必死で本気にさせておいてどん底まで突き落とすことをやめられない病気

こんにちは♡

今日は、あんなにも好きだと言ってくれたのに

軽くあしらわれるわけについて

お話ししようと思います。

最近相談の中で、別れた彼からの嫌がらせに苦しむ方が

いらっしゃいました。

出会った当初は、毎日のように思いをつづったラインに電話に

こんなにも愛されていると一気に彼に夢中になったそうですが

これも自己愛性人格障害の人に

多い症状です。

自己愛性人格障害ではない人も

女の子を口説くときは、はじめはやはり夢中になるので

毎日のように連絡があり、好きだとか会いたいとか

言われたりします。

長年付き合っていくと、だれでも

マンネリ化してきて多少は、出会った当初より

連絡が減ってもなんら不思議はないです。

一生懸命お付き合いをしていても

ダメになってしまうこともあると思いますが、

自己愛性人格障害の人は、

決定的に何かあったわけでもないのに

怒鳴り散らしたり、何でもあなたのせいにしたり

もしくはあなたに価値のないように軽くあしらったりします。

悲しいのは、あなたが本気で考えているのに

軽くあしらわれたり、あっさり捨てられたり、

あっさりほかの女の子に夢中になったり、

そしてそれをわざわざ見せることですよね。

それは、結論から申し上げますと

そういうことをすることによってしか

自己愛性人格障害の人は

満足できないからです。

要するに、人よりも優位に立っていないと気がすまないので

例えば、相手が自己愛性人格障害の人に

興味を持っていない人にやっても意味はないのです。

むしろ、自己愛性人格障害の人は

自分に興味を持ってもらえないことに

強烈に恐怖心をいだきます

だからそういう人には何もできないのです。

もし、あなたが、

彼からそういった嫌がらせを受けたくないのであれば、

自己愛性人格障害の人に

興味を持たないことです。

興味を持つということは

好きになることと同じくらい嫌いになることも

興味をもっている、ということになります。

嫌いになる必要もありません。

彼は、自己愛性人格障害という

彼自身にも止めることができない病気なのです。

だから、あなたが彼に馬鹿にされるような存在なのではなく、

彼は、どうしても誰かにそういうことをしていないと

いられないほどの病気だから

嫌がらせをやめることができないのです。

あなたのせいではありません。

あなたがいなくなれば、

また違う誰かに同じことをします。

違う誰かがいなければ、

必死で尊大な自分を魅せつけることをやめられず

そのストレスをぶつける相手がいなくて、

怒りの感情をくすぶらせて

ますます不満が爆発的にたまっていきます

すると、こっそりと誰もばれないように

ストレスを発散させることができる恋人がいないので

あらゆるところで、彼の爆発が出るようになり

だんだんと周りの人が

彼がおかしいことに気づき始めます。

もしくは、また彼の尊大な姿に魅せられて

彼の言葉を信じ、恋人になった人がいたとしたら

またその人に同じことを繰り返すでしょう。

だから、だれにも知れず、

こっそり怒りを好きな時にぶつけられる人が

彼のそばにいたらいけないのです。

彼がおかしいと感じたら

できるだけ早く離れて、彼も周りの人が気づき始めると

周りの人を見て、人の感情を見ることしかできませんから

人が離れていけば、

自分がおかしいと自覚するきっかけになるのかもしれません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする