか

「今日は何時までできますか?」

と言って手伝ってもらおうとしていた男の子たちが

最近では

まだやらなけらばいけないことが

たくさんあるのに

「Tiaraさん、今日はここまででいいですよ?」とか

「大丈夫です。」と言ってきます。

 

ですが、「人が足りないけど

うちのチームにはもう人は入らんの?」とか

「限界。キツイ」などと話している様子も

たまに目にします。

 

隣の席の男の子は

明らかに元気がなくなってきているのが

よくわかりますし、

「大丈夫?」と言うと苦笑いで

「だんだん、意識が遠のいてきますね。」とか

「考えられなくなってくる。あはは。。」と

頼りなげに笑います。

 

「まだ残っても良いよ?」とか

「大変だったら何か手伝うから

声をかけてね?」と言うのですが

「だいじょうぶです。」と言います。

 

もしかしたらTiaraが帰った後、

上司に何か言われてるのかもしれないし、

この上司がTiaraに

「帰らんの?」とか言っているので

遠慮しているのかもしれないです。

 

Tiara的にも、手伝いたいし、

スキルもあがるし、バツイチなので

ここの会社は給料がいいことで有名なので

生活が潤うし、いい事づくめなのですが

適当に帰ります。

 

上司がTiaraのこだわっているようにも見えますし

気遣ってくれているようにも見えます。

 

ですが、この上司は自己愛性人格障害で

以前の職場でTiaraに避けられていたので

今は必死で自分の印象を

挽回させたいのだと思います。

 

それって好きな気持ちに反応が

とてもよく似ていますよね?

 

ですが、そうでは無いのです。

 

自分が嫌われたくない、と言う気持ちが

自尊心がまったくない自己愛性人格障害にとって

嫌われることは

極端におそろしいことなのです。

 

もちろん普通の人も人から嫌われることは

嫌だと思いますが、

自己愛性人格障害の人は

その次元ではありません。

 

普段、堂々としている姿からは

とても想像ができないのですが、

それがばれることも怖いので

完璧に隠しているからわからないのです。

 

自分が前の部署で、

最後に品のない

ヤクザのような声を出して脅してきたことで

Tiaraに嫌われているかがとても気になっています。

 

徐々に普通に話すようになってきているTiaraに

嬉しそうな態度を取ることもしばしばあります。

 

人目をはばからず、

嬉しそうな声を出してはしゃいでいるので

周りも多少引き気味ですが、

自己愛性人格障害は共感力がないので

そんなことはお構いなしです。

 

そんなところが、

自己愛性人格障害の人を子供っぽく見せ、

そしてそれをいいふうに受け取れば、

素直で純真な人、とも捉えられることがあるので

自己愛性人格障害の人が

人気がある理由にもなっています。

 

ですが、それを信用してしまい、

素直に受け止めてしまうと

こちらのことをお構いなしに蹴落としてくるので

後からとても怖い思いをします。

 

現在のその上司は

自分をいい人に見せようと必死で

穏やかに周りの人たちと談笑したり

仲良く話して楽しそうな雰囲気を醸し出していますが、

自分からはほとんど

Tiaraに近づいてきたりはしません。

 

まあ、仕事もなんとなく関わってはいるのですが、

ほとんど関わりはないので

直接の指示は出しにくい状況です。

 

とはいえ、同じチームの違う班、と言う感じなので

少し関わったり微妙な感じです。

 

いちお立場は上なので

Tiaraの様子や

周りの状況をうまいこと持っていき、

Tiaraたちの

チームに関わることにできる立場にあるので

徐々にこちらに近づいてきているのがわかります。

 

いちお、1人だけ彼より上の立場の上司がいますが、

年齢的にも自己愛性人格障害の上司と同じくらいらしく

他の子の話を聞くと、

どうもこの二人は同期らしいです。

 

だから俺がこっちをやるよ、といえば

きっと彼のその上司もいいよ、

といいそうな雰囲気なので

どうとでもなりそうです。

 

自己愛性人格障害の上司の1つ上の立場の上司ですが、

この人もまた素敵な人でしかも

自己愛性人格障害ではありません。

 

若い子の話によるとこの人は人たらしらしく

優しくて雰囲気は穏やかで

普段はおおおらか、

でも締めるところはビシッと言える人、

ということです。

 

ですが、本当にいい人そうなので

Tiaraは少し心配ですが、

本当に締めるところはビシッと言える人は

穏やかな人の中にもいますから

若い子の言う通り

本当にそうなら大丈夫かもしれないです。

 

ただ、普段はおおらかなため、

誰の意見でも「やってみよっか?」と

認めてくれる人なので

自己愛性人格障害の上司にも

「いいよ、じゃ、やってくれるかな。」

と普通にいいそうです。

 

Tiaraのチームの30代前半の

とても仕事ができる

一生懸命なイケメンの男の子がいるのですが

最近、よく自己愛性人格障害の上司のそばで

長く話をされています。

 

笑いながら話をしていますが、

その男の子の顔が

なんとなくひきつっているようにも見えて

大変そうです。

 

 

何を言っているのかはよくわかりませんが、

取り込んで逆らえないように

徐々に洗脳して言っている途中に見えます。

 

その子はTiaraのチームで

平社員の中では将来の出世株だと思います。

 

重要な会議で発言していることも多いので

将来は、

会社で重要な仕事を任せられる立場になりそうですが

この子とTiaraも仲がよく

この子の仕事の手伝いもよくしているので

この子からTiaraに来ないか、少し心配です。

 

Tiaraのチームは6人いて

6人でよく残って夜遅くまで仕事をしているのですが、

自己愛性人格障害の上司の方をチラッと見ると

黙々と1人でパソコンにむかって

仕事をしているのですが

とても怖い顔をしていて顔が真っ赤です。

 

本当は爆発しそうな怒りがあるのに

それを出さないように我慢しているように見えます。

 

それが、9時、10時になってくると

ソワソワして落ち着かなくなり、

Tiaraのところに来てちょっかいを出し始めますから

きっとTiaraがみんなと仲良く仕事をしているのが

嫌なのでしょう。

 

Tiaraも、

自己愛性人格障害の思い通りにはならない、と

この上司を洗脳するつもりで

まったく彼を無視してみんなと一生懸命

仕事をしていましたが、

最近少し、かわいそうになって来ました。

 

とはいえ自己愛性人格障害には

同情するととても恐ろしいことになるのですが、

Tiaraはそれを知っていますので

本当に心を許すことがありません。

 

だったらもう、Tiaraを思い通りにできない、

と思うところまで来たら

できるだけ

みんなとわきあいあいとやっている姿は

見せない方が、

自己愛性人格障害の人の心情的には

楽だと思います。

 

楽だとはいえ、

先天的な怒りを常に抱えていますから

自己愛性人格障害の人が人の活躍や

仲のいいところをみて

穏やかでいられるはずもないのですが、

少しでも楽なように

小声で話して、

極力笑ったりしないで連絡を取り合いながら

できるだけ動きは地味にしていたほうがいいでしょう。

 

その上で、

自己愛性人格障害の人が見ているからと

まだ仕事があるのに帰って

みんながしんどい思いをしたりする必要は

ありませんが、

仕事がある時は残るけど、

その状況に口出しはできないが

できるだけ

自己愛性人格障害の人が

怒りも持たないようにすることが

お互いのためになるでしょう。

 

まだまだこの上司を

コントロールして行く必要がありそうです。

 

ただ、自己愛性人格障害の人は

この人1人ではないので、

そのほかの自己愛性人格障害の人も

できるだけ刺激をしないように

そしてみんなが我慢をしたり、

仕事が一部の人に偏ったりしないように

コントロールして行くことが肝心になります。

 

やはり、仕事のできる人や

この業界で重要なポジションをとって来た人には

その傾向が見られます。

 

若い子に話すと

「ああ、理数系の人に多いタイプだなと思います。」

と言っていました。

 

確かに理数系の人に多いかもしれませんが、

理数系のタイプが

自己愛性人格障害になるというよりは

自分の正解に黙々と浸りやすいので

周りのことを気にしないで済む時間が多いので

自己愛性人格障害の人が少しでも楽な世界なのかも

しれません。

 

専門性の高い職種なので

頭の良い人も多く、有名な人も多いですし、

博士号などを持っている人も多いですが、

確かに少し離れたとこにいたころは

穏やかで本当に優しい人に見えていた人も

近くで仕事をするようになると

気難しそうに1日中パソコンの前で

なんとなくイライラした雰囲気を出しながら

仕事をしていたりします。

 

かと思うと、ほかの人がその人に惹きつけられたように

話をしていてしかもその人たちの顔が笑いながらも

苦しそうにみえます。

 

もしかしたら、

そういった人たちも

自己愛性人格障害なのかもしれないな

と思うようになりました。

 

何気なく仕事をしていたり、

会話をしていたりすると

とんでもないことになります。

 

まだ、自己愛性人格障害の恐ろしさに

気づいていないのです。

 

ですが、彼らも苦しく、

そしてトラブルが起きることも

自分でも知っていると思いますので

苦しそうに

今にも出そうになる大きな怒りを

我慢をしているのです。

自己愛性人格障害の人はあなたの魅力をまわりの人から見えなくしてしまう

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

被害に遭いやすい人の

ロマンチックな考え方について

お話したいと思います。

 

自己愛性人各障害の被害に遭いやすい人は

ロマンチックな考え方で

彼の態度や言葉を良い方に考えます。

 

彼が冷たくするのは

私が彼の気持ちを

わかってあげられなかったからではないか?

と考えてしまい、

理不尽に

自己愛性人格障害の人の怒りを

ぶつけれられているだけなのに

なんとか気持ちをわかってあげようとして

自己愛性人格障害の人の寂しさに

心を寄せてしまいます。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れる方のほとんどは

とてもロマンチックな考え方をする人が多く

例外なく努力家で辛抱強いところがあります。

 

自己愛性人格障害の人は

自分を良く見せることに長けているので

実力以上に自分を良く見せることがとてもうまいです。

 

世の中の不思議な原理として

堂々としていれば

嘘も本当のことだと捉えられてしまうことが

よくあります。

 

代わりにおどおどしていれば

例え悪いことをしていなくても

悪いことをした、と捉えられることも多く、

実は共感力のない自己愛性人格障害の人の方が

徳をしやすい世の中になっています。

 

TIaraの経験からも、

または恋愛相談室の相談者の方のお話からも

被害者は何も悪いことはしていないのに

悪く思われることはとても多いです。

以前、Tiaraの交流会に参加してくださった方が

自己愛性人格障害の彼の元カノは

本当にひどい人ばかりだ、というお話を

よく聞いたとおっしゃっていたのですが、

Tiaraはその話は真逆だと思います。

 

本当は自己愛性人格障害の彼が

元カノたちにひどいことをして

共感力がないため

罪悪感なく、元カノたちを悪者にすることができるので

そのおかげで彼の方が同情をかっている

と思いました。

 

 

自己愛性人格障害の人は

平気で自分が苦しめた被害者を悪者にすることができ、

またそういったことを平気でできるおかげで

まわりの方から親切にされやすいという

特徴を持っているのです。

 

だから

被害者になった方はたまらないのですが

またその被害者自身も

自己愛性人格障害の人の

表面的な魅力に魅せられている場合も多く

彼に自分の存在や努力を認めてもらえない悲しみに

苦しんでいる人も多いとおもいますが、

今だからTiaraにはわかるのですが

自己愛性人格障害の人とあなたには

そんなに違いはありません。

それぞれの魅力が違うところにあるだけなのです。

 

あなたが彼に感じている魅力は

あなたにはないかもしれませんが、

あなたが持っている魅力は

自己愛性人格障害の人は

手に入れたくても手に入れられないのです。

 

自己愛性人格障害の人は非常に魅力的で

弁が立つ人が多く、

才能や力を持っていたりするのですが、

あなたと違うところで

戦っているだけなのです。

 

自己愛性人格障害の人の得意な土俵に

勝手に上がらせて勝負をかけてくるので

あなたの方ができていないと思ってしまいそうですが

そもそも戦う場所が違うのです。

 

かといって自己愛性人格障害の人は

被害者の得意なところに

目を向けようとしませんから、

あなたにはなんの価値もない、と思っているだけで

本当はあなたの方が自己愛性人格障害の人よりも

優れた部分を持っていることが多いのです。

 

遠慮深く、自分に自信のないあなたは

自分の得意なところに目を向けていないだけで

自己愛性人格障害の人がまわりの人をコントロールして

あなたのすばらしい面に

みんなが目を向けないように

コントロールされなければ

普通はあなたも注目を浴びる存在なのです。

 

あなたの魅力的な部分に

どうしても極端な嫉妬心を持ってしまう

自己愛性人格障害の人が

あなたの魅力的な面に

周りが目を向けないように

あなたの話になると話を逸らして

その話にならないようにし、

あなたの欠点ばかりをクローズアップして

周りに伝えるので、

まわりの人もあなたの欠点ばかりに

注目してしまうようになるだけで

本当はそんなことはないのです。

 

このように

自己愛性人格障害の人のそばにいると

ろくなことになりません。

 

あなたが自分がどう思われるか

極端に拘っていないため

自己愛性人格障害の人が

そんなことをしていることに気づかないのです。

 

あなたはどうか

自己愛性人格障害の人を

さりげなくチェックをして

そんなことをしているかを考えてみてください。

 

もし彼に

自己愛性人格障害の特徴が現れたらその人は

自己愛性人格障害を疑った方がいいです。

 

その上で彼の特徴が

自己愛性人格障害だと判断した場合は

少し距離を置いて

あなたの情報を与えすぎないように気をつけながら

心の中で一線引いて

あまり真剣に受け取らないようにしながら

付き合っていくと

あまり辛さを感じずに

普通に穏やかに付き合っていけると思います。

自己愛性人格障害の人とはあまり仲良くしないほうがいい

こんにちは♡

やっとブログを書くことができました♡

 

とにかく最近は部署移動をしてから

とても忙しく、

夜遅くまで残業をしています。

 

ブログを書きたいな、と思っていても

連日あまりに遅いので

帰るとご飯を食べてお風呂に入ったら

すぐに日付を超えてしまいます。

 

Tiaraにはまだ1人

家を出ていない息子がいるので

その子のために、

翌日のご飯を作っておいてあげないと

いつ帰れるかわからないので

帰ってからご飯をつくっていると

なかなかブログを書く暇がありません。

 

Tiaraのブログを楽しみにしてくれているあなたには

とても申し訳ないのですが、

自己愛性人格障害の人に対する興味は

病的なほど持っていますので

時間があれば更新いたしますので

楽しみに待っていてくださいね!

 

さて今日は、

自己愛性人格障害の人とは

あまり仲良くしないほうがいい

ということについて

お話したいと思います。

 

仲良くしないほうがいい、といっても

毛嫌いをしろ、という意味ではありません。

 

自己愛性人格障害の人は

他人が落ちぶれているところを見ていなければ

精神が安定することがないので

機会があれば

すぐに人を蹴落とすことをしてしまいます。

 

自己愛性人格障害の人の精神状態上

それは、自己愛性人格障害の人自身にも

止めることができないので

仕方がないのですが、

仕方がない、といっても

誰かが犠牲になっていい、とは思っていません。

もちろん、犠牲になって欲しくはないのですが、

自己愛性人格障害の人に近づくと

どうしても他人の欠点を溜め込んで

今ならバレない、という絶妙なタイミングを見計らい、

自己愛性人格障害の人が悪者にならず

あなたを蹴落す材料を集めやすくなってしまいますので

攻撃される可能性が高まります。

 

しかも自分をよく見せる技術に長けていて

しかも極端に臆病な性格から

自分を絶対に悪く見せないので

普通にまわりの人だけが

勝手にトラブルを起こしているように

見えてしまいます。

 

だから、どんなによく見えても

どんなにかわいそうに思えても

同情してはなりません。

 

かといって蹴落すようなこともせず

関わりを持たないほうが

被害を受ける可能性が劇的に低くなりますので

できるだけ仲良くしないほうがいいのです。

 

とはいっても自己愛性人格障害の人は

被害者体質の人が異様に好きで

向こうから近づいてきてしまいますので

あなたがもし、自分で

自己愛性人格障害の被害を

受けやすいタイプだと考えるのなら

できるだけ距離を離したほうがいいのです。

 

Tiaraもやはりどうしても

自己愛性人格障害の被害に遭いやすいようで

昔はモテている、と勘違いしていた時期もありました。

 

でも、こうなってみてわかるのですが

普通の人は、悲しいことに

あまり極端に

Tiaraに好意を持ったりしません。

 

ぐいぐい近づいてきて口説いてくるのは

自信のある自己愛性人格障害の人が

ほとんどです。

 

自信があるから口説いてくるんだ

と思っていましたが、

そうではなく

自己愛性人格障害の人の支配欲と

被害者体質の人の

精一杯尽くして自分をわかってもらおうとする部分が

ぴったりと合うだけのことで、

モテているわけでは無いのです。

 

むしろ、そうやってくっついたカップルのほとんどが

ひどい状態になり、

お互いに依存関係になって

攻撃をし、攻撃をされ続けながら

長く続くカップルもいるのです。

 

職場や同性同士の場合は

ほとんどの場合がひどい状態になり

被害者のほうが耐えられなくなって

離職するケースも多く、

初めから自己愛性人格障害の人とは

深く関わってはいけないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分が嫌われることにひどく怯えていますから

優しくして近づいてくることが多く

被害者と自己愛性人格障害の人がくっついてしまうのは

当然の結果といえばそうなので

気をつけて相手を見ないと

ひどい目に遭うのです。

 

Tiaraは現在の職場は

自己愛性人格障害の上司に引っ張られたとはいえ

一緒に仕事をするメンバーには非常に恵まれています。

 

新規事業の立ち上げなのでやることは多く

非常に仕事も多いので

特によく一緒に組んでいる人とは忙しいながらも

連絡は密に取り合い、

協力して細かいことまで話し合いながら

業務に取り組んでいます。

 

忙しいながらも充実した日々を送っていて

それを横目に自己愛性人格障害の上司が

Tiara達の様子を見ながら

常にチェックしている様子はわかります。

 

ことあるごとにわざわざ近づいてきて

Tiaraに話しかけてくるので

まわりの男の子達は、この上司が

Tiaraのことを好きだと思っていると思います。

 

以前の職場でも

この上司のことを

「〇〇さん、絶対Tiaraさんのこと好きですよ!」と

言われたことがあるので

勘違いしている人も多いと思います。

 

夜遅くまで残業をしていると

だんだん気になってくるようで

Tiara達があーでもない、こーでもない

とわきあいあいと話をしている時と

必ずTiaraの横に来て

「おい!帰らんでええんかい?」とか

「Tiaraさん、寝んといかんだろー?」とか

「まだ帰らんの?俺も流石に帰るぞ?」

と言ってきます。

 

確かに以前の部署では

遅くとも19:00ごろまでには帰っていて

忙しい時期になると

たまーに20:00過ぎまで会社にいましたが

ほとんどが17:00か18:00には家に帰っていました。

 

上司が異動になってからは

遅くまでいることもありましたが、

上司が知っている頃は

Tiaraはそんなに遅くまで残業することは

なかったかもしれませんが、

他の子達も遅くまで働いているし、

Tiaraのチームは仕事が終わらないので

これでもTiaraは早く帰っているほうです。

 

 

若い男の子達はもっと遅くまで残っているのに

Tiaraにだけ早く帰らんとと言っていると

Tiaraのことだけ気にかけているように見えます。

 

自己愛性人格障害の人は

ただ、自分がターゲットにしている人が

他の人と仲良くしているところを

見ることに耐えられないので

言っているだけなのですが、

自己愛性人格障害の特徴を知らないと

「好き」に見えます。

 

以前のTiaraなら

Tiara自身も勘違いしていたと思いますが

そうではありません。

 

笑いながら「いいんですよー」とか

「なんですか?」と冷たく言ったり、

「私は1人なので自由ですし、

犬がいるだけなのでいいんです。」

と冗談っぽくかわしていますが、

Tiaraたちがわきあいあいとしているとき、

下を向いて顔を真っ赤にし

怒りを我慢している様子をたまに見かけます。

 

そんな時は、

まわりの人たちに被害が行かないように

しゃがんでTiaraの姿が見えないようにしたり、

声を小さくして

自己愛性人格障害の人の神経に触らないように

したりしていますが

どうしても近づいてきてしまいます。

 

Tiaraが帰ってしまうと

仕事が終わらないので

できるだけ目立たないように

自己愛性人格障害の人の

いない時に話をしますが、限界があるので

どうしてもそういったシーンを

見られることが多いです。

 

あまり冷たくしてもいけないし、

かといって、いうことを聞こうとしてしまったり、

やさしいな、と思って

なついてしまったりしてもいけません。

 

あれは優しさでは無いのです。

 

冗談で軽く流して

あまり相手にせず、気にもせず

関わりを持たないことが大事です。

 

自己愛対策を意識的にやっているTiaraは

こうした振る舞いにも慣れてきて

本当に心底からは

自己愛性人格障害の人に興味を持つことは

なくなりました。

 

自己愛性人格障害の症状そのものには

むしろめちゃくちゃ興味があるのですが

自己愛性人格障害の人、個人には

興味を持たなくなりました。

 

 

ただ、少し離れた距離から見ると

かわいそうだな、とは思い、

ともすると心が締め付けられそうになって

苦しくなってしまいそうですが、

その人個人と深く関わっても仕方ないと思っています。

 

それどころか

自分の生き場をなくしてしまいますので

関わってはいけないのです。

 

自己愛性人格障害の人の寂しさは

その人の雰囲気から滲み出ていて

ともすれば、同情しそうになってしまうのですが、

Tiaraも元彼と過ごした数年と

自己愛性人格障害の人に

異様に興味を持ってしまった数年とで

恋愛をするのが難しい年齢になってしまいましたので

この先、1人で生きていくには

居場所(職場)をなくしたくありません。

 

自己愛性人格障害の人に潰されている場合では

無いのです。

 

幸い、安定した企業にいるので

生活は潤っていますし、

Tiaraには子供もいて

幸せです。

 

収入さえあれば、

生きていけるし

今の職場の雰囲気も悪いものにしたく無いので

まだ他にもいるであろう自己愛性人格障害の人が

攻撃しにくい雰囲気を作ります。

 

自己愛性人格障害の人は

攻撃をどうしてもしてしまうのですが、

それをできないようにすることはできますので

それには毅然とした態度と

ブレない自分、というものが必要になります。

 

寂しがりやでは

自己愛性人格障害の人に潰されてしまうのです。

 

会社の中でも他の人が「嫌われる勇気」

という本について語っている声を

ちょこちょこ耳にしますが、

そういった本を読んでいる人もいるようです。

 

Tiaraはお恥ずかしながら、

まだ読んだことがないのですが、

自己愛対処のような本なのでは?

と思っています。

 

そう言った意識を持つ人が増えてきて

人と一緒にいないと寂しい、と群がる人が

昔よりも減ったイメージがありますので

自己愛性人格障害の人が

やりづらくなってきている世の中になりつつある

と思っています。

 

コロナの影響もあり、

人が至近距離で密に集まる、

という機会がなくなってきているので

1人を寂しい、と思う人も減ってきている

とは思いますが、

1人でいたくない、誰かと一緒にいたい、

という思いが強ければ強いほど

自己愛性人格障害には狙われやすいのです。

 

とはいえ、子供や動物は

人がいないと落ち着かない、というところはTiaraも

息子の子や飼い犬で十分に見ていますので

子供の頃は特に、

愛情はとても大切です。

 

あなたは守られている大切な存在、

という安心感のないところで育てられた人が

自己愛性人格障害や被害者体質になる

と思っていますので

子供や動物にはしっかり愛情を与えたいと思います。

 

その上で、自己愛性人格障害のような

人からの賞賛を渇望する病気の人からすると

他人が楽しそうにしているところを見ると

異様に不安になる病気の人や

どうしても人を

自分よりも下だと見下していないと

満足感を持てない、病気の人がいることを

理解しながら行動していかないと

普通に生きるだけでも難しくなるのです。