自己愛性人格障害のひとの結婚について


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

結婚も離婚も子供を作ることでさえ

すべて勝ち負けで決定している

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとの行動は

普通のひとと同じに見えて

すべて普通のひとと違います。

 

 

そして、それは

本人も意識していないので

どうしてかわからず

なぜ自分が不幸になってしまうのか

分かりません。

 

はた目に見ても

普通のひとにしか見えないのに

どうして自分も他人も苦しめてしまうのかは

すべて自分の勝ち負けのためにしか動けない、

ということがあります。

 

たとえば、普通のひとは

好きな人とこのまま一緒に過ごしたい

と思うことが結婚につながります。

 

普通のひとも責任感や長く付き合ったから

そろそろけじめをつけないと、

という理由で結婚することもあるのですが

でも、大前提は、

自分が自分のパートナーと

一緒にい続けて

その人と一緒に幸せになることを

大前提の目標としたうえで

結婚を決意しているはずです。

 

 

おそらくできちゃった結婚などでも

結婚する直前にはその覚悟が

できていることでしょう。

 

 

 

ところが、自己愛性人格障害のひとは

違います。

 

本人も明確に意識しているかどうかは

わかりませんが

意識の流れとして

今まで自分がしてきたことを

今、結婚しなければ

自然の流れに見せることができないからと

つじつま合わせのために結婚したり

後、それまでの彼女を傷つけるために

次の彼女と結婚をする、ということもします。

 

傷つける相手がいて

その彼女に勝つ、だとか

その彼女が苦悩するところを見て

満足感を得るためにも結婚をします。

 

だから前の彼女に

絶対に分からないように結婚をする

ということはなく

必ず何らかの形で

以前の彼女に伝わるような考作を立てます。

 

普通は、前の彼女に

結婚したことが分かるということは

まずないです。

 

 

同じ学校の同級生など

何らかのつながりがある中の相手と

結婚した場合は

自然に伝わることもあると思いますが

そうでない場合も

元カノの友人や身内とつながりを持ち

わざわざ伝えておく、ということをするのです。

 

 

また、元カノに新しい彼氏ができた場合も

あわてて新しい彼女を作る、

といったこともよくします。

 

そして以前の彼女よりも

極端に素晴らしく幸せにして

それが以前の彼女に

伝わるような考作も必ずします。

 

だから、以前の彼女が

まだ彼のことを忘れていない場合や

別れたことに納得がいっていない場合

彼の新しい彼女との関係性を知ると

ものすごくみじめな気持ちになったり

自分ではダメだったのだ、

とわざわざ思わせるようなことを

しなければいられないのです。

 

 

だから自己愛性人格障害ではない

普通の人が彼だった場合

自分の元彼に新しい恋人ができても

もう別れた彼なので

何とも思わなかったり

逆によかったね、と

祝福してあげられる気持ちになるのが

普通だと思います。

 

 

でもそれは、

元彼があなたが惜しいと思うほど

素晴らしい人間だった、というよりは

そうやってあなたに

みじめな思いを

わざわざさせている人だからだと

言えます。

 

自己愛性人格障害とは

そのことにしかこだわって生きられない

人たちなのです。

 

だからあなたが

ものすごく傷つくのも無理はありません。

 

そして、新しい彼女は

そんなことに気づきもせず

ただ、自分の大好きな人が

自分を幸せにしてくれた、としか思わないので

まったく彼がおかしいとは思わないでしょう。

 

これ以上ない幸せを感じているかもしれないです。

 

でも、これは

新しい彼女も、そんなに遠くない未来

同じ思いをします。

 

もしかしたら、

この上ない幸せを感じていると思いますので

そこから落ちるギャップは

地獄のように辛いものかもしれません。

 

外から見た形的には

結婚も出産も幸せなことなので

ほとんどだれも気がつかないと思います。

 

子供も友達が子供ができたから

負けたくないので自分も作るとか

そういうことを平気でします。

 

 

赤ちゃんは可愛いので

自己愛性人格障害のひとも

しばらくは幸せな気持ちで

いるかもしれません。

 

ですが、子育ては本当に大変なので

ずっと幸せでいるかどうかはわかりません。

 

もしかしたら

赤ちゃんの泣く声に

普通のひとよりも恐ろしく

イライラしたりするかもしれません。

 

そのイライラが

普通の人がおもうイライラとは違うのです。

 

それでも普通のひとでも

赤ちゃんが泣けば

イライラしたりする人もいるので

自己愛性人格障害のひととの違いも

分からないかもしれません。

 

自己愛性人格障害のひとは

普通のひとと同じ行動でも理由が違うのです。

 

子供も奥さんとの差をつけて

奥さんをみじめな気持ちにさせるために

可愛がるかもしれません。

 

可愛がる理由も怒る理由も

すべて普通のひととは違うのです。

 

Tiaraは普通の結婚をした後に

もう一度

シングルになってからの恋で

元彼の行動を一部始終見てきたので

自分が幸せだった時に

不幸な存在がいたことにも

気づいていました。

 

普通のひとには

自分たちが幸せになるために

そんな存在はいらないのです。

 

でも、それは彼も後悔しているので

絶対にもうそんなことはしない、

と泣きながら何度も誓っていましたし、

だからこそTiaraには

同じ思いは絶対にさせない、

と言ってきました。

 

でもわざわざ何度も

傷つけに行くようなことを

していましたし

Tiaraがやめてと言っていたのは

同じ女として心をえぐり取られるようなことを

何度もしているからだと

思っていたし彼にもそう伝えていました。

 

でも彼の眼は異常に高揚し

口では自分の正義感の中で

彼女への責任感からそうしている、

と言っていましたが

元カノの気持ちはえぐられるだけです。

 

そのあと自分も何かの不可解な感情の中

それでも幸せの絶頂を

何度か経験したうえで

同じようなことが自分の身にも起きたので

そのあとの彼の行動も一部始終

彼の感情の動きに

ある一定の法則性があることに

気づいたのです。

 

Tiaraも傷ついてはいますが

彼のすべての行動に納得がいきます。

そしてそれを彼に伝えても

彼には伝わらないので

いうことができません。

 

自己愛性人格障害のひとは頭の中が

まったく違うのです。

 

人間だから自己愛性人格障害ではない

普通のひとでも

人を傷つけてしまうことはあると思います。

 

TiaraもTiaraの友達の話を聞いていても

やはり人を傷つけてしまった経験はあります。

 

でも普通は1度ですぐに気づき

二度と恐ろしくて

そんなことはできないのが普通です。

 

でも自己愛性人格障害のひとは

幾度となく何度でも限度なく

そんな恐ろしいことをしてしまうことを

やめられないのです。

 

Tiaraは目の前でそれを

何度も何度も見てみているので

彼に関わる人たちの心が

どんどんつぶれていくのが分かります。

 

ですが、それをすべて周りの人間のせいに

してしまうのがうまいので

彼に関わった人が悪者になり

彼はきれいな存在のまま生きているので

彼のそばにいる人は

彼を恨んでいるということはないでしょう。

 

とてもいい人だと思っていると思います。

 

Tiaraもずっと彼をいい人だと

思ってきました。

 

心がボロボロになり

生きていけないほど

みじめな思いをしたときに

はじめて彼の恐ろしさに気づくかもしれません。

 

自己愛性人格障害とは、

分かっていても

あなたにも彼本人にも

止めることができないのです。

自己愛性人格障害のひとは自分を信じてくれる人を裏切っても何とも思わない


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分を信じてくれる人を裏切っても

何とも思わない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分のことしか考えられません。

 

それ以外のひとは

嘘でも印象を全く変えて悪者にしても

自分をよく見せるためなら平気です。

 

それが長年連れ添った恋人だろうが

夫婦だろうが

自分の本当の子供だろうが

自分以外のひとは

悪者にしても全く平気なのです。

 

 

ただ、自分がそんな人間だということは

全力で隠しますので

そんな風にはとても見えませんが

時間がたって後から考えてみると

とてもよくわかります。

 

もし、自己愛性人格障害のひとに

新しい恋人ができたとしたら

今まで、あなたのことをどれだけ大切か

話してきていたとしても

まったく事実を捻じ曲げられて

あなたがとんでもなく

ひどい人間だと言われている可能性があります。

 

そう話すことによって

次の恋人に

彼がとてもいい人に見られるとしたら

なおさらでしょう。

 

だから彼の過去はないものも同然になります。

 

 

そしてその時は、そう言うことによって

周りの人からの信頼を得て

彼がとても生きやすいように

見えるかもしれませんが

次の瞬間にはなかったことに

なっているかもしれませんので

自己愛性人格障害のひとには

足跡というものが全くなくなってしまうのです。

 

そのことによって彼が今を一番都合よく

周りの人に思わせることができたとしても

彼には思い出や

積み上げてきた人間関係というものが

全くなくなってしまうのです。

 

そのために歳をとった

自己愛性人格障害のひとが

今まで自分が何をしてきたのか

まったくわからなくなって

むなしくなることがよくあります。

 

関わってきた人も

時間を無駄にしてきただけかもしれませんが

自己愛性人格障害のひともまた

何をしているのかよくわからないのです。

Tiaraは彼との思い出を

ずっと大事にしてきましたが

彼が何をしていたのかが

分かってくると

彼が感情を高ぶらせて

Tiaraと一緒にいたい、とか

俺にはTiaraしかいないんだ、というような

ドラマのようなセリフも

ただその場で一番都合がよかっただけの言葉だった、

ということがとてもよくわかります。

 

ただ、その時は

Tiaraに逃げられたくなかっただけなのです。

 

自己愛性人格障害のひとは知りませんが

普通のひとには

感情や愛情というものがあります。

 

そこまでのセリフを言うということは

Tiaraをどうしても離したくないから

思いを打ち明けているとか

将来、この人以外に考えられないと考えて言うもので

そのあと理由もないのにあっさりと別れて

何事もなかったように次の恋に行くことは

考えられないでしょう。

 

このまえ、友人と話をしていて

「女だって別れたら

すぐにほかの男と付き合うやつもいるんだから

なんの不思議もない。」という言葉が出たのですが、

そういう時は

そこまでの感情はないはずなので

そこまでの会話もないのです。

 

 

もしそれほど強い思いがある場合は

しばらくはほかのひとと

付き合うなんて考えられないでしょう。

 

ただ、付き合っていて

別れただけならTiaraだってすぐに別のひとと

付き合ったことがないとは言いません。

 

でも、自己愛性人格障害の彼に

言われた責任感のある重い言葉は

覚悟をして受け止めたので

自己愛性人格障害だとは知りながらも

自分の気持ちがすぐに次のひとに

移ることができなかったのです。

 

彼がそこまで言わなければ

おそらく彼とはお付き合いすら

していなかったでしょう。

 

彼がそこまで言ってくれるからこそ

信用したのです。

 

おそらく自己愛性人格障害の彼と

付き合った人のほとんどが

一方的に彼を好きだったという人は

いないはずです。

 

彼から、これは信用できるという

熱い思いを何度も何度も告げられ

真剣にお付き合いをお互いにしてきた

と思っていたからこそ

思いが深くなっていると思われます。

 

だからこそなかなか忘れられないのでしょう。

 

Tiaraは今まで

自己愛性人格障害という病気があることを

知りませんでしたので

なかなか彼のことを忘れられなくて

相手があっさりとほかのひとと付き合っている場合や

結婚してしまった場合は

彼の方はそんなにも真剣でもなかったのかな?

と思っていたと思うのですが

もしかしたらそういった人のほとんどが

自己愛性人格障害だったのではないかと

思います。

 

普通のひとは、本当に愛している彼女から

そんなに簡単に離れたりはしないのです。

 

自己愛性人格障害の彼が

また戻ってくることはないでしょうか?

という質問を受けることがあるのですが

自己愛性人格障害のひとは

何度も何度も戻ってくる可能性はあります。

 

でもそれはあなたがまだ

ターゲットとして

彼に支配されていると感じている場合のみで

相手が自己愛性人格障害の彼を

信じなくなった場合には

二度と戻ってこないでしょう。

 

自己愛性人格障害に人が

戻ってくるということは

あなたを愛しているから

戻ってくるわけではなく

あなたが彼に支配され続ける自信があるから

戻ってくるだけなのです。

 

つまり自己愛性人格障害のひとが

戻ってくるということは

あなたにとって良いことではないので

できれば戻ってこないほうが

あなたは幸せなのです。

 

はっきり言います。

 

自己愛性人格障害のひとに

他人に対する思いはありません。

 

周りの人は

自分をよく見せるためだけの道具なのです。

自己愛性人格障害とはそういう病気です。

自己愛性人格障害のひととはすぐに仲直りしてはいけない


こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の彼と

けんかをした後に

決してしてはいけない行動について

お話ししたいと思います。

 

もしあなたの彼に

自己愛性人格障害の疑いを

持っているのだとしたら

彼とけんかをした後のあなたの行動は

とても大切なものになります。

 

普通のカップルでも

けんかをすることもあると思いますし、

中には言いたいことを

お互いに言い合ってしまうので

よくケンカをするというカップルも

普通の人たちの中にも

大勢いると思います。

 

ですが、あなたがもし

彼のことを自己愛性人格障害だと

疑っているとしたら

けんかになる原因のない時でも

突然機嫌が悪くなったり

しばらく間をおかれたりして

何が何だか分からず

苦しんだことが何回かあるのだと思います。

 

もし、あなたの彼が普通のひとだった場合

たいていは、彼の機嫌の悪い時でないとき以外は

けんかにはきちんとした理由があり

その理由が納得がいっていないとしても

なんとなくあなたに理解できるから

疑問には思いません。

ところがTiaraのブログを訪れたということは

何らかの原因で不思議に思うことや

理不尽に思うことが

何かしらあったのだと思いますから

ここから先のお話は注意深く

考えてみるといいと思います。

 

彼がもし自己愛性人格障害だとしたら

あなたはかなり自分の気持ちよりも

相手の気持ちを大事にするほうだと思います。

 

そして本当に優しいあなたは

彼に気を使っていることすら感じさせないほど

いかにもあなたもそうしたくてしているように

自然に相手のしたいことと同じことを

あなたもしたいと思っているように

見せかけてはいませんか?

 

あなたのその、

相手に寄り添いすぎてしまう気持ちが

とても危険なのです。

 

 

昨日のブログでもお話ししましたように

自己愛性人格障害のひとは

自分の感情をぶつけられる人には

限度なく甘えてくることになります。

 

よく考えてみると

分かると思いますが

あなたは、

彼がそんなに激怒するほどのことをしたと

思いますか?

 

もし、そこに疑問を感じてしまうのであれば

彼とけんかをした後

彼とできるだけ早く仲直りしたいがために

さらっと水に流してしまったり

彼が謝ってきたとしても

すぐさま彼を許して仲直りすることは

やめたほうがいいでしょう。

 

ですがいつまででも怒っていればいいと

いうものでもないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分に敵対心を向けてきた人を

全力でつぶすので

完全に無視をしたり、口を利かなかったり

怒った顔をしないほうが

そのあとの対応は楽になります。

 

しばらくは口を利かない、

という方法をとってもいいのですが

敵対心を向けてはいけません。

 

 

あくまでも話すことがないから

わざわざ話さない、

という風にしてみて下さい。

 

 

そして、

彼から話しかけてきたときは

彼も話が聞いてほしいと思っているかも

しれないので

わざわざ感情を逆なでしないほうが

良いのです。

 

でもだからと言って

あなたはとてもやさしいので

いつまででもこだわっていても仕方ない。

と思って

すぐさま彼を許し

いつも通りに普通に接してしまうと

自己愛性人格障害のひとからの嫌がらせが

ひどくなる可能性があります。

 

そうすると

自己愛性人格障害のひとから見たあなたは

時間をかけてだんだんと

どういう風に扱っても

いい人だと思われてしまいます。

 

普通のひとは

そんな優しいあなたを

もっと大切にしようと

あなたへの愛情が大きくなるのですが

自己愛性人格障害のひとは

安心してあなたのことを信頼すると

何をしても安心な存在だと

甘えてくるようになるのです。

 

あなたは彼も同じ気持ちだと

思ってしまうのですが

彼のこころは自分に優しくしてくれる人や

自分を信じてくれる人、

自分のことを愛してくれる人には

とことん甘えてくるのです。

 

その結果、彼もあなたを

とてもよく気に入っていて

あなたを自分の感情のはき捨て場として

扱ってもいいと思い始めます。

 

そのGoサインは

あなた自身が出しているのです。

 

あなた自身も気が付いて

いないかもしれませんが

あなたには自分を大切にするスイッチが

壊れています。

 

Tiaraも今思うと完全に壊れていて

自己防衛本能が働いていないので

嫌なことをされても

あまり相手に対して嫌な印象を持ちません。

 

ですが、これを繰り返してしまうと

自己愛性人格障害だけでなく

周りの人からも

軽くあしらわれるようになってしまいます。

 

自己愛性人格障害のひとは

嫌われることにはひどく敏感なので

もし仮に、そんなときにあなたが怒ったとしたら

瞬時に変わって徹底的に

フォローするのがうまいので

彼に嫌なことをされたことさえ

まったく気づかないかもしれません。

 

ですが、よく見ると

あなたが嫌な思いをしていることを

平気でし続けているのです。

 

あなたが自分自身に共感力を向けると

自己愛性人格障害のひとのしている嫌がらせに

瞬時に気づくので

自己愛性人格障害のひとの転身が早く

気付かれないかもしれません。

 

 

あなたが幸せだと

自己愛性人格障害のひとは

それを怖くなって

しまうのかもしれません。

 

あなたの身と心を守るためには

自己愛性人格障害のひとから

あなたの心が嫌がることを

引き受けてはいけないのです。

自己愛性人格障害のひとの結婚と離婚について


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と

復縁したい気持ちについて

お話ししたいと思います。

 

大好きな彼から

些細なことから別れ話を告げられて

彼とどうしても

復縁したいと思う気持ちがあるのなら

次のことを考えてみてください。

 

もし彼と元に戻ったら

本当にあなたは幸せになれると思いますか?

 

あなたが彼のことを好きになったのは

彼と一緒にいると

幸せな気持ちになれるからですよね?

 

彼が自己愛性人格障害の場合

不思議と一緒にいるときは

本当に幸せでたまらないと思います。

 

 

Tiaraのブログをはじめ、

ほかの自己愛性人格障害のことを

書いた本やサイトを見ても

ほとんどがひどいことばかり

書いてあると思います。

 

 

でも、一緒にいるときは

本当に優しく

こんなにもあなたのことを

思ってくれる人はいない、と思うほど

あなた事を親身になって考えてくれたり

生活の面倒を見てくれたり

けっこう高価なプレゼントをしてくれたりと

とても自分の中の怒りをぶつけているようには

見えないケースも本当によくあります。

 

Tiaraさんのブログに書いてあるほど

ひどい人ではないのですが、

と言われる相談者の方も多くみえます。

 

 

本当に純粋で傷つきやすく繊細で

いい人だからこそ

ちょっとしたことで怒ってしまったり

あなたのことを

信じてもらえなくなってしまう。。。

 

そんな風にも見えますよね?

 

だからあなたのその優しい心が

何とか彼のことを分かってあげたい

と思ってしまうし

あなたの気持ちを彼に分かってもらえたら

2人は幸せになれる

そんな風にも思ってしまうんですよね。

 

だから自己愛性人格障害とは

とても恐ろしいひどい人のようにも思えるので

優しい彼をそんな風に見ることは

とても辛いことだと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

基本的に本当に純粋で子供のような人です。

 

どんなに落ち着いて見えても

場合によっては本当に怖い人に見えても

付き合っているあなたには

弱い部分を必ずどこかで見たことがあるはずです。

 

実は

自己愛性人格障害のひとは

幼いころにとても深く傷ついていて

どこかのタイミングで共感力を使わなくなり

生きていくために自然と

共感力を使わないほうが楽だと思ってしまって

やがて使わなくなった共感力がマヒしてしまって

大人になっています。

 

 

だから本人はそれで普通だと思っています。

 

 

そして自分のことにはひどく敏感で

傷つきやすく

とても極端に悲しんだりするので

共感力の強いあなたは

どこかで彼のことをかわいそうに思ってしまい

あなたが彼のそばについていて

深い愛情を注ぎたいと

思ってしまうのかもしれません。

 

それがあなたの

彼を好きだという気持ちに

なってしまっているのかもしれませんね。

 

ですが、彼には共感力というものが

長い間使わない間に固まってしまい

当たり前に使わなくなってしまっているので

自分の都合の悪いことは

全部切り捨ててしまっても

なんの罪悪感も持ちません。

 

人は罪悪感を持ったり

共感力を持っていたりするので

人にひどいことができないようになっていますが

共感力と罪悪感がなければ

いくらでもひどいことをしても

それを止める感情がどこかでわくことはありません。

 

ですが、それで彼にとっては

普通のことだと思っているのです。

 

 

そしてそのほかの部分は全部普通ですので

自分のためなら一生懸命やるところもありますし

自分が好かれるために

あなたに必死でアプローチするところも

ほかの男性と何ら変わりはありません。

 

だから普通に見えてしまうのです。

あなたを叱りつける時も

本当の愛情があるようにも見えますので

本当にいい人に見えてしまうんですよね。

 

 

Tiaraも自分の自己愛性人格障害の元彼も

今、会社で見る

自己愛性人格障害のひとを見ても

嫌いだとは思いません。

 

だって仕方ないのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

本当にひどいことをしても

やめませんし、自分の自尊心を上げるために

どうしても人を傷つけてしまいます。

 

 

傷つけずにはいられないんです。

 

だからあなたが自分を守るためにも

あなた自身で防御し、

自己愛性人格障害のひとから

あなたの身と心と名誉を守るため

 

できるだけそばにいてはいけません。

 

 

自己愛性人格障害のひとと

どうしても離れられない人は

こちらのサイトを訪れて

どうやって動けばターゲットにならないで済むか

被害をできるだけ小さく食い止められるかに

使ってください。

 

個別に相談したい方は

「Tiara 恋愛相談室」より

相談も承っております。

 

あなたの彼がもし自己愛性人格障害だと

疑っている場合は

彼が本当にあなたのことを

思ってくれている行動をしているか

よく考えてみて

冷静に心の整理をしてみてください。

 

自己愛性人格障害のひとと一緒にいると

あなたの人生が無駄になり

結婚や子供を産み育てること

友達関係や仕事など

あらゆることができなくなってしまいます。

 

あなたが幸せになるためには

本当にあなたが思っているのと

同じように彼もあなたのことを

思っていてくれているかどうかを

判断するとよいでしょう。

 

子供も産まずに、結婚もせず

将来的には捨てられてもいいから

自己愛性人格障害のひとと付き合う、

なんて人はいないと思います。

 

自己愛性人格障害の彼との恋愛は

期間限定の恋愛だと知ってください。

 

 

もし、タイミングが合えば

結婚をすることもありますが

自分の都合で結婚も離婚も平気でする、

ということだけは

覚えておいたほうがいいでしょう。

自己愛性人格障害のひとは知らない間にあなたの印象をコントロールしている


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

あなたが離れれば離れるほど

近づいてくる、

ということについてお話ししようと

思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたが寄り添えば寄り添うほど

あなたを否定してきます。

 

共依存のひとは

自己愛性自己愛性人格障害のひとから

否定されれば否定されるほど

不安になり、

分かってもらおうとして

ますます寄り添ってしまったり

喧嘩をしてしまったり

話し合おうとして

ズタズタにされます。

 

そして、そうやって

精神的に痛め付けられた、

あなたを見て

自己愛性人格障害のひとは

さらに高揚して

あなたから離れようとせずに

どんどん攻撃を強めて

悪循環を起こします。

この悪循環を立ち切らなければ

あなたはどんどん病んでしまうのです。

 

これが、自己愛性人格障害の被害で

まわりのひとから非常にわかりにくく

自己愛性人格障害のひとと

被害者の間で

ひっそりと行われていきます。

 

そして、自己愛性人格障害のひとは

とても用心深いので

そこで

よりあなたが信用して

もらえないように

さりげなくあなたの評判を

落としているのです。

 

そしてその間にも

自己愛性人格障害のひとは

尊大な自分をみせたり

周りのひとに親切にしたりして

自分をより信頼してもらいやすいよう

周りからの自分の印象を

よくすることに常に全力を

そそいでいるのです。

 

こうやって自己愛性人格障害のひとは

あなたの周りからの印象を

コントロールしていくのです。

 

だからあなたが気付いたときは

もうすでにあなたは孤立しているので

その環境にいづらくなっている

のです。

 

こうなってしまうと

なかなか逃れることが

難しくなりますので、

こうなる前に

あなたができるだけ早く

自己愛性人格障害のひとの

していることに気づき

あなたから彼をシャットアウトする

必要があるのです。

 

あなたのほうから

自己愛性人格障害のひとを

拒否すると、

自己愛性人格障害のひとは不安になり

あなたに親切にしたり、優しくしたりして

攻撃がしにくくなるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分から人を嫌うことはいいのですが

ひとから嫌われることに

極端な恐怖心をいだいています。

 

普段はポーカーフェイスなので

そんなことはみじんにもださないのですが

もともと

自己愛性人格障害という病気は

自尊心が低すぎて

その恐怖から逃れるために

自分のまわりのひとたちのことを

見下すことで自分のほうが

価値があると思い込もうとします。

 

その感情を

異常なほどに思い込んでしまうので

常に虐待をしていないと

気がすまないのです。

 

そしてそれが

周りのひとにばれてしまい

自分がひどい人間に

思われてしまうことにも

恐怖心を抱いていますので

大っぴらに虐待するのではなく

精神的に追い詰める、というやり方で

相手を傷つけることで

ストレスを発散させていなければ

生きていくことができないほどの

自信のなさなのです。

 

この人を異常なほどに

追い詰めてしまう、

異常から精神状態から

彼らが病気には見えないですが

病気だということがわかりました。

 

自己愛性人格障害のひとから

ターゲットにされたくなかったら

彼らのことを心のなかで

拒否することにより

自己愛性人格障害の被害を

避けていくように

心がけていってください。

自己愛性人格障害のひとは良心がないので本当に残酷なことをしても平気でいい人を演じることができる


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

あまり好きでない人でも

自分に利用価値があるとみなせば

仲良くすることができる

ということについてお話ししたいと思います。

 

普通のひとは、

自分が好きな人と仲良くします。

 

たしかに、自分に利用価値がある人とも

仲良くするのですが

その心は根本的にその人のことが好きで

仲良くしています。

 

たとえば、自分が

ピアノを覚えたいと思っているときに

ピアノが弾ける人と友達になったり

自分が仲良くしたいと思っている人の友達とも

仲良くなったりします。

 

 

ですが、そのひととも友達になっていて

ピアノを覚えたからもういらない、とか

自分が本当に仲良くしたかった人と

仲良くなれたから

もうあなたはいいわなんて

思いません。

 

ところが自己愛性人格障害のひとは

自分がないので自分がその人のことを

好きだということはないと思います。

 

たとえば自己愛性人格障害のひとは

ステータスを気にする人が多いので

恋人にはある程度のステータスを求めます。

 

たとえば背が高い、とか

見た目にキレイだとか

有望な人脈を持っている人や

地位の高い人と仲良くなったりします。

 

 

ですが、自分に都合が悪くなると

途端に態度を変えることも多いと思います。

 

たとえばステータスの高い

恋人を持っていたが

その人が

自分の立場を左右するような人物と

こじれてしまったり

財産を失うような大きな出来事に

見舞われてしまったときなど

自分にとって都合が悪くなった、

と思えば、いくらでも簡単に

捨てることがあります。

 

たとえば結婚をしていたとしても

さらにもっと条件の良い恋人が現れたとしたら

それまで、いくら長い関係を続けてきて

その人に何の落ち度がないとしても

平気で離婚して

乗り換えます。

 

さらに自分が軽々しく乗り移ったと

思われることは

とても怖いので

相手をさんざん悪者にして

離婚されても仕方のない人物、

と世間の人に見せかけることをします。

 

本来ならば

自分の勝手で離婚するのですから

申し訳ない気持ちになるのですが、

自己愛性人格障害のひとにとって

相手の立場などお構いなしなのです。

 

たとえば自殺をしようが路頭に迷おうが

本来ならば知ったことではないのですが

それでは世間の人に

自分が悪く思われてしまうので

一応、心配しているふりをしたり

罪を償う姿勢を見せることもありますが

世間の人にばれないと思えば

ほっておくのです。

 

 

それに自己愛性人格障害のひとは

突然捨てることによって

相手が泣いて縋り付いてこれば

自分に価値があるような気がして

気分を高揚させます。

 

自分の気分を高揚させる道具として

いかにも先があるように見せかけて

何度も何度も自分から顔を見せに来て

元に戻らない、ということも

多く見られます。

 

その時被害者は、

やがて精神を壊して病院に入るか

自分で命を絶ってしまうこともあるのです。

 

そして、そういったことがあった場合、

自分ではなく

新しい恋人のせいにすることもあります。

 

新しい恋人のせいで仕方なく

責任を取る形で離婚したが

本当は離婚などしたくなかった、と

相手のせいにして

奥さんが自分のことを好きなのをいいことに

相手の女性を訴えることも多く耳にします。

 

ですが、本当は相手の女性も

自己愛性人格障害のひとが

口説き倒して信用させた場合も多いのです。

 

2人の女性が

自己愛性人格障害のひとを信じて

相手の女性が悪いとお互いに思い込み

女性どうして争うケースも見られます。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分のしたことを

相手のせいにすることが大変うまいです。

 

そして相手も

自己愛性人格障害のひとのことが好きな場合は

自分が悪者になっていても

何も言えずに

あまりの理不尽さに苦しみながら

自己愛性人格障害のひとが

忘れられないのです。

 

そうやって二人の女性の心をつか見ながら

上手い物語を作り出して

自分は悪者にならず

きれいな存在として

女性たちの心に残り続けることもあります。

 

自己愛性人格障害とは

本当に恐ろしい病気です。

 

良心があれば

そんなことはできないはずなので

自己愛性人格障害のひとの心に

良心がないことが

とてもよくわかります。

 

最後まで自分が何をされていたのか

知らないままに

自己愛性人格障害のひとを忘れられないまま

自責の念に駆られて

自殺してしまうケースも非常に多いのです。

 

 

それほどまでに人を追い込んでしまうのは

自己愛性人格障害のひとに

良心がないからなのです。

 

そして自己愛性人格障害のひとが

尋常でないほど臆病なので

人に嫌われることを極力恐れているので

そのために自分が

きれいに見えるようなストーリーを

考え出すので

良心がないのにいい人に見られたまま

世間のひとから自己愛性人格障害のひとが

本当は何をしているのか

分からないケースも

非常に多く見られるのです。


nbsp;

自己愛性人格障害のひとは優しさを攻撃に使う

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

優しさを攻撃に使う

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害の

相談を受けていますと

相談者の人が

彼に感じている深い思いやりの気持ちや

優しさが

攻撃に使われていることに気付き、

とても恐ろしくなります。

 

自己愛性人格障害のひとは

とても冷たい印象を持ちますが

同時にとてもソフトで優しい人も

おみえになります。

 

ソフトで優しい人が

攻撃をするなんてとても思えませんが、

自己愛性人格障害のひとは

あなたの罪悪感を

攻撃しているのです。

 

たとえば、女性が二人いるときに

相手のことを

とても思いやっているようなことを言い、

あなたを傷つけます。

浮気や不倫などの場合に多いのですが

話をしている人と反対のほうを

とても大事にしていることを

わざわざあなたに伝えるのです。

 

そして

どこまでも相手の女性に優しい彼を見て

彼が「ひどい」とは思わず、

彼に大事にされて相手の女性に対して

やきもちを妬いたり、

自分をとてもみじめに思ったりします。

 

そして相手の女性に魅力があると思い込み

あなたには価値がないように言われていたり、

あなたが悪いと言われているように

感じてしまうのです。

 

普通の人は

浮気や不倫をしているときに

わざわざ相手の情勢に愛情をかけていることを

あなたに知らせてくることはありません。

 

むしろ隠すことのほうが

自然だと思います。

 

それをわざわざあなたに伝えて

あなたを傷つけなければ、

浮気をしている意味がないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

もう一人の女の人を

傷つけるために浮気をします。

 

ですが、相手の女性も彼は、

大事にしているわけではありません。

 

彼が一番大事にしていることは

自分がいかに

魅力的で温厚で愛情深い人に

思われているかです。

 

 

こうすると、彼は悪くみえず

あなたはどんどん傷ついていきます。

相手の女性に

やきもちを妬いてしまう方も

おみえになると思いますが、

自己愛性人格障害のひとは

相手の女性も本当は大事にしていません。

 

あなたを傷つけるための道具として

女性に愛を与えたり

そうしている自分に

満足しているだけなのです。

 

思いつめたり、逆にヒステリックになって

被害者のほうが攻撃的になるケースも

多く見られますが、

被害者は傷つき、

周りからの信用も無くしてしまい

ボロボロの状態になります。

 

それくらいして

やっと自己愛性人格障害のひとは

自分の心情を保つことができるのです。

 

彼のいないところで

女性同士が争っているケースも

みられますが、

そうさせているのは

自己愛性人格障害のひとなのです。

 

彼のいないところで彼のことで争えば、

悪いのは彼ではなく

あなたと女性になってしまい、

2人ともとてもみじめな状態になるのです。

 

彼の優しさを自分に向けてほしい、と

一度は彼からの

絶大な愛情を受けた人は思うのですが

彼の愛情が本当に

あなたに向けられることはありません。

 

自己愛性人格障害の愛情の対象は

彼の都合によって

いくらでも変わるのです。

自己愛性人格障害のひとを愛せば、

家の中でとことん傷つけられて

自分に自信を失っていくか

突き放されて

彼が優しいからこそ、

あなたではない人が大切にされる、という

訳の分からない状態となり

はたから見たらあなたのほうが

おかしいと思われるように

持っていくのがとても上手なのです。

 

そして、あなた自身も

彼のことを信じてしまい

自分がおかしいと思ってしまい、

自分の考えや自分に

自信が持てなくなってくるでしょう。

 

彼の言っていることが

本当にあなたのせいなのか、

よく考えてみると

分かるようになっていきます。

 

あなたは悪者にされているだけで

あなたは本当に悪いことをしたのか

自己愛性人格障害のひとの

言葉に惑わされず、

よく考えてみてください。

 

自己愛性人格障害のひとは

わざわざ自分の周りで

もめ事を起こし、

自分はそんなことはしない

優しく尊大で有能な人物なんだと

魅せつけていなければ

気が済まないのです。

自己愛性人格障害人の結婚観

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の人は

結婚しても

簡単に離婚してしまうということについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れる方の

30%は突然の旦那様からの離婚話で

調べていくうちに自己愛性人格障害という

病気にたどり着いています。

 

自己愛性人格障害の人の結婚観は

普通の人の結婚よりも

もう少し軽いものになります。

 

自己愛性人格障害の人の都合によっては

さほど離婚原因にならない

ほんの小さな出来事でも

離婚するしかない理由にされてしまいます。

 

普通の人は、

長年付き合った彼女と

責任をとって結婚します。

いろいろなことを乗り越えて

「ここまで来た彼女だから

一生添い遂げてもいい、」と

いったんは結婚するのです。

 

そのあといろいろなことがあり

どうしてもだめな場合は

離婚することもありますが

それは無念なことで、出来たら

一生一緒にいたかったと思うのが

普通です。

 

結婚生活は、お互いに違う環境や考え方で

育ってきた男女がするものなので

時には合わないときや

しばらくうまくいかない時期があっても

おかしくありません。

 

それが普通なのです。

 

普通のカップルだとそこでけんかをしたり

話し合ったりして

お互いに少しづつ歩み寄り、

またはどちらか一方が歩み寄り

また結婚生活を持続させていきます。

 

中には

1度もけんかをしたことがないという

珍しいカップルもいますが

たいていの場合は

何らかのタイミングで

けんかをするのが普通です。

 

 

ところが、自己愛性人格障害の場合、

この「喧嘩」というものがありえません。

 

自己愛性人格障害の人には

極端な話、1度も逆らってはいけないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

人の個性が認められませんから

自分のほうが上だと思っていなければ

気が済まないのです。

 

もし、あなたが彼よりも

優れていたり、彼に勝った、と思っていたり

彼の考えが違うよと

けんか腰でなくても普通にいったとしても

自己愛性人格障害の人は

あなたを全力でつぶしにかかります。

 

あなたにはそんな気がなくても

自己愛性人格障害の人から見ると

あなたが敵対視してきた

と極端なことを思います。

 

そして何よりも

自分が一番でないと済まないので

あなたが逆らった、と思った時点から

全力であなたをつぶしに来ます。

 

 

あなたも人間ですから

自分の意見があるときもあるでしょうし、

自己愛性人格障害の人のいうことを

ずっと聞きつづけていたら

今度は被害者だと思われて

ターゲット化してしまいます。

 

どちらにしてもだめなのです。

 

そして離婚しない場合も

虐待の道具としてずっとあなたを使うか

自分に自信を無くさせ

自尊心をつぶします。

 

だからどちらにしても

幸せな結婚生活は長くは続かないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

普通の人よりも簡単に離婚してしまいます。

 

ですが、その場合も終わりではなく

また何度も顔を出してくるという場合も

大いにあります。

 

自己愛性人格障害の人は

自分が見捨てるのはいいのですが

自分が捨てられる、と思うと

急に強烈なしがみつき行為をしてくることも

ありますので、

あなたが離婚に承諾した瞬間に

見捨てられた、と思い

すがってくるあなたを想像していた場合は

ものすごく極端にしがみついてきます。

 

その時どんなに夏列な言葉を言われても

反省の気持ちを言われても

ぐっとこらえて

ぽろっとひとしずくの涙をこぼしても

また手のひらを返したような

態度をとってくることもありますので

初めからそのことも覚えておきましょう。

 

 

 

 

 

 

自己愛性人格障害の結婚と離婚

[ad#co-1]

 

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

結婚も離婚も平気でする、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人も

程度の違いがあるので

すべての人が当てはまるとは限りませんが

少なくとも、

Tiaraの恋愛相談室を訪れた相談者の方の

お相手の方は、結婚も

それほど深く、一生この人と一緒にいてもいい

と考えて一緒になった結婚でもなく

逆に離婚も特に理由はなくても

自己愛性人格障害の人から見て

相手が堪えるなと思ったタイミングで

平気でしてしまいます。

 

Tiaraも今になって反省しますが、

結婚とはだれもが真剣に考えて

そのうえでこの人とだったら

一生一緒にやっていけると考えたときだけ

するものだと思っていました。

 

みなさんTiaraと同じ考えが

常識だと思っている人が多いと思います。

 

ところが、自己愛性人格障害の人にとって

もう一人相手がいたときに

もう片方の人と結婚することで

最高に傷つけることが出来ると考えたときも

結婚するものだということが

よくわかりました。

[ad#co-1]

結婚に夢を描いている女の子も

多いと思うのですが

そんな思いを胸に抱いていることが

自己愛性人格障害の人にばれると

もしかしたら別の人と

結婚してしまうかもしれません。

 

また、あなたが自己愛性人格障害の彼と

結婚していたとしても離婚されると困る、

という雰囲気を出していたり

ほかの人にとられるのが怖い

と思っている場合も

平気で離婚してしまうことも考えられます。

 

ですから、

自己愛性人格障害の人に

あなたの思いを知られないほうが

いいかもしれません。

 

もしくは、彼には、あなたは本当の思いと

逆の希望を持っている、

と思われたほうがいいかもしれません。

 

普通は、

こういった人生の大きな分岐点は

二人でよく考え、

責任をもって行動をとるべきですが

自己愛性人格障害の人は

自分の都合で決めてしまいますので

大きな決断にあなたの希望が入ることは

ありません。

 

自己愛性人格障害の人が

結婚したいと思えば結婚しますし、

自己愛性人格障害の人が

離婚したいと思えば離婚します。

 

それもどちらかというとあなたの希望とは

逆に動くことのほうが多いです。

 

これを踏まえていないと

あとから大変傷つくことになりますので

自己愛性人格障害の彼が

どういった考えを持っているのか

前もってよく見ておいてください。

 

自己愛性人格障害の人に聞いたり

話し合いをすることは無駄になります。

 

本当のことを言っているか

わからないからです。

 

彼に聞くよりもまず、

自分で判断してみてください。

 

被害者の方が、世間の常識で

判断してしまっていることが多く、

これは自己愛性人格障害の場合、

多くが当てはまりません。

 

自己愛性人格障害の人本人が

自分が常識的な人間に見られたい場合は

常識通りの行動をしますが、

そうでない場合は自分の都合のいい方で

決めてしまいます。

 

ですから、これ以上傷つきたくない場合は

自己愛性人格障害の人の意志を聞くよりも

あなたが

あなた自身で判断してみてください。

[ad#co-1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己愛性人格障害のひととは話し合いにはならない

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人とは

話し合いにならない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼に

気持ちを分かってもらいたくて

彼に話し合いの機会を

作ってもらいたい

という人がいるのですが、

話し合いは無駄になります。

 

 

 

難しい言葉を使って

さもきちんと説明しているような

姿勢をとります、が

彼はあなたを負かしたいだけです。

 

話の内容はあなたに嫌がらせをする内容を

必死でいかにも理にかなっているように

言っているだけで

自己愛性人格障害のひとの話を聞いていると

ただ、自分が責められているだけ

としか感じられないので

解決するどころか、

あなたが不快になるだけです。

 

もともと自分がきちんと

あなたを説得することはできない

と思っているので、

あなたに勝つために難しい言葉を使い

いかにも自分が正しいことを

言っているように

論破したいだけなのです。

 

彼はただあなたに勝てれば

それでいいのです。

 

だから自己愛性人格障害の彼とは

話し合いで物事を

解決しようと思っても

仕方のないことです。

 

先にあなたが

そういう心づもりでないと

イライラして仕方がないのです。

 

自己愛性人格障害人は

もともとあなたを初めから

イライラさせるつもりで話していると

覚えておいてください。

そしてもしこのイライラを

彼にぶつけてしまうと

あなたのほうが悪者になるように

うまい具合に利用されてしまいます。

 

だから彼にイライラを

ぶつけないようにするためには

あらかじめあなたのほうが

話し合いで解決しようという気持ちは

初めから持たないことです。

 

話し合いで分からせることは

無理なのです。

 

 

ではどうしたらいいか、

あなたのほうが先に

話し合いができないように

してしまうことです。

 

すると、自己愛性人格障害は

あなたが何を考えているのか

分からないので、

どんどん混乱してきます。

 

 

混乱するとだんだんいうことを

思いつかなくなり

話しがなくなってしまいます。

 

言うことがなくなると

自己愛性人格障害は

話ができなくなります。

 

自己愛性人格障害のひとの話し合いは

イライラしたほうが負けだと

覚えておいてください。

 

どうせ解決のない話し合いをするのなら

あなたがイライラしないほうに

心を持っていくように

努力したほうがいいでしょう。

 

彼に話をさせるように持っていき

あなたは聞き役に徹してください。

 

多大、この時、

うんうん、と一生懸命聞くことは

やめてください。

 

ただ彼に話をさせ、あなたは聞き流す

というスタンスをとってください。

 

そうでないとあなたが辛くなってしまいますし、

あなたに攻撃が効いている、と思い

彼のほうも調子に乗って

どんどンあなたを責め立てていきます。

 

 

どうせ話を真剣に聞いていたとしても

あなたを負かしたいだけで

本当のことを言っているとは

限らないのです。

 

初めのうちは怒られたり

あなたが悪いように

一生懸命話をするかもしれませんが

ずっと聞いていると

だんだん話すことがなくなってきます。

 

そして彼も話を続けていることにより

少しは満足しています。

 

だから内容のことは

そんなに真剣に聞かないほうがいいのです。

 

自己愛性人格障害のひとと

話し合いで物事を解決しようとすることは

そもそもが無理なのだと

覚えておいて下さい。