自己愛性人格障害のひとが人を必死でつぶす理由とは??


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとが

必死で人を潰す理由について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人

というのは何も特別な人ではありません。

 

分からないのは当たり前なのです。

 

実際、自己愛性人格障害のひとは

そばにいる人の下の立場になることを

ものすごく恐れていますので

誰の上にでも立とうとします。

 

自分がその人の上に立たないと

何かされてしまう、と

勝手に恐れている、と言うと

分かってもらいやすいでしょうか?

 

そしてその人が強いのか弱いのか

権力を持っているのか持っていないのか

分からないときは

直接その人に攻撃を向けたり

バカにしたりできないので

周りの人にその人が格下に見えるように

本人に分からないように

こっそり周りの人にディスって

笑いものにしたりして

その人よりも自分のほうが上だと思って

安心します。

 

自己愛性人格障害のひとの

このような特徴が

自己愛性人格障害のひとの

行動を引き起こしているのです。

 

普通のひとは、

まさかそんな人がいるだなんて

思いもしないので

自己愛性人格障害のひとが

軽く人をディスるのも

ユーモラスの一環だととらえて

あまり悪く思いません。

 

ちょっとした冗談を

言っているだけにしか見えず

そんなにも悪い人間には見えないのです。

 

それくらいなら

普通のひとも言いますよね?

 

でも、自己愛性人格障害のひとと

普通のひとは

中身が違うのです。

自己愛性人格障害のひとは

幼いころにありのままの自分を

受け入れてもらえず育っているので

人に認めてもらうことに必死です。

 

受け入れてもらえないと

生きていけないほど

過酷な状況の中育ったと思われるため

自尊心が全くありません。

 

その自尊心のなさは

被害者よりもないくらいです。

 

プライドも高そうに見えますが

それは頑張って虚勢をはっている状態なので

本当は全くプライドもありません。

 

 

自分を見せかけだけで

強そうに見せかけることに必死なだけで

よく見ていると

本当に自分がヤバい

という状況になったときには

あれだけ強く言い張っていたことも

あっさりと180度、

自分の考えを変えてしまうこともあります。

 

 

それくらい本当は自分がないのです。

 

その恐怖から怯えているために

自分を救うために

人を蹴落とすときは必死ですので

絶対に勝つことができないのです。

 

でも、自己愛性人格障害のひとが思うほど

人は自己愛性人格障害のひとを

潰す気など全くありません。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

自分以外の人間はすべて恐れていますので

自分の恋人だろうが、奥様だろうが

親友だろうが部下だろうが

自分を信頼してついてきてくれた人にでも

そうやって勝手に恐怖心を抱いて

先に潰してしまうのです。

 

 

そして後から

その人たちが

自分にひどいことをしていなかったことに

気づき

失くしたときに後悔するのです。

 

でも、その後悔は

その人たちのためにする後悔ではなく

あくまでも自分から

自分のことを大切に思ってくれた人を

遠ざけてしまったことへの後悔で

孤独になってしまったことへの後悔なのです。

 

 

それでもまた

自己愛性人格障害のひとの

その不思議な魅力で

誰かがそばにいてくれたとしても

その人が本当に

自己愛性人格障害のひとのことを

思ってくれたりすると

またその人は自分から

離れていかないだろうと思いだした頃に

自然とその人よりも上に立とうとして

ののしったりバカにしたり

人格否定をしたりして

外で感じたストレスを

自分の一番安心する場所に持ち帰り

安心できる存在に、すべてを

思いっきりぶつけてしまうのです。

 

だかあなたがどうしても幸せになりたいのなら

自己愛性人格障害のひとから

離れるしかないのです。

 

自己愛性人格障害のひとにも

いいところはいっぱいあります。

 

普通のひとにはない魅力的な才能を1つ

持っている自己愛性人格障害のひとも

たくさんいます。

 

もしかしたらその魅力でさえ

自己愛性人格障害のひとの

自尊心のなさの苦しさから

必死に努力した結果なのかもしれません。

 

 

そういった意味では

自己愛性人格障害だからこそ

魅力的だとも言えます。

 

そして何が悲しいのかというと

そんな自分のことを

思ってくれる人たちのことを

自分を慕ってついてきてくれた人たちの

信用を裏切り

故意に何度も何度も傷つけ

そしてそのことを何とも思わずに

自分のことしか考えられないことが

なによりも悲しいことなのです。

自己愛性人格障害のひとがあなたの情報を聞きたがる訳は?


こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは

あなたの情報を聞きたがる訳について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

知り合ってまだ間がない頃は

あなたの情報をとても知りたがります。

 

好奇心が旺盛でとても感じよく

フレンドリーにあなたに近づいてきて

あなたの話をいろいろと

聞き出そうとします。

 

 

あなたもフレンドリーだったり

自己愛性人格障害のひとと

仲良くしたいと思っている場合には

あなたのほうが

自分からいろいろなことを

話してしまう場合もあるでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたの話に興味をもって

聞きたがります。

 

そんな彼にあなたも

好感をいだくことでしょう。

 

彼に告白されなくても

あなたのほうから

好意をもってしまうことも

あるかもしれません。

 

ひとは、好意をもったから

自分の話をしてしまうのではなく、

自分の話をいろいろしてしまったから

好感をいだくのです。

 

その点では、自分の話を

いろいろ聞いてくれる人に

好意をもつことは

自己愛性人格障害のひとでなくても

あると思います。

 

普通のひとは

本当にあなたに興味をもって

あなたの話をいろいろ聞きますが

自己愛性人格障害のひとは

あなたに興味があって

あなたの話を聞いているのではなく

あなたの弱点や弱いところを

聞き出して

あなたの苦手なことを

どんどん自分のなかに溜め込んでいきます。

 

 

そしてあなたの弱点や嫌なことを

自己愛性人格障害のひとの

都合のいいときまで

隠し持っていて、それを

自己愛性人格障害の

つごうのいいときに

あなたにぶつけるのです。

 

たとえば、あなたが

書類をまとめるのが

苦手だと聞いていれば

書類をまとめて

それを発表しなければならないときに

「教えてあげるから。」と

優しくあなたを説得して、

一緒にやってくれるのですが

それを見ている人がいないと

あなたには

いっさい教えてくれません。

 

この時、自己愛性人格障害のひとは

2つのことをしています。

 

1つは周りの人に尊大な自分を魅せつけて

尊敬のまなざしで見られること、

そして、もう一つはあなたの心を取り込んで

あなたを思い通りに動かすための洗脳です。

 

彼が優しければ優しいほど

紳士的であれば紳士的であるほど

あなたは彼を信用してしまうでしょう。

 

あなたがやっぱり難しいと思って

彼にたずねてみると、

「もう十分できるようになったから

ひとりでやってごらん。

いざとなったら手伝ってあげるから。」

と優しく語りかけてくれます。

 

彼にいいところを見せる

チャンスですし

一生懸命がんばろうと

努力するのですが、

もともと苦手なことのために

どんな風にまとめればよいか分かりません。

 

そんなときに

彼にすがるように

手伝ってもらえないか聞いてみると、

「あんなに一緒にやったのに

全然聞いていなかったんだね。。」

と悲しい目をされてしまいます。

 

こうやってあなたに恥をかかせ、

そして自己愛性人格障害の人自身も

被害者だったと

あなたはとても悲しい気持ちに

なるのですが、

これが自己愛性人格障害の人のやり方なのです。

 

はじめから手伝うつもりなんて

なくても、

口だけあなたの味方をしていれば、

自己愛性人格障害のひとは

とても面倒見がよいやさしいひとに

見えてしまうのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

これを、あなたをおとしいれるために

わざとしているのです。

 

でも、あなたにしたら

考えすぎのようにも見えてしまうし

そもそもが自分でできるところまで

やらなければいけないことなのですが

自己愛性人格障害のひとが

手伝ってあげるから、と言わなければ

あなたはやるつもりも

なかったことでしょう。

 

こういったことを繰り返しますが、

こんなことを繰り返しやるようなひどいひとは

いないという常識があります。

 

ひどいことをされたり

怒られたりしている人を見かけたときは

怒られる人にもそれなりに原因があったのだろう

と思うのが普通でしょう。

 

ですが、この常識を利用して

ほんとうにあなたをおとしいれているのです。

 

だからこういったことを繰り返し行う人は

自己愛性人格障害だと思っています。

 

だって普通のひとは

こんなめんどくさいことわざわざやらないでしょう?

 

こんなことを常にしている人は

やはり病気なのです。

 

それは医者に行って診断されなくても

分かるでしょう。

 

そんな人を落し入れるようなことを

わざわざ何度もしているのに

医者に行って診断されたわけではないから

まだ分からない、

という人がいますが、

診断を待っていたら

被害者の人が

どんなにひどい目に合うか

分かりません。

 

自己愛性人格障害のひとの言動に気付いたら

あなた自身が自分で対処をして

彼からそっと敵対心を魅せることなく離れるのです。

 

 

世間一般の常識では理解されないことが普通なので

わざわざほかの人に理解してもらわなくてもいいでしょう。

 

 

そんなことよりも自分の判断で早めに離れて

自分の心を守ることが先決なのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

わかるようになると

ほんとうに毎日、

そんなことばかりしている

自己愛性人格障害のひとに

気づきます。

 

ひとの欠点ばかりを集めて、

その人が悪く思われるように

毎日少しづつ小出しにしてしているので

普通の人がのほほんとしていても

勝てるわけがないのです。

 

それは毎日、ほんとうに些細なことで

いちいち怒ったり、

注意をしたりするほどのことではないので、

優しい人や寛大なひとは

いちいち心にとどめたりせずに

水に流して自己愛性人格障害のひとと

つきあってしまいます。

 

周りのひとも

自己愛性人格障害のひとが

悪い人だとは思いません。

 

彼のユーモアを含んだ

軽いジョークで相手をディスることも

ささいなことなので

いちいち気に止めてはいませんが、

毎日すり付けられる悪い情報は、

みんなの心のなかに

少しづつ蓄積されていき、

やがて周りのひとも

それが本当のことだと思い込むのです。

 

そして自己愛性人格障害のひとが

やっていることはあなたの信頼性を

落とすことです。

 

あなたの評判を落とすことで

あなたのいうことが

信じてもらいにくくなるのです。

 

被害にあったとあなたが気づいたときには

もうあなたのことはだれも信用しなく

なっていますので

いくら被害を訴えたところで

あなたの話はだれも

信用しなくなっているのです。

そうなる前に

自己愛性人格障害に少しでも早く気づき

あなたの口をつぐむべきです。

 

そして自己愛性人格障害のひとの前で

失敗することも極力控えることです。

 

Tiaraは毎日ちょっとしたことで

ものすごく一生懸命やっている

とても親切な人が

冗談まがいにディスられて

明るく評判を落とされているところを

毎日数回聞いています。

 

Tiaraはうのみにしないので大丈夫ですが

この中で自己愛性人格障害のひとの話を

本当だと思ってしまう人が

何人いるのかと思うと

恐ろしくなります。

 

 

信用してしまった人は

もう自己愛性人格障害のひとと一緒に

Tiaraの中ではあまり

かかわりたくない人の1人になってします。

 

もちろん敵対心は見せず

丁寧に接していますが、

本当に心を寄せることはありません。

 

 

今のところTiaraは

ターゲットになっていないですし

今、ターゲットにしようと思われている方も

本当にすごく一生懸命やっていることも

Tiaraは(おそらく周りの人も)

分かっていますので

本当に孤立することはないでしょう。

 

あなたの街の自己愛性人格障害の人たちは

あなたが率先して気づき

自己愛性人格障害の人たちの

思い通りにならないよう

あなたが普通の人たちを守り

そしてあなた自身も絶対に

ターゲットにはならないでください。

 

世の中には

自己愛性人格障害以外の

方たちのほうが

圧倒的に多いのです。

 

 

そういった普通の人たちと

コミニュケーションを取り合いながら

普通の人たちとだけ接するようにしていると

あなたの周りには嫌なことは

ほとんどなくなると思います。

 

人間関係のほとんどのトラブルは

自己愛性人格障害のひとが

起こしていると思われますので、

普通の人たちとだけ交流を深めていけば

あなたは落とし入れられることも

その場を追いやられることも

なくなるでしょう。

 

それでも、自己愛性人格障害の人たちも

幼いころに共感力を使っていると

辛くてたまらない思いをした人たちなので

恨むことや敵対心を向けることだけはやめて

自己愛性人格障害のひとと関わらず

自由にやらせておいてお下てください。

 

あなたの自己愛性人格障害の対策は

被害を防御するためだけのものだと

覚えておいてください。

自己愛性人格障害のひとが反省しているときは、本当に治るのか?

今日は自己愛性人格障害のひとが

反省しているとき

今後は、二人の関係が良くなっていくのか

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとを恋人に持った時

よく相談に上がることなのですが

あまりにも理不尽な態度に

彼のことが信用できなくなり

あなたが別れを決意したとします。

 

突然彼が

今までの彼では考えられないほど

反省し、これからはもっと

あなたのことを考えていきたいと

あなたを失うことの恐怖から

謝ってきて

これからは変わるからと断言してきたとき

いくら別れを決意していたとしても

あなたとしても期待してしまいますよね?

 

もしかしたら

彼はあなたと別れることが怖いため

本気で変わろうとしてくれている、

あなたがそう考えてしまうのも

当然のことだと思います。

 

 

今までもどんなに辛くても

これからは必ず良くなると

彼を信じてここまでついてきたんですよね。

 

できれば、あなただって

彼と別れたくないはずです。

jikoaiseijinnkakusyougainohitonokeikakusei

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

そうは見えないのですが

大変臆病で、

捨てられることに

異様に恐怖心をいだきます。

 

自分がさんざんあなたを傷つけてきたとしても

自分が傷ついて初めてわかる気持ちもあると

思いますよね?

 

涙をこぼしたり

悲しい顔で落ち込むこともあると思います。

 

 

そんな彼を見ると

あなたもちょっとかわいそうだと

思ってしまいそうになりますよね?

 

 

ですが、それはあなたが

普通のひとだから思うことで

自己愛性人格障害のひとは

その病気の特徴により

しがみつき行為を

常識では考えられないくらいします。

 

彼のそんな態度を見て

あなたも、もしかして今度こそ

本当に思い直してくれるのかも?

と考えてしまってもおかしくありません。

 

ですが、もし彼が

自己愛性人格障害だとしたら

その病気ゆえに強烈な

しがみつき行為を見せることが

あります。

 

 

たとえば以下の理由により

あなたを失いたくない、と

強く訴えてきます。

 

 

1、本当はいっさいない自尊心のため

あなたから嫌われる(捨てられる)

ことが死ぬほど怖い。

 

2、今まで彼の思い通りに

動いていたあなたを

離したくない。

 

3、長年時間をかけて

彼に惹きつけられていた

あなたがいなくなることが

もったいない。

 

4、本当は

自分がひどいことをしていることを

なんとなくわかっているので

そんなひどいことをしてきたのに

彼に惹きつけられていた

あなたのような人を

今後も見つけられる自信がない。

 

などです。

 

これらの理由から

あなたが離れていくことが死ぬほど怖く

必死でしがみついてくる様子が

あなたに本当は強烈に惹かれているように

見えます。(もしくは見せている)

 

あなたも人から求められることを

強烈に求めていますので

そんなにも求めてくれる自己愛性人格障害のひとに

強烈な愛を感じます。

 
そしてうれしくなり

彼を信じてしまいたくなるのです。

 

ですがそれはあなたが普通のひとだから

そう思ってしまうのですが

自己愛性人格障害のひとは

普通の人が考えるような理由で

しがみつき行為をしているわけでは

ありません。

自己愛性人格障害のひとは

物事を勝ち負けでしか考えられないので

あなたにフラれることは

あなたに負けることだと

考えてしまいがちなので

怖くなって強烈に

しがみついているだけなのです。

 

 

もしも戻ってしまうと

初めのうちはまた

あなたに嫌われてしまうかもしれないという

恐怖心から

必死でしがみつき、

何度もあなたに愛の言葉をささやきます。

 

これは相手が

女の人の場合でも変わらず、

自己愛性人格障害のひとは

どうしてもしてしまうのです。

 

Tiaraは女のひとにも

抱きつかれたことがあるので

とてもよくわかるのですが

本当にドラマさながらの様子

で全力でしがみついてきます。

 

自分が相手に

ひどいことをしたことが

ばれてしまったと思うと

必死で謝ってきてぎゅっと

抱きしめます。

 

涙をこぼしたり

悪かったとかみしめて

謝ってくることもあります。

 

Tiaraはこの時はもうすでに

自己愛性人格障害のことが

よくわかってしたので

女のひとでも

こんなにしがみついてくるなんてすごいなと

冷静に思ってしまいました。

 

 

このことから

自己愛性人格障害のひとがひどく反省し、

俺が悪かったとか私が悪かった、

と謝ってきたのだとしても

それは自分のしていることが

ばれるかもしれないと思ったときで

尊大で情にもろく、素敵で

あなたのことを思っているような言葉を

たくさん言ってきます。

[ad#co-1]

 

 

ですが

元に戻ったり

自分が悪くないと思われる自信があると

自己愛性人格障害のひとは

その時の自分の怒りをあなたに

すごい勢いでぶつけてきたり

小さな怒りをじわじわ定期的にぶつけてきて

あなたに戻って本当に迷惑をしている、と

あなたの人格や存在を

すべて価値のないものにしてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

よく思われたいと思ってもそれは無理で

自己愛性人格障害のひとは自分が一番なのです。

 

あなたがもし、

自己愛性人格障害のひとよりも

有能だと思われたり

いい人だと思われるような

出来事があると

それを否定してきて

あなたは本当にひどい人だと

いろいろな手を使って広めています。

 

中には自己愛性人格障害の人が

直接話をしないで

周りの人の力を使って

あなたの評判を落としてくる

危険性もあると思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

どんなに情深く見えたとしても

あなたを想っているように見えても

反省しているように見えたとしても

しばらく時間がたつと

彼は以前よりも強い力で

全力でつぶしにかかります。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

そういう人間に

育ってしまった人たちのことなので

急に治ったり考えを

改めるということがありません。

 

 

そのことをもっとよく見てみて

後悔のないようにしてくださいね。

自己愛性人格障害のひとの嫌がらせは自分が悪く見えないようにする

こんにちは♡

今日は

自己愛性人格障害の彼と付き合っていると

イベントやデートの約束が

急になくなる、ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の元彼と別れて

2年半ほど経ちますが、

もうほとんど彼への気持ちは

忘れてきています。

 

 

毎日ブログを書くことによって

自分の中の

気持ちを整理しているのと同時に

彼と全く連絡を取ることが

できなくなったことから

時間がたつと本当にほんわり

楽しかった出来事を思い出すくらいで

好きだったり苦しかったりといった

気持ちの面での思いは

なくなってきました。

 

 

ですが、彼からまだ

もしかしたら連絡があるかもしれない、

と思えるような状況の場合は

期待をしてしまっているので

驚くほど何年たっても

忘れられない、という人もいるのですが

そういう人は

彼から何らかのアプローチをされているので

それが自己愛性人格障害の特徴だと

覚えておいてくださいね。

 

早いものでもう年末ですが、

楽しいイベントも多いと思います。


こんな時こそ

自己愛性人格障害のひとは

あなたを裏切る行為に出る可能性が

高くなりますので

心の準備をしておいてくださいね。

 

Tiaraは付き合いだしてから

最初のころは

彼の誕生日を毎年

友達として祝うという形に

されていました。

毎年彼の誕生日よりも先に来る

Tiaraの誕生日に

とても愛情のこもったプレゼントをされるので

子供たちもそれを見ていますし、

彼にお返しをしよう、

という気持ちに3人でなり

まだ小学生や中学生だった子供たちも

Tiaraと一緒に少ないお小遣いの中から

おしゃれでセンスのいい彼に

喜んでもらうためにそれなりに

高価なものを選びます。

 

もちろん選んでいるときは

本当に彼に

日頃の感謝の気持ちを込めて

選んでいるので

無理やりではないし、

値段ではありませんが、

それでもセンスのいい彼に

それなりのものを送ろうとすると

やはり少し金額もはったりします。

 

 

もちろんその時は

彼の誕生日プレゼントを考えたりするのは

本当に楽しかったですし、

嫌な気持ちなんてなく

好きな人のプレゼントを選ぶのは

それなりに幸せでした。

 

彼の誕生日プレゼントをずいぶん前から

一生懸命考え

彼が何をプレゼントしたら

喜んでくれるのか

彼の喜ぶところを

想像しながらやっと選んで

もう渡すのを楽しみにしているころを

見計らって

彼の元カノからの連絡があったり

元カノの様子を友達から聞いた、

などの話が入ります。

 

彼が動揺し、元カノを傷つけて

Tiaraと付き合ってしまったから

やっぱりTiaraとは付き合えない、とか

今は少し動揺しているので

時間を置きたい、という理由から

「俺の誕生日なんて祝わなくていいから。。」

という謙虚な理由から

彼の誕生日パーティの約束を

キャンセルされます。

あくまでもTiaraを傷つけるやり方ではなく

彼が悩んでいて

その気持ちを分かってあげて

そっとしておいてあげる、

という形をとるので

モラハラだとはまさか思わず

彼を責めることもできず、

Tiaraが「分かった。」

という形をとります。

 

もちろんTiaraが彼女のいる彼を

選んで奪ったわけでもありませんし、

彼のほうから熱れるに告白され

「Tiaraのことを好きになったから

彼女を傷つけることになる。

 

だからこうなった以上

もう彼女とはやっていけない。

 

彼女と決着をつけて

必ずTiaraのところに来るから待ってて。」

 

こういわれれば信じたくなってしまうし、

Tiaraもバツイチですから

遊ばれるのは嫌です。

 

そもそも

バツイチだからさみしいだろう、

と思われることは多く、

簡単にTiaraがついてくるだろう、

と考えている人も

離婚してから結構いました。

 

正直女はそんなに単純ではありません。

 

そういうさみしいからと

すぐについていく女の人もいるとは思いますが、

バツイチだから慎重になる人もいますし、

もう男なんていらない、と

男の人を全く信じていない

バツイチの人もいますし、

そもそも男のひとから

自由になりたかったバツイチの人もいます。

 

男の人のほうより

全然バリバリに稼ぐ人もいますし、

とてもしっかりしている人も

大勢いるのです。

 

今時、結婚がすべてだと

考えていない人もいますし、

1つのイメージで片付けないで

ほしいです。

 

ですが、彼のやり方は

本当に愛情がこもっているように見えましたし、

彼の言っていることはきれいごとではなく

ほんとうのことのように

思えたんです。

ここまでしてくれる人なら

信じられる、

そう思って彼についていく決心をしたのです。

 

元カノが忘れられなくて

電話がかかってくる、

という気持ちも理解できましたし、

ほんとうなら彼女のほうも

もう彼と別れる、と決心をしたのなら

何度も何度も連絡してきてはいけない、

という人もいましたが、

いったんは別れる決意はしたものの

かの序の本意ではなかったろうし、

彼が動揺するのも仕方ない、

と思っていました。

 

ですが、誕生日の2,3日前になると

また彼から連絡が入り

「俺の誕生日のことだけど。

俺は別にお祝いしてもらわなくても

いいんだけど、

子供たちもプレセント

用意しちゃってるんだよね?

 

俺たちは大人だから我慢できるけど

せっかく子供たちが

プレゼント用意してくれてるんだし、

子供たちがかわいそうだから

友達としてお祝いしてくれるのなら

俺のちょうどその日は特に何もないから

誕生日会だけ

やってくれてもいいよ?」

と連絡が入るのです。

 

もちろん、彼の誕生日の予定が

キャンセルになったことは

Tiaraも子供たちもとても

残念に思っていましたし、

Tiaraも彼のことが大好きなので

そんな連絡が入ったら

うれしくて仕方ありませんでした。

 

子供たちに彼からこういう

連絡が入ったことを告げると

「俺たちもせっかく用意したし、

別に友達としてでも

誕生日会は楽しいしいいよ。」

となりますよね。

 

今考えると

とてもひどいです。

人の気持ちをもてあそんでいる

非道な行為だと思いますが

彼がひどい人に見えないところが

ものすごく手が込んでいて

実に素晴らしく自分だけ悪者にならずに

人を傷つけることができます。

 

結局そのあと

彼も楽しかったから

やっぱり戻ろう、と彼から連絡が入り

元さやに戻るのですが。。。

 

 

彼の誕生日だけの嫌がらせです。

 

Tiaraの誕生日ではない、

というところもポイントで

Tiaraの誕生日の嫌がらせだったら

Tiaraも子供たちもすぐに怒ると思いますし、

これは同じ自己愛性人格障害でも

やり方が違いますし、

被害者のタイプによっても

自分の誕生日にドタキャンされても

我慢してしまうくらいの被害者だったら

それくらいのこともします。

 

ですが、これを何年もやってしまうとさすがに毎年毎年

おかしいと気付きますし、

初めの2,3年で誕生日がキャンセルになる、

というやり方はしなくなっていきました。

 

これでTiaraは少しづつ成長していっている、

思えたのですが、

どんどん嫌がらせのやり方がなくなっていって

行き詰まったときに不自然な嫌がらせになり

Tiaraが気づいたのです。

 

付き合いだして5年目のことでした。

 

だから4,5年は続くと思いますし、

人によっては10年続く人もいます。

クリスマスのドタキャンを

される方も大勢見えますし、

年末年始の旅行の約束が

キャンセルになる、という方も増えますので

年末年始は

特に気を付けてくださいね。

 

もしこういったことがあったら

彼は自己愛性人格障害だと

思ってまず間違いないと思います。

 

 

数年後には必ず破綻してしまうか、

あなたがそれでも彼と別れたくない、

と言っている場合は

嫌がらせありきの

彼との生活になりますので

あなたが辛い思いをします。

 

Tiaraは子供たちがいたおかげで

ひどいやり方はされなくても済んだのかもしれませんが、

子供たちまでも同時に傷つけられたことは確かです。

 

人の子供によくやるなという感じですし、

そんな彼を大好きだと思っていた

Tiaraたちの気持ちも

踏みにじられています。

 

しかも、Tiaraから

彼に無理やり近づいていったわけでもなく

彼のほうから突然現れて

幸せとどん底の両方を味わわせて

自分すらここにいられなくなってしまったのです。

 

彼は今、何を思っているのか

分かりませんが

Tiara以外にも

彼においていかれた女の人は

たくさんいるでしょう。

 

そしてTiaraや彼女たちの気持ちを

潰して

彼自身も幸せにはなっていないのです。

 

今、自己愛性人格障害のひとのことが

分かるようになり

Tiaraはそれが

彼と過ごした日々から得たもので

彼は少しでも穏やかに

暮らせるといいと思います。

 

そしてひどいことをされたにも関わらず

彼といた日々は

彼を愛した日々は

幸せに満ち足りたものだったのです。

 

自己愛性人格障害のひとって

本当に不思議です。


自己愛性人格障害のひとはわざわざあなたに嫌がらせをするために現れる

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは、

わざわざあなたの前に現れて

嫌がらせをするために訪れる

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

その病気の症状のために

本人もそんなつもりもありませんが、

どうしても

あなたの前にわざわざ自分から現れて

やがて嫌がらせをするようになります。

 

初めは、普通の人が

あなたに興味を持つのと同じように

あなたに近づいてくると思います。

 

 

そのコミュニケーション能力の高さから

あなたもすっかり彼らに

夢中になると思いますが

やがてはひどい関係になり

どちらかが逃げていくか

病気になってしまう関係にあります。

 

付き合う時間が増えるとともに

何も言わなくても

お互いに思っていることが

分かり合えるような

穏やかな関係になっていくことは

まずないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

意味もなく

あなたを悪者にしたり

バカにしたりすることが

時々あると思いますが、

普段はとても穏やかだったり

優しかったりするのです。

 

 

その優しさは

あなたのことを思って

してくれているように

感じると思いますが、

自己愛性人格障害の場合、

そうではありません。

 

 

あなたに自分の魅力を

見てもらいたいことと

称賛されたいこと、

尊敬されたい気持ちが尋常でないほど

大きいので

どうしてもあなたの気持ちを

つかんでしまいます。

 

その時はあなたも

自己愛性人格障害のひとと

一緒にいることに

とても幸せを感じると思いますが、

自己愛性人格障害のひとは

自分といることであなたが

満足することにも

やきもちを妬きますので

あなたが幸せそうな顔をしていれば

それを壊すようなことを

どうしてもしてしまいます。

自分のした優しさにすら

やきもちを妬くなんて

普通のひとからしたら

考えられませんが

自己愛性人格障害のひとは

自分以外の人が幸せを感じることの

あらゆることにやきもちを妬いて

つぶしたくなるのです。

 

だから

自己愛性人格障害のひとと一緒にいて

あなたが幸せになることは

ないのです。

 

自分から幸せを与えておいて

そんなことをするなんて

とても信じられないので

あなたは自己愛性人格障害のひとが

何を考えているのか分からなくなり

不安になりますが

普通の人に

自己愛性人格障害のひとの心情が

分かるわけがないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたに恨みがあるわけでも

本当は

あなたの事が嫌いなわけでも

ありません。

 

自己愛性人格障害の

その病気の症状のために

自分の存在が

あらゆる人から脅かされていると

とてつもない恐怖心をいだいていて

どうしても人をつぶしてしまうので

あなたは何もしていないのに

彼からひどいことをされて

とてもショックを受けるでしょう。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

めちゃくちゃやっているように見えますが

あなたを攻撃しているつもりはなく

自分の心を守るためにしているだけです。

それが、

結果として

自分よりも立場の悪い人を見て

ほっとする、

という方法をとるので

被害者からしてみれば

ものすごく怖い存在に映るのですが、

自己愛性人格障害のひとは

自己防衛のためにしているのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

なにから心を守っているのかというと

自分の存在を脅かす

あらゆる人から自分を守っていて

自分が誰かを攻撃しているつもりではなく

必死で自分を守っているだけなのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

気づいていませんが、

自己愛性人格障害のひとの周りには

驚くほど愛があふれていて

自己愛人格障害のひとのために

自己犠牲の精神でいてくれる被害者の人が

数多く見えます。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

誰からも攻撃などされていないのです。

 

それなのにその自尊心の低さから

どうしても人がつぶれるところを

見ていないと

安心できないので

自己愛性人格障害のひとの周りでは

関係がどんどん壊れていくのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

被害者がいることで精神が一時的に安定し、

さらに尊大な自分を見せつけることによって

安心しますので、

自分の周りの人が自分よりも

いい人だと思われたり

人気者になったり、

業績を上げらっりするところを見るのが

あまりにも怖すぎて

極端な恐怖心を持っているのです。

 

何もないところに被害者を求めて

あなたを見つけ、

あなたを将来的につぶしてしまうのに

あなたの前にわざわざ姿を現すのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

あなたの前に現れたときは

あなたの表情は一切見せず

相手にしないことを繰り返しているうちに

自己愛性人格障害のひとは

あなたには

工芸しても通じないと思いだし、

だんだんとあなたの前に姿を

現さなくなるのです。

 

自己愛性人格障害のひとには

無関心になり

表面的な付き合いに

とどめておくほうが

あなたのためにはいいのです。

自己愛性人格障害の彼は、別れた後もずっとあなたの心を束縛し続けている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼は

別れても

本当はまだずっと

あなたのことを束縛し続けている

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害の

相談にのっていて

いつも思うことなのですが、

被害者の人は、

別れてもまだほんとうは

自己愛性人格障害の彼のことを

好きだと思います。

 

 

本気で好きだったのに

あまりにも理不尽な目にあわされて

納得ができないため

納得すれば自己愛性人格障害の彼のことを

忘れられる、と思っていますが

あまりにも強烈な経験のため

長い間、忘れることはできないと思います。

 

ただ、幸いなことに

人間は忘れる生き物で

どんなに素敵な思い出も

逆にひどい思いも

時間とともにだんだんと

薄れていくようになっています。

その中で、自己愛性人格障害の被害や

そのほかの理不尽な目にあわされたという経験は

類を見ないほど

引きずられてしまうと思います。

 

よく自己愛性人格障害の人は

被害者のことを重い

と思っているようですが、

これだけ理不尽な目にあわされれば

誰だってそうなると思います。

 

むしろ思いを大切にしてきたからこそ

納得できないで引きずられているだけで

これが自己愛性人格障害の被害でなかったら

あなたもそんなに長くは

引きずらないと思います。

 

 

昔、Tiaraの友達で

何年も元彼のことを

忘れることができず、

周りの子から迷惑がられていたり

あきれられていた女の子がいましたが、

その子はむしろそのあとは

普通のひとよりもめちゃくちゃ

さっぱりあっさりとしています。

 

今考えたら、

その女の子が重かったのではなく

その時の彼女の彼氏が

自己愛性人格障害だったのではないか

と思います。

 

自己愛瀬人格障害のひとは

何人も女の人がいることも

珍しくないのですが

その子の彼も

何人も女の人がいた、

ということを聞いています。

 

ただの女好きなのかと思っていましたが

彼女の引きずり方を見ると

相手がおそらく

自己愛性人格障害だったのでしょう。

 

そして、よく被害者が一方的に

自己愛性人格障害の彼を思っているように

思われることもあるのですが

必ず、自己愛性人格障害の彼が

彼女の心を引っ張るような行動を

しています。

 

なぜあんなにも惹きつけ行為を行うのか?

という質問も

驚くほど多いのですが、

それが、自己愛性人格障害のひとの特徴となります。

よく粘着質を持つ、と言われていますが、

恋愛においても、

またお説教や嫌がらせに対しても

何度でもしつこく長く

何回もひっきりなしに行います。

 

それは、被害者を追い込むことを

やめることができないからなのです。

 

恋愛においては

特に将来を考えた大切なお付き合いほど

彼からのしつこい連絡や愛の言葉は

女の子が

「こんなにも私のことを

思ってくれる人はいない」と

思うほどにやってくるので

そんな彼を離したくないと思ってしまうのですが、

そのうえで突き放し行為を行うので

女の子の自尊心はズタズタに

切り裂かれてしまいます。

 

 

あまりの理不尽な彼の言葉に

どうしても納得がいかないのも

当然のことだと思いますし、

それで、もういいや、と思えるほどのひとなら

彼が自己愛性人格障害だとしても

被害に遭うことはないでしょう。

 

それだけの惹きつけ行為をされれば、

嫌がらせと違って

女の子から逃げていくことは

ありえません。

 

嫌がらせはむしろ女の子が

彼からどうしても離れたくない、

と思うようになってから

行います。

 

それも、彼の魅力を魅せつけながら

やらないと

ただの嫌がらせだけなら

とっくに逃げていくと思いますので

当然ながら

自己愛性人格障害の彼は

強烈な惹きつけ行為と嫌がらせを

交互に、あるいは同時に行うのです。

 

まじめな人ほど

パニックになるのは当然のことでしょう。

 

それを、

自分が惹きつけ行為を

していることだけを隠し

迷惑を感じていると

自己愛性人格障害のひとが言えば

それは嘘だと考えて間違いはないでしょう。

 

あなたが

自己愛性人格障害の彼を

なかなか忘れることができないからくりは

ここに隠されているのだと思います。

自己愛性人格障害のひとはあなたがまだどんな人物か分からないときは目を合わすことさえできない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分の正体がばれそうな人とは

怖くて目も合わせられない、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

今日は、

ドイツに海外赴任している方が

一時帰国をされていますので

お疲れ様会があり、

更新が遅くなっています。

 

 

10月から変わったばかりの会社で

ちらほら新しい

自己愛性人格障害のひとを

見つけ出しているのですが、

Tiaraはまだ、

ターゲットにはなっていませんが、

おもしろいことにみんな

Tiaraの値踏みをしています。

 

Tiaraがターゲットになるタイプか

もしかしたら

敏腕で敵わない相手なのか、

見ているのです。

 

Tiaraのお人よしオーラに

もうちらほら攻撃は仕掛けてきて

いますが、

Tiaraが全く動じないので

ご機嫌を伺ったり、

またはまったく近づけない

自己愛性人格障害のひともいて

やり方は全く違いますが

Tiaraにはそれが

自己愛性人格障害の値踏みだと

はっきりわかっています。

 

これで、Tiaraが少しでも怖がったり

こびたりするところを見れば途端に

この会社でターゲットに

なってしまうでしょう。

 

Tiaraの直属の男性の上司と

隣の席の年配の女性が

自己愛性人格障害っぽいなあと

思っていたので

Tiaraはプライベートなことは

まったく話さず、

2週間ほど仕事のことと

いき帰りのあいさつ程度に

とどめていました。

すると自己愛瀬人格障害ではない人は

Tiaraに興味を持ったり、

話しかけてきたりして

フレンドリーになろうとするのです。

 

ところが、自己愛性人格障害のひとは

本当はとても臆病なので

自分からは行動せず

まずTiaraの様子を見ます。

 

普通の人でTiaraが

あまりにも静かなので

「しゃべってくれない。」と

怒っていた男性がいたらしいのですが

この人は

自己愛性人格障害ではありません。

 

この人は単純に

仲良くなりたかっただけのですが

Tiaraが自己愛対策をしているので

Tiaraがどんな子か分からなくなって

しまったようです。

 

Tiaraがいないときに

「全然聞いてくれない

(分からないことを)」

と言っていたらしく

付近の女性たちに

「しゃべってあげてね。」

と言われてしまいました。

 

自己愛性人格障害の対策をしていると

ほかのひとには申し訳ないことを

してしまう時もあるようです。

 

だから、Tiaraは

「そんな、そんなあ」と言って

そんなつもりじゃないことをいって

その本人の男性にはできるだけ

話しかけるようにしています。

 

その男性はTiaraの

前の席のひとなので

仲良くはしたいのですが、

Tiaraの隣の席の年配の女性が

自己愛性人格者っぽいので

本来は人なっこい性格のTiaraが

自分のプライベートな話をしたり

分からないところを

頻繁に聞いたりすれば

仲良くなれることは

知っているのですが、

新しく入ってこの先5年ほど

いるかもしれない

この会社で

自己愛性人格障害のひとの

ターゲットには

なりたくないので仕方がないです。

 

 

ほかの人たちとは

自己愛性人格障害の存在が

分かってから仲良くしていっても

遅くはないのです。

 

少し後悔していましたが、

Tiaraの勘が外れてはいなかったので

やはりはじめは対策をしていて

良かったと思っています。

 

 

まずTiaraが全然フレンドリーに

話そうとしないので

しびれを切らした隣の女性が

根掘り葉掘り聞きだしました。

 

「誰と仲良くしているの?」

「お昼休憩に話していた女性は

どこの部署のひと?」

「Tiaraさんの懇親会は

誰が開いてくれるって言ったの?」

「前の会社ではどの程度の

お仕事をしていたの?」

「細かいことばかり

聞いてごめんね。」

「Tiaraさんにこれを教えたのは

誰?」

 

これを聞いてみなさんはどこが

自己愛性人格障害か分かりますか?

 

濁して書いているので

分かりにくい部分も

あるかもしれませんが、

この人は聞けば丁寧に

仕事を教えてくれる

親切なおばさんですが、

聞かなければずっと黙っています。

 

ほかの人と仲良くしているところや

ほかのひとには

いろいろ教えているのに

Tiaraは一番新人さんなのに

Tiaraには何も教えてくれず、

Tiaraのほうから

「それは何のことですか?」とか

「何をしているんですか?」

と聞いてくることを待っています。

そして聞いたり、

Tiaraが

自分も仲間に

入れてほしそうなところを

見せると

ターゲットに確定します。

 

このおばさんは

おとなしそうな優しそうな

どこにでもいる普通のおばさんです。

 

ちょっと年配で働いている人の中では

最高齢に近いくらい年配のひとです。

 

Tiaraは懐いている感じには

していますが、

向こうが聞いてほしそうな態度や、

明らかにTiaraにだけ

情報を流していないところを見ると

自己愛性人格障害っぽかったので

わざと聞かないようにしていると

向こうがいつかしびれを切らして

いろいろ聞いてくるので

すぐに分かります。

 

初めから仲良くなろうとする場合も

自己愛性人格障害のひとの態度と

普通の人が普通に

仲良くなりたいときの態度は

微妙に違うのです。

 

Tiaraに聞いてきた内容としましては

Tiaraがどんな人に

好かれているのか、

どれくらいのスキルを

持っているのか、

無視をしていると堪えるタイプなのか、

見ているところは様々で

今はTiaraのことが分からないから

やっていることばかりです。

 

でも本当はTiaraは

自分からぺらぺら自虐ネタを話して

笑われに行くようなタイプなので

友達ができるのも早いですが

自己愛性人格障害のひとに狙われるのも

ものすごく速いです。

 

だからあえてしゃべらないスタンスを

とっていました。

 

おかげでこの人を

自己愛性人格障害だと

確信する言動を

いろいろ見せてくれました。

 

これ以上Tiaraはこの人には、

もう自分の情報は教えません。

 

Tiaraが懐けばすぐに

コロッと態度を変えて

Tiaraの話から

大げさに悪いほうにもっていくことは

おそらく時だと思われます。

 

現にどうしても自分のドジ話を話してしまうTiaraが

自己愛性人格障害だと分かったうえで

あえて話した技術英語の訳に関して

「日常会話程度でいいっていったのに

日本語に訳しても専門用語ばっかりで

意味の分からない言葉ばっかり

なんだもん。

 

まず日本語で聞いても

分からないような

専門的な内容なので

まず日本語で商品の内容を

把握しなくちゃいけない。」と

笑いながら話すと、

「そんなに大変なんだ、

そういえばね。

昨日、Tiaraさんの訳を

添削していた社員の方がトイレにいて

声をかけたんだけど

気づかないほどすごく疲れていたよ。

Tiaraさんそんなに

負担かけちゃってるんだ。。」

と笑いながら言いました。

 

そんなはずはありません。

 

昨日の英訳は本当に少しで

訳しても専門用語だから

意味が分かりません。

とその方に言うと(教えてくれているひと)

「ごめん。うちの会社の

独特の英語の資料があるから

それを渡すの忘れてた。。」

と言って資料を渡してくれ、

会社の専門用語を英語で言う時の

資料を

くれただけで

その人は特に何もしていません。

 

雰囲気だけで人を悪くいってしまう

自己愛性人格障害の特徴が

非常に出ていたので分かりすく、

ああ、わざわざTiara大変だよね。

と言いふらすんだな、

とわかりましたし、昨日はそんなに

その子にまだ訳した資料を

渡してないので

その人はきっと

自分の仕事をしていただけでしょう。

 

 

だからTiaraにはすぐに

嘘をついていることが

分かったのです。

 

これが自己愛性人格障害を

知らないころなら

「ごめんなさい!

私のせいでそんなにつかれてた?」と

悪いなと思っていたでしょう。

 

 

その態度ならすぐにターゲット確定で

翌日からも

Tiaraがしてもいないことで

「Tiaraさん技術英語

分からないみたいだから

とんだ素人入れちゃって

社員さんも大変ね。。」と

言われていたでしょうね。

 

今日の一言でも

言われるかもしれませんが、

誰かにそれっぽいことを言われたら

「まだ訳したの提出してませんよ?」

と言うつもりです。

もちろんTiaraのいるところでは

言わないでしょうが。。

 

まあ、嘘をついていることを

ばらしてあげるのです。

 

ですが、今後はその人は

そういう人だと

思って付き合うので

その人にはTiaraに

入ってきたいい情報は

いっさい流しませんし、

ほかのいいなと思った人たちとだけ

情報共有していきます。

 

 

そのあとは自己愛性人格障害らしく、

得意になってTiaraに

いろいろ教えてあげる、という風に

「あの人はこんなところが

ダメなのよ。」

「この人はこんな風な

失敗をしちゃって

後で大変なことになってたわよ?」

「あの人はいい人なんだけど、

全然仕事ができなくて

みんなのお荷物になっちゃっての。」

と聞いてもいないのに、

いろいろな人のことを

教えてくれました。

 

Tiaraは「へえ~」と言って

聞いていましたが、

はっきり言って

すべて耳から流しています。

 

 

その人のネタはガセです。

 

思わず「Tiara、人が分かるのね。」

と言おうとしてしまいましたが、

警戒されて敵対心を向けられると

困るのでやめました。

 

この人の耳には

今後一切Tiaraの情報も

ほかの人の情報も話しません。

 

この人もTiaraが強いか弱いか

分からないうちは

全然しゃべらず、

目を合わせようとせず

どことなくおどおどしていたと

思います。

 

Tiaraが失敗談を

面白おかしく話したことから

目が高揚し、イキイキと話す言葉が

止まらなくなりました。

 

Tiaraをはじめ、

ほかの人も

しっかり馬鹿にしています。

 

途中、Tiaraと話したい、と

言っていた男性が

会話に入ってきましたが、

その瞬間そのおばさんは

黙ってしまい

一瞬で空気が悪くなってしまったことを

Tiaraは見逃しません。

 

この男性は

自己愛性人格障害ではありませんが、

教えたがりで、

新しい人が入ってきたら

とりあえず

自分に懐いてほしいタイプのようですので

Tiaraがその人のほうに

食いついてしまうと

おそらく気分が悪かったのでしょう。

 

その男性もその空気を一瞬で読んで

黙りましたので

それも自己愛性人格障害だと

裏付ける形になりました。

自分が話しているときに

話の主導権を

その男性に取られると

思ったからだと思います。

 

もう1人はTiaraの直属の課長なのですが、

この人が若い男性社員に

長々とお説教をしているところを

何度か見ていたのです。

 

 

それがすごく嫌だったので

(自己愛性人格障害だと思ったので)

その女性に聞くと

「課長はマウンティングするタイプ。

マウンティングってわかる?」

と聞いてきました。

 

「分かる。」

と答えると

「すぐにマウンティングしてくるタイプだから

ミスを見つけると

ちょっとしたことでも

あーやってずっとぐちぐち言ってくる。

そのかわり、そんな感じのひとだから

要領もすごくよくて

向上心がすごく強いタイプだよ。」と

教えてくれました。

 

