人のせいにする自己愛性人格障害の心情は?どうしてそんなことをするの?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

なぜか

人のせいにする自己愛性人格障害の人の

心情について

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の人は

どうしても人のせいにします。

それは、自己愛性人格障害の人は

責任が取れないからです。

どうして責任が取れないかというと

自己愛性人格障害の人は

その自尊心の低さにより

どうしても人の上に立っていないと

気がすみません。

気がすまない、というよりは

人の上に立っていないと

あまりの自尊心の低さにより

極度の不安状態に陥ってしまいます。

人につぶされるのが怖いのです。

人につぶされないために

必死で大きなことをいい、

尊大な自分を魅せつけていないと

不安になるので

とても立派な人に見えますが

実際はそうではありません。

あまりに気が弱いため

怖くてありのままの自分が

見せられないのです。

そのため、実際よりも

大きなことを言っていることが多く、

本当は責任が取れません。

しかし、責任が取れないことを

認めたくないので、

どうしても人のせいにしてしまうのです。

たとえば結婚などは

責任が大きく伴うので

できないのですが、

いつも尊大な自分を見せているため

どうしてもその流れで

結婚まで話が進んでしまうことがあります。

そのときはいろんな理由により

結婚できない理由を述べるのですが

仮に結婚したほうが都合がよければ

結婚することもあります。

しかし、その結婚は長く続かないことが多く、

多くの場合は短い期間で破綻するか、

妻を自分の自尊心を保つための道具にします。

だから結婚したほうが

より深刻化しやすいのです。

結婚は自己愛性人格障害の人にとって

責任感が強いようにも見えますし

家の中で行われているので

外からはたいへん分かりにくいです。

精神的な虐待をしていても

外では良い夫を演じ、

妻を心配しているような顔をしてれば

分かりません。

そしていかにも自分が面倒を見ているような顔をして

実はすべての責任を取らせるのも

妻には好都合なのです。

どの人と結婚しても大体が同じことになるのですが、

まれに、自己愛性人格障害の人でも

最初の妻との間は、自己愛性人格障害の人のほうが

立場が上であった場合でも

2万目の妻の場合に従順になる場合もあります。

その場合は

2番目の妻のほうが有能でかなり強い場合は

そうなることもありうるのですが、

本当にかなり能力が高い場合で

ほとんどの場合は妻のほうが負けてしまいます。

ですから本当に不幸な結果になることが

多いので、

もし、自己愛性人格障害の人よりも

強くなりたいときは

かなりの努力をしなければなりません。

そういった場合は、

責任感のない自己愛性人格障害の人でも

結婚を持続させることは

可能なのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする