自己愛性人格障害の本当の怖さ

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の

本当の怖さについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraのところには

毎日、自己愛性人格障害の彼と

別れたくないとか

何とかやっていけないか

アドバイスしてほしいという相談が

あります。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分のことを信用してもらうために

初めに何年かかけて

素敵な気分を味わわせて

くれますから

彼が変わってしまったことには

何か原因があり

それを改善して

また元のような幸せな関係に戻りたい、

と思うことは

自然なことだと思います。

 

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

すべてが普通の人と逆で

本人も

わざわざ意識しているわけではないのですが

心のどこかで

自分がどれだけひどいことをしても

相手に受け入れられるという服従関係を

願っていて

それほど極端な

関係の持てる相手がいることでしか

自分の存在を認められないほど

自尊心のつぶれた心情の中

苦しんでいます。

だから無意識のうちに

自分が優位に立てる存在を見つけてしまい

初めはとても臆病なので

自分の良いところを見せたり

少しだけ相手が気づかない程度に

嫌な思いをさせて

それでも相手が許してくれて

次の瞬間に普通にしゃべってくれたり

逆に相手の方から

自分に気を使ってくれるところを見て

この人には

自分が少しくらいひどいことをしても

許してくれる寛大な心の持ち主だと

安心しています。

 

そしてその安心できる存在に

自分のことを最大限

好きになってもらうために

いろんなプレゼントをしたり

思いやりを見せたり

「君のことを全力で守る」と

ドラマのワンシーンのようなことを

言ったりして

女の子を信用させていきます。

 

ほとんどの被害者が

自己愛性人格障害のひとのことを

悪く言うことはなく

またそういう人に限って

どんどんびっくりするほど

ひどい目に遭っていきます。

 

女の子をさんざん本気にさせ

そしてまるで女の子の方に原因があるから

冷めたり、冷たくなったりした、

というようなスタンスをとっていきますが

自己愛性人格障害のひとに限っては

そうではなく

あなたが何をしようとも

何もしまいとも

同じような結果になり

あなたの自尊心を

ズタズタに傷つけていきます。

 

その傷つけ方が

尋常ではなくひどいのです。

 

それは女の子が仮に

何かしてしまったから

お別れすることになってしまったとしても

今まであれほど「あなたしかいない」

と言っていたのに

何もなくても急に

本当にちょっとしたことをきっかけに

それほどひどい態度になる?と

驚くほどひどいことになるのです。

 

 

そしてそれはたいていの場合

何度も繰り返されるので

周りの人からは

分からないかもしれませんが

やられている本人は

さすがに何かおかしい、と気づいて

Tiaraのサイトにたどり着くのです。

 

また自己愛性人格障害の被害に

遭う人もまた

彼が病気だと気付かないうちは

心当たりがないとしても

こじ付けて、自分の悪いところを

何とか導き出そうと自らがしてしまい

勝手に必死で努力していきます。

 

 

そしてどれだけ努力をして

彼に寄り添おうとしても

自己愛性人格障害のひとのほうが

あなたに寄り添う気はまったくないので

最後には本当にごみのように

捨てられてしまいます。

 

そしてそのあとも

自己愛性人格障害のひとは

紳士的な雰囲気を貫き通し

まるで自分は何もしていないかの行動を

とるのです。

 

恋愛だけでなく

このような男性を

何度も見てきているので

あれだけ残酷なことをしていたにも関わらず

「どうしたんですか??」

というような態度の男性を見かけると

すぐにこの人は自己愛性人格障害だと

分かります。

 

自己愛性人格障害のひとは

恋愛に限らず

こういった態度を

あらゆる場面でとり続けているのです。

自己愛性人格障害のひとは

はたから見てあからさまに分かるような

大声を上げる、とか

暴力を振る、とか怒鳴り散らす、

というようなことはほとんどせず

行動と雰囲気だけで

相手を追い込むことができるので

本当に近くで

少しでも関わっている人にしか分からず

しかも近くで関わっている人も

気づいていたとしても

ほとんど口に出すことがないので

いくらでもごまかしがきくのです。

 

自己愛性人格障害のひととはそうやって

自分を頼ってくる人を限界まで追い込んで

その場にいられないようにし

その姿を見ることで満足するために

なんの罪もない人を

落とし込み続けているので

できるだけそばにいないようにしましょう。

 

そしてあなたの心を守るためにも

あなたのせいではなく

どうしてもそうしてしまう

自己愛性人格障害という

病気の人がいるということを

理解しておくことが大切なのです。

自己愛性人格障害のひとは自分を守るために何の罪もない相手を犠牲にする

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとの

自分を守るために

人を犠牲にする無関心力について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人

というのは

自分軸よりも他人軸で動く人が多いです。

 

自分の気持ちが少々乗らなくても

相手が乗り気なら

自分の気持ちを100%隠して

「行きたいね!」などと

合わせてしまうことのほうが多いし

それで自分が嫌な気持ちになることも

ありません。

相手が喜んでくれることが一番なので

初めは乗り気じゃなかったとしても

相手が楽しむところを見ていることにより

いつの間にか自分まで

楽しくなってきたりします。

 

ですので

Tiaraはそれが悪いことだとは

まったく思っていませんでした。

 

だって結果的に自分も楽しめてしまうし

恋人同士なら

それで仲良くなることも多いので

特なことしかありません。

 

Tiaraもこの性格のおかげで

小さいころから友達と仲良くなったり

友達の輪が広がることも

多かったと思います。

 

ですが、相手が自己愛性人格障害だった場合

この性格は

とてもひどい目に遭ってしまうことに

なってしまうのです。

 

そもそも自己愛性人格障害のひとは

自分の話しか興味がないのですが

他人軸で動く人というのは

それがまったく嫌ではありません。

 

むしろ自己愛性人格障害のひとの

魅力的な面を見て

惹きこまれてしまうことが多いのです。

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼も

頭脳明晰でクールに

どんなことでも瞬時にこなしてしまうので

その鮮やかな立ち振る舞いを見るだけでも

とても尊敬できましたし

とても楽しい思いをしていました。

 

自己愛性人格障害のひとにとっては

尊大な魅力が充分に認められるので

とても満足すると思います。

 

これが自己愛性人格障害のひとと

自分のことはほとんど持っていなくて

他人軸で動く人とくっつきやすくなる

特徴の1つでもあります。

 

そして

尊大な自分の魅力を

魅せつけることができるので

あなたが

周りの人の前で尊敬の態度を

見せますので

こういった人をなかなか離さなくなります。

 

 

結果として付き合いが

とても長くなってしまうのですが

そして相手をののしるときも

何もなくてももっともらしく話をするので

とてもこじつけには見えません。

 

 

あなたが分かってくれないからだよ?

とか

俺の気持ちがわかってないんだね?

と言われてしまうと

突然何の前触れもなしに

機嫌が悪くなってしまう彼に

あなたが気づいていなかったから

彼を怒らせてしまったのではないかと

自分を責めてしまうので

まったく気づかないし、

なんの意味もなく無視をしたり

機嫌が悪くなったりしても

正当化されてしまいます。

 

 

周りの人だけでなく

あなた本人まで

自分が何か悪いことをしたのではないか?

と思ってしまうのです。

 

自分軸で動く人は

自分が何もしていないのに

相手の人が機嫌が悪くなったり

急に無視をしたりしても

自分が悪いとは思いません。

 

明確な納得できる理由もないのに

勝手に反省したりしないので

口に出すか出さないかは別として

自己愛性人格障害のひとに

不信感を持つのです。

 

もちろん納得できる理由が分かれば

反省もするし彼に対して謝ったりすることも

あると思うのですが、

理不尽な目に遭えば

不信感をいだきますので

自ら、自己愛人格障害のひとと

距離を置くと思いますので

彼から別れ話を出されたとしても

納得して別れてしまうかもしれませんので

自分からごめんなさいと謝ったり

むやみにすがりついたりしません。

 

しかも自己愛性人格障害のひとも

こういった人には

嫌がらせをすることができませんので

自分軸で動いている人には

自己愛性人格障害の

被害に遭うことはないのです。

 

他人軸で動いてしまう人は

自分に何の心当たりがないとしても

あの時の自分の態度が

いけなかったのではないか?とか

彼の気持ちを無視するような行動を

知らない間に

起こしてしまっていたのではないか

とやってもいないことを反省したりするので

どれだけ被害に遭っても分からず

自分からごめんなさいと謝ってしまったり

無視をされていても

すがりついてしまったり

してしまいます。

 

だから自己愛性人格障害のひとも

自分が責められることがないので

好都合なのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭わないためには

まずは自分軸で考えてみる

癖をつけるといいでしょう。

 

そして自分がなにかをした

心当たりがあるときには

きちんと相手の立場に立って

考えることができるようにすると

きちんとどちらのせいかを

明白にすることができ

ごまかされてやってもいない

罪を背負うことがなくなるのです。

 

やったほうが

「どちらのせいか、

明白にする必要がない。」

という時には

寛大なふりをして

自分の罪をごまかしていることがあるので

よく気をつけて

相手を見るようにしましょう。

自己愛性人格障害のひとのモラハラの始まり方

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

モラハラの始まり方について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性い人格障害のひとは

初めは取り込み作業から入ります。

 

あなたに自分がいかに素敵かを魅せつけ

そしてそのうえで

あなたをどれほど思っているか

アピールしてきたり

困っているときにさっと取り入って

瞬時にあなたの問題を

解決してしまったりします。

 

自己愛性人格障害の人は対人技術を

極めているので

とても感じがいいうえに

何かにつけて人に負けることに

恐怖を感じているので

必要以上に努力を重ねている人が多いので

普通のひとよりも解決できる問題が

多くあります。

 

あなたが困ったときに

素敵だと思っている自己愛性人格障害のひとが

さっとトラブルを解決してくれると

あなたはなんて素敵な人なんだろう

と感激してしまうでしょう。

そんなもともとは

普通の人よりも感じのいい

自己愛性い人格障害のひとが

いつのタイミングから

あなたに嫌がらせをしたり

あなたの犠牲を求めたりしてくるように

なるのでしょう。

 

あなたにとって

何度か疑問点をいだく場面はあるかと思いますが

妙に納得してしまったり

あれ?気のせいかな?とおもっったりするほど

一瞬で元のいい人に戻ってしまうので

なかなか気づかないかもしれません。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

確実に少しづつ

あなたに気付かれないように

モラハラ行為を強めてくるのです。

 

自己愛性人格障害の人は

誰にでもモラハラができるわけではなく

ある特定の

嫌がらせをしても自分に害のない人に限って

こっそりと

周りの人にも気づかれないように、

もしくは周りの人が

あなたの方が悪いのだから

自己愛性人格障害のひとが

怒っても仕方がないね

と思ってしまうほど

あなたのことを悪く思ったときに

モラハラ行為が始まります。

 

そうなるために

あなたはこっそりと悪く思われるように

少しづつあなたの悪い噂を

自己愛性人格障害のひとに

流されているのです。

 

あなたは本当はとても良い人なので

そんなことをされているとは

疑ったこともないと思います。

 

そんな穏やかなあなただからこそ

狙われてしまうのです。

そしてあなたと出会ってから

自己愛性人格障害のひとは

この子にはモラハラをしても

大丈夫な人かどうかを

きちんと判断してから

モラハラ行為を仕掛けて来て

あなたの苦しむ顔を楽しむのです。

 

あなたの優しいところや

ちょっとしたことで人を疑わないところ

少し嫌な顔をされたり

無視をしていても

今日は嫌なことでもあったのかな?と

相手を理解してあげようとする寛大な心を持っている

と確信したときに

自己愛性人格障害のひとは

あなたをターゲットにしてもいいと判断します。

 

普通の人が思っていることと

逆のことをするのです。

 

普通の人は

何もしていない人が嫌がらせをされたり

悪い噂が流れたりすることはないと

思っています。

 

 

だからうわさが流れたり

嫌がらせをされているところを見た時点で

何も知らないくせに

あなたに原因があると思ってしまいます。

 

そんな人が

世の中にはたくさんいるのです。

 

嫌がらせをされたり

ターゲットになってしまった人は

自分が悪いことをしていないと

知っていますので

どうして嫌がらせをされたり

悪い噂を流されたりしなければいけないのかと

理解に苦しむのですが

あなたが味わっているその理不尽な気持ちに

自己愛性人格障害のひとは

満足感を得るのです。

 

 

そしてそのために

ターゲットを常に作っては

自分より下の人やみじめな人を見て

自分のほうが上だと安心するのです。

 

 

そしてそのために

自己愛性人格障害のひとは

常にターゲットを作り続けるのです。

 

その人が耐えられなくなり

会社を辞めたり、

その場からいなくなったりすると

また別の誰かを探してターゲットにします。

 

誰かがみじめな状態になっているところを

見続けていなければ

自分がみじめな存在のように思えてきてしまい

恐怖に苦しむのです。

 

 

その苦しみから必死で逃れるために

ターゲットを作って

立場を落としていきますので

悪いことをしている自覚がありません。

 

それに自分がそんなひどいことをする人間だと

認めることも

耐えられないのそこから逃れるために

本当にターゲットが悪いと

自分でも思い込むのです。

 

自己愛性人格障害のひとに狙われる人は

自己愛性人格障害のひとを信じてついてきた

優しい寛大な人なのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

捨てられることで傷つく人は

喜んでどんどん傷つけていくのです。

 

優しい人ほど一緒にいる人は

選ばなくてはいけない、

とTiaraは思っています。

 

みじめな存在になって

その場にいられなくなるくらいなら

相手が自己愛性人格障害だと気付いた時点で

その場から離れたほうが

より安全なのかもしれません。

 

残念ですが

自己愛性人格障害のひとがいたときは

その場から離れるほうが

一番被害が少なくてすむのかもしれません。

自己愛性人格障害の被害者が長続きする恋愛をするために

こんばんは♡

今日は、長続きする恋愛をするために

自己愛性人格障害の被害に遭ったあなたが

心がけることについて

お話ししたいと思います。

 

あなたの大切な彼が

自己愛性人格障害だったことは

とてもショックが大きかったと思います。

 

Tiaraも付き合った人の中で

自己愛性人格障害のひとは初めてでしたが

あまりにも素敵な人だったために

初めはとてもそんなひどいことを

してしまう病気だということが

信じられませんでした。

 

自己愛性人格障害の特徴が

あまりにも彼のことだったので

まず瞬時に納得してしまいましたが

似ているだけで

本当はまったく違っていた、

と思うことがあるかもと

調べに調べつくして

彼と違う特徴を必死で探しました。

 

いつも突然機嫌が悪くなることに

普段とのあまりのギャップに驚いたTiaraは

はじめ彼のことアスペルガーではないかと

疑っていました。

アスペルガーの人も突然怒りだすので

周りの人を驚かせますが

それは神経が細かいために

ほんとうに人と違ったポイントで

怒りだしてしまうので

本人には悪気はないようです。

 

そして自分でトラブルを起こした後

とても後悔して恥ずかしくなるのが

アスペルガーの特徴でした。

 

自己愛性人格障害のひとと違って

アスペルガーのひと本人には

相手を傷つける気など全くありません。

 

ですが、どうしても自分の気持ちに

コントロールが効かないので

怒り方がとても怖いのです。

 

病気で人と感覚が違うのは仕方がない、

と思いつつも

いくら悪気がなくても

突然自分の気持ちで怒ってしまうのは

一緒にいるのは怖いな、と思って

彼とは一緒にいられないかもと思ってしまい

ですが、

やはり彼のことはとても大好きでしたので

どこか違うポイントはないかと

やはり必死で探していました。

 

ですが、すぐに

彼とは全く違う特徴が出てきたので

彼は絶対にアスペルガーではない、

と断言することができ、

機嫌が悪くなるのは

普通の人の機嫌が悪くなるのと同じだと

ほっとして安心して

付き合うことができました。

 

アスペルガーの人は純真な人が多く

心の整理はできるのですが

身の回りの整理整頓ができない、

という特徴があったのです。

 

Tiaraの彼は絶対に違う、と思いました。

 

だって部屋や机の中は完ぺきで

キッチンも食器棚もリビングも

玄関もお部屋の中は

男の人とは思えないほど

完ぺきにきれいな人だったのです。

 

あんな人、見たことがありません。

 

ただ、神経質なために

人が腹を立てないようなことでも

彼は品がいいので気になってしまい

怒ってしまうとするならば

Tiaraも細かいところに

気をつけるようになるし

彼を怒らせないためにも

それはそれでTiaraも品よくふるまわないと

いけないなと思い

Tiaraも少し、気が付かない面があるので

自分を正すことができ

いいことだと思っていました。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

外見やお部屋の中は

きれいに整理整頓されていても

頭の中は

ぐちゃぐちゃだということを知り

恐怖を覚えました。

 

常に尊大な自分を演じることに必死なために

自分自身がなくなってしまい

頭の中がふちゃぐちゃになり

自分をかばうために相手を悪者にし

自分でも本気で

相手が悪いと思い込んでしまうので

本当のことが

分からなくなってしまうのです。

 

アスペルガーは突然怒りだしても

後から自分自身で思いだして後悔し

その場では取り乱してしまい

ブレーキが効かなくなってしまいますが

きちんと後から本当のことが分かります。

 

本人でさえ本当のことが

分からなくなってしまう

自己愛性人格障害のひとのほうが

怖いのです。

 

それになかなか気づけないあなたは

自分の気持ちを置き去りにして

相手のことばかり考えてしまいます。

 

だから分からなくなってしまうのです。

 

そして自己愛性人格障害のひととは真逆で

なんでも自分が悪いと思ってしまいます。

 

だからそれは

自己愛性人格障害のひとにとって

非常に都合のいいことで

あなた自身まで自分を悪いと

思い込んでしまうので

自己愛性人格障害のひとの嘘が

簡単に成立してしまうのです。

 

あなたに足りないのは

相手のことよりも

自分の気持ちを大切にする気持ちです。

 

誰でも自分のことを大事にしているので

自分を傷つける人には敏感になるのです。

そして自己愛性人格障害の被害者は

相手のいいところを見ようとして

少しくらい変だな、と

思うようなことがあっても

そこから目をそらして

相手のいいところばかり見ようとします。

 

Tiaraもおばあちゃんや友達に

「悪いところばっかり見たらいかんよ?

相手のいいところを見てあげると

うまくいくよ?」と幼いころから

何度も言われたことがありますし、

Tiaraもずっとそう思ってきていました。

 

たしかに相手のいいところばかり見ていると

関係性は上手くいくところがあります。

 

 

ですが、あなたが嫌な思いをしているのに

それを考えてくれない彼は

あなたのことを大切にしているとは

言えません。

 

少しくらいなら嫌な時も

あるかもしれませんが

自己愛性人格障害のひとは

常に人の上に立たないと

恐怖に押しつぶされてしまうくらいですから

常に誰かを潰していないとダメなので

人のことを認めることができないのです。

 

それでも見過ごしていたあなたは

人の悪いところばかり見ている、

というよりは

普通の人よりも

極端に相手の悪いところには目をつむり

自分が傷つけられても我慢する癖が

極端についている人なのです。

 

あなたは

他人からそんなアドバイスを

受けている場合ではありません。

 

人の悪いところばかり見ている人は

自己愛性人格障害のひとの

被害には決して遭わないのです。

 

あなたに足りないのは

あなたが嫌だということを

相手に分かってもらう気持ちです。

 

そしてその気持ちさえあれば

話し合うこともできない

自己愛性人格障害のひとには

自分を大切にしていれば

すぐに気づけてあなたの方から

離れるはずなのです。

 

あなたを傷つける行為を

何度も何度も繰り返し行う

自己愛性人格障害のひとは

あなたのことをどんなに愛している、

と言っても

説得力がありません。

 

お得意のロマンチックな設定も

彼の涙やあなたに対する熱い思いも

どれだけあなたを傷つける行為を

繰り返しているかを考えてみると

なんの説得力もなくなってしまうのです。

 

あなたが自分を大切にする気持ちさえ

持っていればすぐに気づけるはずです。

 

そしてそれに気づくと

今まで彼が言っていたことを

信じていたこともばからしくなり

彼から気持ちを簡単に離すことが

できるのです。

 

 

今度誰かと出会う時には

あなたを心配させたりしないような

あなたを本当に大切にする

思いやりのある優しい彼を

選ぶように心がけましょう。

 

二度と同じ間違いを起こさないためにも

そもそも相手を選ぶときにしっかりと

あなたを本当に大切にしてくれているかを

よく見てから

相手を選ぶようにして下さい。

自己愛性人格障害のひとと被害者になりやすい人の自己肯定感の低さ

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとと

その被害者になりやすい人の

自己肯定感の低さについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

その自尊心のあまりの低さに

周りの人から見捨てられることからの

あまりの恐怖から逃れるために

常に極端な虚勢を張って

生きていることから

逆に堂々として見えます。

 

 

また、そんな自己愛性人格障害のが

弱い自分を救ってくれるような気がして

安心感を持って身をゆだねてしまう

被害者もまた、

自己肯定感がものすごく低いのです。

 

 

2人は被害者と加害者なので

まったく反対の性質を持っているように

思われますが

実は元は同じです。

 

自己愛性人格障害のひとは

その自尊心の低さから

それがばれないように

必死で虚勢を張っているうちに

本当に優れた人になってしまう場合も

あります。

 

 

逆にその自尊心の低さから

相手に寄り添うことで

自分を認めてもらおうとする

被害者側も

自己愛性人格障害のひとから

低くみられることで

彼に頼りがいを感じてしまい

ついていってしまうのです。

ですが、両者のその自尊心の低さは

何らかの事情で

幼いころにありのままの自分を

愛してもらえなかったために

自分に対して自信がありませんが

本当は人間は誰でも

平等に尊い存在なのです。

 

 

自尊心のある人は

人からどう見られるかということに

まったく興味を示さず

自分に自信を持っているので

堂々としています。

 

だから自分を傷つけるような人がいれば

単純に逃げますし、

そんな人に寄り添おうなんて

思わないのです。

 

それが、被害者になりやすい人と

普通の人の違いで

普通の人は自分を傷つけるような人は

そういう人だとすぐに警戒しますので

そんな人に寄り添えば

分かってもらえるなんて思わずに

すぐに逃げます。

 

被害に遭いやすい人は

その自尊心の低さから

相手に必死に寄り添うことで

何とか自分を認めてもらおうとするので

自己愛性人格障害のひとに

自ら近づいていってしまうので

人を蹴落としていないと

生きていけない自己愛性人格障害のひとに

自分から歩み寄っていくので

被害に遭うのは当たり前なのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

その自尊心の低さから逃れようと

他人を蹴落としてしまいますので

そばにいて

徹底的に離れていかないような人は

好都合なのです。

 

なぜかあなたのまわりで

トラブルばかり起こる、

という人は

自己愛性人格障害のひとに

自ら近づいていってしまったり

または自己愛性人格障害のひとに好かれて

恋人同士になってしまったので

歩み寄ることで

関係性を良くしようと

必要以上に努力してしまい

あなたがなかなか離れないことで

本当は臆病な

自己愛性人格障害のひとが安心して

攻撃できる好都合な人に

なってしまっているのです。

 

自分に原因があるのではないか?

と考えるのは

時間の無駄です。

 

あなたのせいではないことも

徹底的にあなたのせいにしてきますので

自己愛性人格障害のひとが

そばにいると

あなたに害をもたらすだけなのです。

 

 

 

現に自己愛性人格障害のひとから離れて

自己愛性人格障害のひとのいない世界で

生きていると

空気が本当に穏やかに流れていきます。

 

トラブルなんて起きる様子もないのです。

 

普通の人は

わざわざあなたをバカにしたり

笑いものにしたり信用を無くしたり

または突然、無視をしたり

急に不機嫌になったりしないのです。

 

自己愛性人格障害のひとがいないと

そんなことはまったく起きないのです。

 

いじめやモラハラや虐待やパワハラは

自己愛性人格障害のひとと

その被害に遭いやすい人の間だけで

起きていて

普通の人にはそんな出来事は

まったく起きないのです。

 

あなたがそのことに気づき

自分を大事にすることができて

自己愛性人格障害のひとの嫌がらせを

受けても、すぐに気づき

自己愛性人格障害のひとから離れると

そこは何のトラブルも起きない

平和な世界なのです。

 

 

もしかしたらあなたが

今後一生一緒にいるかもしれない

あなたの恋人やパートナーが

自己愛性人格障害だったら

今がどんなに幸せだとしても

その先はあなたを苦しめる出来事が

待っているだけなのです。

 

あなたの幸せは

あなたのまわりにいる人で大方決まります。

 

あなたが今後幸せになりたいのだとしたら

あなたのそばに置く人間は

選ぶべきなのです。

自己愛性人格障害のひとの嘘と普通の人の嘘のつき方の違い

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとには

罪悪感がない理由について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

息を吸うように嘘をつく

と言われていますが

本人を目の前にすると

どうしてもそのうさん臭さがありません。

 

 

まるで、本当のことのように涙を流し、

熱く語ったりするところも

どう見ても誠実な人にしか見えないし

とても落ち着いた人のように見えます。

 

 

これが、嘘だった、ということは

被害を受け人にしか分からず

それも事が起こった後から

事実が違っていたことを

目の当たりするから分かるだけで

その時は被害者も嘘をつかれていることに

とても気づきにくいのです。

 

しかも被害者のほうが

周りの人たちから信じてもらえないことも

よく聞く話です。

 

 

では自己愛性人格障害のひとが

息を吸うように常に嘘をついているのに

こんなにも落ち着いて

堂々としていられるのでしょう?

 

不思議に思いますよね?

 

それで被害者の人のほうが

人間不信におちいり

自己愛性人格障害のひとが怖くなって

パニックになる被害者が後をたちません。

 

では、なぜ自己愛性人格障害のひとが

嘘をついても

あなたが信じてしまうのか

自己愛性人格障害のひとの

その脳の動きについてお話します。

 

まず、普通の人は

自分の都合が悪い時に

事実と違ったことを言って

嘘をついてごまかそうとします。

 

ですが、本人は

事実と違うということを

認識しながら相手をだますつもりで

嘘をついているので

ばれないかと内心ひやひやしたり

まるで本当のことを言っているように

上手くごまかそうとすることに

意識が集中してしまい

その罪悪感から動揺してしまうのです。

だからなんとなく周りの人から見ても

様子がおかしいと感じたり

怪しいと思われてしまい

なんとなく嘘をついている雰囲気が

外から見えてしまうのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

嘘をつこうとするときに

まず自分の頭の中で

それが本当の事実だと思い込み

頭の中で自分に都合のいいストーリーを

まるで本当のことのように

作り変えたりしています。

 

だから嘘をついていても

自己愛性人格障害のひと本人は

それを本当のことだと

自分でも思い込みながら

相手に伝えるのです。

 

だから自己愛性人格障害のひと本人も

自分でも本当のことを言っている

と信じ込んでいますので

まるでうさん臭さがありませんし

まったく動揺もせず、

堂々として語るのです。

 

自己愛性人格障害のひと本人も

他人に真実ではないことを話すときに

自分の中でそれは本当のことなのだ、

と思い込みながら話しているので

本人も嘘だという認識がありません。

 

 

他人にもそれはほんとうのことだ、

と思い込ませながら

自分でもそれは本当のことだ、

と思い込みながら言うので

罪悪感がないのです。

 

後から考えてみると

あんなにも堂々としていて

熱く語るとても信頼できる彼の話が

ぐちゃぐちゃだ

ということに気づいたのです。

 

 

じゃあ、あの時に話していた

何年も伝えられたあのとても素敵な物語は

嘘だったことになるか

もしくは2つの全く違う別の物語が

2つ同時に進行していたことになります。

 

とても不誠実な人間には見えないのです。

むしろ、普通の人が

嘘がばれたらどうしようと

内心ドキドキしながらつく嘘のほうが

とても怪しく見え

なんとなく嘘をついている

雰囲気が伝わってきてしまい

その人を嘘なんじゃないかな?

と疑ってしまいます。

会社にいる自己愛性人格障害のひとも

目の前で見ていると

立派なこと言ったり

落ち着いた雰囲気を醸し出したり

素敵だな~と思うことも

ありますが、

あ、でもこのひと、ただ、

自分をよく見せてるだけなんだよね?

と思ってしまい、

まったく話が頭に入ってきません。

 

会社にいる女性の自己愛性人格障害のひとも

たまに廊下ですれ違ったりすると

Tiaraを見て、

意味深にニタっと笑ったりしますが、

怖い、何なの?何かされてる?

何か言われてる?と

怯えもせずに

あ、きっとまた何にもないのに

脅かしてるだけなんだろうな~と

まったく気にもならず素通りします。

 

自己愛性人格障害のひととは

自分がどう見えるかを

外堀だけ気にして

あなたの反応を見ているだけなので

そこで反応してしまうと

ターゲットになってしまいます。

 

おそらく何もしていないので

素通りしていると

攻撃してもつまらなくなり

そのうちあなたには

何にもしてこなくなるでしょう。

自己愛性人格障害の被害者にならないために


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遭ってしまった方が

自分の危機管理能力の低さ

についてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい女性の特徴として

危機管理能力に欠けるというもの

があります。

 

あなたは相手に寄り添うことで

自分を認めてもらおうとしますが

自己愛性人格障害のひとは

そんなあなたの性質を利用します。

 

自分に自信がないので

相手のために努力することで

相手に認めてもらおうとするのです。

 

寛大で優しい、という面もありますが、

自分が嫌だという気持ちや

自分が大事にされていないという部分には

当たり前のように流してしまう部分が

あるのです。

 

簡単に受け流してくれるため

自己愛性人格障害のひとは

本当は大変臆病で

人から悪く思われることに

ひどく敏感なのですが、

あなたには安心して、

ひどいことをすることができるのです。

 

大切にされている女性は

もっと自分の意見を言います。

 

自分の気持ちを

無視されるような扱いを受けた場合には

怒ったり

その人のことを信用しなくなります。

 

自分をもっと大切にしているので

ひどい扱いを受けたり、

理不尽なことを言われたりした場合には

簡単に受け流したりしないのです。

 

彼を怒らせないように

自分の気持ちを言わないで

我慢してしまうと

あなたの気持ちを

だんだんとあまり

考えないようになってしまうのですね。

 

あなたが考えているのとはむしろ

逆なのです。

 

自分の気持ちを大事にしない人は

他の人からも大事にされません。

 

傷ついているのに

受け流して許してしまったり

そのまま流してしまったり

するような人は

自分のことが大事にできて

いないんですよね。

 

自分のことを大切にできる人は

人からバカにされたり、

軽くあしらわれたときに

相手の人を簡単に許したりはしません。

 

それで相手の人が怒ったとしても

それはそれでいいのです。

 

あなたのことを大切にしてくれない人は

あなたのそばにおいてはいけないのです。

 

人間関係は自分の周りにいる人で決まると

言われています。

 

あなたのまわりに、

あなたのことを大切にしない人を置くと

毎日が不幸になってしまうのです。

 

悩んでいたり、

自己愛性人格障害のひとに

言われることを気にして

自分の思うように行動できないでいると、

あなたの脳にも負担がかかり

あなたのパフォーマンスまで落ちて

効率が悪くなります。

 

とはいえ、職場や学校など

人間関係を選べないときもありますよね?

 

そんなときは心の中で

スルー出来る無関心力を身につけましょう。

 

無関心力はあなたのメンタルを

安定させるだけではなく

あなたの邪魔をする余分なところに

あなたの心を無駄に使うことなく

効率が上がるのです。

 

自己愛性人格障害のような

人の邪魔をして喜ぶ人間は

ある一定数、

必ず存在すると言われていますので

いつまでも逃げられる、というわけでは

ありません。

 

まじめな人ほど

そういった人をスルー出来ず

自分の中にその原因があると思い込み

自責の念にかられてしまうのですが

実は、あなたに問題があるわけではなく

相手の心に問題があったのです。

 

しかも自己愛性人格障害のひとは

自分に原因があると思わないので

すべてをあなたのせいにしてきます。

 

それをすべてまともに受けてしまっては

あなたはできることまでできなくなって

しまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたの恋人でもあなたの邪魔をしてきますから

自分のせいだと不安になり

苦しむあなたを見て

高揚しているのです。

 

そんなことに

いちいち付き合っていられるほど

あなたの人生は暇ではありません。

 

人を潰して高揚感を得る、

そんな無駄な人たちのために

あなたの時間をさいていいては

あなたの人生がもったいないのです。

 

Tiaraは少しの時間の無駄も

したくもありません。

 

ましてや、大好きな彼でさえそうだったのに

まったくの赤の他人である

自己愛性人格障害の自尊心を持ち上げる

高揚感のために

少しでも付き合っているのが

もったいないのです。

 

あなたは自分が悪いと思っていますが、

そうではありません。

 

自己愛性人格障害のひとから離れるだけで

あなたの人生はとても楽になり、

あなたの能力が生かされて

イキイキと生きられるのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

周りにいなくなるだけで

無駄なことに悩まずに済み

いろいろなことが簡単に前に

進みだすのです。

 

自分を大事にする人は、

自分の邪魔をするような人は

相手にしないので

自己愛性人格障害のひとも

反応してくれない人には

攻撃してもつまらなくなるので

あなたに攻撃しようとも

思わなくなるのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

自分を大切にしていません。

 

相手のためだと行動するうちに、

あなたの邪魔をされていることにも

気づきもせず、

失敗するのは

自分のせいだと思い込みますが

そうではないのです。

 

あなたがあなたらしく生きるためには

恋人だけでなく世間にいる

自己愛性人格障害のひとを見抜いて

心の中でスルーして

あなたの人生を生きてください。

 

あなたのまわりにいる

普通の人だけと交流していると

不思議と(これが普通なのですが)

トラブルなんて

全く起きなくなるのです。

自己愛性人格障害のひとは世間の人から自分がどう思われるかによって自分の行動を選ぶ

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遭ったことのある女の子が

大切にされるために必要なこと

についてお話ししたいと思います。

 

あなたの大切な彼が

自己愛性人格障害だと知ったら

びっくりすると同時に

とても悲しいと思います。

 

お付き合いをされているんでしょうから

ほかの友達よりも

さらに信頼していたことと

思います。

 

あなたが一番信頼していた人物

なのではないでしょうか?

 

Tiaraは恋人を誰よりも信頼します。

 

 

きっとそんな女の子が

世の中には一番多いと思うんですよね。

 

中には

彼よりも親友を一番信頼する、

という方もいると思いますが、

Tiaraはやはり

親友はどうしても困ったときに

相談する相手ですが、

親友と一緒に暮らすことはありません。

 

たまに会うからこそ面白いのであり

もしかしたら一緒に暮らしたら

合わなくなってしまうかもしれません。

(あ、そんなことないかな?w)

 

その代わり恋人とは

付き合いが長くなると、

もしくは信頼関係ができると

一緒に暮らす可能性が高いですし、

もしかしたら結婚するかもしれないので

生活を一緒にすることになります。

 

 

だから、たまに会う親友よりも

恋人のほうが深い信頼関係がないと

関係を築けないんですよね。

 

 

Tiaraのところにも毎日

「自分の人を見る目のなさに

自信がなくなりました。」ですとか

「彼は私のことを

本当に好きだったのでしょうか?」とか

または

「確かに彼の愛情を

感じた瞬間はありました。」とか

いろいろなコメントをいただきます。

 

おそらくそれは被害者の目から見たら

ほんとうで

被害者の人たちの見る目がないわけではなく

本当にそのように見えるし

普通の人は

まさか自己愛性人格障害のひとのような

考え方を持つ人間がいるなんて思えないので

分かる人はまずいないでしょう。

 

 

いるとしたらTiaraのように

自己愛性人格障害のひとに会ったことがあり

疑問に思って調べたりして

その病気の症状にたどり着いた人だけだと

思います。

 

 

普通は本当に愛情をもってしないと

できないようなことを

自己愛性人格障害のひとは

自分が良く思ってもらうためだけに

できるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

心がない病気、と言われていますが

だからこそ、自由に表現できるのです。

 

相談者の方の中に

俳優やタレントの

自己愛性人格障害のひとが多いのも

うなづける話だと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

常に尊大な自分を演じながら

まわりのひとからいい人だと思われることに

常に必死なので

そのようにふるまうことが

幼い頃より積み重ねられています。

 

演じることが日常になっています。

 

そうせざるを得ない心情なのです。

 

だから自分をよく見せる

本物のプロなのです。

 

だから普通の人が昨日今日で

いい人に見せようと頑張っても

勝てるはずがありません。

 

普通の人は普段そんなことは考えもしないで

普通に行動しているので本当に

自然な動きをしているのです。

 

悔しい時に怒り、

悲しい時に泣き、

うれしい時に笑顔を見せる、

そんな自然な感情を持っています。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

怖いと思わせるために怒り

不安にさせるために無視をして

好かれるために親切にしたり

尊敬されるために立派なことを言います。

目的が先で

そのうえで行動を選んでいるので

その行動に感情がなくても

目的のために泣いたり

怒ったりすることができるのです。

 

 

逆に言えば

怒っているときも

ただあなたに怒りをぶつけるために

あなたのちょっとした

誰にでもあるようなことも

失敗の種に見せることがうまく

自己愛性人格障害のひとが

怒っても仕方がない、と

周囲の人に思われるように

あなたの方が怒られても

仕方がない状況を作り出します。

 

自分の行動を正当化するために

あなたのことを悪者にして

先にあなたには誰も味方がつかないように

してしまうのです。

 

これが自己愛性人格障害の被害者が

何もしていないのに

知らない間にまわりのひとから

信頼されないようになる理由です。

 

 

だから本当は

自己愛性人格障害のひとは

それほどあなたに腹を立てているわけでは

ないことのほうが多いのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

すべてが普通の人と逆で

目的がさきにきて、そのために

自分の感情をいくらでも

コントロールできます。

 

ですが、本当はその感情に

中身はないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

幼いころからこの行動が

習慣化されているので

本当に人に心を寄せることができません。

 

本当に人に心を寄せることの意味さえ

分からないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の自尊心を上げるために必死で

人のことなどかまっていられません。

 

自分のことで精いっぱいなのです。

 

 

ですが、そのおかげで

容易に人から良くみられる行動や

言動をとることもできますし、

この人からは舐められたくない、

とか逆らえないようにするために

あらかじめ初めから威嚇しておく、

という行動をとることもよくあります。

 

 

自己愛性人格障害のひとの

そういった行動を

マウンティングと言います。

 

「マウンティング」ということは

世間ではずいぶん一般化しているようで

Tiaraも職場の人に

「あの人はすぐに

マウンティングしてくるタイプだから

気をつけたほうがいいよ。」と

言われることがあります。

 

では、どうやったら

あなたを本当に大切にしてくれる人に

出会えるのでしょうか?

 

あなたが

大切にされるためにできる

8つのこと

 

あなたはおそらく

自己愛性人格障害のひとに

狙われやすい性格をしています。

 

ですがあなたが選んだ人が

普通の人だったら

あなたはありのままで、

今までと変わらないあなた自身のままで

充分愛されていくのです。

 

相手が自己愛性人格障害だった場合だけ

次のことに気をつけていくとよいでしょう。

 

①自分の意見をきちんという

②自分の気持ちをきちんという

③初めから自分を出さない

(少しづつ小出しにしていく)

④嫌なことがあるときは受けない

⑤我慢しない

⑥相手の気持ちを考えると同時に

自分の気持ちにもきちんと耳を傾けてみる

⑦理不尽だな、とか一方的だな

と感じることにはいつまでも関わらない

⑧きちんと相手からの愛情が

返ってきているかどうかを

常に確認しよう

 

 

そのうえであなたが自己主張したときや

彼よりも強い考えを持ったりしたとき

あなたが彼よりも

優秀な成績をとってしまったときなど

彼があなたを認めてくれるかどうかを

よく見てみてください。

 

 

自己愛性人格障害のひとには

1度も逆らってはいけません。

 

これはTiaraが親友にまだ彼のことを

自己愛性人格障害だとは知らずに

相談していたころに

彼女が

「彼には1度も逆らったらだめ。

ねえ、Tiara、

大げさに言っているわけじゃなく

私はTiaraに気づいてもらえるように

わざと言っているんだよ?」と

言われました。

 

もちろん彼女は

自己愛性人格障害なんて知りません。

 

ただ、彼の話を聞いていて

そんな気がしたようです。

 

少しでもちょっとしたことでも

彼よりも上に立ってしまうと

彼を怒らせてしまうと。。。

 

当時は

何を大げさなことを言っているんだろう?

と思いましたが

今では

彼女の言っていたことが本当だったと

分かります。

 

彼より少しでも優位に立っては

いけなかったのです。

 

あなたがもし、

彼に少しでもあなたの気持ちを

分かってもらおうと

彼にこうしてほしい、と頼んだり

あなたの気持ちはこうだから、と

彼に考えてもらうように

お願いをしてしまうと

あなたの彼がもしも

自己愛性人格障害だったとしたなら

あなたがその願望をかなえられないように

邪魔をしてきたり、

「そんなことは良くないよ。」と

あなたを否定するように持ってきます。

 

毎回毎回そのようにあなたを否定したり

認めてくれないのだとしたら

彼は自己愛性人格障害かもしれない、

と疑ったほうが

いいのかもしれません。

 

そして彼がもし、

自己愛性人格障害だったとしたなら

あなたは彼に

分かってもらおうとするのではなく

彼にもっと早く嫌われるべきだったのです。

 

自己愛性人格障害の彼に否定されたときは

苦しんだりショックを受けるのではなく

離れるチャンスなんだと

自分のためにラッキーだったと

安心して離れるべきなのです。

 

あなたはあなたが幸せになるために

あなたのことを本当に大切にしてくれる人と

出会わなければいけないのです。

 

そのためには

あなたのためにならない彼が

あなたのそばにいては

素敵な人があなたに近づくチャンスを

失ってしまうかもしれません。

 

 

あなたはあなたのことを

本当に思ってくれる人と

出会わなければいけないのです。

自己愛性人格障害のひとはびっくりするほど自分が周りからどう見られているかを気にしている


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとが

好む相手の姿について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

びっくりするほど

人のことを気にしています。

 

こちらが何ともおもっていなくても

すごいところや寛大なところを

一生懸命演じているので

やたらと声が大きく

不自然なほど周りの人に

聞こえたりしていることもあります。

 

反対に

人を責め立てたり、

こき下ろしたりするようなときは

驚くほど声が小さく

隣にいても何かを話しているのは

分かるのですが、

何を言っているのか

全く聞こえないときもあります。

 

かと思うと

周りの人にも聞こえるようにののしり

その人がいかに失敗しているかを

周りの人に聞かせるように

怒っているときもあります。

 

これは、自己愛性人格障害のひとの

都合により

声の出し方が、とても器用に調整可能です。

 

自分をどう見せたいか

その時の

自己愛性人格障害のひとの都合により

いくらでも変えることができます。

 

これによって

いい人だと思われたまま

他人を追い詰めることもできますし

直接会話を交わさなくても

なんとなく、あの人はいい人だなと

周りに印象付けることもできるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

本当にすごい能力を持っていて

しかも、本人は自分が周りから

どう見られているかを

普通の人が予想もつかないほど

随時、考え続けているのです。

 

自己愛性人格障害のひとの行動は

とても面白いです。

 

 

本当に興味を惹かれるのですが

ほとんどの人が

そんなことをしているとは

まったく気づいていないのです。

 

気づくと、本当に

めんどくさいことをしているな

と思いますし、

それに気づくと

どんなに優しくされても気を使われても

ああ、今は良く思われたいんだね、

としか思いません。

 

逆に責められたり、呆れられたりしても

今はショックを受けさせたり

不安にさせたりしたいんだなと

思うだけで

自己愛性人格障害のひとが

今何を考えてその行動に出ているか

手に取るように分かってしまうのです。

 

 

そんな自己愛性人格障害のひとを尊敬したり

ショックを受けたりしている人を見ると

真に受けなくてもいいのに

と思ってしまいます。

 

ですが、Tiaraもこれに気づくまでは

ショックを受けたり

すごいな、と思ってしまって

自己愛性人格障害のひとのことを

普通の人よりもすごい人だ、

と思っていたのです。

 

本当のことが見えていなくて

外堀だけに

一喜一憂していたんですね。。

 

 

普通の人と会話をしていると

何も起こりません。

 

トラブルもおきませんし、

気を使うこともありませんし、

けんかをすることもありますが

きちんと話し合ったり

相手の気持ちが分かるようになれば

また普通に友達として

話したり楽しんだり

真剣に悩みを打ち明けたり

相手の気持ちに寄り添って

感謝してもらえたりすることができて

人間らしくのびのびと

生きることができるのです。

 

もし、あなたのまわりに

あなたのせいではなく

なぜかトラブルばかり起きて

悩んでいるのだとしたら

あなたの周りの人を

良く観察してみてください。

 

あなたのそばに

自己愛性人格障害のひとがいたり

しませんか?

 

 

あなたのそばに

自己愛性人格障害のひとがいれば

あなたは、仕事ができるように

なりませんし、

あなたには本当の友達が

できにくくなってしまいます。

 

たとえ、本当の友達だと

思える人ができたとしても

いつの間にか、

あなたには身に覚えのないことで

信用を失ったり、

うまくいかなくなってしまったり

してしまいます。

 

もし、あなたのそばに

自己愛性人格障害のひとがいたとしても

自己愛性人格障害のひとが

あなたに全く興味を示さない場合は

比較的、生きるのが自由にできます。

 

ですが、

自己愛性人格障害のひとに好かれたり

嫌われたり、

ライバル心を持たれたりしている場合は

ことごとくあなたが弱い人間に見えるように

あなたに信頼がないように

周りからのあなたの見え方を

コントロールされてしまいます。

 

それは、

あなたを独り占めするためだったり

あなたにほかに友達や

恋人ができないように

防御されてしまうのです。

 

なぜ、そんなことを

わざわざするのかというと

自己愛性人格障害のひとは

非常に臆病で

あなたを潰しておかなければ

自分がつぶされるかもしれないと

ありもしないことで恐怖心を

極端にいだいてしまっているからなのです。

 

普通の人はそんなことわざわざしません。

 

だってすごくめんどくさいし

そもそもそんなことをしようとも

思いつきもしないからです。

 

自己愛性人格障害については

各書籍が何冊も出ていますし、

精神科のお医者様の間でも

医者でさえも

最も嫌がる病気として有名です。

 

 

普通の人からは、

あまり知られていない病気の部分で

本当はそんなことをしなくても

誰も自己愛性人格障害のひとのことを

蹴落としたり、

つぶしたりすることはないのです。

 

それでも自尊心がまったくない

自己愛性人格障害のひとは

ありもしないことで

勝手に恐怖心を持ってしまっているのです。

 

誰かを潰すことで

その人よりも自分のほうが上だと

常に認識していなければ

怖くて生きていけない病気なのです。

 

幼いころに、育った環境で

そうなってしまった自己愛性人格障害のひとに

そんなことはしないからやめてと

話しても理解できないので

攻撃と尊大な自分を見せつけることを

やめられずにいます。

 

 

自己愛性人格障害のひと本人も

それをやめることができないのです。

 

だから、自己愛性人格障害のひとから

攻撃されたり、

取り囲まれたりしないためには

あまり目立たず、何の魅力もない、

と思われるのが一番です。

 

 

自己愛性人格障害のひとよりも

魅力的に見えたり、活躍しそうに見えると

自己愛性人格障害のひとは

自分よりもあなたが

目立ってしまうことを恐れて

前もってあなたを潰しにかかります。

 

だから、自己愛性人格障害のひとには

何とも思われないのが一番なのです。

 

Tiaraは自己愛性人格障害のひとを見ていて

それがやめることができないことが

手に取るように分かります。

 

だから腹も立たないし、

怯えることもないのです。

 

ですが、普通の人には

自己愛性人格障害という

病気を持った人のことが分からないので

関わっていると

本当に失敗している、と思われるようになったり

本当に悪いことをした、と思われてしまい

周りの人からだんだん誤解されるように

なってしまいますので

自己愛性人格障害のひとがいた場合は

Tiaraはすぐに逃げます。

 

逃げ足だけはめちゃめちゃ早くなりました。

 

だから、こんなにも

自己愛性人格障害のひとのことが

手に取るように分かるようになったのに

一緒にいては危ないと思うのです。

 

今では、Tiaraの自己愛性人格障害の元彼が

元彼本人よりも

心の中が分かってしまいます。

 

でも、だからこそ、

近づくことができないのです。

 

Tiaraはただ、自己愛性人格障害のひとが

誰も傷つけないように

幸せになれる方法を見つけてほしいと

願っています。

自己愛性人格障害のひとと結婚できる人の特徴

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と

結婚できる人の特徴について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとというのは

結婚できない、

というわけではありません。

 

どちらかというと

短いお付き合いを

何度も繰り返す人が多いのですが、

その中にも

結婚している自己愛性人格障害のひと

というのも、数多く存在します。

 

自己愛性人格障害のひとは

必ずトラブルを起こすことに

なるのですが

でも、自己愛性人格障害のひとさえ

その気になれば

相手のひとはほとんど

YESと言ってしまう、

という事実もあります。

 

もともと

自己愛性人格障害のひとは

魅力的な人が多く、

また尊大な魅力を振りまいていますから

どのシーンでも必ず目立ってしまいますし

その魅力に惹かれた人に

近づくこともとてもうまいです。

 

称賛されればされるほど

高揚しますから

自己愛性人格障害の魅力に惹かれた人が

彼を称賛すれば、

自己愛性人格障害のひとは

その人をなかなか離したくなくなります。

 

自己愛性人格障害の被害者になりやすい人は

自己愛性人格障害のひとを

気持ちよくさせているのです。

 

彼よりも能力が低かったり

身分の低い人、

自分に自信のない人だったりが

彼のすることを見て

「すごい!」と称賛することは

自己愛性人格障害のひとにとって

なによりも気持ちの良いものになります。

 

そうやって称賛されることで

本当は自尊心のない不安定な心を

やっと保ち続けることができるのです。

 

また、

自己愛性人格障害のひとは

自分をよく見せてくれる人を

そばに置きたがるので

そうやって自分を称賛してくれる人の他にも

周りのだれもが憧れるような可愛い人や

美しい人をそばに置き

周りの人から優越感を感じる、

という気持ちよさを

求める自己愛性人格障害のひともいます。

 

誰もがうらやむ恋人や奥さんを

持っていながら

家ではその奥さんをののしったり

叱りつけたりすることで

高揚する自己愛性人格障害のひともいて

彼の奥さんになってしまった人は

とても辛い思いを

し続けなければなりません。

 

Tiaraのところには

自己愛性人格障害の彼と

結婚したいという相談を

毎日多く受けるのですが、

あまりお勧めできないのは

そんな未来が見えてしまうからなのです。

 

Tairaも実際、自己愛性人格障害の彼と

結婚したいと思っていましたし

頼りがいがあり、頭のいい彼に

彼についていけば大丈夫、

という強い安心感も持っていました。

 

ですが、今では怖くて

近づくことはできません。

 

自己愛性人格障害の彼には

どうでもいい存在になることが

一番の幸せだと気付いたからです。

 

そのうえでまた普通のひとと

恋愛できるならしたいと思いますが、

1人でいるほうが安心できると

長い間思いすぎていたため

以前よりも恋人が

できにくくなっていると感じます。

 

今になって気づいたことですが、

恋人ができるひと、というのは

無意識に自分も

パートナーを求めている人だと思います。

 

あなたが誰かと一緒にいたい、と

心の中で思っていなければ

恋人ができることはおそらくありません。

 

惹かれあう、ということは一方的ではなく

お互いにそう思いあったときに初めて

惹かれあうものなのです。

 

なぜか自己愛性人格障害の被害に遭った人は

それまで恋人が尽きなかった人でも

そのあとぱったりと

誰ともお付き合いをしないという人が

大勢います。

 

しかも、それまでは

誰かがそばにいないと不安で仕方がない、

と言っていたタイプですら

1人でいることが

平気になる人がとても多いのです。

 

次は絶対に普通のひとと付き合いたい、

と言っている人ですら

心の中で本当にパートナーを求めていないと

なかなか恋人ができることはないのです。

 

自己愛性人格障害の被害とは

被害に遭っているときは

本当に辛くて仕方がありませんが

それを乗り越えるとちょっとのことでは

たいてい動じなくなります。

 

周りの人の心がほとんど

分かるようになるからなのです。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れた方たちも

ほとんどの人が以前よりも

強くなっておられます。

 

どうして自己愛性人格障害のひとが

そういった行動をとるか

手に取るように分かるようになるからです。

 

はっきりとわかるので

不安になったり

動揺したりすることがありませんし、

病気だと分かっているので

恨みに思うことも

嫌うこともショックを

受けることもありません。

 

その代わり好きになることも

嫌いになることもなく

ただ、そういった性質を持つ人

という1つの個性みたいなものだと

納得できるようになるからです。

 

自己愛性人格障害の被害に

苦しむような人は

ある意味、自己愛性人格障害のひとを

変えようとしますが、

自己愛性人格障害のひとに

変わってもらいたい、とか

分かってもらいたい、

と思うからこそ辛いのです。

 

彼らは何も変わりません。

 

分かったようなことを言っていても

ただ物分かりのいい人に

思われたいだけです。

 

あなたを苦しめたいわけでも

何でもなく

ただ、自分を尊大な自分に

見せかけていたいだけなのです。

 

彼らはそうしないと不安になるから

自分の身を守るために

ののしったり罵倒したり

評判を落としたり

眺めたり、親切にしたり

立派なことを言ったり

しているだけなのです。

 

それさえ分かれば、

あなたが自分を責めすぎることは

ありません。

 

荒波を立てることもありませんし、

腹が立つこともなくなるのです。

 

 

ですが、

自己愛性人格障害のひとと

一緒にいたいと

必死で努力を続ければ続けるほど

辛くなります。

 

この理屈を覚えておいて

彼と本当に結婚したいかどうか

考えてみてください。

自己愛性人格障害 結婚

https://tiara-crystal.info/jikoaiseijinkakusyogainokaretonoshiawasehazutootuzukumonodehanai

https://tiara-crystal.info/jikoasieijinkakusyougainohitonokekkonn

https://tiara-crystal.info/jikoasieijinkakusyougainohitonokekkonn