自己愛性人格障害の人は怒りを抑えることができない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害は、

怒りを抑えることができない、ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人が、見た目は普通の人に見えて

とてもそんな病気に見えないのですが、

見えない理由は、

怒りを自分の都合のいい時に

出したり引っ込めたりできるからだ、ということをお話ししました。

怒りは、自己愛性人格障害の人のなかで

抑えられてはいないのです。

怒りの矛先の相手が

自己愛性人格障害の人にとって

怖い存在、逆らえない存在の場合は

その人ではなく、

自己愛性人格障害の人にとって怒りをぶつけるのに都合のいい人

に向けられます。

例えば、言い返せない人、気が弱い人、

ひどいことをしても決して自分から離れていかない人。

そういう人が現れるのを待って、

その人に、自分が向けられなかった怒りを

吐きだして

ターゲットになった人をつぶして優位に立ち

自分の尊厳をまもり、一時期的にすっきりします。

怒りを消化したり、相手もそんなときもあるよな、

と自分に当てはめてほかの人にも虫の居所が悪い時がある、

ということが理解できないのです。

自分のことしか考えられず、

相手にも感情があり

傷ついたり、悲しんだりする、ということが

考えられないのです。

自己愛性人格障害の人は

なぜか権力者や地位の高い人に弱く、

位の高い人を前にすると

とことんまでに気に入られようとします。

Tiaraはこの感情が、

付き合いたいと思った異性にも出ると考えています。

それが、あなたが彼を好きになったきっかけであり

あなたを自分のものにするまでは

とても印象がよかった原因です。

だからあなたは彼のことをとてもいい人だと思い

彼のことを好きになったのだと思います。

あなたが彼と出会った初めのころの印象が

地位の高い人や権力者から見た彼の印象なのです。

だからあなたがいくらひどいことをされたといっても

彼の印象がいい人から見ると信じてもらえないと思います。

自己愛性人格障害は

非常に容量がいいのです。

自分をよく見せたい人には

とことんよく見せることができるのです。

子供のころからずっとそうやって生きてきているので

自然にそう振舞うようになっています。

そして自分が相手に怒りをぶつけたり

嫌がらせをしても

逃げていかない彼女や奥様はターゲットになりやすいのです。

その代わりいつもそうしていると

そのうちに逃げていってしまうことも

自己愛性人格障害の人は知っています。

だから、素敵なプレゼントをくれたり

とてもやさしくしてくれたり

あなたのことをとても大切に思っているように言うのです。

自己愛性人格障害の人の怒りをぶつける相手になってはいけません。

彼はひどいことを言っても

あなたのことを想っているから言うんだよ、だとか

あなたが大切だから分かってほしいからなんだ、

と言います。

そういうことによって、

ひどいことを言われても

彼が自分のことを想っているから言ってくれていることなんだ、

とあなたが錯覚してしまうからでしょう。

ただ、自己愛性人格障害は

時間とともにひどくなるし、

歳をとればとるほどひどくなるといいます。

だからはじめの数年は

騙されていても

そのうちにその言い訳が通じなくなるほど

ひどくなるでしょう。

たいてい人はそこで気づくことが

多いのです。

あなたももし、

おかしいと思い始めたのなら

自己愛性人格障害の特徴を考えてみると

分かるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする