イベント前に事件をわざわざ起こす自己愛性人格障害の特徴

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼は、

イベント前後に何か事件を起こす、

ということについて

お話したいと思います。

昨日は、クリスマスイブでしたね。

何事もなく過ごせた人は

よかったと思うのですが、

自己愛性人格障害の人は、

イベント前後に

トラブルをわざわざ起こすのは

珍しいことではありません。

女の子って記念日とか、イベントって

大好きな子が多いですよね。

いまどきのカップルは

月に何回も記念日があったりするのも

普通みたいです。

自己愛性人格障害の彼と付き合っていると

そんなことも忘れてしまいますよね。

普通のカップルにとって

イベントや記念日は、とても大切なものだと思うし、

二人にとって最高の日でもあります。

付き合う年数がたつにつれて

だんだん慣れてしまうのは

仕方のないことですが、

しばらくは付き合う楽しみの1つでも

ありますよね。

でも、自己愛性人格障害の人にとっては

違うんです。

嫌がらせの道具に使うことも

よくあることなので

彼が、自己愛性人格障害だとしたら

それもはじめから心得ておきましょう。

そのほうが、

傷つかずにすみます。

自己愛性人格障害の人は、

あなたが絶対に裏切らない

自分のパートナーだと思うから

安心して嫌がらせができるんです。

分かってくれるよね。という感じです。

それがあなたの自分に対する愛情だと

思っているんです。

あなたが受け止め切れなくなると

裏切られた、とか見捨てられる、と不安になり

しがみつき行為を必死でしてきて

熱烈に愛を訴えてきます。

普通の人と逆ですよね。

普通の人は、

自分を愛してくれる人を

大切にします。

でも、自己愛性人格障害とは、

幼いころに

本来の自分をありのまま愛されなかったために

自尊心が極度に低く、

自分が存在する価値のない人間だということに、

極度の恐怖心を抱いています。

それが、恐ろしくて

自分を尊大な存在だと

常に思わせてくれる

究極の愛を向けてくれる存在を

あなたに求めているのです。

そのことで精一杯なために

あなたを大切にする、という余裕がないのです。

本来、自己愛性人格障害とは

その恐怖から逃れるために、

必死で努力し続けているので

すばらしい才能を持った人や

素敵な人が多いです。

それなのに

それを自分で認めることができず、

絶えず人と比べて、

その人を極端なほどつぶしてようやく満足するのです。

でも、極端なほどつぶされているあなたは、

だんだんに彼に対して

恐怖心を抱くようになります。

何もしていないのに

そんなことばかりされていたら

あなたの精神状態が持ちません。

普通の人と付き合っていれば

そんな思いをする必要も

何とかして彼にわかってほしいと

必死になる必要もなく

ただ、あなたの愛情をただただ喜んでくれて

あなたを愛してくれる人が

待っているかもしれないのです。

あまり知られていない

もしかしたら昔から大勢いたかもしれない

自己愛性人格障害という病気に

知らずにかかわってしまっただけなのです。

彼がどんなに魅力的に思えようが

それは、一方的な思いで

彼はあなたを徹底的につぶさないと

生きていけない精神状態なのです。

薬でも飲んでくれて落ち着くのであれば

いくらでも飲ませたいですが、

これは、人間の性質のようなもので

治るとか治らないとかの問題では

ないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする