自分をしっかりと持っている人には自己愛性人格障害のひとは少しも寄り付かない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとが

少しも寄り付かない人について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の被害に遭われた方は

非常に辛い思いをされると思いますが、

自己愛性人格障害のひとが

絶対によりつかない人物が

います。

昨日、TVを見ていたのですが、

バイオリニストの高嶋ちさ子さんの家族に

とても驚きました。

高嶋ちさ子さんは

有名なバイオリニストですが

その性格のきつさと毒舌がおもしろくて

TVでも人気があります。

とってもイケメンの素敵な旦那様が

いるらしいのですが

旦那様をTVでもけなしていて

なんだかかかあ天下な雰囲気です。

ですが、さっぱりしてはっきりものをいうせいか

不思議と嫌な感じがしません。

旦那様もそんなちさ子さんを

全面的に支えて協力しているようです。

Tiaraから見たら、

完全に男女が入れ替わっているのですが、

そのおかげでとてもうまくいっている

なかなか珍しいケースだと思いました。

ちさ子さんの家族の方も出てきたのですが、

ちさ子さんのお姉さまはダウン症らしいのですが、

それでも家族はそんなこと

ちっとも気にしていません。

おばあさまのころはダウン症は

家族として隠さなければいけない時代だったらしく

お姉さまのことをとてもふびんだと言って

嘆いていて

お姉さまがダウン症だということを

恥じていたらしいのですが、

ちさ子さんのお父様はそれを聞いて

「しんきくせえばばあだな。」と

相手にもしていなかったそうで

とてもびっくりしました。

そんなことちっとも気にしていないのです。

それを見たときに

ちさ子さんのきついと言われるくらい

さっぱりとしていて

気持ちいいくらい裏表のない性格は

きっとお父様から受け継いだものだったのだなと

思いました。

そしてお姉さまのことを

おばあさま以外、

だれも気にしていないらしく

ちさ子さんもちさ子さんのお兄様も

お姉さんを毎回デートに

一緒に連れて行っていたらしいです。

そんな家族で育ったせいか、

お姉さまもダウン症なんてちっとも

気にしていなくて

明るい性格に育ったのだなと思いました。

そんな高嶋ちさ子さんを見て

これくらい強い人だったら

自己愛性人格障害なんて

寄り付かないのでは、と思いました。

だってきっとちさ子さんなら

自己愛性人格障害のひとを

まったく受け付けないでしょうし、

そもそも自己愛性人格障害のひとのほうも

ちさ子さんのようにはっきりと言う人には

近づいても来ないでしょう。

だから高嶋ちさ子さんにモラハラの話をしたら

「そんなこと、本当にあるの?」というでしょう。

おそらくちさ子さんは

一生のうちに1度も自己愛性人格障害のひとに

出会わないでしょう。

そして、バイオリンという素晴らしい武器が

あります。

そういった人には

自己愛性人格障害のひとは

高嶋ちさ子さんには

視界に入ろうとすらしないでしょう。

それくらい自分をしっかりと持っている人には

自己愛性人格障害のひとは寄り付きません。

自分をしっかりと持っている人は

他人の言葉には

少しもなびかないからです。

自己愛性人格障害のひとが

こじつけで文句をつけてきたとしても

「そんなわけないでしょう!」と

大声で罵倒されるだけです。

自己愛性人格障害の人は

とても臆病なので

そういった人には自分から

近づこうともしないでしょう。

極端な話、

あそこまで強くなれる人はなかなかいないので

現実には難しいかもしれませんが、

ゆくゆくは

あれくらい芯の強い強い人を目指せば

自己愛性人格障害のひとには

狙われない、ということを

覚えておくとよいでしょう。

はっきりと物は言わなくてもいいのです。

ただ、あれくらいはっきりと

自分を持っているということが

重要なポイントになると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする