自己愛性人格障害の人はわからないようにあなたの邪魔をし続けている

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

さりげなく

あなたの邪魔をしていることに

気づく方法について

お話をしたいと思います。

 

あなたが気づかないうちに

あなたの評判が落とされている

ということはありませんか?

 

例えば、

評判を落とされるまでもいかなくても

自己愛性人格障害の人は

他人が幸せそうにしているのを

許すことができません。

 

 

例えば自分が好きなわけでもないのに

他の人が上手くいきそうになると

近づいてきて気のある素振りをする子も

自己愛性人格障害の可能性があります。

 

見分けるポイントは

あなたが仲のよい男性に近づいた時や

その男性とあなたが

二人で話しているところに割り込んできて

一緒に話の輪の中に入ってくるのに

あなたがその男性に近づいていない時は

まったく興味を示さず、

その男性に近づいてこない場合

その子は

自己愛性人格障害の可能性があります。

 

その子はその男性が好きなのではなく

ただ、自分の近くで誰かが仲良くなるのが

我慢できないだけなのです。

 

あと、

あなたに何かするわけではないのですが、

周りの人と

普通に仲良くしているように見えても

よく考えてみると

徹底的にあなただけを省いて

あなたには何の情報を与えず

あなた以外の周りの人だけに

極端に親切にしたり相談に乗ったり

極端に優しくし続ける時も

その人が自己愛性人格障害の

可能性があります。

 

初めのうちは

あなた自身も

気づかないままかもしれませんが、

しばらくすると

何となく

気分の悪い思いを

何度も感じるようになってくるので

やがて、あなたも気付き出すと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたに悪いことをしている様には

見えないままに

気づかない間に

周りの人をコントロールして

あなたを落としめるということが

よくあります。

 

自己愛性人格障害の人は

幼い頃に、

ありのままの自分を認めてもらえず、

自尊心がまったくない状態で

育ってしまったために

自分に生きる価値がないと思っていて

それが世間の人にバレると

自分の存在が危ぶまれると

極端な恐怖心を持っている病気です。

本当はそんなことがないのですが、

子供にとっては

親や周りの環境から受け入れてもらえないと

生きていけないので

それは、想像できないほど

大変辛い経験だったと思います。

 

まだ幼い頃に、そんな恐怖に耐えていたため

生きていくために共感力をなくした方が

楽に生きていけるため、

共感力を麻痺させて成長していった結果

共感力がまったく育たなかったのです。

 

そしてその自尊心が全くない状態から

自分には価値がないと周りの人にバレることを

必死で隠していないと生きていけない

と勝手に思い込んでいるので

必死で尊大な自分をアピールします。

 

自己愛性人格障害の人の前で

幸せそうにしている人を見かけたり、

うまくいっている人を見ると

自分には価値がないことから

極端な恐怖心が出てきてしまい

その人を全力で潰そうとします。

 

ただ、そんなひどいことをしていると

周りにいる人たちから許されないことも

知っていますので

自分がしているひどいことを

全力で隠そうとします。

 

例えば相手の悪いところを見せつけて

自分がひどいことをしているところから

目を逸らそうとするため、

あなたが何もしていないとしても

極悪人のように思われるようにして

周りの目を

その人の悪いところに向けるように

コントロールして

自分がしていることを

全力で隠しながらやります。

 

そのため、周りの人から見ると

自己愛性人格障害の人が

ひどいことをしているようには

とても見えませんし、

傷つけられている人間がいることさえも

わからなくしてしまいます。

 

そうすることで自分を守りながら

自分の近くに悪物を作ることと同時に

その人のフォローをするために

自分がどんなに苦労をしているかということを

アピールすることがよくあります。

そのために

自己愛性人格障害の人は

周りの人からの同情をかい

あなたは

何もしていないのに

周りの人に信用して貰えず、

軽く扱われるということがよくありますが

これで傷ついてしまうと

自己愛性人格障害の人は

自分のほうが上だと感じて

高揚し、さらにあなたにひどいことを

する様になります。

 

そしてこれを1人の人に対して

立て続けにやり続けますので

周りの人も1回や2回なら

あなたのことを気にしていなかったとしても

だんだんと

あなたの印象が悪くなっていきます。

 

一旦印象が悪くなると

その印象をくつがえすのは難しく

あなたはだんだん周りの人から

まともに話を聞いてもらえなくなります。

 

こうなるとあなたの存在が

軽くあしらわれてしまったり

あなたが悪いと

判断されてしまうようになるので

あなたの言葉が周りの人の耳に届かず

物事がうまく進みにくくなります。

 

そのためにあなたのなかに不満が募り

あなたが怒ってしまうと

さらにあなたの印象が悪くなってしまうので

怒るときには注意が必要です。

 

怒ってもいいのですが、

ただ、機嫌が悪くなったり

あなたの感情をぶつけてしまうと

ただでさえ、あなたの印象は

自己愛性人格障害の人に

コントロールされて

悪くなってしまいますので

出来るだけ、怒る、というよりは

あなたの印象を薄くして

周りの人からあなたの存在を

気にされない作戦に出たほうがいいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は、

話をしたところで話になりませんので

やめてと言ったところで

通じることがありませんし

逆に、やめて欲しいんだ、と知ると

余計にやってくるので

あなたが嫌がっていることを

自己愛性人格障害の人に

知られてはいけません。

 

あなたが訴えれば訴えるほど

あなたの言葉を使って、

それを反論することができますし、

あなたの言葉を悪く捉えて

周りの人に広げる可能性もあります。

 

自己愛性人格障害の人への対応は

あなたが何を考えているか

わからないようにする事です。

 

自己愛性人格障害の人は

共感力がありませんので

表面上にわかりやすいタイプの人や

素直に態度に出す人、

言葉にして

すぐに自分の思いを告げる人以外は

何を考えているか

読むことができません。

 

何を考えているかわからないと

あなたがどんなことを嫌がるのか、

何をすれば気を引くことができるのか

どんな嫌がらせをすれば

あなたが傷つくのかわかりません。

 

だから自己愛性人格障害の人に

あなたの気持ちを知られては

ならないのです。

自己愛性人格障害の育ち方

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人の育ち方について

お話しようと思います。

 

自己愛性人格障害とは

幼い頃に

本当の自分を受け入れてもらえないままに

育ってしまったために

共感力が育たなくなってしまった病気です。

 

例えばモラハラ家庭で育ってしまうと

自分のことよりも

両親が揉めている状況をなんとかしようと

必死で考えているために

自分のことが全く考えられないままに

大きくなってしまった場合、

自己愛性人格障害になるか

その被害者になるかの

どちらかになる可能性が

非常に高いと思います。

 

自分のことは差し置いて

モラハラをする父親から

精神的に虐待される母親を

なんとか助け出そうとするために

自分のことは全く後回しにして

(後回しにしていることにすら

気づいていない場合が多いのですが)

母親をかばおうと必死になったり

母親の辛さを分かってあげようと

母親の話を聞いてあげたり

少しおどけて見せて、

自分が笑わせようとすることで

周りを和んだ雰囲気にさせようと

必死になっている場合、

その子供は被害者体質になりやすいと

思います。

その子供が

周りの環境をなんとかしようとするあまり

自分の傷にはまったく気づいていません。

 

また、母親をかばおうとするあまりに

逆に父親からのターゲットになってしまい、

責められたり、追い詰められたり

または、母親の罪悪感をあおって

父親が、母親を思い通りに操るために

子供にひどいことをしたり

その子供に

母親のいうことを聞くよりも

父親の言うことを聞く方が、

父親が穏やかになると思わせて

父親の思い通りに動くことで

母親へのモラハラに

知らず知らずのうちに

加担してしまっている場合もあります。

 

この場合も子供は、

なんとかしようと必死になっているだけで

父親がひどいことをしている事にも

気づきにくいですし、

自らも母親が悪いと思ってしまう場合も

あります。

 

その場合、その子は高い確率で

自己愛性人格障害に育っていくと思います。

 

 

そうやって育った子供が男の子だった場合

大人になってから、

ある女の子と恋愛関係になった場合

今までは両親の揉め事を必死になって

止めようとすることに

夢中になっていたため

自分が置き去りにされていることにも

蔑ろにされていることにも

気づかなかったかもしれませんが、

恋愛関係におちいった女の子が

自分のことを思ってくれることに

感動を覚えるかもしれません。

 

そして、

今まで自分の話を

聞いてくれなかった両親の代わりに

その女の子に依存していくようになります。

 

初めのうちは二人とも

とても幸せな時を過ごすと思いますが、

やがて恋愛関係が長く続くにつれて

思うようにいかないことも

出てくると思います。

 

そうなった時に

知らず知らずのうちに

自己愛性人格障害に育ってしまった男の子が

今まで

自分の思い通りに動くと思っていた女の子が

自分の事を思わずに勝手に動いた場合、

激しい怒りとなってしまうかもしれません。

 

これは1つの例で男女は逆の場合も

ありますし、

男と男の友情の場合もあるかもしれませんし、

女同士や近所付き合い、

会社での

部下と上司や同僚同士の場合などもあり

もはや性別や人間関係は

関係ないかもしれません。

 

モラハラをするのが母親で

父親の方が

精神的に追い詰められる場合もあるでしょうし

もはや自己愛性人格障害には夫婦や恋愛関係

会社など、性別などまったく関係なく

どこにでも起こりうるものだと

Tiaraは考えます。

 

 

Tiaraも初めて気づいたのが

恋愛関係からだったので

恋愛関係での

自己愛性人格障害と被害者の立場で

ブログを書かせていただきましたが、

色々な相談を聞くにつれてもはや

人間関係はなんだろうと

モラハラ関係は起こりうるものだと

気づいたのです。

 

そして自己愛性人格障害本人も知らない間に

育つ環境の中で

自己愛性人格障害に育ってしまっていますので

気づかないうちに何故か

そのような心境になっていき

自分でも

止めることができなくなっているのです。

 

モラハラは誰にでもやる可能性はありますが

特に一番信頼し合った恋人関係や

絶対に逃げていくことのできない

会社での近い関係の同僚や

部下にもしてしまうし、

相手が悪いと思い込んで

自分がそんなことをしているとは

夢にも思っていないのです。

 

何故自分が一番信頼しているはずの

心許せる存在を

精神的にいたぶり続けて

潰れていくところをみたいと思うのかというと

自尊心が非常に低い病気なので

自分が人から拒否をされることに

普通の人よりも

深く極端に傷つくことが怖いのです。

 

だから、自分がひどいことをすることにより

自分の事を嫌いになってしまわれることに

恐怖を感じていますので

自己愛性人格障害の人が

否定をしたり、無視をしたりして

相手の人がそれで怒ったり、

離れていったりしないか

相手が気づかないレベルから初めて

試してみるのですが、

それで受け入れてくれない人には

怖くてモラハラができません。

 

そういった意味では、

自己愛性人格障害の人は

まったく自分の事を見てもらえない

環境下の中で育っているので

自分の事を考えてくれる恋人や親友に

絶大な信頼を置き、

そして優しい人や自分の事を考えてくれて

言いたいことを我慢してくれるような異性には

安心してその不安な気持ちや虐待の気持ちを

向けることができます。

 

もし、

幼い頃に親から無償の愛をもらい

自分の気持ちを受け止めてもらっていたり

自分の事を考えてくれたり

心配してくれる両親に育ったとしたら

のびのびと自分の感情を表に出すことができて

本当の気持ちをそのままに

受け入れてもらえることができていたなら

共感力を麻痺させることは

なかったと思います。

 

一緒に共感し合い、笑い

苦しみをわかってもらったり

いたわってもらったりしていれば

共感力を使うことは

幸せなことだったでしょう。

 

しかし、

自己愛性人格障害の人は共感力を使うと

辛い状況になるからつかわなかったのです。

 

共感力を使わなければ

母親が辛い思いをしているから

なんとかしたい、と

罪悪感に苦しみ、母親に同情し、

なんとかしたいと必死にあがいても

なんともできない自分に絶望することも

なくなります。

 

それでもモラハラをやめてくれない父親に

勝つことはできないと痛感したはずです。

 

共感力を持つことで絶望していき

やがて共感力を使わない方が楽だと

無意識レベルの中で気づいて

だんだんと

自然に使わなくなっていったのです。

 

自分を無条件に

受け入れてくれる人がいることを

体感的に自然に知ることができた人は

大人になった今、自分自分と自分のことばかり

執拗に見せたがったり、有能に見せたがったり

他の人を潰してまでも

周りの人に価値がある存在として

賞賛されたい、と

異常に強く思うこともありません。

 

Tiaraの周りの

自己愛性人格障害の人をみていると

異常に自分のことばかりを見せつけています。

 

自分の才能を

大袈裟に見せつけているだけでなく

他の人が少しでも目立ちそうになると

全力で潰してきます。

 

もし、その自己愛性人格障害の人の周りに

明るいだとか、友達を作るのがうまそう、とか

まあ普通に人に好かれやすいとか

特に才能があるわけではなくても

普通に魅力的な人がいたとすると

その人がわざわざ

人を惹きつけているわけではないとしても

ちょっと褒められたり、

いいところをみつけられたり

なんなら少し得意なことがあったりすると

必ずと言っていいほど確実に

その人のその魅力が

潰れるようなことをします。

 

例えば、絵がうまい人がいたとします。

 

するとその人をディスるわけでもないのですが

有名な画家が描いた

周りの人が見て驚くような

綺麗な絵を持ってきて

その絵を褒めまくったり、賞賛したりして

騒ぎ立てます。

 

その人の絵をけなしているわけではないので

周りの人は

気づかない人が多いかもしれませんが、

はじめに見せたその人の絵のことは

みんな忘れてしまっています。

 

それを異常に繰り返しているので

いつの間にか周りの人たちは

絵のうまい人のことを気にかけなくなります。

 

そういったやり方を常にしているので

自己愛性人格障害の人以外の魅力的な人からは

みんないつの間にか

興味を無くしてしまっているのです。

 

Tiaraはそれを知っていてみているので

そういった潰し行為をはじめると

すぐに気づきます。

 

そして、黙ってみていると

周りの人が自分以外の魅力的な人に

興味をなくすまで

さきほどのような行為を行い

その人にみんなが興味を無くすと

今度は周りの人に異様に親切にしたり

上から物を言って脅しをかけたり

優しく親切にしてあげているように

繰り返しながら

自然に自分が偉大な人物だと印象付けるような

ものの言い方を繰り返します。

 

聞いている人がいない時や、

誰も見ていないところで親切にすることはなく

必ず周りに人がいる時にわざわざ

いいひとに見えるように

振る舞っています。

 

人と仲良くする時も、

明るく冗談を言う時も必ず、

周りに多くの人がいることが条件で

誰もいないところでは

急にもぬけの殻のようになります。

 

自己愛性人格障害とは

自分の価値に極端に自信がなく

それを必死で隠すために

尊大で有能に振る舞い続ける病気で

その心の中は

生きていくために麻痺させてしまった

共感力がないがために

周りの人が何を考えているかわからないので

必死で有能で魅力的な人物だと振る舞い続けて

それを見て信じた人が自分から

近づいてくることで

安心してその人に近づくことができるのです。

 

そしてその人がいい人であればあるほど

安心して、やがては

自分の中の爆発しそうない怒りと不安を

すこすづつ試し行為を行いながら

用意周到に、大丈夫だと判断しながら

やがてモラハラへと化すのです。

 

その自己愛性人格障害のひとに

繰り返す試し行為の中で何度も

安心感を与えてしまった人は

自分のことはどうでもいい、

自分の痛みに鈍感で

人のことばかり考えてしまうような

被害者体質のひとが

どうしてもターゲットになってしまうのです。

 

だから被害を与える側と

受ける側の人間は決まっていて

必ずその組み合わせで

くっつく仕組みになっています。

 

だからモラハラを受け続けてしまう人は

自分が

モラハラを受け付けない人間に変化しなければ

永遠に

色々な自己愛性人格障害の人に

安心感を持たれてしまい

モラハラを受け続ける運命となって

しまうのでしょう。

自己愛性人格障害の人からターゲットにされないために大切なこと厳選行動

こんばんは♡

今日は、あなたが自己愛性人格障害の人から

ターゲットにされないために

あなたが出来る厳選行動について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害に遭うと

なかなかその中から抜け出せないと思われていますが

実はあなたが行動を変えるだけで

普通の人よりも自己愛性人格障害の人は

行動をすぐに変えてきます。

 

すぐにとは言っても

今まで自己愛性人格障害の被害に

遭い続けて来たあなたには

その行動が難しいかもしれませんので

練習をしながら

もし失敗をしても

あなたがめげずに頑張り続けることで

必ずあなた自身も

その意味がわかってくるようになるし

自己愛性人格障害の人が

あなたに攻撃しにくくなってきますので

諦めずに行動し続けてくださいね!

 

まず初めに言っておきたいことは

自己愛性人格障害の人から

ターゲットにされやすいタイプの人と

あまり被害に遭いにくい人というのは

確実にいます。

 

ということは

もしからしたら

あなた以外の人は

普通に行動しているだけで

自己愛性人格障害の人から

狙われることが少ないので

そんなことがあるのかと

信じられない人というのも

存在します。

わからない人にあなたが訴え続けてしまうと

あなたの方がおかしいと思われてしまいますから

あなたが言ってみて

この人にはわからないな、と感じた時はすぐに

その人にはいうのをやめて

ふつうに接するように心がけてくださいね。

 

普通の人も

自己愛性人格障害の人の

言っていることを信じてしまうと

普通の人自身がその人自身の意思で

あなたを攻撃してくることにもなりかねませんから

自己愛性人格障害の人の言っていることが

本当だと思われてしまわないように

あなたの印象は常に薄く保っておくことが

重要になります。

 

嬉しい時も

悲しい時も

あまり表情にはださず、

差を無くすことで

自己愛性人格障害の人には

あなたの感情がわかりにくくなりますので

あなたがどうすれば

気にしたり、悲しんだりするかが

わからなくなりますので

攻撃しにくくなります。

 

自己愛性人格障害の被害に遭っていると

とても理不尽な思いばかりしますので

必要以上に怒りを持ってしまったり

ショックをうけてしまったり

するようなことがありますが

そこは少しづつ無関心に持っていくようにします。

 

初めはどうしてもその理不尽なおもいに

胸が締め付けられそうになると思いますが

自己愛性人格障害の人の心情がわかるようになれば

あなたが悪いわけではないことが分かりますよね?

 

自己愛性人格障害の人は

どうしても自分のそばに居る人間を

潰して落ちぶれていくところをみなければ

落ち着いていられないので

あなたが苦しむところを彼に見せることで

彼はいい人であり続けることができます。

 

あなたはただ、純真な心で

彼を普通の人だと思って信じてしまっただけなので

あなたに罪はありません。

 

あなたでなくても

どうしてもそばにいる人間が

落ちぶれていくところをみていないと

自分の存在価値が見出せず辛いので

そばにいてくれる離れて行かない

自分を信じてくれた人間だと知っているから

安心して潰すことができるのです。

 

あなたが優しすぎるから

ひどいことをしても

そのあとに何か訳があったんだ、

というふうに振る舞えば

あなたがさらっと水に流してくれるということを

わかっているからひどいことが出来るのです。

あなたが彼からされた酷いことを

許さない人間だと思われていたり、

彼が酷いことをすればすぐに離れていってしまう人間だとしたら

自己愛性人格障害の人は

あなたにひどいことはできません。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたに意地悪をすることで

喜びを感じているわけではなく

普通の人よりも善人だと思われていたいので

本当は酷いことをしたいわけではなく

ただ、自分よりも

価値がない人間だと思うことで

自尊心をあげたいだけなので

あなたがすぐに逃げ出してしまう人なら

あなたに酷いことをすることは出来ないのです。

 

だからあなたが心がけなければいけないことは

彼の気持ちをわかってあげようと

することではなく

あなた自身を傷つける人を許さない、

という強い気持ちを持つことです。

 

あなたには

人から傷つけられることへのブレーキが

壊れてしまっているので

自分を守る事を完全に忘れて

人のために生きようとすることで

相手に認めてもらうことで

自分にとって価値を見出します。

 

普通の人なら

自分を大事にしてくれるあなたを

大切にしようとしてくれますが

自己愛性人格障害の人は

あなたのそんなところを利用します。

 

だからあなたももう気づいていると思いますが

自分を傷つける人を近づけないようにするだけで

あなたに酷いことをする人は寄ってきません。

 

あなたをターゲットにした

自己愛性人格障害の人は

あなたに依存していますから

あなたからなかなか離れようとしませんので

すこしづつあなたが変わっていかないと

今までいうことを聞いていたあなたが急に聞かなくなると

あなたが居なくなるその恐怖心から

極度に優しくしたりまたは

あなたが離れていくことで

あなたにとって危害があるように脅したり

その恐怖心に勝てず

全力で潰そうとしてきたりしますから

ほんとうに怖いのです。

 

だからあなたはまず

自分の反応を全て薄くすることから始めて

自己愛性人格障害の人に気付かれないように

少しづつ少しづつ

あなたの態度を替えていくのです。

 

本当は彼が気づかないうちに

あなたが攻撃し難い人になっていることが理想ですが

あなたの今までの行動と

まったく真逆の事をするため

あなたも慣れていないので

すこし大きく無関心になってしまって

相手にバレてしまって怒らせたりすることも

あると思いますが、

失敗するのはあたりまえなのです。

 

失敗してもまたすぐに無監視になり

その時の恐怖や怒りを長引かせない事です。

 

怒りや恐怖を長引かせないことで

あなたはさっぱりとした印象になるし、

自己愛性人格障害の人も

あなたに指摘しづらくなります。

 

あなたの印象が今までよりもさっぱりとすれば

無関心もやりやすくなり

自己愛性人格障害の人も

あなたにどんな攻撃をしかければいいのか

わからなくなりますから、

少しづつ対処もしやすくなりますし、

攻撃もだんだんしにくくなります。

 

この繰り返しを行うことで

少しづつ自己愛性人格障害の人から

攻撃されにくいタイプに

なっていくことを目指しましょう。

 

自己愛性人格障害の人は

共感力がないので

目でみたことしかわかりません。

 

あなたが感情を読みにくい人間になれば

当然自己愛性人格障害の人は

あなたに嫌われる事を恐れていますので

あなたにひどいことをすることがしにくくなります。

 

そうやって1歩づつ被害に遭わない体質に生まれ変わり

あなたの心や自由を取り戻してくださいね!

自己愛性人格障害の人はなぜあんなにもひどいことをしているのに悪く見えないのか?

こんにちは♡

今日はあなたにお知らせがあるのですが、

現在、Tiaraの恋愛相談室メールが

容量がいっぱいになっており

うまく作動しません。

 

Tiaraは恋愛相談室の方でも

Gmailを使用させていただいているのですが、

15KBで限度になるようで

限度に達してしまっているようです。

 

特にメール相談をされている方には

ご迷惑をおかけしているようで

申し訳ございません。

 

気づいたのが昨日なので

すぐにメールの整理を

させていただきましたので

しばらくしたら復旧すると思います。

 

申し訳ありませんが、

しばらくお待ちください。

 

さて、今日のお話は

自己愛性人格障害の人の

嫌がらせの種類について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人って

とてもひどいことをしているのですが

印象の良い人がとても多いですよね?

 

もしかしたら普通の人よりもいい人で

裏表のない

誠実な人間に見える場合も多いと思います。

しかも、作っている感じがなく

とても自然にいい人の雰囲気を

醸し出しています。

 

自己愛性人格障害のひとでも

たまに横柄で

こわそうな雰囲気を持つ人もいるようですが

そこには、

本当は、心の奥底には

深い愛情があるかのような

人には分かってもらえないかもしれないけど

本当はいい人なんだろうなあと

思わず同情してしまうような

哀愁を漂わせる

不思議な魅力を持っているように見えます。

 

自己愛性人格障害という

その病気に気づくまでは

被害者ですら、

なかなか気づきにくいことと思います。

 

それに自己愛性人格障害だと気付いても

特に相手が恋人の場合は

どうしても離れられない

という人がとても多いです。

 

それはどうしてかというと

あなたの自尊心を傷つける、

というやり方をするので

被害者が

自分が悪いんだ、と

おもってしまうからなのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

表面上、ひどいことや悪いことをしなくても

いいことをしまくる、というやり方や

有能な部分を見せつける、

という一見、

ひどいことをしているわけではないことでも

あなたの心を傷つけることはできます。

 

自己愛性人格障害の人は

自分の良い面を見せるだけ見せつけて

その恩恵をあなたには受ける価値がない、

と被害者自身や周りに思わせることを

同時にするので

あなただけが置いてけぼりを

くらい続けるのです。

 

それも1度や2度なら

自己愛性人格障害の人の

被害に遭いやすいような人は

寛大な人が多いので

なんとも思いません。

 

ですが、その寛大で優しいあなたでも

徹底的にやり続けられると

どんどん自尊心がなくなっていき

自分1人で勝手に

どんどん落ち込んでいきます。

 

普通の人ならここらへんで

ちょっとあなたがかわいそうかな?

と思って止めるのですが

自己愛性人格障害の人は

そんなあなたを見て

どんどん気分が高揚していき

やめるどころか、

どんどん攻撃を強めていってしまうのです。

 

その攻撃とはあなたが自尊心をなくして

傷ついていることを知りながら

周りの人と

大袈裟なほど仲良くしているところを

見せつけて

あなただけを絶対に中に入れない、

ということに徹底したり

あなたが仕事ができない、

と落ち込んでいるところを

自己愛性人格障害の人に見せたなら

どんどん仕事をして

有能なところを見せつけて

周りの人を魅了し、

あなたとの差を

あなたにとことん見せつけて

あなたに自分はダメな人間だ、

と思わせ続ける、ということを

やめないのです。

 

だから周りの人から見たら

自己愛性人格障害の人は

ただ周りの人と仲良くしているだけだし

ただ、仕事を一生懸命やっているだけなので

何も悪いことをしているようにはみえません。

 

だからわからないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

そんな自分が有能な人間であることや

優しい人間であることや

人気者であることを

嫌がらせのために使います。

 

世間一般の常識では

それが嫌がらせのために使われるとは

夢にも思わないのです。

 

ですが、どんな人間にも

自尊心というものはかならずありますし

人から見てもらいたい、

自分の存在をわかってほしい、

という気持ちは誰にでもあります。

 

それが、人間の根本であり

元々持っている最低限の

当たり前の感情なので

それを持つことは

おかしいことでは決してありません。

 

ですが、そこを異常に

傷つけていくのです。

 

毎日毎日、他人が気づかないような

小さな嫌がらせを常にやり続けるのですから

いくら寛大で小さなことには拘らないあなたでも

だんだんと自分に自信をなくしていき

心が苦しくなっていきます。

 

どんなに寛大な人でも

とことん存在をぞんざいに扱われていれば

じわじわと効いてきて

自分の価値をなくしていきます。

 

自己愛性人格障害の人が

そんなあなたをたまに大切に扱ってくれたり

優しい言葉をかけてくれたりすると

彼から認められた嬉しさで

いつの間にか彼に認められるために

必死で彼に合わせていきます。

 

それが、自己愛性人格障害の加害者から

被害者が離れられなくなっていく

秘密なのです。

 

ところがあなたは気付いていませんが

あなたの自信をなくしているのは

自己愛性人格障害の彼が

あなたと周りの人をコントロールして

あなたに価値がないと思い込ませている本人なのです。

 

あなたは本当は

そんなに価値のない人間ではないし

自己愛性人格障害の彼も

本当はそんなに立派ではないし、

有能ではないし

尊大な人間でもないのです。

 

たとえ本当に有能であっても

彼にないところで

あなたが持っている魅力は必ずあります。

 

自己愛性人格障害の人は

自分を本当の自分以上に

魅力的に見せることができるし、

あなたの魅力を見ないように無視して

あなたの得意ではないところばかりを

クローズアップしているだけなのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分の得意な舞台にあなたを勝手に引っ張り上げて

そこで比べているだけなので

自己愛性人格障害の人がよく見えるのは当たり前です。

 

でも本当は人間は

そんなに差がないものなのです。

 

できることもできないことも

人それぞれ違いますし、

あなたの得意なところは

自己愛性人格障害の人は

これぽっちも持っていません。

 

それに多少、人よりも魅力的な面があったとしても

人間として

本当は持っていないといけない肝心なものを

自己愛性人格障害の人は全く持っていないのです。

それなのに

自分の得意な所ばかりをクローズアップしながら

周りの人間を下に見て

親切にしたり、尊大なところを見せたりして

周りの人に魅力的ないい人だと思われていますが

本当はそのそばに必ずターゲットを置いています。

 

そしていかにもその人に下人があるかのように

悪いところばかりを広めながら

あなたの得意なところには一切触れようとはしません。

 

親切にすることも

周りに人がいないところでは一切やらず、

する時は、必ず周りに人がいるときや

聞いている前提でやっていますので

誰も見ていないと親切でも立派でも

何でもないのです。

 

気づいてみると

不自然に優しい行動や

有能なところを

見せつけていることに気づきますので

普段からよく観察してみると

自己愛性人格障害の人に気づくことができるでしょう。

自己愛性人格障害の人はなぜ周りの人を潰してしまうのか?

こんにちは

今日は、

自己愛性人格障害の人は

なぜ

人を潰してしまうことを

やめられないのか?

と言うことについて

お話ししたいと思います。

 

あなたがいくら

自己愛性人格障害の人と

うまくやっていこうと努力を重ねても

どうしてもあなたを苦しめる事を

やめてくれません。

 

しかも努力をしているのは

あなたの方なのに

あなたの方が悪く思われてしまったり

何もしていないのに

あなたが責められることが多いと思います。

 

相手があなたの旦那様だったり

恋人だったりした場合は

とても辛いですよね?

 

別れたくないから

必死で努力していると思うのですが

彼から見たら

あなたが

彼の気持ちをわかっていない

と言われてしまったり

傷つけていると

思われてしまうのは何故なのでしょうか?

 

そもそも

自己愛性人格障害でなくとも

人は

他人から存在を

認めてもらいたいものです。

 

人間の中にある

承認欲求というものなのですが

それはあなただけでなく

誰でも持っているものだと思います。

 

その承認欲求が悪いものだとは

思いませんが、

自己愛性人格障害の人は

その承認欲求があなたよりも

数千倍強く持っているので

あなたが少しでも

自分を認めて貰いたい

気持ちを出してしまうと

自己愛性人格障害の人の

敵対心を無駄に煽ってしまうのです。

 

つまり、自尊心が

極端にない自己愛性人格障害という

病気の原因は

ありのままの自分を

受け止めてもらえないままに

育ってきているので

その恐怖心から

自分を必死で尊大で価値ある人物だと

異常に強く見せようとします。

だからもし、あなたが

自己愛性人格障害の人よりも

目立ってしまっていたり、

大切にされているところを

見られてしまったりすると

あなたの方に他人がいってしまい

自分の存在価値が

なくなってしまうのではないかと

異常な恐怖心をいだきます。

 

本当はそんなことはないのですが、

自己愛性人格障害の人は

自分でも意識せず

勝手にそう思ってしまうのです。

 

可哀想だと言えば可哀想なのですが、

自己愛性人格障害の人は

自分以外の人間が

認められる事を異常に嫌います。

 

だから、

自己愛性人格障害の人のそばに居ると

勝手に敵対心を向けられたり、

あなたが何もしていなくても

ただ周りの人から

人気があったりするだけで

それを潰そうと

あなたが悪く思われるような

言動をとったりしがちです。

 

ただ、人を潰すほど

自分を認めてもらいたい

強烈な自尊心を持っていますので

自分が嫌われることには

ひどく臆病でいい人でいることもやめません。

 

だから滅多に

悪い人には見られる振る舞いをしないため

自己愛性人格障害の人が

あなたを落とし入れようと

している言動をとっているとは

周りにいる人たちからは

気づかれづらいのです。

 

そのため、本当に

あなたの方が悪いと思われてしまったり

惨めに思われてしまうので

あなたの信頼性は

自己愛性人各障害の人に

知らない間に

落とされていってしまうのです。

 

それは

恋人や夫婦でも同じことです。

 

だからあなたが

いくら

自己愛性人格障害の人を思っていようと

大事にして居ようと

それは当たり前で

あなたは彼を

よく見せるだけの

道具に使われるだけですから

いいことがありません。

ましてそんな彼から

常にあなたが悪いと

周りの人にわからないように

見せ続けれられるために

長い時間をかけて

あなたは何もしていないのに

周りから信じてもらえなくなって

しまうかもしれません。

 

あなたが周りの人と

うまくいかないのはそのためです。

 

もしかしたら

あなたは

周りの誰からも

認めてもらえなくてもいいから

自己愛性人格障害の彼からだけは

認めてもらいたいと

考えているのかもしれませんが

それは叶わない夢なのです。

 

あなたの彼がもし

自己愛性人格障害だったとしたら

そばにいれば初めのうちは

天国のような気持ちを

見せてもらえるかもしれませんが

後で、

地獄のような苦しみを

味あわされることになるのです。

 

悲しいですが、

自己愛性人格障害とは

そういう病気です。

 

自己愛性人格障害の人本人にも

どうすることもできないのです。

 

あなたにできることは

あなた自身を守る事だけです。

 

自己愛性人格障害の人と

一緒に幸せになることはないのです。

 

あなたは

自分を守ってくれる人と一緒にいますか?

 

安心感を持って

その彼と一緒にいられるでしょうか?

 

もし一緒にいて

苦しい思いばかりをしているのなら

思い切ってそこから飛び出すことも

重要になってくるでしょう。

 

自己愛性人格障害のひととはすぐに仲直りしてはいけない


こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の彼と

けんかをした後に

決してしてはいけない行動について

お話ししたいと思います。

 

もしあなたの彼に

自己愛性人格障害の疑いを

持っているのだとしたら

彼とけんかをした後のあなたの行動は

とても大切なものになります。

 

普通のカップルでも

けんかをすることもあると思いますし、

中には言いたいことを

お互いに言い合ってしまうので

よくケンカをするというカップルも

普通の人たちの中にも

大勢いると思います。

 

ですが、あなたがもし

彼のことを自己愛性人格障害だと

疑っているとしたら

けんかになる原因のない時でも

突然機嫌が悪くなったり

しばらく間をおかれたりして

何が何だか分からず

苦しんだことが何回かあるのだと思います。

 

もし、あなたの彼が普通のひとだった場合

たいていは、彼の機嫌の悪い時でないとき以外は

けんかにはきちんとした理由があり

その理由が納得がいっていないとしても

なんとなくあなたに理解できるから

疑問には思いません。

ところがTiaraのブログを訪れたということは

何らかの原因で不思議に思うことや

理不尽に思うことが

何かしらあったのだと思いますから

ここから先のお話は注意深く

考えてみるといいと思います。

 

彼がもし自己愛性人格障害だとしたら

あなたはかなり自分の気持ちよりも

相手の気持ちを大事にするほうだと思います。

 

そして本当に優しいあなたは

彼に気を使っていることすら感じさせないほど

いかにもあなたもそうしたくてしているように

自然に相手のしたいことと同じことを

あなたもしたいと思っているように

見せかけてはいませんか?

 

あなたのその、

相手に寄り添いすぎてしまう気持ちが

とても危険なのです。

 

 

昨日のブログでもお話ししましたように

自己愛性人格障害のひとは

自分の感情をぶつけられる人には

限度なく甘えてくることになります。

 

よく考えてみると

分かると思いますが

あなたは、

彼がそんなに激怒するほどのことをしたと

思いますか?

 

もし、そこに疑問を感じてしまうのであれば

彼とけんかをした後

彼とできるだけ早く仲直りしたいがために

さらっと水に流してしまったり

彼が謝ってきたとしても

すぐさま彼を許して仲直りすることは

やめたほうがいいでしょう。

 

ですがいつまででも怒っていればいいと

いうものでもないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分に敵対心を向けてきた人を

全力でつぶすので

完全に無視をしたり、口を利かなかったり

怒った顔をしないほうが

そのあとの対応は楽になります。

 

しばらくは口を利かない、

という方法をとってもいいのですが

敵対心を向けてはいけません。

 

 

あくまでも話すことがないから

わざわざ話さない、

という風にしてみて下さい。

 

 

そして、

彼から話しかけてきたときは

彼も話が聞いてほしいと思っているかも

しれないので

わざわざ感情を逆なでしないほうが

良いのです。

 

でもだからと言って

あなたはとてもやさしいので

いつまででもこだわっていても仕方ない。

と思って

すぐさま彼を許し

いつも通りに普通に接してしまうと

自己愛性人格障害のひとからの嫌がらせが

ひどくなる可能性があります。

 

そうすると

自己愛性人格障害のひとから見たあなたは

時間をかけてだんだんと

どういう風に扱っても

いい人だと思われてしまいます。

 

普通のひとは

そんな優しいあなたを

もっと大切にしようと

あなたへの愛情が大きくなるのですが

自己愛性人格障害のひとは

安心してあなたのことを信頼すると

何をしても安心な存在だと

甘えてくるようになるのです。

 

あなたは彼も同じ気持ちだと

思ってしまうのですが

彼のこころは自分に優しくしてくれる人や

自分を信じてくれる人、

自分のことを愛してくれる人には

とことん甘えてくるのです。

 

その結果、彼もあなたを

とてもよく気に入っていて

あなたを自分の感情のはき捨て場として

扱ってもいいと思い始めます。

 

そのGoサインは

あなた自身が出しているのです。

 

あなた自身も気が付いて

いないかもしれませんが

あなたには自分を大切にするスイッチが

壊れています。

 

Tiaraも今思うと完全に壊れていて

自己防衛本能が働いていないので

嫌なことをされても

あまり相手に対して嫌な印象を持ちません。

 

ですが、これを繰り返してしまうと

自己愛性人格障害だけでなく

周りの人からも

軽くあしらわれるようになってしまいます。

 

自己愛性人格障害のひとは

嫌われることにはひどく敏感なので

もし仮に、そんなときにあなたが怒ったとしたら

瞬時に変わって徹底的に

フォローするのがうまいので

彼に嫌なことをされたことさえ

まったく気づかないかもしれません。

 

ですが、よく見ると

あなたが嫌な思いをしていることを

平気でし続けているのです。

 

あなたが自分自身に共感力を向けると

自己愛性人格障害のひとのしている嫌がらせに

瞬時に気づくので

自己愛性人格障害のひとの転身が早く

気付かれないかもしれません。

 

 

あなたが幸せだと

自己愛性人格障害のひとは

それを怖くなって

しまうのかもしれません。

 

あなたの身と心を守るためには

自己愛性人格障害のひとから

あなたの心が嫌がることを

引き受けてはいけないのです。