自己愛性人格障害の人が必ずとる奇妙な行動

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人が

必ず取る奇妙な行動について

お話ししたいと思います。

 

以前からお話ししている事ですが、

自己愛性人格障害の人は

自分の方が立場が強い、

と感じているときは

嬉嬉として

目立つ行動を取り続けます。

 

周りを威嚇するように

とても低い声で

あなたを嗜める事を

永遠言い続けたり

周りが聞いている事前提で

あなたに親切にしたり、

自分の有能さを

アピールしたりしています。

 

特にターゲットの前では

ターゲットの欠点を

周りの人が聞いている前提で

自分がそれで

どんなに迷惑をかけられているかを

訴えたり、

ターゲットが何かいうたびに

否定をしてくるような事をすると思います。

初めのうちは、周りの人も

それをあなたの方が悪いから

怒られてる、

と思ってしまう人もいるでしょうし

特定の人ばかりを

ののしる自己愛性人格障害の人を

あまりよく思わない人も

いると思います。

 

ところがあまりにも長い期間

そういった事を続けていると

だんだんと周りにも

自己愛性人格障害の人を疑いだす人が

多くなってきて

自己愛性人格障害の人がやっていることが

周りの人にもバレてきます。

 

周りの人がおかしいと感じ始めると

それを即座に感じ取り

瞬時におとなしくなり、

存在していることすら分からなくなり、

本当に姿をくらます

自己愛性人格障害の人もいます。

 

そうなると

今まであんなにも目立っていたのに

いても、どこにいるかわからないほど

存在感がなくなってしまうし、

声も小さくなり、

話していても何を話しているのか、

近くで聞いていても分からないほど

聞こえなくなります。

 

 

ほとんどの自己愛性人格障害の人が

出来る事だと思うのですが、

自己愛性人格障害の人は

その極端に臆病な性格から

本当に心を許す

近くにいるターゲットだけにしか

聞こえない声で

ターゲットを脅すことができるのです。

 

本当は自分が

どんなにひどいことをしているか

心のどこかで自覚しているのですが

それがバレない様に必死になります。

 

 

それがその

聞こえない声での説教や

嫌がらせになります。

 

自己愛性人格障害の被害者や

その周りの人たちは

自己愛性人格障害の人が

ターゲットの事を

嫌いだと思いがちですが

本当はそんなことはありません。

 

むしろ自分がひどい事をしても

許してくれたり

水に流してくれたり、

もしくはそんなひどい事をしても

嫌われるわけがないと

たかをくくっているのです。

 

優しくしたり、

相手の気持ちを

組んであげる事で攻撃されているとしたら

もうあなたは

優しい人間ではいられないのかと

思ってしまいますよね?

 

まず、あなたが優しさを出していい人間と

いけない人間の区別がついていません。

 

世の中の

誰にでも優しい人がいいという常識が

被害者をどんどん

苦しめてしまいます。

あなたの思いやりや共感力は

普通の人に出すと

あなたがいい人間関係を作る

手助けになるのですが、

自己愛性人格障害の人は

あなたがいい人間だと思われる事を

許しません。

 

あなたが

周りに人から大切に扱われることに

恐怖を感じているのです。

 

だからまず

あなたがしなければならないことは

自己愛性人格障害の人の前では

あなたの優しさも弱さも

出してはいけません。

 

自己愛性人格障害の人の前で

優しさを出してしまうと

あなたが周りに人にすかれることに

恐怖を感じてしまいます。

 

なぜなら、

自己愛性人格障害の人は

極端に自尊心がないので

もしあなたが

周りの人間から好かれてしまうと

自分が価値のない人間のように思えてしまい

苦しいのです。

 

だからあなたが

周りの人に良く思われることを

邪魔してくるのです。

 

逆に自己愛性人格障害の人に

あなたが弱さを見せてしまうと

あなたは

攻撃してもいい相手とされてしまい、

あなたを悪者にして堂々と罵ったり

あなたが周りの人からも

怒られても仕方の無い人間だと思わせて

堂々と正義の鉄剣を喰らわせて

あなたを退治しようとしてくるのです。

 

まず、あなたが攻撃されないために

あなたがしなければいけないことは

以下の2つになります。

 

普段は意識していないことだと

思うのですが、

今日からこれを実践してみてください。

 

1.普段の反応をすべて薄くする。

楽しいことがあっても、

いかにも嬉そうな表情や

笑い声を出さないことです。

 

ただ、あなたが

楽しそうにしていただけでも

自己愛性人格障害の人は

自分の存在価値に

恐怖を感じます。

 

無表情になれというわけではなく

少し微笑む感じで口角を

少しだけあげて喜びを表現します。

 

普段はそこまで自分の表情に

意識をしていないと思うのですが、

あなたの周りに

自己愛性人格障害の人がいるときは

これを意識してやってみてください。

 

2.あなたが悲しい時も

極端に悲しい顔はしないでください。

 

特に自己愛性人格障害の人に

嫌がらせをされた時などは

なんとも思っていないような表情をして

ただ黙って少し顔を後ろに

引いてください。

 

「え?」という感じです。

そんなことするの?

みたいに。。

 

そして、そのあとは

何事もなかったかのように

次の行動に淡々と移って

そんなことはなかったかのように切り替えて

思い出しもしないでください。

 

そうすると、自己愛性人格障害の人は

あなたにした自分の攻撃が

効いているか効いていないか

分からなくなります。

 

自己愛性人格障害の人は

極端に共感力がないため

あなたが表情に出さなければ

あなたがそれをどれほど嫌か

分からなくなります。

 

あなたが嫌だと思わないことを

やり続けても意味がないので

自己愛性人格障害の人は

だんだんとそれをやらなくなります。

 

だから、むしろ、

あなたがされて嫌なことほど

堪えていない、という表情をした方が

あなたにとって得となります。

 

ただ、本当に酷いことをしていた場合は

あなたが堪えるわけではないのですが

そんなことをする自己愛性人格障害の人が

軽蔑された、と思わせることで

自分が恥をかきます。

 

少し後ろに引いて、

「え?」という表情をするのは

そのためです。

 

自己愛性人格障害の人が

自分がしたことで損をする、

と感じるように持っていけば

段々とあなたには攻撃を

仕掛けにくくなるでしょう。

 

続けていれば

あなたは

どんどん攻撃されにくくなってきますので

長期戦だと思って

ゆっくりと時間をかけて

やるつもりでこの2つを

今日から心がけていってください。

自己愛性人格障害の被害から逃れるために心がけることとは?

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人に

都合のいい世の中

という事について

お話ししたいと思います。

 

実は今までの世の中というのは

自己愛性人格障害の人に

都合よく作られています。

 

なぜ、そのようなことになっているのか

と言いますと

戦争に都合のいい教育が

そのまま

長年続けられているからなのです。

 

昔日本でも

第二次世界大戦までは

人は15歳になると

健康な限り、徴兵令というものが

存在しました。

 

位の高いものが

自分達の命を守る為に

都合のいいように

下のものが上のものに

逆らわないように

物事の善悪を決めていました。

そして、それが

正しい事だと

教育されてきた人たちが大人になり、

子供ができて、その考えをまた、

正しい事だと教えて、

普段、あなたは

あまり意識していないかもしれませんが、

上のものに従うことが正しい事だと

なんとなくみんな思うことが

常識のようになっています。

 

ですが、上に立つものが

正しいことを言っていない場合もある事は

気づいている人もいますよね。

 

そこで

その人が上に立つ人に逆らって

言い方やその表現の仕方では

その人が悪い様にされたり、

または認められて

上の人が考え方を改めたりしています。

 

ですが、大体は

ほとんどの方が常識に従って動いているでしょう。

 

自己愛性人格障害の人は

無意識に

この常識と言うものを使いながら

自分が悪く見えないことに全力を注ぎながら

その場の都合に合わせて

言うことをコロコロと変えることができるので

その場その場で自己愛性人格障害の人が

正しいことを言っているように見えるのです。

 

だから自己愛性人格障害の人は

一見すると

常識的な人間にみえ、

人格者であり、立派な人に見えます。

 

周りの人は

人のことをそんなに深く考えていないので

大体の人の事をイメージで捉えています。

 

だから自己愛性人格障害の人が

ターゲットに

ひどいことをしていても

気付かないのです。

 

また、被害者になるような人は

本当に善人が多いので

相手のいいところを探してしまうし、

自責の念が強いために

自分の悪いところを探して

相手に寄り添います。

そして、

自分でもひどいことをされていると

認めたくないので

たまたま機嫌が悪かったのかな?と

許してあげようとしたり、

一旦は受け止めても

そういう時もあるよね、と

人のことは簡単に許してしまいます。

 

相手が普通の人ならそれで良いのですが

もし、相手が

自己愛性人格障害だったとしたら

これが大変な事になります。

 

悪いことがあればそれは全て被害者のせいにされ

いい事があると全て

自己愛性人格障害の人のおかげになります。

 

 

いい事も悪い事も両方起きたりしますから

いいことが起きるたびに

自己愛性人格障害の人のおかげになり、

またあなたもそれを認めてしまうため

自己愛性人格障害の人の印象はどんどん上がっていき

悪いことがあるたびにあなたのせいにされ

あなたもそれを認めてしまいますから

あなたは何もしていなくても

いい人がゆえに

どんどんイメージは悪くなっていきます。

 

なんでも

「ごめんね。わたしがいけなかったの。」

といえばまるく収まるわけでは無いのです。

 

あなたの人の良さが

まさに

自己愛性人格障害の人が

貴方のイメージを悪くするのに

好都合なわけです。

 

そして印象の悪くなったあなたのことを

自己愛性人格障害の人が責めていても

周りのイメージは

自己愛性人格障害の人の方が

正しいとされていますので

あなたが叩かれていても

誰も見向きもしなくなります。

 

そのため、自己愛性人格障害の人は

堂々と

あなたに

自分の心の中の怒りを

ぶつけることが出来るのです。

 

こんな恐ろしいことになりたくなかったら

きちんと物事を判断してください。

 

被害者体質の人は

事なかれ主義の人が多いのですが、

自分が悪者になる事で

物ごとをまるく収めようとします。

 

ですが、今後は

めんどくさいようですが

いちいち1つ1つの出来事に対して

これは自分が責任を負うべき事なのかな、

と考えてみてください。

あなたが負うべき責任でないことは

受けないようにしてください。

 

これを言うと

私じゃない!

と声を荒げて今までとは

極端に真逆の対応をしてしまい、

自分の立場を

さらに悪くしてしまう被害者が

よくいるのですが

これはやり方がまちがっています。

 

自己愛性人格障害の人に

敵対心を見せてしまうと

これまで以上にたたかれる

原因になってしまいますので

絶対に敵対心を見せないでください。

 

自己愛性人格障害の人に

敵対心を見せてしまうと

とても恐ろしいことになります。

 

あなたのせいでない事は

そっと相手にお返しをしてください。

 

あなたは引くだけでいいのです。

 

これがイメージしにくい人は

その場は黙って

ちょっと驚いたような顔をして

後ろにすこしだけ引いてみてください。

 

え?!

と驚くような感じです。

 

自己愛性人格障害の被害に合っていると

理不尽な気持ちがどんどん溜まっていきますから

初めはあなたの優しさから

折れてあげているかもしれませんが

ずっと我慢していると

被害者の方が攻撃的になってくる事があります。

 

周りの人はそれをみて

さらに被害者のほうが

悪く思ってしまうのですが

Tiaraは見ていて

それが本当はどちらが悪いかわかります。

 

ですが、ほとんどの人は

そんなことを知っている人はいないので

被害者の方が悪者にされて

立場はさらに悪くなります。

 

そうならないためにも

他人の罪を

ずっとかぶるのはやめましょう。

 

自己愛性人格障害の被害者になるような人は

自分が傷つくことへのブレーキが壊れていますので

自分が酷いことをされることは

わりと平気です。

 

ですが、本当は心の中で

積み重なっていきますので

気付いた時にはあなたが

深く傷ついていることに気づくでしょう。

 

そうなってからでは遅いのです。

 

普通の人は

自分が傷つけられることに

あなたよりも敏感です。

 

きちんと自分の身を守っているのです。

 

普通の人にトラブルがないのに

あなたには

あなたが何もしていないのに

トラブルばかり引き起こされている時は

この自分が傷つけられるブレーキを

直さなければいけません。

 

あなたには

自分を守る力が足りません。

 

あなたが自分で自分の心を守れないと

あなたは無意識の内に

あなたを守ってくれる存在を

探してしまいますが

あなたの周りには

いい人ばかりではありませんし、

残念ながら

あなたのような人の周りには

自己愛性人格障害の人が

寄ってきやすいのです。

 

人は自立したもの同士がくっついて

初めて幸せになれるものだと思っています。

 

あなたの心はあなた自身で守れるように

今日からあなたを少しでも傷付ける人を

寄せつけないでくださいね。

自己愛性人格障害の自分を悪者にしないテクニック

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の

被害に遇いやすいひとが、

気を付けることについて

お話ししたいと思います。

 

 

tiaraは

大好きな大好きな元カレの様子が、

おかしい、ということに気づいて

初めて

自己愛性人格障害について

知ったわけですが、

今までの人生をみてみると

けっこうな数の

自己愛性人格障害のひとに

あっています。

 

まず、幼馴染みの女の子に1人

親友の女の子に1人

元カレ、

上司、

職場の先輩、などですが、

元カレだけは素敵だったのですが、

あとのひとは

本当にひどいことをするひと、

という印象しか残っていません。

 

tiaraの自己愛性人格障害の

元カレとは

ぜんぜん違った性格を持つひとが

大半ですが、

みなさん、自己愛性人格障害の

特徴を持っていて

しかも周りには

ばれにくいと感じます。

 

そのほとんどが

ただtiaraが理不尽な思いを

しただけ、

というだけで終わり、

そのひとたちは

今まで通りの生活をしています。

 

ですが、年数がたってみて

思うことですが

そのときはばれていなくても

やはり自己愛性人格障害のひとたちは

何度も同じ失敗を繰り返し

そのあとでその場に

いられなくなっています。

 

被害者がいなくなると、

また別の誰かに同じ事をするので、

そのときは気づかなくても、

なぜかやがて

後になって周りの人たちにも

気づかれてしまうのです。

 

自己愛性人格障害とは

急になるものではありません。

 

 

必ず幼い頃から同じことを

繰り返して生きています。

 

 

だからそのときは気づかなくても

何度も何度も

同じ失敗を繰り返しているうちに

原因になっているのは誰なのか、

他のひとにも

気づかれるように

なってしまうのです。

 

tiaraは

自己愛性人格障害のひとが

許せません。

 

本当は

自己愛性人格障害のひとに

寄り添い、

自分の事よりも

自己愛性人格障害のひとの気持ちを

大事にして大切にしようとしている

被害者のひとを

まるで罪人のように扱い

罵り、つぶして

存在すら消そうとするのです。


tiaraは

tiaraのことを一番大切に

思ってくれている、と

一番信頼していた彼に

そんなことをされていた、と知ると

本当にショックでした。

 

ですが、それと同時に

そんな病気があるのかと

驚いたのと同時に強烈に興味もわき、

病気でひとの事を考えられないのかと

妙に納得して

彼の事を恨む気持ちにも

なりませんでした。

 

あの尊大で頭がよく

ひとにとても親切な彼は

自己愛性人格障害という病気のために

必死で自分を

アピールしていただけだったのかと

納得ができました。

 

彼の素敵な物語のなかの

突然のドラマチックな別れ話は

自分の存在をきれいなままに

tiaraを傷つけようとして

思い付いたことだと納得できます。

 

毎回必ずドラマチックな理由があり

tiaraと別れることになる、

と説得されるので、

本当は一緒にいたいと思いながらも、

別れを選ばなくてはいけない、

と思ってしまい

傷つけられている、とは

まったく思わなかったのです。

5年も真剣に付き合って

ばかみたいでした。

 

それでも彼といた5年間は

とても幸せでした。

 

はじめ、自己愛性人格障害という

病気を知ったときは、

彼が怖いと思いましたが

それでも、

あんなにも大切にされていた、

と思っていたことは事実です。

 

自己愛性人格障害の

被害に遇いやすいひとは、

とても心の優しいひとが多いので、

自分のことはいい、

と思ってしまいます。

 

それが自分を

惨めな存在にしてしまう

ことになるので

あなたの人生の大半が

無駄に終わってしまいます。

 

その場にいられなくなり

幾度と新しいスタートを

切っていくうちに

年齢を重ねてしまい、

もうどこにも

いけなくなってしまったひとも

大勢いますので

周りのひとも正しい知識を身につけ

罪もないひとを

一緒になって潰すことは

やめてほしいのです。

 

そして、うまくいっている間にも

おかしいな、と思うことが

いくつか出て参りますので

それを見逃さないようにキャッチして

あなたの素敵な人生を、

思いやれないひとは

気を付けてよく見て

自分の身を守らなければなりません。

 

あなたを本当に

思いやってくれているか、

よく相手を見ることが

大切なのです。

自己愛性人格障害のひとはわざわざあなたに嫌がらせをするために現れる

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは、

わざわざあなたの前に現れて

嫌がらせをするために訪れる

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

その病気の症状のために

本人もそんなつもりもありませんが、

どうしても

あなたの前にわざわざ自分から現れて

やがて嫌がらせをするようになります。

 

初めは、普通の人が

あなたに興味を持つのと同じように

あなたに近づいてくると思います。

 

 

そのコミュニケーション能力の高さから

あなたもすっかり彼らに

夢中になると思いますが

やがてはひどい関係になり

どちらかが逃げていくか

病気になってしまう関係にあります。

 

付き合う時間が増えるとともに

何も言わなくても

お互いに思っていることが

分かり合えるような

穏やかな関係になっていくことは

まずないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

意味もなく

あなたを悪者にしたり

バカにしたりすることが

時々あると思いますが、

普段はとても穏やかだったり

優しかったりするのです。

 

 

その優しさは

あなたのことを思って

してくれているように

感じると思いますが、

自己愛性人格障害の場合、

そうではありません。

 

 

あなたに自分の魅力を

見てもらいたいことと

称賛されたいこと、

尊敬されたい気持ちが尋常でないほど

大きいので

どうしてもあなたの気持ちを

つかんでしまいます。

 

その時はあなたも

自己愛性人格障害のひとと

一緒にいることに

とても幸せを感じると思いますが、

自己愛性人格障害のひとは

自分といることであなたが

満足することにも

やきもちを妬きますので

あなたが幸せそうな顔をしていれば

それを壊すようなことを

どうしてもしてしまいます。

自分のした優しさにすら

やきもちを妬くなんて

普通のひとからしたら

考えられませんが

自己愛性人格障害のひとは

自分以外の人が幸せを感じることの

あらゆることにやきもちを妬いて

つぶしたくなるのです。

 

だから

自己愛性人格障害のひとと一緒にいて

あなたが幸せになることは

ないのです。

 

自分から幸せを与えておいて

そんなことをするなんて

とても信じられないので

あなたは自己愛性人格障害のひとが

何を考えているのか分からなくなり

不安になりますが

普通の人に

自己愛性人格障害のひとの心情が

分かるわけがないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたに恨みがあるわけでも

本当は

あなたの事が嫌いなわけでも

ありません。

 

自己愛性人格障害の

その病気の症状のために

自分の存在が

あらゆる人から脅かされていると

とてつもない恐怖心をいだいていて

どうしても人をつぶしてしまうので

あなたは何もしていないのに

彼からひどいことをされて

とてもショックを受けるでしょう。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

めちゃくちゃやっているように見えますが

あなたを攻撃しているつもりはなく

自分の心を守るためにしているだけです。

それが、

結果として

自分よりも立場の悪い人を見て

ほっとする、

という方法をとるので

被害者からしてみれば

ものすごく怖い存在に映るのですが、

自己愛性人格障害のひとは

自己防衛のためにしているのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

なにから心を守っているのかというと

自分の存在を脅かす

あらゆる人から自分を守っていて

自分が誰かを攻撃しているつもりではなく

必死で自分を守っているだけなのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

気づいていませんが、

自己愛性人格障害のひとの周りには

驚くほど愛があふれていて

自己愛人格障害のひとのために

自己犠牲の精神でいてくれる被害者の人が

数多く見えます。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

誰からも攻撃などされていないのです。

 

それなのにその自尊心の低さから

どうしても人がつぶれるところを

見ていないと

安心できないので

自己愛性人格障害のひとの周りでは

関係がどんどん壊れていくのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

被害者がいることで精神が一時的に安定し、

さらに尊大な自分を見せつけることによって

安心しますので、

自分の周りの人が自分よりも

いい人だと思われたり

人気者になったり、

業績を上げらっりするところを見るのが

あまりにも怖すぎて

極端な恐怖心を持っているのです。

 

何もないところに被害者を求めて

あなたを見つけ、

あなたを将来的につぶしてしまうのに

あなたの前にわざわざ姿を現すのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

あなたの前に現れたときは

あなたの表情は一切見せず

相手にしないことを繰り返しているうちに

自己愛性人格障害のひとは

あなたには

工芸しても通じないと思いだし、

だんだんとあなたの前に姿を

現さなくなるのです。

 

自己愛性人格障害のひとには

無関心になり

表面的な付き合いに

とどめておくほうが

あなたのためにはいいのです。

自己愛性人格障害の人の別れた後からの惹きつけ行為

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

別れた後からの

惹きつけ行為について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

別れた後からのほうが惹きつけ行為が

強い方もみえます。

 

それは、その人の性格というよりは

その時の都合により

あなたがまだ彼のことを

好きな気持ちが強い場合は

惹きつけ行為を行う可能性が

強いと思います。

 

 

逆に、あなたがまだ彼のことを

好きな場合でも

彼がほかの女の人のところへ

行きたい気持ちが強い場合は、

まったく音沙汰がなくなることも

あります。

 

 

どちらかというと、

惹きつけ行為が強く、

あなたとよりを戻したい話を

してきたとしても

それはあなたのことが

好きだからというよりは、

あなたを惹きつけておいて

そのあと、

どん底まで突き落とすための

準備の可能性が高いと思います。

 

だから、彼がまだあなたのことを

好きなのではないかと

期待をかけることは

逆にあなたを

追い詰める結果となりますので

やめた方がいいです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自尊心があまりにも低すぎる病気で

その事で常に、

とても不安な気持ちを

持ち続けていますので、

その不安をぬぐうために

常に人がつぶれるところを見て

ほっとします。

 

自分のほうが上だと

確認することで、ようやく平常心を

保つことができるけど不安定なので

常に人の事を否定し続けます。

 

自己愛性人格障害のひとから

人格否定をされて

傷つくひとが

とてもたくさんみえますが

自己愛性人格障害のひとは

それほど不安定な気持ちを

心のなかに持ち続けているので

仕方のないことなのです。

 

ですが、自分には生きていく価値が

ないと

本当は思い込んでいるのですが

そのことを他人に知られることに

異常な恐怖心を抱いていますので

いつも、尊大な自分を見せつけています。

だから、自尊心が低いなどとは

はたからみるととても見えないので

そんな自己愛性人格障害のひとに

人格否定をされると

ひどく傷つくのです。

 

ですが、本当はものすごく

人から否定をされることに

普通の人よりも、

ひどく怯えているので、

逆に立派な自分を演じていて

それが癖のようになっているので

嘘くささがないのです。

 

だから、本当に

知識が高く、尊大なひとにみえ、

自分が否定されないように

必死にいい人を演じ続けているので

それが逆に

コミュニケーション能力の高さに

つながるのです。

 

自己愛性人格障害のひとがどうして

あんなにもひどいことをするのかと

いうと

低すぎる自尊心のために

必死になって虚勢をはっているためで

本当はそんな自分にいつも苛立ちを

もちつづけているのです。

 

そのイライラを自分のものだと

認めることにも

そんなちっぽけな自分が

惨めに思えて辛すぎるので、

尊大な自分が周りの無能さに

イライラさせられていると自分でも

思い込んでいるのです。

 

自己愛性人格障害の無意味な怒りは

幼い頃に

そのままの自分を

認められることができずに

育ってしまったひとの

おなかのなかの怒りを

周りのひとのせいだと思い込む

不思議な病気なのです。

 

自己愛性人格障害の旦那様と離婚したくない場合

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の旦那様と

離婚したくないときの対処法について

お話してみたいと思います。

 

 

こちらのサイトでは

ほぼ恋愛関係について

お話をしていますが、

中には夫婦や友達や同僚や上司にも

自己愛性人格障害は存在します。

 

 

その中でも一番密な関係が夫婦であり

外部にその被害が漏れにくいのも

夫婦だと思います。

 

自己愛性人格障害の旦那様と

二人きりの

密室で行われていることなので

あなたの態度が

旦那様以外に

見られることもありませんし、

評判が落ちる、

ということもありません。

 

旦那様のモラハラも

外部には漏れにくいので

夫婦関係が

一番ひどい状態になりうる可能性が

高いといえます。

 

生計を共にしていますので

あなたもより

彼にしがみつきやすく

なっていますし、

離婚をされたらあなたの生活

そのものが

危機にさらされる場合もありますので

あなたが、一番我慢してしまう関係も

夫婦関係なんだと思います。

とりあえず我慢してもいいから

夫婦関係を続けたいという人は

自分が危険にさらされている、

という点を十分に把握したうえで

一緒にいることを選んでください。

 

自己愛性人格障害の旦那様はよく

離婚を武器に

あなたを脅してくることが

あると思うのですが

その時のあなたの対処として

旦那様のいうことを聞いて

旦那様を引き留めようという考えは

やめたほうがいいと思います。

 

あなたが別れたくない、

といえばいうほど

彼は離婚を脅しに

使いやすくなります。

 

何度も何度も

離婚を切り出されていると

心臓に悪いと思いますので

彼から離婚を切り出されないように

しましょう。

 

あなたの旦那様が

自己愛性人格障害だった場合

離婚しないでください、といえば

明日にも出て行ってしまうかも

しれません。

 

なぜなら離婚をほのめかしたほうが

あなたが堪えるからです。

 

逆にあなたが離婚したい、といえば

「俺は死んでも

あなたと別れないぞ。」と

いうかもしれません。

 

自己愛性人格障害の人が

あなたの気持ちに

寄り添うことはないのです。

 

すべての感覚が普通の人と

逆に動いています。

 

ただ、脳は正常なので

仕事をしたり日常生活を

送ったりはできているので

わかりにくいかもしれませんが、

共感力がないので

心が病気なのです。

 

あなたがかなしんでも苦しんでも

やめてあげようとは思いません。

 

自己愛性人格障害の人は

勝ち負けとか損得のみで

判断するので、

あなたと別れないほうが得だと思えば

あなたと別れるとは

言いださないでしょう。

 

あなたと結婚していると

彼が得だと思う状況を

作り出せばいいのです。

 

もしくは、あなたが

離婚を武器に脅しても

なんとも思わない人なら

わざわざ離婚とは

言いださないかもしれません。

 

離婚してほしくないなら

離婚されると困る、という

空気を出さないことです。

 

そうすることによって

彼が出ていくのを

阻止することができるかも

しれません。

 

決して、出ていかないで、と

しがみつくことだけは

やめてください。

 

自己愛性人格障害の人は

効かない攻撃はしようとも

思わなくなるのです。