自己愛性人格障害の人の子供の引寄せ方

こんばんは♡

久しぶりにブログを更新します。

今日は、自己愛性人格障害の旦那様に

子供を引き寄せられたときの対処法について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害とは

自分の魅力を常に周囲に病的に魅せつけていないと

極端な恐怖心を持つ特徴を持ちます。

 

そのため、常に魅力的にふるまったり

親切にしたり、

自分の得意なことをして感謝されることを

極端にやめられないでいます。


“自己愛性人格障害の人の子供の引寄せ方” の続きを読む

自己愛性人格障害のひとの結婚について


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

結婚も離婚も子供を作ることでさえ

すべて勝ち負けで決定している

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとの行動は

普通のひとと同じに見えて

すべて普通のひとと違います。

 

 

そして、それは

本人も意識していないので

どうしてかわからず

なぜ自分が不幸になってしまうのか

分かりません。

 

はた目に見ても

普通のひとにしか見えないのに

どうして自分も他人も苦しめてしまうのかは

すべて自分の勝ち負けのためにしか動けない、

ということがあります。

 

たとえば、普通のひとは

好きな人とこのまま一緒に過ごしたい

と思うことが結婚につながります。

 

普通のひとも責任感や長く付き合ったから

そろそろけじめをつけないと、

という理由で結婚することもあるのですが

でも、大前提は、

自分が自分のパートナーと

一緒にい続けて

その人と一緒に幸せになることを

大前提の目標としたうえで

結婚を決意しているはずです。

 

 

おそらくできちゃった結婚などでも

結婚する直前にはその覚悟が

できていることでしょう。

 

 

 

ところが、自己愛性人格障害のひとは

違います。

 

本人も明確に意識しているかどうかは

わかりませんが

意識の流れとして

今まで自分がしてきたことを

今、結婚しなければ

自然の流れに見せることができないからと

つじつま合わせのために結婚したり

後、それまでの彼女を傷つけるために

次の彼女と結婚をする、ということもします。

 

傷つける相手がいて

その彼女に勝つ、だとか

その彼女が苦悩するところを見て

満足感を得るためにも結婚をします。

 

だから前の彼女に

絶対に分からないように結婚をする

ということはなく

必ず何らかの形で

以前の彼女に伝わるような考作を立てます。

 

普通は、前の彼女に

結婚したことが分かるということは

まずないです。

 

 

同じ学校の同級生など

何らかのつながりがある中の相手と

結婚した場合は

自然に伝わることもあると思いますが

そうでない場合も

元カノの友人や身内とつながりを持ち

わざわざ伝えておく、ということをするのです。

 

 

また、元カノに新しい彼氏ができた場合も

あわてて新しい彼女を作る、

といったこともよくします。

 

そして以前の彼女よりも

極端に素晴らしく幸せにして

それが以前の彼女に

伝わるような考作も必ずします。

 

だから、以前の彼女が

まだ彼のことを忘れていない場合や

別れたことに納得がいっていない場合

彼の新しい彼女との関係性を知ると

ものすごくみじめな気持ちになったり

自分ではダメだったのだ、

とわざわざ思わせるようなことを

しなければいられないのです。

 

 

だから自己愛性人格障害ではない

普通の人が彼だった場合

自分の元彼に新しい恋人ができても

もう別れた彼なので

何とも思わなかったり

逆によかったね、と

祝福してあげられる気持ちになるのが

普通だと思います。

 

 

でもそれは、

元彼があなたが惜しいと思うほど

素晴らしい人間だった、というよりは

そうやってあなたに

みじめな思いを

わざわざさせている人だからだと

言えます。

 

自己愛性人格障害とは

そのことにしかこだわって生きられない

人たちなのです。

 

だからあなたが

ものすごく傷つくのも無理はありません。

 

そして、新しい彼女は

そんなことに気づきもせず

ただ、自分の大好きな人が

自分を幸せにしてくれた、としか思わないので

まったく彼がおかしいとは思わないでしょう。

 

これ以上ない幸せを感じているかもしれないです。

 

でも、これは

新しい彼女も、そんなに遠くない未来

同じ思いをします。

 

もしかしたら、

この上ない幸せを感じていると思いますので

そこから落ちるギャップは

地獄のように辛いものかもしれません。

 

外から見た形的には

結婚も出産も幸せなことなので

ほとんどだれも気がつかないと思います。

 

子供も友達が子供ができたから

負けたくないので自分も作るとか

そういうことを平気でします。

 

 

赤ちゃんは可愛いので

自己愛性人格障害のひとも

しばらくは幸せな気持ちで

いるかもしれません。

 

ですが、子育ては本当に大変なので

ずっと幸せでいるかどうかはわかりません。

 

もしかしたら

赤ちゃんの泣く声に

普通のひとよりも恐ろしく

イライラしたりするかもしれません。

 

そのイライラが

普通の人がおもうイライラとは違うのです。

 

それでも普通のひとでも

赤ちゃんが泣けば

イライラしたりする人もいるので

自己愛性人格障害のひととの違いも

分からないかもしれません。

 

自己愛性人格障害のひとは

普通のひとと同じ行動でも理由が違うのです。

 

子供も奥さんとの差をつけて

奥さんをみじめな気持ちにさせるために

可愛がるかもしれません。

 

可愛がる理由も怒る理由も

すべて普通のひととは違うのです。

 

Tiaraは普通の結婚をした後に

もう一度

シングルになってからの恋で

元彼の行動を一部始終見てきたので

自分が幸せだった時に

不幸な存在がいたことにも

気づいていました。

 

普通のひとには

自分たちが幸せになるために

そんな存在はいらないのです。

 

でも、それは彼も後悔しているので

絶対にもうそんなことはしない、

と泣きながら何度も誓っていましたし、

だからこそTiaraには

同じ思いは絶対にさせない、

と言ってきました。

 

でもわざわざ何度も

傷つけに行くようなことを

していましたし

Tiaraがやめてと言っていたのは

同じ女として心をえぐり取られるようなことを

何度もしているからだと

思っていたし彼にもそう伝えていました。

 

でも彼の眼は異常に高揚し

口では自分の正義感の中で

彼女への責任感からそうしている、

と言っていましたが

元カノの気持ちはえぐられるだけです。

 

そのあと自分も何かの不可解な感情の中

それでも幸せの絶頂を

何度か経験したうえで

同じようなことが自分の身にも起きたので

そのあとの彼の行動も一部始終

彼の感情の動きに

ある一定の法則性があることに

気づいたのです。

 

Tiaraも傷ついてはいますが

彼のすべての行動に納得がいきます。

そしてそれを彼に伝えても

彼には伝わらないので

いうことができません。

 

自己愛性人格障害のひとは頭の中が

まったく違うのです。

 

人間だから自己愛性人格障害ではない

普通のひとでも

人を傷つけてしまうことはあると思います。

 

TiaraもTiaraの友達の話を聞いていても

やはり人を傷つけてしまった経験はあります。

 

でも普通は1度ですぐに気づき

二度と恐ろしくて

そんなことはできないのが普通です。

 

でも自己愛性人格障害のひとは

幾度となく何度でも限度なく

そんな恐ろしいことをしてしまうことを

やめられないのです。

 

Tiaraは目の前でそれを

何度も何度も見てみているので

彼に関わる人たちの心が

どんどんつぶれていくのが分かります。

 

ですが、それをすべて周りの人間のせいに

してしまうのがうまいので

彼に関わった人が悪者になり

彼はきれいな存在のまま生きているので

彼のそばにいる人は

彼を恨んでいるということはないでしょう。

 

とてもいい人だと思っていると思います。

 

Tiaraもずっと彼をいい人だと

思ってきました。

 

心がボロボロになり

生きていけないほど

みじめな思いをしたときに

はじめて彼の恐ろしさに気づくかもしれません。

 

自己愛性人格障害とは、

分かっていても

あなたにも彼本人にも

止めることができないのです。

世の中のいじめの加害者はほぼ自己愛性人格障害である


こんにちは♡

今日は、いじめの加害者はほぼ

自己愛性人格障害である

ということについて

お話ししたいと思います。

 

世間では、よく学校でのいじめについて

ニュースになったりしていますが、

いじめの加害者になるような人は

ほぼ自己愛性人格障害です。

 

恋愛や結婚生活においてのモラハラや

会社においてのいじめも

ほぼ同じで

これは自己愛性人格障害のひとの心情が

原因とされています。

 

