自己愛性人格障害のひとの自覚のなさ

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の自覚のなさについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは自責の念がない、

と言われていますが、

自分のしたことに対して自覚がありません。

 

 

よく自己愛性人格障害の被害に遭ったかたから

こんなにひどいことを

したことを認めてほしい、とか

後からでもいいから反省してほしいと

言われますが、

残念ながらそれはほぼないと

言っていいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分のしていることに全く自覚がなく

自分でもそんなことをしているとは

思っていません。

 

厳密にいえば、自分がしたことはなんとなく

分かっているのですが、

もともとが、自尊心の極端ななさが

病気の原因となっていますので

そこを認めてしまうと辛すぎるので

自分の中で理由付けをしてしまい、

あいつがあんなことをしたから

俺がこうなった、と思い込むことにより

自分を少し楽にしてしまい

無意識に責任から逃れようとします

 

なのでもし、自分がしたことを認めてしまうと

自分が悪い人間だと認めてしまうことになり

辛すぎるので認めることから

無意識のうちにどうしても逃げてしまいます。

 

だから本人も、

自分は悪くない、と

強く思い込むことによって

普通に生活ができているのです。

 

自分が悪いと認めてしまうことは

極端なほどの恐怖に近い感情となってしまいますので

あなたがもし、本当のことを指摘してしまったら

恐ろしいほどの勢いで

全力でつぶしにかかってくることになります。

 

普段から

自己愛性人格障害に敵対心を見せてはいけない

と言っていますが、それは

自己愛性人格障害のひとが

全力でつぶしにかかってくることを

避けるために言っているのです。

 

自己愛性人格障害のひとのしていることを

やめさせるためには

本人がしたいと思わない、

または、

したら自分にとんでもないことが起きる、

と自己愛性人格障害のひとが

思わなければ絶対にやめません。

 

自己愛性人格障害のひとが

自分の意思で決定した、

と思わせることが大切です。

 

決してあなたに

「すいませんでした。」と言って

やめることはないのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとに

彼のしたことを背的するのは

やめてください。

 

方法としては、

彼がひどいことをしたり攻撃を仕掛けてくると

彼の周りから人がいなくなったり

彼のことを相手にしなくなったり

彼のところにだけ話が入ってこなくなる、

など自己愛性人格障害のひとが

彼がしたことによって損をする、

という風に持っていくと自然にやらなくなります。

 

わざわざ指摘をして彼を刺激して

全力の攻撃にあわないよう

お気を付けください。

 

自己愛性人格障害は病気です。

 

常識は通用しないと

思っていてください。

自己愛性人格障害の人が謝ってくるときの心境は?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

自分でひどいことをしておいて

ものすごく反省し、

あなたに謝ってくるときの心境について

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼が、あなたに

普通はここまでしないよ、というような

世間の人から見て

ものすごくひどいことをしておいて

「誤りたいんだ。」などと

ドラマさながらの熱烈な反省振りを

見せることがあります。

 

あなたをいかに愛しているかを

伝える熱意も

その前の出来事さえなければ

とてもドラマチックで

感動的です。

 

その時の

自己愛性人格障害の彼の心境は

どうなっているのでしょうか?

しかし、その前に

人間ではとてもできないような

ひどいことをしておいて

あまりにも不自然だと思いませんか?

 

自己愛性人格障害の人は

通常の神経では考えられないくらい

共感力がありませんので

自分のことしか考えられません。

 

すべての行動が

自分の印象を守るためにしています。

 

あなたが傷つこうが戸惑おうが

考えていられないほど

自分がどう思われているかに

極端なほどの恐怖心を抱いているので

その恐怖心から逃れるため、

平気であなたを傷つけてくるのです。

[ad#co-1]

自分があなたにならどんなことをしても

離れていかないと思っていれば、

どれだけでもひどいことをして

自分の中のストレスを発散させます。

 

それであなたが辛そうにしているところを

見れば見るほど、高揚して、

その勢いを強めてくるのです。

 

そしてつぶされてもつぶされても

ついてくるあなたを見て

その極端なほどつぶされた自尊心を

満足させているのです。

 

あまりにも極端に勢いが強められた

自己愛性人格障害の嫌がらせに

やがて恐怖心を感じたあなたが

彼から逃げていきそうになると

驚いて全力で引止めにかかるのです。

 

それが、自己愛性人格障害の人の

ドラマさながらの反省振りなのです。

 

そこにも自己愛性人格障害の特徴が加わり

尊大で素敵な彼の

男の涙を見せることもあるでしょう。

 

ああ、この人はこんなにも反省している。

 

もしかしたら、もう心を入れ替えて

優しい元の彼に

戻ってくれるんじゃないのかと

あなたが信じそうになってしまうのも

無理はありません。

 

自己愛性人格障害の彼は

その病気の特徴ゆえに

信頼性が抜群に見えるのです。

 

なんだか得して見えますよね。

 

でも、その心の中は

完全につぶされた極端な自尊心のため

恐怖に怯えています。

 

あなたにそんな気がなくても

あなたにつぶされると思って

あなたが彼のところに戻ってしまうと

全力でつぶしにかかってくるのです。

 

それは、本当におそろしいです。

 

あなたの立場は完全につぶされ

もうその世界で生きていけないほどに

追い込まれます。

 

しかもそれをあなたの大切な

大好きな人にされるのです。

 

恐怖とショックで

おかしくなってしまう人がいても

不思議ではありません。

 

自己愛性人格障害とは

体験してみないと

想像もできないほどひどいのです。

 

あなたの彼が

自己愛性人格障害だと気づいたら

全力で逃げてください。

 

その行動は

彼自身にもとめることができないのです。

自己愛性人格障害のひとは人の気持ちが分からない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

人の悲しみが分かるのかということについて

お話ししたいと思います。

 

まだ、

彼と付き合っていたころのお話に

なるのですが、

Tiaraは、途中で何度も彼に

人の気持ちが分からないんじゃないのか

ということを

何かのきっかけのときに言っていたようです。

 

ある日、彼の部屋で寝ていると

突然彼が、飛び起きました。

 

「どうしたの?」というと

夢を見たということでした。

 

「Tiaraはいつも、俺のことを

人の気持ちが分からないようにいうけどさ。

そんなことないのかなって思う時もあって。」

 

「うん。」と言って聞いてみると

彼のいとこに

事故で半身不随になってしまった女の子が

いるということです。

 

事故に遭う前は

わりときれいな子で

当時は彼氏もいたようです。

 

その子の彼氏は、

彼女が事故に遭ったことにショックを受けて

普通なら

一生面倒を見るって言っても

おかしくないけど、

その彼氏は、

好きだったから余計怖かったのか、

しばらくすると

その子のもとから去ったそうです。

 

その子の夢を見て

怖くなって飛び起きたということでした。

 

その子は今では、働いていますが

障害のため、

虐められることもあるようです。

 

「でも、一生懸命生きていて

そのことを考えていたから

その夢を見たのかなと思う。」

と言っていました。

 

それがどれくらい前の話なのか

本当なのか作り話なのかは

今となってはもうわかりませんが、

当時は本当の話だと思って

しばらく二人でその子の話をしていました。

その時の彼からは確かに珍しく、

その女の子のことを応援するような、

その子に幸せになってほしい

というような話をしていて

Tiaraも、

ああ、やっぱり彼は心がないなんてことは

ないんじゃないのかな、と思い直したり、

やっぱり彼は普通のひとなのかなとか

考えたりしていました。

 

その時のことを思いだすと、

もう覚えていませんが、

Tiaraは彼ともめたり別れ話が出たときに

彼に「相手の気持ちが分からない。」

と言っていたみたいで

彼もそういわれることを

考えていたように思います。

 

自分でも「俺なんかおかしいんだよ。」

と言っていたこともありましたし、

ほかの

Tiaraの相談室を訪れる方の話を

聞いていても

自己愛性人格障害のひとが

「人のことを考えられない」だとか

「自分のことしか考えられない」

だとか、人の気持ちが分からないことに関する

苦悩が見えることがあります。

 

それでも結果的に激化して

過激な行動に出てしまい

一緒にいられなくなってしまいました。

 

人の愛情が分からないことは

本当に悲しいことです。

 

自己愛性人格障害のひとは

人を潰して少しだけ高揚しますが、

それは、喜んでしていることではなく、

そうしないと自分が辛すぎて

生きていけないから

そうなってしまうのです。

 

これに共依存の人の

相手のために何かしてあげたい、という

強力な自己犠牲の気持ちが加わると

だんだんに最悪な結果を

導き出してしまいます。

 

これを止めるために

自己愛性人格障害のことについては

まだ知らなかったのですが、

付き合いだして本当に後半だけでしたが

彼がそうならないように(激化)

途中Tiaraは何度かこういうことはおかしいよ、

とかこういうことは人を傷つけるよ、

と話していたと思います。

 

自己愛性人格障害は

程度があると言われていますが、

これが、もし、軽かったり、

若かったりしたら、

激化しないことはあるのかな、と思います。

 

ですからあなたが、

まだあなたの彼なら治るかもしれない、

と思うのでしたら

頑張ってみてもいいと思います。

 

ただし、激化してからでは

坂を転げ落ちるように

ひどくなっていきますから、

まだ、そんなにひどくないうちなら

試してみるのもいいでしょう。

自己愛性人格障害のひとのあまりにも不自然な怒りのタイミング

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひと

あまりに不自然な怒りについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraが、自己愛性人格障害に気づいたのは

やはり彼が怒りを感じるときの

タイミングです。

 

確かにいろんな人がいますし、

物の考え方も、人それぞれなので

怒るツボが違うのは分かります。

 

おそらく

自己愛性人格障害の被害にあうような人は

ほとんどの人が

普通の人よりも

細かいことは流してあげる寛大な優しさを

持った人なのではないかと思います。

 

だってそうでなければ

ある程度長い間、

自己愛性人格障害のひとと付き合うことは

無理なのですから。

 

自己愛性人格障害の被害者は

悔しいことにあなたの我慢が足りない、

と周りの人に言われてしまう人が

多いと思うのですが、

そうではありません。

 

 

むしろ、普通の人よりも

些細なことを、

寛大な心で流し続けたから

自己愛性人格障害の被害にあっていると言えます。

自己愛性人格障害のひとは

尊大な自分を魅せつけていないと

恐怖でつぶれてしまいそうですので

常に素敵な自分を魅せつけています。

 

だから、

自己愛性人格障害のひとの性格の結果、

彼からいろいろなことをしてもらった人も

非常に多いと思います。

 

数々のプレゼントをもらった人もいますし、

生活の面倒を見てもらっていた、

という人もいるでしょう。

 

海外に何度も連れて行ってもらっている

という人も

よく聞く話なのですが、

被害者の人はこれが欲しくて

自己愛性人格障害の彼とお付き合いをしていた、

なんて人は少ないはずです。

 

まあ、絶対ないとは言いませんが、

それ以上に、

彼に献身的に尽くしてきているはずです。

 

自己愛性人格障害のひともそういう人しか

選ばないし、そういう人しか

自己愛性人格障害の彼についていけないのです。

 

だから、自己愛性人格障害のひとの怒りに

疑問を持ちながらも

許してしまったり、

自分ばかりが寄り添って

めった打ちにされているのです。

 

いつか分かってくれる、というのは

自己愛性人格障害のひとには

通用しません。

 

途中で気づく自己愛性人格障害のひとも

たまにいるのですが、

上手くいっているうちは気づかないのです。

 

被害者が謝ったり、縋り付いたりすれば

ほらやっぱりお前が悪いんだろう、

としか思いません。

 

何度も何度も不自然な別れを経験し

自分が関係をぶち壊してしまってから後悔し

自分はなにかおかしい、

と気づいた人だけが、

自己愛性人格障害という病気に気づくのです。

 

でもそれは、非常にまれなケースで

死ぬまでなんでこんなことになるんだ、

と相手を責め続け、

死んでゆく自己愛性人格障害のひとが

ほとんどなのです。

 

彼のためにも気づいたほうが

少しは納得できますし、

人を避けるということもできます。

 

年齢がまだ若ければ、

もしかしたら奇跡的に治るチャンスだって

あるかもしれないのです。

 

そのためには、

被害者がそばにいてはいけません。

 

被害者が被害者のままそばにいるんじゃなく

被害者自身が気づいて

逃げることが

自己愛性人格障害のひとを治すチャンスに導く

きっかけになることだって

あるかもしれないのです。