自己愛性人格障害の人が必ずとる奇妙な行動

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人が

必ず取る奇妙な行動について

お話ししたいと思います。

 

以前からお話ししている事ですが、

自己愛性人格障害の人は

自分の方が立場が強い、

と感じているときは

嬉嬉として

目立つ行動を取り続けます。

 

周りを威嚇するように

とても低い声で

あなたを嗜める事を

永遠言い続けたり

周りが聞いている事前提で

あなたに親切にしたり、

自分の有能さを

アピールしたりしています。

 

特にターゲットの前では

ターゲットの欠点を

周りの人が聞いている前提で

自分がそれで

どんなに迷惑をかけられているかを

訴えたり、

ターゲットが何かいうたびに

否定をしてくるような事をすると思います。

初めのうちは、周りの人も

それをあなたの方が悪いから

怒られてる、

と思ってしまう人もいるでしょうし

特定の人ばかりを

ののしる自己愛性人格障害の人を

あまりよく思わない人も

いると思います。

 

ところがあまりにも長い期間

そういった事を続けていると

だんだんと周りにも

自己愛性人格障害の人を疑いだす人が

多くなってきて

自己愛性人格障害の人がやっていることが

周りの人にもバレてきます。

 

周りの人がおかしいと感じ始めると

それを即座に感じ取り

瞬時におとなしくなり、

存在していることすら分からなくなり、

本当に姿をくらます

自己愛性人格障害の人もいます。

 

そうなると

今まであんなにも目立っていたのに

いても、どこにいるかわからないほど

存在感がなくなってしまうし、

声も小さくなり、

話していても何を話しているのか、

近くで聞いていても分からないほど

聞こえなくなります。

 

 

ほとんどの自己愛性人格障害の人が

出来る事だと思うのですが、

自己愛性人格障害の人は

その極端に臆病な性格から

本当に心を許す

近くにいるターゲットだけにしか

聞こえない声で

ターゲットを脅すことができるのです。

 

本当は自分が

どんなにひどいことをしているか

心のどこかで自覚しているのですが

それがバレない様に必死になります。

 

 

それがその

聞こえない声での説教や

嫌がらせになります。

 

自己愛性人格障害の被害者や

その周りの人たちは

自己愛性人格障害の人が

ターゲットの事を

嫌いだと思いがちですが

本当はそんなことはありません。

 

むしろ自分がひどい事をしても

許してくれたり

水に流してくれたり、

もしくはそんなひどい事をしても

嫌われるわけがないと

たかをくくっているのです。

 

優しくしたり、

相手の気持ちを

組んであげる事で攻撃されているとしたら

もうあなたは

優しい人間ではいられないのかと

思ってしまいますよね?

 

まず、あなたが優しさを出していい人間と

いけない人間の区別がついていません。

 

世の中の

誰にでも優しい人がいいという常識が

被害者をどんどん

苦しめてしまいます。

あなたの思いやりや共感力は

普通の人に出すと

あなたがいい人間関係を作る

手助けになるのですが、

自己愛性人格障害の人は

あなたがいい人間だと思われる事を

許しません。

 

あなたが

周りに人から大切に扱われることに

恐怖を感じているのです。

 

だからまず

あなたがしなければならないことは

自己愛性人格障害の人の前では

あなたの優しさも弱さも

出してはいけません。

 

自己愛性人格障害の人の前で

優しさを出してしまうと

あなたが周りに人にすかれることに

恐怖を感じてしまいます。

 

なぜなら、

自己愛性人格障害の人は

極端に自尊心がないので

もしあなたが

周りの人間から好かれてしまうと

自分が価値のない人間のように思えてしまい

苦しいのです。

 

だからあなたが

周りの人に良く思われることを

邪魔してくるのです。

 

逆に自己愛性人格障害の人に

あなたが弱さを見せてしまうと

あなたは

攻撃してもいい相手とされてしまい、

あなたを悪者にして堂々と罵ったり

あなたが周りの人からも

怒られても仕方の無い人間だと思わせて

堂々と正義の鉄剣を喰らわせて

あなたを退治しようとしてくるのです。

 

まず、あなたが攻撃されないために

あなたがしなければいけないことは

以下の2つになります。

 

普段は意識していないことだと

思うのですが、

今日からこれを実践してみてください。

 

1.普段の反応をすべて薄くする。

楽しいことがあっても、

いかにも嬉そうな表情や

笑い声を出さないことです。

 

ただ、あなたが

楽しそうにしていただけでも

自己愛性人格障害の人は

自分の存在価値に

恐怖を感じます。

 

無表情になれというわけではなく

少し微笑む感じで口角を

少しだけあげて喜びを表現します。

 

普段はそこまで自分の表情に

意識をしていないと思うのですが、

あなたの周りに

自己愛性人格障害の人がいるときは

これを意識してやってみてください。

 

2.あなたが悲しい時も

極端に悲しい顔はしないでください。

 

特に自己愛性人格障害の人に

嫌がらせをされた時などは

なんとも思っていないような表情をして

ただ黙って少し顔を後ろに

引いてください。

 

「え?」という感じです。

そんなことするの?

みたいに。。

 

そして、そのあとは

何事もなかったかのように

次の行動に淡々と移って

そんなことはなかったかのように切り替えて

思い出しもしないでください。

 

そうすると、自己愛性人格障害の人は

あなたにした自分の攻撃が

効いているか効いていないか

分からなくなります。

 

自己愛性人格障害の人は

極端に共感力がないため

あなたが表情に出さなければ

あなたがそれをどれほど嫌か

分からなくなります。

 

あなたが嫌だと思わないことを

やり続けても意味がないので

自己愛性人格障害の人は

だんだんとそれをやらなくなります。

 

だから、むしろ、

あなたがされて嫌なことほど

堪えていない、という表情をした方が

あなたにとって得となります。

 

ただ、本当に酷いことをしていた場合は

あなたが堪えるわけではないのですが

そんなことをする自己愛性人格障害の人が

軽蔑された、と思わせることで

自分が恥をかきます。

 

少し後ろに引いて、

「え?」という表情をするのは

そのためです。

 

自己愛性人格障害の人が

自分がしたことで損をする、

と感じるように持っていけば

段々とあなたには攻撃を

仕掛けにくくなるでしょう。

 

続けていれば

あなたは

どんどん攻撃されにくくなってきますので

長期戦だと思って

ゆっくりと時間をかけて

やるつもりでこの2つを

今日から心がけていってください。

自己愛性人格障害の人は嫌われることが極端に怖い

こんにちは

今日は、自己愛性人格障害の人は

人から嫌われることが極端に怖い

というお話をしたいとおもいます。

 

あなたもどちらかというと

もちろん人から嫌われるに

恐怖感を抱いていると思います。

 

なぜなら、人には

ふつうに承認欲求というものが

あり、他人から自分を認めてもらいたい

と考えていることは

とても自然なことだと思います。

 

最近では

「嫌われる勇気」で話題となった

アドラー心理学のようなものが

流行って来ているので

あまり承認欲求を持つことは

良くないとされてきていて

昔よりは少し

変わってきているのかもしれませんが

そもそも人から好かれたい、

認められたいと思うことは

とても自然な事です。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

あんなにも堂々としていて

人のことには

興味がないないように見えて

実は普通の人よりも極端に

人から嫌われることに

怯えているのです。

被害者であるあなたも

できれば人から認められたい、とか

好かれたい、と思っていると思うのですが

被害者になるような人や

普通の人は

他人を蹴落としてまで

自分をよく見せたい、とまでは思いません。

 

ですが、自己愛性人格障害とは

幼い頃に

ありのままの自分を

認められなかったので

その反動で

極端に自己を愛する気持ちが

飛躍してしまっていて

どうしても他人のことを認められません。

 

だからどうしても

嫌がらせをしてしまい

自分のそばに

惨めな存在を作ることで

自分の方がマシだと

安心できるのですが、

それもその一瞬だけで

すぐに

自分は本当は価値がない

と思い込んでしまいます。

 

 

その辛さから抜け出すために

常に尊大な自分を見せつけ

周りの人から称賛されたいがために

同時に惨めなだめな存在を作り

周りを下に下げて

同時に自分を上に見せることで

コスパよく、

自分の才能や魅力や実力以上に

見せるのがとても上手いのです。

 

だから自己愛性人格障害の人は

極端にいい人に見えたり

有能に見えたりするのは

そのためです。

 

そして

自己愛性人格障害の人は

被害者を惨めな存在にすることだけで

満足するわけではなく

その辛そうな状態を常にみていないと

落ち着いていられません。

 

極端に共感力が低いために

その表情や言動を見ていなければ

相手の気持ちを想像することが

出来ないのです。

 

だから被害者が

自己愛性人格障害の被害に気付いて

逃げ出してしまうと

その惨めな姿をみられなくなるので

途端に不安になり

また自分がわかる範囲で

被害者を作り出してしまうのです。

 

だから

自己愛性人格障害の人の

そばにいることは

危険なわけですが

被害者がまだ

自己愛性人格障害の人を

魅力的に感じていて

被害に気付いていないうちは

辛い思いをしながらも

それは

自己愛性人格障害の人のせいではなく

自分が悪いために

起きている出来事だと信じ切っていて

自己愛性人格障害の人から

離れようとはしません。

 

それがわかっているからこそ

Tiaraは自己愛性人格障害の人と

距離を置くわけですが、

自己愛性人格障害の人は

初めのうちは

距離を置かれたことがわからず

また引きつけようと

Tiaraの視界に入るところに入ってきて

立派な事をいっているところを聞かせたり

人に親切にしている所を見せたりして

Tiaraの方から

(あ、やっぱりこの人はいい人なんだ。。)

と思って近づいて来ることを期待しますが

ただ、自分がいい人に思われるように

期待しているだけなので

本当に立派なわけでもないし

本当に親切なわけでもないことを

Tiaraは知っています。

 

だから、そんなことをしても

自己愛性人格障害の人に

もう一度なつくことはないのですが、

そうなってくると

今度はTiaraの行動や言動の

真似をし出したりします。

 

それをみて

自己愛性人格障害を知らない人なら

(あ、やっぱりわたしと

仲良くしたいのかな?)と

思ってみたり

(本当はいい人なのかも)と

思ってみたりするのですが、

そうではないという事も

Tiaraは知っています。

 

今までは

そんなキャラで

まったくなかったにも関わらず

平気で恥ずかしげもなく

自分の言動も態度も

ころっと変えてしまうので

ここで自分がないことが

とても良くわかります。

 

ただ

自己愛性人格障害という病気を

知らない人や

優しい人や

相手の気持ちになって考えられる人ほど

この自己愛性人格障害の特徴を

本当はいい人なんだ

と勘違いしてしまうのです。

 

この特徴がわかるようになり

どんなに自己愛性人格障害の人が

態度を変えても

謝ってきても

変わらず相手にしないでいると

あんなにも人には流されないような

強い意思を持っていたように見えた

自己愛性人格障害の人が

今度は怯え出したり

嫌われないように自分の存在を消したり

おとなしくなったり

黙り込んだりして

自分の存在を隠そうとします。

 

これは

自分がひどいことをしていたことが

バレることが極端に怖いので

隠そうとしたり、

これ以上被害者に嫌われないように

何もしてこなくなります。

 

Tiaraは

自己愛性人格障害の被害者の方々に

これを目指して欲しいのです。

 

 

ここまで

自己愛性人格障害の人が

人の気持ちが病気でわからない、

という事が分からず、

いつかわかってくれると希望を抱いて

ズタズタにされた被害者を

Tiaraは何十人も見てきました。

 

あなたにもそんな1人には

なってほしくないのです。

 

自己愛性人格障害の人の罪を

あなたが受けてはいけません。

 

あなたが

人の罪までも自分のせいだと

考えるような

自責の念が強い

責任感の強い人だとわかっていて

自己愛性人格障害の人は

安心して

あなたに嫌がらせをしているのです。

 

こんなに酷い話はないと思いますよ?

 

それに

自己愛性人格障害の人は弁が立つ人が多く

人を

自分の思い通りに

コントロールすることができてしまうので

本当は、自分がひどいことをしていても

平気であなたを悪者にしてしまいますから

あなたは

周りの人からも悪く思われてしまい、

味方がいなくなってしまうのです。

 

あなたがどんなに

思いやりをかけたとしても

自己愛性人格障害の人は

あなたに感謝をすることはありません。

 

いいことは全て自分のせいだと思い、

悪いことは全て

あなたのせいだと思い込むのです。

 

自己愛性人格障害の人のそばにいれば

あなたはどんどんひどい目にあい

限度がありません。

 

しかし、

あなたが自己愛性人格障害の人を

近づけなければ

極端に臆病な

自己愛性人格障害の人は

あなたに嫌がらせをしにくくなるのです。

 

自己愛性人格障害の被害者は

自分から

自己愛性人格障害の被害に

遭いに行っています。

 

あなたを少しでも傷つける人は

あなたに近づくことを

許してはいけないのです。

自己愛性人格障害の被害者になりやすい特徴 8選

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人には

どんな特徴があるかについて

お話ししていこうと思います。

 

今まで

自己愛性人格障害の特徴について

随分たくさんの記事を書いてきました。

 

あなたもTiaraのサイトを

よく読んでくださっているなら

自己愛性人格障害については

もうだいたい自己愛の人が

どんな心理から

そういった行動を取るのかが

わかってきたと思います。

 

 

ただ、

相談者さんのお話を聞いていますと、

分かっていても

なかなか抜け出すことができなかったり

相談さんの彼が、

自己愛性人格障害だと気づいても

彼から離れられなかったり、

彼のことが忘れられない、という人が

とても多くおみえになります。

 

Tiaraも元彼が

自己愛性人格障害だと

はっきり分かっていても

本人も苦しく

またそれを普通だと思って生きているし、

自分が何かおかしいことには気づいていても

それが何故なのかわからなかったので

いまでも責める気持ちも

悪い印象もありません。

 

ただ、彼以外の

新しく知り合った

自己愛性人格障害に関しては

まだ、なんの感情も持つ前から

自己愛性人格障害だということがわかるので

初めから感情を動かすことがないので

できるだけ関わらないようにする以外は

なんとも思わないのですが、

自分が真剣に愛して

4年半もほとんど毎日一緒に過ごしてきた

自己愛性人格障害の元彼に対しては

悪いイメージはありません。

 

ただ、自己愛性人格障害である以上

治ることはありませんし、

話し合いも成立せず、

どうしても潰されてしまう、ことは

とても嫌ですよね?

 

だから一緒にいることをやめただけなので

みなさんの気持ちは

本当によく分かります。

 

ですが、いつまでも

自己愛性人格障害の人の

表面的な外面の良さや印象の良さ、

実現することのない夢のような世界は

いつまでもこだわっていても

あなたの人生が

なかなか前に進みません。

 

それどころか、

いつまでも一緒に居続けることで

あなたの精神が崩壊するくらい

あなたの心や立場を壊されてしまい、

あなたは行き場をなくしてしまいます。

 

だから自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人が

やらなければならないことは

今後、自己愛性人格障害の人から

狙われない人物になることと

あなた自身の幸せを考えて

あなたが幸せになれる道を選ぶことです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

ある意味体質のようなもので

自己愛性人格障害の人に

狙われやすい雰囲気を持っています。

 

その雰囲気を変えることが重要なのです。

 

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人の特徴は

1.優しすぎる人

2.共感力の高すぎる人

3.自己防衛本能が壊れてしまっている人

4.他人軸で生きている人

5.相手に寄り添いすぎる人

6.人に嫌われることが怖い人

7.いい人でいたい人

8.善人すぎる人

 

などが挙げられますが、

主にこの8タイプを

1つでも多く持っている人が

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人、

ということになります。

 

そして優しすぎるがゆえに

自分が悪いと思ってしまい、

相手のために自分を変えることで

上手くいこうと努力をしてしまいます。

 

こういった考え方を持っていると

あなたは大切に扱ってもらいにくい人に

なってしまうんですよね。

その結果、捨てられたり、

二股をかけられたり、

精神的に追い詰められたり

罵声を浴びせられたりして

心を

痛めつけられてしまうのです。

 

それは、あなたが

他人から傷つけれらることを

あなた自身が自分に許してしまっている、

ということなのです。

 

あなたが他人から傷つけられてもいいと

それを許してしまっていると

周りの人がそれを感じ取って

自己愛性人格障害ではなくても

あなたを大切に扱わなくなります。

 

もちろんあなたは

そんなことは思っていない、

と思うかもしれませんが、

Tiaraの恋愛相談室を訪れる人達の

お話を聞いていますと

自己愛性人格障害の人から

ひどいことをされているのに

自分がどうしたら

彼にわかってもらえるでしょうか?

と言ったり

私さえ我慢すればいい、

という言葉が出てきたり、

私が悪いんです、

という言葉が出てきたりします。

 

あなたもそんな心当たりはありませんか?

恋愛ブログや女の子向けの

恋愛サイトなんかを見ていますと

彼に気に入られる方法ばかりが書いてあり、

あなたがわがままを

言っているのではありませか?

とか彼の気持ちを

分かってあげましょうとか。。

 

それは、

自分がわがままをいう人のことで

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

自己愛性人格障害の彼に

わがままをいうことなんて

滅多に無いと思います。

 

自分よりも

他人を優先しすぎる人や

他人に寄り添いすぎて

自分が攻撃されていることにも

気づきにくい人たちが

自己愛性人格障害の

ターゲットにされているのですから

そんな恋愛サイトを読んで

あなたが真に受けてしまうと

被害はもっと大きくなってしまいます。

 

世間の人達が全員、

同じ人間では無いのです。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いたくないのならまず

あなたは自分のことを思ってみましょう。

 

とはいえ、

自己愛性人格障害の被害に

遭うような人はそれが一番苦手です。

 

まず、あなたがされた事を

あなたの親友がされたと考えてみましょう。

 

あなたは他人の事になると

とても感情移入しやすいのに

自分のこととなると

途端に分からなくなると思います。

 

だから

あなたの親友がされたと考えた方が

わかりやすいのではないでしょうか?

 

あなたの親友がされたとしても

それは親友が我慢するべき、とか

ひどい事だと感じない場合は

いいと思うのですが、

ひどい事だと感じたら

それはいいことでは無いのです。

 

あなたは他人のことは

すぐに許してしまいがちだと思いますが

あなた自身が傷ついていないか、

いちいち立ち止まって

よく考える習慣をつけましょう。

 

少しでもあなたが嫌な気持ちを感じた時は

すぐに水に流してしまうのではなく

いったんこれはいいことなのかな?

と考えるようにしてみてください。

 

そして、あなたが傷つけられている、

と感じた事に関しては

文句を言って直してもらうのではなく

その相手と今までよりも少し

境界線を引いてあなたのテリトリーには

入れないようにしてください。

 

Tiaraは今、

tiaraに対して1回でも変な事をした人は

絶対に自分のテリトリーに

入れないように心掛けています。

 

1回でも傷つけられるのは嫌なので

1回でも

不自然な形で変なことをしてきた人とは

関わりあいたくないのです。

 

1回でも」って少し大げさすぎない?

って思うかもしれませんが、

不自然な形で変なことをしてくるって、

それはもうあなたの事を

バカにしていますよね?

 

そういう扱いを

他人にしてもいいと思うような人は

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人は特に

対処ができないと思います。

 

だから

できるだけ近づけない方がいいのです。

 

今後あなたが傷つけられないためにも

そういう要素を持った人間を

あなたに近づけないください。

 

自己愛性人格障害の対処は

早ければ早いほど簡単になります。

 

わかるまで普通に付き合うよりも

初めかそんなに関わらなければ

そんなに被害は受けません。

 

自己愛性人格障害の人は

常に無意識にターゲットになりそうな人を

探していますから

そのレーダーに引っかからないように

初めから境界線を引いた方が良いのです。

 

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人というのは

この人との境界線を引くことが苦手なので

初めの一歩として

必ず人との境界線を引いて

この人は大丈夫だとわかるようになるまで

あなたのテリトリーに入れないレッスンを

今日から毎日初めてくださいね。

 

それであなたが大丈夫だと判断した人から

少しづつ自分のテリトリーに

入れるように心がけてくださいね。

 

あなたが幸せになるために♡

自己愛性人格障害の被害から逃れるために心がけることとは?

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人に

都合のいい世の中

という事について

お話ししたいと思います。

 

実は今までの世の中というのは

自己愛性人格障害の人に

都合よく作られています。

 

なぜ、そのようなことになっているのか

と言いますと

戦争に都合のいい教育が

そのまま

長年続けられているからなのです。

 

昔日本でも

第二次世界大戦までは

人は15歳になると

健康な限り、徴兵令というものが

存在しました。

 

位の高いものが

自分達の命を守る為に

都合のいいように

下のものが上のものに

逆らわないように

物事の善悪を決めていました。

そして、それが

正しい事だと

教育されてきた人たちが大人になり、

子供ができて、その考えをまた、

正しい事だと教えて、

普段、あなたは

あまり意識していないかもしれませんが、

上のものに従うことが正しい事だと

なんとなくみんな思うことが

常識のようになっています。

 

ですが、上に立つものが

正しいことを言っていない場合もある事は

気づいている人もいますよね。

 

そこで

その人が上に立つ人に逆らって

言い方やその表現の仕方では

その人が悪い様にされたり、

または認められて

上の人が考え方を改めたりしています。

 

ですが、大体は

ほとんどの方が常識に従って動いているでしょう。

 

自己愛性人格障害の人は

無意識に

この常識と言うものを使いながら

自分が悪く見えないことに全力を注ぎながら

その場の都合に合わせて

言うことをコロコロと変えることができるので

その場その場で自己愛性人格障害の人が

正しいことを言っているように見えるのです。

 

だから自己愛性人格障害の人は

一見すると

常識的な人間にみえ、

人格者であり、立派な人に見えます。

 

周りの人は

人のことをそんなに深く考えていないので

大体の人の事をイメージで捉えています。

 

だから自己愛性人格障害の人が

ターゲットに

ひどいことをしていても

気付かないのです。

 

また、被害者になるような人は

本当に善人が多いので

相手のいいところを探してしまうし、

自責の念が強いために

自分の悪いところを探して

相手に寄り添います。

そして、

自分でもひどいことをされていると

認めたくないので

たまたま機嫌が悪かったのかな?と

許してあげようとしたり、

一旦は受け止めても

そういう時もあるよね、と

人のことは簡単に許してしまいます。

 

相手が普通の人ならそれで良いのですが

もし、相手が

自己愛性人格障害だったとしたら

これが大変な事になります。

 

悪いことがあればそれは全て被害者のせいにされ

いい事があると全て

自己愛性人格障害の人のおかげになります。

 

 

いい事も悪い事も両方起きたりしますから

いいことが起きるたびに

自己愛性人格障害の人のおかげになり、

またあなたもそれを認めてしまうため

自己愛性人格障害の人の印象はどんどん上がっていき

悪いことがあるたびにあなたのせいにされ

あなたもそれを認めてしまいますから

あなたは何もしていなくても

いい人がゆえに

どんどんイメージは悪くなっていきます。

 

なんでも

「ごめんね。わたしがいけなかったの。」

といえばまるく収まるわけでは無いのです。

 

あなたの人の良さが

まさに

自己愛性人格障害の人が

貴方のイメージを悪くするのに

好都合なわけです。

 

そして印象の悪くなったあなたのことを

自己愛性人格障害の人が責めていても

周りのイメージは

自己愛性人格障害の人の方が

正しいとされていますので

あなたが叩かれていても

誰も見向きもしなくなります。

 

そのため、自己愛性人格障害の人は

堂々と

あなたに

自分の心の中の怒りを

ぶつけることが出来るのです。

 

こんな恐ろしいことになりたくなかったら

きちんと物事を判断してください。

 

被害者体質の人は

事なかれ主義の人が多いのですが、

自分が悪者になる事で

物ごとをまるく収めようとします。

 

ですが、今後は

めんどくさいようですが

いちいち1つ1つの出来事に対して

これは自分が責任を負うべき事なのかな、

と考えてみてください。

あなたが負うべき責任でないことは

受けないようにしてください。

 

これを言うと

私じゃない!

と声を荒げて今までとは

極端に真逆の対応をしてしまい、

自分の立場を

さらに悪くしてしまう被害者が

よくいるのですが

これはやり方がまちがっています。

 

自己愛性人格障害の人に

敵対心を見せてしまうと

これまで以上にたたかれる

原因になってしまいますので

絶対に敵対心を見せないでください。

 

自己愛性人格障害の人に

敵対心を見せてしまうと

とても恐ろしいことになります。

 

あなたのせいでない事は

そっと相手にお返しをしてください。

 

あなたは引くだけでいいのです。

 

これがイメージしにくい人は

その場は黙って

ちょっと驚いたような顔をして

後ろにすこしだけ引いてみてください。

 

え?!

と驚くような感じです。

 

自己愛性人格障害の被害に合っていると

理不尽な気持ちがどんどん溜まっていきますから

初めはあなたの優しさから

折れてあげているかもしれませんが

ずっと我慢していると

被害者の方が攻撃的になってくる事があります。

 

周りの人はそれをみて

さらに被害者のほうが

悪く思ってしまうのですが

Tiaraは見ていて

それが本当はどちらが悪いかわかります。

 

ですが、ほとんどの人は

そんなことを知っている人はいないので

被害者の方が悪者にされて

立場はさらに悪くなります。

 

そうならないためにも

他人の罪を

ずっとかぶるのはやめましょう。

 

自己愛性人格障害の被害者になるような人は

自分が傷つくことへのブレーキが壊れていますので

自分が酷いことをされることは

わりと平気です。

 

ですが、本当は心の中で

積み重なっていきますので

気付いた時にはあなたが

深く傷ついていることに気づくでしょう。

 

そうなってからでは遅いのです。

 

普通の人は

自分が傷つけられることに

あなたよりも敏感です。

 

きちんと自分の身を守っているのです。

 

普通の人にトラブルがないのに

あなたには

あなたが何もしていないのに

トラブルばかり引き起こされている時は

この自分が傷つけられるブレーキを

直さなければいけません。

 

あなたには

自分を守る力が足りません。

 

あなたが自分で自分の心を守れないと

あなたは無意識の内に

あなたを守ってくれる存在を

探してしまいますが

あなたの周りには

いい人ばかりではありませんし、

残念ながら

あなたのような人の周りには

自己愛性人格障害の人が

寄ってきやすいのです。

 

人は自立したもの同士がくっついて

初めて幸せになれるものだと思っています。

 

あなたの心はあなた自身で守れるように

今日からあなたを少しでも傷付ける人を

寄せつけないでくださいね。

自己愛性人格障害の人は反省するのか?

こんにちは

今日は

自己愛性人格障害は反省するのか

と言うことについて

お話ししたいと思います。

 

前回のブログでお話ししたように

自己愛性人格障害の人には無関心になれ、

といっていますが、

もしあなたが自己愛性人格障害の人に

ひどいことをされたり

怒られたりした場合、

あなたが反省したり

許してもらおうとすると

自己愛生人格障害の人は

あなたを自分よりも下だとみなします。

 

普通の人は揉めたり

喧嘩になったり、

意見が合わなかったりする時に

相手の人が謝ってくれたり、

寄り添ってくれたりすると

分かってもらえたんだ、とほっとして

気持ちが分かってもらえた、とうれしくなり、

その人とより仲良くなったり、

絆が深まったりすると思います。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

普通の人と違っていて

相手の人が誤ったり、反省をしてきた時に

相手を自分よりも

下の人間だと見なすようになり

より調子に乗ってきたります。

 

自己愛性人格障害の人には共感力がなく、

対人関係においては

どちらが上なのか下なのか、

またどちらが勝ちか負けなのかしかありませんから

あなたが謝ってくることに対して

絆が深まることはありません。

 

むしろ、自分の方が勝ったと思い

あなたを下の人間だと見下していきます。

 

だから自己愛性人格障害の人に

謝る必要はありません。

 

あなたが明確に悪い場合でないかぎり

むしろ謝ってはいけないのです。

 

あなたが

自己愛性人格障害という病気を

知らない場合には

相手との絆を深めたくて

より相手をしろうと努力をする事でしょう。

相手を理解する事で

より深い関係を向上しようとしていることは

わかるのですが

自己愛性人格障害の人は

そのような感情は

持ち合わせていませんので

あなたが後から

ショックを受けることになります。

 

それだけではなく

自己愛性人格障害の人に

寄り添おうとすればするほど

あなたは、

自己愛性人格障害の人から

攻撃を受けることになり

また

何もしていないのに

周りからの信用をなくすことになるのです。

 

自己愛性人格障害の人は

極度の人間不信のため

それくらい周りにいる人を蹴落としながら

自分を持ち上げる事で

自分の立場を特別にしておかなければ

不安で不安で生きていけない病気です。

 

だから話し合いは成立しないのです。

 

あなたの身を守る方法は

あまり自己愛性人格障害の人と

近い関係にならない事です。

 

少し離れた関係なら

自己愛性人格障害の人は

あなたが自分よりも上なのか下なのか

わかりませんから、

貴方を蹴落としても大丈夫なのか分からず

不安なので

手出しはして来ないはずです。

 

だから気をつけなければならないことは

自己愛性人格障害の人には

良くも悪くも興味をもたれないことが

肝心です。

 

嫌われてももちろんいけませんが

好かれることも結果的には

惨めな存在になるまで

完全に社会的に抹消されるまで

攻撃をやめませんから

自己愛性人格障害の人には

好かれてもいけないのです。

 

好かれてしまうと

こだわりを持たれてしまい

少しでも逆らったり断ったりしたら

安心している存在ほど

怒りを持たれますので

本当に恐ろしいことになります。

 

だからできるだけ早く

彼から興味を持たれないようにすることが

肝心なのです。

自己愛性人格障害は

表面上あまり分からず

あなたが元の立場に戻れなくなるほど

攻撃を強めてしまうので

できるだけ早い段階で

自己愛性人格障害の人からは

興味をもたれないことが

なによりも肝心です。

 

Tiaraは人間関係の酷い悩みは

すべて自己愛性人格障害の問題だと思っています。

 

普通の人とも色々とあるとは思いますが

そこには解決できる悩みが

ほとんどだと思っています。

 

むしろそこは悩まないといけないと

思っています。

 

ただ、

自己愛性人格障害の悩みに関しては

自己愛性人格障害の人は

何もなくても

むしろ、いい人や、極端な善人、

相手の気持ちを考える優しい人

何もして居ない人をこじつけで

何度も攻撃し、さらに

そこで相手の事を考えてばかりいる人を

より一層苦しめていなければ

我慢できない人たちなので

悩む必要はないと思っています。

 

むしろあなたの人生の邪魔しかされず、

あなたが心を無駄に

披露させていくだけでしかありません。

 

しかも一生懸命相手の事を

考えがえているにも関わらず

あなたが悪者にされ、

最悪の場合、あなたの場所や

友人を失いますので

近づいていいことが全くありません。

 

あなたのせっかくの努力を

すべて無駄にされ

あなたがまるで無価値な人間かのように

扱われていくのです。

 

人生は本当にあっという間に流れます。

 

自己愛性人格障害の人に

あなたの人生を潰していい権利は

どこにもありません。

 

病気だからといって

いいとは思わないのです。

 

自己愛性人格障害の人も

やめられないと思いますので

あなたにできることは

あなた自身の意思で逃げることです。

 

そうすればあなたは

あなたの人生が歩めますし、

無駄な揉め事に関わる必要もありません。

 

自己愛性人格障害に気づいたら

どうかバレないように

少しづつ距離を撮ってください。

 

他の人の誤解を解きたいとも

思わないことです。

 

あなたが誤解を解こうと

ジタバタすればする程

あなたがおかしく見える仕組みに

なっているのです。

堂々として

自分のしていることに

自信を持っていればいるほど

自己愛性人格障害の人は

ちかづいてこなくなります。

 

自己愛性人格障害でない人を

選んで付き合うようにすると

あなたの周りから

解決不可能な悩みは

ほとんど入らなくなると思います。

自己愛性人格障害の人にはありのままのあなたを見せてはいけない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害被害者は

悪者にされる、ということについて

お話ししたいと思います。

 

もしあなたが、

自己愛性人格障害の人の被害にあっていて

とても苦しい毎日を送っているのだとしたら

あなたは自分でも気付かないところで

悪者(もしくは無能)扱いされています。

 

あなたがどんなに

誠実に相手に向き合っていても

あなたがどんなに相手に対して

誠意を尽くして死に物狂いで

最大の努力を続けていたとしても

あなたのその努力は

さらにモラハラを受ける

原因になってしまいます。

 

その原因はむしろ

あなたが必死に努力を続けること

とても真面目な人だからと

わかってやっているのです。

 

あなたが自己愛性人格障害の人に

必死に努力をして続けることが

分かっているからこそ

モラハラをしていて

楽しいので自己愛性人格障害の人は

もっと姑息で周りの人にはバレないように

あなたを落とし入れてきます。

 

こんな事言われたら

あなたはとても

悲しくなってしまうと思いますが

この事実を知らせずにいたら

あなたは

無駄な努力をし続けることになるのです。

 

「あなたさえ努力を続けていたら

きっとわかってくれるよ。」とか

「あなたの努力が足りないから

怒られるんだよ。」などと

あなたに綺麗事を言う人がいたら

誠実なあなたは

それを素直に信じて努力をして続け

あなたさえ頑張っていれば

状況は好転される、

とありもしない期待をかけて

見事に打ち破られ、

心身共に衰弱していきます。

 

そんなことになったら

あなたの人生の貴重な時間を

自己愛性人格障害の人に

潰されてしまうので

Tiaraは本当のことを言うのです。

 

自己愛性人格障害に潰された時間は

本当に10年は無駄にします。

 

無駄に努力をしづづけた時間で数年、

その後

そのあまりの理不尽さに気付いてから

ショックから立ち直るのに数年、

そして自己愛性人格障害の人が

あなたの恋人や

あなたの旦那様だった場合、

あなたが素敵だと思っていた

自己愛性人格障害の恋人や

旦那様を忘れるのに数年かかります。

 

そしてその中でもごく限られた人しか

次の幸せに向かうことができません。

 

Tiaraは自己愛性人格障害の彼と

別れて数年立ちますが、

彼が自己愛性人格障害だと気付いて

自分から全力で離れたにも関わらず

数年は恋人を作ろうと思っても

なかなか他の人を魅力的だとは感じず、

いいところまでいった人も

数人いたのですが

やはり

ギリギリ付き合いそうな段階になると

どうしても付き合うことができず

逃げてばかりいました。

 

やはり

自己愛性人格障害の人の作る

架空の世界が

あまりにも幸せ過ぎたことで

どうしても次の人を

魅力的に感じることが出来ず

いい人だとは分かっていても

付き合うことができずにいたり、

いいな、と思った人もいましたが

やはり関係が近くなると

自己愛性人格障害の元彼と

比べてしまい、

架空の人物だったとわかっていながらも

彼の事を思い出したら

この人に悪いと思ってしまい、

まだ付き合うのは早いと思って

やめてしまっていました。

他の被害者の方のお話を聞いても

こういった人が多く、

いい思いをしていないはずなのに

自己愛性人格障害の元彼の話を

とてもよく聞かされる事が多く、

ああ、この人も本当は

彼が本当にいい人だったらよかった、

という希望を

捨てきれずにいるんだな、と

自分と重ね合わせて見ていました。

 

Tiaraは一度結婚をしていて

子供たちもいるので

もう次の恋はなくてもいいかな、

と思っているのですが

いいのですが、

まだ一度も結婚したことがなく

次の恋に進めるほど若い方も

矢張り別れた後も

かなり自己愛性人格障害の彼を

良くも悪くも引きずっていて

なかなか次の恋に進めないまま

10年ほどのときを費やしていました。

 

Tiaraも自己愛性人格障害の元彼と

付き合いだしてから

別れて今に至るまで

ほぼ10年のときを費やしています。

 

これだけ自己愛性人格障害の人の怖さを

分かっていても

他の人には

なかなか魅力を感じづらいですし、

魅力的だと感じる人は

自己愛性人格障害だと分かるので

距離を置き、

できるだけ関わらないようにしているので

なかなか次の恋が始まることは

ありませんでした。

去年あたりから

そろそろ相手さえいれば

次の恋に進んで見てもいいかなと

やっと思えるようになった、

とブログでもお話ししていたと

思うのですが、

それでも素敵だと思う人は

なかなか現れませんでした。

 

ただ、最近は自己愛性人格障害の人自体に

無関心になってきたので

普通の人だと分かる人とは

積極的に自分の感情のままに

お話しする余裕が出てきました。

 

今は警戒したり、

自分を見せないように

モラハラ対策をするだけではなく、

明らかに普通だとわかる人たちとは

普通に接してもいいとわかるので

誰彼構わず、自分を隠すのではなく

普通の人だと感じる人の前では

ありのままの自分で

いられるようになったので

その中で仲の良い人が

ちらほら現れて来ています。

 

その中でいい感じの

雰囲気になっている人が

何人かいます。

 

相手もTiaraに

好意を持ってくれているとわかるので

恋愛に発展してもいいかなと

思う人がいます。

 

ただ、本当に付き合うのであれば

Tiaraの年齢のこともありますので

慎重に相手を選ばなくては

ならないと思っています。

 

ただ、全て決めてから

発進しなくてもいいと思っているので

その中で

この人だったらいいなと思う人とは

デートくらいはしてみようと思っています。

 

こういう気持ちが持てるようになったのも

自己愛性人格障害の人がわかるようになったことで

本当に付き合ってもいい人と

ダメな人が明確にわかるようになったからです。

 

以前のTiaraは

人はそんなに悪い人なんていない、と

すべての人を信じていたので

誰にでも自分をさらけ出していたから

自己愛性人格障害の人から見たら

分かりやすかったんだと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

共感力がないので

見た目に感情が出にくい人は

何を考えているのか全くわからず

手出しができないので

Tiaraのように

なんでもオープンにさらけだすタイプは

わかりやすいんだと思います。

悲しい時も嬉しい時も

素直に表面に出てしまうし、

なんでも聞かれれば素直に話してしまうので

そういった人は

共感力のない自己愛性人格障害の人が

安心して惹きつけ行為や

無視をしてみると

わかりやすく喜んだり、

悲しんだりするので

モラハラし放題です。

 

あなたも

自己愛性人格障害の人が

明確にわかるのでしたら

自分を出す人は

大丈夫な人とダメな人が

わかると思います。

 

これからは

誰の前でもありのままの自分でいるのはやめて

明確にあなた自身で判断しながら

自分を出してもいい人とだめな人を明確に分けて

綺麗事を言う人の意見は

効かないようにして自分自身で判断しながら

自分の動きを決めるようにしてください。

 

モラハラ対策の一番は

相手を見抜く事です。

 

もし相手が

自己愛性人格障害だと分かったのなら

無邪気に何でも話すのはやめて

あなた自身を隠すように

動いてみてください。

 

自己愛性人格障害の人は

目で見たものか

もしくは話を聞いたことしか

わかりませんから

あなたが自分を出さないようにすると

あなた自身が

何を考えているの分からなくなり、

あなたに攻撃をしてこなくなるでしょう。

 

それどころか自己愛性人格障害の人は

聞いた話をそのままにしか

受け取ることができないので

嘘をつかれても分かりません。

 

目に見えないことは分からないのです。

 

有能に見せないと気が済まないので

とても有能な人物に見えますが、

本当は普通の人がわかることも

分からなかったりします。

 

 

いつも「私はわかっている」

という顔をしていないと気が済まないので

そんなふうにはとても見えませんが

共感力がないので

普通の人が感を働かせてわかることなどは

自己愛性人格障害の人には解らないのです。

 

 

あなた自身のありのままを見せるのは

自己愛性人格障害の人でない

普通の人だけだと

肝に命じておきましょう。

自己愛性人格障害の被害者にならないためにぶれないメンタルを作る方法

こんばんは♡

久しぶりにブログを更新します。

 

 

以前のようにブログを毎日更新しておりませんが、

Tiaraのサイトにはたくさんの相談者様からの

お申し込みが殺到しております。

 

Tiaraは今自己愛性人格障害の人から

徹底的に逃げておりますので

自己愛性人格障害の方のことで

悩むということはありません。

 

そこで、自己愛性人格障害から

精神的に離れたら

また、元のような生活に戻れるのかと

実験をしている、

ということを以前のブログでお話ししたのですが

結果、自己愛性人格障害の人がいなくなる、

ということはありませんでした。

 

やはり気づくと

どこにでも自己愛性人格障害の人はいます。

 

Tiaraほど明確に自己愛性人格障害について

知っている人はいないのですが

そういう面倒くさい人がいる、

ということには気づいている人も結構いて

Tiaraのように自己愛性人格障害の人と

お付き合いをした、とまではいかなくても

以前の職場で

そのような経験をして

初めてそういうことがあると知った、

という人は結構います。

 

「それは病名で言うとなんていうの?」

なんて聞いてくる人もいます。

 

やはり被害には遭いたくないようで

教えたわけでもないのに

その人なりの自己愛対策のようなものをしている人も

目につきます。

 

ですが、自己愛性人格障害の

被害に遭いたくないからと

自分の気配を消して、

自分を殺して

おとなしくしているようなのですが、

自己愛性人格障害について

よくわかるようになると

そこまでしなくてもいい方法があるよ、

と教えたくなります。

 

Tiaraは、今まで元旦那さんや

(元旦那さんは自己愛ではありませんが)

自己愛性人格障害の元彼に尽くすことで

あまり自分のことに目を向けてきておらず

現在は、今までできなかった

すべてのことをしてやろうと

自分がしたいこと全部に挑戦しています。

                                   

おそらく人のために尽くすことで

自分に価値を生み出そうと

特に意識をせずにしていたと思うのですが

自分には何の結果も出せず、

やりたいこともすべて

我慢してきていました。

 

ですが気づくと、この年になって

自分でこれだけは成し遂げてきた、

と自信を持って言えるものが

何もなかったのです。

 

ただ、尽くすことで、

子供たちには優しさというものを

無意識に教えることができたので

子供たちは本当にいい子に育っています。

 

Tiaraにとってそれだけが

自信を持って言えることなのですが、

人生も半分以上のところに差し掛かってきて

何もない、というのは

あまりにもさみしいことです。

 

それで、昔、得意だったことや

自分がやりたいと思っても

しばらくやめていたことや

したくてもできなかった事に

挑戦しているのですが

現在、Tiaraの周りには

今まで出会ったことのないような

びっくりするほど素晴らしく

仕事のできる、

これだけは誰にも負けない、という

素晴らしいものを持った人たちに

囲まれています。

 

この人たちの中では

Tiaraが一番、

1つでも自信を持ってできる!、

と言えるものがないのですが、

まんべんなくほどほどに

すべてのことに経験がある、

という立場にいます。

 

これをすべてスキルアップすれば

自分に自信を持つことができる、

と思って頑張っていますし、

今はそんな自分の時間があります。

 

周りの人たちは年齢はそれぞれ違いますが

みなさんびっくりするような

経験を持っていますので

とてもいい刺激になります。

 

まだまだ追いつくことはできませんが

必ずしも追いつけない、

とは思っていないので

素晴らしい仲間に囲まれながら

アドバイスをもらいながら、

それでもTiaraのほうが

人の心情には詳しいので

それをお礼として教えながら

とても刺激的な毎日を送っています。

 

ただ、自己愛性人格障害の人は

必ずいますので

初めは気づかなくても

知り合って1か月くらいたつと

あれ?と違和感を持つような人に

出会うことがあります。

 

今は、周りの人たちに教えながら、

自分の自己愛対策をしていますので

実践で見せている状態ですが

年齢を重ねてしまった人ほど、

今まではそんな人に出会ったことがない、

と思って驚いて

怖がって逃げようとします。

 

ですが、逃げなくても

隠れながら生きる、という方法を使って

自分の魅力や才能を磨くことは

できるのです。

 

現在、Tiaraは

自己愛性人格障害の人をくらましながら

自分のしたいことに挑戦する、

ということに集中しています。

                                         

自己愛性人格障害の人も

試し行為をしながら

ターゲットになる人を探していますから

Tiaraがターゲットになりにくいと悟ると

次のターゲットを探します。

 

いろいろな人に嫌がらせ行為をしながら

ビビったり怖がったり従ったりする人を

探しているのです。

 

だからTiaraがいつも皆さんに

お伝えしていることは

必ず

「絶対にビビっちゃだめだよ。」

と言っています。

 

中にはびっくりするくらい強い人もいて

自己愛性人格障害の人の行動に気づくと

「聞いてもいないのに

人のせいにされても困るわ!

私の責任じゃないから!」と

はっきり言う人もいます。

 

こういう人はターゲットには

なりにくいと思うのですが

これには本当にぶれない強さが必要です。

 

 

おそらくこの子は大丈夫ですが

本当は心の中でビビったり、

怖いと思っているのに

態度だけビビっていない態度をとると

無理をしていることがばれた瞬間に

ターゲットになることもあります。

 

ただ、あまりにもその人が

勝ち目のないほどの経験を持っていたり

才能を持っていると

自己愛性人格障害の人も

なかなか攻撃しにくい

というところがあるのですが、

そういう人にも次々に忘れたころに

フッと攻撃を仕掛けているところを

見かけます。

 

ここでビビると

本当は才能があるにもかかわらず

他のことで迷惑をかけている、と言われたり

性格的に問題がある、と言われたりするので

よほどきっぱり言わないと

そういう強い人でも

ターゲットにされることがあります。

 

才能のある人たちは

自己愛性人格障害の人の

嫉妬心に火をつけてしまい

ターゲットになることがあるので

才能は

自己愛性人格障害の人以外の人の前でだけ

出す必要があります。

 

自己愛性人格障害の人の前では、欠点も

羨ましがられるようなことも

出してはいけないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分の自尊心を保つために

人が輝けないようにすることに必死です。

 

今は、Tiaraの周りは

才能にあふれた人に囲まれていますので

Tiaraが一番ターゲットになる可能性が

高いのですが、

Tiaraも全くできないわけではなく

すべてのことにおいて

普通の人よりも分かるレベルには

いるのですが

その姿を見せていません。

 

要は(できないのでは?)

と思われている範囲なんです。

 

ですが、まったくできないわけではなく

今関わっているすべてのことに

少しづつ知識を持っています。

 

今、Tiaraの周りにいる人たちは

その中で1つ、

ダントツでずば抜けた才能を

持っているのですが

すべてのことに理解があるわけではなく

他のことはまったく専門外なのです。

 

この専門家の人たちは

専門以外のことを言われると

叩かれる可能性があるのですが

そこでビビってしまうと一気に

「使えない」、と言われてしまいます。

 

ただ、

今、そばにいる自己愛性人格障害の方は

そんな特別な才能のある方ではないので

対処すればいくらでも勝つ方法はあります。

 

 

先輩なので仕事は一通りできますが

そんなに長いわけでもないようで

それを聞いたら

一気に先輩感が薄れました。

 

ただ、自己愛独特の

尊大な自分を魅せつける、という行為を

していたにすぎないのです。

 

女性なのでしなやかで優雅な話し方をし、

男性の中では「優しい」というイメージを

持っている方もおられるようですが、

話し方が重要ではないのです。

 

顔もきつめで化粧も濃く、

印象も強く、

年齢もある程度、高齢の方なので

何十年とやっていたように見えますし、

周りを仕切っているように見えます。

 

ですがよく見てみると

教えてもいないことで失敗したように怒ったり、

迷惑をかけられている、

と周りの人に言っているだけで

彼女に関わった人間が立て続けに

1か月から3か月未満で辞めているので

よく考えればおかしいということに

容易に気づきます。

 

それにターゲット候補は

あちこちにいるようで

男性でも女性でも

彼女のことを怖がっている人は

水面下でたくさんいると見受けられます。

 

ただ、スキルアップをするには

日本ではなかなかないほどの

大変恵まれた環境にいるので

みなさん辞めたくないようですし、

今、Tiaraの周りのいる人たちは

とても平和です。

 

個性的な人が多いので

確かに目立つ存在ですが、

みなさん才能に満ち溢れているのです。

 

自己愛性人格障害の人に潰されないためには

ずば抜けた才能とぶれない自信が必要です。

 

自己愛性人格障害の人に攻撃をされても

絶対にぶれない自分を持っていると

自己愛性人格障害の人は

攻撃しても効果がないことを悟り

そして自分の攻撃が効かないことにも

大変極端に傷つくので

そういった人にはだんだんと

攻撃をしてこなくなります。

 

自己愛性人格障害の人から逃れても

必ずどこかに1人はいるので

あなただけの才能を磨くことと

ぶれない自信をつけることが

自己愛対策にとって

最も重要なことなのです。

                                         

自己愛性人格障害のいない世界へ

こんばんは♥

しばらくブログを更新していなかったので

ご心配をおかけしたようで

申し訳ありませんでした。

 

ご連絡のないまま

更新していなかったので

ご病気ではないかと思い、という

お問い合わせをたくさんいただいたので

元気ですということを

ご報告させていただきます。

 

現在tiaraは

自己愛性人格障害のほとんどいない世界で

生きています。

 

それでも毎日、

自己愛性人格障害の人の特徴について

ブログを書き続けていきましたが、

おかげさまで記事数も

2000記事を超える数になってまいりましたので

tiaraのサイトを訪れてくださるみなさんには

かなり自己愛性人格障害について

知識が高まっていると思われます。

自己愛性人格障害について

知識をもっていたらかなりの確率で

人を正確に見ることができると思いますので

後はここからあなたがどうやって振舞えば

自己愛性人格障害の人と

うまくトラブルにならずに

過ごすことができるのかということに

シフトをチェンジしていかなければ

何のために

知識を得て、勉強してきたのか

意味がなくなってしまいます。

 

できたら、自己愛性人格障害のことなど

考えずにあなたがあなたらしく

生きていけることが理想ですが、

残念ながら

自己愛性人格障害の人本人も

無自覚のまま、無意識に

他人をつぶすことをしてしまいますので

対策をしていなければ、

あなたのほうが

悪く思われてしまう可能性のほうが

高くなってしまいます。

 

自己愛性人格障害の人に

ターゲットにされてしまうと

あなたがあなたらしく生きることを

とことん邪魔されてしまいますので

あなたはあなたの言葉で

思ったことを口にすることすら

難しくなってしまいます。

 

自己愛性人格障害の彼と出会ってから

常に自己愛性人格障害の対策をしてきたので

自己愛性人格障害の極端に少ない環境は

貴重です。

 

少しは

自己愛性人格障害らしき人はいるのですが

まだ若く素直なので自己愛対策をすると

tiaraがどんな人かわからなくなるのか

Tiaraのご機嫌を伺うように

急にフレンドーになります。

 

だからほとんど自己愛対策は

必要としないと思われます。

 

ただ、普通の人のほうがめんどくさい人は

ずっとそのままなので

自己愛のようにヤバいと思うと

ぱっと切り替える

ということがことがないので

ひどくなるときは

普通の人のほうが

とことんひどくなります。

 

その代わり

話は通じるし、

時間がたてば反省もするので

うまく仲良くなることができれば

関係は修復することもできるのですが

普通の人も

人間関係は難しいといわれるように

同じ人同士なので

コミュニケーションをとって

考えていかなければなりません。

 

普通の人と

普通の人間関係を考えることが

久しぶりなので

しばらく自己愛性人格障害から離れてみたら

どうなるかという

実験をしていました。

 

それでしばらくブログを書くことも

お休みしようと思って

いました。

 

お知らせが遅くなり

大変ご心配をおかけしてすいませんでした。

 

ずっと自己愛性人格障害の対策ばかりしていると

それが癖になってしまうことがあり、

普通の人とのコミュニケーションが

とても新鮮であり、

逆に不慣れな場面も出てきてしまいます。

 

自己愛性人格障害の対策をしていると

自己愛性人格障害の人とは

穏やかな距離感のある関係を保てるのですが

普通の人から見ると

悪くと取られてしまうことのほうが多いです。

 

そんな中にも自己愛性人格障害の人も

チラッといるので

彼らの威嚇行為を抑えるために

感情を殺し、無口になると

普通の人から見ると感じが悪くなり

何を考えているのか分からない人間に

見えてしまいます。

 

ですが、素直に話していると

自己愛性人格障害のひとから

攻撃される部分を見つけられてしまうので

知らない間にターゲットに

なってしまっていることも

少なくありません。

 

そこがめんどくさいところなのですが

自分を守るためには必要なことなのです。

 

自己愛性人格障害への対策と

普通の人との接し方は

変えなければなりませんし、

対応がまったく真逆です。

 

だからどういう態度をとったらいいか

迷ってしまいます。

 

自己愛性人格障害のひとと

普通の人が混同する環境では

どのように過ごしたらいいのか

判断していかなければなりません。

 

 

この数週間、

自己愛性人格障害について

まったく考えないで過ごした結果、

自己愛性人格障害のことを

完全に忘れてしまえるのか

それともやはり

ターゲットになってしまうのかを

またあなたにシェアできたらいいと

思っています。

 

また何か変わったことがありましたら

ブブログの方を更新していきますので

それまでの自己愛対策と

自己愛性人格障害の特徴については

過去ブログを参考になさってください。

 

またイベントのお知らせも

公式LINE@の方でお知らせしていきますので

楽しみにしていてくださいね。

 

なお、オンラインコミュニティについては

現在、構築中でございますので

今しばらくお待ちくださいますよう

お願いいたします。

 

Tiara 恋愛相談については

現在も行っておりますので

希望者の方は

サイト上部のメニューバーより

「Tiara 恋愛相談室」をご覧ください。

 

よろしくお願いします。

自己愛性人格障害のひとの言うことがころころと変わる訳とは?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

言うことがころころと変わる訳について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

息を吸うように嘘をつくと言いますが

なぜそんなことをするのでしょう?

 

そのことについて

ひもを解いていきます。

 

自己愛性人格障害のひととは

幼いころの経験により

自尊心を無くしてしまってそのことから

自分が生きている価値がないと

思い込んでいます。

 

 

そしてそのことが

世間の人にばれることを

極端に恐れている病気です。

 

そして、本当はそんなこともないのに

勝手に周りから捨てられることを

極端に恐れているので

そうならないように

あらかじめ、見せかけの自分を

とても価値のある有能な人物だと

思われるように

必死で努力を続けています。

 

そのやり方は

個々の

自己愛性人格障害のひとの

キャラクターによって違い、

尊大で立派な人物を演じる人もいれば

知的で有能なところを見せるタイプも

いますし、

いい人でとても親切な人を

演じるタイプもいれば

若くてイケメンなら

可愛くて甘え上手な面を

見せるタイプもいます。

 

そしてそうやって

人の心に上手に入り込んだ後で

都合によっては急に不機嫌な態度をとったり

昨日まで優しくしてくれている、

と思っていたのに

今日は急に無視しているかのように

あなたの存在を除外する、ということをして

不安にさせます。

 

場合によってはあなたが、

「どうしたの?」と聞くことも

あると思いますが、

「ううん。なんでもないよ?」と

あなたの勘違いかのように

思わせてくるときもあります。

 

実は、自己愛性人格障害のひとは

そういったことを故意にしながら

あなたの様子を見て

あなたがそういった理不尽なことを

耐えるタイプの人か

ということを判断していきます。

 

 

そしてあなたの方も

そういうことをされると

次に彼が

不機嫌な態度をとったりするときがあっても

もしかしたらまた勘違いなのかな?

