自己愛性人格障害のひとは自分のしたことをあなたのせいにする


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分のしたことをあなたのせいにする

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

とても頼りがいがあるように見えますが

本当は責任感が全くありません。

 

あなたに

とても重大な責任をとるようなことを

言ったとしても

何らかのあなたが悪い理由付けをして

その責任を一切取りません。

 

でも、自己愛性人格障害のひとの

頭の中では

自分は悪いとは思っていません。

 

 

自分がいい加減なことをする人間だという

事実からも逃げてしまいますので

その責任から逃れるために

彼がそういう行動に出てしまった理由は

あなたのせいだということに

自己愛性人格障害のひとの脳の中で

変換されてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとの

頭の中では

自分が悪いなどということは

考えられません。

 

すべてが相手のせいであり

周りにいる人たちのせいです。

 

彼の頭の中では

いつも誠実な自分が

迷惑をかけられている存在なのです。

もし、あなたが彼から

別れ話を切り出されていたとしても

それは彼のせいではなく

あなたが、彼のことを分かってくれないから

仕方なく別れ話を出しただけだ

ということにされてしまうのです。

 

そして人のいい彼は、

それでも傷ついて

あなたに別れ話を出したことになっていますが

そのあとに彼のことが好きだから

よりを戻してほしいといったのも

あなただということに

なってしまっていたりするのです。

 

もし、あなたの彼が

自己愛性人格障害だったとして

彼から別れ話を出されているのだとしたら

二度と戻ってはいけません。

 

 

今度こそうまくやっていける、

だとか話し合いの末

彼が分かってくれたなどと考え

戻ってしまうと

延々同じ事を繰り返し続ける羽目になります。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとの

記憶がないわけではないので

あまりにも何度も繰り返して不自然な形になってくると

今度はどうしても別れなければいけない理由を

あなたが原因ということで作り出し

何度も同じことを繰り返し

あなたの方が一方的に好きだった

みたいな感じになります。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

あなたの気持ちを分かってくれる、

ということは残念ながらありません。

 

彼からどれだけあなたが好きだと

熱心に打ち明けられても

あなたがいないと生きていけないんだと

情熱的に言われても

あなたを幸せにできるのは

この俺しかいないんだ、

と涙を流していわれても、

時間がたつと彼の頭の中では

彼が迷惑していても

あなたの方が彼と別れたくないと言ってきた

ということに全く変換されていても

不思議はないのです。

 

それでもいいと思えるときは

彼のところに戻ってください。

 

ですが、残念ながら

自己愛性人格障害のひとと

話しがかみ合うことはありません。

 

歳を重ねるごとに

だんだん症状もひどくなっていくのです。

自己愛性人格障害の被害に遭わないための考え方


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

自分を大切にしなければ

幸せにはなれない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人の特徴として

普通のひとよりも特に優しすぎる、というものが

あります。

 

 

もっと言うなら優しすぎて

自分のことよりも

相手のことを優先してしまうあまり

自分がひどいことをされていても

分からないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは自分が一番でなければ

怖くて生きていけない、

という極端な自尊心のなさから

自分を素敵に魅せることを常に必死でしています。

 

 

知的で有能な所や優しいところ

相手に親切にしている自分や

相手のために

何かいいことをしている自分が

好きなところがあり

でもそれは、はた目からみると

自分をよく見せるためにしているとは

思えません。

 

むしろ相手から見て

つまり、あなたから見て

あなたのことを

本当に思いやっていていてくれる

という風に見えるのです。

 

普段、相手が何のために

どういう目的で親切にしてくれるかなんて

考えることもしないので

まさか自分をよく見せるために

必死にいい人を演じているなんて

思いもしないでしょう。

 

 

人間は自分がしているように

相手も自然にそうしている

と思ってしまうのです。

 

あなたも自分のためにこんなにもいろいろしてくれる彼を

自分のことが本当に好きだから

ここまでしてくれるんだ、と思ってしまうでしょう。

 

だから、彼のことをここまで好きになってしまうのです。

 

それが、あなたのことを本当に好きではない、

と言っても信じられないかもしれません。

 

 

すべては、ことが終わってから

彼から何の感情もなく捨てられ

ほかのひとに必死に親切に優しくしているところを見て

ショックを受けるのです。

 

 

彼は、自己愛性人格障害の特徴から

次の自分のことを信じてくれる人に対して

必死で優しくしているだけなのですが

それを見て、ショックを受けたり悲しんでいるあなたを見て

自分がこんなにもあなたから愛されている

と満足して高揚感を感じ、

さらにあなたを傷つけて自分の満足感を得ようとして

今度は狂ったようにあなたを傷つけ始めます。

それも、自分が悪く思われることに極端に怯えていますから

細心の注意を払って

彼がひどいことをしているわけではなく

あなたが勝手に傷ついている、と

見せかけるために

たとえば新しい恋人に

とても優しくしているところを見せますから

はたから見たら

彼が悪いことをしているようには見えません。

 

新しい恋人ができることは

普通にあるでしょうし

新しい恋人に優しくしていることは

彼女のことが本当に好きだからしているだけのことで

何ら不思議はないのです。

 

むしろ、恋人に優しくすることは

素晴らしいことですし

それを見てあなたが悲しむ姿を見ても

それは仕方のないことだと

思うはずです。

 

 

そしてあなたが悲しむ姿にも

もちろん同情してくれると思うのですが

自己愛性人格障害のひとは

限度なく

あなたを傷つけることを

やめようとしませんので

あなたは普通の失恋で傷つく感覚だけでなく

心をえぐられるような本当にひどい傷つき方を

何度も何度もします。

 

Tiaraも経験があるので分かるのですが

これは本当に苦しいです。

 

Tiaraはこの経験が怖くて逃げたくなり

どんなに好きでも

どんどん傷つけてくる

自己愛性人格障害のひとは

とても恐ろしいです。

 

どんなにきれいに見えても

それは自分がきれいに見えることにこだわった

人を傷つけて自分の自尊心を上げる

他人のことを

何とも思っていない

心のない人間のやることです。

 

あなたが彼にこだわる理由は

そのきれいに魅せていた彼を

信じているからで

いつかその彼が戻ってきてくれるかもと

期待をしてしまうかもしれませんが

その彼が戻ってくることはありません。

 

それは、架空の彼で彼自身も何をしていたのか

覚えていないのです。

 

そんな人にこだわっていると

あなたの心がどんどんえぐられていき

そしてそれはあなたの周りのひとにも

理解不能なことなので

あなたは周りに理解されなくなり

するとあなたは

人に理解されることをどんどん求めていき

あなた自身が周りの人から見て

迷惑な存在になってしまいます。

 

自己愛性人格障害の被害は

その被害に遭ったものにしかわかりません。

 

あなたが信じてもらえなくなるように

彼が周りの人に吹き込んでいる場合もありますし

吹き込んでいなくても

彼の行動が自然に見えるので

あなたの方がいつまでも彼にこだわっていて

うざいと思われてしまうのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとの

魅せる幻から抜けるには

相手にしないか離れるしかありません。

 

 

心を寄せて考えても

仕方のないことなのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとに関わっていると

あなたはトラブルだらけに

なってしまいます。

 

 

あなたの人生が

今までトラブルだらけだったのだとしたら

それは近くに自己愛性人格障害のひとが

いたせいでしょう。

 

 

周りに

自己愛性人格障害のひとがいなければ

驚くほど平和に過ごせます。

 

自己愛性人格障害のひとでなければ

本当に心を通わせることができるのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

頼りがいがあるように見えるかもしれませんが

責任感がありませんので

ついていってもいつか、

その頼りがいがあるように見えていた姿も

いつの間にか消えてなくなります。

 

もともと演じているだけなので

自己愛性人格障害のひとも

その演じていることにつかれてしまうのです。

 

そして多くの場合

途中で逃げ出したくなってしまうか

すべてをあなたのせいにして

怒りをぶつけてきます。

 

その時、あなたは何もしていないのに

悪者に仕立て上げられてしまうのです。

自己愛性人格障害のひとは自分だけを信じてもらえるように少しづつ時間をかけて周りの人を操作する

こんにちは♡

自己愛性人格障害のひとは

周りの人にいい人を演じておきながら

ターゲットだけに感情をあおる行動をよくとる

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

よく人を怒らせるようにあおります。

 

 

自分で人の心をあおっておいて

その人が怒ると笑いものにしたり

バカにしたりするのです。

 

自己愛性人格障害とはそういうものです。

 

だから自己愛性人格障害の被害に遭った人が

怒ったり、動揺したりするところを見て

その人を悪者にするのです。

 

周りの人もそれを本当に

信用してしまうことがよくありますので

自己愛性人格障害のひとの挑発に

乗ってはいけません。

 

 

Tiaraも自己愛性人格障害という

病気があることを知らなかったので

自己愛性人格障害の元彼から

あおられた人が

怒る様子を見て

彼の話を信用してしまったことがあると

今は反省しています。

 

その時は本当にその人が

悪く見えたのです。

 

ですが彼があおっていることも

なんとなくは分かっていました。

 

たしかに

何もしていないのに

からかわれるようなことを言われたり

その人が少しイラつくように

わざわざ調節された行動をとられる、

ということは

何もしていない人はなおさら

「なに?」と不快感を持つのは

当たり前だと思います。

 

それなのにやっている人ではなく

されているほうが怒ったことしか

人の目には映りにくいのです。

 

わざわざそういった行動を

する方とされる方

どちらがおかしいと

あなたは思いますか?

 

そして自己愛性人格障害のひとは

限度がないのです。

 

限度なく

そういった不快感を持つ行動を

何もしていないのに

連続してしつこく永遠にされたなら

相手はどうなるか

容易に想像がつくでしょう。

自己愛性人格障害のひとも

高度になってくると

その嫌がらせの行動を

自分の言動は

きれいに魅せながら

することができるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が怒るというよりも

相手を怒らせるために

あおるという行為をよくします。

 

そしてよく被害者のほうが

「キー」ってなることはよくあります。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

大好きな彼の場合は

我慢することが多く、

その中で疲れて

何も言えなくなってしまうか

なんとなく彼のことが怖くなり

彼を怒らせないように

自然に気を使うことが多くなります。

 

そんなことをしている人が

あなたを大切にしてくれていると

思いますか?

 

そして、彼のことがなんとなく嫌になり

自己愛性人格障害のひとと

距離を置くようになると

自己愛性人格障害のひとは

急にあなたを失うことが怖くなり

同情をそそるようなきれいな理由を考えて

あなたに伝えるのがうまいのです。

 

だからあなたも彼のことを

好きなのも手伝って

彼のことを良く思ってしまうでしょう。

 

そしてまた彼を信じてしまうのです。

 

あなたの優しさや寛大さが利用され

また彼はあなたを話さないようにしながら

嫌がらせを繰り返し

分からないように徐々にあなたを

それに慣らしていくのです。

 

そして彼の癒らがらせをちょっとしたこと

と伝えるようになってしまったあなたは

彼の嫌がらせに気づかずに

どんどんイライラして

しかもそれを彼に言い出すことが

できなくなります。

 

そして我慢することを覚え

あなたの精神は破壊されていくのです。

 

自己愛性人格障害のひとの心を

操作するやり方に慣れてしまうと

どんなにひどいことをされても

自分のほうが悪いと思うように

なってしまいます。

 

そしてあなた自身も

そう思うようになってしまうと

周りの人もあなたの方が

悪いと思うようになってしまい

あなたは周りの人からも

分かってもらえなくなって

しまうのです。

 

 

どうかできるだけ早く

自己愛性人格障害のひとから

離れてください。

 

あなたが

自己愛性人格障害のひとから離れないと

あなたの大切な人まで

あなたを信じないように

彼に操作されてしまい

あなたはあなたの大切な人を

すべて失ってしまいます。

 

そうなってしまった後

自ら命を絶つ人も

大勢いますが

もしあなたが自分で

命を絶つことになってしまっても

自己愛性人格障害のひとは

自分がわるいとは思わないのです。

 

自己愛性人格障害とはそれくらい

とても危険な精神病ですので

相手が自己愛性人格障害と気づいた時点で

少しづつ自己愛性人格障害のひとから

離れていくことをお勧めします。

自己愛性人格障害のひとは自分を信じてくれる人を裏切っても何とも思わない


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分を信じてくれる人を裏切っても

何とも思わない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分のことしか考えられません。

 

それ以外のひとは

嘘でも印象を全く変えて悪者にしても

自分をよく見せるためなら平気です。

 

それが長年連れ添った恋人だろうが

夫婦だろうが

自分の本当の子供だろうが

自分以外のひとは

悪者にしても全く平気なのです。

 

 

ただ、自分がそんな人間だということは

全力で隠しますので

そんな風にはとても見えませんが

時間がたって後から考えてみると

とてもよくわかります。

 

もし、自己愛性人格障害のひとに

新しい恋人ができたとしたら

今まで、あなたのことをどれだけ大切か

話してきていたとしても

まったく事実を捻じ曲げられて

あなたがとんでもなく

ひどい人間だと言われている可能性があります。

 

そう話すことによって

次の恋人に

彼がとてもいい人に見られるとしたら

なおさらでしょう。

 

だから彼の過去はないものも同然になります。

 

 

そしてその時は、そう言うことによって

周りの人からの信頼を得て

彼がとても生きやすいように

見えるかもしれませんが

次の瞬間にはなかったことに

なっているかもしれませんので

自己愛性人格障害のひとには

足跡というものが全くなくなってしまうのです。

 

そのことによって彼が今を一番都合よく

周りの人に思わせることができたとしても

彼には思い出や

積み上げてきた人間関係というものが

全くなくなってしまうのです。

 

そのために歳をとった

自己愛性人格障害のひとが

今まで自分が何をしてきたのか

まったくわからなくなって

むなしくなることがよくあります。

 

関わってきた人も

時間を無駄にしてきただけかもしれませんが

自己愛性人格障害のひともまた

何をしているのかよくわからないのです。

Tiaraは彼との思い出を

ずっと大事にしてきましたが

彼が何をしていたのかが

分かってくると

彼が感情を高ぶらせて

Tiaraと一緒にいたい、とか

俺にはTiaraしかいないんだ、というような

ドラマのようなセリフも

ただその場で一番都合がよかっただけの言葉だった、

ということがとてもよくわかります。

 

ただ、その時は

Tiaraに逃げられたくなかっただけなのです。

 

自己愛性人格障害のひとは知りませんが

普通のひとには

感情や愛情というものがあります。

 

そこまでのセリフを言うということは

Tiaraをどうしても離したくないから

思いを打ち明けているとか

将来、この人以外に考えられないと考えて言うもので

そのあと理由もないのにあっさりと別れて

何事もなかったように次の恋に行くことは

考えられないでしょう。

 

このまえ、友人と話をしていて

「女だって別れたら

すぐにほかの男と付き合うやつもいるんだから

なんの不思議もない。」という言葉が出たのですが、

そういう時は

そこまでの感情はないはずなので

そこまでの会話もないのです。

 

 

もしそれほど強い思いがある場合は

しばらくはほかのひとと

付き合うなんて考えられないでしょう。

 

ただ、付き合っていて

別れただけならTiaraだってすぐに別のひとと

付き合ったことがないとは言いません。

 

でも、自己愛性人格障害の彼に

言われた責任感のある重い言葉は

覚悟をして受け止めたので

自己愛性人格障害だとは知りながらも

自分の気持ちがすぐに次のひとに

移ることができなかったのです。

 

彼がそこまで言わなければ

おそらく彼とはお付き合いすら

していなかったでしょう。

 

彼がそこまで言ってくれるからこそ

信用したのです。

 

おそらく自己愛性人格障害の彼と

付き合った人のほとんどが

一方的に彼を好きだったという人は

いないはずです。

 

彼から、これは信用できるという

熱い思いを何度も何度も告げられ

真剣にお付き合いをお互いにしてきた

と思っていたからこそ

思いが深くなっていると思われます。

 

だからこそなかなか忘れられないのでしょう。

 

Tiaraは今まで

自己愛性人格障害という病気があることを

知りませんでしたので

なかなか彼のことを忘れられなくて

相手があっさりとほかのひとと付き合っている場合や

結婚してしまった場合は

彼の方はそんなにも真剣でもなかったのかな?

と思っていたと思うのですが

もしかしたらそういった人のほとんどが

自己愛性人格障害だったのではないかと

思います。

 

普通のひとは、本当に愛している彼女から

そんなに簡単に離れたりはしないのです。

 

自己愛性人格障害の彼が

また戻ってくることはないでしょうか?

という質問を受けることがあるのですが

自己愛性人格障害のひとは

何度も何度も戻ってくる可能性はあります。

 

でもそれはあなたがまだ

ターゲットとして

彼に支配されていると感じている場合のみで

相手が自己愛性人格障害の彼を

信じなくなった場合には

二度と戻ってこないでしょう。

 

自己愛性人格障害に人が

戻ってくるということは

あなたを愛しているから

戻ってくるわけではなく

あなたが彼に支配され続ける自信があるから

戻ってくるだけなのです。

 

つまり自己愛性人格障害のひとが

戻ってくるということは

あなたにとって良いことではないので

できれば戻ってこないほうが

あなたは幸せなのです。

 

はっきり言います。

 

自己愛性人格障害のひとに

他人に対する思いはありません。

 

周りの人は

自分をよく見せるためだけの道具なのです。

自己愛性人格障害とはそういう病気です。

自己愛性人格障害のひとの嘘をすべて暴くことは不可能


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの嘘を

すべて暴くことは不可能だと

いうことについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとに関わっても

意味がありません。

 

Tiaraも自己愛性人格障害の元彼を

本当にTiaraのことを大切にしてくれる

大切な人だと思い、大事にしてきましたが、

後から後から出てくる

いろいろな話に困惑し

どうしてそうなったのか、

どれが嘘でどれが本当なのかを

分析しても意味のないことが

とてもよくわかりました。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が正しいと信じて疑わず

自分に問題があったとしても

すべて相手が悪いと思い込んでいます。

 

そして嘘の中にも本当のこともあり

どれが嘘でどれが本当のことなのかを

調べても話がころころ変わり

すべてが相手が悪いと思い

自分が正しいと正当化してしまうために

かなり事実がねじ曲がってしまいます。

 

その中から本当のことを割り出したとしても

意味がないのです。

 

このことから本当のことを割り出そうと

必死になる被害者もいるのですが、

自己愛性人格障害のひとの

基準はすべて自分なので

どこで事実がねじ曲がって

自己愛性人格障害のひとが正しいのか

分からなくなります。

 

当然自分をよく見せるために

被害者を常識はずれで

頭のおかしい人物だと

思わせてしまうことも

よくあります。

 

このような自己愛性人格障害のひとと

どのように付き合ったらいいのかと考えても

方法はないのです。

 

もし、あなたの彼が

自己愛性人格障害だと気付いたら

できるだけ距離を置くことをお勧めします。

 

まともに付き合おうとすると

あなたの方が混乱してしまい

判断できません。

自己愛性人格障害のひとは

自分が温厚で有能な常識的な紳士だと

信じて疑わないので

そのために

あなたのことをどれだけでも

悪く言うのです。

 

そこから事実と嘘を振り分けようと思っても

あまり意味がないのです。

 

常識や罪悪感というものも

まったくもっていませんので

あなたのことを思ってくれていると

思っていた場合は

本当にショックですが、

まともに考えても無駄なのです。

 

 

自己愛性人格障害は残念ながら

育った環境から共感力というものが

育たなかったので

治るということがありません。

 

彼が治ると信じてついていっても

時間の無駄になります。

 

たまに薬で治るという記事を

見かけることがあるのですが、

脳の共感力を使う部分が

もともと正常に育っていないため

薬などで治るということは考えられません。

 

精神安定剤のようなもので

落ち着くのは

もともと正常な人物が

ストレスやイライラで

怒りやすくなっている場合などで

自己愛性人格障害が治るわけではないのです。

 

精神科医でも自己愛性人格障害を

正しく判断できる医者は少なく

自己愛性人格障害の本人を知っていて

研究されている人のみ

自己愛性人格障害のひとをある程度

判断できるのです。

 

お金もうけの、よくわかっていない

カウンセラーに長い時間かかるよりも

自己愛性人格障害のひとについて

よく知る同じ被害者の方に相談したほうが

あなたの話はよくわかってもらえると思います。

 

薬や精神科で自己愛性人格障害が治るなどとは

考えないほうが良いでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとは

被害者を悪者にして

自分が正常だと思い込んでいますので

仕事のできる自己愛性人格障害の場合は

ある程度、社会に溶け込んで生きています。

 

むしろ被害者のほうが誤解されがちで

居場所を奪われる場合が多いですので

自己愛性人格障害のひとに気づいたときは

できるだけ関わらないようにすることが

自己愛性人格障害のひとから

身を守る唯一の方法になるでしょう。

 

私だけが理解してあげることができる、

と考えがちなまじめな人ほど

自己愛性人格障害の被害に遭いやすいので

気をつけて自分の身を守ることに

専念してください。

自己愛性人格障害のひとの愛情は架空のフィクションである


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

離れても

自分の情報を

与え続けるということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひととは

あなたの精神を傷つけ続けなくては

いられない病気です。

 

自己愛性人格障害のひと本人も

自覚してやっているわけでは

ないのですが

どうしてもあなたに自分の情報が

入らないと

不安で不安でたまらないのです。

 

せっかく嫌がらせを

受けてくれるまでに

あなたを育て続けてきたのに

あなたが彼から逃げてしまっては

今までなんのために苦労をし続けて

あなたを被害者に育て上げてきたのか

意味がなくなってしまうからです。

 

あなたにショックが与えられたか

どうかを見て

あなたがまだ自分のことを

気にかけてくれているかどうかを

知ることができて安心するのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたと共通の友達や

職場のひとなどを使い

あなたに自己愛性人格障害のひとの

情報が

入るように

わざとあなたの身近な人間に

自分の情報を流すのです。

 

 

そういうところを見ても

自己愛性人格障害のひとが

普通のひとではないと

理解できると思います。

 

普通のひとは

別れた彼女に

自分の情報が入るようになんて

しないのです。

 

Tiaraも自己愛性人格障害の

 

元彼以外に

別れた彼の情報が

入ってきたことなんて

ありません。

 

別れて、まだ日が浅いうちは

友人などから

「今、彼、こんな状態らしいよ?」

とまだ若いころに

付き合っていた彼の入院情報が

入ってきたことはあったのですが

それは、彼がまだTiaraに未練があり

わざと気にかけてもらうために

Tiaraの友達に電話をしてきた、

ということが分かっています。

 

それ以外には

別れた彼の妹と

偶然ゲームセンターで

会ったことはありましたが

その時もお互いに驚きはしたものの

Tiaraも新しい彼と一緒にいたので

会話はかわしませんでした。

 

それくらいのことは

偶然あったりすることもあるのです。

 

それでもTiaraが特に元彼に

「入院してるの?」と電話をしたり

相手にしたりしなければ

1回くらいで終わるでしょう。

 

そのあと年数がたてばたつほど

元彼の情報になんて

耳にすることなんて

ありません。

 

 

ですが、自己愛性人格障害の場合

被害者のほうが

別れた元彼のSNSを見てしまったり

自己愛性人格障害の元彼が

あなたのことを

あなたの友人に相談したりして

あなたが友人から

説教を受けたりすることも

あると思います。

 

いつまでも、

自己愛性人格障害の元彼に

縛り付けられていると

あなたの明るい未来が

進まなくなってしまいます。

 

人生はあなたが思っているよりも

とても短いものです。

 

自己愛性人格障害のひとに

とらわれていると

あなたが自分を高める方向に

才能を生かすこともできませんし

女性は子供を産むのに

適齢期というものがありますから

ぼやぼやしていると

子供を産むチャンスを

逃してしまいます。

 

 

また、彼が自己愛性人格障害だと

気付かずに

自己愛性人格障害のひとの

子供を産んでしまったり

結婚してしまったりしても

その時は

幸せに見えるかもしれませんが

これほどの地獄はありません。

 

 

自己愛性人格障害のひとにとっては

子供も自分の所有物の

対象になってしまいますから

子供にも自由はなくなってしまい

子供がモラハラの

対象になってしまうことは

充分にあり得るのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとと

結婚してはいけません。

 

もしかしたら

ターゲットが奥様以外にいる場合は

そのターゲットへの嫌がらせとして

奥様とうまくいく可能性もあります。

 

でもしかし、それは

嫌がらせのための幸せで

そのターゲットが

いなくなってしまうと

今度は奥様や子供が

自己愛性人格障害の

ターゲットになってしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

年齢とともにひどくなりますから

幸せな中にも

たまに嫌なことを言われたり

家庭を放置で好きなことをされたり

あなたとの会話を無視されたり

肝心な時に家を空けたりすることが

あるかもしれません。

 

もし万が一

自己愛性人格障害のひとの

経済力だけを当てにして

自己愛性人格障害のひとから

まったく放置されていても

気にならない、というひとは

それでも結婚生活が

長く続くことは

あるのかもしれません。

 

 

いずれにしても

あなたが感じている

自己愛性人格障害のひとからの愛情は

架空の物語だと

覚悟しておくほうが

自己愛性人格障害のひとと結婚生活を

長く持たせるためには

無関心でいたほうが

あなたが楽でいられるのです。

自己愛性人格障害のひとのターゲットになることをするりとかわす方法


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

苦しみは、時々、

相手にしてほしい人にあえて見せている

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとのおなかの中には

本人も自分で自覚していないほどの

怒りと苦しみをかかえて生きています。

 

ですが、

そんな自分を人前で見せてしまうと

自分には価値がないことが

ばれてしまうと思っているので

普段は

立派で尊大な自分を魅せつけています。

 

いつも余裕の顔で

いろいろなことをさらりとこなし、

程よく親切で

話もとても分かりやすいと思います。

 

ですが、ふと心を許した相手や

この人なら自分の苦しみを

すべて受け止めてくれるだろう、

と思った人には

時々自分の中の怒りを

その人のせいに見せかけて

突然無視をしたり

苦しんだ表情を見せて

同情を惹くことがよくあります。

 

普通のひとも同情してもらいたい、

と思うような辛いことや悲しいことが

あるのだと思うのですが

普通のひとと

自己愛性人格障害のひととの違いは

普通のひとは自分に同情してくれた人や

優しくしてくれた人に感謝をしたり

ありがたいと思ってくれたりする

と思うのですが

自己愛性人格障害の彼の場合は

自分に寄り添ってくれた人り

自分のことを信じてくれた人に

ひどいことをするのです。

 

 

普通のひとと

自己愛性人格障害に人の違いは

そういうところで見抜きます。

 

Tiaraの彼もよく自分の辛い話や

辛い表情を見せることが

たまにありました。

 

そんなとき、Tiaraは

彼のことがかわいそうだと思ってしまい

彼の気持ちを分かってあげようと

同情してしまっていたのですが

自己愛性人格障害のひとは

あなたが同情してくれても

あなたのことは全く見ておりません。

 

ただ自分のことを見てほしいだけなのです。

 

もちろん普通のひとにも

自分を見てほしい、と思う気持ちは

ありますし、

自分のことを分かってもらいたい

という気持ちはあるので

彼の気持ちがとてもよくわかると思います。

 

だからおかしいと思うことは

何もないでしょう。

 

ただ、自己愛性人格障害のひとは

一方的なのです。

 

自分のことは

周りのみんなに見てほしいですが

自分はその人たちにひどいことをしても

何とも思いません。

 

それで普通だと思っているのです。

 

それにあなたがしたことについて

悲しい表情をされたりすると

自分が何もしていないと分かっていても

悪いことをしたな、と思ってしまったり

迷惑をかけないようにしなきゃ、

と思ってしまい、

あなただけが彼のために

努力をするようになりますが

自己愛性人格障害のひとは

そんなあなたにも感謝の気持ちが

持てないのです。

 

そんなことを知らないあなたは

彼の気持ちを分かってあげることで

相手も自分のことを大切に思ってくれると思い

必死で努力します彼はそんなあなたを

平気で傷つけてきます。

 

極端なことを言えば

どんなにひどいことをしても

自分に尽くしてくれる相手が

理想なのです。

 

もっと俺のことを見てくれないと

辛くて生きている価値がないと

思ってしまうのですが

それも一方的にあなたの方が

努力をし続けることを望みます。

 

今日、自己愛性人格障害のリーダーのところに

仕事のことで聞きたいことがありました。

 

Tiaraが作ったデータを

1つ消してしまったのです。

 

それに関連付けて

ほかのデータに計算式を入れていたので

そのデータがすべて

エラーを起こしてしまったので

すべて作り直していました。

 

膨大な量があったので

中にはリーダーのどんな指示で作ったのか

分からなくなってしまったものも

ありましたので

仕方なくリーダーにどんな指示だったか

確認しに行かなればなりませんでした。

 

こういったことは

本当は自己愛性人格障害のひとには

知らせず作り直したいですが

覚えていないので確認しなければなりません。

 

自己愛性人格障害のリーダーのところに行くと

落ち着いた雰囲気で机の上の仕事を

鮮やかに片づけているところでした。

 

「すいません。あの~。」と

近づき、データーを1つ消してしまったこと、

そのデータに基づく計算式を入れていたので

それを作り直していたが

どんな指示で作ったのか忘れてしまったので

確認に来たことを述べると

少しイラついた様子で

「今は何をしているんですか!

どうしてそうなる前にもっと早く。。。」

 

とうつむきがちに目を伏せると

かみしめるように静かに、

「私に何をさせたい?」と

言ってきました。

 

なんだか久しぶりに

自己愛性人格障害のひとの

そんな切ない声と

大げさな言い回しを聞いた気がして

自己愛性人格障害のひとの

特徴を目の前で見た気がしました。

 

以前のTiaraは

何にも分かっていなかったので

そんなところを見てしまうと

(ごめんなさい。

Tiaraがうっかりしたばかりに

余計な手間をとらせてしまって。。。)

と申し訳ない気持ちになり、

何とか次からは

この人のために

迷惑をかけないように頑張ろう!

と張り切ってしまっていたところでした。

 

そう思うことも間違ってはいないのですが、

今は、自己愛性人格障害のひとの特徴だと

分かります。

 

Tiaraのほうの気持ちも

今は全然違っていますし

なんで自己愛性人格障害のひとが

こういうものの言い方を

しているのかもわかります。

 

彼もこんな感じで

Tiaraの気持ちを惹く

責め方をすることがよくありました。

 

もしかしたら

自己愛性人格障害という病気を知らなかったら

もしかしたリーダーのことも

好きになっていたかもしれません。

 

全くタイプではないですけどね。。

 

気持ちのほうが同情してしまうので

彼の気持ちに寄り添っていってしまう、

ということです。

 

いくらタイプでなくても

彼に怒られているにも関わらず

悪いイメージは持たないかもしれません。

 

ですが、以前のTiaraのように

私のミスで彼に迷惑をかけてしまった、

と思う気持ちがとても危険なのです。

 

自己愛性人格障害のひとから見たら

ターゲットにしやすいタイプだと

瞬時に無意識のうちに

見破られていたと思います。

 

今のTiaraはこう思います。

 

そんな大げさな。

ミスをしたからやり直しているだけじゃん。

 

たしかに時間の無駄かもしれないけど

人間だからミスをすることもあるよ。

 

それを鬼の首でもとったように。。

 

普通に

「ここはこういう表を作ってください。」

と一言いえばTiaraは自分の席に戻って

作るだけだよ、と。

 

ですが、そんなことはもちろん

口には出しません。

 

「私に何がさせたいのですか?」

とリーダーに言われ

「あ、だからここまでのデータは

一目で○○が分かるように

ここから合計を持ってきたのですが

こちらの表は機種を細かく分けて

表示させたほうが良かったですか?

 

1機種づつわけるのか、

それとももう少し細かく分けるのか

それが分からなくなってしまったので。」と

明るく、少し微笑みながらきっぱりというと

しばらくうつむいたまま

考えていましたが

急に手を動かしてマウスをくるくると動かすと

「ここに朝のデータを張り付けておきますので。」

ともともとTiaraが作ってあった

Tiaraが消す前のデータを

張り付けてくださいました。

 

おお!

 

「ありがとうございます!」

 

たったこれだけのことです。

 

Tiaraが攻撃できない、と

判断したリーダーは

急に淡々と指示だけ出して黙りました。

 

先ほどまでの

大げさにうなだれた

傷ついたような顔はいつの間にか

どこかに行ってしまい、

いつもの、無表情の淡々としたリーダーに

戻っていました。

 

元のデータがあるのですから

もう、リーダーに

聞きに行く必要はありません。

 

同じようにサクサク作って

仕上げてしまいました。

 

 

もともとそのファイルは

すべてTiaraが作ったものだったので

問題は小さくて済みました。

 

消した過程もどうしてそうなったかも

詳しく説明してあるので

ここでは関係ないので端折りますが、

仕方がなかった、ということも

リーダーは理解しているはずです。

 

たったこれだけのことでも

自己愛性人格障害のひとにかかれば

これを重大ミスだとみなし、

みんなの前で

大げさに怒鳴りつけることもできますし

そのデータは元に戻らない!と

Tiaraに「もう仕事しなくてもいいよ。」

と冷たく突き放すこともできます。

 

ですが、相手が

自己愛性人格障害でなければ

あんなに大げさにうなだれて

大きなため息をつき

Tiaraのために迷惑をかけられている

と演じることもないのです。

 

そこでTiaraが「ごめんなさい!」

と必要以上の罪悪感を持ってしまえば

今後はどんどん攻撃しやすくなります。

 

周りで見ていた人も

(なんかあの子データ消しちゃったらしいよ)と

怒られても仕方ないね、

と全体から見るTiaraへの視線も

冷たくなります。

 

もし、自己愛性人格障害ではなく

普通に人とコミニュケーションの

取れる方だったとしたら

Tiaraももっとラフに

「作ってたデータだけど

計算式があまりにもたくさん入りすぎて

ごちゃごちゃしちゃってたから

コピーして2枚作り、

使いやすいほうを残したら

消したほうのデータから

別の表を作ってたの忘れてて

エラー出ちゃった。

 

作り直すけど

どんな条件だっけ?」

と聞きます。

 

普通のひとなら

「あ、元データがとってあるよ。

Tiaraのホルダに入れておくね!」

 

「サンキュ」

 

これで終わりだと思います。

 

 

長い説教も

自己愛性人格障害のひとの同情を惹く

大げさな演技も

申し訳ない!という

Tiaraの大げさすぎる自責の念に

とらわれて反省しすぎ、なんて

メンタルによくない状況は生み出しません。

 

それを見ていた周りのひとにも

緊張感が走り、

(ああ、あの子、ドジしちゃったね。。)

と無意味に重っ苦しい空気になる必要も

ありません。

 

すべてが効率が悪すぎなのです。

 

一言

「あ、元データ貼っとくよ!」

これで通じることなのです。

 

これが、外部から来たデータを

消してしまった、とか

人が作ったデータを消してしまい、

どんなデータだったかも

果たして誰が作ったデータだったかも

分からない、となると

損失は大きかったと思います。

 

もちろんミスはよくないので

これに懲りて

表を作るときは

むやみにデータをコピーしたからと言って

消すのはもうやめようと思いました。

 

ただ、自己愛性人格障害のひとの

立派な自分を演じることにも

付き合う必要はなく

責任感を感じすぎることもよくありません。

 

事実を事実として認め

普通に解決策を考えだして

作り直せばいいだけの話です。

 

もしここで自己愛性人格障害のひとに

「なんでこんなことしたんだ。。」と

大げさに責められたとしても

事実を事実として

淡々と説明するようにしてください。

 

自己愛性人格障害のひとの

大げさにあなたを突き落とそうとする作戦には

けっしてのらないでくださいね。

自己愛性人格障害のひとは、自分を上げることに必死で自分でも何をしているのかよくわからない


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

本当は自尊心がなく不安定なのに

どうしてあんなにも安定して見えるのか

ということについて

お話ししていきます。

 

視界に入った自己愛性人格障害のひとから

どうしても興味がそらせません。

 

Tiaraが今まで信じてきた常識が全く違う

人がいるということに気づいてから

この人たちについて興味深々です。

 

 

今はもう、自己愛性人格障害の彼と別れて

かれこれ3年ほど経とうとしていますが

それでも、興味はなくなるどころか

異常に気になって仕方がありません。

 

 

ですが、この興味とは真逆に

どんどんTiaraは落ち着いてきて

動じなくなってきています。

 

自己愛性人格障害のひとに対して

期待しても仕方がない、ということが

分かり切っているからでしょうか?

 

突然怒りを向けられても

ああ、しょうがないね、

どうしてもそうやって自分が上に立たないと

潰されそうで怖いんだね、

そんなことしないのに。。

とすべてが瞬時にわかってしまうので

攻撃の効かないTiaraにTiaraのことが

怖くなってしまうのかもしれませんね。

 

つまり

自己愛性人格障害のひとは

まさかそんなことをするわけはない、

と常識では考えられないことを常にしながら

自分のほうが上に立つことで

精神を安定させています。

 

 

そして、被害者のほうは

常識で物事を考え

きちんと話したら分かってくれるはず、とか

相手に尽くしたら

必ず相手も分かってくれるはず

と信じて疑わず

そのため、

そうでない自己愛性人格障害のひとに

不安になると思います。

 

不安になるからこそ

ほかのことに注意がいかなくなり

落ち着きがなくなり

彼に嫌われた理由ばかりを探して

それでも分からず

彼の気持ちが分からず自分を責めてしまう

という悪循環を繰り返します。

 

 

その結果

あなたのその不安になった表情や

彼にこびる態度を見て

自己愛性人格障害のひとは

自分は尊敬されるべき人間だ、という自尊心を

異常なほど上げていき

落ち着いていられるのです。

 

その結果

自己愛性人格障害の被害者は

どんどん周りに気がいかなくなり

失敗を繰り返して

周囲の信用を無くしていき

そしてどんどん自分に

自信がなくなっていきます。

 

つまりあなたは

自分のせいではないことで

自分が落とされていっていることに気づかず

勝手に反省することで

どんどんジレンマにおちいっていくのです。

 

そして自己愛性人格障害のひとは

あなたを踏み台にすることで

どんどん気持ちは安定し

さらに共感力が全くないので

そんなあなたを

いきなりバッサリ切ることができるので

自分のことだけに集中することができて

自分の能力を上げていきます。

 

自己愛性人格障害のひとに

落ち着いていて

能力の高い人が多いのはそのためなのです。

 

それならいつか

自己愛性人格障害のひとのメンタルが

落ち着いて不安ではなくなり

自分に自信があふれ、他人をつぶさなくても

生きていけるようになり

今までしたことを反省してくれるようになる

ということがありそうですが

ありません。

 

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼も

過去の恋愛で気づけなかったことや

自分の性格で人間関係を壊してきたことは

自覚していて

それを反省してもう二度と

そんなことはしたくない、と思って

20代から30代にかけて

10年ほどかけて性格を直したんだ、

と言っていました。

 

それを聞いて

自分の失敗が冷静に判断できることや

それを一生懸命努力して治してきたことなどを

一生懸命説明してくれたので

その時は大丈夫だと思っていました。

 

むしろその話を聞いて

彼への信頼は増したと思います。

 

4年半、関係を持たせようとしてきたことで

何度か別れ話や

距離を置く期間はあったのですが

それでも彼が必死で抑えてきたから

続いたんだと思います。

 

たまに会話の中で

(本当にそう思ってる?)と

思ったことはありましたが

それでも彼の言葉をいつも信じてきました。

 

でもやはり、今までの出来事が

あれ???とくつがえされたように

最後に彼が言うことが

おかしくなってしまったときは

もう、Tiaraの好きな彼では

ありませんでした。

 

ただ、無理やりにこじつけている

ということが

ありありと分かって

目が点になったほどでした。

 

彼の作った精一杯きれいに言った

「元カノに戻るよ。」といった言葉も

ショックというよりは

(なんで今さら・???

あんなにTiaraじゃなきゃダメなんだ、

とドラマチックに泣いたあれは???)

と思う瞬間でした。

 

あまりにも長すぎて

あまりにも間が抜けすぎていて

きれいにまとめることが

できなかったのでしょう。

 

今まであれほど力強く

言ってきたことが

まともに通じないほど

急に理由もなくくつがえったので

本当に彼の中に物語の台本があり、

その物語を演じていただけで

自分で作ったその内容ですら

彼は覚えていないようでした。

 

4年半、おかしいことも何とか理由をつけて

自然に見せてきたことも

その場で一番都合のいい物語を

つなげてきただけだったので

彼の中で明確な記憶として

残ってはいなかったのでしょう。

 

 

彼がTiaraよりも以前に

付き合ってきた彼女たちとのことを

「結構長いこと付き合ってきたはずなのに

何をしてきたのか、全然覚えていないんだ。」と

言っていたことを

リアルに経験した出来事でした。

 

このように自己愛性人格障害のひとは

自分を上げることに必死で

自分が何をしているのか

自分でもよくわかっていません。

 

 

そんな彼を責めることは

Tiaraにはできません。

 

彼は病気なのです。

 

 

ですが、自分の身と心を守るために

あなたは自己愛性人格障害の彼とは

できるだけ早く離れて

あなたを本当に愛してくれる

一緒に未来に向かって頑張っていける人を

見つけてくださいね!

自己愛性人格障害の彼との恋愛は上手くいっているときほど別れ話になりやすい


こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の彼との恋愛ha

上手く行っているときほど別れ話になりやすい

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れてくれる方の

お話をいろいろお伺いしていますと

中には、自己愛性人格障害の彼と結婚までいき

何十年も一緒に暮らしている

という方にも会うことができます。

 

自己愛性人格障害の彼とは

幸せに付き合っていても

突然、理由もわからず彼から別れ話を出され

落ち込んでいると

また当たり前のように彼から連絡があり

またほっとして彼のもとに戻る、

ということをあきれるくらい何度も繰り返し

それでも何とか彼とだんだん心の距離が縮まってきた

と感じ始めた途端に突然彼の心変わりがあったり

急に彼が冷たくなって

連絡が途絶える、という方が

ほとんどです。

 

 

ですが、その中にも

結婚までたどり着き

赤ちゃんが生まれるまでは

幸せな時を過ごしていたのに

子供のことばかりで

俺のことをかまってくれないと

あなたのせいにしたり、

2人でお家を買ってもうちょっとでお引越し

という時に突然彼の様子がおかしくなり

ほかの女のひとと会っていたことを知る、

ということまで様々ありました。

 

幸せの絶頂までたどり着くと

突然予想外に

どん底に突き落とされる

ということになるのがほとんどです。

その中でも

2人の付き合っているタイミングで

それが一番彼にとって都合がいいと

感じるときは

結婚まで行くこともありますし

たいていの場合

短い結婚と離婚を繰り返す

自己愛性人格障害のひとが

多いのですが、

中には30年や40年、

連れ添った自己愛性人格障害のひとも

お見えになります。

 

その場合、極端な亭主関白で

たまに意味の分からない無視や機嫌の悪さを見せますが

ただ厳格なだけだと

我慢してしまっている場合もあります。

 

特に日本は

昔は、女のひとは男のひとについていくもの、

尽くしていくもの

という亭主関白が当たり前の時代がありましたので

多少窮屈な思いをしていても

こういうものだ、と考えて

最後まで連れ添う夫婦も存在します。

 

そういう人が、頼りがいがある、

男らしい、という風に見られ

旦那様に尽くして従うのが

良妻賢母という風にみられて

何ら不思議に思われていないのが

現状です。

 

それでいい人はそれでいいのです。

 

 

自己愛性人格障害とはいえ

程度の差はありますので

多少、辛い思いをしていても

彼と一緒にいて幸せなら

気づかずに終わってしまう場合もありますが

それならそれでいいのです。

 

Tiaraの場合は

とても大切にしてくれている、と

普段は感じられていましたし

彼から思われていることが

Tiaraの精神の安定になっていたことは

事実です。

 

もしかしたら、今までの彼の中で

こんなに頼もしい彼は初めて

と思えるほど

頼りがいがありました。

 

ですが、はじめのころに気づかなかったのですが

別れのタイミングと理由が

だんだん変になっていったので

気づいたのです。

 

彼が熱烈に口説いてくるときは

離したくないとき

Tiaraが離れていきそうだと感じたとき

突然別れを切り出されたり、

しばらく時間を空けたい、と言われる時は

必ずTiaraが安定しているときだったのです。

 

自己愛性人格障害のひとはすべての感覚が

普通のひとと真逆ですので

自分にとって安心できる存在であればあるほど

突き放し

自分が嫌われるかもしれない

と思うと

自分の素敵なところをたくさん見つけてきたり

優しくしてくれたり

豪華なプレゼントをたくさんくれたりして

信用させようとしてくるのです。

 

 

みなさんが自己愛性人格障害の彼と

離れたくない

と相談してくるタイミングは

このあなたが彼に安心感を与えているときに

彼から突き放されたタイミングなのです。

 

あなたは普通のひとなので

安定しているときに彼があなたを突き放してくることが

不自然だと思い、不安に感じるのは普通のことです。

 

彼があなたにひどいことを言ったり

突き放してくるのは

あなたが彼に安心感を与えているからなのです。

 

 

つまり、あなたは悪いわけではなく

むしろ彼のことを本気で思っているから

大切にしているから

ほかの誰よりも彼のことを分かっているからなのです。

 

こんな時に彼から別れ話をされたら

たまりませんよね?

 

上手く行っているのに

あなたのほうに何か原因があると思われたら

たまりませんよね?

 

そして何よりも

彼とやっていく自信がついたからこそ

彼と幸せになれると確信したからこそ

安心して

彼のために尽くしていける

と思っていたのに

まるであなたのほうに原因があるかのように言われ

別れ話をされたら

たまりませんよね?

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

無意識レベルで

あなたに安心感や信頼感を感じているからこそ

こじ付けているのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

大変疑り深いので

自己愛性人格障害のひとの信頼を勝ち取った

ということは

あなたはかなり信頼できる人間なのです。

 

自己愛性人格障害の彼と長く付き合えれば付き合えるほど

本来あなたは自信を持ってもいい人なのです。

 

 

それなのに、あなたは

自己愛性人格障害の彼のせいで

周りから信用を無くしてしまいます。

 

もうすぐゴールデンウィークがやってきますが

最近彼とうまくいっている人ほど

彼から悪い話があるかもしれない

心の準備をしておいたほうが

あなたが少しでも

楽でいられるのかもしれません。

自己愛性人格障害のひとへの具体的な接し方


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとへの

具体的な接し方について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害とは

すぐに分かる病気ではありません。

 

この人なら信じられる、と

むしろ、あなたの中で絶対的な信頼を得た

旦那様や彼に多いと言われています。

 

それくらい親密な関係になり

信頼も勝ち取る人の中に

自己愛性人格障害のひとがいますから

人と接するのが怖くなってしまいますよね。。。

 

ですが、はじめは普通に接してみていいのです。

 

 

ただ、あくまでも普通で

人懐っこい人や明るい人で

誰とでもすぐに仲良くなれる、と

自負している人は

少し気をつけたほうがいいかもしれません。

 

初めから自分を出す人には

安心して近づける人のよさが見られますが

そんな人を見抜いて自己愛性人格障害のひとは

近づいてきます。

 

それに、被害者自らが

無防備に自分を初めからさらけ出してしまう

という人もお見えになりますので

まだ、人と慣れていないうちは

あまり関係を深めすぎないように

気をつけてください。

 

今、Tiaraは隣の席の30代半ばほどの

女の子を

自己愛性人格障害かもしれない、

と疑っています。

 

怒っているわけではないのですが

このこと仲良くしていると

あまりにも人懐っこくなんでも話してくるのですが

その話の内容というのが

初めから気になっています。

 

 

中にはしゃべり方が気になる、という人もいるのですが

少し上から目線で柄が悪く

必ず人のことを笑いものにする話しに持ってきます。

 

何を話しても

すべてにおいてそうなので

何度か注意をしたこともありますし

「そんな人じゃないのに知りもしないのに

どうしてそんなこと言うの?」

と直接聞いたこともあります。

 

すると冗談ぽく笑いながら

「だってあの人見てたら分かるじゃーん。

いい加減層に見える~。」

とおちょけた風に言ったりするのです。

 

どうしても普通に話しているようには見えず

誰かの失敗にアンテナを極端なほど

張り巡らし、

大きな声で聞こえるように

その人のことをディスったり

ほかのひとに話の中のネタの人が

いかにも出来が悪そうに

失敗してそうに言うのが分かります。

 

いつもブログでお話ししていますが

Tiaraの今の会社には

あまりに多い自己愛性人格障害のひとがいて

あらゆるところから

誰かの説教や誰かを叱咤する怒鳴り声、

そして、「お前俺にけんかを売っておいて無視かよ?」など

冗談めいて聞こえる中には

自己愛性人格障害のひとの

尊大な自分の魅せつけや見せしめ、

そして人をつぶして自分の気分を少し良くする

会話が聞こえてきます。

 

先ほどの「俺にけんかを売っておいて」の内容に

ついて説明をすると

物騒に聞こえますが、

本当にけんかをしていたわけではなく

おそらくですが

その言われた人がTiaraが自己愛性人格障害だと

この会社に来て一番初めに見つけた

Tiaraの直属の課の課長ですが、

この人に言われた人がメールか何かで何か失敗を指摘したか

「この内容についてこういった説明があったのですが

これはあちらの件で確認がとれていたはずではないでしょうか?」

など確認のメールをしたことを

「俺にけんかを売っておいて」と

言っています。

 

そしてそれに対してメールか何かで返信したけど

「了解しました。」の一言もなく

放置していたことを

「無視か?」といったようにTiaraはとらえました。

 

 

この時の部下の答えは

苦笑いしながら

「あはは。。。いいえ、

そんな、そんな。。。

はは。。。」という感じです。

 

 

こんな光景はどこにでもあるような光景で

自己愛性人格障害を知るまでは

こんなことでいちいち気にも留めませんでした。

 

この会話、いっけん上司がブラックジョークで

部下をいじり、

なんでも言い合える上司と部下のような

その人なりのコミニュケーションの取り方、

という風にもみえますが、

Tiaraはそうではないと思っています。

ちなみにTiaraはこの上司が

入社して早々に若い男性に

ちまちまが長いお説教をしているところを

何度も見ていて

しかもそれがTiaraの後ろの打ち合わせスペースの

テーブルのところでやっているので

Tiaraたちのグループにも聞こえます。

 

 

その時にその男性へのパワハラだけでなく

入ってきたばかりのTiaraに

自分の怖さを教えているように

思いましたので

Tiaraお決まりの席を外す作戦で

乗り切りました。

 

お説教は静かでしたが、

長時間どうでもいいことを何度も何度も

繰り返し時間をかけて責めていて

なんの意味もないようなことです。

 

 

入ってきたばかりのTiaraに

会社の様子を説明することもなく

放置でしたので

受け入れられている気が全然せず、

それ以外にもTiaraの歓迎会の時の言葉も

「Tiaraさんには英語の翻訳や

今まで派遣社員がしていなかったことも

バンバンさせていく!」と

強い口調でみんなの前で説明したり

部長がTiaraが歓迎会のお店についたときに

「おお!主賓!

きたきた!こっちこっち!」と手招きしたところに

この課長の「主賓じゃねえよ!」と冗談まがいでしたが

完全に自己愛性人格障害の威嚇を

初めからご丁寧に何度も見せてくださったので

初めから自己愛性人格障害対策を

課長のみに徹底的にできたのでよかったです。

 

今では課長からTiaraに近づいてくることは

ほとんどありませんし、

もし話すことがあるときでも

ものすごく明るく優しく

気を使っていってくださいます。

 

おかげで自己愛性人格障害の課長と

良好な距離感のある感じのいい関係を保てていますし

Tiaraのそばの打ち合わせテーブルでは

部下をねぎらう慰めの言葉

「お前ならやってくれるだろ?」と明るい口調で

部下をやる気にさせるような言葉を

一生懸命Tiaraに聞かせて

自分の名誉を挽回しようと頑張っています。

 

おかげではいったんばかりのころの

パワハラだらけだった社内は

いっけん、明るくみんな仲良く

仕事をこなしているような

いい雰囲気に変わっています。

 

 

みんな、結構雰囲気が良くなったな、

と思っているようですが

Tiaraはただ、

自分の名誉を挽回したいだけなんだな

と一目でわかります。

 

さて話が長くなりましたが

冒頭でお伝えした女の子ですが

Tiaraの直属の課長やリーダーと違い

まだ自己愛性人格障害だと

確定したわけではありません。

 

ただ、仲良くしていては

Tiaraの品格を落とすようなことばかり大きな声で話して

しがみついてきて

Tiaraから離れないので

まあ、怒ってもいいようなことも何度か言われていますし

もしかしたら自己愛性人格障害かもしれないと疑っていますので

それをきっかけに話さなくなりました。

 

この女の子はものすごく周りのことに敏感に感じ取りますので

おそらく自分がどう思われているか

自分の株をどうやってあげようか?ということに

異常にこだわっているので

Tiaraが話さないでおこう、と

思った瞬間から気づいています。

 

ちょっとすごいな、と思いました。

 

もし、話しかけてきたら

今まで見たいにまともに一生懸命話さず

受け答えを短くしていこうと

思っただけなのですが

こっちの様子を見てから話そう、と

徹底しているようで

Tiaraが話さないと徹底的に自分からは

話しかけてきません。

 

本当に驚くくらいですので、

その時にこれだけいちいち相手の反応を見てからしか

自分から話しかけない、

ということに徹底している、ということは

自己愛性人格障害の

どうしても自分のほうが上に立っていないと

気が済まない、という特徴に激似です。

 

もし、普通に意識なく

ただ、言っていいこといけないことの

区別がついていないだけのひとだったり

ただ、がさつで細かいことに

気がいきにくくがさつなタイプだったとしたら

何とも感じず

「ねえねえ~」

などと普通に話しかけてしまうはずです。

 

Tiaraも今まで同じ会社の後輩ということもあり

いろいろと世話を焼いたり

話しかけてあげたり、できるだけ嫌わずに

受け入れてあげようと

こちらから話しかけることも多かったのですが

いったん、Tiaraから話しかけることをやめてみると

てきめんに一言も話しかけてきませんし

明らかにこちらの様子をうかがっています。

 

お母さんが自己愛性人格障害っぽい話も

していましたし

「おっかあがきついから、

あたしがこんなきつい話し方になるんだって!」と

言っていたこともありましたので

ただ、親がきつい話し方をするので覚えてしまって

似てしまっただけ、という風にも取れるので

どっちなんだろう?

と初めから疑問を持っていました。

 

できればただ、何にも考えていない

がさつなだけのタイプだと

うれしいな、と思っていましたが

(それなら嫌は嫌だけど付き合えないわけじゃない)

何にも考えていないどころか

そんなに考えすぎてまで人の評価を気にしている

とわかると

ますます疑いは強くなります。

 

自分を上げる言動もよくしていて

「あたしの手が早いから

正社員のほうで仕事が溜まちゃって

正社員があせってるって~」と

大声で笑ったり、

「あたしが仕事ができるから

みんながあたしについてこられなくて

必死じゃん!」

と面白おかしく話すところなど

ちょっと自己愛性人格障害にしては

間抜けな部分もありますので

もしかしたら

それほど強いタイプの

自己愛性人格障害ではないのかもしれません。

 

 

まあでも話をしなくなったことは

結果的にはよかったのかもしれません。

 

Tiaraが嫌がることは周りも見て分かるでしょうし、

いつも周りの人のことをディスっていたことは

みんなも知っていましたので

「またこの人がなんか言うよたぶん。」

とか話題になっていた彼女ですので

Tiaraが話さなくても

誰もおかしいとは思わないと思います。

 

ただ、無視をしているわけではないので

用事があるときは

Tiaraも普通に話しますが

話さなくなってから1週間ほどたちますが

Tiaraは普通に過ごしていますので

敵対心も向けていませんし、

あちらからも敵対心は伝わってきません。

 

話を下のはたまたま部長からの

ことづけがあったので伝えただけなのですが

彼女の名を呼び

「部長がこういってたから

もう一回やっておいてね!」というと

「はは。。。」と少し小ばかにしたように

笑うだけでしたが

特に変わった様子は見られません。

 

 

Tiaraと話していないからと言って

落ち込む様子もなく

淡々と仕事をして、離しやすい人が来ると

大きな声で

ガハハ、ガハハと笑いながら

いつものきつい感じの口調で

誰かをディスりながら話しています。

 

まあ、ここまでTiaraよりも先に話したくない、

ということを徹底していることは

普通ではないと分かります。

 

そして話さなくなったことにより

日常会話もなくなりましたが

代わりに大声でディスられたり

いじられたりすることもなくなったので

結果的には

Tiaraはこのほうが居心地が良いです。

 

彼女が自己愛性人格障害でないことを祈りますが、

もしそうでないと判断したら

少し口数は減らして普通に聞くことがあれば

聞いてみようと思います。

 

このように

自己愛性人格障害の対応とは

相手の様子を細かく見ながら

相手の心の状態を把握していくことです。

 

あなたにとって不快だと思う存在からは

とことん逃げて逃げて

逃げまくりましょう。

 

そうすれば

嫌なことやトラブルは

ほとんど起きなくなると思われます。

 

あなたが付き合うべき人間は

会社あああの人間関係だろうと

あなたが決めていいのです。

 

ただし仕事を一緒にやらなければいけないときや

どうしても交流が必要な場合は

ここを話して業務だけを淡々とこなして

あなたの心は

楽に保つようにすることです。