彼はあなたを本当に大切にしている?

こんにちは♡

今日は部屋の中も少し暑いくらいで

靴下も履かずはだしのままで

ちょうどいいくらいです。

後でアイスでも買ってこようかな・・・

Tiaraが彼が少しおかしいなと

気づいたのは

彼と付き合いだして

3か月くらいのころでした。

毎日電話やラインをしてくれ

ほんとに幸せな毎日を

過ごしていましたが、

いつもの電話の時に

突然起こった出来事でした。

詳細は省略しますが、

ずっと我慢していたことがあって、

それでも彼の立場を考え、

許していたことがあったんですね。

それは彼が何とかするから

少しだけ待って、

すぐ解決すると思うから、

と言われていたことでした。

でもまたいつもの繰り返し。。。

それはTiaraにとって、

とてもつらいもので

彼もそう思ってくれていると

思っていました。

それでも仕方ないから

何とか全力を尽くしてくれていると

思っていました。

tiaraもそんな彼を応援しつつ、

我慢して耐えて3か月を過ぎた頃でした。

状況が少しも変わっていないのです。

それでも彼のことが大好きだったTiaraは

恐る恐る

自分の気持ちを出してみました。

「そんなの少しの間だよって

言ってたよね。

毎回おなじこといってるの

おかしいよね。。。。」

すると彼は今までない大声を出し、

「うわあ、こんな人だと思わなかった。。

いやだあ、いやだあ、

こんなひとだとは思わなかったあ。。」と

子供のようなことを言い出しました。

だから、

Tiaraはほんとにびっくりしたんです。

自己愛人格障害の人は、

都合が悪くなると、

うまくけむに巻いてごまかす、

ということをしますが、

この時は、大暴れする子供のようでした。

もしかしたら、その時は都合のいい、

言い訳が見つからなかったのかもしれません。

(これは憶測ですが。。)

だって、ほかにも

何人か付き合った経験はありますが、

もちろん付き合っている間に

けんかをしたこともありますが、

こんな突拍子もなく、

理解できないようなことを言っているわけでも、

強い口調で怒ったように

言ったわけでもないのに、

彼女に向って「こんな人いやだ」???

すごくびっくりしたのと

彼から嫌われたくない一心で

「ごめん、ごめん、ごめんなさ~い。」

と泣きながら謝ったのです。。。。

??

今考えたらおかしいですが、

当時は彼のこと、

ほんとに好きだったし、

すごく紳士的で仕事ができて頭がいい、

って思ってたんで

ほんとに想像もできなかったような

あまりにおかしい反応に

たぶん当時もおかしい、

ってことには気づいていたと思います。

(でも、恋って盲目・・・なのか、

でも、自己愛人格障害について

詳しく学んでいくと、

だんだんわけがわかってきます。)

元旦那様と結婚していたころ、

元旦那さんの金銭感覚についていけないし、

生活以上のお金を使う人だったので、

tiaraが小さい子供がいるにもかかわらず

何とかバイトして

元旦那様には何も言っていませんでした。

それは元旦那様との関係を

みんながうらやむような

仲の良い夫婦でいることが、

夢だったからです。

実際にほとんど何も言わないTiaraに

「優しいね」とか

「ほんとに俺のことを分かってくれてる。」

と言われて

実際ほんとに元旦那さんの気持ちは

Tiaraが一番よくわかってる、と思っていたし、

Tiaraが少し頑張れば、

仲良くやっていけるならそれくらい頑張ろう!

という気持ちでいたからです。

でもだんだんTiaraに

不満が募ってきちゃったんです。

周りから言われる

「いい旦那さんだね~。」も

旦那様が外で見せる

俺が引っ張ってっている感じも、

嘘だよ。。。って

だんだん心の中で

たまっていっちゃったんですね。。。

自己愛人格障害の話なんて書いてますが、

元旦那様は自己愛人格障害ではありません。

Tiaraがいうんだから間違いありません。

もし、ほかの人が人格障害だ!

といってもTiaraがいうから

間違いないのです。

仮にほかの人が違うといっても

Tiaraが自己愛人格障害だ!といえば

元旦那様は間違いなく

自己愛人格障害です。

どうしてかというと、

自己愛人格障害は、相手にしかわからなく、

周りには

わからないようにしているので、

モラハラされている本人以外の人からは

むしろ人間的にめちゃくちゃいい人に

見えるのです。

元旦那様は、いたって普通の人です。

これは普通の男女が

普通にすれ違っていく

いわゆる普通の離婚ですw

(まれに、彼や旦那様ではなく

会社に自己愛人格障害の人がいた場合には、

周りの近くにいるごく一部の人からは

気づかれるかもしれませんが。

基本はターゲット以外の人には

出さないのが普通です)

なんとなくわかってもらえました?

これからTiaraの実体験から

モラハラに気づいていった過程をふまえながら、

できるだけわかりやすく

説明していこうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする