自己愛性人格障害のひとが人を必死でつぶす理由とは??


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとが

必死で人を潰す理由について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人

というのは何も特別な人ではありません。

 

分からないのは当たり前なのです。

 

実際、自己愛性人格障害のひとは

そばにいる人の下の立場になることを

ものすごく恐れていますので

誰の上にでも立とうとします。

 

自分がその人の上に立たないと

何かされてしまう、と

勝手に恐れている、と言うと

分かってもらいやすいでしょうか?

 

そしてその人が強いのか弱いのか

権力を持っているのか持っていないのか

分からないときは

直接その人に攻撃を向けたり

バカにしたりできないので

周りの人にその人が格下に見えるように

本人に分からないように

こっそり周りの人にディスって

笑いものにしたりして

その人よりも自分のほうが上だと思って

安心します。

 

自己愛性人格障害のひとの

このような特徴が

自己愛性人格障害のひとの

行動を引き起こしているのです。

 

普通のひとは、

まさかそんな人がいるだなんて

思いもしないので

自己愛性人格障害のひとが

軽く人をディスるのも

ユーモラスの一環だととらえて

あまり悪く思いません。

 

ちょっとした冗談を

言っているだけにしか見えず

そんなにも悪い人間には見えないのです。

 

それくらいなら

普通のひとも言いますよね?

 

でも、自己愛性人格障害のひとと

普通のひとは

中身が違うのです。

自己愛性人格障害のひとは

幼いころにありのままの自分を

受け入れてもらえず育っているので

人に認めてもらうことに必死です。

 

受け入れてもらえないと

生きていけないほど

過酷な状況の中育ったと思われるため

自尊心が全くありません。

 

その自尊心のなさは

被害者よりもないくらいです。

 

プライドも高そうに見えますが

それは頑張って虚勢をはっている状態なので

本当は全くプライドもありません。

 

 

自分を見せかけだけで

強そうに見せかけることに必死なだけで

よく見ていると

本当に自分がヤバい

という状況になったときには

あれだけ強く言い張っていたことも

あっさりと180度、

自分の考えを変えてしまうこともあります。

 

 

それくらい本当は自分がないのです。

 

その恐怖から怯えているために

自分を救うために

人を蹴落とすときは必死ですので

絶対に勝つことができないのです。

 

でも、自己愛性人格障害のひとが思うほど

人は自己愛性人格障害のひとを

潰す気など全くありません。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

自分以外の人間はすべて恐れていますので

自分の恋人だろうが、奥様だろうが

親友だろうが部下だろうが

自分を信頼してついてきてくれた人にでも

そうやって勝手に恐怖心を抱いて

先に潰してしまうのです。

 

 

そして後から

その人たちが

自分にひどいことをしていなかったことに

気づき

失くしたときに後悔するのです。

 

でも、その後悔は

その人たちのためにする後悔ではなく

あくまでも自分から

自分のことを大切に思ってくれた人を

遠ざけてしまったことへの後悔で

孤独になってしまったことへの後悔なのです。

 

 

それでもまた

自己愛性人格障害のひとの

その不思議な魅力で

誰かがそばにいてくれたとしても

その人が本当に

自己愛性人格障害のひとのことを

思ってくれたりすると

またその人は自分から

離れていかないだろうと思いだした頃に

自然とその人よりも上に立とうとして

ののしったりバカにしたり

人格否定をしたりして

外で感じたストレスを

自分の一番安心する場所に持ち帰り

安心できる存在に、すべてを

思いっきりぶつけてしまうのです。

 

だかあなたがどうしても幸せになりたいのなら

自己愛性人格障害のひとから

離れるしかないのです。

 

自己愛性人格障害のひとにも

いいところはいっぱいあります。

 

普通のひとにはない魅力的な才能を1つ

持っている自己愛性人格障害のひとも

たくさんいます。

 

もしかしたらその魅力でさえ

自己愛性人格障害のひとの

自尊心のなさの苦しさから

必死に努力した結果なのかもしれません。

 

 

そういった意味では

自己愛性人格障害だからこそ

魅力的だとも言えます。

 

そして何が悲しいのかというと

そんな自分のことを

思ってくれる人たちのことを

自分を慕ってついてきてくれた人たちの

信用を裏切り

故意に何度も何度も傷つけ

そしてそのことを何とも思わずに

自分のことしか考えられないことが

なによりも悲しいことなのです。

自己愛性人格障害のひと本人も自分の攻撃を止められない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとも

自分の攻撃性を止められない、

ということについてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

付き合いが長くなっていくほどに

どんどん嫌がらせが強くなっていきますが、

本人もはじめから

初めは優しくして信用させ

それからばれないように

少しづつ嫌がらせを強めていこう

などと思ってはいません。

 

あなたと彼との付き合いの中で

どれだけあなたが優しいか、

どれだけあなたが

彼のわがままを受け入れるかによって

虐待の強さは変わってきます。

 

虐待や罵声がひどい人、

ほっとかれる期間が長い人ほど

自分の感情を押し殺し

彼とうまくやっていきたいがために

我慢してきた人が多いと思います。

 

 

Tiaraの元彼は

昔の彼女の話をしているときがありました。

 

ゲーム好きな彼が

「Tiaraでもできるゲームを買って

2人でお家で楽しもう。」と計画してきて

彼の家の近くのゲームショップについて

2人で駐車場を歩いているときでした。

 

その時の話の内容や

なぜ元カノの話になったのか

詳しくは覚えていませんが、

確か彼のほうから昔ばなしみたいに突然

話し出したと思います。

 

彼は元カノとけんかになったことに対して

「俺はそんなつもりはなかったんだよ。。」

と悲しそうに訴えてきました。

Tiaraは彼の話を「うんうん」と聞き

そっか。彼もそんなつもりもなかったのに

何か彼女の機嫌を損ねるようなことをして

もう駄目になっちゃったんだねと思いました。

 

そして彼は

その彼女とダメになった理由が分からず

「俺の思いが分からないならもういいよ。」と

すねているように見えました。

 

Tiaraとの話ではなく

元カノとの話を急に思いだしてか

まるで今のことのように

鮮明に話していました。

 

自分がそんなつもりもないのに

相手を怒らせてしまい、

もっとずっと長く付き合いたかったのに

どうしてもダメになってしまって

そのことを分かってくれない元カノを

責めているように聞こえました。

 

 

それを聞いてTiaraは

彼のことが分かってあげようと

思いましたし、

Tiaraはそんなちょっとしたことでは怒らず

彼が何か変なことを言っちゃったときも

分からずに言ってしまったと思い

怒らないでいてあげよう、と思いました。

 

器用に見えて

案外、不器用なのかなとも思いましたし

悪くみえちゃうけど

本当は純粋なんだな、とも思いました。

 

その時は、自己愛性人格障害なんて

言葉も知らず、

不器用な彼の失敗を

Tiaraは分かってあげよう、

そんな気持ちで聞いていました。

 

中に入ると

何枚かのDVDとゲームを1つ買って

「帰ったら今日はこれを二人でやろうね。」

と彼の家に帰り2人でやったと思います。

 

二人の仲がだんだん穏やかになってきている、

Tiaraはそう思っていました。

 

怒ることも以前に比べて減ってきている、

そう感じていました。

 

今考えてみると

自分から計画をしておいて

その当日になると怒って帰る、

ということを繰り返されていましたので

だんだんとTiaraが彼に

「今度の土曜日、

2人で海でも見に行こうよ。」

と言われても、

「そうやって期待させて当日になると

すぐ怒って帰ったりするから行きたくない。」

と言い出していたんです。

 

すると彼はTiaraをさとすように

「絶対に怒らないから行こ?

もう機嫌悪くなったりしないから。」

と言い出していました。

 

「ほんと?」

「うん。ほんとだよ。

絶対に怒らないから。楽しくするから。」

 

 

そんなことを繰り返しているうちに

本当に怒らなく穏やかになっていったんです。

 

なんとなく彼が感情を抑えているような

そんな彼の努力も見えていたので

仲良くやろうと努力してくれている、

そう思いだしていたんです。

 

彼もTiaraとやっていきたいんだ、

と感じるようになっていたころでした。

 

穏やかな日々が半年ほど続いていました。

 

やっとうまくいくようになってきた。

 

ほら、怒ることなんて

何にも起きてないでしょ?

 

彼が激化して別れる半年ほど前のことです。

 

ですがこの何でもない日々を

繰り返していくうち

もう、結婚間近だと思っていた矢先

また意味もなく怒ることが

多くなっていったんです。

 

最後の1か月は本当に

不自然なほど怒ったり

無言になったりしていました。

 

それで、これはさすがにおかしい、

わざと問題を起こしている、

ということに気づき始めたのです。

 

このように自己愛性人格障害のひとは

本人が抑えていてもどうしても

なってしまうのです。

 

意識して押さえていても

苦しいだけなのです。

 

自己愛性人格障害のひとも

育つ過程でそのようになってしまい

自分でもどうすることもできないし

止めることもできず、

自分がどうしてそうなってしまうのかも

分かっていないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

他人はコントロールできても

自分はコントロール不可能なのです。

 

自己愛性人格障害の人の後悔

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の後悔について

お話ししたいと思います。

 

 

 

自己愛性人格障害の人は

本人も気づいていない

おなかの中に、もともと持っている怒りを

自分の信頼できる身近な人にぶつけて

自尊心を保っている病気です。

 

だから、だんだんと周りとの関係を

壊していってしまいます。

 

自己愛性人格障害の人も

人を見下したり、ののしったりすることにより

気分が少し高揚しているので

好きでやっているように見えたり

人をおとしいれているように

見えるかもしれませんが

実は違います。

 

実はそうは見えないようですが、

本人も自分の中の怒りの正体が何かわからず

その理由を探して周りの人のせいにして

あいつが悪いから俺がこんなにイライラするんだ、

と本気で思い込みます。

 

その怒りが尋常でないくらい大きいので

自己愛性人格障害の人も耐え切れず

自分が楽になるために

こじつけて人のせいにしているので

もともと自分がおなかの中に怒りを持っている

とは思っていません。

自己愛性人格障害の人は

自尊心がものすごく低いために

自分がそんな人間だということに耐えられず、

自分は本当はもっと価値がある人間だ

と思い込もうとします。

 

そうすることによって

自尊心の低い人間だということは

自分自身に隠していますので

普段はとても尊大にふるまいます。

 

 

そしてそんな尊大な人間が

ちっぽけな人間の出来が悪いために

イラつかせられていて

その怒りをぶつけることは

その人間に正しいことを教えている

と思い込んでいます。

 

そうすることによって

自分自身で起こしたことへの

意識を麻痺させていますので

罪悪感を感じずに済みます。

 

そして関係を壊してしまっている

自分自身の罪を

あなたに擦り付けることによって

逃げているのです。

 

だから関係を壊したのは

あなたのせいだと思い

自分は被害者だと思い込むことによって

深く傷つきます。

 

ですがそれは自分自身が

起こした罪から逃げるために

自分がしていることなのです。

 

自己愛性人格障害の人は

何をするにも大変効率がよく

なんでもできて責任感が強いように見えますが

実はその真逆なのです。

 

事件が起こったのは

あなたが悪いせいだと理由を探し

もっともらしいふるまいをして自分は常に

立派で落ち着いた人物を演じ続けます。

 

ですが、今まで築き上げてきた関係を

何度も壊すことに

うすうす気づいており

年齢とともに自分が何かおかしいことには

気づき始めるんでしょう。

 

ですが後悔してもまたすぐに同じことを

繰り返してしまいます。

 

だから後悔しても

すぐに次のターゲットに怒りをぶつけたり

尊大な魅力を見せて

自分に人を惹きつけておかないと気が済まないので

いつまでも1つのことに

こだわっていることが出来ません。

 

だから後悔しても

その後悔をし続けていることが出来ないのです。

 

後悔をしていても

どうしても尊大にふるまってしまう彼は

今でも立派な人だと思われて

周りの人にはなかなか伝わりません。

 

自分でうすうすは気づいていても

周りの人にはわからないので

そのまま自分は被害者だと思い込みます。

 

その方が都合がいいからです。

 

そしてまた

尊大なふるまいを演じているうちに

まわりにいるひとのなかから

ターゲットを見つけ、

何度も何度も同じことを繰り返しているのです。

 

そしてそれは自己愛性人格障害の人本人も

どうしてもやめることが出来ず

常に人をつぶし続けていなければ

恐怖に押しつぶされてしまうので

自分が楽になりたいがために

必死で尊大な自分を演じ続けてしまいます。

 

そして

人をつぶし続けているので

またすぐに新しいターゲットに気が移ってしまい

いつまでも同じことに

かかわり続けていられないので

ずっと前のことに

後悔し続けている暇はないのです。