話の通じない人たちがいる

こんばんは♡

 

今日は、世の中には、誠心誠意、話をしても話の通じないひとたちがいる、ということについて

お話ししようと思います。

思えば、今までのTiaraの人生は苦しいことがいっぱいあったような気がします。

 

性格は人一倍明るい方だと思います。

でも、なぜかたびたび

人が悩まなくてもいいようなことで、

深く悩んでいた気がします。

 

でも、今はもう、今後もたぶん、それはないような気がします。

 

そういう人には、2度と近づきません。

 

それはたぶん、自己愛性人格障害というものを知って、

話をしても、話が通じないひとたちがいることを

知ったからだと思います。

 

今までは、そういう人に向かって、

一生懸命分かってもらおうと話をしていた気がします。

 

悩んでも仕方がないのです。

彼氏としては初めてですが、

他の人でたくさんの自己愛性人格障害の人たちと関わってきたような気がします。

 

Tiaraが小さいころから学んできた

一生懸命頑張って伝えれば必ず伝わる、というのは

きれいごとだったと思います。

 

子供のころ道徳という授業がありましたが

何年か前から、もうないそうです。

 

どちらかというと、その道徳を重んじて

頑張れば頑張るほどターゲットになっていくそうです。

 

だからと言ってすべての人ではなく

それは本当にごく1部の人が、

誠心誠意話をしても通じないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

他人の心が分かりません。

自己愛性人格障害の人は、

普通の人よりも傷つきやすく、自分が傷つかないように

常に虚勢を張っている状態なのです。

 

 

相手が誠心誠意、向き合うのが分かると嬉しくなって

離さないのです。

 

うれしくなって離さないのは、

虐待しても逃げていかないから、

自分のことを信用させて

自分が常にその人の上に立つことで

自尊心を必死に守ろうとします。

 

それほどまでに自尊心が傷ついてしまっているのです。

ターゲットになりやすい人は、

相手の心を自分のことのように感じる人が多いので、

もしかしたら自己愛性人格障害の人の悲しみが

分かるのかもしれません。

 

でも、そばにいて尽くせば尽くすほど

自己愛性人格障害の人は

どうしてもその人を潰さずにはいられないのです。

 

そしてそばにいれば、

だんだんにターゲットに価値がない、と自分で思い込み

自分を保とうとしているのですが、

それを自分でしているにも関わらず

ターゲットのことを本当に価値がないと思い込み

その人を捨ててしまいます。

 

 

そして、無くすと

また自分を保てなくなって、必死に取り戻そうとするのです。

 

でも、それはあなたを愛しているからではありません。

自分が虐待しても離れていかない体質の人を

どうしてもつぶす道具として

自分のそばに置いておかなければ生きていけないのです。

 

あなたは、そんな自己愛性人格障害の人の自尊心を保つために

潰されてもいいですか?

 

それがあなたの愛ですか?

 

あなたが幸せになりたいと思って必死に守っているその彼は

自分でも自分をコントロールできない

恐ろしい自己愛性人格障害という病気なのです。

 

悲しいですが、そばにいることはできません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください