自己愛性人格障害の人は、被害者から何もかもを奪って何もなくなったところで一気に捨てる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は、

被害者を孤立させる、ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の話って

被害にあった本人にも分かりにくいし、

周りの人からも気づかれにくいです。

そして、もしかしたら、

やっている自己愛性人格障害の人本人も

自分が何をしているのか

正確なところは気づいていないのかもしれません。

しかし、

その脳の構造により

みんな似たようなことをするので

さんざん被害にあった人や、

被害にあった人同士で話をすると

共通の行動があることに気づきます。

だから、自己愛性人格障害が

これだけメジャーになってきたのだと思いますが、

昔は、本当に分からなかったでしょう。

自己愛性人格障害の特徴の一つとして

被害者を孤立させる、というものがあります。

これには、事態が最悪の状態にならないと

分からないので

最後まで自己愛性人格障害の人と

いっしょにいてしまいます。

被害者自身が、

自己愛性人格障害の人と

一緒にいようとするので

周りの人が、

彼に説教ばかりされていて、

かわいそうだけど

面倒見てもらっているんだな、と思ってしまいます。

仲はいいけど

けんかしているだけなんだな、

ととられてしまいます。

そこには、あなたが、

彼のことを信じようとするけなげな気持ちが

あります。

どんなにひどいことをされても、

最終的にはあなたのことを思ってやってくれている、

と信じていたいのでしょう。

でも、残念ながら、

自己愛性人格障害の人は、

本人に自覚があるかどうかは分かりませんが、

あなたが周りから信用を失うように

周りの人があなたを

助けることができないくらいまで追い込んで

あなたに何もなくなったところで

あなたを一気に捨ててしまいます。

その時には、あなたは

友達も、仕事も、お金も、助けてくれる人も、

すべて無くしてしまうでしょう。

相談者のほとんどが、

相談を聞いているうちに

仕事や家族、友達を失ってから

彼が激化している、あるいは

彼が、激化したことにより、

そのすべてを無くしています。

できるだけ早く、離れてくださいと言っても

ほとんどの人が、

最後まで離れようとしないのです。

少しでも、早く離れれば、

1つでも残った状態で別れることができますし、

早い段階で気づいた人は、

何も失わずに彼と別れています。

あなたは、あなたが愛する彼から

すべてを奪われ評判を落とされているのです。

彼らは何が目的なんでしょう?と

聞かれることもありますが、

自己愛性人格障害の人にとって

目的は、ありません。

自分の心の中の恐怖を

取り除こうと必死になっていると

どうしてもそばにいる人を潰して

なにもかも奪うことでしか

勝った、と思えないのです。

安心して日常生活を送れないのです。

そして最後には、

彼らにも後悔しか残りません。

現に、自分の激化により

彼女と別れてしまった自己愛性人格障害の人も

悩んでTiaraのところまで

相談に来ているのです。

でも、それは、本人がなんとなく

自分はおかしい、と気づいても

よほど努力をしないと、

そばにいる人を潰さず、まともにはいられないでしょう。

自己愛性人格障害の人は、

その心の中の、自分には価値がない、

と思う強烈な恐怖から、

そばにいる人の笑顔を見るたびに潰し、

そばにいる人に仲のいい人がいれば、

その人との仲を潰し、

そばにいる人の評判が良ければ、

その評判を潰すことによって

毎回、自分のほうが上だ、と常に確認して

生きていないとまともにはいられないのです。

だから、あなたがかわいそうだと思ったりしないし、

善悪の区別は、ついていないのです。

だから、できるだけ早く気づいて

彼を恨むことなく、

あなたの精神状態とあなたの立場を守るためにも

できるだけ早く逃げてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする