自己愛性人格障害のひとの行動を見ればある程度、今はなにがしたいのかが判断できる


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

相手に情報を極力与えないが

相手の持っている情報は

無邪気に聞き出すことができる

ということについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたに情報を与えるとき

自分があなたにそれを本当にしてほしい時は

本当に分かりやすく丁寧に教えてくれます。

 

 

だから、今のTiaraは

自己愛性人格障害のひとが

のような話をするときは

Tiaraにこれをやってほしいんだなと

理解することができます。

 

 

反対に自己愛性人格障害のひとが

あなたに情報を隠すときは

あなたを不安にしたいか

もしくはあなたの知らないところで

あなたが不利になるように

動いているときです。

 

だから、自己愛性人格障害のひとの

言っていることが

あまりにも端的だったりして

分かりにくい時は少し警戒したほうがいいです。

 

何かあなたの知らないところで

あなたの不利になるような動きをしているか

またはあなたを混乱させて失敗をさせようと

故意に働いているときです。

 

こんな時のアドバイスとして

自己愛性人格障害のひとから話を聞かず

(どうせきちんとした情報は与えてくれませんから)

自己愛性人格障害のひと以外に

人にこっそりと聞いたほうが

あなたのためになります。

 

また、あなたが

ほかの人に聞いていることを

自己愛性人格障害のひとに知られてしまうと

あなたに教えないように

周りの人に働きかけたりしてしまいますから

あなたはできるだけ自分の動きを

自己愛性人格障害のひとに

知られないほうがいいのです。

 

周りの人にまで働きかけられてしまうと

周囲の人までが

自己愛性人格障害のひとに

都合よく動くようになり

あなたがその場で生きにくくなりますから

できるだけあなたの要領が良いところは

自己愛性人格障害のひとに

知られないほうがいいのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

まっすぐで正直な人が多いですから

こそこそ動くことがそもそも嫌いです。

ですが、相手が自己愛性人格障害だった場合

あなたの動きは完全に封じ込めてしまうまで

徹底的にやるので

絶対に勝てないのです。

 

Tiaraも自己愛性人格障害という病気が

あることを知るまでは

こそこそすることが嫌いでしたから

人と話すときも自分は

間違ったことをしていないと思っていると

ほかのひとにその話を聞かれること

嫌ではありませんでしたし、

自分の行動はむしろ周りの人からも

分かりやすく動いていたほうだと思います。

 

自分を信じてもらおうと

彼には自分の行動は逐一話し

嘘をつかずその通りに行動をして

終わったら必ず彼に連絡を入れていました。

 

まさか彼がそんな病気だとは知らなかったので

Tiaraはきちんとなんでも話していれば

彼もTiaraには何でも話してくれている

と思い込んで

彼のことを完全に信じていたのです。

 

ですが、彼はなんでも報告してくれる方でしたが

彼の言った場所に彼がいたことはありませんでした。

 

彼はTiaraの行動を知っていますから

不安になったり、疑ったりされたことはありません。

 

ですが、Tiaraは彼がなぜ

彼の言った場所にいなかったのか

ずっと疑問に思っていました。

 

ですが、それは、たまたま用があって

出かけたところだったのだ、

と毎回思うようにしていました。

 

 

ですが、後から考えてみると

おかしいことがいっぱいあったのです。

 

 

今でも、彼以外の自己愛性人格障害のひとを

多く見ますが

彼らは不思議と

普段の行動はとても信頼ができます。

 

普通のひとよりも落ち着いていて

弁が立ち、何でもきちんと

話しているように見えますし

たまに冷たい態度や

突然イライラしだすところを

見ることありますが

普段は周りのひととも

温和によくコミニュケーションをとっていて

自己愛性人格障害という病気を知らなかったら

普通にいい人だと思っていたかもしれません。

 

イライラすることも

普通のひとにもよくあることなので

常識の範囲内だと思うでしょう。

 

ただ、Tiaraの今の職場は

初めのマウンティング行為を

Tiaraに見せてしまったので

早くに自己愛性人格障害だと気付くことができ、

Tiaraが警戒してあまりなつかないようにしていたり

近くで誰かが説教を

されているところを見たりしても

びくびくしたりせずに

堂々としてさりげなく席を外すので

Tiaraがだんだんターゲットの対象から外れてきたため

いい人を演じる時間が増えたので

今では自己愛性人格障害のいい面が出ているので

とてもよく周りの人と穏やかに

談笑しているところを見かけます。

 

 

自己愛性人格障害の元彼の

そういった行動もよく見ていたので

彼らと重なり、自己愛性人格障害だということが

とてもよくわかります。

 

Tiaraは自己愛性人格障害を知らなかったので

そんな穏やかな彼を誇らしく思っていましたし

こんな落ち着いた大人な彼についていけば

大丈夫、と

今まで感じたことのないほどの安心感を

自己愛性人格障害の彼に感じていました。

 

そのあと態度が

正反対になっていくということも知らずに。

 

それが、自己愛性人格障害の彼と一緒にいて

幸せだった理由です。

とても信じられる人でした。

 

Tiaraとうまくいかなくなることも

彼のせいではなく

彼の優しさから周りの人のことも

ほっておかないだけ

Tiaraは彼の彼女なんだから

私が分かってあげなきゃ、と

わがままを言ったことは一切ありません。

 

それでも彼が否定してきた利したときも

自分のせいでは?と思っていましたし

彼は純粋だから些細なことでも

傷ついたりするんだ、と

割れ物に触るように気を使い、

結果的に嫌なことも嫌だと

言えないようになっていきました。

 

それでも、ある日、

さすがにこれはおかしい、と思うほど

常識では考えられないようなことをするのです。

 

 

そうなったときは

どんなに優しく近づいてきたとしても

それはもう、あなたは

彼のターゲットになった証拠ですから

分かってくれた、

ともとに戻らないほうがいいでしょう。

 

どんなに穏やかに見えても

よく見ていれば不自然なことが多いことに

あなたも気づくようになるのです。

 

そうなってから彼に戻ると

今度は抜け出せないほどの

ひどいモラハラが待っています。

 

 

あなたは被害者でありながら

加害者にされてしまうのです。

 

 

その時のショックは

相当大きなものになると思いますので

気づいた時点で

少しづつ彼とは心の距離をとるようになり

自己愛性人格障害だから仕方がないと

納得できるようになると

あなたが無駄に傷つくことを

避けることができるのです。

 

 

あなたは傷つけば傷つくほど

うざくなり落ちぶれていきます。

 

常識では考えられないことが次々に起きて

理不尽な態度をとられているのに

あなたがだんだん

わかってもらいにくくなるのです。

 

 

その答えはそんなにひどいことを

恋人にする人がいるはずない、という

社会の間違った常識のせいです。

 

自己愛性人格障害なんている症状があることを

知っている人は少ないのです。

 

あなたが必要以上に

人に分かってもらいたくなってしまうのは

必要以上に理不尽に愛する人から

刃をむけられるためです。

 

せめて誰かに

分かってもらうことができればと

あなたは周りの人に理解されることを

必要以上に求めるように

なってしまうのです。

 

 

あなたのことを

本当に思ってくれる人が

そばにいる自信さえあれば

あなたの心は周りの人に

分かってもらいたいなんて思う必要もなく

安定するのです。

 

 

あなたのことを

本当に大切にしてくれる人が

そばにいるとき

あなたはそんなに

人に分かってもらうことを求めないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分でも何をしているか

よくわかっていません。

 

ただ、何でもいいから

とことん周りにいる人を

自分よりも下に落としていないと

気が済まないのです。

 

ただ、それだけのひとに

あなたがなる必要はありません。

 

 

そしてあなたは

自己愛性人格障害のひとから離れるだけで

自己愛性人格障害のひとも

あなたに攻撃をしたいなんて

まったく思わなくなるのです。

自己愛性人格障害のひとは自分を信じてくれる人を裏切っても何とも思わない


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分を信じてくれる人を裏切っても

何とも思わない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分のことしか考えられません。

 

それ以外のひとは

嘘でも印象を全く変えて悪者にしても

自分をよく見せるためなら平気です。

 

それが長年連れ添った恋人だろうが

夫婦だろうが

自分の本当の子供だろうが

自分以外のひとは

悪者にしても全く平気なのです。

 

 

ただ、自分がそんな人間だということは

全力で隠しますので

そんな風にはとても見えませんが

時間がたって後から考えてみると

とてもよくわかります。

 

もし、自己愛性人格障害のひとに

新しい恋人ができたとしたら

今まで、あなたのことをどれだけ大切か

話してきていたとしても

まったく事実を捻じ曲げられて

あなたがとんでもなく

ひどい人間だと言われている可能性があります。

 

そう話すことによって

次の恋人に

彼がとてもいい人に見られるとしたら

なおさらでしょう。

 

だから彼の過去はないものも同然になります。

 

 

そしてその時は、そう言うことによって

周りの人からの信頼を得て

彼がとても生きやすいように

見えるかもしれませんが

次の瞬間にはなかったことに

なっているかもしれませんので

自己愛性人格障害のひとには

足跡というものが全くなくなってしまうのです。

 

そのことによって彼が今を一番都合よく

周りの人に思わせることができたとしても

彼には思い出や

積み上げてきた人間関係というものが

全くなくなってしまうのです。

 

そのために歳をとった

自己愛性人格障害のひとが

今まで自分が何をしてきたのか

まったくわからなくなって

むなしくなることがよくあります。

 

関わってきた人も

時間を無駄にしてきただけかもしれませんが

自己愛性人格障害のひともまた

何をしているのかよくわからないのです。

Tiaraは彼との思い出を

ずっと大事にしてきましたが

彼が何をしていたのかが

分かってくると

彼が感情を高ぶらせて

Tiaraと一緒にいたい、とか

俺にはTiaraしかいないんだ、というような

ドラマのようなセリフも

ただその場で一番都合がよかっただけの言葉だった、

ということがとてもよくわかります。

 

ただ、その時は

Tiaraに逃げられたくなかっただけなのです。

 

自己愛性人格障害のひとは知りませんが

普通のひとには

感情や愛情というものがあります。

 

そこまでのセリフを言うということは

Tiaraをどうしても離したくないから

思いを打ち明けているとか

将来、この人以外に考えられないと考えて言うもので

そのあと理由もないのにあっさりと別れて

何事もなかったように次の恋に行くことは

考えられないでしょう。

 

このまえ、友人と話をしていて

「女だって別れたら

すぐにほかの男と付き合うやつもいるんだから

なんの不思議もない。」という言葉が出たのですが、

そういう時は

そこまでの感情はないはずなので

そこまでの会話もないのです。

 

 

もしそれほど強い思いがある場合は

しばらくはほかのひとと

付き合うなんて考えられないでしょう。

 

ただ、付き合っていて

別れただけならTiaraだってすぐに別のひとと

付き合ったことがないとは言いません。

 

でも、自己愛性人格障害の彼に

言われた責任感のある重い言葉は

覚悟をして受け止めたので

自己愛性人格障害だとは知りながらも

自分の気持ちがすぐに次のひとに

移ることができなかったのです。

 

彼がそこまで言わなければ

おそらく彼とはお付き合いすら

していなかったでしょう。

 

彼がそこまで言ってくれるからこそ

信用したのです。

 

おそらく自己愛性人格障害の彼と

付き合った人のほとんどが

一方的に彼を好きだったという人は

いないはずです。

 

彼から、これは信用できるという

熱い思いを何度も何度も告げられ

真剣にお付き合いをお互いにしてきた

と思っていたからこそ

思いが深くなっていると思われます。

 

だからこそなかなか忘れられないのでしょう。

 

Tiaraは今まで

自己愛性人格障害という病気があることを

知りませんでしたので

なかなか彼のことを忘れられなくて

相手があっさりとほかのひとと付き合っている場合や

結婚してしまった場合は

彼の方はそんなにも真剣でもなかったのかな?

と思っていたと思うのですが

もしかしたらそういった人のほとんどが

自己愛性人格障害だったのではないかと

思います。

 

普通のひとは、本当に愛している彼女から

そんなに簡単に離れたりはしないのです。

 

自己愛性人格障害の彼が

また戻ってくることはないでしょうか?

という質問を受けることがあるのですが

自己愛性人格障害のひとは

何度も何度も戻ってくる可能性はあります。

 

でもそれはあなたがまだ

ターゲットとして

彼に支配されていると感じている場合のみで

相手が自己愛性人格障害の彼を

信じなくなった場合には

二度と戻ってこないでしょう。

 

自己愛性人格障害に人が

戻ってくるということは

あなたを愛しているから

戻ってくるわけではなく

あなたが彼に支配され続ける自信があるから

戻ってくるだけなのです。

 

つまり自己愛性人格障害のひとが

戻ってくるということは

あなたにとって良いことではないので

できれば戻ってこないほうが

あなたは幸せなのです。

 

はっきり言います。

 

自己愛性人格障害のひとに

他人に対する思いはありません。

 

周りの人は

自分をよく見せるためだけの道具なのです。

自己愛性人格障害とはそういう病気です。

自己愛性人格障害のひとは心が近づけば近づくほどモラハラ攻撃を仕掛てくる可能性が高くなる


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

心が近づけば近づくほど

モラハラ行為をしてくる可能性が高くなる

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

人から魅力的に思われたいという気持ちが

普通のひとよりも異常に高いので

はじめはとても好印象だと思います。

 

 

とてもやさしかったり親切だったり

周りの人の体調を気にかけてくれて

声をかけてくれるなんていうシーンを

よく見かけると思います。

 

情にもろく感激しやすい面も見られ

本当に心があったかい人なんだな

という印象を持つ人がとても多いです。

 

 

中には一見冷たそうに見えたり

厳しそうに見えたりする人でも

ふとした瞬間に、とても気づかいのある

言動を見ることがあり

本当はとてもやさしい人なのではないか、

と思わせるような自己愛性人格障害のひともいます。

 

だからはじめは分からない人が多いと思うのですが

仲が親密になるにつれ

ほかのひとにはやらない、冷たい態度や厳しい態度を

あなたにだけ見せるようになっていきます。

 

初めのころはそれでも

それは愛情が深まったからこそ

心配してくれていたり

思いやりがあるからと

あなただけが特別な存在のようにも感じられ

彼から叱られることに

真剣味を感じてさらに信じてしまう人なんかもいたりします。

 

 

ですが、それは

自己愛性人格障害のひとの

ひどいことをしても

あなたが離れていかないかどうかのテストなのです。

 

あなたは、自己愛性人格障害のひとの

冷たさや厳しさも愛情から

どんどん受け入れていってしまうと

嫌がらせはどんどんひどくなります。

 

 

とは言え

自己愛性人格障害のひとも

自分は幸せになりたいという思いが

普通のひとと同じようにありますから

あなたと一緒にずっといることができないかと

あなたに期待をかけていることも事実です。

ですが、その思いはあなたへの愛情とは

少し違っていて

自分がどれだけあなたに

自分のおなかの中の怒りを

ぶつけても離れていかないで

自分のそばにいてくれるかどうかのテストなのです。

 

 

ですが、あなたも人間なので

どんなにひどい仕打ちを受けても

あなたを不安にさせるような行動を連発されても

身に覚えにないことで何度も無視をされても

一度も逆らわない、ということは

できないと思います。

 

だからやがては

彼に疑問を投げかけたり

時には彼を責めてしまったり

彼に気持ちを分かってもらおうと

話し合いを続けてしまうことが

あると思います。

 

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼は

この話し合いというものがとても好きでしたが

彼曰く

ケンカをするよりもお互いを分かり合うために話し合いがしたい、

ということでした。

 

 

カップルでもどうしても違う環境で育ってきていますから

当然意見がぶつかり合うことは

あると思います。

 

ですがそこをけんかではなく

話し合いをしたいという彼となら

絶対にうまくやっていけると

安心したことを覚えています。

 

 

ですが、自己愛性人格障害のひとの言う

話し合いとは、

あなたの言葉の揚げ足をとるためのもので

本当に二人の仲を解決しようとしていたためでは

なかったのです。

 

まもなくゴールデンウィークが始まると思いますが

彼とこのような話し合いになったときは

これをきっかけに

彼があなたに怒ることになり

ゴールデンウィークの計画をダメにして

あなたにショックを与えるためだと思われますので

できるだけ彼と話し合いになるのを

避けるようにしてください。

 

 

長い長いゴールデンウィークに

あなたと会わないための計画が

進められていきますので

長期休暇の前後のけんかには

細心の注意を払い

なるべく会話を減らすことが

できるだけ平和に過ごすコツになります。

 

そして前もってけんかになるかもしれない、

と心の準備をしておいたほうが

あなたもショックをできるだけ受けずに

済むと思います。

自己愛性人格障害のひとが嘘をつく理由について

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとが

嘘をつく理由について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとの

特徴の1つに

息をするように嘘をつく

というものがありますが、

Tiaraがまだ、

自己愛性人格障害の彼と付き合っているとき、

明確に嘘をついている、と感じたことは

1度もありませんでした。

 

ただ、「実家に行ってくるね。」ということを

よく言って

お母さんの誕生日だの妹の誕生日だの言って

出かけるときがよくありましたが、

その時に彼の実家の前を通って

彼の車が止まっていたことは

1度もありません。

 

 

彼には「車、止まってなかったよね?」

といったことは1度もなかったのですが、

でも、心のどこかで

もしかしたら嘘かな?とか

本当に実家に行っているけれども

今はたまたまみんなで

ご飯を食べに行っているのかな?と

Tiaraの中で理由をつけて

疑わないようにしていたと思います。

 

友達と買い物に行ってくるね、と言って

出かけたときも

Tiaraもよく知っている友達なので

付き合っていることも知っているし

電話をしてもいいと思っていたのですが、

毎回Tiaraの電話に出ることがなかったので

不安になり、

何度も電話をしてしまったことも

あります。

 

心の中がざわついて

もしかしたら嘘をついているのでは、と

不安になり電話を鳴らし続けていたので

しばらくすると必ず折り返し電話があり

怒られるのですが、

Tiaraの不安な気持ちも

わかってもらいたかったので

「なんであんなに鳴らしてくるの!

車を運転してるかもしれないでしょ!」と

怒られたときに

「ごめんね。

でもいつも○○君と

出かけると言ったとき

別にTiaraと付き合っていること

知っているからいいと思って

電話をしたんだけど

毎回出ないから不安になって

鳴らしてしまったの。」

と泣きそうになって言うと

少しいらだったような感じで

でもTiaraをなだめるように

「確かに○○君と一緒にいるよ。

あのね。さっきは俺が車を運転していたの。

 

今は○○君と電気やに来てて

2人でいろいろ見ているんだけど

Tiaraがそんなに不安なら

もう俺はどこにも行けないね。」

などと言われてしまいます。

 

「ごめんね。

でもTiaraの気持ちも分かってほしかったの。」

というと

「帰ったら電話するね。」と

少しイライラした気持ちを

押さえているように

言ってくれているときもあれば

「俺のことなんて何にも考えていないんだね。

もう、しばらく話をしたくないよ。。」

と言われて切られてしまうこともあります。

 

これだけ聞くと

Tiaraのわがままに聞こえると

思います。

 

それでもずっと後になって

分かったことですが

Tiaraの彼は

自己愛性人格障害だったのです。

 

Tiaraも正直あまり彼氏に

頻繁に電話をして邪魔をすることは

好きではありません。

 

もちろんTiaraも

友達といることが分かっているときに

彼からバンバン電話がかかってきたら

うざいと思うほうです。

 

今までの彼氏にも

うざいとかしつこいとか言われたことは

一切なく

どちらかというと

物分かりがいい、と言われたり

全然束縛しないおおらかなタイプだね、

と言われることのほうが多かったです。

 

むしろあまりに

あっけらか~んとしているTiaraに

不安になった彼のほうが多いほどです。

 

そんなにしつこくないTiaraが

どうして電話をしたのかというと

単純に用事があったり

あまりにも電話に出なかったり

不自然なことが多かったからです。


彼への電話も頻繁ではなく

本当に今どうしても

ちょっと聞いておきたいことがあるときに

かけたくらいで頻繁ではありません。

 

毎回、

そのたまたまかけた電話にも出ないから

不安になるのです。

 

 

そして細心の注意を払い

できるだけ彼にうざく思われないように

本当にたまたま電話をしただけの時でも

まったくでないのです。

 

 

折り返しの電話は

彼の気分によって

優しくなだめるように

かけてくるときもあれば

自己愛性人格障害の彼がイラついて

もうしばらく会いたくない、

と言われる場合があります、

 

こんな時はとても悲しく

どうしてもう少し我慢をして

かけないように

できなかったのだろうと後悔するのです。

 

この時のことを

今のTiaraが分析してみますと

彼はこの時本当に

彼の友達の○○君と

会っていたこともあると思いますし、

もしかしたら別の女性と

会っていたかもしれません。

 

ですが、この時彼は

何も考えずにそうしていたわけではなく

Tiaraを不安にさせるために

彼の意思でそうなるように

持っていっています。

 

そしてTiaraが用事で電話をして来た時に

誰といるか、

Tiaraの気持ちを不安にさせるために

わざわざ電話に出ないでいたのです。

 

中には本当に車の運転をしていたことも

あったとは思いますが

それはそれで

彼にとっては好都合だったと思います。

 

それでもそのままにしてしまうと

自分のほうが誠実ではない

ととられてしまうので

必ず折り返しの電話を入れ

Tiaraが彼を信頼するようにします。

 

絶対に自分が悪者になりたくない

自己愛性人格障害の彼は

わざわざTiaraに電話をしてきて

自分の誠実さを見せて

Tiaraの不安にあきれる、という形で

電話をいれ

彼の気分次第では

別れ話に持ってかれてしまい、

Tiaraの極度の罪悪感と

不安感をあおるのです。

 

たとえ男友達と一緒にいて

全然怪しくないときにでさえ

自己愛性人格障害の彼は

まるで何か隠し事があるようなふりをして

Tiaraが安心していられないように

仕向けるのです。


そして、不安になって電話をしてきたTiaraを

彼は好きにいじめることができます。

 

いじめだときづいていないTiaraは

彼のことを全面的に信じなきゃ、と

彼に寄り添うように努力をして

何にもしていないのに

彼の行動を少しでも疑った自分に

自責の念を感じて反省し、

彼から無視をされても仕方がない

と落ち込むのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

嘘をつくことが目的ではなく

あなたの気持ちを

不安にさせることが目的なのです。

 

そして自分は

何もしていないのに疑われた、と

あなたを責め立てることに

高揚しているのです。

 

自己愛性人格障害のひとの嘘は

あなたに隠し事をしようとか

あなたに隠れて浮気をするために

嘘をつく、というより

浮気相手なんて本当はいなくても

いるように見せかけて

あなたを不安にさせたり

泣かせたりすることで

満足するのです。

 

こうしてみると

自己愛性人格障害のひとが

見るからに悪そうに見えることは

極端に少ないです。

 

 

むしろあんなにもいい人なのに

信じられないのは

あなたのほうが悪いと

言われてしまうこともあるでしょう。

 

 

このように自己愛性人格障害のひとの

嘘をつくことが目的ではなく

あなたを傷つけることが目的なのです。

 

ですから自己愛性人格障害のひとの嘘に

気付いたとしても動揺してはいけません。

 

あなたが動揺して

彼を問い詰めたり

嘘はつかないでといったところで

自己愛性人格障害のひとは

嘘をつくことをやめることはありませんし、

考えを改め治して

悪かった、と反省することもないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたから責められたことで

今度はあなたをいくらでも

責めることができますし

社会的地位やあなたの信頼を

落とすことも可能なのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとの嘘に

動揺してはいけないのです。

 

そうやって自己愛性人格障害のひとは

あなたが正気でいられなくなるように

しているのです。

 

自己愛性人格障害のひとの嘘をつく理由は

あなたの感情を取り乱させることなので

今後はどうか

あなたも自己愛性人格障害のひとが

何かおかしいと感じても

取り乱したりせず

普通にしていてくださいね。

 

 

自己愛性人格障害のひとの目的は

あなたを動揺させて不安にさせ

周りからの信用を失わせることだけなので

自己愛性人格障害の人に踊らされて

不安にならなくても

彼はどうしてもそのようにしてしまう

自己愛性人格障害という

病気だということを理解しましょう。

 

自己愛性人格障害のひとの演技性について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひと

演技性について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

とても素敵な人が多いと思います。

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼も

とても素敵な人でしたが、

自己愛性人格障害について

分かるようになってからも

いろいろなタイプの

自己愛性人格障害のひとを見てきていますが、

みなさんそれぞれに、何か

素晴らしい魅力を持っているようです。

 

地位の高い仕事についている方も

おみえになりますし、

芸術的な才能を持っている方や

仕事のできる方、知識の高い方や、

母性本能をくすぐるタイプもいるようですし、

女性の気持ちを

とても理解しているように見える

自己愛性人格障害の方もお見えになります。

 

 

人を惹きつけることに

常に全力を注いでいるのです。

理由は2つあって

自己愛性人格障害のひとの心理として

自尊心のあまりの低さから

人に認めてもらえないことに

極端な恐怖を感じていて

それを隠すために必死です。

 

常に尊大な自分を魅せつけることに必死なので

人から見て

自分がどれだけ素敵に見えるかを

必死で考えながら行動していますので

ちょっとしたしぐさや雰囲気など

無意識に演技してしまっています。

 

ですが、常に演技をしているので

演技をしている、

という感覚を持っておらず、

自分はそれで普通だと思っています。

 

 

もう1つは

負けず嫌いで

どうしても人の上に立たねばならず

必死で人の上に立つための

努力をしていますので

その時に自分がしていることを

必死で努力します。

 

だからそのうちに本当に

その道のスペシャリストに

なってしまうケースも

多いのです。

 

中には魅力がない、とか中身がない、

と言われる自己愛性人格障害のひとも

いますが、

そういったかたは

そんなに努力をしなくても

人を引き付ける魅力を

もともと持っており

たいした努力もせず

自分の思い通りになっている

自己愛性人格障害のひとは

特別な能力を持っていないかもしれません。

自己愛性人格障害と並んで

演技性人格障害というものがありますが、

特に違いはなく、

精神科医の名前の付け方が

いろいろあるだけだと

Tiaraは考えています。

 

問題は、どのような病名が付くかではなく、

こういった人がどういった症状で

どのように付き合っていけばいいか

という点です。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

嘘をよくつく、と言われていますが、

本人の中には

嘘をついている意識は

あまりなく、

常日頃から、人から良く思われることに

全力を注いでいますので

尊大にふるまったり、人懐っこくしたり

華やかにふるまうことに

慣れていますので

もともとが本当の自分、

というものが分からないのです。

 

その場その場で常に人から

良く思われるために動いていますので

都合が悪くなると

いうことが180度変わる、

ということもよくあります。

 

 

被害者はそうとうなショックを受けますが、

自己愛性人格障害のひとも

自分が良く思われるために

自分が悪く思われないために必死なので

人のことを考えている余裕がないのです。

 

見た目には尊大にふるまっているので

大変分かりにくいですが、

本当は、人から無価値だと言われることに

極端に怯えているのは

自己愛性人格障害のひとのほうなのです。

自己愛性人格障害のひとは優しさを攻撃に使う

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

優しさを攻撃に使う

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害の

相談を受けていますと

相談者の人が

彼に感じている深い思いやりの気持ちや

優しさが

攻撃に使われていることに気付き、

とても恐ろしくなります。

 

自己愛性人格障害のひとは

とても冷たい印象を持ちますが

同時にとてもソフトで優しい人も

おみえになります。

 

ソフトで優しい人が

攻撃をするなんてとても思えませんが、

自己愛性人格障害のひとは

あなたの罪悪感を

攻撃しているのです。

 

たとえば、女性が二人いるときに

相手のことを

とても思いやっているようなことを言い、

あなたを傷つけます。

浮気や不倫などの場合に多いのですが

話をしている人と反対のほうを

とても大事にしていることを

わざわざあなたに伝えるのです。

 

そして

どこまでも相手の女性に優しい彼を見て

彼が「ひどい」とは思わず、

彼に大事にされて相手の女性に対して

やきもちを妬いたり、

自分をとてもみじめに思ったりします。

 

そして相手の女性に魅力があると思い込み

あなたには価値がないように言われていたり、

あなたが悪いと言われているように

感じてしまうのです。

 

普通の人は

浮気や不倫をしているときに

わざわざ相手の情勢に愛情をかけていることを

あなたに知らせてくることはありません。

 

むしろ隠すことのほうが

自然だと思います。

 

それをわざわざあなたに伝えて

あなたを傷つけなければ、

浮気をしている意味がないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

もう一人の女の人を

傷つけるために浮気をします。

 

ですが、相手の女性も彼は、

大事にしているわけではありません。

 

彼が一番大事にしていることは

自分がいかに

魅力的で温厚で愛情深い人に

思われているかです。

 

 

こうすると、彼は悪くみえず

あなたはどんどん傷ついていきます。

相手の女性に

やきもちを妬いてしまう方も

おみえになると思いますが、

自己愛性人格障害のひとは

相手の女性も本当は大事にしていません。

 

あなたを傷つけるための道具として

女性に愛を与えたり

そうしている自分に

満足しているだけなのです。

 

思いつめたり、逆にヒステリックになって

被害者のほうが攻撃的になるケースも

多く見られますが、

被害者は傷つき、

周りからの信用も無くしてしまい

ボロボロの状態になります。

 

それくらいして

やっと自己愛性人格障害のひとは

自分の心情を保つことができるのです。

 

彼のいないところで

女性同士が争っているケースも

みられますが、

そうさせているのは

自己愛性人格障害のひとなのです。

 

彼のいないところで彼のことで争えば、

悪いのは彼ではなく

あなたと女性になってしまい、

2人ともとてもみじめな状態になるのです。

 

彼の優しさを自分に向けてほしい、と

一度は彼からの

絶大な愛情を受けた人は思うのですが

彼の愛情が本当に

あなたに向けられることはありません。

 

自己愛性人格障害の愛情の対象は

彼の都合によって

いくらでも変わるのです。

自己愛性人格障害のひとを愛せば、

家の中でとことん傷つけられて

自分に自信を失っていくか

突き放されて

彼が優しいからこそ、

あなたではない人が大切にされる、という

訳の分からない状態となり

はたから見たらあなたのほうが

おかしいと思われるように

持っていくのがとても上手なのです。

 

そして、あなた自身も

彼のことを信じてしまい

自分がおかしいと思ってしまい、

自分の考えや自分に

自信が持てなくなってくるでしょう。

 

彼の言っていることが

本当にあなたのせいなのか、

よく考えてみると

分かるようになっていきます。

 

あなたは悪者にされているだけで

あなたは本当に悪いことをしたのか

自己愛性人格障害のひとの

言葉に惑わされず、

よく考えてみてください。

 

自己愛性人格障害のひとは

わざわざ自分の周りで

もめ事を起こし、

自分はそんなことはしない

優しく尊大で有能な人物なんだと

魅せつけていなければ

気が済まないのです。

自己愛性人格障害の彼は究極の愛と裏切りを同時に見せる

今日は、自己愛性人格障害の彼は

究極の愛と裏切りを同時に見せる

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼は

あなたを愛していなかったわけでは

ありません。

 

厳密にいうと

それは本物の愛ではないのですが

その時は、

彼自身も

本気であなたを愛している、

と思い込んでいます。

 

それが普通の人の愛と

どこか違うということも知らずに

自分の愛を信じていますが、

それは、本当にあなたを

愛しているということではなく

彼自身が愛されることに必死なのです。

 

そしてあなたからの愛を

必死でほしがる自分の心を

愛だと思い込んでいるのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

幼いころから同じことを

繰り返していますので

だんだんと自分が人との関係を

壊してしまうことには

どこかのタイミングで

うっすらと気づいてきます。

 

ですが、物心ついたときから

ほとんど共感力を使わずに

生きてきているはずですので

もともと普通の人が

どんな感覚を持っているのか

基準が分からず、

自分の何が人と違うのか

分からないのです。

 

普通のひとなら

相手の感情を

自分の感情と同じように

感じ取ることができますので

相手が嫌な気持ちになったら

それをずっと続けることはできないですし、

相手がどんなことを嫌がり

相手が喜ぶとどんな感情を持つのか

ある程度は予測することができます。

普通のカップルも

どちらかが、あるいは二人ともが

自己愛性人格障害のカップルと同じように

けんかをしますが、

普通のカップルはトラブルがあるたびに

少しづつ

相手の感情に寄り添うようになり

心が近くなっていったり

理解しあっていったりするのですが、

相手が自己愛性人格障害だった場合、

それが分かりません。

 

なので、関係性は

どんどん良くなるということが起こらず、

一緒にいる時間が長くなれば長くなるほど

ひどくなるのが普通です。

 

あなたが彼に寄り添えば寄り添うほど

彼はあなたを虐待してもいい人物、

ととらえるようになってしまうのです。

 

ようは彼から見て

あなたが安心できる存在に

なりつつあるのですが

それは、同時に

あなたにとっては地獄を見ることになります。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が嫌われることを大変恐れていますので

何をしても許してくれる

優しいあなたになら

ひどいことをしても平気だと

安心できるのです。

 

そしてあなたは

この世で一番大好きな彼から

普通のひとでは

とてもできないほどのひどいことを

自分の彼からされることに

なってしまうのです。

 

しかも、あなたは同時に

自己愛性人格障害のひとから

悪い評判を立てられるようになりますので

あなたが何を話しても

信じてもらえないようになってしまうか、

分かっていても助けるのが怖い、

と思われてしまうような状態に

おちいってしまうのです。

 

そしてその時に

あなたは信頼も実績も

仕事もお金も

友達ももしかしたら肉親も

すべて失ってしまうことになってしまうのです。

 

それでも、

自己愛性人格障害の彼を忘れられない人は

大勢います。

 

なぜなら、自己愛性人格障害のひとは

尊大な自分を魅せつけていなれば

恐怖を感じてしまうほどの不安に

さいなまれていますので

どうしてもあなたに優しくしたり

夢を見させるようなことを言ったり

一生懸命あなたのために

何かしてくれたりするのです。

 

その様子はとてもあなたのことを

嫌いには見えず、

そして、あなたのために

いろいろなことをしてくれるからです。

 

あなたを幸せにすることと

あなたをどん底まで突き落とすことを

同時に、もしくは交互に行いますので

分かりずらく、そして分かったときには

ものすごくショックが大きいからです。

 

まさに天国と地獄を同時に魅せられて

あなたの頭は初めのうちは

とても混乱するでしょう。

 

 

ですが、

あなたの心が危ないことは

前回のことで分かると思います。

 

自己愛性人格障害のひとを

なかなか忘れることができない人が多いのは

このためなのです。

 

でも、そばにいたら危険だということは

よくわかったと思います。

 

彼のことを信じていれば信じているほど

裏切られたときのショックはとても大きいのです。

 

自分の心を守ってどんな彼が良く見えても

辛くても

これ以上あなたが傷つくことになると

あなたの心が壊れてしまうと感じたときは

一緒にいてはいけないことを

理解してください。

自己愛性人格障害の彼に新しい彼女ができたとき

こんばんは♡

自己愛性人格障害の彼に

新しい彼女ができたときの彼の心境について

お話ししたいと思います。

 

 

あなたの彼が、

自己愛性人格障害だった場合、

彼に新しい彼女ができたときも

とても辛いとは思いますが、

やきもちを妬く必要はありません。

 

彼は、

その女性のことを好きになったのでも

あなたのことが嫌いになったわけでも

ありません。

 

 

あなたが、彼に嫌われるような

ひどいことをしたわけでない場合も

彼はあなたをののしり

次の女性のことを大切にし始めます。

 

 

あなたは彼が、

新しい彼女を大切にしているところを見て

傷つきますが、

彼は自分でも気づいていませんが、

次の彼女を愛しているわけではないのです。

 

 

彼は、あなたを潰すことで満足して気分が

良くなるため

幸せそうにしていますが、

それはその彼女と一緒にいることへの喜びでも

あなたよりも彼女のほうが

大事になったわけでもないのです。

次の女性を大切にして

あなたに見せつけることで

あなたが苦しむところを見て

満足して

新しい彼女を大切にするのです。

 

 

そこに、新しい彼女への愛はなく、

彼は自分の魅力に

酔いしれているだけなのです。

 

あなたが苦しんでいなければ、

新しい彼女といる意味は

本来ならば彼にはありません。

 

次の彼女とうまくいき始め、

泣く泣くあきらめたあなたが

彼から完全に去った後は

彼は新しい彼女を大切にしていることが

あほらしくなります。

 

 

なんのために

新しい彼女を大切にしているのか

分からなくなり

また、その新しい彼女もつぶしたくなり

突然別れを言い出したり冷たくしたり

彼女だけを無視して

ほかの女性と楽しく過ごすことに

慶びを感じたりしてくるでしょう。

 

次の彼女も同じなのです。

 

彼の喜びは

新しい彼女ができたことではなく

新しい彼女ができたことにより

今までの彼女が苦しんで

彼を追いかけてきたり、

心をつぶされて泣き叫ぶことに

満足しているだけなのです。

 

 

そして、その彼女も

あなたと同じ立場に立った時

彼女もあなたと同じだったことに

気づくのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分しか愛せない病気で

自分は素晴らしい人間だと思い込むことにより

生きていけるので

自分が

あなたにひどいことをしていることさえ

気づかずに

彼があなたのもとを去った原因は

あなたにあると考えるでしょう。

 

 

そして、自分を被害者だと考えて

あなたに悪いとか、あなたがかわいそうだとか

そういった気持ちは持てずに

気づかずに生き続けているのです。

 

 

そうやって、永遠に他人を傷つけ続け、

自分はこんなにも大切にしてやったのにと

さんざん傷つけたあなたを

恨んで生きていくことでしょう。

 

被害者が

これほど理不尽な思いをする

自己愛性人格障害のひととは

女の子は一緒にいたらいけないのです。

 

あなたの人生は

彼に潰されるためにあるわけではなく

あなた自身のためにあるのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

愛をささげてしまうと

あなたの人生は

本当に無駄な時間を過ごしてしまうのです。

 

彼が、自己愛性人格障害だと気付いたときには

気づいた時点で全力で逃げることをお勧めします。

 

 

彼のことは、彼と遠く離れてから

彼の幸せを祈りましょう。

 

自己愛性人格障害のひとの

そばにいたら本当に辛い思いをします。

 

自己愛性人格障害のひととは

距離を置かなければいけないのです。

自己愛性人格障害の人の目的

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人の

目的について

お話したいと思います。

 

 

残念ながら、

あなたと本当は

将来とても仲のいい恋人になることが

目的というわけでもありません。

 

もちろん、はじめはそれを

自己愛性人格障害のひとも

気づいていませんが、

将来的にあなたを

落とし入れようとしているけど

隠してあなたをだましている、

ということでもないのですが、

自己愛性人格障害のひとの脳の構造上

どうしてもそうなってしまうのです。

 

実は、自己愛性人格障害のひとも

自分はなぜ

いつもそうなってしまうのか、

ということに悩んでいることが

ほとんどです。

 

ですが、自分がそうしてしまっていることには

全く気づいておらず、

すべて相手のせいだと

思い込んでいます。

 

自分が

そんなにひどいことをしている、と

自覚してしまうと

ものすごくショックを受けるのです。

まさか、自分が

そんなひどいことをしているとは

思わず、

相手が悪いので

こんなことになっている、

とすべてをあなたのせいにして

無意識に責任から逃れています。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分自身が扱いきれないので

責任を取るどころではないので

責任を取ることが

ものすごく怖いのです。

 

というより

責任を取ることができません。

 

すごく意外に思われるかも

しれませんが

普段彼が責任感がすごく強くて

男らしいように見えるのは

尊大な自分を

魅せつけているからなのです。

 

彼自身も

自分の才能を信じていません。

 

周りの人から見ると

憧れるほど

得意なことがいっぱいあるのに

自尊心が低いという病気のせいで

自分がそんなにすごいことを

しているとは

本当はどうしても思えないのです。

 

そしてその思いに苦しんでいます。

 

だから常に必死で努力しているので

自己愛性人格障害のひとは

常に疲れています。

 

本当はそんなことをする必要は

ないのですが、

その病気の症状のため、

価値のない自分を必死で隠そうと

常に全力で努力して

自分を素敵に見せているのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

本人もふだんは

その自覚がありませんが

常に必死で努力しているので

周りのひとからみたら

魅力的に見えるし、

ほんとに仕事ができるようになって

しまうひともいますし、

立ち振舞いなども完璧ですが

本当は必死で努力をしつづけ

やめられず、非常に疲れていて

辛い状況です。

 

だから周りで人が笑っていたりすると

憎らしく思えてきたり

逆に自分が笑われているように

気になり

恥ずかしくなったり、

怒りをあらわにしたりします。

 

でも、だれも

自己愛性人格障害のひとを

そんな目でみているわけではないので

ビックリするのです。

 

そして、脳は正常ですので

その怒りを世間の人に見せると

うけいれられないことは

知っているので、

ふだんは隠しています。

 

そしてその怒りを持ち帰り、

怒りをぶつけても

逃げていかない恋人や、奥様、

また

会社をやめることができない

後輩などにぶつけて、

そのパンパンにたまった

ストレスを発散させているのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとの

ストレスを発散させるために

しなければならないことがあります。

 

それをしないことには

自己愛性人格障害のひとは

穏やかではいられないのです。

 

では、目的は

あなたに隠れて浮気をすることが

目的ではありません。

 

あなたに自分の不満をぶつけて

虐待することが

目的でもありません。

 

虐待なんてひどいことは

できるだけしたくないのです。

 

自分自身が悪く思われる危険性も伴いますし、

自己愛性人格障害のひとは

自分がひとを嫌うのはいいのですが

自分がひとから嫌われることに

普通の人よりも

極端な恐怖心を持っています。

 

だからそんな危険は

おかしたくないのですが、

あまりにも

優しいあなたが

もしターゲットになっているのだと

したら、

自己愛性人格障害のひとは

あなたなら許してくれると

大きな信頼を寄せて、

あなたならいいよね?

とあなたに虐待を仕掛け、

そしてあなたが堪えても耐えてくれる

ところを見て、

安心して何度も何度も

虐待を仕掛けて、

黙ってつぶれていくあなたを

見ることによって、

やっと自分の自尊心を

保つことができるのです。

 

だからせっかく

そんな危険をおかしてでも、

虐待したのに、

あなたが逃げてしまったり、

虐待を仕掛けられても

平気だったのなら

あなたが潰れるところを

見せてもらえないので、

虐待をする意味がないのです。

 

自己愛性人格障害の目的は

その虐待をを仕掛けることではなく

虐待をしたことによってあなたが

なんとか耐え、

また彼の前で潰されるところを

見なければ意味がないのです。

 

だから、自己愛性人格障害の目的は

あなたがつぶされても逃げずに

ずっと堪え続けているところを

見せてくれることなのです。

ターゲットが2人いた場合、もう1人の恋人はしあわせなの?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

ターゲットが2人いた場合、

もう1人には優しくするのか、

ということについて

お話したいと思います。

 

この質問も

本当によく受けるのですが、

あなたがターゲットで

もうひとりはしあわせなのか、

というとそうでもありません。

 

一時的に

あなたをターゲットにすることによって、

もう1人にその分優しくしてあげる、

ということはあると思います。

 

その場合、もう1人の恋人は

彼と一緒にいる時間を

とても幸せに感じると思いますが、

それもはじめのうちだけです。

 

だんだんに変わっていって

やがては

もう1人も、あなたと同じように

嫌がらせをうけるようになります。

 

必ずその子も、

だんだんに虐待を受けていくので

そのうちに

彼とはいられなくなると思います。

 

自己愛性人格障害の人の

特徴のひとつに

浮気というものがありますが、

自己愛性人格障害の人の浮気は

普通の人の浮気のように

2人の女の子を愛してしまった、とか

1人じゃ物足りない、とか

もしくは、奥様や彼女に対する不満を

もう1人の女の子で癒している、

というものでもありません。

 

彼にとっては

2人ともターゲットになり得ます。

 

ただ、自己愛性人格障害のひとは

必ず今までにもトラブルを

起こしているので

もう恋人が離れていくのが

嫌だと思っていたら

なんとか1人は

キープしようと思って

できるだけ自分の彼女や奥様には

出さないようにして

怒りを持ち帰り、あなたのところで

爆発させるかもしれません。

 

そして、

しばらくは平和でいられるかもしれません。

 

でも、しばらくして

時間がたつと、自己愛性人格障害のひとは

おなかの中の怒りを抑えていられませんので

もう1人の前でも、怒りを爆発させることが

かならず出てきます。

 

 

自己愛性人格障害のひとにとって

自分の自尊心を上げることで精いっぱいなので

相手が恋人だろうが奥様だろうが

彼よりも少しでも上に立つことに

ものすごい恐怖を感じるのです。

 

その怒りは相手に彼を潰させないように

極端に自分を守っているのですが

相手がそんなことをするつもりがない

などということは

自己愛性人格障害のひとには

理解できないのです。

 

それくらい極端な自尊心の低さなので

自分がつぶされることへの恐怖に

全力で向かってくるのです。

 

 

それは自己愛性人格障害のひとの心の中に

自然に湧き上がってくるのものなので

自己愛性人格障害のひとには

それを止めることも

おかしいと気付くこともできません。

 

そこが病気なのです。

 

だからあなたがほかの彼女とは

上手くいくんじゃないかという

心配をする必要もありませんが

あなた自身が自己愛性人格障害の彼と

真実の愛を向けながら付き合っていくことは

できないのです。

 

自己愛性人格障害の彼は

あなたが愛を向ければ向けるほど

あなたにはどんなことをしても

許される、と思ってしまい

彼の好きな時に

怒りをぶつけてくるのです。

 

虐待をされても悪者にされても浮気をされても

何をされても

許さなければなりません。

 

 

それでも許してくれるのが

彼への真実の愛だと思っていて

あなたが彼のすることを嫌がることは

自己愛性人格障害のひとにとっては

愛ではないのです。

 

それでも彼にすがってこそ

自己愛性人格障害のひとのいう

真実の愛なのです。