愛を育てる時間の長さ

こんばんは♡

今日は、愛を育てる時間について

お話ししたいと思います。

 

 

本物の愛を育てる時間って

考えたことありますか?

 

Tiaraは

自己愛性人格障害のひと以外にも

それなりに恋愛を経験していますが、

本当にその人のことを分かろうと思うと

相当な時間が必要だと思うのです。

 

 

変な話、今、恋をしていなくても

明日にはどうなっているか

誰にもわかりません。

 

明日、誰に会うかなんて

だいたいの予想はつきますが

それ以外でもふいに

誰かに出会うことってありますよね?

 

 

Tiaraは元旦那さんと離婚したとき

次の恋なんて

考えていませんでした。

 

 

それなりに長い間

結婚生活を送っていたので

特別さみしいと思わなかったですし、

正直元旦那さんといて

大変だったこともたくさんあったので

離婚したほうが

楽になったと考えていました。


Tiaraには子供もいましたので

1人ではありませんでしたし、

落ち着いて、誰か好きな人ができたら

その時は付き合ってもいいけど

もし、だれもいなかったら

このまま1人でいても

自分で選んだ人生なので

後悔はありませんでした。

 

ですが、ある程度の歳で

女が1人でいると

勝手に周りが心配をしだします。

 

「誰かいい人はいないのか?」

「金持ちのおじいさん探したらいいんだよ。」

なんてみんな勝手なことを言って

からかっているのか

本気で心配しているのか分かりません。

 

会社の人たちが勝手に世話をやいて

他部署の男の子と

飲み会のセッティングをしてくれたり、

心配してくれたりしていました。

 

「あんた一人でなんかもったいないなあ。。」と

会社のおじいちゃんが言うので

「うん。でも出会いとかないし」と

笑って言っていました。

 

その時に同じ部署の人が言っていたのですが、

「総務に独身の男のひといるよ?」

とか

「明日は分からんじゃん。

恋なんて案外1日でするもんじゃない?」

 

それを聞いたとき、

意外とそうかもしれないな、

と思ったのでした。

 

だって、今まで何とも思っていなかった人に

ふとしたことで急にドキッとして

それから意識しだしたりすることなんて

よくありますよね?

 

そうです。

 

恋なんて1日で、

というか一瞬でするものなんです。

 

ですが、始まりはそうだったとしても

1人の人と長く付き合ったり

深くお互いを知るには

本当に時間がかかると思うんです。

 

初めのうちは、

全然違うところで育った

全然考え方の違う二人が

ぶつかることなんて

よくあることですよね?

 

そして、ぶつかりながら

自分の気持ちを

相手に分かってもらいたいと思ったり

自分の考えを曲げてでも

相手の気持ちを

尊重してあげなきゃいけないときもあると

思うんですよね。

 

 

自分のやりたいことがあるから

暇な時だけ恋人と会ってなんて

そんな片手間でできることではありません。

 

それで、お互いに相手のことも

認め合いながら

自分のことも

分かってもらうようになるまでは

そうとうな努力と

なんでもない会話の積み重ね、

悲しい出来事や辛い出来事も

支えあい、ぶつかり合いながら

お互いが少しづつ成長していくには

自分の時間を削って

相手と会う時間を作ったり

自分の言いたいことを我慢して

まず、相手の話に

耳を傾けることも必要なんですよね。

 

 

そうやって

あなたも自己愛性人格障害の彼も

お互いと合う時間を

作ってきたはずなんです。

 

 

それなのに、それを

本当にちょっとしたことで

ほおりだすことなんて

なかなかできないのが普通だと思います。

 

だから、積み重ねてきた時間って

二人にとってとっても

大事なもののはずなんです。

 

 

被害者であるあなたも

彼との未来を夢見てきたからこそ

自分の時間を割いて

彼と会う時間を作ってきたんですよね。

 

 

自己愛性人格障害の被害者って

たいてい彼にしてもらったことばかり言います。

 

私なんて、とか

私より彼のほうがよっぽどいい人だ、

とか、

彼にものすごくいろいろやってもらったんだ、

と、彼からやってもらったことばかり言います。

 

 

Tiaraも彼と別れたばかりのころは

そうでした。

 

でも、Tiaraも5年という長い間、

仕事と家事以外は

ほとんど彼のことばかりだったんです。

[ad#co-1]

ご飯だってTiaraのうちにきて

食べていたことのほうが多いですし、

彼が出してくれて外食をしたことも

彼の手作りのご飯を頂いたことも

もちろんありますが、

Tiaraのほうが作る回数は明らかに多いし、

たしかに彼からいろいろな素敵なプレゼントを

いただきましたが、

Tiaraだって相当心を込めて

彼に喜んでもらえるよう

何か月も前から彼のことを思って

プレゼントを選んであげていたことは

事実なんですよね。

 

 

ところが、あの頃は彼に

やってもらったことばかり言っていましたし、

彼も「俺がこんなにしてあげているのに」

と言っていたことも何度もありましたが、

Tiaraはいつも「ごめん。」と謝っていました。

 

 

でもよく考えたら、Tiaraも彼に

身も心も

時にはプレゼントやご飯や

お弁当だって作ったりしていたんですよね。

 

そして、

いつものように彼から出した別れ話に

Tiaraが初めて承諾をして

別れると言ったとき、

彼からの電話があまりにも

鳴りやまず、

怖くなって

警察に駆け込んだとき

「でも彼にはいろいろなことを

してもらったんです!」と

彼をかばうようなことも

言っていました。

 

ところが、

そこにいた婦人警官のお姉さんが

「あなただってやったでしょ?

ね、付き合っているときは

彼だけじゃなく

お互いに相手のためを思って

いろいろするものなの。

そーいうものなのよ。」と言われたとき

はっとなりました。

 

お互いにやっている、ということを

忘れてしまっていたのです。

 

彼にしてもらったことばかり考えて

自分が粗末に扱われていることに

気づかなかった。

 

Tiaraが

何か月も前から悩んで

彼の喜んだ顔が見たくて

選んだ本当に素敵だとTiaraが思うプレゼントは

彼は1度も使ってくれたところを

見たことはありませんでした。

 

彼からもらったプレゼントは

Tiaraはもらった次の日から

毎日つけていたので、

悲しくもありましたが、

戸棚にきちんとしまってあるところを見ると

(大事にしまってくれているのかな?)と思って

できるだけいいように思うように

していました。

 

(とんでもなく

Tiaraがセンスが悪い

とは思わないでくださいね。

 

Tiaraは男物を選ぶのも

かなりセンスがいいと

自負しています。

 

現に年頃のおしゃれなお兄ちゃんからも

「カッケ!」

と言われています(笑))

 

彼の誕生日に

Tiaraがあげたプレゼントは

持ってくれませんでしたが、

同じ日に

彼の妹からもらったというプレゼントは

毎日身に着けていたので

彼はそれを気に入っているんだなと

思ってほほえましく思っていました。

 

妹思いの彼なんだなって。。

 

今、考えると

とんだお人よしですよね。

 

というよりバカですよね。

 

怒りもしなかったです。

 

傷つけられていることすら

彼に恋をしているから傷ついている、

と思い込んでいて

こじつけで無意味にやっていた嫌がらせに

全然気づいていなかったんです。

 

そして、今、Tiaraの

恋愛相談室を訪れるほとんどの方が

Tiaraと同じようなことを言っていて

しかも被害に遭っていることに気づきながらも

彼のことを尊敬し、自慢げに話し、

彼ほど素敵な人はいないので別れたくない!と

口をそろえて言うのです。

 

彼ほど素敵な人はいない、

自己愛性人格障害の被害者の人は

みんなそう言います。

 

そして、その心理を

Tiaraはとてもよくわかります。

 

Tiaraが彼に対して思っていた感情と

同じものをみなさん持っています。

 

ですが、今、

自己愛性人格障害の症状がよくわかったので

自己愛性人格障害のひとの感じの良さは

異常に感じられます。

 

目を大きく見開き

にっこりと笑って大げさなほど

「お願いします。」と丁寧に

とても感じよく言っています。

 

以前にTiaraならその様子を見て

「なんていい人!」と

目を輝かせていたと思いますが、今は

(ああ、自己愛性人格障害で

本人も気づいていないんだね。。)

となんだか必死になっている姿が

不自然に見えます。

 

そしてそんなことを

絶えずしている自己愛性人格障害のひとは

とても疲れていることでしょう。

 

その人のそばにいる人が

もしかしたら被害に遭って

自己愛性人格障害のひとのうっぷんを

すべて向けられているのかもしれません。

 

本当は

「そんなことしなくてもいいんだよ。」

と言ってあげたいですが、

それは、自己愛性人格障害のひとから見たら、

上に立たれた!と被害者意識しか持てず

お前に何が分かる!

と牙をむくことでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとには

優しさも思いやりも通じないのです。


 

自己愛性人格障害のひとが

満足することはただ一つ。。

 

自分が人よりも上に立てたときだけです。

 

そんなことよりも

大切な事があると理解するには

自己愛性人格障害のひとは

あまりに傷つきすぎています。

 

あなたの愛情は伝わらず、

あなたに敵意をむけるだけに

なってしまうのです。

 

あなたは彼が

自己愛性人格障害だとは知らずに

彼との愛をはぐぐむつもりで

長い間、あなたの生活は

ほとんど彼だけになっていたことでしょう。

 

彼に分かっってもらおうと

必死になって話し合いをしたり彼に合わせたり

理不尽な目に遭っても

かれとうまくやっていくために

あなたの時間も趣味も

すべて彼に合わせてきたことでしょう。

 

 

恋愛を育てるには

かなりの時間が必要になるのです。

 

片手間でできるほど簡単ではありません。

 

それだけの気持ちと時間を彼に費やしたのに

彼との別れが来てしまうことは

あなたにとって

とても辛いことだと思います。

 

 

ですが、彼が自己愛性人格障害である以上

彼にまともな話は通じないのです。

 

彼を信じれば信じるほど

ショックが大きくなるだけでしょう。

 

 

あなたが愛を向ければ向けるほど

あなたは彼に恨まれる存在に

なってしまうだけでしょう。

 

Tiaraはそれが辛すぎたので

彼と別れる決心はすんなりつきました。

 

ああ、この人と一緒にいても

ヘタしたら人生もお金も職も

友達関係もつぶされてしまい

すべてを彼に奪われてしまうだけなのです。

 

 

自分の好きな人に

そんなことをされたら

まともではいられないと思います。

 

自分の人生をかけて

彼にささげたあなたの愛は

簡単にごみ箱に

捨てられてしまうでしょう。

 

そのショックを想像しただけで

心臓が止まる苦しみを

容易に想像できたので

彼とはすっぱり別れることにしました。

 

そして彼を遠くから思うことにして

自分のなくした時間を取り戻したいと

思いました。

 

Tiaraはもう歳をとってしまいましたが

彼との経験は無駄ではなかったと

思っています。


人にはいろいろな体験から

本人も気づかない間に

習慣や考え方が身についてしまい

それを普通だと思い込んでしまっていることを

変えることがなかなかできない人たちが

いるという事がよくわかりました。

 

これが自分の彼でなかったら

怖くて逃げただけで

終わっていたかもしれません。

 

 

 

自己愛性人格障害の彼に

今まで出会ったことない魅力を感じてしまって

それにき興味を持ち、

いろいろ調べるうちに

自分の思いだけではどうしようもないことがあると

気づいたから

今まで不安になっていたり、

腹が立ったり、理解に苦しむ一番難しいタイプの人を

理解できたら

もう怖いものはなくなったのと同時に

恨む気持ちもなくなったことが

自分にとって

とてもためになったと思います。

 

自分の中の何が原因で

そういう人と付き合うことになったかも

そういう人から攻撃されることになったのかも

すべて理解することができましたので

今後の人生は

今まで起きたトラブルは

事前に避けることができます。

 

そして自分のせいでないことで悩んで

無駄な時間を過ごさずに済み

今までの自分の時間を取り戻すとともに

本当の友達や恋人になる人を選ぶことが

可能になりました。

 

 

いまのTiaraにとっては

普通の人のほうが難しいです。

 

普通の人と恋愛をし、

相手がなにに怒ってなにを喜ぶのか

Tiaraのどんなところが好きなのか

どんなところが嫌なのか

普通に理解していくことが楽しみです。

 

まだ恋愛はできていませんが、

いつか好きな人ができたら

やっと普通の人間関係が築けると思います。

 

そして恋人だけでなく

会社の同僚や友達、

親ともどんなふうに距離を取り

どんな風に付き合っていくのか楽しみです。

 

 

現在、自己愛性人格障害の被害に

遭っている人は

1日知でも早く抜け

あなたの幸せを取り戻してほしいと

思います。

 

この世からすべての被害者が

いなくなりますように

Tiaraは強くお祈りをしています。


自己愛性人格障害のひとは自分が悪者になることをひどく恐れている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分が悪者になることをひどく恐れている、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

いつも堂々としていて

その病気とは、うらはらに

とても自信がありそうに見えて

人の意見に左右されないように見えます。

 

自己愛性人格障害のひとが

本当は

普通のひとよりも、とても臆病だと言っても

信じられない人もいると思います。

 

ですが、彼は本当は

自分の自尊心を上げるために

人をいつも見下していなければならず、

見下した態度をとっても怒れない気の弱い人や、

彼のことをとても好きで離れたくない人を

見下して相手の態度を見て

自分の自尊心を上げたりしています。

 

人を見下すということを

誰にでもしているわけではなく

彼と離れたくないから

少しのことは我慢してしまうような

彼の奥さんや恋人、

もしくは仕事で彼につかなければいけない

後輩などを選んでいますが、

本当はその行為は嫌われる危険性のある

行動だということも分かっているからです。

 

 

もし、自己愛性人格障害のひとが

ターゲットにしているようなひどいことを

人を選ばずみんなにしてしまえばには

中には、気の強い人や

彼が頭が上がらないほどしっかりした人がいて

あいつは何を言っているんだ、と

あきれられたり、軽蔑されたりすることも

知っているので

そういった人には絶対にしません。

 

あなたがもし、

自己愛性人格障害のひとから

ターゲットとして見られているとしたら

彼は、あなたを見下しても逆らわない相手だと

ふんで、あなたをののしったり

無視をしたりしています。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

ターゲットだと思うほど

弱いと思っているあなたが、

彼のすることに幻滅したり、

怒ったりしたらそれはとても驚くでしょう。

 

 

ですが、彼はただでさえあなたのことを

見下してもいい人間だと思っているので

彼のしていることに呆れたり怒ったりするのを

2人っきりの時にしてしまうと

彼はあなたが敵対心を見せてきたと思い、

あなたに潰される前に必死になって

あなたを潰そうとしてくるので

それはとても恐ろしいことになります。

ですが、

大勢の前で、

あなたが彼のしていることに呆れたり

怒ったりするところを見せると

周りで見ている人の中にも

必ず、自己愛性人格障害のひとが

ひどいことをしていることに

気づいている人もいますので

あなたの言葉や態度にはっとするかもしれません。

 

そして、あなたの言うことが

もっともだと周りの人に認められ始めると

自己愛性人格障害のひと彼すると

都合の悪いことになるので

あなたを見下すことをしなくなるかもしれません。

 

あなたは見下しても

何も言い返してこない相手だと

思われているからののしられているだけで

彼があなたを見下していることに

周りが気づき始めると

自己愛性人格障害のひとは

自分が悪く思われることが怖くなるので

あなたに攻撃をしてこなくなるかもしれません。

 

ただし、周りがすべて

自己愛性人格障害のひとの味方をすると感じるときは

彼に呆れたり、怒ったりしないほうがいいです。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

おかしいと思っている人の前でのみ

彼に呆れたり怒ったりして

彼がおかしいことをしていると

周りの人に分かるようにアピールし、

決してあなたの感情をむき出しにして

彼に敵対心を見せてはいけません。

 

あくまでも人前で

彼がおかしいことをしていると

アピールするのみに使うのです。

 

その場合、「怒る」というやり方は

自己愛性人格障害の

ターゲットになるような人には

難しいかもしれません。

 

「怒る」と言っても彼に怒りをぶつけるのではなく

あなたが彼から嫌なことを言われて(されて)

すねる、傷つく、というところを

人前で見せるのです。

 

全員ではないかもしれませんが、

必ず彼がおかしい、と気づく人は出てきます。

 

 

そして、自己愛性人格障害のひとも

自分がひどいことをしている、

と人から見られることをひどく恐れているので

周りにそう思う人が出てくる、ということには

即座に気づくと思いますし、

他人からひどいことをしていると

気付かれることが怖いので

「冗談だよ。」とごまかしたりして

あなたには今後、

嫌がらせはしにくくなるのかもしれません。

 

詳しいやり方を個別に聞きたい人は

Tiara恋愛相談室までご相談ください。

 

自己愛性人格障害のひとを

止めようと思っても止まりませんが、

自己愛性人格障害のひとが

こんなにやり方をしていたら

自分がまずいことになる、

と思わせることができたら

あなたが「やめて」と言わなくても

彼は勝手に攻撃をやめてくれるかもしれません。

自己愛性人格障害の彼は、あなたを責めることであなたに攻撃をする

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

どうしてあんなにも怖いのか?

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとの怖さとは

相手を責めることです。

 

暴力を振るったり、威嚇をしたり

大声をだしたり、と

分かりやすい脅し方を

するわけではありません。

 

いわゆる怖い人には

見えないのに

どうしてあんなにも

怖いのかというと、

何もしていないのに

あなたを責めて責めて

追い込むからなのです。

 

その、責める道具は

時には「愛」の場合もあります。

 

「どうして俺が、こんなにもあなたのことが

好きなのに分かってくれないの?」

「どうして俺の思いを無駄にするの?」

「どうして人の気持ちを

無視するんだよ!!!」

 

 

こうやって責められてしまうと

相手は

自己愛性人格障害のひとが

自分のことを愛している、と思ってしまうし、

彼とうまくやっていきたいあなたなら

当然、彼の気持ちを考えたり、

彼の気持ちに寄り添うようにしたり

彼のことをもっと深く

愛そうとしたりするでしょう。

 

 

そうやって、どんどんあなたの気持ちを

自分に引寄せ、

あなたが共依存の場合、

ますます彼に惹きつけられたり

自分を犠牲にしてでも

彼に尽くそうとしたりしてしまいます。

 

そして、そんなにも自分のことを

愛してくれている彼を

裏切りたくはないし、

そんな彼を離したりは、

したくなくなるでしょう。

特に世の中の男性は、

草食系男子になりつつあるし、

女の子とうまくしゃべれない男性も

たくさんいますし、

実際にたんぱくになってきていて

ジェンダーレス男子なるものも流行りだし、

男性がどんどん中性的になりつつあります。

 

そんな男性に頼りなさを感じてしまう女の子も

多くいることでしょう。

 

 

その中で、

自己愛性人格障害のような

尊大な自分を魅せつけてくるような人は

とても男らしく見えてしまいますし

頼りがいがあるようにもみえます。

 

そんな彼が、

あなたのことを責める目的だったとしても

「あなたのことがこんなにも好きなのに」

というところを

前面に押し出されてしまったら

「よし、その気持ちに応えよう!」と

共依存でなくても

頑張ってしまう女の子がいても

おかしくはないでしょう。

 

そうやって、

どんどん被害者が増えていくのです。

 

そして、彼に夢中になってしまった女の子には

自己愛性人格障害のひとの気分で

(今日は、無視をしてみようかな?)

とか(今日はドタキャンをしてみようかな?)

とか自由自在なのです。

 

でも、自己愛性人格障害のひとが

悪く思われるようなやり方は

いっさいせず、

無視もあなたの勘違いかな?

と思うようなやり方をしたり、

ドタキャンも仕方がない理由を作り

あなたの気持ちをがっかりさせたり、

あなたのほうが、

自意識過剰で

彼は何もしていない、

と思われるような形をとります。

 

 

だからあなたは、自分でも

自分がおかしいのかも、

と思いつつも

もやもやした気持ちを持つようになり

それがまた心配に変わり

どんどん自己愛性人格障害のひとに

引き込まれて

離れられなくなっていくのです。

 

そして、それを数年単位の

長い時間をかけて行い

じわじわとゆっくり煮たてて、

あなたが苦しい思いをしながらも

あkれから離れられなくなってきたところで

一気に捨てて、ショックを与えます。

 

 

この後、

なかなか彼のことを忘れられなくて

数年単位で苦しんでいる方も

大勢いるのはそのためです。

 

そして、さらにひどい場合は

彼の魅せつけ行為により、

あなたにはひどいほど冷たくするのに

周りの人間には

穏やかで優しい雰囲気を放っていて

とても親切にしているところを見せて

あなたを追い詰めてくる

自己愛性人格障害のひともいます。

 

社内恋愛や夢をかけたスポーツなど

なかなかやめられない環境の中で

それをされてしまい、

苦しくなって会社や

習い事をやめてしまう方もみえます。

 

そうやってすべてを

吸い尽くされて被害者は

何もかも失ってしまうのです。

 

 

だから、あなたの彼がもし

自己愛性人格障害だとしたら

あなたがいくら彼を好きでも

彼は、自尊心があまりにもないので

あなたのような存在を作って

自分に価値を見出しているだけなのです。

 

あなたを本当に

愛していたわけではないのです。

 

それでもそれは

やろうとしてしていたことではなく、

その病気のため、

それくらいしないと生きていけないほどの

自尊心しかなくて

そのことに苦しんでいるからなのです。

 

そして、自己愛性人格障害のひとは

生きている間、

ずっとそれを繰り返しながらでないと

生きていけません。

 

だから、彼から大切に思われないほど

あなたに価値がないのではなく

それくらいしないと生きていけない彼の

そばに、たまたまいたのがあなただった

というだけなのです。

自己愛性人格障害の被害はいろいろなパターンがある

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人の特徴について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

世間的に見れば、

いい人が圧倒的に多いです。

 

というか、

自分を大事にしている人というのは

他人と意見が違う時には

「違う。」とはっきり言うことができ、

自分が嫌な思いをしてまでも

他人に合わせたりはしないので

自己愛性人格障害のひとがいたときに

瞬時に気づき、離れていきます。

 

だから、

自己愛性人格障害の被害に遭うまでには

いたらないのです。

 

それに比べて

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人というのは

自分が嫌な思いをしても

極端に離れることができず、

自分さえ我慢していれば、

相手は必ず分かってくれる、

と思い込みすぎています。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が嫌なことをしたとしても

許してくれる人には

どんどん甘えていく習性を

持ち合わせています。

 

 

それは、自己愛性人格障害のひと本人も

気づいていませんが、

本当に自然に悪気なく、

優しい人や気の弱い人、

自分のことを好きで

離れたくないと思っている人には

極端に敏感で、

そういった人にはどんどん甘えて

嫌がらせを強めていっていて

そのことに気づかず、

自分の中の

わけの分からないおなかの中の怒りを

少しでも抜いて発散させないと

平常心を保つことができないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとも

その感情は、覚えていないほど

昔から続いているものなので

自分のことを普通だと思っています。

 

だから、何かわけのわからないイライラが

おなかの中にこみあげてくると

目の前にいる人のせいで

自分はイライラしている、

と思い込み

その人の悪いところを

全力で探します。

 

ただ、自己愛性人格障害のひとも

目の前のひとなら

誰にでも怒りをぶつけるのかというと

そうでもなく

自己愛性人格障害のひとが

絶対に腹を立てない人物がいます。

 

それは、地位の高い人や

役付きのひと、

頭のいい人やお金持ちのひとです。

 

どうしてその人たちには

おなかの中の怒りをぶつけないかというと

自分が絶対に勝てない、

と思った人には

怖くて怒りをぶつけることが

できないからです。

 

自己愛性人格障害のひとは

どこかでなんとなく

自分が本当はひどいことを

していることに気が付いていて

そのことが世間の人にばれることを

恐れています。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

覚えていないほど幼いころに

そのままの自分を認められた記憶がなく、

他人に否定されることを

ひどく恐れています。

 

地位の高い人や役付きのひと、

頭のいい人やお金持ちには

それがばれてしまうと

自分の立場が悪くなる、

となんとなく思っていて

その人たちには決して疑われないように

従順に従い、

そういった人に気に入られることが

得意です。

 

そうやって効率よく生きているのです。

 

だから、自己愛性人格障害の被害遭うほど

優しい人や弱い人、

自己愛性人格障害のひとを

決して否定しないような

心を許した人にだけ

精神的虐待をしても

怖くないと思っているのです。

 

だから、あなたは

自己愛性人格障害のひとから

虐待をしても怖くない、

と思われてはいけません。

 

自己愛性人格障害のひとから

精神的虐待を受けても

彼から離れていかない彼のことが好きな

女の子や

職場の後輩などは

自己愛性人格障害のひとが

とても安心して

自分のおなかの中の怒りをぶつける

道具にしてしまいます。

 

そしてそのことによって

自己愛性人格障害のひとは

満足しているのです。

 

だからなかなかターゲットを

離そうとしません。

 

被害者が自分から離れていかないことで

自己愛性人格障害のひとが

あなたが離れていかないように

努力をする必要が

なくなってしまっているのです。

 

だから、あなたは、

自己愛性人格障害のひとに

嫌がらせをされた場合、

即座に離れてください。

 

離れていかない、と思われてしまうと、

自己愛性人格障害のひとの嫌がらせは

どんどんひどくなるのです。

あなたのことが本当に好きな人は

そんなことは決してしません。

 

Tiaraも自己愛性人格障害のひとからの

Tiaraをどれだけ愛していて

離したくないかをつづる

長い長いメールが

いくつかありますが、

今、こうなってしまった彼を思うと

あのメールを書いていた彼が

とても不思議に思えるのです。

 

だから中身がないことが分かります。

 

彼も自己愛性人格障害という病気だったので

彼を恨むことはできず、

ですが、彼と一緒にいることはできません。

 

明らかにその時の彼のメールを見た女の子は

彼を本気で好きになってしまうでしょう。

こんなに思ってくれる人は

他にはいないから

彼とならどんな困難でも

乗り越えて見せる、

と当時のTiaraは思っていたわけ

なんですよね。

 

彼は、

Tiaraのことを本当に強く好きだと

思っていて

それでもTiaraのことを思って

自分が辛いのは分かってるけど、

それでも周りのことを考えて

別れましょう。

という

惹きつけメールもあります。

 

その時考えても、今考えても

意味が分かりません。

 

分かるのは、

強烈にロマンチックで

ドラマチックだということと

それなのにTiaraのことを思って別れる、

という強引な持っていき方です。

 

そんなのTiarが納得のいくわけが、

ありません。

(そのころ、Tiaraと彼が

別れなければならない理由というものは

これと言って何もありませんでした。)

 

「いやだよ!」というのを前提で

文章を作っていますね。

 

これは、小説にして短編小説並みの長さが

1通のメールであり、

それが何度も何度も来ています。

 

彼が激化するまでこれが繰り返され

4年という歳月が流れ、

Tiaraの家族や親せきや知り合いは

みんな結婚すると思っていた段階で

(当然、彼からの熱烈なプロポーズは

何度も何度もありました。)

ふいに嫌がらせが始まり、

あまりの反転におかしいと思い、

調べだしてすぐに

自己愛性人格障害だと分かりました。

 

ですが、幸せな時期と

ドラマチックな別れの繰り返し期間が

あまりにも長かったです。

 

わざとやっていたなら

ここまで長くはかかりません。

 

だから、ものすごく幸せだったり、

ここまでしてくれた、という話を聞いても

自己愛性人格障害ならTiaraは分かります。

 

普通のひとなら、

これだけ濃い期間があったのなら

遊びではないし、

彼も別れを考えに考えて

結論をだしたのでしょう、

と思うことも

自己愛性人格障害の激化の場合と、

本当によくよく考えての

別れだった場合との違いが

Tiaraには分かります。

 

おそらく、

自己愛性人格障害の被害に

遭った人なら、たいていの人が

普通の人の別れとの違いが判ると

思います。

 

だから自己愛性人格障害の被害は

会社でのモラハラや学校での

いじめのように

本当にひどいものもあれば

ロマンチックな期間もあった

大恋愛の後の

モラハラも、両方あるのです。

 

どちらも脳の構造が同じなので

それぞれの虐待の方法が違うだけで

根本は同じなのです。

自分軸をしっかりと持つ

こんにちは♡

現在、メール相談のほうが大変混みあっており

返信が遅れ気味となっております。

ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

 

コメント欄からの質問にもいただいた順番に

答えていきますので

今しばらくお待ちください。

 

ここのところ

3連休が続いたことで自己愛性人格障害の被害が

激化された方が何名か見えますので

少し相談が殺到したかと考えられます。

 

みなさんご心配だと思いますが

対策を心がけながら焦らず淡々と

対処をしていってください。

 

今日は、自己愛性人格障害のひとと

怖くて自分から別れたのに

彼への執着がなくならない人へ

その執着の意味について

お話ししたいと思います。

 

 

あなたの彼が、自己愛性人格障害だと気付き

怖くなって自分から逃げ出しても

彼のことがどうしても忘れられなくて

苦しんでいる人が大勢見えます。

 

頭では理解できていても

どうしても感情がついていかず、

彼のことを考えてしまうのは

しばらくは仕方のないことなのかもしれません。

 

 

今までの自分の中の常識とは

反対のことばかりですので

心がついていかないのは

仕方のないことなのかもしれません。

 

生まれて今まで教えられてきた常識を使っての

虐待でしたので、

納得いかないのも無理はありません。

その納得のいかない気持ちを使って

あなたを正気でいられなくすることが

自己愛性人格障害のひとの目的ですので

それにのってしまうと

自己愛性人格障害のひとは

満足してさらに攻撃を強めてきます。

 

攻撃を仕掛けられなくしていくためには

あなたが「やめて」と訴えたり、

気持ちを分かってもらおうとすることでは

ありません。

 

そうしてしまうと自己愛性人格障害のひとは

さらに攻撃をやめなくなりますので

あなたがどんどん苦しくなってしまいます。

 

自己愛性人格障害のひとの攻撃を

やめさせるためには

あなたに攻撃をしてもつまらない、

と思わせることが肝心です。

 

自己愛性人格障害のひとが

あなたに攻撃をしても

つまらないと感じるためには

あなたが彼のすることに

いっさい無関心になることです。

 

あなた以外のいろいろな人に

親切にしているところを見せ付けてきたり

あなたの挨拶だけを無視して

ほかのひととは

仲良くやっているところを見せてきたり

約束していた結婚の話や

同棲の話がなくなってしまっても

何とも思わないようにしてください。

 

挨拶の無視は自己愛性人格障害のひとの

よくやる行為の一つです。

 

挨拶をしたからと言って

あなたが良く思われることはありません。

 

だから向こうが挨拶をしなかったら

あなたもしなくてもよいのです。

 

でも、それって、

自己愛性人格障害のひとのことが好きだと

難しい話になってしまうと思うんです。

 

だから、自己愛性人格障害のひととは

恋愛関係になってはいけないのです。

 

あなたに最も必要な力は

努力することでも

優しくなることでもありません。

 

 

あなたに最も必要なことは

無関心になることと

自分を大事にして自分軸をしっかりと持つことです。

 

自分軸さえしっかり持っていれば

あなたは他人に操作などされません。

 

これさえできれば

あなたはずいぶんと

自己愛性人格障害のひとから

狙われにくくなるでしょう。

 

あなたには今、

自分軸がないのです。

 

あなたのことを考えてくれる人のことを

しっかりと見抜いて

そうでない人のことは

無関心にならないと

いつまでたっても

苦しみから解放されることができないのです。

 

自分軸をしっかり持ったうえで

そんなあなたをすべて肯定して

生きてくれる、

そんな人に出会えたら

あなたを苦しめるようなことはないでしょう。

 

普通の人とでも

長い間一緒にいればいろいろなことが出てきますし、

結婚すれば、今出ている特徴は

さらに濃くなります。

 

それでもこの人と一緒にいたいと

思えるような人でない限り

その濃く出た特徴を

なくしてといっても自己愛性人格障害のひと本人にも

止めることはできません。

 

自己愛性人格障害のひとは

他人を自分の思い通りに

コントロールすることはできても

自分をコントロールすることができないのです。

モラハラ行為に出るタイミング

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の

モラハラ行為が出るタイミングについて

お話ししたいと思います。

 

今日、会社でとてもびっくりしたことが

あったのですが、

今まで温和だと思っていたおじさんが

突然怒鳴っていました。

 

何を言ったかは、はっきり言って

聞こえなかったのですが、

Tiaraから少し離れたところで

みんなが会議をしていて何かが

気に入らなかったのか、

「○○してると5:30(定時)超えたら

俺は帰るからな!!」と

会議中なのに大声で怒鳴りつけていました。

 

 

Tiaraは今の会社を育休中の方の代わりに

やっていたのですが

その方が保育園に赤ちゃんを預けたので

もうすぐ終わりです。

 

その方と今、

引継ぎをしているところなのですが、

その時に彼女が、

その温和なおじさんのことが

嫌だと言っていました。

 

おとなしそうに見えるのに

なんでかな?と思いました。

 

でも、たまにそのおじさんの

冷たい表情や

機嫌の悪い時を見たことがあるので

少し、自己愛っぽい表情をするなあとは

思っていたのですが、

初めてその人とお話をしたときは

飲み会の会場で

たまたま共通の話題があり

楽しく会話をしていたので

仲良くなれるかも、と思って

たまに話をしていた人です。

 

一緒に駅まで歩いて帰ったこともありますし

穏やかで優しめでおとなしい印象でした。

 

 

その冷たい表情の時は

忙しい時か、たまたま機嫌の悪い時かなと

勝手に想像していました。

 

自己愛性人格障害のひとも

仲が良く、どちらかというと

同世代の自己愛性人格障害のひとの

取り巻き程度の存在のおじさん

だとばかり思っていました。

 

そのおじさんが

ものすごく気難しい性格だというのです。

 

その話を聞いたときは

Tiaraには機嫌の悪いところは

あまり出したことがないなあ、と思っていたのですが

その直後の会議中の怒鳴り声です。

 

 

そんなことを言うイメージはありませんでしたが、

話を聞いた後だったので

(あ、ほんとだ!)というくらいで済みましたが

びっくりしました。

 

もしかしたら

Tiaraの前では出さないようにしていた

だけかもしれません。

 

Tiaraとはうまくやれていたので

もしかしたら隠していたのかもしれません。

 

普通ならTiaraは帰った後の時間でしたが

たまたまやることが残っていたので、

少し残業をしていたのです。

 

 

いると思わなかったのかもしれません。

 

だってTiaraがいたことにすごく驚いて

顔を真っ赤にしてうつむいたまま

機嫌が悪そうにむくれていました。

 

帰るとき、小声で

「お疲れさまでした。。」と言っていたので

Tiaraが元気に

「お疲れさまでした!」と

さっきの怒鳴り声には気づいていないか、

何とも思っていないような態度で

明るく言いました。

 

この会社はほとんどの人が

挨拶をしない(ようにしている)ので

誰も言いませんでしたが、

Tiaraだけは言ってくれる、と

安心していたかもしれないな、という思いで

声をかけました。

 

なんとなく自己愛性人格障害の

においはあります。

でもTiaraはもうこの会社には

ちょっとしかいないので

少しでも気分を良くしてくれればいです。

 

でもそれだけで、常に仲良くするつもりも

しないつもりもどちらもありません。

 

そのほうが嫌な思いもせず

付き合えるコツです。

 

もしかしたらたまたま初めて会話をしたときが

飲み会の時で、このおじさんは

飲み会の時は機嫌がいいそうですので

それでTiaraが話しやすいと勘違いをしてしまったことに

少し心もよりどころにしていたのかもしれません。

 

でも、ほかの人からは

嫌われていることを

聞いていたので

年齢と嫌われていることを

少し知っているようですので

少しおとなしくなっていたのかも

しれません。

 

 

もしかしたらTiaraがやめた後

変わるかもしれません。

 

ほかの二人の自己愛性人格障害のひとも

最近はおとなしいです。

 

このように同じ自己愛性人格障害のひとでも

出会ったタイミングや、年数、順番などで

優しくなったり激化したりと

人により対応が違うのかもしれません。

自己愛性人格障害の人との恋は初めが一番ピークの状態から始まり始まる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人との恋は

初めが一番ピークの状態から始まる、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

その症状の為、

自分のことを認めてくれる人を

強く求めるので

恋に落ちることはよくあることです。

 

あなたの彼が

自己愛性人格障害だったとしたら

付き合いだす前や

付き合いだしたばかりのころは

本当にまめに連絡をくれたり、

毎日のように会いに来てくれたり、

とても素敵なプレゼントを

いただいたりしたと思います。

愛情表現もとても強く

彼からの深い愛に

あなたもどんどん

彼の魅力に惹かれていったと

思います。

 

あなたの周りの人からも

本当にうらやましがられるほど

仲が良く

あなたの信用もどんどん高まっていき

急速に仲は深まっていったでしょう。

 

自己愛性人格障害の人との恋愛は

出会ったばかりのころが

一番ピークに盛り上がっています。

 

あなたが

彼のことを完全に信用して

彼ほど信じられる人はいないと

思いだすころ、

自己愛性人格障害の人は

急に手のひらを返したように

冷たくなったり、

突き放すようなことをしたり、

あなたとはやっていけないと

別れを考えるようになります。

 

 

あなたのほうでは

もう彼とうまくやっていく覚悟が

出来てきたのに

突然の彼の話は

とても納得のいくものではないと

思います。

 

二人の仲は完ぺきで

これ以上ないほどの

幸せな未来が見えかけていたので

どうして彼がそんなことを言い出すのか、

分かりません。

 

それくらい温和で穏やかな

二人なのです。

ですが、

あなたとやっていけなくなったと

言い出す彼に

不安になり、

あなたの思い描いていた未来は

崩れかかるので

あなたはこの幸せをどうやって

彼にわかってもらおうかと

必死になると思います。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

あなたが彼のことを本当に信頼し、

彼とやっていく自信が出来たと

みなしたから

あなたを拒否し始めたのです。

 

 

自己愛性人格障害の人は

あなたがまだ

彼を信用していないうちは

あなたに優しくしたり、

尊大な自分を見せたり、

得意なことを見せたりして

あなたの気持ちを

充分に惹きよせます。

 

自己愛性人格障害の人は

初めのころが

ピークに魅力的なのです。

 

そこから、確実にあなたに

少しづつ嫌がらせをしますが、

突然ころっと変わることは

ありません。

 

たとえば、

あなたが一生懸命作ってくれた料理を

「体調が悪いから食べたくない」

と言ったり

今まであなたに深い愛情をかけていてくれたのに突然、

「どうでもいい。」

といったり

びっくりするようなことがあります。

 

あなたのビックリしたかおを見て

「冗談だよ。」という彼に

ほっと胸をなでおろしたことでしょう。

 

ですがこれは、

自己愛性人格障害の人の試し行為で

嫌なことをした時に

あなたがどれくらい許してくれるか

様子を見ているのです。

 

そして、あなたが許してくれたことに

ほっとして

優しい子だからもっとひどいことをしても

大丈夫、とあなたのことをますます

離さなくなるのです。

 

そして少しづつ

あなたに無視をしたり

仲間同士で遊びに行くときに

あなただけを誘わなかったりします。

 

少し気分は悪くなりますが、

怒るほどのことでもないし、

たまたまかもしれません。

 

それくらいのことを

繰り返し行いながら

ものすごく優しくしたり

結婚の約束をしたり、

あなたを世界一大事にする、

と言ったりするので

ついつい許してしまいがちですが

彼は確実に

あなたの心を傷つけていくのです。

 

それでも本当に愛情をかけた眼差しを

あなたに向けてくるので

あなたは彼を信頼し、

彼に対する愛情は覚めることが

ありません。

 

ですが、それを何度も繰り返されると

あなたは苦しくなってきて

あなたを傷つける彼に

不安になり、分かってもらおうと

好きになってもらおうと

愛情をかけてもらおうと

するのです。

 

そのうちに

あなたの心は

大きな傷をつけられるよりも

かなりのダメージを負い、

苦しくなっていくのです。

 

辛くなって彼に言っても

友達に相談しても

自己愛性人格障害の嫌がらせが

無視、とか置いていく、とかの

細かいことの繰り返しなので

「たまたまじゃない?」とか

「機嫌の悪い日もあるよ。」とか

「そんな細かいこと、

いちいち気にしてたら

相手が疲れちゃうよ?」と

言われて終わりです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

自分のほうが確実に上にいくために

そして周りのひとから

「あいつはひどいやつだ!」と

言われないように

慎重に、そして確実に

あなたの心を壊していくのです。

 

周りのひとにも分からないやりかたをしているので

あなたにできることはただひとつ、

逃げることです。

 

逃げないと、

永遠に嫌がらせを続けていくので

少しづつ胸がしんどくなって

捨てられることが怖くなり

どんどん相手に

すり寄っていってしまうのです。

自己愛性人格障害のひとから攻撃をできるだけさせないための接し方

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

攻撃をできるだけさせないための

接し方について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害とは

その極端に低い自尊心に

苦しんでいるので、

なんとかそこから逃れようと

常に必死です。

 

自己愛性人格障害の被害に遭い、

とても苦しい思いをしているひとも

多くいますが、

自己愛性人格障害のひとは

あなたを嫌っているわけでも

攻撃したいわけでもありません。

 

自己愛性人格障害のひとは

本当に残酷なことをしますが

それは自分のおなかのなかに

元々ある極端な怒りと不安から

逃れるためにしていることなのです。

 

 

あなたのことを、

攻撃したいわけではなく

自分の苦しみから逃れるために

必死でやっていることなのです。

相談者の中には

自己愛性人格障害のひとを

憎んだり、

仕返しをしたいと言う人がいますが、

そういう気持ちをもっているうちは

自己愛性人格障害のひとのことを

病気だということが、まだ分かっていません。

 

もちろん、

本当に残酷なことをするので

住む場所を奪われたり

学校や会社をやめなければ

いけないような状況になることも

ありますし、

中には精神が壊れてしまい、

長い間、

病院に通われる方もみえるので

いくら病気だとはいえ、

許されることではないと

思っています。

 

ですが、自己愛性人格障害は病気であり、

そうなってしまったからには

本人にもそれを

止めることはできません。

 

自己愛性人格障害のひとも

また人を傷つけるのではないかと

内心ビクビクしているのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自覚ができない病気だと言われていますが、

本当は、なんとなく、

自分がひどいことをしていると、

うっすら気づいています。

 

そして、

自分がひどいことをしていることに

気づくことも

恐ろしいほど辛く耐えられないので、

無意識に

自覚をしないように

自分で自分のしていることに

蓋をしているのです。

 

こういった状況のなか、

自己愛性人格障害のひとは

ギリギリ自分を保って

なんとか生きています。

 

それが分かると

あなたも自分を責めないですみ、

自己愛性人格障害のひとも

病気でしてしまったことなのだと

思うことにより

少しは救われるのです。

 

自己愛性人格障害のひとのことを

恨まないということは

あなたの精神状態を保つためにも

とても大切なことなのです。

自己愛性人格障害のひとにとっての幸せ

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人にとっての

幸せとは何なのかについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の

ターゲットにならない限り、

自己愛性人格障害のひとのことを

いい人だと思っているひとは

たくさんいると思います。

 

そもそも自己愛性人格障害とは

極度に臆病なのですが、

普段はそうはみえません。

 

そもそもあまりにも

自分に自信がないために

それが世間のひとに知られることを

極端に恐れています。

 

それはふだんはそうは見えませんが

自分には生きる価値がないと

思っていて

それが世間のひとに知れると

バッシングを受けると

思い込んでいるので

周りのひとは

そんな風に思っていなくても

勝手に威嚇して

自分が攻撃されないように

必死なのです。

 

そして、自分が価値のない人間だと

ばれないように

尊大な自分を演じ続けて

周りのひとに、尊敬の眼差しで

眺められると、

気分が高揚して満足します。

 

ですが、心の奥底では

病的なほどに、自尊心が低いので

その気持ちも長くは続きません。

 

そして、次の瞬間にはまたすぐに

自分は尊敬される人物だと

確認しないと耐えられないのですが、

自分では自分の価値が

分からないため、

他人の目を鏡のように写し出して

自分の価値を確かめます。

 

それが、尊大で立派な行為を

演じ続けて、その

自分に対する周りの眼差しが、

尊敬して崇められているのか、

もしくは

周りのひとの惨めな状態を確認して、

自分の方が上だと確認するのかは、

そのときの状況によって変わります。

 

とにかく周りのひとの自分に対する

目線を気にし続けているのです。

 

自己愛性人格障害とは

急になるものではないので、

幼い頃からずっと

同じ事をしています。

だから、その生き方が

癖のようになっていて

常に尊大で立派な人を演じ続けながら

だれか、特定な人物を罵り、

あいつはダメだと言うことを

やめられないのです。

 

自己愛性人格障害の人のことが

恐い人や、

彼に罵られたくない人が

ご機嫌をとったり、

彼側について

取り巻きになるひともいます。

 

尊大な彼に魅力を感じる人や

憧れるひともいて、

自己愛性人格障害のひとは

どんどん上に上がっていくのです。

 

そうなると、

自己愛性人格障害のひとは

ただでさえ、自責の念が持てず

自覚することができないのですが、

ますます自分が正しいと思い込み、

症状はどんどんひどくなります。

 

ひどくなると、

本人が苦しむというよりは

周りの人が痛め付けられる

頻度も強さも増していくので、

自己愛性人格障害の被害者の方が

どんどん病んでいってしまいます。

 

被害者の方がとても

苦しい思いをするのです。

 

 

被害者がひどい思いをすればするほど

自己愛性人格障害のひとは

高揚していきますので、

攻撃がどんどん強くなっていきます。

 

他人を潰して苦しむ姿を見ることと、

尊大な自分をまわりのひとが

あごがれのまなざしで見ることが

自己愛性人格障害のひとの

幸せであり、

そしてどんどん症状はひどくなり

自分も

心が破壊されていくのです。

 

自己愛性人格障害の被害者は

あなたが気づいた時点で

彼から離れなければなりません。

 

もしかしたら、

それはあなたにとって

とても辛いものになるかも

しれませんが、

自己愛性人格障害という病気を

本当に理解したときに

あなたは離れてよかったと

むねをなでおろすことが

できるでしょう。

 

自己愛性人格障害の彼と別れた後、どうしても納得できないあなたに

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と別れた後に

どうしても納得できないあなたに

お話ししたいと思います。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れた人の中に

自己愛性人格障害の彼と

別れてもどうしても納得できない人が

大勢います。

 

あなたの彼が自己愛性人格障害だったと

分かっても、

どうしてももしかしたら違うかもしれない、

という気持ちはぬぐえなかったり

自分が悪かったのではないかと

後悔すると思います。

 

 

ですが、お話を聞いていて

どう考えても普通のひととは違うのに

自分さえ彼の気持ちを分かってあげられたら

彼を怒らせることはなかったのではないかと

思うかもしれません。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたと別れた後もなお、

ほかのひととはうまくやっていたり

人気者だったりするので

あなただけに対して彼の冷たい態度に

自分がそれほど嫌な人間なのかと

思ってしまうかもしれませんが

違います。

 

そもそもそういうことのできる

自己愛性人格障害という病気の人がいた、

というだけのことなんです。

 

スピリチュアルなことにつなげようとすることが

流行っていますので

そういう人を引き寄せてしまうのも

自分の行いが悪いから引寄せてしまう、

と思ってしまう人もいますがそうではありません。

 

Tiaraもスピリチュアルなことは好きですが

あなたの環境に

自己愛性人格障害のひとがいたということは

あなたのせいでも何でもなく

ただの偶然です。

 

ただ

自己愛性人格障害のひとを

惹きつけてしまいやすい人

というのは確かに存在しますので

あなたと関係が深くなってしまったのかも

しれませんが

あなたがいなくなれば

またほかの人と同じことをするのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

誰かをつぶしてその上に立っていないと

自分の価値が認められず

気が狂うほどの苦しみの中にいるのです。

 

あなたが落ち込んでも仕方がありません。

 

ただ、自己愛性人格障害のひとが

いたというだけの話です。

そういう病気を知らなかったから

自分を責めてしまっていただけなんです。

 

Tiaraも

そんな病気があることを知らなかったので

自己愛性人格障害の元彼だけでなく

そういう人たちのために何年悩んできたか

分かりません。

 

まさか、何にもしていないのに無視をする、

何にもしていないのに悪口を言う、

何にもしていないのにおとしめる、

そうやって、他人をつぶしておとしめていないと

自分に満足しきれない、そんな人たちがいるなんて

常識では考えられなかったのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

その症状により

他人をおとしめてつぶれた人たちを見て

自分のほうが上だと安心して

平常心を保ちます。

 

あなたは、まさかそんな人たちがいるとは

思っていないので、

あなたを潰してできた彼の余裕が

まさか自分がつぶされてできている余裕とは

思わずに、

こんなみじめな思いをしているのは

自分に問題があるからではないのかと悩みます。

 

 

あなたがみじめな思いをしているその原因となる彼に

自分の悪いところがどこなのか

教えてもらって直さなければ

分には幸せが訪れないと悩みます。

 

でも、だからこそ

そんなみじめなあなたを見て

ちょっと余裕を持った態度でいられるのです。

 

あなたは

ばか正直に自責の念に駆られて

苦しみながら何もしていない自分の中に

何とか悪いところをがないかと

探して、治そうと必死になって

無意味な時間を費やすのです。

 

 

あんなにも堂々として

自分に自信があるように見えるのは

常に他人をつぶして自分のほうが上だと

満足しているからです。

 

 

そんな人がいるとは

夢にも思わないですよね?

 

 

だから分からないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

潰すことができなかったときや

被害者に気づかれて逃げられてしまったとき、

自分の攻撃が通用しなかったときは

自己愛性人格障害のひとは不安になり

極度に落ち込みます。

 

 

ですが、あなたがそれに気づかずに

ずっと自分を責め続けて

自己愛性人格障害のひとに寄り添って

反省し続けていると

自己愛性人格障害のひとは

どんどんひどくなるのです。

 

 

彼のためにもあなたのためにも

できるだけ早く気づくことですl。

 

 

そして自己愛性人格障害のひとは

自分の攻撃がうまくいっているうちは

気づくことがないので

あなたが先に気づくべきなのです。