大好きな彼の心が分からないあなたは本当に間違っている?

こんにちは♡

 

今日は自己愛性人格障害の人の被害に合ってしまった人が、

本当に優しい心を持った素晴らしい人だということについて

お話しします。

 

Tiaraのブログを訪れてくださり、

自分の彼が、自己愛性人格障害だと気付いて別れる人が大勢いますが、

別れたあともずっと後遺症に悩んでいる方も

大勢見えます。

 

彼のことが大好きだったからこそ、

別れはショックで、今まで彼に尽くして彼を理解しようと頑張ってきた

自分の気持ちをどう整理していいのか分からないんだと思います。

 

でもね、1つよかったと胸をなでおろしていることは

ありますよね?

 

あなたが悪い、あなたがおかしい、と洗脳されていた彼の言葉は

意味のない洗脳の言葉で、あなたは間違っていなかったんですよね?

Tiaraは彼との幸せな未来を歩いていくことができないことは

もちろん悔やまれますが、

自分は彼を精一杯愛していたんだ、まちがっていなかったんだ、と

思えたことで、自分に自信がついています。

 

本当は彼に分かってもらいたかったけれど

それは自己愛性人格障害という病気のせいで

人の気持ちがわからなくなっているので

仕方のないことです。

 

今まで、人に話しても全然わかってもらえなくて

友達はもちろん、Tiara自身でさえ、

自分が間違っているのか、わからなくなっていました。

 

でも、同じような経験をしている人がたくさんいることで

皆さんもそうですが、

Tiara自身も、自分は間違ってなかったんだ、と

安心することができます。

 

 

世の中、誠心誠意伝えれば伝わらないことなんかない、ということが

きれいごとなんだということがようやくわかりました。

 

あなたも彼を分かろうと、彼に分かってもらおうと必死でしたよね?

幸せになるために

必死で努力をしてきたことはこころのどこかで

自分で分かっていますよね?

 

世の中、話をしても伝わらない人がいるのです。

あなたのしてきたことは自分に自信を持ってもいいんです。

 

自己愛性人格障害という病気が世の中からなくなれば

いいんでしょうけど、増えてきているといいます。

 

それは、これから親になる人たちが、

子供にどのように愛情を伝えていくかにかかっていると思います。

 

親が、自己愛性人格障害だった場合、かなりの確率で

自己愛性人格障害になるか、被害者体質になるといわれています。

 

親のほうもちゃんとした愛情を受けて育ってこなかったか、

もしくは子供のことも構ってられないほど

余裕のない状態で育てることになったかです。

 

Tiaraは子育てはもうほぼ終わっていますが、

二人とも、とてもいい子に育っていると思います。

 

ただ、母親が苦しむところをいっぱい見せてしまったことは

本当に悔やまれますが、

彼のいいところもいっぱい見てきたので

いいことを記憶に残して、

ひどかったことは、徐々に記憶を忘れさせようと思っています。

 

ここから先は、

Tiaraの幸せな姿だけを子供たちの記憶に焼き付けようと

努力します。

 

そして二人が幸せな家庭築くことを願ってやみません。

 

二人とも男の子ですので、

奥さんと子供にいっぱい愛情をかけられる優しいパパになってほしいと思っています。

 

それには、愛情をいっぱいかけてもらっている経験が必要だと

Tiaraは考えます。

[ad#co-1]

子供たちが、将来、自分のパートナーや子供に

愛情をいっぱいかけられる子に育つためには

愛情を知らなければなりません。

 

それは父親が母親や自分にかける愛情や、

母親が父親に向ける愛情を見せてあげないといけないと思います。

 

愛情はやはり学習していないと

愛情深い人には育たないと思います。

 

愛情もやはり学習が必要なのです。

 

憎しみばかりを見せつけられると

恐怖心からびくびくした子供になるか、やられる前に自分がやるほうに回る

残酷性の高い人に育ちます。

 

親だから何をしてもいいということはありません。

 

親と子供も 人間:人間なのです。

 

被害者であるあなたは、

彼に虐待されながらも彼に愛情を向け続けた優しい人です。

 

自身をもって幸せになってくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください