自己愛性人格障害の人は、なぜあなたの評判を落とすのか?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

あなたの評判を落とす心理について

お話したいと思います。

 

 

あなたが自己愛性人格障害の彼と

別れたあとにあなたの話が

周りの人に

ぜんぜん違って受け取られていることが

あると思います。

 

このとき、話が違うと言うことを

周りの人にわかってもらいたいのは

山々だと思いますが、

それはやめたほうがいいでしょう。

 

誤解されていても

真実を伝えようとか

分かってもらいたいとかいう気持ちが

余計にあなたの信用を

落とすことになるのです。

 

自己愛性人格障害の人は

人から嫌われることに

極度の恐怖心を持っているため

あなたが周りの人に

真実を分かってもらおうとしなくても

自己愛性人格障害の人は

それを恐れています。

 

それは自己愛性人格障害の人にとって

とてもおそろしいことです。

 

自己愛性人格障害の人は

非常に臆病なため

事前準備が無意識のうちに

完璧なのです。

 

あなたが本当のことを言っても

信じてもらえないようになっています。

 

あなたが騒げば騒ぐほど

あなたがおかしく思われます。

 

自己愛性人格障害の人は

根回しをするということを

はじめから予想しておきましょう。

 

自己愛性人格障害とは

そういうものなので

落ち着いているほうが

あなたのためなのです。

 

逆にあなたが騒ぐことを前提とした

彼の行動があったはずなので

あなたがおとなしくしていると

逆に彼のしたことが不自然になっていきます。

 

だから自己愛性人格障害の人がやることに

いちいち反応しないでください。

その障害のために

どうしてもそうなってしまうのです。

 

あなたの大好きな彼が

そんなことをしているなんて

ショックですよね。

 

でも、

自己愛性人格障害のたいていの被害者は

周りの人に誤解されてしまい

どうしていいかわからない、

と悩む方が多いですが

悩むことによって

あなたの心が苦しくなってしまいます。

 

彼を好きな気持ちと

彼にひどいことをされたという苦しみで

耐えがたい屈辱を味わうのです。

 

でも、自己愛性人格障害の人は

あなたが苦しむことで

少しだけ自分の自尊心を持つことができ、

それをやめることができません。

 

だからあなたが彼に苦しむ姿を見せてしまうと

彼は余計あなたへの虐待が

やりやすくなります。

 

だから、

自己愛性人格障害の人がやることに

反応してはいけないのです。

 

あなたは悔しい思いをすると思いますが、

それは仕方がないです。

 

それよりもあなたが今後

少しでも苦しまないために

彼がすることに

無関心になる必要があります。

 

自己愛性人格障害の人は

その自尊心のなさから

生きていることに自信がなくて

その恐怖から逃れるために

虚勢を張っているのです。

 

自己愛性人格障害の人も必死ですので

絶対に勝つことができないのです。

 

自己愛性人格障害の人も

幼いころに非常に辛い思いをしていて

その苦しみから必死で逃れるために

共感力をなくしてしまっています。

 

もし、自己愛性人格障害の人に

共感力があるとすると

今、自分でしていることが

分かってしまうため、

そんなことをしていると気づいてしまいます。

 

自己愛性人格障害の人は

尊大な自分を見せ付けていなければ

生きていけないほど自尊心が低い病気なのに

自分がそんなひどいことをしていると

自覚してしまうと

ショックで立ち直れないほどの

恐怖を味わいます。

 

今、自己愛性人格障害の人が

あんなにもひどいことができるのは

自覚がないからできるのです。

 

自己愛性人格障害の人は

頭のどこかで

自分が何をしているか分かっていて

たまに思い出すことがあります。

 

でも、ふだんは自分は

そんなことをしていないと、

自分のしているひどいことを

打ち消していないと

ショックで立ち直れないのです。

 

 

そのために

自分でも無意識のうちに

記憶を消してしまっているようで

自分でもいいように記憶を書き換えています。

 

だから自分は本当に立派な人間なんだと

思い込んでいるのです。

 

だからあなたが一生懸命

何かを伝えようとしても

自分がひどいことをしていないと

思い込んでいる脳のまま

あなたの話を聞きますので

あなたが悪いと思い込みます。

 

だから自己愛性人格障害の人には

何を言っても無駄なのです。

 

できることはわかってもらうことではなく

逃げることです。

 

そうでなければ

あなたはどんどん悪者になってしまいます。

 

だから、一番穏やかに

自己愛性人格障害の人との出来事を

終わらせるには、

言い訳をすることでも

分かってもらうことでもありません。

 

ただ、逃げるしかないのです。

 

あなたの話を分かってくれそうな

本当に信頼できそうな人にだけ

真実を告げて後はおとなしく引き下がり、

自己愛性人格障害の人のいないところで

新しい世界を作っていけば、いいのです。

 

そして次の世界では

もう2度と

自己愛性人格障害の

被害に遭わないでください。

 

いつまでもその変えられるはずのない世界から

逃げなければ

あなたに幸せは訪れないでしょう。

自己愛性人格障害のひとの恐ろしい症状

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

恐ろしい症状について

お話ししたいと思います。

 

あなたが彼と付き合っていて

怖いと思うことがあると

思うのですが、

自己愛性人格障害の症状で、

本当に怖いのが

どんなことでも限度がないことです。

 

あなたをとことんまで

追い込んでも

勢いを止めないことです。

 

普通の人でも嫌な人はいますが

自己愛性人格障害でない限り

共感力がありますので、

意地悪をしたり、

嫌がらせをしていても

あなたが追い込まれているところを

見ると

ちょっとやりすぎちゃったかな?とか

これ以上やるとかわいそうかな

と思うタイミングがあります

 

しかし、自己愛性人格障害のひとは

共感力がありませんので

あなたがどんなに苦しもうと

勢いをゆるめません。

 

そしてあなたに

どんどん勢いを強めていくことに

高揚して、

どんどん追いつめていって

しまうのです。

 

それが本当に恐ろしくなるのです。

 

どんなに大好きな彼でも

今まで感じたことのないような

恐怖を感じるまでになり

怖くなり逃げ出したくなるくらい

恐ろしいのです。

 

そして彼には本当に

罪悪感もないのです。

 

ふだんうまくいっているときは

優しいことを言ってくれたり

情に熱いことも言ってくれて

本当に温かい心を持った人のように

感じると思います。

だから、彼のことが

好きになったんですよね?

 

でも、だんだんにあなたが

彼から離れていかないと

彼が確信するようになってくると

時々心が凍り付くようなことを

言ったり

残酷なことを笑いながら

言ったりします。

 

ブラックユーモアもあり

ちょっと毒舌で冗談かな?

ととれるときもあるのですが、

一瞬属っとするほどの恐怖を

感じることが

少しづつ増えていきます。

それでもあなたが

強く言えなかったり、

怖くてなんでも言うことを

聞いてしまうようなタイプだと

だんだんと彼はあなたには

何をしても許されると

思っていってしまいます。

 

その怖さが自己愛性人格障害であり

気づいた時には

すべてを失わないと

逃げられないところまで来て

しまいます。

 

それでも、その時彼と

共有するもの全てを

失っても彼といることは

お勧めできません。

 

それほどまでに恐ろしい

病気なのです。

 

限度が分からないことが

一番怖いのです。

 

努力も自分を

素晴らしく見せるためには

限度なくするでしょう。

 

これは、自己愛性人格障害のひとが

魅力的に見える原因にも

なっています。

 

社会的に地位が高い人が多いのも

限度なくどうしても

努力をやめることができないので

結果的に、

仕事で大成功する自己愛性人格障害のひとも

多いのです。

 

でも、あなたを完全に

手に入れるまでは

限度なく素敵なところを

見せつけてくれるし、

限度なくあなたを素敵な気分にも

させてくれます。

 

それによって、あなたは

今までで一番素敵な恋愛を

経験することになります。

 

そのため、自己愛性人格障害のひとに

夢中になる人も多いです。

 

でも、それもすべて

自己愛性人格障害のひとが

いいことも悪いことも

すべてのことにおいて限度が分からず

努力をやめられないところに

あるのです。

 

いいことの時はいいのですが、

あなたを苦しめるときも

虐待の時もお説教の時も

限度がないので、

本当に恐ろしい恐怖を感じます。

 

 

手を出していないのに

意識がなくなってしまう人がいるのも

その恐ろしい恐怖のためです。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたに手を出すことなく

あなたの心臓を

止めることができます。

 

自己愛性人格障害を

なめていてはいけないのです。

 

そして自己愛性人格障害のひと本人が

少しでも自分がおかしいと

気付いているときには

彼のために離れてあげたほうが

彼も、自分の症状に

気づくきっかけに

なるかもしれません。

 

大人になると

そんなに簡単に治ることはないと

言われていますが

本人が治したいと思えば

程度により軽くなることも

あるようです。

 

その場合も

できるだけ彼の思い通りになる人間は

彼のそばに1人もいないことが

最低条件になります。

 

自己愛性人格障害は

最悪の場合、事件にもなりえますので

自己愛性人格障害のひと

本人のためにも

症状を最低限に抑えることは

今後、普通に生きていくために

必要なことなのです。

 

そしてこんなにも怖い

自己愛性人格障害ですが

離れれば、

不思議なことに

驚くほどおとなしくなるのも

この病気の特徴なのです。

自己愛性人格障害の人のターゲットにされるタイミング

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人に

ターゲットにされるタイミングについて

お話したいと思います。

 

 

今日、Tiaraは自己愛性人格障害の人に

久しぶりにターゲットにされて

ちょっとドキッとしました。

 

なので、あらためて

ターゲットにされる瞬間を

例に出してあげてみようと思います。

 

 

あなたがすでに

自己愛性人格障害の人に

ターゲットにされているとしたら

必ずターゲットにされる瞬間があったはずです。

 

 

そしてそのときのあなたの対応により

その後ターゲットになってしまうか

外れるか決まります。

 

ターゲットにされる瞬間は

何度でも訪れるので

そのたびに外れる行動をして

ターゲット認識されないようにしましょう。

 

何度かやっていれば慣れてきて

どこに自己愛性人格障害の人がいても

対応できるようになります。

 

今朝、会社でパソコンの設定が変わるので

各自自分のパソコンを設定していましたが

中には、あまり得意でないかたが

いらっしゃったので、

Tiaraが教えたり、その人の代わりに

設定したりしていました。

 

ふだん、そういったことをあまりやらないので

それが自己愛性人格障害の人の目に

どう映るか、少し心配でした。

でも、設定しなくては仕事ができないので

順番に説明をして回っていました。

 

みなさんから質問を受けたり

代わりにやってあげたりして

お礼を言われたり、感謝されたりしていたので

内心ヒヤヒヤしていました。

 

 

すると、機嫌の悪くなった自己愛性人格障害の人に

呼び止められたのです。

 

その人は、自分で設定できるはずなのに

わざわざTiaraを呼んだので、

これは来たなと思ってしまいました。

 

案の定、こじつけの嵐です。

 

そんなこと説明してあるのに

わざわざ同じことを聞いてきたり

じゃこれはどういうことですか?

何でこれを設定する必要があるんですか?

じゃ、このサーバーはどこにありますか?

 

どこかTiaraが答えられないポイントを

探します。

 

だから絶対に突っ込まれないように

答えなければいけないので

ちょっと緊張してしまいました。

 

でも、緊張しているところを

見せてはいけないのです。

 

幸いすべて分かることでしたので

お答えすることができたのですが、

すべて答えてしまっても

自己愛性人格障害の機嫌は悪くなります。

 

かといっておどおどしたり

うまく説明できなくなってしまうと

攻撃されてしまう原因を作ってしまいますので

さらっとした顔をしていなければいけません。

 

機嫌が悪くなることは分かっていましたが、

あいまいな答え方や間違った答え方をしてしまうと

攻撃されてしまい、

一瞬でもそれを受けてしまうと次もまた

攻撃にかかるようになりますので、

答えないわけにはいけません。

 

この場合どうやって答えたらいいかというと

YES,NOだけではっきりと答え、

そのあとはさらっと引いて

答えることは答えたから、という感じで

すぐに自分の業務に戻り、

あとはさらっと流すことです。

 

 

この時、自己愛性人格障害のひとが

何をしているのかというと

こじつけられるところを探しています。

 

もしくは脅して、おどおどするように

もっていきます。

 

一瞬、自己愛性人格障害の人の表情に

怒りがこみ上げましたが、

それもさらっとながし、

きちんと答えたあとは

こちらはけろっとしていることです。

 

敵対心もいっさい見せず

こだわりも見せません。

 

自己愛性人格障害の人に

突っ込まれないためには

ものすごく細部まで

気を回さなければいけません。

 

Tiaraは

自己愛性人格障害が分かっているので

ここまで気を回しますが、

普通の人は

わざわざここまで気を回すことはありません。

 

それが普通です。

 

だから普通にしているだけで

いつの間にかターゲットにされてしまう可能性が

あるのです。

 

だから

自己愛性人格障害に気づいたあなたは

数少ない貴重な存在なのです。

 

そして、気づいたから

対処法もできるのです。

 

そしていつでも常に

自己愛性人格障害の人に突っ込まれないように

勉強しておくことが大事です。

 

もし万が一、

分からないことを答えなければいけない場合、

「確認します。」と一言言って

すぐに違う業務に戻ってください。

 

そして時間をかけて

完璧な答えを用意しておいてください。

自己愛性人格障害のひとは自分のしたことをすぐに忘れてしまう

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとも

たまにすべてを思いだし

傷つくことについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害とは

知れば知るほど不思議です。

 

被害者に自分から近づいておいて

否定するのです。

 

自己愛性人格障害のひとも

初めから虐待目的で

近づいてくるわけではありません。

 

初めは普通の男女が出会うように近づいていき

二人で楽しい時をたくさん過ごします。

 

自己愛性人格障害の特徴からも

尊大な自分をどうしても見せつけてしまうため

自分を慕ってくれる恋人に

自分のいいところや得意分野を

たくさん見せつけようとするでしょう。

 

 

その時の自己愛性人格障害のひとは

とても魅力的で

あなたも

すぐに夢中になったと思います。

 

自己愛性人格障害のひとって

ほんとすごい人が多いと思います。

 

でも、それが病気から

そうせざるを得ない精神状態から来るものだなんて

初めは誰も思わないですよね。

 

そして彼も絶賛してくれるあなたに満足して

本当に好きだと思うようになるのです。

 

でもその特徴から素敵なところを見せつけるところと

突然の拒否否定を繰り返し

だんだんとあなたは彼とトラブルを起こすのが怖くなっていきます。

 

そして自然に言いたいことが言えなくなり

彼の言うなりになっていくのです。

それがマインドコントロールなのですが

自己愛性人格障害のひとも

そんなことはしようとは

思っていないんです。

 

だんだんいうことを聞くようになっていく

あなたに

さらに彼の欲求は強くなり

自然と上下関係ができてしまうのです。

 

そしてそれがだんだんにひどくなり

激化すると

あっという間に関係が終わってしまうことも

よくあります。

 

そしてあなたから離れた彼は

しばらくして落ち着くと

ふいに自分のしてきたことを思いだします。

 

そして傷つくのです。

 

Tiaraはそんな彼を何度も見てきました。

 

ひどいことをしてそれを思いだし、

後悔するのです。

 

もしかしたら

それもマインドコントロールのうちで

弱いところを見せて

あなたのやさしさから、

そんな彼を見捨てることができず

また彼を理解しようとしてしまう

その気持ちもありますが、

本当に後悔して嘆き悲しむこともあるのです。

 

そういう時は、

本当は記憶喪失なんかではないので

自分で自分を正当化して

忘れているだけなのですが

ふと思いだしてしまうんだな、と思うのですが

また何日かすると

元の彼に戻ってしまいます。

 

ひどいことをした自分を覚えていると

ショックが大きすぎて生きていけないので

また無意識のうちに

記憶を書き換えてしまいます。

 

そしてそれが永遠に繰り返されるのです。

 

自己愛性人格障害のひとと

つきあったことのあるひとは、

知れば知るほど

不思議だし、ある規則に基づいて

感情が動いているので

いったん分かるようになると

普通の人よりも

予測が可能となります。

 

自己愛性人格障害とはその特徴により

どうしても自尊心を保つために

人を潰したくなり

結果、関係性が悪くなりますが

相手を潰そうとは、特に

意識しているわけでもないのです。

 

本人に悪気はないのです。

 

そして、本当は

自分のしたことを

どこかで自覚しているのです。

自己愛性人格障害のひとへ普段からできる対処法とは?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとに

普段から使える対処法について

お話ししたいと思います。

 

Tiaraは普段よく

自己愛性人格障害のひとに

あなたのほかに夢中になっていることがあるの!

という態度を常に取り続けています。

 

なにもなくても

忙しそうに、

動いていないときでも

頭の中は

何かに夢中になっているなと思われるような態度で

自己愛性人格障害のひとが

いくら自分を見てもらおうと必死になっていても

そんなことしてる場合じゃないの、ごめんね!

という態度で(いちいち口に出さなくてもいいです。

そぶりだけ)

スマホをいじったり、

誰かからの連絡を待っているような態度や

時間を気にして急いで帰ったり。。。

 

 

こうすることにより

敵対心なく自己愛性人格障害のひとを

無視できます。

 

自己愛性人格障害のひとを

いかにも無視をしているような態度をとったり

嫌いだというそぶりを見せたり

話をしたくない、という顔で避けていると

恐ろしいことになります。

 

自尊心を

常に上げていなければならない

自己愛性人格障害のひとは、

自分に明らかに逆らっている人を見ると

その人にそんな気がなくても

自分がつぶされると思って

全力であなたのことを潰しにかかります。

 

Tiaraもそんなことを知らなかったころは、

嫌だということを一生懸命訴えたり

そんなことはしてほしくないの、と

一生懸命話し合ったりしていました。

 

話し合いとは

あなたを攻撃するスキを

自己愛性人格障害のひとに与えすぎていて

あなたの言葉尻から

あなたのミスや間違いを徹底的に

指摘され続けることになってしまいます。

 

そんなことはしらないTiaraは

誤解されたと思い、

「違うの、そうじゃないの、そんな意味で言ったんじゃないの。」

と、言葉を重ねれば重ねるほど

「もういいよ。話したくない。」と

言葉を突っぱねられてしまい

どんどん別れる方向にもっていかれます。

彼と分かり合いたくて

話し合いをしているのに

自分では悪いことを言っているつもりじゃなくても

歩み寄りをどんどんしても

どんどん彼の機嫌を損ねてしまいます。

 

「もういいよ。会いたくない。

帰って。」と言われる時もあれば

「どうしてわかってくれないの!」と

説教を長々と何時間もされ

どうして怒られているのか分からないというと

分かるまで許してくれません。

 

どんなに考えても分からないのです。

 

だって自己愛性人格障害のひとは

こじつけているだけで

何もなくてもあなたを責めて責めて

責め抜きたいだけなのですから。

 

まさかそんな人がいるとは思わないので

どこが悪いんだろう、

なんで彼とやっていきたいのに

誤解を与えてしまうんだろう、

と彼と別れる恐怖と

分かってもらえない悔しさで

何時間も下を向いたまま意識がなくなるまで

泣き続けても、許してもらえませんでした。

 

だから自己愛性人格障害のひとと

話し合ってはいけないのです。

 

そして分かってもらおうとしてもいけません。

 

だって分かろうとなんて

してはいないのですから。

 

それよりも

こちらから話し合おうとしないでください。

 

すると彼はあなたから縋り付いてくると

期待をしているのに

するりと逃げられてしまうのですから

気になってきます。

 

今度は立場が逆になって

彼があなたと話し合いの場を

何とか持とうとしてくるのです。

 

でも、ここで喜んで

彼の胸に飛び込んではいけません。

 

喜んで飛び込めば

また同じことが待っているのです。

 

こんなことをしてても自己愛性人格障害の彼と

付き合いたいですか?

 

どう考えても

お付き合いをすることは不可能だと思いませんか?

 

彼の胸に飛び込めば

彼はあなたを拒否・否定をしてくるのです。

 

ずっと追っかけっこです。

 

自己愛性人格障害の彼は

あなたを愛しているわけではなく

あなたを精神的に虐待するために

あなたを離そうとしないのです。

 

あなたに愛をささやくのは

夢中にさせてから

どん底にたたきつけるためなのです。

 

追いかけっこの果ては

どちらかの心がつぶれて

いずれにしても一緒にいられなくなりますので

それなら

できるだけ早く別れて

新しい恋を探したほうが

早く幸せになれるでしょう。

自己愛性人格障害のターゲットにされないためには

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の可能性がある人が

しやすい行為について

お話ししたいと思います。

 

 

次のような行動がみられる人は

どんなにいい人に見えたとしても

自己愛性人格障害の可能性が高いです。

 

もし、身近にいたとしたら

あまり個人的なお付き合いはせず、

必要最低限の会話だけを交わして

様子を見てから付き合うかどうか

決めてください。

 

①いつも人をディスる人

②自分ではなく他人の笑い話や失敗を

話のネタにしてばかりいる人

③必ず1人は定期的にターゲットを作る人

④いじめをしたことがある人

⑤特定の人を定期的に長時間説教する人

⑥冗談ぽくでも頻繁に人の欠点を笑いにする人

⑦人の栄光を喜べない人、人のいいところを認めない人

⑧突然の無視や急に何の意味もなく機嫌が悪くなる人

⑨人を否定する人

 

こういった傾向がみられると

普段はどんなに親切でも、

どんなに優しくても

少し疑ってみたほうがいいです。

 

 

いったんターゲットとみなされてしまうと

なかなか逃してはくれないからです。

 

しかもターゲット認識される時は

相手がその人と仲良くしようとしているときや

分かってあげようとしているときです。

初めから仲良くしようとしなかったり

分かってあげようとしないと

普通の人とはそのほうが

仲がこじれてしまいます。

 

でも、自己愛性人格障害のひとの場合は

判断基準が普通の人と真逆だからです。

 

良かれと思ったことが

すべてあだになってしまうので

気を付けにくいのです。

 

普通の人とならあなたのその反応で

仲良くなれたり関係が深まったりすることで

自己愛性人格障害のひとが相手だと

ターゲット認識されてしまうからです。

 

自己愛性人格障害のひとから

ターゲット認識されないためには

普通の人からは

多少、冷たい人だと思われるような反応をしないと

ターゲット認識されてしまうからです。

 

もしも、あなたの周りに

自己愛性人格障害の疑いのある人がいるときは

感情表現はできるだけしないでください。

 

もしかしたら、と思ったら

できるだけ冷たい雰囲気で

あまり余分なことはしゃべらず、

必要なことのみを話すようにしてください。

 

そして、

自己愛性人格障害の

疑いのある人がいないときだけ

普通にしててください。

 

慣れるまでは難しいと思いますが、

慣れれば、自己愛性人格障害のひとの

いないところでは

あなたらしくいても大丈夫ですので

ターゲットにされないまま

普通に過ごせます。

 

自己愛性人格障害の被害に

一度でも遭ったことのある人は

今後は特に、

自己愛性人格障害のひとには気を付けて

2度とターゲットにされないように

してくださいね。

自己愛性人格障害の彼が忘れられなくて辛いあなたへ

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と別れて

彼が忘れられない人へ

どうやったら未来へ進む1歩が踏み出せるか

一緒に考えてみましょう。

 

 

自己愛性人格障害の彼と別れて

非常に辛い思いをしている方から

毎日のようにLINEやメールをいただきます。

 

そのどのパターンも

本当に辛く苦しいものばかりです。

 

中には職場や居場所を追いやられて

この先どうやって生きていけば分からない人や

うつ病になってしまった人、

彼からの幸せ報告の嫌がらせなど

これでもかというくらい

別れても嫌がらせを続ける

自己愛性人格障害のひともいます。

 

自己愛性人格障害とはそういうものです。

 

彼のことを本気で愛してくれたあなたを

完全につぶすまで逃がさないのです。

 

これにいつまでも

関心を持っていたら

あなたの心が辛すぎます。

 

それくらいする異常な心理が

病気なのです。

 

自己愛性人格障害の彼と一緒にいては

幸せになれません。

 

彼と一緒にいたら

幸せになれるどころか

あなたの幸せを完全につぶすまで

何度も何度も嫌がらせを続けるのです。

 

自己愛性人格障害の彼は

あなたとの幸せを夢見ているのではなく

あなたが幸せを夢に見ていて

それをかなえる寸前まであなたと幸せな時を過ごし

それを一気に完全につぶすことで

あなたの心を傷つけて

あなたが傷つくところを見たいのです。

 

 

あなたがより深く傷つけば傷つくほど

彼は満足します。

 

彼の自尊心はそれでやっと保つことができるのです。

あなたの不幸が

彼の栄養になります。

 

だからあなたに幸せでいてもらったら

困るのです。

 

少しでもあなたが幸せそうな顔を見せると

彼はあなたが彼を潰しにかかると思って

極端な恐怖心をいだいてしまいます。

 

 

その恐怖心から逃れるために

そのあなたの幸せそうな顔を

完全につぶすのです。

 

安心して生きていける職場を潰します。

 

あなたを受け入れてくれるコミュニティを

潰します。

 

あなたの業績を褒める人に

あなたの落ち度を知らせます。

 

あなたの友達との仲や家族からの信頼を壊します。

 

彼といたら幸せになれるどころか

あなたの幸せはすべて奪われてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

その自尊心の低さから

人の幸せを喜ぶことができません。

 

でも初めから見せたら

誰とも付き合ってもらえないことも知っています。

 

自己愛性人格障害は極度の臆病なので

自分が悪く思われることは

絶対にしないのです。

 

早く気づかないと

壊されるものが多くなってしまいます。

 

長くいればいた人ほど

彼を信じれば信じる人ほど

彼に思いやりをかければかけるほど

見事につぶされていきます。

 

自己愛性人格障害の彼といて

地獄を見た人は

そのことにこだわっていると

いつまでもその地獄から抜け出ることはできません。

 

自己愛性人格障害の彼といた過去は

すべて切り捨て

あなたが新しい1歩を踏み出すことができたら

彼と関係のない世界でなら

あなたはもう一度幸せになることができるのです。

 

辛い思いほど

できるだけ早く忘れて

新しいあなたの世界はどんな世界にしていくのか

あなたが作っていかなければならないのです。

自己愛性人格障害とアスペルガーの怒りの違いについて

こんばんは♡

毎日みなさんからの相談や

応援のメッセージありがとうございます。

 

すぐにお返事できないときもありますが、

必ず目は通していますので

もうしばらく待っててくださいね。

 

Tiaraのブログを読んで救われているという

メッセージをいただくと

本当にやっていてよかったと思います。

 

tiaraのブログを読んで

1人でも多くの方が、自己愛性人格障害に気づき

被害者でなくなることをTiaraは心から

願っているのです。

 

みなさんの相談やLine@のメッセージなどを

読んでいると

本当に自己愛性人格障害のひとの多さに驚きます。

 

こないだも友達に一日どれくらい読まれているの?

と聞かれたのですが、

本当に2000とか3000とか

アクセスがあるんです。

 

その中でもやはり本当に

自己愛性人格障害のひとの

心の動きが同じなので

驚くと同時に、もうこれはほぼ

核心に迫っているほど

心の動きが完全に同じなのです。

今日のコメントの中で

「Tiaraさんは、自己愛性人格障害に

どうやって気づいたのですか?」

という質問があったので

これに答えていきたいと思います。

 

あなたもそうだと思いますが、

彼が自己愛性人格障害だと気付いたとしても

彼を忘れることはなかなかできないと思います。

 

そう、彼のことが本当に好きだからこそ

彼に心の動きに興味を持ち

彼をよく見ていて

彼の感情が不自然だということに

気づいたのです。

 

Tiaraも、あんなにもTiaraのために

いろんなことをしてくれた彼が

まさか、Tiaraの精神を傷つけることで

高揚して虐待している?なんて

すぐには信じられませんでした。

 

でも、自己愛性人格障害の記事にたどり着いたとき

あまりにも彼の症状に似ていたので

これだ!と確信してしまったんです。

 

 

以前から彼がおかしいと思うことは多数ありますが、

一時、アスペルガーを疑ったことが

ありました。

 

普段はとても落ち着いていて

紳士的な彼なのですが、

突然不機嫌になる

その理由があまりにも不自然だということに

当初からかなり疑問をいだいていました。

 

それでも、

今はいっぱいいっぱいなのかな

とか

大変なことがあったのかもしれないと思い

人間にはそんなときもあるので

気にしないように流していました。

 

だって普段はとてもやさしく

楽しい人でしたから。

 

でも、そのあまりの不自然さは

ずっと心の中に残ったままでしたが

彼とうまくやっていきたいあまり

忘れたことにしてしまっていたのかもしれません、。

アスペルガーの特徴の

自分の感覚で怒りだす、という症状が気になり、

それが、Tiaraが彼を

アスペルガーかもしれない、と思う要素になり

当初はかなりアスペルガーについて調べていました。

 

普段の彼の頭のいいところや

話の伝え方の上手なところ

そして仕事のできるとこからいって

とても知的障害があるようには見えません。

 

だから知的障害をともなわない精神病

というところが気になったのと

怒るタイミングが、普通の人が怒るようなことでない

些細なことでも突然怒りだす、

ということがぴったりと当てはまっていたので

そうかもしれない、と思い、

少し彼のことが、怖くなりました。

 

違っていてほしい一心で

いろいろ調べ出しました。

 

アスペルガーの

「普通の人が怒るようなことではない、

些細なことでも激怒する」

という特徴自体が、怖かったのです。

 

でもずっと調べていくと

アスペルガーのほうが自己愛性人格障害よりも

もう少しヒステリックな意味で怒る、

ということを知ってちょっと違うかな

と思いだしました。

 

自己愛性人格障害のひとも、

大きい声を出したり

ヒステリックに怒る方もいるようですが、

自己愛性人格障害のひとの怒り方は

それだけではありません。

 

相手を威嚇するために怒ったり

相手を怖がらせたり、不安にさせたりする意味で

怒るか、自分のおなかの中の怒りを爆発させる、

という意味で怒るので

怒ることにちゃんと意味があります。

 

激化してしまったときは

ものすごく爆発的に怒りを表現することもあるようですが

そもそも怒る動機が違うのです。

 

アスペルガーは本人が本当にキレています。

 

別に相手を威嚇する意味はありません。

 

ただ、気に入らないのです。

 

でも、アスペルガーのほうが

本人に悪気はありません。

 

自発的に怒ってしまう、という感じです。

 

それに対して自己愛性人格障害のひとは

相手を恐怖におとしいれる目的で

怒りを表現します。

 

アスペルガーはただ自分がキレているだけで

そこまでの計算はありません。

 

厳密にいうと、

自己愛性人格障害のひとも

計算して計画的に

そうなってしまっているわけではないのですが

被害者がつぶれていくところが見たい、

というところが根本的にあります。

 

その違いからその当時は

自己愛性人格障害のことは

まったく知りませんでしたが、

アスペルガーとは感覚がなんか違うな、

ということだけは分かったのです。

 

そしてアスペルガーの人は、

整理整頓も苦手だという特徴から

彼は絶対にアスペルガーではない、

と確信したのです。

 

ものすごく整理整頓は得意ですし、

話も、ものすごく分かりやすく

順序だてて、

こちらに分かるように話すことができます。

 

部屋も引き出しも異常にきれいで

非の打ちどころがありません。

 

Tiaraが今まで見た自己愛性人格障害のひとも

彼ほどではありませんが、

割と机の中はきれいに整頓されていて

話も上手く分かりやすい方が多いです。

 

だからそこは、アスペルガーの特徴とは

かなり、かけ離れているところでした。

 

得意なことと、不得意なことに

差があるというのも

違います。

 

自己愛性人格障害のひとでも

特に得意なことがある

というわけではない人も

たまにいるようです。

 

大きな違いは

パートナーを虐待する、という意味で

怒りを表すのが

自己愛性人格障害の大きな特徴なのです。

自己愛性人格障害のひとを治すにはどうしたらいいの?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼を

治そうとしている人に

自己愛性人格障害を治すには

どうしたらいいかということについて

お話ししたいと思います。

 

あなたの彼が自己愛性人格障害だとしたら

まず、ほとんどの人が

自己愛性人格障害のひとからの

マインドコントロールも入っていて

それでも何とか彼と

うまくやっていきたい人のほうが

多いと思います。

 

もちろんTiaraもその中の1人で

自己愛性人格障害のひとも

元は被害者であまりにもひどい思いをしたから

自尊心がつぶれてしまったから来たものなので

できれば治して楽にしてあげたいです。

 

 

そしてそれは、

自己愛性人格障害を持つ人のためだけでなく

それと同時に

もちろんそこから生まれる被害者を

1人でも無くすためです。

 

もともとは

自己愛性人格障害のひとも

被害者の人も

価値のない存在などではなく、

特に特別な才能がなくても

大切な1つの存在です。

 

それを人に寄り添い

自分を潰してでも分かってもらおうとしたり

逆に、わざわざ人を潰して自尊心を上げて

生きていかなくても

充分に価値のある存在なのです。

自己愛性人格障害のひとは、

そもそもやらなくてもいいことを

必死でやり続け

起こさなくてもいいトラブルや別れを

繰り返して物事をぶっ壊しながら

生きています。

 

 

それをやめられたら

こんなまどろっこしい対処法や

自己愛性人格障害のひとの無視は

しなくてもいいことなんです。

 

自己愛性人格障害のひとと

被害者の人の決定的な違いは

すべてにおいて

お互いが全く正反対の立場で

ぴったりと当てはまってしまう点です。

 

自責の念がないため、

すべて被害者のせいにして

ひどいことをし続ける、

という自己愛性人格障害のひとと

すべて自分のせいだと思い込み苦しみ続ける

被害者のひとです。

自己愛性人格障害のひとは

話しても自責の念が全くないため

反省をするということがなく

何もしていない被害者をどん底まで

たたき潰さないと自分が

つぶされてしまうという

しなくてもいい心配に必死になっているので

やめることができませんが、

被害者の人はだんだんにそこから

抜けたくなってきます。

 

 

その被害者の気持ちを利用して

必死で自己愛性人格障害のひとから

離れていただき、

結果的に被害者がいなくなれば

自己愛性人格障害のひとが

虐待をすることができなくなるように

することができます。

自己愛性人格障害のひとを治すこと

(実質的には治らないのですが、

自ら被害にあうために必死になって

しがみついてくる被害者が

必死に逃げることで

虐待をしようがないのです。

ところが、被害者が

自己愛性人格障害の彼にまだ魅力を感じていて

離れたくない、

と思っていると

自己愛性人格障害のひとは

どんどん虐待を受け入れるあなたに限度なく

虐待をし続けるので

自己愛性人格障害の症状が

ひどくなってしまいます。

 

だから、自己愛性人格障害のひとから

離れることは

彼を助けることにもなるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

不思議なことにそばに被害者になるような人がいると

じわじわと虐待を慕い気持ちに

なっていくのですが

そばに人がいないと、

わざわざ探してまでも、モラハラをしたいとは

思わないのです。

 

それを証拠に離れた瞬間に被害者に対する

虐待をしたい、とか何としても探しだして

虐待をしたい、などという願望は

まったくないのです。

 

被害者が離れるとしがみつき行為に走るのは

虐待できる人がいなくなってしまったから

離したくない、といい気持ではなく

見捨てられた、とか嫌われたという気持ちへの

恐怖心からなのです。

だから、そばにいればいるほど

自己愛性人格障害のひとも

本当にあなたが悪いと

だんだん思っていってしまうのですが

あなたが逃げれば後悔するのです。

&nbsp

そして嫌われることへの

極端なほどの恐怖心から

あなたを恋しく思うのです。

&nbsp

あなたもこれ以上彼に嫌われたくなく

彼を治したいと思えば

彼のことを思い彼から離れることが

結果二人のためになるのです。

自己愛性人格障害の彼に無視をされたときに

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼から

無視をされることが辛い人に

どういう対応をしたら良いかということについて

お話をしたいと思います。

 

 

自己愛性二各障害のひとの心情は

自尊心があまりにも低すぎるために

極端に人を常につぶして自分の価値を確認し続けて

いないといられない病気です。

 

 

 

つまり簡単に言えば

人から尊大な存在だとみられていたい

ということです。

 

 

そのために基本的なことは

そもそも人から嫌われたくないのです。

 

 

以外に思われるかもしれませんが

人から嫌われることに

人並以上に恐怖感をいだいていると

言われています。

 

 

ではなぜあなたに冷たくしたり

精神的な嫌がらせをしたりするのでしょう?

それはつまり、

あなたが人を(彼を)嫌わない安全な相手だと思っているからです。

 

あるいはあなたに嫌われたところで

全然怖くない価値のない存在だと思っています。

 

 

もし仮にそこまで来てしまっているのだとしたら

それは、今までに、

あなた自身が彼のすることを

そこまで許してしまって来たからだと思います。

 

 

自己愛性二位人格障害のひとは

初めから嫌がらせをしません。

 

なぜなら基本的な考え方が

あまりの自尊心の低さから

その恐怖を取り除くために

尊大な自分を魅せつけていなければ

正気でいられないほどの

自尊心の低さを持ち合わせているからです。

 

 

あなたと付き合う時は

直感でこの人は優しそう、とか

この人は暖かそうとかこの人ならもしかしたら

俺のすべてを許してくれるんじゃないかと

思って近づいてきています。

それ自身は、彼も無意識で

本能のようなものから見抜いてきているのですが

初めは普通にあなたに惹かれて

近づいてきたんだと思います。

 

初めのころはあなたに

尊大な自分を魅せ続けて

あなたを夢中にしていきます。

 

そしてあなたが彼に夢中になったころ

これくらいだったら許してくれるかな?

これくらいならどうかな?と

少しづつ、

まずは気づかないほどの小さなことから

嫌がらせ行為を始めます。

 

それであなたが気づきそうになると

冗談だよ。とか

何事もなかったような態度をとり、

あなたが自分で

(あれ?勘違いかな?)とか

(あれ?考えすぎかな?)と思い込んで

終わるようなほど

気づかないほどの一瞬の出来事です。

 

 

それを少しづつ、あなたの様子を見ながら

強めていき

それでもあなたが許してくれる、

とかさらっと水に流してくれる、

と思いだしたときに

彼自身も無意識のうちに

あなたは大丈夫、と安心していきます。

その安全が完ぺきになった存在を

ターゲットにするのですが

ターゲットになったところで

気づいて逃げそうになると

ごめんね、と謝ったり

好きだよ、離したくない!などというような

熱烈なしがみつき行為により

あなたの情を使ってあなたを取り戻します。

 

そしてあなたが気づかずに彼と一緒にいる期間が

長くなってしまうのです。

 

あなたが彼に嫌がらせ行為をされるようになった原因として

あなたが彼のそんな行動を

許してしまったという

絶対的な信頼があるのです。

 

 

逆に言えば、その信頼のない相手に

自己愛性人格障害のひとは

嫌がらせ行為はできません。

 

むしろ気を使ってきて

良好な関係を保てるのです。

 

普通の人とは真逆なので

不思議に思われるかもしれませんが

自己愛性人格障害のひとは

信頼していない人に嫌がらせ行為や無視は絶対にできません。

 

だっていつ怒られるか分からないし

いつあなたが彼から離れていくか分からないからです。

 

 

そんな人には安心して嫌がらせ行為はできないのです。

 

自己愛性人格障害のひとから

ターゲットとして扱われたくないのなら

彼から離れていかないよ、とか

彼のなんでも許してあげるよ、という

優しさを見せてはいけません。

 

彼があなたが自分が何をしても許してしまうくらい

彼のことを分かってくれるからです。

 

普通の人と行動や考え方が逆の人間がいるなんて

普通の人は思いつきもしません。

 

 

でもいろんな人間がいるのです。

 

あなたはそれを信じるとか

あなたが尽くせば分かってくれるはず

と勝手な思い込みで

行動矢考え方を変えようとしなければ

モラハラの深みにどんどんはまり込んでいきます。

 

自己愛性人格障害とは

自尊心が低すぎる人を信頼していない病気なので

その彼に信頼されてしまった優しすぎるあなたは

今すぐに考え方をやめないと

危険なことになるのです。

 

でもその考えは

自己愛性人格障害のひとに対してだけで

普通の人には今までのあなたの考え方で

充分通用するでしょう。