自己愛性人格障害の人との距離の取り方

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人との距離の取り方

についてお話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人とは

あまり近づき過ぎると

どんなに関係性がよく見えても

途中で修羅場を迎えてしまいます。

 

しかも

あなたがなにもしていないとしても

自己愛性人格障害の人は

自分がしたこともすべて

あなたに責任を押し付けてくるので

あなたが悪者になり

あなたの罪悪感を攻撃します。

 

常に責任を取ることから逃げていますので

本当に小さなことも

すべてあなたの責任にされています。

 

例えばそれが、

どんなに小さなことだとしても

あなたの優しさや寛大さから許していると

常にあなたが悪いことにされていますので

周りの人から見ると

あなたが知らない間にどんどん

あなたの印象が悪くなってしまいます。

 

この時、自己愛性人格障害の人は

なにもあなたを悪者にしようと

考えているわけではありません。

 

ただ、どんなに小さなことも

自分のせいにされることに

その生い立ちが原因で

大袈裟なほど、

極度に恐怖心を持っていますので

例えばあなたと喧嘩をした時も

あなたの方に彼を怒らせる理由があったから

喧嘩になってしまった、

とか言われてしまいます。

 

例えばあなたが

身に覚えのないことで

責められていたのだとしても

「生理中だったからイライラしていたんだね。

俺もそれはわかるんだけどね。。」

と悪びれることなく言ってしまえるので

周りの人どころかあなた自身までも

気付かないことがあるのです。

 

これは、同じ経験が

Tiaraにもあるのでわかるのですが

他愛もない話で

どちらかというと穏やかな感じで

普通に話している時に

「Tiara生理?

今、生理?」

と慌てたように聞かれたことがあって

頭のなかでは

(あれ?今、私

怒っているような感じで話したっけ?)と

おかしいなと思いつつも

その時は本当に生理中だったので

「うん?そうだけど?」

というと

「あ。。そうか。。。

だったらいいんだけど。。。」と

ホッとしたように言われ

違和感を感じたことがあります。

 

 

しかも

優しい彼の方が

生理のイライラを理解してくれている、

というように

自分の印象をよくしておきながら

あなたの方に

理不尽に彼にあたっているというような

印象を持たせるような話を

とてもうまくしているので

あなたの評判は落ちるとともに

彼の方はどんどん好印象になっていきます。

 

 

あなたの方からすれば

まさか自分が

彼が自分の印象を落とすような話を

わざわざしているとは思いもしないでしょう。

 

あなたのことを大好きな彼が

彼自身がイライラしていたことを

そんなふうに真逆に話しているとは

夢にも思っていないので

気づかないと思います。

 

あなたが彼と付き合っている以上

彼があなたのことを思っていてくれている

と思っているので

わざわざ自分の評判を落として

彼自身が自分をよく見せている

とは到底気づきません。

 

 

そして

どんなにひどいことをしていたとしても

温和で物分かりのいい雰囲気を

崩すことはないので

あまりに上手に話す彼が

そんなひどい人間には思えない人たちも

大勢みえると思います。

 

だからもしあなたの彼が

自己愛性人格障害だと気付いたなら

少しも油断をしては決してなりません。

 

少しでもあなたに

彼を理解してあげるような素振りが見えたり

自分の方が多少我慢しても

彼を分かってあげようという気持ちがあるのなら

今頃は潰されてその場にいないでしょう。

 

かといって自己愛性人格障害の人も

あなたを潰そうとしているというよりは

自分の身を守ることに必死なため

自分でも気付かないうちに

してしまうのです。

 

こういった自己愛性人格障害の特徴から

Tiaraは普段から

普通の人たちとは

普通にコミニュケーションを取りますが

自己愛性人格障害の人とは

どんなにいい人に見えたとしても

どんなに親切にされたとしても

距離を置くようにしています。

 

自己愛性人格障害の元彼と

4年半も真剣にお付き合いをしていたので

自己愛性人格障害の人が嫌い、

というわけではありません。

 

むしろ気になってしまったり

自己愛性人格障害の人が

できるだけひどい状況にならないように

こちらも気遣いをしていたりもするのですが

自己愛性人格障害の人には

絶対にそれを見せないようにしています。

 

そして気づかれないように

できるだけ周りの人が

自己愛性人格障害の人に

評判を落とされないよう

自己愛性人格障害の人に

周りの人の欠点もわからないようにしながら

話したり、話さなかったりしています。

 

そうすると、それはそれで

自己愛性人格障害の人は不安になるようで

向こうからTiaraに近づいてきて

ご機嫌をとってきたり

様子を伺ってきたりします。

 

これは

自己愛性人格障害の人を知らない人が見ると

好意があるように

勘違いしてしまうと思います。

 

Tiaraも

自己愛性人格障害という病気を

知らなかったら

勘違いしていたかもしれません。

 

 

現在

Tiaraのそばにいる自己愛性人格障害の上司も

知らなければ本当に素敵な人ですが、

以前、同じ部署だった彼が

職場を移動する前に

Tiaraに対してしていた惹きつけ行為や

それが通じないとなると

必死になっていたことは忘れてはいません。

 

彼が転勤する前の最後の日には

惹きつけられなくて焦っていたのか

普段出したこともないような低い声で

凄んで来たことを覚えています。

 

普段のこの上司の声は

いかにも優しそうで

甘い声をしているのですが、

似合わない、ヤクザかヤンキーばりの声を出して

意味のわからないことで脅してきた時は

怖かったことは怖かったですが

本質を知っているので結構ドン引きするレベルで

がっかりしたことをはっきりと覚えています。

 

今、久しぶりに会ってみて

より確実に彼の自己愛性人格障害の特徴が

確信できます。

 

新しい部署でまた上司になったのですが、

Tiaraと一緒に部署移動をするメンバーで

新たなプロジェクトの説明があったのですが、

「これで説明を終わりますが、

Tiaraさんだけ後から残ってね!」と

突然言われ、なにをいうつもりなのかと

思いましたが、

焦ったり、怖がったりすると

自己愛性人格障害の人には

自分よりも下だと判断されてしまったり

簡単にごまかせると思われてしまったり

(以前脅されたことは

たまたま機嫌が悪かっただけかな?

と思わせることができたと思われたり)

運がわるいとターゲットにされてしまうので

「あ、はい。」と真顔で普通に返事をしました。

 

 

そのあとなにをいうつもりなんだろ?

と相手の腕をどれくらいか見るつもりでまっていると

もちろん

個人的になにをいうか考えてもいなかったようで

全員関係のある話を

「さっきTiaraさんに残ってといった話は

この話だよ』と

突然焦ったように

冗談ぽくニコッとした可愛らしい笑顔で

言われました。

 

みんな、多少は(あれ?)と思ったと思いますが

そのメンバーは全員優しい人達なので

ちょっとしたことは突っ込まず

普通に流してくれました。

 

もちろんTiaraも気づいていないふりをして

普通に流しました。

 

こういったことは

自己愛性人格障害の人を相手にしていると

よくある話です。

 

ちょっと不自然だな?

と思う話があった時は

自己愛性人格障害の特徴と

照らし合わせてみると

あなたもなんとなく

判断できるようになるでしょう。

 

彼と再会して1ヶ月ほど経ちますが、

相変わらず周りの人を惹きつけてよく

温和な感じで談笑していることがところを見かけます。

 

知らなかったらTiaraも

落ち着いた感じの素敵な人だな?

と思ったかもしれませんが

あまりにも元彼の症状と似ていますので

彼を自己愛性人格障害だと判断できたのは

彼と一言言葉を交わしたあと、すぐに

もしかして

と判断しました。

 

ここ1ヶ月も今まで離れていたTiaraから

惹きつけられていくことがなかったので

自分が最後に脅したことで

Tiaraがどう思っているのか

気にしている素振りがよく見られます。

 

 

あれだけ自信たっぷりで

前の部署の時は

毎回くっついてきて惹きつけ行為や

いろいろなことを

Tiaraに根掘り葉掘り聞いていた上司が

今回の部署異動では

Tiaraにはなかなか近づいてきません。

 

ですが常にTiaraを目線でチェックしていて

スキを見ては近づいてきて

何かと話しかけてきます。

 

初めは耳まで真っ赤で目は充血し

自分から話しかけてきていながら

どこかTiaraを怖がっているような素振りが見られたり

Tiaraが普通に返してくれるか

見ているような気がします。

 

もちろん極力自然を装っていますが

常に一線引いているような距離感を保ち、

必要以上に話が長くならないように

途中でバシッと区切って話を終わらせます。

 

おそらくこの上司は

今までモテてきていると思いますし、

自分に惹きつけられない人の方が

めずらしいと思っていると思いますので

どうしようという焦りが内心にあるのが見えます。

 

ここで本当に許してしまうと惹きつけられたり

逆にターゲットにされてことあるごとに

揚げ足を取られることになりますので

めんどくさいので、できるだけそばには寄りません。

 

 

代わりに今の部署で

Tiaraが周りの人たちとうまくいっているのをみると

ものすごくチェックしていて

Tiaraのそばを何度も通ります。

 

みんなまだ

この上司の本性を知らないようなので

普通にTiaraに話しかけてくる人も大勢見えて

この前何度も不自然にTiaraのそばを通るので

何気なくどんな顔をしているのかチェックしたら

恐ろしく睨みつけている顔を目撃しました。

 

 

Tiaraが、まったくこの上司を気にしていない様子に

相当腹が立っているようですし、

かといってTiaraには自分の正体がバレているかも?

という恐怖におののいているようですので

Tiaraの周りの男の子たちに

怒りが向いているのが分かります。

 

まずいと思い、よく一緒に組んでいる男の子には

チラッと気をつけたほうがいい、

とアドバイスしたのですが、その時に限り、

いつもはそこにはいないはずの

自己愛性人格障害の上司が

たまたま会議できていたのか

Tiaraたちのすぐ後ろにいたようです。

 

まずいと思いましたがそれも顔に出さなければ

自己愛性人格障害は理解することができませんので

何食わぬ顔で普通にしていたら

一旦は

Tiaraの目を見て確かめ行為のようなことを

したのですが

そこで普通になに?と見返したら

そこから顔が怖がっていて

耳まで真っ赤になり

そのあとしばらくまた

Tiaraには近づいて来れませんでした。

 

いちお今回のこの移動の話は

この上司からの引き抜きでこちらの部署にきていますし、

普通にお礼を言って

「またよろしくお願いします。」とも言ったのですが

必要以上に近づきすぎないように気をつけています。

 

このようにしているほうが、

たまに惹きつけ行為もあったりして

Tiaraの気を引こうと優しくしてくるのですが

話は半分聞き流しています。

 

自己愛性人格障害の話はまともには聞きませんし、

かといって無愛想にすることもありません。

 

この上司が他の人を責めているところも

何度か目撃しているので

この上司が激化しないように

Tiaraがコントロールしていくつもりです。

 

自己愛性人格障害の人が

他の人にも激化しないように

コントロールするには、

誰かがターゲットになりやられている時の

周りの反応の仕方にも関係してくるのです。

自己愛性人格障害の育ち方

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人の育ち方について

お話しようと思います。

 

自己愛性人格障害とは

幼い頃に

本当の自分を受け入れてもらえないままに

育ってしまったために

共感力が育たなくなってしまった病気です。

 

例えばモラハラ家庭で育ってしまうと

自分のことよりも

両親が揉めている状況をなんとかしようと

必死で考えているために

自分のことが全く考えられないままに

大きくなってしまった場合、

自己愛性人格障害になるか

その被害者になるかの

どちらかになる可能性が

非常に高いと思います。

 

自分のことは差し置いて

モラハラをする父親から

精神的に虐待される母親を

なんとか助け出そうとするために

自分のことは全く後回しにして

(後回しにしていることにすら

気づいていない場合が多いのですが)

母親をかばおうと必死になったり

母親の辛さを分かってあげようと

母親の話を聞いてあげたり

少しおどけて見せて、

自分が笑わせようとすることで

周りを和んだ雰囲気にさせようと

必死になっている場合、

その子供は被害者体質になりやすいと

思います。

その子供が

周りの環境をなんとかしようとするあまり

自分の傷にはまったく気づいていません。

 

また、母親をかばおうとするあまりに

逆に父親からのターゲットになってしまい、

責められたり、追い詰められたり

または、母親の罪悪感をあおって

父親が、母親を思い通りに操るために

子供にひどいことをしたり

その子供に

母親のいうことを聞くよりも

父親の言うことを聞く方が、

父親が穏やかになると思わせて

父親の思い通りに動くことで

母親へのモラハラに

知らず知らずのうちに

加担してしまっている場合もあります。

 

この場合も子供は、

なんとかしようと必死になっているだけで

父親がひどいことをしている事にも

気づきにくいですし、

自らも母親が悪いと思ってしまう場合も

あります。

 

その場合、その子は高い確率で

自己愛性人格障害に育っていくと思います。

 

 

そうやって育った子供が男の子だった場合

大人になってから、

ある女の子と恋愛関係になった場合

今までは両親の揉め事を必死になって

止めようとすることに

夢中になっていたため

自分が置き去りにされていることにも

蔑ろにされていることにも

気づかなかったかもしれませんが、

恋愛関係におちいった女の子が

自分のことを思ってくれることに

感動を覚えるかもしれません。

 

そして、

今まで自分の話を

聞いてくれなかった両親の代わりに

その女の子に依存していくようになります。

 

初めのうちは二人とも

とても幸せな時を過ごすと思いますが、

やがて恋愛関係が長く続くにつれて

思うようにいかないことも

出てくると思います。

 

そうなった時に

知らず知らずのうちに

自己愛性人格障害に育ってしまった男の子が

今まで

自分の思い通りに動くと思っていた女の子が

自分の事を思わずに勝手に動いた場合、

激しい怒りとなってしまうかもしれません。

 

これは1つの例で男女は逆の場合も

ありますし、

男と男の友情の場合もあるかもしれませんし、

女同士や近所付き合い、

会社での

部下と上司や同僚同士の場合などもあり

もはや性別や人間関係は

関係ないかもしれません。

 

モラハラをするのが母親で

父親の方が

精神的に追い詰められる場合もあるでしょうし

もはや自己愛性人格障害には夫婦や恋愛関係

会社など、性別などまったく関係なく

どこにでも起こりうるものだと

Tiaraは考えます。

 

 

Tiaraも初めて気づいたのが

恋愛関係からだったので

恋愛関係での

自己愛性人格障害と被害者の立場で

ブログを書かせていただきましたが、

色々な相談を聞くにつれてもはや

人間関係はなんだろうと

モラハラ関係は起こりうるものだと

気づいたのです。

 

そして自己愛性人格障害本人も知らない間に

育つ環境の中で

自己愛性人格障害に育ってしまっていますので

気づかないうちに何故か

そのような心境になっていき

自分でも

止めることができなくなっているのです。

 

モラハラは誰にでもやる可能性はありますが

特に一番信頼し合った恋人関係や

絶対に逃げていくことのできない

会社での近い関係の同僚や

部下にもしてしまうし、

相手が悪いと思い込んで

自分がそんなことをしているとは

夢にも思っていないのです。

 

何故自分が一番信頼しているはずの

心許せる存在を

精神的にいたぶり続けて

潰れていくところをみたいと思うのかというと

自尊心が非常に低い病気なので

自分が人から拒否をされることに

普通の人よりも

深く極端に傷つくことが怖いのです。

 

だから、自分がひどいことをすることにより

自分の事を嫌いになってしまわれることに

恐怖を感じていますので

自己愛性人格障害の人が

否定をしたり、無視をしたりして

相手の人がそれで怒ったり、

離れていったりしないか

相手が気づかないレベルから初めて

試してみるのですが、

それで受け入れてくれない人には

怖くてモラハラができません。

 

そういった意味では、

自己愛性人格障害の人は

まったく自分の事を見てもらえない

環境下の中で育っているので

自分の事を考えてくれる恋人や親友に

絶大な信頼を置き、

そして優しい人や自分の事を考えてくれて

言いたいことを我慢してくれるような異性には

安心してその不安な気持ちや虐待の気持ちを

向けることができます。

 

もし、

幼い頃に親から無償の愛をもらい

自分の気持ちを受け止めてもらっていたり

自分の事を考えてくれたり

心配してくれる両親に育ったとしたら

のびのびと自分の感情を表に出すことができて

本当の気持ちをそのままに

受け入れてもらえることができていたなら

共感力を麻痺させることは

なかったと思います。

 

一緒に共感し合い、笑い

苦しみをわかってもらったり

いたわってもらったりしていれば

共感力を使うことは

幸せなことだったでしょう。

 

しかし、

自己愛性人格障害の人は共感力を使うと

辛い状況になるからつかわなかったのです。

 

共感力を使わなければ

母親が辛い思いをしているから

なんとかしたい、と

罪悪感に苦しみ、母親に同情し、

なんとかしたいと必死にあがいても

なんともできない自分に絶望することも

なくなります。

 

それでもモラハラをやめてくれない父親に

勝つことはできないと痛感したはずです。

 

共感力を持つことで絶望していき

やがて共感力を使わない方が楽だと

無意識レベルの中で気づいて

だんだんと

自然に使わなくなっていったのです。

 

自分を無条件に

受け入れてくれる人がいることを

体感的に自然に知ることができた人は

大人になった今、自分自分と自分のことばかり

執拗に見せたがったり、有能に見せたがったり

他の人を潰してまでも

周りの人に価値がある存在として

賞賛されたい、と

異常に強く思うこともありません。

 

Tiaraの周りの

自己愛性人格障害の人をみていると

異常に自分のことばかりを見せつけています。

 

自分の才能を

大袈裟に見せつけているだけでなく

他の人が少しでも目立ちそうになると

全力で潰してきます。

 

もし、その自己愛性人格障害の人の周りに

明るいだとか、友達を作るのがうまそう、とか

まあ普通に人に好かれやすいとか

特に才能があるわけではなくても

普通に魅力的な人がいたとすると

その人がわざわざ

人を惹きつけているわけではないとしても

ちょっと褒められたり、

いいところをみつけられたり

なんなら少し得意なことがあったりすると

必ずと言っていいほど確実に

その人のその魅力が

潰れるようなことをします。

 

例えば、絵がうまい人がいたとします。

 

するとその人をディスるわけでもないのですが

有名な画家が描いた

周りの人が見て驚くような

綺麗な絵を持ってきて

その絵を褒めまくったり、賞賛したりして

騒ぎ立てます。

 

その人の絵をけなしているわけではないので

周りの人は

気づかない人が多いかもしれませんが、

はじめに見せたその人の絵のことは

みんな忘れてしまっています。

 

それを異常に繰り返しているので

いつの間にか周りの人たちは

絵のうまい人のことを気にかけなくなります。

 

そういったやり方を常にしているので

自己愛性人格障害の人以外の魅力的な人からは

みんないつの間にか

興味を無くしてしまっているのです。

 

Tiaraはそれを知っていてみているので

そういった潰し行為をはじめると

すぐに気づきます。

 

そして、黙ってみていると

周りの人が自分以外の魅力的な人に

興味をなくすまで

さきほどのような行為を行い

その人にみんなが興味を無くすと

今度は周りの人に異様に親切にしたり

上から物を言って脅しをかけたり

優しく親切にしてあげているように

繰り返しながら

自然に自分が偉大な人物だと印象付けるような

ものの言い方を繰り返します。

 

聞いている人がいない時や、

誰も見ていないところで親切にすることはなく

必ず周りに人がいる時にわざわざ

いいひとに見えるように

振る舞っています。

 

人と仲良くする時も、

明るく冗談を言う時も必ず、

周りに多くの人がいることが条件で

誰もいないところでは

急にもぬけの殻のようになります。

 

自己愛性人格障害とは

自分の価値に極端に自信がなく

それを必死で隠すために

尊大で有能に振る舞い続ける病気で

その心の中は

生きていくために麻痺させてしまった

共感力がないがために

周りの人が何を考えているかわからないので

必死で有能で魅力的な人物だと振る舞い続けて

それを見て信じた人が自分から

近づいてくることで

安心してその人に近づくことができるのです。

 

そしてその人がいい人であればあるほど

安心して、やがては

自分の中の爆発しそうない怒りと不安を

すこすづつ試し行為を行いながら

用意周到に、大丈夫だと判断しながら

やがてモラハラへと化すのです。

 

その自己愛性人格障害のひとに

繰り返す試し行為の中で何度も

安心感を与えてしまった人は

自分のことはどうでもいい、

自分の痛みに鈍感で

人のことばかり考えてしまうような

被害者体質のひとが

どうしてもターゲットになってしまうのです。

 

だから被害を与える側と

受ける側の人間は決まっていて

必ずその組み合わせで

くっつく仕組みになっています。

 

だからモラハラを受け続けてしまう人は

自分が

モラハラを受け付けない人間に変化しなければ

永遠に

色々な自己愛性人格障害の人に

安心感を持たれてしまい

モラハラを受け続ける運命となって

しまうのでしょう。

自己愛性人格障害の人は被害者をなかなか離さない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

忘れた頃にまた現われる

というお話をしたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

一生懸命育ててきた被害者に

逃げられることがよくあります。

 

自己愛性人格障害の人は

第一印象が非常に良いことが多く

異性だった場合、

その魅力に惹かれ、

恋に落ちることがよくあります。

 

自己愛性人格障害の人は

その一瞬を決して見逃さず

恋愛がスタートするのですが

自己愛性人格障害の人は共感力がないため

表面にでた相手の態度や表情でしか

相手を見抜くことができません。

 

そのために尊大な自分をアピールしながら

それを信じた人を見ていくのですが

自分を信じた人には

素敵な自分を演じたり

優しくしたり親切にしたりして虜にします。

 

初めの頃は、今まで経験したことがないほど

ドラマチックで素敵な日々を過ごすのですが

たまに違和感を感じる行動を感じるようになり、

そこであなたが許してしまうと

だんだんとひどくなっていき

限界がありません。

 

ただ、そのスピードはゆるく

あなたが人を信じる

素直な性格であればあるほど

気づかないことが多くあります。

 

ちょっとしたことだと思ってしまったり

あのときは機嫌が悪かったんだ、と

相手を理解してしようとしてしまったり

(悪いことではないのですが)

自分にも悪いところがあったからと

あなたが自分を責め出してしまうところを

彼に見せしてしまうと

自己愛性人格障害の人はそれを利用して

自分が悪くない方向に

持ち込むことがとても上手いです。

 

自己愛性人格障害という病気は

自覚できないことも特徴の1つなので

どんどんあなたが悪いと思い込み出します。

 

そしてあなたが悪いから

自分の機嫌が悪いのはあなたのせいなんだと

本気で思い込んでしまうし

また

あなた自身も

自分が悪いと思い込んでしまうので

あなたが罪悪感を感じて

苦しくなってしまいます。

 

ほんとうは自己愛性人格障害の人は

幼いころの経験により

自分の心を守るために

自尊心を必死で保つために

周りの人間が悪いと思い込み

自分を正当化することで

楽に相手に酷いことをしてしまいます。

 

そのため、気づいた時には

とてもひどい状態になっているので

被害者は好きな気持ちを捨てきれないままに

理不尽な想いを繰り返し

やがて彼がおかしいとやっと気づくのです。

 

ただ、気づいた時には

本当にひどい状況になっていることが多く

被害者も逃げたくても

逃げられない状況になっていることが

多くあります。

 

ただ、その中で

逃げられることもあるのですが、

もう2度と会う事はないのかもしれない、

思っているとふと戻ってきたり

普通に連絡が来て

また縁が復活することもよくあるのです。

 

 

Tiaraは自己愛性人格障害の彼とは

事情があって、

まず会うことはないと思うし、

もし万が一きたとしても

全く相手にするつもりもないのですが

会社の上司には

Tiaraの転勤が

その上司の部署に決まってしまいましたので

もう一度お世話になることに

なってしまいました。

 

ですが、ここまで色々な

自己愛性人格障害の人の相談をして受けて

いろんなパターンの自己愛性人格障害の例も

知っていますし、

その都度対応をしてきているので

なんとかできるのではないかと

おもっています。

 

ただ、こればかりは

やってみないとわからないですし、

その人それぞれに症状の出方も

パターンも変わってきます。

 

Tiaraもその上司の惹きつけ行為も

尊大な自分の見せ方も

Tiaraに対する感情も

ある程度はわかっていますので

どう出るかある程度は予測しています。

 

最近久しぶりにメールが来たので

「また移動することになりましたので

よろしくお願いします。」と当たり障りなく

メールをしたのですが

早速親切でこまかなところまで

丁寧な対応をしてくださいました。

 

それも自分をよく見せるための

彼のやり方だとわかっていますが

今後のTiraの対応によっては

被害に遭うこともあるでしょうし、

惹きつけ好意があることは

予測しています。

とても素敵な方ですし、語学も堪能で

魅力もあり、

フェミニンで優しそうなルックス、

でも怒るととても怖くて

理不尽な言いがかりをつけてくることが

簡単に予想されますので

気を抜くつもりは一切ありません。

 

 

ただ、うまくやれば

Tiaraも仕事面でも

いい方向に進むと思いますので

あまり敵対視せず、

距離を保ちながら

上手に付き合っていかなければならないと

思っています。

 

自己愛性人格障害の

被害者になりやすいタイプは

何も考えずに動くと

必ず罠にハマりますので

考えて相手の動きを予想しながら

敵対心を見せず、

相手に魅了されずに

付き合い続けなければなりません。

 

仕事で関わることがなければ

できるだけ

付き合わない方がいいタイプなのですが

仕事で関わる以上は

考えながら対応していかなければなりません。

 

もちろん初めから

ダメだったときの逃げ場所も

考えておかなければ

辛くなりますので

いつでも動ける心づもりでいながら

今の仕事を守りたいと思います。

 

これが好きな人や恋人や

夫婦だと自分も逃げることが辛くなりますが、

会社はいざとなれば嫌ですけど

最終的にはやめればすむことですので

恋人よりかは対応はマシかと思います。

 

けれどどうしても

関わらなければならないときは

いやでも逃げることはできませんので

うまく行動していけるよう

あなたも応援していてくださいね!

 

今の部署も

自己愛性人格障害の女性を

抑え込んでいますので

自己愛を意識しながらも

自分の仕事は

まったく相手に分からないように

進めているので被害は受けません。

 

幸いにも向こうが拒否をしているので

こちらも相手にしなければ

関わらなくて済むのです。

 

いつもTiraの行動をチェックしていることには

気づいていますし、

ですがまったく気にしていない、

という態度でているので

その自己愛性人格障害の女性は

傷ついています。

 

これは何度も言うように

自己愛性人格障害の人は

自分が相手を拒否するのはいいのですが

自分が拒否されることは普通の人以上に

極度に傷つく、という特徴からきています。

 

Tiaraはそれを知っているので

Tiaraを拒否してくれることは

Tiaraも堂々と拒否できるので

とてもありがたい事です。

 

拒否をしているのではなく

彼女が拒否をするので

それを飲んであげている、

と振るまうだけでいいのです。

 

それを言葉にしてはいけません。

言葉にすると

こちらが悪くなってしまうこともありますので

あくまでそういうスタンスで

普通に仕事をするだけで

何も悪く思われず

自己愛性人格障害の人を

避けることができます。

 

なんとか惹きつけようと

自分が重要な仕事に関わっていることを

匂わせたり、

その仕事に

Tiraだけを呼ばないように

情報を隠したりしていますが

関わっている人は

有能な彼女に自分は選ばれている、

と満足しているようですが、

彼女には関わらない方がいいのです。

 

彼女の仕事は

自分を

尊大で有能な人物に見せかけていますので

立派な仕事をしているように見えますが

いつの間にかその話はなくなると

Tiaraは予想しています。

 

ですが今はそんな風には見えませんので

彼女に誘われて

そのプロジェクトに参加している人たちは

彼女に惹きつけられて

「〇〇さん!

今回はこのようないいお話をふっていただき、

ありがとうございます!

こんないいお話はないので

今後ともよろしくお願いします!!」

と満足そうな顔をして

お礼をいっているところをよく見かけますが、

Tiraはまったく知らん顔をして

自分のペースで仕事をしています。

彼女がTiraのほうをチラッとみて

その人に「あーその事?

まあ、よろしくお願いします。」と

クールでハンサムな声をだして

上から目線で余裕を醸し出していますが、

そのプロジェクトに参加したところで

何もいいことはないと

Tiaraは思っているのです。

 

いつの間にかその話が

なくなってしまうこともあると思いますし、

もし仮にいい話だったとしても

その人が活躍する場面はないでしょう。

 

彼は彼女をよく見せるために

使われているだけのコマで

その人が活躍しそうになると

邪魔をされたり悪い評判を

流されたりすることもあると思います。

 

それか責任が重くのしかかってきて

なんともならなくなった時に急に彼女ではなく

その人がやり出したこと、と

都合が悪くなってきてから

立場が変わってしまい、

その人の責任に

なっていることもあるでしょう。

 

とにかく自己愛性人格障害の人に関わったら

どんなによくみえたとしても

気づいてみると

何もなかったことになっているのです。

 

Tiraはこのパターンを何人も見てきているし、

彼女のその仕事の内容も

なんとなく想像はできますが

そんなに大したことではありません。

 

周りの人に聞こえるように大きな声で

すごく難しいけど大事なプロジェクトを

自分が立ち上げて

引っ張ってきているような言い方を

していますが、

それも尊大な自分を大袈裟に

アピールしているだけだと

Tiaraには分かります。

 

 

だから悔しがる必要はないのです。

 

それに自己愛性人格障害に関わると

いいことは全部彼女の手柄にされ

悪いことは

全部相手のせいにされてしまいますので

自己愛性人格障害の人についていって

徳をすることなどないのです。

 

もし有益な仕事がしたかったら

自己愛性人格障害の人の

知らないところで

自分でする方がいいと思います。

 

Tiaraが移動する先の

自己愛性人格障害の上司は

彼女の憧れで

彼のそばで仕事をしたいと

彼女は考えています。

 

そこにTiaraが行くことになった事は

彼女はとても悔しがっていますが

いいことなどないこともTiraは分かっています。

 

Tiaraにとっては

もはや、どちらも同じで

どちらの自己愛性人格障害の対処をするかが

変わるだけです。

 

そして彼女もまた自己愛性人格障害なので

彼の異常性に気づけていないので

有能で素敵な人だと思っているのでしょう。

 

どちらにしてもいい事はありませんが

いまのところ

Tiaraが仕事がやりにくいようなら

こちらで欲しいと

Tiaraの部署の上司に向こうから

言ってきたそうです。

 

これからどうなるかはわかりませんが

その都度対処を行い、

自己愛性人格障害の人が

攻撃出来ないように抑え込んでいくだけです。

 

そのせいで

他に被害が流れることもあるかもしれませんが

そのときはその時で

少しづつ対処をしながら

被害に遭う人を救いながら

自己愛性人格障害の人がしたことを

自己愛の人にそっとお返しをしながら

被害を受ける人が

1人もいなくなるような

社会を目指しましょう。

自己愛性人格障害の人は限度なくつぶしても自分から離れていかない人を常に求めている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

どんなにひどいことをしていても

自分をきれいに見せ続ける、

ということについお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

尊大な自分を見せ続けることを

やめることができません。

 

もしかしたらあなたが誰にも言わない、

と感じ取った時や

これは完全犯罪になると見込んだ時は

ごくまれに手を出したり

ひどい言葉を浴びせ続けるという話も聞くのですが、

ほとんどの場合は

被害者がひどい目に遭っていながらも

自分が悪いと思い込んでいたり、

彼にはそういったことをしなければならない

深い理由があるんだ、と信じてもらえていたり

また周りの人が

彼にこそ同情をして

あなたが元凶だと思い込まれることが多いと思います。

 

 

なぜそんなことが起きるのかというと

世間の人たちに嫌われることに

普通の人よりも極端な恐怖を抱いているので

ひどいことをした時こそ

いいひとを演じたり、必要以上に親切にしたり

また自分が同情をかうような態度を

周りに見せたりし続けるので

とてみきれいに見えるのです。

 

きれいに見えるため、

周りの人たちは彼がそんなに悪い人間には見えなくなり

本当のことがわかりにくくなってしまうのです。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れた人たちのお話を伺っていますと

お話の途中で、

Tiaraは自己愛性人格障害の人が何をしているか

気づきますが、被害者の方たちは

ほとんど気付いていないことが多いのです。

例えば、恋愛中の彼が突然姿を消し、

恋人に連絡をしてこなくなります。

 

「もうあなたとはやっていけない。」でも

「今は距離を置いて考えたいんだ。」でも

「あなたが僕を傷つける。」でも理由はなんでもいいです。

 

何も理由も言わずにいなくなるケースもよくあります。

 

でも、しばらく経つと

被害者以外の他の人には連絡をとっていることが多く

被害者は他人づてに彼がどうしているのかを

聞くことになるのです。

 

 

被害者は自分にだけ連絡をしてこない

自己愛性人格障害の人に

「もしかしたら嫌われたのではないか?」と不安になったり

「どうして私にだけ連絡をくれないの?」と

執着してしまったり、

「私に連絡できない何か理由があるんだ。」と

彼の立場を尊重してしまったりするのですが、

本当は異様に被害者だけを部外者扱いすることで

傷つけているだけなのです。

 

自己愛性人格障害の被害者になってしまうような人は

相手の立場に立って物事を考えてあげることのできる

優しい人がとても多いです。

 

しかも責任感が強く全て自分のせいだと思い込んでしまいます。

 

そのため、彼にひどいことをされているとは気づきにくく

勝手に1人でどんどん辛くなってしまい、

それが彼への執着になってしまい、

自分でも気づかない間に

自己愛性人格障害の人のことが忘れられなくなってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人がモテるのは

このためで言ってみれば

ひどいことをしまくるからモテているともいえます。

 

ですが、自分をきれいに見せることに長けていますので

それが、ひどいことをしているようには見えず、

周りの人も被害者の方に原因があるのではないか?と

深く事情も知らないくせに

自己愛性人格障害の人の味方についてしまうのです。

 

それが素敵で魅力的な異性なら

そのことが原因でまた

その自己愛性人格障害の人を好きになってしまう人も

出てきてしまいます。

 

そして、その人がまた

新たなターゲットになっていき

自己愛性人格障害の人を支えてあげようとすればするほど

近づいた人がどんどん苦しめられていくのです。

 

自己愛性人格障害の被害にあってしまった人は

最後には心を強烈に奪われたあとに捨てられ

そして周りの人間関係まで壊されてしまいます。

 

初めのうちは素敵な思いばかりさせられるので

全く気づくことなく

夢のような気持ちを味わいますが、

気づかないうちにあなたの心はどんどん奪われていき

そして知らない間にあなたの信頼できる人たちまで

自己愛性人格障害の人に奪われていくのです。

そして最後には

何もなくなったあなたをなんの未練もなく

こっぴどくどうでもいい存在として扱い、

あなたの周りの人間関係まで奪っていきます。

 

ですが、その人たちも

自己愛性人格障害の人を信じてしまえば

同じことになるのです。

 

初めのうちは、

あなただけが捨てられたような気になり

彼はまた新しい人間関係でうまくやっていくように見えて

強烈にやきもちを焼いてしまい、

とても苦しい想いに取り憑かれて

何年も自分だけが彼を忘れられなくなってしまう人も多くみえます。

 

ですが、あなたに

次の人とうまくいっているところを

わざわざ見せつけているだけで

その人も同じなのです。

 

自己愛性人格障害の人に

やきもちを焼く必要はありません。

 

あなたを苦しめるために

一時的に新しい相手と仲良くしているところを

あなたは人づてに聞いてしまうかもしれませんが、

それは偶然ではなく

自己愛性人格障害の人は

わざわざあなたの耳に入るように

自分が言うことなくいれています。

 

Tiaraが今まで見てきた自己愛性人格障害の人は

例外なくそれを繰り返しているのです。

 

対策法としては実にシンプルで

彼の噂を聞いても友達が心配してあなたの耳に入れてきたとしても

本当は幸せではありません。

 

あなたとの差をつけるために

今度のことはうまくいっているんだ、とばかりに

新しい彼女に優しくするかもしれませんが、

それは本当にその人が好きだからしているのではなく

あなたを傷つけるために次の人に極端に優しくしています。

 

 

Tiaraがみてきた自己愛性人格障害の人は例外なく

次の相手にはとても優しくしますが、

その影に必ず悲しんでいる被害者の影があるのです。

 

自己愛性人格障害の人は、

ターゲットを悲しませるために必死になります。

 

そして落ちぶれた被害者を見て

自尊心をあげていかなければ

生きてはいけないのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭わないためには

悲しまないことです。

 

そんなこと言ったって無理!

とあなたは言うかもしれませんが

あなたが悲しまなければ、

自己愛性人格障害の人は

次の人に優しくしていることにすら腹を立てます。

 

なんだってお前にここまでしてやらなければいけないんだ!!

ってなります。

 

とても普通の人には理解ができないことなんですが、

自己愛性人格障害の人が優しくするのは

その人に優しくしたいからではなく

それを見て悲しむ人間がいなければ

優しくすることも親切にすることもないのです。

 

あなたが好きになってしまった彼が

もし

自己愛性人格障害だったとするならば

あなたとの関係を深めていく間に

必ず悲しんでいる人がいると思います。

 

そんなことを異常にし続けて

ターゲットを眺めていなければ

自己愛性人格障害の人の感情が落ち着くことはないのです。

 

自己愛性人格障害の人がもし

穏やかでいい人を演じ続けていられるのなら

その影にかならずとても悲しんでいる人間がいるはずです。

 

その人を眺めているからこそ

自己愛性人格障害の人はいい人でいられるのです。

 

それに気付いたら

もう、自己愛性人格障害の人を魅力的だとは

考えられなくなってくると思います。

 

そんなことをしていたからこそ

あんなにも素敵で魅力的だったのです。

 

あなたが好きだった彼の優しさや有能さ、

親切で才能あふれた人間だったのは

誰かを苦しめるためにあなたに尽くしていただけなのです。

 

そして時がたち、被害者がいなくなると

今度はあなたがその被害者になります。

 

そしてあなたを苦しめるために

あなたから見えるところで

新たな人を好きになったり大事にしたりします。

 

しかもそれが極端な形ででるので

次の人は、とても幸せな思いをすると思いますし、

自己愛性人格障害の彼をきっと好きになってしまうでしょう。

 

あなたもそうやって初めに彼にしつけられたのです。

 

それは本物の愛ではありません。

 

誰かの辛そうなところを見て

自分の自尊心を必死であげることでしか

生きられない病気なのです。

 

あなたがそばにいて

彼に悲しんでいるところを見せてしまったら

自己愛性人格障害の人は

気分を高揚させていきあなたに執着して

限度なくますますあなたを苦しめにかかるので

本当に恐ろしいのです。

 

そんなことに付き合うのは今すぐにやめて

あなたの止まった時間を取り戻さないと

人生はすぐに終わってしまいますよ!

自己愛性人格障害の人は意味もなく笑いながら話す

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人は笑いながら話す、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は話をしながら

笑いながら話すことがあります。

 

ただ、話しているだけなのに

何がそんなに楽しいのかと思うほど

うふっ、くすっ、だからね。。。

と話を続けることがあります。

 

自己愛性人格障害の人は

男女の区別なく

これを行なっているのですが

男女ともにとても感じの良い人

というイメージを持つのですが、

男性の場合は特に

優しい人、というイメージを持ちます・

 

これって

自分をよく思ってもらいたいときに

起こるようなのですが

普通の人はおかしくもないのに

そんなに笑いながら話をしないと思います。

 

これはTiaraが知っている

自己愛性人格障害の人

みんながやることで

知らなければいつも

あの人は楽しそうで感じがいいなあ、という

印象しか持ちません。

 

みんな意外と深く考えていないのです。

その中で意識していないときに

少し遠くから

笑いながら話している会話が聞こえても

特に意識はしていないことの方が

ほとんどなのですが

その意識していない中に

笑いながら話す自己愛性人格障害の人の印象は

知らない間に

よくなっていることがほとんどです。

 

 

ですが、実際は

ほとんどの場合、楽しいわけではなく

周りの人に自分がよく思ってもらいたいと

何かしらの自分のしていることを

隠したい気持ちが強いのです。

 

またひどいことをこそこそとしているときほど

周りの人に対しては

親切で、明るいことが多く、

そんな態度なので、

まさか酷いことをしているようには

見えません。

 

自分がターゲットに対して

ひどいことをしているということが

バレないようにしているのです。

 

つまり、本当は近くにターゲットがいて

自分が

嫌がらせをしていることがバレてしまうかも

と強く意識している時からこそ

良い人に思われたいと隠す気持ちが大きくなっている時か

もしくは、自分がこれから

この人に好印象を持ってもらいたい、

と強く思っている時ほどこの現象は起きます。

 

そして、ターゲットにするかしないか

相手にためし行為を行なっているときに

相手に気づかれそうになってしまったときにも

バレないために必死で

頻繁に

ほかの人と話している会話を聞かせる目的で

自分の印象をよくしようと

必死になっているときによく起こる

状態なのです。

 

普通の人は自分が楽しい時に

どうしても笑みが抑えきれなくて

出てしまう時に

笑いながら話してしまう、

ということがあるのですが

自己愛性人格障害の人は

自分のしていることが

バレそうになっている時ほど

いい人を演じる傾向にあるのです。

 

 

普通の人はこれに騙されてしまうことが

多いのですが

自己愛性人格障害の人に

被害を受けている人から見ると

とても不自然に感じます。

 

あなたは

自分の印象を悪くされているのに

自分だけはいい人に思われようと

必死で常にいい人を演じる

自己愛性人格障害の人に

恐怖すら感じることと思います。

 

この現象は

自己愛性人格障害という病気に

気付いていなければ

ほとんどおかしいと気付く事はないでしょう。

 

被害者ですら

この前は機嫌が悪かっただけで

本当はいい人なんだろうなあと

思うことが多いと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

自分の印象が悪くなることは

極端に避けるので

症状がそんなにひどくなっていないうちは

自らターゲットを攻撃することなく

周りの人たちをコントロールすることで

被害者を攻撃するように仕向けているので

大抵の場合は

自己愛性人格障害の人は無関係で

その人の周りの人だけが勝手に揉めている、

というふうに見えると思うのですが

本当は自己愛性人格障害の人が

引き起こしているだけなのです。

 

ほとんどの場合

この症状で

相手が自己愛性人格障害だと

見抜くことは難しいと思うのですが

気付いてみると

なんでもない普通の話でも、くすくす笑いながら

おかしそうに話すのは

不自然だと気づきます。

 

おかしい内容のことでもなく

仕事の話や

なんでもないことを話す時でも

笑いながら話していることに気づくので

よほど、

周りからよく思われたいんだなと分かります。

 

だから意味のない話をしている時にも

笑いながら話している人ほど

Tiaraはその人は

自己愛性人格障害ではないかと

疑いの目を持ちますが

やはりしばらく見ていると

その人に

自己愛性人格障害の他の症状も

いろいろ出てくる場合が多いのです。

 

勘違いではない場合が多いのです。

 

他人から見た自分の姿を意識し続けながら

ターゲットを悪く見せることを繰り返すので

周りの人たちが

よく見ていない場合は

自己愛性人格障害の人が

信用されてしまうことの方が多いのですが

1つの場所で同じことを繰り返していますと

ターゲットの数が増えてくるので

気付く人が多くなり

必ずと言っていいほど

自己愛性人格障害人のしていることが

バレてくるのです。

 

今では、被害者の数が多くなり

なんとなく

自己愛性人格障害という

存在に気付いている人は多くなり

みなさんそれぞれに

自己愛対策をしていらっっしゃる人が

たくさんみえるので

以前よりも

自己愛性人格障害のという病気のことが

だんだんとバレてきているのです。

自己愛性人格障害の被害から逃れるために心がけることとは?

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人に

都合のいい世の中

という事について

お話ししたいと思います。

 

実は今までの世の中というのは

自己愛性人格障害の人に

都合よく作られています。

 

なぜ、そのようなことになっているのか

と言いますと

戦争に都合のいい教育が

そのまま

長年続けられているからなのです。

 

昔日本でも

第二次世界大戦までは

人は15歳になると

健康な限り、徴兵令というものが

存在しました。

 

位の高いものが

自分達の命を守る為に

都合のいいように

下のものが上のものに

逆らわないように

物事の善悪を決めていました。

そして、それが

正しい事だと

教育されてきた人たちが大人になり、

子供ができて、その考えをまた、

正しい事だと教えて、

普段、あなたは

あまり意識していないかもしれませんが、

上のものに従うことが正しい事だと

なんとなくみんな思うことが

常識のようになっています。

 

ですが、上に立つものが

正しいことを言っていない場合もある事は

気づいている人もいますよね。

 

そこで

その人が上に立つ人に逆らって

言い方やその表現の仕方では

その人が悪い様にされたり、

または認められて

上の人が考え方を改めたりしています。

 

ですが、大体は

ほとんどの方が常識に従って動いているでしょう。

 

自己愛性人格障害の人は

無意識に

この常識と言うものを使いながら

自分が悪く見えないことに全力を注ぎながら

その場の都合に合わせて

言うことをコロコロと変えることができるので

その場その場で自己愛性人格障害の人が

正しいことを言っているように見えるのです。

 

だから自己愛性人格障害の人は

一見すると

常識的な人間にみえ、

人格者であり、立派な人に見えます。

 

周りの人は

人のことをそんなに深く考えていないので

大体の人の事をイメージで捉えています。

 

だから自己愛性人格障害の人が

ターゲットに

ひどいことをしていても

気付かないのです。

 

また、被害者になるような人は

本当に善人が多いので

相手のいいところを探してしまうし、

自責の念が強いために

自分の悪いところを探して

相手に寄り添います。

そして、

自分でもひどいことをされていると

認めたくないので

たまたま機嫌が悪かったのかな?と

許してあげようとしたり、

一旦は受け止めても

そういう時もあるよね、と

人のことは簡単に許してしまいます。

 

相手が普通の人ならそれで良いのですが

もし、相手が

自己愛性人格障害だったとしたら

これが大変な事になります。

 

悪いことがあればそれは全て被害者のせいにされ

いい事があると全て

自己愛性人格障害の人のおかげになります。

 

 

いい事も悪い事も両方起きたりしますから

いいことが起きるたびに

自己愛性人格障害の人のおかげになり、

またあなたもそれを認めてしまうため

自己愛性人格障害の人の印象はどんどん上がっていき

悪いことがあるたびにあなたのせいにされ

あなたもそれを認めてしまいますから

あなたは何もしていなくても

いい人がゆえに

どんどんイメージは悪くなっていきます。

 

なんでも

「ごめんね。わたしがいけなかったの。」

といえばまるく収まるわけでは無いのです。

 

あなたの人の良さが

まさに

自己愛性人格障害の人が

貴方のイメージを悪くするのに

好都合なわけです。

 

そして印象の悪くなったあなたのことを

自己愛性人格障害の人が責めていても

周りのイメージは

自己愛性人格障害の人の方が

正しいとされていますので

あなたが叩かれていても

誰も見向きもしなくなります。

 

そのため、自己愛性人格障害の人は

堂々と

あなたに

自分の心の中の怒りを

ぶつけることが出来るのです。

 

こんな恐ろしいことになりたくなかったら

きちんと物事を判断してください。

 

被害者体質の人は

事なかれ主義の人が多いのですが、

自分が悪者になる事で

物ごとをまるく収めようとします。

 

ですが、今後は

めんどくさいようですが

いちいち1つ1つの出来事に対して

これは自分が責任を負うべき事なのかな、

と考えてみてください。

あなたが負うべき責任でないことは

受けないようにしてください。

 

これを言うと

私じゃない!

と声を荒げて今までとは

極端に真逆の対応をしてしまい、

自分の立場を

さらに悪くしてしまう被害者が

よくいるのですが

これはやり方がまちがっています。

 

自己愛性人格障害の人に

敵対心を見せてしまうと

これまで以上にたたかれる

原因になってしまいますので

絶対に敵対心を見せないでください。

 

自己愛性人格障害の人に

敵対心を見せてしまうと

とても恐ろしいことになります。

 

あなたのせいでない事は

そっと相手にお返しをしてください。

 

あなたは引くだけでいいのです。

 

これがイメージしにくい人は

その場は黙って

ちょっと驚いたような顔をして

後ろにすこしだけ引いてみてください。

 

え?!

と驚くような感じです。

 

自己愛性人格障害の被害に合っていると

理不尽な気持ちがどんどん溜まっていきますから

初めはあなたの優しさから

折れてあげているかもしれませんが

ずっと我慢していると

被害者の方が攻撃的になってくる事があります。

 

周りの人はそれをみて

さらに被害者のほうが

悪く思ってしまうのですが

Tiaraは見ていて

それが本当はどちらが悪いかわかります。

 

ですが、ほとんどの人は

そんなことを知っている人はいないので

被害者の方が悪者にされて

立場はさらに悪くなります。

 

そうならないためにも

他人の罪を

ずっとかぶるのはやめましょう。

 

自己愛性人格障害の被害者になるような人は

自分が傷つくことへのブレーキが壊れていますので

自分が酷いことをされることは

わりと平気です。

 

ですが、本当は心の中で

積み重なっていきますので

気付いた時にはあなたが

深く傷ついていることに気づくでしょう。

 

そうなってからでは遅いのです。

 

普通の人は

自分が傷つけられることに

あなたよりも敏感です。

 

きちんと自分の身を守っているのです。

 

普通の人にトラブルがないのに

あなたには

あなたが何もしていないのに

トラブルばかり引き起こされている時は

この自分が傷つけられるブレーキを

直さなければいけません。

 

あなたには

自分を守る力が足りません。

 

あなたが自分で自分の心を守れないと

あなたは無意識の内に

あなたを守ってくれる存在を

探してしまいますが

あなたの周りには

いい人ばかりではありませんし、

残念ながら

あなたのような人の周りには

自己愛性人格障害の人が

寄ってきやすいのです。

 

人は自立したもの同士がくっついて

初めて幸せになれるものだと思っています。

 

あなたの心はあなた自身で守れるように

今日からあなたを少しでも傷付ける人を

寄せつけないでくださいね。

自己愛性人格障害の人の魅力はあなたを壊して自分の自尊心をあげるためにつくられる

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人の魅力について

お話ししていきたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

その個性はそれぞれ違うのですが

魅力的に映ることがよくあります。

 

品がよく

ユーモアに長けていて

人を魅了するような面白い話をしたり、

遠巻きに見ても才能があり

そばにいる人たちがうっとりするような

作品を作り上げる方もおみえになります。

 

そして、

何よりもあなたを大切にしてくれて

どこか寂しげな表情があり、

なんとなく気になってしまうような

自然に心を惹かれてしまうような

魅力的な異性もいることでしょう。

 

あなたが心惹かれるのは

才能だったり、能力だったり、

あなたへの愛情だったり、

あなたが無意識に

そばにいたら幸せになれる、

と思わずにはいられないから

つい惹かれてしまうのだと思います。

 

ですが、そんな魅力的な人の中にも

自己愛性人格障害は存在するのです。

 

自己愛性人格障害のイメージというと

よく知らない人は

意地悪で、会社でパワハラをするような

いかにも嫌なやつだと考える人は多いのですが、

自己愛性人格障害の人の中には

そんな人ばかりではありません。

 

自己愛性人格障害とは

年齢と共にひどくなる傾向がありますし、

そばに被害者がいてくれて

自分の自尊心をあげてくれるような

ダメな存在や

自己愛性人格障害の人に

魅了されているような人が

大勢いるところでは

どんどんひどくなっていってしまいますので

自己愛性人格障害の人が

力を持ってしまった場合には

目に見えてパワハラをするような人も

いるでしょう。

 

でも、自己愛性人格障害の人は

普通の人よりも

嫌われることに

異常な恐怖心を抱いていますので

とてもうまくやる人が多いので

被害者以外は気づかない、

なんてこともよくある話です。

 

自己愛性人格障害の人の

コントロールにより

被害者の方が

悪く思われてしまっている場合は

正義というなのもとに

堂々として被害者を

攻撃することもよくある話です。

 

そして、一番怖いのは

一般の何も知らない人たちが

自己愛性人格障害の人に

魅了されて信じてしまい、

一緒になって被害者を叩くことにあります。

 

 

世間のいじめというものは

こういったことが原因になっていることが

多く

自己愛性人格障害の人を

信じてしまった普通の人の方が

怖いこともよくあります。

 

なぜなら自己愛性人格障害の人は

嫌われること、自分が悪者になることに

ひどく怯えていますので

自分が悪者になりそうになると

さっと身を引くからです。

 

そうすると

自己愛性人格障害の人は

自分は関係ないような顔をして離れていて

自己愛性人格障害の人を

信じてしまった普通の人が

執拗に被害者を責めて

被害者が信じてもらえなくなり

孤立する、ということがよくあります。

 

普通の人の方が本当に

被害者が悪いと思ってしまっているので

なかなかやめないのです。

 

すると、自己愛性人格障害の人は

自分は安全なところに身を置いて

そばで普通の人と

被害者が揉めているところを

傍観しながら

自分は関係ないから、という顔をしながら

自尊心をあげて満足するのです。

 

だから自己愛性人格障害の人は

もめ事になるタネをわざと巻いて

ターゲットが責められる状況を

わざと作り出します。

 

周りの人はそれに気付かず

自己愛性人格障害の人は

揉め事を起こさない、

と思っている人も大勢いるのですが

本当はわざと揉め事を起こさせて

被害者を悪者になるところを

眺めているのがすきなのです。

 

だから自己愛性人格障害の人の

魅力を信じてはいけません。

 

確かに本当に

有能な自己愛性人格障害の人も

大勢いますし、

本当に魅力的な場合もよくあります。

 

でもそれは

異常なまでに自分をよく見せていないと

気が済まないので

嘘もよくあるのですが

普通の人は

自己愛性人格障害の人に

良いイメージを持ってしまっている場合が

ありますので

なかなか気づきません。

 

自己愛性人格障害の人の

才能とウソが重なって

実力以上の人間に見えてしまっていることも

よくある事なのです。

 

Tiaraは見ていてすぐに気付くので

それほど魅力を感じませんが、

信じてしまっている人が

崇拝しているところをよく見かけます。

 

崇拝している人は

自己愛性人格障害の人に他人を潰して

それを眺めていなければ気が済まない、

などという特徴を

持っていることを知らないので

自己愛性人格障害の人の嘘に

気づきにくくなっているのです。

 

そしてそうやって

自己愛性人格障害の人を信じてしまった人を

順番にターゲットにして

気付かない人や魅了されてしまった人を

無視したり、価値のない人間だと思うことで

ターゲットに

さらにショックを与えていくのです。

 

自己愛性人格障害の人の嘘に

騙されてはいけません。

 

自分でわざわざ自分の魅力を

いって聞かせる人は

注意した方がいいでしょう。

 

他人を見下しながら

常に自分の魅力を見せつけてくる人の中には

自己愛性人格障害の人が隠れているのです。

 

あなたが心を壊される前にできるだけ早く

距離を取ることを強くお勧めします。

自己愛性人格障害の被害に遭ってしまったあなたが自分の人生を取り戻すために

こんにちは♡

今日はあなたが

本当に愛されるために

必要な心構えその2について

お話ししたいと思います。

 

 

あなたは自分が

本当に大切にされていることに

気づいていますか?

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人というのは

自分ではそんな風に思っていなくても

自尊心が低く、

心のどこかで自分なんかが

幸せになってはいけない、と

無意識のうちに

思い込んでいることが多いのです。

 

 

そのため、せっかくあなたに惹かれた人が

あなたの気を惹こうと

あなたのことを褒めてくれたとしても

素直に受け取ることができません。

 

この愛情を受け取ることがヘタなため

自己愛性人格障害のひとのような

自分に自信があるような人になら

安心してついていくことが

できるでしょう。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

その自尊心の低さから

それが周りのひとにばれることが怖く

必死で隠すために

尊大なふるまいをして

立派な人物に見せかけています。

 

この両者は

同じ原因となるものを持っていて

その苦しみから逃れるために

まったく逆のやり方をしているのです。

 

 

あなたが自己愛性人格障害の

被害者になりやすい

タイプの人だったとしたなら

今までと同じやり方をしていたのでは

現状は何も変わりません。

 

今後の人生においても

また違う自己愛性人格障害のひとに

潰されてしまう人生を送り続けていては

いつまでも先に進むことができず

ずっと何かに縛り付けられたまま

時間ばかりが過ぎていってしまい

何も変わらないまま、

あなたは歳をとってしまいます。

 

あなたが今後の人生において

素晴らしいものにするためには

自己愛性人格障害のひとに狙われないような

雰囲気になり

あなたが何をしても

誰にも邪魔されない

人生にしなければ

ならないのです。

 

それには、まずあなたが

自分自身を好きになることです。

 

自尊心とは

実はとても大切なあなたの武器になり

自己愛性人格障害のひとに

狙われにくい性質になります。

 

自尊心が本当に高い人というのは

自己愛性人格障害のひとが

自然に

攻撃したいとも思わなくなる

なるのです。

 

それにはまず出会って

まだ間もないころから

あなたのことを応援してくれるはずの

あなたが最も信頼できるはずの人から

少しづつ冗談ぽくあなたの立場を

落としていきます。

 

まず、そのことに

いち早く気づいてください。

 

するとあなたは

自分を攻撃する人を避けられるようになり、

あなたの邪魔をされなくなります。

 

自己愛性人格障害のひとと

恋に落ちたとしても

結局は将来的にあなたの立場を潰されることになり

自己愛性人格障害のひとの言うことばかりを

聞いて

彼の言動に

一喜一憂させられることになります。

 

それでもその思いが報われれれば

まだいいのですが

自己愛性人格障害のひとは

自分のことばかりを

あなたに考えされることができ

そしてまた、あなたは

自己愛性人格障害のひとのことばかりを

考えるようになり

あなたの可能性を潰していきます。

 

 

あなたは、長い時間

あなたのことを潰していく

自己愛性人格障害のひとのことばかりを考えて

何も手につかなくなってしまうのです。

 

 

これでは、

いくら普段は仲が良かったり

自己愛性人格障害のひとと

一緒にいたいと思っても

あなたの未知なる可能性を

潰してしまうことになるのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとと恋に落ちても

何も残りません。

 

すべてはフィクションで

何も起こっていなかったかのように

彼と過ごして長い時間がすっぽりと

何事もなかったかのように

消えてなくなってしまうのです。

 

時間はとても貴重なもので

後から返ってくることは絶対にないのです。

 

 

あなたの貴重な人生を

無駄にしてしまってはいけません。

 

そのためにはあなたのために

ならないような人に

一生懸命になってしまっては

いけないのです。

 

あなたが彼のためにどれだけ寄り添っても

彼はあなたを認めてくれることなど

ありません。

 

自己愛性人格障害のひとは

他人を認めてしまうことが

恐ろしいほど怖いのです。

 

 

あなたは彼の自尊心を上げるための道具で

決して彼があなたのために

自分の人生をささげてくれることなど

ありえないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひととは

他人のことなど考えることができず、

たとえあなただけに

優しくしてくれたとしても

それは自分をきれいに魅せたいだけの演出か

あなたを取り込むための演技なのです。

 

自己愛性人格障害のひとを見つけたら

できるだけ早く逃げることです。

 

できるなら物質的に

距離を離すことをお勧めします。

 

それができなかったら

心の距離を離して

彼に無関心になることです。

 

 

相手に無関心になられてしまうと

自己愛性人格障害のひとは

攻撃をすることができなくなります。

 

もし攻撃していたとしても

それはあなたの良心に対する攻撃なので

あなたがそれを分かっていれば

自己愛性人格障害のひとが一生懸命

1人でやっていることになるのです。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人というのは

今まで人に振り回されてばかりいて

自分の人生を歩むことができていません。

 

これからはもっと

あなた自身のことを大切にしてあげて

あなたの人生を歩み

これまで潰してきたあなたの人生を

自分の手で取り戻してください。

あなたの気持ちを本当に大切にしてくれる人と巡り会うために

こんばんは♡

今日は、あなたのことを

本当に思ってくれている人の

行動について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

尊大な自分を魅せていないと

不安になるため

とても印象のいい人が多いです。

 

気配りを見せたり、

とても親切にしてくれたりするので

あなたのことを思ってくれているように

見えます。

 

それがとても自分が良く見えるために

優しくしてくれているようになんて

見えません。

 

しかもこの考え方のほうが

ひねくれているようで

受け入れられにくいかもしれません。

 

ですが、付き合いが長くなってくると

あなたを不安に落し入れるようなことを

言ったり

突然連絡が取れなくなり

あなたが不安になることが多くなります。

 

自己愛性人格障害の

被害に遭うような人は

他人の気持ちを優先しやすいので

そこで自分が

ないがしろにされていることには

気づきにくいでしょう。

 

彼目線で

自分が何か気に障るようなことを

言ったのではないかと思い

不安になったり

勝手に反省したり

彼を怒らせないように遠慮したり

自分の気持ちを言えなくなったりします。

 

ここであなたが、普通のひとと違うのは

自分のことに意識が集中しないためです。

 

あなたは自分が傷ついていることに

気づきにくいのです。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人というのは

自己防衛本能が壊れているので

自分がどんなにないがしろにされていても

それは自分が悪いからだと思い込みます。

 

そこが、自己愛性人格障害のひとに

狙われやすい原因になっているのです。

 

性格が悪いわけではなく

むしろ自分のことを

大切にしていないからこそ

ひどい目に合うのです。

 

あなたのことを

本当に大切にしてくれる人、というのは

あなたの気持ちを

ないがしろにしたりしません。

 

男のひとは女の人が嫌がることは

できないようにできているので

女の子が不安になるようなことを

したりできないのです。

 

女の子が泣いたり不安になったりすると

あなたのことを

本当に思ってくれている男性は

自分自身も不安になります。

 

何か嫌なことがあったのかな?とか

なにかうまくいっていないんじゃないかと

あなたのことが心配になるのです。

 

あなたのことを本当に思ってくれている人は

あなたが幸せを感じていると

彼もうれしくなりますし

あなたが不安になると

彼はああなたのことが心配になり

不安になります。

 

そして何とかしてあげたくなるのです。

 

あなたのことを

大切に思ってくれている人とでも

けんかにはなります。

 

意見が食い違っていることも

相手に分かってもらいたいからこそ

けんかになってしまうこともあります。

 

ですが、ひどいケンカをした後は特に

反省して

二度と同じことが

起きないようにと気をつけて

だんだんとお互いの感覚が似てきたり

お互いに相手に1歩ゆずって

自分が我慢したり考え方を変えたりしますが

決して一方的ではないのです。

 

あなたが彼に譲るところもあると思いますが

彼のほうがあなたに譲ることも

あると思います。

 

そうやって長い間一緒にいることによって

お互いに性格やものの考え方が

似てくるのです。

 

自己愛性人格障害のひとが相手だと

そうやってだんだんと歩み寄ることはなく

あなただけがいっぽう的に

歩み寄る形となり

それが当たり前になっていきます。

 

それは、自己愛性人格障害のひとは

本当にあなたのことを

思いやってくれているわけでは

ないからです。

 

ましてやわざとあなたを不安にさせたり

あなたが辛い顔をしているところを

何度も見るようなことを

繰り返すということは

あなたを本当に思ってくれている男性だと

考えられません。

 

自己防衛本能が強い人ほど

相手のそういった行動に

気づきやすくなるので

自己愛性人格障害の被害に

遭いにくくなるのです。

 

だから自己防衛本能の強い人は

自己愛性人格障害のひとと

付き合ったりしません。

 

もし付き合ったとしても

早い段階でそのことに気づいてしまうので

関係性はそれほど長く続かないのです。

 

自己愛性人格障害のひとと

付き合いが長く続く人ほど

自己防衛本能がありません。

 

あなたがもっと

自分のことを大切に考えられるようになると

自己愛性人格障害の被害には

一切遭わなくなるのです。

 

あなたの大好きな彼が

どれだけあなたの気持ちを

大切にしてくれているか

あなたを不安にさせないようにしてくれるか

考えてみると

あなたが本当に一緒にいるべき人間が

分かるようになるのです。

自己愛性人格障害の彼はあなたの自尊心を壊している


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

あなたの自尊心を壊す

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

 

もし、あなたの彼が

自己愛性人格障害だったとしたなら

初めはとても親切で親しみやすい人として

あなたに近づいてきたと思います。

 

 

もしくはあなたが弱っているときに

あなたに優しく言葉をかけてくれたのでは

ありませんか?

 

共依存症のひとは

なんとなく自分に自信のない人が多いので

どこかで自分を助けてくれる王子様を

待っているようなところがあります。

 

弱っているときは特に

あなたに声をかけてくれた人には

特別な思いをいだいてしまいますよね?

 

あなたのことを

大切にしてくれる人がいるかどうかは

あなた自身が

自分を大切にできているかどうかで

決まるのです。

 

あなた自身が

自分のことを大切に扱っていたとしたら

あなたにひどいことを

言ったりやったりされたら

すぐにその人に対して

いい思いをいだかなくなると思います。

 

自分が傷つけられていることに

気づきますよね?

 

ですが、自分自身にあまり自信のない人は

自分なんかにこんなにも

優しくしてくれるから、

と理不尽な扱いをされても

その人を許してしまうようなことがあります。

 

いろんな人間関係のトラブルを抱えている人

というのは

自分自身に対して自信がないので

ひどく謙遜してしまい、

こんな自分に優しくしてくれる人を

怒らせてしまうのは

自分に原因があるんだと、

治すところもないのに

じぶんを相手のひとに歩み寄らせようとして

自分が傷ついた気持ちに

ふたをしてしまうのです。

それに慣れてくると

自分が傷ついても、自分の気持ちを

見ようとしないで

相手のことばかりを考えてしまうので

相手にとっては

言葉は悪いですが

利用されるだけの存在となってしまい

あなたはさらに相手のひとから

軽く扱われるようになってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人には

共通点があり

まじめで人を信じやすく

なんでもいいようにとらえて

物事の本質を見ないようなところがあります。

 

あなたの優しさはいいことではなく

むしろ自分自身を傷つけることを

許してしまっているのです。

 

それを続けているうちに感覚がマヒしてきて

自分を傷つけるられることに

鈍感になってしまい

自分の気持ちにふたをしているので

普段は見えないのですが

あなたの心はどんどんすさんでいき

気づくと

常に嫌なことばかりが目に付いてしまい

暗い気分になったり、落ち込んだりして

気づかない間に

あなた自身が他のひとに

攻撃的になったりしています。

 

そうなってしまうと

自己愛性人格障害のひとの

思うとおりになってしまい

あなたの周りからは、

だんだんと人がいなくなってしまい

孤立したあなたは

ますます彼から離れられなくなって

しまうのです。

 

あなたが信じているその人は

あなたを傷つけることで

自分を保つことのできる

自己愛性人格障害という病気なので

あなたはどんどん人格否定をされ

知らない間にあなたは自分を認めることが

できなくなり

やがて、鬱になったり

本当に自分で

命を絶ってしまうこともあるのです。

 

そうなったときにはあなたは

正常な判断ができていないので

自分を攻撃する人が悪いのではなく

自分が孤立するような

誰からも気にかけてもらえない

みじめな存在だからだと

自尊心を傷つけ自責の念に苦しみます。

 

そしてそんなあなたを分かってくれるのは

彼しかいないとますます彼から

離れられなくなって

悪循環になってしまうのです。

 

あなたを傷つけるようなことを言う人は

あなたのことを思っている人ではありません。

 

むしろ全力で逃げなければいけない

危険な人物なのです。

 

あなたを助けてくれると思っていた人は

あなたを傷つけるだけの存在で

あなたがどんどん傷ついていくことにより

気分を高揚させていくので。

 

そのためにあなたは利用されているだけで

ボロボロになりあなたに何も残らなくなると

絞り切って水分の出なくなったあなたを

平気で捨てて

次のターゲットのところに平気で行き

今度はその人を全力で優しくして自分に引き寄せ

あなたと同じように絞り切った後

捨てていくことで

自己愛性人格障害のひとは大きく成長します。

 

あなたは、そんな彼の成長を見たいですか?

 

気づいたときには

もう遅いということもあるのです。

 

できるだけ早く気づいて

あなたのことを本当に大切にしてくれる

あなたが幸せな気持ちになれる人と

1日も早く出会わなければいけません。

 

あなたを本当に大切にしてくれる人とは

自己愛性人格障害の彼と別れなければ

出会うことはできないのです。