被害者の人の依存について

こんばんは♡

今日は

自己愛性人格障害の被害にあってしまった人の

依存についてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人の被害にあった人は

いわゆる共依存と言われていますが、

被害者の人は、

自己愛性人格障害の人に依存しています

 

彼に幸せにしてもらえる、と思っているのです。

 

自己愛性人格障害の人は

その気持ちを利用します

 

自分にすり寄ってくる人以外には、

モラハラ行為はやろうと思ってもできないのです。

やり方さえ覚えれば

簡単にできます。

 

いい人、優しいひと、正直な人、

思いやり深い人、善人ほど

ターゲットになりやすいです。

 

極端にいい人でなければ、

相手がひどいことをしていることに

すぐに気づくので

自己愛性人格障害の人から

即座に離れます。

 

責任感の強い人ほど、

ひどいことをされていても

それは自分のせいだと思い込みます。

 

根性のある人ほど

がんばって自己愛性人格障害の人との関係を

良くしようと努力を続けてしまいます。

 

そして彼のことが好きで

彼に幸せにしてもらえる、と思っている場合、

その思いに依存して

自己愛性人格障害の人が

ひどいことをしていることに気づきにくいのです。

 

相手に依存していると楽だと感じやすいですが

自分を持っていなくて

相手に合わせるということは、

怖い目にあいやすいです。

 

要するに相手に寄りかかっていると

彼が、あなたを支える手を

ひょいっと放してしまうとそのまま倒れてしまいます。

 

自分で立っていることができません。

でも、彼があなたを支える手を

支えていようが離そうが、

あなたが自分で立っていれば倒れることはありません。

 

相手に依存するということは

楽なように感じられますが、

非常に不安定なのです。

 

モラハラ行為は、

彼にもたれかかっている人には

非常にやりやすいのです。

 

 

あなたが彼に依存していなければ

彼があなたに嫌なことをすれば

あなたは即座に、彼から離れます。

 

そうすれば、モラハラ行為をすることができませんし、

あなたが気にしなければ、

彼がモラハラ行為をしていても

彼が1人でしていることになります

 

相手に依存していなければ、

怖くないのです。

 

あなたの彼がもし

自己愛性人格障害だったとしたら

彼に依存していても

意味がありませんし、

彼の中の怒りの感情のはけ口にされるだけで、

彼といても

幸せにはなりません。

 

あなたは彼の自己愛性人格障害という症状が起こす

尊大な自分を魅せつけていなければならないところを見て

彼に魅力を感じているだけなのです。

 

その魅力は本物ではありませんし、

彼が自己愛性人格障害ではないとしたら

魅力的な彼についていっても

モラハラ行為をされることはありません

 

あなたが意味もなく

彼から理不尽に嫌がらせ行為をされていることに気づいたら

彼に依存することは、やめましょう

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください