自己愛性人格障害のひとの嫌がらせは小さなことを機会があるたびに何度も何度も繰り返す

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの嫌がらせは

小さなことを絶えず

機会があるたびに

徹底的にやるということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害は

人に話したときに

信じてもらいにくい特徴がありますが

それはなぜなのでしょう。

 

被害者になった人も

自分が受けている嫌な気持ちを

どうしてそうなったか

うまく説明ができない人も大勢います。

 

 

自己愛性人格障害のひとの嫌がらせは

本当にちょっとしたことを

ちまちまとやるからなのです。

 

人に話しても

「そんなことうちでもあるよぉ~。」とか

「それくらいのこと流してあげなよ。」とか

「そんなこといちいち気にしてたら

やっていけないよ?」

など、本当にちょっとしたことだと

とらえられてしまい

あなたのほうが、

我慢ができない性格だと思われてしまいます。

 

でも実は

あなたは、普通の人が

我慢していることよりも

なん十倍も我慢強い性格なのです。

ところが、

自己愛性人格障害のひとのやり方が

普通のひとでは考えられないような

やり方をするため

理解されることが少なく

あなたが友達に分かってもらおうと話しても

分かってもらいにくいのです。

 

たとえ冗談っぽく話したとしても

あなたがちょっと

嫌な気持ちになるような言い方をしたり

何か準備をしておいたのにそれを台無しにする、

ということを頻繁にします。

 

そんなこと普通のひとでもあるでしょうが、

自己愛性人格障害のひとは

わざとあなたがイライラするタイミングまで

確実に、本当に自然な形でやります。

 

たとえば、

あなたがご飯を作っているときに

彼から遅くなるから今日はご飯はいらない、

と言われたり

遅くなる予定だった日に急に帰ってきて

「おなかすいたから何か作って。」

ということを繰り返します。

 

あなたは急いで何か彼のために準備をしますが

作っている間に

彼が疲れて寝てしまったとします。

 

それが、あなたのために

頑張って仕事をしてきたとしたら

(あなたもせっかく作ったのに。。)

とがっかりしても、何も言わずに

そっと布団をかけてあげたりします。

 

そういったことを何度も何度もするのです。

 

やがてあなたはいつ、

ご飯を用意しておいたらいいのか分からなくなり、

イライラしてきます。

 

突然、友達を連れてきて

「何か作って」ということもあります。

 

この時、彼の無邪気な笑顔に

仕方ないなと思いつつも

だんだん、だんだんとイライラしてきます。

 

これを繰り返し立て続けにやるのです。

 

普通の人もこういう時もあるでしょうが

普通の人はわざとではなく

本当に気が利かなくて

あなたのことを何も考えずやってしまいますが

自己愛性人格障害のひとは

あなたが正常ではいられなくするためにやるのです。

 

そして友達が来た時に

我慢して笑顔を引きつらせながら

必死で作っているあなたを見て

「おい!いい加減にしろよ!」などと

怒鳴りつけます。

 

友達の前で

「作りたくないなら作らなくてもいいよ。」

などとあきれた感じで言います。

 

友達に

「ごめんな。今日は外で食べよう。」などと

優しく声をかけ、2人で出ていきますが

友達もどうしたらいいか分からないような顔をして

あなたに「なんか。。ごめんね。。」

と言いながら出かけていきます。

 

このようなことを繰り返し行うのです。

 

Tiaraはこのとき自己愛性人格障害のひとは

友達にも罪悪感を持たせていると思います。

 

友達も(なんかお邪魔しちゃって悪いな。。)とか。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたの労力を無駄にし、

そしてあなたに罪悪感を持たせ

あなたの友達からの評価を落とし、

そして自分の優しさを周りの人に

アピールしたりするのです。

 

こういうことを日常的に

行っているので

あなたと彼が別れ話になった、というような事を

彼が友達に相談したとしても

自然ですよね。

 

そしてあなたは彼に嫌われたくないのと

罪悪感から彼に謝るのです。

 

でも、自己愛性人格障害のひとは

許してくれません。

 

あなたに

「こんな人だとは思わかなかったよ。」とか

「お前にはあきあきしたよ。」と

がっかりと肩を落とし出て言ったり

別れ話を切り出して音信不通になったりするのです。

 

あなたは彼から連絡がこないことに不安になり

彼からの連絡を待っていると

あなたが限界ギリギリのところで彼から連絡が入り

「あなたを失いたくない。」とか

「会いたい。。」と一言ためて言われたり

「話があるんだ。。」などと言われるかもしれません。

 

自己愛性人格障害だ、というほど

病的な感じはしないですよね。

 

でもこういったことを立て続けにやり続け

確実にあなたの精神をつぶしていくのを

しかも無意識にやっているのが

自己愛性人格障害です。

 

 

普通の人は、まずあなたが

イライラしている段階で

(ヤバい)と思い、

あわててあなたのご機嫌をとろうとしたり

逆に、友達の前で人目もはばからず

自分の評判が落ちてしまうような怒り方をする人も

自己愛性人格障害ではありません。

 

あせったり、キレたり、ということもほぼなく

スマートに、人からは悪く思われないようなやり方で

あなたにダメージを与えることが

板についています。

 

ですが、よく見ると

この友達のように

なんとなくあなたがかわいそうに思えたり

気づく人もいると思います。

 

自己愛性人格障害のひとのやり方は

自分が仕掛けているにも関わらず

あなたが冷静でいられないように

ひたすら小さな嫌がらせを続け

自分はあなたに迷惑をかけられて困っている、

というようなアピールを周りにするのです。

 

 

指摘をされてしまったときは

「冗談だよ。そんなことで本気にならないでよ。」

と笑いながら言って本当に冗談にしてしまったり

逆に

「こんなことでそんないい方されたらたまらないよ!」

と悲しそうな顔をしたりして

あなたのほうがひどいことを言った

という風に持っていきます。

 

そういう小さなことを積み重ねながら

あなたが許していくという過程を踏みながら

嫌がらせをちょっとずつ強くしていき

気づいたら

あなたが彼に言いたいことも言えなくなっていたり

また

私の勘違いかもしれない、と我慢してしまったり

私が悪い、とあなたが罪悪感を

持つようになってしまったりして

気づかなくなるのです。

 

これを自己愛性人格障害のひとの

マインドコントロールといいます。

 

自己愛性人格障害の人はターゲット以外の人には話も通じるし、約束もきちんと守る常識的な人

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

ターゲット以外の人には

とても親切で話も通じる常識的な人

ということについてお話ししたいと思います。

 

Tiaraの相談室を訪れる方の

話を聞いていますと

自己愛性人格障害の人は

本当にひどいことを言ったり

やったりしますが、

それはターゲットのみにしています。

 

社会的にみると

仕事もきちんとしていて早くて正確で

話も驚くほどわかりやすいです。

 

自己愛性人格障害の特徴の

息を吸うようにうそをつくだとか

話が通じない、だとか

嫌がらせばかりしているイメージは

みじんも感じさせられません。

 

 

それだけに社会的にみると

とても信頼できる人なのです。

 

それには理由が二つあります。

 

自己愛性人格障害の人のとても臆病で

自分が価値のない存在だということを

必死に隠していることと

あともう1つは、尊大な自分を見せていないと

落ち着いていられないから

本当に

レベルアップしてしまっているからです。

 

ターゲットになってしまった人は

本当にひどい扱いを受けるので

周りで見ている人からも

あなたに原因があると思われてしまいますが

本当はあなたを信頼しているから

あなたには安心して虐待が出来るからです。

 

あなたは自己愛性人格障害の人から

俺のこと好きなら

これくらい許してくれるでしょ?

と思われています。

 

そんなあなただから

安心して虐待できるのです。

自己愛性人格障害の人は

何もかもが普通の人と感覚が逆なので

自分が一番信頼できる人に

自分の中の

ほかの人には見せられない大きな怒りを

あなたになら安心して見せられるのです。

 

それは、

あなたがどんなにひどいことをしても

彼から離れていかないと

思われていればいるほど

精神的に痛めつけられて

あなたは自尊心を無くしていきます。

 

そして

自尊心がなくなってしまうからこそ

よけいに彼に頼ってしまい

彼から見捨てられることに

極端な恐怖を抱いてしまうのです。

 

それはもともと

自己愛性人格障害の人の中にあった恐怖です。

 

それをあなたが彼の責任を少しづつ

負ってしまい、だんだんと彼の責任を

あなたの中に

入れ込んでしまったからなのです。

 

それでも、自己愛性人格障害の人と

あなたが入れ替わり彼が楽になるわけではなく

彼の中の怒りはどんどん膨れ上がっていき

やがてそれはあなたに向かいます。

 

あなたを信頼してあなたを

虐待していたはずなのに

やっているうちに彼は

本当にあなたを憎みだすのです。

 

だからどんなに彼のことが好きでも

事態が好転することはなく

どんどんひどくなっていきます。

 

だからこそ少しでも早く

自己愛性人格障害の人から

離れたほうが、あなたの為なのです。

 

Tiaraもそれが実感として

分かったので

あんなにも楽しかった彼に

戻ることはもうないと確信し

もう彼とは話せなくなってしまいました。

 

ですが、それが理解できると

自分には原因がない、と思うことが出来て

自己愛性人格障害の人が

幼いころの体験でそういう風になってしまうと

思うことが出来てとても楽になれます。

 

どんなにそれまで素敵な関係だったとしても

いったんターゲットになってしまった以上

もう元の彼に戻ることは

ないのです。

 

逆に自己愛性人格障害の人に

信頼してもらっていない人や

自己愛性人格障害の人から見て

何を考えているかわからない人は

自己愛性人格障害の人の

ターゲットになりません。

 

むしろ臆病なので

あなたが強いか弱いか、

自分のことを好きか嫌いかわからないうちは

あなたに好かれようと思って

一生懸命親切にしてくれるのです。

 

もしくは親切にする、

とまではいかなくても

きちんとした対応をしてくれます。

 

これはTiaraが態度を変えてから

みるみる自己愛性人格障害の人と

過ごしやすくなっているので

立証済みです。

 

ただし、時間はかかるので

少しづつゆっくり変わっていくことを

理解して焦らないようにしてください。

 

自己愛性人格障害の人のウソやごまかしや

責任逃れは

ターゲットのみにやるので

自己愛性人格障害の人に

つぶされたくなかったら

あなたが彼の責任を取るようなことは

やめてください。

 

あなたの責任でないことは

あなたが責任を取る必要はないのです。

自己愛性人格障害のひとから見ると他人はみんなおかしいと思っている

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから見ると

他人はみんなおかしい

と思っているということについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れた人の

お話を伺っていると

自己愛性人格障害のひとは

激化した後、自分は冷静で

被害者のことをおかしいというようです。

 

相談者の人のいきさつをうかがうのですが

被害者がおかしいことは

特段ありません。

 

ですが、彼が被害者のことを

どう話しているか分からないのですが

彼の周りの人はみんな

被害者のことをおかしいというようです。

 

Tiaraはいきさつを

被害者の口からきいているのですが

被害者がおかしいところは何一つありません。

 

被害者自身も

自分は周りの人からも信頼されていないし

彼のほうがコミュニケーション能力が高く、

自分のほうがおかしいと

思い込んでしまっているケースは

非常に多いのです。

 

それは自己愛性人格障害の人の

マインドコントロールで

あなた自身がおかしく思わされていますが

話を聞いていると

被害者はおかしくないのです。

 

それよりも自己愛性人格障害のひとが

被害者のその行動で

怒りだしたり拒否をすることのほうが

不自然なのです。

 

自己愛性人格障害の人は

こじつけであなたの行動から真実を使って

あなたを悪者にすることがとても得意です。

 

 

自己愛性人格障害のひとの周りにいる

とりまきの人たちは

被害者の人がどんな行動を

とっているのか知りません。

 

自己愛性人格障害の彼に

あなたがおかしいと

伝えられてしまっているので

あなたの話は聞こうとしません。

 

そのために、

あなたは信用を無くしています。

 

自己愛性人格障害の人は

自分を信頼してもらうために

あなたの話を聞いてもらえないように

あらかじめ評判を落としておくのですが、

だんだんと

本当にあなたのほうがおかしい、

と思いだすのです。

 

そして自己愛性人格障害の人自身も

あなたが悪い理由を作り出しているうちに

自分でもそれが本当のことだと

思い込むのです。

 

そうやって

自分のおなかの中の怒りをぶつけるために

周りの人がおかしい理由を

作り出しているうちに

本当に周りがおかしい、と思いだすのです。

 

自分が正しくあるために

その不自然な怒りに理由付けをして

自分は悪くない、と思い込まないと

持たないほどの精神状態なのです。

 

 

だから自己愛性人格障害の人から見ると

周りの人がすべておかしく見えます。

 

そうやって

自分が正しい理由を作り出して

被害者に怒りをぶつけることを正当化して

精神を保っていないと

耐えられない精神状態なのです。

自己愛性人格障害の人の恋の始まり方

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人の

恋愛の始まり方について

お話ししたいと思います。

 

 

Tiaraは今は、ほぼ

自己愛性人格障害の人は

見抜けます。

 

これって本当に被害にあわないと

わからなかったことなので

ある意味よかったと思います。

 

今まで何も考えずに

誰とでも仲良くなっていましたので

トラブルが起きても

すべて自分のせいだと思っていたので

ものすごく辛い思いをしていたと

思います。

 

今考えたら、

「なんだ、そうだったのか。」

という感じです。

 

世のなか、合う人と合わない人が

いますし、誠心誠意話しても

話の通じない人っていますよね。

 

それが自分の彼だと

わかんないんですよね。

 

怒ってるときも、

親切にしているときも

本当はびくびくしているけど

隠して知らん顔しているときも

お腹にたまった怒りに震え

そばにいるひとに叱りつけている時も

自己愛性人格障害について

知らなかったら分からなかったです。

 

親切にされれば(いい人だな)と

思ったり

叱りつけられたら

(言うことは利にかなっていることも

多いので)

「すいません!!!」と

納得してしまったり、

必要以上に気にしたり、

べそかいたり。

 

tiaraのことを気にかけてくれれば

(あれ?もしかしたらtiaraのこと、

意識してる?!)って照れたり。。

 

でも。

 

相手が自己愛性人格障害の場合

本当にそうのときも

本当は違うときも

その前後の態度、もしくは言動や表情

または、その後の行動で

すべてもろもろでどんなときも

分かってしまいます。

 

たぶん、普通の人の方が

分かんないときも

あるかもしれません。

最近、tiaraの周りにいる

自己愛性人格障害の人の態度が

変わってきました。

 

二人いるのですが、特に驚いたのは

おじさんの方で

いままでは、ほとんどtiaraには

感情を見せず、あいさつもせず

冷たい態度で淡々と答えたり

たまにめんどくさそうに

「そうじゃないでしょ?

みたらわかるじゃん」など

見るからに

イラついた自己愛性人格障害の態度を

とっていました。

 

ただ見た目はこのおじさんのほうが

おとなしそうです。

 

笑っていれば、普通に

おとなしめの優しそうなひとに

見えます。

 

ですがtiaraには分かっていたので

tiaraもあえてこの人には

あいさつをしたり、しなかったり、

返事をするときも「はーい」と

適当に返していました。

(急にやってはいけません。

やるなら最初からやらないと

急に生意気になった、

と思われてしまい

攻撃の対象となります。)

 

分かっているし、そのほうが

攻撃しにくいからです。

 

自己愛性人格障害の人だと

思っているので、

まったく気にしていません。

 

ここ1年ほど、

ほとんど態度を変えたことがないので

tiaraもこのひとにはほぼ

話しかけません。

 

ところが最近やけに

優しく話してきたり、

tiaraがやり方が分からずに

「あれ?」ってやっていたりすると

「どーした?」

「あ、これか。これはこうだよ。」と

明らかに不自然なのです。

 

ですが、言い方はとても普通です。

 

まるで、

私はもともと親切で

優しいおじさんですよー、

と言っているようです。

 

もうすぐ前任者が

帰ってくるからでしょうか?

 

まあ、なんの風のふきまわしだか

tiaraがまったく動じないので

やっても意味がないと思ったのか

完全に変わりました。

 

そして、同世代のほうは

もっと前から

優しくなっていたのですが、

最近妙に男らしい感じです。

 

tiaraの前になにがあるか

分かりませんが

tiaraの前の席は空席なので

誰もいないのですが

たまに誰かが座ってパソコンを

いじっています。

 

ですがそのひとはそのパソコンでやる

業務がないらしく

そこに座ることはないのですが

すごくキリっとした顔で

なにかとるふりをしてしたをむいたり

書類をわざわざそこで

揃えたりしているのです。

 

なにか落ちた?

 

すごくカッコいいんですけど

そこになにかあるの?

という感じです。

 

無意味に男らしいです。

 

なんだろう。。。

 

今までそんな感じだったっけ?

 

1年以上たってから

まさかそんな感じに変身するとは

思っても見なかったです。

 

自己愛性人格障害のひとは

やたらと視界にはいってきて

自分の存在を

アピールしてくることがあります。

 

なんだろう。。。

あの感じ。。。

 

すごくカッコいい。。。

 

けど、そこ、

なにもないよね???

 

もし、tiaraが

自己愛性人格障害のことを

知らなかったらドキドキしていた

でしょう。

 

 

お互い年も近く、

バツイチでシングルです。

 

離婚してから彼に恋人がいるとは

誰も聞いたことがないです。

 

自己愛性人格障害のひとは

こうやって恋が始まるのでしょう。

 

tiaraがなんの反応もしないので

なにも起こりませんが。

 

知らなかったら

きっと恋に落ちていたと思いますよ。

 

tiaraが

ドキドキしてる態度をとったり

ちょっとはにかんだり、

照れたり恥ずかしがったりすれば

確実に行動を起こしてくると

思います。

 

反応しないのでなにも起こりませんが

 

 

 

きっと恋がはじまれば

なにも分からないでしょう。

 

 

初めはすごくすてきな夢を見せられ

あ、我慢してきてよかった。

出逢いってどこにあるのか

わからないのね、なんて

目をキラキラ

させていたかもしれません。

 

そしてやがて

意味もなく責められ

ののしられ、無視をして

そのうちに浮気をされたりして

捨てられる。

 

泣かされて(どうしてどうして?)って

心の中で叫んでいたでしょう。

 

よかったです。

 

自己愛性人格障害について

知ることができて。

 

自己愛性人格障害とは

決して恋をしてはいけないのです。

 

したら地獄をみることになるのです。

自己愛性人格障害の人は恋を使ってあなたの心を惑わせる精神的虐待をする

こんにちは♡

Tiaraに相談してくださった方が

数か月たって被害から抜け、

新しい恋が始まった話を聞くと

とっても嬉しくなります。

 

皆さんも頑張って幸せになりましょうね。

 

今日は、自己愛性人格障害の人の

あなたに別の女性の存在を

わざわざ見せつける行為について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたの行動や

行為の邪魔をします。

 

あなたが彼を忘れて

前に進んでもらうと困るのです。

 

自己愛性人格障害の彼と

別れた後にあなたがもう

彼のことを忘れようと思っても

マインドコントロールにより

あなたが彼に

ありもしない大きな期待を抱くように

コントロールされていますので

ただでさえ、彼のことが気になります。

 

彼がまだあなたのことが好きだったり

まだあなたのことが気になる、というような

うその情報を与えておくのです。

 

そしてあなたは

もう一度、幸せだったときが

戻ってくるんじゃないかと

思ってしまうのです。

 

普通の恋だとそんなことは思いません。

 

たとえ彼のことを好きだとしても

ダメな決定的な原因があることが

あなたにも理解できることと

そのあとで期待させるような行為を

彼から何度もされるようなことがないので

別れを話し合った時点で

お互いに二人がやっていけないことを

理解しています。

 

そうやって別れたのです。

 

だからよりを戻すのは

至難の業でしょうし、

お互いそんなつもりなら

別れたりしません。

 

だから普通の人と別れたときも

もちろん悲しいでしょうが

お互い納得もできているので

あとは時間が解決してくれて

だんだんと二人ともが落ち着いてきます。

 

ところが、自己愛性人格障害の場合は

明確な理由がなく

彼の気分次第というところがあるので

あなたは別れる理由に

納得できていません。

 

そのうえ、

あなたの目に入りやすいところで

あなたにやきもちを妬かせるように

周囲の女の子と仲の良いところを見せたり、

新しい彼女に優しくしているところを

見せつけてくるのです。

 

あなたへの虐待は

あなたのやきもちを使ってくるのです。

 

あなたが、勝手に彼のことを

好きになり

やきもちを妬いているのではありません。

 

 

彼があなたが気になるように

故意に仕向けています。

 

これは、あなたが彼を忘れることを

邪魔するためです。

 

 

自分からこっぴどく振っておいて

あなたが彼を

忘れないようにしているのです。

 

ただでさえ傷ついているあなたの心は

耐えきることが出来ません。

 

そうやって

恋愛を使って

虐待しているのです。

 

恋愛を使って

精神的虐待をするなんて

常識では考えられません。

 

この常識では考えられない虐待をするので

自己愛性人格障害の人の虐待は

ばれにくいようになっているのです。

 

はたから見たら

あなたが彼を忘れられないだけで

それだけ彼は

魅力的に映っていると

とらえられてしまうでしょう。

 

すると彼が悪く見えないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

よくナルシストと間違えられますので

とてもロマンチックに見えます。

 

やきもちを使っているので

彼はとてもきれいに見えますが

とてもひどいことをしています。

 

恋愛を使った精神的虐待ほど

辛いものはないのです。

 

どれだけ理不尽なことをされても

憎み切れません。

 

あなたが彼を愛しているからです。

 

あなたが愛しているということは

彼にいいところがあったり

魅力的なところがあるから

あなたが魅力を感じるわけで

ひどいことをする人間に魅力を感じるわけがありません。

 

だからあなたが悪いんじゃないの?

というような言われ方をすることもあります。

 

ですが、あなたは彼にひどいことをするどころか

めちゃめちゃ精神的に

故意に傷つけられているのに

彼に逆らうことが出来ないのです。

 

 

自己愛性人格障害は

そういう拷問のような

とてもひどいやり方をするのです。

 

 

自己愛性人格障害の罪悪感がないことの本当の怖さ

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人には

心がないということの意味について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は

よく心がないといわれていますが、

自分の感情に関しては

普通の人よりも敏感すぎるほど

感じやすい傾向にあります。

 

臆病なのもそのためで

普通の人よりも

とても傷つきやすいのです。

 

あなたは共感力が高いので

そんな彼の寂しさが何となく伝わってしまい

彼をほっておけなくなるのかもしれませんが

自己愛性人格障害とは

本当に恐ろしい病気です。

 

共感力がないと

こんなにもひどいことをしても

平気でいられるのかと

驚くほどです。

 

そもそも罪悪感がいっさいないので

自分がどんなにひどいことをしていても

ずーっといい人の顔をしています。

 

何をしてもまったくなんとも思わないのです。

 

 

むしろ人がつぶされるところを見て

自分の自尊心が少しだけ上がりますので

気分が高揚しているくらいです。

 

心がないから余計いい人に見えるのです。

どんなに人を傷つけた後も

天使の顔で笑顔を届けてくれるので

もしかしたらこの人は

何にも悪いことをしていないのではないかと

思うほどです。

 

心がないから

だからわからないのです。

 

自分の感情だけは

顔や態度にも出るほど持っていますので

優しい人ほど

自己愛性人格障害の人を

ほっておけないでしょう。

 

ですが、自分に思いやりの心をくれる

そんな優しいあなたに

精神的な虐待を何度も何度もはかり

自分の精神を安定させているのです。

 

自己愛性人格障害の人は

人間ならできないようなことも

罪悪感なしにできるので

善の雰囲気をかもし出しているのです。

 

だから周りの人にも気づかれず、

コミュニケーションが取れたり

いい人だと思われたりします。

 

あと本当の自分というものがないので

全く嫌な感じがしません。

 

人間とは本来個性があり

その個性が人によって

合ったり合わなかったりするのですが

自己愛性人格障害の人は

個性をその場に合わせて

自由自在に変化させることができるので

周りの人に全く嫌な感じを与えないのです。

 

そして自分が心を許す

特定のターゲットにだけ

敵対心をむき出しにして

自分の中の怒りをぶつけてすっきりしているのです。

 

普通の人は

何もしていない人に腹を立てたりしないし

こじつけてわざわざ悪者にして

けんかを吹っ掛けることもありません。

 

だってそんなこといちいちしていたら

めんどくさいと思いませんか?

 

いくらあなたから離れていかないと

信頼している人にだって

離れていかないからと

いちいち自分の中の怒りをぶつけたりしませんよね?

 

普通の人もちょっとイライラしているときに

仲の良い人に八つ当たりをすることくらいは

あると思います。

 

ですが、八つ当たりをしてしまったことは

した本人が一番よくわかっているし

誤らないときもあるかもしれませんが

今度は

八つ当たりをしないようにしようと思ったり

ごめんね、さっきはちょっとイライラしてた、

などと謝るときもあるでしょう。

 

ところが自己愛性人格障害の人には

それがまったくないのです。

 

自分が傷つくことが怖いので

自分が悪いと思うことさえしようとせず

そうなったからにはあなたのどんなところが悪いのか

あぶりだしてでもつなげて

どうしてもあなたのせいにするのです。

 

そのことに対しても一切罪悪感がありませんので

あなたが責任感が強すぎる場合は

彼を怒らせたのは

私のこんなところだ、と

あなたも彼と一緒になって

自分の悪いところをあぶりだしてしまうので

話が成立してしまうのです。

 

 

そしてあなたは何もしていないのに

どんどん悪者になっていき

自己愛性人格障害の人の

おなかの中にもともとある怒りを

ぶつけられても

仕方のない人になってしまうのです。

 

良心が強い人ほど悪びれたり

申し訳なさそうな顔をするので

そのままでいると

何もかもがあなたのせいになってしまいますよ。

自己愛性人格障害の人に心を求めてはいけない理由

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

特技について

お話ししたいと思います。

 

あなたのそばに、

自己愛性人格障害の人がいると

ものすごく緊張すると思います。

 

いつ怒りだすのかわからないので

とても怖いですよね。

 

でも、そういった体質だと思うと

そういうものだと

納得できてくると思います。

 

被害者の方がよく

自己愛性人格障害の人に

魅力を感じていらっしゃるのですが

人との関係を壊したりしなければ

素晴らしい才能があると

口をそろえておっしゃいます。

 

仕事や知識など

レスポンスがすごくいいのです。

 

参考になるところは

確かにありますし、

頼られることは好きですので

頼ると自己愛性人格障害の人も

機嫌がよくなったりします。

 

自己愛性人格障害の人は

心がないので

わかってもらおうとしたり

心を通わせようとすると

ものすごく傷つくのですが、

知恵を授かるという意味で付き合うと

非常に参考になることが

多くあります。

 

たとえば、仕事のやり方などを

聞いてみると

効率がものすごくいいです。

 

脳は正常で感情が入らないので

余分な雑念がなく

そのことだけに集中できます。

 

なので、自己愛性人格障害の人に

やり方を聞くと

ものすごく効率よく

素早くきれいにできるのです。

そういった意味では

これほど分かりやすく

参考になる人はいないので

少し距離を置いて

気持ちを入れずに付き合うと

あなたもとても満足できると

思います。

 

そして短くお礼を言い、

すぐに距離を置くと

自己愛性人格障害の人の

満足感もほんの一瞬ですが

満たすことができ、

それに適度の距離のある人には

あまり攻撃してこないのです。

 

心が通じなくても

自己愛性人格障害とは

むしろそういうものなので

落胆する必要はないと思います。

 

恋人同士だった場合は

ショックが大きいと思いますが、

ぱっと見た感じは

わからないのが特徴で

印象もいい人が多いので

仕方のないことです。

 

人間はみんな同じではないのです。

 

自己愛性人格障害の人も

本人の記憶のないくらい昔に

辛い思いをして

何とかわかってもらおうとして

それでも生きていくには

辛すぎる体験をしているので

人間が育っていく過程で

共感力が

育たなくなってしまったのです。

 

すべての人間が

相手がかわいそうだとか

悪いことをしたなと思う

罪悪感を持って

生きているわけではないのです。

 

 

自己愛性人格障害の人は

サイコパスと違って

もともとは良心があったのですが、

育っていく過程で

あまりにも辛すぎたので

良心を

使わなくなってしまったのです。

 

なのでもともと

良心がないわけではないので

ふとした時に

ものすごい罪悪感に

さいなまれることが

まれにありますが、

自分が傷つかないために

すぐに

自分が

そんなひどいことをするはずはないと

良心を閉じてしまうのです。

 

ですが本当は一瞬、

あなたが悪くないことに

気づいたりしているのです。

 

でも、すぐに良心を

閉じてしまっているので

自己愛性人格障害の人が

自分があなたにしていることに

気づくことはなく

むしろ自分は良心のある

常識的な人間だ、

と思い込むがために

本気であなたのせいにしています。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたが悪い理由を

自分が傷つかないために探し出して

本気であなたが悪いと

思い込こむのです。

 

だからあなたは納得がいかないし

理不尽な思いをしているのは

当たり前です。

 

ですが病気なので、

気づくことがないのです。

 

 

気づくことがない人に

わかってもらおうとしても

無駄なだけだし、

あなたは

納得がいかない思いをすることに

苦しむのは、

馬鹿らしいと思います。

 

なので、もうどうしようも

ありませんので

どうしようもない、

ということを理解して

あなたが彼の作り出した罪で

苦しむ必要はないので

自己愛性人格障害の人なんだ、

と割り切ることです。

 

病気の人には

何を言っても通じないのです。

 

あなたは罪悪感が強すぎるために

人が作り出した罪に苦しんでいます。

 

 

あなたも

もっとわかりやすい病気の人なら

近づきもしないでしょう。

 

たまたま自己愛性人格障害の人は

脳は正常なので

病気だとわかりにくいのです。

 

そういう種類の心の病気もあるんだ

ということを

理解していきましょう。

 

自分の心が立ち直るには

自己愛性人格障害とは

こういうものだと

早く深く理解することが

大切なのです。

 

そして少しでも関わっていると

また、ありもしない罪で

どんどんあなたを悪者にして

あなたはしてもいないことで

苦しんでいかなければならないので

少しでも早く離れることが

最良の方法だといえるのでしょう。

 

 

ですが、

どうしてもそばにいないと

いけない関係なら

彼のやることには

一切無関心でいる

覚悟が必要なのです。

自己愛性人格障害のひととは話し合いにはならない

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人とは

話し合いにならない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼に

気持ちを分かってもらいたくて

彼に話し合いの機会を

作ってもらいたい

という人がいるのですが、

話し合いは無駄になります。

 

 

 

難しい言葉を使って

さもきちんと説明しているような

姿勢をとります、が

彼はあなたを負かしたいだけです。

 

話の内容はあなたに嫌がらせをする内容を

必死でいかにも理にかなっているように

言っているだけで

自己愛性人格障害のひとの話を聞いていると

ただ、自分が責められているだけ

としか感じられないので

解決するどころか、

あなたが不快になるだけです。

 

もともと自分がきちんと

あなたを説得することはできない

と思っているので、

あなたに勝つために難しい言葉を使い

いかにも自分が正しいことを

言っているように

論破したいだけなのです。

 

彼はただあなたに勝てれば

それでいいのです。

 

だから自己愛性人格障害の彼とは

話し合いで物事を

解決しようと思っても

仕方のないことです。

 

先にあなたが

そういう心づもりでないと

イライラして仕方がないのです。

 

自己愛性人格障害人は

もともとあなたを初めから

イライラさせるつもりで話していると

覚えておいてください。

そしてもしこのイライラを

彼にぶつけてしまうと

あなたのほうが悪者になるように

うまい具合に利用されてしまいます。

 

だから彼にイライラを

ぶつけないようにするためには

あらかじめあなたのほうが

話し合いで解決しようという気持ちは

初めから持たないことです。

 

話し合いで分からせることは

無理なのです。

 

 

ではどうしたらいいか、

あなたのほうが先に

話し合いができないように

してしまうことです。

 

すると、自己愛性人格障害は

あなたが何を考えているのか

分からないので、

どんどん混乱してきます。

 

 

混乱するとだんだんいうことを

思いつかなくなり

話しがなくなってしまいます。

 

言うことがなくなると

自己愛性人格障害は

話ができなくなります。

 

自己愛性人格障害のひとの話し合いは

イライラしたほうが負けだと

覚えておいてください。

 

どうせ解決のない話し合いをするのなら

あなたがイライラしないほうに

心を持っていくように

努力したほうがいいでしょう。

 

彼に話をさせるように持っていき

あなたは聞き役に徹してください。

 

多大、この時、

うんうん、と一生懸命聞くことは

やめてください。

 

ただ彼に話をさせ、あなたは聞き流す

というスタンスをとってください。

 

そうでないとあなたが辛くなってしまいますし、

あなたに攻撃が効いている、と思い

彼のほうも調子に乗って

どんどンあなたを責め立てていきます。

 

 

どうせ話を真剣に聞いていたとしても

あなたを負かしたいだけで

本当のことを言っているとは

限らないのです。

 

初めのうちは怒られたり

あなたが悪いように

一生懸命話をするかもしれませんが

ずっと聞いていると

だんだん話すことがなくなってきます。

 

そして彼も話を続けていることにより

少しは満足しています。

 

だから内容のことは

そんなに真剣に聞かないほうがいいのです。

 

自己愛性人格障害のひとと

話し合いで物事を解決しようとすることは

そもそもが無理なのだと

覚えておいて下さい。

 

自己愛性人格障害のひとを初対面で見分けるために

こんばんは♡

今日はTiaraのお茶会&交流会でした。

遠方からお越しの方は

台風の影響で電車が

なかなか動かなかったようで

朝から大変な中、お越しいただき、

ありがとうございました。

 

終始和やかななか、

美味しいケーキとお茶をいただきながら

貴重な経験談をお話しいただき

ありがとうございました。

 

大変有意義な時間を過ごしていただき

幸いに思います。

 

まだ自己愛性人格障害の被害から

抜けていない方や

もう解決された方、いろんな方がみえましたが

立場や職業は違えど、

同じような経験をされていたので

安心された方も多くみえました。

 

これをご縁に末永いお付き合いを

お願い申し上げます。

さて、今日は、

自己愛性人格障害の見分け方について

お話ししたいと思います。

 

一度自己愛性人格障害の被害に遭うと

次は二度と遭いたくないですよね。

 

どうなるか分かっているのに

関係を深めたくはないので、

できるだけで会って

すぐに判断したいものです。

 

ここでは、自己愛性人格障害の特徴的な

症状をいくつか挙げてみたいと思います。

 

 

・第一印象が異常なくらい良すぎる。

 

・他人にはとても親切でとても気配り上手。

 

・あなたの意見を否定してくる。

 

・冗談でからかっているように見えるが、

抜かりなくちゃんと傷つけている。

 

・挨拶をしたりしなかったりする。

 

・たまに無表情になる。

 

・突然の無視

 

・役付きのひとや地位の高い人、

上司などの前だととても従順になる。

 

・周りの人にはとてもいい人だが、

あなたに対してだけとても厳しいことを言う。

 

・「あなたのため」と言って

意味のない叱咤を繰り返す。

 

・長時間のお説教。

 

・ナルシストである。

 

・自分がしたことでも

相手がしたことになっている。

 

・初対面ではいいひと、
というより極端に良すぎる印象である。

 

・自分が好きで何かしら、人に

自慢できるほどのものを持っているが

人のことはなかなか認めようとしない。

 

・おとなしい人、自信のない人、無資格、

新人、年下、女性に厳しい。

 

・プレゼントやお土産など、

イベントがあるたびに用意しておいてくれる

 

・しばらくすると、イベントのドタキャンや

イベント前に突然連絡が取れなくなる。

 

・何度も別れたりくっついたりを繰り返し

毎回その理由がよく分からない。

 

などです。

 

今日の交流会で話題に出たので

思いつく限り、抽出してみました。

 

外見的な特徴はやせている人、

体格のいい人、など色々いるようですが

彼なりのこだわりがあり、

素敵な人がとても多いように思えます。

 

ですが、おしゃれな人やこだわりの強い人

すべてが自己愛性人格障害だということはなく

自分の事にはとてもこだわるが

他人のことは軽視したり軽く扱ったりします。

 

この中のいくつかに当てはまると

自己愛性人格障害だと言われています。

 

初対面よりも

知り合ってちょっと経ってからのほうが

症状は出てくるので

すぐに判断せず、しばらく自分を出さずに

相手の様子を見てから

少しづつ仲良くなりましょう。

 

 

人懐っこい人や人見知りをしない人、

人を信じやすい人ほど

ターゲットになりやすいので

一度でも被害に遭われた方は

初めのうちはすぐに自分を出さず

相手の出方を見て、安心してから

少しづつ自分を出してください。

 

次は、あなたが安心して付き合える人を

見つけるために♡

もし自己愛性人格障害の人がミスをしてもそれを指摘することはとても危険

こんにちは♡

今日は、もし自己愛性人格障害の人が

ミスをしても、それを指摘することは

ものすごく危険だということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

他人の失敗に

ものすごく細かいと思うのですが

逆に

自己愛性人格障害の人が

失敗をしたときに

あなたがそれを指摘することは

とても危険なのです。

 

自己愛性人格障害の人に

いつもいろいろと

細かいことを言われている人は

たまにものすごく腹を立て

仕返しをしてやりたい、

という人がいるのですが

絶対にやってはいけません。

 

 

自己愛性人格障害の人に

敵対心を見せてくると

あなたにはそんな気がなくても

あなたにつぶされるかもしれないと

思い

全力でつぶしてくるからです。

 

今日、書類のミスがあり

自己愛性人格障害の人に

「書類のデータを入れるところに

変な数字が入っている。」

と指摘されました。

 

Excelで文字を入力するだけの

タイピングで作った書類ではなく

データを読み込んで引っ張ってきて

フォーマットを埋めるものです。

 

Tiaraはすぐに自分のミスだと思い

自己愛性人格障害の人から

書類を受け取り

そのデータをすぐに

読み込み直ししました。

 

自分の席に着いた

自己愛性人格障害の人は

「ほかの人のも間違っているはずで

僕のだけではないはず。

なんでいつもそこをミスするのか

理由を探らなければいけない。」

などとTiaraに向けて

いっていました。

 

実際同じような書類が

5.、6枚出てきました。

 

Tiaraはこの時、

自己愛性人格障害の人に

あやまっていません。

 

原因が分からないからです。

 

こういった時、変な話ですが、

自己愛性人格障害の人に必要以上に

あやまる人は

ターゲットにされやすくなると

認識しておいてください。

 

もともとtiaraは、

原因が自分ではないかもしれないのに

すぐに謝るひとでした。

 

 

そして、そのことが原因で

自分がやったことではないことまでも

Tiaraのせいだと思われていたことも

けっこうありました。

 

それでも別にいいと

思っていたのです。

 

別に誰がやったかは問題ではない。

 

気がついたひとが直しておけば

それでいいと。

 

データが直ってることが重要よね!

と。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとが

いない職場でも

なにか失敗があったときに

tiaraじゃないかと

疑われることが多くなったことも

数多くありました。

 

さっぱりしていることが

どんくさいひと、ミスばかりするひと

ととられてしまう原因にも

なるのです。

 

ひとのミスもすべて

tiaraが責任も周りからの印象も

おっていたと言えます。

 

なので自分がやったときじゃないとき

は謝ってはいけない、と

今は、思っています。

 

tiaraのせいになっていても

ほんとは自分だといわないひとが

ほとんどでした。

 

だから自分の責任ではないことまで

あなたが負う必要はないと

思います。

 

 

「あれ?おっかしいなあ。

どこがおかしいのかなあ。。」

ぶつぶつ言いながら

もう一度CSVを引っ張ってきて

データを貼りなおしてみると

何度やっても、本来なら

内容が記載されなければ

ならないところに

数字の「0」が記載されます。

 

いろいろ試しながら

PCとにらめっこしているTiaraに

自己愛性人格障害の人が

少しウキウキしながら

機嫌をよくしていました。

 

データを読み込む計算式を見ても

データを持ってくるところは

合っています。

 

弱みを握られるかもしれないので

とにかく自己愛性人格障害の人が

満足しないような態度をとりながら

ずっと原因を調べていました。

 

すると意外なことが

分かったのです。

 

Tiaraのミスではなく、

もともとのデータを入れたのが

その自己愛性人格障害の人なのですが、

その人が元のデータを入れるときに

内容を入力していなかったのです。

 

この時、ちがう意味で焦りました。

 

Tiaraのミスでなかったことは

よかったのですが、

逆にこの人のミスだったことは

自己愛の人を

怒らせる原因になるんじゃないかと

思ったからです。

 

自己愛性人格障害の人に

ミスを指摘してしまうと

たとえ自己愛の人のミスだとしても

その腹いせに次からTiaraのミスを

狂ったように

指摘し始めるかもしれないと

思ったからです。

 

この人ではありませんが、

以前そういう自己愛性人格障害の人に

であったことがあります。

 

その時はただ怖くて逆切れ?

なんて思っていたのですが

自己愛性人格障害を知ってから

ああなんだ、そういうことか、

と思っていたのです。

 

ですから今回も

Tiaraの伝え方や、彼の性格、

虫の居所により

そうなる可能性があります。

 

やば。

どうやって言おう?

 

言い方には十分

気を付けなければならないと

よく考えてどういえば

一番刺激しないか

考えていました。

 

幸い5,6枚ある書類のうち

2枚は自己愛の人で

もう4枚は別の人です。

 

そして今日は2人とも

事務所にいたので

自己愛性人格障害の人、1人に

言うよりは

二人のほうが

自己愛性人格障害の人の気持ちも

少しは収まるかなと思いました。

 

Tiaraが

「あれ?データを読み込むところも

計算式も合ってるなあ。。

どこだろう?」なんて

つぶやいているときも

自己愛性人格障害の人は

めちゃめちゃ反応していました。

 

あれ?もしかして俺?

 

そんな動揺が

彼の背中から伝わりました。

 

これは慎重に伝えなければ

まずいな、と思いました。

 

もう1人の人が

席を外してしまったので

戻ってくるまで待っていました。

 

彼らの間違った書類全部に

ふせんをはり

もう一人が戻ったところで

二人に話すように

声をかけました。

 

できるだけ穏やかな言い方で

「すいませ~ん。

さっきの書類なんですけど

元のデータを入れるときに

データを入れていなかったので

0と反映されてしまったんです。

 

ふたりとも表情が無になり、

不機嫌そうにtiaraの説明を

聞いていました。

 

このとき、へこへこしては

いけません。

 

一瞬無言になったあと、

自己愛性人格障害のひとは

「これ、入れたの俺じゃないから。」

と一言言いました。

 

そして続けて「これ入れたの

○○さん。」と50代の

自己愛性人格障害のひとの名前を

言いました。

 

よりによって○○さん?!

 

どうしよう。

この人じゃないと思ったら

よりによってまたその人。。。

 

もう一人のひとは自分がやったと

認めているのか黙っていました。

 

そんなに深刻になることでは

ないのでは。。。

直せばいいんじゃない?

と内心tiaraは思いましたが

1回のミスを

こんなにも気にするひとたちが

いるんだ、と思いました。

 

続けて自己愛性人格障害のひとが

「俺が入れたんじゃなくて○○さんが

入れたんだから○○さんに言って。」

と言いました。

 

それから自己愛性人格障害のひとは

どこに入れなきゃいけなかったのか

もう一人のひとに説明していました。

 

教えてあげている、

というような態度でした。

 

どうしよう。

 

違う自己愛性人格障害の○○さんに

「ここが入ってなかったので

入れてください。」と言うことを

言わなければいけません。

 

またどうやって言おうか考えていると

その○○さんが帰ってきました。

 

すると、tiaraがいうまもなく

自己愛性人格障害のひとが

感じよく笑いながら

「ここ入れてなかったですよ。」と

言っていました。

 

○○さんの顔を見ると

恥ずかしそうに真っ赤な顔をして

でも笑いながら

「それ、入れたの俺だった?

その前じゃない?」

と言いました。

 

自己愛性人格障害のひと同士の

会話です。

 

この二人はけっこう仲がよく

でもぶつかるときは必ず

お互いに相手のせいにして

だいたい勝つのは40代のほうです。

 

今回もその○○さんは

「きみじゃなかったっけ?」と

笑ってごまかしている風に

言いましたが40代のほうが

「いえ、僕じゃないです。

○○さんです。」と言っていました。

 

よかった、と内心ほっとしました。

 

内輪でやってくれていましたが

tiaraもその二人を微笑ましそうに

ちょっとだけ見て、

あとはなにも言いませんでした。

 

このあとも自己愛性人格障害のひとは

tiaraが気にしているか

必ず見ているので

全く気にしていない風に

仕事やほかのひととの会話に

夢中になります。

 

すると自己愛性人格障害は

tiaraが彼のミスの事を

気にしていない、ととり

ほっとして穏やかに戻っていました。

 

 

自己愛性人格障害には

気にしていないようにしながら

これくらいのフォローが必要です。

 

このとき○○さんへのフォローは

必要ないです。

 

○○さんはtiaraと

自己愛性人格障害のひととの

やり取りを知りません。

 

tiaraが気にしていたり、

あの人もミスした、と

覚えている感じにすると

次から攻撃される可能性があります。

 

自分のミスをごまかすために

tiaraを責め立てるのです。

 

だからこういうときは

そんなこと、気にも止めてないよ?

という風にふるまうのが

鉄則です。

 

ここで対処を間違えると

いつでもターゲット認識

されてしまうので

本当に気を付けましょう。

 

自己愛性人格障害を知らなかった頃は

こんなにいろいろ考えて

仕事をしていませんでした。

 

世のなかを

平和に渡っていくためには

常に自己愛性人格障害に気を付けて

自己愛性人格障害の人がいる

環境のところでは

自己愛性人格障害の人を

刺激しないように気を付け

自分もターゲット認識されないように

ただ誰にでも親切にしていればいいと

いうわけではありません。

 

そしてそのことを周りの人に言っても

分かってもらえないので

言ってはダメで

誰にでも親切にしても

誰にでも明るく挨拶をしても

なんでも軽く考えて

軽く許してあげることも

簡単に水に流してあげることも

その場にいられなくなるほどの

トラブルの原因になる可能性が

あるということを

常に考えなければ

ならないのです。