自己愛性人格障害の人は本当のことを言っている

<

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人の嫌がらせは

真実を使うということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人の信頼性は

被害者以外の人には絶大です。

 

あなたも彼が自己愛性人格障害だと

気づく前までは

彼に絶大な信頼を持っていたと思います。

 

自己愛性人格障害は

よく嘘をつく、と言われていますが

自己愛性人格障害だと気づくまでは、

なぜか普通の人よりも

信頼は絶大です。

 

なぜこんなにも人から

信用されてしまうのでしょう。

基本的に普段、

自己愛性人格障害の人は、

尊大な自分を魅せつけなければ

通常の神経を保っていられないので、

常に努力し続けています。

 

そして

それは見せかけだけの表面上もそうですが、

内面的にも多大な努力を

極端にし続けてしまいます。

 

そのため、いろんな才能も開くことも多いのですが、

本当に実力をつけていきます。

 

そして激化するまでは

大変話も分かりやすく弁が立つ人が多いので

話にも説得力があります。

 

この点が、自己愛性人格障害の人が

信頼される理由だと思います。

これに比べて

共依存の人は

相手の気持ちに寄り添いすぎるあまり

自分のことをうまく説明できないことが

あります。

 

優しいのですが、

自己愛性人格障害の人のように

自分を守る力は不足していると言えます。

 

そのため自己愛性人格障害の人は

信頼されやすく、

被害者の人は信じてもらえないという

現象が起きます。

 

そして自己愛性人格障害の人の内面が

あまりにも想像を絶するため、

普通の人から見ると

そんなことあるわけがないと常識外れの心の動きをします。

 

自己愛性人格障害は

普段、それを被害者以外には

完全に隠していますので

被害者の人がそれを訴えたところで

上手く言葉にできず、

そして伝えたとしても

とても信じられないことなのです。

 

だから信じてもらえないのですが、

これは被害者の人が悪いのではなく

そんな常識はずれな出来事が

自己愛性人格障害の人と

被害者の間で怒っているからなのです。

 

そして自己愛性人格障害の人は

被害者の人を責め立てるときも真実を使います。

 

例えば本当に起こった出来事を使って

ものの言い方1つで

被害者が悪者になるように仕立て上げるのが

本当にうまいのです。

 

怒った出来事は真実のため、

さわりだけ聞いている人には

本当のことだとして

映りやすいです。

 

特に客観的に聞いている人たちには

その奥深くにどんな意味があるのかまでは

どうでもいいことなので

そこまで考えず雰囲気だけで判断します。

 

それを繰り返すことにより

自己愛性人格障害の人は

信頼度を増していき、

どんどん被害者の人が

信じてもらいにくい環境ができていくのです。

 

子供のころから自分が尊敬してもらえることだけ

自分が信頼してもらえることだけに

全力を注いできた自己愛性人格障害の人には

絶対に勝てません。

 

だから周りの人に分かってもらおうとか

診てもらおうとかせずに

自分で判断して見極める目が

必要なのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください