自己愛性人格障害のひとは被害者の仲良くしたいという気持ちを利用する

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

被害者の仲良くしたいという気持ちを

利用することについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraの恋愛相談を訪れてくる方は

ほとんどが

自分の彼が何かおかしいと思い

調べているうちに

自己愛性人格障害の人の特徴と

あまりにも似ているということから

このまま付き合っていくことが

心配になり

来られる方がほとんどです。

 

Tiaraもそうでしたが

自分の彼が自己愛性人格障害でも

大好きな彼と別れたくない

という人がほとんどです。

 

何とかして仲良くやっていけないかと

相談することが普通ですが、

残念ながら自己愛性人格障害の人とは

仲良くやっていこうとすると

虐待されてしまうのです。

 

自己愛性人格障害の特徴を

知っていくと

仲良くやろうとすることが

自己愛性人格障害の人を

安心させることになって

安心して虐待できる人物として

ターゲット認識されてしまうのです。

 

初めのころは、特に、

自己愛性人格障害の人の

おなかの中の怒りを

ぶつけても逃げていかない相手か

どうかを試しているので

たいていの人は気づかれないよう

ものすごくあなたを愛していて

大切に思っていると

アピールしてきます。

 

だから、自己愛性人格障害の人に

安心感を持って

よほどタイプではない場合を除いては

好きになってしまったり

寄り添ってしまう人が

ほとんどだと思います。

 

だって自己愛性人格障害の人は

第一印象はものすごくいいのです。

 

ちょっといい人、というよりは

ものすごくいい人なのです。

 

だからあなたに恋人がいなかったり

募集中だったり

その時の彼に

不満を持っているような場合は

自己愛性人格障害の人と

付き合ったほうが

幸せになれるのではないかと

思います。

ですが、自己愛性人格障害の人は

普通では考えられない方向に

感情が動くのです。

 

あなたが

彼のことを好きになればなるほど

あなたが彼のことを

思えば思うほど

あなたが彼のことに

寄り添えば寄り添うほど

彼はあなたに

自分のおなかの中の怒りをぶつけたり

あなたに自分の魅力を見せつけて

あなたからの称賛をもらって

安心したり喜んだりします。

 

自己愛性人格障害の人と

うまくやっていくには

多少の距離を保ちながら

あまり感情を入れず、

彼のことを称賛もせず

彼に寄り添うこともしなければ

なんとか平和は保てるのです。

 

あなたが人間の心を持っていなくて

彼から好かれることを望んだり

彼のことに大切にされることを

望まなければ、

普通の関係は保てるかもしれません。

 

そして、彼からぶつけられる怒りに

堪えたり辛くなったりしなければ

いいのですが

そんなひとはいないですよね。

 

あなたも人間なので

時には彼と違った意見を言ったり

怒ったり泣いたりします。

 

すると、自己愛性人格障害のひとは

ものすごい怒りをぶつけてきて

理不尽にののしったり

捨ててしまったりするのです。

 

そう考えてみると

自己愛性人格障害の人と

恋人同士になったり

結婚をしたりすることは

難しいことなのです。

 

自己愛性人格障害の人と

恋人になったり

結婚したりすることは

不可能ではありません。

 

自己愛性人格障害のひとは

そのときのタイミングにより

結婚したほうが

自分の立場を保てると思った時や

結婚しないとまずいと思った時には

結婚することもあるでしょう。

 

 

ですが、長くは続かないうちに

どちらかに限界が来てしまうのです。

 

あなたがひたすら我慢をしていれば

彼はあなたを

手放さないかもしれません。

 

ですが、それではあなたの心が

持たないのです。

 

残酷なことを言っているようですが

自己愛性人格障害のひとは

その特徴により

そういった行動を

やめることができません。

 

自己愛性人格障害のひとも

必死なので、

自分がどうしてそういう行動に

出るのか、分かっていないし、

自責の念がないので

自分の中の怒りが、すべて

あなたや周りのひとのせいだと

思い込むのです。

 

あなたも自己愛性人格障害のひとと

ある程度一緒にいたのなら

分かると思いますが、

普通のひとなら

なんとも思わないことで

怒り狂ったりしませんか?

 

そんなことでそこまで怒る、

という感情を

不思議に思ったことはありませんか?

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の育ってきた環境により

共感力を使っていると

あまりにも辛すぎる状況のため

育っていく過程で、

共感力を使わないようになった

と言われています。

 

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れる方にも

お聞きしているのですが

やはり子供の頃の環境は

同情をそそるようなものが多いです。

 

その悲しみを

あなたはなんとなく理解し

自己愛性人格障害のひとが

ほっておけなくなってしまう

のでしょう。

 

ですが、あなたが彼に

共感すればするほど

彼はひどいことをしてきますので、

臆病な自己愛性人格障害は

安心して虐待できる

優しいあなたに、

攻撃をして苦しむあなたを見て

少しだけほっとしているのです。

 

ですが、それではあなたの心が

もちませんので

できるだけ早く逃げるよう

自己愛性人格障害のひとの症状に

心で納得してください。

自己愛性人格障害のひとの量、強さ、勢いについて

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

量と強さと勢いについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

コミュニケーション能力が高く

いつもテンションが高い、

といわれていますが

それはターゲットの前以外で、

という条件がつくことになります。

 

ターゲットになるまでは

好印象の場合が多く、

テンションも高めで明るく、親切で

コミュニケーション能力に

大変長けている場合が多いです。

 

ところが、しばらく付き合っていて

あなたが寛大だったり、

やさしかったり

弱かったり、遠慮深かったり、

また、魅力的だったりと

何らかのターゲットになりそうな

要素を見つけると

あなたがどれくらい弱いか

いろいろな言動を使って

試してきます。

 

大きな声を出したり、

突然不機嫌な態度をとったりして

あなたの様子を見ます。

その時にあなたが

モラハラ行為を受け入れる人か

受け入れられない人か

試しているのです。

 

自己愛性人格障害の人は

人との距離を

分かり合えるか分かり合えないかで

見るのではなく

自分のほうが相手よりも

強いか弱いかで

判断します。

 

そしてあなたのほうが弱い場合

どんどん攻撃を増してくるのです。

 

でもとても用心深いので

あなたが彼がおかしいことに

気づきかけると

全力で優しくしてきて

愛を語り、あなたを惑わせ、

あなたに気づかれないようにします。

 

 

なのであなたが優しかったり

寛大だったりすると

その前のちょっとした

不自然な出来事は

すぐに水に流してしまうのです。

 

ちょっと変だな、と思っても

気のせいか、と思ってしまうのです。

 

だからなかなか気づくことは

ありません。

 

そうやってあなたが気づかないように

少しづつ攻撃を強めていくのです。

 

自己愛性人格障害の人のやり方は

とても巧妙に見えますが、

その基準は案外単純です。

 

多いか少ないかあ、強いか弱いか、

大きいか小さいか、

ということだけなのです。

 

プレゼントをたくさんくれるという

特徴も

この多いか少ないか、

ということに当てはまります。

 

ものすごく高額なものや

たくさんのプレゼントを

いただいたり、

海外旅行などをプレゼントされた方も

みえますし、生活の面倒を

長い間見てもらった人もいます。

 

なんでも極端な行動をとるため

いいときは本当によく見えるのです。

 

だからあなたのことを

本当に愛してくれているように

感じますので、

真逆の感情を見せられた時

あなたはとても驚くのです。

 

自己愛性人格障害の人は

共感力がないため、

相手の細かい感情がわからないので

判断基準はわりと単純なのです。

 

おなかの中に怒りを抱えているので

気難しく見え、

いろいろ考えているように

見えますが、

判断基準は強いか弱いか、

量が多いか少ないか、

自分が上に立てるか立てないかで

あなたを判断しているのです。

 

だからあなたの上にたてると

思われてはいけません。

 

自己愛性人格障害の人は

いったん自分のほうが上だと思うと

どんどん勢いを強めてきますので、

あなたがモラハラを受けない人間だと

思われることが大切です。

 

そうすれば彼はあなたに

攻撃をしたいとも

思わなくなるのです。

 

自己愛性人格障害の魅力について

こんばんは♡

今日は

自己愛性人格障害のひとの魅力

についてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害にあって

自己愛性人格障害のひとを

ひどく憎むひともいます。

 

恋人だった場合は

自己愛性人格障害のその特徴により

魅力的な面を見せつけられたり

マインドコントロール

されていることもありますので、

なかなか忘れられないひともいますが、

自己愛性人格障害のひとが

同性だったり、上司だったり

恋人ではない関係の場合、

ひどい憎しみの気持ちを持つことが

あります。

 

自己愛性人格障害のひとのすることは

本当にひどいことなので

無理もないと思いますが

被害をうけた側としては

憎しみの気持ちをもつほうが

まだましなのかもしれません。

 

嫌いになれた方が

離れることはまだ簡単だからです。

 

とはいえ、同じ会社や

部活の後輩など、

なかなか離れられない関係の中で

行われることが多いので、

その場を離れることがなかなかできないので

難しそうに感じますが、

完全に嫌ったり、

無関心になることができれば

勝手にやらせておくことが

できるでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとの目的は

勝手に意地悪をしたいからしているわけではなく

あなたが堪えるところを見て

安心することが目的ですので

あなたが堪えてくれなければ

やっている意味がありません。

 

ですので、そうなるとあなたではなく

別の堪えてくれそうなひとに

攻撃の矛先を変えるかもしれません。

 

tiaraは自己愛性人格障害のひとには

心がないことが分かっているので

もう2度と自己愛性人格障害のひとと

恋愛関係になることはありませんが

最近また、自己愛性人格障害のひとが

魅せつけ行為をしてきます。

 

本当にさりげないので

わかる人にしか分からないと

思いますが

ちょっとしたしぐさや目線、

tiaraの視界に何度も不自然なほど

入ってくるなど、

細かい攻撃をしつこいくらいに

何度もしてきます。

 

なんともないふりをしていても

ドキッとします。

 

自己愛性人格障害のひとには

心がないと分かっているので

tiaraのことを好きになることは

ありませんが、

もし自己愛性人格障害のことを

知らないと、

どうしてこんなにも近づいてくるのかと

気になってしまうと思います。

 

これが、共依存だからなのか

普通の人でもなるのかは

分かりませんが、

知らなかったら好きになってしまっても

おかしくありません。

 

落ち着いていて、指示も的確なので

とても仕事がやりやすいです。

 

タイプもあると思いますが、

知らなければ好感を持っても

おかしくはありません。

 

この人はタイプも雰囲気も

tiaraの元カレとは全く違いますし、

もともとtiaraの好きなタイプでは

ありません。

 

ですが落ち着いた雰囲気と

真面目なところが

大人の男を感じさせます。

 

自己愛憤怒を起こしているところを

何度も見ているので

本当は穏やかな性格ではないことも

知っています。

 

けれど、もし、

自己愛憤怒を見ていなければ

落ち着いた雰囲気の

穏やかで真面目な人、

ととってしまっていたでしょう。

 

この雰囲気こそが、

自己愛性人格障害の特徴だと

分かっているのですが、

自己愛性人格障害の特徴以外に

tiaraの元カレと似ているところは

ひとつもありません。

 

元カレは細くて小顔だったので

もともと少しtiaraのタイプだったと

思います。

 

ですが、あの

ミステリアスな雰囲気の彼とは

付き合ったことがありませんでした。

 

みなさんはどうか分かりませんが

なんか不思議な感じがしたのです。

 

体型やファッションセンスなどは

tiaraのタイプだったと思いますが

自己愛性人格障害の彼以外の彼は

みんな優しくて元気なタイプのひと

ばかりでした。

 

気を使ってつきあったひとなんて

一人もいません。

 

みんな自然体で付き合っても

わけの分からないことで怒り出す人は

一人もいませんでした。

 

やはり自己愛性人格障害のひとは

普通の人と全く違います。

 

そういった点がミステリアスで

興味をひくのかもしれません。

 

今、自己愛性人格障害のことを知っていて、

客観的にみても

自己愛性人格障害のひとが口説こうと思って

全力で近づいてきたら

逃れられるひとはいないのではないかと思うくらい、

魅力的でとてもしつこいです。

 

この強引なところに弱い女の子も

たくさんみえますので、

知らなければ

恋に落ちてしまうでしょう。

 

だから自己愛性人格障害が

ターゲットを変え、

別の女の子を口説けば、

自己愛性人格障害のことを

しらない女の子はほとんどの場合、

恋に落ちてしまうでしょう。

 

ですが付き合うと

とても辛い目にあい、最悪の場合、

すべてを失ってしまいます。

 

自己愛性人格障害のひとの

罠に落ちないよう

自己愛性人格障害のひとには

無関心でいることが

大切だと思います。

 

自分を守るためにも

本当に気を付けてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしても自己愛性人格障害の彼と別れたくないひとへ

こんにちは♡

今日は、どうしても

自己愛性人格障害の彼と

別れたくないひとへ、

これからどうしたらいいかについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraの恋愛相談室を

訪れるひとのなかには

彼に冷たい態度をとられていて

何度も傷ついていても

どうしても彼と別れたくない、

とおっしゃるかたが

おみえになります。

 

自己愛性人格障害の彼と

今後も一緒にやっていくということは

あまりおすすめできませんが

どうしても

納得できないという

気持ちがあるのは、

当然だと思いますので

あなたが彼と別れたくない、

と思っているうちは

離れられないと思います。

 

離れたい、と思っている人も

なかなか別れられない、という場合も

ありますので、

彼と一緒にいるうちは

自己愛性人格障害の彼から

攻撃されないようにすることが

必要となります。

 

まず、彼は

なにかきっかけがあれば

いつでもあなたを

攻撃してくる可能性がある、

ということは

いつも心得ておいてください。

 

そのつもりで一緒にいないと

そのたびに辛い思いをしたり

なにがいけないのかと

考え込んでしまう原因となり、

あなたが勝手に落ち込んでいく

システムになっています。

だから、少しでも心得ておくと

それだけでも違うと思いますので

自己愛性人格障害のひとは

あなたのすることに関係なく

お腹の中の怒りを

どこかにぶつけなければ

気がおさまらないときがある、

と覚えておいてください。

 

そのうえで

あなたの発言は、

どんなに小さなことでも

彼の怒りに火をつける材料と

なり得ますので

自分から分かってもらおうと

いろいろなことを話すことは

避けてください。

 

そして、

彼の機嫌のいいときは

普通に話しても

大丈夫だと思うのですが、

できるだけ

彼の話を聞く側の立場にたち、

自分の意見は

あまり言わないようにしましょう。

 

そして、もし

彼の機嫌が少しでも悪そうだなと

感じたときは

速やかにできるだけさりげない形で

その場から立ち去ってください。

 

自己愛性人格障害とは

怒りをぶつけようとしたその瞬間に

人がいなければおさまることが

多いです。

 

だから、しばらくしてから

戻っても、そのときには

落ち着いている可能性もあります。

 

だから、もし、

彼の機嫌が悪いと感じたときには

時間をおけば、たいていの場合、

大丈夫だと思います。

 

ここで、もし、

しばらくたってからもまだ

彼の機嫌が悪いと思ったときには

もう彼に近づかないほうが

いいとおもいます。

 

もし、これがなかなか収まらなくなってきているのでしたら

症状がひどくなっている証拠ですので

そのときはもう

あまり長いこと彼とは

一緒にいられない、

と心得ておいたほうが

いいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとのプライド

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

プライドについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

たいへん気品高く、

プライドが高い人が多いように

見えますが

実はそうではありません。

 

プライドが高いように見えるのは

そう見えるようにふるまっていないと

恥ずかしくて

生きていくのがとても辛いからです。

 

自己愛性人格障害の人は

そうは見えませんが、

実際には、育った環境のせいで

自分には

生きる価値がないと思っています。

 

そして恥ずかしいので

それを隠していないと

いられないので

尊大な自分を見せて、

自分はすばらしい人間だと

思い込みます。

 

ですが、本当は

つぶされそうな自尊心に怯えていて

それがばれないか

びくびくしているのです。

 

そのため、ばれないように

常に無意識に虚勢を張って

生きているので、

抜群の演技力のため、

まったくばれそうもないのに

あなたに何か突っ込まれたり

そんなつもりはなくとも

火がついたように

怒り出すことがあります。

 

それは、虚勢を張っているだけなので

ばれることを非常に恐れるため

必要以上にキレて

あなたが何も

言えなくしてしまうためです。

自己愛性人格障害のひとは

この事実が極端に辛いほどの

幼少期をおくっているはずなので

自分の価値のなさを

常に必死で隠していて

自分を大きく魅せるために

また周りの人を、必死で

自分より下に見下すことに

必死なのです。

 

ですが、被害者のあなたなら

気づいていると思いますが、

自己愛性人格障害のひとは

そんなに価値のない存在では

ないのです。

 

むしろ普通の人よりも

頭がよかったり弁がたったり

なによりすてきな魅力一杯のひとに

見えるはずですし、

中には、そう見えるために

何事にも必死で

尋常ではない努力をしてきているために

本当に何かの才能を発揮している人も

いるのです。

 

 

それなのに、ターゲットを決め

安心して自分の感情を

ぶつけられる人を見つけて

その人の人生も仕事も人間関係も

極端にこてんぱんに潰し続け、

なんでもないことに怒り狂って

周りの人の自尊心を

生きていけないくらいに

徹底的に叩き潰し続けることだけに

常に必死に意識を向けているのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

必死にやっていることは

本来やらなくてもいいことであり、

そのやらなくてもいいことのために

被害者がものすごい苦しみを

味わっているのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

わざわざやらなくてもいいことで

ものすごくひどいことを

していることに

気づいていないのです。

 

やられた方は、

なぜ自分が、ここまでひどいことを

されなければいけないのかと

理解に苦しみ

まともな生活を

送れなくなってしまっている人も

います。

 

このひとたちは、

ひどいことをするどころか、

自己愛性人格障害のひとと

暖かい未来を夢にみて

必死に彼に寄り添ってきた人たち

ばかりなのです。

 

そんなひとたちの気持ちもわからずに

必死で潰し続けて

苦しめている自己愛性人格障害のひとに

本当のプライドはありません。

 

プライドの高いひとは

ひとを潰すことなく、

自分の努力と自分の未来を信じて

動くので、人のことなど

潰している暇はありませんし、

人を潰すことなどに興味がありません。

 

本当のプライドを持っているひとは

自分の輝かしい未来に

努力を続けている人であり、

他人なんて潰さなくても

自分一人の力で、

どんどん自分を高めていくので、

人のことなど興味がありません。

 

本当に自己愛の高いひとというのは

自己愛性人格障害などには

絶対にならないのです。

 

自己愛性人格障害の彼と戻るたびにモラハラが強くなっていくわけとは?

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の彼と別れたとき

もとさやにもどるたびに

モラハラが激化していく理由について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼と

つきあっていると

定期的に別れ話になるのですが、

別れたあとふと彼から連絡が入ると

嬉しいですよね。

 

話している間に

いつのまにかもとに戻り

楽しい気分になってくると

彼からまた「会いたい」と

言われます。

 

この前はあんなに怒っていたけど

やっぱり離れると寂しいのかな?

とあなたも思ってしまい

彼と会いたいばかりに

彼を許してしまいます。

 

ですが、彼ともとさやにもどるたびに

モラハラ行為が強くなっていることに

あなたは気づいていますか?

 

もし、あなたが自己愛性人格障害の彼と付き合って

何年もたっている場合、

彼の嫌がらせ行為が強くなってませんか?

 

自己愛性人格障害の人の別れは

一種の嫌がらせ行為です。

 

 

あなたを不安にさせるために

わざわざしています。

 

 

そしてあなたが苦しんだり、悩んだり

するところを見ていて

高揚しています。

 

 

あなたが彼を求める心情に

自分の価値を見出しているのです。

 

それが見たいために別れ話をしているのです。

 

だから自己愛性人格障害の人の

別れ話は本当に

別れるつもりはありません。

 

そしてしばらくすると

あなたと連絡をとり、

あなたが自分を求めるか試しているのです。

 

 

[ad#co-1]

そしてあなたが彼と元に戻ることを

望むと、さらに少し

嫌がらせを強めてくるのです。

 

いろいろな相談をお伺いしていると

彼の嫌がらせが強くなる期間には

個人差があるのですが、

もともとの彼の病気の程度が強い場合と

あなたが彼をどの程度許すかによって

付き合いだして激化するまでの期間が

早いか長いかが決まります。

 

 

あなたが弱ければ弱いほど

激化は早く訪れますし、

彼の自己愛性人格障害の程度が強い場合も

付き合いだしてすぐにモラハラ化しています。

 

そして意味も別れているにも関わらず、

あなたが彼をすぐに許してしまっている場合、

彼はよりあなたを支配でいると思い

自分の中の憂さ晴らしにあなたを使います。

 

 

だから、すべての自己愛誠意人格障害の被害者が

同じように攻撃されているわけではないのです。

 

しかし、自己愛性人格障害の人の脳には

一定の考え方の癖があり

許されれば許されるほど

モラハラ行為はつよくなるのです。

 

だから、

自己愛性人格障害の被害者を見れば

どの程度あなたが弱いか分かりますので

あなたが、自己愛性人格障害の彼から

攻撃を強められていればいるほど

早く彼の元から引き離してあげないと

危険なことになるのです。

 

このときに一番ポイントになるのが

自己愛性人格障害の彼からの

マインドコントロールの具合によるのですが

あなたが彼から離れたくない、

という気持ちが強いほど

自己愛性人格障害の彼から

離れることが辛くなります。

 

ですが、その状態は非常に危険で

彼からの虐待を強めてしまうという

悪循環になってしまうのです。

 

あなたが、自己愛性人格障害の彼から

受けている虐待が強ければ強いほど

彼の優しさを手放したくないという思いに

縛られてしまいます。

 

あなたの状況を、できるだけ

客観的に判断し、

これ以上一緒にいても

辛いだけだと判断したときには

すでに末期に入っている時期だと思われます。

自己愛性人格障害のひとに自分から別れ話を出してはいけない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとに

別れ話を出してはいけない、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとにあなたから

別れ話を出すときは

慎重にならなければいけません。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

普段はとても堂々としているので

そんな風に見えませんが

ふとした時に、

とても臆病に見えることがあります。

 

自分が上に立てると思った人には

とことん強いのですが、

自分が上に立てないと思った人には

何も言えなくなってしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとから

あなたを捨てるときも

とても強い拒否反応を示して

あなたを見下したり、無価値化することで

あなたを悲しみのどん底まで突き落とします。

 

 

ですが、あなたに捨てられる、となると

途端にしがみつき行為を見せるのです。

 

このしがみつき行為が強かった場合、

あなたにまだ彼と別れたくない気持ちが

少しでも残っていたなら

また元のさやに戻ってしまいます。

 

そしていったん離れようとした後で

戻ると

なぜか以前よりもモラハラ行為が

強くなっているのです。

 

だからいったん離れようとした場合は

その離れようとした距離から

少しでも戻ってはいけません。

 

ですがもし、

あなたが別れ話を出したときに

自己愛性人格障害の彼が

新しいターゲットを見つけていた時は

あなたのほうを気にもとめずあっさりと

連絡は途絶えてしまうでしょう。

ところが誰もいないとなると

せっかく今まで時間をかけて

彼に逆らわないよう育ててきたあなたを

失うことに

非常に極端な恐怖心をいだくのです。

 

もし、自己愛性人格障害のひとと

本気で離れたいと思っていた場合

なかなか離れられなくなってしまう

危険性があります。

 

だからあなたからは

できるだけ別れ話を出してはいけないのです。

 

本当に自己愛性人格障害のひとと

離れたたかった場合、

彼に気づかれないよう

少しづつ距離を離していく必要があります。

 

連絡を取る回数や

時間を徐々に離していくのです。

 

一番いいのは

彼から別れ話を出すように持っていくのが

一番最適な方法です。

 

そして彼の言うことを聞く形で離れるのが

一番穏やかに離れることができます。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分からフルことによって

満足します。

 

ためしに、あなたから離れた場合

彼の様子を見てみてください。

 

まるで

自分から離れたような言い方をします。

 

これは自己愛性人格障害のひとなら

みんな同じで聞いていて少しおかしいのですが

自己愛性人格障害の本人は

いたってまじめにそう思っています。

 

だから彼から言い出して

彼の言うことに従う、

もしくは私なんかがそばにいたら

あなたに迷惑をかけてしまう、

という別れ方がベストなのです。

 

やってみたことがある人は分かると思います。

 

 

できたらそのまま自然消滅で

争うことなく、離れてしまって

音信不通になってしまうことが

唯一

穏やかな別れ方ができる方法なのかもしれません。

自己愛性人格障害のひとが放つ穏やかな空気の秘密

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとと

一緒にいるときの

穏やかな空気について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の彼と一緒にいるとき

付き合い始めてまだ

そんなに時間がたっていないときや

モラハラ行為が起こっていない

普段の平和な時は

本当に穏やかな空気が流れ

楽しい時を過ごせるのです。

 

激化して

モラハラ行為がおこるときのほうが

不思議なくらい

普段の彼からは想像もできません。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れる方は

ほとんどがひどくなって

これはおかしい、と気づいた人ばかりですが、

中には、今までの楽しい時間が忘れられなくて

本当に彼が、自己愛性人格障害なのか

もしかしたら、自分がひどいことをしていた、

と気づいてくれて、

これからは、しないように

気を付けてくれるようになるんじゃないのか

と思う人も大勢見えます。

 

というか、ほとんどです。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れた人の中で

彼のことが本当に嫌いになってしまった人など

1人もいません。

 

あまりにも悲しくて

ひどくて

あんなに優しかった彼が

自分のことを拒否するようになったり、

嘘をついたり、ののしったり、

見下したりして、

その場に普通にいられないほどの強い攻撃を

仕掛けてくるほどになってしまったから

意味が分からなくなり

相談してくるのです。

自己愛性人格障害のひとは

普通のひとよりも普段は穏やかです。

 

冷静な判断ができ、仕事でも適切な場所で

瞬時に適切な判断ができ、

仕事も早くてきれいなので

一種の感動を覚えます。

 

ですが、その魅力も、

自己愛性人格障害の症状から

そうなることが多いのです。

 

不思議なことに本当の自分がないことで

尊大な自分を魅せつけていなければ

まったく存在感がありません。

 

それは感じとった人もいるかもしれませんが、

モラハラ行為をしていなければ

嫌な感じが全くないのです。

 

気配がない、というか。。。

押しつけがましさが一切ありません。

 

それが、自己愛性人格障害のひとと

一緒にいると

穏やかな時間が流れる原因なのではないか

と思っています。

 

そして自己愛性人格障害のひとは

本当はものすごく臆病なんです。

 

相談を受けているうちに

彼のモラハラ行為が激化して

危険な状態になる人が

何人かいるのですが、

その時にTiaraが相談者の方に聞くことは

彼と一緒にいて、彼がひどく臆病だなとか

感じたことはありますか?

と聞くと、

彼が自己愛性人格障害の場合、

たいてい「あります。」と答えてくれます。

 

あればそのまま、

自己愛性人格障害のひとに対しての

対策法を実践していただくのですが、

もし、彼に臆病だと感じる面がまったくない、

と言われると

彼は自己愛性人格障害ではなく

サイコパスの可能性があります。

 

その時は、そばにいて

モラハラ対策をしている場合ではなく

すぐにでも逃げたほうがいいので、

危険な状態になったときの判断基準の中に

必ず「彼に臆病な面が見えるか」ということを

いれるようにしてもらっています。

 

サイコパスとの違いについては

以前の記事でもお話ししたことがありますが、

自己愛性人格障害のひとは

相手にひどいことをしたらいけない、

という感覚の

ブレーキが壊れている状態なのですが、

サイコパスになると

相手にひどいことをしてはいけない、

というブレーキがもともとありません。

 

なので、自己愛性人格障害のひとは

罪悪感は本当はあるのですが、

罪悪感を使うと辛くなってしまい、

相手に自分の怒りをぶつけることが

できないので

罪悪感を無意識に感じないようにしているだけ

なので、ひどいことをしていることが

ばれそうになったり、公にばれそうになると

モラハラ行為をやめてしまいます。

 

 

ところがサイコパスになると

ブレーキがもともとないため

罪悪感がありません。

 

だからばれそうになっても

公になりそうになっても

もともとが罪悪感がありませんので

どんどん攻撃を強めて

やめることがありません。

 

だから罪悪感や心のブレーキが

もともとあるかが重要なのです。

 

自己愛性人格障害のひとが臆病なのは、

この、

普段は使わないようにしている罪悪感が

どこかでばれるんじゃないのかと

びくびくしているときに

ちらりと見えるもので

あなたを完全に支配できている、

と思っているときには

一切見えてこなくなるのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとに

完全に支配されない、

あなたの意思を持つことが

大切なのです。

自己愛性人格障害のひとの怒り方の特徴は?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

怒り方について

お話ししたいと思います。

 

 

最近穏やかだった会社にいる

自己愛性人格障害のひとが

久しぶりに怒っていたので

この心情について

書いてみようと思います。

 

 

まず自己愛性人格障害のひとの

怒り方ですが

怒るとすごく怖い、とか

彼に怒られると

とても怖いです、という

言われ方をよくするのですが

自己愛性人格障害のひとの怒り方は

まず、「怒る」とか「怒鳴る」という

表現よりも

ものすごくきつい勢いで

ぴしゃりと叱りつける、

という言い方が

正しいのではないかと思います。

 

男の人で、怒る人は

たまに見かけるのですが

自己愛性人格障害のひとの

怒り方を知ったら

どれだけ大きい声を出そうが、

手を出そうが、

この自己愛性人格障害のひとの

すごい勢いでぴしゃりと

叱りつけるような怒りかたは

オーラが違います。

 

この怒り方が自己愛性人格障害の

ひとの

特徴と言ってもいいくらいです。

しかもこの怒り方は

自己愛性人格障害ではない人が

マネをしようと思っても

できないものだと思いますし、

自己愛性人格障害のひとが

隠そうと思っても

隠せないものだと思いますので

この怒り方を見たら

その人は、自己愛性人格障害だと

思って

まず間違いないかもしれません。

 

昨日はTiaraは少し遠くにいて

自己愛性人格障害のひとが

突然怒鳴ったのが聞こえた、

という感じなので、

どうして怒ったのか

理由は分かりませんが、

叱られた人はおそらく

大したことをしていないと思います。

 

例えば、調べれば分かることを

聞いた、とか

言いかたのニュアンスが

少し違っていた、

というレベルでしょう。

 

そういったことで怒る方も

見えますが

正直、

「今度から調べておいてね。

なんでも人に聞かず、

少し調べれば分かるでしょ?

調べても分からないときは、

聞けばいいから。」といえば

済むことです。

 

言い方のニュアンスが違って、もし、

分からなかったのであれば

「ん?こういうことかな?」と

聞き返してもいいし、

「その言い方だと分かりにくいから

これからはこういう言い方で

言ってね。」という感じで

いえば済む程度のことだと思います。

 

誰でも忙しい時に聞かれたり、

中には、何度も同じことを

聞く人もいますし、

何度聞いても分からないことも

ありますから

イライラして怒ることもあるのですが

そういう時は分かります。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分のおなかの中に

もともと爆発寸前の怒りが

ありますから

腫物に触るような感じで

扱わなければなりません。

 

でも、そんな人はめんどくさいので

人はだんだんに離れていくでしょう。

 

でも、自己愛性人格障害のひとは、

そんな風に見えないようにしていますが、

人に嫌われることに

ものすごい恐怖心を

いだいていますので

親切にしたり、いろいろ教えたり

尊大な自分を魅せたりして

極力自分をよく見せようと

必死に努力しているのです。

 

この会社の彼もそうですし、

Tiaraの元彼もそうですが、

自己愛性人格障害のひとは

普段はとても品が良く

物静かなイメージの人が

多いと思いますが、

これは臆病なため、

このおなかの中の怒りが

ばれないように普段は

隠しているからではないのかと

思われます。

 

自己愛性人格障害のひとが怒ると

少し離れていても分かるくらいの

雷がごろごろっと言って

空でぴしゃっとひかり、

ものすごい音を立ててドゴーンと

落ちるような

そんな怒り方をしているのです。

 

 

このドゴーンの時にみんな

びくっとするほどです。

 

自己愛性人格障害のひとが

このような状態の時は

できるだけそばにいないで

もし、

どうしても彼から離れられないとき

(昨日は会議中でした)は

できるだけ口数を減らして

できるだけ上司や上のものに

話してもらえるように

してください。

 

もし、自分が話さなければ

いけないときは

できるだけ簡単な言葉で話し、

どうしても怒られてしまったときも

黙って言い訳はしないほうが

賢明と言えるかもしれません。

 

あと、怒られても

それはあなたのせいではなく

自己愛性人格障害のひとが

おなかの中の怒りを

爆発させたいだけなんだ、

と思い、できるだけ

気にしないようにしましょう。

 

自己愛性人格障害のひとの

怒りは止めることはできないのです。

自己愛性人格障害の彼から否定されているときに考えてほしいこと

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者の人が

彼から存在すら認めてもらえないことの

苦しさについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害は

その時期によって特徴が変わります。

 

まず、付き合いだしたばかりの

彼が自分の存在を魅せ付けて来て

あなたが彼に惹かれ始めるところから

始まりますが、

このころは、

彼の素敵な面しか見せてこないので

とても幸せだと思います。

 

頼りがいがあり、熱烈に愛をささやき

優しさで包み込んでくれる彼に

あなたもこの上ない幸せを

感じることでしょう。

 

この時期だけに関して言えば

自己愛性人格障害の人は

非常に魅力的です。

 

誰でも付き合い始めたばかりのころは

自分のいい面しか見せないと思いますが

自己愛性人格障害の人は

類を見ないほど、素敵な人が多いです。

 

だからあなたが惹かれてしまうのも

無理もないでしょう。

 

そして次に、だんだんとちょっとした

嫌がらせが始まります。

 

はじめのうちは気づかないくらいかも

しれません。

 

挨拶しても気づかなかったり、

声をかけても行ってしまったり。。。

 

あれ?聞こえなかったのかな?

という程度です。

またすぐに明るい彼の笑顔を見ることが

できるので、なんだ、勘違いね、と

さほど気にも留めないと思います。

 

そしてプライベートでは

とても優しく、

また彼の得意なことをいろいろと

魅せ付けられますので

楽しくて仕方がない時期に突入します。

 

毎日の電話やLINE、

あなただけを思う愛の言葉や将来の話、

あなたが特別な人だということを

何度となく自己愛性人格障害の彼に

すり込まれています。

そして、幸せの絶頂の中

突然の別れ話が訪れます。

 

うまくいっているときなので

あなたははじめ

意味が分からないでしょう。

 

ですが、だんだんと話を聞くうちに

彼の言うことも分かるし

あなたが納得をせざるを得ない

理由があるでしょう。

 

もしくははっきりした

理由を告げられません。

 

しばらく彼との連絡がつかない日々が

続きます。

 

なぜかあなたからは

彼に連絡を取ってはいけない

なにか圧迫感があると思いますが

普通の人とのお付き合いで

そんなことになることはありません。

 

初めのころはここで

彼のほうから連絡があるでしょう。

 

「ごめんなさい。」といわれたり

「会いたいんだよ。」といわれたり

「あなたのことが頭から離れない!」

といわれたり。。。

 

もうだめかもしれない、

と思っていた矢先の出来事なので

あなたはうれしくて仕方がないでしょう。

 

また彼にお迎えに来てもらい

彼のそばで頭をなでられたり

優しくされたり。。。

 

今まで会えなかった時間を埋めるかのように

いろいろな話をして

お互いの気持ちを確かめ合うことでしょう。

 

しかし、このようなことを

何度も繰り返していくと

だんだんと彼の別れ話を出す期間も

短くなっていき

別れているときに

彼から連絡が来る時期も

だんだんと遅くなっていきます。

 

そうやって

あなたを徐々に慣らしていくのです。

 

なぜか自己愛性人格障害の人は

話し合ったようにこの行動を

みんながみんなとります。

 

ほぼ、すべての自己愛性人格障害の人が

とります。

 

そしてそれでもあなたが

彼から離れなかった場合、

あなたの価値を徐々に無価値化していきます。

 

彼に無価値化されても

それでも彼から離れられなかった場合、

あれほどあなたを愛していると

言っていた彼の口からは

ひどいことしか言わなくなります。

 

逆にあなたがそのタイミングで

彼から離れようとすると

さらに彼はしがみつき行為を行い

彼と離れようとする

自分のほうが悪いことをしているような

気になり

彼から離れることができません。

 

この別れ話のあと

あなたが彼を拒否したことから

彼の強烈なしがみつき行為が始まり

そのままプロポーズされた方も

大勢見えます。

 

そしてそのまま

自己愛性人格障害の人が

結婚することもありえます。

 

でも結婚したあとも

このパターンは何度も繰り返され

そしてあなたはだんだん彼には

何も言えなくなっていくのです。

 

これは、なぜかパターンが決まっています。

 

自己愛性人格障害の人は

夜中に集まって話し合いをしているのかと

思うくらい同じなのです。

 

もちろん自己愛性人格障害の人は

話し合いなどしてはいません。

 

これは自己愛性人格障害の彼なら

フランスでも日本でもアメリカでも

同じ行動を示します。

 

そしてあなたがもし

彼から存在を否定されるとしたら

それはあなたが

とことん彼のこと理解してあげようとして

寄り添い続けた結果なのでしょう。