夫婦の場合

こんにちは♡

いつもモラハラ彼氏のことで例を出していますが、

これが旦那様になりますと

もっとひどいことになります。

身内を巻き込んで

子供や奥様の両親を味方につけて、

奥様の出来が悪いためにモラハラの旦那様が、

非常に迷惑(苦労している)とか、

ちょっと衝撃的なものは

ひどいと亡くなってしまう方や

精神を病んでしまう方も大勢みえます。

特に専業主婦だったりすると

旦那様と別れてしまうと

収入元を絶たれてしまうため、

生活に不安を覚え

なかなか抜け出せない人もみえます。

自分から離れていかないと確信すると

モラハラはますます加速していきます。

同じ家庭内だと旦那さんのことを言っても

ただの夫婦問題と勘違いされて

周りの方からも相手にされない

というケースも見受けられます。

そういった場合、どんどん孤独になっていき、

自分の旦那さんがやっていることは

被害者の奥様の目には明確になっていきますが、

ひどい場合、

子供までお母さんが悪いと思うようになります。

分かってもらおうと話した場合、

「そんなことする人じゃないのに

(モラハラ旦那様のこと)最低」と

奥様のほうが八方ふさがりになり、

どんどん追い詰められていきます。

周りの友達に話しても

「うちもそうだよ。どこもおんなじだよ。」

と言われてしまい、

軽くあしらわれて余計傷つくことになります。

もし、夫婦の場合も

離婚したほうがいいということになります。

Tiaraも離婚していますが、離婚は、

特に子供がいる場合、

子供から父親を離してしまうことにもなりますし、

奥様が専業主婦だった場合、

収入の面でも不安になりますので、

離婚はできるだけ避けたい、

と考える方がほとんどでしょう。

でももし、モラハラに気づいたのであれば、

できるだけ早めに離婚することをお勧めします。

なぜならモラハラが

自己愛性人格障害が原因で行われていた場合、

まず治ることはありません。

もし、自己愛性人格障害ではなかったのであれば、

嫌だと伝えた時点で

今後の素行を考えてくれるでしょう。

そして本当に改めてくれると思います。

もし、自己愛性人格障害だった場合は

モラハラは少しも弱まることはありません。

(たとえ1時期的に弱まったり、

「離婚」という言葉が奥様から出て、

それを断固として決行する!という強い意志が

奥様から見られた場合は、

一時期的に、ほんとにいい人になり

「俺が悪かった。もう二度としないから俺を捨てないでくれ!」

というようなことを言うかもしれません。

でも奥様が、それを聞いて思いとどまった場合、

またしばらくすると、

以前よりも強い力で

モラハラが復活するのは目に見えています。

その時は本当に怖い思いをするでしょう。

もし、経済的なこともあり、

しばらくは離婚できないといった場合は

旦那様に逆らった、と、

とられるような行動は避け、

徹底して旦那様との接触を最低限にし、

旦那様に隠れて就職活動やら、

出ていっても生活できるような貯金やら

準備しておくとよいでしょう。

あなたの心をつぶされないためにも。

以前は、Tiaraも努力すればうまくやっていけると

何度も元カレとやり直そうとしていました。

自己愛性人格障害に気づいた後も、

何度も何とか治せるんじゃないか、

と思って調べ、いろんな行動を変えてみました。

でも、あんなに別れたくなかった元カレとは、

絶対に一緒にいては危ない

ということを身をもって経験しましたので、

できる限り早めに離れることをお勧めします。

気持ちのもっていき方はまた、

順をおって説明していきますね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする