被害者は人の責任まで負ってまで生きている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者の人は

人の責任まで負って生きている、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

Tiaraは優しいことはいいことなんだって

今まで思って生きてきました。

 

でも、あなたは

人に寄り添いすぎて

自分のせいではないことまで

責任を負いすぎています。

 

どんどん潰されていくことに

気づいてはいませんよね?

 

自己愛性人格障害の被害者になるような人は

理不尽なことを言われても

自分のせいではない、と

いうことができません。

 

ちょっとくらい、まいっか。

もめるくらいなら黙っていよう。

 

そう思います。

 

ちょっとしたことなら水に流そう。

 

これが

自己愛性人格障害が相手だった場合は

あなたは自分がしていないことまで

していると思われて

周りからの信用を失っていきます。

 

違うことは「違う」と言えないのです。

 

これは被害者は

いい人だと思われたいと

無意識のうちに思っていて

はっきりと断れないところからきています。

 

はっきりと断れない、ということは

いい人だと思われるわけではなく

ただ単に他人にとって

都合がいいだけです。

 

いい人だとは思われていません。

 

それよりも

あなたのせいにしても

どうせ誰にも言わないと

軽く見られているのです。

 

それが積み重なると

あなたは本当に

いい加減な人だと思われていきます。

自己愛性人格障害の人は

人よりも自分が下だと思うことは

極端に怖いので

自分のほうが上だということに

常に必死です。

 

そのために

分からない程度に

あなたを悪者にします。

 

あなたは

いい人だと思われたいと

無意識思っている気持ちから

はっきりと断ったり、違うと言えず

自分の信頼を失っているのです。

 

自己愛性人格障害の人と

被害者は持ちつ持たれつです。

 

自己愛性人格障害の人が

あなたが悪く思われるように

あなたが知らないうちに

いろいろ饒舌に話をします。

 

そして

自分がその大変なあなたの面倒を

見ている、と思われるように

常に無意識に振舞っています。

 

自己愛性人格障害の人は

面倒見のいい責任感の強い人

に見えますが

実はそうではありません。

いい加減に思われてしまうあなたのほうが

むしろ責任感が強すぎるのです。

 

違うとはっきり言えない性格のため

あなたがしたことになってしまっていることも

ちょこちょこあります。

 

そしてあなたは

徐々に信用を失っているのです。

 

そして気づいた時には

もうあなたの周りには

誰もいません。

 

 

 

それは、あなたの優しさから来たり

細かいことまで言わなくても

と水に流してきたことから

あなたがしていないことまで

している、と思われたりします。

 

本当は、人がしたことを

あなたのせいにされていても黙っている、

という行動に

つながりやすくなっています。

 

そしてあなたは

だんだん周りに信用されにくくなって

自己愛性人格障害の人は

言葉巧みに周りの人の信用を得ています。

 

そして誰もあなたをかばわなくなるのです。

 

はっきり言わないことは

優しさではありません。

 

ただし、相手が自己愛性人格障害だった場合、

敵対視されてしまいますので

本当のことは

自己愛性人格障害の人ではなく

周りの人に言うようにしましょう。

 

あなたがしたことでないことの

責任は負う必要がないのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください