どうして自己愛性人格障害のひとはあんなにもひどいことをしているのに分かりにくいのか?

こんばんは♡

今日は、どうして自己愛性人格障害のひとは

あんなにもひどいことをしているのに

分かりにくいのかということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

ターゲットに選んだ人が

どんなに辛い思いをしようが

その嫌がらせ行為をやめることが

ありません。

どうしてあんなにもひどいことをしているのに

被害者本人や周りの人に

分かりにくいのでしょう?

それは、自己愛性人格障害のひとの

心の奥底には

その本人も気づかないところで

あまりの自尊心の低さに怯えていて

どうしても尊大な自分を魅せてしまいます。

そのため

かっこよくみえたり

尊大で立派な人に見えたり

知的で常識的な人物にも見えます。

普通の人から見ると

憧れの存在になったりすることもありますが、

本当は自己愛性人格障害のひとが

必死で自分を常によく見せているからです。

自己愛性人格障害のひとを

じっくりと観察してみると

気づくことがあるのですが、

出会ってまだ間もない人や

ターゲット以外の人たちには

嫌なことをほとんどしません。

優しくて親切な人物を演じたり

寛大で人間味あふれる人に見えたりもしますが

心の奥底では

人に嫌われることを

普通のひとよりも極端に恐れています。

とてもそんな風には見えないのですが

自分では本当は人間的に

価値がないと思っていて

それを全力で隠しています。

だから逆に立派な人物に見えるのです。

そして自分に価値がない、ということが

周りの人にばれないように

必死で隠しているので

尊大な人物を極端に演じすぎて

しまっているのです。

幼いころから

人から尊敬されることだけを

必死に守ってきているため

本当の自分をみせられないままに育った結果

自己愛性人格障害のひとには

本当の自分というものは

なくなってしまっています。

そして常に尊大な自分を

演じ続けているのです。

その中から

ターゲットになりそうな人を選ぶわけですが

自己愛性人格障害のひとが

近づいた人物の性格によっては

自己愛性人格障害のひとが

ターゲットにできるかどうかの

お試し期間の間に

自己愛性人格障害のひとが

ひどいことをしていることに

気づいてしまうケースも

あります。


自己愛性人格障害のひとが

人をつぶすことに

毎回成功するとは限らないのです。

そして、ちょっとした

嫌がらせ行為をしたときに

相手の人に気づかれてしまい、

嫌な顔をされたり、距離を置かれたりすると

ばれないように全力でいい人ぶったり

その嫌がらせ行為が相手の勘違いだった

と思うほどに親切にしたり

気配を完全に消して

極端におとなしくなったりします。

だから気づきかけた人も

自分が感じた嫌な経験とは

あまりにかけ離れた

自己愛性人格障害のひとの反応に

自分の勘違いだったのか?

と思い直す人や

自己愛性人格障害のひとが

この前はたまたま何かあって

機嫌が悪かっただけで

本当はいい人なんだ、と思い返します。

だから分かりにくいのです。

Tiaraの会社の

自己愛性人格障害の疑いのある女性ですが

Tiaraたちの席の部署で「いじめられた」

と言っているようで

完全におとなしくなっていて

おとなしくなりすぎて

存在感が全くありません。

自己愛性人格障害のひとの

この自分の嫌がらせが相手にばれそうになると

自分のほうこそが被害者だと

くるっと態度を変え

いじめられている雰囲気を出すのです。

Tiaraは自己愛性人格障害のことが

分かっていますが、

周りの人は、彼女のあまりの

変わりように驚いています。

むしろ彼女は

本当に悪気がなかったのではないか?

と思いかけている人もいます。

ですが、Tiaraがたまに廊下であったりすると

おそらく彼女はTiaraが怖がっているか

反応を見るために

わざわざそこにいたと思うのですが

廊下のところでマグカップをものすごく

不自然にゆっくり拭いたりしていて

不自然極まりありません。

TiaraのことをTiaraにしか分からないように

薄ら笑いを浮かべて分からないように

見ていたり

別の女性とこしょこしょ話をして

Tiaraがちょうど通りかかるタイミングで

「キャー」と大声を出し

ゲラゲラ笑ったりしているので

そんなことをしていたら

いじめられているどころか

彼女のほうが意地悪をしているようにしか

見えないのに

と思いながら知らん顔をして通り過ぎます。

自己愛性人格障害のことを

知らなかったころなら

(Tiaraがいじめたように

思われているのかな?)と

びくついたり、

(Tiaraの笑い話をしているんだろうか?)

と不安になったものですが

自己愛性人格障害のひとがやる行動は

初めからお見通しなので

やっぱりね、と思うだけです。

ちょうど通ってきたときに

「キャー♡」などと

大爆笑させる技術を

Tiaraは持ち合わせていませんが

すごいと思います。

そんなにも思い通りに

他人を操ることができるなんて

自己愛性人格障害のひとの

特殊な能力だと思います。

そして少しでも反応を返すと

おもしろがって

余計に攻撃を仕掛けてきたり

Tiaraたちにいじめられたように

言われてしまう可能性もありますので

Tiaraは無反応で通り過ぎます。

おそらく笑ったときも

Tiaraの話をしていたわけではないと

思います。

Tiaraは彼女と仲のいいこの女性に

一部始終話してあります。

初めは

「ちょっと、なんでそんなことになってるの?

何やったの?」とからかい半分で

笑われましたが

何にもしていないこと

彼女が機嫌が悪くなるとしたら

あまりにも不自然だということ、

向こうが普通にしてきたら話せるけど

おそらくそれはないだろう

一週間くらい待ってみる、

と話してあります。

そして1週間以上のガン無視が続いたため

それも伝え、あの人のことはもう気にしない

と相手にしないことも伝えてあります。

その時は、彼女が自己愛性人格障害かどうか

まだ、微妙な所でしたが

話しておいてよかったです。

だから彼女のお友達とは深入りせずに

普通に付き合っていますのでここで彼女が

おかしなことを言えば

分るでしょう。

だからきっと何も言っていないのです。

ですが、

Tiaraが(笑われている!)

と不安になる絶妙なタイミングで笑い、

声の大きさを合わせただけだと思いますが、

自己愛性人格障害のひとはこの辺のやり方が

絶妙にうまいのです。

彼女はおそらく何も言っていないでしょうし、

彼女がTiaraのことを悪く言えば言うほど

おかしく見えるくらい

Tiaraは周りの人たちと

仲良く穏やかに過ごしています。

そしてそれは

自己愛性人格障害のひととは違って

周りの人に良く思われようと

必死で努力して演じているわけではなく

きわめて普通です。

幸い彼女が部署を変わってから

気を使う人が誰もいなくなったので

みんなの雰囲気が穏やかで

普通になりました。

だからそこでいじめがあったと

言えば言うほど

おかしくなるのです。

そして彼女はこうやって

周りの人を使いながら

Tiaraの様子を見ています。

そしてTiaraが少しでも

びくびくしたり

怒ったところを見ると

そこから「あの子変だよね?」

と笑いものにしたり、

「ほら、すごい怒ってきたから怖い!」と

彼女の気分次第でいくらでもいえるのです。

ですが、彼女はもうすでに

2種類の態度をとっていますので

どこかでそれがばれると

彼女がおかしいことに気付かれます。

そしてこの友達がいないときは

本当にいじめられているのではないかと

思うほどにおとなしいのです。

もはや気配もありませんので

おそらく彼女は自己愛性人格障害でしょう。

そして自己愛性人格障害である限り

Tiaraは全く相手にしません。

そして自分の周りの

本当に大事だと思える仲間だけ

大切にしているのです。

このように自己愛性人格障害に人は

自分が悪く見えると判断した時点で

驚くほどおとなしくなります。

それが自己愛性人格障害のひとの

嫌われない不思議な力なのでしょう。

自己愛性人格障害だだと

ばれた人にだけは

近づいてこられないのです。

自己愛性人格障害とは

人から嫌われることを

極端恐れていることから

人に嫌われないように

気配を消すことが驚くほど上手い

不思議な人たちなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする