自己愛性人格障害の人は対処によっておとなしくなる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は治るのか?

ということについてお話ししたいと思います。

 

Tiaraがいつも考えることは、自己愛性人格障害のひとは

状況がひどくなり、

自分のやっていることが周りのばれてしまうと

自己愛性人格障害の人は

おとなしくなるのかということについてです。

 

自己愛性人格障害の人は

基本治らないと言われています。

 

自己愛性人格障害とは育つ過程で

ありのままの自分を受けれられなかったことから

その状況が辛すぎて、がんばったけど

その緊張の糸が切れて

パタっと倒れてしまったことから起きます。

 

子供は大人よりも感覚的に何もかもが敏感で

痛覚も心の痛みも大人以上に感じます。



その状態で誰もが純真無垢に生まれてくるわけですが、

たとえば、親同士の仲がとても悪く

自分に愛情を向けてもらえなかっただとか

家庭環境が元々悪く、

父親が母親をモラハラするところを近くて見て育ち、

なんとか助けようと必死になって大人と戦っていた子供も

どうしても敵わない大人の力に

ある日絶望感を覚え、

共感力を使って生きていると辛過ぎると

ある日ぱたっと共感力を使わなくなります。

 

その生き方を覚えてしまうと

そのほうが楽で、

自分に都合の良いようにしか考えられなくなるので

自分でも気づかないままに

自己愛性人格障害になります。

 

それでも頑張って自分がいることで笑わせようと

頑張っておちょけて見せたり、

自分が母親の気持ちをわかろうと必死になり、

共感力を最後まで捨てずに

頑張って真面目に生きてきた人が被害者体質になります。

 

このどちらになるかは紙一重で

原因はどちらも同じようなものなのです。

 

一旦共感力を使わなくなると

子供の脳なので共感力が育たなくなり

それの生き方が当たり前になります。

 

だから、自己愛性人格障害は

途中で病気になったというよりは

元々共感力が育たなかった病気なので

元々持っていないものは治りようがありません。

 

だから自己愛性人格障害は治らない、

と言われているのですが、

自己愛性人格障害の心の奥底には

人から嫌われることが異様に怖いので

どうしても好かれようと

行動してしまいます。

 

これが

自己愛性人格障害の人があまり嫌われない原因ですが、

一旦激化して関係性がひどくなり、

関係が壊れるとなぜこんなことになったのか。。

と悩むことがよくあります。

 

悩んだ自己愛性人格障害の人が

Tiaraのところに相談に来るケースもあるのですが

その言葉を聞くと反省しているように感じられます。

 

反省している、というよりは

また同じことになるのがこわい、

という間隔に近いと思うのですが

自己愛性人格障害の人も

関係性が壊れることが怖いのです。

 

自己愛対策をしていると

自己愛性人格障害の人が大人しくなることがよくあります。

 

元々は極端に人から嫌われることを恐れるため、

Tiaraが引き気味の態度をとっていると

近づいてきてやたら笑いかけてきたり、

わざわざ仲のいい話し方をして

周りの人にTairaと仲のよいところを見せようとしてきます。

 

そんなときはわざわざ敵対視せずに

Tiaraも普通に返すのですが、

以前に比べて直接的にあまり関わってこようとしません。

 

ですが、たまに顔を見せると

Tiaraには話しかけずにTiaraの視界に入るようなところで

穏やかに和やかに誰かと延々と会話を続けていたり

ちょっとした頼みを電話でしてくることがあります。

 

普通に引き受けると嬉しそうで

以前のような脅しや、逆に妙に誘って来たり

不自然にTiaraにばかり寄って来たりしなくなりました。

 

全然受け入れないTiaraに嫌われたと思って怖くなり

調節をしているように見えるのです。

 

今のところ、

周りの人ともトラブっている様子も見られず、

みんなに穏やかに接しているようにも見えます。

 

おとなしくなったな、という印象を持ちます。

 

このままいけばいいなと思うのですが、

おそらく、

Tiaraの見ていないところで出ていると思います。

どこでも出ていないといいなあとは思うのですが、

自己愛性人格障害の人は人から

嫌われることを普通の人よりも極端に恐れるので

この人にはばれているかも、と思う人には

その症状を出さないようにしますが、

自己愛性人格障害を知らない、

どんな人とでも仲良くやろうとするような人や

自己愛性人格障害の人が怒るのは、

必ずなにか理由がある、

と常識的に考えて

自己愛性人格障害の人だけが悪いわけじゃないはず、

と考えるような素直な人にこそ、

その正体を見せます。

今、Tiaraには気をつけている自己愛性人格障害の人ですが、

この人は今、Tiaraをターゲットにすると

Tiaraにバレてしまうことを恐れて

自己愛性人格障害の怒りや嫌がらせを完全に引っ込めて

優しくて楽しい雰囲気を一生懸命出しています。

 

この人は自己愛性人格障害である、

と知っているTiaraが見ても

なんの嫌な感じもしません。

 

地位の高い人たちと一緒にいる時も

真面目でとても従順で

そしてとても柔らかい雰囲気を出しているところも

よく目にします。

 

たまたま今Tiaraは、

会社でもトップクラスの人たちが

大勢いるところで仕事をしていますので

特に幹部クラスやお客様などの対応が多く

その打ち合わせや会合などに

その上司も出席するので

とても従順で有能なところをよく目にするのです。

 

そういった意味では、

この人は他の人にはない能力を持っていて

若い子達を辞めさせてしまう怖さを出せないようなところでは

とても頑張っているようにしか見えないのです。

 

そういうところを見ると

ずっと自分の感情を抑えているのは大変だろうな、と思いますし、

彼がとてもがんばっている所を見ていますので

心の中ではどうしても応援をしてしまいます。

 

でもTiaraには必要以上には近づかないでね!

とは思っているのですが。。

 

自己愛性人格障害の人の対応とは普通の人からは

考えられないようなことで

憧れていて、応援はしていても

決して仲良くしすぎず、

どれだけ仲良くしているように見えても

ここからは入り込ませない、という境界線を

ある一定のところで持つようにするとうまくいくのです。

 

周りからは、この上司とTiaraは

お互いにとても仲が良いように思われていると思いますが、

Tiaraの方で一線を引いているので

自己愛性人格障害の上司から見ると

Tiaraには、どこか用心をしないといけないオーラが

でていると思われます。

 

それで気を使ってもらって

この雰囲気の良さなのです。

 

本当はTiaraの方も普通に仲よくしたいです。

 

ですが、こういった感情を持つことは

相手が自己愛性人格障害の場合とても危険なのです。

 

この人が本当は

とても怖くてめんどくさい人だということは

バレていますし、

みんなも近づきすぎ何人が多いので、

いまのところうまくいっているように見えますが、

彼のことを余り知らない新人の人や、

彼と今まで面識のある部署にいなかった人は分からず、

普通に話しやすくていい人、有能そうだから仲よくしてれば

何か徳があるかも知れないと考えているような人は

普通にやられると思います。

 

また外見もよく、話し上手なので

女性で彼に話しかけられることが嬉しいと感じてしまうような人は

狙われる可能性が大だと思います。

 

このように

自己愛性人格障害の人は自分を信じた人を

ターゲットにしてしまうのです。

 

今でもこの人がおとなしくなったとは到底思えませんので

どこでその感情を出しているんだろう?と

不安になりますが、どこでも出せないと

彼の中にストレスが溜まり、

苦しくなるので

必ずどこかでは出ているだろうと思われます。

 

自己愛性人格障害とは悲しい病気です。

 

本人のせいではないのにこのように育ってしまい、

お腹の中の怒りをどこかで出して

そして、自分が関係を作らなくてはいけない人たちとは

しっかりと関係を結んでいく。

 

でもそれは本物ではないのです。

 

人から見たら魅力的に見える外見も才能も

周りの人達との仲のよさも

決して本物ではなく、

本人も苦しいですし、また

どこかで自己愛性人格障害の人の犠牲者になって

存在を潰されている人がいる中で成り立っているのです。

 

見た目の良さに惑わされず、

しっかりと見極めていくことが

あなたの身を守る唯一の方法なのです。



自己愛性人格障害の人に対して対策を行っていくとどう変わっていくのか?

こんにちは♡

ゴールデンウィークも終わって

少しづつ過ごしやすい気候になってきましたが、

あなたはいかがお過ごしですか?

 

ゴールデンウィークに辛い思いをされた方も

たくさんみえたと思いますので

今日は、自己愛性人格障害の人に対して

一貫して対策をおこなっていくと

関係性がどう変わっていくのか、

ということについて、

具体的にお話ししたいと思います。

 

Tiaraは自己愛性人格障害の人に会うと

気づいた瞬間から

その人に対して、相手よりも少し多めに

冷たさを増します。

 

自己愛性人格障害の人は

初めは好印象なのは分かっているので

どんなに向こうから親しげに話しかけてきたり

にっこり笑いかけてきたり

困ったときに親切にしてきてくれたりするのですが、

自然ではありません。

 

どんなにいい人に振舞っても

どんなに有能なところを見せてきたりしても

どんなに好意を見せてきても

Tiaraにはなんとなく、あるいははっきりと

自己愛性人格障害の人がわかるのです。

 

例えば、マウントというか

初めから相手にしていないような

態度を取るタイプもいるのですが、

普段は冷たい態度をとっていることが多いですが、

Tiaraの周りにいる他の人には

とても親切にしたり、

とても親しげな態度をとっている男の人がいます。

 

いちいちTiaraと仲のいい人と

Tiaraのそばにいるときにやる回数が頻繁すぎて

不自然に感じていました。

 

明らかに

ただ自然に話しているわけではなく

自分の振る舞いを

わざわざTiaraに見せているのだなと感じます。

 

周りの人とは長々と話をしていたり

丁寧にお礼を言ったりするのですが、

Tiaraの事になると、急に無表情になったり、

黙ったりする男の人がいるのですが

この人は

以前の部署でも本当に少しの間だけ

一緒でしたが

帰国子女で英語も話せて

とても有能な設計士だということは

聞いていました。

 

Tiaraが入って間もなく、

部署を移動していったので

あまり面識はありませんでしたが、

30代の落ち着いた感じの男の人で

「顔を覚えた頃に移動ですが、

また何かありましたらよろしくお願いします。」

そう言って移動していった方で、

その時は、特に印象は悪くなっかったのですが、

話そうと思っても近づきにくく、

明らかに普通ではない雰囲気を

醸し出していました。

 

今回Tiaraがその部署に移動したことで

また同じ部署になりましたが、

以前の部署での噂で

ある女の人が

その人から意地悪されて仕事を教えてもらえないので

トイレの前でよく喧嘩していた、という話は

聞いていたので

この人も自己愛性人格障害っぽいなあと

感じていたので

元々あまり仲良くすることは

考えていませんでした。

 

ですが、Tiaraが新しい部署に移動してからというもの

やたらとTiaraと仲の良い人と絡んでくるのです。

 

Tiaraと一緒に移動してきた人もいるので

その3人とTiaraが一緒にいると

「あ、〇〇さん、お久しぶりです。

またよろしくお願いします。」

というような感じで話はじめ、

Tiaraもいちお顔は知っていたので

「あ」という感じでお辞儀をすると

「ああ。。」と反応はするもの

あまり相手にする感じがなかったので

ああ、そういう感じで来るつもりね。。

別にTiaraは、

あなたと関わりたいとは思ってないのよ、

という感じであまり気にかけないように

徹底的に、意識的に、

その人を視界に入れないようにします。

 

普通、向こうも本当に

Tiaraに関心がないのなら

Tiaraが相手にしていない事にも

気づかないでしょうし、

本当にTiaraの周りの人たちとだけ話があるのなら

その人と話しているときに

Tiaraの反応なんて気にしないでしょう。

 

ですが、明らかに、うざいほど

しつこいほど、

徹底的にTiaraを意識しながら

相手にしないで周りの人たちと穏やかに談笑する、

ということを続けるのです。

 

Tiaraも今の部署に変わってからというもの、

とてつもなく忙しいので、

気にしている暇はないのですが、

やっていることは伝わってきます。

 

だから、Tiaraも意識的に徹底的に

無視をして業務に集中するのですが、

ときにこちらの会話に割って入って来てまでも

自分の方に惹きつけようとしてくるので

ちょっと。。。いい加減にしてよ。。

という感じで

ものすごく冷たい目でにらんで視線をそらさずに

彼の目をじっと10秒ほど見てみました。

 

すると彼はすぐに気づいて

「な。。。。!」という感じで声を上げました。

 

が、彼の反応を見たあとすぐに

視線を真下に90°落とし、

くるっと方向を変えて

違う業務に集中してみました。

 

元々クールで、

仕事もできる有能な彼ですから

そんな態度に女性に出られたことが

ないのだと思います。

 

大勢の人たちの前で

自分の知識を熱弁して

語っているところもよく見かけます。

 

プライドも高い方だと思います。

 

そんな彼が入って2年ほどのTiaraに

それも新しい部署に変わって

まだそんなに人間関係もできていない女のTiaraに

そんな目で睨みつけられたことは

プライドもズタズタだと思います。

 

幸い、物静かな彼で

役職もついていない人なので

大声で怒られたり、怒鳴られたりすることもない、

と分かっているのでできたことではありますが、

周りの人間に

「なんかTiaraさんに睨みつけられたんだわ。。」

と言われる可能性はあります。

 

ですが、Tiaraは普通の人には

ウザいほど、一生懸命ですし、

腰は低いし、

あわてんぼなので、

先走って行動して失敗することもしょっちゅうな

おっちょこちょいなので

「すいません!!」ということもよくあります。

 

多分、バタバタといつも一生懸命な子、

というイメージはあると思うのですが、

決して要領がよく、世渡り上手、

というイメージはないと思います。

 

ですが、それは、普通の人にしか絶対に言わず、

自己愛性人格障害の人には絶対に言わないのです。

 

Tiaraは

いわば、自己愛性人格障害の人が

舐めてかかるような人にほど親切にし、

大切に扱い、敬意を示して丁寧に接します。

 

自己愛性人格障害の人は

立場が上の方の人や怖い人、

厳しい人の前ではとても従順で紳士的で

丁寧に接し、

優しい人や立場が下の人、

責任感の強い人やいい人にほど

冷たく、舐めていて、態度が横柄です。

 

Tiaraは

自己愛性人格障害の人とは真逆の行動をとるので

睨みつける、と言われたところで

本当かなあ?と思う人の方が多いでしょう。

 

普通の人は

丁寧に接すれば、敬意を示してくれる人で

怖い人ではないとは分かってくれていると思います。

 

だからこの人に怖がられたところで

この人は自己愛性人格障害なので

この方がTiara に嫌われたくなくて

丁寧に接してくれるはずです。

 

それでも相手にしませんが。

 

すると、やはり、そのあとから

何かとTiaraを気にかけてくるようになりました。

 

「こんにちは。」と

渋い声で急に挨拶してきたり、

扉を開けようとすると

「大丈夫ですか?」とドアを開けてくれたり、

今までウザいほどしていた

Tiaraのそばで他の人と談笑する、

ということをいっさいしなくなりました。

 

それでもTiaraは

なに?急にどうしたの?

としか思っていないので

全く反応しません。

いわゆる視界に入っていない状態というか

相手にしていない状態です。

 

するとますます、Tiaraを気にするようになり、

直接親切にしてくるようになります。

 

新しい部署で引っ越し作業があり、

忙しく荷物を段ボールから出し、

壁に立てかけていると

「大丈夫ですか?」と体を寄せて

一緒に支えてくれようとしましたが、

心の中では

(うるせえな、大丈夫だよ、ダンボールくらい。。

何が大丈夫ですか?だよ。)としか思っていません。

 

「あ、ありがとうございます!」と女っぽく弱々しく

いうとでも思っているのでしょうか?

 

だったらなんで今まで知らん顔、

徹底的にしてた?と思うだけです。

 

ここで大抵は被害者体質の人は

(あ、やっぱり勘違いだったんだな。

この人やっぱりいいい人だったんだ。。)と思いがちですが

こんなことくらいで大していい人ではありません。

 

段ボールで怪我をすることなんてそうそうないし、

軽い物なので

女性でもまったく問題ありません。

 

強いていうなら

たくさんあるので、誰かが一緒に協力してくれると

やりやすいのですが、

やりにくいだけです。

 

ここで女っぽく

(いい人だな。。親切な人だな。。)

と簡単に株が上がってしまうので

自己愛性人格障害の人の

ターゲットになってしまうのです。

 

親切な人は大抵普通に親切ですし、

初めからやるし、

1人を徹底して無視して周りとだけ仲良くする、

なんて事はいちいちしません。

 

喋る時は喋るし、

喋らない時は喋らないだけです。

 

親切にしたところで、その親切にしたことも

本人さえ忘れてしまっているでしょう。

 

しかも個人的なことではないし、

会社で仕事上のことなので

手伝っても別に当たり前です。

 

感謝をすることもあると思うのですが、

それもそれをしたからと言って

その人より上だと、いうことでもありません。

 

ですが、Tiaraも普通の人には普通に親切にしますし、

手伝うときは手伝います。

 

だからと言って、手伝ってやったとも

手伝わなきゃ!とも思いません。

 

普通のことです。

 

これがもし、Tiaraが

この人のことを初めから気にしていて、

(あの人とはあんなに喋るのに

どうしてTiaraとは話してくれないんだろう?)

とか

(あの人たちとはあんなに仲良いんだな)

と羨ましがったり、

有能で素敵な人だから仲良くなりたいな、

と思ったりしたら、

この彼はきっと、

ダンボールの時も

親切に支えたりはしなかったでしょう。

 

そのあとTiaraではありませんが、

重いものをみんなで持っているときに

『手伝おか!」と張り切って入ってきて

服を1枚脱ぎ(セクシーアピールでしょうか??)

力のあるところを見せたりしていましたが、

(あ、そう。じゃこっちは人手がたりるから

Tiaraは向こうへ行こ!)とばかりに

彼の活躍を見ていなかったり、

徹底的にTiaraも

彼への印象を好意的に変えたりしません。

 

すると、気に入ってもらいたいのか

やたらとTiaraに話しかけてきたり

「これってどうすればいいですか?」と

ウザいくらいに話しかけてくるようになりました。

 

こちらの部署にも

自己愛性人格障害の人はちょこちょこいますし、

Tairaと一緒に

時期は、ずれても

以前の部署で一緒だった自己愛、

こちらで新しく知り合った自己愛には

同じような接し方で、

4ヶ月ほど経った今では

自己愛性人格障害の人は、少しづつ

Tiaraをターゲットにすることを

諦めて来つつあります。

 

まったく諦めてしまった人は

Tiaraがまったく相手にしないので

廊下ですれ違うとチラッとTiaraの方を見て

節目がちになり、

諦めて足速に通り過ぎ、

有能なところを見せるのも

Tiara以外の人と

楽しそうに穏やかに談笑することもやめて

静かになりました。

 

元々強烈な自己愛の強い

元彼に似た上司だけは、何かと近づいてきては

また離れていき、

たまにTiaraが失敗してしまったことに気づいたときは

にこにこと近づいてきて

「だめだよ?」と優しくたしなめるだけです。

 

それでもTiaraが「ああ。。」とあまり相手にしないと

そのあと近づかなくなり

最近では近づくこと自体、

少なくなりました。

 

帰りの待ち伏せや「バイバイ」

と言ってくることもなくなり、

たまにエレベーターで降りたところで

ばったり会うと嬉しそうな顔をしますが、

Tiaraが一瞬頭を下げて、そのまま素通りすると

その日は顔を見ることもないくらい

会うことがなくなりました。

 

どこで何してるんだろ?って思います。

 

その代わりTiaraは、

自己愛ではない普通の人たちと

仕事を進め、毎日充実した

忙しい日々を送っています。

 

Tiaraも

自己愛性人格障害の人に

気をつけること以外は

ほぼほぼ、

自分の素のままに生きることができ、

言いたいことを言いたい言葉で

やりたいようにどんどん自分のやり方で

仕事を進められます。

 

時に会社のルールも

Tiaraが決めてしまうこともあり、

誰も何も言わず、

それに従ってみんな動いてくれます。

 

自己愛性人格障害の元彼と別れて

元の会社を離れて以来、

初めてこんなにも生きやすく

大した不安もなく仕事ができています。

 

1人でいても平気になり、

元に戻りつつあるので

もうそろそろ、

感情的にも元の感情に戻してもいいかと

たまに感動的な映画を見たりすると

普通に心が感動するのですが、

そうなると苦しくなり

急に寂しくなることがあります。

 

感情が元に戻ると誰かといたくなり、

理性的に淡々とするべきことを

判断してやるべきことをやっていたり、

何か知識を深めるために勉強したり、

本を読むことはいいのですが、

感情が入るような

人情的な映画や感動的な映画で

また感動して涙することを

たまにできるようになったので

ああ、まだ元の感情はあるんだな、とか

元々の本当の私はこういう人間だったな、

と安心するのですが、

それと同時に苦しくなったり、

胸が締め付けられるような気持ちになります。

 

やはり、以前はそれを

幸せだと感じていて満足していたのですが、

人を信用して傷ついた経験から

人を愛する深い気持ちを持つことと恐怖が

1つになってしまっているのです。

 

それでも今まで通り、家族やペットは大事ですし、

特別な関係ではなくても

普通の人たちとは普通に

コミュニケーションが取れています。

 

普通にコミニュケーションを取れる人たちとしか

心を寄せなくなったのでとても楽です。

 

その中から仲良くなれる人がいたらいいなあ、

くらいに思っています。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすいタイプの人は

自分にひどいことをする人のほうを気にして

その人に気に入られるように必死になりながら

自己愛性人格障害の人ばかりを気にしています。

 

自分がなんとも思わない人の方が

普通の人たちなのです。

 

自己愛性人格障害の人と被害者は

お互いに惹かれやすい状態にありますが、

一緒にいるとどんどん関係性は

悪化していってしまいます。

 

むしろあなたが

あまり興味がわかないタイプの人の方が

関係は築けるのです。

 

Tiaraもどうしても

 

自己愛性人格障害の人は気になります。

 

ですが、こうやって避けることにより

自己愛性人格障害の人もおとなしくなり

関係は穏やかに普通になっていくのです。

 

自己愛性人格障害の人も激化せずにすみ

穏やかに時間は流れていきます。

 

自己愛性人格障害の人は

自分のことを

気にかけてくれない人の方に気を遣ってくれ、

それは自分が嫌われたくないという

極端な臆病心からきていて

ただ嫌われたくないだけなのです。

 

この気持ちを使い

彼をあまり安心させないようにしておくと

自己愛性人格障害の人からの攻撃を受ける事なく

平和に時間が流れていくでしょう。

 

 

関係性は普通の人とこそ

作るべきなのです。

自己愛性人格障害の人から自分を守ろう

こんばんは♡

久しぶりの投稿をします。

 

毎日仕事も忙しく、

土日も、子供達が遊びに来るので

なかなか更新できませんでしたが、

最近、残業制限がかかったので、

あなたに有益な情報をお届けしようと思います。

 

自己愛性人格障害の人って

思ったより多いと思いませんか?

 

特にあなたがもし、

被害者になりやすいタイプの人だったとしたら

周りにいる自己愛性人格障害の人たちから

あなたは取り合いになってしまうので

普通の人よりもさらに

自己愛性人格障害の人が多いと

感じてしまうことだと思います。

 

自己愛性人格障害の人を知っている

Tiaraがみていても

被害を受けない人は全然受けないんだけど、

被害に遭いやすい人は

男女を問わず、

必ず自己愛性人格障害の人が

被害に遭いやすい人のそばをうろうろしだします。

 

Tiaraが自己愛性人格障害に気づいたのも

元彼と雰囲気の似た人が

自分によってくることを感じ取ったからです。

 

初めは、元彼と似たような年齢の

男の人だけがわかるようになったのですが、

そのうちに女の人も

自己愛性人格障害の人が多く存在していて

またタイプのまったく違う自己愛性人格障害の人も

根本的なところは同じなので

だんだんわかるようになってきました。

そして、自己愛性人格障害の人は

まともに相手にしていればしているほど

被害に遭いやすいということも

とてもよくわかりますし、

どんなに初めの印象がよくても

しばらくすると、

少しづつ、奇妙な行動を取り出し、

そしてそんな時に限って他の人には

異様に親切にしたり、素敵に振舞ったり、

明るく周りを虜にしてしまうような魅力を振り撒くので

被害にあっている人物以外には

なかなかバレにくいということも

体感してわかるようになりました。

 

恋愛だと被害者になりやすいタイプの人が

自己愛性人格障害の人に惹かれてしまうことも

とてもよく分かりますし、

そしてまた、どんなに被害者が拒否しようとしても

異様にしつこく魅力を魅せながら近づいてくるので

初めはなんとも思っていないとしても

抗えないほど心を奪われてしまうこともわかります。

 

知っていても、

だんだん心臓がドキドキしてくるのがわかりますが、

この人は素敵なやさしい人なのではなく、

自己愛性人格障害なのだから

自分の事を異様に気にしてもらわないと

気が済まないので近づいてきているだけだ、

とわかっていても、

どんなに避けても向こうから

ちょっとしたきっかけを作って近づいてきます。

 

視界に入るような場所で、

こちらが気になるような大きな声で

周りの人とわきあいあいと話をしたり、

真剣に誰かの相談にのっていたり、

異様に親切にしているところを見せたり、

または直接親切にしてきたり、

たまにニコッと笑って近づいて来たり、

帰りに「バイバイ」と言って振り返って来たりします。

 

これも自然にしていることではなく

自分が素敵に見えるような

最高の笑顔を作って見せてきている

とわかっているから惹かれませんが、

自己愛愛性人格障害を知らなければ

普通に恋に落ちてしまう方が自然でしょう。

 

そんなことを繰り返し、しつこくしてくるので

相手が素敵な異性ならば、

ほとんどの人はどうしても

好きになってしまうと思います。

 

これは、結婚していてもしていなくても

関係ないので、不倫関係になってしまう人も

いると思います。

 

本当にどんなに拒否してもやめないのです。

しかも、

はっきり口説いてくるとは限りませんから

「近づかないで!」とか

「しつこい!」と口に出していってしまったら

「何を勘違いしているの?」と言われかねないので

はっきりと拒否をすることはできないのです。

 

態度で避けたり、

あまり相手にしないようにしていても

決して諦めたりしない粘り強さが

自己愛性人格障害の人にはあり、

それが、異様にしつこいので

自己愛性人格障害について知らないと

どうしても心を奪われてしまうのです。

 

あなたにどうしても近づこうとしてくるので

中には

初めはなんとも思っていなくても

自己愛性人格障害の人が自分のことを好きだと

勘違いしてしまい、

意識してしまう人も多くいると思います。

 

こういう様子をみていると

被害者の方が、

自分が相手を好きになった、

と思っている人もいるようですが、

自己愛性人格障害の人は

相手にそう思わせることが

とても得意なのです。

 

好きになってしまうと夢中になってしまい、

初めのうちはとても大事にされるのですが、

だんだんと

あなたが気づかないように

あなたの方が悪いと責めたり、

あなたが悪いからやっていけない、などと

あなたを責めるようになりますが、

付き合う前から、

自己愛性人格障害の人が

だんだんとそうなることは

Tiaraには分かっているのです。

 

だから、被害者の人から

彼にフられた相談を聞いていると

彼のことが忘れられない、だとか、

やり方次第でなんとか彼と

もう1度やっていけないだろうかと

聞かれることも少なくないのですが、

あなた辛い思いをするだけで

自己愛性人格障害の人とは

絶対に幸せにはなれないのです。

 

これは

結婚できるできないの問題ではありません。

 

自己愛性人格障害の人で結婚している人も

大勢いますが、

おそらくその奥様は、

常にイライラして

毎日を過ごしているか、

心が病んでしまい、

つらくてつらくてたまらない生活を

送っていることがほとんどです。

何もかも奥様のせいにされて、

全然相手にもしてくれず、

いいことは全て自己愛性人格障害の人のおかげで

悪いことはすべて奥様の人格のせいだと

拒否され、否定されて、

たとえ、結婚していも幸せではありません。

 

浮気をする自己愛性人格障害の人もよく聞きますが、

普通の人が浮気をしているときは

奥様にバレないようにするものですが、

自己愛性人格障害の人は

あえて少しだけバレるように痕跡を残したり、

ひどいときは悪びれることもなく話したりして

奥様の心を傷つけます。

 

自己愛性人格障害の人にとって

浮気はバレないと意味がない、

と言っても過言ではありません。

 

普通に浮気相手に夢中になっている時もありますが、

あえてバラすことで、相手を傷つけ、

傷ついて苦しんでいる姿を見てみることが

浮気をしている以上に心が高揚するのです。

 

またタチが悪いことに、

相手の傷付く姿を見ることで

高揚感が増し、さらに傷つけようとして

追い討ちをかけてくるので

感じたことがないようなストレスを受け続け、

やがて、眠れなくなったり

涙が出てきたり、

夫婦関係を修復しようと思って

何も言えなくなり、

鬱になっていく、ということも起きます。

 

そして浮気相手も

奥様を傷つけているときは

奥様を傷つけるために

とても幸せに大事に扱ってもらえるかもしれませんが、

自己愛性人格障害の人の都合により

ターゲットが変わることがよくあります。

 

そのときはすべてを浮気相手のせいにされたり、

簡単に捨てられてしまったり、

また結婚をしていることを内緒にしてある場合も多くあり、

今まで夢のような幸せな日々を送っていたにも関わらず、

突然、彼がいなくなってしまった、

と嘆き悲しむ人も大勢みえます。

 

これだけ多くの相談を聞いてきたTiaraには

自己愛性人格障害の人と一緒にいるように

おすすめすることは到底できないのです。

 

ましてや、自分が悲しい思いをするのは

嫌なので

自己愛性人格障害の人がどんなに素敵だろうと

どんなに有能だろうと

どんなに優しくされようがどんなに楽しそうだろうが

それは見せかけだけのものに過ぎず、

自分を素敵に見せることだけに

全力を注いでいることを知っているので

心を入れないように表面上だけで付き合っています。

 

にも関わらず、

Tiaraがそんなことまで知っているとは誰も思いもしないので

自己愛性人格障害の人はその性質上、

当然のようにTiaraに気にしてもらえるように

しつこく魅力を見せてきたり、

女性の自己愛性人格障害の人は、

Tiaraのそばで周りの人と

わきあいあいと楽しそうに話をして

自分に興味を持つように仕掛けまくりの毎日です。

 

知らなければ、

あーあの子は周りの人と仲良くやっているんだなと

まわりとうまくやれる人ととってしまいそうですが、

それは、Tiaraの方から仲良くなりたい!と

近づいていった時に、

冷たい態度を取って相手にしなかったり

舐めた態度をとって笑い物にしたりするために

前もって準備をしていることなので

Tiaraの方から近づいていかなければ

1人でしていることになります。

 

もちろんTiaraは

その人が周りの人たちと本当に仲が良い、とか

本当に周りの人たちとうまく人間関係をやっている、

とは思いません。

 

だから羨ましくもなんともないですし、

近づいていっても時間の無駄です。

 

逆に、

自己愛性人格障害の人の

そんな振る舞いを信じた人たちが

近づいていき、傷付く事によって

自己愛性人格障害の人は、

自分はそんなに相手にもしていないのに

周りから憧れられるような魅力的な人

とみえてしまうのです。

要は被害に遭う事によって

自己愛性人格障害の人をよく見せる事に

協力させられてしまっているのです。

 

だからもちろんTiaraは自己愛性人格障害の人に

憧れの眼差しなんて向けませんし、

むしろ、本当に一生懸命やっている人や

自分を犠牲にしてでも

相手を助けてあげようとする人も見えているので

そういった人たちの方を尊敬し、

協力します。

 

そうすると、

自己愛性人格障害の人は意地になって

もっと素敵なところを見せようと

Tiaraには近づいて来ずに

Tiaraから見えるところで

穏やかに談笑をしているのですが、

その長さが異常なのです。

 

 

長いと2、3時間、

「そうだよね?あははは。。

うん。

俺もそう思ったんだよね〜。。。。

 

 

という感じです。

もちろん1人では会話は成立しないので

周りで話している人たちもいるのですが、

その人たちは人の話に根気よく耳を傾け、

「そうですかあ。。

へ〜すごいですねえ。。」と

相手を持ち上げ、賞賛してくれるような

優しい方達ばかりです。

 

それでもTiaraがまったく気を向けないので

何度も何度も異様に話を続けるので

いくら優しい人たちでも賞賛しまくりの

2、3時間にいい加減疲れてきて

口数が少なくなってくるのは

手に取るようにわかります。

 

話している自己愛性人格障害の人にも

疲れが見え始め、だんだんと口数が少なくなり

なんでこんなにやってるのに惹きつけられないの?

という感じになってくるので

異様にTiaraを惹きつけたいのだとわかるのです。

 

どんなに素敵なところや

みんなとうまくやっているところを見せようとしても

絶対にTiaraは惹きつけられません。

 

一方、人から思われる

自分の印象をよくしようと思って話している人たちではない、

ただ喋りたいだけの人たちは

Tiaraが見ていようが見ていなかろうが、

話したいときはいつまででも

楽しそうに話しています。

 

Tiaraが見ていようがいまいが、

話さないときはまったく話していません。

 

Tiaraが話しかければ普通に話すし、

わざわざ惹きつけられるような話し方もしません。

 

普通です。

 

普通の人は普通です。

 

自己愛性人格障害の人は

分かるようになると普通に話しているようで

話し方がセリフじみています。

 

自然に見えるような演技をしています。

 

それが、わかるようになると

バレバレなのです。

 

試しに、

素敵に振る舞っている時や

周りととてもうまくやっているなあ、と思うときに

さりげなく席を外してみましょう。

 

何か思い出したように部屋を出ていったり、

トイレにたつなど自然な感じで

その場をある一定時間離れてみましょう。

 

しばらくして戻って来ると

話していないはずです。

 

本当に会話が終わっている場合もありますが、

聞いている人がいないと

その会話に意味がないことが

何度かやってみると分かります。

つまり、

うまくいっているように見えるその人間関係には意味がなく、

ターゲットが気にしてくれるかどうかが

一番大事なのです。

 

これは恋愛を対象とした

異性の自己愛性人格障害の場合もそうですし、

いじめを目的とした

同性の自己愛性人格障害の場合も行動は同じです。

 

賞賛しまくっている周りの人たちも

相当疲れているはずです。

 

自己愛性人格障害の人に憧れても

あなたが惨めな思いをさせられるだけだと

理解してください。

自己愛性人格障害のひとはあなたの行動をすべて無駄にする

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害は

あなたがした行動をすべて無駄にする、

ということについてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

人を信じ過ぎている傾向にあることが

多いです。

 

Tiaraも昔はそういう考え方でしたし、

その方がポジティブで

自分も前向きになれるし、

愛を向ければすべての人から

愛が返ってくる、

と無心に信じていたかもしれません。

 

今は自己愛性人格障害の人の心が

どのように動くのかが分かるので、

まだ事が起きていない前から

今後、

自己愛性人格障害のひとが

どのように動くのかが分かってしまうので

初めから、自己愛性人格障害のひとには

いっさい期待はしていません。

 

そうなってしまうのは脳の動き上、

自己愛性人格障害のひと本人も

どうしてもそうなってしまうので

仕方のない事だし、

自己愛性人格障害のひとを

恨んだり、憎んだり、

軽蔑したりすることはないのですが

自己愛性人格障害のひとに

いっさい期待をしないTiaraの方が

どうも冷たく見えるようです。

 

とはいえ、普通の人とは

普通に気持ちも向けるし、

むしろ、

普通の人と、自己愛性人格障害の人の違いが

明らかに分かるので、

安心して普通の人とは

普通に気持ちを向けるので

元々の共感力の高さから、

どうしても仲良くなってしまうようです。

 

こちらが気持ちを込めて相手のために動けば

返してくれる、とまではいかなくても

普通に感謝してもらえるし、

相手も

Tiaraのために動いてくれようと

しているのが分かるので

安心して心を込める事ができます。

 

多少、お互いに思い違いをしていて

機嫌が悪くなったり、

相手に対して、

どうしてそれを言ってくれなかったの?

と思うこともあるのですが、

相手のひともそのことをなんとなく気づいて

次からは言ってくれようとしてくれたり

しばらく変な雰囲気になり

距離を置いたりしても

すぐにお互いに

今度はうまくやろうとしている事が分かるので

すぐに関係性は戻っていきます。

 

この感覚は、

自己愛性人格障害でもあるので

勘違いしやすいのですが、

ポイントは、その後もわざわざ故意に

何度も何度も行き違いを起こすのが

自己愛性人格障害です。

 

普通の人は、大抵前回の経験で学んで

次からは関係をよくしようと努力します。

その結果、合わないならお互いに離れていくし

合わないものを

わざわざ引き戻そうとしないのが

普通の人です。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

その人も

また人から強く求められることを望むので

自立した相手では

少し物足りない、

と感じてしまうかもしれません。

 

あなたがもし、そう感じてしまうのなら

あなたは

幼い頃の育ち方で

無償の愛情を与えられておらず

人から求められる事を

普通の人以上に強く求めるので

自分が必死に相手のために尽くすことで

相手に分かってもらおうとします。

 

ですが、あなたがもし

そんな気質を持っておられるのでしたら

相手が普通の人なら

そんなあなたを邪険に扱ったりしません。

 

自己愛性人格障害のひとは

極端に自分に尽くす相手を潰してこそ、

ようやく自分を認められるのです。

 

あなたが

彼のためにした行動でさえ

無駄にします。

 

あなたが彼のために尽くせば尽くすほど

その行動を潰すことに快感を覚えるので

あなた彼のために自分を犠牲にすればするほど

ひどい事をすると自己肯定感が上がるのです。

 

ですが、その自己肯定感も

すぐに消えて

また自分の存在価値を高めていないと

気が済みません。

 

自己愛の度合いが強ければ強いほど

その気持ちは長い時間保っている事ができず

またすぐに人の惨めな姿を見たいのです。

自己愛性人格障害のひとは

自分に価値があると

常に認めていないと気が済まないので

自分を嫌うような人物がいたり

一切自分の脅しに、動じない人がいると

普通の人よりも、極端に傷つくので

怖くてその人のそばにいられなくなります。

 

もしくは、自分を嫌っている人に

それは勘違いだよ、と思わせるために

人柄のいいところを必死で見せてくるので

あなたは

あれ?

こないだは

たまたま機嫌が悪かったのかな?

とか、

私の勘違いで、

この人は本当はいい人なのかも、

と思ってしまうかもしれません。

 

でもそれは違うのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分を認めるために

必死であなたに自分をいい人に見せ、

信じた人を安心して虐待できるまでに

育て上げます。

 

お金や生活の面倒を見たり

プレゼントをしてきたり

甘い言葉をかけてくるのも

自分から離れられないようにしてから

精神的に虐待するためです。

 

虐待とまでも酷いことをしないまでも

あなたが気づかないような

小さなことも何度も何度も無駄にして

あなたの気持ちを踏みにじります。

 

あなたが作ったご飯を無駄にする、とか

彼のためにやった行動を無駄にしたりして

あなたが気づかないように

ちょっとしたことでショックを与えて

それでも離れていかない

(もしくは離れていけない)あなたを見て

ちょっとだけ満足するのです。

こんなことをされるために

彼のそばにいたら

あなたの自尊心はどんどん下がっていき

酷いと自殺にまで追い込まれたりもします。

 

彼になんとか認めてもらおうと

あるいは彼に

なんとか許してもらおうとするのですが、

そもそも

あなたの意思を尊重されていない時点で

あなたは大切にされてはいないのです。

 

そんな

あなたを大事にしてくれない人のそばにいると

あなたはどんどん自分のしたことを

潰され、

あなたが彼のためにしたことですら

すべて無駄になります。

 

あなたの足を

引っ張る人をあなたのそばに置いていると

あなたは人生の大半を

無駄にしてしまうのです。

 

どんなに良く見えても、

自己愛性人格障害のひとは

あなたをつぶし、あなたの足を

積極的に引っ張って喜ぶので、

そんな人をそばにおいてはいけません。

 

どんなに素敵に見えても

どんなに有能に見えても

優しくされても

あなたに協力してくれたりしても

それはあなたの気を引きたいだけで

あなたを大切にするためではないのです。

 

全ては自分をよく見せるための道具で

周りの人とわきあいあいとやっているように見えても

それも本当に仲が良いわけではなく

あなたにいいな、と思わせたり、

または周りの人から

いい人だと思われるためにしているだけで

本当に楽しんでいるわけではないのです。

自己愛性人格障害の人は被害者にとてもこだわっている

こんにちは♡

久しぶりの投稿になってしまいましたが、

あなたはお元気でお過ごしですか?

 

今日は、

自己愛性人格障害の人は

クールに見えて

とても被害者にこだわっている

と言うことについて

お話したいと思います。

 

以前にも、お話ししたと思うのですが、

今年の1月から部署異動になり、

以前一緒に仕事をしていた

自己愛性人格障害の上司に引き抜かれて、

1年ほど離れていた

自己愛性人格障害の上司と

また同じ部署で働いています。

 

まだ、新しい部署にはきたばかりですが、

以前の部署のように

自己愛性人格障害だらけで

緊迫した空気はなく、

専門職の方が多く、若い子も多いので

何となく活気に満ち溢れていて

今のところ、直接関わる人たちに

その上司以外は

自己愛性人格障害の影は見当たりません。

 

自己愛性人格障害の上司とは

離れていたこの1年も、

時々,

会社帰りに

近くを歩いているような気配がしたり、

本当に偶然なのか、

故意になのかは分かりませんが、

偶然居合わせたかのように

気付くとそばにいたりしたことが

何回もありました。

 

特に移動の話がくる少し前から

頻繁に会うようになっていて

Tiaraにこだわっているのかなと

思うような節がありました。

 

Tiaraの方が気がついて、

声をかけてもおかしくないような場所に

自然な感じで立っていたりするのですが

いつも、Officeを出る瞬間から

TiaraはBluetoothで

爆音の音楽を聞いているので

無視をしようが挨拶をされようが

イヤフォンをして

聞こえない状態になっています。

 

明らかに挨拶をしてくれる人はわかるので

「お疲れさまでした。」と

いって通り過ぎますが、

無視をする人もいるので

基本、聞こえても聞こえなくても

いいようにしてあります。

 

 

なので

この上司が近くにいると気づいた時も

Tiaraの方から声をかけることはなく、

気づいていないふりをして

足早にその人の横を

通り過ぎていっていました。

 

傷ついたり、怒っているような

顔を見るときもありましたが

気づいていない、という体裁でいるので

素通りしてもおかしくない、

という気持ちで通り過ぎているので

罪悪感はありません。

 

このメンタルは、

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人にとって

おすすめの方法です。

 

爆音なので音楽の方に気が行きますし

無視されてもまったく傷つきません。

 

 

また声をかけたり、

反応をしてしまうと

また自己愛性人格障害の人に

近づかれてしまうので

反応しない方がいいです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分が無視をすることによって

相手が傷つくことで、

高揚感を増しますから

高揚感が持てないと

無視をすることに意味がないのです。

 

それどころか

自分が周りから異様に

価値を持たれることに

こだわっていますので

自分が無視をされると普通の人よりも

傷つくのです。

 

あなたは

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすいと思いますの

自己愛性人格障害の人が

傷ついていることに

気づかないかもしれませんが、

よくみていると

自己愛性人格障害の人は

非常に弱い事に気がつき始めます。

 

そうするとあなたが

惨めな存在だったわけでは

なかったと気づきますので

気持ちが楽になりますよ?

 

自己愛性人格障害の人はそんな

何でも自分が悪いんだと

自分のせいにしてしまう

責任感の強いあなただからこそ

あなたに嫌がらせをすることで

高揚感を増していますので

あなたが悪いわけではないのです。

 

むしろ

あなたが自己愛性人格障害の人から

無視をされることを

なんとも思っていないことがわかると

自己愛性人格障害の人が傷つきます。

 

だから

あなたに嫌われることが怖くて

あなたにひどいことをできなくなってくるのです。

 

自己愛性人格障害の人に無視をされる事に

いちいち傷付いたり

その意味を考えたりしてはいけません。

 

あなたには

なんの関係もない事なのです。

 

すべてもともと

自己愛性人格障害の人の

心の中にあったもので

あなたが何かしたから、

というわけではないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分がしたことで傷つく人に

異様にこだわっています。

 

あなたなんて相手にしてないよ?

というスタンスをとりながら

あなたの様子を伺っています。

 

そこであなたが傷つくところを見て

高揚しているのです。

自己愛性人格障害からの

攻撃に苦しんでいるあなたは

その様子をしっかりと確認してください。

 

それが分かると

あなたは

自分が悪いわけではないことが

明確にわかりますよ?

 

そうやって人を下にみて

自分のほうがマシだと

安心する事を常にしていないと

自己愛性人格障害の人は生きていけないほど

自尊心が低いだけなのです。

 

あなたの責任感の強いところや

自分が悪いと思ってしまうところ、

あなたの

相手のために

自分が犠牲になる性格を知っているからこそ

なんでもあなたのせいにして

あなたを責め立てるのです。

 

ですが、そんなあなたがもし

逃げてしまったら

自己愛性人格障害の人は

必死で追いかけます。

 

 

優しくしたりあなたに話しかけてきたり

あなたに親切にしたりして

自分のことを良い人だと思ってもらうことに

必死になるのです。

 

自分のメンタルをあげてくれる

優しいあなたを

離すことを極度に怖がっているのです。

 

Tiaraが部署移動した件ですが、

Tiara的にも

助かりました。

 

一緒に移動になった人が数人いるのですが

仲の良い人や、いい人ばかりだったことで

決心ができたのですが、

今までの部署にいても

とても仕事はやりにくかったです。

 

 

今までの部署では

ほとんど同期入社の女性が

自己愛性人格障害だったのですが

上司をコントロールすることで

Tiaraになかなか情報が

入ってきずらい状況にありました。

 

ですが、

こだわると

自己愛性人格障害の人を喜ばせてしまい

余計に攻撃を仕掛けてくるので

まったく気にしているそぶりを

見せないようにしながら

Tiaraも

自己愛性人格障害の人以外の人としか交流せず、

独自に仕事を進めていました。

 

そうすることで

自己愛性人格障害の人は

勝手に怖がって

情報を隠しますし、

被害者が仕事が出来るようになったり

周りとうまくいくことを異様に怖がります。

 

だからどうしてもしてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のメンタルを

完全に理解していますので

この女性が仲のいい時から

今後どんな行動に出るかが予想できました。

 

どうしてもそういった行動に出てしまうことは

自己愛性人格障害の人本人にも

止めることができませんし、

そうすることでしか

自己愛性人格障害に人は生きていけません。

 

異様に尊大な自分をアピールしまくっているところは

不自然すぎますし、

Tiaraには直接攻撃を仕掛けてこないので

周りの人から見たら

Tiaraとこの女性がうまくいっていないようには

見えなかったようです。

 

 

ですが、他の人には

Tiaraの見ていないところで

たまにする嫌がらせをしていたようで

イライラしている人も多くいました。

 

上司がコントロールされていたので

情報が入ってこないことは

この上司のせいではないことは

Tiaraには分かるのですが

他の人から見ると

この気の弱いことなかれ主義の上司が

悪いように見えていたと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

何もしていないように見えますし、

直接tiaraに何かする事もないので

なにかおかしいなと感じていたものの

その女性が悪いということが

わからない人もいるようでした。

 

もちろんTiaraは

傷付いていたわけでもありませんし、

むしろこの女性には

なにも関心を持っていないとすることで

女性のほうが傷ついて

おとなしくなっていましたが

上司はおとなしいおじさんで

この女性の強い物言いに

精神的に逆らうことができず、

彼女の意思のままに

彼女にしか仕事をふらなくなっていました。

 

自分の意思で無意識のうちに

Tiaraとはあまり話さないほうが

この女性から強くあたられないと

思ってしまっていたので

自分でも気づいていませんでした。

 

おまけにこの女性は

今回Tiaraが引き抜かれた

自己愛性人格障害の上司に

憧れていたので

Tiaraが引き抜かれたことを知った時は

顔がこわばっていました。

 

Tiaraからすれば

他部署に移った上司が

自己愛性人格障害だと知っていたので

ちっともいいことはないのですが、

知らなければ

確かに自己愛性人格障害の上司は

有能で素敵な人に見えます。

 

ただし、彼が怖いことは

会社中に知れ渡ってはいるので

移動先がひどいことになっているのではと

思っていましたが、

彼もまだ移動して

1年も立っていないので

今は惹きつけ行為が多く、

穏やかで優しい話し方をしていました。

 

Tiaraがきたことで

明らかに浮かれていることはわかるのですが

彼が自己愛性人格障害なのは知っていますので

今後の対処次第では

また激化することも考えられます。

 

現にこの半月の間に

彼が庶務の女性に鍵をなくしたと

詰め寄っているところは見たので

弱い人や優しい人には

もうすでに出ているなということは

確認済です。

 

庶務の女性は

「鍵無くしたよね?」と

自己愛性人格障害の上司に

詰め寄られて

「私もらってないです!」と

必死になって言い訳をしていましたが、

Tiaraは知らん顔をして仕事をしていました。

 

おそらくこの女性は

本当に鍵をもらっていないと思います。

 

 

ですが、自己愛性人格障害の上司は

その一生懸命な庶務の女性を責めると同時に

Tiaraがどんな反応をするか見ていたと思います。

 

Tiaraがこの庶務の女性に対して

軽蔑の眼差しを向ければ

おそらくこの上司は今後も

この庶務の女性のことを

ことあるごとに責め立てると思いますし、

もし、Tiaraが人が責められている所を見て

この上司の味方をするように言えば

今後も自分が苦労をかけられている、

ということを

Tiaraに話してきていたかもしれません。

もしくはTiaraが

責め立てられるところを見て

怖がった素振りを見せれば

今度はTiaraを責め立てるようなことを

するかもしれません。

 

ただ、離れていた間に

Tiaraから避けられていたことは

彼も当然自覚していますし、

誘われてこちらの部署に移動してきたことで

避けれてはいないのかなと

少しうれしい気持ちもあるようですが、

こうやってTiaraの様子を見ながら

少し警戒しながら

徐々にTiaraに近づいてきています。

 

わざわざTiaraの席のところまで来て

「大丈夫?」と優しく声をかけてきたり

「昨日は遅かったみたいだから

夜遅くに仕事が入っている時は

朝はもう少しゆっくりきてもいいんだよ?」など

とても気遣ってくれますが、

これも自分をよく見せたい

自己愛性人格障害の特徴なのです。

 

とにかく今は

Tiaraに気に入ってもらうことに必死ですが、

以前の部署で

怖いところを何度も見ているので

彼が自己愛性人格障害であることは

間違いありません。

 

ただ、Tiaraが反応しないし、

自分に近づいてもこないので

一生懸命Tiaraに媚を売ってきます。

 

自己愛性人格障害の人は

視界に入ってきて

相手から声をかけられるのを

待つことが多いのですが

反応しない人には

気になって媚びを売ってきて

一生懸命いい人アピールをします。

 

ここで信じてしまうと

またとんでもないことになるので

自己愛性人格障害の人は

自分をいいヒトだと思われるために

必死で親切にしてくる、ということを

忘れないようにしましょう。

自己愛性人格障害の人は限度なくつぶしても自分から離れていかない人を常に求めている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

どんなにひどいことをしていても

自分をきれいに見せ続ける、

ということについお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

尊大な自分を見せ続けることを

やめることができません。

 

もしかしたらあなたが誰にも言わない、

と感じ取った時や

これは完全犯罪になると見込んだ時は

ごくまれに手を出したり

ひどい言葉を浴びせ続けるという話も聞くのですが、

ほとんどの場合は

被害者がひどい目に遭っていながらも

自分が悪いと思い込んでいたり、

彼にはそういったことをしなければならない

深い理由があるんだ、と信じてもらえていたり

また周りの人が

彼にこそ同情をして

あなたが元凶だと思い込まれることが多いと思います。

 

 

なぜそんなことが起きるのかというと

世間の人たちに嫌われることに

普通の人よりも極端な恐怖を抱いているので

ひどいことをした時こそ

いいひとを演じたり、必要以上に親切にしたり

また自分が同情をかうような態度を

周りに見せたりし続けるので

とてみきれいに見えるのです。

 

きれいに見えるため、

周りの人たちは彼がそんなに悪い人間には見えなくなり

本当のことがわかりにくくなってしまうのです。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れた人たちのお話を伺っていますと

お話の途中で、

Tiaraは自己愛性人格障害の人が何をしているか

気づきますが、被害者の方たちは

ほとんど気付いていないことが多いのです。

例えば、恋愛中の彼が突然姿を消し、

恋人に連絡をしてこなくなります。

 

「もうあなたとはやっていけない。」でも

「今は距離を置いて考えたいんだ。」でも

「あなたが僕を傷つける。」でも理由はなんでもいいです。

 

何も理由も言わずにいなくなるケースもよくあります。

 

でも、しばらく経つと

被害者以外の他の人には連絡をとっていることが多く

被害者は他人づてに彼がどうしているのかを

聞くことになるのです。

 

 

被害者は自分にだけ連絡をしてこない

自己愛性人格障害の人に

「もしかしたら嫌われたのではないか?」と不安になったり

「どうして私にだけ連絡をくれないの?」と

執着してしまったり、

「私に連絡できない何か理由があるんだ。」と

彼の立場を尊重してしまったりするのですが、

本当は異様に被害者だけを部外者扱いすることで

傷つけているだけなのです。

 

自己愛性人格障害の被害者になってしまうような人は

相手の立場に立って物事を考えてあげることのできる

優しい人がとても多いです。

 

しかも責任感が強く全て自分のせいだと思い込んでしまいます。

 

そのため、彼にひどいことをされているとは気づきにくく

勝手に1人でどんどん辛くなってしまい、

それが彼への執着になってしまい、

自分でも気づかない間に

自己愛性人格障害の人のことが忘れられなくなってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人がモテるのは

このためで言ってみれば

ひどいことをしまくるからモテているともいえます。

 

ですが、自分をきれいに見せることに長けていますので

それが、ひどいことをしているようには見えず、

周りの人も被害者の方に原因があるのではないか?と

深く事情も知らないくせに

自己愛性人格障害の人の味方についてしまうのです。

 

それが素敵で魅力的な異性なら

そのことが原因でまた

その自己愛性人格障害の人を好きになってしまう人も

出てきてしまいます。

 

そして、その人がまた

新たなターゲットになっていき

自己愛性人格障害の人を支えてあげようとすればするほど

近づいた人がどんどん苦しめられていくのです。

 

自己愛性人格障害の被害にあってしまった人は

最後には心を強烈に奪われたあとに捨てられ

そして周りの人間関係まで壊されてしまいます。

 

初めのうちは素敵な思いばかりさせられるので

全く気づくことなく

夢のような気持ちを味わいますが、

気づかないうちにあなたの心はどんどん奪われていき

そして知らない間にあなたの信頼できる人たちまで

自己愛性人格障害の人に奪われていくのです。

そして最後には

何もなくなったあなたをなんの未練もなく

こっぴどくどうでもいい存在として扱い、

あなたの周りの人間関係まで奪っていきます。

 

ですが、その人たちも

自己愛性人格障害の人を信じてしまえば

同じことになるのです。

 

初めのうちは、

あなただけが捨てられたような気になり

彼はまた新しい人間関係でうまくやっていくように見えて

強烈にやきもちを焼いてしまい、

とても苦しい想いに取り憑かれて

何年も自分だけが彼を忘れられなくなってしまう人も多くみえます。

 

ですが、あなたに

次の人とうまくいっているところを

わざわざ見せつけているだけで

その人も同じなのです。

 

自己愛性人格障害の人に

やきもちを焼く必要はありません。

 

あなたを苦しめるために

一時的に新しい相手と仲良くしているところを

あなたは人づてに聞いてしまうかもしれませんが、

それは偶然ではなく

自己愛性人格障害の人は

わざわざあなたの耳に入るように

自分が言うことなくいれています。

 

Tiaraが今まで見てきた自己愛性人格障害の人は

例外なくそれを繰り返しているのです。

 

対策法としては実にシンプルで

彼の噂を聞いても友達が心配してあなたの耳に入れてきたとしても

本当は幸せではありません。

 

あなたとの差をつけるために

今度のことはうまくいっているんだ、とばかりに

新しい彼女に優しくするかもしれませんが、

それは本当にその人が好きだからしているのではなく

あなたを傷つけるために次の人に極端に優しくしています。

 

 

Tiaraがみてきた自己愛性人格障害の人は例外なく

次の相手にはとても優しくしますが、

その影に必ず悲しんでいる被害者の影があるのです。

 

自己愛性人格障害の人は、

ターゲットを悲しませるために必死になります。

 

そして落ちぶれた被害者を見て

自尊心をあげていかなければ

生きてはいけないのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭わないためには

悲しまないことです。

 

そんなこと言ったって無理!

とあなたは言うかもしれませんが

あなたが悲しまなければ、

自己愛性人格障害の人は

次の人に優しくしていることにすら腹を立てます。

 

なんだってお前にここまでしてやらなければいけないんだ!!

ってなります。

 

とても普通の人には理解ができないことなんですが、

自己愛性人格障害の人が優しくするのは

その人に優しくしたいからではなく

それを見て悲しむ人間がいなければ

優しくすることも親切にすることもないのです。

 

あなたが好きになってしまった彼が

もし

自己愛性人格障害だったとするならば

あなたとの関係を深めていく間に

必ず悲しんでいる人がいると思います。

 

そんなことを異常にし続けて

ターゲットを眺めていなければ

自己愛性人格障害の人の感情が落ち着くことはないのです。

 

自己愛性人格障害の人がもし

穏やかでいい人を演じ続けていられるのなら

その影にかならずとても悲しんでいる人間がいるはずです。

 

その人を眺めているからこそ

自己愛性人格障害の人はいい人でいられるのです。

 

それに気付いたら

もう、自己愛性人格障害の人を魅力的だとは

考えられなくなってくると思います。

 

そんなことをしていたからこそ

あんなにも素敵で魅力的だったのです。

 

あなたが好きだった彼の優しさや有能さ、

親切で才能あふれた人間だったのは

誰かを苦しめるためにあなたに尽くしていただけなのです。

 

そして時がたち、被害者がいなくなると

今度はあなたがその被害者になります。

 

そしてあなたを苦しめるために

あなたから見えるところで

新たな人を好きになったり大事にしたりします。

 

しかもそれが極端な形ででるので

次の人は、とても幸せな思いをすると思いますし、

自己愛性人格障害の彼をきっと好きになってしまうでしょう。

 

あなたもそうやって初めに彼にしつけられたのです。

 

それは本物の愛ではありません。

 

誰かの辛そうなところを見て

自分の自尊心を必死であげることでしか

生きられない病気なのです。

 

あなたがそばにいて

彼に悲しんでいるところを見せてしまったら

自己愛性人格障害の人は

気分を高揚させていきあなたに執着して

限度なくますますあなたを苦しめにかかるので

本当に恐ろしいのです。

 

そんなことに付き合うのは今すぐにやめて

あなたの止まった時間を取り戻さないと

人生はすぐに終わってしまいますよ!

自己愛性人格障害の人は反省するのか?

こんにちは

今日は

自己愛性人格障害は反省するのか

と言うことについて

お話ししたいと思います。

 

前回のブログでお話ししたように

自己愛性人格障害の人には無関心になれ、

といっていますが、

もしあなたが自己愛性人格障害の人に

ひどいことをされたり

怒られたりした場合、

あなたが反省したり

許してもらおうとすると

自己愛生人格障害の人は

あなたを自分よりも下だとみなします。

 

普通の人は揉めたり

喧嘩になったり、

意見が合わなかったりする時に

相手の人が謝ってくれたり、

寄り添ってくれたりすると

分かってもらえたんだ、とほっとして

気持ちが分かってもらえた、とうれしくなり、

その人とより仲良くなったり、

絆が深まったりすると思います。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

普通の人と違っていて

相手の人が誤ったり、反省をしてきた時に

相手を自分よりも

下の人間だと見なすようになり

より調子に乗ってきたります。

 

自己愛性人格障害の人には共感力がなく、

対人関係においては

どちらが上なのか下なのか、

またどちらが勝ちか負けなのかしかありませんから

あなたが謝ってくることに対して

絆が深まることはありません。

 

むしろ、自分の方が勝ったと思い

あなたを下の人間だと見下していきます。

 

だから自己愛性人格障害の人に

謝る必要はありません。

 

あなたが明確に悪い場合でないかぎり

むしろ謝ってはいけないのです。

 

あなたが

自己愛性人格障害という病気を

知らない場合には

相手との絆を深めたくて

より相手をしろうと努力をする事でしょう。

相手を理解する事で

より深い関係を向上しようとしていることは

わかるのですが

自己愛性人格障害の人は

そのような感情は

持ち合わせていませんので

あなたが後から

ショックを受けることになります。

 

それだけではなく

自己愛性人格障害の人に

寄り添おうとすればするほど

あなたは、

自己愛性人格障害の人から

攻撃を受けることになり

また

何もしていないのに

周りからの信用をなくすことになるのです。

 

自己愛性人格障害の人は

極度の人間不信のため

それくらい周りにいる人を蹴落としながら

自分を持ち上げる事で

自分の立場を特別にしておかなければ

不安で不安で生きていけない病気です。

 

だから話し合いは成立しないのです。

 

あなたの身を守る方法は

あまり自己愛性人格障害の人と

近い関係にならない事です。

 

少し離れた関係なら

自己愛性人格障害の人は

あなたが自分よりも上なのか下なのか

わかりませんから、

貴方を蹴落としても大丈夫なのか分からず

不安なので

手出しはして来ないはずです。

 

だから気をつけなければならないことは

自己愛性人格障害の人には

良くも悪くも興味をもたれないことが

肝心です。

 

嫌われてももちろんいけませんが

好かれることも結果的には

惨めな存在になるまで

完全に社会的に抹消されるまで

攻撃をやめませんから

自己愛性人格障害の人には

好かれてもいけないのです。

 

好かれてしまうと

こだわりを持たれてしまい

少しでも逆らったり断ったりしたら

安心している存在ほど

怒りを持たれますので

本当に恐ろしいことになります。

 

だからできるだけ早く

彼から興味を持たれないようにすることが

肝心なのです。

自己愛性人格障害は

表面上あまり分からず

あなたが元の立場に戻れなくなるほど

攻撃を強めてしまうので

できるだけ早い段階で

自己愛性人格障害の人からは

興味をもたれないことが

なによりも肝心です。

 

Tiaraは人間関係の酷い悩みは

すべて自己愛性人格障害の問題だと思っています。

 

普通の人とも色々とあるとは思いますが

そこには解決できる悩みが

ほとんどだと思っています。

 

むしろそこは悩まないといけないと

思っています。

 

ただ、

自己愛性人格障害の悩みに関しては

自己愛性人格障害の人は

何もなくても

むしろ、いい人や、極端な善人、

相手の気持ちを考える優しい人

何もして居ない人をこじつけで

何度も攻撃し、さらに

そこで相手の事を考えてばかりいる人を

より一層苦しめていなければ

我慢できない人たちなので

悩む必要はないと思っています。

 

むしろあなたの人生の邪魔しかされず、

あなたが心を無駄に

披露させていくだけでしかありません。

 

しかも一生懸命相手の事を

考えがえているにも関わらず

あなたが悪者にされ、

最悪の場合、あなたの場所や

友人を失いますので

近づいていいことが全くありません。

 

あなたのせっかくの努力を

すべて無駄にされ

あなたがまるで無価値な人間かのように

扱われていくのです。

 

人生は本当にあっという間に流れます。

 

自己愛性人格障害の人に

あなたの人生を潰していい権利は

どこにもありません。

 

病気だからといって

いいとは思わないのです。

 

自己愛性人格障害の人も

やめられないと思いますので

あなたにできることは

あなた自身の意思で逃げることです。

 

そうすればあなたは

あなたの人生が歩めますし、

無駄な揉め事に関わる必要もありません。

 

自己愛性人格障害に気づいたら

どうかバレないように

少しづつ距離を撮ってください。

 

他の人の誤解を解きたいとも

思わないことです。

 

あなたが誤解を解こうと

ジタバタすればする程

あなたがおかしく見える仕組みに

なっているのです。

堂々として

自分のしていることに

自信を持っていればいるほど

自己愛性人格障害の人は

ちかづいてこなくなります。

 

自己愛性人格障害でない人を

選んで付き合うようにすると

あなたの周りから

解決不可能な悩みは

ほとんど入らなくなると思います。

自己愛性人格障害の人は真正であればあるほど嫌な感じは何一つしない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

心情について

お話ししたいと思います。

 

 

Tiaraは被害者のみなさんが

自分がしていないことの

自責の念を感じさせられて

してもいないことの罪を

背負わされることから

救うために被害者の方が気づきやすいように

記事を書いているのですが

自己愛性人格障害の人が

嫌いなわけではありません。

 

たまに勘違いをされる方が見えて

被害者の人を救うために話したことを

自己愛性人格障害の人を

「嫌な人」ととらえる方が

みえるのですが

実際は、自己愛性人格障害の人というのは

嫌な人、ということではありません。

 

特に真正の自己愛になればなるほど

いい人だと思われる傾向が強く

人から嫌われることへの極端な恐怖心から

とてもいい人だと

周囲に思われていることが

とても多いです。

 

 

Tiaraも今でも

自己愛性人格障害の人に巡り合うことが

よくあるのですが

不思議と(この理由は

もうわかっているのですが)

一緒にいて不快に思う人は

ほとんどいません。

 

むしろ自己愛性人格障害っぽい人で

真正の自己愛ではなく、

不完全な自己愛であればあるほど

不快に思う人は多いです。

 

真正になればなるほど

怖いことになるのですが

真正の自己愛性人格障害になればなるほど

印象はとても柔らかく一緒にいて心地いい

とさえ思います。

 

自己愛性人格障害の人は

尊大な自分を魅せつけていないと

気が済まないので

こだわりが強いように見えますが、

本当はこだわりはまったくないのです。

だからそれが分かった今

真正に近い自己愛になればなるほど

一緒にいて心地よい感じしかしないのです。

 

嫌な感じのする人、というのは

自己愛性人格障害でも

真正ではなく、不完全であればあるほど

嫌な人である可能性は非常に高いのです。

 

いわば自己愛性人格障害でも

不完全であればあるほど

怖くなく、嫌な感じしかしないので

こちらが分かっていて対処をすれば

真正の自己愛よりも

簡単にその攻撃性を

押さえることができます。

 

 

そして、嫌な人であればあるほど

分かりやすいので

初期の段階で気づくことが多く

早めに対処すれば

そんなに大した被害を受けずに済みます。

 

ですが、真正の自己愛に近づけば近づくほど

魅力的なことが多く

分かりにくく

しかも惹き込まれることが多いです。

 

Tiaraは今、

自己愛性人格障害の人には

できるだけ近づかないようにしていますし

もし、そばにいて

関わらなければならない人物で

あればあるほど

心に入れない傾向にあり

攻撃を受けても

まったく心から離すようにしているので

その人が1人でしていることになり

その人がTiaraを攻撃すればするほど

その人の自己愛性が

周りの人にも分かるようになり

周りがその自己愛性人格障害の人から

離れていきます。

自己愛性人格障害の人は

とても臆病なので

周りの反応が変わったことに気づきやすく

瞬時になかったことにしようとしてきます。

 

Tiaraのご機嫌を取り、

その発言が初めからなかったように

ふるまっていきますが

他の人は騙せても

Tiaraは

そんな自己愛性人格障害の人の行動に

騙されたりはしません。

 

今になってようやく

自分を取り戻した感じもあり

前に進むことにしか興味がないので

ただ足を引っ張るだけの

自己愛性人格障害の人の

変わりように騙されたりはしません。

 

ですが、Tiaraの大好きな

自己愛性人格障害の元彼のことを

嫌いになったり

軽蔑することはなく

今でも仕方のなかったことだと思っていて

恨みはまったくありません。

 

 

だから分かったような顔をして

自己愛性人格障害の人を

馬鹿にするような人がいると

やはり腹が立ちますし、

分かっていないから仕方がない、

とは思いますが

かといって

自己愛性人格障害の人が

自分の自尊心を保つために

被害者を潰すことが

許されることだとは思いませんし

被害者は守らなければならない存在だと

思っています。

 

そばにいて

あまりにも優しくて自然な感じですっと

Tiaraのすぐそばに入りこんでくる人には

どんなに魅力的に感じても

用心するようにしています。

 

なんとなく彼と同じ香りのする男性には

気をつけるようにしています。

 

どんなに穏やかで

どんなにTiaraのために

動いてくれたとしても

もしかしたらこの人も?という疑念は

常にいだくようにしています。

 

自己愛性人格障害の人は

真正であればあるほど

人の心にすっと自然な形で

入り込んでくるのがうまいので

そういった人は

まず自己愛性人格障害でないか

確信を得るまでは

信じすぎないようにしています。

 

もしその人が

自己愛性人格障害ではなく

本当に素直にそういう人であれば

それはあなたにとって

最高の幸せになる

可能性を秘めているのです。

自己愛性人格障害のひとと誤解されやすい人の見分け方

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとと

普通の人との違いについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

第一印象がとてもいいです。

 

自尊心があまりにもないために

自分のことを恥ずかしいと思っていて

それが周りの人にばれることを

恐れています。

 

そのために幼いころから

必死で尊大な自分を

演じ続けていているので

尊大な自分を演じることが

くせになっています。

 

そのため本当に立派な人に見えるのですが

本当はそれは見せかけだけなので

あなたのためにはなりません。

 

よく自己愛性人格障害のひとのそばにいると

自分も仕事ができるようになるんじゃないか

とか、

しあわせになれるんじゃないか

と思う人が多いのですが

実際には本当にできるようにはなりません。

 

Tiaraは

いつもそばにいたので分かるのですが

はたから見ると

Tiaraの面倒を

とてもよく見ているように見えていましたし

Tiara自身もそう思っていたのですが

具体的な仕事の仕方について

教えてもらえる機会は

ごくわずかでした。

 

ほとんどが

「俺がやるから

Tiaraは隣にいるだけでいいよ。」という

優しい言い方で

安心させるようなことを言うのですが

実際に教えてもらえることは

肝心なことではなく

ほんのさわりの部分だけでした。

 

 

「こういう業務が

できるようになりたいから教えて」

といったこともあるのですが

少しだけやり始めて気分がのってくると

「今日は遅くなっちゃったから

またにしようか?」となどと

言われてしまったり、

お出かけをしたり

別の遊びをし始めたりして

いつも中途半端に終わってしまいました。

 

人前で「今日は○○を教えるから

仕事が一致段落したら教えて。」と

言われたこともあるのですが、

テキストを開いて

とても饒舌に内容を説明をして

周りにいる人も彼のことを

「すごいな。」とざわついているのが

聞こえてきていたのですが

彼がテキストを指していたところは

話している内容と

全く関係のないところでした。

 

テキストを見ていたのはTiaraだけなので

周りの人は

まったく違うことを言っていると

気づく人はまったくいません。

 

Tiara1人で

「え?」とびっくりしていると

「じゃあ俺、これから違う業務が

入っているから

今日は中途半端だけど

ここまでにしよっか?」と

突然言われて

「また時間があるときに声をかけるから

この続きをやろうね。」と

言われたのですが

その後彼からその業務について

教えてもらえる機会はありませんでした。

 

ただ、彼のことを

「さっき見ていたけど

○○さんすごいね。

なんでも知っているね。」

とほかの人から言われただけで

終わりました。

 

Tiaraも彼のファンでもあったので

「うん。」と嬉しそうに答えていましたが

今考えたら

彼と一緒にいて

仕事ができるようになるようなことは

なかったです。

 

彼とは別の自己愛性人格障害のひとも

数多く見てきていますが、

仕事を教えているような雰囲気、

有能な雰囲気を醸し出していますが

混乱させられるだけで

本当に仕事ができるようにはなりません。

 

本当に仕事を教えてもらって

使いものになるまでになれるのは

そんなに有能そうには見えない

しかし丁寧で親切な優しい普通の人のほうが

よほど分かりやすいと思います。

 

たまに熱心になりすぎて

怒っているように見える人もいますが

その人自身が

Tiaraにきつくいってしまったことを

恥ずかしく思っているような様子が

見られますし

あまり器用でない人は悪く取られたりして

「あんなきつい言い方しなくても

いいじゃんねえ。」と

周りの同情をかうこともあるのですが

自己愛性人格障害のひとと圧倒的に違うのは

本当に分かるようになることです。

 

もちろん反省もしますし、

話し合いも白熱したとしても

きちんと成立するのです。

 

こういった人は

ただ、教えることに必死なだけです。

 

早く仕事を覚えてもらって

できるようになってほしいと

思っていることが伝わります。

 

そういった人は周りの目は

気にしている暇がないので

自分が悪くとられてしまっていることに

気づきながらも

覚えてもらいたいという気持ちのほうが

勝ってしまっているのです。

 

 

だからどんなに怒っていても

言っていることがとてもよくわかるし

悪い人ではない、ということは

Tiaraには分かるのです。

 

もしかしたら

上手にできていない分

周りで聞いている人からは

悪く思われてしまうことも

あるかもしれません。

 

ですが、

自己愛性人格障害のように

中身のない雰囲気だけの人ではないので

一緒にいて前に進むことも

一緒にいる価値も必ずあるのです。

 

そしてそういった熱い人には

必ず愛している人たちが周りにいて

必ず周りの人に幸せを与えています。

 

 

誤解をされることもあると思いますが

分かってくれる人は必ずいるのです。

 

自己愛性人格障害のひとも

本来他人を見下すようなことをしなければ

魅力的な人達ばかりです。

 

自己愛性人格障害のひとが

病気の部分を治すことができれば

とても魅力的な人間なのです。

 

ですが、育ってきた環境によって

自尊心と共感力を無くしてしまっているので

もともとの人間が持つ

愛情というものを

持つことができないのです。

 

自己愛性人格障害のひとと

ただ、不器用で本当は愛情のある人を

きちんと見分けて

一緒にしないようにしてくださいね!

あなたのことを本当に大切にしてくれる人の態度とは?


こんばんは♡

今日は、あなたのことを

本当に思ってくれる彼の態度について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼は

あなたを本当にお姫様扱いしてくれます。

 

これは普通の男性でも言わないような

熱い気持ちを語ってくれたり

あなたのために

自分を犠牲にし尽くしてくれたり。。。

 

たとえば寝る時間も惜しんで

あなたに会いに来てくれたり

あなたのために心を込めて

料理を作ってくれたり。

 

これでは、彼のことを

信頼してしまっても

仕方がないと思います。

 

ですが、これは彼が内面では

本当はどのように考えているのか

はたから見たら分からないのですが

自己愛性人格障害の彼は

あなたのためでなく

自分をより魅力的に

魅せるためにしていることです。

 

その見分け方は

ちょっと注意してみていないと

分からないかもしれないので

今後は彼のことを見るときに

次のことに注意して彼を見てみてください。

 

あなたのことを

本当に思っていてくれる

彼の興味の対象

 

1.あなたが自分のことを話すとき

興味を持って聞いてくれるかどう

2.あなたの好きなことに興味を持って

知ろうと努力してくれるか

3.あなたの帰りが遅くなった時

彼がどれだけ真剣に心配してくれているか

4.あなたが何気なく言った一言も

きちんと覚えていてくれるか

5.あなたの大切にしていることを

邪魔しないようにしようと

気を使ってくれるか

 

これらの特徴は

自己愛性人格障害のひとにはありません。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたではなく

自分がメインなのです。

 

自己愛性人格障害の彼が

あなたの気を惹く行為

 

・彼の得意な分野での知識を見せてくれる

・特に周りに人がいるところでは

あなたを優しく扱ってくれる

・あなたを他人に取られることを

必死で阻止しようとする

 

これらの行動は、

自己愛性人格障害の彼でなくても

するときもありますが、

あなたが好きで上記の行動をするとき

彼の興味の対象が

メインであなただという行動も

同時に取るのです。

 

自分の素敵な面ばかりを見せているくせに

あなたが大切にしていることは

ちっとも大切にしない、なんていう人は

あなたのことが好きなのではなく

あなたに自分のことを

好きになってもらいたいだけなのです。

 

特に俺様的強引な彼に憧れる人や

引っ張っていってくれる人がタイプのひと

ちょっと偉そうにしているほうが

安心感が持てるような人は

特に気をつけたほうが

いいのかもしれません。

 

彼があなたのことを

本当に好きかどうかを見極める前に

あなたの方が彼に夢中になってしまうことは

とても危険な行為なのです。

 

これからもし

お付き合いをしたいと考えているあなたは

この点についてよく見てから

彼を判断したほうがいいかもしれません。

 

 

あなたを傷つけて高揚するような人から

逃げられなくなると

あなたを傷つけて

好きなタイミングで

あなたを捨ててしまいます。

 

あまのじゃくで照れ屋な彼も

あなたにそっけなくすることが

あるかもしれませんが

ふとした時に

あなたに興味がある、と

信号を出しているのです。

 

自己愛性人格障害のひとと

普通のひととの明確な違いは

自分にしか興味がないか

他人にも興味があるかということです。

 

普段、人に興味をもたないような

偏屈な人でも

恋愛すると

あなたに強烈に興味を持ち

あなたのことが知りたくなったり

あなたのすることや考え方に

興味を持ってくれる人でないと

一緒にいても幸せだとは

感じにくいでしょう。

 

 

あなたの気持ちをおろそかにしても

平気な人とは

友達としてでも付き合わないほうが

あなたのためになるでしょう。

 

あなたの謙虚なところが

あなたを傷つける人を

寄せ付けてしまう

原因になってしまっています。

 

もっとあなたの気持ちを

大事にしてくれる人を

選ぶようにしましょう。