被害者の人の依存について

こんにちは♡

今日は、被害者になる人の依存について

お話ししたいと思います。

被害者になるような人は、いわゆる共依存といわれていますが、

被害者は、自己愛性人格障害の人に依存しています。

彼に幸せにしてもらえる、と思っているのです。

自己愛性人格障害の人は、その気持ちを利用します。

自分にすり寄ってくる人以外には、

モラハラはやろうと思ってもできないからです。

モラハラのやり方は簡単。

覚えれば誰でもできます。

ただ、普通の人はそんなことしたいとは思わないし、

そんなことをする人がいるとは思いつかないのです。

そして、いい人ほどターゲットになりやすいです。

いい人でなければ、相手がそういうことをしていることに

気づくのです。

少しでも、自己防衛本能のある人は

自分が不快なことをされていると思うと

自然に離れます。

相手に依存をすることは、楽に感じますが

自分を持っていないということは、

怖い目にあいやすいです。

力のない人は、自己愛性人格障害の失敗を

転記されるターゲットになり、

自己愛性人格障害の人の失敗を

全部背負わされます。

普段から、自己愛性人格障害の人には、

自分の失敗をなるべく見せないように

気を付けましょう。

こんな失敗しちゃった、と軽くいって

冗談みたいにする人がいますが、普通の人には

「あはは」で済むのですが、

自己愛性人格障害の人は、ひそかにストックして

それを自分の都合のいい時に使います。

自己愛性人格障害の人が分かりにくいのは

何事もその場では使わずストックするからです。

気を付けてください。

それができずにターゲットになってしまっている人を

いっぱい見かけます。

そんなことをしている人がいるなんて思ってもいないからです。

普段から失敗をなるべく見せないようにしてください。

オーバーリアクションで正直な人は、特にターゲットになりやすいです。

普段から、人の責任まで取ろうとして、

必要以上にいい人であろうとしてはいけません。

そういう人も良くターゲットになっているところを

見かけます。

あとターゲットになりたくなかったら

力をつけるべきです。

力のない人もまたターゲットになりやすいです。

そして被害者のほうも本当に理解していないのに

うなづいていることも多いです。

本当に理解していなかったらうなづいてはいけません。

ただ、怒らせると怖いからと

うなづいていると余計にターゲットになりやすくなります。

自分からしがみつくのではなく、

あなたの魅力を磨くことを楽しんでください。

共依存の人は

まず、自分をしっかり確定させることをしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする