自己愛性人格障害のひとから自分を守る

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから

自分を守る

ということについて

お話ししたいと思います。

 

あなたのパートナーが

自己愛性人格障害だと知ったら

あなたはまずどうしますか?

 

 

あなたの素敵なパートナーが

自己愛性人格障害だった場合

全力で逃げる事になりますが

あなたが自己愛性人格障害のひとを

好きだった場合、

それはなかなか

難しいことになります。

 

現に彼が怖くて

Tiaraの相談室を訪れても

「やはり彼のことがここまでわかるのは

私しかいないので

自己愛性人格障害の彼を

コントロールして

嫌がらせができないように持っていき

彼をこのまま見守りたい」

と彼と離れていく決心をするどころか

自己愛性人格障害のことが分かったからこそ

私しか彼のそばにいられる人はいない、

と使命感に燃えている人も

1人や2人ではありません。

 

ですが、あなたの気持ちや

立場を考えてみますと

彼と一緒にいることが

破滅へと向かうことは

なんとなく想像がつくでしょう。

自己愛性人格障害のひとは

あなたのそこをついています。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

極端に優しい人を好みますが、

そういった人は

ある程度彼のことを理解しても

なかなか彼を見捨てることができない事を

知っているからなのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

相手の優しさや頭の良さ、

容姿等すべてのものに

極端に強い嫉妬をします。

 

そしてあなたのそんな魅力が

世間の人に認められることが

どうしても許せないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自覚がないまま

どうしてもあなたの魅力に嫉妬するので

どうしても相手をつぶしてしまいます。

 

自己愛性人格障害のひとにとって

他人の魅力ほど怖いものはありません。

 

 

誰でも、

できれば人に好かれたいと思うのですが

自己愛性人格障害のひとは

極端に人から嫌われることや

自分が見てもらえないことを恐れています。

 

だからあなたの魅力は

あなたにはそんな気がないのだとしても

彼が世間から注目を浴びることを

邪魔する道具になってしまうのです。

何もしていないつもりでも、

自己愛性人格障害の人の

嫉妬の気持ちに触れると

全力で攻撃され

なにがなんだかわからなくなります。

 

あなたが彼に寄り添っていたり

彼のことが好きで何とか彼とやっていこうと

思っていれば思っているほど

ショックは大きいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

その自尊心が強すぎるために

相手のみじめな姿を求めます。

 

Tiaraは今、そのことが理解できていますので

目立てば、ある程度は

自己愛性人格障害の人に

悪く言われることが分かっています。

 

職場など長くいたい場所にいるときは

できるだけ目立たないように

静かに気配を消すことを心がけています。

 

自己愛性人格障害のひとが

いないところでは素の自分を

出したりすることも

ありますが、

自己愛性人格障害のひとがいるところでは

できるだけ目立ちたくありません。

 

ちやほやしてもらわなくてもいいですし、

もはやちやほやされたり

人から興味を持たれることに

むしろ恐怖心さえわきます。

 

でも、目立たないでいると

攻撃もされることもなく

静かに自分が過ごしたいように

過ごしていても

あまり注目を浴びることがないので

楽なのです。

 

この安定した気持ちは

自己愛性人格障害を知ったから

初めて感じることができました。

 

以前は挨拶をしても

返してくれないことに

傷ついたり、

誰かが機嫌が悪いところを見かけると

Tiaraじゃないよな?

と自分の行動を

見返してしまっていました。

 

 

でも、今は、そういった人は

Tiaraの動きとは関係なく

自分の中にもともと怒りを持って

生活しているのだということが分かったので

無意味に落ち込んだり悩んだりすることが

ありません。

 

 

その代わり、自分が本当に

相手を怒らせてしまったときは

しっかりと自分でも意識して

謝るなり、今後そういった言動は

取らないように

気を付けることができます。

 

 

自己愛性人格障害のひとに

狙われやすい人は

普段からモラハラ対策を

心がけて生きてみると

ものすごく気持ちが

穏やかになっていくのです。

自己愛性人格障害の人からモラハラしたい、と思われなくなるためには??

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから

モラハラをしたい、

と思われない人になるための

お話をしたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとと

間違っても話し合いを

してはいけません。

 

そして、自己愛性人格障害のひとから

分かってもらおうとしてもいけません。

 

なぜなら辛くなるだけだからです。

 

 

自己愛性人格障害のひととの話し合いは

まったくあなたの意思が通じないどころか

あなたの意思と

反対のことをしようとします。

 

いつもTiaraがいっているように

自己愛性人格障害のひとは

すべてが普通の人と逆です。

 

なぜなら自己愛性人格障害のひとは

極端に自尊心が低いため

どうしても人の上に立とうとしたり

勝とうとします。

 

負けるということは

自分が価値のない人間のような気がして

極端に怖がります。

 

だから、自己愛性人格障害のひとと

一生懸命話し合いをしようとすることは

向こうからしたら

あなたを追い詰めるチャンスを

いっぱい知ることができます。

あなたがこんなことはしてほしくない、

といえば、

どんどん勢いを増して

あなたのしてほしくないことを

していきます。

 

むしろ、あなたが彼に

希望を伝えたことを

責められてしまいます。

 

直接言われる場合もありますが

周りの人に言われて

そのために自分が

迷惑をしているように

いうのがうまいので

周りの人はみんな

自己愛性人格障害のひとの味方をします。

 

単純に自己愛性人格障害のひとを信じて

あなたを責める場合もありますが、

なんとなくおかしいと感じていても

言えずに

結局自己愛性人格障害のひとの

味方をしてしまうこともあるのです。

 

 

あなたは共感力が高く

人から愛されたいと願うと同時に

同じように彼から愛されたい、

と思っていませんか?

 

自己愛性人格障害の被害に遭っても

共感力のない人は

それほど傷つかないのです。

 

あなたは共感力が強いので

あなたが相手を思うように

相手も自分のことを同じように

思ってくれることを

望みます。

 

自己愛性人格障害のひとは

それを知っているから

あなたを愛することを

突然やめてしまったり

愛してくれているのかいないのか

分からないようにします。

 

 

あなたを愛することを

突然やめるということは

あなたが傷つくからするのです。

 

そしてあなたを

愛しているかいないか

分からないようにするのは

あなたが彼から離れていかないように

キープしながら

あなたを傷つけ続けることが

できるからです。

自己愛性人格障害のひとが

あなたを離さないのはこのためです。

 

ですが、もしも

あなたを傷つけることができなかったら

どうなるでしょう?

 

自己愛性人格障害のひとは

自分で自分を認めることができず

苦しんでいるので

あなたが自分を求めることを

見なければ気が済みませんし、

そのあなたが

幸せなところも見たくありません。

 

 

自己愛性人格障害とは

そういうものです。

 

あなたが彼を必死で求め

そして同時に

潰されていくところを見ることで

彼の自尊心は瞬間的に

満足するのです。

 

ですが、

自己愛性人格障害のひとの心の闇は

それでなくなるわけではなく

すぐに次のターゲットが必要になります。

 

自己愛性人格障害のひとの

ターゲットにならないためには

自己愛性人格障害のひとの

自尊心を満足させることをしないことです。

 

あなたがつぶされるところも

見せてはいけませんし、

傷つくところも見せてはいけません。

 

もちろんあなたが傷つくヒントを

自己愛性人格障害のひとに

与えてもいけませんし、

自己愛性人格障害のひとに

あなたを扱いやすい

と思われてもいけないのです。

自己愛性人格障害のひとから見て

あなたは難しく

強いのか弱いのか

分からなくして

自己愛性人格障害のひとの

攻撃も効かず、

どうやって攻撃すれば

あなたが傷つくのか分からなければ

自己愛性人格障害のひとが

一生懸命、

一人でやっていることに

なってしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

そんなことをしていることが

あほらしくなり

あなたを攻撃しても

満足できるか分からないため

あなたを攻撃しなくなるのです。

 

 

あなたを攻撃するくらいなら

もっと傷つく人や

潰されて苦しむ人を

ターゲットにしたほうが

確実に自尊心は満たされていきます。

 

そうすると自己愛性人格障害のひとは

あなたを攻撃することが

あほらしくなるのです。

 

あなたのその強い共感力を隠し、

あなたが無表情で

傷ついているのかいないのか

分からないと

自己愛性人格障害のひとは

攻撃したいとも思わなくなり

平和な人間関係を築くことができるのです。

自己愛性人格障害のひとはあなたの言葉や表情を見なければ、あなたが何を考えているのか分からない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

あなたのしぐさや表情を見なければ

あなたが何を考えているか

分からない、ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

 

自己愛性人格障害のひとは

表面上は総は見えないのですが、

その自尊心の低さから共感力が

育たなくなってしまった病気です。

 

そのため、人の気持ちを

想像することができません。

 

共感力とは、

人の気持ちを自分のことのように

考えられるものですが、

自己愛性人格障害のひとは

他人がひどい目に遭っていても

かわいそうだなと思うことがありません。

 

その人が悲しんでいるとかは

なんとなく想像できるのですが、

それが自分と同じように

苦しんだり悩んだりするということが

分かりません。

 

分からない、というよりも

人のことはどうでもいいのです。

 

人間誰でも、あまり自分に関係のない人には

たとえひどい目に遭っていたとしても

そうなんだ、と思うだけで

その人の気持ちに入れ込んだりすることが

あまりありません。

 

たとえば、ニュースなどで

交通事故や火事のニュースを見たりしても

かわいそうだなと思うことはあっても

その被害者に入れ込んだり

感情移入して泣く、ということは

ほとんどないと思います。

 

普通のひとでも自分に

あまり関係のない人には同情したりせず、

ただ単にそういう事件があったんだな、

と思うだけです。

ですが普通の人は、

自分の恋人や家族、

友達などがそんな目に遭うと

被害に遭ったその人と

同じような気持ちになり

辛くなったり悲しくなったりすると

思います。

 

ところが、自己愛性人格障害のひとは

たとえ自分の身うちであっても

そのような気持ちになることは

全くありません。

 

 

悲しかったり辛かったりするのは

自分だけなのです。

 

これが、自己愛性人格障害のひとの

共感力のなさでこのことが

とても怖いのです。

 

同情するどころか、

自己愛性人格障害のひとの心の中には

ひとよりも価値がないことにひどく怯えていて

自分のやったで満足することができず、

人が自分より

落ちぶれていくところを見ることでしか

自尊心を保つことができません。

 

ですので、

積極的に他人の心をつぶし、

存在を無価値にしたがり

そしてその人がその人らしくいられないように

圧力をかけて威嚇していきます。

 

自己愛性人格障害のひとが

いったんターゲットだとみなした人には

徹底的に成功することを邪魔して

不幸になるように落とし入れていくのです。

 

 

それでやっとほっとできるので

人をつぶすことをやめようとしません。

いったんターゲットになってしまうと

本当に怖いと思いますが、

自己愛性人格障害のひとは共感力がないため

相手の本当の気持ちを想像することができず、

人の言葉や表情を見なければ

あなたの心情を予測することができないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

その共感力のなさから

その人を読み取ることができないので

自己愛性人格障害のひとが

ターゲットに選ぶ相手は分かりやすいタイプです。

 

 

そして自己愛性人格障害のひとに

心を引っ張られやすい人なら

コントロールしやすいのです。

 

ですので分かりやすい人は

ターゲットになりやすく

それを避けるためには

自己愛性人格障害のひとに

あなたが何に苦しんで

何を怖がるのか知られないほうが

いいのです。

 

あなたが何を嫌がるのかが分からないと

自己愛性人格障害のひとは

あなたを攻撃する事ができないのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

あなたが強いのか弱いのか

分からないようにして

あなたを攻撃していいのか

判断させないことです。

 

 

あなたが、

自己愛性人格障害のひとの前で

どんな反応をするのか分からなければ、

自己愛性人格障害のひとは

どうしていいのか分からないのです。

 

 

あなたに優しくすればいいのか、

あなたを攻撃していいのか

まったくわからなければ

彼はどうしたらいいのか分からないのです。

 

 

分からないうちは

あなたに好かれようと

あなたに親切にしてきますので

自己愛性人格障害のひととの関係は

良好です。

 

もちろんだからと言って

あなたが

自己愛性人格障害のひとを

攻撃するわけがないので

あなたのほうが

彼が攻撃できないように

コントロールするためには

彼にあなたの弱みを見せないことが

大切なのです。

自己愛性人格障害のひとの演技性について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひと

演技性について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

とても素敵な人が多いと思います。

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼も

とても素敵な人でしたが、

自己愛性人格障害について

分かるようになってからも

いろいろなタイプの

自己愛性人格障害のひとを見てきていますが、

みなさんそれぞれに、何か

素晴らしい魅力を持っているようです。

 

地位の高い仕事についている方も

おみえになりますし、

芸術的な才能を持っている方や

仕事のできる方、知識の高い方や、

母性本能をくすぐるタイプもいるようですし、

女性の気持ちを

とても理解しているように見える

自己愛性人格障害の方もお見えになります。

 

 

人を惹きつけることに

常に全力を注いでいるのです。

理由は2つあって

自己愛性人格障害のひとの心理として

自尊心のあまりの低さから

人に認めてもらえないことに

極端な恐怖を感じていて

それを隠すために必死です。

 

常に尊大な自分を魅せつけることに必死なので

人から見て

自分がどれだけ素敵に見えるかを

必死で考えながら行動していますので

ちょっとしたしぐさや雰囲気など

無意識に演技してしまっています。

 

ですが、常に演技をしているので

演技をしている、

という感覚を持っておらず、

自分はそれで普通だと思っています。

 

 

もう1つは

負けず嫌いで

どうしても人の上に立たねばならず

必死で人の上に立つための

努力をしていますので

その時に自分がしていることを

必死で努力します。

 

だからそのうちに本当に

その道のスペシャリストに

なってしまうケースも

多いのです。

 

中には魅力がない、とか中身がない、

と言われる自己愛性人格障害のひとも

いますが、

そういったかたは

そんなに努力をしなくても

人を引き付ける魅力を

もともと持っており

たいした努力もせず

自分の思い通りになっている

自己愛性人格障害のひとは

特別な能力を持っていないかもしれません。

自己愛性人格障害と並んで

演技性人格障害というものがありますが、

特に違いはなく、

精神科医の名前の付け方が

いろいろあるだけだと

Tiaraは考えています。

 

問題は、どのような病名が付くかではなく、

こういった人がどういった症状で

どのように付き合っていけばいいか

という点です。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

嘘をよくつく、と言われていますが、

本人の中には

嘘をついている意識は

あまりなく、

常日頃から、人から良く思われることに

全力を注いでいますので

尊大にふるまったり、人懐っこくしたり

華やかにふるまうことに

慣れていますので

もともとが本当の自分、

というものが分からないのです。

 

その場その場で常に人から

良く思われるために動いていますので

都合が悪くなると

いうことが180度変わる、

ということもよくあります。

 

 

被害者はそうとうなショックを受けますが、

自己愛性人格障害のひとも

自分が良く思われるために

自分が悪く思われないために必死なので

人のことを考えている余裕がないのです。

 

見た目には尊大にふるまっているので

大変分かりにくいですが、

本当は、人から無価値だと言われることに

極端に怯えているのは

自己愛性人格障害のひとのほうなのです。

自己愛性人格障害のひとを初めから見分ける方法

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとを

初めから見分ける方法について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

普通の人と

とても見わけがつきにくいです。

 

どうしても尊大な自分を魅せるため

コミニュケーション能力も高く

普通のひとよりも

むしろ感じのいい人に

見えてしまうことも

多いと思います。

 

仕事ができて、

高い地位についている人の中にも多く

また、異性にもてて

人気者だというケースもあるので

好印象を持ち、近づいてしまう人も

数多くいると思います。

大変臆病なため、人に嫌われることを

極端に嫌いますので

とても細かい気遣いのできる人も

多いので

慣れていない人ほど

自己愛性人格障害のひとと

仲良くなるケースも多くみられます。

 

一見、いっしょにいると

幸せになれそうな雰囲気を

醸し出しているのですが

近くにいる人は

周りから分からないように隠れて

嫌がらせをとことん受けている人も

大勢います。

 

この、感じのいい

自己愛性人格障害のひとを

見分けるには

少し時間がかかります。

 

ですから初めから

自分を素直に見せていると

知らない間にターゲットになり

数年間、心をとらわれて

人生の貴重な時間を

つぶしてしまうことがありますし、

深い仲になってしまうと

嫌がらせを受けて

多大な被害を受けても

なかなか彼のことを

忘れることもできなくなりますので

女性だと出産や結婚をするチャンスを

逃してしまうこともありますので

できるだけ早めに

自己愛性人格障害かどうか

見抜きたいですよね?

 

まず対処としては

新しい場所に行くときや

慣れてない環境の中に

顔を出さなければいけないときは

初めから自分を

出しすぎないようにしましょう。

 

 

よく見ていると

普通のひとよりも

自己愛性人格障害の被害に

遭うような人は

初めから自分を前面に出しています。

 

 

そんなに慣れてもいないのに

自分を分かってもらおうと

得意なことやしていることの

話をしたり

いつもどのお店に行っているのか

とか何が好きでないが嫌いとか

言い過ぎています。

初めは、あなたを少しづつ

出していったほうがいいと思います。

 

そしてその中で、

感じがよく見える人も

悪く見える人も

自分の目で

よく観察してみてください。

 

自己愛性人格障害の人は

その自尊心の低さから

人から極端に称賛されることを

求めます。

 

そして自分の話をするのは

いいのですが

あなたの話は全く聞こうとしません。

 

人のことには興味がないのです。

 

そして、自分が称賛されたり

モテたりしているうちは

いいのですが、

よく見ていると分かると思うのですが

人が称賛を受けたり、

楽しそうにしていたり、

成功していたり、モテたり

しているところを見ると

あまりいい顔をしないのです。

 

 

たとえば女の子同士が

笑いながら楽しそうにしていると

今日に不機嫌になったり

怒鳴ったりします。

 

本当にうるさい場合もあるので

よく観察してみないと

分からないのですが、

人が楽しそうにしているだけで

自分の立場を脅かしていると

感じてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が一番でないと

その人に猛烈にやきもちを妬いて

怒り狂うのです。

 

むやみやたらに

楽しそうにすることは

怖くなりましたが

みんな知らずにしている行動だと

思います。

 

誰かの成功に

嫌そうな顔をしている人を見かけたら

少し警戒をした歩がいいと思います。

 

 

自己愛性人格障害ではなくても

人の成功や友達関係に嫉妬して

その人の悪い噂を

ばらまく人はいるので

それを信じた人から

知らない間に悪く思われていて

周りの人とだんだんに

付き合えなくなる可能性もあります、

 

うれしい時も楽しい時も

できるだけ静かに

その人とだけ共有するほうが

マナーのことを考えても

とても良いと思います。

 

嫉妬の対象は

そんなに大成功でなくても

あなたの優しさや笑顔にも

嫉妬する場合もありますので

ご用心ください。

自己愛性人格障害とは病的に自分のために愛情と人の犠牲を求める病気である

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害とは病的に

自分のために

愛情と人の犠牲と求める病気である

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

せっかく作った関係を

壊すようなことをしますが、

なぜそんなことをするのでしょう?

 

そもそも

自己愛性人格障害のひとは

ひととの関係を作りたくないのかというと

そうではなく、

自己愛性人格障害のひとも

本当は自分のそばにいる人を

求めているのだと思います。

 

ただ、自分の感覚が

普通の人とずれていることには

途中からなんとなく気づいているのですが

どこが違うのか、

ということは分かりません。

 

その原因は幼いころの生い立ちや

両親との関係だと言われていますが、

何らかの原因で

その自尊心のなさに恐怖を感じています。

 

自分がすべてのひとから

大事にされないと

どこかで極端な恐怖心をいだいていて

それを味わいたくないので

必死に自分には価値がある

と思いたくて必死です。

 

そのため、誰かが

ちやほやされているところを見ると

無性にやきもちを妬いて

それを壊したくなります。

その人が自慢をしているわけでも

魅せつけているわけでもなく

たまたま人気があったり

話しがおもしろくて

周りの人が惹かれていたり

ほかのひとよりも目立っていたり

優しかったりすることにも

やきもちを妬いてしまいます。

 

そしてその怒りは

相手が悪い、と思い込んでいるのです。

 

それは自尊心の低さから

きているのですが

どうしても人の幸せそうな顔を

見ることができないのです。

 

そしてその人に

そんな気がないとしても

勝手にやきもちを妬いて

全力でその人の幸せを

邪魔しようとします。

 

悪い噂を流したり、

笑いものにしようとしたり、

できの悪い子だと

見せようとするのはそのためです。

 

それが、他人だけでなく

自分の恋人や奥さんや友達や兄弟にも

そういうことをするのです。

 

どうしても

自己愛性人格障害のひとの心の中の

恐怖から

人を認めることができないのです。

 

そのくせ、自尊心が極端にないので

自分が嫌われることには

ひどく怯えています。

普通の人も嫌われることは

嫌でしょうが、

自己愛性人格障害のひとは

それが極端なのです。

 

その恐怖から

どうしても嫌われたくないため

人とのコミュニケーションには

抜群に気を使います。

 

自己愛性人格障害のひとが

コミュニケーション能力が高いのは

その極端に人から嫌われることを

恐れるためです。

 

自己愛性人格障害のひとに

気遣いのできる人が多いのは

そのためなのです。

 

話しも面白く明るく少しだけ

母性本能をくすぐるような

甘え上手な面もあり

たしかに

イライラするところもみえるのですが

それが正直で分かりやすいと

人懐っこくみられることも多いです。

 

人からの愛情に関しては

異常に求めているのですが、

初めは自己愛性人格障害のひとから

好きだと告白してくることも

多いでしょう。

それは、自己愛性人格障害のひとの

惹きつけ行為で

周りの人が自分に惹かれていないと

不安なので、

極端に惹きつけ行為を行い、

付き合うまでは彼からの

熱烈な愛の言葉をかけられた方も多いですが、

その時の自己愛性人格障害のひとの気持ちは

自分の魅力をあなたに見てほしくて

あなたからの称賛の言葉を

欲しかったのでしょう。

 

これも、はじめから

思っていたわけではありません。

 

初めはとにかくあなたに

相手にしてほしい

というところから

始まっているだけだと思います。

 

そして

あなたの性格によって

彼を称賛したり尊敬したりすると

彼はあなたを欲しくなります。

 

自己愛性人格障害のひとは

称賛してくれる人、自分を認めてくれる人が

好きなのです。

 

そして、あなたが優しく寛大だと

彼から少しくらいひどいことを言われても

さらっと水に流してくれたり

受け流してくれ、

なかったことにしてくれたりすると

さらに彼は

もうあなたを離さなくなります。

 

こうやってあなたはどんどん

自己愛性人格障害のひとからも

求められるようになるのです。

 

被害者になりやすいひと、というのも

ある程度

自己愛性人格障害のひとに

気に入られやすい性格をしています。

 

そしてそんなあなただからこそ

彼から彼のための犠牲を求められても

どんどん受け入れてしまうのです。

 

あなたが彼からの理不尽なことを

受け入れてしまうと

彼はどんどん自分の怒りを

ぶつけていくようになるので

気づいた時には

とてもひどいことになっているのです。

 

 

自己愛性人格障害とは

病的に自分を愛してくれる人や

犠牲をはらってくれる人を

求めているのです。

 

そしてそれくらいしても

自己愛性人格障害のひとの心は

満たされないのです。

自己愛性人格障害のひとの症状の見分け方

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害のひとの攻撃は

相手によってその都度調節される、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼の攻撃を

交流会などで話し合っていますと

その彼の性格やタイプによって

やり方が違うのですが、

やり方が違うと自己愛性人格障害では

ないのでは?

と疑ってしまうこともあります。

 

たとえば、暴言を吐く

自己愛性人格障害のひとも

いますが、

まったく口汚い言葉を使わずに

嫌がらせをする自己愛性人格障害の方も

おみえになります。

 

これは、言葉が汚くなければ

自己愛性人格障害ではない、

と考える人もいるようですが

自己愛性人格障害の嫌がらせに

基本、汚い言葉や暴言は必要ありません。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたの精神を傷つけますから

言葉は汚くないほうが

被害者が離れていきにくくなります。

 

ですが、中には、暴言を吐かれたり

汚い言葉でののしられたりする方も

おみえになりますが

それはあなた次第で

自己愛性人格障害のひとのやり方は

いくらでも変わるのです。

 

あなたが絶対に暴言や汚い言葉を

許さないタイプのひとだったら

自己愛性人格障害のひとが

暴言を吐いた瞬間に

彼のことが嫌になるので

自己愛性人格障害の被害に遭い続ける

ということはありません。

 

ではもし、あなたが魅力的な素敵な彼から

暴言を吐かれても

絶対に彼と離れたくはない、

もしくは結婚したい、離婚したくない

と思っていたとしたら

自己愛性人格障害のひとは

間違いなく暴言を吐くことでしょう。

 

自己愛性人格障害の彼は

あなたを追い詰めれば追い詰めるほど

高揚するので

あなたを強烈に好きにさせるために

生活の面倒を見たり、優しくしたり

あなたのことをこれからもずっと守る、

と言ったりします。

 

そして、あなたが彼と数年間付き合い

もう結婚が目の前に見えている

となったとき、

彼から突然嫌がらせや

暴言を吐かれたりするようになると

あなたは彼からすぐに

離れたりすることができるでしょうか?

 

今までの誠実なお付き合いを感じると

ただのけんかのようにも思えますし、

もしかしたら彼に何か、

会社などで

ストレスがかかっているのかもしれない、

と考えてしまったりします。

 

とりあえずは、我慢をしたり

あなたの気持ちを彼に言ってみたり、

彼が落ち着くのを

待ってみたりするでしょう。

しばらくすると彼からまた優しくされたり

何事もなかったのかのように

ふるまわれてしまうと

いつまでも気にしている自分が悪いと

あなたは思ってしまい、

水に流そうとするかもしれません。

 

 

それがとても危ないのです。

 

水に流してくれた寛大なあなたに

彼は、「ありがとう。」というかもしれないし

「ごめんね。」というかもしれません。

 

普通のひとなら反省をして

何度か繰り返したとしても

だんだんとよくなっていくのです。

 

ところがこれが

自己愛性人格障害だったとしたら

あなたが許してくれたことに

甘えて、

また何度も同じことを繰り返しながら

どんどん悪化していきます。

 

だって、またあなたに

「ごめんね。」とか「ありがとう。」と言って

普通にしていれば

あなたはまた許してくれて

彼のそばにい続けようと

してくれるからです。

 

そしてそれが

自己愛性人格障害の彼だった場合、

嫌がらせをしても逃げていかないあなたに

どんどん自分の心の中の

怒りをぶつけていくのです。

 

そして怖いことに

あなたもそれに

少しづつ慣れていきますので

少しくらい彼が怒っても

我慢することが当たり前になっていきます。

 

 

そして、自分でも知らない間に

あなたの自尊心はつぶされていき

自己愛性人格障害の彼の満足感と

入れ替わっていくように

あなたの心がどんどん病んでいくのです。

 

そうなってしまう前に

自分が傷ついていることを自覚し

あなたが彼からそんな扱いを受ける

必要はないと

もっと自分のことを大切にしてください。

自己愛性人格障害のひとは自分がひどいことをしているとは本当に思っていない

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは

自分がひどいことをしたとは

本当に思っていない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

自覚がないと言われていますが

本当に自分が悪いことをした、とは

思っていません。

 

記憶がなくなるわけではないので

あった出来事については

しばらくは覚えているとは思うのですが

しばらくたつと

本当に忘れてしまっていることも

よくあります。

 

そもそも、常に人よりも

上の立場に立つこと考えて生きていますので

その瞬間瞬間に

自分が相手の上に立つことのみに

必死になっています。

 

たとえば相手が

自分の仕事の実績が良いことを話したり、

その人から直接聞かなかったとしても

別の方から人の実績がいい話を

耳にしたとします。

すると、自分が負けることへの

極端な恐怖心から

無意識のうちに相手の失敗談を話したり

相手の失敗を言ったりして

相手の実績が良いことの事実を

悪いことで塗りつぶそうと

してしまいます。

 

これは本当のことではなく

嘘をついてでも

その人が悪く思われるようなことを

冗談めかして言ったりします。

 

 

周りで聞いている人は

人のことなど案外どうでもいいので

自己愛性人格障害のひとの話を肯定して

その話のネタの人物の実績が

なかったことになってしまいます。

 

その人に実績があろうがなかろうが

どうでもいいのです。

 

そうやって

その人の積んだ実績は

なかったことになってしまいます。

 

 

これくらいのことなら

ちょっとしたことで

なんでもないことだと思うのですが

これを何度も何度も繰り返されていると

その人はどれだけ実績を積んだとしても

その実績は摘まれることはありません。

 

そしてそれだけでなく

なんとなく

その人は、

自己愛性人格障害のひとの

繰り返しのつぶし行為により

周りの人から

軽くみられるようになってしまいます。

 

どれだけ実績を積んでも

なかったことにされてしまいますし

なんなら、

ディスられる対象になってしまうことも

ありますし、

自己愛性人格障害のひとが

バカにすることによって

もともとは

周りの人は

何とも思っていなかった人だとしても

みじめな存在だと思われるように

なってしまいます。

 

小さなディスりでも

何度もなんども繰り返し

行われることにより

軽く扱われる人になってしまうのです。
< これは、学校や会社などでも けっこうひんぱんに行われていることで そこでいじめの元となりますが 周りの人は 案外自己愛性人格障害のひとが やっていることに 気付いていません。   ですが、Tiaraはこういうシーンを 何度も目にしているので いじめのメカニズムが はっきりと読めてしまうのです。   今はそこまで言っていないといしても 繰り返し行われるそういった ディスり行為を さっぱりしている人ほど 軽く流してしまいます。   一見それがいいことのようにも見えますが 普通のひとよりも軽く扱われることが 当たり前になってしまうのです。     もし、それに気づいたら もし軽く扱われていることに 気づいたときに それを軽く笑い飛ばして 許したりしないでください。   一瞬、黙ってもいいですし、 真顔になってもいいです。   その場からㇲっと席を外して いなくなってもいいですし、 戻ってきても あまり口を利かないようにしてもいいです。     そうすると たいていの人は、共感力が少しでもあれば あなたが傷ついたことが分かりますし、 これ以上あなたに何も言わなくなります。     これが軽く見られないようにする コツなのです。   よく見ていると 自己愛性人格障害のひとは こういったことを 結構やっているので よく観察していると とても分かるようになると思います。     自己愛性人格障害のひとは 軽く扱われることは ほとんどないと思うのですが それを参考にあなたも わざわざ文句を言ったり 露骨に怒って見せなくても 少し会話を減らしたり 目線を合わせなくなったり その場から立ち去るなど 期限の悪いことをアピールしてもいいのです。   むしろ、気づいていないふりをして 明るく振舞ったり 水に流したりすると 自己愛性人格障害のひとにも 周りのひとにも 軽くあしらわれるようになると思います。   あなたの優しさやあなたの寛大さは 利用されるだけで むしろあなたにとっては 自分の立場を 苦しめていくだけの ためのものになってしまうのです。

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は自分を安っぽく扱ってはいけない

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

自分を安っぽく扱ってはいけない、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人の特徴に

とてもやさしすぎる、

というものがあります。

 

これは、本人も周りの人も

気づかないことが多いのですが

優しすぎるがために

相手に気を使っていることを

分からせないようにして

自分を捨ててまでも

相手を気持ちよくさせようと

しすぎています。

 

 

それってTiaraは

とても素晴らしいことで

素敵なことだと思うのですが、

残念ながら、

周りの人に気を使っていることすら

分からないように気を使っているため

周りの人から気づいてもらえません。

 

そして、

そんなあなたが気を使いすぎているほど

相手のことを思いやっているのに

その周りの人から

ぞんざいに扱われる、ということが

起きやすいです。

 

これは、相手が普通のひとでも

そうだと思うのですが、

相手がもし、

自己愛性人格障害のひとだったとしたら

大変なことになります。

 

自己愛性人格障害のひとは

そんなあなたの優しすぎるほど

優しいところが

とても大好きです。

 

だってとても都合よく使えるし

自分にとって絶対に信頼できる相手だし

いらなくなったら

簡単に悪者にすることができて

しかもそれでも何も言わない

と踏んでいるからです。

 

そして、もし少しでも

自分の読みと違うところが

あなたにあったとしても

とてもコントロールしやすいです。

 

自己愛性人格障害のひとの

素晴らしいところを見せれば

あなたは簡単に彼を信用しますし

喜んでなつき、

彼に寄り添おうとします。

 

そんな女の子がモテる、と

書いてある記事をとてもよく見かけます。

たしかに優しくて従順な女の子を

好きな男の人は多いと思います。

 

ですが、あなたばかりが寄り添っていて

彼があなたに寄り添っていないことに

気づいていますか?

 

 

あなたには他人を思いやる力はあっても

自分を思いやる力がありません。

 

自分を大切にしていないと

後から

大変なことになるのです。

 

もう少し、自分の気持ちに

耳を傾けてみてください。

 

あなたにも魅力はあるはずです。

 

そこに気づいて自信を持っていますか?

 

あなたの大切なものを否定するような人と

ずっと一緒にいてはいけません。

 

あなたの大切なものを否定するような人は

あなたのことを

切にしていません。

 

あなたとの約束を

大事にしてくれていますか?

 

あなたの気持ちを

大事にしてくれていますか?

 

あなたをあなたの友達や家族を

大切にしてくれていますか?

 

 

自己愛性人格障害のひとは

普段はとてもやさしい言葉をくれます。

 

ですが、それに現実が

ともなっているでしょうか?

 

自己愛性人格障害のひとの特徴に

初めはとても素晴らしい経験をくれますが

だんだんとそれが

いつの間にかなくなっていく

という特徴を持ちます。

 

そしてそれは年単位という

膨大に長い時間をかけて

行われます。

 

たしかに普通のひとでも

初めのころはいろいろなところに

連れて行ってくれたり

美味しいものを食べに

連れて行ってくれたりするでしょう。

でもそれが付き合い共に

だんだんとめんどくさくなり

プレゼントの質が落ちていったり

お出かけする回数が減ったり

することも大いにあると思います。

 

ですが、あなたに何かあったりすれば

飛んできたり

あなたに対する愛情は

変わらずある、と感じる出来事があるはずです。

 

でも、自己愛性人格障害のひとは

何かが違うのです。

 

それは、人に話しても

分かってもらいにくいことでも

あなたなら分かると思います。

 

 

何かがおかしい、と。。。

 

Tiaraには年頃の息子が二人いましたが

彼らのことを考えるよりも

自己愛性人格障害の彼に振り回されていて

彼のことで悩む時間がとても多かったです。

 

自己愛性人格障害の彼は

2人の息子ととても仲良くしてくれましたが、

彼らのいないところで

彼らのことをバカにすることもありましたが

Tiaraがそれを許しませんでした。

 

Tiaraのために一緒に家を出てきてくれて

Tiaraを支えてくれてた息子のことを

冗談でもバカにすることは

Tiaraには我慢できなかったのです。

 

彼はそのことにすぐに気が付いて

彼らのことをバカにすることは

2,3回でなくなりました。

 

ですが、Tiaraのことで困っている

ということを

息子たちに言っていたことが

あったようです。

 

息子たちもTiaraに対する愛情が

大きいと思いますので

Tiaraをバカにするようなことは許しませんが、

Tiaraとうまくやっていきたいのに

Tiaraの考え方などで困っている

といえば

Tiaraと彼に

うまくやっていってほしい子供たちとしては

真剣に彼の話を聞いていたことでしょう。

これ以上彼といたら

いずれは

子供たちのTiaraへの信用は

なくなっていたのかもしれません。

 

Tiaraのためを思っている人が

子供たちとの仲を壊すようなことをするはずが

ありません。

 

 

それでもTiaraは彼を信用していましたので

彼のことを子供たちに悪く言う事は

ありませんでした。

 

もちろんTiaraも彼と子供たちに

仲良くなってほしいから

していたことです。

 

ですが、このことで余計に

原因がTiaraのほうにある、

と子供たちに誤解されていたことも

あったと思われます。

 

ただ、いくら口がうまくても

ずっと一緒にいたTiaraの愛情が

彼の言葉でごまかされることは

ないので、

彼にはそこまではできなかったのでしょう。

 

あなたの相手への思いやりが強すぎると

あなたをかばっていない彼の言葉が

信用されてしまうことは

多々あります。

 

きちんと真実を見て

自分を守ることをしなくてはいけません。

 

 

あなたの愛情は

まず自分に向けてください。

 

自己愛性人格障害の被害者になるような人は

自分への思いやりが足りません。

 

普通の人にこんなことを言ったら

あなたは自分のことしか考えていない人間に

見えると思いますが、

Tiaraは、あなたが自分のことを差し置いて

周りの人のことを考える人だと

知っていますので

あなたに自分を一番に

大切にしてもらいたいのです。

 

 

自分を大切にしない人は

周りからの信用を失います。

 

 

まずは、あなたが

あなたを信じてあげることが

大切なのです。

自己愛性人格障害の被害者は周りの目に惑わされてはいけない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者は

周りの目に惑わされてはいけない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼は

怖い人だと思われていることが

多いのですが、

決して怖い人ではありません。

 

一緒にいるときは

普通のひとよりもとても穏やかで

男らしいところもありますが、

むしろ女子力の高い

細かい気配りのできる、繊細で

中性的な男性でした。

 

ですが、

Tiaraが付き合った男の人の中では

ダントツで頭がよく

頼りがいがあります。

 

彼についていけば大丈夫、

という絶対的な安心感がありました。

 

自己愛性人格障害だと

分かるまでは。。。

 

彼がいるだけで、

一緒にいないときまでも

彼に思われていることで

Tiaraは大丈夫、と思える

絶対的な安心感がありました。

 

今まで付き合っていた

自己愛性人格障害ではない、

普通の彼とは

ここまでの安心感はありませんでしたが

自己愛性人格障害の彼は

とても強く、

なんでもこなす頭のキレと

判断力を持っていましたので

彼といることで

Tiaraの中に自信のようなものが

あふれていました。

 

今のTiaraに自信があるのも

結局は人の人生を乱して

職場も無くし、

すべてを壊してしまう

自己愛性人格障害の彼のおかげでした。

 

彼はTiaraを何度も捨てようとして

傷つけましたが、

結局のところ

Tiaraに残ったものは

1人でいられる自信でした。

 

 

周りの人たちの批評や判断が

まやかしのものだったと

気付かされる出来事でもありました。

そして、彼さえいれば

大丈夫と

彼に対する絶対的自信を信じて

Tiaraの心が安定していたのは事実です。

 

ですが、その彼が

実は幻で

いつかはTiaraから離れてしまう存在で

そこには何もなかったかのようにされてしまう、

もしくはののしられ、

罪をすべてTiaraに擦り付けられて

Tiaraから大切なものすべてを奪われると知ったら

怖くて彼と一緒にいることは

できなくなったのです。

 

 

自己愛性人格障害とは

どうしてもそばにいる人を

徹底的につぶしても

つぶしきっても限度の分からない病気で

彼の心は安定しません。

 

彼自身もどれだけ人をつぶし続けても

自分に自信が持てない

見せかけだけで作られた心のない

人間だったのです。

 

ですが、その恐怖から

努力を惜しまない自己愛性人格障害の人は

実力をどんどんつけていっている場合も

多くあります。

 

ですが、それでも自分に自信の持てない

自尊心の恐ろしくない

その恐怖と常に戦っている病気なのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

本当に辛く苦しいことは

よくわかりました。

 

ですが、だからと言って

人をつぶして傷つけて

いいわけがないのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

潰されたターゲットたちは

本当にみじめな存在になります。

 

その原因が

自己愛性人格障害のひとに寄り添ったり

思いやったり、愛していたり

従順だったり素直だったりすることから

来るのです。

 

こんなにひどい話はありません。

 

それにその話を

周りの人に分かってもらおうとすれば

被害者のほうが変にみられることは

いろいろな人と話してみて

確信しています。

 

 

だから助けを求めることも

できないのです。

 

Tiaraはこの事実を被害者の人にだけ

広めて分かってもらい

自分に自信をつけて

周りの人間に惑わされないで

生きてほしいのです。

 

そして、難しいかもしれませんが

自己愛性人格障害のひとを

恨むことなく、同情することもなく

未練を持つこともなく

そっと離れてほしいのです。

 

それには、自己愛性人格障害特徴をよく知って

その病気ではない人を誤解しないように

事実だけを見る目を養ってほしいのです。

 

 

これだけ増えた自己愛性人格障害ですが

それでもまだ

普通の人のほうが数は多いはずです。

 

 

普通のひととの関係を築くにも

難しいことはいっぱいあると思います。

 

 

ですが、理不尽な被害を受け続けて

その場にいられなくなるような

すべてを失うような

みじめな生き方だけはしないでほしいのです。