現在は、昔に比べて

インターネットの普及により

自己愛性人格障害や

その他のパーソナリティ障害について

ずいぶん知られるようになってきましたが

まだ、いじめの原因が自己愛性人格障害という

どうしても他人をつぶして

みじめなところを見ていないといられない

いわば、いじめ依存症のような人たちの

心情によることが原因だということが

あまり知られてはいません。

 

みなさん、いじめは悪いことだという認識は

なんとなく持っていながらも

はっきりとなぜそのようなことになるのか

分かっていないのか

原因が分からない、とか

いじめの事実はなかった、などと

言っているニュースをよく耳にします。

 

そう思う人は

何も原因がないのにトラブルになるはずがない

と思っているから

そういった発想が生まれるのであって

自己愛性人格障害のような

もともとおなかの中に

育った環境による怒りの心情や

自尊心のなさから

逆らえない人や弱い人、まじめな人や

よく1人で行動する人をターゲットに

意味もなく

すべてをターゲットのせいにして

みじめな存在を作り

それを眺めることで平常心を保ち続けるという

普通のひとでは考えられない心情があることを

知りません。

 

知っているのは

いじめのターゲットにされた人のみです。

 

そしていじめのターゲットが

ほかのひとに分かってもらおうと話しても

信じてもらえないように

その人がおかしいと思われるよう

周りの人をコントロールしながら

加害者のしていることを分かりにくくし

周りの人を自分の味方につけて

できるだけターゲットが悪者になるよう

仕向けられているので

ターゲットは話をすることもできず

ただただ怯えて

ひどい扱いを受けたり

人格を否定されたりし続けているのです。

 

中には、おかしく思われているターゲットの

味方をすることが怖い先生なども

ターゲットにされた人の言うことを

ほとんど信じないので

ターゲットにされた人は

どんどん追い詰められていきます。

 

 

そして逃げ場を無くしたターゲットが

自ら命を絶ったりする悲惨な出来事が

起きているのです。

 

そして、この自己愛性人格障害のひとが

将来的に親になると

自分の子供や奥様にも

否定や拒否を繰り返しますので

幼いころにそうやって

ありのままの自分を

受け入れてもらえたかった子供たちが

大人になり

また自己愛性人格障害になってしまうと

言われているので

自己愛性人格障害のひとは

今後増えていくと思われます。

 

だから被害者がつぶされて学校を追いやられ

加害者側がいつまでも意気揚々と

取り巻きを作りながら組織を大きくしていくと

自己愛性人格障害のひとのほうが増えてしまい

被害者が減っていきますので

将来的には今よりも

自己愛性人格障害のひとが増えると

言われています。

 

 

そうならないためにも

自己愛性人格障害の被害を受けないようにして

自己愛性人格障害や

その他のパーソナリティ障害の知識が

できるだけ世間に普及されるようになることを

願います。

 

 

自己愛性人格障害の被害を受けることは

自己愛性人格障害のひとが

どんどんひどくなることにもつながり

良くないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとと被害者のその両方が

自己愛性人格障害のひとに

いじめをしやすい環境を

変えなければいけません。

 

希望があれば学校などでも

講習会を開きますので

ご希望の方は下記のいじめについての講習会について

お申し込みください。

 

お申し込みをされた方には

時間と内容について

こちらから連絡をいたします。

よろしくお願いします。

 

●いじめについての講習会●

 

いじめ原因と再発防止について

講習会を行います。

 

いじめとは、加害者を割り出して

話をすればいい、

という問題ではありません。

 

加害者側もやめることができない

心情なのです。

 

みんなが自己愛性人格障害という

病気を知ることにより

自己愛性人格障害を持つ子供たちも

いじめをやりにくくなります。

 

そして時間をかけていじめたい、

という心情も持たなくなるのが理想です。

 

これからの時代の子供たちが分かりやすいよう

小学校や中学校の先生を対象に

いじめの講習会を行わせていただきます。

 

混みあっている場合は、

多少のお時間をいただくことがありますので

ご了承ください。

 

ご相談内容によって多少の料金が違いますので

細かい打ち合わせは都度させていただきます。

 

ご希望の方は、下記お申込みボタンを

押してください。

 

いじめの心情についての講習会(約2時間程度)
¥60,000(別途 消費税)