と思ってしまい

彼の態度に不安になりながらも

我慢してしまったりして

だんだんに

あなたを操作しやすくしていきます。

 

そうやってあなたは

彼の都合のいいように

彼のご機嫌を取るように

調教されていくのです。

 

普通の人は

わざわざそんなことをすることなく

普通に生きているので

自己愛性人格障害のひとが

日常的にそんなことをしているとは

なかなか気づくことはありません。

 

そして自己愛性人格障害のひとは

そうやって毎日、

何かを人よりもできるようになるために

必死で努力しづつけているので

自己愛性人格障害のひとのほうが

極めて何か特別な能力を

持っていることも多いです。

 

人間とは不思議なもので

その心の奥底にどんな思いがあろうと

必死で努力をし続けて

尊大な魅力を魅せつけていることから

それがたとえ嘘だとしても

本当のことのように見せていくことによって

本当にできるようになってしまうことも

あるのです。

 

 

そして、自己愛性人格障害のひとは

常にそうやって

自分に都合のいいことだけを考えて

それに合わせて言うことを

ころころ変えるので

本当の自分というものがありません。

 

常に人から見て立派に見えることだけ

いい人に見えることだけを軸にして

周りを固めてくので

本当の気持ちというものがないのです。

たとえば上司もの味方をしていたほうが

その上司に良く思ってもらえると

判断したときは

たとえ部下のほうが正しいことを

言っていたとしても

上司の味方をします。

 

ところが

その上司がひどいことをしている、と

評判が立ってきた瞬間に

自分も実はそう思っていた、

とコロッと態度を変えるのです。

だから周りの人は

全然気づくことがありません。

 

やはりあの人は優しい人だから

正しい判断ができていたんだな、と

自己愛性人格障害のひとを

悪く思うことがないのです。

 

ですが、そこに

自己愛性人格障害のひとの

本当の思いというものはなく

ただ、自分が

いい人に思われることだけです。

 

だから自己愛性人格障害のひとは

評判が落ちることがないのです。

 

たとえば恋愛に関しても

今まで付き合ってきた人に

ターゲットとして

自分のいら立ちを彼女にぶつけたり

優しくして

彼女から絶大な信用を得ているときは

満足していますが

自分の彼女よりもきれいな子や有能な人物、

その他、この人についていたほうが

有利になる、

と判断した場合は

簡単に乗り換えることができます。

 

ですが、その瞬間

ひどい人呼ばわりされてしまうことに

なってしまうと

また平気な顔をして

元の彼女のほうがいいと思っていたが

その人から迫られて仕方なく

優しさから、あるいは同情心から、など

いろいろな理由をつけて

自分がいい人だったからこそ

その人の面倒を見てしまった、

などと言ったりします。

 

元の彼女に戻ることがありますが

ただどちらが都合が良かったのかを

見ているだけです。

 

 

そういった理由から

結婚しないと後に引けない、

という場合には

結婚することもありますが

それも本当にその人と結婚したい、

と思ってしているわけではなく

そのほうが都合がいいから

結婚しているだけなのです。

 

ですが、口では

「もちろん初めから

彼女と結婚するつもりだったよ」

などというので

本当のことが分からないのです。

自己愛性人格障害とは

自分の都合次第で平気で

真逆のことを言い出すので

まったく信用ができないのです。

 

自己愛性人格障害のひとを

信じてしまった人は

本当に不幸で

その不幸の原因でさえ

あなたのほうに原因があると

されてしまうのです。

 

Tiaraはいろいろな人の

相談を受けているので

いろいろなパターンを聞いていますが

自己愛性人格障害のひとの考え方は

本当に面白く

パターン化されているので

自己愛性人格障害の被害に遭った人は

ほとんど自己愛性人格障害のひとのやり方が

最終的には分かってしまい

彼が自己愛性人格障害だと気付くのです。

 

このように自分の都合によって

言うことがころころと変わる

自己愛性人格障害のひとを信じてしまうと

かなり長い時間を無駄にしてしまうので

気づいた時点からあまりかかわるのを

やめるようにしましょう。

 

 

自己愛性人格障害の被害から逃れるためには

自己愛性人格障害のひとと距離をとることが

あなたの心を守る最大の解決法なのです。

 

 

自己愛瀬人格障害のひとは

治ることがありません。

 

彼を治すよりも

あなたの周りの人間関係を

きちんと選べるようになることが

自己愛性人格障害から

あなたを守るための

最大の解決法になるのです。

自己愛性人格障害のひとのモラハラの始まり方

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

モラハラの始まり方について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性い人格障害のひとは

初めは取り込み作業から入ります。

 

あなたに自分がいかに素敵かを魅せつけ

そしてそのうえで

あなたをどれほど思っているか

アピールしてきたり

困っているときにさっと取り入って

瞬時にあなたの問題を

解決してしまったりします。

 

自己愛性人格障害の人は対人技術を

極めているので

とても感じがいいうえに

何かにつけて人に負けることに

恐怖を感じているので

必要以上に努力を重ねている人が多いので

普通のひとよりも解決できる問題が

多くあります。

 

あなたが困ったときに

素敵だと思っている自己愛性人格障害のひとが

さっとトラブルを解決してくれると

あなたはなんて素敵な人なんだろう

と感激してしまうでしょう。

そんなもともとは

普通の人よりも感じのいい

自己愛性い人格障害のひとが

いつのタイミングから

あなたに嫌がらせをしたり

あなたの犠牲を求めたりしてくるように

なるのでしょう。

 

あなたにとって

何度か疑問点をいだく場面はあるかと思いますが

妙に納得してしまったり

あれ?気のせいかな?とおもっったりするほど

一瞬で元のいい人に戻ってしまうので

なかなか気づかないかもしれません。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

確実に少しづつ

あなたに気付かれないように

モラハラ行為を強めてくるのです。

 

自己愛性人格障害の人は

誰にでもモラハラができるわけではなく

ある特定の

嫌がらせをしても自分に害のない人に限って

こっそりと

周りの人にも気づかれないように、

もしくは周りの人が

あなたの方が悪いのだから

自己愛性人格障害のひとが

怒っても仕方がないね

と思ってしまうほど

あなたのことを悪く思ったときに

モラハラ行為が始まります。

 

そうなるために

あなたはこっそりと悪く思われるように

少しづつあなたの悪い噂を

自己愛性人格障害のひとに

流されているのです。

 

あなたは本当はとても良い人なので

そんなことをされているとは

疑ったこともないと思います。

 

そんな穏やかなあなただからこそ

狙われてしまうのです。

そしてあなたと出会ってから

自己愛性人格障害のひとは

この子にはモラハラをしても

大丈夫な人かどうかを

きちんと判断してから

モラハラ行為を仕掛けて来て

あなたの苦しむ顔を楽しむのです。

 

あなたの優しいところや

ちょっとしたことで人を疑わないところ

少し嫌な顔をされたり

無視をしていても

今日は嫌なことでもあったのかな?と

相手を理解してあげようとする寛大な心を持っている

と確信したときに

自己愛性人格障害のひとは

あなたをターゲットにしてもいいと判断します。

 

普通の人が思っていることと

逆のことをするのです。

 

普通の人は

何もしていない人が嫌がらせをされたり

悪い噂が流れたりすることはないと

思っています。

 

 

だからうわさが流れたり

嫌がらせをされているところを見た時点で

何も知らないくせに

あなたに原因があると思ってしまいます。

 

そんな人が

世の中にはたくさんいるのです。

 

嫌がらせをされたり

ターゲットになってしまった人は

自分が悪いことをしていないと

知っていますので

どうして嫌がらせをされたり

悪い噂を流されたりしなければいけないのかと

理解に苦しむのですが

あなたが味わっているその理不尽な気持ちに

自己愛性人格障害のひとは

満足感を得るのです。

 

 

そしてそのために

ターゲットを常に作っては

自分より下の人やみじめな人を見て

自分のほうが上だと安心するのです。

 

 

そしてそのために

自己愛性人格障害のひとは

常にターゲットを作り続けるのです。

 

その人が耐えられなくなり

会社を辞めたり、

その場からいなくなったりすると

また別の誰かを探してターゲットにします。

 

誰かがみじめな状態になっているところを

見続けていなければ

自分がみじめな存在のように思えてきてしまい

恐怖に苦しむのです。

 

 

その苦しみから必死で逃れるために

ターゲットを作って

立場を落としていきますので

悪いことをしている自覚がありません。

 

それに自分がそんなひどいことをする人間だと

認めることも

耐えられないのそこから逃れるために

本当にターゲットが悪いと

自分でも思い込むのです。

 

自己愛性人格障害のひとに狙われる人は

自己愛性人格障害のひとを信じてついてきた

優しい寛大な人なのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

捨てられることで傷つく人は

喜んでどんどん傷つけていくのです。

 

優しい人ほど一緒にいる人は

選ばなくてはいけない、

とTiaraは思っています。

 

みじめな存在になって

その場にいられなくなるくらいなら

相手が自己愛性人格障害だと気付いた時点で

その場から離れたほうが

より安全なのかもしれません。

 

残念ですが

自己愛性人格障害のひとがいたときは

その場から離れるほうが

一番被害が少なくてすむのかもしれません。