自己愛性人格障害のひとは他人をどうしても見下して言わないと気が済まない


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分よりも他人を必ず下に言わなければ

気が済まない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとを見ていると

本当に驚くことがたくさんあります。

 

中には表向きは落ち着いて見える人も

いるので

分かりにくい場合もありますが、

思い切り表面に出てしまっている人も

みえます。

 

自己愛性人格障害にも

個性がありますので

どうしても自分のことを

周りの人に聞こえるような

大きな声でアピールするひともいるのです。

 

この場合、この自己愛性人格障害のひとは

話をしている人と

会話をしているわけではありません

 

 

そういう人は

よく見ていると

誰か他人と話しているときも

周りの目をしっかり意識していて

一緒に会話をしている人だけでなく

周りのひとにも聞こえるような大きな声で

自分のことを有能だといっているのです。

 

 

Tiaraの席の隣の女の子ですが

Tiaraは自己愛性人格障害ではないかと

疑っています。

 

なぜかというと

何をは話していても

人のことをバカにしたような

冗談めいた話し方で

話しのネタのひとをディスるのです。

 

たとえばそんなに知らないくせに

「あの人、(自己愛性人格障害の)

課長に怒られていたよ。」と

かわいそうだなと思って話しても

まるでTiaraと話しているわけではなく

周りの人に聞かせるように大きな声で

「あんなのダメな人に決まってるじゃん!!」

と嬉しそうにふざけながら言ったりします。

 

彼女はまだ入ってきたばかりだから

知らないと思いますが

その話のネタになっている人は

見た目こそオタクっぽくて

気が弱そうなタイプに見えますが

大変頭がよく有能な方です。

 

ただ、謙虚でおとなしく

まじめなタイプなので

言いやすく

たまに自己愛性人格障害の課長の

おなかの中の怒りを

その人のせいではないのに

ぶつけられています。

 

 

それはその人が悪いわけではなく

自己愛性人格障害のひとの

こじ付けなのです。

 

Tiaraはもちろん気づいていましたし

普段いろいろな仕事を回す彼は有能で

弁に長けているわけではありませんが

できるだけ細かく調べて

分かりやすく説明することができます。

 

 

ただ、その時は

自己愛性人格障害の課長が

とにかくこじつけて

その人が悪いように言っていたので

怖かったでしょうし、

ドキドキして、ちょっとどもって

まごまごしていたのです。

 

顔を真っ赤にしながら

「あの。。。すいません。。。

 

ですが。。

 

それは。。。

あの、。。。」と

どれだけ、課長が言うことについて

説明しようと

何とか間に入ろうと思っても

自己愛性人格障害の課長の説教は

大声で怒鳴りつけ、間を置かないほど早口で

まくしたてるので

入りたくてもい入るスキが

なかったのだと思います。

 

それを何も知らずに

「あの人そんな感じのひとじゃん!!

ダメ男ぽくてそりゃ怒られるよ!」

とキャラキャラと甲高い声で

大笑いし、

周りのひとにも丸聞こえな大きな声で

その人の失敗をさらして

大笑いしていました。

 

 

彼女は何もこの人のことだけでなく

TiaraのこともTiaraの話の中に出てくる人も

周りの人のことも両親も

必ず笑って大声で

周りの人に聞こえるように大きな声で

1つも漏らすことなく

ディスり飛ばすのです。

 

このことはTiaraだけでなく

周りの席のひともみんな

感じていたみたいです。

 

みんな

初めからそう思ってました、

と言っていました。

 

自己愛性人格障害のひとは

大げさではなく

1つも相手のことを認めないのです。

 

もしも普段ディスっていたとしても

たまには

「ああ、あの人はすごいよね。」とか

「そういうこともあるよ。」

とか

「分かるよ。」などということも

たまにはあれば

おかしいとは思いません。

 

 

しかし、この子については

極端に人を認めた話をすることがないのです。

 

Tiaraはおそらく

彼女は自己愛性人格障害ではないかと

おもいます。

 

自己愛性人格障害のひとも

尊大な自分や温厚な

もの分かりの良い自分を演じているときも

ありますので

そういったときは

寛大な話をしたり

「自分にもわかるよ。」

と言ったりすることがありますが

そんなときは声のトーンや言い方

目線の寄せ方で立派な自分を演じているのが

分かります。

 

ですが、普段のセリフや態度などで

分かるのです。

 

この子がもし自己愛性人格障害だったとした

とんでもないことになります。

 

Tiaraとは全く関係のない見たこともなく

彼女の友達のことを

「こんなこともできないんだよ。」

「あんなこともできないんだよ?」

と何回か聞いたことがあります。

 

こういうところも

もともと気になっていました。

 

Tiaraが見たこともない

その女の子の友達のダメなところを聞いても

どうしようもありません。

 

ただ、その時は

友達のダメなことを聞かされても

どうしようもありません。

 

 

それなのにそんな細かい

Tiaraに全く関係のない

友達のダメなところを

言わなければいられないほど

彼女の自尊心が傷ついているのです。

 

自己愛性人格障害とは

本当に恐ろしいです。

 

友達だろうが恋人だろうが

一生懸命やればやるほど

バカにされていくのです。

 

この子がもし自己愛性人格障害だったら

大変なことになりますので

これからはできるだけ距離をとって

付き合っていったほうが

安心なのです。

 

自己愛性人格障害のひとと

あまり話さないほうがいいです。

 

自己愛性人格障害のひとの口によって

あなたの評判は

落とされていってしまうのです。

 

あなたの愛を向けてもいい人といけない人がいるので

しっかりとあなたが見極めていかなければ

なりません

自己愛性人格障害のひとの攻撃が少し引いているなと感じるときはあなたではないほかのひとにターゲットが移っている可能性がある


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

しがみつきについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

治ることはほとんどないと

言われています。

 

あなたの彼がもし

自己愛性人格障害だとするならば

あなたはいつか彼が

分かってくれるようになるかもしれないと

いつまでも一緒にいて

今よりも良い関係が築けるようになるまで

頑張ることは

非常に危険です。

 

 

あなたが彼から

離れなければ、離れないほど

自己愛性人格障害の彼は

あなたを縛り付け

そしてあなたの自分以外の

世界をすべて壊していきながら

あなたを自分から離れられないように

しています。

 

彼自身も必死で努力をして

あなたが彼を全面的に信じれば信じるほど

彼はあなたの心を壊していきます。

 

そして、あなたが彼のことが怖くなり

彼と距離を置くようになると

あなたには何もできなくなる可能性が

高くなるのですが

この場合は、

彼の病気の症状が治ったわけではなく

彼があなたに離れていかれると困るため

ターゲットをあなたから

別のだれかに移動しているだけです。

 

あなたに子供がいた場合は

自己愛性人格障害のひとの子供だろうと

ターゲットになることは

充分に考えられます。

 

もし、あなたが

モラハラ対処をしていて

彼が

あなたが何を考えているのか

分からなくなり

あなたへの攻撃が減ったり

あなたの気分を良くさせるような

言葉をたくさん言われたのだとしても

それは病気がおさまったとは

とても考えにくいです。

自己愛性人格障害のひとの

ターゲットが

あなたではない

ほかのひとに移っていることが

おおいのです。

 

そして新しくターゲットになった人に

締め付け行為をおこなったり

その人を支配したり、

自分の怒りをぶつけたりして

あなたのかわりに

その人が壊れてしまうまで

攻撃をやめません。

 

 

ターゲットをほかに移すことで

あなたへの攻撃が減っているように

見えるだけの話です。

 

 

そして自己愛性人格障害のひとは

ずっと大切にしたい居場所を

持っていませんので

都合が悪くなると

直ぐに行方を変えることができます。

 

 

自分が良く思われるためには

いくらでも

方向転換をしてくるのです。

 

そういった意味で

自己愛性人格障害のひとは

自分の意思をはっきりと

持っているわけではなく

世の中の常識にむけて

いくらでもころころと

自分をかけることができるのです。

 

だから悪い人に見えにくいのですが

被害者の精神をつぶすまで

踏みにじり続ける姿は

恐ろしいほどひどい人間です。

 

ですが、その姿が表面上に現れない限り

自己愛性人格障害のひとを取り巻く環境は

自己愛性人格障害のひとを

いい人に見せてくれるのです。

 

もしあなたの子供に

自己愛性人格障害の被害が

向けられていると感じているなら

あまり深くならないうちに

子供が自己愛脳にならないよう

彼とは距離を置くべきなのです。

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は自尊心を下げる人を徹底的に避けまくる


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者が

どうしたら

希望を持てるようになるのか

ということについて

お話ししたいと思います。

 

前回のブログで

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人は

自尊心が低い人が多いというお話を

いたしました。

 

自尊心とは、

自分を尊敬する気持ちというよりは

特に特別な存在でなくとも

今のままの自分で満足していて

安定した気持ちを

持っている人のことです。

 

子供は生まれたときに

何も持たずに生まれてきますが

たいていの場合は

ご両親に待ち望まれて生まれてきて

そのままの存在を愛される人が

ほとんどです。

 

ですが、何らかの事情で

ご両親からの当たり前の愛情を

受け取れなかった子供や

両親の仲が悪く、

まったく子供に

関心が持てない親に育てられたり

ひどい時は虐待や

または、本人でなくても

父親が母親を支配している様子を

目の前で見て育つ、という子供にも

みられるということが

分かっています。

 

とにかくどんな状況かは

その人に寄るのですが

ありのままの自分を

受け入れられなかったがために

何か相手のためになるようなことを

しなければ

愛されないと思い込んでいます。

 

そして、なぜかそれは

外に出るとその人の雰囲気として

なんとなく現れてしまうようで

その自尊心のなさを感じ取った人に

自尊心を傷つけられる機会が

増えます。

 

そしてどんどん自分に

自信を失っていくので

相手に好かれようと

必死であいさつをしたり

近づいたり

自分の話を聞いてほしくて

人にすり寄る

というどちらかというと

うざい人が多いです。

 

その様子がバカにされてしまうので

あなたが自分に対して

自尊心を持つことが大事なのです。

 

 

とはいえ、あなたは無意識に

自分に自信がないので

どうしても寄りついてしまい、

必要以上にまじめに相手に対して

誠実でいようと

努力をしてしまいます。

 

その様子が、そういった人を

馬鹿にするような人がいると

また自尊心を傷つけられる言動を

向けられてしまい

悪循環となってしまいます。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人というのは

そういった自分にとって

ひどいことをする人が

気になって仕方がないのです。

 

 

そして

どうして自分が悪く思われているのか

分からないけど

とにかくもし誤解をされているのなら

その誤解を解こうと思ってしまったり

何とか相手に認めてもらおうと

極端に親切にしたり

相手に歩み寄ったりして

何とか自分の存在を

認めてもらおうとします。

 

それは、本当に危険な行為であり

普通のひとは

そういった人物は危険なので

避けようとするのですが

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人というのは

そういった人にこそ

寄り付いていってしまうのです。

 

だからいつもひどいことになると

悩んでいることが多いのですが

そもそも自己愛性人格障害のような

危険な人物に

自ら近づいてしまっているのです。

 

それでは、トラブルになるに

決まっていますよね?

 

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人というのは

ひどいことをされると

自分のほうに原因があると

思い込んでしまうのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の中のおなかの中の怒りを

そばにいる

弱い人にぶつけているだけです。

 

その人が悪いわけではないのです。

 

だから自尊心のない人というのは

危険を引き寄せてしまうのです。

 

あなたにトラブルが多いのは

何もあなたのせいではありません。

 

あなたが自分の自尊心が低いために

自分が悪いと思い込みすぎていて

自己愛性人格障害の

八つ当たりな行為にも

必死で分かってもらおうと

自ら歩み寄ってしまうから

怖いことになるのです。

 

普通に当たり前の愛情を

受けて育った人は

自尊心を持っているので

八つ当たりのような

自分に原因のないことへの

相手の怒りには

相手がおかしいことに

すぐに気づき距離をとります。

 

 

そして自己愛性人格障害のひとも

自尊心がないので

自分から距離を取られてしまうと

嫌われることを極端に恐れているので

その人には

近づきもしなくなるのです。

 

結果、自尊心を

きちんと持っている人は

トラブルに遭う確率が

格段に下がります。

 

そしてその格段に下がった分

自分に自信のないあなたが

自己愛性人格障害の被害を

自ら受けに行ってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の被害を

避けたければ

自分に身に覚えのない怒りは

徹底的に避けることです。

 

よく考えてみれば

いつも相手のことを

思っているあなたが

何かするわけはないですよね。

 

 

それは自己愛性人格障害のひとの

おなかの中の怒りで

あなたには関係のないことです。

 

自分に関係のない

自己愛性人格障害のひとの怒りは

避けて避けて避けまくりましょう。

 

あなたの自尊心を下げる言葉を

聞くこともなくなりますので

嫌な思いもしなくなります。

 

周りのひとがあなたの自尊心を

下げることばかりいうので

あなたも

自分には価値がないのではないか

と思ってしまうのです。

 

あなたの自尊心を下げる

周りの言葉ばかりを聞いていなければ

あなたが自信をなくすことも

なくなるのです。

 

あなたはあなたが誇りを持てることを

自信を持ってやってみてください。

 

そうすれば

あなたは自分が

なにもしていないことに気づきます。

 

そしてあなたの自尊心を

無意味に傷つける人の怒りは

その人本人の問題ですので

あなた自身は

そっと身を引きましょう。

 

そうすれば

あなたの自尊心はだんだんに

戻ってくるはずです。

自己愛性人格障害のひととけんかになったり無視をされたりした後に即座に許してはいけない理由


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとと

けんかをしたり無視をされた後に

即座に許してはいけない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

 

自己愛性人格障害のひとは

突然意味もなく

機嫌が悪くなったり

無視をしたりすることがあります。

 

あなたは責任感がとても強いので

何もしていないとしても

彼が怒っている原因は何かと考えだし

無理やりに自分に何か原因があるのではないかと

考えてしまいます。

 

人間とは不思議なもので

何か出来事があると

その出来事に納得しようとするため

自分の中でその理由を考え出してしまうのです。

 

そして、その事実があるから

彼が怒っている、と考えがちですが

そもそも自己愛性人格障害のひとは

自分のおなかの中の怒りをぶつけても

大丈夫な人がいれば

何もなくても

どうしてもその人に甘えてしまい

自分の中の怒りをぶつけてしまいます。

 

つまりあなたの常識とは

まったく逆なのです。

 

普通は何か出来事が起こってから

それに対して怒ったり不機嫌になったりしますが

自己愛性人格障害のひとは

常におなかの中に怒りがたまった状態で

いるので、

機会さえあればいつでもそれを発散させたいのです。

 

周りに怖い人や

自己愛性人格障害のひとのわがままを

許してくれない人がいる場合は

自己愛性人格障害のひとでも

少しもその怒りの感情を表に出すことは

ありません。

 

穏やかで親切で尊大な人物を

演じてしまっています。

 

なぜなら、自己愛性人格障害のひとは

極端に人から嫌われることを

恐れていますので

その人の怒りに触れるのが極端に怖いのです。

 

そして、

どうしても普通のひとよりも

より優しく温厚にしていないと

いつ怒られたり捨てられたりするのか

分からない、と思っているので

極端にいい人を演じて

おなかの中の怒りを

我慢してしまっています。

ところが、

周りに、自己愛性人格障害のひとの

怒りを受け止めてくれる優しい人や

すべてを自分のせいにしてしまう

責任感の強い人がいると

安心して

どうしてもその人に怒りを

ぶつけたくなってしまうのです。

 

もし、あなたがそんな優しい人だったり

自己愛性人格障害のひとと

離れたくないと思っているような

自己愛性人格障害のひととの人間関係を

より良いものにしようと努力している人だとしたら

彼は、安心してあなたに怒りをぶつけてきます。

 

そして、どんなに理不尽に怒っても

あなたはすべて自分のせいだと思い込み

勝手に反省してくれるからです。

 

これで自己愛性人格障害のひとが

意味もなく怒っても

誰も自己愛性人格障害のひとを

責めたりしなくなるので

安心して

あなたを悪者にしてくるのです。

 

こういった理不尽な怒りを向けられたときは

あなたが自分のせいじゃない、

というような態度をとることにより

自己愛性人格障害のひとの怒りが

不自然に見えてきます。

 

自分のせいでもないのに

自分が悪いことをしたような顔を

しないことです。

 

なぜならあなたが彼と

うまくやっていきたいという気持ちを利用して

関係ないあなたに八つ当たりをしているだけなのに

あなたが反省することにより

本当にあなたのほうに原因があることに

なってしまうのです。

 

あなたが理不尽な怒りを買うのはこのためなので

自己愛性人格障害のひとが相手だった場合は

気をつけましょう。

 

 

普通のひとは

あなたに何度も八つ当たりをしたり

自分の罪を擦り付けて

あなたの評判を落とすことなどないので

このような行動ばかりとっている

と気づいたときは

その人はおそらく自己愛性人格障害なので

付き合うといいことがありません。

 

たとえ彼だったとしても

あなたが持っているものは

愛情だろうが、友情だろうが

仕事だろうが、名誉だろうが

すべて、なくなるほどつぶして

その行動を止めることが

自己愛性人格障害のひと本人にも

できないので

あなたのほうから

そっとばれないように距離を置いていくように

しましょう。

 

たとえ彼のことを好きだったとしても

それは彼が自己愛性人格障害だから

魅力的に見えただけで

あなたが見ている彼は

本当の姿ではないのです。

 

次回は自己愛性人格障害のひとと

けんかになったり突然無視をされたり

トラブルになったときに

どうしたらいいかを検証していきましょう。

自己愛性人格障害のひとからは、好かれてもいつか終わりが来る


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとには

好かれてもいつか終わりが来る

ということについて

お話ししたいと思います。

 

もし、あなたの彼が

自己愛性人格障害だったとしたら

できるだけ早く離れた方がいいです。

 

彼のことをまだ好きな場合、

なかなか感情を切り替えられないと

思います。

 

Tiaraもこの事実を知ったとき

本当にショックでした。

 

 

彼のことが大好きだったので

彼が突然機嫌が悪くなったり

トラブルが起きたりすることも

何らかの彼の心情や不安から

来るもので

もっと時間がたてば

だんだんと関係性も落ち着いてくるものだと

思っていたのです。

 

現に4年半付き合った中で

だんだん彼が突然機嫌が

悪くなることも

減ってきているようにも

見えていました。

 

 

Tiaraも彼の機嫌が悪くなることに

不自然さを感じていましたので

「次も機嫌が悪くなると嫌だから

旅行にはいきたくない。」とか

「またそんなこと言って

どうせけんかしたり

機嫌が悪くなるから

お祭りにはいかない。」など

彼が期待を持たせることを言う時に

決まって前もって

予測を立てるようにしていましたので

「次は絶対に機嫌悪くなったりしないよ。」とか

「絶対に楽しませるから。」と

彼が約束するようになっていましたし

彼も自分の言ったことを

撤回したくないのか

本当に機嫌が悪くならないように

していました。

 

もちろん、Tiaraも

普通に過ごしてはおらず

絶対に彼が楽しめるように

細心の注意を払いながら

絶対に嫌なことを言わないようにし

楽しい話や優しい話ばかり

していたので

彼が怒るには

あまりにも不自然だという状況を

常に作り出していたからです。

 

もちろん、はじめから

彼に何か怒ったり

嫌なことを言ったりとかは

Tiaraの性格上あまりなかったので

もともと彼が怒る理由が

不自然すぎるには

不自然すぎたのですが

Tiaraが仲直りがしたいがために

Tiaraのほうが悪いと認めて

反省してしまっていたので

ケンカの原因があるように

見えていたのです。

 

ですが、途中から

彼がわざわざ怒っていることに

気づいてきたので

それを避けるために常に

前もって予告をするように

していたのです。

 

 

そのせいもあってか

彼も始終機嫌をよくしていたり

途中で急に黙りだすと

Tiaraが(あれ?そろそろ来るかな?)と

彼の様子をうかがうので

怒るに怒れなかったのだと思います。

 

でもそれを繰り返すごとに

彼も自分が不自然に

もめ事を起こしていたことに気づき

やめるようになれば

平和なことに慣れていき

彼も平和な状況に慣れていく、

と思っていたのです。

 

それでも、

どうしても関係を壊したかったのか

感情をぶちまけられないことに

耐えられなくなったのか、

彼が激化したときは

怒る理由は何もなく

ただ、ごねているだけ、というように

不自然になってしまったため

この人は何が何でも

トラブルを起こしたくて

起こしてるんだな、ということを

証明してしまうような

不自然な怒り方をしだしたので

1年ほど

ずっと落ち着いた関係だったのですが

やっぱり彼が正常ではないという

証明になってしまい

彼が病気だということが

Tiaraの中で確定してしまいました。

 

もうどれだけ努力しても

2人が切磋琢磨していけるような

お互いにお互いが安心できる存在に

なることが

無理だということが

確実に分かってしまったので

そこからの

彼と離れる決意は早かったです。

 

もう十分検証しましたし

彼が怒っていないときの二人の関係は

あまりにも理想的で

落ち着いていたからです。

 

この二人の関係が崩れるのは

おかしい、と思うほど

穏やかな関係が流れていたのです。

 

Tiaraだけが感じていたわけではなく

彼も彼の好きなことばかりしていましたし

Tiaraもそんな彼を見ることが

好きでしたし

一緒に彼の趣味をやったり

すべて彼に合わせていても

ちっとも嫌じゃなかったんです。

 

子供たちも彼から誘われる遊びには

喜んで参加して

一緒に楽しんでいましたし

明らかに彼も楽しんで

いろいろなことをしていました。

 

彼が自己愛性人格障害だったとはいえ

ケンカをしていないときの

彼との関係は誰が見ても

疑いようのないくらい

幸せな時だったのです。

 

別れたときはもちろん

周りもみんな驚いていましたし

知らない人は、

何かトラブルがあったんだな

と思っているかもしれませんが

はっきり言ってトラブルらしいトラブルは

何も起きていなかったのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭った人も

それを感じて

いつまでも自己愛性人格障害の元彼を

忘れられないのではないでしょうか?

 

それでも自己愛性人格障害のひとは

無理やりにトラブルを

起こしてきます。

 

そうやって誰かを責め立てていないと

安心して過ごせないのです。

 

誰かの犠牲があるからこそ

自己愛性人格障害のひとは

普通に過ごしていられるのです。

 

もしかしたら

自己愛性人格障害のひとが

奥様や彼女とトラブルを

起こしたくないと考えているのなら

無理やりにでもその人の前では

感情を抑えるために

どこか別のところに

ターゲットを置いている場合が

あります。

 

 

その場合、しばらくは家庭は

安定するのでしょうが

自己愛性人格障害のひとの

気分によって

いつそれが変わるかわかりません。

 

Tiaraの彼もおそらく

Tiara以外にターゲットに

していた人がいたので

長い間、Tiaraとは

長く一緒にいることが

できたのでしょう。

 

 

でも、その対象はいつ

Tiaraに変わってもおかしくないし

上手く行っている間も

ちょこちょこあったのです。

 

そしてそのターゲットだった人が

彼の前から完全に去ったか

それかその人からTiaraにターゲットが変わっただけのことでしょう。

 

 

そしてもしTiaraが

彼のしがみつき行為に

また彼と戻ってしまうようなことが

あったとしても

またいつ別れを言い出されるか

わかりません。

 

Tiaraはバツイチで

先のない恋はしたくなかったので

彼のところには戻りませんでしたし

離れた後は

決して後戻りしてはいけないので

彼を完全にシャットアウトすることに

なってしまいました。

 

ですが、彼のことを思わない日々は

ありません。

 

ですが、もうTiaraの好きだった彼は

もういないのです。

 

もしまた彼と再会したとしても

もう昔のように優しい彼には

ならないと思います。

 

自己愛性人格障害のひとに

Tiaraの愛は普通には

受け止めてもらえないのです。

 

自己愛性人格障害のひとと

別れない方法を

伝えているブログを

たまに見るのですが

それはいつ壊れてもいいと

覚悟したうえでするといいと

思います。

 

自己愛性人格障害のひとと

普通のひとと築けるような

深い安定した関係になることは

不可能なのです。

 

あなたが彼の言うことを

全面的に受け止めて

一切自分の意見を言うことがないのなら

しばらくは関係が続くかもしれません。」

 

でもそれでもあなたは彼にののしられたり

虐められる存在になるかもしれません。

 

ですが、そんなことをして

いったい何になるのでしょう。

 

あなたが普通に

愛情のある関係を結びたいのなら

愛を受け止められる人でないと

幸せではありません。

 

自己愛性人格障害のひとはそばにいる人を

どうしてもつぶしていなければ

自分の感情を押さえていられないのです。

 

それが治すことができないのなら

あなたは自分の幸せのために

彼と離れるべきです。

 

あなたは幸せになるために

生まれてきたのであって

人から潰されるために

大切な人生を与えられたわけでは

ないのですから。。


;

自己愛性人格障害のひとの攻撃はあなたと周りのひとへの扱いのギャップを見せてあなたを苦しめる


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

あなたと周りのひとへの

対応のギャップを見せて

あなたにショックを与える

ということについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れる人たちの

お話を聞いていますと

ほかの女性のほうが

彼から大切にされている

という相談が多くあります。

 

自分が彼女のはずなのに

付き合いだした途端

ほかの女性にはとても親切にするのに

自分にはあまり世話を妬いてくれなくなった、

とか自分とケンカをすると

無視をされ、目も合わせてくれないのに

周りの人にはとても親切にしている

という相談をよく耳にします。

 

相談される方の性格によって

やきもちを妬く場合もあれば

自分にはあまり親切にしてくれないのに

自分が彼を怒らせたから悪いと

思っている人もいます。

 

本当はとてもやさしい彼なのに

かまってもらえなくなってしまった、

と罪の意識を感じてしまって悩んだり

自分が彼を怒らせたから悪いのだけれど

彼は本当はとても親切で優しい人なんだ、

と彼自身に対して悪いイメージは持たず

自分ばかりを責めてしまって苦しんでいる人も

お見えになります。

 

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

責任感が強く、

何でも自分のせいにしてしまう傾向が

あります。

 

 

そしてあなたがもし、

彼から冷たくされていて

彼がほかのひとに

ものすごく親切にしているからと言って

あなたが悪いわけではないのです。

 

あなたが責任感の強い性格だからこそ

気づきにくいのですが

自己愛性人格障害とは

自己責任感が強く

なんでも自分のせいにしてしまいがちな人を

無意識のうちに選びます。

 

そういった責任感の強いまじめな人でないと

自分がひどいことをされていることに

気づいてしまうので

責任感の強いひとが

自己愛性人格障害のひとから

好まれているだけなのです。

 

後、何でも自分のせいだと

思い込んでくれるため

こじ付けてあなたを悪者にしたとしても

あなたが

その言葉を真に受け

自分にどの部分が足りないかを

自分の中から探しだそうとしてくれます。

 

そのため

自己愛性人格障害のひとが

いきなり無視をしだしても

機嫌が悪くなったとしても

彼がそうなってしまったのはなぜかという理由を

自分の行動や言葉から

探し出してしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

あなた以外のひとに

とても親切にしているところを

見かけてしまったとしても

それは彼が

あなたに怒っているから、とか

ケンカさえしていなければ

彼は本当はいい人なんだ、と

いうわけでもありません。

 

自己愛性人格障害のひとが

あなた以外のひとに親切にしたり

幸せそうにしている、ということは

彼が本当はいい人だから、ということではないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたに他人に親切にしているところを見せて

自分が本当はとてもいい人だと

思わせるためです。

 

もしくはあなたに扱いのギャップを見せて

あなたにショックを与えたいだけなのです。

 

扱いのギャップを魅せることで

あなたに卑屈になってもらい

自尊心を傷つけることを

目的としています。

 

 

そうすることによって

あなたの自尊心を攻撃し、

あなたに自信を無くしてほしいのです。

 

 

そうなることによってあなたの行動は制限され

だんだん自分の頭で考えられなくなり

人に依存しやすくなります。

 

そのことによって

自己愛性人格障害のひとが高揚感を感じて

自分のほうが上だと認識するのです。

 

 

そうやって無理やりに

あなたの存在を下に見ることで

どんどんあなたは

自分に自信を無くしていきます。

 

自分に自信を無くして人を頼ることで

自己愛性人格障害のひとから

離れられなくしていくのです。

 

そうやって自分の価値を高め

自尊心もあなたよりましだと

思うことにより高揚し

自己愛性人格障害のひとは

自信を持っていきます。

 

そうやって周りの人を見下しながら

生きることで

自分への価値観を高めていくのです。

 

 

そして無意識のうちに自分の存在を高めることで

尊大な自分を堂々と演じることができます。

 

あなたを潰すことによって

自己愛性人格障害のひとのほうが

比べるとまし、と思うことを繰り返していき

あなたはつぶされていき

そのうち本当に落ちていってしまうのです。

そして落ちぶれた印象を

持たされてしまったあなたは

周りの人に信用されにくくなり

あなたの言うことは

信じてもらいにくくなるのです。

 

そうなるとあなたに

自己愛性人格障害のひとが

怒りの発散をしても

あなたのほうが悪いと思われるので

自己愛性人格障害のひとは

安心してあなたを攻撃できるようになります。

 

自己愛性人格障害の人は

自分の中のもやもやを常にぶつけていないと

落ち着いていられないので

まわりのひとから信じてもらいにくい

あなたという存在に

安心して自分の中の怒りをぶつけていけるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

そうやってあなたと周りに対する

対応の差を見せつけて

あなたの自分への自身を無くさせるようにして

あなたにショックを与えているのです。

 

さらに周りの人は

自己愛性人格障害のひとが

あなたに冷たくしたり
あなたを無視していることを知ったとしても

その原因はあなたにあると思うため

自己愛性人格障害のひとが悪いとは

だれも思わないのです。

 

さらにあなたに冷たい自己愛性人格障害のひとが

自分に優しく親切にしてくれることにより

その人も満足感を持っていけるので

余計に自己愛性人格障害のひとに対して

いいイメージを持つのです。

 

結果自己愛性人格障害のひとが悪いとは

思われにくく

あなたが悪いと思い込むことによって

安心するのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとにも

その周りにいる普通のひとにも

ターゲットという存在が大切になり

誰もあなたのことを助けようとはしなくなるのです。

 

学校や会社でのいじめも

このような仕組みになっており

ターゲットがいることにより

自己愛性人格障害のひともその周りの人も

安心していられるのです。

 

 

あなたの優しさや責任感の強さは

このような感じで利用されており

優しい人や責任感の強い人や

まじめな人が犠牲になりやすい世の中になっているのです。

 

 

このことに気づいたとき

Tiaraは

今まで嫌われた存在になっていた離

いじめらてその場にいられなくなった人たちが

本当はどういった扱いを

受けてそうなってしまったのか

よくわかりました。

 

だから、被害者が悪いわけではないのです。

 

 

このことに気づいている人がどれくらいいるのか

気になるようになり

そして今まで取り巻きが
できるような人気のあった人たちが

本当にいい人だったのかに

疑問を持つようになりました。

 

 

世の中は

案外逆に見えており

本当のことが分かっている人は

意外に少ないような感じがします。

 

あなたも被害に遭わないように

本当にいい人と

周りの誰かを犠牲にする

自己愛性人格障害なのかを

見極められるようになります。

 

そして自己愛性人格障害に人に

利用されないよう

本当の優しさを見抜いていくように

していってください。

 

 

いったん本当のことが分かるようになると

あなたが付き合うべき人間と

そうではない人間とが

区別できるようになりますから

あなたは格段に生きやすくなるのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとにさえ

邪魔をされないようにすれば

あなたも回り道をせず

楽にあなたらしく

生きられるようになるでしょう。

自己愛性人格障害のひとに感謝の言葉は伝わらない


こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとに

ありがとうの言葉は

通じない、ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとに

感謝の気持ちをのべたり

ありがとうといって

感謝の言葉を伝えたとしても

彼には通じません。

 

普通は、自分のしたことで

あなたが感謝してくれると

思うだけです。

 

人によっては、自分のしたことに

あなたが感謝してくれたことが分かって

うれしく思ったり、

やってよかったなあ、という

満足感があったりして

お互いの信頼関係が増すものだと思います。

 

 

そこまではいかないとしても

自分のしたことであなたが

助かったことが分かり

自分のしたことが相手のためになったと

自分に対して

肯定的な気持ちになると思います。

 

 

ですが、

自己愛性人格障害のひとの心情は

普通のひととは少し違うのです。

 

このとき、自己愛性人格障害のひとの

心のなかには

本人も意識はしていませんが

あなたがいい人なんだ、という

安心感と、同時に

その分だけ、あなたは

軽くあしらってもいい人、

という認識になります。

ここらへんの

自己愛性人格障害のひとの心理が

普通のひとには分からないと

思うのですが、

これが分からないことにより

いつでもターゲットになる可能性が

あります。

 

あなたが

自己愛性人格障害のひとに対して

普通の人にするように

感謝の言葉をのべたり

態度で感謝の気持ちを

素直に表してしまうと

それがなぜかターゲット認識されてしまう

材料になってしまうことがあります。

 

今までに

一度でも自己愛性人格障害の

ターゲットになったことのあるひとは

きちんと自己愛性人格障害のひとの

心理を認識していないと

本当に危険だし

自己愛性人格障害のひとの態度に

いちいち戸惑うことに

なると思います。

 

なにもしていないのに

そんなことしてくるひとなんていないよね?

 

なんていう一般常識では

片付けられない心情なのです。

 

だからなにも考えもしないで

性善説を頑なに信じて

自己愛性人格障害のひとのしてくれた親切や

助けに関して

自己愛性人格障害のひとを

普通のひとと同じように

信じてしまえば信じてしまうほど

より高い確率で

ターゲットになってしまう可能性が

あるのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとも

気分がありますから

自己愛性人格障害のひとの

機嫌がいいなと思う時は

普通にしていても構わないと思います。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

普通のひとには分からないことで

簡単に不機嫌になりますから

そこにどうして?と意味を考えても

意味のないことになってしまうでしょう。

 

それよりも

自己愛性人格障害のひとの機嫌が変わったら

できるだけすぐにその場を

自然に離れることです。

 

Tiaraの今の仕事のチームリーダーが

おそらく自己愛性人格障害なのですが、

最近Tiaraのパソコンの調子が悪かったので

仕事が飛んでしまうことが増えていたので

相談していたところ

新しいパソコンと交換してくれるよう

専門部署に交渉してくれたようで

パソコンの入れ替えのメールが

届いていました。

 

Tiaraはそれに気づき、

自己愛性人格障害のひとは

どうしても親切にしてしまうところもあるので

それは単純に助かることだったので

リーダーの顔を見かけたときに

普通に明るい感じで

「あ、パソコン手配してくれたんですよね?

ありがとうございました!」

と素直に伝えてしまいました。

 

すると顔色が急変して

真顔になり

「そういえば昨日の指示ですが

Tiaraさんの資料が間違っていたので

すぐにやり直してくださいね。」

目をグイっと見開くような顔をして

生気がなくなり

冷たい感じで言われてしまいました。

 

その瞬間、

あ、お礼を言わなければよかったな、

と思いました。

 

そのままスルーしたほうが

自己愛性人格障害のひとにはいいのです。

 

すぐに感謝の言葉を述べてしまったので

Tiaraが親切にはすぐに反応する人

思われてしまい

普通のひとにはそれでいいと思うのですが

自己愛性人格障害のひとには

相手が幸せそうな顔をしているところを

見ることも

不安の対象になってしまうのです。

 

彼がパソコンを手配してくれたことにより

Tiaraが仕事がやりやすくなり

うれしそうな顔をするじゃないですか。

 

それすらも

自己愛性人格障害のひとの

神経を逆なでることに

なってしまうんですよね。。

 

相手をつぶしてそれを眺めることにより

自分の自尊心を上げてほっとするのが

自己愛性人格障害のひとの特徴ですので

Tiaraのパソコンが新しくなることにより

Tiaraが嬉しそうにすることも

自己愛性人格障害のひとには

より強く潰してしまいたくなる

材料になってしまうのです。

 

もちろん

自己愛性人格障害のひとの自尊心は

お礼を言われたことにより

上がっているのですが

俺がお前なんかのために骨を折ってやった、

と急にTiaraのことが憎らしくなり

仕事のことで文句をつけた、

ということでしょうか。。。

 

ちなみにリーダーに指摘された資料ですが

何も間違ってはいませんでした。

 

 

ここで

自己愛性人格障害のひとの

心情を知らずに

リーダーに

「資料確認しましたけど、

間違っていませんでしたよ?」

なんて言ってしまうと

自己愛性人格障害のひとに俺に逆らった

ととられてしまい

しばらく嫌がらせ攻撃に遭うかもしれません、

 

だからここは

自己愛性人格障害のひとの心情を理解し、

お礼は言わないほうが良かった、

と認識して何も言わないことです。

 

仕事は間違っていないので

そのままにしておけばいいのです。

 

本当に間違えていたら

修正しなければなりませんが

間違っていないのでそのまま提出しておけば

自己愛性人格障害のリーダーも

何も言ってこないでしょう。

 

自己愛性人格障害の心情を理解していないと

お礼を言っただけなのに

自分に対してあんな態度をとられたことへの

疑問を持つでしょうし、

もしかしたら自分は好意を現しただけなのに

冷たい態度でしてもいないミスで

怒られたことで

自信を無くしてしまう人もいるでしょうし、

自分がどうしてそんな扱いをされるのかと

自分に対して自信がなくなってしまう人も

いるでしょう。

 

 

自己愛性人格障害のひとが怖くなり

気に入ってもらえるように

媚を売るようになってしまう人も

いると思いますが

そんなことをしたら余計にどんどん

ターゲットになっていってしまいます。

 

 

自己愛性人格障害のひとの

心情を理解すれば

あなたが悪いわけではなく

ただ彼が感じる必要のないことに

極端な恐怖を覚えていて

勝手に自分のほうが上だと

威嚇してきているにすぎないのです。

 

ただパソコンの交渉を

してくれたことに対して

お礼を言っただけでも。

 

自己愛性人格障害のひとに

あなたの感謝の言葉は通じません。

 

むしろお礼など言わないほうが

自己愛性人格障害のひととは

安定した関係を保つことができます。

 

ですが、時と場合によっては

お礼を言ったほうがいい場合もありますが

それは自己愛性人格障害のひとが

どちらのパターンで攻撃するかによっての

くせの違いによっても変わってきます。

 

そして失敗してしまったときでも

あわてずその人の心情を分析しながら

関わっているうちに

その人がどういったことで

不安を感じたり怒りを感じたりするのかが

分かるようになり

彼が怒りを感じやすいことは

言わないほうがいいと

覚えておきましょう。

 

 

このように

自己愛性人格障害のひとの対処の方法は

その自己愛性人格障害のひとによっても

変わってきますから

どのパターンが

彼の怒りのもととなるのかを知り

その行動は避けるようにすることで

自己愛性人格障害のひとの

ターゲットの基準から

離れていって下さい。

 

間違っていても決して

指摘したり反論したりせず

ただその行動を避けるように心がけて

後のことはすべて、

自己愛性人格障害のひとを頼らず

自分で解決するようにしていってください。

 

 

ですから今回のTiaraの場合ですが

もうこのリーダーからの親切にはできるだけ

お礼を言わないようにして

仕事は間違っていなければ

リーダーに間違っている、と

指摘されたとしても

自分で確認して

(もしくは自己愛性人格障害ではない別の人で

その仕事の内容が分かるひとに

確認してもらい)

間違いがなければそのまま提出をし

自己愛性人格障害のひとには

何も聞かないで進めていきましょう。

 

Tiaraも本当は一番聞きたい

自分のチームのリーダーが

自己愛性人格障害だったことは

痛いですが仕方がありません。

 

ちなみにTiaraの課の課長も

自己愛性人格障害です。

 

ですから上司からは

指示だけをもらいそれに従い

細かい相談は別のひとと仕事を進め

最終的に自己愛性人格障害の

リーダーのお気に召すものを作ります。

 

指摘があったり「変えてください。」

と言われれば、おかしい、と思っても

「はい。」と返事をして

ただリーダーの指示に従って

動けばいいのです。

 

リーダーに

気持ちを分かってもらおうという気も

さらさらありませんし、

むしろ分かるわけがないと

分かっています。

 

自己愛性人格障害のリーダーとは

ただ事務的に仕事を淡々とこなし、

リーダーの求めるものを提出するだけです。

 

たしかに、やりがいはありませんが

周りのほかの人たちと

普通にコミニュケーションがとれているので

仕事は楽しいですし

攻撃もされません。

 

こういった突発的なトラブルは

ちょこちょこありますが

自己愛性人格障害のひとの

心情を理解していれば

当たり前のことですので

怒りの感情を持っても仕方がないのです。

 

このように自己愛性人格障害のひととは

上手く立ち回りをして

感情を入れず、

そのほかの普通の人たちと

コミニュケーションがとれていれば

それなりに楽しい時間を

過ごすことができるのです。

自己愛性人格障害のひとを刺激してはいけない


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとも

自分がなんとなくおかしいことに

気づいている

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとも

ある程度の年齢を重ねてくると

だんだんと自分が

何かほかのひとと違うことに

気づいてきます。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分がひどいことをしている、と

認めることも辛いので

自分の中で全力で打ち消そうとしていますので

無意識のうちに

自分が起こしたトラブルもすべて

原因は自分ではない他者にある、

と思い込みますが

本当は心のどこかで気づいているのです。

 

 

Tiaraの元彼も

自分で自分が何かほかのひととは

違うことに気づいていました。

 

そして、自分が、

それでも人から認めてもらうことを

求めていて

それでも嫌われそうになると

自分から急激に離れていってしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

驚くほど敏感でとても繊細で

傷つきやすいです。

 

だから

自己愛性人格障害のひと自身が

相手に対して

とてもひどいことをしていたとしても

なんとなくそのはかなげな印象が

人々に伝わってしまい

優しい人や共感力の高い人からは

可愛そうな人に映ってしまうのです。

 

自己愛性人格障害とは

とても不思議な症状で

その臆病なメンタルのために

極端に人から嫌われることを

怖がるので、

自分が悪い人に見えないよう

いい人に見えるよう

常に全力で努力しています。

 

だからもし、ひどいことを言って

相手が瞬間に気づきそうになると

周りのひとや

その本人に全力で

いい人になろうとしますので

自己愛性人格障害の特徴が

分かっていない人から見ると

非常に分かりにくくなってしまうのです。

 

たとえば

あなたをおとしめるようなことを

言ったとして

周りにいる人がそれに気づいたとします。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

あなたをおとしめようとしていることに

周りの人が気づき

軽蔑して冷たい態度をとったとします。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が嫌われることにはひどく敏感ですから

瞬時に気づいてその瞬間から

優しくしたり、親切にしたりして

その人のご機嫌を取り始めるのです。

 

 

Tiaraは今は自己愛性人格障害のひとの

特徴がとてもよくわかるので

すぐに気づきます。

 

するとTiaraにめちゃめちゃ親切にしてくれたり

Tiaraに有益な情報を教えてくれたり

Tiaraの前ではいい人で

あり続けようとします。

 

極端に親切にしているところや

優しくしているところを

Tiaraの視界に入るところでしていることも

よくあります。

 

 

Tiaraが自己愛性人格障害のひとを

信用しなければ

Tiaraに親切にすることに徹し

もしTiaraが

自己愛性人格障害のひとを

信用したそぶりを少しでも見せれば

今度は仲間に入れようと

その人のことを

悪く思うようなことを言い始めます。

 

そこでTiaraが信用してしまうと

ターゲットがいかにひどい人で

人に迷惑をかけているかの話をしだしますが、

Tiaraがターゲットの話を信用しないと

それ以上ターゲットのことを悪く言うことも

やめて

Tiaraに親切にすることだけを

数年単位に渡り、やり続けるのです。

 

こうやって周りの人を

調節しながら自分の味方に引き入れるか

もしくは嫌われないように

極端にいい人を演じるかの

どちらかをして自分の信用を

得ようとします。

 

周りの人が

自己愛性人格障害のひとが

ターゲットをおとしめることに

協力的ではない人には

ターゲットのことをおとしめる言動はせず

ただ、自分がいい人に思われるような

行動をし続けるだけなのです。

 

だから、自己愛性人格障害のひとが

親切にしているところを見ても

今のTiaraには

自分をよく見せているだけだと

気付きます。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとも

その病気の症状のため

そうやって自分を上げて

人をつぶし続けていないと

不安で仕方ないのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとを軽蔑したり

特別な目で見ないようにして

自分や周りの人間が被害を受けない様にして

身と心を守ることだけに徹して

自己愛性人格障害のひとを

刺激しないようにしてください。

 

そして、あなたもあなたの心と身を

守ることに敏感になり

そして自己愛性人格障害のひととは

距離を持って接するように

気をつけてくださいね。

自己愛性人格障害のひとへの会社での対方法(具体例)


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人と

接するときの注意事項について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとから

ターゲットだと思われないためには

できるだけ早くから対処することが

肝心です。

 

もし、途中でターゲットから外れようとすると

初めから対処するよりも

大変になるからです。

 

Tiaraも今の会社にも

自己愛性人格障害のひとが

大勢いますので

対処をしていましたが、

最近、両隣の男女と大変仲がいいので

上手く対処ができていません。

 

この二人は、

同じチームに所属するTiaraよりも

数か月だけ後輩なのですが

2人ともTiaraとよく話します。

 

今、Tiaraの席の周りには

自己愛性人格障害のひとが

いませんので

普通にしていてもいいのですが

仲良くすることによって

自己愛性人格障害のひとに

Tiaraの性格がばれてしまいます。

 

しかもこの二人は結構違った意味で

目立つので

自己愛性人格障害の人に

興味を持たれやすいタイプだと思います。

 

女の子は気が強めで声も大きく

嫌なこともはっきり言うタイプです。

 

どんなことも冗談っぽくディスりがちなので

多少自己愛性人格障害の要素は持っていますが

自分のこともあけっぴろげなので

ギリギリ自己愛性人格障害ではないかな?

という感じです。

 

自己愛性人格障害のひとは

大変用心深いので

自分のことを大勢の前で

あけっぴろげにするということが

ほとんどありません。

 

一番新人なのでまだ

Tiaraを頼らざるを得ないところもありますし

隣の20代の男性とは

Tiaraは本当に仲がいいので

多少Tiaraをディスり気味の時は

この男性が

「僕はそんな風には思わないですけど!」

と敵対心をあらわにして

Tiaraを守ってくれるので

びっくりして何も言えなくなってしまう、

という感じです。

 

Tiaraの前には前にいた

自己愛性人格障害だった

移動した女性の件でお話しした

優しい男性もいらっしゃるので

ここでTiaraを敵に回すようなことは

できないと思います。

 

以前の記事:

https://tiara-crystal.info/aitegajikoaisiejijnkakusyougainoyousowomotutokiduitara-zennmenntekinisinnjirukotohatotemokikenn?preview=true

なので今のところ、この女の子とは

警戒しながらも仲良くしている、

という感じです。

 

 

ですが、少しは警戒していますので

あまりTiaraからは話しかけず、

教えてあげたほうがいいな、と思うことが

あるときだけ

教えてあげるようにして言います。

 

子供がいる共通点があるので

向こうからもよく話してきます。

 

自己愛性人格障害というよりは

被害者のほうのタイプに近いのではないかな

という感じです。

 

バンバン言い過ぎて敵を作ってしまい、

後悔するタイプなので

ひとまずは自己愛性人格障害だとは思わず

ある程度は普通に接しています。

 

ただ、Tiaraに

直接指示を出してくださるリーダーが

ほぼ真正の自己愛性人格障害だと

思われますので

できるだけクールにしていたかったのですが

彼女と話しているときに

突然背後にいたりするので

よく話を聞かれてしまいます。

 

リーダーはちょこちょこ

Tiaraたちの席に来るので

何度か話を聞かれているうちに

だいたいTiaraが本当はどんな子なのか

ばれてしまってきているでしょう。

 

この女の子がもし、

Tiaraのリーダーの担当だったら

おそらくリーダーの敵対心をあおり

かなりきつく当たられていると思います。

 

ですが、一応この彼女には

もう一人の優しい30代の男性が

指示を出すことになっているので

まだTiaraよりはましなのかもしれません。

 

ですが、その30代の男性のリーダーは

結局Tiaraのリーダーが上司なので

この男性が休みの時とかには

この女の子もきっと攻撃をされてしまうでしょう。

 

軽く対応法を教えてはありますが、

何しろ声が大きいので

リーダーにもこの子が言うリーダーの悪口は

本人にも聞こえてしまっているかもしれません。

 

Tiaraは何度かリーダーの目が

この子に対して

きつくなっているところを見ているので

そろそろTiaraも本格的に

静かにしたほうがよさそうです。

 

 

20代の男の子に限っては

リーダーがいないときは

嬉しそうに話してくるのですが

リーダーが来たとたん黙るので

まだこの3人の中では

ターゲットになるのは一番後になるでしょう。

 

そして20代の男性は

友達が心理カウンセラーをしているようで

多少、サイコパスのような人が

いることも知っているようです。

 

以前に話をしたときに

「気持ちわかってくれる人がいて

よかったです。」と言ってみえたので

警戒はしているようですし

若くイケメンで礼儀正しく性格がいいので

彼のことを嫌う人はめったにいないでしょう。

 

 

ですが、優しすぎる面もあり

元カノがDVだったこともあるようなので

この子にも対処法は必要ですが

ある程度ほっておいても本人が心得ているので

おそらくこの3人の中では

一番最後にしか

ターゲットにならないと思います。

 

今、リーダーのターゲットになっているのは

おそらくこの彼女に指示を出している

30代の優しい男性だと思います。

 

一生懸命な性格もあり

リーダーから言われる無理難題を

必死でこなそうとしたり

リーダーからつけられるなんくせに

「僕が責任をとります。」とか

「僕が責任を持って修正しておきます。」

などと言っているので

いっぱいいっぱいになっています。

 

彼もまじめな性格なので

明るさがだんだんと無くなってきているので

何とか助けたいですが

リーダーとTiaraたちよりも

密着して業務を行っているようなので

なかなか難しいです。

 

そして、おそらく次に

ターゲットになるのはTiaraだと思いますが、

Tiaraがこのふたりの男女と

仲良くしていることが

きっと気に入らないと思います。

 

それが分かっているので

できるだけリーダーの前では

クールな雰囲気のままで

あまり、話したくないのですが

相手がいる以上

Tiara一人でやっているときとは

わけが違います。

 

今までtiaraにリーダーが親切だったのは

Tiaraがどんな人なのか

よくわからないからです。

 

Tiaraは分かっているのですが

この二人(特に女の子)のほうが

リーダーが来ても

Tiaraと話をすることをやめないので

低くて落ち着いた声で

「できました?」とか

「午前中に終わりそうです?」

と何度もあおって

追い打ちをかけてくるようになりました。

 

そんな数時間で終わるような

仕事のボリュームではありません。

 

それにまとまったデータを1個1個にばらすなど

一つでも数字を間違って消したら

データが壊れてしまうような

神経を使う仕事を膨大な量持ってきているのに

チャチャっと終わらせられるわけも

ありません。

 

 

全力でキーボードを

5時間打ち続けながらやって

やっと終わるような仕事を

1時間ごとくらいに終わったか聞いてきます。

 

この時必ず女の子が

話しかけてきているときばかりなので

話している暇があるなら

もう終わっているだろう、

というような威嚇の意味が入っているのですが

もちろん仕事の手は一回も止めていません。

 

これには女の子が話しかけてきていることも

原因なのですが

こういったときにうまくかわせるほど

Tiaraは上手くありません。

 

Tiaraの本来の、

ひとに引っ張られがちな性格が

見られてしまっていると思います。

 

そういったところもきっと

リーダーにもばれかけています。

 

自己愛性人格障害のひとは

本来、相手がどんな人かまだ分からないうちは

親切にしてくれることが多いです。

 

Tiaraはそれを分かっていて

クールにしていたので

自己愛性人格障害のひとに

狙われにくかったのですが

この女の子が話しかけてきて

それに引っ張られて

答えているところを見ているうちに

攻撃すれば堪えるタイプだと

とらえられていると思います。

 

もちろん、本来なら

堪えていたタイプなのですが

今は自己愛性人格障害の

特徴がよくわかっているので

堪えることはありません。

 

やっぱり来た、どう対処していこう、

とミッションをクリアしていくだけです。

 

今の感じを見ていますと

20代の男性とは

リーダーが来るとすぐに話をやめるので

話してもいいと思いますが

この女の子とは、極力話さないほうが

Tiaraのためだと思います。

 

幸い、仕事中は話さなくても

帰りは一緒に帰るので

帰りさえ、当り障りのない会話をすれば

女の子は特にTiaraが避けている

とは思わないでしょう。

 

仕事中、しゃべらないようにすれば

仕事中は話してはいけないんだ、

と空気も読んでくれそうです。

 

リーダーには

今まではできるだけ

お慕いしている雰囲気で話していたのですが

明日からはもう少し

笑顔を消して真顔で話すようにします。

 

リーダーも最近Tiaraに対しても

声を一段と低くして

表情も少しだけ笑顔を見せて

話していたのですが

最近は笑顔もなくなり、

冷たい雰囲気に変わってきていますので

Tiaraも同じようにしたほうが

いいと思います。

 

自己愛性人格障害の対処を行う時は

その自己愛の人がすることを参考に

あなたもやってみるといいでしょう。

 

 

自己愛性人格障害のひとには

自己愛性人格障害のひとの

対応が必要なのです。

自己愛性人格障害のひとがあなたの情報を聞きたがる訳は?


こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは

あなたの情報を聞きたがる訳について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

知り合ってまだ間がない頃は

あなたの情報をとても知りたがります。

 

好奇心が旺盛でとても感じよく

フレンドリーにあなたに近づいてきて

あなたの話をいろいろと

聞き出そうとします。

 

 

あなたもフレンドリーだったり

自己愛性人格障害のひとと

仲良くしたいと思っている場合には

あなたのほうが

自分からいろいろなことを

話してしまう場合もあるでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたの話に興味をもって

聞きたがります。

 

そんな彼にあなたも

好感をいだくことでしょう。

 

彼に告白されなくても

あなたのほうから

好意をもってしまうことも

あるかもしれません。

 

ひとは、好意をもったから

自分の話をしてしまうのではなく、

自分の話をいろいろしてしまったから

好感をいだくのです。

 

その点では、自分の話を

いろいろ聞いてくれる人に

好意をもつことは

自己愛性人格障害のひとでなくても

あると思います。

 

普通のひとは

本当にあなたに興味をもって

あなたの話をいろいろ聞きますが

自己愛性人格障害のひとは

あなたに興味があって

あなたの話を聞いているのではなく

あなたの弱点や弱いところを

聞き出して

あなたの苦手なことを

どんどん自分のなかに溜め込んでいきます。

 

 

そしてあなたの弱点や嫌なことを

自己愛性人格障害のひとの

都合のいいときまで

隠し持っていて、それを

自己愛性人格障害の

つごうのいいときに

あなたにぶつけるのです。

 

たとえば、あなたが

書類をまとめるのが

苦手だと聞いていれば

書類をまとめて

それを発表しなければならないときに

「教えてあげるから。」と

優しくあなたを説得して、

一緒にやってくれるのですが

それを見ている人がいないと

あなたには

いっさい教えてくれません。

 

この時、自己愛性人格障害のひとは

2つのことをしています。

 

1つは周りの人に尊大な自分を魅せつけて

尊敬のまなざしで見られること、

そして、もう一つはあなたの心を取り込んで

あなたを思い通りに動かすための洗脳です。

 

彼が優しければ優しいほど

紳士的であれば紳士的であるほど

あなたは彼を信用してしまうでしょう。

 

あなたがやっぱり難しいと思って

彼にたずねてみると、

「もう十分できるようになったから

ひとりでやってごらん。

いざとなったら手伝ってあげるから。」

と優しく語りかけてくれます。

 

彼にいいところを見せる

チャンスですし

一生懸命がんばろうと

努力するのですが、

もともと苦手なことのために

どんな風にまとめればよいか分かりません。

 

そんなときに

彼にすがるように

手伝ってもらえないか聞いてみると、

「あんなに一緒にやったのに

全然聞いていなかったんだね。。」

と悲しい目をされてしまいます。

 

こうやってあなたに恥をかかせ、

そして自己愛性人格障害の人自身も

被害者だったと

あなたはとても悲しい気持ちに

なるのですが、

これが自己愛性人格障害の人のやり方なのです。

 

はじめから手伝うつもりなんて

なくても、

口だけあなたの味方をしていれば、

自己愛性人格障害のひとは

とても面倒見がよいやさしいひとに

見えてしまうのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

これを、あなたをおとしいれるために

わざとしているのです。

 

でも、あなたにしたら

考えすぎのようにも見えてしまうし

そもそもが自分でできるところまで

やらなければいけないことなのですが

自己愛性人格障害のひとが

手伝ってあげるから、と言わなければ

あなたはやるつもりも

なかったことでしょう。

 

こういったことを繰り返しますが、

こんなことを繰り返しやるようなひどいひとは

いないという常識があります。

 

ひどいことをされたり

怒られたりしている人を見かけたときは

怒られる人にもそれなりに原因があったのだろう

と思うのが普通でしょう。

 

ですが、この常識を利用して

ほんとうにあなたをおとしいれているのです。

 

だからこういったことを繰り返し行う人は

自己愛性人格障害だと思っています。

 

だって普通のひとは

こんなめんどくさいことわざわざやらないでしょう?

 

こんなことを常にしている人は

やはり病気なのです。

 

それは医者に行って診断されなくても

分かるでしょう。

 

そんな人を落し入れるようなことを

わざわざ何度もしているのに

医者に行って診断されたわけではないから

まだ分からない、

という人がいますが、

診断を待っていたら

被害者の人が

どんなにひどい目に合うか

分かりません。

 

自己愛性人格障害のひとの言動に気付いたら

あなた自身が自分で対処をして

彼からそっと敵対心を魅せることなく離れるのです。

 

 

世間一般の常識では理解されないことが普通なので

わざわざほかの人に理解してもらわなくてもいいでしょう。

 

 

そんなことよりも自分の判断で早めに離れて

自分の心を守ることが先決なのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

わかるようになると

ほんとうに毎日、

そんなことばかりしている

自己愛性人格障害のひとに

気づきます。

 

ひとの欠点ばかりを集めて、

その人が悪く思われるように

毎日少しづつ小出しにしてしているので

普通の人がのほほんとしていても

勝てるわけがないのです。

 

それは毎日、ほんとうに些細なことで

いちいち怒ったり、

注意をしたりするほどのことではないので、

優しい人や寛大なひとは

いちいち心にとどめたりせずに

水に流して自己愛性人格障害のひとと

つきあってしまいます。

 

周りのひとも

自己愛性人格障害のひとが

悪い人だとは思いません。

 

彼のユーモアを含んだ

軽いジョークで相手をディスることも

ささいなことなので

いちいち気に止めてはいませんが、

毎日すり付けられる悪い情報は、

みんなの心のなかに

少しづつ蓄積されていき、

やがて周りのひとも

それが本当のことだと思い込むのです。

 

そして自己愛性人格障害のひとが

やっていることはあなたの信頼性を

落とすことです。

 

あなたの評判を落とすことで

あなたのいうことが

信じてもらいにくくなるのです。

 

被害にあったとあなたが気づいたときには

もうあなたのことはだれも信用しなく

なっていますので

いくら被害を訴えたところで

あなたの話はだれも

信用しなくなっているのです。

そうなる前に

自己愛性人格障害に少しでも早く気づき

あなたの口をつぐむべきです。

 

そして自己愛性人格障害のひとの前で

失敗することも極力控えることです。

 

Tiaraは毎日ちょっとしたことで

ものすごく一生懸命やっている

とても親切な人が

冗談まがいにディスられて

明るく評判を落とされているところを

毎日数回聞いています。

 

Tiaraはうのみにしないので大丈夫ですが

この中で自己愛性人格障害のひとの話を

本当だと思ってしまう人が

何人いるのかと思うと

恐ろしくなります。

 

 

信用してしまった人は

もう自己愛性人格障害のひとと一緒に

Tiaraの中ではあまり

かかわりたくない人の1人になってします。

 

もちろん敵対心は見せず

丁寧に接していますが、

本当に心を寄せることはありません。

 

 

今のところTiaraは

ターゲットになっていないですし

今、ターゲットにしようと思われている方も

本当にすごく一生懸命やっていることも

Tiaraは(おそらく周りの人も)

分かっていますので

本当に孤立することはないでしょう。

 

あなたの街の自己愛性人格障害の人たちは

あなたが率先して気づき

自己愛性人格障害の人たちの

思い通りにならないよう

あなたが普通の人たちを守り

そしてあなた自身も絶対に

ターゲットにはならないでください。

 

世の中には

自己愛性人格障害以外の

方たちのほうが

圧倒的に多いのです。

 

 

そういった普通の人たちと

コミニュケーションを取り合いながら

普通の人たちとだけ接するようにしていると

あなたの周りには嫌なことは

ほとんどなくなると思います。

 

人間関係のほとんどのトラブルは

自己愛性人格障害のひとが

起こしていると思われますので、

普通の人たちとだけ交流を深めていけば

あなたは落とし入れられることも

その場を追いやられることも

なくなるでしょう。

 

それでも、自己愛性人格障害の人たちも

幼いころに共感力を使っていると

辛くてたまらない思いをした人たちなので

恨むことや敵対心を向けることだけはやめて

自己愛性人格障害のひとと関わらず

自由にやらせておいてお下てください。

 

あなたの自己愛性人格障害の対策は

被害を防御するためだけのものだと

覚えておいてください。