※出張費に関しましては

別途、実費いただきますので

よろしくお願いします。

 

Tiaraでは今後、自己愛性人格障害の被害者が

1人も出ない社会を目指します。

 

あなたも自己愛性人格障害について

できるだけ知識を高めて、

自己愛性人格障害の被害を無くすために

一緒に頑張りましょう。

あなたの子供を自己愛性人格障害や被害者に育てないために

こんにちは♡

今日は、あなたの子供を被害者や

自己愛性人格障害に育てないために

世間の常識を

真に受けてはいけないことについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraはいろいろな人の相談を受けていると

1つ心配になることがあります。

 

みなさん、

初めて自己愛性人格障害のひとにあった人は

本当におどろいています。

 

今までの常識が

いっさい通じない人が

この世の中にいるなんて思えないので

その特徴に気づきにくく

不思議だと思いつつも

信じてついていってしまいます。

 

また、自己愛性人格障害になってしまった人も

本人に、その意識はなく、

健全な環境に育っていれば、

共感力が育っていて

普通に人とコミュニケーションをとることができ

幸せな人生を送っていたことでしょう。

 

どうして自己愛性人格障害になってしまうのか、

原因はその育った環境にあると言われています。

 

Tiaraは子供が心配になります。

 

無邪気でかわいい子、

魅力がいっぱいある子ほど

心配になります。

 

優しくて思いやりがあり、

人のためを思って自分を犠牲にできる子ほど

心配になります。

 

自己愛性人格障害の子供は、

おそらく誰からも

なにも嫌なことをされることもなく、

クラスでも強い存在として

一目置かれる存在になることでしょう。

 

自分のことばかり考えている子ほど、

いじめや意地悪のターゲットに

なりにくいのではないかと思います。


;

我慢強い子ほど、

人目を忍んで嫌なことをされても

明るく振舞っていることでしょう。

 

なんだか、子供の世界が

本当に心配になってきます。

 

そしてその関係性は

大人になってからでも続くでしょう。

では、やられる側にならないために

魅力や才能を潰されないために

自分のことばかり考える子供ばかりになったら

世の中はどうなるでしょう。

 

Tiaraが会社に行くときに

小学生が挨拶をしてくれる子が

ちらほらいます。

 

おそらくお母さんから

「近所の人に会ったら

挨拶をしなさい。」と

言われているのでしょう。

 

でも、そういう子に限って

挨拶をしても無視をされたら

傷つきます。

 

傷ついて下を向いていたら

笑う子がいます。

 

あいつは気が弱い。

弱いやつがいるぞって。

 

その子は悲しくなるでしょうね。

なんでお母さんの言うことを聞いて

挨拶をしたのに

こんな思いをしなきゃいけないの?って。

 

世の中にこういうことが

あることは大体の人が経験して

知っているでしょう。

 

でも、子供に嫌なことを

教えたくない人がほとんどです。

 

でも嫌なことを教わっていない

きれいごとばかり教わっている子ほど

傷つきます。

 

Tiaraはいい子ほど

被害に遭いやすいと考えています。

 

中には被害者にも問題があるよね。とか

何かあるからやられるほうに

回っちゃうんだよね、

という人もいますが、

Tiaraは違うと考えています。

 

嫌われている子は

本当に嫌なことをした人ばかりでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

自己愛性人格障害という病気が

あることを知った今、

子供のころ、

嫌われていたあの子は

本当に嫌な子だったのか、と

最近考えることがあります。

 

本当の世界は子供のころ

親から習った世界だけではありませんでした。

 

嫌なことほど、

子供に教えたくはありませんが、

いきなり無視をされたりした時に

子供が親に話すとは限りません。

 

そしてイレギュラーなことが起こったときに

どうしていいか分からなくなってしまいます。

 

共依存とは

いわゆる共感力が強すぎる病気で

ボーダーなんて呼ばれていて

自己愛性人格障害とは

真逆のもので、そのため

お互いに強烈に引き合います。

 

いい子に育ってほしくて

人のことを考えるような優しい子に育てた子が

被害に遭ったり

逆に悪者にされて

居場所を追いやられたりしていることが

多いなんて

悲しすぎます。

 

そろそろ

世の中の間違った常識に

みなさん気づいてもいいころだと

思いませんか?