 

ですが、この女性も

マウンティングしています。

 

明日からこの女性は

TiaraからまたTiaraの失敗話を

聞きたくて

とてもたのしみにしていることと

思います。

 

Tiaraは明日から

この女性と課長に

マウンティングされることは

一切しません。

 

先ほどの懇親会で課長がみんなの前で

「Tiaraさんは英語ができるタイプのようだから

Tiaraさんには業務外のことを

これからバンバンしてもらう!」

と強めの口調で言っていたので

「英語が得意だって

日常会話程度です。

あれは工業英語で

日常で使う単語なんて

ほとんど出てこなかったじゃないですかあ~。」

と笑って言いました。

 

そしたら別の課長が

「うちの言葉は日本語で聞いても

独特だからあんなの

分かるわけがないんだよ。

だから、うちの知識なんて

他では使えんことが多いから

申し訳ないと思ってる。」

と言ってフォローしてくれました。

 

 

Tiaraが自己愛性人格障害だとみている

課長の言い方は少し強めだったので

おそらく脅したつもりだったのだと

思うのですが

あんなのできるわけないじゃん、

というようなことを言ったことと

別の課長が

あんなの分かるわけがない、

と言ってくれたことで

それ以上は言えなくなっていましたが、

直属の上司なのに目が合いません。

 

それにあまりTiaraの面倒を見ようとしない

直属の上司は初めてですので

Tiaraが課長の言葉や態度に

びくびくしたりこびたり

全くしないことに

(どうしてなんだ?)という

疑問と共に

Tiaraがどんな人物なのか

全く読むことができず

怖いんだと思います。

Tiaraはこのまま

課長の前では堂々と、でも逆らわず、

課長以外のひとから仕事を聞き

何とか切り抜けて課長の攻撃は

常にかわしていこうと思います。

 

それに派遣社員に堂々と

「業務外のことをさせる!」なんて

言っちゃいけないですよ。

 

Tiaraには

課長の攻撃はまったく効きませんので

そのうちTiaraには攻撃するのは

やめようと

無意識に思いだすことでしょう。

 

これは初めじゃないとできないのです

 

自己愛性人格障害の人は

相手がどんな人か全く分からないと

怖くて目も合わせられないのです。

 

でもこの課長もとても怖く

とても仕事ができる

すごい人のようですよ。

 

でも、自己愛性人格障害だと

初めから知っているから

怖くないんです。

 

自己愛性人格障害のひとが

怯えているのも見て取れます。

 

ですが、もし、

自己愛性人格障害のひとが

あなたの目をじっと見て口説いたり

あなたをにらみつけて

怒鳴りつけたりしてしまっているのなら

その自己愛性人格障害のひとに

あなたは弱いとばれています。

 

ばれていなければ

逆に自己愛性人格障害のひとのほうが

あなたに怯えて

目も合わせられないのです。

 

今日のお疲れ様会は

ドイツの美味しいビールや食べ物や

高級車の話と、

自己愛性人格障害のひとの

特徴的な言動が見られて

すごく楽しかったです。

 

自己愛性人格障害のひとに

強気に出てみて、相手が

あなたの目を見られないときは

もしかしたらその人は

自己愛性人格障害かもしれません。

 

ですが、あなたがちょっとでも

弱みを見せてしまうと

その瞬間に高揚し

あなたをディスったり

あなたは迷惑な存在なのよ、

というようなことを言い出しても

かなりの確率で

自己愛性人格障害なのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

どんなにあなたが失敗しても

それも入ったばかりのころなら

教えてくれるか、

教えられないにしても

どーしたらいいのかなあ?

と考えてくれるのが普通です。

 

できなくてもおかしくないことで

使い物にならない発言や

ディスりや

あなたがどんな人物か分からないうちは

あなたと目を合わせることができなくて

挙動不振になるのでしたら

その人は、

自己愛性人格障害だと思って

まず間違いはないでしょう。

自己愛性人格障害のひとは教えてくれそうで途中からあなたにだけ教えてくれなくなる。

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

教えてくれそうに見えて途中からあなたにだけ

教えてくれなくなる、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

初めは、とても魅力的に見えます。

 

あなたにとても親切にしてくれたり

まるであなたのことを特別扱いするように

ほかの人にするよりも

特別あなたにだけ

丁寧にいろいろなことを

教えてくれると思います。

 

 

周りの人が

あなたのことを羨ましがるほど

あなたには丁寧になんでも教えてくれて

あなたは彼のおかげで

いろいろなことができるようになり

とてもうれしくなってしまうでしょう。

 

あまりにも親切な

自己愛性人格障害のひとに対して

とても好印象を持ったことと

思います。

 

 

あなたが、自己愛性人格障害のひとを

頼りにしてしまったのは

あなたに対してあまりにも親切で

まるであなたのことを

特別に扱ってくれていたからです。

 

周りの人もほほえましく

あなたたちを見てくれて

彼のおかげで周りの人たちまでが

あなたに対して

敬意を示すようになるでしょう。

 

あなたはとてもうれしく

彼の言うことに

従順に従うようになるでしょう。

 

 

あなたの世界は

自己愛性人格障害のひとのおかげで

どんどん広がっていき

あなたもゆくゆくは

とても信頼される仕事ができるようになるので

彼についていこうと固く誓うと思います。

ところが、しばらくすると

彼がとても忙しくなり

あなたのことに

かまっていられなくなると思います。

 

その時々にいろいろな理由があり

あなたもそのことに納得できるので

彼があなたのことを見ていられないのも

仕方のないことだと思い始めます。

 

やがて、知らない間に

彼は、あなたのいないところで

何をしているのか分からない時間が

どんどん増えていきます。

 

でも、彼は忙しいので

あなたも彼にわがままを言うことは

できません。

 

彼ばかりあてにしていると

あなたも動きが止まってしまうので

どんどん自分で動いていき

あまり彼を当てにすることは

できなくなりますが仕方がありません。

 

あなたは、彼に放っておかれる時間が

どんどん多くなっていきますが、

それも仕方のないことだと

諦めます。

 

あなたは尊敬する

自己愛性人格障害の彼のことを

理解してあげようと

我慢をし始め、

やがて彼に聞くことすら

許されることではないと思いだし、

1人の時間も

ぐっと耐えるようになるでしょう。

 

 

ところが、気づいてみると

彼は特に忙しそうに

していたわけではなく

あなた以外のひととは

普通に丁寧に接したり

いろいろ相談にのってあげていることに

気づきます。

 

 

ですが、

あなたは彼の一番の理解者ですので

そんな彼を問い詰めることはできず、

彼の優しさや忙しさや大変さが分かるので

彼があなたをかまってあげられないことは

仕方のないことだと

我慢する時間がどんどん増えていきます。

 

そして、しばらくすると

彼は、

あなただけを

相手にしていないことに気づくのです。

 

 

やがて、あなたは自分だけが

彼にとって迷惑な存在だと知り

ショックを受けます。

 

彼は、あなた以外のひとには

今まで通りとても親切に

いろいろなことを教えてあげていたのです。

 

ですが、気づいた時にはもう

あなたは彼に近づくことさえ

許されなくなっています。

 

そして、彼がほかの女の人と

幸せそうに

楽しそうにしているところを見かけても

あなたは声すらかけてもらえず

目を合わせてもらうことすら

うっとおしそうにされてしまうのです。

 

そして、ほかのひとにはとても丁寧に

いろいろなことを教えてあげているのに

あなただけ

何も聞いていなかったことを知って

ショックを受けます。

 

たとえ、あなたが彼の恋人であっても

彼はあなた話はなぜか

聞こうとしてくれないのです。

あなたは、

彼が一番信頼する忙しい彼にとって

唯一の癒しの存在になっているので

わがままを言うことは許されません。

 

あなたがもし、

それを彼の問い詰めたとしたら

あなたは彼にがっかりされてしまうでしょう。

 

だって、あなたは彼の

一番の理解者なのですから

彼が疲れるようなことを

聞いてはいけないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとと一緒にいれば、

あなたもやがて信頼される仕事ができる人に

なれると思ってついていったはずなのに

彼はいつの間にか

あなたにだけ

親切にしてくれなくなっていたことに

気づくのです。

 

初めに彼の好印象を持ったはずの

あなたにだけ

とても丁寧に教えてくれていたことは

実は知らない間に

いつの間にかなくなっているのです。

 

そして彼はいつの間にか

あなたのことだけを相手にしておらず、

あなただけがその場に

置き去りにされてしまっていたのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなただけを特別扱いしているように見えて

実は、あなただけが

みじめな思いをするように

身式のうちに計算されているのです。

 

 

この彼が、もし

自己愛性人格障害はなかったら

途中からあなたにだけ我慢させるようなことは

しないはずです。

 

もし、彼が本当に忙しいだけの理由で

あなたのことを相手にしていられないのだとしたら

あなたがそれを問い詰めたところで

怒ったりしないでしょう。

 

もし、怒ったとしても後から必ず

「ごめんね。」と言って

あなたとの仲を取り戻したいなら

挽回するように

あなたに謝罪の言葉か態度で

あなたの気持ちをなだめるよう

努力することでしょう。

 

 

もし彼が、

あなたにみじめな思いをさせているくせに

あなたの目の前でほかの人に

親切にしているところを魅せつけて

高揚しているようならこの彼は

自己愛性人格障害でしょう。

 

怒っても仕方がないので

彼からそっと距離を置いて

離れていくことをお勧めします。

 

自己愛性人格障害のひとは

惹きつけておいて

突き放すようなことを

繰り返し行う病気の人たちなのです。

自己愛性人格障害の人の別れた後からの惹きつけ行為

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

別れた後からの

惹きつけ行為について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

別れた後からのほうが惹きつけ行為が

強い方もみえます。

 

それは、その人の性格というよりは

その時の都合により

あなたがまだ彼のことを

好きな気持ちが強い場合は

惹きつけ行為を行う可能性が

強いと思います。

 

 

逆に、あなたがまだ彼のことを

好きな場合でも

彼がほかの女の人のところへ

行きたい気持ちが強い場合は、

まったく音沙汰がなくなることも

あります。

 

 

どちらかというと、

惹きつけ行為が強く、

あなたとよりを戻したい話を

してきたとしても

それはあなたのことが

好きだからというよりは、

あなたを惹きつけておいて

そのあと、

どん底まで突き落とすための

準備の可能性が高いと思います。

 

だから、彼がまだあなたのことを

好きなのではないかと

期待をかけることは

逆にあなたを

追い詰める結果となりますので

やめた方がいいです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自尊心があまりにも低すぎる病気で

その事で常に、

とても不安な気持ちを

持ち続けていますので、

その不安をぬぐうために

常に人がつぶれるところを見て

ほっとします。

 

自分のほうが上だと

確認することで、ようやく平常心を

保つことができるけど不安定なので

常に人の事を否定し続けます。

 

自己愛性人格障害のひとから

人格否定をされて

傷つくひとが

とてもたくさんみえますが

自己愛性人格障害のひとは

それほど不安定な気持ちを

心のなかに持ち続けているので

仕方のないことなのです。

 

ですが、自分には生きていく価値が

ないと

本当は思い込んでいるのですが

そのことを他人に知られることに

異常な恐怖心を抱いていますので

いつも、尊大な自分を見せつけています。

だから、自尊心が低いなどとは

はたからみるととても見えないので

そんな自己愛性人格障害のひとに

人格否定をされると

ひどく傷つくのです。

 

ですが、本当はものすごく

人から否定をされることに

普通の人よりも、

ひどく怯えているので、

逆に立派な自分を演じていて

それが癖のようになっているので

嘘くささがないのです。

 

だから、本当に

知識が高く、尊大なひとにみえ、

自分が否定されないように

必死にいい人を演じ続けているので

それが逆に

コミュニケーション能力の高さに

つながるのです。

 

自己愛性人格障害のひとがどうして

あんなにもひどいことをするのかと

いうと

低すぎる自尊心のために

必死になって虚勢をはっているためで

本当はそんな自分にいつも苛立ちを

もちつづけているのです。

 

そのイライラを自分のものだと

認めることにも

そんなちっぽけな自分が

惨めに思えて辛すぎるので、

尊大な自分が周りの無能さに

イライラさせられていると自分でも

思い込んでいるのです。

 

自己愛性人格障害の無意味な怒りは

幼い頃に

そのままの自分を

認められることができずに

育ってしまったひとの

おなかのなかの怒りを

周りのひとのせいだと思い込む

不思議な病気なのです。

 

自己愛性人格障害のひとは嫌がらせをやめられない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

嫌がらせをやめることができないことについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

その症状により嫌がらをすることを

やめられません。

 

たとえば、あなたがその場から

いなくなってしまったとしても

また違う誰かに同じことをしないと

気が済まないのです。

 

 

というより、ターゲットを絶えず作っていないと

安心して、自分の不安や怒りをぶつける対象が

いなくなり

感情が不安定になります。

 

自己愛性人格障害のひとは

嫌がらせをしてターゲットが

苦しんでいるところを見ているときは

気分が高揚してテンションが高くなり

満足していますが、

そのターゲットがいなくなると、

感情が不安定になり、長時間寝ていたり

頭が痛くなったり、心が不安定になったりして

誰もいないところで物にあたったり

イライラしていたりします。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が怒りをぶつけたりひどいことをしても

許してくれる優しい人や

彼のことを好きな人や気の弱い人が

必要なのです。

 

それが、恋人だったり、会社の後輩だったり

気の弱い人だったりするのです。

 

ですが、

そういったターゲットに逃げられると困るので

優しくしたり、

自分の魅力を魅せつけて夢中にしたり

結婚すると言って確証もない約束を

平気でします。

あなたが忘れられない、と言っていた彼は

この時の彼なのです。

 

その中に大きな決心など何もないのです。

 

いつでも

自己愛性人格障害のひとの気分により

なくなったり、解消したり

初めからそんな約束など

していないことになってしたりします。

 

 

あなたは、

わけが分からないと思いますが、

それはあなたのせいになってして

自己愛性人格障害のひとが

したことにはなってしません。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が言い出したことも約束も離婚も

別れも、すべて被害者の自業自得のために

そうなったことにして自分は責任を逃れます。

 

そして、周りの人にも

あなたのせいで

迷惑をかけられた、と

嘆き、悲しむのです。

 

知らない人は彼のそんな話を聞いて

彼に同情し、あなたを恨みます。

 

あなたは、あっという間に

周りの人間から

信じてもらえなくなっているのです。

 

こうなる前にできるだけ早く

気づいた時点で逃げてください。

 

言い訳はしても無駄ですので

逃げることを最優先で考えてください。

 

あなたが自己愛性人格障害のひとの

犠牲になることは

ないのです。

 

あなたが彼のことを忘れられないのは

あなたが彼から離れないように

調教されただけなのです。

 

逃げられたくないターゲットに

見えない鎖をつけていただけなのです。

あなたが彼を忘れられないのは

その見えない鎖のせいです。

 

見えない鎖とは、

彼と出会ったばかりのころに魅せられた

彼の魅力や優しさや愛の言葉です。

 

これは本当の優しさや愛情ではなく

ただ、都合のいいあなたを縛るためだけの

ターゲットを逃がさないための手段に

過ぎないのです。

 

自己愛性二人格障害のひとの

自分の中の

不安定な感情の処理をするために、必要な

苦しみから逃れるための

必死の行動なのです。