必死の努力により趣味を極めてしまうことについて

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の趣味について

お話しようと思います。

Tiaraもわりと多趣味なほうで

子供のころからいろいろなことをしていますが、

被害者の方から寄せられたコメントに

自己愛性人格障害の人の趣味について

書かれているものが多くあります。

自己愛性人格障害という症状のため

尊大な自分を見せ付けるために

必死で努力している彼らですので、

そうしているうちに

いろいろなことを極めてしまうようです。

それも自己愛性人格障害の人が

魅力的に見える理由の1つにも

なっているようです。

いろんなことを極めてしまう人が

全て、自己愛性人格障害ということではありません。

しかし、自己愛性人格障害の人は

特別な自分しか認められないので

その必死の努力により、極めてしまう人が多いようです。

趣味の他にも極めるまで

惜しまぬ努力をしているうちに、

医者や弁護士、学校の先生になるひともいるようで、

こういった有能な職業の方の中にも、

自己愛性人格障害の方が、多いようです。

普通の人よりも

異常な恐怖心により、

必死の努力をやめられない病的な状態ですが、

それくらい必死なので

能力を発揮してしまうようです。

自己愛性人格障害のひとのなかに

魅力的な人が多いのも納得できます。

だから病気の原因となっている価値のない自分など、

もともと存在しないのです。

それが幼い頃の環境により

自尊心がまったくなくなっていて

生きている価値がないと、自分で思ってしまうほどの恐怖心を

いだいてしまっているんです。

初めからこんなことをするのは

まったく意味のないことです。

それなのに、

価値のない自分だと言う思い込みによる恐怖により、

近くにいるひとを

地獄に突き落としてしまっているんです。

本当に恐ろしいことです。

そしてそれを世の中のひとは

そんなことあるはずがない、と思い込んでいる。。。

回りの人が自己愛性人格障害という病気の人が確実にいる、

ということを 理解し、

自己愛性人格障害の被害から、

助けてあげなければならないのです。

でも、自己愛性人格障害のひとも

わざとやっているわけではなく、

自分のその感情が正しいものだと

思い込んでしまっています。

教えてあげたいと思いますが、

教えても自分が間違っていると認めることも彼にとっては

究極の恐怖となりますので、

教えてあげることは、大変危険です。

だから教えてあげることもできずに、

ただ彼のもとから姿を消すことしか、

自己愛性人格障害のひとから身を守る方法はないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする