人格否定をする自己愛性人格障害

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

人格否定についてお話しします。

自己愛性人格障害の彼が激化すると

ほとんどといっていいほど、それまで

愛を注いできたパートナーに対して

人格否定をしてくるそうです。

Tiaraも恋愛は、それなりに経験があるのですが、

誰一人、別れるときに相手の人格否定や全否定など

したこともされたこともありません。

一生懸命付き合ってきて、それでも

どちらかに別に好きな人ができてしまったか、

何か事件が起きて、どうしても一緒にいられない、

もしくは離れたほうがお互いに言い、と判断したときに

その人から別れを切り出します。

Tiaraも別れを言ったことも言われたことも

ありますが、どちらの場合もお互いに納得できています。

別れのその瞬間は、

今までの楽しかった思い出がよみがえり

何とかもう一度やり直せないか、

という話になることもあるのですが、

それでも別れたほうがいいよね、となったとき

残念だけど別れを決意します。

でも、お互いに好きだった気持ちは忘れてはいないので

元気でね、とお互いの幸せを祈りながら別れます。

付き合っていくうちに

だんだんと言いたいことをお互いに言うようになり

ケンカがちになると

このままいてもよくないよね、と

話し合って別れるパターンがほとんどです。

中には、喧嘩別れをしてしまった、

なんていう人もいると思いますが、

お互いその時はののしりあったりしているかもしれません。

でも最低でも、人格否定や全否定、

君は頭がおかしい、などとは絶対に言いませんよね?

だって今まで自分も好きで付き合ってきた人ですよ?

性格が合わない、ということは

よくあると思いますが、

そもそも全否定するような人間と

お付き合いなんてしないし

ケンカ別れの場合も後悔してしまいますよね。

そのあと引くに引けなくて、、なんてことはあると思うのですが、

人格否定なんて、嫌いな人間にでもめったにしません。

ところが、このTiaraの相談室に相談に訪れる方のほとんどが、

人格否定、もしくは全否定をされています。

今聞くとびっくりするような話ばかりです。

人を人格否定するような人間は普通の人ではないと思います。

Tiaraも別れるとき、全否定をされました。

料理から私生活、仕事、何から何まで

ダメだと言われました。

さすがに。。。

おかしいでしょ。

そこまで思ってて口説いたの?

あんなに口説いたのに?好きだといったのに?

さすがに気づきますよね。

この人わざと言ってるなって。

ありえないですよね。

この人格否定、全否定の中には

自己愛性人格障害の人の

究極に人の上に立とうとする

極端すぎる恐怖心に勝とうとする気持ちが見えます。

どう考えても恋人を全否定している人が

おかしく見えます。

そこの部分が病気なのです。

たしかに合わないところはあると思います。

みんなその部分でけんかになりますから。

同じ人間なんてどこにもいないですもんね。

関係性が近ければ近いほど、

不満もたまりやすいとは思います。

でも、さすがに全否定ってね。。

極端でしょ。

子供のケンカじゃないんだから。。

ところが、ほとんどの被害者の方が

自分が悪いと思ってるんです。

それを全部治して彼といたい、と思うそうです。

もしくはこんなにひどい私なのに

付き合ってくれるのは彼しかいない、

と思ってしまうそうです。

はっきり言います。

そんな人は彼だけです。

あなたはそんな人間ではありませんし、むしろ

彼のほうがどうかしています。

あなたは

そこまで言うひどい人間に気づいていません

たとえ、仕事ができようと

お金を持っていようと、

上流階級の人間だろうとそんなことを言う人は

もはや人間ではないです。

それなのに辛いけど全部治して彼に一緒にいてほしいんです、

と言われますが、

あなたは心を潰されています。

全部治したら、

それはあなたではありません。

彼は、あなたに、誰か別の人間になれ、と言っているのですか?

それならそういう人と付き合ってください、

といえばいいんです。

どんな人間にも美しさはあります。

たとえどこにも何も取り柄がないとしても

彼のことを思って尽くしていますよね。

それを人格否定している彼は

人を見る目がありません。

彼は自己愛性人格障害という病気のために

極端に人をどん底まで潰してしまうのです。

彼と離れたらきっとあなたは

輝きだします。

あなたの魅力に近づいてくる人は

本当にあなたのことを分かってくれる人なので

あなたの人格否定をするような彼とは

即座に距離を置いてけっして近づかないでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする